• ホーム
  • 男女
  • 叱咤ください!お刺身が好きじゃない彼を悲しむ自分がイヤ

叱咤ください!お刺身が好きじゃない彼を悲しむ自分がイヤ

レス143
(トピ主0
お気に入り157

恋愛・結婚・離婚

げつようび

レス

レス数143

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 刺身の炙りはどうでしょう?

    私も以前は、刺身は生臭く感じてそんなに好きではありませんでした。
    本当においしいネタの刺身に出会わなくて、「刺身ってこんなもの」と思ってしまってました。
    しかし、数年前に本当においしいネタを出すお店で、刺身の炙りを食べたとき衝撃を受けました。
    「肉よりおいしい」「魚はときとして肉を超える」と。

    炙ってある刺身は臭みがありませんしネタによっては肉のようにおいしいですよ。
    1度本当に新鮮なネタを出すお店にいかれて、炙りものをご馳走してみてください。

    ユーザーID:2756078150

  • 気にしない(毅然と)

    夫・子供・舅・姑・義理妹が牡蠣が好きです。

    私は煮ても焼いても、勿論生もダメです。
    アレルギーではないですが、多分もどします。

    夫実家は、牡蠣の美味しい季節に、わざわざ漁港まで出かけ、
    どっさり仕入れ、生・焼き・鍋と楽しみます。
    結婚後すぐにコレに遭遇しました。

    正直辛かったのですが、
    殻を開いたり、調理を手伝うのは苦になりませんでした。
    ただ、申し訳ないけど、コンビニのおにぎりでいいから
    牡蠣のニオイのしないものが食べたかった。
    結局食わずでした。

    その場に居るのは平気です。

    また、季節限定の牡蠣料理の店に私のせいで行けなくなるのも
    辛く、私が予約をして、「行って来て欲しい」と
    言ったこともありますが、ドタキャンになりました。

    あの〜他に食べるものがあって、当の本人がいいのなら、
    もう気にするのはやめた方がいいんじゃないですか?

    ちなみに刺身も寿司も好きですが、例えば、カツオのタタキなどは
    スーパーのものは、生臭くてちょっと箸が出ません。

    料亭で食べるとすごく美味しかったです。
    回らないお寿司はどうかしら?

    ユーザーID:7084023816

  • 嫌いは嫌いで良いのでは

    私、好き嫌いが激しく偏食気味です。
    「こんな美味しいもの食べられないなんて変態」と言われますが
    食べられないものは食べられないんです。
    お口に入れても美味しく無いのです。拷問なのです!

    共有できないから悲しまなくても良いんです。
    共有できる食事を見つけて楽しむことです。

    ユーザーID:4468729811

  • わがままだなぁ・・

    いや、彼がではなくあなたがですが。

    好き嫌いのある人の気持ちなんて過度に分かる必要ありますか?
    結局あなたが一番気にしているのは自分の感情、「我」ですよね。
    私も刺身は苦手です。どんなに美味しいと言われても私にはそうは感じないし、感じたいとも思いません。
    人にはそれぞれ好みや味覚の違いがあるのを認識しましょうよ。
    「個」の違いを認識しなくてはこの先食べ物以外にも悲しくなることってたくさん出てくると思いますよ。

    あなたの言う
    1美味しさの共有が出来なくても悲しまない方法
    2お刺身などを好きになってもらう方法、実際好きになった話

    1は彼の問題ではなくあなたの我の問題。
    あなたが我を引っ込めれば済むことです。

    2は刺身というより生ものが苦手なら好きにさせるのはかなり難しいかも。
    彼が刺身は苦手だけど火を通した魚介類なら食べられるのなら
    一緒に楽しめる方法なんていくらでもあると思います。
    あなたの「我」である刺身にこだわり過ぎると
    2人の関係がまずくなるのでは。

    一度刺身が嫌いな彼の立場にたって考えてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7060548317

  • 押し付けない方がいいよ!

    はっきり言って、嫌いな物を「え〜!なんで嫌いなの??こんなにおいしいのに。食べてみなよ!」と言われるのは無性に腹が立ちます。
    「嫌いな物は嫌いなんだよ!!」と声を大にして言いたいです。

    げつようびさんは好き嫌いが無いとの事・・本当にすばらしい事ですが、それなら彼が大好きな物はあなたも好きなんですよね!?
    じゃぁ、それを二人の美味しさの共有にして、お刺身はあなただけのものでいいんじゃないですか?

    彼には自分の好みを押し付けるけど、自分は彼の好みを理解しようとしないんですか!?
    そんな事で気分を悪くしてしまう人と食事するより、好きな物をすごく美味しそうに食べている人と食事する方が彼も楽しいと思いますよ。
    お刺身を美味しそうに食べるあなたを見て、彼もお刺身に興味が湧くかもしれません。

    ユーザーID:5392322290

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • わがままです

    好き嫌いのない私に合わせてくれないなんて!と、怒ったり悲しんだりするのはトピ主さんのわがままです。
    自分を変えずに相手だけに変わって貰おうという思想がわがままです。

    でも!食の相性って実はとっても大事だよ。

    相手が大切ならきっと今のトピ主さんのように自分を叱咤して欲しいと希望と理想の間で歯がゆい思いをするし、相手もトピ主さんに申し訳ないなぁと常に小さいしこりを持ったまま食事を取ることになる。
    もちろん好みも変わるしすり合わせていけるかもしれないけど、たのしいはずの食事が探りあいなのは本当に辛い。
    これは仕事に関してとか貯金に関してとかと同じように重要なことで、同じ価値観の人のほうが上手くいくと思います。
    「食事を楽しみたい」程度のわがままは誰にでもあるし許されるんじゃないかな。ただ、今の彼に押し付けちゃイカン。

    ユーザーID:6046057837

  • 特に美味しい物を選んで

    食べ物のおいしさを共有できないのは悲しくなりますよね。
    私と彼は、私がお寿司大好きで、彼が焼肉大好きで、外食の時はいつもどちらか折れる感じになります。
    お刺身とかは、鮮度などでずいぶん美味しさの差が出ますよね。
    そこで、一度どこかとっても美味しい所へ行って、本当に美味しいものを食べてみるのはどうでしょうか?
    でも、生モノって苦手な人は蕁麻疹が出来たりするから無理はさせないで、お刺身以外の食べ物の美味しさを共有するのもいいかと思います。

    ユーザーID:1906464218

  • ウチは甘いものですね

    彼が甘いもの、特にチョコと餡がダメです。
    餡は食べた後もがき苦しんで、ヒドイと熱を出したりするのでアレルギーを疑って調べてもらいました。
    結局アレルギーじゃなかったんですけど、あれはキライの範疇こえてるよなあ…。

    それなのに、私が食べていると一緒に食べたがります。そして苦しみます。
    何度苦しんでもまたやります(笑)
    なので、悲しんでる場合じゃなかったりします。

    私がとても美味しそうに食べているのに、自分が食べられないのが許せないらしいです。

    そんなことを続けているウチに、前よりは食べられるようになりました。
    クリームの少ないケーキなら、1/3ぐらい食べられるし、炭酸が入っていれば甘いジュースも飲めるように。
    (以前は全く飲めなかった)

    彼氏さんのご家庭、生魚が出ない家だったのかもしれません。
    それなら、本当に美味しいのを食べさせれば、意見が変わるかも。
    刺身じゃなくてもカルパッチョとかどうでしょう。

    おいしさを共有できるようになるといいですね。

    ユーザーID:6633455978

  • 彼というより…

    辛口です。
    彼というよりも、彼をお母さんみたいに自分と一体で何でも許してくれる人じゃなきゃイヤって言ってるように感じます。

    彼の人格よりも自分のワガママの方が大事なんて、子供みたいです。

    彼の心ももっと大切にして欲しいです。

    ユーザーID:6382330259

  • 彼の好きなものを食べようって気はないの?

    何もわざわざ彼の嫌いなものを一緒に食べなくても、彼が好きなものを食べれば美味しさを共有できるんじゃないですか?
    なぜ自分の好きなものに拘るの?
    彼より自分が可愛い?

    あと、食べ物の好き嫌いって単純に好みの問題だけじゃなく、食べたらおなかを壊すとか気持ち悪くなってしまうとかアレルギー的なことで食べられないこともありますから、あまり好きになってもらおうと躍起ならないほうがいいと思います。
    苦手なものを強要されるのは拷問ですから・・・。

    ユーザーID:2959783231

  • 克服した!

    元々彼氏さんと同じく生魚嫌いだった者です。
    今ではほぼ何でも美味しくいただきます。

    きっかけは、就職して様々な人と食事する機会があり、
    いちいち苦手があるのが恥ずかしかったこと。
    そのため優しい先輩たちが、本当に新鮮で美味しい魚を知らないからだ!
    と、海のそばで新鮮な魚を食べる機会を作ってくれました。
    騙されたと思って…という誘いに簡単に乗る性格だったので、
    騙されてみたら本当に良いものは美味しかったのです。
    何でも食べられる今でも、生魚は特に鮮度や質だと思っています。

    彼氏さんが人のススメを頑なに受け入れない性格でなければ、
    一度そういう魚を食べる機会を作ってあげてみては?

    私自身はトピ主さんと同じく、一緒に食事する人とは、
    ニコニコして美味しさを共有したいです。
    だからお気持ちはよくわかるし、自己嫌悪する必要も無いと思います。
    好きな人とは、食べることも一緒に楽しみたいですよね。
    自分が変わりたいと思うトピ主さんは、とても優しい方ですが、
    彼氏さんにもトピ主さんの笑顔のために、少しでも克服する
    努力をしてもらえればいいですね。

    ユーザーID:0930496906

  • 解決法

    1・彼が苦手なものを一緒に居るときは食べに行かないようにする。

    彼と一緒でなければ生魚が食べられない訳ではなく
    トピ主さん自身が好き嫌いのないと言うのであれば
    わざわざ生魚の嫌いな彼と一緒の時に
    生魚を食べるという選択をしなければいい事です。


    2・好き嫌いの改善の強制はしない

    食べ物の好き嫌いに限った事ではありません。
    もしトピ主さんが自分自身の嫌いなものを
    他人に「好きになれ」と強制されたらどう思いますか?


    ところで「叱咤ください」と言いながら
    何故「彼が刺身を好きになる方法」を尋ねるのですが?
    結局自分が嫌な気分になりたくないだけのようにも見えます。

    ユーザーID:3775747368

  • 私も生ものは好きではありません

    生ものは、口にすることはできますが、あまり美味しいと感じませんし進んで食べたいとも思いません。お寿司屋さんは苦痛です。
    生ものを美味しいと思える人を羨ましいと思いますし、美味しいと思えない自分を不幸だと思います。なので、貴方だけが悲しいとは思わないで頂きたいです。多分彼も多少なりとも悲しんできたと思います。

    1についてですが、彼と食事をするときは、彼も美味しいと思える料理を食べれば良いのではないでしょうか。
    彼の言うとおり、生ものは生もの好きのご友人と楽しみましょう。割り切るしかありません。

    むしろ、悩んでいるのは彼では?彼が生ものを好まないと知っているのに生もの料理の店に連れて行くのは配慮が無いと思いますが…。

    ユーザーID:4370037642

  • こんな人もいます

    私は、生魚、魚卵は、食べません。
    ※焼き魚や煮魚は好きです。

    >好き嫌いある人の気持ちがわからないのです!

    わからなくても良いので、強要される気分を察して欲しいです。

    >気分を立て直すのに時間がかかります。

    そういうの、重いです。

    >1美味しさの共有が出来なくても悲しまない方法

    彼の好きなものを、一緒に「美味しいね〜」と共有すればいいのでは?
    嫌いなものを強要されると正直しんどいです。私なら、別れるかも。

    >2お刺身などを好きになってもらう方法、実際好きになった話

    ところで、トピ主さんは、普段どんなところで寿司食べてるんでしょうか?
    私も、好きな訳ではありませんが、食べれる条件みたいなのがあります。
    本当に新鮮な場合のみです。旅行などで、本当にいきのいいネタの時だけ食べてみようという気になります。
    味、全然違いますもん、その辺のちょっと位高いような寿司やとは!
    そういうきっかけで、食べれるようになるネタが増えることはあるかも。
    でも、昔から「私刺身大好き」とかいう方に限って、全然味わかってない確立が高いような気がします。

    ユーザーID:2725158820

  • 自己満足ですね

    私も刺身嫌いです。
    なぜ?と言われても嫌いなものは嫌い。
    あの生臭さが嫌いです。焼いたり、蒸したら大好きです。

    私の夫は刺身大好きですが、私に強要せず、自分だけで食べてます。
    他のもので美味しさを共用するのは駄目なんですか?

    小さい頃、しいたけが嫌いでしたが、親戚のおじさんに無理やり食べさせられて廊下で吐いたこともあります。
    もともとしいたけ以外のきのこは好きだったので、20歳過ぎた頃から食べれるようになりました。

    自分が美味しいと思うものはあなたも美味しいと思わないとだめな口ぶりで傲慢な人?と思いました。

    十人十色でいいんじゃないですか?

    ユーザーID:3987087766

  • そう簡単には直らない

    私も好き嫌いありませんが、夫はものすごくあります。
    食べたくないものに対して、同じく「全然食べたいと思わない」っていいます。

    野菜は、タマネギ・にんじん・レタス・キャベツくらいしか食べられず、
    トマトなんかもうどんなに甘くても食べられません。
    魚介類も、焼き鮭・焼き秋刀魚・お寿司のビントロ、貝汁はお汁だけで、他はダメ…。
    果物とお肉は食べますが、その中にもやっぱり食べられないものが…。
    牛乳も飲めません。(なのでカルシウムは納豆やひじきで摂ってます。)

    本人談で、ほとんどが食わず嫌いなのですが、昔からの食習慣は直らないと思って諦めています。
    外で疲れて帰ってきて、家でも嫌いなものを出されたら…ある意味地獄。

    だから、一緒に食べる時は夫の好きな物に自然となり、
    ひとりで食事をする事が多いお昼に自分の好きなものを食べています。

    それが嫌いな人の気持ちはわからないけど、
    「世の中○○が嫌いな人もいるんだ〜」と思うようにしています。

    トピ主さんに好き嫌いがないのなら、
    彼氏さんの好きな食べ物で「美味しいね〜」と美味しさを共有したら良いと思います。

    ユーザーID:3539871193

  • 食事は楽しく

    自分がすきなものを相手もすきだったら、うれしいですよね。その人が好きな人なら、なおさらだと思います。でも自分がすきなものを相手にも共感してもらおうとするのは、押し付けだし自己満足でしかないと思います。(ごめんなさい)
    思いがけないところで気持ちや好みが通じ合うからこそ、共感できたうれしさがあるのではないでしょうか?
    自分が食べ物の好き嫌いがないのでしたら、彼がすきなものを一緒に食べて美味しい食事を楽しんだらどうでしょうか?彼の食事の好みをわかってあげている自分を幸せだと思えたら、彼のお刺身嫌いも愛しく思えるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6206879436

  • こんな人も・・・の続き

    なんだか手厳しいことを書いてしまいましたが、うちも彼が寿司大好きです。
    なので、たいして美味しくない回転寿司でも、いいそうです。

    でも、一緒に行きますし、誘われたら嬉しいですよ。
    理由は、一切強要されないからです。(刺身を)食べて欲しいというオーラすら感じさせません。笑
    なので、自分のペースで、自分の食べたいものを食べてます。
    からあげとか、穴子とか鰻とか玉子とか。
    彼氏さんのこと好きなら、そういうのも尊重してあげてもいいんじゃないですかね?

    私も、「友達といってきていいよ」って、前の彼の時は言ってました。
    その彼は、毎回「美味しいから食べてみて」と言うから・・・もうしんどくて。
    その時の私の「友達といってきていいよ」は、(頼むから友達と勝手に行ってきてくれ、まじウザイ)って心境を表したセリフだったので。

    あせらなくても、1個目のレスに書いたように、本当に美味しいネタを食べると、少しづつ興味もわくと思うんですけど。
    頑張ってください♪

    ユーザーID:2725158820

  • 二人が好きなものを食べたら?

    生魚を食べずに、二人とも好きなものを食べれば簡単に解決する問題だと思います。
    豊かな日本ではあらゆる食材・メニューがありますから、二人とも好きなものは絶対にありますよね。

    付き合って日が浅いか、若いのかな?
    かわいい悩みでうやらましいくらいです。

    ユーザーID:4663613425

  • たとえば焼肉をする時に、

    家族みんなで「おいしい!おいしい」といって焼けた肉を取り合って食べる肉はとてもおいしく感じるけど
    一人で小型の鉄板を前にジュージューやりながら、傍らに肉が嫌いな彼がサラダをボソボソ食べいたら・・・。
    凄く悲しいし、むなしい!!

    トピ主さんの悲しさはわかります。

    ですが、嫌いな食べ物を好きになってもらうのは難しいと思います。
    特に「生魚」は独特のにおいがありますし、
    嫌いな人にとっては、吐いちゃうくらい嫌いなのかもしれませんよ。
    (ちなみにわたしもお寿司は大好きなのでおいしさも理解していますよ!)

    別の共通の好きな食べ物を見つけてみてはいかがでしょうか?

    うちの主人は、カニ・メロンが嫌いで、わたしは大好きなのですが
    どっちも実家でだけ食べて楽しむようにしています。

    ユーザーID:9529177812

  • 他にも食べ物は沢山ある(笑

    トピ主さん、こんにちは。
    何も自分をイヤになる必要なんかありませんよ。

    トピ主さんに好き嫌いがないのなら、彼が嫌いじゃない物を一緒に美味しく食べれば解決するのではないですか?
    なんでも食べられるのでしょう?
    どうしてそんなに生ものにこだわるのか・・・私には謎です(笑

    生ものを誰かと食べたくて仕方ないなら、生もの大好きな友人と行けば良いのです。
    好き嫌いが無いと言いつつ、こだわりが強いのはトピ主さんのように見えてしまうのだけど・・・。

    ちなみに私も生もの嫌いですが、「好きになる方法」は自分の場合ありません。無理です。嫌いだし、苦手です。
    行かざるを得ない場合は、「玉子、かっぱ巻き」で凌ぎます(笑
    でも正直、あのお店の臭いからしてダメ。

    昔、旅行好きの人と付き合った時、こちらの意思を無視してしょっちゅう旅行に誘われてうんざりしたけど、「自分が好きな物の素晴らしさを、好きな人と共感したい!」というのは、私には押し付け・自己中に思えます。(そんなつもりじゃないのは分かりますが)

    二人が楽しめる物を、探して作り上げていけば良いのじゃないかな?

    ユーザーID:1886186723

  • 難しいです。

    一緒にいてもめるので多いのが「食事」です。
    トピ主さんは「たかが食事の好み」って言っていますが、これって本当に人の根本的なものです。

    もし、お刺身好きになってもらいたいのなら、とにかく新鮮な刺身を食べてもらうのがいいです。
    逆にずっと海の側で新鮮な刺身ばかりを食べていた人は、どんなに現在の流通経路が発達しても、やはりスーパーなどの刺身は生臭くて食べれない。と言っています。
    高いおすし屋さんの刺身は「美味い!」って食べるのですが。

    生魚がダメだと思い込んでいる感じにも思えますので、築地などに行って食べてみてはどうでしょう?

    ユーザーID:5522032226

  • おしつけは共有にならない

    私も嫌いな食べ物がほとんどありません。
    (特殊な食べ物が出たら食べられないものがあるかもしれませんが)
    一方、夫は好き嫌いが激しく、嫌いなものは絶対に口にしません。

    何度か話し合いをしましたが、夫は「嫌いなものを無理に食べる必要なし!」という意見です。
    そして、そのうちふと私自身も頑固な考えになっていることに気付きました。
    自分がおいしいから絶対に調理法を変えれば食べられるはずという思い込み。
    しかし、嫌いな食べ物にはその人なりの何か理由があります。

    私の結論は、嫌いなものを好きになってもらう必要はないし、栄養が気になるなら代わりになる食べられる食材で調理すればよい。

    嫌いなものを食べてもらおうとするのは「おしつけ」になります。
    食べたくないものを吐き気をもよおしつつ食べるなんて苦痛で、その時点で共有なんてできていません。
    そういう気持ちを理解するようにしました。

    もし、お寿司が食べたいなら、回転寿司に行って下さい。
    ハンバーグやら焼き魚がのっていたり、うどんなどもありますよ。
    刺身が食べられなくても生きていけます。

    ユーザーID:5922017453

  • 彼の気持ちを想像してみよう

    私は納豆や生卵が大好き。毎日食べるほど大好き。
    夫は納豆・生卵は食べれないくらい嫌い。
    私は観覧車やケーブルカーが大好き。
    夫は高所恐怖症でそれらに乗れない。

    私は一緒に観覧車に乗れないのが結構悲しいですね。
    ステキな観覧車が近辺に出来ると「でも夫とは乗れないんだ」とブルーになります。
    夫の前でそんな態度は取りませんけどね。

    トピ主さんは「自分のために彼が無理してくれない」のがイヤなのかな?
    「無理して刺身を一緒に食べよう」と思ってくれる=自分を犠牲にする程トピ主さんを愛している
    という図式があるのでは?
    気持ちは分かりますが、もう絶対に無理!っていう事は誰でもあります。
    トピ主さんにもありますよね?
    彼にとっては、それがたまたまトピ主さんが大好きな食べ物を食べるということなだけです。
    トピ主さんは、彼が大好きだからといって、自分の大嫌いなスポーツが出来ますか?
    自分の大嫌いな動物を抱っこできますか?
    出来たとしても、それをさせる彼のことが負担になるのでは?
    そういう風に彼の気持ちを想像してみたら、そんなに悲しくならずに済むのではないでしょうか。

    ユーザーID:5837606088

  • 好き嫌いが超多いです

    食べられないもの、嫌いなものばっかりです。

    みんなで大皿料理を飲み食いするような会には、アレルギーという理由を使って、毎回欠席です。参加したことがありません。

    私→食べられない
    相手→美味しいのに〜

    それじゃあ…
    手をつける前にアレもコレもあげちゃうよ♪という感じです。

    生魚は私もダメです。
    魚介類、特に貝がダメなんです。

    だから、にぎり寿司は苦手です。でもお酢は大好きなので、チラシ寿司や茶巾寿司、お稲荷さんは好きです。アナゴも好きですよ。

    美味しい〜♪という気持ちを共有したいという、トピ主さんのお気持ちよくわかります。ですが、塩味の濃さなど味覚も好みも人それぞれで、体質もいろいろあります。

    彼女はケーキ作りが趣味だけど、彼氏は甘いものが苦手で、せっかくの手作りケーキを食べてくれない…っていう話は、ときどき耳にします。悲しいけれど、無理に食べさせるわけにはいきませんよね。(苦笑)

    焼き肉で例えるなら「私はタン塩が好きで、あなたはカルビが好き。美味しいね♪」という感じで十分楽しく過ごせると思いますよ♪

    ユーザーID:0027142822

  • なんか重い

    彼が生魚を食べられないだけで、そこまで悲しまれると正直重たいです。生魚以外だったら彼とトピ主さんで一緒に食べられて、美味しさを共有できる食べ物もあるのでしょう?
    お寿司や刺身は、お友達との楽しんで、彼とはそれ以外のお食事を楽しみましょう。こんな事でいちいち落ち込まれていたら彼にウンザリされますよ。そっちの方が余程悲しいことではないですか?
    あと、自分が彼と楽しみたいために彼の好き嫌いを治したいという考えは、自分の価値観を押し付ける傲慢な考えですよ。

    ユーザーID:5611736133

  • こんにちは

    食べ物の嗜好が似ているって、大事なことではないでしょうか。


    すべてに言えるかも知れませんが、ほんとうに美味しいものを食べてみることだと思います。
    私は、永年、ウニと生牡蠣が食べられませんでした。
    が、本場の新鮮で、上等?なものを口にしてから、大好きになりました!
    それからは、そんなに高価なものでなくても、食べられるようになりましたよ。美味しいということが
    解ったからだと思っています。
    アドバイスになればいいのですが・・・・

    ユーザーID:5937639890

  • 物事の優先権と、妥協

    私の旦那はベジタリアンです。正確にはビーガンと言い、肉や魚は勿論”だし”レベルで口にせず、卵も牛乳も食べませんので、バターやチーズなどの加工製品も食べません。蜂蜜も口にしません。

    慣れました。というか、あきらめました。
    今や私もにわかベジタリアンやってます。

    そもそも「一緒一緒!」といって喜ぶのが幸せ、というのが(既に確立してしまっている大人の)趣向や今までの人生、道徳観を無視した自己満足に過ぎないのだと自分に言い聞かせています。
    「一緒一緒!」が大好きな文化/社交の世界で疲れ、家に帰ってまで人と同じ事を強要するのも酷かなと。

    いえ、トピ主さんの生活の中で食の優先権が高い位置にあるなら、致命傷だと思いますよ。味噌の銘柄で離婚する人もいるくらいですから。
    ただ他人と自分の生活が交わる以上、ある程度の妥協も必要、と私は考えています。あくまで私は、食に関しては妥協できたに過ぎず、他の面でも同じ事ができたかというと、そうでもないのですけど。

    「嫌い」なのと「理由」があって理詰めで食べないのでは、少し状況が違うかも?知れませんが…。

    ユーザーID:7432789415

  • 悲しまないでも

    私も恥ずかしながら好き嫌いの多い方です。お魚、甲殻類、貝類苦手です。
    夫は海辺出身なので、生魚が大好きです。
    確かにお刺身を一緒に食べて「おいしいね!!」って分かり合うことはないですが、暗くなることもないです。
    海のそばの夫の実家でお刺身が食べれないことを詫びる私に夫の両親は「好きなものが違うから、取り合いにならないのはいいね」と言ってくれ、いつも私用にお肉料理を用意してくれます。
    自分に好き嫌いがあるのは、大人として恥ずかしいことと理解している上での「ごめんなさい」はよく言いますが、相手に暗くなられたら悲しいです。

    質問1:北海道に行ったとき、豪華な海鮮丼をうれしそうに食べる夫を見て私はうれしかったし、アスパラ・バター炒めを平らげる私を見て夫もうれしかったそうです。同じものを食べたおいしさの共有ができなくても、それぞれが自分においしいものを食べて喜んだことは共有できるかな、と。

    質問2:最近少しお刺身が食べれるようになりました。少し火が通った物や、味のしっかりついたもの方が食べやすいです。炙りとか、漬けのマグロ、薬味をいっぱいのマリネ風など。

    ユーザーID:1610738643

  • ものは考えよう

    私なら彼がお刺身が好きなら喜ぶけど、嫌いでも自分の食べる量が増えると喜ぶかも。しかも彼が「ごめんね」と言ってくれるならば有り難いです。

    ユーザーID:9065516961

  • 食べ物の好き嫌いは人それぞれ

    他の食べ物で食べる楽しみを共有されたらいいんじゃないですか?
    彼氏さん、偏食がものすごくひどいわけじゃないんですよね?

    ユーザーID:3394408268

  • 彼氏が望んでるの?

    げつようびさんが苦手なもの(潰れたカエルとか腐った玉ねぎとか借金癖がある人とか臭い人とか(笑))を思い浮かべて欲しいです。
    そして第三者や親や彼氏から「どうして?なんでだめなの?こんなにすてきなのに!もったいない!さあいっしょにすきになろう!!」

    ・・・押し付けがましく感じませんか?好みをそうすぐにはくつがえせないとおもいませんか?まぁ例がアカラサマに極端ではありますが。

    彼氏さんがげつようびさんと一緒に刺身を克服したい、と考えているなら、まずは火を通したもの、臭みの無いもの、カルパッチョなど味を変えたものから慣らしていくのもいいかも。

    しかし「自分が不快だから刺身を好きにならせて あ げ る」
    といった自分勝手で押し付けがましく上から目線な思想では、その重さに彼氏さんが苦しくなってしまいそう。
    食べ物嫌いな人にはそれこそ潰れたカエルと等しかったりもします(アレルギーなどの問題もあるかもしれませんし)。

    すんません、私も上から目線だしコレくらいの叱咤は予想されてたかな。
    どうぞ、「してあげる」な気持ちのときは一旦立ち止まり、それが相手のためになるかをゆっくり考えてみてください。

    ユーザーID:8462984607

  • まずお問い合わせから離れますが。

    なぜ、そんなに生魚にこだわるのでしょうか?
    玉子・カッパ巻きなら食べると言ってくれてる彼になぜそこまで強制を?
    あなたは「生魚が特に好き」と書いておりますが、ならば「特に好き」まで行かなくても彼と共通の「好きな」食べ物を食べればいいんじゃないんでしょうか。なぜそこまでおしつけるのかが理解できません。
    ではお問い合わせにお答え。
    1.他の喜びを共有したら如何?景色とか彼と共有している時間とか。
    2.正直、鮮度ですよね。あとはいきなり生ではなく半ゆで、カルパッチョとかから慣らさすとか。いずれにせよ、なぜ彼が生魚が駄目な理由がわからないとこればかりは・・・体質で駄目、という人や幼児体験で嫌、とか色々です。
    もう一度たずねます。なぜそこまで生魚にこだわるのでしょうか。
    私は一緒に食べる人がどうしても食べれない物があるとわかっていれば無理にその店には連れていきません。あなたも食べ物の好き嫌いが無いのは今の内かもしれませんよ。それに魚は煮る・焼く・蒸す・炒める何してもオッケーです。生魚にこだわる理由を知りたいですよ。自分が特に好きだからって答えはやめて下さいね。

    ユーザーID:1783552809

  • 自分本位な考え方

    美味しいものとか、嬉しいことを共有したいのはわかりますが、苦手な人は本当に苦手です。あたまではわかってらっしゃると思いますが・・。

    でも、美味しいものを一緒に美味しいと思えないことで、暗くなってしまうほど悲しい・・・逆にそれがわからないですよ。

    彼が可哀相。
    自分が暗くなることが余計に食事を不味くさせていることくらいわからないですか?
    イチイチ悲しがられるから、彼も「ゴメンね」って言うんですよ。そしてイチイチ悲しがられるから、自分とじゃなく「友達と行って来て」ってなるんですよ。

    同じものを食べれなくても、一緒に食事をする雰囲気を楽しめばいいじゃないですか。自分はこれが美味しい、あなたが食べているものも美味しいそうね・・ってそれでいいじゃない。
    何でも食べれないわけではないんでしょう?

    自分勝手だなぁ思います・・。
    そのうち一緒に食事をするのが苦になってくるかもしれませんよ。

    ユーザーID:6485135912

  • 別になんの問題も無いと思うけど

    彼とは結婚されるご予定なのですか?それなら、刺身やお寿司が好きな人でなくてよかったですよ〜、経済的にとってもラクです。わたしの主人は漬物を一切口にしませんが、同じく経済的にムダがありません。
    漬物ってそれだけでおかずにはならないでしょ?それなのに意外と高価で、好きな人は毎日何種類も食べたいというので、コストがかさみます。
    お寿司や漬物なんて、生きていくのに必要不可欠ではないので、別に食べないでもいいのではないでしょうか。他に共通の好物があるのでしょう?彼とはそれを一緒に楽しんで、お寿司は彼のおっしゃる通り、同好の士と行かれたらいいと思います。
    長く付き合ったり結婚するなら、何もかも一緒に楽しめないと!という考えは持たないほうがうまくいきますよ。

    ユーザーID:9289390545

  • 好き嫌いは誰にでもある。

     多かれ少なかれ、気がつかないだけで好き嫌いは誰にでもあるものです。料理を作る立場の場合には、特に気がつかないものです。なぜなら知らず知らずの間にそれを避けているから。
     同じ量の食品を買ってきても、ひとりが嫌いならあなたの食い扶持は確実に増える。おいしく食べているあなたを見ていれば、そのうち食べてみようという気になるもの。決して強要はダメ、強要こそが好き嫌いの理由になることが多い。
     誰にでもあるものですから、気にしないこと。

    ユーザーID:3320938761

  • 彼の立場はどうでしょうか?

    「たかが食事」といいますが生きていくうえで一番大事なことでしょ。
    大切にしましょうよ。
    あなたは今、自分の立場で、ものを言っていますが
    彼はどうでしょうか?
    嫌いなお刺身を一緒に楽しめない、悪いなあと
    思いつつ、食べられないっていう事はあなたと同じく彼もつらい思いを
    しているのではないですか?

    私の提案は「お互い代わりばんこに自分の好きなものを
    食べに行く」ことにしたら、、、ということ。

    『お刺身おいしいーーだーーいすき。今度はあなたの好きな
    食事をしようね。お刺身に付き合ってくれてありがとう』と
    次は彼の好きなものを食べに行く。

    お刺身を好きになって、というのではなく、
    自分はこんなに好きなの、、、とだけ言っておく。

    彼の好きなものの時は
    「おいしそうねえ。好きなものを食べている姿を見るのって嬉しい」と
    言葉で表す。

    付き合いって「譲り合い」だと思います。
    長く仲良しでお付き合いができますように、、、、、。

    ユーザーID:8901976468

  • 悲しくなるって

    共有したい気持ちもわかりますが、好き嫌いはどうしようもないことですよね。
    私も好き嫌いなく、しかも、食べ物に関してはチャレンジャーを自負しているくらいですが、夫の嫌いなものに対して、悲しくなんてなりませんよ。
    ニンジン、うなぎ、あなご、うに、いくら、塩辛、レバーは特にだめ。
    メロンも嫌いだし。まだありますがキリがないので。
    だからといって、うなぎも無理に食べさせることはしなくなりましたよ。
    本人も努力してくれましたが、やはりダメでしたので。(新婚当時)
    生ものがダメと言う人はよく聞きます。
    だからといって他の家族が我慢するのは本人が一番申し訳ないと思うことだと思います。
    なので、我が家では、土用の丑の日の「うなぎ」は食べられない夫と次男には別メニューです。(少しグレードの高いステーキとか)
    違うものを一緒に食べていても食卓を囲んで楽しく頂けばいいじゃないですか。

    同じものを食しているからといって共有しているなんて、考え方自体を変えて見ましょうよ。

    一緒に食卓を囲むということを共有していれば良しとしましょう!

    ユーザーID:8712095996

  • 少し食べれるようになったけど、、

    29年間、お刺身だめでした。
    生臭さとアノ感触。。

    でもお刺身って種類がたくさんあって、アクシデントで生まれて初めて食べた甘えびのお刺身が
    甘くておいしくって、ちょっと挑戦してみたところ、ホタテ、鯛は大丈夫でした。
    3つだけですがかなりうれしくなりました〜 最近ではお寿司屋さんにいくようになりました。
    相変わらずほかのお刺身はだめですが、、

    豚肉も嫌いなんですが、こればっかりはだめです、、食べた瞬間『おえっ!』ってなって
    顔が真っ青になります。リバースします。!小さいとき無理矢理食べさされて冷や汗まで出てたことも、、

    食べれない嫌いなものってほんとにつらいんです。。

    ユーザーID:2795280349

  • わたしの主人も

    生魚は苦手です。
    そして私は毎日食べてもいいくらい生魚が大好きです。

    最初の頃は「美味しいから食べてみなよ〜。」って言ってみたりしたんですが・・・
    そのうちに「無理して食べたくない物を食べさせるのって・・・」って思ったんです。
    私が勝手に「食べれない物をなくしてあげたい。」なんて気持ちになってたのかもしれないですね。

    でも他に美味しいものっていっぱいあるじゃないですか(笑)
    だから今では「お寿司(生魚)はお友達や母」と食べる事にしました。
    その代りに他の美味しい物を主人と食べに行ったり作ったりしています。
    どうしても食べたい時は、秋刀魚を買って私はお刺身、主人は塩焼きにしたり
    鯛も私はお刺身、主人はしゃぶしゃぶとかにして出しています。

    自分でも「今日は食べたくないなぁ」って思う物ってあるじゃないですか?
    その程度だと思っていればなんともないですよ。
    それに・・・
    どこかに食べに行ってお刺身などが出ると2人前食べれちゃうからラッキーって思ったりもして(笑)

    生魚以外にも美味しい物はたくさんあるからそれを見つけたりして楽しんでください。

    ユーザーID:1851794390

  • そんなに悲しいの?

    生魚嫌いな人って割といますよね、私の夫もそうです。
    私にはわかりませんが、生臭さが口に残るのが嫌なんだそうです。
    私も初めは一緒に行けるお店が限られるし、話題のお寿司屋さんに行けなくてつまらないと思ってました。
    でも、夫も自分が行かないかわりに友人を誘っていけばって言ってくれるし、友人とちょっと贅沢して来ても文句言わないし(笑) 。かえって結婚してからも友人と疎遠にならず、会う良い機会になってます。
    トピ主さんは苦手な事はありませんか?私は運動が大の苦手で夫は大の運動好きです。
    以前は良く誘われました。
    確かに夫婦でスポーツ楽しんでるのを見ると素敵だと思いますが、私にとってはとても苦痛なんです。
    なのに、二人で運動が出来ないなんてつまらない、だったら運動しない、なんて言われたらどうしたらいいでしょう。そんな事言うくらいなら、誰か気の合う仲間と運動して楽しんできて〜って思っちゃいます。
    夫に生魚を強要する事は、それと同じ事なんだと思います。
    ならば、嫌いな物を努力して自分にあわせて貰うより、お互い自由にする方がよっぽどお互いの為になって上手くいくと思いませんか?

    ユーザーID:3244114995

  • 他者との違いを理屈でなく受け入れる事です

    お若いのでしょうか、白黒で善悪を決め、それに合わない人が受け入れられないのですね。
    主さんは食いしん坊で、食に対するこだわりがあるのでしょうが、そうじゃない人は世間に山ほど居ます。彼がそうだとしてもおかしくない。
    「人はそうそう変われるものではない」と心底思う事です。そうして相手を丸ごと受け入れる事。
    逆に主さんが彼にああだこうだと言われたら嫌でしょう?
    彼と将来結婚する場合、その「違い」にいつまでもこだわっていたら、お互い不幸です。
    非難するつもりはないのでしょうが、相手を非難すれば自分も非難されますよ。

    ユーザーID:3433955051

  • そうですか。

    人の気持ちが分からない。
    彼氏さんの好き嫌いは謝罪されても自己憐憫に浸ってしまうし、何とかして自分の好きなものを好きにさせたい。
    そういう自分の気持ちがいやなので他の人に助けてほしい。


    ・・・うーん、これはまた・・・なんだかお若いトピックスだなぁとの第一印象です。
    別の食べ物で楽しみましょう、というのが私の提案です。トピ主さんにとっては2の、刺身を好きになってもらう、というのが重要なのかな?と思うのでご希望に添えませんが。
    トピ主さん、その方とどれだけお付き合いするおつもりですか?一期一会、目の前にあるお刺身の皿を食べ終わる間だけのお付き合いなのですか?

    人生は食べ物だけでなく、楽しみは他にもたくさんあります。逆に彼が大好きなのにトピ主さんは受け付けないもの(食べ物に限らず)だって、あるのではないですか?


    彼の合意もあって、刺身を好きにさせたいならそれもよいですが、自己中心な自分を抑える努力をすることも、他人とのお付き合いで学べることの一つではないでしょうか。

    ユーザーID:6784725256

  • その発想は食以外にも波及する

    他にもっとたくさんある「共有できるところ」を見ずに
    たった少しの「共有できないところ」に執拗に着目してどうにかしようとする考え方は危険ですよ。
    だって逆に言えば生もの以外は美味しさを共有できるんですよね?
    共有できないのは生ものただひとつだけ。
    これって実はとても幸せなことなんじゃないですか?

    私も好き嫌いが全くないです。本当に何でも食べます。
    彼は生のネギ類が嫌いで食べられません。
    でも食べられないのはそれだけだし、ネギの美味しさを共有できないから悲しいと思ったことないですよ。
    よーく火を通せば食べられるし、逆に生のネギ以外は何でもよく食べますから。
    むしろネギだけで助かったと思ってます。

    もし食以外でも、音楽や、休日の過ごし方などでも
    小さな差異を見つけては、それをどうにかしないと気が済まないようだと
    彼もトピ主さんも疲れますよ…。

    ユーザーID:8038212939

  • 人は人、自分は自分です

    トピ主さん、こんにちは。
    私は彼と一緒で生魚が好きではないので、多分自分だったら「絶対美味しいから食べてみて」と言われても「だーかーらー、嫌いなんだってば〜」と思います。嫌いなのは美味しいと思わないからです。味覚の好みは自分ではコントロールできないものです。

    たとえば、食べ物に限らず、人の好みって色々ですよね。
    映画でいえばすっごくホラーが好きなひとも居れば、ホラーが大嫌いな人もいる。
    ホラー好きな人が嫌いな人に「この映画、すごく面白いよ!見れば絶対好きになるから!」と言っても、嫌いな人は絶対見ないと思うんです。いくら友人・恋人でも、しつこくされると少し鬱陶しく感じることもあるかもしれません。
    他人は他人、自分とは違うのだということは、なかなか本当の意味で理解するのは難しいかもしれませんが、深く考えず「あ、そうなんだ」と割り切ってしまうしかないのではないでしょうか。
    よかれと思ったことも、場合によってはありがた迷惑ということもあるのでは…
    特に味覚については苦痛になりかねませんから、生魚が苦手な私としましては、他のものを食べよう!と誘ってくれたほうが数段嬉しいと思います。

    ユーザーID:2987742944

  • されど食の好み

    食の好みの違いは、後々、尾をひくと思います。
    特にトピ主さんみたいに食に開かれている人と
    彼氏のように閉じている人は
    苦しい組み合わせかも。(失礼を承知でごめんなさい)
    わたしも食いしんぼうなので、
    自分が美味しいと思っているものと時間を
    愛する人と分かちあえないなんて
    人生の彩りがモノクロームに感じるくらいガックリします。

    ユーザーID:3923103767

  • 彼の好物で共有

    彼の大好きなものはなんでしょうか?
    トンカツ?焼き肉。
    あなたも好きでしょ。
    なら彼の好物でそういう思いを共有しましょうね。

    日本人にとって刺身や寿司はごちそう。
    それらを一緒に楽しめないのは哀しいですけどね。

    私は大人になるまでかなりの偏食、好き嫌いがありました。
    夫(当時、彼)は全くなし。

    でも、夫(彼)と食事をする機会が多くなってくると、夫の好きなものだからと
    嫌いだったものも食べるようになりました。
    愛の力ゆえでしょうか。

    元々、料理というのは普通に作ってあれば味覚として許容範囲のはず。
    食べるとその味に慣れるという意味もあっておいしく感じてくるものです。
    (げてもの類やアレルギーの物は別)

    好き嫌いの多かった私も「愛の力」がきっかけで口にするようになって「料理の真の美味しさ」を理解できるようになったということでしょう。
    また味覚が充実したのかも知れないですし、大人の味覚になったからだと思います。
    人間の味覚の守備範囲は広いはずですし。

    彼の味覚は未発達なのかもしれません。
    待ってみますか?私のように愛の力で変化するかも。

    ユーザーID:4725353448

  • 刺身食べなくても死にはしない

    美味しさを共有したい気持ちはわかりますが、もしトピ主さんが「虫のナントカ料理」とか進められて「美味しさを共有したい」と思いますか?

    …「椅子の足以外ならドンとこい!!」と言われれば、天晴!!としか言えませんが…。

    刺身が食べられなくても生きていけるのなら、気にしないであげてください。
    嫌なものは嫌なんですよ。

    ユーザーID:3293183282

  • 参考までに。その1

    私も生魚苦手でしたので、苦手な方の気持ちは良く分かります。
    特に「魚の美味しい」といわれる地域で育ったもので、周囲に不思議がられました(結構本人苦痛です)。
    今は人並みに食べることができるようになりました。
    私は「大量の刺身のツマと一緒に食べる」という方法で克服?しました。生臭さを感じさせない食べ方を工夫されてはいかがでしょうか?サラダ風にしたりとか・・・
    とはいえ、スーパーの刺身は今も駄目です。鮮度が少しでも落ちると体が拒絶反応を示します。他の方も指摘されていますが、生魚苦手な人の中には味覚が異様に過敏な方がいるように思います。そういう人にしてみるとちょっとした臭いだったり、食感が受け付けないのかもしれません。

    本人に「生魚を食べられるようになりたい」という気持ちがないのであれば、アレルギーと思って諦めた方がいいと思いますが・・・・案外、「嫌いなもの」は「その人にとって食べる必要のない食べ物」だったりしますよ。
    ちょっと続きます。

    ユーザーID:9826682625

  • 参考まで。その2

    続いてます。
    私は生魚駄目でしたが、元夫は肉が駄目でした。
    (メニューに気を使うので料理のレパートリーは増えました)
    別に元夫に肉を食べるよう強制しませんでしたし、
    彼も私に刺身や寿司を無理に食べろと言われませんでした・・・
    それが普通かと
    共通の好物を一緒に食べて幸せを感じればいいんじゃないんですか?
    (いろいろなものを一緒に食べに行ったり作ったりして、守備範囲を広げてください。世の中には生魚以外にも美味しいものはいっぱいあります)

    あまり、相手の味覚を否定するような言い方だけはしないようにしてください。結構グッサリ傷つきます。相手に悪気がないと余計にきついんですよ・・・
    「こんなに美味しいのに嫌い(苦手)なの〜」とか言われるのは本当に・・・

    ユーザーID:9826682625

  • 気持ち悪い

    トピ主さんの考え方が気持ち悪いです、

    一緒に食べられないことを悲しんでいる私、転じて、彼と同じことを楽しめないかわいそうな私、転じて、私はこんなにかれのことをおもっているのよ素敵な私でしょう、に酔っているような気がします。

    そんなに「素敵な私に酔いたいなら」、かれのこと同じもの食べなくても、自分が食べたいものを彼が食べられないときは、別のものを作ってあげれば、彼がそれに「わざわざありがとうね」と感謝してくれれば、それで、「彼のためにがんばった素敵な私」に酔えるんじゃないですか?
    それか彼と同じものを食べれば、「自分の食べたいものを我慢して同じものを食べる健気な私」になれますよ

    ユーザーID:5364761139

  • どちらの気持ちもよくわかります。(笑)

    幼稚園、小学生の頃から、好き嫌いが激しく、生物も、お野菜も逃げていました。

    今は生物も食べますし、好き嫌いがありません。

    調理法と雰囲気で嫌いな食べ物から抜け出せて居た事が多くあると実感しています。
    楽しい雰囲気、ちょっと変わった雰囲気の中で(外食)周りの人が美味しい、美味しいと
    絶賛する中、ちょっと食べてみようかしら、何とか食べられる、あれ、変だ、
    もしかして、美味しいかもの繰り返しで食べられる様になった気がします。

    それでもお刺身等の生ものは食べられずに大変な思いをした様な、、、
    でもある日、口が変わるのか10代の終わりには食べられていた様な気が。

    無理強いせずに、自分が美味しく楽しんでいる姿を見て貰う事です。
    場の雰囲気が楽しければ「ちょっと頂戴」と始まりますし、
    ちょっとだけ食べて見る?と美味しものをちょっとだけお裾分けしてあげて下さい。
    私はこの方法で、好き嫌いのある友人にもさり気なく、無理強いせずに薦めています。
    だからと言ってすぐに食べられるとは限りません。
    この小さな経験の繰り返しの中で食べられるようになるようです。

    ユーザーID:3317535231

  • 場を共有する楽しさ

    たとえ彼と違うものを食べていても、お刺身を分け合って「おいしいね」と言いあえなくても、
    その食卓(店でも)を共有できていることを楽しめませんか?

    同じものを食べることだけが「おいしさを共有する」ことでしょうか?
    あなたが暗くなったり悲しくなったりすることで、彼にふがいない思いをさせていることに気づいてください。


    ところでお二人はもしかしてまだ若いのかな?
    私も20代前半のころ、お刺身・お寿司の生魚は苦手でした。食べられなくてもいいと思っていました。

    あるとき、知り合いのお宅に招待されたときに、高級なお寿司を用意していただいていたんです。でも私はほとんど食べられませんでした。
    招待してくださった方にも気を使わせ、一緒に行った友達には二人分食べさせ、本当に恥ずかしく居たたまれない思いでした。

    それからは、少しずつ意識して食べるようにしました。今ではウニ・イクラ以外の生ものは大好きです。
    年齢的にきちんとした場に行くことが増えてくると「好き嫌い」は恥ずかしいことだと感じるので改善されてくるかもしれませんが、それは決して強制されるものではありません。

    ユーザーID:0098370692

  • 仕事によっては

    食品を扱う仕事(調理など)をしている人は、本人が保菌者(食中毒の原因)にならないように「刺身などの生ものを食べない」と自主的に決めていたり、職場から命令されている場合がありますよ。

    ユーザーID:3540300312

  • わがまま?

    好き嫌いを減らす方法を探す事には賛成です
    でも主さまの考え方には違和感を覚えます

    彼は食べられないことで、あなたに合わせられなくて
    「共感を得られなくて悲しい」なんて騒ぐ主さまより
    よっぽど悲しいはずですよ

    好き嫌いの無い主さまが譲って
    彼の好きな物を食べに行けば解決にはならないんですか?
    どうして自分の好きな物じゃなきゃダメなの?

    彼の出来ない(食べられない)事より
    一緒に楽しめること(食)を選びませんか

    ユーザーID:2067649237

  • 好き嫌いなんて

    食べ物以外にだってそれぞれ好みがあるでしょ。
    自分の好きなものを相手にも好きになってもらえれば確かに楽しみは増えるけど
    相手の好みを認めてもいいのでは?
    「食事の場でも暗くなってしまうほど悲しくなってしまうのです」って
    あなたとは一緒に食事に行っても楽しくないですね。
    自分がおいしいと思うものを一緒においしいと言わないと
    場が暗くなるようでは疲れます。
    食材だけでなく、味付けだってそれぞれ好みがあるんですから。

    食事に限らず押し付けはうっとおしいです。
    なので2は却下。
    1についてはそれぞれ好きなものを注文して食べていれば良いですよ。
    同じものを食べてくれないと悲しい気分になるなら好みが違う人とは
    食事に行くのをやめるしかないですね。
    わがまますぎです。

    ユーザーID:9446848219

  • 彼は彼で、あなたはあなた

    人間なんですから、食べ物の好き嫌いくらいあって当たり前だと思います。
    全く自分と同じ価値観の人間なんていないのでは?
    色々な人がいるから、誰かを好きになるんだと思います。

    あなたが悲しくならないためには、彼の生魚嫌いを克服させるのではなく、二人が好きなものを食べに行って気持ちを共有すれば良いのではないでしょうか?

    それに、彼は「ごめんね」と謝ってくれていますよね?
    そんな彼に「お刺身を好きになってもらう方法」を提案するなんて、ちょっとひどいです。

    「生魚が嫌いな彼」を認めてあげることが、あなたが救われる唯一の方法だと思います。

    ユーザーID:5464316964

  • 食の好みは相性の重要ポイントのひとつ

    反論でるでしょうから全てとは言いませんよ。もちろん。でも重要だとも思います。
    私も好き嫌いは少ないですし、出されたご飯を残すのが嫌い。
    彼氏は少なくとも食に対する姿勢が同じでないとうまくいきません。
    少食で残す人は論外。好き嫌いはアレルギーは考慮しますが、タダの食わず嫌いの人は合いません。お箸の持ち方がなってない人も。
    付き合ってる時、ましてや結婚なんてことになると食事は本当に重要なファクターです。数え切れないほどの回数食事を共にするわけで、それを気持ちよく過ごせないならいろんなことに影響するんじゃないかな。
    少なくともトピ主さんは悲しんで悩んじゃってますからね。

    極論、「ささいなこと」のようですがそこで引っ掛ってる時点で先行き暗いです。本当に彼とこの先やっていけるかどうか考えてみてもいいんじゃないかな。食の嗜好をカバーできる他の事が見つからなければ、続けても意味ないし。
    お刺身だけの問題なら、あなたが我慢です。でも極端な偏食ならやめた方がいいです(断)

    ユーザーID:7245004885

  • 彼の好みにトピ主さんが合わせたほうが・・・

    お刺身が好きじゃない人にお刺身を好きになってもらう方法を考えるより、トピ主さんに好き嫌いがないのなら彼の好きなものを一緒に食べて一緒に美味しさを共有した方が早いのでは?そうすれば悲しまなくても済みますし。
    好きじゃないものを一緒に食べさせようとするから、相手が気を使って「ゴメンね」という言葉を言わせてしまっているのだと思いますよ。

    私もあまりお刺身類は好きではないのでお寿司も得意な方ではありません。
    無理やり勧められたら嫌でしょうね。
    でも一緒に食べに行った人が美味しそうに食べている姿を見るのは楽しいですよ。
    変に暗くなられるより、美味しいものを美味しく食べてもらったほうがいいです。
    次にどこかに食べに行く時に、こちらの好きなものが沢山あるところにいって美味しく食べれたらそれでOKです。

    お刺身に関しては彼と一緒に行くのではなく、お刺身好きな人と一緒に行ってください。
    その方がお互いの為です。

    ユーザーID:8114986151

  • どうだろうなー

    食べ物の好き嫌いがない人に、好き嫌いの気持ちを理解する事は出来ないでしょうね。
    生理的、アレルギー、トラウマと色んな経緯と理由で嫌いなものが生まれるのです。

    彼氏はやさしい方でトピ主様を愛してらっしゃるのでしょうね。
    もし私の夫に無理やり嫌いなものを強制しようとしたり、
    好きになるよう矯正しようと企んだり
    目の前であからさまに沈んでみせたら途端に不機嫌になり
    「不愉快だ!」と怒って喧嘩になる事でしょう。
    トピ主様の無言の圧力が、すでに彼氏を責めているし
    苦しめてる事を理解しましょう。

    それと、トピ主様は嗜好を共有できない事を
    単純に「自分を否定された」と捉えてるのではないですか?
    決してそういう事ではないので目に見えて落ち込むような
    真似は本当にやめた方がいいですよ。
    いまはいいですが、繰り返すと段々ウザがられます。

    あ、こう考えるのはどうでしょう。
    「彼の前世はウサギだから、生魚は嫌い。私は猫だから生魚大好き!」
    とか。バカバカしい提案でスミマセン。でも少し気は紛れません?

    ユーザーID:2396966045

  • 悲しむようなことかなぁ?

    彼とトピ主さんが共通して好きな物を一緒に食べれば良いではないですか。
    食べ物だけではなく趣味嗜好によるものはなんだってそうでしょう。
    彼が全面的にトピ主さんに合わせないとトピ主さんが悲しむ(要は不満だということですよね)なんて、彼は悲しむどころか苦しみますよ。
    違いを受け容れられないなら、トピ主さんの彼への愛情は自己愛に近いということですよ。わかってますか?

    ユーザーID:7189476337

  • 私もお刺身大好きです

    私は日本海側出身なのでお刺身が一番好きですよ。

    しかしですね、仕事柄他の土地に移り住んでいてお刺身(お魚)嫌いな人がたくさんいてびっくりしました。

    私の彼氏も魚より肉派で、彼氏のいない時にお刺身一人で食べてます。
    それを知った彼氏は
    「俺に内緒でズルい、明日は回転寿司行こう!」
    って、珍しくて二人で一緒に食べた方がもっと美味しかったです。

    「美味しさ」を共有できるのは本当に嬉しいものですよね。
    トピ主様のお気持ちはとてもわかります。

    でも好き嫌いは仕方ないものなんです。
    トピ主様の好き嫌いないところはとても羨ましいですが、彼の気持ちもわかってもらえませんか?

    「ごめんね」って謝ってくれる彼のことです。
    きっと食べれたらいいのにって思ってくれてるかも。

    彼の好きな食べ物で「美味しさ」の共有をしていって欲しいです。

    生のお刺身をカルパッチョ風にしてごまかしてみるのはどうでしょう?
    回転寿司でも見掛けますよね。
    仲良くお食事して下さる事を願っています。

    ユーザーID:8040460906

  • ホントは相手を責めているのでは?

    美味しさを共有出来ずに悲しくなってしまう…

    言い方は優しいですが、支配的で思いやりがなく、自分本位な
    感じ方だと思います。

    でもトピ主さんは、そんな自分がイヤ、とおっしゃっているので
    ご自分でも、自分の受け止め方の問題だと分かってはいるの
    でしょうね。ただ、心の底まで思い切れていない。どこかに
    好き嫌いのある彼を責める思いがかすかに残ってるのでは?
    それが綺麗に払拭された時には、悲しむ思いも消えていると
    思います。

    人と自分は違って当然でしょ?

    ユーザーID:5285707761

  • 性格の違いは受け入れられても、行動の違いは受け入れにくい

    好奇心旺盛で、異文化もどんどんトライするタイプの人なら平気なことでも、そうじゃない人には苦痛ですよね。

    性格の違いは受け入れられても(自分と違う人はステキにみえるから)、態度や行動の違う人と長くつきあうのは、いや長くじゃなくても居酒屋で2時間一緒にいるのでもしんどかったりします。

    トピ主さんは彼とつきあって日が浅いのではないでしょうか。でなければトピ主さんか彼氏のどちらかが「人に好かれる・嫌われる」に敏感な方なのでは。
    自分が相手に受け入れられていることに確信がもてれば、あるいはそういうのに鈍感になれば気にならなくなると思いますが、行動が180度違う場合、そこに達するまでつきあいが持つか微妙だと思います。

    ユーザーID:2695172525

  • 食べ物の好みが一番大事というなら別れるのもあり!?

    >1美味しさの共有が出来なくても悲しまない方法
    自分がそれを食べている時に夫には他の夫がおいしいと思うものを食べてもらう。
    刺身の美味しさは他の刺身好きの友人や知り合いと共感すれば良し

    >2お刺身などを好きになってもらう方法、
    ものすごーーーーく新鮮なものを産地で食べるのが
    克服するのに最良の方法かとは思いますが
    子供相手ならともかく大人では、それでも難しい場合がほとんどかと

    私自身、お刺身は基本的に大好きですが、魚の皮や青魚が小さい頃から苦手でした。
    小さい頃はそれでも無理すれば食べられましたが、大人になって一度
    別のアレルギー発症してからは、これらのものを食べると本当にヤバイ事態に
    なる場合も出てくるようになってしまいました。
    嫌いっていうのは、嗜好の問題だけじゃなく、身体からの信号である場合もあります。
    トピ主さんの彼もモノが生魚なので、あまり無理強いしないほうがいいと思いますよ。

    食事って毎日のことなので、食べ物の嗜好って今後長期間一緒に生活する上では
    とても大事なことですが、他に美味しさを共有できる食べ物があるのなら別にいいのでは?

    ユーザーID:4564640174

  • トピ主です・1

    みなさま、沢山のお言葉をありがとうございます。
    ずっと苦笑して読みました。頭で分かっていても気持ちがついて行かなくて、ご指摘の通り頑固でわがままで我が強いんです。幼稚ですね。その性質だって何年も自覚してるのに。

    彼(8歳下/私よりしっかりしてる)とは交際2年半で最近同棲を始め、いづれ結婚する予定です。
    刺身で悲しくなる前日に、彼がかぼちゃの煮物や酢の物に対して「ウチ(彼の実家)と同じにしなくていいんだよ、でも、ウチはもっと甘くてもっと酸っぱい」と言うのです。その時点で私はご飯が全然美味しくなくなってしまいました。普段は「その笑顔をおかずにご飯が食べられる」と言われるくらいニコニコ食べます。それが思わず「も〜つまんない!それなら○○(彼の名)君作ればいいじゃん!ちょっと好みの味じゃなくても美味しいねって楽しく食べられればそれでいいじゃん、そんな分析になくても」とキレました。彼は、実家と違うという事実を言っただけなんですよね。

    すみません、こう書いてるうちに自分でバカバカしくなってきてしまいました。

    続きます

    ユーザーID:8262811931

  • トピ主です・2

    続きです

    その翌日にメインの他にカツオの漬けを作って、私だけ食べてました。そこで彼に「食べる?」と食べてもらったら、「やっぱり美味しいと思えない」、ってことで今回の投稿となったのでした。彼は「中途半端に食べて『美味しくない』っていうから良くないのかな?いっそ『嫌い・食べられない』と言って食べない方がいいよね〜」と分析してます。

    多数いただいた、「嫌いな物は嫌い/強要するな/拷問だ/重い」はよく分かりました。「本当に新鮮で美味しい物を食べてみたらいいのでは?」は、考えていました。しかし無理強いしないよう気を付けます。炙り半生カルパッチョ、作ったとしても無理強いしません。無理強いしてないよ、というオーラも出さないようにがんばります。「好きな物を一緒に食べれて共有すればいいのでは?」これは生魚以外では共有しています。

    生魚に拘っていたわけではありません(そう取れる投稿だったかも)。生魚でも共有したい、それが叶わないか?という贅沢でアホらしい悩みだったのかな、って気がしてきました。

    私が刺身のときは、彼には大好物を作って食べる、それでいいじゃないか!そうします。

    ユーザーID:8262811931

  • ちょっと待って

    2度目です。
    「新鮮なネタを食べれば好きになるかも」という意見が複数あるので、慌てて出て来ました。
    自分の意志で積極的に「新鮮なネタなら・・・」とチャレンジするなら良いですが、強要は絶対に止めて下さい。
    親切なつもりでしょうが、ほんとうに迷惑です。

    だいたい生魚を食べないと栄養失調になるわけじゃないのだから、そこまで無理して食べる必要がどこにあるのですか?
    嫌いな物を克服するために訓練のように食べるなんて、命(食べ物全て)に対してとても失礼だし、命の無駄遣いだと思います。

    「好き嫌いがない」というのは、なんでも美味しく食べる人、選り好みをしない人のことかと思っていましたが、違うのですね。
    「私は何でも美味しく食べるのに・・・あなたも好き嫌い無くした方が幸せよ!」って押し付ける人の場合もあるのですね。


    強要、押し付けはどうか止めてください。
    食の好みの問題に限らず、相手を自分に合わせるために変えようとすることは、傲慢で我がまま。人付き合いの基本「思いやり」が無いように思います。

    ユーザーID:1886186723

  • 辛口でいいんですか?

    私の夫も生魚が苦手で、私は魚介類が大好物です。問題ありません。トピ主さんの彼と同じく、卵や稲荷寿司、巻き寿司なら食べられるし、魚によっては、たまには食べられる程度のものもあるからです。

    たかが好き嫌いで、どうして恋人に謝罪しないといけないのかな。ちょっと彼がかわいそうになりました。好き嫌いがある人よりは、人の好き嫌いのことで暗くなって、食事時間を台無しにする性格の方が問題ありだと思うのは、私だけ?トピ主さんも「たかが食事の好みのことで本当に情けない話」と書かれているのだから、自覚はあるのだと思います。

    彼を刺身好きにさせようと頑張るのは、やめてほしいと思います。トピ主さんが、相手の嗜好に関係なく、楽しくふるまえる性格になる方が、ずっと現実的だと思います。大人になればよいことですから。

    嗜好の違いを悲しまない方法はわかりませんが、食べ物のことを話題にしなくても、談笑しながら食事を楽しむことはできますよね。トピ主さん自身がそこにこだわりすぎないことだと思います。そんなにつらいなら、そこにとことんこだわり、嗜好が合う人を恋人にするのもひとつですね。

    ユーザーID:8407457179

  • 私が生のお魚がダメです

    値段の判らないお寿司屋さんで食べたこともありますし、仕事の接待で
    良いお刺身も無理して食べたことも何度もあります。
    それこそ「こんな美味しいの初めて食べた」と言うものも、たくさん
    食べています。

    でもどうしても克服できないのです。美味しいと思えないのです。
    どんなに好きになりたいと思ったかわかりません。
    お刺身は旅行に行くと出てくるし、忘年会や公的な所でも必ず出て
    きますもんね。
    それが無理だと、人より食べられるものがかなり少ないのです。
    皆は美味しい、美味しい、と言いますが、私は気の許せる人以外の所
    では、いつも目に涙を浮かべ戻したい気持ちを堪えて食べていました。

    私の夫が「こんな美味しいの、どこがまずいかわからん!
    おまえはおかしい」と言うタイプです。
    最初はそうやって私を批判し続けてていましたが、いつからか
    私に出された刺身は自分に回ってくると思うようになり、文句を
    言わなくなりました。

    でも夫も子供もお刺身好きなので、お寿司屋さんは行きますよ。
    人が食べている分は何とも思わないので、私は好きなものだけを
    食べています。

    ユーザーID:3006149792

  • トピ主さんの気持ちわかります

    以前、非常に偏食男性と付き合っていました。
    彼は、普通の人が食べられるものはほとんどダメです。
    今までパンと、コーンフレークと、チャーハンと、バナナしか食べた事のない人でした。
    つまり、カレーもスパゲッティーも、中華も和食もタイも、全部ダメ。
    とてもやさしくてよい人でしたが、やはり食の偏りはいろいろな面で不都合でした。
    彼は、自分は何とかなるからめだかの好きなところに行って、好きなものを食べなさい、といってくれましたが、一緒に楽しめない、共有できないってやっぱりちょっと欲求不満になります。
    一緒に行っても、目の前で何も食べない彼を相手に一人でたべても面白くないし、申し訳ない。
    それで行くところはいつもフードコートのようなところで、好きなものを選べるところ。
    雰囲気も何もあったもんじゃない。ただおなかが満たされればいいって感じ。
    だから面白くないのわかります。
    ただ、私は責めなかったけど。。。
    でも、彼が何でも食べてくれる人で、一緒にいろんな違ったレストランとか行けたらいいなーって思ってました。

    ユーザーID:7234612039

  • 生理的嫌悪感

    私は生もの全般きらいです。
    それに加えてぬめぬめ、ぬるぬるしたものもキライです。
    味ではなく食感がだめなんです。

    体質的に合わない物もありますが(食べたら気持ち悪くなる・頭痛がするなど)食感がきらいなものは、食べると首の後ろがぞわぞわして、じっとしていられなくなります。半泣きです。

    それでも白身の刺身なら一切れ、生ハム程度なら薄くスライスしてあれば食べれるまでになりました。
    美味しそうに食べてる人をみて、食べれるようになりたいと思ったから。

    とぴ主さんは生魚が大好きとのこと。
    私にとっては生魚も生カエルも一緒なんです。
    トピ主さん食用カエル食べれます?
    私は火が通ってれば食べれますよ。
    生魚よりよっぽどまし。

    生理的に受け付けないものを、本人の同意なしに食べさせようとするのは拷問ですからやめましょうね。強制されると反動でもっと嫌がりますよ。
    本人が食べれるようになりたい!というのなら協力してあげてくださいな。

    そうでないなら余計なお世話というものです。

    ユーザーID:1626111753

  • しょうがないよね

    うちは味付けの好みに決定的な違いがあります。
    私は酢っぱい味付け大好き。彼は酸っぱいもの大嫌い。
    彼と一緒にいる時は酢の効いた料理は食べられません。
    毎日でも食べたい私には結構残念な日々ですが、
    たまの一人の食事の時に食べて発散してます。

    食べ物以外にもたくさんあるんです、共有できないもの。
    ジェットコースター大好きな私、大嫌いな彼。
    ディズニーランド行きたい私、絶対行きたくない彼。
    愛情表現豊かにしたい私、豊かなの苦手な彼。
    リアクションでかい私、それをうざがる彼。

    合わないことだらけ、共有できないものだらけです。
    人と比較して、悲しくなることもしょっちゅうです。
    でも、しょうがないよね。
    共有することより、そういう違いを受け入れて受け止められるってことが
    大切なんだと私は思います。
    そりゃあ共有できるようになったらいいですけどね。
    でも自分のエゴや強要によって相手を変えてもあんまり嬉しくないかな。

    食の好みは、アレルギーでない限り、何かの拍子で変わる可能性がなくはないから、
    長い目で一生を見れば老後に一緒にお寿司つまめるかもよ?
    それまで共有できる違うものを増やしましょうよ。

    ユーザーID:6404706079

  • 笑われそうですが

    ちょっと余談になるかもしれません、すみません。

    トピ主さんのお気持ちよくわかります!
    独身時代に同じような思いをして、そのうちこっちの気持ちが萎えて別れたことがある位です。素敵な人だったので周りには「そんな理由で信じられない」といわれましたけどね。

    恋人関係のうちならまだいいですが、一生の伴侶というとつらいですよ〜。私は欧州在住なんですが、魚や海苔が一切駄目という現地の男性と結婚して何十年も悶々としている日本人女性は少なくありません。

    たかが食べ物、されど食べ物。毎日二回、週末は三回、食卓を囲むのです。40年夫婦生活となると三万回以上つまらない思いをするなんて!なので私は食事の好みがあう相手と結婚しました。知り合って20年近くになりますが、これで正解でした。

    ユーザーID:4913978225

  • 彼が生魚嫌いなのわかってて一緒に寿司とか行くの?

    彼が生魚を食べれないのがそんなに悲しいなんてさっぱり理解できません。
    あなたには嫌いなものはないのでしょう?
    だったら彼の好きな物を一緒に楽しんで食べたらいいまでのことです。
    あなたは何でも食べれるにもかかわらず、わざわざ彼の大嫌いな寿司とか刺身を一緒に食べに行くんですよね。
    彼がその食事を全く楽しめなくてもあなたは平気なのですか?
    彼はあなたの好みに合わせて食べたくもない寿司屋に付き合ってくれているのですよ。
    それを悲しいって・・・・。どこまで自己中なんですか!

    私の夫はベジタリアンです。
    外食をする時は必ず彼が食べれる物がある店になりますのでどうしてもワンパターンなってしまいます。
    でも自分の食べたい物のある店に強引に連れて行ったりはできません。
    彼が楽しめないのはわかっているからです。

    あなたは自分の気持ちよりもまずは彼の気持ちを考えてあげてはどうですか?
    そうすればあなたが悲しむ必要は全くないことに気づくと思います。

    ユーザーID:3194754774

  • 叱咤できません!でも、慣れます。

    私の彼はお米のアレルギーです。外食が、かなり制限されます。
    薬をのんでから食べれば症状はでませんが、そこまでして食べさせたくないですよね。
    米の品種によって大丈夫なものがあるので、私は自宅で食事をつくるときのために、大好きなコシヒカリをやめました。

    健康上の事ですから仕方がないのですが・・・やっぱり悲しくてつらい日々が続きました。
    だって、わたしがご飯大好き人間ですから。

    まず、和食は無理。和食レストランにいけば彼もご飯たべたくなっちゃうから、行かないようにしています。
    旅行にいけば旅館だとご飯ですから、ホテル系にするか、あらかじめ洋食ができるか、あるいは米の品種を確認します。
    以前、どうしても二人ともとまりたい宿があって、夕飯がお米でしたが、薬のんでご飯食べて・・・
    次の日湿疹がでました。(旅行中だったからでしょう)

    が、まぁ、慣れるモンです。米なしでも生きていけるようになりました。
    最近はお蕎麦屋さんめぐりが趣味になりました。
    どうしても和食にいきたくなったら、友達といってます。
    無理に共有しなくてもいいと、思います。

    ユーザーID:2038335979

  • しいてアドバイスするとすれば

    彼は自分がアレルギーで食べられないものを、私がたべるのはかまわない、といってくれているのですが・・・
    彼が食べられないものを、目の前で私が食べるのが嫌でした。
    だから、私が好きで彼がだめなものを一緒に食べに言った事がありません。

    それが秘訣なのかもしれませんね。

    ---閑話休題---

    私は、いくらとウニがだめでした。
    以前つきあっていた彼が、やっぱり、自分のおいしいとおもうものを一緒にたべてほしいと思う人で・・・
    何度か「本当においしい」「本物中のほんもの」をたべさせにつれていかれました。

    いやな味はありましたが、たしかに彼の言ううまみはわかりました。
    そんなことを数回繰り返しているうちに、慣れてたべられるようになりました。
    いまは「おいしい!」とまでは思いませんが食べられるようになりました。

    おすし屋さんで特上たのんでも、ネタの差し替えをお願いしなくてもよくなったのは幸せかな。

    ユーザーID:2038335979

  • 問題はあなたの性格

    すべて自分本位ですよね。おいしさを共有できないとか、彼に
    嫌いなものを好きになってもらいたいとか。
    トピ主の言動、行動が彼に「ごめんね」と言わせていません?

    私も生魚が食べられません。でもトピ主の彼のように食事には
    付き合います。でもこの場合、一緒に食べに行く主人のほうが
    「食べられないのにごめんね」と言いますよ。
    私も主人には申し訳ないと思っています。なので自分からお寿司を
    食べに行こうと誘いますし、買い物でお刺身などを選んでもらいます。
    それが思いやりじゃありませんか?

    自分に好き嫌いがないから相手の気持ちがわからないのではなく、
    トピ主に思いやりがないのではないかと思います。
    彼であれ友人であれ、嫌いなものを強制させようとは思いません。
    (健康に問題が出る場合は除く)
    なぜ焼き魚や煮魚なども出してくれるお店に行かないのですか。
    相手への配慮がなさすぎます。

    ちなみに私は努力しましたが、おいしいと感じないので食べません。
    おいしいと思える人が食べればいいと思っています。

    ユーザーID:8480776623

  • 目を覚ましたら?(呆)

    基本的にはただのノロケ話に聞こえますね(笑)本当にしょうもない小学生みたいな我侭な彼女がノロケ半分に愚痴っているわけでしょう・・・。

    でもってあまり興味ないけどコレだけはいえます。
    美味しさの共有が出来なくても悲しまない方法・・・これは彼に振られればわかるでしょう。
    貴女の要求ががどんなにくだらないうえに人を嫌な気分にすることか。
    それを愛だの恋だのの感情とすりかえて自分だけが悲劇のヒロインになって寄っている姿はこっけいですし、彼がお気の毒。
    今は好きでも将来こんな子供じみた要求していると男には飽きられますよ。

    だってそんなこと気にしないわ!っていう子はいくらでもいるんですから。

    ユーザーID:9662928788

  • ないものを数えず、あるものを数えよ

    他の方々もおっしゃっているように、一緒にいる時は二人とも好きな食材・料理にすれば解決すると思います。彼が優しく「友達と食べてきたらいい」と言ってくれているのだから、そうしたらいいでしょう。あとは、彼との食事中に「ほんとは刺身が食べたかった…」とか思い起こして、暗くなったり、「彼のために我慢してる」と自己陶酔に入らないよう気を付けるだけ。

    夫はエビと数の子が嫌いです。私は魚卵全般(イクラやキャビアも)とトロやハラスのように脂が乗りまくったものが嫌いです。世間一般には美食・ご馳走の部類に入っても、私たちにとっては口に入れるのは苦痛というか、苦行でしかないので、これらは我が家の食卓には上りませんし、外食でもはずします。それでも普段の食卓のバラエティには事欠きませんし、記念日ディナーなんかも十分美味しさを共有して楽しんでますよ。

    料理でも、音楽でも、旅行でも二人で分かち合えるものを探して、そちらを数えたほうがずっとお互い幸せだと思います。それとも、げつようびさんは、生魚を毎日毎食食べなければ気が済まないほどお好きで、彼の心より大事に思えるほどなんでしょうか?

    ユーザーID:7594940683

  • 割り切る

    私は好き嫌いの多い人は友達としても苦手なので、
    一緒に食事をすることはありません。
    ですので、彼氏には無理です。

    それを納得して付き合うか、別れるか。
    余程好きでないと無理だと思います。
    努力しても駄目なものは駄目、そんな項目もあります。

    ユーザーID:4318138272

  • 正直な気持ちで辛口に言わせていただきます

    ごめんなさい、正直このトピ読んで呆れました。自分の恋人たる人はなんでも自分と思いを共有できないと気が済まないどころか相手の事は思いやれず、謝っているのに(本当なら謝る事ではないのに)悲しんで辛い思いまでさせてしまうような人間なんですね。相手に対し尊重と思いやりが持てる大人の女性であれば自然と気遣いができ笑顔でその場を楽しく過ごす事ができるでしょうに。
    もしあなたが私の友人で真剣にそんな事を相談されたら自分の友人がそんな心の持ちようしかできない人間である事にがっかりしますし、たぶん真剣に叱ってしまうと思います。それほどの事です。

    これは食事の問題ではありませんよ、あなたの人間性を表した問題なのです。恋人の時は相手に嫌われるのが嫌だったり本当に彼は自分が悪いと思っているかもしれませんね。でもある日「なんて自己中な女だ」と一気に冷めてしまう事だってありますよ。
    ただあなたはそんな自分が嫌だと気付いてる。それはすばらしい事です。みなさんの意見を読んで根本的な部分の人付き合いというものを真剣に考えてください。そろそろ「私中心」は卒業しましょう。

    ユーザーID:2345398833

  • 相手の気持ちになれないですか?

    私もマグロ大好きさんの意見と同じことを感じました。


    私もお刺身が嫌いです。家族や友達からは
    海の幸がおいしいところに住んでいるのに損ね〜、とよく言われます。

    物心ついた時から嫌いでした。気持ち悪いといった方が正確です。
    20歳を過ぎてから「練習してみよう」と一念発起して食べたことがありますが
    1時間後、トイレに駆け込む事態になりました。
    (吐き気をもよおして全部吐いた)それ以来、無理するのはやめました。

    主人の実家に行くと必ず上等な刺身がでます。
    結婚当初、姑は私が遠慮していると思って、私のごはん茶碗の上に
    お刺身を入れてきたことがあります。途端にごはんも食べられなくなって
    (臭いがついたらもう食べられない)困ってしまいました。
    その時主人が「何するんだ!こいつは刺身が嫌いだって言ってるだろっ!」と
    本気で怒りました。そしてごはんを取り替えてくれました。
    姑は「そんなに嫌いだったなんて。ごめんね」と謝ってくれました。
    パートナーが理解してくれているって本当に心強いことです。

    トピさんの彼は可哀想。あなたワガママだと思います。

    ユーザーID:7622546327

  • 強制しないで

    ウチの夫さんも、刺身キライです。
    伊豆に、旅行へ行って、刺身をステーキに替えてくれ・・・という位の人です。

    私も、あまり好きではないので、我が家の食卓には、結婚以来十数年・・・一度も、刺身が乗ったことは、ありません。

    仕事のつきあいで、どうしても仕方なく、某高級寿司店に連れて行かれても、有り難くもなんともない、猫に小判という人です。

    私も、とっても美味しい刺身なら、頂きますが、もともと好きではないので、食べなくても、全く問題ありません。
    キライなものに、興味も未練も、関心すらありません。

    わかって欲しいって、それは、『食べろ』ってことでしたら、拷問です。
    本当に、勘弁して欲しいです。

    楽しんでおいで・・・というのは、心からの言葉です。
    イヤイヤつきあっても、ただ、ただ空しいだけ。

    割り切って下さい。
    さもなければ、つきあう人を変えるしかありません。

    共感しあうことは、他にもいろいろあります。
    食べることは、都度都度なので、どうしても、というなら、好みの合う人との方が、お互いに、幸せかもしれません。
    無理強い厳禁ですよ〜

    ユーザーID:5099877688

  • 全ての好みが一致するわけない

    ちょっと大げさな表現ですが、
    好き嫌いがある人にとっては『嫌いな食べ物=生ゴミ』です。
    そう考えていただければ少しは好き嫌いのある人の気持ちが理解しやすいのではないでしょうか。

    好き嫌いがある人は、自分でも何でも食べられる方が良いと分かっているんです。でも食べられない。
    トピ主さんは「ゴメンね、と言わせてしまう自分がイヤ」とおっしゃっていますが、彼も自分の好き嫌いのせいで「ゴメンね」と言わなければならない事を悲しんでいると思います。
    「トピ主さんが喜ぶから」と彼が生魚を無理して食べてくれたら嬉しいですか?それも悲しい事ではないでしょうか。悲しい事だけに囚われずお2人の好きな物で美味しさを共有してはいかがですか。

    私自身、生のエビが一切食べられなかったのですが(味は好き、でも生臭い)イセエビの活け造り(まだ動いているもの)だけは美味しく食べられました。生臭みだけが苦手ならば、凄く新鮮な物でしたら食べられるかもしれませんよ。好きになるとは限りませんが。
    でも嫌いな物を口に入れるだけでも勇気がいりますし、下手したら吐きますので無理強いはしないで下さい…。

    ユーザーID:0897060868

  • うちの彼氏も

    私の彼氏もお刺身嫌いです
    私はトピ主さんと同じでお刺身大好きです
    でもたまに回転寿司に行きますよ
    その回転寿司屋さん、お寿司以外にソバや天ぷらも美味しいので、お寿司嫌いな人でも大丈夫なんですよねー
    あと彼氏の場合、うに・ホタテ・トビッコなど生魚以外のお寿司は食べられるので(笑)
    ほかにはチーズやホワイトシチューがダメみたいです
    それらがどうしても食べたくなったら、仕方ないので友達と食べに行きます
    無理矢理好きになってもらうより、好みを共有できる人と食べたほうが美味しいですよ♪

    ユーザーID:9434448591

  • 本当は

    「彼を悲しむ自分がイヤ」というけど
    本当は「好き嫌いがある彼がイヤ」なんですよ。
    まずそのことを認めましょう。

    ユーザーID:6392059966

  • 優しい彼ですね

    げ!わたしなら「なま魚嫌いな彼女で悲しい」なんてトピ立てられたら激怒ですね。
    わたしは白子が気持ち悪くて見るのも好きじゃないし勧められても食べません。もしも食べないわたしを見て「こんなにおいしいのに」と暗くなったり気分を悪くする彼氏がいたら「じゃー、食べられる彼女を探せばいいじゃない」と絶対言うと思います。謝るなんてありえません。
    好き嫌いなくなんでも食べるって人間の徳のなかでそんなになにもかも優先するほどの善でもないでしょ。

    ユーザーID:7277781056

  • 食の好みは結構大変かも

    私はケーキが嫌いです。大概の人に驚かれます。主人はケーキ好きです。けど無理強いされた事ないです。子どもがケーキを食べるのでやっとホールケーキが買えると言ってました。無理矢理彼氏に嫌いなものを食べられ様には難しいと思いますよ。多分トピ主さんには理解し難い理由で嫌なのかもしれませんし。

    私も何故ケーキが嫌いか説明出来ません。美味しいと思えないのです。クリームが嫌いなのですが理由はわかりません。食べなくても生活は出来ますから、トピ主さんも彼氏が食べられものを一緒に楽しんだ方がいいと思います

    ユーザーID:0700683608

  • なるほど〜

    なぜ、生魚を一緒に食べられないだけでそんなに悲しく?と不思議に
    思っていましたが、トピ主さんのレスを読んで納得しました。

    生魚が問題なのではなくて、要するにトピ主さんの作るものを
    はじけるような笑顔で大喜びで食べてくれないのが悲しいんですね。
    「実家の味と違う」と言われた、「美味しいと思わない」と言われたのが
    嫌なんですね。

    その気持ちはよくわかります。
    子どもが小さい時というのは毎日がその連続だったからです。
    山のように手間ひまと愛情かけて作った離乳食をべ〜っと出されたり、
    ひっくり返されたりするたびに「私の作ったものは美味しくないの?」
    「ちゃんと食べてくれないと栄養取れないのに。大きくなれないのに」
    「このまま偏食になったらどうしよう」と泣きたいような悲しい気持ちに
    なリましたっけ。(今はもう私より大きい中学生ですが)

    でも、彼は大人です。身体も嗜好もすっかり出来上がった大人です。
    味の好みをリクエストされた位、なんでもないことでしょう?
    彼を満足させる位、料理の腕を上げ「実家のよりうまい」と言わせれば
    いいだけのことですよ。

    ユーザーID:2202182192

  • わかります

    自分の好きな食べ物を、愛する人と「美味しいね!」と言いながら食べたい・・・
    分かります。いろんな喜びを共有したいですよね。

    私の彼も、甲殻類(アレルギー)やトマト、イクラ、貝類なんかが嫌いで、
    中華料理を食べに行ったことがありません。
    私は大好きなんですけど・・・

    トピ主さんは、好き嫌いが少ない方なんじゃありませんか?
    私は(家族も)嫌いな物はあんまり無いので、何でも美味しく食べちゃいます。
    だから、人の好き嫌いを理解できない時期もありました。

    でもそれは仕方がない事なんだ、と諦めるしかないと最近気づきました。
    食べられないものは食べられない。仕方が無いんです。

    食べる事は生きて行く為にに不可欠なことです。
    その上に美食という楽しみや娯楽があります。

    彼は子供ではないので、好き嫌いを正すのは難しいでしょう。
    彼の大好きなお料理を作って喜ばせてあげてはいかがですか?

    ユーザーID:9585854460

  • 簡潔に

    1. 美味しさの共有が出来なくても悲しまない方法

    共有できる食べ物を探しましょう。
    別に生魚にこだわらなくても良いと思います。


    2. お刺身などを好きになってもらう方法、実際好きになった話

    釣りに行く。
    逆効果の可能性もありますけど…。

    ユーザーID:9553940180

  • 無理に食べさせなくてもいいんじゃ・・・

    大人で好き嫌いが多いのは「ちょっと・・・」と思うけど、嫌いなものがあるのは仕方ないのでは?
    たとえ工夫しておいしく調理したとしても、それを無理に食べさせて、あなたは楽しいでしょうか?
    食べさせられた彼はうれしいでしょうか?

    彼が「友達と食べてきて」というなら、お寿司は友達と行けばいいじゃないですか。
    彼とは、二人でおいしく食べられるものを食べればいいだけのこと。
    居酒屋や懐石などで生魚が出てきたら、そっとあなたが食べてあげればいい。
    それもできないほど、彼にどうしてもたべてもらいたいのだとしたら、ちょっと理解不能…。

    ちなみに私の夫は、生粋の日本人なのに醤油味が苦手。
    多少なら大丈夫だけど、肉じゃが、すき焼き、お煮しめといった、醤油をかなり使ったものは食べません。
    だから私は、そういう料理は作らないし、夫とは食べに行きません。
    どうしても私がお煮しめを食べたいときは、自分の分だけ作って、夫には別のもの作ります。

    そんなに大変なことでしょうか?

    ユーザーID:9350604483

  • 二回目でーす

    トピさん、沢山の非難?レスが付いたにも関わらず、ちゃんと返事をされたようで、うれしくなって、二回目のレスです。

    ウチの夫も、頻繁に差し入れられる姑の料理をそれはそれは、美味しそうに食べます。
    (おんなじもの作ってんじゃん、反応違いすぎ・・・。)
    と悲しくなりますが、逆に、私の作るものの方が好きなメニューもあります。
    頑張ってください。

    あと、同じレスが多かったのですが、鮮度のいいものを・・・、というのは確かにありますが、これ以上ないくらいのレベルでないと、意味がないのと、それでもダメなものはダメです。

    フレンチレストランのオーナーと付き合って居た時に「可哀相に・イイモノを知らないから・コレでどうだ!」と、それこそバブルの時代に色々ご馳走になりましたが、鮮度カンケーなし・値段カンケーなしでダメだったのが、牡蠣です。
    日本人で海の幸がキライというと必ず「可哀相」と言われるのがイヤです。

    愛する彼氏の好物を、自慢料理にしましょうね。

    ユーザーID:7084023816

  • 失礼を承知で‥

    レスを読んでの感想ですが、幼稚すぎます。
    トピ主さん。
    最初にトピ本文を読んだときは微笑ましいなあ、と思ったんですが‥。
    彼の優しさにいつまで甘えてるつもりですか。
    8才年下の彼氏、ということは、あなたは若くても30前後ですよね。
    結婚生活が始まっても、毎日彼にとりあえず笑顔で食べてもらえれば満足ですか。

    「食」って毎日のことです。
    味付けにひとこと言っただけで(否定じゃないのに)キレられてしまう=黙って笑顔で食べるだけ。
    これじゃ食事じゃなくて、あなたを喜ばせる為の日課ですよね。
    ご自身で「アホらしい悩み」とまとめられてますが、彼にとってはアホで済まされる状況じゃないと思います。
    特に結婚を考えているのであれば。

    皆さんのレスをよく読んで、問題の本質はどこなのかきちんと考えないと、結婚してからお互いしんどいですよ。

    ユーザーID:3040354368

  • 好き嫌いはしょうがないけど

    夫も私も、好き嫌いが多いです。
    夫はひき肉以外、お肉を食べない。
    かわった味付け、外食でもなじみのない国の料理はNGです。
    私はにおいの強い野菜が食べられないです。

    結婚して10年、平日、私は子供と先に夕食を済ませます。
    夫には、夫の好きな別の食事を作ります。
    週末は、家族みんなが好きな献立にして一緒に食べます。
    それで、うまくいってました。

    でもね、最近、思うんです。
    私と子供たちが好きなものを作ったり、新しい献立に挑戦すると、我ながらおいしくできた!なんてこともあるんですね。
    そんな時も夫が好まない素材や調味料を使っていたら、一切箸をつけてくれないわけで。。。
    どうせ夫の分まで作ってませんが、やっぱりなんだか、悲しい。
    良い夫で父で、文句が言いたいわけじゃありません。
    夫の食事は同じような献立にどうしてもなってしまうんですが、それを喜ぶので、楽と言えば楽ですし。
    そんな感じなので、トピ主さんの彼の好き嫌いが生魚だけならそんなに問題はないように思いますが、好きな食事を共有できない寂しさは、わかります。

    なんのアドバイスもなくてごめんなさい。

    ユーザーID:5360995622

  • 食って大切だよ

    皆食事のこと軽んじすぎだと思う。
    一緒に食事をすることって
    一緒に暮らすことや寝ることにも通じるなにかがある気がしませんか?
    好きな人とおいしさを共有するのってしあわせなことだと思うのですが。
    知り合いの夫婦の若いころのデートは、おいしいトンカツ屋さん巡りだったそうです。笑

    ただ嫌いなものは理由云々じゃなく嫌いなんだ!って気持ちはわかるので、
    魚以外で共有できるおいしさをみつけられたらいいですね。

    ユーザーID:0840848665

  • あなたがわからない

    私は好き嫌いがなく、なんでも食べますが、長年付き合っている人は食べられないものがたくさんあります。
    相手に嫌いなものを食べてほしい、と言う発想が私にはないので、むしろトピ主さんが不思議です。
    食べ物であれなんであれ、嫌なことってしたくないという気持ちはわかりませんか?
    彼はあるミュージシャンが好きですが、私はそうでもありません。一緒にライヴに行こうとは言いませんよ。私もある小説家が好きですが、彼は苦手なので一緒にサイン会に行こうとは思いません。ですが相手が楽しそうだと嬉しいので話は聞きますよ。二人で楽しめることは他にもありますから。
    お互いが違う人間ということをよくしった方がいいです。人間関係の基本なので。

    ユーザーID:7082865555

  • 私はわかるなー。

    我が家は私も夫も、そして子どももお刺身大好き。

    テレビや雑誌で美味しそうなお寿司や刺身が出ると、「うわー」と盛り上がるし、レジャーに行くときは、海の近くなら海鮮の美味しい宿やお店を探して行くし、今日はちょっと贅沢したい!って日は
    「お寿司(廻るやつだけど)食べに行こうか〜」「わーい!(全員小躍り)」

    実際に食べて満足するだけじゃなくて、連帯感?みたいなのと、いろんな場面で同じ思いを共有できるのが楽しい、って感じでしょうか。
    でも刺身じゃなくて「ステーキ」や「アイスクリーム」だってそういう楽しさは得られるんですよ。ちょっと小粒だけど(笑)
    うちだって、全ての好みが被っているわけじゃないですよ。そこは譲ったり工夫したりね。食卓は楽しいのが一番ですから。

    食べ物だけじゃなくて、趣味や遊びでもそうですよね。。。

    大人の食べ物の好き嫌いって、味そのものよりも、匂いや歯触り、舌触りが苦手ということが多い気がしますね。もし調理法で何とかしたいなら、そこを工夫するといいかも。

    ユーザーID:5340446636

  • 食わず嫌い王

     あの番組で、こんな普通のものも食べられないんだ・・・と毎回見ていたら気にならなくなるかもしれませんね。

     私は小学校の頃、給食の時間が大嫌いで、時に先生のチェックが入ると、時間切れになるまで給食と対峙していました。

     「食べる」というのは、口に入れ咀嚼し体内に入れるという行為ですので、不快感をもってするのは拷問のようだし、無理に食べてじんましんが出た友人を見て体質的なものもあるんだと、そのとき私は思い知りました。

     でもなぜだか、今はほぼ嫌いなものありません。
     だんだん食べられるようになったとしか言いようがありません。
     が、唯一あるものだけはきっとだめで、想像しても恐ろしいし、口に入れることさえできません。
     ですのでそれのことや、子供の時のことを思い出せば気持ちがわかるので、家族や他人の好き嫌いは気になりません。
     
     トピ主さんも、そういえば・・・っていうものありませんか?

    ユーザーID:5344765059

  • 食事がストレスになります

    自分がなんでも食べれるからって自分の好きなものを、それが嫌いだとわかっている人に食べさせようとする上に、好きになってくれっていうのはわがまま過ぎないですか?
    彼氏さんにとってトピ主さんとの食事がストレスになりますよ。

    私は魚介類が苦手で生魚と海老はまったく食べれません。
    でも同席の人が食べることは気になりません。
    シェアする場合もそれぞれが好きなものと共通に好きなものを注文すればいいことだからです。
    でも相手が私が食べれないのをわかっているのにそればかりを、注文して食べることを強要するなら食事の誘いは断ります。

    自分が悲しいって?
    自分勝手ですよ。
    「食」は人それぞれです。
    どうしても食べられないものあります。
    それを無理に食べてもらうのではなく、どうやったら楽しく食事が出来るかを考えてください。

    ユーザーID:7461567791

  • 食の好み...って

    食の好みって大事、違うとしんどいよ、という人がいらっしゃいますが、
    それは食材の好みですよね。そんなに大げさなことでしょうか?

    私は鶏肉が嫌い、でも鶏肉大好きな夫にはチキンステーキを作り自分は違うものを食べます。
    夫は湯葉や生麩が嫌い、料理屋でそれが出たら、私が喜んで食べてあげます。
    そのほかにもいろいろあります。全然問題が生じた事はありません。

    好き嫌いが合致しないなんて、当たり前のこんこんちき。
    私は食材の好みの違いよりも、食に対する態度、
    たとえば、ありがたくいただく気持ちや、楽しく会話して食べようという気持ち、
    公共の場での最低限のマナー、そういった事さえできていればいいと思います。
    もちろん、相手の好き嫌いを慮る気持ちもそこには入ってます。
    食の好みは大事だよ〜って言う人のレスに違和感を感じ、書きました。
    お互いの態度と思いやりと気の持ちようで、どうとでもなります。

    まあ手料理だと、食材が余る、とか料理の手間が増えてしんどい、というのはあるかもしれません。

    ユーザーID:6408067588

  • トピ主です・3

    引き続きご意見ありがとうございます。
    トピ主本文の2の質問に対し、「釣りに行く」とのお答えは面白かったです。
    他のご意見もひとつひとつ、ふんふんと反応しながら読ませていただいてます。
    ひとつひとつにお返事できなくてすみません。

    しかし。
    叱咤下さいとタイトルにしましたが、人格までも否定するような言い方をされる方もいるんですね。
    そういう方は「彼に嫌いな生魚を食べさせるトピ主の方が人権無視だろ」と言われるんでしょうね。
    「気持ち悪い」とまで言われる筋合はないと思いましたが。
    「ただのノロケ」と書かれた方は、そう感じたのでしょうからそう思ってくださって結構です。

    私は一言も、「食べられない彼を連れて寿司屋に行った」など書いていません。行ったことありませんし、嫌いなのを知ってて行くことはありません。
    テレビの海鮮特集やスーパーでお刺身を見たとき、お寿司屋さんの前を通ってお持ち帰りの折り詰めなどを見たときに、本文のような会話があったので、それを書いたまでです。
    自己レス1・2に書きましたが、おかげ様で自分の気持ちも変わりました。

    (話変わって続きます)

    ユーザーID:8262811931

  • トピ主です・4

    (話変わって続きです)
    今思い当たったのですが。

    私が子供の頃、父が単身赴任・母が夜外出で、お弁当を弟と二人でわびしく食べていた時期がありました。思い出すだけで胸が苦しくなります。

    現在、私と彼の食卓は無音です。テレビも音楽も付けていません。「節約」が口癖の彼に合わせて自然とそうなりました。
    が、そのシーンとした場面がじつは私には不安(緊張)なんじゃないか、それに伴って神経過敏になって、彼のただの意見も「否定」に取ってしまい、暗くなるのかな?・・・なんて思いました。今。

    二人とも無言で食べてる訳じゃないけど、口に物を入れながら絶え間なく喋るなんて無理だし、「無音」を意識しないように音楽をかけるかテレビでも付けてみようと思います。

    ユーザーID:8262811931

  • いいじゃん

    いいじゃん彼氏が刺身を嫌いでも。
    ウチなんか私が刺身・佃煮・漬物・魚卵などなどダメです。
    夫は甘い物がダメ。出かけたときに同じ物を食べて気持ちの共有が出来ないけど
    お互いに苦手なものを食べてあげられるから良いですよ。
    私の頼んだセットとかでマグロが付いてくると夫の目がハートに・・・。あげると喜ぶんだ。
    夫のセットにアイスが出てくると私に「ハイッ」とくれる・・・。美味しく食べます。
    二人でおいしいねっ!ありがとう〜♪ってなれますよ。
    だんだん美味しそうに食べるから私も自分からチャレンジして白身のお寿司なら
    食べられるようになりました。どうしてもダメなものもあります。
    人は食べ物の好き嫌いってトラウマとか思い出もあるから強制したりしない方がいいですよ。
    強制されると食事自体が嫌いになってしまう恐れがありますて。

    ユーザーID:2076241708

  • 変わっていくといいですね

    彼が8歳下で同棲中ということは、トピ主さんは結構年齢いってますよね?
    今までおつきあいしてきた人に対して、いつもそうだったんでしょうか。
    それとも今の彼だけでしょうか。

    彼が実家の味と違うねと言うのに対して過敏に反応する気持ちは分かりますよ。言う順番が逆だといいのでは?「うちはもっと甘くするけど、これもおいしいね、これが○○の味だね」と認めてくれれば。
    ただ刺身の例のように<同じものを食べて、同じようにおいしいと思わないとダメ>というのは、やはりちょっと偏りすぎと思いますので、色々なレス、厳しいレスもあったでしょうが、<実際あなたの文章を読んでそう思った>のですから、そう頑なになってはいけません。

    普通は、同じものを食べても感想は異なるものですし、大人になればそれぞれが好きな物を食べておいしいと思えばいいのです。同席した人がその場でおいしく食べているものに対して「まずそう!」「よくこんなの食べられるね!」と言うのでなければ、個々の感想は自由であるべきです。

    トラウマのような強迫観念が、いただいたレスと彼とともに、トピ主さんの中で薄まるといいですね。

    ユーザーID:3915976877

  • わがままじゃないよ

    今の気持ちは、時々のデートで雰囲気重視で好きな物を食べればよかった2人が、
    実際に生活を始めた時に感じる違和感なのでは?

    トピ主さんの場合はそこまで行っていないけど、暮らし始めたことで、
    「彼は恋人向きだけれど、将来の結婚生活のことを考えると、もしかしたら違うんじゃないか」
    なんて、考える時期があって当然だと思います。
    (また妙に落ち込んでおかしいなと思ったら、生理前だった…なんていうことも、あるかも)

    焦らず、彼と過ごしながら色々じっくり考えてみては?
    たくさん話し合って、より幸せなお2人になって下さいね。

    ユーザーID:7551377799

  • 再び、みいやです。

    私は、どちらの気持ちもよくわかります。

    私はお刺身を父親から箸で持って追いかけられ、
    一口で良いからと言われ、食べさせられた経験があります。
    泣きました。辛かったです。

    私は努力家で、生もの以外にも食べられない物がありましたが、少しずつ努力ししました。
    10代後半のある日、口が変わり、ほぼ、全ての物が食べられる様になりました。

    もし、彼が生ものだけが駄目と言うなら、諦めた方が良いと思いますが、
    それ以外にも好き嫌いが多いのであれば、ある程度、努力した方が良いと思いますが。

    いつか目覚めるまで(目覚めなくても)待つ気持ちが必要なのかと思えるからです。
    「待つ」と言う努力は、一番、大変で尊い行動なのかと思います。
    特にトピ主さんの様な人がこの待つ事を覚えたら、本当に強い人になれる気がします。

    母は小学校で飲む事になる牛乳以外については何も言いませんでした。
    私が努力家だったから、かえって言えなかったかも知れませんが、一度も言われた事がありません。
    そういう、どっちでも良いと言う姿勢が楽ったのかも知れません。

    ユーザーID:4552559147

  • 私の刺身克服歴

    二十歳頃までは刺身関係一切アウトでした。
    お寿司の注文は「かっぱ・ツナ軍艦・卵・うなぎ・穴子」のみ。学生の頃は先輩から「寿司を奢りたい女子No.1」の称号を与えられておりました。
    一度、友人に「だまされたと思って食べてみ。おいしいから」とマグロ寿司を与えられ、トライして「だましたなぁああ」と涙目で訴えたことも。

    が、今では基本的なお刺身は食べられます。

    きっかけは、父が取引先と接待の際「免許忘れたから持ってきて」と高級土佐料理店に私を呼び出した時です。
    せっかく来たんだから・・・とカツオのたたきを出されてしまいました。父の取引先の手前、食べられませんとは言えず、意を決して口に入れ・・・名店だけあり、刺身嫌いでも食べられたのです。(父も驚いてた。)

    その後、漁港近くの民宿で平目と鯛のお刺身を出され、これも食べてみたら美味しく頂けて、それからある程度のお刺身は克服できました。

    たたきなど、たれの味が強くて生臭く感じないもの→平目・鯛などあまり癖がなく淡白なもの、という順番に慣れた感じです。
    彼が自分から「食べてみる」と言ったらこの順もご参考にどうぞ。

    ユーザーID:0620873881

  • 食卓BGM

    個人的にはTVはお勧めしません。
    我が家(実母・夫・私)の食卓にもBGMはありません。
    晩酌しながらが常なので会話はほぼ途切れませんが、たまにFMやヒーリングミュージックを流してみます。
    同じ場所に同じ顔ぶれの食卓なんですが、ゆったり過ごすカフェの様な空気に変わって良い気分になれます。

    ところで好き嫌い・・・私は納豆が好きなんですが主人はダメだったんです。
    目の前で私が納豆を食べる姿を当初『うわ〜〜〜』って顔で見てたんですけどね。そんなある日急に、一口くれって言われて・・・私はビックリですよ!
    恐る恐る納豆を口にいれた主人が『アレ?・・・美味い・・・!』と。
    私があまりにも美味しそうに食べるんで食べてみたくなったとの事。
    貴女が美味しいと思うものを美味しそうに食べていたら、彼の方から食べたくなる日が来るかもしれません(一日千秋にはいきませんが)。
    あと、年をとると嗜好が変わってくる事もあります。

    好きじゃない物を一口食べてみてって言われるのも苦痛です。
    もうお分かりの様ですが押し付けず、彼の嗜好も彼の個性と思って気長に付き合ってくださいネ♪

    ユーザーID:8503613357

  • 私も生魚が大嫌いなのですが・・

    私は生魚はもちろん、魚は全部嫌いです。

    嫌いというか「おえー」っとなって、涙も出るし気持ち悪くて仕方ありません。
    イメージとしては、普通の人が、すっぽんの血でも飲まされてる感じでしょうか?

    しかし私も「新鮮な魚は違う!」とか「これは臭くないよ」といって食べさされることがあります。

    でもどれを食べてもやっぱりおいしくありません。

    魚が嫌いなくらいで落ち込まれたり否定されたらたまりませんよー。
    嫌いなものは嫌いですよ。

    そして旅行先で新鮮な舟盛りなんかが出たりして、友達が喜んでるとなんだか申し訳ない気持ちになります。

    共感できない側もできれば共感したいのですがこれだけはどうしようもありませんよ。
    違う方法で共感できる喜びを探してください。

    ユーザーID:7033627681

  • 気持ちは解らないでもないですが

    38歳の既婚男性です。
    我が家の妻も、トピ主さんの彼と同じく生魚が食べられません。
    旅行などに行って、お刺身が出た時は私が食べています。

    「私は食べられないけど、美味しい?よかった」

    妻はいつもこう言います。

    私自身、美味しさを共有したいという思いはありましたが、たまたま
    生魚で共有できないだけですし、他の食べ物では共有していますので
    今では「自分だけ美味しい思いして悪いな」とは思っていません。

    食の好みの問題ですから、無理矢理食べても美味しい訳ありませんし、
    食べられない・食べてもらえない事を責めたり情けなく思ったりする
    必要もないと思います。

    お互いの嫌いな物を好きに変えるのではなく、お互いの好きな物を
    探してみてはどうでしょうか。

    その方がお互い楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:5432388891

  • 友人なんですが

    よろしいでしょうか?
    わたしの友人にも生物がいっさいダメ!という人が居まして、その友人と食事の際は生物を食べたいという心のスイッチを完全にオフにしてます

    一緒に共有したいのは山々ですが、自分も相手も気を使わないとならないようならここはグッと我慢、でしょうかね?
    後で別の友達と食べよう〜♪みたいにしかないような…多分、余程のことがない限り克服はキツいかな…

    参考にならず申し訳ないです・・・

    ユーザーID:9404061330

  • 言ってほしくない言葉

    私はウニが苦手なんですが、
    「あんなおいしいものを食べられないなんてもったいない」
    「本当においしいウニを食べたことがないからだ」
    と言われるとむかつきます。

    私のことは放っておいて、ウニ好きな人はウニをめいいっぱいおいしく食べてくれればよいのです。

    ユーザーID:1053611286

  • 好き嫌いはだめでしょう!

    好き嫌い容認派が多くてビックリです。
    私はトピ主さんの気持ち、すごく分かります!

    正直、「食べ物に好き嫌いが多い人はワガママ」なのではないかとすら思っています。
    そりゃ、多少の好みはあって当然でしょう。しょっぱいものが好き・辛い物は苦手 等。
    でも、堂々と「これ嫌い」と言える人の神経って。
    (もちろんアレルギーがあって食べられないというのは全然別)

    平気で嫌いと言える人には、世界中の飢えた子どもたちの話を出すまでもなく、「作ってくれた農家の人や漁師の人達に感謝して食え!全ての命に感謝して食え!」と声を大にして言いたい。

    小さい頃に、親や周囲の大人たちから、そう教わらなかったんですかね?
    よく子育て中の母親たちのことを「躾も出来てない」とか「最近叱れない親が多い」とか叩く人が多いけど、好き嫌いに関しては「ワガママ放題」で良いんですかね?

    かく言う我が夫も、好き嫌いが多く、義父母の躾を疑います。

    解決策ではないですが、子供には夫の嫌いな物を「おいしいね〜」とドンドン食べさせています。夫は苦笑いしながら、子供に食べさせています。
    ちょっといい気味!

    ユーザーID:1675471396

  • トピ主3、4読みました

    根本的な問題は、別なんじゃないかと思いました。
    感受性が強く、辛い(悲しい)思いを沢山した人って、心の傷を何かで埋めようと必死になるんです。
    誰かに認めて貰わないと、共感されないと、孤独を強く感じてしまう。
    それは、束縛ではなく、失望なんですよね。自分と同じ感覚を持っていないと感じると、深く失望してしまうのです。
    トピ主さんの全投稿から、そんな印象を受けました。

    だから、食事中のテレビも、根本的な解決にならないと思いますよ。
    (試してみるのは、良いと思います)
    トピ主さんの感じる悲しさは、次々と出てきて永遠に続いてしまいます。

    どうせ、一緒に過ごすなら、楽しい方が良いに決まってます。自然と共通の喜びを探す事になりますよね?工夫も必要でしょう。
    サービス精神も必要だと思います。

    発想の切替が必要な時だと思います。これから、幸せになりたいならば。
    ご自身の幸せは、何から出来ているか、考えてみてはどうですか?
    本来、人間は、自分を満たしてから他人を満たすものだと思います。
    トピ主さんには、幸せになって欲しいな。

    ユーザーID:4489260373

  • 問題の本質は、食べ物ではない!

    新レス読みました。なんだか暗ーい食卓をイメージしてしまいました。食べ物好みが違う事よりも、楽しい食事をしたそうに思いました。おいしさを共感したい気持ちも本心でしょうが、明るい食卓にしたいのですね。

    自分の好物を相手が嫌いと言うと、なんか自分まで否定されているような気がするのではありませんか?

    お刺身が好きじゃない←お刺身の好きな人は好きじゃない
    勝手に彼の言葉を変換してませんか?
    節約が大事←君にお金使うのはもったいない

    彼の事が好きでしょうがないけど、不安になるのね。暗い食卓の思い出が重なり合ってしまい。そのあげく節約が口癖ではね。誰だってショボンてなっちゃうよ。まず、問題の本質を考えた方が良いと思う。本当は違う面で彼に不満があるのではないでしょうか?

    以上でない場合は、百円均一の回転寿司がお薦めです。玉子・かっぱどころか、サラダ軍艦・エビフライ・ツナマヨ・ウインナ等いっぱーい生物以外のネタがあるよ。回転だから何食べても恥ずかしくないし、お試しには
    ちょうど良い値段だと思う。

    そこへ行くのもイヤだと言うなら、交際自体を根本から考えた方が・・

    ユーザーID:0108238368

  • 「いつもありがとう。おいしいよ。」の一言で。

    頭の構造が理系な人って、理屈っぽい人が多いんですよねぇ。
    自分の口に合わないものまで「おいしい」と言う必要はないと思いますが、
    正直、作ったものを毎回批評されるのは、はっきり言ってウザイですね。
    お前は料理研究家か!みたいな。

    愛する人の、
    「いつもありがとう。おいしいよ。」の一言で、
    人間誰でも
    「あ〜また明日も料理頑張ろう!今度は彼の好みの味に挑戦してみようかしら♪」
    って気持ちになるものなのにね。

    お互いがお互いに、歩み合う気持ちを持てるといいですね。

    ユーザーID:6898514539

  • なんかわかるような気がする〜

    えーと、食事の支度は全部トピ主さんがやっていて、彼はそこそこ好き嫌いがあって、実家の味とトピ主さんの味を比べるようなウカツな所もあり(若いから仕方ないけど)、そんだけ甘えてるわりには「節約!」なんて唐突に厳しい?事を言う面もある、と。

    そりゃあイライラすると思うわ〜。黙って食え!てなもんよね。私はまだアナタの奥さんじゃないんだから!って私なら言っちゃう。こういう話聞くと、結婚してるわけでもないのにいつもご飯作ってあげるなんて、エライなーと思っちゃいます。

    それはともかく、食卓がシーンとしているのがイヤで耐えられないという事はキチンと伝えなくちゃダメですね。それは言ってもらわないとわからない事でしょうから。あと、もっと手を抜いてもいいんじゃないですか?自分ばかり家事してるから彼の好き嫌いなんかがすごく目につくのでは?気楽にしてれば「まあ私だって手抜きだから、いいか」って思えそうな気がします。

    ユーザーID:1618980502

  • 偏食は子供にもうつりますよ

    彼との結婚を考慮されているようですが、親の偏食は子供にもうつりますよ。
    健康を考慮するまでもなく、好き嫌いがあるのは好ましくないでしょう。
    そもそも、いい年齢の大人が食物アレルギーでもないのに好き嫌いをいう時点でどうかという気がしますが、彼氏当人はどう思っていらっしゃるんでしょうね。

    ユーザーID:8406575342

  • 食の相性は大事な判断材料です。

    私は鮪屋の娘の為、生物が駄目な人とは一緒になれません。
    実家に食事に連れて行っても食べられる物もないし、その前にそんな人だと父に三枚に下ろされます。(笑)
    でも、嫌いな人への無理な押し付けや「なんで食べられないの?」という思いは全くありません。
    そもそも、食が合わない人を好きにならないので。

    食の趣向が合うか合わないかって、凄く大事な事だと思います。
    一緒になった時に、毎食自分の為の魚料理と、彼の為の例えば肉料理を作る日々は大変です。

    衣・食・住は生きて行く上で欠かせない物だからこそ、合う合わないも相性のような気がします。
    好き嫌いがある事自体は仕方のない事かな。それも個性の内かと。
    要は、自分の相手としてそういう人を選ぶかどうかではないでしょうか。

    私は恋愛に発展しそうな異性と知り合った時は、必ず食事の好みを確認します。
    性格は努力で直せるけど、食事の好き嫌いはそれよりも直すのは大変だと思います。

    なので『美味しさの共有が出来なくても悲しまない方法』は食の好みの合う人を好きになるだと思います。
    そうすると2番目も解決。

    でも、ちょっと極論過ぎますよね。
    すみません。。。

    ユーザーID:8188849949

  • 食べ物は他にもいっぱいある

    好き嫌いって軽く見ないほうがいいかもしれません。私は幼いころから、麺の「そば」がニガテでした。ムリしたら食べることはできるのですが、何となく食べたくなくて…。成人してから、ある日そばを食べたときに突然息が苦しくなり、大変な思いをしました。私の体はそばを受け付けない体だったのです。

    食べたくない食べ物は、体が受け付けないのかもしれません。ムリして食べるのは体によくないので、食べることのできるもので食事を楽しめばいいと思います。食べ物は他にもいっぱいありますよ!

    ユーザーID:6321403046

  • 私も魚介類だめです。

    私は、小さいときから魚介類が嫌いでした。アレルギーではありませんがとにかくだめです。従って、お寿司屋さんへ行っても、生ものはいっさい食べられず、「お姉さん。何しにきたの!」と言われたほどです。
    いまでは結婚して子供も三人いますが、私以外みんな魚介類大好きなので一週間に三回は夕食に魚介類が並びます。アメリカに暮らして20年を過ぎましたが、周りのアメリカ人からも、「あなたは本当に日本人?」と聞かれるぐらい。ついでに、大豆製品も嫌いだし、鶏肉やターキーもだめです。
    主人との付き合いはもう30年以上になりますが、彼はもともと私が魚介類を食べないのを知っていて、いつも私の分まで食べていたせいか、文句は言いません。
    どなたか書かれていますが、人の好き嫌いはそう簡単に治せるものではないし、トピ主さんだって、自分では気づかないような好き嫌いがあるかもしれません。食べ物の好き嫌いだけでなく、生活習慣にもいろいろ違いはあるはず。
    お互いに相手のことを理解し合って、いいところも悪いところも受け止め合う姿勢が大切なのだと思います

    ユーザーID:9048164201

  • 周りを刺身好きにする。

    同居の義父が若いころから、魚料理すべて嫌いでした。
    義母は魚大好きです。義父には魚は出さず、作っても食べないし、ものすごくしかられていたそうです。
    魚好きの義母に育てられた主人は魚料理は一応食べることができます。
    私と子供2人も魚好きで、特に子供2人は大のお刺身好きなので魚料理は
    週3回作ります。義父は何も言わず食べていますよ。
    家族6人のうち魚嫌いは義父1人、特に刺身苦手だった義父ですが
    少量なら食べるようになりました。

    トピ主さんはお刺身好きなのですね。それなら外食のときはトピ主さんはお刺身、彼は他のものを注文するのもいいと思いますよ。
    急にお刺身、生魚が好きにはなりませんしね。
    そのほうが気が楽だと思います。

    ユーザーID:3581276530

  • トピ主さんの言う事もわかるけど、こういう事って仕方ないですよ

    トピ主さんのお気持ちもわかりますし、レスではいろんな意見が出ていて、賛成派・反対派の(←言葉が変かな?)どちらの気持ちもわかります。

    誰かにとっては、すごく美味しくって、ぜひぜひほかの人(愛する人、好きな人)にも食べてもらいたい♪と思うのは、自然な感情だと思います。

    でも、残念なことに…ひとそれぞれ「美味しい」「まずい」というのは違いますよね。仕方ないですよ。

    体質によっては食べてはいけないものもありますから、安易に「美味しいよ〜食べてみて♪」と、オススメするのは危険ですしね…。

    トピ主さんは、お二人共が美味しく食べられるように、調理法や味付けを工夫しておられるようで、素晴らしいことだと思います。

    お喋りが楽しいようなら必要ないかと思いますが、もし静かすぎて間がもたない雰囲気だったら、テレビつけて食べるのも良いのではないでしょうか?(節約って言っても、何円も変わらないと思うのです…。)

    ユーザーID:0027142822

  • 私も鰹のタタキから!

    私も刺身が苦手でした。
    イキのいい刺身の食べられる海に近いところで育ったので、しょっちゅう食卓に刺身が並び、「我儘はやめなさい!」と叱られながら半ベソで食べていました。なので「良いもののおいしさを知らないのでは」と、善意ですすめられるつらさはとてもわかります。

    我慢して食べることは慣れていましたが、好きになったのは酒席での鰹のタタキからです。

    他の方と同様、もし彼氏さんが刺身も食べてみようかと言うなら、ですが鰹のタタキをお薦めします。
    特に、土佐風にタタキを皿いっぱいに並べて、上にスライスしたニンニク、玉葱や青紫蘇などを鰹が見えないくらいどっさりのせ、専用のタレか馬路村の柚子ポン酢を上からたっぷりかけまわすのがお薦めです。

    ユーザーID:8252586967

  • 所詮、他人ですから・・・

    好みがあわなくてもいいんじゃないですか?
    こうしなきゃ。とかこうしたい。とかいう気持が
    強すぎると、関係は長続きしないとおもいますよ。
    自然体で無理しない。これが出来ないと、
    結婚生活は続かないと思いますが・・・
    相手に求めすぎない。踏み込みすぎない。
    これが人間関係の極意とか・・・
    私もそう思います。
    拘りすぎると窒息してしまいますよ。
    ご注意召され。

    ユーザーID:5035252132

  • これだけ言わせて

    私も生ものはキライです。

    「ほんとに美味しいもの食べてないからよ」
    ってセリフ、よく言われます。

    これが当てはまらない人間もいます。
    有名料亭にも行きますし、北海道や東北で地元のおいしいと言われているものも
    何度も食べています。
    確かにイカは透き通っていたり、見た目からして違います。

    でもマズイです。私にとっては。
    味オンチなのでしょう、別にそれでいいです。
    そんなことない!ってムキになることでもないし。

    無理強いと人を分析するようなセリフだけご遠慮いただきたいですね。

    ユーザーID:4888881491

  • 偏食は子供にはうつりません

    別に遺伝でも何でもないので。
    離乳食の頃から少しずつ慣らしていけば偏食になりません。
    子供の健康上、教育上の理由から好き嫌いは好ましくありませんが、

    そもそも、いい年齢の大人が相手の嫌いなものを無理強いする時点でどうかという気がしますが。

    ユーザーID:0114017021

  • こういうプラス面も。

    おいしさの共有ができなくても、大丈夫。
    私と主人は、食べ物の好みが、正反対です。極端に言ってしまうと、主人の好きなものは、私の嫌いなもの。くらいの感じです。
    でも、夫婦生活も長くなると、これは結構オッケーです。
    たとえば、懐石料理の場合、主人はお刺身を二人分、私は焼き魚を二人分食べられます。フランス料理の場合、主人はステーキを二人分、私はお魚料理を二人分食べられます。そうです。お互いに好きなもの?いや嫌いなものかなあ。を、交換するんです。
    好き嫌いなく、なんでも食べるのが、ベストですし、まあ、こういうプラス面もあるんですよ。という程度のことですが。
    でも、大好きな鯛のポワレを二人分、食べる時。ああこの人と、結婚してよかった。と密かに思っています。

    ユーザーID:1568953813

  • 強要は決してしないけれど

    人と物を食べていて、好き嫌いする人はお行儀悪いなと思います。
    事故の後遺症とか以外で箸の使い方が汚い人と同じレベルです(私の中では)

    好んでは食べない味は人それぞれあるとは思いますが、
    食べられないほど嫌いなものがあるのは(アレルギーは当然別)生まれ育った環境が良くなかったのかな?と思います。
    苦手なものを無理して食べさせようとする人(幼いわが子に接している親などは当然除外)と同じくらい
    好き嫌いがある人って良くないと思うのですが。
    好みはあってもいいけど、拒絶はちょっと大人として恥ずかしいかなと思います。

    それを開き直る人というのは、私はよろしくないと思ってしまいますね。
    きちんとした家庭の方であれば、外で人と食事をするときは味が苦手なものでも食べることを教えていると思います(無論悟られないように食べる)
    ただし、家の中であれば家族が了承していれば私はそこまで堅苦しくなくても良いのではないかなと思ってます。
    でも人の目のある場所での食事(周りにいる見知らぬ人や店員含む)では箸使いや背筋などと同じできちんとするものだと
    思っています。あくまで一意見ですが。

    ユーザーID:4088219299

  • 腹ぺこは最強の調味料

    魚介類生魚は昔苦手でした。が、大学時代に友人たちと海水浴に行き、その夜民宿で食べたお刺身で、目からウロコ!

    昼間炎天下でさんざん遊んで、おなかペコペコのどカラカラの状態で食べたお刺身とビールは、
    「こんなにウンマイモノがこの世に存在するとは!」と、脳天直撃でした。
    飽食の現代日本で彼を腹ぺこにさせるには大変なことと思いますが、試す価値はあるかも...です。

    嫌いなものが好きになるだけでなく、食べ物のありがたみが非常に身にしみますから、たまに自分もやってます。

    ユーザーID:5671005641

  • 違いを楽しむのも恋愛なんじゃない?

    二人の個性の違いを楽しめない恋愛って、なんか浅くてかっこだけのような感じを受けます。
    共感を楽しむのもいいけど、自分とは違う異質なものを楽しむのもいいのでは?ちょっと違うだけで寂しいと思う恋愛って長続きしないような気がします。

    どんなにお互い愛し合っても同じ人間ではないのです。
    相手が自分の好みを押し付けてこないのなら、トピ主さんも押し付けない方がいいですよ。食事以外で「これっていいよね」と共感を持って楽しめばいいじゃないですか。それとも食事以外でも共感することないのかな?

    ユーザーID:2749891609

  • 他人を支配したがってはダメ

    彼が健康に関わるほどの極端な偏食であるならともかく、
    ナマモノを食べられない程度の事で彼女に悲しくなられたのでは堪りません。
    二人ともが好きな食べ物を楽しむ事でトピ主さんが満足できないのが不思議です。

    以前ある医師が「何でも食べられる人は無神経な傾向がある」と言っていた言葉に、
    このトピを読んで納得しました。
    好き嫌いが無いのは身体にも良いし、会席などで困る事が無いので結構ですが、
    他人の食の好みまで支配しようとしないでください。

    ユーザーID:9040443931

  • 感情のコントロールを

    問題は生魚とか好き嫌いじゃなくって、ご自身が
    「食事の場でも暗くなってしまうほど悲しくなってしまうのです。
    それから気分を立て直すのに時間がかかります。」
    というところですよね。
    味付けの指摘にキレちゃったり・・・。

    好き嫌いがどうこうよりも、「食卓を明るく楽しい物にする」ことが重要だと思いますよ。
    あなたにとっても相手にとっても、そして将来の子供にとっても。

    なんでそう過敏に反応しちゃうんでしょうか。
    感情がコントロールできなくなるのは、食事にまつわる話の時だけなのでしょうか?

    ご自身でも自分の過去に思い当たる節があるとおっしゃっているので、これ以上の詮索は止めますが、仕方のないことで必要以上に感情を左右されるのって、これからの人生を生きていくうえで大変だと思います。
    心の傷を見つめなおす、よいきっかけなのかもしれませんね。

    ユーザーID:4337403886

  • 9/21のさくらさんに全く同意。味覚は究極の主観です

    全国的にも有名な漁港の街の出身ですが、生ものは一切ダメです。
    しかし宴席など、残して失礼に当たる席では、噛むふりをしてお吸い物などで流し込みます。
    込み上げる吐き気を笑顔で我慢しています。

    私が口にしたことがある生ものは、いわゆるおいしいものばかりだと思います。
    でも、おいしくない。
    何十回も試したことはあります。
    現在は都内に住み、高級割烹や料亭などでも食べたことはあります。
    でも、おいしいとは感じません。

    自分がおいしいと思うものを、他の人にもおいしいと思ってもらいたい、という気持ちはよく分かります。
    『本当だ、おいしいね!』なんて言われたら、誰だってうれしいでしょう。
    でも、おいしいと思えない人がいるのも事実です。

    食べ物やお酒など、苦手だと言っている人に『おいしいから試してみなさいよ〜』なんて、私は絶対に言いません。
    好き嫌いは、わがままで贅沢で恥ずべきこと、なくすべきものだとは思います。
    でも、好き嫌いのある人のほうが、いろいろな意味で繊細なものを持っているような気もします。

    ユーザーID:3167722250

  • 好き嫌いを「欠点」と認識していないか

    好き嫌いがない人というのは、得てして他人の好き嫌いを「欠点」として
    捉え、「努力と工夫で克服できるもの」と考えがちです。
    (「美味しんぼ」の作者が典型例で、あの漫画には「食材や料理を工夫して
    好き嫌いを矯正した」類の話がたくさん出てきます)
    トピ主さんもたぶん同じ発想が「無意識の内に」あるのでは?

    ただだ、「好き嫌いがない」といっても、例えば「ざざむしの佃煮」や
    「イルカの味噌煮」みたいな、ある地域ではよく食べられるけど一般的には
    敬遠されるような食べ物はトピ主さんも苦手だと思うので、ここは発想の転換で、
    「旅行先で遭遇した『ちょっと手が出なかった食べ物』」みたいなお題で
    会話をしてみてはどうでしょうか。少しは「好き嫌いがある人」の気持ちが
    共有できるかもしれません。

    ユーザーID:2089971938

  • 成長するにつれて偏食に・・・

    本題から横にそれますが、

    >離乳食の頃から少しずつ慣らしていけば偏食になりません。

    というご意見、少なくとも私には当てはまりません。
    好き嫌いのない母が作る離乳食で何でも食べてきたそうですが、
    年を重ねるごとに嫌いなもの(=美味しいと思わないもの)が増えました。
    何度食べても美味しいと思えません。

    >生まれ育った環境が良くなかったのかな?

    と思ってしまうという方もいるようですが、それも違うと思います。

    ユーザーID:0781122301

  • では

    わざわざ話題にするから謝罪されるんです。対処方法はその話題を一切しない。で充分です。
    1については同上。
    2について好き嫌いの克服はその方自身の意思が伴って始まるのです。その方は食生活に不自由していません。
    貴女が我を引っ込めれば問題有りません。
    これだと貴女がストレスを溜めることになりますが、それが嫌でこのトピックを立てたんだとしたら彼氏さんの受ける、貴女の都合だけでカスタマイズされる事へのストレスは二の次ですか。彼氏さんが可哀相です。

    生刺身好きの彼氏に乗り換えた方が手っ取り早いですよ。

    ユーザーID:4074062050

  • トピ主の気持ちわかります

    刺身を食卓にのせなければ何の問題もないということを最初からわかっていたんですよね?

    いちびってトピなんか立てなくていいですよ。

    ユーザーID:6757252558

  • 食べ物

    今の日本では、いろんなものが食べれます。
    人間だけですよね? こんなにいろんなものを食べるのは。特に先進国では、本当に食べなければいけないわけではないものまで
    好みで選んで食べることができます。
    他の動物は、必要な分を必要なだけ自然からいただいて食べています。
    でも人間は違う。他の生き物から奪うだけ奪っていると思います。

    彼との好みの差は残念かも知れませんが、お刺身を食べれるということは、とても贅沢なこととも言えませんか?
    そう思えば
    彼が刺身を好まなくても、自分がいただけるだけで充分満足できます。
    それと、彼がもし、トピ主さんの味付けに文句を言うのでしたら、彼に作ってもらいましょう。

    ユーザーID:2133332504

  • トピ主です・5

    親身にご意見下さってる方々、本当にどうもありがとうございます。

    自己レス、「トピ主です・4」で、無音が不安(緊張)なので音をかけてみます。と書きました。
    ある日私が、静かすぎるから、とCDをかけたところ、次の日は彼の方から「今日は何かけようか〜」と言ってかけてくれました。お互い音楽の趣味も合うので、無音よりもぜんぜん良い雰囲気で食事が出来ました。

    しのぶさん、涙の雫さんが、私の言いたいことを代弁してくださったようです。根本的な問題、問題の本質は違うところに!書いてくださったそのままです。なんだか気分が軽くなりました。ただ楽しく食事したいだけなんです。

    カルオナーラさん、どこにも書いてないのにどうして彼が理系だとわかったのですか(笑)、びっくりしました。そう、感情よりも味がどれくらい濃いとか「あくまで事実」を述べたがるんですよ。

    *****

    こちらのおかげでトピ主の心も変わりました。本質もみえました。楽しくしていきますので、ご意見くださった皆様、どうもありがとうござました。

    ユーザーID:8262811931

  • 初々しいのう(爺)

    男性です。
    トピ主さんの”お刺身が好きじゃない彼を悲しむ自分がイヤ”という表現に、
    良く言えば可愛らしい、悪く言えば鬱陶しい、率直に言うと若さを感じます。
    叱咤ください!とあるので、彼の気持ちになって考えてみてはいかがでしょう…、

    彼をあなたと同じ土俵に立たせてみると
    「お刺身が好きじゃない彼を悲しむ自分がイヤという彼女に幻滅する自分がイヤダー!」
    というわけで、自分の気持ちだけに敏感になりすぎるのもどうかと思います。

    ユーザーID:9528591740

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧