現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

家の隣のおばさんに「不器量な子ね」と言われた過去

きら
2008年8月24日 7:20

私が生まれた後に隣のおばさんが(人の悪口ばかり言う人です。)
「きらちゃんは不器量な子ね。」と母に言ったそうです。
おばさんは美人な人だそうです。

私はおでこが広く出ていて、幼い頃の写真は顔の半分以上がおでこと言う状態でした。
大人になった今では幼い頃程は、おでこが目立つ事はありません。

私が物心ついてから、母からその事を聞きました。
言った事について、母には全く悪気は無いようです。
意地悪なおばさんだからと思っているのですが、今も何となく心に突き刺さっています。
妹は人が振り返る綺麗な子です。
だからこそ、較べてしまうのかもしれません。
30才も過ぎてから「あなたは美人だね。」「綺麗な人だね。」と言ってくれる人もいます。
(たぶん)真面目に言っている様です。

褒められる度に、その時のおばさんに言われた言葉が突き刺さります。

ユーザーID:6359322372  


お気に入り登録数:16
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
小さい頃のことなんだし
コンソメパンチ
2008年8月24日 17:45

そろそろふっきっていいんじゃないですか?
意地悪なおばさんが意地悪な事を言っただけ。
誰にだって似たような事言ってますよ。

30歳を過ぎて美人だと言われるようにまでなったんだから、そのおばさんに会って見返してやるくらいの気持ちでいてはどうですか?

ユーザーID:5548445545
同じです〜携帯からの書き込み
ちょこべー
2008年8月24日 18:33

私は今40代ですが、私も隣の意地悪なおばあさんからまだ2、3歳の時「あんたは姉さんより顔がおつる(落ちる)ねぇ」って言われ、祖母に「おつるって何?」って聞いた記憶があります。
それを聞いて烈火のごとく怒ってた祖母。
姉は日本人形っぽい清楚な顔立ちで私はその逆でした。
それでも落ち込まずひがまず、これまでの人生を歩んでこれたのは、家族が姉には姉の良さ、私には私の良さを認めてくれてたからだと思います。
それでも思春期の頃にはコンプレックスも感じ雑誌を読んで一生懸命自分の顔を研究しました(笑)

トピ主さんは今美人だと言われるんですから、ほんとに綺麗な方なんだと思います。
どうか自信を持ってくださいね。

女性は髪型化粧服装で全然変わりますし、歳を重ねれば中身が顔に出ます。
お隣の意地悪おばさんのようにはなるまいっ!と反面教師として考えればいかがでしょう。

ユーザーID:8089105639
今なおひきずってどうするのでしょう?
みみこ
2008年8月24日 20:05

言った人が良い人ならまだしも、口が悪い人なら、気にしても仕方がないですよね。「誰にでも言ってるのよきっと〜」と流してしまえないですか?たった一人から、それも小さい頃に言われたことが忘れられないというのは、トピ主さんが相当、美に執着している印象を受けます。単純なのかもしれないですが、私も1年に一度くらい「美人さんね」と言われますが、その積み重ねで、過去にブス呼ばわれされたことは帳消しになりました。もう、自分から笑い話にしちゃってます。実際、周りからブスと言われていた子供の頃の写真を今の友達に見せると、「これはかわいい!自分が男の子だったら絶対に惚れてた」とみんなから言われるのです。ちょっと歯がゆいですけど、素直にありがとう、と言ってます。そのおばさん、白雪姫に出てくる魔女みたいな人なのでは?自分が一番美人でいたいから、美人に成長しそうな女の子をなじってみたかったとか。いずれにしても、そんなことを今なお気にしているのは勿体ないですね。

ユーザーID:9292987516
私も同じことがあったそうです
ホッチキス
2008年8月24日 21:39

私が乳児だった頃、近所の人に「大丈夫よ奥さん、赤ちゃんのとき不器量な子のほうが大人になって美人になるんですってよ」と、「頼みもしないのに慰められた(母談)」ことがあるそうです。
当時の写真を見ると、確かにあるかないかわからないぺちゃ鼻、重たい一重まぶたの上に眉毛ばかり濃く、さらに受け口気味と、お世辞にも「まぁかわいい赤ちゃん」とはいえないご面相。で、母に「そういわれてどう思った?それならいいけどって安心した?」と聞いたところ、

「とんでもない、『こんなに可愛いのにまぁなんて失礼な』って思ったわよ!」とのことでした。親バカだなー、と思いつつ嬉しかったです。なので私にとっては心温まる嬉しいエピソードです。

今ではたまに「子供の頃から可愛かったでしょうね」みたいに言われることもあります。ちなみに、よりほめられるようになったのは35歳を過ぎてからです。人の顔って変わるんですね。でも両親は「赤ちゃんのときから全然変わらない」と嬉しそうに言います。

お母様も私の母のように「きらは当然可愛かったに決まってるじゃない」と思っておられるからこそその話をされたんだと思いますよ。

ユーザーID:9153623460
「ジロジロ見ないで」
miu
2008年8月24日 22:29

という本をご存知でしょうか?
〜普通の顔を喪った9人の物語〜 扶桑社

もしよろしかったら読んでみてください。

恵まれているすべてのことに感謝したくなると思います。

ユーザーID:0685174700
なんとなくわかります。
maco
2008年8月24日 22:49

多分トピさんも、もうその痛みは半分以上昇華しているんじゃない
ですか?
でも、幼少期や思春期に聞いた言葉や受けた印象・衝撃などは
ちょっと消えにくいと思います。

まっさらな心、純粋な感性が受け止めるからじゃないでしょうか?

もう気にはしていないのに、忘れはしない。
だから、気にしてる?と思えてしまうのでは?

自分の経験はトピさんと全く逆で、
お化粧をする頃になり、マニキュアを塗り、
初めて自分の爪が不恰好で、形が悪く、艶もなく、汚いと
自覚しました。

それまでは、親戚のお姉さんが幼い私に
「○○ちゃんの爪はキレイやねぇ、形もいいし。
 キレイやねぇ」と
言ってくれた言葉がずっと私の中にありました。

その時はキレイだったとも思えませんが、
小さい私は本当に嬉しく、その言葉を言われた状況も
場面もハッキリと覚えているくらいです。

つまり、例えどんな言葉でも薄れにくいというのが
私の意見です。
トピさんはおそらく、きれいな方と思われます。
が、その程度や感覚も人により千差万別です。

もう自由になってもいいんじゃないですか

ユーザーID:1870943654
おばさんの抗争に巻き込まれてはだめ
時間の無駄
2008年8月25日 1:35

子供の顔なんて、どんどん変わるんですよ。
隣のおばさんと折り合いが悪かったのかは知りませんが、
あまりに下らないと申しますか、どっちもどっちな感じがします。

親の因果が子に報いとは言いますが、
あまりに気にしても仕方の無い話ですよね。
きらさんにしてみたら、記憶もなく事実の確かめようもない昔話。
そもそも隣の方はおでこについて言ったとも限りませんし、
お母さんが「不器用」を聞き間違えたのかもしれません。

ユーザーID:2762596842
気にしない気にしない
同じような経験あり
2008年8月25日 4:24

私の母は綺麗でしたが、私は父似のようでした。小さい頃、お向かいの家で遊んでいたら、たまたま来ていた見知らぬおばさんが「この子が、あの綺麗な奥さんの子、、、?!」と絶句しているのを聞きました。又、父の妹が、私に似ていると誰かに言われ、私はこんなにブスでは無いと怒ったという話も聞いた事があります。

子どもの頃と大人になってからでは、顔も変わりますし、大人の顔には、内面も表れますよね。

気にする事ないと思いますよ、どこかの、つまらないオバサンの発言なんて。顔で得をする事は無いかも知れませんが、人としての価値は顔では無いし、今は綺麗と言われたりもするのですよね?

ユーザーID:3703347517
同じ事を実の祖母に言われました
ふつう
2008年8月25日 12:28

ははは、私も同じ様な事を言われたそうです、しかも実の祖母(母方)に。
生まれた私を見た途端、真剣な顔で「この子は器量が悪いから、手に職をつけさせないと」と母に言ったそうです。
(幸い、現在はそんな世を嘆くほどの外見ではないつもりです。男性にも人並みには声かけられたし、結婚もできたし・・・)

この話、私が中学校位の時に母が笑い話として教えてくれたのですが、その頃には既に自分自身「外見でなく中身で勝負」というスタンスだった為、聞いた時も今も笑って聞き流せます。

結局、私の祖母は外見にすごくこだわる人だったんですよ。だから器量がよかった兄の方ばかり可愛がってました。
トピ主さんもご存知の通り、世の中には色んな価値の人がいます。外見にすごく重きを置いて、他の能力・才能が外見ほどに価値があると思えない人。
トピ主さん、そんなに傷つく必要ないですよ。「綺麗ね」って言葉にも色んな意味がある場合が多いです。今のあなたはきっと、外見だけでなく総合的に「綺麗」なのだと思います。この方がずっとずっと重要だと思いませんか?

ユーザーID:1985165785
トピ主です。
きら(トピ主)
2008年8月25日 21:57

皆さん、ありがとうございます。

10代のある日、母に「妹は綺麗なの。と自慢にしていれば良い。」
と言われた事があります。
母の知り合いに、あまり綺麗で無い姉が妹をそういう風に
褒めている人がいたそうです。
母は微笑ましく思っていたそうです。

美人は利点だから、そのまま受け止め、
美人じゃない人はそのままで受け止めなさいと言う意味だと思います。
父もそういう人です。

>「とんでもない、『こんなに可愛いのにまぁなんて失礼な』って思ったわよ!」
母がそう言う風に付け足して言ってくれたら、こんな風に考えなかったかも知れません。

>「外見でなく中身で勝負」というスタンスだった為、
そこまで意識した事はありませんでしたが、お勉強にはせいを出していましたし、
中学生時代にはクラスで一番、学級委員も務めていました。
母は学校に行って先生があまりに褒めて下さるのでびっくりして、
帰ってきて私に色々と話していました。

ユーザーID:6359322372
トピ主です。
きら(トピ主)
2008年8月25日 22:03

母は私が多少、勉強が出来る事も然程の興味が無いと言う人でした。
問題さえ起こさなければ、後は適当で良いと言う感じの人でした。
父は子供に興味が無い以前の人なので、意味なしです。

妹に「お姉ちゃんは顔が大きいしスタイルも悪いから。
目から上は完璧に綺麗なのに、目から下は駄目ね。
お姉ちゃんは愛嬌がある顔で良いね。」
等と言われた事が何度かあります。
美醜に無頓着だった私には何の事だかよくわかりませんでした。

愛嬌については端正でお人形の様な美人だった妹なのでそう言っていたのだと思います。

周りから美醜に対してからかわれ、嫌な思いをしてきました。
顔にいくつも大きなほくろがあり、小学校時代は絵に書かれ、毎日の様に何度も繰り返し揶揄されたり、
足が短くスタイルの悪さを何度も指摘された事もありました。
(主だったほくろは大人になって除去手術しました。)

ユーザーID:6359322372
トピ主です。
きら(トピ主)
2008年8月25日 22:15

20代より、30代になった今の方が美人だと言われるととても不思議です。
日焼けを気にしながら、20代後半から、お洒落に興味を持ち始めたせいだとは
思いますが、お化粧をしている訳ではありません。

幼い頃は美醜やお洒落に無頓着なだった為、
大学へ行く頃になってやっと、美醜ってあるのだと思う様になりました。

生まれたての赤ちゃん=可愛いものだと私は思っています。
生き物の赤ちゃんは愛される為に可愛いそうです。
私は駄目なのかしら、と思ってしまう様です。

子供の頃の容貌について人にしゃべる事はありますが、
このおばさんの事についてだけはしゃべる事が出来ません。

昔、付き合った彼に妹を紹介した事があった時、私と似ても似つかない
綺麗な顔の妹にびっくりしていました。
妹は綺麗を持って生まれ、私は綺麗を持たずに生まれたのだから、
それはそのまま受け止める様にとの母の考えを自分なりに
理解しよう努力していました。

妹は私に似てないし綺麗なのよ。と母の教え通り、言った事を
記憶しています。

ユーザーID:6359322372
今美人ならいいじゃないですか!
うぐいす豆
2008年8月29日 22:27

現在・過去・未来、ずーっと不美人♪の私から見たら、大人になった今美しいなんて、すごく羨ましいですが。。。でもトピ主さんは文面からも聡明で知的な人のようなのに、どうして他人に面と向かってそんな失礼な事を言うようなレベルの人の言うことを、今でもまともに信じてしまっているのですか?忘れましょうよ!

ちなみに私は幼い頃から親に「うちはお金もないし、お前はどう考えても美人には育たないと思う。だから自分の力で生きていけるように、一生懸命勉強しなくちゃ駄目よ」と言われ育ちました。本当に貧乏でそちらのほうが美醜より切実な問題だったので、「確かに!」と納得していました(←バカ?)。周囲に美人がいなくて、そもそも美人とはテレビの中などにいる自分と別カテゴリの生物だと思っていたから、比較して傷つくという発想そのものがなかったのかも(←さらにバカ。。)

でも、ないものをコンプレックスにして生きていくより、あるものを上手に工夫して生き抜いていくことに集中できて、結果的に良かったと思っています。人生楽天的にいくほうが楽しいですよ!不細工歴32年の私が保証します。

ユーザーID:6633587647
口の悪い隣のおばさんなら気にしないこと
桃子
2008年9月1日 12:30

私の場合は、私が生まれた時母親が「しまった!」と思った
と言うのですから、ジョーダンの粋を超えています。
しまった、と思った理由は、私の祖母はチリチリの天然パーマ、父はウエーブのかかった天然パーマで、目が一重です。
私が生まれた時、産毛が天然パーマで目が一重だったので、「しまった」と思ったそうです。

姉は小さい時はお目目ぱっちりの可愛い子でした。
が、実際に私の目は二重になり、どんどん大きくなり髪はきれいな
まっすぐに伸び、小学生の高学年の頃は姉よりも綺麗になりました。
そして、学生時代はミスクラスに選ばれるほどになりました。
大人になってから父親に「小さい時はおねえちゃんのほうが可愛かったけど、今はお前のほうがこんなに綺麗になっちゃったな〜」とつぶやいていました。
姉はブスではありませんが、私のほうが目鼻立ちがはっきりしていてパッと目に目立つのです。

今美人だと言われるなら気にしなくていいんじゃないですか?
私は母親が「しまった」と思ったことは全然気にしていません。
むしろ面白いと思っています。
トピ主さんが何故そんなに気にするのかわかりません。

続きます

ユーザーID:8819331501
続きです。
桃子
2008年9月1日 12:37

姉が私のことを「綺麗な妹」と思っているかどうかは
知りませんし、思って欲しいとも思いません。
そんなこと考えもしません。
親は、私たち姉妹の容姿を比べるような事はしません。
でも実際は「妹のほうが綺麗」とは思っているのは先ほどの父親の発言でもわかります。
だからと言って、何も変わりません。
何でそんな昔に隣の口の悪いおばさんに言われたことを今も引きずっているのかわかりません。

私は今46歳ですが、今でも「綺麗ですね」って言われるとやっぱり嬉しいですが、だからドーのコーのと言う事はもうないです。
「あはは、、、ありがとう」と言って適当に話題を避けます。
そんなもんですよ。
お顔が綺麗よりも、性格美人のほうが私は魅力的だと思っています。
お顔が綺麗で意地悪な人を知っていますが、そういう人にだけは
なりたくないと思っています。

ユーザーID:8819331501
お隣さんは、日本版リンド婦人!?
かっつん
2008年9月1日 19:36

L・M・モンゴメリーの「赤毛のアン」をお読みになったこと、ありませんか?

主人公のアンもおでこちゃんで、初対面のリンド婦人にに「なんてみっともない子だろう!」と言われるんですよね。大きくなってからはすらりとした知的な美人になり、素敵な女性へと成長していくのですが…。

なんだか、きらさんのイメージとかぶりませんか?
未読なら、お手にとってみてください。もしかしたら、きらさんも知的な美女なのでは?

ユーザーID:3525488446
意地悪おばさんの言葉よりお母様の・・
ののの
2008年9月2日 12:27

態度や言動がひっかかっているようですね。
たしかに、自分の愛する家族からそのような態度をとられたら私も傷つくと思います。
私も姉と妹がおり、2人は美人、私だけ・・おブスというような環境の中育ちましたが、気にするようになったのはなぜか30近くなった最近です。
姉の結婚式で、姉の友人から聞こえるようにあからさまに「妹ブスだな」といわれて気にするようになったくらいですかね。
人の結婚式で妹ブスだとかけんかを売ってくる人の気が知れませんがまあそれはいいとして・・。

顔が悪いのは昔から多少コンプレックスでしたが、思春期は勉強のほうが忙しかったし、まわりに美醜についてとやかく言う人もいなかったので、私は運がよかったのかもしれません。
また、いままで気にせずにこれたのは自分が美醜に関心がなかったのと、両親が私たち姉妹の容姿についていちいち比較しなかったからだと思っています。
なので、きらさんのお母様の発言やら態度は私には理解できません。

ユーザーID:2295653639
続きです
ののの
2008年9月2日 12:35

お母様や意地悪おばばの言動は気になるでしょう。
わたしもいまだに上に書いた姉の結婚式でのことでイライラすることがあります。

でも30をすぎてもなお美しいといわれるのはきらさんが素敵な証拠です。
そのうえ知性もおありになるようだし。私にしたらうらやましい限りです。
ここで気にするな!というのは難しいかもしれませんが、意地悪おばばの落としいれにはまることなく、ほめられたら素直に喜びましょうよ☆

わたしも、きれいですねなんてほめられると、こいつ私のこと馬鹿にしてるんじゃ・・とすぐ悪いほうに考えてしまいがちですが、もし万が一またほめられるようなことがあったら素直に喜んでみたいとおもいます。
そのほうが自分に磨きがかかる気がするので・・。

ユーザーID:2295653639
親ばかバイアス
さのすけ
2008年9月2日 17:32

>「とんでもない、『こんなに可愛いのにまぁなんて失礼な』って思ったわよ!」

トピ主さんのお母さんも、そう思ってますよ。
自分の子どもが不器量なんて、親にとっては寝耳に水ですから(笑)
あまりにも『かわいい』が当たり前のことなので、リアクションすらないのです!!

妹さんの発言は、トピ主さんを馬鹿にしたんじゃなく、嫉妬では?
きっと、妹さんは妹さんで「お姉ちゃんは愛嬌があるね〜。」って誰かに言われて傷ついてたのかも??

もうね、圧倒的にかわいいんです!子どもって♪
小首を傾げるだけでかわいいんです!!
おでこが広いなんて、自分の子どもだったら最上級にかわいいんです!!

お悩みのトピ主さんには茶化してるように聞こえるかもしれないけど、大真面目に言います。

お母さん、トピ主さんが気にしてるから言わないだけで、本当はトピ主さんのおでこが大好きかもよ?!
「あぁ、昔はあんなにかわいかったのに、美人になっちゃって…。」って、ため息ついてるよ、きっと!!

ユーザーID:5182760062
今から!
あるる
2008年9月2日 18:07

トピ主さんのレスを読んでいて、隣のおばさんだけではなく、家族からも
「あなたは妹より容姿が劣っている」と言われ続けて育ってきたことが伺えます。

たぶんみなさんそんなに悪気もなく、軽い気持ちでの発言だったりするのでしょうが、
本人がうけるダメージは意識・無意識かかわらず、かなりのものだったと思います。
実際、今になってもその言葉が胸に刺さるくらいですから・・・。

同じような経験をしたけど気にしてないとレスされてる方々は、ほとんど
家族から「自分」という存在をちゃんと認めてもらって育ってます。
それによって「容姿だけではない」という考えとともに
「自分の存在に自信」を持てたのだと思います。

トピ主さんのお母様はトピ主さんにあまり興味がなかったように(トピ主さん自身は)
感じられますので、子供時代一番大きな存在である母から「存在を認めてもらえてない」
という感じを無意識でもうけていたのかもしれません。

客観的にはまわりから「美人」と言われる程ですから、実際とても綺麗な人だと思います。
しかし、一番大切なのはまわりの評価ではなく「自分自身の評価」なのだと思います。

(続きます)

ユーザーID:9049861366
 
現在位置は
です