男性にとって結婚って??

レス135
(トピ主2
お気に入り532

恋愛・結婚・離婚

ちろ

レス

レス数135

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 男性にとっての新たな「結婚のデメリット」

    ・デートで電車は嫌ですか?
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1122/213913.htm?o=0&p=1

    女性からの、「車や免許を持ってない男性は『足』になってくれないからヤダ」みたいな
    レスがたくさんついてます。こうした「夫が車の運転をして家族をどこかにつれていく」
    という固定観念がはびこっていることも十分「男性にとっての結婚のデメリット」に成りうるでしょう。

    ユーザーID:4161637552

  • 私もフェミニスト

    このトピは結婚とは?と考えさせられてとても面白いですよね。

    フェミニト(♂)さんの意見はしかし実話ですか?
    私の周囲で外資系で保守的というのはありえないし、女性で外資系で働き続けることができる時点でかなり優秀なわけですから、自分と同レベルの男性を求めるのは有る意味当然と思います。

    非婚化の原因はさまざまでしょうが、女性を年齢でしか判断できない日本男性にも一因があるのではないですか?

    私は既婚者ですが実際既婚者男性には「年齢だけで相手を選んだ」なんていう人は一人もいませんよ。

    精神的な安らぎや経済的安定を女性に求めるなら、今の労働市場からいって女性が30超えても仕方ないでしょう。
    それを個人責任に嫁すのは酷というものです。

    ユーザーID:1311529234

  • 自分でも想像できなかった思いに駆られて。

    ここはいつもの「小町節」も声が小さくなってるようなので(笑)レスします。

    私たちはいわゆる「W不倫」からの結婚です。
    小町で言われるとおり元妻に「たっぷりの慰謝料と財産分与」を支払って生活
    しています。

    人間としての信用、品格、良心・・・いろんなものを捨てざるをえませんでしたが
    それでも現妻と「一緒にいたかった」ただそれだけです。
    自分にそんな感情が湧くなど、30数年生きてきて想像もできませんでした。

    最初の結婚では、ここで言われるようなデメリットしか考えられなかったものの、
    当時の元妻の年齢からどうしても断れませんでした。
    結局元妻を愛しきれず、ほんとうに申し訳ないことをしました。


    メリットデメリット・・・そんなことを考えている相手との結婚は実体験からも
    お勧めできません。

    妻も同業、同程度の収入。私の元妻への金銭支払いのため苦しい生活ですが
    いつも笑顔で経済的、精神的に支えてくれています。私のほうが帰りが遅く
    家事もろくにできないというのに。

    そんな妻のために何ができるか、いつも考えています。

    ユーザーID:7483536890

  • 客観的に

     いわゆる外資系の女性の採用に関してはまったく年齢を考慮しない会社に勤務しています。保守的な業界なこともあって、キャリア志向の女性は少ないです。お嫁さんになりたいのだけど、単にいまのところ失敗している結果働いてるって感じの女性だらけです。

     こういう女性の4−5人からアプローチを受けたのですが、彼女たちの理想の高さにはびっくりします。本人は負け組なのに上位1割の男を希望してるのですね。しかも年とるごとに好みがうるさくなる。

     価値が落ちてるのに価格があがってるおかしな商品、それが三十代以上の女性です。奇跡がない限り売れないですよ。。。こういう女性陣が非婚化に拍車をかけてる気がします。男性からみた自分の価値を客観的に時価評価してから、周りのひとや彼氏にアプローチしてください。そこがスタート地点です。

    ユーザーID:3158468926

  • 感性の変移

    当方40代既婚女性、興味深くレスを読ませていただいてます。
    「良い/悪い」で量れるものではなく、あくまで個人に嗜好の問題であるところに「時代の、あるいは時間の変移」を感じます。
    私達が20代の頃の結婚観は未成熟だったのかもしれません。「結婚制度」に然したる疑問も持たず、「して当たり前の事象」という認識でした。

    ですがその後(あくまで個人的独断的見解ですが)、個人主義、自由への意識が劇的に浸透してきて、結婚が利害の絡み合う「契約」という位置づけを持ってきた、そのように感じています。
    感情よりもそれがお互いに何をもたらすのか、ここが皆様の言うところの「メリット、デメリット」ですね。それが優先事項になってきた感があります。
    20代の結婚を後悔している私にとって、この変化は女性側には大変喜ばしい事なのですが。。。

    「男は仕事、女は家庭」と言う、昔には当たり前であった価値観が意味を持たなくなってきているところに「今の時代に産まれたかったなあ」とさえ思います。
    結婚に価値を見いだせず独身でいること、結婚を後悔し熟年離婚に至り独身になること。
    どちらにしても深く考えさせられる問題ですね。

    ユーザーID:2105451324

  • 片方がぶら下がる結婚観に未来無し

    婚姻届を提出して2年の男です。
    無計画で危機感の無い男と笑われるでしょうか?
    結婚否定派男性の気持ちは僕もよく分かります。
    しかしここで一番共感できたのは「涼」さんの意見ですね。

    さて、僕が結婚という道を選んだ理由は「お互いの危機をフォローしあえる人に巡り合えたから」です。
    「一生続けられる仕事」と「男に依存せずに生きる姿勢」が彼女にあったからです。
    もちろんそれだけじゃありません。
    自己主張はあるが押し付けは無い穏やかな性格、美しさを保つ努力、自分なりの世界。
    彼女は逃したら後悔する事になると思えました。
    だから結婚を申し込みました。

    家計はお互い給料から同額出し合い、残りを自分の小遣いにあてるというやり方です。
    これだと不公平が無いし、小遣いを増やしたければ自分が頑張るしかないので相手に支配されている息苦しさもありません。
    独身時代とほぼ変わらぬペースで友人と出かけますが、彼女は彼女で自分の世界があるのでお互い文句は言いません。

    ユーザーID:3769062950

  • 経済が厳しくなってから、

    男性は結婚に否定的になっているように思います。
    今のご時世、かなり経済的に厳しいのでしょうね。
    それなら、結婚しても生活には自信持てないし、怖いと思います。
    3年つきあって、またせて、踏み切れないのはもう一昔前の男性らしさなんてなくて、今はやりの計算して生きている男性そのもので、弱いと
    思います。
    自分の身を守りたいという意識が強くて、一緒に生きていく生き甲斐を
    見出せないのですから。
    ある意味、さみしい生き方だと言えると思います。

    海外、特にスウェーデンあたり同棲だけで、結婚しない形態が多いようですが、日本もそうなるのでしょうね。
    すべて、経済が根底にあるのでは、と思います。

    経済が上向きになると男性は楽を求めたりすると思いますから、結婚が
    流行るのではないでしょうか。
    バブル時期のように。

    このように語る私は既婚の8年目ですが、夫を愛していて、精神的にも
    経済的にも大丈夫と計算して、いえ熟慮して、結婚しました。
    よかったと思います。

    ユーザーID:4073661547

  • 家族が欲しいから

    メリットデメリットを考えてしまうと、お互いデメリットだらけで結婚なんか出来ないなあ。

    夫と自分に照らし合わせて考えてみたんですが、結婚するのは、
    家族になりたいから、なんじゃないかなと思います。
    子どもが生まれて増えたりする場合もあるし、
    ずっと夫婦2人の場合もあると思いますけど、
    親元から巣立って、出会って、新しい家族になるんです。

    ユーザーID:9712198395

  • 30代既婚子どものいない女性です

    大変興味深く拝見しています。特に結婚にメリットを見出せない独身男性のご意見には説得力がありますね。

    ただ結婚にマイナスイメージを持つ方々に申し上げたい、自分に合った相手を選んですれば、結婚も結構良いものです。人生の道連れが傍らに居る幸せは何物にも替え難く、愛する人と歩む人生は稔り豊かです。

    結婚は互いに義務と権利が生じる契約ですから、片方だけが一方的に重荷を背負うものではありません。
    結婚する前に当人同士でよく話し合いをし、これから結ぼうとしている契約の内容と相手を確認しておくことが肝要です。例えば家計の負担、子供の有無、教育方針、親族との関係、等結婚する前に話し合い相手の価値観を知る。その過程で相手をよく観察し連れ添える相手か品定めすること。経済的不満が出そうなら経済的基盤を確立している方、生活面で不安なら家事が出来る方を選べば良いのです。

    私達夫婦は2馬力ですので、もしもの時には夫を一生面倒見られる経済力と覚悟を持つよう求められました。経済的に自立していても、それを踏まえた上での結婚の決断は確かにかなりの重さがありました。世の多くの男性方には頭が下がる思いです。

    ユーザーID:3163572518

  • わたしは25歳ですが

    彼は本当にあなたの事を大切に思ってくれているのか疑問です。
    だって女の人にとって32歳って失礼ですが出産するには少し遅い年齢です。
    28歳くらいから少しずつ出産のリスクはあがっていきます。
    もし今結婚、妊娠しても産むのは1年近く先の話です。
    それにもう3年もお付き合いされているのならあなたが結婚を意識するのなんて当然の流れです。
    最近は独身の方や晩婚の方が増えていますが、人は年を取る生き物です。
    一生若いままでいられることはできません。

    死なない限りいつかは、50歳60歳になる時がくるのです。
    だから結婚し子供を産み世代交代していくのです。
    彼が本当に責任感ある方ならあなたのためを思って結婚の話しを進めてくれると思います。
    もしくは今結婚が出来ない理由をきちんと納得できる形で話してくれるはずです。
    ただ単に責任が重いだなんて、彼の発言からは正直言って誠実さと愛情を感じられません。

    ユーザーID:5268575562

  • 結婚二十数年目になりますが・・・

    男性です。

    そこまで慕われたらしかたないよね、というほとんどボランティアみたいな気持ちで結婚しました。と白状して、ひどい、とあきれられましたが、本音でした(過去形)

    もちろん嫁さんは専業主婦です、というか、専業主婦しかできません。が、せいいっぱいやってます。とおもいますし、いまはそばにいてくれて、よかったとおもっています。

    そういえば嫁さんが、結婚したての頃にボランティアの話を、自分の友人にしたところ、その友人からものすごい勢いで非難されてしまいましたが、その当時はなぜ非難されるかさっぱり判りませんでした。

    だってねー、料理の仕方、洗濯の仕方、掃除の仕方始め、駅での券売機使い方まで教えてあげないといけないくらいでしたので、自炊していた独身時代より確実に食生活のレベル低下、ストレス倍増。

    おかげで、いっとき体重激減、仕事が長時間無制限サービス残業で毎日午前帰りの状態だったので、とうとう過労で結核を発症しましたが、まあ、結婚とはそれくらい過酷なものだということを、後輩の方々に、おしらせできればとおもい、コメントさせていただきました。

    ユーザーID:1004205866

  • 男性ではなくて申し訳ありませんが

    結局、「男性」とひとくくりにはできないでしょう。
    女性だって結婚したくない人もいますし。

    話題がそれてしまいますが、結婚したくない人はしなければいいと思います。
    ただ、普通日本では両親が結婚して子供を産むことが多いので、
    結婚しない=子供を産まないことがほとんどです。
    そうすると今現在の法律や一般論から、結婚しない人は子孫を残せず淘汰されていき、
    結婚しないという考えが大多数になることはないのではないかな?
    法律やら何やらが変わればまた違うかもしれませんけどね。

    結婚はデメリットが多いという考えも理解できますが、
    なんだか感情がない感じで個人的には悲しいです。
    でも、なんだかんだいっても男性で結婚したくないと言う人が増えたとしたら、
    その数だけ結婚したくないと思える女性が増えたのだと思いますから、
    相手が結婚してくれないという女性は自分を省みる必要性があるかもしれませんね。

    ユーザーID:6295208055

  • 結婚前に考えること

    既婚者男です。
    結婚前に考えたことをホンネで書きます。

     1.情熱はもうないけど精神的安定のために結婚しよう。
     2.この人と別れたら次に相手を見つけるまで2,3年かかるだろうな・・・
     3.でも結婚して不貞行為をしたら社会的信用を落とすし経済的にもキツい・・・
     4.なんとかなるかな・・・、ま、いいか。そのときはそのときでしょう。

    いまは幸せです。結婚してよかったと思っています。

    >さっさと結婚したい女性の方へ余計な一言

     ひとつの例から何でも一般化できると思いませんので聞き流してもらってけっこうですが
    私の場合3年間つきあって2人でどこかに泊まることは一度もありませんでした。
    同棲なんてもっての外という感じでした。
     一緒に暮らしたかった私は「仕方なく(笑)」結婚に踏み切りました。
    もし同棲していれば結婚する時期はだいぶ遅くなったと思います。

     したがって「同棲を認めない」というのは
    女性が早く結婚するための有力な戦術の一つだと私は理解しています。
     もちろん一番有力な戦術は「婚前交渉を認めない」ことですが、
    いまのご時世なかなか難しいでしょうね。

    ユーザーID:0144564367

  • したい人とはします

    同年代、男性です。
    今までのレスに多いように男性には結婚のメリットが見出し難いという意見に賛成です。私の周囲を含めそういう意見は多いように思います。結婚なんかしなくても男一人分の家事なんて食器洗い機、洗濯機その他の家電がサポートしてくれますし、老後なんて結婚する方がどうなるかわからない、退職金ですら持っていかれるリスクなんてのも増えましたしね。

    逆に自分に精神的充足を与えてくれる女性、人によっては経済的充足であったりするかもしれませんが、そういう女性であれば結婚したいと思います。私を幸せにしてほしい、という女性ではなく一緒に幸せになりましょう、というスタンスの方ですね。愛だとか思いやりだとかうわついた言葉で失敗する話はよく聞きます。何年つきあったんだから結婚したい、という願望だけではなくて結婚したいと思わせるように努力している女性は自然とそういう形に落ち着くのではないでしょうか。

    私自身は今お付き合いしている女性とは結婚を考えています。が、財布は別、生活費は折半、お互い経済的に自立する代わりに家事も折半。価値観の合う女性でお互い子供好きなので将来を考えています。

    ユーザーID:5661146007

  • 今すぐに決断できない

    32歳は焦るね。
    3年ならそろそろだと思うし。
    同い年っていうのは経験ないから分からないけど、
    上下がなくて友達気分、干渉多目って感じかな。
    言われた様に待てないのかな。せっかちだよ。
    一緒にいたいで結構。
    逃げなんて言う程度の信頼関係では不安だね。
    俺なら裏切るより、裏切られる方を選ぶね。
    まぁこれからだと思うよ。
    真の戦友になりなよ。

    ユーザーID:0538405580

  • 男はデメリットばっかりとか言うけど

    初めて聞きました。
    お互いそれぞれあると思いますが・・・
    こんなセリフ吐く方はまあ、
    別に結婚しなくていいと思いますよ。
    思いやりが感じられません。

    いずれ死ぬ時が来ることでしょうから
    それまで少しでも一緒にいたい=結婚

    同棲じゃだめなのはなぜ?と考えると
    社会的に優遇されているから。
    だったら単に同棲より結婚の方がいいし。

    さてトピ主さんの相談ですが
    お互い気持ちのタイミングがありますし、
    説得してするものでもありません。
    子供をあせってなければ
    他の男性に目を向けつつ、彼を見ていればおのずと状況が変わるかも。

    ユーザーID:6442599542

  • 男性の区分

    男性を一くくりにするのには無理があるような気が…
    男性は2つのカテゴリー区分があって、これが違うと全然立場が違うんですよ。
    結婚観も違うから、同じ理由で一刀両断に出来ないのではと。

    ・モテる/モテない
    ・伝統派=女性は家庭に入り、男はそれを養うという伝統的結婚観
     独立派=家事も育児も分担し、それぞれ職を持って独立した個人の集合とする

    伝統派の人はモテるモテない関わらず結婚を目指し、30までに大体結婚します。
    独立派でもモテる人は女性がほっとかないので結局早いうちに結婚します。

    で、今増えてるのが独立派でモテない人。
    所得が十分だったりきちんと家事を出来るなど生活基盤が独立している一方、
    家庭を持たなければならない、という縛りがないから、
    相手に対する動機がないと結婚に対して積極的ではないんですよ。
    相手にこれはという魅力があれば頑張るけど、
    実際本人魅力的ではないから、モノにすることもできない。
    それほどでもない相手なら無理して結婚しなくてもいいやと。

    年収高い人ほど家事も出来る傾向があるらしいですし。

    ユーザーID:5848137031

  • その後結婚についての話し合いはされたのでしょうか?

    女の人と男の人の結婚観て、かなり違うらしいですね。
    私も結婚前は、好きな人とずっと一緒に居たいから結婚したいと思ってましたが、夫は違ったようです。
    もちろん好きだからは大前提ですが、夫が言うには

    「男にとって結婚はデメリットでしかない。相手の女性の一生を面倒見なくてはいけないから。子供が生まれれば、妻子を一生食わせてやらなきゃならない。ただ好きなだけじゃ結婚出来ない。相手の一生に責任持つ気になった時が結婚しようと思う時だ。」

    なるほどーと思いましたね。
    当時フリーターと家事手伝いをうろうろしてた私は、ハッキリ言って魅力があるとは言いがたい女。

    どうして結婚する気になったの?と聞いたところ、返ってきた言葉が

    「この人は1人じゃ生きていけない。ほっといたらのたれ死んでしまう。俺が保護してやろう(笑)と思った」

    だそうです(笑)
    そういうケースもあるってことで・・

    ユーザーID:2991526144

  • 相手が冷静なタイプなら難しい

    自分を含め私の周囲でどんどん結婚している人には共通点があります。

    1家庭が欲しい(独り暮らしがさみしい)
    2このチャンスを逃すと次はないかも?と思っている

    気弱な1や、交際人数少ない(モテナイ)2って多いと思います。

    主さんの相手のタイプは?
    「独りで気楽」「次だって機会はあるだろう」という自信タイプなら、「一緒にいたい=結婚」とはならないでしょうね。
    他の方が言うように「コイツ以外はヤダ!」という何かがいるでしょう。
    それに、結婚するなら「家庭的な女性」なのか、「高めあう女性」なのか、好みを知ってますか?

    計算する冷静タイプだと色々と難しそう。
    「両親の職業、財産が自分の親や親戚と釣合うか」「アレルギーなどの持病」等考えて、「別れるほどの理由じゃないけど結婚はどうしようかな」って嫌なパターンになったりします。

    男女逆でもありますよね。
    「好きだから別れたくないけど、年収低いから結婚は迷う。時期を待ってもっと良い人が現れたら・・・」なんて計算。

    交際順調でも、この辺り、相手の性格分析が重要かも。

    ユーザーID:9196336529

  • 一男性の意見

    共働きでフィフティー・フィフティーの関係ならば、責任や経済的な不自由感といった、男性が結婚をいやがる理由が軽減されて、トピ主さんの彼のような男性でも結婚に踏み切りやすいのではないでしょうか。

    こういう男性増えてると思うのですが。私の周囲の独身男性(首都圏在住、30ちょい、年収は1千万前後)はこういう人ばっかですよ。まあ、同じような価値観や行動パターンの人が集まってるだけかもしれませんが。最近、結婚した友人たちはこういうのばっかです。寂しがり屋や家庭への憧れが強い友人とかもいますが、そういう人は早々に結婚してて市場に出てません。

    どうしても自分のものにしたい相手が現れれば自分のすべてをかけて取りにいくと思いますが、そこまで夢中になれない場合は、結婚については冷静に考えますねえ。正直なところ、若くてきれいなうちはいいですが、おばさんを扶養するのはちょっと割に合わないと思います。やっぱフィフティー・フィフティーがいいな。

    ユーザーID:9272018332

  • そんなに甘くない。

    結婚って、いやいややっても上手くいくほど甘いものじゃないと思います。

    結婚って、ちいさな事業を起すようなものだと思いますよ。
    これから失敗できない事業をはじめるとしたら、気乗りしてないパートナーと無理やり組むのなんてバカげてると思います。

    どんな条件が満たされてなかろうと、人間、健康な頭と体があれば乗り越えていけるものだと思いますが、最初からやる気がないというのは、致命的だと思います。そんなことでは、いくらでも訪れる困難を乗り越えていけるはずがありません。

    結婚を渋る彼をなんとか説き伏せて籍を入れることが「成功」や「ゴール」なのではなく、何十年間の苦難を一緒に乗り越えて、最期にしあわせだったと振り返られることが「成功」、「ゴール」だと思います。

    ユーザーID:8534671020

  • (続き)気になったこと

    「親が厳しい」ということで同棲ができない、というのも甘えに聞こえます。大人なのですから、あなたの人生あなたが決めるべき。またはそういうスタンスを、親御さんに見せるべき。

    32歳にもなって、親に意志をコントロールされている、これでは結婚生活はむずかしいし、彼も決断できないでしょう。一緒にいたいから、というのなら結婚でなく同棲でも十分だし、結婚生活のいい練習・疑似体験にもなります。

    まず、本気で生涯とともにしたいと考えている人なら、堂々と親に紹介する。親を恐れてコントロールされるのではなく、自分の意志で物事を決める(精神的な自立)。同棲に対しても、親がどうだからと言い訳ではなく、自分の意志で動く・または説得する。

    働かれていて経済的な自立はできているようですが、精神的な自立ができていないと感じました。まずは彼との結婚を考える前に、親離れからではないでしょうか。結婚は、精神的な自立をしたもの同士が一緒になることで動いていくものだと思います。

    辛口ですみません。結婚してやっていくのは大変だからこそ、あえてきつく書いてしまいました。

    ユーザーID:4622865155

  • 気になったこと

    こんにちは。私も、結婚恐怖症だった彼と結婚しました。半同棲状態だったので、一緒にいられるなら結婚しなくても、というスタンスでした。

    でも彼の海外転勤が決まったことがきっかけで、私をを失いたくない、と真剣に考えたようで結婚にいたりました。(結果、現在海外に住んでいます。)

    男性の考える結婚については、他多くの方がレスしているので割愛しますが、私が気になったのは別の点です。

    結婚をも考える男性であるにもかかわらず、親御さんに紹介していないのはなぜでしょうか?「厳しい」のはわかりますが「そんな反対をも乗り越えてこの人と」という気持ちがあれば、とっくに紹介していてもいいのでは・・・??それとも、彼が嫌がるから?

    その地点で、まだトピ主さんにも覚悟が全然できていないように見えます。

    そして20代前半というのならまだしも、成人&適齢期にもかかわらず「親が反対」の理由で彼との付き合いを隠していることが理解できません。

    32歳にて実家暮らし、1人暮らし志向や同棲経験がまったくないのも気になりました。結婚は他人と一緒に暮らしていくことなので。

    (続きます)

    ユーザーID:4622865155

  • 結婚のメリット

    私の夫は、私に「一緒に住む方が経済的だ」と言い張っていました。
    私の父は「貯蓄する能力は母の方が圧倒的に上だ」と言い、また、「独身の頃は給料日前が辛かったのに、結婚してからはお金に困ったことがない」とも言っていました。
    なお、私は職持ち、母は専業主婦です。

    このトピで、経済的なデメリットを挙げる方が多かったのが意外でした。子供が生まれればともかく、共働きならば(パートでも)、経済的には断然楽になると思うのですが・・・。
    同棲ではだめだった理由は、家族以外と一緒に住むとトラブルのもとになると思っていたからです。また、義務を共に背負うことで信頼が生まれやすくなるとも思います。もちろん愛情が大前提です。

    トピ主さんは職をお持ちなようですし、経済的なメリットを匂わせてはどうですか。私見では、やりくり上手であることも女性側の魅力であったようですので。
    あと、結婚の責任は、男性だけが負うものではなく、女性も当然背負うものである。自分はその責任を覚悟していることを伝えてみてはいかがですか?有事の際に、愛するパートナーが協力してくれるのはお互いに魅力的だと思うのですが。

    ユーザーID:6253029405

  • 千佳さんに賛成

    千佳さんのレスの中の31歳の男性の話、本当だと頷かされます。私自身も何度かそういう例を見てきました。男性の場合結婚を念頭において相手を探すよりも、おつきあいを始めてから結婚したいと思うようになることが多いみたいですね。

    私自身は男性が「今のところ結婚は考えていない」ということはつまり「君とは結婚したくない」ということだと思っています。ですが男性がウソをついているとは思っていません。ただ私の顔を見ていて結婚ということが頭に浮かんでこないだけだと理解しています。

    ユーザーID:8816099587

  • 私の男友達(31歳)の場合。

    彼は結婚願望が全くなく、「結婚すると自由に旅行にいけなくなるし(趣味が海外一人旅)、家族を養わないといけないから自由になるお金がなくなるから、結婚なんてするもんじゃない!」が口癖でした。

    しかし、そんな彼が長年友達だった同じ歳の女性と電撃結婚。
    あんなに結婚に対してネガティブだったのにどうしたんだ?と一同呆然。
    聞いてみるとこんな答えでした。

    「彼女を誰にも渡したくないと思ったんだよ。」と。

    自分の自由がなくなるとか、お金の問題とかマイナス面もあるけど、彼女を失うことの方がずっとずっとマイナスだと。
    長年友達だったその子(今の奥様)とはずっと友達でいられると思っていた。
    けど、「そういうわけにもいかない歳になった」とその子に言われたそうです。
    それで、ふと気がついたんだそう。
    このままひとりで生きていくか、それとも、この子と歩んでいくか・・と自問自答したら、どう考えても彼女と結婚する以外考えられなくなったそうです。

    あれから半年、今では趣味だった海外一人旅も奥様と一緒にでかけ、「二人旅も楽しいものだよ、結婚して本当に幸せ。」という彼がいます。

    ユーザーID:9321811553

  • 一意見

    女性は結婚を考える時「自分はこの男性と一生一緒にいたいか」を考える。
    男性は「自分がこの女性と子供達を一生養っていけるか(マイホーム含む)」を考える。

    今まで周囲の人たちに聞いたのを簡単にまとめるとそんな感じみたいです。
    もちろん絶対では無いし、そうじゃない人もいるでしょう。
    まあ、一般論というか、そう考える人も少なくない、という感じで。

    ユーザーID:5422728859

  • 今のところ墓場は天国の入口だった

    私も若いころは結婚したくありませんでした。
    仕事は面白いし、結婚してやめろなんて言われるの嫌だし、共働きでも家事育児介護は女だし、嫁の立場は弱いし、女性にとってデメリットばかりで、何が楽しくて結婚なんて、と思ってました。

    でも、一人暮らしに疲れたころにプロポーズがあり、結婚しました。
    結婚式、楽しかったですよ。
    最高の思い出です。
    共働きで、互いに家事にこだわりがなく、適当に分担してます。子供はいません。
    互いの実家とはあまり行き来がなく、嫁の息苦しさも親戚付き合いのしがらみもなし。

    結婚の物理的な最大のメリットは、一人では買えない広いマンションを共有で買えたこと。
    交通便利、買い物便利、職場にも近く、言うことなし。
    家計は別会計で、小遣いは二人とも独身時代とほぼ同じ。
    週末は同じ趣味を楽しんだり、違う興味の勉強したり。旅行相手を探す必要もデートの日程調整の必要もなし。

    結婚て、こんな簡単だったんだ…墓場も悪くない、と思いました。
    相続や税制が現行制度で有利なので、籍入れました。
    夫も「デメリットばかり」とは思ってないでしょう。
    頭で考えすぎるとできないのかもね、結婚って。

    ユーザーID:4168837533

  • 理想と現実

    おそらく、お相手の男性は「結婚するには年収○○万円無いと……」といった理想があるのだと思います。
    それを逃げだ、甘えだと言い切るのは簡単でしょう。
    しかし、彼も彼なりに結婚に対して真剣に考えた結果なんだと思います。

    あなたと結婚し、あなたとの間に子供を授かったと仮定し、あなたが仕事できない状態の時に、自分だけの収入であなたと子供に満足な医療、教育をうけさせる収入を維持できる自信があるのか?
    そう自問した場合に、彼の尺度ではNOだったんだと思います。
    その尺度は個人差ですので、なんとかなるって結婚できる人もいるでしょうが、彼の場合は違ったという話です。

    そこの価値観について彼ときちんと話し合うか、別の人を探すか2択だと思います。

    ただ個人的な意見ですが32歳にもなって結婚に踏み切れない人はいくつになっても踏み切れないと思いますよ。
    踏み切れても遅すぎるタイミングになる可能性が大きいと思います。

    ユーザーID:8466938666

  • 「一緒に居たい=結婚」も是。

    うちの夫はプロポーズの時、「一緒に居られる」という利点を前面に押し出し
    逆に私が彼にとってのデメリット?と言える所や、結婚したらどうなるかを一つ一つ懇々と説明しました。
    それでも彼は変わらず、むしろ積極的になりました。
    遠距離恋愛な上、お互い同棲という選択肢は有り得ないという価値観だったのもあるかもしれません。
    うちの夫にとっては、私と一緒に居られるというメリットが、
    責任だの何だのというデメリットより大きかった事が結婚に意欲的になった理由だと思います。

    「一緒に居たい=結婚」という価値観も是。
    しかし「デメリットが多いから結婚したくない」という価値観も是、です。
    肝心なのは「本人にとって相手と結婚したいかどうか」です。
    彼が結婚しないのも自由なのですよ。もちろんトピ主さんがそんな彼を見限るのも自由です。
    彼と一緒にいたいのなら親と絶縁してでも同棲という選択肢もあります。
    自分が何を望むのか、彼が何を望むのか、意見をうまくすり合わせることは出来るのか、よく話あって下さいね。

    ユーザーID:7044071362

レス求!トピ一覧