• ホーム
  • 健康
  • 自信がなく、他人のことが良く見えてしまう

自信がなく、他人のことが良く見えてしまう

レス24
(トピ主2
お気に入り82

心や体の悩み

かもめちゃん

タイトルの通りなのですが、他人の行動、性格、環境等あらゆるものが自分よりよく見えてしまうのです。
中学時代にいじめに遭ってから自信が持てなくなり、他人の目を気にして行動するようになってから相手のことが気になるようになりました。
自分が持っていない部分に気がつくとそれが正しいのだと思ってしまい、勝手に劣等感をもってさらに落ち込んでしまいます。

完璧な人などいないし、価値観や考え方がそれぞれ違うこともわかっているのですが、心のどこかで比較してしまうのが嫌でたまりません。
他人や自分の心を過度に見つめるのを止め、自分らしく生きるにはどうすればいいのでしょうか。

アドバイスよろしくお願いします。

ユーザーID:1023055983

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もっと高い所から広く見てはどうでしょうか1

    かもめちゃんさん、こんにちは。

    個人的には地面に近い高さで全ての事を見て居られる印象を感じました。
    「かもめさんは○○だ」と何度も言われて来られたのでしょうか。

    >自分が持っていない部分に気がつくとそれが正しいのだと思ってしまい・・
    持っている相手が正しくて持って居ない自分が間違っていると思われているのでしょうか。
    そう考えると何を見ても辛いと思います。

    一人の人間が持っている物(得意分野・取り柄)なんて、どんな人でも知れています。(勿論私もです)
    タウンページの職業リスト・・星の数程の職業が掲載されています。
    かもめさんの周囲の「出来る人」、果たしてその中の幾つの職業で即プロとしてお金を稼ぐ事が出来るでしょうか。
    普通は1〜2個、出来ても3個かも。
    かもめさん・・0個では絶対にないから1個と考えると・・星の数から比較したら大差ないですよ。

    人は同じ様には生まれません。色々な得意技を個別に持って生まれます。
    周囲の人が出来て、かもめさんが出来ない事・・有って当たり前ですし、その逆も当たり前です。

    続きます。

    ユーザーID:2902641613

  • もっと高い所から広く見てはどうでしょうか2

    人とかもめさんが違って当たり前なのですから、正しいも誤りも無いですよ。

    なので人と自分の比較に意味は無いですよ(苦しむだけです)。

    比較などしないで自分の使命(得意技・取り柄)を見つけて、それで与えられた命を使ってみては如何ですか。

    ありきたりですが、自分発見と自分創りから始めてみませんか。
    本当の自分を見つけたら・・信念を持って生きてみませんか。

    ユーザーID:2902641613

  • 少しだけ追加

    >他人の行動、性格、環境等あらゆるものが自分よりよく見えてしまうのです。

    自分の「今」のそれと周囲の人の「今」のそれを比較していませんか?

    自分の「今」はとても見え難いものだと思います(不安で一杯でしょう)。
    でも人の「今」はとてもよく見えます・・でも人の不安なんて見えないものです。
    だから人が羨ましい、或いは正しいと思ってしまう面も有るかも知れないですね。

    先程も書きましたが、人間全て同じタイミングで同じ様に育つ訳ではないです。
    ですから「今」同士で比較するのは苦しみを齎すだけです。

    良き連休明けになります様に。

    ユーザーID:2902641613

  • 忙しくすること

     他人のことがよくみえるなんて性格良いですね。
    比べるのはあまり他人には好かれることじゃないからやめたほうがいいですよ。比べると追いつきたい、負けたくない、私のほうが年上なのに、とプライドが高くなっていくだけで卑屈な心が増長するだけですから。
     私なんて他人がよくみえることははっきりいってほとんどないです。
    自分が一番素敵って思う性格だから、そんなこと考えたことないです。
    他人は他人、自分は自分。
     失礼ですが、もしかして親に指示されたり、逐一指導されて育ちませんでしたか?親の干渉や圧力が強いと、自信のない大人に育ちがちですね。
    おどおどして自分の個性を出してこれなかった幼少期を過ごすと、周りの目をきにしたり、他人に必要以上に同調したりする傾向がでると思われます。
     今自分の性格に気がついたならば、自信をつけるべく何か趣味でもはじめたらどうですか?そんなたいそうなことを成し遂げなくても自信なんてすぐつきますから。好きなこと見つけてくださいね。
     

    ユーザーID:9142182613

  • 堂々と生きていこう!!

    かもめちゃんへ
    あなたの気持ちはよく分かります。自分より外見が良かったり、収入が高かったり、見栄えのする異性と歩いていたりする人をみるとジェラシーを感じる反面、自分が小さく思えてしまいますよね。

    でも、かもめちゃん、あなたは今まで生きてきました。それについては、堂々と胸を張って自慢すべきことです。かもめちゃんから見て「良く見える人」も悩みながらのたうち回って生きていると思います(私も)。

    ですから、かもめちゃんは今のままでいいと思います(ついでに私も)。
    かもめちゃんは自分の弱い内面をしっかり見つめることができる素晴らしい人だと思います。

    ユーザーID:4134568570

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 旅に出てみる

    いじめ体験は本当に辛いです。心に大きな傷を抱えて、何歳になってもその時を思い出すと胸がズキーンと痛くなりますよね。

    私も小学、中学といじめに遭いました。もう40歳が見えてるのに未だに当時の事を思い出すと、心だけあの時に戻ります。

    でも、いじめも一つの人生経験だと思うようにしています。いじめを受けたから、傷つく人の気持ちを思う事が出来る。悲しむ人の心を想像する事が出来る、そんな一面も持てている事も事実です。経験しないと分からないというのは寂しい事ですが、そういう面を知らずに困る人を見放したり、見下した言動を取るより遥かに良いと思っています。

    これまでお一人で外国であったり、国内であったり旅をしてみた事はありますか?見聞を広める、視野を広げるというのは、どことなく籠りがちな自分の世界を広げる為にもとても役に立ちますよ。

    自分の事を誰も知らない、文化も違う世界に、ほんの短期間でも足を運ばれてみては如何でしょうか?お一人が不安ならば親しいお友達やご家族などご一緒でも良いと思います。まずは近場からでも、多少の出費は心持ちを切り替える為の授業料と思って。

    ユーザーID:9863234319

  • 生きがい

    毎日楽しく、どんな些細なことにでも楽しみや生きがいを感じている人って、自分と他人とを比較したりしないと思うんですよ。

    それに、他人に持っていないものを、かもめちゃんは持っているはず。


    何か打ち込めるものを見つけたり、山や高いところにのぼって、世界を見下ろしてみるのもおすすめです?

    ユーザーID:2313616647

  • 皆同じです

    皆同じ気持ちなのです。
    ただそう見られないようにがんばってるだけですよ。
    心に傷のない人は一人もいません。

    私も昔やった失敗を49歳のいまでも引きずっています、その上年をとるにつれて失敗の数は増えるのに、悪い記憶は消えません。

    まず、みんなそういう思いはあるけど、隠してるだけだと言うことを納得してください。
    次に、一番の近道は、がんばってお金を貯めることです。
    現代社会ではそれが一番効果があります。

    つまり山登りをするのに、余分の水をもているような、狩猟に行くのに矢を十分に持つような、試合に行くのにしっかりと練習をつむような行為なのです。

    余分のお金があることが現代社会では、心の余裕となり武器になるのです。

    ユーザーID:9531559598

  • 自分の基準を持つことです

    私も勝手に他人と自分を比較して、落ち込むことがよくありますが、それじゃマズいぞ!と思い始め、努力しているところです。

    自分なりに気がついたのは、勝手に劣等感を持ってしまうことの裏側には、プライドが存在するということ。私の場合、「私ってダメ人間!」と思うのは、「私だってあんなふうにできるはず」という気持ちがあるんです。

    なので、今は「身の程を知る」「身の丈に合った生き方をする」「ほどほどで良しとする」ということに注意しています。自分には何かふさわしいか、何が合うのか、という自分なりの基準を持つことがポイント。

    買い物を例にしちゃいますけど、いくら品質が良いからと言って、お金がないのにローンを組んでまで買ってしまうのか。自分に買える値段で品質もそこそこのものを買うのか。そういうことじゃないでしょうか?

    いいものがいいのは当たり前。でも、上を見るとキリがありません。「自分にはコレ」という感覚をつかめると、落ち着いて自分自身でいられるのではないでしょうか。

    今の自分に満足できたら、きっと幸せですよ。

    ユーザーID:0777971548

  • 前向きに

    他人が良く見えるのって、悪いことばかりじゃないですよね?
    私も周りの素敵な女性を見て、真似したいなとか憧れますよ。

    もちろん環境とか自分ではどうしようもない事もありますよね。それはそれです。

    中学時代のいじめは本当に辛かったのでしょうね。でもトピ主さんのせいではないですよ。
    いじめるほうが人間的に問題があるんです。
    乗り越えてきたトピ主さんは強い女性だと思います。

    比べて自己嫌悪するのでは無く「私も頑張って素敵な女性になろう」って思いましょ!

    ユーザーID:7649167391

  • 自尊心が低いのが原因だと思います

    自尊心が低いとどんな事にも自信が持てず、周りの評価が気になり、自分の行いが間違っているのではないかと常に不安にかられ、他人の事がいつも正しく見えたり聞こえたりします。自分を必要以上に低く評価しているのではないですか?

    自尊心を高めることをやってみたらどうでしょうか?簡単なことではないですが、訓練をするように意識して繰り返し続けてみると効果が出てくると思います。

    ・自分を誉めてあげる
    ・自分をいたわる。例えば、髪の手入れをする、きれいな洋服を着る、美味しい物を食べるなど自分に楽しみを与えてあげる。
    ・趣味を持つ。自分の上達振りが分かるような「趣味」が良いと思います。
    ・今の自分をそのまま受け入れることも大切だと思います。

    その他、物事を「良い悪い」で判断する思考を変える。物事には「正」「悪」や「良い悪い」で割り切れない、グレーの部分があります。それに気づくことが大切。そうすれば、“自分が持っていない部分に気がつくとそれが正しいのだと思ってしまい…”という思考回路が変わってきます。「相手が常に正しいわけじゃない、そういう考え(事)もあるわね」と受け入れるようになれます。

    ユーザーID:9717983709

  • 気にしない 気にしない。 皆そうですよ。

    私も同じように考える事がありますよ。
    実際自分より優れたものを友人知人たちは持っていたりするんですよね。
    そういう時は

    私ってまだまだだなー。
    知らない事多いんだな。

    そんな風に考えます。

    もちろん妬ましいとか憎いなんていう感情はまったくありません。
    ただただ相手の素晴らしい点に対して私はどうなんだろうっていう気持ちですね。

    でもそういう気持ちが何かを頑張る原動力にもなっていると思います。
    (もちろんライバル心や対抗したい気持ちではなく純粋に向上したい気持ちです)

    そういうのって私は嬉しいんですけど
    トピ主さんは嫌なのでしょうか。

    もちろん、相手と自分の差を思うと多少は落ち込みもします。
    しかし落ち込み過ぎて自分を駄目人間とまでは思いません。

    トピ主さんはもう少し気楽に考えてみては。

    相手の素敵な部分を素直に素敵と思えるならば
    お手本にしたり自分もそうなろうって行動に移してもいいし。

    ただただ「自分はあの人より劣ってる」の部分で止まっているから
    暗い感情にとらわれるのでは?

    ユーザーID:6991544032

  • 過去の私

    私も若い頃はトピ主さんのように自分に自信がもてず人を羨んだり落ち込んだりしていました。
    それは結婚して子供ができても続いていたのです。
    自信がないから親が集まる懇談会でも上手く発言できないし、時には恥をかいたり。
    ただ、嫁いだ先が田舎なのでやりたくない学校役員なども頻繁にあたり、嫌でもなんでも子供の為に恥をかきつつ頑張りました。
    こんな私が言うのもなんですが、自信がない人は他人まかせ自分は傷つきたくない恥もかきたくないのだと思います。
    自信を持つには経験を積むしかないのでは?自戒を込めて。

    ユーザーID:0308128437

  • トピ主です。

    ちょっとパソコンを使えない間にこんなにレスが・・・
    みなさんありがとうございます。

    >自分の「今」のそれと周囲の人の「今」のそれを比較していませんか?
    とありますが、まさにその通りなんですよね。。。

    でも多かれ少なかれ、誰でも他人を気にしながらも自分なりに生きているんですよね。
    改めて気付かされました。

    環境の話が出たのでお話しますが、私は一人っ子なので、小さいときから逐一親に観察されて育ちました。
    もしかすると原因はそこに・・・と思います。

    育った環境は今更変えることはできないので、
    それを言い訳にすることなく、自分なりの基準を探してみようと思いました。

    みなさんはどうやって自分なりの基準を身につけられたのでしょう?
    生きていれば当たり前にできることだとしたら、
    私は相当恥ずかしいですよね(笑)

    ユーザーID:1023055983

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 私は見た目で…

    私も自分に自信がなく、他人と比べて落ち込んだ時期がありましたが、ダイエットして、おしゃれをするようになってから、そういうことも少なくなりました。
    私はけっこう見た目を気にするタイプなので、ちょっとでも前より綺麗になったと思うと、それだけでけっこう自信になったのです…
    内面を磨け!って話かもしれませんが、まず見た目から入るのも、見栄っ張りな人間には効果ありですよ。

    自分なりの基準って、自分が重要視しているものを見つけることかもしれませんね。
    私はそれが「見た目」だったのです、恥ずかしいことに(笑)

    あと、ダイエットするのに体操を毎日続けたのですが、その毎日辛いこと(私にとっては)を続けている、ということは自信になった気がします。
    自分ひとりでこうしよう!と決めたものを、守って続ける、というのは他人に揺り動かされない自分を作っているのと同じではないでしょうか。
    たかだか体操で大げさですが。

    ユーザーID:3920553671

  • 2度目の投稿です

    >みなさんはどうやって自分なりの基準を身につけられたのでしょう?

    まず自分で自分のことを知らなければ、トピ主さんのいう「基準」というものは見つからないと私は思います。自分のことを分かっているようで、実はまだ知らない事がたくさんあると思います。自分には、自分が思っているよりも「素晴らしい部分」がたくさんあるはずです。また、その反対に「他の人より劣っている部分」があるのも確かです。しかし、劣っている部分があるからといって、それだけで自分の価値を下げてしまうことは過小評価に繋がっていきます。

    欠点も長所も、認めたくないような自分の弱い部分も全て含めて自分を知り受け入れることが出来れば、トピ主さんの「基準」というものが確立されていくのではと思います。

    ユーザーID:9717983709

  • 人間の目は外を向いているから

    2回目です。

    人の事がよく見えてしまうのは、人間の目が外しか見えないから。
    人の行動・格好・環境・・どれをとっても目で簡単に見えます。
    でも自分のそれは・・ややもすると鏡という道具を使わないと見えない。

    だから人の事が気になるのでしょうね。
    反対に自分をしっかりと持っている人は人の事など気にしないで自分がすべき事を黙々とこなします。鏡を使うまでもない状況に居る訳です。

    基準・・torinekoさんが分かりやすくお書きですね。
    自分らしさの再発見なのかなー・・人の心を見るよりも大事だと思います。

    世の中・・した方が良い事、持つ方が良い物、使った方が良い物・・無数に有りますよ。ベンツ・ミネラルウォーター・浄水器・国産肉・白亜の豪邸・・何でもアリですよ。人の性格・行動・環境も同じで、良いなーと感じる事なんて一杯あるでしょう。でもそれが絶対に必要かと言うと、そうでもないですよ。

    本当に大事な物って極僅かです。
    色々な物を持ち過ぎると逆に大切な物が見えなくなる・・自分を見失う結果になるかも。

    愛したい人、居ますか(自分も含めて)?

    ユーザーID:2902641613

  • まずは

     親の意見が正しいとは思わないことです。困った時や子育ての時に親にどうしたらいいかを聞くのではなく、自分で考えることと、他人を頼らないことですよ。
     自分流で育ててやるわ〜!くらいの意気込みでやれば恐怖感や劣等感なんてわいてこないから。
     人間なんてそんなに能力に差なんてないですからね。
    差がでるのは、やる気や運があることや、人付き合いなどで人生が開けるのですから。才能などは本人は気づかないだけでだれでも何かの才能はありますから頑張って好き勝手に生きてください。

    ユーザーID:9142182613

  • 気持ちわかります

    私と似てるな〜と思う。
    私の場合無意識に人と自分を比べちゃってるので、比べないでと言われてもなかなか難しい・・・

    私の場合、小さな頃から家族に(特に母ですが)
    「あなたは我がまま、自分勝手、ひねくれている、うっとうしい、意地悪」と言われて育ちました。
    だから自分の評価ももちろん上と一緒で、こんな自分が人から好かれるわけがないと常に自信がなく消極的に生きてきました。

    自分に自信がないわけだから、自分にないものを持つ人を求めては違和感を感じ、離れ…の繰り返しでまともな友達もいませんでした。

    しかし大人になり、私を認めてくれる人に出会い、結婚し少しずつ自分を取り戻せてきています。
    それでも自分に染みついた感覚と言うのは簡単に消せません。

    私もこのレスを楽しみにしていて、参考にさせていただきます。
    お互い自分に自信が持てるようになれるといいね。

    ユーザーID:5901493997

  • 勉強中です

    かもめちゃん、こんにちは。私も中学の時いじめにあい、家族環境もあまり良くなかったのでAC気味です。

    >みなさんはどうやって自分なりの基準を身につけられたのでしょう?

    生き辛さを感じてる人が自分なりの基準を見つけるのは、時間もかかるし気力や努力が必要な気がします。
    私もやっと50%くらい。まだまだだなーと思っています。

    私は身体を動かす趣味を見つけ、今はそれが楽しくて人生が変わりました。姿勢も良くなって、他人にどう思われるかあまり気にしなくなり、人と比較してもしょうがないと思えるようになりました。
    劣等感はまだ克服できていませんが、自信を持てるようになりたくて自己啓発本を読んだりしています。中にはただの説教本か!と言いたくなるものもありますが勇気をもらえることもありますよ。

    かもめちゃんも何か夢中になれる好きな事を見つけると良いと思います。
    重要なのは決して自分を責めないこと。
    ダメな自分も含めて自分を好きになってあげること。
    自分を認めてあげれば、少しづつ他人と比較することはなくなります。
    小さな事でも幸せだなーと思えるようになれたらしめたもの。
    幸せになって欲しいです。

    ユーザーID:2715570258

  • 気分転換に

    養老孟司さんの著作「バカの壁」をお奨めします。

    「ナンバーワンよりオンリーワン」「個性」「自分探し」等々の表現が
    自己というものに根本的な錯覚がある代表例として扱われています。
    (勿論、言葉尻を捉えた内容ではありません)

    既に読まれていらっしゃるようでしたら、くどくなって申し訳ありませんが
    自己とは何なのかの本質らしきものを垣間見れる様な気がしました。

    ユーザーID:4722461249

  • 試行錯誤するしかない

    自分はどうしたいのか、というベクトルを確認しながら、
    今の自分にできることを地道にやっていくしかありません。

    「自分なりの基準」はどんどん変わります。
    もし、若い頃から変わらない基準を持っている人がいるとしたら、
    その人は、よほどできた人間か、よほど独りよがりな人間です。

    世の中にはスマートに生きているように見える人がいます。
    書店には、「簡単に成果を上げる方法」的な本がズラリと並んでいます。
    でも、惑わされないこと。
    本当の力は、一つ一つのハードルを自分の力で越えなければ身につきません。
    筋トレみたいなものです。

    過去の自分よりも成長することを考えましょう。
    他人の「姿」は参考程度にしておきましょう。
    誰だって自分以外の人間にはなれないのですから。

    自分はどうしたいのか、何ができるのか。
    人に意見を聞いたり、日記をつけてみるのもいいと思います。
    ベクトルがはっきりして、まっすぐ進める時が来るかもしれません。
    それでも、次のハードルが現れるけど。

    私も試行錯誤しています。たぶん一生。
    お互いに頑張って生きましょう。

    ユーザーID:3799925303

  • 再びトピ主です。

    前回の書き込みを終えてからさらにレスが増えていたので、驚きました。

    自分なりの基準を作ることは、なかなか簡単なことではないことを改めて認識したところです。

    一度目のレスをした後、色々考え始めました。
    今心がけ始めていることは

    ・自分を責めるのをやめ、代わりに少しでも褒めるようにする
    ・普段から考えや感情に目を向けるようにする

    です。
    少しずつやるべきことやすべき方向が見えてきたところです。

    ユーザーID:1023055983

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • おんなじですね。

    かもめちゃんと私、似ている気がします。私も一人っ子で、親は私に過干渉気味。そして大人になっても自信がないのも一緒。
    私は生きづらいのがイヤでたくさん自己啓発やスピリチュアルなどの本を読みました。

    学んでそれを日常生活で実地する。それを繰り返してきました。失敗も成功もしました。試行錯誤して8年くらいかな。だんだん生きやすくなってきました。感謝の気持ちがもてるようになり人生が楽しくなってきました

    最近読んだ本の中に
    「人間は人間として生まれたことだけで尊いのであって、勉強ができるとか、人より能力があるんなんていうことは二の次でいい。だから、自分の好きなことをやりなさい」
    という一文がありました。
    「何かしなくては」「良い人にならなくては」と焦る必要がないと。人間で「ある」だけで十分だと。

    かもめちゃんは自分が好きですか?長所も短所もひっくるめて好きですか?自分を変えよう!とするのではなく丸ごと受け入れられたらすごく楽になると思います。

    ユーザーID:9522536253

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧