現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

嫁姑問題 ベストな夫の対応は?

ちゃい
2008年9月30日 13:15
古いレス順
レス数:188本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
男性からさんに同意
手羽先
2008年10月3日 17:46

立場だけで「どっちの味方につくか」なんて決められるはずがありません。
「妻の肩を持つべき」と言う人たちは、「自分が絶対に正しい」と言える自信があるのですか?そんな聖人、いるならお会いしたいくらいです。

男性から見れば、嫁姑問題を含めた女性同士のトラブルで、どちらか一方だけが悪いなんてことはそうないと思います。なのに両者とも「自分が正しい」と譲らず、「相手が悪い」と感情的に非難する。だから解決しないんだと、常々思います。

「話し合い」で解決しようとしても、結局は自己主張の押し付けに終始。女性にとっての話し合いは、お互いの妥協点を探るとか、お互いに折れるところは折れるとか、譲歩し合うとか、そういうものではないんですよね。

言うだけ無駄かもしれませんが、嫁・姑に限らず女性は誰をどっちの味方につけるとか言う前に、妥協し合うことや、相手の言い分と自分の言い分をすり合わせるなど、「話し合いで解決する能力」を身につけて欲しいです。それが出来てたらこんなことにはならないのでしょうが・・・

今は嫁の立場でも、将来は姑です。女性を見ていると、その時に今の経験を生かせるのか甚だ疑問です。

ユーザーID:6998133526
そうですね
maru
2008年10月3日 19:50

男ですけど,「正しい方に付く」に賛成です。
当たり前ですよね。
ただ,ここを見たり友人などの話を聞いている限り,嫁姑紛争で「姑が正しい」場合というのは5%を切るのではないかと。

ユーザーID:1240372583
立場によりけり
匿名で
2008年10月3日 19:57

まあ、妻から見れば妻の味方をする以外にベストなどあり得ないでしょう。聞くまでも無いことです。もちろん、姑の立場になれば「私(姑)の味方をするべき」が唯一絶対の解です。

では、もう一人の、ある意味当事者である夫、あるいは息子の考える「ベストな対応」は何でしょうか。ずばり、「事勿れ主義」です。どちらかの肩を持つなどという、火中のクリを拾うような真似を敢てすれば、どんなとばっちりを食らうかわかったものではありませんからね。

え?夫は姑の肩ばかり持ってるじゃないかって?ご心配なく。お姑さんは「息子は嫁の言いなりだ」と文句を言ってますから。

ユーザーID:9565814568
頭のかたい男性へ、正論がベストというわけではない。
あららっこ
2008年10月3日 20:55

夫が妻を全面的に支持する。
    ↓
夫はこんなに私を大切にしてくれるんだ。
   妻、感動。
この人の親なんだから、文句いわれてもがんばろう。
大切にしよう。真心を尽くそう。
    ↓
諍いの回数がへる。
    ↓
夫、気苦労がへる。

我家はこんな感じです。

味方がいたら、がんばれるんですよ。
奥様を本当に大切にすれば、
そんなあなたの親ごさんを、
奥様も大切にしてくれるでしょう。
それとも、味方をしたら付け上がって、
増長するような奥様なんですか?
だとしたら、それはあなた方の女性選びが、
間違っていた。という証でしょう?
柔軟に対応できないと、
難問は解決できませんよ。
損して得取れ。
かしこくいきましょう。

ユーザーID:4305612013
男性からさんに同意です。
うー
2008年10月3日 21:11

嫁姑問題の結論なんか離婚するか義母との絶縁でしか出ないんですから。
そうしたい、夫にそうさせたいなら何も言いませんが、丸くおさめたいなら感情を抑えて話し合うなど妥協点を探すしかないと思うんです。

感情的な争いに周囲を巻き込むことは問題を大きくするだけです。家庭内に限らずですが。
こういうトピが立つと「夫はなにをしているんですか!」「嫁だけ他人なんだから夫が味方するべき。」などのレスが無条件につきますが、どちらかが悪いと確定的な場合以外、そういうレスは当てにならないと考えます。

かつて私自身も帰宅後、妻に
「もう限界、離婚するかお母さんと一生連絡取らないかどちらかにして!」
とヒステリックに言われ戸惑った経験があります。
双方の意見を聞くと「赤ちゃんには少しお母さんが運動するくらいがいいのよ。」
妊娠安定期に入った妻に母が掃除を薦めたことが原因でした。
母は本当に運動はした方がいいと思っていましたし、妻はなるべく動かない方がいいと思っていました。

大事なことってなんなのでしょう。赤ちゃんにおばあちゃんを無くさせること?離婚すること?
話し合いましょうよ。

ユーザーID:5868483685
味方とは
裁判官はいらない
2008年10月3日 23:32

正しいか正しくないかで割り切れることばかりではないんですよ。

一言で言えば、考え方の違いなのです。自分が絶対正しい!だから自分の肩を持て!と言ってる訳ではないんです。
なんでもそうです。姑にインフルエンザの予防接種を受けて欲しいと言うトピがありますよね。それを見ればわかります。

どちらが正しいか、裁判官になって欲しいわけではないのです。
こちらにも非があることもあるでしょう。間違っていることもあるでしょう。でも対立したときに、真っ向から妻が「悪い」と言う構図にならないように、対処して欲しいということです。

私の姑もよく「嫁の味方ばかりして!」とお怒りです。でも嫁はもともと他人。夫が親と一緒に妻を非難するなら、一緒に居る意味がないと思います。味方するとは、妻にもそれぞれの「立場、言い分、理由がある」「感情も気持ちもある人間である」と言うことを理解して欲しいということです。

その上で真っ向対立にならないようにするのが夫の役目ではと思います。妻を陰で慰めてもいいし、親に一言言ってもいいし。親を慰めてもいいし。
後はそれぞれのやり方でいいのです。

ユーザーID:2083068677
なるほどという思いです
暑い時こそ熱いものを
2008年10月4日 0:41

「なるほど、嫁姑問題が無くならないわけだ」というのが、様々なレスを読んだ実感です。
そもそも、問題を解決しようという意識に欠ける場合が多いようですね。
自分の気持ちが優先であり、相手の気持ちを考えたり、妥協点を見出していこうという発想があまり無い。

だから嫁姑問題が無くならないのです。

こういうトピでは、「間に立った夫が不甲斐ないのが悪い!」と責任転嫁しているレスもたまに見受けられます。
そんなバカな!!
まずは当事者同士の問題でしょう?
もう、こういった辺りから「自分は悪くない」という根拠の無い発想が出て来るのです。

まずは、己を見つめることです。
そして、感情的な満足を追求するのでは、解決はありません。
解決が無ければ、問題は続きます。

全ての女性がそうだと言うわけではないですが、少なくともこういった点に反省が無い人は、嫁姑問題というのを解決できないのでしょうね。
当事者にそういう意識が無いのであれば、間に立った者に出来ることは限られています。

まずは「自分のベストな対応は?」と考えるべきかもしれませんね。
興味深いトピですね。

ユーザーID:1473308225
考えすぎじゃありませんか?
韋駄天
2008年10月4日 6:33

>もっといい嫁ぎ先もあったのにこんな家に嫁にこさせて申し訳ない

 これがどうして「嫁としてふさわしくないという意味でしょうか」という解釈になるのですか?

>「生神を大事に」義父母を、ということでしょう

 こう言われて何故「義父母を大事にしろと言う意味ね」という考えになるのですか?私がそう言われたら意味が分からず「生神って何ですか?」と義父母に訊いてしまいますね。言葉自体初めて聞いたので意味が分かりませんから。

>「言葉は取り消せない」義母が言った言葉の数々ではなく私が嘘をついたということでしょう

 だから、どうしてそう邪推ばかりするのでしょうか。トピ主さんは何でも悪い方へ考える癖があるようですね。必要以上に深く考え込んでおかしな方向へ解釈して、ひとりで勝手に傷ついていませんか?少し被害妄想のような気がします。

 庇って欲しい、庇って欲しいと仰る割には「いつも庇って欲しい訳ではない」。では結局どうしてほしいのでしょうか。とにかく姑さんのやる事なす事全てが気に入らないんですよね。でしたら避け続けていればいいのでは?あちらも同様に会いたくないでしょうから。

ユーザーID:9918560616
難しい問題ですが非常に興味があります1
かるとん
2008年10月4日 8:47

40代、既婚男性です。長くなるので連投になります。ご了承下さい。

非常に難しく、且つ家庭にとって重要なことですね。
理想としては妻の肩を持つことだと思います。心理学素人の私の想像でしかありませんが、
嫁姑問題は息子夫婦間の信頼関係と、夫とその母の関係に起因するのだと思います。
妻と姑の直接的な関係は嫁姑問題が起きる引き金でしかないように感じます。
「男は皆マザコン」とよく言われますが、広義では当たっていると思います。
同じく広義では「母は皆ムスコン」とも言えるように思います。息子、母が各々親離れ、
子離れしていれば息子はパートナーと良い関係が結びやすく、母は息子の結婚前よりも
息子を精神的に少し離れた関係を作りやすいのではないでしょうか。それができていれば、
嫁姑問題は起こりにくいでしょうし、もし起きたとしても夫が母に対して
「私は妻と家庭を築いている」という態度を示すべく、妻の肩を持てるように感じます。

続きます

ユーザーID:8179255986
難しい問題ですが非常に興味があります2
かるとん
2008年10月4日 8:52

その行為は息子から母に対する精神的、家庭的境界線の提示であり、
妻に対して「我々二人が一番近しい関係にある」のを明確に示すことになり、夫の両親、息子夫婦、各々の家庭関係にとても良い影響を与えると思います。息子は妻と母の間の中立の立場ではなく、息子も当事者だ、というのが私の考えです。ただ、普段から親離れと、夫婦の良好な信頼関係を築けていないと、このような態度をとるのは難しいでしょう。

嫁姑問題が起きた、起きそう、という状況では極力妻と母が直接連絡、接触をする機会を作らないのが一番良いのではないでしょうか?その状況になれば母は是が非でも直接息子の妻に接触し攻撃しようとするでしょうから、それを遮るのは息子が最適ですよね。妻と母が喧嘩を始めたら、母に文句を言って妻と一緒にその場を離れましょう。勿論、人道的に許されない行為は論外ですが、いわゆる嫁姑の喧嘩であれば、どちらが正しい、なんてその時点ではさほど重要ではないと思います。妻を守る行為が子離れしていない母親に一番効果があると思います。子離れできていなければ、こっちからまず物理的に離れてしまうのが判りやすいと思います。

続きます

ユーザーID:8179255986
難しい問題ですが非常に興味があります3
かるとん
2008年10月4日 8:57

息子が母親に文句を言う、妻を連れてその場を一方的に離れる、というのは母親の感情を逆なでするでしょうが、それは息子夫婦の問題ではなく、母親本人のみの問題です。息子が心配してもどうしようもありません。もし、喧嘩の際に妻が悪かったとしたら、母親から離れて夫婦二人きりの時に、妻の行為で悪かった部分だけを指摘するのが良いんじゃないですかね?間違っても母親の前でそれをやらないのがベストですよね。これこそ火に油を注ぐ行為でしょう。

なんだか、トピ主さんの疑問対する答えになっていないようで申し訳ありません。あくまでも一息子&夫として嫁姑問題、夫婦・家族関係でいろいろと思うところを書き連ねてみました。お勧めとしては、家族関係心理学の本を読んでみては如何でしょうか。結構参考になりますよ。大変だと思いますが是非素敵なご家庭を築いて下さいね。

ユーザーID:8179255986
正しい方の味方をするという意見について
ルビー
2008年10月4日 10:56

私は少々疑問を感じます。
妻の肩を持つべき!とは言いませんが、育った環境が違えば、考え方も違ってくるはず。夫と妻はそれぞれ別々の家族で生まれ育ち、同じ家庭で生きてきた人たちとは考え方も違うはず。親が反面教師になる場合もあれば、社会に出てから多少なり考え方が変わるという事もあるとは思います。

が、夫(妻)は相手方から見る義父母に育てられ、環境を共にしてきたと想定すると、お互いの「正しい」とする考え方は多少違ってくるんじゃないかなと思います。とっても理不尽だと思う事が、相手側にとってはそれほど大したことがなかったりすることもあります。

どちらかの言い分(意見)があきらかにおかしい場合を除き、自分がどこに属しているか、そしてその属している所が上手く行くには何が一番良いか、自分が相手の立場に立ったとして、自分なら相手にどうして欲しいかを考えてみる事が大切ではないでしょうか。

ユーザーID:5953266072
中間で審判する気満々の夫だと辛い
みつ豆
2008年10月4日 15:36

それって、問題を自分の事として考えてないって事だし
親から独立して妻と家庭を築いたという自覚が足りない人だと思う。
だからいつまでも姑は息子に“言えば私のいうことを聞いてくれるかも♪ダメなら嫁が反対なんだわ♪”という
姑根性に火をつけるんですよね。。。自覚はないと思いますけど。

私は弟がいますが、弟は完全に妻の味方ですよ。
もちろん弟として親を思う気持ちはあるし、それを夫婦で話し合って結論を出してますから
親が不満に思っても弟の意見として対応するし、妻の責任になったり、嫁姑問題に発展したりしません。
親も、家庭を築いたのだから基本は夫婦で決める事、妻を大切にすることに異論が無いし
実際、母も父から守られて暮らしていたので、何の疑問も沸かない姑になってます。

私も夫が私の味方なので、姑が結婚当初は姑根性丸出して
コッチを優先しろ、コッチを大事にしろという状況でしたが
夫の姿を見て、姑も子離れして行ってくれています。数年はかかりました。
御主人が親離れしないと、姑も子離れしないし、ずーっと続くでしょうね。

ユーザーID:8387969538
もともと
釣った魚にエサ必要
2008年10月4日 19:57

姑と嫁は対等な立場から始まってないですよね。社長と平社員くらいの格差がありますよ。
言いたい事言われて我慢してるのが嫁だと思うけど。
それが我慢しきれなくなった時、揉め事として表面化してくるんだと思います。

「辛い時も病める時も味方」なのが夫婦じゃないですか。
うちの親が夫にイチャモンつけたら全力で守ります。
理屈はいいから、それでいいんじゃないかな。

血の繋がりがある親子とは違うからこそ、もっと気遣いや愛情を示す必要があるんじゃないでしょうか。
結婚してからが互いの努力と忍耐の始まりですよね。もちろんそれだけじゃないですが、いい家族を運営していく大きな要素です。
昔「嫁姑問題」で離婚が多かったのもそういう事が分からなかったせいじゃないかなと思います。

ユーザーID:2936428892
はたして問題解決できるのでしょうか
怪傑ゾロゾロ
2008年10月4日 20:47

皆さんの発言を読んでいると
「とにかく夫は妻の言うことを聴くべき」
との一点に収束しているような気がします。正論がベストではないとする方、どうすればよいのかを教えていただけたら、と思います。

中には話し合いを進言されている方もおいでのようですが、文脈からは、話し合いというよりは、自身の考えに盲従・忍従を強いるようなニュアンスにもとれます。

真に問題解決を考えるのなら、ここにはキャリアウーマンさんも多いことでしょうから、企業でも行われている真の意味でのディスカッションでも重ねてみればよいのではないかと思うのですが。K-J法とか、二次元展開法とか、見える方法で客観性のあるトコトン議論するのです。

主観の押しつけはコトを複雑にし、余計にこじれる原因を作ると考えます。

ユーザーID:1330267675
子供から見て
ボニュセロ
2008年10月4日 22:31

 私、嫁姑問題の渦巻く家庭で生まれ育った者です。私が「ああ、
これでこの家の母と祖母との確執もようやく完全決着したな」と
確信した日のことをよく憶えています。祖母が亡くなった日です。

 私は夫が嫁の肩を持っていいと思いますね。もちろん、姑が
100パーセント悪いなどとは言いませんよ。でも、それがどうだって
言うのでしょう。
 家の中はおろか世の中だって常に100パーセント正しいなんて人は
そうはいないでしょう。私はキリストさんと御釈迦さんくらいしか
知りませんよ。
 みんな似たり寄ったり。だったら夫は嫁の肩を持つくらいでちょうど
いいだろうと言うのです。

 お嫁さんは嫁ぎ先という敵地に孤立無援のまま乗り込んでいくの
ですから。義父母共に健在なら夫も含めて1対3ですよ。夫が味方して
くれて、かつ、義父母がひとりだけという状況では2対1ですが、
ホームアドバンテージを考慮してこれでようやく実質五分五分と
言ったところでしょう。
 嫁ぎ先を敵地とは随分な言い方かもしれませんが、嫁姑問題という
闘争が実際に勃発しているのですからどうかご容赦を……。

ユーザーID:5539448010
そこまで幼稚なの?
ベテランパパ
2008年10月4日 22:57

>その上で真っ向対立にならないようにするのが夫の役目ではと思います。

あのですね、それ以前に妻も姑も立派な大人なわけですよね。
立派な大人が、夫に仲裁されなければ話し合いや妥協点を見つけることすらできないんですか?
夫の役割以前に、大人としての役割を考えるべきではありませんか?

ユーザーID:7965742008
逆もまた然り>あららっこさん
ヤスミン
2008年10月4日 23:41

夫が親を全面的に支持する。
    ↓
子はこんなに私を大切にしてくれるんだ。
   親、感動。
この子が選んだ妻なんだから、文句いわれてもがんばろう。
大切にしよう。真心を尽くそう。
    ↓
諍いの回数がへる。
    ↓
夫、気苦労がへる。


全く不思議はない展開ですよね。

ご理解いただけますか?
あなたの言は、たまたま嫁の立場から見ただけであり、
義親の立場から見ても全く同様の展開があっても丸く
収まるような内容なんですよ。

結局、結論としては「正しいほうに付く」という正論がすべて
になってしまうと思われます。

反論、お待ちしています。

ユーザーID:5148225645
あららっこさん
モジュラ
2008年10月5日 4:40

それのどこが柔軟な対応なんですか?要は「自分に都合よくなければ当たり前の対応すらしない」ということじゃないですか。幼稚にも程があります。
あなたの言っていることは「味方をされないから付け上がって増長する」ということなのが、分かってますか?

女は客観性もなく、自分の感情論だけを正論とするから嫁姑問題なんて起きるんですよ。

あなたみたいな発想の人なら、どんな簡単な問題ですら解決できなくて当たり前。なぜ「解決できないのか」考えたことありますか?
自分だけを正しいとするために、「解決しよう」とすらしていないからですよ。お互いに感情論の押し付け合いしかしないのだから、解決なんてするはずがありません。

どんな環境で育とうが、どこに属していようが、正しいか間違っているかくらい、客観的に見れば分かります。

ユーザーID:9710431285
夫も家庭に主体的に参加すべきです
しめそば
2008年10月5日 7:33

夫は家庭の傍観者ではなく主体、家庭を築く張本人として行動すべき。
だからこそ妻か親の意見に迎合せず自分の考えで判断する主体であることが重要です。

中間で審判する気の夫は問題を自分の事として考えておらず独立して家庭を築いたという自覚が足りない人だとおっしゃる方もいますがまるで逆。
自分の事として考えればこそ自分の考えで判断できるのです。
中間でも誰かに迎合するのでもなく先ず主体者として自分で判断できる、それが大人でしょう。
どちらかの言い也になるのでは、それこそ問題を自分の事として考えておらず独立して家庭を築いたという自覚が足りない人だと思います。

また、妻の味方になり妻の意見に同意しないのなら結婚した意味がないとおっしゃる方もいますが、自分で判断するという夫の意見に同意しない妻にも同じことが言えるのでお互い様ではないでしょうか。
人はだれしも先ず自分自身の味方ですが、「自分に同意する者以外は全部敵!私を愛するなら全て私に従え!」では結婚生活に限らず対人関係全般が巧く行かないと思います。
だからこそ、社会で通用しない人達同士の嫁姑問題が繰り返されるんでしょうけど。

ユーザーID:4792657098
 
現在位置は
です