京都の旅館、心づけはやっぱり必要?

レス2
(トピ主0
お気に入り33

旅行・国内外の地域情報

ぷー子

旅館の心づけについては、よく論争のまとになりますよね。
今は渡さない人も増えているし、サービス料も料金に含まれるから不要、
でも気持ちの問題だから渡したい人は渡せばいいし、
迷惑をかけたorとてもお世話になった場合は、お礼の意味で帰りがけに…
という考えが一般的かと思い、今までは心づけはなしでやってきました。

ところが…今度、夫婦で京都の旅館に泊まるのです。
決して高級旅館ではなく、老舗ではありますが朝食のみのいわゆる片泊まりの宿です。
こういったところでは、心づけはするものなのでしょうか?
京都ではいまだにポチ袋文化が生きていると聞いたので、
ほかの地域とはちょっと違う部分もあるのかなあと思い…。

ユーザーID:4566439639

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 必要ないと思いますよ。

    京都在住です。

    その昔、旅館はお部屋係りの人から厨房の人まで、それこそ交代することもなく、いわば家内工業的に運営されていることが多かったものです。
    もちろんサービス料などのシステムも無い時代です。
    一度、そのお部屋を担当していただくと、逗留中はずっとその方がお世話をしてくださるというもの。
    そこで、お客側から“心づけ”を渡すことで、より一層のもてなしを受けられるように配慮する風習がありました。

    しかし、現在は交代制で勤務時間も限定されており、どの方がどの部屋を専従されるかは決まっていないところも多いのです。

    旅館へ到着して部屋へ案内されたときに“心づけ”を渡しても、夕食時や寝具の用意をされるのは違う方のこともよくあります。

    そのたびごとに心づけを渡しますか?

    それよりも、ゆっくりとくつろいで、機嫌良く過ごしていることを言葉に出して感謝の意を述べられたほうがいいと感じます。
    あなた流でいいのです。

    迷うならやめておく。これはいろんなことに、結構当てはまる場合が多いですよ。

    ユーザーID:9579319690

  • よしべえさん、ありがとうございます。

    京都在住の方から丁寧に教えていただき、心づよいです。

    心づけよりも、感謝の意を言葉にしたほうがいいとのこと、
    なるほどと思いました。

    以前、京都のどこかの老舗料亭の仲居さんたちが、お客が帰ったあとのお膳を見て
    食べ方が汚い、お育ちが…などと言い合っていた、みたいな話をネットで見て、
    京都ってコワい…と、へんにびびっていました。
    今まではホテルでしたが、今回はじめて「老舗旅館」に泊まるもので、
    ちょっとかまえてしまっていたんですね。

    でも、おっしゃるとおりですよね! 
    へんにびびったりせずに、リラックスして旅館ステイを楽しんできたいと思います。
    どうもありがとうございました!

    ユーザーID:3971664322

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧