私は人より感情がないのでしょうか

レス26
(トピ主0
お気に入り87

心や体の悩み

匿名

30代主婦です。

自分には人間らしい感情があまりないのでは。
と思うことがあります。
冷たいというか…。

例えば、学生時代の友人と年に3回ほど集まりがあります。
できるだけ出てこようと都合を何とかつける人もいるのに、私はそれほど必死にならず、それどころか気分があまり進まないと行くのはやめておこうかと思ったり。
会社の同僚が会社を辞めるときでもそれほど悲しくなかったり。
他人だけでなく、家族のこともなんです。
親や兄弟が病気をしても、それほど心配にならなかったりします。
原因として思い当たることはあります。

小さい頃から、感情をおさえて育ってきました。
父が厳しかったいというよりも、今思えば、自分勝手というか大人になりきれていないというか…。
テレビは8時くらいまでしか見せてもらえず、番組もアニメくらいで、バラエティや歌番組なども見せてもらえませんでした。
しつけということではなく、父が嫌いな番組という理由です。
音楽を聴くこともダメでした。

狭い家だったので自分の部屋もなく、居場所もなくて好きなこともできない、とても窮屈で家にいるのが嫌いでした。

母はいまどきいないような昔な人間で、父の言うことを「はいはい」と聞いて家事だけをしていました。
テレビや新聞も見ないし、近所以外ほとんど出かけることもなく、社会のこともあまりわかっていないような感じでした。
家族で和気あいあいなんて雰囲気ではありませんでした。
兄弟同士でもお互い思ったことも言えなかったし会話もあまりありませんでした。
常に父の顔色を伺ってたように思います。
我侭も言いたいことも言えず育ってきて、感情がうすくなってしまったのでしょうか。

しつけではなく、親の我侭で厳しく育った方いらっしゃいましたら、どんな風に大人になったのでしょうか?

ユーザーID:3977538731

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主の言う人間らしい感情って何?

    年3回も会うのでしょ?
    10年ぶりの再開の機会ならともかく、気分が進まないからと欠席しようかと思うのはおかしくないですよ。
    必死になって都合をつける人の方が、案外普段寂しい思いをしているのかも知れません。

    会社の同僚が辞める時に悲しいのが人間らしいのですか?
    そんな事をを思うのは、幼いだけで人間らしいとは言いません。

    親や兄弟の病気を必要以上に心配しても仕方ないでしょう?

    トピ主の子供の頃の生活が、別段おかしいとも思いません。
    テレビしかり音楽しかり、父親がテレビのチャンネル権を握っていたから、自分の部屋がなかったから、お母さんの事、そんな事で人間らしくなくなったなんて単なる言い訳。
    トピ主と同じような環境で育った人は、山ほどいます。
    っていうか、トピ主さんの感情が人間らしくないなんて全然思いません。
    それよりも、トピ主がそんな心配をするようになったのは、どういう理由からなのでしょう?
    そちらの方が気になります。

    ユーザーID:6947273159

  • 私も

    似たような家庭環境で育ちました。私の場合は母が厳しく痛かったり悲しかったりしても泣いて感情を出すことが出来ず甘えられませんでした。4人兄弟ですが白々しい関係。私も自分で無感情だなあと思います。人のためにしてあげたいとか 喜んでもらいたいという気持ちが欠けています。本当の自分はどんな人なのかさえ良く分からないので人付き合いも浅く親友はいません。昔家族内で感情を露わにする経験がなかったためまして他人とは難しいという感じです。

    ユーザーID:1641605489

  • そういう傾向ありますね

    今のように育児に関する情報が少ない時代なので仕方がないのでしょうが、親のその時々の感情に振り回されて育ちました。
    当然、親の顔色を見て育ちました。

    親から愛されずに育ったので、私もトピ主さんのような傾向があります。
    学生時代は特に。病気になっても『自業自得でしょ?』と、かなり冷たかったです。

    今は少しずつマシになってきたかも?
    私が周囲に無関心でも、友人達は私のことを気遣ってくれたり、何かと心配してくれたり、私に良いことが起これば自分のことのように喜んでくれることに気付いたので、そういうのを見ていると『あぁ自分も同じようにお返ししなきゃいけないな』と思うようになり、友人達の真似をし始めました。
    そうすると相手も喜んでくれるし、私も嬉しくなってまた友人達を気遣うという、その繰り返しです。

    20歳の時に気付いたので、10年間練習中です。
    残念ながらまだ自然に沸いて来る感情ではありませんので、今後も練習は必要のようです。
    冷酷な私を見捨てなかった友人達に心から感謝しています。

    ユーザーID:8053884929

  • そうかもしれません

    家族関係がよく似ています。私も同じでした。感情を出すと「うるさい」「わがまま」と抑えられてきて、親の都合で育てられました。
    映画やドラマを観ても、感動できませんでした。

    でも、いろいろ本を読んで、自分の感情を出す努力をしていたら感情が戻ってきました。多分、無意識のうちに感情を出して拒否されるのが怖くて抑えてるんだと思いますよ。自己啓発本などを読んでみるといいと思います。

    ご主人や誰か信頼できる人に少しずつ感情を出してみてください。好きなこと、嫌いなこと、好きなもの、嫌いなもの。それを否定されなければ、感情を出す勇気が出ますよ(信頼できない人には話さないでね)。
    私は未だに親には心を開いてませんが、友達や主人には何でも言えます。

    ユーザーID:3426371715

  • 俺もそうでしたよ。

    俺は自分の事しかわからないから説明できない。説明していいのかすらわからない。

    ユーザーID:3876212909

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • ないものねだり、かなと思います

    トピ主さんは「親のわがまま」と書いていますが、しつけとわがままの境界線はわかりにくいと思います。
    バラエティや歌番組をみせてもらえなかったことがご不満のようですが、極端なことを言えば、テレビのないうちだってありますし、見たくもない番組につきあわされる子どもだっています。
     
    本を読む時間や勉強をする自分の時間がとれて、かえってよかったのではないですか?
     
    「和気あいあい」の家族がほんとうの家族というような理想を持っていらっしゃるようですが、近しいもの同士、いがみあったりけん制しあったりする家族も本来の姿だと思います。
     
    お父様はちゃんと家族を養っていらして、お母様もきちんと家庭を守っていらしてすばらしいご両親だと私は思います。 
     
    自分の感受性を人(家族であっても)のせいにしなくてもいいのでは?
     

    ユーザーID:7933959905

  • わたしもそうかな

    育った環境も似てます。母の意向で、お笑い番組も歌謡番組も見せてもらえませんでした。漫画、雑誌禁止でした。
    他人が感情を表す瞬間を見ても、なぜそうなったのかが、本当にわかりません。
    以前、娘の学級で、一年を通してやらなければならない保護者級長が体調不良のため、2学期に交代することになりました。2学期から誰がやるかは割とすんなりきまったのですが、そのとき、元の保護者級長が申し訳ないと涙を流すのを見て、ものすごく不思議におもいました。こんな風に感じている事自体批判もあろうかとおもいますが、今でも私は不思議。それほど、感情というものに鈍感です。
    学生時代、部活動で仲間と涙を流した経験もなし。嬉し涙の経験なし。職場でお別れの時、涙をしたこともなし。
    怒はあらわしやすいですが、喜、悲、楽の感情は表せないというより、感じないのです。
    よって、あまり他人に感謝の気持ちがわきません。ここが致命的だとは感じていますが・・・

    ユーザーID:9454369348

  • 大人になったのは体だけ

    同じような環境で育ちました。
    ワンマンな父、会話のない家。母は私を嫌っていました。

    結婚して子供を産みましたが(知り合いには子供が子供を産んだと言われた)、心が成長することはありませんでした。自分は生きる事にも子供にも執着していません。ただ毎日を過ごし、子供が自立するのを待つのみです。そんな私の子供も、妙に醒めたところがあります。

    環境って大事ですね。 つくづく思います。
    親になる資格のない者がその自覚もなく簡単に子供を作るべきではないのです。不幸な子供の連鎖が起きるだけです。今頃気づいて悲しいですが・・。

    ユーザーID:1881214086

  • もっと厳しかったけれど

    うちも父親がどうしようもなく暴君でした。母は争いを避けるタイプで何でも従っていました。もちろん私たち子供も従わされました。というより「パパを怒らせるようなことはしちゃいけない」というのが心の底まで染み付いていました。それでも思いもかけぬことで怒鳴られたりしました。
    テレビなんて8時どころか7時以降はNHKのみ。8時には寝させられました。私も家が大嫌いで学校のほうがずっと楽しかったです。日曜日、夏休みは大嫌いでした。親はほめてくれないけど学校はほめてくれる。勉強は裏切らないから好きでした。

    こんな育ちの私ですが人一倍感情が豊かだと思います。悪く言えば神経質なほど周囲の人のことを気にして生きています。気持ちが読めます。感受性が強くて、弱虫で泣き虫です。対人恐怖症になるほど人に裏切られるのが怖いです。率直な、正直な、誠実な人が好きです。

    父親にいじめられてきました。就職してからも認められることはありませんでした。それでも初給料からずっと、父の日、誕生日には必ずプレゼントをしていました。片思いです。
    どうですか?感情がないのは親のせいだけではないと思いますが。

    ユーザーID:2376964853

  • つらいですよね

    本文を読んで、私のことかと思いました。
    私の場合は、母に少しでも感情を吐露すると、「何がおかしいのか?!」とか「その言い方はなんだ?」など言いがかりをつけては当り散らされたり暴力をふるわれたため、自分の感情は表現してはいけない、思ってはいけないことなのだ、と感情を押さえ込みいつしか今悲しいのかうれしいのか、怒っているのかはたして自分の感情さえわからなくなってしまいました。
    自分を守るために感受性を鈍らす訓練をしてしまったのでしょうね。

    私も映画を見て泣くことはまずありませんし、身近な人の悲しい話を聞いてもどこか逃避してしまう、無意識に頭からそらしてしまう感じといいますか・・・。
    そんな私も子供を持って、少しずつ人間らしい感受性が育ってきたように思います。

    小さな子供が犠牲にになるニュースを聞くと人事と思えず胸がしめつけられ涙が出てくるようになりました。
    とはいえ、自分の元の家族に対しては無感情なままで冷たい娘呼ばわりされておりますが。

    暖かさを教えられずに暖かな心をもつというのは相当難易度高いですよね。自分らしく、あせらずでいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:4835378690

  • 諦め?

    そういう環境で育つと、どこかで
    「これはどうすることも出来ない、仕方ないんだ」
    と諦めてしまったり、
    「こんなもんなんだ」
    と消極的な受け入れをしてしまったりする癖がつきません?

    私もそうだったんですけどね。
    私の親も、今考えたらかなりいい加減だったし、
    いきなり理由もなくキレたりしてました。
    家にいても、ビクビクしていたというか。
    安らぎがなかったんですよね・・・・

    私の場合、学校を卒業して、
    いろんなところで働いて、
    いろんな人に出会って、
    いろんなところに旅をして・・・・
    人生の楽しさを見つけられるようになりました。

    今は2人の子供がいますが、
    子供たちには同じような育ち方をして欲しくないと思ってます。
    自然に笑顔がこぼれて、
    明るくて元気な、ユーモアのある子に育って欲しいなと。

    夫婦喧嘩したりすると、子供たちも心配になったり、不安になって爪を噛んだりしてます。そういう時に、ふと「いけない!」と気がつきます。

    仲良しの家族、安心できる家庭を作ること、それが楽しくない子供時代を送った私のテーマです。

    ユーザーID:7086738589

  • 育ちよりも性格かなあ

    学生時代のお友達の件、会社の同僚の件、決して珍しいことではないと思います(私もよく似ています)。ご家族の件は、私個人の感覚とは少し違いますが、そういう方もいらっしゃるだろうと想像がつきます。

    ちなみに、私も母の価値観にかなり影響され、自由の少ない子供時代を送りました。具体的に言いますと、お受験経験者です。この世界は、躾というよりは親の自己満足の世界です。悲しい思い、理不尽な思いをした経験は数え切れませんよ。同じ家庭環境で育った兄は、友達との関係はとても大事にしているようですが、家族の病気は私ほどに心配はしていないように見えます。つまり、私とはまるで逆です。結論として、性格が大きいのではないか、と。

    ところで、トピ主さんは感情がないと悩まれているのでしょうか。感情がない方が楽なこともありますし、今のままで何か困りますか?

    最近、内面的な問題に直面すると親の育て方に原因を求める風潮がありますが、親も人間ですし完璧な育て方なんて出来ませんよ。親の影響が全くないとは思いませんが、余程の劣悪な生育環境でない限り、理想の自分になれない自分に対する言い訳のように聞こえてしまいます

    ユーザーID:0398395686

  • 同じかもしれません

    トピ主さんと育った環境がとても良く似ている、同じく30代の主婦です。感情の薄さというか、「悲しい」「寂しい」の感情が薄いと自分でも思います。

    子どもの頃、一番苦痛な時間は家族で食卓を囲んでいるとき、家族での外出中でした。いつ親の機嫌が悪くなるのかわからなくてびくびくしてました。

    父はモラハラ。ターゲットは子ども達。(「誰のおかげで飯が食えるんだ」「なんだその目つきは」「お前らは金かかる」 「おまえらの頭はどうかしてる」 「俺の言うこときいてればいいんだ」)

    母はヒステリーかメソメソ。(人の手紙を勝手に読む、日記も読む、子どもが友人と遊ぶのを嫌がる。「あんたは冷たい子だ」「あんたと友達になる子なんているわけないさ」「私はみんなに好かれた、お前はみんなに嫌われてる」「夫婦喧嘩の原因はあんたたち」)

    結婚し、夫が仕事で疲れて帰ってきてもにこにこ御飯を食べている様子に心底驚き、このにこやかさは表面だけでいつか父のようになるのか?と最初の3年くらいは疑っていたくらい。

    「寂しい」「悲しい」がないのは生まれつきなのか、育ちなのかは自分でも原因はわかりません。

    ユーザーID:6270188068

  • こんな大人になりました。

    私はプライドが高いが卑屈な大人になったようです。あとは情緒不安定です。私の両親は毎日私を叱り、殴り、蹴飛ばし、余り褒めたりすることもありませんでした。子供は親の期待に応えなければ愛してくれないのだと29年間信じていました。あとどこまでやれば自分が頑張ったことになるのかがよく分かりません。私はよく消えたいなあと思うのですが普通は余り思わないようです。結構やばいですよ(笑)

    ユーザーID:0910461322

  • 貴方はいたって普通です

    家族みんなで仲良しで
    和気あいあいって、ある意味不幸なんですって。
    だって人はいつかは死んでしまうから。
    実家大好きな人は自分の家庭を作るのがヘタなんだそうです。
    親が死んでも大したダメージが無いほうが
    あとあと楽です。
    大好きな人を亡くしたときの喪失感といったら
    想像を絶します。

    貴方みたいな人、実は多いんですよ。
    周りと比較して悲観することはありません。
    堂々としていてください。

    ユーザーID:7694959713

  • 淡泊

    僕も感情の起伏はあまり無くて冷血や鈍感呼ばわりされる事が多いです。
    これは自身の持って生まれた性格に因るものです。親兄弟は無関係です。

    トピ主様の御兄弟も同じく感情が薄いのなら家庭環境も原因の一つでしょう。そうでないなら相手に共感するという意識が希薄なだけです。

    ユーザーID:1375743553

  • おそれずに表現してみては?

    トピ主さんのおっしゃること、わかるような気がします。

    言いたいことを我慢していると、それに慣れて、自己表現が下手になってしまいますが、感情が薄くなるわけではありません。
    人間ですもの、感情は必ずあるんです。
    ただ、怒りや悲しみや寂しさという感情を味わうのは辛いから、感じないようにフタをしているのだと思います。
    子供なりに精一杯の自己防衛だったのではないでしょうか。

    人生をもっと楽しみたくありませんか?
    感情を表現するようになると、受け取れる喜びも増すと思います。

    育った環境のせいで感情が無くなった、と思うのはもうやめにして、
    親から受けた影響の呪縛(おおげさ?)から解放されませんか?

    感情をストレートに味わうのは、最初はちょっと辛いかもしれません。
    でも、いっぱい泣いて、いっぱい笑ってみませんか?
    「生きてる」って実感できると思いますよ。
    私も練習中です(^−^)

    ユーザーID:0835998920

  • 反対です

    うちも似たような親でした。よく叩かれたりもしました。。父の考えで子供には冷暖房もなし、ただ電気代がもったいなかったんだと思います。子供っていっても30過ぎで家を出るまでそうでした。テレビ見させてもらえない分読書は出来ましたけどね。家を出たくても親が私を離さないのでどうしようもなく、結婚して出られたときはめちゃくちゃ嬉しかったです。

    ところでどんな風な大人に育ったかというと、もとからの性質があるから、全て育ちとは言いがたいと思います。でもどうだろう?人それぞれなので、トピ主さんはそれが気持ちを抑える原因なのかな?
    私は家族のことは(父はそうでもないかな〜)すごく心配症で疲れるくらい心配しますし、人が大好きで、友達にはあなたみたいに情が深い人はいないとか言われるし、妹もそんな感じです。私は反対にもっとクールなほうが楽なのかなと思うことがあります。
    小さい頃親に可愛がられたという思いがないので、よけい人恋しいのだと思います。

    ユーザーID:8943904739

  • 特別なことじゃないですよ

    トピ主さん、別に特別じゃないと思いますよ。
    行きたくて仕方がない外出なんて、そんなにあるもんじゃなですよ。時として自分で計画した旅行だって、億劫になることがあります。

    会社の同僚がやめて悲しいなんて、皆さん思っているのかなぁ。よほど仲の良い相手なら別ですが。
    そりゃ一時は寂しいと思うけれど、人の出会いは一期一会です。

    それに、10代ならいざ知らず、30代ならもう親のせいでもないと思います。
    家族で和気藹々、兄弟姉妹で会話が弾む、そんな家庭がトピ主さんの中では普通なんでしょうか?

    だとしたらそれは幻影だと思います。 自分の環境を憂えるあまり、世間を美化していませんか?

    今のあなたは誰かに作り上げられたものではなく、あなた自身の個性なんだと思います。

    ユーザーID:8188432714

  • 環境には恵まれてますが

    30代女性です。私は環境としてはとても恵まれた家族の中で育ちました。幼い頃は感情も思いっきり出すような子供でしたが、大人になるにつれて、どんどん落ち着いていって、今は感情の起伏があまりないですね。感情的というよりも理論的に考える方です。

    友人との付き合いは都合が合えば会うし、会わなければ会わないし強制もしない。でも友人は結構います。疲れる関係は長続きしないですよ。
    同僚が会社を辞めるのも悲しいとは思いません。また会社の人間関係が変化するなと思うだけ。仲がいい人なら辞めたって関係は切れないですしね。

    家族についても病気になってもそれほど心配しません。病気についての知識収集をして本人にアドバイスなどはしますが、心配しても始まりません。
    病気が判明後、どうするかが重要だと思ってます。

    感情的な人は感情に流されて冷静に判断できない人もたまにいるので、私は好きではありません。感情が薄くても状況を冷静に判断できるのだったら全く問題ないと思うし、感情が無くて人間味に欠けてる?と自分で思うのであれば適当に表現法を変えて、周囲に合わせるといいと思います。

    ユーザーID:2220515237

  • 30代くらいなら結構いますよ

     私もトピ主さんと同じ感じです。
    というか、30代以上の人なら結構多いと思います。
    私たちが生まれたころはまだまだ貧しかったんですよ。
    今みたいに物も情報もなかったですし、ここ20年くらい
    バブル以降、ファミリーの絆はこういうものだ、って
    刷り込まれただけでは?

     今と違って昔は生と死が隣り合わせでいちいち
    人が死ぬぐらいでどん底の絶望まで落ち込んでいたら
    しんどいから、あまり感情を持たないというのも楽に
    生きる術だったのかもしれません。

     今はガンになっても生存率はだいぶ高くなったし、ペットロス
    などでものすごいダメージをうける人も多くなって、30年ほど
    で文明も進んだんでしょうね。そのギャップがトピ主さんにして
    みれば悩みどころなんでしょうか?

    ユーザーID:0497289040

  • トピ主です

    みなさま、レスありがとうございます。

    同じような家庭環境の方で、同じような性格の方がいらっしゃって、ホッとする思いです。

    私には姉と弟がいます。
    みんな同じように冷めた感じです。

    友人を見ていると姉妹のいる方は、友達のように話したり、買い物に出かけたりしています。
    みんながみんなそうではないとは思います。仲の悪い姉妹もいるでしょう。
    でも、うちはそうではないのです。
    仲が悪いわけではないけど、良くもないのです。
    なので、喧嘩すらしません。会話もないのです。
    たまに実家に帰っても話し込むこともなく、うわべだけの会話です。
    また、妙に気を使ったり、遠慮もあります。

    未だに、実家へ帰るのはあまり好きではありません。

    人間関係も浅い付き合いでとどまります。
    みんなでワイワイするのは楽しいですが、その場だけです。
    1対1でどこかへ出かけたりとかはないです。
    また、ある程度仲良くなれば、引いてしまいます。
    職場でも普段よく遊ぶ仲間意外の人と敢えて話したりしたり。

    感情が薄いからと言って困るということはないのでしょうが、自分が嫌いです。

    ユーザーID:4666993472

  • マイナス感情を抑えこまれて

    私も父がとても子供っぽい人で感情の起伏が激しく振り回されていました。
    母も感情が高ぶりやすいタイプで気が強くたとえ自分の考えが間違っていても認めることはない人でした。
    両親ともプライドが高くて親の愛情をあまり受けていない人たち。
    そのせいか子供に口答えされると自身が「親の私が子供から見放されるのでは」と恐怖を感じていたのかもしれません。
    結局子供の感情を押さえ込むことで支配したかったのでしょうね。

    人間だれしもプラスの感情だけで生きているわけでもないし、自分自身だって気分のムラがあるのに、一方的に感情を押さえ込むのは本当はいけないことなんですね。
    結局親にたいしても他人に対してもマイナス感情を抱くことは悪だと教えこまれました。
    いまだに他人に対してもいまだにビクついているときがあり、気が付くと顔色を伺っているときがあります。
    そのくせ本当に共感したり他人の身になって考えるのは苦手です。
    マイナス感情を押さえ込みすぎるとプラスの感情もなくなってしまうのでしょうか。
    人からはいまだに「無表情だね」といわれます。

    ユーザーID:5565475938

  • 自分の意思も感情も表せないDV家庭で育ちました

    トピ主さんの育たれた家庭が穏やかに思える程の劣悪な家庭環境でしたが、私はトピ主さんのようではありません。
    寧ろ大人になって暴力親父から解放され(父と修羅場を演じ、母を連れて家を出たのです)のびのびと楽しく生きてます。

    トピ主さんの感情の薄さが100パーセント家庭環境のせいとは思えません。
    生来大人しい、自身の感情活動が不活発な性格だから、環境によって与えられた型にはまり易いという事なのではないでしょうか。
    反対に私は、環境に反発するタイプなのです。家を出る時は文字通り命懸けで父に反抗し抵抗しました。

    だからと言って、トピ主さんが×で私が○だとは言いませんし思いません。
    ただ単に、トピ主さんはそういう性格で、私はこういう性格なのです。
    それは家族仲の良い家庭で育った人にも言えることです。
    トピ主さんにとって大事なのは、現在のトピ主さんが「生い立ちの不幸」によって作られたという自己憐憫に陥らない事です。
    誰も自分の生い立ちの負の面なんて他人に語りませんが、実の所トピ主さんのご実家のような家庭はそう少数派ではないし、もっと抑圧の強い家庭もいくらでもあるのですから。

    ユーザーID:7351333364

  • なんとなく分かります

    私も感情が薄いのか?と思うことがあります。
    もともとの性格、育った環境(私も本音が出せない環境でした)などイロイロあるとは思います。
    弟が過労で倒れた時も、病院に入院してるし自分のやるべき事はやったのですが
    叔母達はやいのやいの騒ぎました(もっと熱心に看病しろみたいな)。
    私も家族(結婚していたし)があるし、するべき事はしてるし、どうして騒ぐの?って感じ。
    だけど、同時に私は薄情なのかなぁ〜って。
    悩む事もありましたが、悪い事もせず自分が精一杯生きていれば良いのではと思うようになりました。
    上手く言えないけど、薄情ではなく冷静でいられるなんて考えれば良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:3972944643

  • 私もです。

    感情がない、感情が薄いと思う時があります。母親が感情の起伏が激しい人です。そのため、私は冷静で落ち着いていたいという思いが強いです。でも、嬉しいとか悲しい気持ちを素直に表に出せる人はいいなぁ〜と思ってしまいます。

    ユーザーID:0417388311

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧