電話で名前の漢字を説明する時

レス114
お気に入り122

林の上に木

話題

私は苗字を森と言います。
先日仕事で電話をした際、「私、森と申します」と言ったところ、相手の方から「林の上に木が一本の森さんですか?」と言われました。
確かに間違ってはいませんが、「初めていわれたなぁ」と思わず笑ってしまいました。
たいていは「木が三本の森さんですか?」と言われることがほとんどで、自分で説明するときも同様です。

また知人は名前に「朱」と言う字がつきますが、やはり電話で朱色(シュイロ)のシュという字ですと言ったところ、「失うっていう字に似た字ですか?」と聞かれたそうです。
「似てるかもしれないけど、人の名前を確認するのに失うっていう字って言われるのもあまり気分がよくないわね」と苦笑していました。

皆さんは、名前や住所の漢字を説明するのに苦労した経験や、面白い勘違いは
ありませんか?
私は反対に相手の言っている漢字が浮かばなくて、あせることもあります。

ユーザーID:4336786773

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数114

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 質問があります

    弊社、麹町にあるのですが、「麹」という字はなんと説明したらいいのでしょうか。
    しょうもないですが、今は
    「麦っていう字の足が右にながーく伸びて、その上に匂いと言う字のヒを米に変えて」
    などと無知なことを言っています。
    相手が企業だと、変換で出ます、といいますが。

    ユーザーID:2010876433

  • 木偏が2つ続くのですが・・・

     漢字2文字の名字です。
    他に書き様もないのですが、
    どちらかというと地名として知られていて、
    名字としては珍しいのか、よく確認されます。

     その2文字が両方とも木偏がつく字で、素直に訓読みするだけなので
    「○△」という名字を「木偏の○に、木偏△のです。」と言うだけになります。
     結構間抜けな説明で、笑えます。

     人の説明でインパクトのあったネタは・・・。
    取引先の年配の男性が「安夫(やすお)さん」→「安い夫です。」
    元上司の「典幸(のりゆき)さん」→「香典の典に、幸せです。」
     明るい方だったので笑えました。
     

    ユーザーID:0725300159

  • あるある〜!

    私の名前に「祥」という字が入るのですが、なかなか説明しにくいのです。東京の方なら、「吉祥寺」を出せば簡単に通じるかもしれませんが、私は地方在住。なので、「しめす偏に羊」と説明しますけど、ころも偏にされたり、羊の横棒って何本?とか言われる事まで・・。

    ある時、また字を説明しなければいけなくなった時、何かの気まぐれで「不祥事の祥」といってみたのです。すると一発で通じました。それ以降この説明を使って楽をしていたのですが、たまたま母の知るところとなり、「おめでたい意味の字なのに、そんなひどい説明の仕方はやめて」と言われてしまいました。
    私の名前は我が家が昔からお世話になっている家の方に付けてもらった事を思い出し、それ以来また「しめす偏に羊」の説明に戻しました。しかし、なかなか通じない!加えて結婚して珍しい苗字になったので、苗字まで説明しないといけない!旧姓はよくある苗字で説明いらずだったのに・・いい説明はないかと思案中です。

    ユーザーID:4650484736

  • 電話受付時に受けた説明です

    以前、電話受付をしていた時の事です。
    名前はフルネームで漢字表記をお伺いする決まりになっていたのですが「○○カズオ」様の漢字表記を確認した際「和菓子の和(わ)に夫婦の夫(ふ)」と言われ、当時は漢字が丸っきり思い浮かばず、伝票に「○○カズオ:わがしの“わ”にふうふの“ふ”のカズオ様」と記載した事があります。
    後日、その伝票を見た監査部の社員に「誰だ、こんなフザケタ記載をしたのは」と呆れられた過去が…。
    …「平和の和(わ)に夫(おっと)」って言ってよ…。

    ユーザーID:1442154869

  • 「隆」の字

    電話で説明するのに手間取ってました。「こざとへん」になんたらかんたらとか「反町隆史」とか「藤井隆」の「隆」とか。それでも「こざとへん」が分からない人や芸能界に疎い人には分かりませんでした。

    それが ある日 奈良に電話することがありました。
    いつのもように「隆」の説明を始めたところ「法隆寺のりゅうですね」とあっさり。
    「おぉ!さすが奈良だ!」

    それ以後 これを使わせてもらってます。漢字と法隆寺さえ知らなそうな若い子以外 ほぼ一発で通じます。

    ユーザーID:7882124748

  • 「渕」の説明

    職場の野球部の手伝いをしている私の席に、遠方のチームの主将から
    こちらのチームの主将の氏名確認の電話が来ました。

    こちらの主将の苗字には「渕」という文字があり、
    その説明をするときに私はどう伝えようか一瞬悩んだのですが
    「田淵のブチじゃないほうのブチです」と言ってしまいました。
    すると相手方はすぐに
    「田淵監督のブチじゃない方のブチですね、判りました」と仰いました。

    後日名簿を確認したら、正確に掲載されていました。
    野球つながりで、ある一定の年齢以上でなければ使えない
    説明だったなと今でも思います。

    ユーザーID:0183481426

  • 漢字の説明

    よく漢字をばらして説明する人がいますが、私はそれが嫌いです。
    (例:「弘」という字を「弓偏にカタカナのム」など)
    なるべく訓読みしたり、熟語で言うようにしています。
    あとは、歴史上よく知られている人の名前を挙げるとか、です
    森さんだったら
    「森鴎外と同じ森さんでよろしいですか?」とか
    「弘」を説明するのだったら
    「弘法大師の「弘」です」などです。なるべくいい人・いい意味の漢字を言うようにしています。
    ただ、こちらがわかっていても、相手がわかってくれなければ無意味なんですけどね・・・。
    小町でも以前あった「乃」の字なんて、私は「乃木将軍」「乃木坂」
    「平仮名の「の」の元になった漢字」くらいしかないので、これでわかってもらえなかったらお手上げです。

    ついこの間、「淳」の字を電話で説明してもらうのに
    「え〜っと、さんずいに点書いていち書いて・・・」と言われ、さっぱりわからず
    よくよく聞いてようやくわかり、本当は「吉行淳之介」と言おうかと思いましたが
    「ああ、桜田淳子の淳ですね」と言ったら嬉しそうに「そうそう!」と言われたことがあります。

    ユーザーID:3442055183

  • 電報とかで

    難しい字の説明にはJISコード番号を伝えていました。
    相手が何かのオペレーターさんだと使える手です。

    ユーザーID:4455248197

  • うなむのひろし

    夫が自分の名前の字を説明するときに『ウ・ナ・ムの宏』と言っていました。
    初めは通じるの?
    と思って聞いていましたが、私が夫の名前を説明する時に使ってもほぼ通じます。

    常識なのかしら。

    ユーザーID:5355746387

  • 友人が・・・

    桃子さんといいます。
    やはり電話で字を聞かれ、「木へんに一兆二兆の兆」と説明。

    送られてきた郵便の宛名は、「木丁子様」だったそうです。

    彼女も果物の〜と言えば通じやすかったのにね。

    ユーザーID:0631983085

  • コールセンターで働いています。

    毎日電話でお客様のお名前の漢字を聞いています。

    頭に浮かんだ字がマイナスな意味のものだった場合、慌てて頭の中で他の字を探してます。

    可笑しかったのは....
    上品な中年女性のお客様のお名前が「貞子(さだこ)さん」。
    よくある名前だと思います。
    ですが、お客様は字のかたちから説明し始めた為、はじめピンときませんでした。
    そうしたら、お客様は「童貞の「てい」です」と恥ずかしそうに言われました。
    「貞淑」とかほかにも言葉はあるのに...と思うとなんだか可笑しかったです。

    ユーザーID:2738685689

  • 「あの字ね」・・・って言われても

    私の苗字は「佐々木」です。
    真ん中の漢字を電話で言うときに、本当に苦労します。

    「ささきです」と言うと「あ〜、あの字ね」「一般的な漢字のささきさんでしょう」「3文字のささきさんですか」って言われるのですが、「あの字」「一般的な漢字」「3文字」が本当に合っているのか、大変気がかりです(汗)

    やや年配の方だと「佐々木小次郎と同じ字ですね」と言われるので、他の方にもそう説明するのですが、若い人の中ではそれすら分からないことも…。

    今は「繰り返しの時に使う字」「代々木の真ん中の字」などと言っているのですが、同じ佐々木さんたちは、どう説明しているのか、大変気になるところです。

    ユーザーID:7614353449

  • 爆笑

    私の名前には「乃」の字がつくんですが、ある日電話で説明したときのことです。
    私  「え〜と、「の」は漢字の「乃」なんです、なんていうか。。。」
    相手 「あ〜、「先祖代々之墓」の「之」ですね!」
    私  爆笑!
    「先祖代々之墓」って。。。

    ユーザーID:9131481095

  • 私もです!

    苗字に「栃」の字がつくのですが、ふつうは「栃木県の栃」と説明しています。

    ところが、「栃木県の栃ってどんな字だっけ?」と言われてしまうと、「木偏に・・・」とあとの説明のしようがありません。
    もう、物心ついてから、これで苦労のしっぱなしです(笑)

    おかげで私の結婚相手の第一条件は「説明不要の平凡な苗字であること」になりました。

    ユーザーID:3911384725

  • >‘お母さんごめんね’さん

    わたしも祥子で〜す。
    説明するときは「カタカナのネの横に羊という字を書きます」でだいたい通じます。
    「しめす偏」ではぴんと来ない人が多いし 通じたと思って書かれたのを見ると「ころも偏」になってたりしますね。

    私も父母から「おめでたい意味がこもっている」と由来を聞かされて育ちました。

    「不祥事」ですか・・・
    思っても見なかったわ・・・
    でもどうしてもだめな時は使ってみようかな。

    ユーザーID:2694675276

  • 知り合いの話ですが、

    「康子(やすこ)ちゃん」という子が、書類を送ってもらうために、名前を
    「康子の『やす』は健康の『こう』です。」と説明したら、「わかりました」と言ったのに、
    郵便で送られてきた書類には、「○○健子 様」と書かれていたらしい。

    ユーザーID:6897173208

  • あります〜

    「江美子」です。
    読みだけ同じならたくさんいますが、この字はめったにいません。

    私の口が遅いのか、「恵まれるの字でいいですか?」と、いつも先に言われてしまいます。
    説明しかけると今度は「絵画の?」と……この二文字を否定した後から正しい字の説明に入るのが、通常になってしまいました。


    あと、一番がっくりしたのは「江ノ島の江」と言っているのに、わざわざ「江戸の江ですね」と、訂正された時です。

    県内の地名だから通じると思ったんですけどね。江戸の方が通りがいいのかな。苦笑。

    ユーザーID:9415399742

  • こんな間違いも?

    友達の話です。
    「孝」の字を説明するのに、「孝行の孝です」と言ったところ、「後」とされてしまったと。名前に「後」は使わないだろ〜と笑いました(笑)
    でも確かに後攻というし、親孝行の孝と言わないとですね。

    ユーザーID:3962939527

  • 私の場合

    名前に温という字がつくのですが

    あたたかいと言う字 → 暖かい

    オンドのオン → 音頭の音

    と勘違いされることが時々あります


    なので

    最近では 温泉の温 と説明します

    ユーザーID:4881149818

  • 『英』の字

    『英』の字です。
    「『英語』の“えい”です」って説明したら、「アルファベットの“エー”ですか?」って聞かれたことがあります。
    ありえないでしょ!

    ユーザーID:3288854088

  • まちがいではないけど

    上司の名前を電話で説明していた同僚。
    「下の名前はシゲオ、かさなるオスと書きます」
    そりゃあ、確かに重雄だけど。。。

    ユーザーID:5033954354

  • そっちじゃない… &はるさま

    父の名前は「元」元気な子に、と込められた名前です。
    なのに母が説明したのでしょうね…ある会社の請求書に
    「旦」
    元旦の「がん」を「たん」と間違って登録されたみたいで…
    普通に元気でいいのに〜

    はるさま>うちの夫も使います!
    その昔、おはスタの中で山寺宏一さんが「ウナムー」と言うキャラクターをされていてなるほど〜と私も思いました。
    主人は他の漢字もややこしいのでいつも電話の説明は気が滅入ってます。

    ユーザーID:1663253875

  • 難儀します・・・

    『益』という字が入るのですが、説明しても、これがなかなか理解してもらえません。
    電話で、「カタカナの“ソ”書いて、漢字の“一”に、カタカナ“ハ”書いて漢字の“皿”。  『利益の“益”』です。」
    『・・・・・ああ、益ですね。』

    わかってくれた!

    でも、送られてきた封書には大きな文字で 【盆】 と書いてありました。
    そりゃ、似てるけど・・・・

    ユーザーID:6217377691

  • 世代の違い

    OL時代、電話を受けた後輩に「ゆうじろうのゆうって、どんな字ですか?」と聞かれました。
    ゆうじろうっていったら、やっぱり石原裕次郎?
    念のため、他に「ゆうじろう」はいないか、同僚にも聞いてみた上で、「裕」と結論付けましたが、
    合っていたかどうかは、定かではありません。
    当時、既に石原裕次郎さんは亡くなられていました。
    とはいえ、もう「ゆうじろう」から石原裕次郎さんを連想できない世代が出てきたのかと、
    何となく年を取った気分でした。

    ユーザーID:0965312176

  • いろいろあるんですね〜

    私は平凡な名前なので、あまり困ったことはありません。
    トピ主さんの「林の上に木」は、聞いたこと無いです!びっくり

    ヨコですが、無学ですみませんさん。
    私は「麦っていう字の足が右にながく伸びて、その上に菊のくさかんむりをはずして」
    と説明していました。
    菊がわからなければアウトですね(苦笑)

    うみこさん、わざわざ訂正されたというのは、私もありました。
    「直」がつきますが、「直線の直」と説明すると、「素直の直ですね」と。
    マニュアルでもあるんでしょうかね?

    友人は「愛する、の愛です」と言ったら「あー、愛人の愛ね」って言われたそうです。
    愛人って・・・

    ユーザーID:6703521529

  • どちらもノリコと読むけれど…。

    規子と書いてノリコです。
    説明をする際は"規則のキに子供のコ"と説明するのですが、
    3割くらいの確率で"則子"となります。
    規則のキもソクも子を付ければノリコと読めますからね…。

    昔懐かしい四谷大塚の模試に申し込んだ際も"則子"になりました。
    送られてきた受験票を見て母と苦笑したものです。

    以前、カード会社のコールセンターにいたのですが、
    ご本人様確認のために、お名前の漢字を教えて頂いていました。
    ご年配の方は、訓読みで表現されることが多かったので
    "うやうやしいのキョウコです"⇒恭子さん
    "とどまるにうつくしいのルミです"⇒留美さん
    など、漢字の知識が試されるようでした。
    自然と、漢字に強くなっていきました。

    ちなみに、旧姓も現在の姓も珍姓です。
    説明するのに一苦労です。

    父の名前は"仁"と云う字が含まれるのですが、いつも苦労していました。
    "仁徳天皇のニン"で伝わらないと"人偏に漢数字のニ"。
    それでも無理だと"仁丹のジン"だったり"仁義のジン"だったり。
    "仁"と云う字がお名前に含まれる方、どのように説明されていますか??

    ユーザーID:8235957566

  • 良い子の良子さん

    年配のお客様で、「良子(ヨシコ)」様という方がいてTELだったので
    「良い子の良子様でよろしいですか?」
    と尋ねると
    「いいえ。不良の子の良子です。」
    と笑いながら答えられました。
    おちゃめだな〜と。思いました。

    またまたお客様の「久美(くみ)」様は、
    「久しく(永遠に)美しい」ではなく・・・「久しぶりに美しい」と説明されてました(笑)

    「良」とか「美」とかつくとちょっと説明が恥ずかしかったりしますよね。

    私は、新婚ですが・・・新しい苗字の「対馬(つしま)」で困ってます。
    「対馬列島の・・・」とか。
    「壱岐対馬の・・・」というのですがあまり分かってくださる方はおらず。
    「対する、馬」と言っても混乱するばかりのようです。

    なんか簡単な説明方法が知りたい!!

    ユーザーID:7571990264

  • 「智」という字

    名前に「智」がつきます。
    たいていは「知るの下に日(ひ)」などと説明していますが、
    もっとスマートな言い方があれば知りたいです。
    関西方面の人や男性には(野球の強豪)智弁学園の「智」と説明したこともあります(笑)。
    他の方は、どうやって説明されているんでしょう。

    ユーザーID:5550097499

  • mihoさん 

    横ですが…
    思わず笑ってしまいました!
    上品そうな中年女性が恥ずかしそうに…って所がいいですね(笑)

    ユーザーID:4447279328

  • 難しいですね

    私の苗字は、組み合わせこそ1年生で習う字なんですが、常用漢字でないので、まったく読んでもらえません。
    なので口でいくら説明しようが、書類が届くとポピュラーな苗字に変換されてます。
    なのでパソコンで変換してもらえませんか?と聞いてます。
    「あぁ〜ありました」とびっくりされます。
    yukikazeさんのJISコードは良い方法だな〜

    私の母は「慶子」なんですが、
    「お慶びのケイです」・・・なんか理解してもらえないと(当たり前か)
    「弁慶のケイです」これでも理解してくれない方が居るそうです。
    最近自分でも書いたり説明するのが面倒になったのか「けい子」て書いたりしています(笑)

    ユーザーID:4490412786

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧