長男嫁の宿命

レス77
(トピ主4
お気に入り268

恋愛・結婚・離婚

32歳、結婚5年目、子ども1人(2歳)の主婦です。
主人の実家の両親から同居を求められて困っています。

主人の実家は、田舎の兼業農家で田舎ゆえに田んぼ、畑、山を多く持ち、維持が大変な家です。
主人の家族は(妹含む)、典型的な田舎のしがらみの中で生きてきた人で、考え方がとても古く、「長男教」の信者であり、長男が家を継ぐと信じて疑っていません。
実家に顔を出すたびに「田んぼ・山の維持が大変なので同居して欲しい」と迫られます。

別居している現在でも、月に何度か主人と私で手伝いに行きますが、義理の両親は、同居してこちらに住まないと分からないことも多い(田舎のしきたり、近所付き合いなど)のちのち家をついでもらわないといけないのに長男がそれでは困る。
子どもの小学校は、義理の両親の住んでいる地域で入学するように、と言われました。
勿論「子どもの小学校は、今住んでいる地域で入れますし、同居はできない。」と言いきりましたが、納得していない様子で、会うたびに同居を迫られます。

私も結婚5年目にして、譲歩するところと譲れないところの境界が自分であいまいになってきて、不安です。

続きます。

ユーザーID:1265740075

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数77

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかって貰えるまで説明する

    納得してもらえるような説明を続けることです。
    どうして同居ができないのか
    突っ込まれたら、突っ込みどころの無い、ちゃんとした説明を。
    言い切っても、また同居を迫られるのは、
    納得のいく説明が足りないのではと思います。
    頑張って説得して下さい。

    ユーザーID:9495554659

  • 旦那様は何とおっしゃっていますか?

    田舎はどうしても そんな風な考え方のようです。旦那様は どのように
    お考えですか? 結婚する時の約束はどうなっていましたか?
    やはり 夫婦の意見の一致があってからの 話だと思います。

    ユーザーID:5492555791

  • 夫さんはなんと?

    夫さんの意見はなんと言ってますか?
    今すぐでないにしても、いずれは戻りたいとか?
    戻らず、今の環境で一生を終えたいとか?

    いずれにしても、義理両親が元気なうちは同居しないほうがよいですよ。
    まして、長男教がまだ激しい地域であれば、なおのこと苦労させられるだけ。

    ユーザーID:7837313404

  • がんばれ


    同居はケンカの元です。うまく逃げましょう。


    嫌われても良いのではないでしょうか。

    子供の塾とか幼稚園とかのせいにしたりして。。

    がんばって下さい。

    ユーザーID:7908159921

  • 無理

    長男の親御さんは、その考え方であなたよりも長い時間生きている訳ですから
    自分よりも短い時間しか生きていないあなたの考えなんかまともに聞いてはいないでしょう。
    反対に、あなたをどうやったら洗脳できるか、いろいろ理由を考えているところだと思いますよ。
    無視して、こちらの主張のみを述べるしかないですね。

    ユーザーID:9778003354

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • そりゃあ同居でしょ。

    昔のしきたりが根強く残っている地域の、しかも専業農家の長男さんと結婚ということは、どう考えても「同居」することになるのが普通ではないでしょうか?だって、他に後を継ぐ人はいるの?いないんでしょ?いないなら長男になるのは当然だと思います。ご主人はなんと言ってるの?結婚前に同居はしないことを条件で結婚したとしても、誰かが後を継ぐことは考えてのことじゃないといけませんよね?私の母は、私の結婚に関して、長男との結婚には反対です。同居が目に見えているからです。知人の紹介で長男の人とお見合いのようなものもしましたが、やはり男性側が同居してくれる女性を探していました。当然私の母は反対。なかなか同居してくれる人がないから、長男は結婚できずにいるのです。弟はとうの昔に結婚して家を出ているそうです。

    田舎のしきたりは大変です。同居したくないトピ主さんの気持ちはわかります。でもじゃあ誰が継ぐの?あなたが同居したくないからという理由で、畑を処分することはできるものでしょうか・・・。それは酷かなあと思うのですが。

    ユーザーID:7072114271

  • のらりくらり

    でいいのではないでしょうか?

    御実家も急に同居をいうあたりは、子供さんが学校に行くようになって、断り口実が決定的になる前に、釘を刺しとこうという算段なのでしょう。

    ○○ちゃん(お子さん)の習い事を始めた、とかはダメでしょうか?
    あと1年、幼稚園に入ってしまえばこっちのもんです。入ってしまえば転園を嫌がって泣くなど理由はつけられます。

    ただし、今まで通り、なるべく御実家のお手伝いはしてあげて下さい。同居を言われるのが嫌なために急に行かないのも不誠実だと思います。

    そして、行ったらそのたびに同じことの繰り返し言う。習い事を始めて「○○ちゃんこんなことできるようになったんですよ〜」とか言うと、そのうちに諦めてくれるかもしれません。

    ユーザーID:1999987675

  • ご主人ずるいなぁ

    そこまでご両親が「長男教」なら、ご主人は結婚前からいずれは同居と分かっていたはず。
    それをトピ主さんに納得させないままに結婚に持ち込むなんてずるいなぁ…と思っちゃいました。

    そういうご両親だと、いくら説得しても「息子じゃなく嫁が嫌がってるだけ」と思われて終わりなので、ご主人に毅然とした態度を取り続けてもらうしか無いですよね。

    ユーザーID:3736631232

  • 将来を見据えて

     あなたは、ひょっとして祖父母と一緒に育った経験がない?。経験がないと、あなたのような不安を抱く方が多いように思います。
     遠からず同居を選択せざるを得なったときには今よりもっと負担が多く、利がないときの同居開始になりますよ。

     特に、子育てにはできるだけ多くの手助けがあるほうが良いです。子供を一人で置いて出かけなければならないときから、熱を出したとき、悩んだとき。それに、なによりもおじいさんおばあさんがいる家庭で育った子供は、やさしいすばらしい子供に育つでしょう。(もちろんあなた次第ですが)
     そして、あなたのお子さんもいずれ結婚してあなた方の親とどういう暮らしをするかを選択します。

     私は結婚してしばらくは別居を考えていました(私は核家族出身)が、妻(3世代家族出身)に「後で同居するより、はじめから同居のほうが良い」と言われて最初から同居しました。確かにそうでした。両親とも若かったので、あらゆる面でとっても助かりました。家事(掃除・洗濯・料理・子育て)を分担できたのですから。特に子育
     古い考え方だからという判断基準は間違い。何百年もの経験から得られた結論だよ

    ユーザーID:6012073677

  • がんばって!

    私もとても環境が似ていて、以前ですが同居を迫られすごく悩んだ時期がありました。あやふやな態度をとっていたらエスカレートしてくるんですよ。
    義理の両親や親戚が集まった時に皆に囲まれて同居を迫られましたよ・・。
    主人は親に何も言えない人だったので味方がいませんでした。
    悩んだあげく結局、離婚したのですよ!(これは真似はしないでくださいね)でも離婚してから義理の両親が「私達が悪かったね。どうか帰ってきて欲しい」と謝ってきました。二年後に復縁して今は主人の実家の近所に住んでいます。またこの嫁が逃げてしまわないか・・とトラウマが残ってるようで今は私の意見をちゃんと聞いてくれます。ずいぶん優しくなりました。離婚なんて少し乱暴なやりかただったのですが、その時は必死で・・それも今となっては結果的に良かったと思います・・。田舎の人ってそれくらいショックを与えないと、、実際なかなか気持ちが動きにくい部分もあるかもです。せめてお互い譲り合える話し合いはした方がいいですね。少しでも同居に抵抗あるうちは同居しない方が絶対いいです。

    ユーザーID:6568839114

  • 私も長男嫁です!

    虹さんと状況が酷似していて、レスせずにいられませんでした。義父母宅も長男教が蔓延している超のつく田舎で、二束三文の田んぼや畑がゴロゴロあります。あっ、義父母宅の地域では「長男」という言葉は使いません。「家督」といいます(それを聞く度に失笑してしまいます・・・)。

    つい先日、義父から強い口調で同居を迫られました。加えて、私が仕事をしていることが気に入らないらしく、「いつまでもそんな勝手なことをされては困る」「そんな女は(嫁に)貰わなければよかった」とまで言われました。女が仕事をする=勝手なこと、ですよ。そんな考えの義父と同居できる訳ないです。

    私の主人も、「田舎すぎて実家では暮らせない。それに、わんこはあの親父との同居は無理だ」と言ってくれます。ただ、やはり自分の親を捨てるような人ではありません。介護問題などが発生し、どうしても同居が必要となったならば、私達夫婦が住んでいるところで同居したいと考えています。もちろん、先祖から受け継いだ土地が田んぼがって文句たらたらでしょうが、そこは何があっても譲らないつもりです。

    ユーザーID:5216245154

  • このまま別居がいいです。

    長男嫁さんぜーーーーーったい同居はお勧めしません。私も数ヶ月前まで義父母と同居していました。おまけに周りが農家のご家庭が多く「嫁」が何でもしなくてはいけない風潮の環境だったのでつらかったです。私たちは半分無理に同居を解消しました。同居は「お嫁さん」がどれだけ耐えられるかの忍耐でもっていると思います。長男嫁さんこのまま別居を貫いてください。

    ご主人がしっかりとした意思表示をしないとこのままずるずると同居しますよ。よく夫婦で話し合いをなさってください。

    ユーザーID:2637628517

  • やはり長男

    やはり長男だからとかいわれるのでしょうか?私も長男の嫁です。夫には2人妹がいます。私も同居は絶対嫌です。義理の両親はいい人ですが。。やはり、同居はいざこざが多い感じがしますし、うちは、義理の妹がなんかいろいろ言ってきます長男の嫁は大変やから、わたしは嫌とか、両親も年ってきてるし、私も1人暮らししょうかなあ〜とかおもってるのよね。(それで?)おにいちゃんの家部屋あまってるからちょうどいいんちがうん荷物はこっちにおいといたら、(何の話?)昔は長男が財産もついだからかもしれませんが、今は分けますし、1番この妹が欲深いかんじがします。みんなで、みたらいいんだとおもいます。がんばって同居は嫌ですといいましょう。というか旦那さまにいってもらいましょう。でも、はっきり、親とかにいってくれないですかね?うちはいってくれるか?疑問です。妹が怖いみたいですから、私も同居とかはっきりいわれたら、断固戦います。私は独身の時介護を経験してますが、介護門題も将来ありますから。

    ユーザーID:0897008395

  • かなり強い意志表示が必要

    私が今秋結婚する相手も、田舎の兼業農家の長男です。
    が、彼は農業も家も継ぐ気はなく、親にも「同居は将来にわたって、まったく考えていない」と、きつく言っています。
    「あまりいろいろ言うなら、親子の縁を切る」
    「必要なら、法的手続きに則って、相続放棄する」
    と何度も言っています。

    私(都市部の核家族育ち、両親とも会社員)は、それを聞いて
    「そこまできつく言わなくても…」
    とビックリしたのですが、彼曰く
    「イナカの人間は、長男が継ぐのが当然という固定観念があるから、それくらいきつく言わなきゃ、通じないんだ」
    とのことでした。

    実際、彼は今でも、会社が休みの日には、田畑の手伝いをしています。
    上記のことをかなりしつこく強く言った結果、親はようやく理解したそうで、
    田畑は人に貸す、あるいは人を雇って農業を行なう、ということになったようです。

    私も、結婚にあたり
    「イナカのしがらみ(農作業、親戚・近所づきあい、法事関連など)は、私には絶対無理だし、がんばるつもりも一切ない」
    「そういうことを妻に望むなら、他の女性を探してください」
    と言ってあります。

    ユーザーID:3545288970

  • >オルカさん

    >なによりもおじいさんおばあさんがいる家庭で育った子供は、やさしいすばらしい子供に育つでしょう。

    貴方の場合は運が良かったのだと思います。
    私の周りでは、母をいじめる祖父母が嫌いだとか、祖父母世代対親世代の争いを間近で見せられ性格が捩れたりといったパターンの方が多いです。


    トピ主さん
    ご主人は同居に関しては何と言ってますか?
    先ずは夫婦の意見の一致。
    ご主人から義父母へはっきり言ってもらいましょう。

    ユーザーID:3312327053

  • だったら・・

    山や田んぼの維持管理などの問題があるのに「嫌です」の一点張りでは平行線。
    同居しなくても良いような問題解決方法をご主人に提案してもらった方が良いですよ。
    ご両親のどちらかが倒れた時はこうする、倒れないで高齢になったらこうするとかは漠然とでも考えておいた方が良いです。

    祖母は母と一時的に同居しましたが、祖母が動けなくなり祖母の住んでいた家を売って、そのお金でホームに入りました。
    母は色々と考えていたらしく、良い選択だったと思います。
    ただ、何にも考えてなかった伯母は、祖母が死んだ後の遺産に期待してお金を使ってしまったので、ホームに入るのを反対しました。
    結局は母が遺産放棄して伯母に残りを渡してましたが・・。
    伯母は介護も殆どせず、良くケンカにならないなーと思ったのですが・・。

    母は起こった問題を淡々と解決していってくれるので、私達子供は助かりました。
    なんだかんだ言っても結局は問題解決しないといけないので、よーく考えた方が良いです。

    ユーザーID:4963392433

  • レスの中に 理解出来ない文が

    長男が家を継ぐのは当然、、、そんな考え方の人も居るでしょう。
    「私」は、同居の苦労はしたくないから、「私の母」は反対し、、、それはよく解ります。

    ですが、
    トピさんに向かって、「同居をしたくないから、畑を処分する事なるなら、それは酷な事だ」と
    どうして言えるのですか?

    がんじがらめの考え方は、長男は結婚出来ず、子供も持てず、結局その長男亡き後に
    家屋も荒れ果て、その家が絶える。
    あるいは長男の姉妹兄弟の所に、財産が分散。
    結局、長男だけが継いで、田畑を守ろうとした筈が皮肉な結果になる。

    それなら、長男は外で家庭を持ち、田畑は人に頼むなり、本当に畑をしたい人に譲るなりした方が
    、日本の人口問題の観点からも、農業の観点から見ても良い気がするんだけどな。

    ユーザーID:2443969686

  • 時代は変わる

    長男が家を継いで行く…田舎に行かなくても、そう教育されてきた人は若い世代にも当たり前のようにいます。

    でも時代は変わっていくのですから、いつまでも「しきたり」や「思い込み」に縛られていると時代に適応できなくて歪みが生じますよね。

    私の従兄弟たちも田んぼと山に囲まれたところが実家で、長男たちは当たり前のように「将来は同居」「田んぼも兼業でいいから継いでくれ」と親から言われているようです。
    でも実際、田んぼと山の中にお嫁さん候補はいるはずもなく、都会に出て彼女を見つけていざ結婚となっても、その条件を知るとことごとく結婚を断わられています。だって都会で自由に暮らしてきた若い女性に同居と農作業なんて「苦」でしかないですもん。

    その繰り返しで従兄弟たちは今30代後半から40代。継ぐことや同居を強いる親って、こうやって子供を苦しめてることを理解してないだろうな…と見てて思います。

    トピ主さんとご主人の人生ですもの。産んでもらったことには感謝して老後のケアの手伝いはしても、同居や継ぐことはしなくていいと思います。

    ユーザーID:3859839760

  • 考え方のひとつとして

    農作業や田舎で生活する事には、向き不向き得て不得手があります。
    ご主人の考えがよく解りませんが、貴女が農作業をどちらかと言えば楽しんで手伝っているのか
    田舎の近所付き合いが無難に対応出来る性格なのか見極めているのかもしれませんね。

    私たち夫婦は、近々夫の両親と田舎で同居します。
    元々、夫は「同居するつもりは無い」と言い続けていました。
    夫の両親も高齢となり、夫自身も50歳に近くなって態度が丸くなりました。
    長男という立場上いずれは同居も・・と考えていた様ですが
    それも妻(私)の理解と協力があればこその実現が可能なわけです。
    良好とまではいかなくとも程々に頑張る所は努力し、適当に手抜きもする按排も心得ている
    私の性格も同居の決め手になったようです。

    貴女がどうしても無理だなと思っているのなら、手伝いは今後もするけれど
    同居は難しいとご主人に話していくしかないでしょう。

    ユーザーID:0743518639

  • あります

    23歳の小娘です。
    私自身は次男の子供でしたので、核家族・都内で育ちましたが、
    父方母方ともにトピ主様のご主人の実家のような家でした。
    (田んぼ、山を多く持ち、「長男教」)
    ですので、「長男教」側が考えていることも多少は分かります。
    そんな中ではっきりといえることは彼らとは「価値観」が違うのです。

    先祖から受け継ぐ土地を守り、「家」を存続することが第一。
    その「家」の前では外からきたぽっと出の嫁のために守ってきた土地をなくすなんてのは論外。
    (これがまりまりさんの言う「畑を処分するのは酷」になるのかな?)

    また、一代前の嫁(つまりお姑さん)も
    当然のように「家」と土地を守ることを要求され受け入れているので
    次代のお嫁さんが家に入りたくない!などといっても
    単なるワガママにしか聞こえないのです。

    仮にお姑さんが理解を示してくれても根本的な解決にはなりません。
    今度は理解を示したお姑さんを含め親族一族からの
    バッシングが待っていることでしょう・・。

    なので私はどんなに好きな相手でも自分の中で受け入れられない
    「家」の人なら結婚はできないと思っています。

    ユーザーID:9729662625

  • 横でごめんなさい。きなもさんへ

    >長男は外で家庭を持ち、田畑は人に頼むなり、本当に畑をしたい人に譲るなりした方が日本の人口問題の観点からも、農業の観点から見ても良い気がするんだけどな。

    その通りだと思います。が、現実問題、トピ主さんのご主人の実家は同居を望んでいるのですよ。同居して田や山を維持してほしいと、トピ主さんは迫られているのです。きなもさんがおっしゃることをトピ主さんが、ご主人のご実家の方に伝えたところで、ずっと山を守ってきた実家の人は簡単に納得できるのでしょうか??これからも山と田を守ってほしいのだ、という強い気持ちがあるから、実家に顔を出すたびに迫られるのでしょう。トピ主さんが息子(ご主人)と結婚したことで、ご主人のご両親は「山を守ってくれる嫁がきてくれて良かった」と思ったはずでは?ご両親からすればトピ主さんは外からひょっこり入ってきた他人です。その人のために、愛着のある山をすぐには手放せないとは思いませんか?そういう実家の強い要望があるからトピ主さんはここで相談されてるのでしょ?ご実家からすれば人口問題、農業問題云々は冷たい言い方だと思います。田畑を譲る人が簡単に見つかるかもわからないし。

    ユーザーID:7072114271

  • 物(地所)より、人のほうが大事だと思う私は、間違ってますか?

    同居を望んでいるのはご主人のご両親でトピ主さんは望んでいないのだから、それを強制するのは、人権蹂躙です。このサイトでよく、舅・姑・夫がヨメに対し
    「おまえさえガマンすれば、八方丸くおさまる」
    と、いろいろなガマンを強制しているケースを見かけますが、ヨメにも人格・人権・希望があり、幸せな人生を求める権利があるのです。
    モノ(家や地所)のために、人(ヨメ、長男など)の幸せが犠牲になるのはおかしいと、私は思います。

    また、「先祖伝来の土地」といったって、奈良時代や平安時代までさかのぼるような歴史があるなら別ですが、
    せいぜい江戸時代以降か、戦後の農地改革以降、その家のものになった土地がほとんどだと思います。(私の婚約者の家も、江戸時代初期まではさかのぼれるが、それ以前はわからないと言ってました)

    さらに、現在は企業の農業参入が可能になったり、非農家出身者で農業を希望する人が出てきたりしています。
    小規模な兼業農家が林立するよりも、企業が安定的・継続的に食糧(食料)生産したり、農業を本当に希望する人が行なうほうが、理にかなっているのではないでしょうか。

    ユーザーID:3545288970

  • いつまでも変わりませんよ田舎は

    私もまさに同じです。
    都会からド田舎の1日にバスが数本しかない田舎の兼業農家に嫁に来ました。
    夫は長男。
    子供の頃から長男たるもの、親の後を継ぎ・・・・と教育されてきました。
    今の時代、そんな古い考えは・・・と思ったり聞いたりしますが
    やはり古い日本の農家の考えは昔から変わりません。
    長男が引き継ぐものと決まってます。
    田畑を譲るとしても、そんなもん引き受けてくれる人もいません。
    高齢化していて、自分の分だけで精一杯です。

    本当に同居がイヤなら、まだ同居していない今のうちに
    同居する意思は0%だと、はっきり言いましょう。
    じゃないと、いつまでも期待されます。
    家のことは、出来る限り手伝うから同居はしないとか
    条件つきになると思いますが、イヤならはっきりさせておくべきです。
    そして御主人がご両親・親戚にその考えを納得してもらうよう
    話をするべきです。
    嫁は黙って聞いてるしかありませんからね。

    ユーザーID:3908769857

  • 私も

    米作りが出来るだろうと思って人に相談してみました。

    正直、赤字になると姉が言いました。
    働きに出てお給料をもらい、お米を買った方が残るお金がある。
    田んぼがあれば朝5時から田んぼの草取り。
    土日も同じように働く。
    農機具のお金がすごくかかる。
    返す為には働かないといけない。
    土日も祭日も返上で朝の5時から夕方まで
    姉は正社員で働いています。だからかなり辛そうで…
    田んぼなんか市へ寄付したいと言っていました。
    作らなきゃ税金かかる。税金払いたくないからと

    折角、田んぼをしようと思っても生活出来ないから働きに出なきゃいけない。
    働きに出ると田んぼが出来なくなる。

    田んぼ・山の維持が大変なのでまかせてもらうのは無理。田舎のしきたり、近所付き合いなども無理とご主人に言ってもらうしかないと思います。
    第1次産業だけで生活していくのは収入低くて無理。
    これから不景気が来て誰も何も買わない時代が近づいてる
    田んぼの収入は年間いくらあるかご主人に聞いてもらって下さい。
    山、田んぼの維持費と田舎のしきたり、近所付き合い頑張れる程の収入でしょうか?

    ユーザーID:4922158840

  • 最終的には貴女次第

    貴女が承諾すれば同居になりそうですね。
    ご主人が親のいいなりですと余計同居は辛いものになりそうです。
    絶対ご主人を説得すべきです。
    納得しなくても「NO」とはっきり言いましょう。
    お子さんのためにも今の幸せを守ってください。

    ユーザーID:1933044597

  • 貴方とご主人の関係は?

     農家の長男の嫁というのは確かに大変だと思います。また田舎というのは近所との付き合いとか都会暮らしには想像もできない苦労もあります。しかし、良いところも、本当にたくさんあります。特に子育てには・・。地域の人、みんなが大事にしてくれますよ。

     大事なことは、目先ではなく、貴方の親への付き合い方は、そのまま貴方のお子さんへの大事な教育でもあるのです。子育てはもっともっと大変になります、特に今から二人目三人目となると。山仕事や野良仕事以上に大変です。それを手伝ってももらえる。どんなに心強いか。・・助けてもらって、いずれは助ける--恩返しができる。

     「長男教」は、長い日本の歴史の中で、膨大な事例の中から導き出されたひとつの回答だと思います。時代は変わったと一蹴して良いものかと思います。いずれ順繰りで、あなた方ご夫婦が家の主となります。
     大事なことは、ご主人の協力です。私は「妻はひとりで嫁いでくるので、私は何があっても妻を守る」と宣言し「妻に言いたいことがあったら、必ず私を通すこと」を守らせました。妻にも同様。
     間に立つ夫が、長男の嫁を守りきる自覚が必要です。夫婦でしっかり話し合うこと。

    ユーザーID:6012073677

  • どういう地域か見極めて

    その土地で暮らす長男にお嫁さんは来ていますか。
    そのお嫁さんたちが生き生きとしていますか。
    名産特産など、付加価値のあるブランド商品がありますか。

    全て当てはまるならその土地で活路を見い出すこともできるでしょう。
    そうでないならできるだけ(できれば永久に)同居は先延ばしにすることです。(親の無茶な要求に疲れ果て、いったん離婚して妻の姓で再度婚姻届を提出する男性もいます)

    土地の受け継ぎ手が絶えると言う意見もありますけど、ご主人の実家には分家も本家もないのでしょうか。
    分家が絶えれば本家が財産を吸収するし、本家が絶えれば分家が継げばいい。分家にはそういう機能もあるのです。

    それに農業と言うのはやりたくない人が嫌々していても成り立つような職業なのでしょうか。真面目に取り組んでおられる方に失礼な気がするのですが。

    ユーザーID:5308674870

  • 夫の意志と態度、地域の条件次第かな

    都会でも田舎でも長男嫁である以上、全く田舎や義父母を無視することはできないと思います。

    どちらにしろ、まずはご主人の意志確認からではないでしょうか。
    本人に継ぐ意志がなければ最初から話になりません。
    継がないなら田畑や山はどう処分するのか。
    義父母は誰がどのように面倒をみるのか。
    全く何もしないというのは通用しませんよ。

    その地域に住まないと解らないことも多いから、というのは事実です。
    将来いつかは継ぐなら、子供の入学までに引っ越すことは理に適っていると思います。

    ご主人とよく話し合って、夫婦、家族としての将来ビジョンと今後の対応策を具体的に明確にし、ご主人本人から説明しないと義父母も納得しないでしょう。
    今のままでは単なる「嫁のわがまま」としか取られていないように思います。

    ご主人が継ぎたい、というなら地域に引っ越すことは了承しても、介護問題でも起きない限り別居するとか、可能であればトピ主さんの仕事は続けさせてもらうとか、やりようはいくらでもあると思います。
    うちの田舎はそういうお嫁さんが多いです。皆さん上手にやってますよ。

    ユーザーID:5021023651

  • そういや我が父も長男だった

    我が父は代々続く、農家の長男でした。
    土地も畑も持ってました。

    が、農業してたのは、祖父の代までで、父の代には、農業をやらず
    サラリーマンとして同じ町内で働いてましたね。

    ちなみに、祖父の死後の10年後には、町内の区内整理工事で、畑だった場所が、道路となり、
    余った土地にはアパートを建てて、その家賃で老後の収入を得ています。

    そういうケースもありますって。
    母は長男嫁としての苦労をしてたのを見てた事もあり、自分は結婚に夢を持てなくなり、40を過ぎた今も独身です。ハイ。

    ユーザーID:7837313404

  • 決定は慎重に。

    私も似たような境遇かなと思いレスさせてもらいました。
    ただ、私は嫁の立場ではなく、婿養子をもらい将来的には先祖代々の土地を守っていかなければならない立場です。

    若くして結婚した私は無知であり、跡を継ぐことがどんなに大変か分かっていませんでした。
    今は田んぼを所有することによる将来の不安に押しつぶされそうです。

    市街化区域や調整区域に土地が指定されれば賃貸経営、貸駐車場等「土地活用」が可能ですが、田舎でそれができるのは少数でほとんどのケースが将来的にも農業をしていかなければなりません。

    農業をせずほったらかしにという手もあるでしょうが、草が生え荒れ地になれば苦情が発生します。
    定期的にケアをしなければならないし第三者に土地を売るということも簡単にはできないようです。

    主人は子供に跡を継がせたいようですが自分と同じ苦労を子供におわせたくありません。
    将来的にこのような問題がなくなればと節に願います。
    トピ主さん、一時の感情ではなく慎重に検討してくださいね。
    若輩ものが偉そうなことを言ってすみません。
    長文大変失礼致しました。

    ユーザーID:7482056168

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧