神様が出てくる短編小説を探してます

レス8
(トピ主2
お気に入り24

趣味・教育・教養

ハタケ

数年前に読んだ小説です。いろんな作家さんが入ったアンソロジーだったと思います。

主人公は若い男性。
親(もしくは祖父母)が店をやっていたのだけど亡くなり、立ち退きを迫られる。
男性は店を守りたくて、困っているところへその店の守護神のような神様が現れる。
神様はその店に関する願いしか叶えられないので、ただ、お金が欲しいとか店を守ってという願いは無理。
しかもその神様には願いに見合った報酬を払わなければならないのだけど、男性は数百円しか払えない。
そのため諦めてしまうのだけど、翌朝なにかが起きてハッピーエンド。

その「なにかが起きて」というのが重要だと思うのですが、そこが抜けてしまってます。。何の店かもスッポリ。。私のバカ!
でも、何かが置いてあって、あぁこれを使えば立ち退かなくていいじゃない、という感じの結末でした。

曖昧な内容の上、文章も分かりにくいかと思いますが、ご存知の方いらっしゃったらどうぞお願いします!

ユーザーID:1602712081

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 残念ながら知りません

    私はこの小説知らないのですが、トピを見て読んでみたくなりました。
    どなたかご存知ではないですか?

    ユーザーID:3275281960

  • 私も知りたいさん

    レスいただきありがとうございます。
    少しでも興味を持っていただいて、とっても嬉しいです!
    ちょっとずつですが、お気に入り登録も増えてるみたいです。
    私もがんばって情報を思い出したり、検索してみたりしてます。
    こちらからも良い報告ができればと思います。
    でも、今後も皆様からの情報をお待ちしております!

    あと、私が読んだのは数年前ですがもっと古くからある本かもしれません。(情報じゃない〜)

    ユーザーID:1602712081

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • いつも間違えてる私が通りますよ

    本関係のトピにレスして大抵間違える私です。
    でも、何かしらヒントになればなーと・・・あるいはそれで新しいジャンルが開けたりとか・・・(自己弁護です)。

    嶽本野ばらの「ミシン」という本の「世界の・・・(忘れた)雑貨店」って言う短編かな?・・・絶対違う。確か神頼みはするけど全然神様関係ない。
    川上弘美の「神様」っていう短編・・・あれはくまの神だー!
    宮部みゆきさんの時代物の短編の中に、奉公人の神様の話が・・・時代設定全然違うだろー。
    ちなみに私がトピを見て思ったのは「浅草ヤング妖品店」だったらそれっぽい話があるなー・・・漫画だー!それにあれは店主とモノが只者じゃないほうだろー。

    数打ちゃ当たるタイプの(しかも当たらない)回答でゴメンナサイです。
    でも私も読んでみたいなーと思っているので、他の人もいっぱいレスつけてほしいと思ってマス。

    ユーザーID:6549791977

  • アンソロジー?短編集?

    星新一さんの短編にでてきそうなお話だなぁと思いました。

    私も読んでみたい!

    ユーザーID:7024171044

  • なんとなくですが

    星新一っぽいなぁと。
    何ページくらいの話でした?

    ユーザーID:2360152464

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 銀行

    じゃだめかな?病院とか?パンでもいいような気もするし。ようは自分の欲しい物でいいのでは?小説を完成させるなら。学校か教会かな。なんかヤバそうな小説だな。

    ユーザーID:7670694616

  • 違うかな・・・?

    似てるけど微妙に違うかな?
    「神の妖精と百円の願い事」水城嶺子作
    両親が亡くなり天涯孤独になった若い男性。両親から古本屋を引き継ぎます。でも不運が重なり店は閉店、すっからかんになり、手元にあるのは百円玉と古本屋に残っていたお守り。

    途方にくれてそのお守りを放り投げたら紙の妖精(おじいさんの姿をした)が現れ、一つだけ願いを叶えてくれると言います(ただし紙に関する事だけ)
    結局何も思いつかず、願い事をせずに泣きそうになりながら一眠り。目覚めたら1冊の古びた文庫本が。傍らには紙が置いてあり「本の領収書・100円・ただし3千万円の当たり券入り」と。

    ポケットの100円玉は消えており、文庫本には宝くじが1枚挟まってました。
    結局、その男性はそのお金を元に古本屋を買い戻しました・・・
    どうでしょうか?
    講談社文庫の「ミステリー傑作選・特別編5・自選ショート・ミステリー」に収録されておりました。収録されているその他のショートショートも面白いので、もしお探しの話とは違っていてもおススメします♪

    ユーザーID:8033185749

  • 大変遅くなりました

    トピ主です。
    なかなか小町を覗く時間がなく、レスいただいていたのにお返事遅くなりました。
    申し訳ありません!

    さて、本題ですが。
    ふくふくさんご紹介の「神の妖精と百円玉の願い事」で大正解でした〜☆
    ふくふくさん初め、レスくださった皆様、感謝いたします。
    いくつかご指摘がありましたが、友達にも星新一っぽいねと言われてました。
    でも、そんなに有名な人じゃないんだよなぁと思っていて、それもきちんと記載するべきでしたね。すみません。

    えと、義彦さんのレス内容がちょっと分からないのですが?

    何はともあれ、どうもありがとうございました。

    ユーザーID:1602712081

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧