男性にとって結婚って??

レス135
(トピ主2
お気に入り532

恋愛・結婚・離婚

ちろ

レス

レス数135

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そればかりは二人の問題なので…。

    わからないですが、もしかしたら彼はまだ遊び足りないと思っているのではないでしょうか?それか、本当に彼のいうように責任が重くのしかかってくると思うんですよ、結婚って男性にとっては。例えば子どもが出来たとしたら養育費にお金がかかるし、家のローンも払い続けなければいけないし…と現実考えると結構結婚ってそんないいものじゃないのかなって正直思います。トピ主さんは彼を急かしてはいませんか?男にとってそれほどつらいものはないと思います。非難を受けるかもしれませんが男にとっての30と女にとっての30では重みが違います。想像の域を超えてしまいますが、周りの友達はもう結婚して子どももいて…、私にも彼がいてるのになかなか結婚してくれなくて、で焦っているのは非常に危険な状態です。男ににげられてしまうかもしれませんよ。

    ユーザーID:2814483327

  • あなたの結婚後の生活観は?

    一緒にいたいから結婚という気持ちはわかりますが、気持ちだけでは
    冷静な男性は結婚に踏み切れないと思います。真面目で冷静な男性ほど
    結婚後の生活を真面目に考えますので。あなたは結婚後どういった生活
    を望んでいるのか彼に伝えたことはありますか?あなたが仕事をしている
    のか否か、しているならどの程度の収入なのか知りませんが、男性は冷静に結婚後の生活を想像します、あなたがもし仕事をやめる気なら自分ひとりの収入で満足のいく生活ができるか否か、仕事を続けるとしてもあなたが家事と仕事を両立させられるのか。あなたは家事ができるのか等々。
    非正規雇用で仕事がきついわけではなく、かつ給料が安い場合で、仕事を
    継続するから家事は完全分担、財布はあなたが握る ようなことを考えて
    いたとしたら都合がよすぎる話ですよ。(ちなみにこれは私のケース、こんなことを彼女が言い出したので別れを考えています)

    ユーザーID:9487857838

  • お金

    今まで自分のお給料をすべて自分の思うままに使ってきたものが
    「生活費」となり「これからの自分たち生涯設計のための財産」となるため
    いままで5万円だった(仮定)おこづかいが2万円でひとつきをやりくりしなくてはならないと
    いうこと。


    しかし今は「結婚したがってる男性」が多いのも事実ですね。
    それは「母の代わり」がほしいだけのような気もします。
    肝心の女性は「母の代わりを求めてる男性」は受け入れられないひともいる。

    トピ主さんの彼は「あるいみ」誠実な男性でしょう。
    ひとそれぞれ「幸せ」の種類が違いますから

    ユーザーID:5488653559

  • 彼が甘いと思いました

    32歳。このくらいの男性の何人かから同じような言葉を聞いたことがあります。
    話を聞いていて、正直、なんだか調子がいいなぁ、と感じることが多いです。

    いろいろ理屈をつけてもけっきょくは「責任は負いたくない」のだと思います。

    女性も働いて経済的に自立できている場合が多い現在、お金と責任の問題でどうしても考えてしまうようです。
    いま楽しく付き合えてるのに、わざわざ親戚付き合いとか家計の負担(小遣いが減る)とかのある結婚をしなくても、今の関係のままでいいじゃない、と。

    私の周りでは子供を望む気持ちが薄い男性ほどこの傾向にあると感じています。

    子供がいらないなら男性にとって結婚は負担が増えるだけ(老後のこととかは想像してないっぽい)ということですね。

    ユーザーID:1855566811

  • 結婚の動機付け

    当方独身男性です。

    > 結婚について男性はどのように考えるものなのでしょうか?

    結婚に対してはその人なりの考え方があると思いますので、僕のケースでレスしますね。

    まず、「一緒にいたい=結婚」という認識はありません。一緒にいたいと感じるのは恋愛している状態だと考えます。

    僕にとっての結婚とは「彼女を他の誰にも渡したくない。渡さなくてもよい法的根拠を得る」行為です。

    その結果生じる責任(経済的・精神的)については対処できるだけの自信が自分に必要になります。

    彼女を配偶者として得たい気持ち>責任(負担)になったときに結婚に対する決定的な動機付けとなります。

    ユーザーID:7838881110

  • 一般論にしない

    >結婚について男性はどのように考えるものなのでしょうか

    男性といっても、人それぞれです。
    結婚については、世代や育った環境、その人のバックグラウンドなどで大きく変わる話でしょうね。
    ここで一般論を聞いても、あまり参考にならないと思いますよ。

    彼と結婚したいなら、彼とぶつかるべきです。

    >彼は結婚すると責任も大きいので今すぐに決断できないと言われました

    32歳にもなって、彼女も同じ年で、3年も付き合ったのにこのセリフですか・・・
    彼は結婚する気がないようですね。
    トピ主さんと温度差があるように思います。

    くどいようですが、本気で彼と結婚したいなら、彼本人と話し合うべきですよ。

    ユーザーID:7880961026

  • 結婚とは

    「男性にとって」とタイトルにありますが、男でも女でも、結婚に対するスタンスは個人の問題であり、バラバラです。あなたの彼が、そうなだけですよ。

    ユーザーID:0446343536

  • 結婚は生活です

    一緒にいたいから結婚、はおかしい話です。一緒にいたいなら、同棲してればいいじゃないですか。どうして結婚しなければいけないのですか? ちろさん教えて下さい。
    小町でも多く語られるように、結婚は生活です。愛だけでは乗り越えられない問題です。すなわち、経済力のある相手でなければ将来のさまざまなリスクをシェア出来ないと考えられます。非正規雇用者の女性とは、結婚は考えられない男性がこれからも多くなるでしょう。
    彼が責任を背負えないと仰るトピ主さん、きちんと正規雇用で働いていらっしゃいますか? もし彼が働けなくなっても、トピ主さんが養えるだけの収入と覚悟がありますか?
    どんな年齢の女性と何年付き合おうが、関係ないです。
    結婚という制度は、女性が楽をして暮らしていく制度ではありません。

    ユーザーID:1564231994

  • 一緒にいるためなら恋愛でも良い

    好きな人と一緒にいるためだけなら、恋愛や同棲で十分ですよ。なぜ結婚?
    結婚と恋愛の違いは、対外的な責任です。
    女性はこれを見落としがちで、男性はここを大きく見ます。
    子供に対して現実感を持っていない男性は、結婚に意味が見いだせない場合が多いでしょう。
    挙式にも、男性は興味がない人が多いだろうし。

    病めるときも健やかなときもって言うじゃないですか。
    女性は健やかなときばかり見て結婚したがるけど、男性は病める時を考えているんじゃないかな。
    だから、病めるときにどれだけ対処できる女性であるのか、男性はそれが最も気がかかりになるでしょう。
    順風満帆な交際だからこそ、男性は結婚を躊躇するかもしれないですね。
    彼女の底力を見る機会が無いってことですから。甘える可愛い恋人の面だけじゃ、恋愛しか考えられないかもしれない。
    女性は反対に、順風満帆だからこの先も大丈夫と思うのかもしれないけど。

    ユーザーID:2661007893

  • 腹割って話せないの?

    私の夫が結婚を望んだのは、非常に薄っぺらな考えであるところの「一緒に居たいから」。
    実際にそんな話をされ「お前なぁ、それだけで結婚して上手く行くと思ってんのか?まず生活出来るかどうかだろ?」と迫り、ぐうの音も出ない夫にあれこれ並べ立てて…あ〜なんか上手く行くかもね〜、とOKしたのが私の側。
    男性にも色々です。

    「男性はこう考える」というサンプルを集め、それを根拠に彼を理解しようとしても、無駄です。
    彼の言い分が「慎重」なのか「責任回避」なのかは、彼本人と腹割って話し合わないとわかりません。

    …「結婚」という大事を前に、他人の意見を聞いているようじゃ、トピ主さんの方に「結婚してから大丈夫?」と感じてしまいますね。
    多分、自分が結婚したい側で、下手に彼を刺激したら結婚どころか交際自体破綻してしまうのでは?という恐れから、踏込めないんでしょうけどね。
    でも、その程度の事で「お前みたいな面倒な女は御免」なんて言うような男なら、そもそも結婚しても上手く行きっこない。
    トピ主さんが3年も付き合った相手は、その程度の男ですか?

    ユーザーID:6062983893

  • 人それぞれ

    トピ主さんは、結婚を前提におつきあいをしているという事でしょうか?
    相手の男性は、結婚ではなく、飲み友達、レジャー友達という関係という認識かもしれません。
    男性一般と言うことができない理由として、男性個人の人生観が大きく影響を与えているからです。
    例えば、夫婦仲の悪い家庭で育った男性だと、結婚=いつも喧嘩や言い争いをしているいごごちの悪いもの
    という印象をもっているかもしれません。
    逆もまたしかりです。
    私の知り合いの男性には、「結婚」したくて、したくてたまらない人がいますが、「結婚したい」欲望が強すぎて
    結婚できていません。
    トピ主さんからみれば、「結婚」したがる男性がいる事に驚きをおぼえることだと思います。
    トピ主さんが知りたいのは、「このトピを見ている男性がどのように考えているか」ではなく、
    結婚したい意中の男性がどのように考えているのかが知りたいのではないでしょうか?
    それはトピ主さんと、その男性との仲の話であって、第三者の無関係の男性が答える事ができる
    ことではないと思います。

    ユーザーID:9065335956

  • 結婚には責任が伴います

    既婚男性(30代)です。

    すでに何人の方がコメントされていますが「一緒にいたい=結婚」ではないと思います。一緒にいたいだけであれば、結婚する必要性はないのでは?
    結婚することで、お互いに責任と義務が発生します。トピ主さんは彼(や子供ができた場合には家族)に対して責任と義務を果たす覚悟はできていますか?

    男性の側からすると、女性が経済的に自立していたとしても、結婚するということは女性(配偶者)を一生守っていかなければならない(経済的にも精神的にもです)という義務感のようなものが、頭をよぎります。

    逆に女性の側から、そこまで考えていらっしゃる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか? 彼(夫)が失業したら、夫の精神的支えとなり、家計を切りもりすることは当然の義務となりますが、そこまで考えたことはありますか?

    「彼となら乗り越えられる」だけではなく、状況によっては貴方1人の力で乗り越えなければいけない場合もあるのですよ(彼が病に臥せった時とか)。

    少なくとも私の場合は、上記について自分なりに納得した上でプロポーズをしました。彼も同様のことを考えているのではないでしょうか?

    ユーザーID:2365563860

  • 責任に尽きる

    大きく見て一言で言うならば

    「責任」

    です。
    これに尽きます。
    好きだから〜だけでは踏み切れません。
    スムーズに「結婚しよう」となる男性は

    (1)以前から決心が出来ている
    (2)なるようになるだろうという楽観主義
    (3)考え及ばない人

    のどれかでしょう。
    結婚についてきちんと考えている男性は
    責任と自分の力量を比べて悩むものです。
    トピ主さんの彼が悩んでいるということは
    残念ながら(1)ではありませんが
    少なくとも上記(2),(3)ではないわけです。
    (考え方によっては(2)も悪くないでしょうけどね)

    ただ私見ですが
    適齢期の女性と3年もお付き合いして(ある意味待たせておいて)
    さらに、彼女に指摘されてもなおその結論を出せないあたり
    責任というものにとらわれて、自分のことばかりで
    トピ主さんのことを考えてくれているとは思えません。

    今が、腹をすえてとことん同じ道をじっくり行くか、
    スパッと別の道へ行くかを決めるタイミングかも知れませんね。

    辛口ですが、客観的に見て今の彼は
    「いい歳して情けない32歳」です。

    ユーザーID:8507926449

  • あれ?

    >彼となら乗り越えたりしていくことができると私は考えたのでが・・・

    ある意味、今が「2人で乗り越える時」なんじゃないでしょうか。
    夫婦なんて所詮他人、考え方が違う2人が一生暮らすのです。いつでも、同じ方向を向いているとは限りません。相手が、違う方を向いていたら、説得するなりして、同じ方を向かせなければなりません。
    夫(彼氏)なんだから、私と同じ思いよね?というのは、非常に甘いです。

    それと、男性が考える責任の意味が分かりませんか?
    ご自身が、誰か(親とか)を一生食わせて行くと考えたらどうでしょう。
    今の仕事は辞められません。病気になっても、養う人が居たら働かなければなりません。
    私は、過去に、経済的に親の面倒を見るかもしれないという事があって、男性の結婚に対する経済面の責任を理解した様な気がしましたけど。

    ここで、一般論を聞いてもしょーがないので、ピンポイントに彼氏さん対策をするしか有りません。何を求めているのか、経済面なのか、トピ主さんの家事能力なのか。不幸な家庭を見た事があるのか。調査しましょうね。
    理由が分かったら、ここで対策を聞いては?

    ユーザーID:6599839162

  • (私は)一緒にいたい=結婚でいいと思いますよ。

    もうすぐ40になりますが、30のときに結婚してもう10年近くになります。

    > 一緒にいたい=結婚という私の考えは甘いのでしょうか?
    いいと思いますよ。
    詳しいことはわかりませんが、残念ながら、いまのところトピ主さんのお相手の男性はちょっと違ったようですが...

    そもそも結婚って、単なるお付き合いと違い、これからも何十年もずっと一緒にいたいと思うから結婚すると思っているので、私からすれば、それ以上何がいるの?
    と思ってしまいます。

    こんな私でも、不妊とか大変なこともありましたが、それを二人で乗り越えられてきたのも「一緒にいたい」という気持ちがあったからだと思っています。

    ただ、ほかの男性からのレスを見るともっと重いものなのかもしれませんね。

    ユーザーID:4166770262

  • 端的に言って

    責任が半々じゃないのでは?

    私の場合は私が病気になっても妻がなんとかしてくれる(主に金銭面)という確信があったから結婚しました。
    もちろん妻が病気になったときは自分が背負う覚悟はありました。
    そういうお互い様の関係性だったのでさほど責任重大だとは思いませんでした。
    責任が大きいと感じるのは色んな意味で対等と感じられないからでは?

    ユーザーID:3140314437

  • ありがとうございます。トピ主です。

    このトピを立てたときは、いろんな考えがぐるぐる回ってしまい、冷静な皆さんに意見をお聞きしたかったのです。ありがとうございました。
    私は、正社員で働いています。国家資格を生かして仕事をしています。彼は同じグループ会社で働いています。彼のほうが入社した年は後ですが、学歴が上なので、収入は上です。彼は、かなりの激務なので、いつ倒れてもおかしくないと思っています。現に、彼の周りで病気になっている方がたくさんいます・・・。結婚して、もし今の職場を辞めたとしてもほかの職場を探すつもりでいました。私は、大体定時で上がれる仕事です。
    そして、今回皆さんのアドバイスから今までを振り返ってみました。皆さんの言うとおりのところが以下のとおりたくさんありました。
    1腹を割って話していない(けんかをしたことがない)
    2彼は結婚したいほどに私のことを好きじゃないかも?(彼にしてもらうことが当たり前になっていて、感謝の気持ちを忘れて好きなことばかりさせてもらっていた)
    3結婚して彼がいざというときにも支えるつもりでいたが、つもりだけ??
    次に、つづきます。

    ユーザーID:0659539373

  • ありがとうございます。続きです。

    先ほどの続きですが、
    4最近は彼に精神的に頼りきりで、自分で問題解決をしたり楽しいことをしようとする気持ちがなくなっていた。
    と考えました。
    それは今回の悩みと違うでしょ?という答えもあったかもしれません。
    彼をあせらせないようにしようと思い、自分なりに結婚って何のためにするの?と考えたうえで彼に聞いたつもりでしたが、つもりなだけだったかもしれません。
    でも、みなさんに、ご意見をお聞きしないまま彼と話し合いを続けていたら、私の考えを彼に押し付けていたと思います。それじゃ、うまくいくわけないですよね。
    年齢的に真剣に将来を考えてくれたらうれしいけど、その前にまず自分が変わらなければ、だめですよね。
    ところで、同棲ですが、それはうちの親がうるさいので許さないと思います。実は、親に彼がいることすらちゃんと話していないのです。(私は実家に住んでます)これについては、彼がいることを話すのは結婚が決まったときと思っていたからです。(まさか、3年も経つとは思ってなかったのですが・・・)
    来週、彼と会ったときに少しずつ話していこうと思います。
    その結果はまたお知らせします。

    ユーザーID:0659539373

  • トピ主さんに質問

    別に「結婚」という制度にこだわらなくてもよいのでは?
    ただ一緒にいたいだけなのに結婚しないと何か不都合な事でもあるんですか?

    ユーザーID:0463205789

  • 気持ちだけでは飯は食えん

    「好き」、「一緒にいたい」という気持ちだけでは、生活も苦労を乗り越えることも出来ません。
    結婚に伴う責任を負い、義務を果たす覚悟があって初めて結婚に踏み切れるのです。

    あなたには、一生働いて夫と成人するまでの子供を養う覚悟がありますか?覚悟出来ない、する気もない人が、何故一生の覚悟を求められる彼に対して「逃げるための言い分け」などと非難できるのでしょう。
    「自分は好きで一緒にいたいから結婚したい。でもそれに伴う責任や家族を養う義務、生活費の負担は全て彼任せ」これじゃあね。

    結婚によって、女性は専業主婦や働いてもパート程度と逃げ道があり、いくらでも楽できます。では、彼にとってあなたと結婚することのメリットは何ですか?
    私の考える限り、子供以外に男性にメリットはありません。その子供も、それ程望まない男性が増えています。「彼にとって」魅力的なメリットを提案できれば、彼も前向きになるかもしれません。

    男性は既に結婚制度に見切りを付け始めていますよ。それでも「逃げの言い訳」と責めますか?
    女性が感情論や自分の利益ばかり考えていても、男性は結婚に活路を見出しません。

    ユーザーID:3026865609

  • 甘いというか・・

    男性にとって一緒にいたい=結婚とはなりません。
    結婚して、妻の一生を養うのに1億円の費用がかかると言われます。
    子供を持てば一人につき3〜5000万円です。
    つまり、家族とはいえ1〜2億円を自分以外の人のために捧げなければならないんですよ。
    一緒にいたいというだけで、簡単に負える責任ではありません。
     
    この責任を負う覚悟を持った女性はそう多くはないでしょう。
    共働きといいながら、何かあれば仕事を辞められるとどこかで思っていませんか。
    家計を支えるのは夫で、自分の稼ぎは自分の小遣いにと思ってはいませんか。

    老後については、この1〜2億円をあてれば、優雅で安心した老後を過ごせると思います。

    ユーザーID:5325280593

  • 「一生一緒にいたい」という気持ちが一番大事だと思います。

    「一生一緒にいたい」という気持ち、幸せな結婚生活には不可欠だと思いますよ。
    ちろさんが甘いとは思いません。これが一番大事なことだと私は思います。
    それ以外の条件を期待して結婚すると(例えば生活が安定するから、そろそろ子供が欲しいから、
    世間体のために・・など)結婚生活を続けるうちにそれがかなわないと「不幸な結婚生活」に
    変わってしまう可能性が大きいと思います。
    私はちろさんのような気持ちで結婚して10年、世間的には理想的な夫婦ではないかもしれませんが、幸せで夫に感謝しています。

    肝心なのは一生一緒にいたいと相手も思っているのか?ということだと思うのですが・・
    ここを確かめることはできるでしょうか。
    男の人なら結婚に責任を感じるのは当然だと思うので、責任を重く考えすぎての言葉なのか
    責任をとりたくないからでた言葉なのか、
    前者であれば自分の気持ちを話してみて
    責任は男の人だけがおう物ではないし、一緒に生きて行きたいからと話してみてはどうでしょう。

    ユーザーID:8220956470

  • 今の時代

     男で結婚したいと言う奴はよほど物を考えてない、危機管理のできていない人間だと思う。

    ユーザーID:5976220497

  • 逃げるというのは、ちょっと引かれるかも

    逃げるっていうのは、仕事から逃げるということでしょうかね。
    一緒にしたい、だから結婚したい、苦労は二人で乗り越える、
    (これは男も誰もが思うこと)
    ということと、だから私は仕事を辞める、ということが矛盾してるんじゃないですかね。

    そこで彼としては、「責任が重い」ということになってしまうのでは。

    ユーザーID:1426035044

  • 結婚は生活

    やっぱり人間、楽な方に流れがちな生き物なので結婚にメリットがなければしないのでは…。
    一緒にいたいという気持ちは重要ですがそれだけでは生活していけませんから…

    夫は私の前に半同棲していた彼女がいたそうです。自分も仕事をしてるからと家事分担を言われ信用してキャッシュカードを渡したら自分のくだらない物に使ったりして無駄遣いされたと…
    結婚はしなくていいやと思っていたのに私と結婚を決めた理由はいつも明るく帰ってきた時に迎えてくれる。自分も仕事をしてるのに家事分担と騒がない。そういう態度だと手伝おうという気になる。自分が働いたお給料を大事に使ってくれる。
    私も働いているので食材なんかは私のお給料から出してるんです。夫が俺の給料から出せって言ったんですが私が「あなたが休みもなく働いてもらったお給料。緊張して使えない」って言ったのが感動したらしいです。

    ユーザーID:9634633611

  • 結局は彼氏の考えが重要な訳ですが

    >結婚について男性はどのように考えるものなのでしょうか?
    個人的には結婚=「子供を作り育てる」です。
    子供を作らないのであれば結婚の必要を感じません。
    恋人関係のままで満足です。

    一般論で言うと、価値観が多様化してきたとは言えども
    結婚=「家庭を築き、妻や子供を養う責任を持つ」と考える男性はまだかなりの割合でいると思います。
    「年貢の納め時」とか「責任取る」など男性の結婚表現にネガティブな物が多い事からも判る通りかなり重たい物である事は確かです。

    まだ俺にはそんな責任背負えないよ〜
    と思ってるうちはなかなか結婚に踏み切れないです。
    (単に「結婚によって失う(と思う)もの>結婚によって得られる(と思う)もの」と感じるのでヤダという人も結構います・・・)

    だが所詮は一般論なのでトピ主さんの彼の考え方については彼に直接聞くしかないですね。

    ユーザーID:0158409327

  • 確かに人それぞれだけど

    男性をひとくくりにして結婚感をとらえるのは困難でも、個々の思いや信念を語ることでトピ主さんがその多様性を理解できれば有意義だと思います。

    今、現実に起きている事をひとつ述べると、結婚したくない男性は増加の一途を辿っているということ。
    責任が重い、自由がなくなる等、その理由は沢山ありますが、決定的なのは女性に対する不信感(理不尽な二重基準)だと思います。

    例えば、結婚=生活だから相手の男性に色々と条件をつけるのは当然と言う一方で、男性には結婚=愛だから相手の女性に条件をつけるのは愚かだと言う。
    (男性にとっても結婚は生活です)
    それから、女性は生活の為に働くのは嫌だと言って全力で逃れるのに、男性が同じ事をしようとすると激怒する。
    (自分がされて嫌な事は他人にしたらダメでしょう?)
    また、二言目には主婦業は外で働くより辛いとこぼすのに、じゃあ僕が主夫をするから貴女が外で働いてと提案すると、これまた激怒。
    (楽な役割を譲ってあげるだけなのに)

    上記のような全く筋の通らない超論理、即ち、自分さえ良ければいいという傍若無人ぶりに男性は萎え、見限ってしまう。
    私はこのようにとらえています。

    ユーザーID:1591627501

  • 私の場合

    私30代妻20代共働き結婚2年目子供1人です。
    私の場合、勿論「この人なら結婚してもいいかな?」と思える人を選んで付き合ってきました。
    が、結婚となると、「責任を取る」という感覚でした。

    やっぱり男にとって結婚のメリットが少なすぎます。
    子供くらいですから。
    お小遣い制になどされた日には何故結婚したのかと後悔することになるでしょう。

    そのため、妻と二人で納得がいくまで条件を話し合い、婚前契約をしました。
    ・婚姻費用の分担・・・財布を三つにして収入に応じて生活費を出し合います。
    ・離婚時の慰謝料
    ・離婚時の財産分与
    ・離婚時の親権
    ・離婚時の養育費
    ・互いの両親に感謝し、分け隔てなく夫婦一緒に親の面倒を見る。
    ここまで決めて納得して結婚しました。

    トピ主さんも結婚の条件を細かく話し合ってみてはいかがですか?
    そうすれば、きっと相手の躊躇する理由が分かると思います。

    ユーザーID:3201034779

  • んー

    仕事などで疲れて帰ってきて、自分なりの疲れの癒し方などがあると思います。
    ただ、最近は小町を見てもわかるように、『夫は仕事ばかりで家のことは何もしない』などという発言を見ていると、自分は結婚して仕事・家のことを出来る自信がありません。
    それに、離婚などの増加。その離婚のさいに奥さんにすべてを持っていかれてしまうことや、熟年離婚で退職金をがっぽりもっていかれるなど、いろいろな情報を見ると、私の個人的主観ですが、付き合うことはいいけど、結婚したい!とは思いません。

    ユーザーID:9355207003

  • しなければならない理由なんてない

    種子太郎さんに全面的に同意します。

    男性が妙齢の女性と数年付き合ったからといって、結婚しなければいけない理由は何一つありません。

    無責任?配慮がない?身勝手?
    それは結婚したい女性側にも当てはまることです。

    一つ言っておきましょう。
    結婚できないのは男性のせいではなく、女性自身のせいです。

    男性は結婚にデメリットを感じている人が多いので、
    結婚したくない男性と結婚したければ、デメリットを跳ね返すだけの
    メリットを提示しなければなりません。

    躊躇しているのは、あなたとの結婚は彼にとってそれほど魅力的でないのです。
    断ればおそらく交際を続けるのが難しくなりますが、それでもかまわないと思っているのです。

    ユーザーID:4528951742

  • 彼は“あなたと”結婚する決断が出来ない

    きっとあなたのことそんなに好きじゃないんですよ。
    そういう男性に限って、本気で惚れる女性が現れたら、速攻結婚するもんです。

    フォトアルバムさんのレスなどは、とてもいい例です。
    以前は半同棲までした人がいたけど、結婚には至らなかった。
    でもフォトアルバムさんとは結婚したんです。
    それは、ご主人がフォトアルバムさんを手放したくないと思ったから。

    トピ主さんは、彼に「手放してもいい女性」だと思われているんですよ。

    そして、トピ主さんは32才。
    将来子供を作るかどうかなんて、今は判断出来ないでしょうけれど、
    このまま時が過ぎたら、「作る」という選択肢は確実に減ります。

    今が人生のターニングポイントです。
    これからどういう人生を送るのか。
    じっくり考えてみたらどうですか?

    ユーザーID:6924004844

  • 必要不可欠な人になる

    私の夫は私がいなければ生きていけないと言っています(私は特に夫に尽くしているわけでも高給取りでもないですが)。
    トピ主さんも彼にそう思わせることができれば結婚だろうが同棲だろうができるのではないでしょうか。
    結婚は確かにデメリットも多いです。
    ですが、そればかり並べる人は男女ともにそのデメリットを凌駕できる相手に出会えていないだけなのでは?と思います。

    ユーザーID:2219168775

  • 結婚することは絶対に正しいこと?

    結婚しないのは本当に愛していない、デメリットを凌駕できる相手に出会えていない、などと結婚したくない側に責任を求めるのは違うと思います。
    逆の見方をすれば、結婚したくないという男性側の希望をかなえてくれない女性側は本当に愛していないのかということになります。
    幸せの定義は人によって様々で、結婚しないで付き合っている状態のほうがずっと幸せな場合も多いのです。
    結婚するしない(したいしたくない)は、どちらが上でも下でもありません。
    あとは当事者同士の話し合いです。
    私の場合はかけがえのない相手と一生付き合っていきたいです。
    できれば死ぬまで。

    これだけだとトピずれしているかもしれないので、建設的な意見を述べますと
    彼にメリットを提案してはいかがでしょう。
    たとえば、同じくらい稼ぐ、共働きでも家事は彼より多くやる、趣味は完全に認める、などなど。
    究極は主夫になることを認めることでしょうか。
    彼がそれを望むかどうかは別の話ですが、それだけの覚悟を持っているとアピールするのです。

    ユーザーID:8298325390

  • 逃したくない女性とする

    結婚というのは自分を縛ると同時に、相手を縛るものです。
    男性が結婚したくないというのは、自分を縛られたくないと思うのと同時に、相手も縛るほどの価値がないことを意味します。

    結婚したい女性は、本来そこでその男性とお別れするべきですが、それができない女性が多いために結婚しない男女が増えてきたのだと思います。

    最近女性が強くなってきたと言われていますが、自立できる女性が増えた分、結婚するかしないかの主導権が男性に移ってきたように思えます。

    以前は女性の社会進出が遅れていたために、男性が結婚を申し込まないと他の男性からアタックされて奪われてしまう可能性がありましたが、現在では結婚しないまま関係を保つことが可能になったからです。

    結婚に変わる新しい枠組みを持たないまま、社会進出を進めた日本は、今後ますます結婚するかしないかの決定が男性主導になっていくでしょう。
    なのでそれが嫌なら新しいパラダイムを女性が男性に提案していかなければなりませんね。

    ユーザーID:9055317796

  • ういろ大好き、駒子さんに賛同

    辛口です

    男って、この女だけは誰にも渡したくない、独占したい、と思ったら速攻でプロポーズします。何年付き合ったとか同棲したとかは関係ないです。

    私の夫も、私がいなければ生きていけないといつも言っています。
    そうなると、結婚のデメリット云々の話ではありません。誰かに盗られる前に、自分がゲットしなければと思うようです。

    トピ主さんなしでは生きてはいけないと言ってくれる、運命の人に出会えることを祈っています。

    ユーザーID:6021217544

  • ここで聞いても仕方ないのでは?

    >それと、妙齢(30代)の女性と付き合う場合、結婚しなければならないという考えだけは納得いきません。

    結婚する気がなければ互いに納得した上で付き合うのがルールだと思います。誤解させるような行動は慎んだほうがいいというだけで、結婚しなくちゃいけないということではないと思います。

    >老後については、この1〜2億円をあてれば、優雅で安心した老後を過ごせると思います。

    金額だけで老後の幸せを推し量ることはできません。あらゆる意味で自分ひとりだけを貫きとおせる自信がある強い人にのみ与えられる人生ですね。
    人はひとりでは生きていけないから多少のリスクは覚悟の上で一生のパートナー家族をどこかで求めていると思うのですが、ネット三昧、ゲーム三昧社会には結婚自体の意味はなくなりつつあるのでしょうね
    結婚自体、ひとつのRPGゲームと捉えられている気もしますね。
    収入や性、役割分担のメリット、デメリットだけでは決して結婚を定義できません。
    ひとそれぞれの考え方ですが、人生はハプニング、やってみなければ先はわからない、という考えの人でなければ結婚は無理かもしれません。

    ユーザーID:3905102539

  • 一緒にいたい

    僕は男だけど、気持ちは分かる。
    大切な人と一緒に生きていけたら、それは幸せだと思う。

    だけど、30年後も同じ気持ちでいられるのかな?

    (参考)
    熟年離婚を予定してる方
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0706/192671.htm?g=04

    老後、不意打ちで妻から離婚を切り出されたら、準備も何も出来ない
    男としては生きていくのが困難になるのは容易に想像できる。
    今離婚率はは3-4割みたいですが、30年後にはもっと上がってる、確実に。
    5割を超えるとしたら、・・・60歳以降で5割以上の確率で結婚したために
    野垂れ死にの最期が待っているとしたら、結婚は僕には選択できない。

    腰抜けと言われても構わないが、
    「確率は5割を切りますが上手く行ったら幸せになれます。
    確率は5割以上ですが、上手く行かなくて野垂れ死にします。」
    なんて「博打(=結婚)」僕には出来ない。

    上記の熟年離婚を考えている人のレスの多さを考えるとやはり無理。

    ユーザーID:7384188184

  • ももんがさんに同意です。

    結婚12年目になります。
    やはり、一緒にいたい、好き、という気持ちが一番大事です。
    損得勘定で考えたら、結婚せず、収入と時間と空間を独り占めした方がいいに決まってます。
    昔は世間体を気にして結婚する男性が多かったのですが、(うちの父も)今では独身男性も珍しくなくなりましたね。

    私にとって結婚とは、幸せな家庭を築く事です。
    そして夫婦って、二人三脚だなと最近つくづく感じます。
    どちらか一方だけが苦労すると、行き詰まります。
    彼氏さんがどう考えているのかわかりませんが、ちろさんの考えは甘くないですよ。
    支離滅裂な文ですみません。

    ユーザーID:8922274433

  • 男にとって

    「過剰な男女平等思想」の名の下に「女性優位」になってしまった
    現在社会での結婚は、男にとって「デメリットしかない」
    と言っても過言ではありません。

    ・女性は「女が家事をするのが当然」という考えを否定するが
     「男が働くのは当然」という考えは変えない。
     まあ、働くのは当然としても、家事への参加も要求され、
     結果負担が増える。
    ・1ミスで「離婚⇒慰謝料」の危険がある
    ・大きなミスが無くても「精神的に苦痛だった」と言われてしまえば
     熟年離婚で退職金が慰謝料になる危険もある
    ・子供が出来れば離婚しても養育費が発生。
     再婚はもちろん、生活も厳しくなる可能性がある。
    などなど

    唯一メリットがあるとすれば、愛する女性が傍にいてくれることの
    安心感だと思うのですが、結婚を躊躇されてしまうということは、
    「デメリット>あなたが傍にいること」というだけだと思います。

    どうしても結婚したいのであれば、具体的に理論立てて
    デメリットへの不安を解消していくしかないでしょうね。
    漠然と「乗り越えたりしていくことができる」なんて言っても
    男は納得しません。

    ユーザーID:8968085655

  • 私の場合2

    昨日契約書を見直して抜けてる物を足しておきます。

    ・家事・育児の分担
    ・結婚前からの個々の財産の帰属。婚姻中の財産の帰属。
    ・離婚時の子供への面会交通権
    ・契約書の変更手続き
    ・第一審管轄裁判所

    ユーザーID:3201034779

  • No Whining

    自分も家族を築いているわけではないので、偉そうなことは言えないのですが、
    世の中の人全てが「結婚なんて愚かな者がすること。女性(男性)が鼻もちならなくて、嫌い」
    と言い始めたら、この世はあっという間に滅びてしまうわけで、少なくともその選択をした人たちを貶めるべきではないと思います。

    また男女ともに、交際相手に結婚願望があって、自分には全くない場合は(今後もそのつもりはないと分かっている場合)、
    相手にその旨を伝えるくらいの誠意は持っていなければいけないのでは?
    自分が結婚しないで生きる自由、も大切であると同時に、
    相手に結婚できる機会を逃させないこと、も大切なはずです。

    男女は生まれながらに別の生き物だと思います。
    両方の立場を真の意味で理解できる人は恐らくいないでしょう。
    自分の生き方を正しいものと主張したいあまりに、異性全体/他人を声高に攻撃してしまうのはどうも・・ね。
    逆に「酸っぱい葡萄」なのかと思われかねません。
    自分が正しいと信じた道なら、no whining で行きたいですね。男女ともに、です。

    ユーザーID:5378329493

  • 否定的です。

    結婚に対しての意見を求めているようですが、世の男性の多くは結婚ではなく同棲に利点を見いだします。
    結婚するのは、躊躇するけど、同棲なら躊躇の壁が低いのです。
    つまり、結婚はしなければいけない状況に追い込まれるか、どうして結婚したい女性が現れない限り、しない。
    というのが「結婚について男性の考え」です。
    もっともこれは、個別の事例に当てはめる事は全くできません。
    世の中の多くの意見が個別の事例と同じであると言い切れない例の一つです。
    ちろさんの書き込みを見る限りでは、今までゆるい友人関係以上恋人未満であった、ちろさんがある日突然
    結婚話を持ち出して、思ってもいなかった話なので、とりあえずお茶を濁して善後策を考えようとしている男の姿が浮かびます。
    書き込みだけの情報をから判断するに、ちろさんは、男性にとっては結婚を想定していなかったのではないかと伺えます。

    ユーザーID:9065335956

  • ギブアンドテイク?

    興味深いトピをありがとうございます。

    主人とは6年付き合って結婚したのですが、金銭面と家事を見込んでの
    プロポーズだった気がします。

    私はフルタイムで勤めており、収入こそ主人には及びませんが、貯金が
    それなりにあったのと、家事はほぼすべて私がこなし、生活費も私が
    出しています。

    私自身結婚はどうでもよかったのですが、男手がほしかったので、
    ギブアンドテイクですね。

    お金や愛に限らず、与え合い、支え合うことができる人同士なら、
    結婚という人生の契約ができるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1512067239

  • 既婚男性から

    結婚1年目の私が言うのも何ですが、男性にとって結婚とはデメリットでしかありません。
    私が結婚を決めたのは、そのデメリットを理解し、一緒に義務と責任を負える女性だったからです。そうでなければ、結婚しなかったでしょう。

    トピ主さんはそのデメリットを理解していますか?結婚した場合、具体的にどの程度の義務と責任の負担が出来ますか?そこを明確に伝えられれば、彼も前向きになるかもしれません。

    >この女だけは誰にも渡したくない
    と思えば、プロポーズするでしょうね。でも、根本的に今の男性はあまりそう思わないんですよ。そこまで繋ぎ止めておく必要性を見出さないんです。

    >人生はハプニング、やってみなければ先はわからない
    その通りです。でも、失敗する可能性が高すぎることに男性は気付いているんですよ。金額はもちろん、義務や責任の負担、役割分担など、承知しているリスクが大きすぎるんです。

    妙齢の女性の「結婚したい」と、相手の男性の「結婚したくない」がぶつかった時、合わなければ別れればいいだけのところ、無条件で男性を非難するのが女性です。
    そういうところから、男性は結婚したくなくなっているんですよ。

    ユーザーID:6725000941

  • 逆もまた然り

    愛は不確かさま
    「結婚する気がなければ互いに納得した上で付き合うのがルール」
    そのルールは誰が決めたのか、と言う話ですよ。
    今の時代は逆に
    「結婚したければ互いに納得した上で付き合うのがルール」
    の方が良いかもしれませんしね。

    RPGやゲーム、ネットと結婚のつながりもよく分かりませんでした。
    人はひとりでは生きていけないからイコール結婚なんですかね?
    社会との繋がりや友人で充分と思っている男性が多数では?
    うーん、どれも結婚したくなる理由からは遠いです。

    ユーザーID:6487312884

  • 支離滅裂

    >金額だけで老後の幸せを推し量ることはできません。あらゆる意味で
    >自分ひとりだけを貫きとおせる自信がある強い人にのみ与えられる
    >人生ですね。

    私は一人の女性と一生暮らし、どんな要求をされてもめげず、
    どんな人格否定をされても心が折れず、腹の底では馬鹿にされていても
    意に介せず、仕事を辞める自由を放棄することに躊躇しない人のほうが
    ずっと強いと思います。

    私にとっては結婚とは爆弾つきの首輪をはめてスイッチを相手に
    渡すことに等しいです。
    もしそうしても構わない相手が現れて相手が承諾するなら結婚します。
    しかし、そんな女性とは出会わないで済みたい、人生に迷いなんて
    いらないと思ってます。

    ユーザーID:8665977374

  • 夫は「家族が生きがい」と言います

    好きに生きているようにしか見えない夫に、
    「離婚してください」
    と頼んだ事があります。

    その時の、夫の言葉が意外にも
    「家族が生きがい。いなくなったら、何の為に働いているのか分からなくなる」
    でした。

    外に女性もいて、私や子供が、彼の人生に必要とは思えなかったんです。
    彼を待つ生活に疲れて、実家に帰りたい。養育費もいらないから、実家に帰してという私を、夫は必死で引き止めました。

    帰る家がある安心感があるからこそ、外での遊びも楽しいのだとか・・・

    私は港かっ!

    男性方が「デメリット」の話ばかりおっしゃるので、夫の主張するところの「メリット」を書かせていただきました。

    ユーザーID:7359307964

  • 男性にとっての結婚のメリット

    すべてに当てはまるわけではありませんが、面倒な(その人にとって)家事を一切しなくて済むことです。

    私の夫はずっと実家暮らしで、義母がかいがいしく世話を焼いていました。料理はお湯を沸かすのとご飯を炊く程度しかできません。洗濯は本当に「洗濯機のスイッチを押すだけ」です。猿でもできそうです。掃除機をかける、皿を洗うくらいはできますが、面倒くさがってしたがりません。「家事は女の仕事」と堂々と公言しています。それを言うならば家族を養うのは男の仕事だと思うのですが。ちなみにすべてを外注で賄えるほど高給を貰っているわけでもありません。

    「結婚のメリットがない」と仰っている男性方。家事に自信があり自力で十分生活できるのなら結構なことですね。実際にうちの弟はそのタイプで、未だ独身ですが「別にひとりでも」と言ってます。逆に夫のように、食事は出てくるのが当たり前、汚れ物をかごに入れておけば畳まれてタンスに入っているのが当たり前、食べっぱなしの皿も食器棚に戻っていて当たり前のような生活をしている男性が「結婚にメリットがない」と言っても説得力がないというものです。

    ユーザーID:6783349488

  • 一言で表現するならば

    結婚は「ギャンブル」です(男性、女性共に)
    多くの男性はギャンブルのリスクを承知しつつ賭けに出るのに対し
    多くの女性はギャンブルのメリットしか目を向けずに
    賭けに出ているようにしか見えません

    根拠は離婚を提案する側の多くが女性であると言うことです
    私の推測ですが、女性は結婚は薔薇色だと思っていて、
    薔薇色で無いので幻滅し、お互いの同意で結婚したはずなのに
    相手の非だけをあげつらっているように思われてなりません
    # 特に大手小町でのトピックスを拝見すると

    あなたに質問します
    「あなたにとって結婚とは何でしょうか?」
    この回答の返事により、もう少し踏み込んだ意見が言えると思います

    ユーザーID:0066761490

  • 確かに男性にメリットは少ないかも。

    女性間で話していると、男性だけに家族を支える経済力と家庭中心の心の広さを求める話って多いですからね。

    私の彼は私に家庭的な事も経済的な事も一切求めないので正直言って気が楽です。今日は忙しくてご飯作れなかったと言えば外食して私に財布を開かせないし、私が渡そうとした生活費も受け取りません。なので私からも彼の負担や責任感を軽減させなければいけないと常に思っています。彼が普通にしてくれる事を当たり前のように求められたら?結婚なんかするものかーって思います。

    なので一生モノの資格職で働いてます。それでも彼よりは若干収入が低く今後も上がる見込みはわずかなので家事は私だけしています。子供出来たら、また状況は変わるかもしれませんが。それを見込んで産休育休もできる、定年過ぎても働ける職場に就職しました。働けるうちは常に働いて行くつもりです。このような生活設計をトピ主さん自身提示できませんか?結婚による責任の軽減を示せば彼が言ってる「責任」という心配は大分軽くなりますよ。

    それでも彼が結婚にしり込みするなら、それはメリットデメリット云々よりトピ主さんと結婚したいと思う何かが足りないのでしょう。

    ユーザーID:0245052753

  • 横ですが

    既婚男性より さん

    ちょっとお聞きしたいのですが、結婚前に様々な契約を交わして(離婚の文字が多いですね…)結婚されたようですが、
    いずれ奥様が何らかの理由で会社をやめて収入の少ない仕事になったり、また、専業主婦になるかもしれない時の話し合いは
    なさっているのでしょうか?そして、そうなった時の生活費やその他の出費についてはどうなさるのでしょうか?

    ユーザーID:6827455229

  • 婚前契約の薦め

    >いずれ奥様が何らかの理由で会社をやめて収入の少ない仕事になったり、また、専業主婦になるかもしれない時

    私が失業した場合もあり得ますね。
    互いの収入に応じて3つめの財布に出し合うことになっております。
    収入が婚姻費用をまかなえないほど少なくなれば、事実上3つめの財布だけになりますね。
    なお、妻が将来専業主婦を希望しても、私名義の稼ぎは私の財産と決めてあります(逆も同じ)。
    妻は専業主婦をする気はないと申しております。


    >離婚の文字が多いですね

    現在の法定財産制と司法実務の取扱は一方的に男性に不利になっております。
    ほとんどの場合親権は女性で、男性は面会交通権の保証もないまま養育費だけを支払うATMのような存在にされています。
    また専業主婦への財産分与も過分だと思われます。
    男性側にとって、離婚によるリスクが非常に大きいのです。


    婚前契約により契約財産制となり、法定財産制を排除できます。
    婚姻前に書面を作成。
    登記すれば第三者に対抗可。
    登記なくても当事者間は有効。
    公序良俗に反しない限り、何を決めても有効。
    男性陣、ご一考を。

    ユーザーID:3201034779

  • とんきち様

    なんかそれはメリットでは無くデメリットをそのまま言ってるような気がしますが。
    一度結婚しようものなら、離婚するリスクは大きいので男性としては、そういう様に言うしかなくなります。
    離婚すれば、慰謝料を膨大に請求され財産は半分、子供は取られて養育費を請求されます。
    その上年金も分割ですからね。それほど結婚はリスクがあります。 

    ユーザーID:4683328437

  • レスはすべて個人的な意見に過ぎないわけで・・・

    結婚するしないは、どちらかが正しいというわけではなく、どちらかが上ということもありません。
    結婚制度そのものについて、それぞれ意見を述べているのです。
    結婚したがる女性を非難してはいけません。また同様に、結婚したがらない男性を非難するのもいけません。

    個人的には両方の意見を、多数聞いてみたいですね。
    トピ主にとってメリットはそのまま彼氏を説得するのに役立つでしょうし、デメリットはクリアすべきハードルになるかもしれません。

    ちなみに、結婚をメリットデメリットで語るな、という意見がありますが、
    一緒にいたい、一緒にいることが楽しい・みたされるというのも立派なメリットです。

    ユーザーID:8298325390

  • メリットはあると思います

    ただし組み合わせによると思いますが。

    収入が並以下の男性(450万程度)にとっては、生活の安定をはかる為に結婚するメリットは大きいと思います。

    仮に妻の収入が300万しかなくても二人合わせて750万です。今の日本で真の勝ち組は、正社員共働き夫婦だという学者もいます。

    実際私は収入の不安定な何人もの男性からアプローチされましたし、例えば派遣社員男性と公務員女性、自営業男性と実家が裕福な女性とようなご夫婦も結構いらっしゃいますしね。

    結婚はリスクしかないとおっしゃる男性は、きっと収入が高い方なんだな というのが率直な感想です。

    ユーザーID:4656938334

  • へえぇぇ!

    トピ主さんへのお答えは・・・「ふたりで結婚観を話あうしかない」と思います。
    彼が責任感の強いタイプでそう言ったのか、ただ逃げてるだけかは、話した上でトピ主さんが判断するしかないんじゃないでしょうか。

    それはさておき(すいません!)みなさんのレス、大変興味深く拝見してます。このレス読んでると、結婚ってしないほうがいいんじゃないの?って思っちゃいそうですね。

    うちの夫は自分のことは自分でできます。(結婚したばかりの頃、「もっとあなたの身の回りのこと私がやるべき?」と聞いたら、「べつにお手伝いさんが欲しくて結婚したわけじゃないよ(=自分でできるよ)」と言われました。)

    私も一生働くし、彼が働けない状況になったら彼の分も働くつもりです。(そこはお互いサマってことで)

    私たちが結婚した理由は、「いっしょにいたいから」「親をはじめ、周りの人にパートナーと見て欲しいから」「人生の同志になりたいから」です。
    いまのところ、子供をつくる気もありません。

    そういう夫婦もいる、ってことで・・・。

    ユーザーID:0162125490

  • 私には、よく分かりません・・・

    30代後半の独身男性です。
    結婚願望はありません。
    子供も欲しくないし、家族に対する憧れもありません。
    人が怖くて、女性を含めた他人とのコミュニケーションに苦労しています。

    既出レスにもありましたが、結婚したがらない男性は増えているでしょう。
    個人的には、要因として、
    ・右肩上がりの経済成長の終焉
    ・雇用環境の悪化(低収入、過重労働)
    ・恋愛や結婚の自由化・市場化
    ・離婚や家族不仲など、結婚や家族に関するネガティブな情報の洪水
    ・メディアや娯楽の深化・多様化
    などがあると思います。

    でも、私の学生時代の同級生や職場の同僚男性はほとんど結婚しています。
    もちろん人それぞれであることは承知で書きますが、彼らの話を聞くとやはり、
    ・人(付き合い)が好き
    ・寂しがり屋
    ・体力がある(休日もスポーツやアウトドア)
    ・子供が好き
    ・家族(お父さんがいてお母さんがいて、その子供たち)に対する希求が強い
    ようです。
    どうしてそうなる、思えるのか、私のような者には分かりませんが。
    やはり、幼少期から思春期にかけての成育環境の違いなどでしょうか。

    ユーザーID:0419859512

  • しましまうまさん、ありがとう

    私の拙いレスを気に留めてくださって、ありがとう。
    ちょっと、嬉しい。

    >なんかそれはメリットでは無くデメリットをそのまま言ってるような気がしますが。

    なるほど、同じ事でも、人によって、それがメリットになったり、デメリットになったり・・・
    確かに、ご指摘の通りかも。

    夫曰く。
    外から帰った時に、家に明かりが付いていて、食事の用意がしてあり、お風呂が沸いている。それだけでも、ほっとする。
    もし、待っていてくれる人がいなくなったら、疲れたという愚痴さえ言えなくなってしまう。
    そういう「家庭」は大切で、それを守るのが「生きがい」なのだそう。

    「そんなに家庭が大事というなら、どうして、浮気するのっ」
    という私に
    「あれは、趣味。趣味はあくまでも遊びなので、生きがいにはなりえない」

    口の上手い夫です・・・

    >離婚すれば、慰謝料を膨大に請求され財産は半分、子供は取られて養育費を請求されます。

    説明は、はしょりますが、我が家の場合、その心配は無用です。

    >その上年金も分割ですからね。
    残念ながら、我が家はまだ、婚姻年数が。・・・

    ユーザーID:7359307964

  • 私、女性ですが、”年収300万円の男"様と同意見ですよー。

    こういう女性も世の中には存在します。(独身主義者です)世の中の同性を観察していて、あなたと同じ考えに至りました。ホント、男性の皆様、結婚なんてしないのが”良い選択”の場合が多いですよ。女性にはお気をつけ下さいませね。

    ユーザーID:3804830183

  • 先ほど書き忘れました。(横ですみません)

    どうして女性は、(私も戸籍上は女性ですが)結婚、結婚って大騒ぎするのですかねえ。すでに自活できていたら、結婚に多くのメリットって、あります?なさそうなんですけど。いい加減に、時代錯誤の夢(?)や考えから目を覚ませないもんですかねえ。それとも、一度はウエディングドレスを着て、お祭り騒ぎしてみたいの?何が何でもお子さんの欲しい女性以外は、結婚にメリットは、あまり無いのでは?どうして赤の他人の家事その他を、タダで請け負いたいのですか?お人好し?ボランティア精神にあふれておられるのですか?女性の私にとっても、結婚って疑問です。

    ユーザーID:3804830183

  • 以下のようなトピで是非そう言ってください

    ポッチャマさん。

    家事を一切しなくてもいいって以下を見るととても信じられないのですが。家事を丸投げしたら、離婚原因の一つにされそう。

    専業主婦の皆様。夫はなにしてくれますか?
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0607/187777.htm

    今は晩婚化が進んでいます。従って男性も一人暮らしの期間が長くなるってもんです。一人暮らしして家事一切できない人はそうはいないでしょう。

    私の場合は母がずっと仕事をしていた関係上、子供のころから家事の手伝いは当たり前でした。掃除や両親とも仕事の夜の自分たちの食事等があたります。今は一人暮らしですが、さすがに平日は社員食堂ですが休日は自炊しています(社員食堂は1日千円程度です)。自炊もやってみると日々腕が上がるのが実感できて結構楽しいです。

    だから家事担当のために結婚するのはありえないです。「やってあげている」って文句を言われそうだし。

    ユーザーID:0403858222

  • めんどくさ

    なんかめんどくさいレスが多いですね。
    メリットデメリットとか、責任とか、こづかいが減るとか、費用がどうとか、賭けとか、先の事は分からないとか・・・
    結婚に関する考え方は自由ですが、なんかうっとおしいです。

    さて、一緒にいたいから結婚したいといのは素晴らしい動機だと思います。一緒にいたくない人と結婚はしたくないです。

    ただ、結婚は相手あってのことなので、相手を説得するか、自分が相手の考えを受け入れるか、別れるか、だと思います。

    逆に、出産、年頃ということを考えると、30代の女性とお付き合いする男性は、それなりの配慮が必要でしょう。
    結婚したくないというならば、同じく相手も同じ考えであることが前提だと思います。結婚しないことにより、女性の人生を変えるという事を認識する必要があると思います。

    トピ主さんへのアドバイスとしましては、結婚・出産を望むのであれば、他の方を探す事をお勧めします。

    ユーザーID:3585907281

  • 興味深いですね。

    なかなか、考えさせられます。

    まだまだ結婚って男性には重いのでしょうね。
    やはり頼られる事がかなり多いし。実際共働きで対等でってご夫婦も増えては
    いますが、まだまだですよね。

    男性の側になって立って考えてみました。
    結婚となったら、まず、男らしくプロポーズ、プロポーズがちゃんとしてない、婚約指輪がちゃんとしてないと彼女はむくれ。
    彼女の望む結婚式、めんどくさくても付き合わないと怒りそう。
    結婚したら、今度は家とか子供やら将来で貯金やらで、お小遣い制。
    そして嫁姑の問題もおきたら、男らしい対応が望まれる。実の親も捨てる覚悟で嫁を守る。
    なにかとやはり夫が責任取ったり決断したり。
    うーん大変そうだな。

    パートナーがいるってのはやはりいいですが、結婚って重いですねー。
    客観的に見ても男性に負担がすごいかも。

    なにかすごいきっかけがないと。。。

    失礼しました。

    ユーザーID:9857398679

  • メリット、デメリット

    男性諸氏からの結婚に関するメリット、デメリットについての意見を興味深く読みました。まことにその通り、頷けることばかりです。昔と違って同棲は珍しくなく、婚前交渉もごくあたりまえになった今ではもっともなことです。結婚のデメリット>メリットならば結婚しないのが上策、お相手の女性にウソをつくようなことがない限りこれは非の打ち所がない考え方だと思います。

    ま、それはさておいて、これからは私個人の体験や観察を元にした独断と偏見に満ちた意見です。およそメリットだのデメリットだのと考えているうちは相手がどんな人でも結婚しないほうがいいんじゃないかと思います。男性って一度結婚したいと思い始めると相手の女性がどんなにデメリットに満ちた人でも結婚に向かってまっしぐらに直行してしまうようです。

    私自身がその良い例です。夫が私と知り合った時点で客観的に見て私との結婚が彼の生活を向上させると思われるような点はまったくなかったんですが、それでもなぜか結婚したかったようで、十五年経った今でも結構幸せそうにしています。結婚って三割がた誤解と思い込で成り立っているみたいなとこもありますよ。

    ユーザーID:8816099587

  • 自分に原因があると思い込み過ぎでは?

    結婚については、男だから皆こうというのはない。
    個人で考えが違うから「男は」なんてひと括りにはできませんね。

    彼が結婚を先延ばしする理由として
    ・結婚願望がない
    ・仕事で一人前ではない
    ・結婚する気がないので逃げたい
    辺りではないですか?

    自分はただ結婚したくて結婚しました。
    妻は類い稀なる美貌の持ち主で、出会った瞬間まず自分が一目惚れ。
    この女を逃したくないという思いで押しまくり半年後に即結婚。
    惚れた女と結婚するのは当たり前だから迷いなど皆無。
    妻は美しいだけでなく人柄も何もかも完璧。
    結婚して7年。デメリットなどなく日々幸福ですよ。

    うちも喧嘩は一度もなし。互いに腹を割って話すが衝突しない。
    それに、女が男にしてもらうことが当たり前でも自分は構わない。
    自分なら妻に好きな事をしてもらいたいのでそれでいいですがね。
    感謝の気持ちなど別にいらんし。

    >支えるつもりでいたが、つもりだけ??

    つもりで充分。妻の存在全てが支えになるから。
    変に男を支えようとする気持ちは返って重い。

    ユーザーID:3305604134

  • 32歳で

    「決断が出来ない」って…
    一体いつならできるんですか?
    そういう人は何歳になってもできないのでは
    ないでしょうか。

    ユーザーID:0207762947

  • 結婚恐怖症男と結婚した私の場合

    私の夫はずっと結婚恐怖症でした。
    恋人がいてもそうで、恐怖の原因は敷かれたレールの上を歩かされる束縛感、自由を奪われる、第三者に生き方を指示される(夫はこうあるべきとか)等々、かなり強く思っていました。
    私はそんな彼と10年以上付き合って結婚したのです。

    結婚での家事代行メリットなんか、基本的に結婚したくない男性にとってはどうでも良い事のようですよ。
    今の時代は便利だし、男性も料理ができる人だっているし(私の夫はこれ)、掃除なんか行き届かなくたって死にませんから。
    そんなものよりも、あらゆる自由を奪われる事が恐怖のようです。

    ウチの夫の場合、他の女性と付き合いたいという自由への欲望は無いみたいでした(どちらかというと自分の趣味にお金を使いたいタイプなので、女は私一人で十分みたいです)。

    一緒に暮らすようになったのは自然だったんですが、そこから結婚に行き着くまでが葛藤だったんです、彼の場合。

    ユーザーID:2661007893

  • 続き1

    今の男性は、女性の愛を信じられなくなっているようです。
    ずっと一緒にいたいという気持ちは嬉しくても、結婚を求めすぎてしまうとすぐに、結婚にまつわる女性優位の法的側面と社会の曖昧な常識(男は女を守る物とか)が浮かんでしまうのかもしれません。
    それが無ければ、彼女は俺と一緒にいたいとは思わないんだなと感じてしまう部分があるような。

    男性のほうが愛を信じたい気持ちが強いみたいで、純粋な部分が残っている人が多いのかも。
    女性が愛と合理性を切り離しつつも、一緒に抱え込めば簡単で便利と思っても、彼はこの合理性と愛を一緒にするのがイヤだったような気がする。

    ユーザーID:2661007893

  • 続き2

    男性が愛を信じられなくなったのも、女側の奔放な発言や行動の影響かもしれません。
    彼らの気持ちは固くしこりになっているように思えます。

    私は女性側にある出産時間制限を手放し(子供を諦め)、結婚制度を諦めて、彼との生活を取る事を選んだんです。
    多くの女性が結婚を焦るのは、日本が非嫡出子を認めない社会だからであって、女性優位でいたいからではないはずです。
    彼が50代で法的結婚を選んだのは、「周囲が結婚・結婚と言っていた意味」が、愛情から出ていた言葉だったとわかるようになったからかも。

    でもそれも、私が何があっても離れずにくっついて来たからこそかもしれません。
    人によっては私はバカな女に見えるかもしれませんけど、彼を選び続ける人生のひとつの結果としての結婚かもしれません。

    尽くすというのは、家事代行をするとか世話を焼くことではなく、たぶん何があっても彼を選び続けるということでしょう。
    結婚を避ける男性は、女性にそれを問うているような気もします。何があっても自分を選び続けてくれるのかって。

    ユーザーID:2661007893

  • 大変勉強になります。

    当方、32歳既婚女性ですが、男性からのご意見が大変勉強になります。
    一時さんの「女性は健やかなる時も…を考え、男性は病める時も…を考える」というのに深く納得しました。
    また、男性は「責任」「義務」「経済力を求められる」の発生を考える方が多いのですね。

    さて、私の夫に表題のことを尋ねてみたところ
    「いずれ結婚するだろうとは思ってたけど、まだまだ考えてない状態で君と付き合って結婚を迫られたから、したんだよ。ただ、経済的に自活できるようになってから、ということで就職は大前提だったけど」
    との答えでした。
    夫が19歳(学生同士)から10年付き合い、彼の資格試験合格と就職を待っての結婚でした。
    ただ、私の方が先に就職したので彼の資格試験を支えられるように貯金に励みました。(経済的に頼られることはありませんでしたが)
    また、夫は学生時代から自炊をしており、家事能力が高いのは魅力的でした。

    やはり、男女共に「経済力」「家事能力」両方持っていた方がアピールポイントになるかな、と思います。それと、会話が合う、一緒に居てくつろげる、といった相性も大事だと思います。

    ユーザーID:5850765027

  • 友人のケース

    その人の人生において「結婚」がどのような意味を持つかは
    本当にその人、それぞれだと感じています。

    友人(男性)のケースですが
    自分が相手を好きとか一緒に居たいとか言うよりも・・・
    年頃を迎え、自分を取り囲む環境(自分の家族など)に
    違和感なく馴染むかどうかを重視して
    パズルのピースをはめ込む様に奥さんを選んで、年内には結婚します。
    でも彼は外で恋愛をしています。
    決めたのは彼本人です。
    そんな結婚の仕方(幸せの在り方)もあるんでしょうか。

    「木を見て森を見ず」ではなく、彼は側にある「木」よりも
    自分を含む「森」が今後も青々と茂っていることが
    自分にとっての幸せだと判断したんでしょう。

    友人の立場としては、それが彼にとって最良の結婚なのだと思いたいですが
    正直複雑な気持ちです(笑)

    ユーザーID:5800756067

  • 彼は、トピ主さんの運命の人じゃない

    こういう質問とか、結婚の条件とかメリットとかいうトピを見るたび、単にその人は、結婚すべき人ではないだけなんだよ〜と思います。

    運命の人と言い方が正しいかわかりませんが、結婚したい人と出あってしまったら、それはもうするものなのです。トピ主さんの彼は、いまだにそんなことを言っている以上、トピ主さんのそれではないのです。
    そこまではトピ主さんを愛していないのです。

    結婚して6,7年にもなりますが、いまだにうちの夫は“もう一生みらと一緒にいられる〜幸せ〜”と言い続けています。のろけではなく、そうやって2人で生きていくことが、1人でいるよりも当たり前と思える人がいるものです。
    そういう夫婦は私の周りにもたくさんいます。
    出張中に、怩ウんと子供のことを想像しただけで愛しくて涙ぐんでしまう男性の同僚もいますし、私の両親もラブラブで、私が2人の時間を邪魔すると(母を買い物に連れ出したり)父はちょっと不機嫌になります(ほほえましいです)

    勿論いろんな結婚の形はあるでしょうが、トピ主さんが求めているのは、ずっと一緒にいたいと思いあえる、そういう男性なんではないでしょうか?

    ユーザーID:9926996022

  • 全くメリットを感じられない

    私は女ですが、男にとって現在平成20年日本の結婚とは、
    1 子どもが欲しい
    2 好きな人を誰にもわたさず、一生一緒にいたいから、法的に契約したい
    以外にメリットを感じられませんね。恋人でいいんですから。
    本当に気の毒ですよ。年収1千万円ないと専業主婦はむつかしいでしょうね。
    毎日仕事でつかれてるのに、家事を手伝えとか、お小遣い制5万円なんて
    女の私だったら死んでもいやです。

    昔は、仕事でいそがしいから食事・掃除をして欲しくて奥さんが必要だったと思います。
    が今は、スーパーやコンビニで冷凍食品や惣菜など好きなものが変えますし、
    狭いマンションなら、月数回の掃除ですむ。(実家の母親がやってくれる可能性あり)
    昔は、子どもがいないと老後の保障がなかったが、今は子どもがいても保障にならず、
    教育費の代わりに、介護費をためておいた方がよい。
    私は確信犯でシングルやってますから、よくわかります。
    シングルで必要なのはとにかくお金、あと1人が好きな事ですね。

    ユーザーID:8660067348

  • かおりさん

    >収入が並以下の男性(450万程度)にとっては、生活の安定をはかる為に結婚するメリットは大きい

    あくまでお金だけで言えば。
    年収450万の男性が年収300万の女性と結婚した場合、世帯年収は750万に跳ね上がります。その結果、どうなるか。
    小遣い月3万です。
    また、足して2で割れば375万円。得してるのは女性だけですね。もちろん、働かないよりはマシですが。
    こう考える男性も多いでしょう。並以下の収入でも一人なら余裕で暮らせますし。

    >勝ち組は、正社員共働き夫婦

    これはその通りだと思います。ですが、男性の上げるデメリットを見てください。生活費等、収入面を全て依存されることが多く上げられています。

    小町でも、妻に働くことを求めると「甲斐性なし」と罵られる例がいくらでもあり、結婚した途端仕事を辞めたがる女性に対しては「心が疲れちゃったんですね」「ゆっくり休みましょう」「好きな習い事などしてみては」「専業主婦も立派な仕事です」等が大多数。期待もできません。

    ですから、他の方も言っている通り「働いて収入を負担」を伝えれば、彼は前向きになるかもしれません。

    ユーザーID:9693299358

  • 収入が十分にあり

    身の回りの事が自分でできる女性で
    「収入が十分あるから、結婚する必要はありません」
    という話はよく聞きます。

    マスメディアでもほんの数年前まで・・・いえ、今も
    「経済力のある女性は結婚する必要がない」
    という趣旨の記事を流しています。
    これに対する反応は多くが好意的です。

    これを「女性」という「性」に限定しないならば
    (1)身の回りの事が自分でできる
    (2)収入が十分にある

    「人」は結婚する必要がないとも言えるわけです。
    当然、これに該当する男性も結婚する必要がないわけです。

    ですが、同じ行動・主張なのに女性だと賞賛されて、
    男性だと「責任を負いたくないお子様、幼稚」と非難される。

    とても公平な意見とは思えません。

    これからは、結婚のデメリット面が強くなってきたからこそ
    家事や経済力など必要性にかられての【不純な動機】の結婚は減り
    「相手と一緒にいたい」という純粋な【愛情】を動機とした結婚が増えていくと思います。

    この傾向はとてもいいと思うのですが、皆さんはそうは思いませんか?

    ユーザーID:1396127382

  • ちろさんへ

    お付き合いして3年とのことですが、3年というのは大きな節目の年になると思います。
    また35歳というのも人生の大きな節目だと言われています。

    トピ主さんが結婚願望がないのなら良いのですが、あるのなら、また子供が欲しいと思っているのなら、今が正念場です。
    彼はトピ主さんとは結婚の意志がまだないと言っていますが、彼が他に秤にかけている女性がいないとは限りませんよ?

    彼といたいから結婚と言う枠にしばられないでよそう、と思い直しているのならトピ主さん、自分があまりにもかわいそうだと思いませんか?

    あなたはまだ32歳なのですよ。
    しかも周りから結婚を反対をされている事情持ちでもないんですよ?
    例えば伴侶をなくした者同士が出会い恋をして、いざ結婚という段階で、孫や子供の反対にあい「籍」を入れる方がややこしくなるから、、というのであればやむを得ませんが。

    私は思います。結婚というのは「実」です。
    自分の経験からいってどんな素晴らしい愛も恋も、結婚しない限り「実りのない恋」なのです。侘しさ寂しさがつきまとうものですよ。

    ユーザーID:2737904093

  • 意地悪いいますが

    「うちの夫が」ってのは何の補強材料にもなり得ないでしょう。
    誰が自分の妻の前で結婚の愚をまくし立てます?

    ユーザーID:0455197961

  • もっと大人にならないと。

    >一緒にいたい=結婚という私の考えは甘いのでしょうか?

    甘いですね。
    貴方は結婚に向いていません。今のところ。
    そういうところを彼は見抜いて結婚したくないんだと思います。
    結婚というのは生活です。金です。義理親兄弟との人間関係です。
    彼が32歳ならよくて年収は500-600万でしょう。
    専業主婦は無理ですよ。結婚後もちゃんと働く気はありますか?
    子供はどうしますか?
    彼親との同居を求められたら対応できますか?
    介護が必要となったら協力できますか?

    一緒に居る分には楽しいのかもしれないですが、
    結婚は貴方には無理だろうと彼は判断しているんですよ。
    貴方が彼の結婚相手の条件を満たしていないんでしょうね。

    32にもなって「一緒にいたい=結婚」と考えているようじゃダメですよ。
    もっと大人にならないと。

    ユーザーID:3436584528

  • 彼に対しては、しばらくそっと

    トピ主さんがいつ彼にプロポーズなさったのかわかりませんが。できることなら、彼に再度結婚について話すことをしばらく控えては…と老婆心ながら思いました。

    というのも、彼はトピ主さんに対して「今すぐに決断できない」と彼自身の状況を正直に答えています。こちらは結婚拒否しているわけでは決してなく、彼が即答できないだけであって、熟考するためしばらく時間を欲しいという意味をこめてはいないでしょうか。

    誠実で信頼できる彼ならば、必ず彼から結婚についての話し合いの場を、トピ主さんのために設けようとすると想像しますが、如何でしょう?
    よほどの事情がない限り、今は彼の愛を信じて、愛する彼からのお返事を待つほうがいいような気がします。

    もしかするとトピ主さんと彼の絆を強め、より深くお互いを知る良い機会となるかもしれません。

    ユーザーID:6059616928

  • 結婚はメリットでするべき

    結婚はメリット・条件ではないと言う方へ
    結婚はどうでもいい相手、例えば、名前も知らない通行人Aでもできますか?
    また、好きな彼氏がフリーターや無職でもかまいませんか?
    その覚悟があるのなら、それはそれで一つの意見として立派なものです。
    ただそれは希少な意見であることをお忘れなく。他の人に理解を求めてはいけません。

    ただずっと一緒にいられるだけで十分という場合、「ずっと一緒にいられる」ということが立派なメリットなのです。
    今の世の中、結婚することがずっと一緒にいられることの絶対条件ではなくなってきましたが。

    ユーザーID:8298325390

  • ご回答いたします

    私は一人だけどさぁ様。該当のトピは私も拝見しましたが、それを出されても「そういう人もいるのね」としか言いようがありません。世間にどんなに家事に不自由しない男性・家事を夫にさせたい女性がいようと、私の夫が家事ができない・したがらない事実(田舎の長男で地元で就職したので、ずっと実家)と、私自身の「仕事より家事に専念したい」性格は変えようがないですから。私は家事や家計は自分の思うように仕切りたいので、よほど重病で寝込まない限りは夫に家事に手出ししてほしくありません。なので「仕事だけしたい夫」と「家事だけしたい妻」の組み合わせは我ながら良いのではないかと思いますよ。まあ家計収入上、すぐに退職できないのは計算外でしたがこれは仕方ないです。

    貴方様は私の弟に近い方のようですね。先のレスに書いたとおり、そのような「生活面で自立できている」方に関しては「結婚の価値(家事してやっているから有難く思え)」云々は私は言ってません。

    あ、今更ですが私は現在、男性とほぼ同待遇同収入の仕事に就いておりますので、夫の家事能力さえあれば「専業主夫家庭」も不可能ではない状況であることを申し添えておきます。

    ユーザーID:6783349488

  • 補足です

    私は一人だけどさぁ様。実は貴方の挙げているトピで、私は既にレスしているんです。ハンドルネームを変えているのですぐにはわからないですが。

    自分のゴミをゴミ箱に捨てるのは、家事以前のしつけの問題なのでこれは別。

    家事(日常の炊事、洗濯、掃除等)に関しては、妻が「不本意ながら(本当は外で働きたいのに預け場所がないとか夫の反対などでできず)専業主婦になった」場合はともかく、「自分で望んで専業主婦になったのであれば特殊な場合(病気など)を除き、夫に頼らず自分がするのが基本」とレスしています。

    好きで(外で働くのが嫌などの理由で)専業主婦になった人に夫との恒常的な家事分担を勧めるほど、私は専業主婦に対して甘くはありませんので。

    ユーザーID:4137506663

  • それぞれだから仕方が無い

    ここでいう結婚のメリット・デメリットだけれど、
    メリットの多くが心の問題で数値化不可能で、
    万人を説得できるものでなかったりするのに対し、

    デメリットの多くが金銭的問題がらみだったりするので、
    具体的で非常に説得力があり、誰もが納得できうるのではないのかな?

    だから、結婚のメリットは?と言ったところで、
    その「したくない気持ち」を動かすような「感情論」で相手を落とせない限り説得は不可能でしょうね。

    けれど、一方でデメリットだらけの結婚生活に満足している人もいますよね。
    多分、そういう人は、「結婚=愛情」って思っているんですよね。
    「結婚=メリット」だと。
    でも、これって価値観だから、そう思って無い人に言ったところで、
    何の説得力もありゃしないんですよね。

    根本的に立ち位置が違うから。

    えとさんの意見に非常に納得。
    別に結婚したい・したくないというのは男女問わず自由なんですから、
    その情報を相手に正直に開示していれば、何も責められる事は無い筈なんですけどね。

    デメリットを「幸福」と思うような人との結婚は幸せですよ。

    ユーザーID:5908956235

  • ただ今、子育てのまっ最中

    既婚、男です。
    独身時代に様々な経験をしましたが、子育てほど楽しいものは無いと断言できます。(きっぱり)
    お風呂に入れることから始まり、誕生日、運動会、クリスマス、七五三、入学式、卒業式とイベントがつづきます。
    この楽しさを知らずに過ごすのはもったいないです。

    書き込みを見る限りでは、結婚に否定的な男性が多いように見受けられますが、これは匿名掲示板のなかの現象と思います。
    マジョリティーは結婚して家庭を持たれますから。

    楽しい家族をつくることの前提が結婚ですから、その相手選びは慎重にならざるを得ません。
    というか、そもそも結婚を考える年齢に達している場合、相手の家庭環境、経済状況を無視して恋愛関係になることは無いと思います。
    おそらく女性の方も同じ考えだと思います。
    まわりを見ても「えっ・・・」と思うような例はありません。
    ですので私の周囲に限れば学歴・職業・住環境は、同じような人同士で結婚されます。
    同棲−>結婚のカップルはありません。

    ユーザーID:4701018698

  • あえてひとからげ


     男が皆同じような結婚イメージをもっているわけではありません。

     もてるタイプの男性にとっては、結婚は文字通り年貢の納め時であり、遊び歩けなくなる拘束であり、退屈な日常への埋没です。その彼が、家事好き・子煩悩・嫁さん命(!)の人ならばそれぞれ新しい活動を開拓していけますが、そうでない場合は、良くて我慢・悪くて裏切り(不倫など)に走るでしょう。結婚になかなか踏み切ろうとしないイケ面は、こうした点で自信がないか、実際その能力がなくて、結果彼女・妻にすべてを押し付けて逃げること多し。

     もてないタイプの男性のほうが世の中には多くて、世の女性たちは彼らを空気のように見過ごしてきましたが、彼らにとっての結婚は新しい生活への挑戦です。もてるタイプの男は、結婚は付き合ってた頃の延長ぐらいに考えて(どこかで馬鹿にしている)いるのに対し、そうでない男性にとって結婚は新しい学校生活を始めるような気持ちがあります。そして奥さんに当たる人に対しては、自分のクラスメート・親友・恋人・伴侶として段階をふんで付き合いを「改めて」深めていくという段取りがはじまります。

    ユーザーID:1069842963

  • 独身主義の男性の皆様

    大変興味深く、皆様のお考えを拝見いたしました。
    私は40代既婚女性、子供なしの正職員共稼ぎです。

    共感したのは、独身男性の方々のご意見です。
    同意する、と申し上げてもいいでしょう。
    私が独身男性でも、結婚はおおいに躊躇うこと、間違いありません。

    でも、独身主義の男性の皆様。
    結婚は、あながち悪いばかりの制度ではないですよ。
    金銭面の不安なら、がっつり経済的自立を確立している女性だけ、ターゲットに絞ればいい。
    子供の養育費が不安というなら、最初から子供は持たない選択をすれば良いだけです。もちろん、これは双方の同意が必要ですが。

    「結婚とは妻子を一生養うもの」と決めてかかると、結婚は途端に息苦しい、デメリットばかりの制度になります。
    ですが。
    「一人でも幸せで快適。だけど二人なら、もっともっと幸福」
    それが結婚の本質かと。
    「結婚は損するばかり」「女なんぞ不良債権と同じ」とお考えの男性の皆様。世の中、そんな情けない女ばかりではないのです。
    良きパートナーがいれば、きっと人生は豊かになります。

    トピずれ、大変失礼いたしました。

    ユーザーID:3792069861

  • 結婚したいと言ったら別れることになった過去があります

    色々な意見、とても勉強になります。
    36歳の時、同じ歳の2年半付き合った人に結婚のことを考えて欲しい、と切り出したら「まだ考えられない」と言われ、どうしてなの?と迫ったら、別れることになった過去があります。
    この時、とても彼を責めました。

    ここで色々な意見を読んで、結婚は男性にとって非常に責任の重いものだと理解できました。
    片方が結婚したいのに、片方が乗り気でないのなら、その付き合いを続けるのかどうか考える時期に来ているのだと思う。
    でも結婚したくない人を責めてはいけないと思いました。
    悲しいけれど、お互いの意見が合わなかったから別れる事になったと、一年たった今冷静に受け止められました。

    別れは辛いけれど、自分の人生を踏み出すため必要だったと思う。
    周りからは37歳はそろそろ結婚が難しいだろうと見られているとを感じます。
    そして、プロポーズされるほどの魅力が無かったことを認めて、自分を磨いていきたいと思います。

    ユーザーID:0108199088

  • 等価交換

    トピ主さんこんにちは。結婚14年目の主婦です。仕事は子育て後、パートや派遣をしております。このトピを読んで、主人に結婚前にデメリットを
    考えたのかどうか聞いてみました。すると、「等価交換」と言いました。そうです、アニメ「鋼の錬金術師」で、アルが
    ナレーションする言葉です。主人も、給与全部を自由に使い、土日は遊びに行き、金曜日は飲んで終電で帰ってきてという独身生活と
    引き換えに、月数万のこづかい制、家事と子育ての分担、親戚付き合い、田んぼの手伝い、嫁の愚痴の聞き手、などをしなくては
    ならなくなりましたが、「失うものもあるが、得るものもある。」という事のようです。得るものとは私と子供です。
    結婚のデメリットばかり言っている人は、結婚によって得られるものより、失われるものに愛着が強いのではないでしょうか。
    慎重になる気持ちも分かりますが・・
    その彼にとっては、自分が夫、父親としての責任を背負う事ばかりに気をとられて、トピ主さんとの結婚で得られる家族の幸せまで考えられないかもしれません。男性の責任を過度に考えすぎているのかもしれませんね。話し合って安心させてあげてはどうでしょう。

    ユーザーID:8217264616

  • 子供が欲しくなかっらた結婚しなくてもいいかも

    私は既婚者ですが、20代前半であまり考えないうちに勢いで結婚したので、トピ主さんのようにいろいろ考えることはありませんでした。

    が、結婚生活を重ねてきて、子供を育てたいということがないなら結婚という制度にこだわることはないなと思ってます。

    一緒にいたいという気持ちが続く限り一緒にいればいいし、そういう気持ちがどちらかになくなった時に契約だからと相手を縛るのは寂しいのではないか。

    結婚式でいくら誓っても別れる人も多いのですから、本当に一緒にいたくて相手も同じ気持ちという自信があるなら、制度には縛られないけれど気持で結びついている関係もよいと思います。

    特にメリット、デメリットを考えてしまう程度の相手とだったら、結婚はしないというのは賢い選択だと思います。

    ユーザーID:7626664397

  • 私が男性でも

    今時の女性とは結婚したくありません。

    言い出せばキリがないけど、全てにおいて自分に都合の良いことを「権利」だと思い、義務や責任を理解していないから、思いやりもなければやるべきこともやらない。

    家事と仕事の分担、実家の扱い、親の介護。
    離婚となれば女性の気持ち一つで非があるのは男性とされ、親権はまず取れないし、慰謝料に養育費。熟年離婚となれば退職金も何も全て持っていかれる。
    女性に正しい「善悪の判断基準」があれば、女性がいかに自分に都合がよく、おかしなことを言っているか分かりそうなものだけど、実際はその基準も全て「感情」に振り回され、自己正当化と責任転嫁に終始する始末。

    同姓の自分から見ても、「女性はもう駄目だ」と思うのだから、男性は尚更でしょう。

    メリット、デメリットの考えを否定する人もいますが、女性も相手の年収や親との同居や介護、その他色々結婚の条件にしますよね?それと同じことでしょう。

    女性が年収で男性を切るのと同じように、男性も「自分に都合の良い利益ばかり求める女性は要らない」とバッサリ切り捨てるようになっただけだと思います。

    ユーザーID:6416358786

  • 既婚者の皆様へ

    世の中に、真に心を通じ合わせるパートナーがいるかもしれないことは分かります。
    別に恋愛を否定したいわけじゃなくて、なぜ法律で縛るのかってことですよ。
    同棲じゃダメなんですか?

    「結婚」という形態を選んだ人たちこそ、「責任」とか「お金」に執着してると思う。
    本当に心の底から信頼関係が出来てれば法律で縛る必要なんてないと思う。

    家事とか子育てとか給料分担とか、そんなことは「結婚」してなくても出来る事。
    それとも、信頼で結ばれているはずなのに法律で縛っておかなければ不安ですか?

    ユーザーID:2273615297

  • 前提に問題あり

    >世の中、そんな情けない女ばかりではないのです。
    >良きパートナーがいれば、きっと人生は豊かになります。

    その部分は間違ってるとはいいません。
    しかし、その前提は、
    ・女性と自分とが良きパートナーとなるかが見極められること
    ・「情けなくない女」から自分が選んでもらえること
    が必要です。

    私は自分の前者の能力について検討した結果、
    ・どう考えても自分とうまくいかない女性
    ・うまくいくかどうかわからない女性
    にまでしか見極めることができないという結論に達しました。
    また、後者の資質について、私はモテ資源が少なく、そこでの
    競争に参加するのは分が悪い、という結論に達しました。

    私も頑張れば結婚によって人生を豊かにすることができるかも
    しれません。
    でも、私の場合同じ労力を仕事や趣味につぎこめばもっとずっと
    人生が豊かになるはずです。
    しかも人生を台無しにする危険なしにです。

    結婚のほうが楽に人生が豊かになる男性が結婚することは、
    否定しません。
    結婚したい女性はそういう男性を選んでください。
    私は降ります。

    ユーザーID:8665977374

  • 男女関係は難しいですね。

    あなたが結婚をしたいということではなく、その彼と一緒にいたいのならそのままの関係を続けるしかないと思います。あなたが、結婚をしたいのなら世間には結婚したい男性はたくさんいますので相手を探すことはできます。

    ただ、結婚したい男性の本心は生活の面倒をみてくれる女性がほしいという場合もありますので、気持ちを探る必要があります。あなたの彼の場合はそのようなことも考えた上で結婚は考えていないと言ったのではないでしょうか?都合よく考えていないだけいいと思います。

    一度彼から離れてみては?彼に心境の変化が起こるかもしれませんよ。

    ユーザーID:9520543112

  • フレキシーさま

    はい既婚者です。
    私の価値観では、「家庭を持つ=法律婚をする」だったからです。
    家庭を持ちたかった、その為には、法律婚をしなければならない。
    私の中では、当たり前の事でした。

    「自分の好きな事を頑張るか否かは選べるが、何を好きになるかは選べない」
    アインシュタインの言葉です。(正確では無いですが)

    法律婚が結婚であり、結婚が好きなんです。
    どうしてその価値観になったのかは不明ですが。ただ、そう思うだけ。

    「結婚=愛=メリット」なんて何の疑問も思わず考えていたりします。
    悪く言えば、考え無しでしょうね。

    因みに、相談所での出会いなので、うちの夫も「結婚=メリット」と思っていた事は間違いないようです。

    逆に、そこまで結婚を甘く考え(何も考えていない)てるぐらいじゃないと、
    結婚なんてできなんじゃないのでしょうかね。

    それぞれ自分の価値観で生きていきましょうよ。
    無理に他人の違う価値観を分ろうとしなくてよいと思いますし、
    結婚したいと思う人を非難する事も無いと思います。(逆もまたしかり)

    結婚したくなきゃ、しなきゃいいだけです。

    ユーザーID:5908956235

  • いまさら結婚?

    最初に付き合った男性と結婚すればよかったのに、不思議。
    なんか、男性遍歴を重ねた女性に結婚相手は「あなた」とか言われるとなんだか罰ゲームのような気がします。
    (おいしいところはみんなもっていかれちゃってますから。)
    言外に恋愛するには魅力がないけど、生活が安定しそうだからあなたで良いわ。っていわれてる気がして。失礼ですね!

    レスしている方が男性は純粋な愛情を求めると指摘された方がいますが、そのとおりだと思います。

    ある程度の年齢の女性から結婚を匂わされると、純粋な打算しか感じられません。
    どうか、前の彼氏に責任取ってもらってください。

    ユーザーID:6280185325

  • 私見

     はじめまして、いねむ〜と申します。♂です(笑)

     トピ主さんは「一緒に時を過ごす」=「結婚」と捉えているようですが、
    それはそれで自然な考えだと思います。

     最近は「結婚」と言いましても、事実婚などもあり、以前のように
    「婚姻」=「結婚」という図式が成り立たなくなりつつあり、そのことが
    さらに「結婚」の定義を曖昧模糊としたものにし、年頃の男女の悩みの種
    を増やしつつあるようにも思えます。

     私なら、ある程度ちゃんとした(つまり「結婚を前提とした」)お付き合いを
    した(あるいは現在「している」)女性から結婚を考えてくれと言われれば、
    すぐには承諾ないかもしれませんが、やはり次の段階としてプロポーズを
    考えますね。

     女性の自分に対する結婚願望を知って放置しておくのは男が廃りますから。
     まあ、トピ主さんのお相手を存じ上げないので具体的には何とも申し上げ
    られませんが、少なくとも私ならそうします。

     

    ユーザーID:9852863545

  • 責任重大ですよ

    トピ主さんのお年からすると出産&子育てなどいろいろ考えてしまいますよね。
    それを「お荷物をしょいたくない」「独身のほうが気楽だから」みたいにかわされても・・・。しかも3年ですよね?
    ちょっとその彼っておかしいと思います。
    もしかして収入があまりにも不安定な自営業とかですか?
    それならもっとトピ主さんの気持ちになって「もうちょっとまってくれ」とか無理なら「収入の面で不安があるから他の人と結婚してくれてもいい」くらい責任ある言葉はないのでしょうか?
    このままではトピ主さんが宙ぶらりんな感じでかわいそうです。
    また出産育児を考えておられないなら今のまま結婚にこだわることは無いんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:3090123933

  • 最近結婚した男性です

    結婚は一生しないと決めて生きてきました。でも最近結婚しました。
    結婚してつくづく思うことは、やっぱり、はっきり言って男性にとっては結婚はデメリットしかない、ということです。女性にとってはメリットも大きいと思います(そういう風に社会ができてるんですよね。)それが冷静に見えてる男性が多くなったので、結婚したがらない男性が増えてるのではないでしょうか?(また、男性が結婚していることのメリットが少なくなったということもあるでしょう。今でも田舎のほうでは結婚しろって社会の圧力が大きい地域もあるでしょうが、都会では関係ないですよね)
    それでも、男性が結婚しようと思うのは・・・自分のためではなく、自分がデメリットばかりになっても、その女性を助けてあげたい、幸せにしてあげたいと思うから。私のまわりでも、同じように言う人が多いです。

    男性にとって、結婚がメリットがあると思えれば、結婚してもいいと思うのではないでしょうか?社会にとっての結婚という制度の意味を考えてみてはどうでしょうか?

    ただずっと一緒に居たいというだけなら、結婚という形式をとらなくてもいいはずです。

    ユーザーID:7700071408

  • トピ主さんの返答を読んで

    トピ主さんのレスを読んで再度の投稿です。
    自分が甘えてばかりでいるようですので、それでは無理ではないでしょうか?全面的に男性側に頼って甘えているだけということですよね。
    そうではなく、自分がその男性を支えてあげる、その男性を幸せにしてあげたいと思えなければ、男性にとってはただ迷惑でしかないでしょう。

    自分が相手を支え、幸せにしてあげたい、つもりだけでなく、そのために自分がどう生きるべきか、それを考えてみてはいかがでしょうか?

    本当に相手を愛し、相手のためを思う無償の愛ならば、結婚という制度はもはや関係ないと思います。あとは、結婚でも、それ以外でも、お互いにより良い制度、体制をあ選べばよいだけ。

    ユーザーID:4418198217

  • 結婚=永遠の愛を誓う儀式

    トピ主さんのご相談の枠を超えて、「結婚とは」みたいにテーマが膨れ上がっている気がしますが(笑)とても参考になりますし、興味深いトピです。

    フレキシーさんのお考えの様に、「結婚」を「法律で縛る」「縛る」と考えている場合は、それこそ結婚は人生の墓場と同じなんでしょう。
    でも「結婚」って・・・「二人の永遠の愛を誓う儀式」なのでは?
    夢見がち過ぎますかね?(笑)

    永遠の愛を誓いたい程愛する人との結婚であれば「メリット・デメリット」なんて考える余地ないでしょうね。

    生活に困らないくらいに身の回りのことができ、常に誰かが傍に居て欲しいわけでもなく、子供もとくに欲しくない、そんな男性だと「永遠の愛を誓いたい」ほど愛する女性との結婚以外は「縛り」に感じてデメリットが気になるでしょう。

    でも32歳の男性だと、、、もっと単純に「もうちょっと遊びたい」とか「彼女を見極めたい」とかかもしれないですね。
    ちなみに、男女共に結婚に踏み切れない理由ランキングで上位は「もっと自分にふさわしい相手が居るかも、と思うから」だそうですよ。

    30代女性の意見(二回目)でした。

    ユーザーID:5800756067

  • 興味深いトピですね。

    現代の結婚における様々な考え方が分かり、
    とってもおもしろいトピですね!

    私の場合で恐縮ですが…(27歳・既婚女性です)

    私には結婚願望は全くありませんでした。
    結婚にメリットがないと感じていました。

    私は仕事が好きで家事が嫌いな人間で、いまどきの男は養える力も無いくせに、家事は女がするものと思って育ってきていて、結婚なんかしたら損ばっかりだと思っていました。
    (仕事と家事の対等な分担の出来る男性もいるとは知っていますが、私の周りの男性は多かれ少なかれ、女性に男を立てることや美味しい料理を求めていると感じていました。)

    しかし、彼(現:夫)に結婚を求められたとき、断ることが出来ませんでした。
    一方が結婚を求めたとき、それをなかったことにして今まで通り付き合っていくことは難しく感じました。

    受け入れるか、待ってもらうか、断るか…
    私は彼が好きで、彼と別れたくない。
    できれば、彼を喜ばせてあげたい。
    私と結婚することが望みなら、叶えてあげたい。
    そう思って、結婚しました。

    相手が自分にとってどの位大切か、
    男女問わず、それが答えだと私は思います。

    ユーザーID:5620630627

  • 墓場では?

    結婚は男にとって墓場というのが通説では?

    普通に彼女ができるくらいの男性にとっては、自由に遊べるなくなる制約の方が大きいです。

    もてない男性にとっては、幸せなことの方が多いかも。

    しかし全ては相手の女性次第というのが現実だと思います。
    素敵な女性が現れて180度変わってしまった男性も数多くいますよ。

    少なくとも女性からプレッシャーをかけて仕方なく結婚では
    子供小さくてかわいいうちは良いですが、小学生高学年、中学生あたりに
    なると難しくなってきますね

    ユーザーID:4695634736

  • ところで白黒ぱんださま

    >自分のためではなく、自分がデメリットばかりになっても、その女性を助けてあげたい、幸せにしてあげたいと思うから。

    ところで質問ですが、デメリットばかりの生活で今不幸をかみ締めていらっしゃるのでしょうか?

    幸せにしてあげたいと思って、自分がデメリットを引き受けられる程の関係って、
    とっても幸せな事だと思うのですが。

    その幸せと思う事こそ、結婚の最大のメリットかと思うのですけどね。

    第一、結婚して失われる事なんて、幸せな結婚生活の前ではどれも色あせてしまうんでけどね。
    って思える人もこの世には男女問わずいますよね。
    そういう人だけが、結婚すればいいと思うのです。

    不幸なら無理に結婚なんてしなくてよかったのに・・・。

    ユーザーID:5908956235

  • 男としては

    32才まできてしまうと恋愛も仕事も人生も中途半端すぎて結婚しにくい年齢なのかも。
    20代半ばなら勢いってものもあるけれどね。

    ユーザーID:9347109478

  • 責任

    結婚したら家族を養うという責任がでますが、それよりも周りの目が厳しくなります。
    それが嫌なのではないでしょうか?

    ユーザーID:7019884278

  • 「一緒に居たい=結婚」も是。

    うちの夫はプロポーズの時、「一緒に居られる」という利点を前面に押し出し
    逆に私が彼にとってのデメリット?と言える所や、結婚したらどうなるかを一つ一つ懇々と説明しました。
    それでも彼は変わらず、むしろ積極的になりました。
    遠距離恋愛な上、お互い同棲という選択肢は有り得ないという価値観だったのもあるかもしれません。
    うちの夫にとっては、私と一緒に居られるというメリットが、
    責任だの何だのというデメリットより大きかった事が結婚に意欲的になった理由だと思います。

    「一緒に居たい=結婚」という価値観も是。
    しかし「デメリットが多いから結婚したくない」という価値観も是、です。
    肝心なのは「本人にとって相手と結婚したいかどうか」です。
    彼が結婚しないのも自由なのですよ。もちろんトピ主さんがそんな彼を見限るのも自由です。
    彼と一緒にいたいのなら親と絶縁してでも同棲という選択肢もあります。
    自分が何を望むのか、彼が何を望むのか、意見をうまくすり合わせることは出来るのか、よく話あって下さいね。

    ユーザーID:7044071362

  • 理想と現実

    おそらく、お相手の男性は「結婚するには年収○○万円無いと……」といった理想があるのだと思います。
    それを逃げだ、甘えだと言い切るのは簡単でしょう。
    しかし、彼も彼なりに結婚に対して真剣に考えた結果なんだと思います。

    あなたと結婚し、あなたとの間に子供を授かったと仮定し、あなたが仕事できない状態の時に、自分だけの収入であなたと子供に満足な医療、教育をうけさせる収入を維持できる自信があるのか?
    そう自問した場合に、彼の尺度ではNOだったんだと思います。
    その尺度は個人差ですので、なんとかなるって結婚できる人もいるでしょうが、彼の場合は違ったという話です。

    そこの価値観について彼ときちんと話し合うか、別の人を探すか2択だと思います。

    ただ個人的な意見ですが32歳にもなって結婚に踏み切れない人はいくつになっても踏み切れないと思いますよ。
    踏み切れても遅すぎるタイミングになる可能性が大きいと思います。

    ユーザーID:8466938666

  • 今のところ墓場は天国の入口だった

    私も若いころは結婚したくありませんでした。
    仕事は面白いし、結婚してやめろなんて言われるの嫌だし、共働きでも家事育児介護は女だし、嫁の立場は弱いし、女性にとってデメリットばかりで、何が楽しくて結婚なんて、と思ってました。

    でも、一人暮らしに疲れたころにプロポーズがあり、結婚しました。
    結婚式、楽しかったですよ。
    最高の思い出です。
    共働きで、互いに家事にこだわりがなく、適当に分担してます。子供はいません。
    互いの実家とはあまり行き来がなく、嫁の息苦しさも親戚付き合いのしがらみもなし。

    結婚の物理的な最大のメリットは、一人では買えない広いマンションを共有で買えたこと。
    交通便利、買い物便利、職場にも近く、言うことなし。
    家計は別会計で、小遣いは二人とも独身時代とほぼ同じ。
    週末は同じ趣味を楽しんだり、違う興味の勉強したり。旅行相手を探す必要もデートの日程調整の必要もなし。

    結婚て、こんな簡単だったんだ…墓場も悪くない、と思いました。
    相続や税制が現行制度で有利なので、籍入れました。
    夫も「デメリットばかり」とは思ってないでしょう。
    頭で考えすぎるとできないのかもね、結婚って。

    ユーザーID:4168837533

  • 一意見

    女性は結婚を考える時「自分はこの男性と一生一緒にいたいか」を考える。
    男性は「自分がこの女性と子供達を一生養っていけるか(マイホーム含む)」を考える。

    今まで周囲の人たちに聞いたのを簡単にまとめるとそんな感じみたいです。
    もちろん絶対では無いし、そうじゃない人もいるでしょう。
    まあ、一般論というか、そう考える人も少なくない、という感じで。

    ユーザーID:5422728859

  • 私の男友達(31歳)の場合。

    彼は結婚願望が全くなく、「結婚すると自由に旅行にいけなくなるし(趣味が海外一人旅)、家族を養わないといけないから自由になるお金がなくなるから、結婚なんてするもんじゃない!」が口癖でした。

    しかし、そんな彼が長年友達だった同じ歳の女性と電撃結婚。
    あんなに結婚に対してネガティブだったのにどうしたんだ?と一同呆然。
    聞いてみるとこんな答えでした。

    「彼女を誰にも渡したくないと思ったんだよ。」と。

    自分の自由がなくなるとか、お金の問題とかマイナス面もあるけど、彼女を失うことの方がずっとずっとマイナスだと。
    長年友達だったその子(今の奥様)とはずっと友達でいられると思っていた。
    けど、「そういうわけにもいかない歳になった」とその子に言われたそうです。
    それで、ふと気がついたんだそう。
    このままひとりで生きていくか、それとも、この子と歩んでいくか・・と自問自答したら、どう考えても彼女と結婚する以外考えられなくなったそうです。

    あれから半年、今では趣味だった海外一人旅も奥様と一緒にでかけ、「二人旅も楽しいものだよ、結婚して本当に幸せ。」という彼がいます。

    ユーザーID:9321811553

  • 千佳さんに賛成

    千佳さんのレスの中の31歳の男性の話、本当だと頷かされます。私自身も何度かそういう例を見てきました。男性の場合結婚を念頭において相手を探すよりも、おつきあいを始めてから結婚したいと思うようになることが多いみたいですね。

    私自身は男性が「今のところ結婚は考えていない」ということはつまり「君とは結婚したくない」ということだと思っています。ですが男性がウソをついているとは思っていません。ただ私の顔を見ていて結婚ということが頭に浮かんでこないだけだと理解しています。

    ユーザーID:8816099587

  • 結婚のメリット

    私の夫は、私に「一緒に住む方が経済的だ」と言い張っていました。
    私の父は「貯蓄する能力は母の方が圧倒的に上だ」と言い、また、「独身の頃は給料日前が辛かったのに、結婚してからはお金に困ったことがない」とも言っていました。
    なお、私は職持ち、母は専業主婦です。

    このトピで、経済的なデメリットを挙げる方が多かったのが意外でした。子供が生まれればともかく、共働きならば(パートでも)、経済的には断然楽になると思うのですが・・・。
    同棲ではだめだった理由は、家族以外と一緒に住むとトラブルのもとになると思っていたからです。また、義務を共に背負うことで信頼が生まれやすくなるとも思います。もちろん愛情が大前提です。

    トピ主さんは職をお持ちなようですし、経済的なメリットを匂わせてはどうですか。私見では、やりくり上手であることも女性側の魅力であったようですので。
    あと、結婚の責任は、男性だけが負うものではなく、女性も当然背負うものである。自分はその責任を覚悟していることを伝えてみてはいかがですか?有事の際に、愛するパートナーが協力してくれるのはお互いに魅力的だと思うのですが。

    ユーザーID:6253029405

  • 気になったこと

    こんにちは。私も、結婚恐怖症だった彼と結婚しました。半同棲状態だったので、一緒にいられるなら結婚しなくても、というスタンスでした。

    でも彼の海外転勤が決まったことがきっかけで、私をを失いたくない、と真剣に考えたようで結婚にいたりました。(結果、現在海外に住んでいます。)

    男性の考える結婚については、他多くの方がレスしているので割愛しますが、私が気になったのは別の点です。

    結婚をも考える男性であるにもかかわらず、親御さんに紹介していないのはなぜでしょうか?「厳しい」のはわかりますが「そんな反対をも乗り越えてこの人と」という気持ちがあれば、とっくに紹介していてもいいのでは・・・??それとも、彼が嫌がるから?

    その地点で、まだトピ主さんにも覚悟が全然できていないように見えます。

    そして20代前半というのならまだしも、成人&適齢期にもかかわらず「親が反対」の理由で彼との付き合いを隠していることが理解できません。

    32歳にて実家暮らし、1人暮らし志向や同棲経験がまったくないのも気になりました。結婚は他人と一緒に暮らしていくことなので。

    (続きます)

    ユーザーID:4622865155

  • (続き)気になったこと

    「親が厳しい」ということで同棲ができない、というのも甘えに聞こえます。大人なのですから、あなたの人生あなたが決めるべき。またはそういうスタンスを、親御さんに見せるべき。

    32歳にもなって、親に意志をコントロールされている、これでは結婚生活はむずかしいし、彼も決断できないでしょう。一緒にいたいから、というのなら結婚でなく同棲でも十分だし、結婚生活のいい練習・疑似体験にもなります。

    まず、本気で生涯とともにしたいと考えている人なら、堂々と親に紹介する。親を恐れてコントロールされるのではなく、自分の意志で物事を決める(精神的な自立)。同棲に対しても、親がどうだからと言い訳ではなく、自分の意志で動く・または説得する。

    働かれていて経済的な自立はできているようですが、精神的な自立ができていないと感じました。まずは彼との結婚を考える前に、親離れからではないでしょうか。結婚は、精神的な自立をしたもの同士が一緒になることで動いていくものだと思います。

    辛口ですみません。結婚してやっていくのは大変だからこそ、あえてきつく書いてしまいました。

    ユーザーID:4622865155

  • そんなに甘くない。

    結婚って、いやいややっても上手くいくほど甘いものじゃないと思います。

    結婚って、ちいさな事業を起すようなものだと思いますよ。
    これから失敗できない事業をはじめるとしたら、気乗りしてないパートナーと無理やり組むのなんてバカげてると思います。

    どんな条件が満たされてなかろうと、人間、健康な頭と体があれば乗り越えていけるものだと思いますが、最初からやる気がないというのは、致命的だと思います。そんなことでは、いくらでも訪れる困難を乗り越えていけるはずがありません。

    結婚を渋る彼をなんとか説き伏せて籍を入れることが「成功」や「ゴール」なのではなく、何十年間の苦難を一緒に乗り越えて、最期にしあわせだったと振り返られることが「成功」、「ゴール」だと思います。

    ユーザーID:8534671020

  • 一男性の意見

    共働きでフィフティー・フィフティーの関係ならば、責任や経済的な不自由感といった、男性が結婚をいやがる理由が軽減されて、トピ主さんの彼のような男性でも結婚に踏み切りやすいのではないでしょうか。

    こういう男性増えてると思うのですが。私の周囲の独身男性(首都圏在住、30ちょい、年収は1千万前後)はこういう人ばっかですよ。まあ、同じような価値観や行動パターンの人が集まってるだけかもしれませんが。最近、結婚した友人たちはこういうのばっかです。寂しがり屋や家庭への憧れが強い友人とかもいますが、そういう人は早々に結婚してて市場に出てません。

    どうしても自分のものにしたい相手が現れれば自分のすべてをかけて取りにいくと思いますが、そこまで夢中になれない場合は、結婚については冷静に考えますねえ。正直なところ、若くてきれいなうちはいいですが、おばさんを扶養するのはちょっと割に合わないと思います。やっぱフィフティー・フィフティーがいいな。

    ユーザーID:9272018332

  • 相手が冷静なタイプなら難しい

    自分を含め私の周囲でどんどん結婚している人には共通点があります。

    1家庭が欲しい(独り暮らしがさみしい)
    2このチャンスを逃すと次はないかも?と思っている

    気弱な1や、交際人数少ない(モテナイ)2って多いと思います。

    主さんの相手のタイプは?
    「独りで気楽」「次だって機会はあるだろう」という自信タイプなら、「一緒にいたい=結婚」とはならないでしょうね。
    他の方が言うように「コイツ以外はヤダ!」という何かがいるでしょう。
    それに、結婚するなら「家庭的な女性」なのか、「高めあう女性」なのか、好みを知ってますか?

    計算する冷静タイプだと色々と難しそう。
    「両親の職業、財産が自分の親や親戚と釣合うか」「アレルギーなどの持病」等考えて、「別れるほどの理由じゃないけど結婚はどうしようかな」って嫌なパターンになったりします。

    男女逆でもありますよね。
    「好きだから別れたくないけど、年収低いから結婚は迷う。時期を待ってもっと良い人が現れたら・・・」なんて計算。

    交際順調でも、この辺り、相手の性格分析が重要かも。

    ユーザーID:9196336529

  • その後結婚についての話し合いはされたのでしょうか?

    女の人と男の人の結婚観て、かなり違うらしいですね。
    私も結婚前は、好きな人とずっと一緒に居たいから結婚したいと思ってましたが、夫は違ったようです。
    もちろん好きだからは大前提ですが、夫が言うには

    「男にとって結婚はデメリットでしかない。相手の女性の一生を面倒見なくてはいけないから。子供が生まれれば、妻子を一生食わせてやらなきゃならない。ただ好きなだけじゃ結婚出来ない。相手の一生に責任持つ気になった時が結婚しようと思う時だ。」

    なるほどーと思いましたね。
    当時フリーターと家事手伝いをうろうろしてた私は、ハッキリ言って魅力があるとは言いがたい女。

    どうして結婚する気になったの?と聞いたところ、返ってきた言葉が

    「この人は1人じゃ生きていけない。ほっといたらのたれ死んでしまう。俺が保護してやろう(笑)と思った」

    だそうです(笑)
    そういうケースもあるってことで・・

    ユーザーID:2991526144

  • 男性の区分

    男性を一くくりにするのには無理があるような気が…
    男性は2つのカテゴリー区分があって、これが違うと全然立場が違うんですよ。
    結婚観も違うから、同じ理由で一刀両断に出来ないのではと。

    ・モテる/モテない
    ・伝統派=女性は家庭に入り、男はそれを養うという伝統的結婚観
     独立派=家事も育児も分担し、それぞれ職を持って独立した個人の集合とする

    伝統派の人はモテるモテない関わらず結婚を目指し、30までに大体結婚します。
    独立派でもモテる人は女性がほっとかないので結局早いうちに結婚します。

    で、今増えてるのが独立派でモテない人。
    所得が十分だったりきちんと家事を出来るなど生活基盤が独立している一方、
    家庭を持たなければならない、という縛りがないから、
    相手に対する動機がないと結婚に対して積極的ではないんですよ。
    相手にこれはという魅力があれば頑張るけど、
    実際本人魅力的ではないから、モノにすることもできない。
    それほどでもない相手なら無理して結婚しなくてもいいやと。

    年収高い人ほど家事も出来る傾向があるらしいですし。

    ユーザーID:5848137031

  • 男はデメリットばっかりとか言うけど

    初めて聞きました。
    お互いそれぞれあると思いますが・・・
    こんなセリフ吐く方はまあ、
    別に結婚しなくていいと思いますよ。
    思いやりが感じられません。

    いずれ死ぬ時が来ることでしょうから
    それまで少しでも一緒にいたい=結婚

    同棲じゃだめなのはなぜ?と考えると
    社会的に優遇されているから。
    だったら単に同棲より結婚の方がいいし。

    さてトピ主さんの相談ですが
    お互い気持ちのタイミングがありますし、
    説得してするものでもありません。
    子供をあせってなければ
    他の男性に目を向けつつ、彼を見ていればおのずと状況が変わるかも。

    ユーザーID:6442599542

  • 今すぐに決断できない

    32歳は焦るね。
    3年ならそろそろだと思うし。
    同い年っていうのは経験ないから分からないけど、
    上下がなくて友達気分、干渉多目って感じかな。
    言われた様に待てないのかな。せっかちだよ。
    一緒にいたいで結構。
    逃げなんて言う程度の信頼関係では不安だね。
    俺なら裏切るより、裏切られる方を選ぶね。
    まぁこれからだと思うよ。
    真の戦友になりなよ。

    ユーザーID:0538405580

  • したい人とはします

    同年代、男性です。
    今までのレスに多いように男性には結婚のメリットが見出し難いという意見に賛成です。私の周囲を含めそういう意見は多いように思います。結婚なんかしなくても男一人分の家事なんて食器洗い機、洗濯機その他の家電がサポートしてくれますし、老後なんて結婚する方がどうなるかわからない、退職金ですら持っていかれるリスクなんてのも増えましたしね。

    逆に自分に精神的充足を与えてくれる女性、人によっては経済的充足であったりするかもしれませんが、そういう女性であれば結婚したいと思います。私を幸せにしてほしい、という女性ではなく一緒に幸せになりましょう、というスタンスの方ですね。愛だとか思いやりだとかうわついた言葉で失敗する話はよく聞きます。何年つきあったんだから結婚したい、という願望だけではなくて結婚したいと思わせるように努力している女性は自然とそういう形に落ち着くのではないでしょうか。

    私自身は今お付き合いしている女性とは結婚を考えています。が、財布は別、生活費は折半、お互い経済的に自立する代わりに家事も折半。価値観の合う女性でお互い子供好きなので将来を考えています。

    ユーザーID:5661146007

  • 結婚前に考えること

    既婚者男です。
    結婚前に考えたことをホンネで書きます。

     1.情熱はもうないけど精神的安定のために結婚しよう。
     2.この人と別れたら次に相手を見つけるまで2,3年かかるだろうな・・・
     3.でも結婚して不貞行為をしたら社会的信用を落とすし経済的にもキツい・・・
     4.なんとかなるかな・・・、ま、いいか。そのときはそのときでしょう。

    いまは幸せです。結婚してよかったと思っています。

    >さっさと結婚したい女性の方へ余計な一言

     ひとつの例から何でも一般化できると思いませんので聞き流してもらってけっこうですが
    私の場合3年間つきあって2人でどこかに泊まることは一度もありませんでした。
    同棲なんてもっての外という感じでした。
     一緒に暮らしたかった私は「仕方なく(笑)」結婚に踏み切りました。
    もし同棲していれば結婚する時期はだいぶ遅くなったと思います。

     したがって「同棲を認めない」というのは
    女性が早く結婚するための有力な戦術の一つだと私は理解しています。
     もちろん一番有力な戦術は「婚前交渉を認めない」ことですが、
    いまのご時世なかなか難しいでしょうね。

    ユーザーID:0144564367

  • 男性ではなくて申し訳ありませんが

    結局、「男性」とひとくくりにはできないでしょう。
    女性だって結婚したくない人もいますし。

    話題がそれてしまいますが、結婚したくない人はしなければいいと思います。
    ただ、普通日本では両親が結婚して子供を産むことが多いので、
    結婚しない=子供を産まないことがほとんどです。
    そうすると今現在の法律や一般論から、結婚しない人は子孫を残せず淘汰されていき、
    結婚しないという考えが大多数になることはないのではないかな?
    法律やら何やらが変わればまた違うかもしれませんけどね。

    結婚はデメリットが多いという考えも理解できますが、
    なんだか感情がない感じで個人的には悲しいです。
    でも、なんだかんだいっても男性で結婚したくないと言う人が増えたとしたら、
    その数だけ結婚したくないと思える女性が増えたのだと思いますから、
    相手が結婚してくれないという女性は自分を省みる必要性があるかもしれませんね。

    ユーザーID:6295208055

  • 結婚二十数年目になりますが・・・

    男性です。

    そこまで慕われたらしかたないよね、というほとんどボランティアみたいな気持ちで結婚しました。と白状して、ひどい、とあきれられましたが、本音でした(過去形)

    もちろん嫁さんは専業主婦です、というか、専業主婦しかできません。が、せいいっぱいやってます。とおもいますし、いまはそばにいてくれて、よかったとおもっています。

    そういえば嫁さんが、結婚したての頃にボランティアの話を、自分の友人にしたところ、その友人からものすごい勢いで非難されてしまいましたが、その当時はなぜ非難されるかさっぱり判りませんでした。

    だってねー、料理の仕方、洗濯の仕方、掃除の仕方始め、駅での券売機使い方まで教えてあげないといけないくらいでしたので、自炊していた独身時代より確実に食生活のレベル低下、ストレス倍増。

    おかげで、いっとき体重激減、仕事が長時間無制限サービス残業で毎日午前帰りの状態だったので、とうとう過労で結核を発症しましたが、まあ、結婚とはそれくらい過酷なものだということを、後輩の方々に、おしらせできればとおもい、コメントさせていただきました。

    ユーザーID:1004205866

  • わたしは25歳ですが

    彼は本当にあなたの事を大切に思ってくれているのか疑問です。
    だって女の人にとって32歳って失礼ですが出産するには少し遅い年齢です。
    28歳くらいから少しずつ出産のリスクはあがっていきます。
    もし今結婚、妊娠しても産むのは1年近く先の話です。
    それにもう3年もお付き合いされているのならあなたが結婚を意識するのなんて当然の流れです。
    最近は独身の方や晩婚の方が増えていますが、人は年を取る生き物です。
    一生若いままでいられることはできません。

    死なない限りいつかは、50歳60歳になる時がくるのです。
    だから結婚し子供を産み世代交代していくのです。
    彼が本当に責任感ある方ならあなたのためを思って結婚の話しを進めてくれると思います。
    もしくは今結婚が出来ない理由をきちんと納得できる形で話してくれるはずです。
    ただ単に責任が重いだなんて、彼の発言からは正直言って誠実さと愛情を感じられません。

    ユーザーID:5268575562

  • 30代既婚子どものいない女性です

    大変興味深く拝見しています。特に結婚にメリットを見出せない独身男性のご意見には説得力がありますね。

    ただ結婚にマイナスイメージを持つ方々に申し上げたい、自分に合った相手を選んですれば、結婚も結構良いものです。人生の道連れが傍らに居る幸せは何物にも替え難く、愛する人と歩む人生は稔り豊かです。

    結婚は互いに義務と権利が生じる契約ですから、片方だけが一方的に重荷を背負うものではありません。
    結婚する前に当人同士でよく話し合いをし、これから結ぼうとしている契約の内容と相手を確認しておくことが肝要です。例えば家計の負担、子供の有無、教育方針、親族との関係、等結婚する前に話し合い相手の価値観を知る。その過程で相手をよく観察し連れ添える相手か品定めすること。経済的不満が出そうなら経済的基盤を確立している方、生活面で不安なら家事が出来る方を選べば良いのです。

    私達夫婦は2馬力ですので、もしもの時には夫を一生面倒見られる経済力と覚悟を持つよう求められました。経済的に自立していても、それを踏まえた上での結婚の決断は確かにかなりの重さがありました。世の多くの男性方には頭が下がる思いです。

    ユーザーID:3163572518

  • 家族が欲しいから

    メリットデメリットを考えてしまうと、お互いデメリットだらけで結婚なんか出来ないなあ。

    夫と自分に照らし合わせて考えてみたんですが、結婚するのは、
    家族になりたいから、なんじゃないかなと思います。
    子どもが生まれて増えたりする場合もあるし、
    ずっと夫婦2人の場合もあると思いますけど、
    親元から巣立って、出会って、新しい家族になるんです。

    ユーザーID:9712198395

  • 経済が厳しくなってから、

    男性は結婚に否定的になっているように思います。
    今のご時世、かなり経済的に厳しいのでしょうね。
    それなら、結婚しても生活には自信持てないし、怖いと思います。
    3年つきあって、またせて、踏み切れないのはもう一昔前の男性らしさなんてなくて、今はやりの計算して生きている男性そのもので、弱いと
    思います。
    自分の身を守りたいという意識が強くて、一緒に生きていく生き甲斐を
    見出せないのですから。
    ある意味、さみしい生き方だと言えると思います。

    海外、特にスウェーデンあたり同棲だけで、結婚しない形態が多いようですが、日本もそうなるのでしょうね。
    すべて、経済が根底にあるのでは、と思います。

    経済が上向きになると男性は楽を求めたりすると思いますから、結婚が
    流行るのではないでしょうか。
    バブル時期のように。

    このように語る私は既婚の8年目ですが、夫を愛していて、精神的にも
    経済的にも大丈夫と計算して、いえ熟慮して、結婚しました。
    よかったと思います。

    ユーザーID:4073661547

  • 片方がぶら下がる結婚観に未来無し

    婚姻届を提出して2年の男です。
    無計画で危機感の無い男と笑われるでしょうか?
    結婚否定派男性の気持ちは僕もよく分かります。
    しかしここで一番共感できたのは「涼」さんの意見ですね。

    さて、僕が結婚という道を選んだ理由は「お互いの危機をフォローしあえる人に巡り合えたから」です。
    「一生続けられる仕事」と「男に依存せずに生きる姿勢」が彼女にあったからです。
    もちろんそれだけじゃありません。
    自己主張はあるが押し付けは無い穏やかな性格、美しさを保つ努力、自分なりの世界。
    彼女は逃したら後悔する事になると思えました。
    だから結婚を申し込みました。

    家計はお互い給料から同額出し合い、残りを自分の小遣いにあてるというやり方です。
    これだと不公平が無いし、小遣いを増やしたければ自分が頑張るしかないので相手に支配されている息苦しさもありません。
    独身時代とほぼ変わらぬペースで友人と出かけますが、彼女は彼女で自分の世界があるのでお互い文句は言いません。

    ユーザーID:3769062950

  • 感性の変移

    当方40代既婚女性、興味深くレスを読ませていただいてます。
    「良い/悪い」で量れるものではなく、あくまで個人に嗜好の問題であるところに「時代の、あるいは時間の変移」を感じます。
    私達が20代の頃の結婚観は未成熟だったのかもしれません。「結婚制度」に然したる疑問も持たず、「して当たり前の事象」という認識でした。

    ですがその後(あくまで個人的独断的見解ですが)、個人主義、自由への意識が劇的に浸透してきて、結婚が利害の絡み合う「契約」という位置づけを持ってきた、そのように感じています。
    感情よりもそれがお互いに何をもたらすのか、ここが皆様の言うところの「メリット、デメリット」ですね。それが優先事項になってきた感があります。
    20代の結婚を後悔している私にとって、この変化は女性側には大変喜ばしい事なのですが。。。

    「男は仕事、女は家庭」と言う、昔には当たり前であった価値観が意味を持たなくなってきているところに「今の時代に産まれたかったなあ」とさえ思います。
    結婚に価値を見いだせず独身でいること、結婚を後悔し熟年離婚に至り独身になること。
    どちらにしても深く考えさせられる問題ですね。

    ユーザーID:2105451324

  • 客観的に

     いわゆる外資系の女性の採用に関してはまったく年齢を考慮しない会社に勤務しています。保守的な業界なこともあって、キャリア志向の女性は少ないです。お嫁さんになりたいのだけど、単にいまのところ失敗している結果働いてるって感じの女性だらけです。

     こういう女性の4−5人からアプローチを受けたのですが、彼女たちの理想の高さにはびっくりします。本人は負け組なのに上位1割の男を希望してるのですね。しかも年とるごとに好みがうるさくなる。

     価値が落ちてるのに価格があがってるおかしな商品、それが三十代以上の女性です。奇跡がない限り売れないですよ。。。こういう女性陣が非婚化に拍車をかけてる気がします。男性からみた自分の価値を客観的に時価評価してから、周りのひとや彼氏にアプローチしてください。そこがスタート地点です。

    ユーザーID:3158468926

  • 自分でも想像できなかった思いに駆られて。

    ここはいつもの「小町節」も声が小さくなってるようなので(笑)レスします。

    私たちはいわゆる「W不倫」からの結婚です。
    小町で言われるとおり元妻に「たっぷりの慰謝料と財産分与」を支払って生活
    しています。

    人間としての信用、品格、良心・・・いろんなものを捨てざるをえませんでしたが
    それでも現妻と「一緒にいたかった」ただそれだけです。
    自分にそんな感情が湧くなど、30数年生きてきて想像もできませんでした。

    最初の結婚では、ここで言われるようなデメリットしか考えられなかったものの、
    当時の元妻の年齢からどうしても断れませんでした。
    結局元妻を愛しきれず、ほんとうに申し訳ないことをしました。


    メリットデメリット・・・そんなことを考えている相手との結婚は実体験からも
    お勧めできません。

    妻も同業、同程度の収入。私の元妻への金銭支払いのため苦しい生活ですが
    いつも笑顔で経済的、精神的に支えてくれています。私のほうが帰りが遅く
    家事もろくにできないというのに。

    そんな妻のために何ができるか、いつも考えています。

    ユーザーID:7483536890

  • 私もフェミニスト

    このトピは結婚とは?と考えさせられてとても面白いですよね。

    フェミニト(♂)さんの意見はしかし実話ですか?
    私の周囲で外資系で保守的というのはありえないし、女性で外資系で働き続けることができる時点でかなり優秀なわけですから、自分と同レベルの男性を求めるのは有る意味当然と思います。

    非婚化の原因はさまざまでしょうが、女性を年齢でしか判断できない日本男性にも一因があるのではないですか?

    私は既婚者ですが実際既婚者男性には「年齢だけで相手を選んだ」なんていう人は一人もいませんよ。

    精神的な安らぎや経済的安定を女性に求めるなら、今の労働市場からいって女性が30超えても仕方ないでしょう。
    それを個人責任に嫁すのは酷というものです。

    ユーザーID:1311529234

  • 男性にとっての新たな「結婚のデメリット」

    ・デートで電車は嫌ですか?
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1122/213913.htm?o=0&p=1

    女性からの、「車や免許を持ってない男性は『足』になってくれないからヤダ」みたいな
    レスがたくさんついてます。こうした「夫が車の運転をして家族をどこかにつれていく」
    という固定観念がはびこっていることも十分「男性にとっての結婚のデメリット」に成りうるでしょう。

    ユーザーID:4161637552

レス求!トピ一覧