嫁姑問題 ベストな夫の対応は?

レス188
お気に入り234

ちゃい

ひと

嫁姑問題がおきたとき夫であり息子である夫の一番良い対応の仕方って何なんでしょう?
もちろんいろんな家庭、性格に状況とありますから一概には言えないんでしょうけど・・・
妻と両親どちらの肩をもちますか?
それともノータッチ?
状況はこうだけどこうして欲しい、とかうまくいった例などあったら教えてください。

我が家の場合は基本的に何かあったら両親のほうを庇っています。
目の前で私が何か言われても黙っています。
夫は義母が思い込みが激しく、昔から人を傷つけるような物言いをするから聞き流せといい、私のいない場では少しはフォローしてくれているようですが、まず聞く耳をもつような義母ではないし、もし私がいる場で庇えば火に油を注ぐだけだからというのですが・・・
(両親を立てないといけないという思いもあるようです)

それでも理不尽や酷い言葉を目の前で言われているなら庇ったり言いすぎだと止めて欲しいと思うのは当然ではないのでしょうか?

ユーザーID:1873510760

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数188

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本当に画期的なトピですね

    ハンドルは違えど同一IDの方が数名おられますね。
    そして揃いも揃って論理もへったくれもない感情剥き出しのレスをしています。
    たかがネットの掲示板相手に何をそんなに必死になっているのか分かりませんが。

    しかし中には掃き溜めに鶴的な女性の姿も見られ、男性が結婚相手を選別する上で何が重要か一目で分かる良トピです。

    ユーザーID:2546078160

  • ちょっと気持ちを代弁して欲しいの

    >40代男性です。自分の利益もさることながら、母の事も考えます。
    >それ以前に妻の気持ちを考えます。

    大抵の女性は、これの気持ちを欲しがっているのでは?
    100%自分の意見を通せ!なんて無理なのはわかっているんですよ。
    でも、姑に言いたくてもなかなか言えないこと、その気持ちを代弁して欲しい。うまく自分の意見も取り入れて欲しいと願っているのでは。

    トピ主さんのケースだって、いくら家族と言っても、夫以外の男性に裸を見られたくないという妻の気持ちをうまく伝えてくれればいいだけで。
    でも自分から言うのは、なかなかできないことなんです。
    (男性軍には、大人なんだからそれぐらい、自分でしろ!と言われそう。その難しさを男性が理解することがまず難しいかな)

    1.2人(舅と姑)でいるうちは、その必要はないんじゃない?
    2.じゃ、折りを行きますね(実際の頻度は年に5〜6回に)
    3.(ウチは親がそれを言いません。両方とも同じぐらい行っています)

    上記3つだけでも、なかなかしてくれる男性がいないのでは?
    だからこんなに、嫁姑トピが立つのでしょうね。

    ユーザーID:0167924475

  • 素朴な疑問2さん

    >立場を同じにしてみて、お皿を洗えばよいのですか?それこそ妻の立場を悪くしませんか?

    これが問題なのです。
    妻は義理実家で一番下。
    夫は義理実家ではお客様。

    素朴な疑問さんのお宅ではそうではないようですが、嫁姑問題に悩む女性の立場はたいていこうなのですよ。
    姑を上司と比喩しているのも、こういうことです。

    なぜ、夫が皿を洗うと嫁の立場が悪くなるんですか?
    誰が、夫が皿を洗うことをよく思わないのですか?

    家では家事を分担する共働き夫婦も、義実家では、妻だけが家事をしますよね。
    逆に妻実家のように、夫が夫の家で家事をし、妻がリビングでのんびり舅と酒を飲んでいられますか?

    そうしたとき、誰、が気分悪くするのでしょう?

    本当に男女平等、嫁姑が対等であれば、夫が皿を洗ったとして、なんの問題も起きないでしょう。

    ユーザーID:0167924475

  • とせぶさんとSaliさんに賛成だなぁ

    嫁姑問題の結論は和解か絶縁(離婚を含めて)ですよね。

    嫁を姑から遠ざけるってオブラートに包んでますが絶縁とどう違うんです?
    そうならない為にどうするか、という話だと思ってましたが…。

    あと、サイコさん、その対応はうまい方法だと思いますし実践されている男性も多いと思いますよ。クレーム対応の初歩ですしね…。
    それくらいでは感情が収まる女性ばかりなら嫁姑問題なんてすぐ解決でしょうね。

    ユーザーID:5868483685

  • このトピは嫁姑問題の本質が分かる、ある意味画期的なトピ

    このトピは実はある意味凄いトピですね。

    永遠の問題とも言われる「嫁姑問題」。
    このトピはこの「嫁姑問題」の発生のメカニズムを見事に解明しているじゃないですか。

    自分が「嫁」の立場にいる時は「何でもかんでも悪いのは姑!」と言い続ける女性達が、
    自分が「姑」の立場になった時「何でもかんでも悪いのは嫁!」に変化するからなんですね。

    このトピは「嫁姑問題」の研究材料に使えそうですね。
    もちろん出版化の最有力候補になると思われます。

    ユーザーID:0768656137

  • むき出しの感情に初遭遇

    ベストな夫の対応ってないと思います。
    結局場面場面で臨機応変にしかできない。
    私は夫が大好きですし、夫の両親とも今は普通にお付き合いしてますが、一時期とっても辛い時期がありました。夫婦で家を建てることを決めて、夫両親にも相談し喜んでもらったはずでした。(援助とかはなし)
    ところが日が経つに連れて姑さんの態度が激変。毎日電話で文句を言って来る様に。結婚式のことまでさかのぼって罵詈雑言。私がいかに気に入らない嫁だったか、どんなに息子を大事に思ってるかを滔滔と。
    後で思えば近距離とはいえ、賃貸から家を構えることになって寂しくなったのかもしれません。でも当時は本当に怖かった。日に日に電話恐怖症になり受話器を持つだけで痙攣。それでも電話の内容は言えませんでした。言えませんでした。しまいには私の両親にまで罵詈雑言の電話を開始。心配して泣く母に申し訳なくてやっと夫に相談。夫が電話窓口となりその都度対応になりました。新居が建った後も家に来ての暴言あり。(夫対応ですが、聞こえました)夫や他人には普通の人なのに。私には嫁姑の関係だから起こったとしか思えません。他の人間関係でありえることでしょうか。

    ユーザーID:4159421921

  • おそらく「正しい」はない

    根本的な問題は、嫁姑問題に発展するとき
    姑さんが、お嫁さんにあれこれと要求や、意見をしてくることによって
    発生する事かと思います。
    子供の育て方や、相手の暮らし方、生活の方法、教育方法、お金のこと。
    これらの事は、自分で家事を切り盛りしているんだと思っている家庭内の事は、きちんとしておきたい物の一つだと思います。
    姑さんは、息子さんの家庭内のことも、ある意味自分の分身の家庭内の事として心配なのでしょう。
    子供の育て方や、相手の暮らし方、生活の方法、教育方法、お金のこと。これらのことを気にしてあれこれ言ってきます。

    けれども、その家庭内で生活している訳ではないので、外部からいきなり「こうして生活しなさい」と言われてしまう事になります。
    生活している当事者にはそれぞれのスタンスがあり、それらは生活者にしか解らない事があるのですから、外部の人は口をはさまないのが一番かと思います。
    しかし、心配になるから好意で何かと言うのです。お嫁さんも、現実との違いを認識しつつ、夫の母からの好意として言う事を聞きますが
    やがて、そのずれは大きくなるので我慢の限界になるのかと思います

    ユーザーID:7922867074

  • よほど姑にいじめられてる

    ここで「とにかく夫は妻の側にいるべき、公平な判断なんてできるはずない」と叫ぶ女性達は実際に自分が姑から理不尽なイジメを受け、夫にかばってもらえない不幸な状況を経験したんでしょう。
    そんな経験が一度もない、お気楽な遠方別居の子ども無し長男嫁(しかも専業)の私はここで発言されている男性の意見に至極納得できます。
    許してあげて下さい。男性の皆様。

    トピ主さんもその不幸な女性の一人なので、ぜひ暖かいレスをお願いします。

    ユーザーID:6292525838

  • 嫁姑以前に

    自分の奥さんをコケにされて黙っているのって、人間としても
    どうでしょうか?普通はとめるなり、精神的に怪しい人なら
    近づけないようにするものだと思いますが。
    ここで仲裁しなければいけない息子が知らん顔では、これからも
    ずーっともめっぱなしですね。

    どちらの肩を持つかということになると・・・・これからもずっと
    一緒にいたいほうの肩を持つでしょう。

    ユーザーID:9003937054

  • 夫のベストな対応

    自身の妻を納得させる事だと思います。

    全くの他人である男性に対して、妻(私)の味方をするべき
    或いは、夫というもの(私の夫)は、公正な判断が出来ない
    なんて主張されてどうなさるおつもりでしょうか?

    トピ主さまに「どちらの味方?」と男性が聞かれて、「こっちの味方です」と
    答えると思っていらっしゃるのでしょうか?

    「夫(私)がベストと思う判断をして決めます」と答えるのは、
    私にとっても当たり前の事です。

    ご自身のご主人様の言葉に納得できない御奥様方は、
    御奥様方のご夫婦間の問題だと思います。
    それは義母様どうのこうのとは又、別な話だと思います。

    ユーザーID:6459288881

  • クリアカットですねえ

     何人かの男性の詭弁って、かなりクリアカットにトピ主さん非難のようですが。悪いサンプルって、トピ主さんは、今生きている人間なんです。むしろ、トピ主さんのご主人のような人が、かなりいるから、改めて欲しいのでしょうが、評価だけです。
     夫に無条件に妻の味方をして欲しいというのが、何レスかの妻の思いですが、ご主人が、ジャッジして判定して正しいかどうか判断するのですって?
     それって、本職の弁護士さんより偉いです。
     民事など、法律を駆使しても、なかなか結論まで行きません。それでも、法律のプロの弁護士さんが、あの手この手で、判決か和解などまで行きますが、なかなか大変です。
     それを、いとも簡単そうに、正しい方、或いは、ベストのやり方を行うのですか?ご主人はプロ以上?
     そんなはず無いと思うのが自然ですが。家族だからできる程心理に詳しいのでしょうか?そこをなんとか、そこをなんとか双方の考えを聞いて、落とし所(ベストとも言わない)を見つける、って、いうのが刑事事件以外の弁護士さんの仕事のようですが、それも、時間がかかっても段々できるようになるとも。
     その間に、悲しみはいや増すばかり。

    ユーザーID:8582846734

  • 上司とのトラブルなんだから配偶者は当然

    上司に言いたいことをいえる男性が、果たしてどれだけいるでしょう?
    ここで正しいほうの味方なんて言っている男性が、会社で理不尽なことは理不尽だとか言えるのでしょうか?
    等と問う方もいらっしゃいますが、ではそんな夫に代わって妻が上司にビシっと言って問題解決するなんて話は寡聞にして知りません。
    妻は大抵、そこには関わらずに静観するものなのでは?
    また、関わったら上司の逆恨みで夫がまた酷い目に遭うリスクだってあり得ますし。

    それに、会社で上司にいろいろ言われたからって妻に泣きつく夫を好きな女性もあまりいないでしょう。千年の恋も冷めるのでは?
    男性もそれは同じ。男性は泣きついて来る妻に冷めないと勝手に決めないでくださいね。
    妻の立場が会社勤めのようなお仕事で姑が上司だというなら、会社勤めの夫が妻に丸投げしないのと同様、妻も夫に丸投げするの止めましょうよ。

    ユーザーID:9284054312

  • 本当に呆れた2

    >舅が存在感無い事が多いですよね。
    >姑を抑えられない。

    これって、貴女方が主張している夫は無条件に妻の味方になった結果じゃ
    ないですか?

    >そういう夫に当たった人は、ハズレくじだなぁと思います。
    >姑の問題じゃないですよ。夫の問題。

    そういう男性を選んだ女性の自己責任は全く考えないのですか?
    これが、責任転嫁というやつでしょ?

    色々と突っ込み所満載でしたが、感情的になり過ぎてもう、自分で何を仰っているのか
    わからなくなっているのでしょうね。
    頭を冷やし、一歩引いた所からもう一度このトピでの女性方の意見を読んでみて下さい。
    如何におかしな事を臆面もなく主張しているかわかると思いますよ。

    ユーザーID:1780078443

  • 本当に呆れた

    >妻が悪い場合は怒るべきです。ただし、
    >夫として、妻のために怒るのか(妻本人のために、間違いを正す)。

    これが男性諸氏が何度も主張している事ですよ?

    >みんながそれぞれに「正しい」言い分を持っているからです。
    >「正しい考え」同士がぶつかるから問題が起こるんじゃないですか?

    それが、「自分に都合の良い」正しさなんでしょ?

    >そのなかで一つの「正しい」を選んだら・・・。
    >選ばれなかった方はどんな気持ちになるでしょうね。

    だから、調停して落とし所を模索すると男性諸氏が主張してるじゃないですか。

    >妻よりも親と仲良くしたければ親の味方をすれば?

    よく読んで下さいよ、客観的に見てより正しい方の味方と言っているでしょう?

    >男性が、なぜ文明の一つも作れなかったのか。納得です。

    あのう、文明を作ったのは歴史的に言っても男性なのですが?

    ユーザーID:1780078443

  • 嫁なので

     歴史的に無条件に嫁は姑に従え、というのが日本なんですが。それが、薄れても、嫁が夫の姓を名乗る=まだまだ嫁は姑のやり方を習え、なんです。
     そういう部分は、まだまだ日本で残っているのですが。
     変ですね、そういう当然の知識を無視している人が多い、このトピ。
     そんなことはない、と思う時点で、民族が違うから論議になりません。

    ユーザーID:4766634882

  • 男性の皆様へ

    女性は感情的で、公正さがなくて、身勝手で、100%自分が正しいだけだと思い込んでいるそうですから、もうそんな女性の話ではなく、
    10月4日の8:47から8:57の男性「かるとん」さんのレスについてどう思われるか是非感想をお聞きしたいのですが。


    以下は感情的な女性からの本音ですが、別に100%妻の味方をしろとか、妻が悪くても味方をしろとか、姑を怒鳴りつけてくれとか、望んでないんです。
    「義母さんがこんなこと言ったので腹が立った、悲しかった」と妻が言ったら
    「それはお前のためを思ったからだ、口が悪いのは母の昔からの癖だから気にせず流しておけ」
    ではなく
    「そうか、それはイヤな思いをしたな、母が悪かったな」と先にまず言って欲しいだけなんです。
    そのあとに先の台詞が続いたなら、そっちが理論的でうまい方法だと納得できると思うんです。

    人間誰でも(男女差もなく)訴えたり愚痴を言ったりする相手を信頼しているはずで
    その相手に「そうか、それは大変だったね」と一旦受け入れられるとそれで愚痴は完結、気持は納まるというセミナーを聞いたことがあるんですが、どう思われますか。

    ユーザーID:0741180013

  • 完全な悪は…さんへの「判定結果」

    40代男性です。自分の利益もさることながら、母の事も考えます。それ以前に妻の気持ちを考えます。そして中庸を採るでしょう。たとえばこんな風に。

    1.2人(舅と姑)でいるうちは、その必要はないんじゃない?

    2.じゃ、折りを行きますね(実際の頻度は年に5〜6回に)

    3.(ウチは親がそれを言いません。両方とも同じぐらい行っています)

    4.孫が生まれる前はこう言いました。
    「(遠距離恋愛で)一緒にいた期間が短かったから、孫は2〜3年は待ってね。」

    5.これも、ウチでは言わない。寧ろ母は「(妻が)免許もってて良かったね」。

    私の母ができているのか、妻ができた人なのか…、多分両方でしょうね。

    ユーザーID:2914432311

  • たれっこさんへ

    >私のレスのどこに姑が何が何でも100%悪いとあるのでしょうか。

    質問に質問で答えるのは好きではありませんが、こういう常軌を逸した質問には遠慮なく逆質問させていただきます。

    私のレスのどこに、「たれっこさんは姑が何が何でも100%悪いと書いた」とあるのでしょうか。

    回答は結構ですよ。
    そんなこと、一言も書いていないのは確かですから。
    妄想で言いがかりを付けるのはやめてください。


    まあ、たれっこさんのレスはある意味典型的ですね。
    人の話をまともに理解しようとしていない。
    お話になりません。

    以後のレスは無視させていただきます。
    どうせどれも五十歩百歩でしょうから。

    ユーザーID:5899304165

  • お互いの実家にいったときを考えれば

    夫実家
     妻は働き手。
     台所で姑のアシスタント。

    妻実家
     夫はお客様。
     べつに台所で姑となにかするわけではない。


    そこで提案。
    夫実家にいるときは、夫が台所で、妻が舅と飲み食い。
    嫁姑問題はよくきくけど、嫁舅問題はあまりきかない。
    姑:息子と二人でいる時間が長くて幸せ。
    嫁:姑とぶつかる時間が少ない。衝突する可能性が低くなる。

    どうかな?

    ユーザーID:4715816492

  • 不思議な話 さんへ

    >わたしも安心して自分の考えを言えるのですよ。ノーならノーと言ってくれるから。

    まったくその通りです。
    男性陣が主張しているのは、正にその点です。
    ところが、一部の小町さんたちは、「息子は母親に対して“ノーならノー”と言えるわけがない!」
    と主張しているのです。
    おかしいですよね。
    不思議な話さんからも言ってあげてくれませんか?
    「男は(少なくとも私の息子は)、そこまで馬鹿ではありませんよ」、と。

    >シンプルな話しですが、なぜ、世の男性は正しいほうだとか、無条件に妻に味方できないとか(愛は無条件に受け入れることでは?)、自分の選んだ女性に対して後ろ向きなんでしょうね?

    愛とは夫婦愛だけではありませんよ。
    親子愛、家族愛、人類愛など色々あります。
    自分の選んだ夫の大切な人を、無条件に受け入れるのも愛ですよね?
    なぜ世の女性たちは、愛する人を育ててくれた母親に対して後ろ向きなんでしょうね?
    まったく不思議な話ですよ。

    ユーザーID:5899304165

  • わんこそばさん

    わんこそばさん、ちょっとおかしくありませんか?

    私が言わんとしているのは、夫側が問題視されるような例がないのは何故という問いかけです。嫁の立場が悪くなるから? 本当にそうですか? 何もかも腹を割って話せる自分の家で立場が悪くなるのですか?
    いやぁ、その方があり得ない。夫の悪口を陰で叩くならまだしも。直接攻撃すれば、口に出した方が立場を悪くするのでは?

    妻方の姑は、夫の前では寧ろ気に入られようとする傾向の方が強いような気がしますが。少数(5-6例)ですから、ウチが例外?

    わんこそばさんのお宅の「ちやほや」も「もてなし」と表現すべきこと。つまり客人の扱いなのです。その何が悪いのでしょうか?
    立場を同じにしてみて、お皿を洗えばよいのですか?それこそ妻の立場を悪くしませんか?

    家事は手伝いませんが、ウチはパソコンが壊れれば出張無償修理を受け持ってますよ。ごちそうにもあずかりますけど(笑)。

    後半は、私の話とはまるで関係がないようで…。舅の愚痴は、別トピを建てませんか? ここのトピとも関係なさそうですし。

    ユーザーID:2914432311

  • 尋ねてみたい

    ここで女性は感情的だとか、
    自分だけが被害者で人の意見をきかないとか、
    いろいろおっしゃっている男性がいますが、
    ご自分のご家庭は平和なのかしら?
    奥さんは幸せなのかしら?

    わたしは夫に守られ、幸せです。
    頭でっかちな人ではなく、行動する人ですし。
    それに、そもそも息子の家庭に不必要に干渉する姑ではなく、大きな諍いを起こしたことはありませんが。

    ユーザーID:4382327759

  • み さんへ

    >>将来あなたたちが姑になったら、もちろん嫁には絶対服従するんですよね?

    >、、、、。すごい暴走ですね。そういうことじゃないと思いますけど、、。

    これがトンデモない結論であることは理解して頂けたようですね。
    次は、このトンデモない結論に向けて暴走しているのは誰なのかを、よく考えてみてください。

     ヒント:私ではありません。


    >嫁は姑に会わなくても一生困りませんから。

    >一番いいのは接触しないことだと思います。

    考え方は人それぞれですね。
    これについては私はsaliさんのご意見に賛成です。

    ユーザーID:5899304165

  • 讃岐さんへ

    > ま、中には姑に「新居の金出せ」とか要求するつわものもいるでしょうが。
    こういうことがあり得る時点で、「今回の争いがそういうものであるかないかを、客観的に判断する必要がある」ということ、無条件に一方の味方など論外であることは、ご理解いただけるかと存じます。


    つまり、ほどんどの嫁の悩みよりも数パーセントのレアケースを引き合いに、声高にして正義正義といっているわけですね。

    そりゃ、話もまとまらないし、大変だな。
    例外をいつも考えているわけだ。

    ユーザーID:4382327759

  • ネムコさんへ

    >本当に息子を愛しているんだったら、息子が幸せになるためにはどうすればいいのか、自ずと分かること。
    >誰だって子供の笑顔を見たいですよね。そのことを忘れなければいいんだと思います。

    まったくその通りですね。
    そういう人達ばかりなら、嫁姑問題なんて起こらないでしょう。
    究極の解決策は、結局そういうことだと思います。

    息子や夫に責任を押し付けるのではなく、まず女性が変わっていかなければいけませんよね。

    ユーザーID:5899304165

  • 質問にお応えします

    >ところで、嫁が小さい頃からの生活習慣で「使った箸を洗わずに使い続けているのが当たり前」という状況って絶対に有り得ないんですか?
    妻の味方論が正しいとなると、嫁が使った箸を洗わずに使い続けていても守るのが正しい、となってしまいますが。

    夫はそれを知って結婚したのだから、守るべきだと思います。
    姑がそんな習慣気持ち悪いといっても、うちはこうだからといえばいいのでは?
    だっていつもそういう妻と生活しているんでしょ。
    自分も箸は洗わなくていいって思っているんですよね。
    なのに、親に言われたら、それは汚い!って、いきなり妻を突き放すの?
    その場では妻の味方をし、
    本当に箸を洗ったほうが良いと思ったのなら、夫婦二人のときに話し合って決めれば?

    ユーザーID:4382327759

  • ○さんへ

    >こんな極端なこと言ってる人は少数派だと思いますよ。

    そりゃそうでしょう。
    こんな極端なことを言う人が多数派だったら、お先真っ暗ですよ。
    私は最初から、そういう“極端なことを言っている少数派の人たち”に向けて意見しているのです。

    >「嫁か姑か選べっ!」ってことではなく。
    >「何を大切にしたいの?」ということでは?

    客観的に判断して正しいと思われる道を大切にしたいのです。
    男性がそう言うと、女性が「妻を選べっ!」と言うわけです。

    >そのなかで一つの「正しい」を選んだら・・・。
    >選ばれなかった方はどんな気持ちになるでしょうね。

    だからこそ、客観的な判断でベストな「正しい」を選ぶ必要があるのです。
    選ばれなかった方は、「私の「正しい」とは違うけれど、客観的に見てその「正しい」もアリだな…」と考えます。
    まともな社会人は、そういう歩み寄りによって問題を解決して生きているのです。

    「嫁だから」という基準で選んだら、選ばれなかった方の気持ちはもっと悪化しますよね。
    ではどうしろと? 「選ばない」のが正解なんですか?

    ユーザーID:5899304165

  • 手羽先さんへ

    >義父・義母が相手だと無条件で100%守られる」という特権でも得られるんですか?

    では、手羽先さんはなんの問題も疑問も無く、妻側の苗字にするといって、親は「あ、そう」で終わります?
    でも男側の苗字にするなら、「なぜ?」なんていわれませんよね。

    男>女
    つまり
    男親>女親
    姑>嫁

    というすりこみがすでに出来上がっているのです。
    言いたいことを言えるなら、対等ならば、夫に助けなんて求めませんよ。

    それから
    >使った箸を洗わずに使い続けているのが気持ち悪くて食事をしたくない」という例。
    絶対に「夫の実家」でしか起こりえないことなんですか?嫁の習慣である可能性ってないんですか?

    ありますよ。
    でもそれを知ってその女性と結婚したわけですよね。
    夫の実家ではなく、夫が箸を洗わないなら、べつに問題はありませんが。
    夫がそういう人だと承知の上で結婚したのでしょうから。
    (そういう人が結婚できるかどうかは、別問題)

    ユーザーID:4382327759

  • 殿方分かって下さいね

    うちの親を例にします。

    私の夫が私の実家に行く時は信じられないほど気を遣っているのに、兄の嫁さんには厳しい厳しい。
    私の子供の前でも平気で悪口言うので母に「もうやめて」と懇願します。
    それでも何が悪いのか、ちっとも分かってないんです。
    母の友達、みんな同じような感じです。

    私の義理親も義理姉の夫には上げ膳据え膳、私はその間ずっと働いています。

    男と女の立場の違い、理解できますか?
    女の苦しみ、分かります?(同居されているお婿さんは同じ苦しみがあるでしょう)
    結婚しない女が増えてる理由、気付いてます?

    ユーザーID:2936428892

  • わんこそばさんへ

    >妻が悪い場合は怒るべきです。

    まさにその通り! それこそが“客観的な判断”です。
    それを否定してしまうと、夫として愛を持って妻を叱ることは出来ません。
    いや、そこを否定してしまうと、夫として愛を持って妻をかばうことも、本当は出来ないのです。
    間違ったことをしている妻を無条件で支持するのは、本当の愛とは言えません。
    “妻の味方”は、“客観的な判断”無しではありえないのです。
    そこがわかっていない女性が、客観的な判断を否定したので、「全然違いますよ」と指摘したのです。

    ユーザーID:5899304165

  • 低カロリーさん

    >舅も姑が厄介だから、息子達が姑の言う通りにしてくれると面倒が無くて良いな〜と願ってる

    女性の望むとおり、「夫は無条件に妻の味方」をすれば、こうなるのが当然の結果じゃないんですか?舅は姑の味方をしているだけでしょう?

    これでもまだ女性は矛盾に気付かないんですかね。

    ユーザーID:9130234913

  • 完全な悪はあまりないさんへ

    どうジャッジしますかって、その前に夫の希望は?

    夫の希望も無視して、妻が一方的に決め付けているのであれば、お話にならない。それが回答です。
    そもそも、子供が欲しい男性は欲しがらない女性と結婚しません。設定自体に無理がありすぎます。

    男性の客観的意見が「完璧な公平」ではないのは当たり前。人間ですから。
    それでも、少なくとも嫁、姑が主張する「自分が100、相手は0」よりは公平です。「100-0」を主張する人が「50-50」に近づけようとした結果の「40-60」を公平ではないと言い出したら、どうすれば公平なのですか?結局「無条件で妻の100を通せ」しか残らないでしょう。

    >どちらが正しいとかではなく、考え方の違いだと思います

    まさにその通りです。だからお互い意見のすり合わせが必要なんです。
    でもそれを拒否して、「自分だけが正しい」を譲らないのが女性です。

    女性同士お互い譲らないから男性が中立に立つと言っているのに、それも「公平じゃないから」と拒否。結局自分の考え方だけが正しく、姑の考え方が全部間違っていることにしたいのですか?

    女性の言い分が破綻しかけてませんか?

    ユーザーID:9130234913

  • ではジャッジをしましょう

    といいたいところですが、個別事項に関して情報が少なすぎ、判断のしようがありません。

    「明日雨です。買い物行きますか?」だって、冷蔵庫の中身によって行動が違うようにね。

    ですから、ケースバイケースではないでしょうか?
    仲介者の能力にもよるので、そういったことを勘案せずに答えを出そうとする姿勢こそ、硬直的だと言えると思います。

    もちろん、正解、不正解が無い問題もありますが、お互いの主張の中間を取ったり、妥協することは可能なはずです。

    これも、二つに一つという考え方から抜け出さなければならないことですよね。

    それに、男性の利益だけでなく、それぞれの利益を相応満たす方法もあります。
    実際のところ、世の中の交渉ごとというのは、黒か白かではなく、様々な色と混じり具合によって結論が出されるのですから、単純化して問うこと自体現実的ではないと思います。

    ユーザーID:0086062391

  • 素朴な疑問2さんに同意 2

    ・・・続きです。

    妻の実家と夫との間で揉め事が少ないのは、妻の実家側のほうが 頭を低くしているからだと思います。 お嫁に貰っていただいた。 そう思っているからです。
    よい嫁に来てもらったと思っていただけるよう振舞うのがベストなのではないでしょうかね?

    子供は 親の姿をみて育ちますからね。
    自分が変わって、相手を変えさせないと・・・


    未だ修行中の嫁の決意表明でした^^v

    ユーザーID:0502553863

  • 素朴な疑問2に同意

    そうですね、相手を思いやるこころづかいですよね。

    自分のことより相手を思いやって行動すれば、寂しい思いも不愉快な思いもさせないはず。
    「あなたは○○家の子なのよ・」・・なんて、ことは言わせないはずだし、言わないはず。
    物事には、原因があって結果があります。
    相手からの不愉快な言葉や行いは、自分に反省すべき点があるとおもってお伺いすればよいだけのことです。

    愚痴を夫に聞いてもらえたら、それで十分なのではないですかね?

    今回のセクハラ疑惑の件も、口に出すまえによく考えれば(時間の経過やご主人との話し合いなど)こんな騒動にはならなかったはず。 お子さんをお義母さんに預けられないこころの歪み?が言わせてしまったように思います。

    私は、よく主人から窘められます。
    相手が悪いとしても、それを予測できなかった自分にも非があると思えと・・・。

    ・・・続きます。

    ユーザーID:0502553863

  • 上司と部下だらか問題になるのではない

    名字と上司部下の関係に何の関連があるのかさっぱりわかりませんが……

    夫の両親と妻が上司と部下の関係なら、
    妻の両親と夫も上司と部下の関係です。

    しかし
    上司と夫はさほど問題を起こさないのに
    上司と妻は様々な問題を引き起こします。

    つまり問題の原因が上司にあっても
    夫は上司とうまく折り合いをつけているが
    妻は上司と対立することが多いわけです。

    よって、問題をこじらせているのは、ほかならぬ『妻』ということになります。
    個別の家庭を見れば実態は様々でしょうが、一般論としてはこういうことです。

    今までの議論を読んできて、
    自分は正しい・自分は被害者という考えに凝り固まってほかの意見に一切耳を耳を傾けない女性たちは
    夫の両親に対しても同じ態度を取るだろうから問題がこじれるのは当然だ、というのが率直な感想であるとともに、
    上記の一般論を自ら補強するサンプルだと気づかないのかと呆れるばかりです。

    なお、夫の両親は問題を起こすが妻の両親は問題を起こさないなどという無根拠な反論はしないでくださいね。
    それは自らをサンプルの一人だと認めるだけですよ。

    ユーザーID:8281985050

  • では男性のみなさん、ジャッジをお願いします

    小町でありがちなトピ、嫁姑問題でよくでる話題


    姑:同居しましょう
    嫁:別居しましょう


    姑:月に一回は顔を出して
    嫁:年に3,4回ぐらいで


    姑:息子を嫁の実家に行かせないで
    嫁:両親は夫婦の顔を見たがっている。自分は義理実家にいっている。


    姑:孫を産みなさい
    嫁:子どもはいらない


    姑:女が働くなんて、家を守ることに専念して
    嫁:結婚しても仕事をつづけたい

    どうジャッジしますか?
    どちらが正しいとかではなく、考え方の違いだと思います。
    どちらについたって、不正解でも正解でもありません。

    1は、自分も同居したければ親の味方をするでしょう。
    4だって、自分も子どもがほしければ親の味方をするでしょう。
    同居が正解じゃないし、子どもを生まないことが不正解でもないでしょう。
    結局、男性は自分に利益のあるほうを正解としてジャッジするしかないのでは?

    ユーザーID:2783367753

  • 公平な人さんに質問です

    >小さい頃からそういう生活をしていれば、エコだ、神経質だ、その程度で気持ち悪いなんていう嫁がおかしいと、夫はジャッジしてしまうのです。

    非情に分かりやすい例ですね。納得です。

    ところで、嫁が小さい頃からの生活習慣で「使った箸を洗わずに使い続けているのが当たり前」という状況って絶対に有り得ないんですか?
    妻の味方論が正しいとなると、嫁が使った箸を洗わずに使い続けていても守るのが正しい、となってしまいますが。

    女性が言っているのはこういうことでしょう?

    女性の意見は「自分が正しく、姑が間違っている」という大前提に基づくもの。ところがその前提を無条件に信じ込んでいるから、自分が間違っているかもしれないという可能性すら否定しているんですよ。

    「自分が正しい」という前提は、発言だけではなく価値観にも及びます。夫が妻の味方だけをするということは、自分の価値観が絶対に正しく、夫の実家の価値観が間違っているという決め付けです。

    夫が公平ではない、というのであれば、自分の価値観だけを守ろうとする女性なんて、それ以上に不公平。だったら、少しでも中間に寄った方がまだ公平に近いのでは?

    ユーザーID:3727373043

  • いち男としての返答

    答えは、正しいと思ったほうの味方するです

    もちろん自分の判断が完璧だなんて思いませんよ
    けど双方の意見を聞いて、色々考えた末に一番ベストだなと思った選択をとるしかないでしょ
    それで反発されたら、それが妥当かまた判断していくんですよ

    >何十年も一緒にいた親を贔屓なしで見ることが出来ます?
    これには「できる」と即答できますね
    こういう部分に関してだけは女性はもっと男を信用してください
    たとえ妻でも恋人でも両親でも親友でも、間違ったことは間違いです
    逆にどんなに嫌な相手でも憎い上司でも、正しいことは正しいんですよ

    だからここで正しい方の見方をすると書いている男性は
    たとえ相手が親だからって肩入れはするつもりは無いはずですし
    自分もそのつもりです

    たしかに 姑>嫁 の立場はあると思いますよ
    けどそれは目上に対する礼儀程度のもので
    もしそれを超えて嫁に圧力をかけたならばその時には「母親が間違ってる」と妻の味方をします

    その結果もし妻が傷ついたら慰めたりフォローはしますよ、もちろん
    最愛の相手ですから
    だけど相手の言い分を聞いて中立に考えるなんて夫じゃないという意見は
    絶対に間違いです

    ユーザーID:2093618295

  • 引用された部分に言及

    >そもそも論様
    色々突っ込み処がありますが、全部さておいて、そもそも論様の言われるとおりだと仮定します。

    > ま、中には姑に「新居の金出せ」とか要求するつわものもいるでしょうが。
    こういうことがあり得る時点で、「今回の争いがそういうものであるかないかを、客観的に判断する必要がある」ということ、無条件に一方の味方など論外であることは、ご理解いただけるかと存じます。

    >natu様
    マザコン云々はともかく、箇条書きの直後に「トピ主さんの挙げた浴室の一件も〜」と続けている時点で、直前の箇条書きは一般論かと思いますが……とりあえずご説明は了解いたしました。
    まあ、同旨のレスは他にも見られるので、私の意見には影響ありませんが。

    あ、ついでに、
    >たれっこ様

    > (略)「お前のやり方が悪い」「その方法はウチでは通用しない」など、日々言われ続けると、(略)
    > それが、嫁姑問題です。

    > おじゃまします、と家に入ったとたん値踏みされ、やることなすこと口を出され、失敗の原因はすべて嫁。

    こんな風に書かれている時点で、嫁姑問題=姑が悪い、と書かれているようにしか読めません……

    ユーザーID:5165331647

  • 素朴な疑問さん

    苗字を変えたら「義父・義母が相手だと無条件で100%守られる」という特権でも得られるんですか?

    例えば、公平な人さんの挙げた「使った箸を洗わずに使い続けているのが気持ち悪くて食事をしたくない」という例。
    これって、絶対に「夫の実家」でしか起こりえないことなんですか?嫁の習慣である可能性ってないんですか?
    その場合も「苗字を変えてくれたから」妻のやり方に口を出さないで守るのが正しいのですか?

    男性が散々言っている「女性は自分だけが正しい」と思い込むからこその発想で、その時点からおかしいんです。
    「姑は上司、嫁は部下」の例自体意味がよく分かりませんが、その例えにしても。
    弱い立場の部下だからといって、何をしても許してくれる上司も同僚もいませんよ?
    同僚同士でも、間違っていれば間違ってると言うのが当たり前です。

    感情的な女性が、こんなことも分からないのは納得できますけど。

    ユーザーID:6998133526

  • 欠けているのは 『誠意と愛』

    不思議に思うのですが、なぜ男性の側から舅姑(妻の父母)の問題がクローズアップされないのでしょう?

    私にも多少のイザコザはありましたけど、妻の両親とそんなに上手くいっていない、ということはないはず…。そりゃ、習慣の違った世界にいた人と人ですから、習慣やしきたりの違いによる意識のすれ違いぐらいは存在して当たり前では。

    でも、それはお互いが「あぁ、そういう人もいるんだ」と思えば済むこと。即ち、許容すれば済むこと。別に舅姑を憎むようなことはありませんし、こちらもこちらで、たまの挨拶には孫の写真も入れ、一筆したためます。妻とは電話連絡が多いため直接ではありませんが、お礼も妻に届いています。

    『誠意はやがて通じる』

    これに尽きるのではありませんか?
    ---
    もう1つ。

    祖母(父方)は、亡くなる直前「いいお母様で良かったね。大事にしなさいよ。」と孫の私に話してくれました。

    母にとって道のりは長かったのかもしれませんが、結果オーライでは。
    要は、姑側にも嫁側にも欠けているのは

    『愛』

    ではないでしょうか。
    それとも昔の人が偉大なだけでしょうか。

    ユーザーID:2914432311

  • 男の存在感ないと酷くなる

    舅が存在感無い事が多いですよね。
    姑を抑えられない。。。

    夫婦で楽しむって事もなくて、舅も姑が厄介だから、息子達が姑の言う通りにしてくれると面倒が無くて良いな〜と願ってる。
    嫁姑問題に、舅や夫が○○と言ったとか、○○したとかって文字が出てこない
    やらなった、言わなかった、ばっかり。。。
    本当に多いなぁって思う。
    仕事ばかりして家庭を大切にしないと言われる日本の男性は、それでも当たり前だと思ってる。
    女性達は、男性が責任もって家族と関わるべきだと思ってる。
    そのズレは大きいですよ。
    ココのレス見ているだけでも顕著です。

    そういう夫に当たった人は、ハズレくじだなぁと思います。
    姑の問題じゃないですよ。
    夫の問題。

    でも、そうそう変らないので、夫を別の人に変えるか、自分が変るかでしょ。
    夫に無い能力を求めてもイライラが続くだけです。
    私がハズレ夫に当たったら、姑にハッキリ言う、断わる、接触を減らす。
    夫側への親孝行は激減します。

    夫が産んで育ててもらったんだから、自分で親孝行すれば良いんですが、何故か?妻にやらせるのが親孝行と思ってる人も多いですしね・・・

    ユーザーID:0570769098

  • 私が姑になったら

    現在息子はまだ中学生ですが、子離れできない実母と義母を反面教師にすると、今から夫に宣言しています。
    息子の妻となる女性ともめごとなど起こさないよう、しっかり子離れしておくつもりです。

    絶対服従も何も、別の家庭として適度な距離をおくべきでしょう。
    それは娘に対しても同じこと。
    ちなみに結婚しても「大きな子供」になって奥さんの負担とならないよう、自分で自分のことはできるよう家事も少しずつ教えています。

    万が一何かあったとしても、私の味方は夫で十分です。
    子供が幸せであればそれで良し、と心から思えないことがあっても自分にそう言い聞かせる努力をしたいと思います。

    でもまぁ最近のお母さんは昔よりかなり過保護で子供にべったりな傾向にあるので、一般的には将来の嫁姑問題はもっとシビアになるのかも・・・。

    ユーザーID:8164259655

  • 義母と同居してる夫の立場でます。

    我が家は嫁姑問題に婿姑問題もありましたので色々と思う事は沢山ありますが、皆さんの勢いに飲まれて何から言ったら良いやら…。

    取り敢えず空気を読まずに私の思いを書いてみます。
    嫁も姑も最初から仲違いしたい訳ではない筈です。嫁が色々と我慢をするのも義父母と仲良くやりたいと思うからこそでしょう。
    勿論姑だって同じで、義母の干渉が善かれと思っての事なのは義母と仲違いしていた私でも解ります。

    また、妻にとって姑は大切な実母ですし、皆さんも仰る様に親子は考えが似ているのも解ります。
    それに私が言う事が絶対に正しい訳でもなければ、同居は我儘の言い訳でもない。そもそも喧嘩の仲裁を人に頼むのが大人のする事でもない。

    では今振り替えって、仮に妻に求められる事があるなら何かと考えると、合理的であって欲しかったなと。納得させて欲しかったなと。

    はるうさん、夫が妻の両親と同居していようが嫁姑問題は起きる時は起きますよ。そんな事が本質じゃないんですよ。

    ユーザーID:6237861201

  • 嫁姑問題の本質

    嫁姑問題の本質を明確に示したという観点から名トピ認定します。
    変質者の義父を無条件に庇う姑というこれ以上ない例があるのに、まだ夫婦は100%お互いの見方であるべきですか?
    それが部外から見るとどれほど醜いことなのかトピ主様が例を挙げてくださっているのに、まだ無条件に味方であるべきですか?
    あまりの自己中心的な視野の狭さに嫁姑問題の本質を見ました。
    今回の例を見て、姑が無条件に夫の味方していることが更に事態を悪化させていることが本当に分からないのですね。

    折角の機会ですので、姑の立場に立った途端に自分が全部悪いことに気がついた姑の皆様、是非その貴重な体験談をお聞かせ下さい。
    そこに救いがあるかもしれません。
    そのような体験談がないなら、未来永劫、嫁姑問題は続くでしょう。

    ユーザーID:3646369395

  • ついでに

    ちなみに、私には息子がいます。大事なかわいい長男です。
    なので、結婚したら殆ど寄りつかないで欲しいと思います。
    自分が姑の様にはなりたくないのでね。
    夫が私を守ってくれるように、息子が気にくわない(かどうかは、分かりませんが)嫁を庇う姿など見たくもありません。
    嫁に絶対服従?ありえません。
    ただ単に、距離を置いてよその娘さん(相性が合うなら親戚の子ぐらいですかね)として接するだけです。

    夫に言われます。
    息子が可愛すぎて、母さんのように嫁いびりするんじゃないか?と。
    仮に寄ってこられたら私もそうなると思うので、決して近くにはこないでほしいと思います。
    悪気無く放った言葉が、数年経っても癒しきれない心の傷になる恐ろしさが分かるから。
    きっと息子が可愛いので寂しいでしょうね。
    しかし、自分がされた苦しみを他人の娘さんに受けさせるなどそんな事出来るわけありません。
    姑ってどんな権利だよ?と思います。

    ただ、未来のことなんで絶対はあり得ませんがね。
    今現在出来ることとして、息子とはあと十数年の蜜月だろうと覚悟しています。

    ユーザーID:2634445396

  • とせぶさんへ

    私のレスのどこに姑が何が何でも100%悪いとあるのでしょうか。私は嫁姑とは他人同士ですから問題は起きるだろうが、その解決は夫の力量で左右される、と言っているのです。
    もちろん嫁に非があるのなら、夫が諫めるべきじゃないですか?嫁の父に非があったときは、夫が諫めますか?嫁か嫁母でしょう。それが一番感情の波風が立ちにくいと思いますが。

    問題を冷静に見極めるのは当事者なら当然でしょ。その後、非のある嫁に愛をもって寄り添い、解決に導いて欲しいのです。とせぶさんのレスには、案件によって異なるのでしょうが、見極めた後、夫としてどうするのかありませんね。それが一番問題の解決にならない、「オレには関係ない」という立場の言葉に聞こえるのです。判断したあと、オレの役目は終わった、では問題の解決は程遠いです。

    妻に100%味方せい、は悪くても悪くないと言え、と言っているのではありませんよ?
    そこを勘違いしてるからどうにも平行線なんだと思います。

    ユーザーID:2634445396

  • 感想

    自分達が感情論の押し付け合いをしておいて客観的になれず、(自分が正しい、
    夫は無条件に妻の味方をすべきなんてその最たるもの)夫に何とかしろと責任転
    嫁しておいていざ、調停するにはこうしたらと男性が提案すると「それも感情論だ」
    と言いだす始末。

    このような非論理的言動さえ自己分析できず、冷静さが著しく欠如していると思わ
    ざるを得ない女性がはびこっている事実に愕然としてしまいます。

    結局、女性が普段声高に推奨している「話し合い」とは

    「自分の意見を押し通す事であり、それに異を唱える者を排除する事である」

    という事が証明されてしまっただけですね。

    ユーザーID:5773566944

  • お互いに接触しないのが一番

    >将来あなたたちが姑になったら、もちろん嫁には絶対服従するんですよね?


    、、、、。すごい暴走ですね。そういうことじゃないと思いますけど、、。

    嫁と姑、お互い合わないんだから接触しなければ問題は起きないのではないでしょうか。
    普通の人間関係だったら、自分と合わない友達からは遠ざかりますよね。向こうからも近寄ってこない。
    姑も、嫁が嫌いだったらほっとけばいいと思います。
    嫁は姑に会わなくても一生困りませんから。

    姑は嫁が大嫌い、でも自分の支配下におきたいと思うからそれに反発した嫁と問題が起こるのでは?

    一番いいのは接触しないことだと思います。

    うちの場合ですが、
    自分の息子には絶対に言わないことを嫁に言ったり、(早く子供生め、アンタは不妊症なのか、親のために子供うめ、誕生日プレゼントよこせなど。)
    息子ができないことを嫁がやって当然と思う態度がいけないのだと思いますよ。
    だいたいなんで舅姑の家には週に何度も訪問して、頻繁の電話も我慢して相手をしているのに、
    自分の実家には年に一回も訪問するなという姑ってすごく理不尽だと思います。

    ユーザーID:7858959684

  • 嫁を姑にあわせないでとか

    よく言えますねー。そういう態度だから姑さんも口出ししたくなるんじゃぁ…。
    私も主婦やってますのでよくわかりますが、いらっ!とするときも多々ありますが、
    後で考えると一理あるなぁということもしばしばあります。育った環境や年代も違うので意見の相違はあります。
    夫には報告はしますが、お互いに話し合うようにしています。けんかもしますよ。本当の家族に近づけると思うので。ただ、無視に近いような会わない、というのだけは納得できません。

    感情的になる前に自分自身で問題解決する努力をしませんか?姑を思いやったりしていますか?それほどいい妻で嫁ですか?
    夫に話すことは重要だと思いますけど、結局は嫁と義母の人間関係です。
    問題を起こしている当事者が「あなたのお母さんでしょ!」と問題解決を
    夫に押し付けている姿は、問題解決を求めること、こちらの味方につくことが当然の権利だと喚いているようで浅ましささえ感じます。

    姑に会わないって言っている人達は法事や里帰りなどはしないのですか?旦那さんに帰るな、って言うとか(笑)
    赤ちゃんもお婆ちゃんには見せないの?どう考えてもおかしいですよそれ。

    ユーザーID:2351514017

  • 正しい判断

    ベストなのは、「正しい判断」を夫婦で一致して持つことではないでしょうか。

    ユーザーID:7705743531

  • 現実からの願い

     夫に味方になって欲しいと言っている人達の多くは、「今」苦しんでいるお嫁さんの立場ではないでしょうか?
     そして、そんなのレアだとも言っているトピ主さん否定的な人達は、トピ主さんのように苦しんでいる(されている事の例は違っても)同じような立場のお嫁さん達が、願っている事をレスしているのを認めていない。
     現実には、ご主人はお嫁さんの立場の妻の味方をしていない−中立なのでなく、全面姑の味方のみという事なのにわからない人がいる。
     いくら、「我が家は違う」から関係ない、と言われても、噛み合わないのは当然でしょう。会社の派閥争いと同じように完結しても無理です。
     実際、泣いている嫁は多く、その連鎖は、次の代に繋がるかもしれないのは、DVが連鎖するのに似ています。
     クールに返答しているつもりの賢い皆さん、確実に何割かの男性は、無理なんです。貴方達のように自分を律してトレーニングして家族を冷静に判断できる人は、極少数派です。だから、ここでせめて、一人だけ他人の嫁の味方はいないのか、と願っているのです。
     こうありたい、と言えば良いのに、こうしているから終わりだにしているのです。

    ユーザーID:8492454345

  • とせぶさんへ

    今姑にとても苦労しているものです。自分が姑になったら?ですか?

    息子と嫁さんにばっかり関心がある人生なんてまっぴらごめんです。
    嫁さんに過干渉して悲しませ息子と孫に嫌われてしまったら、きっと毎日が死ぬほど辛いと思います。
    家がどうのだの、親だからどうだの、そんな締め付けが重要でしょうか?
    子供の家族が困っている時は助けてあげたいけど、それ以外は自分の環境で楽しいことを見つけて夫と仲良く生きたいです。

    今の20代〜30代が「姑」さんになる頃、それこそ「嫁」なんて存在いるかしらと思いますよ。
    息子の奥さんって呼ぶような世の中になるんじゃないかと思います。

    これほど多くの女性が経済的に自立している世の中は未だかつてありません。
    これからもっと増えるでしょう。経済力を持つものは強くなります。
    姑がうるさく我慢の多い結婚生活は、さっさと解消されてしまう可能性大です。

    本当に息子を愛しているんだったら、息子が幸せになるためにはどうすればいいのか、自ずと分かること。
    誰だって子供の笑顔を見たいですよね。そのことを忘れなければいいんだと思います。
    トピ主さん、脱線してごめんなさいね。

    ユーザーID:2936428892

  • 息子を奪った憎い嫁?

    息子を奪った憎い嫁と姑が考えている、と考えるお嫁さんがいる限り、嫁姑争いはなくならないんじゃないでしょうか。
    自分が夫を姑から奪ったと思っているんですよね?
    ちょっとありえないですが。
    夫は誰の所有物でもなく彼自身のものであり、奪う奪わないの問題ではないし、
    結婚しても母親の息子であることは寸分も変わらないし、妻の夫であることも変わりません。
    奪うなんて可笑しな考え方です。それをおかしいと思わないから「全面的に味方しろ」なんて言うんじゃないでしょうか。
    嫁姑は双方に問題があるでしょうが、こんなお嫁さんはより多く問題と責任がありそうです。

    そんなお嫁さんにとって、ご自分の息子さんは結婚までは自分の所有物で、結婚したら妻の所有物ですか? 娘さんは?

    なんだかここに集まるご意見自体が嫁姑戦争を言い表しているような気さえします。

    ユーザーID:6038329551

  • あなたが姑になったら?

    「嫁は弱い立場だから無条件に守られるべき。
     夫は自分の選んだ妻に100%味方しなきゃ駄目!」

    と主張されている皆さん。
    皆さんはもちろん、その信念に基づいて息子さんを教育するんですよね?
    「結婚したら100%お嫁さんに味方するのよ。
     たとえお母さんが正しいと思っても、絶対に私の肩をもっちゃ駄目だからね!」と。

    いや、それ以前に、将来あなたたちが姑になったら、もちろん嫁には絶対服従するんですよね?
    だって、自分が育てた息子が選んだ嫁だもの。
    100%受け入れて守らなければ筋が通らないでしょ?
    その時になって「うちのは使えない嫁だ」とか「冷酷な鬼嫁だ」なんて言い出すのはナシですよ。
    あなたたちは“客観的に善悪を判断すること”を否定したんだから。
    どんな嫁であれ嫁は守られるべきなんでしょ? 是非実践してくださいね。

    私は客観的に善悪を判断できるよう努力する道を選びます。
    「俺は常に客観的に判断できる!」と自惚れるほど高慢ではありませんが、
    「人間には客観的な判断なんて不可能なの!」と投げ出すほど暴力的にもなり切れませんのでね。

    ユーザーID:5899304165

  • 「正しいかどうか判断できるのか?」という問いに対して

    「正しい」と公平に判断できるのか?
    という興味深い問いが発せられていますね。

    もちろん、人間は完璧ではないから、その判断に偏りがある可能性は否定できないでしょう。
    ただ、それでも感情的になっている当事者よりは冷静であるだろう可能性が高く、当事者よりは中立的な視点が得られる優位性があるだろうことは確かです。

    問いは「何がベストか?」であり、「完璧かどうか?」ではありません。
    対立しているだけでは解決はありませんし、一方に偏るだけでも物事は解決しません(これは、国際紛争等を見れば分かる話だと思いますが、自分の仲間を募るだけだった先の大戦の終結がどんなものであったかを考えれば、中立的立場のいない危険が分かるでしょう)。
    完璧でないからといって、その視点が必要でないことの理由にはなりませんしね。

    また、頼りない仲介者であっても、何度もその経験をしていくうちに成長し、当事者の性質を捉え直し、徐々に適切な手を打てるようになる場合もあります。
    「味方せい」ってだけでは、その可能性すらも奪ってしまいます。

    感情的になるのは好き好きですがね。

    ユーザーID:0086062391

  • 讃岐さんへ

    嫁姑の争いは姑→嫁
    力関係は姑>嫁

    という記述は一般論のつもりで書いたのではなく、トピ主さんの家庭を想定して書きました。
    もしトピ主さんが義親と意見が食い違っても負けないくらい強く言い返せて、浴室に舅が入ってこようものならその場で激怒してビンタできるようなお嫁さんだったら、この掲示板で主に男性が主張している“夫が中立・裁判官論”もありだと思いますよ。私が言いたかったのは、「トピ主さんがここで相談している状況で“夫が中立・裁判官論”を採用するのは夫がマザコンのように思え不適切だ」ということであって、「“夫が中立・裁判官論”を主張している男性はマザコンである」ではありません。たしかに私の前の投稿を読むと男性一般をマザコン扱いしているようにも見えるかな…。不快な思いをされた男性がいたら失礼しました(^^;)

    ユーザーID:8227999658

  • どちらが正しいか見極めることのできる男性のみなさん

    そんな神のような公平な目をお持ちの貴方方なら、当然普段から、妻の実家と自分の実家も公平に扱っていますよね。
    まさか、自分の親と同居なんてしていませんよね。
    自分の実家には妻を連れて行くけど、自分は妻の実家には行かないなんていいませんよね。
    自分の実家に泊まる回数、日数は当然妻の実家と同じ回数、日数ですよね。
    妻が貴方の親の相手をしている分だけ(電話、手紙)、貴方も妻の実家に電話や手紙を送っていますよね。


    いやいや、俺は妻の実家のほうを優先している、妻の実家と同居しているという方。
    だったら、なにかあったとき、自分の親を贔屓しても大丈夫ですよ。
    そもそも、嫁姑問題なんて、起こらないのでは?

    ユーザーID:2783367753

  • 起こってしまったら仕方が無いが

    >嫁姑の争いは姑→嫁の行為が原因だとか、力関係は姑>嫁だとかいうレスが散見されます。
    これ自体、きわめて一方的なものの見方ですが


    いえ、いえ。
    姑が嫁に要求しなければ、平和ですよ。
    ま、中には姑に「新居の金出せ」とか要求するつわものもいるでしょうが。


    現に、嫁姑問題が起きたら二人を合わせない、話をさせない、としてください。
    そうすれば解決しますよね。


    大抵のお嫁さんは姑さんと会えなくても話せなくても、構いません。
    姑さんも同じであれば、嫁姑問題は起こりませんよ。
    (会ったり話をしなければ、そもそも衝突なんて起こらない)

    なので、息子を持つお嫁さんにお願いです。
    姑になったら、嫁を放置プレイでお願いします。

    ユーザーID:1522272348

  • 自分の親を公平な目で見られるわけないでしょ

    正しいほうつくと、自分がさも完璧で正義の神でもあるかのようなレスが多いですね。

    でも、考えてみてください。
    何十年も一緒にいた親を贔屓なしで見ることが出来ます?
    どんなにひどい親だって、誰かに悪口言われたが、それが正当でも気分が悪くなるものです。

    たとえば以前小町で、義理実家が使った箸を洗わずに使い続けているのが気持ち悪くて食事をしたくないという件がありましたよね。
    それだって、小さい頃からそういう生活をしていれば、エコだ、神経質だ、その程度で気持ち悪いなんていう嫁がおかしいと、夫はジャッジしてしまうのです。
    夫の判断が間違いだとは思いません。
    彼にとっては、それが正しい文化なのだから。

    夫ではなく、まったくの第三者なら、公平にジャッジしてくれるかもしれませんが、嫁よりも長い間同じ文化の下で育ってきた夫に、公平さを要求できるとは思えません。

    ユーザーID:1522272348

  • 実際の調停でも難しい

    裁判所で行う調停でも、調停員さんの技量によって結果が変わります。
    以前の、元から離婚はいけない、という考えのみの方が間に入ると、どんな原因であれ、お嫁さん側が我慢しないといけない、という結果に終わる場合がしばしば出ています。そういう経験をした人は多いと思います。

    なので、理性的な意見の方の欠点は、「自分の人生観ではっきりした形の無いものには、思ったより偏りがある」可能性を常に考えておくべきです。
    そこに、例えその偏りは、理性的な範囲の平均値からははずれていない、と断定できる人であっても、周囲との関係性によって、又、家にいて社会的な経験や理不尽を余り経験していない姑さんには通用しない可能性がある、という事実を認識すべきです。

    社会で働いている男性に、優れている点があるとすれば、社会的にクレーマーに出会ったとしても、柔軟に対応するテクニックを持っているという事でしょうか。
    これは、お姑さんには最も通用しにくい点でもあり、自分の母はそんな輩とは違うと思っているでしょうから、知らず知らず中立に立てなくなっているかもしれません。
    でも、結果的にそうなる可能性があるという事なのです。

    ユーザーID:2691604254

  • いつまで同じ話してんだか・・・・

    ・嫁姑問題は姑が100%悪い
    ・夫は間に立って妻を無条件で庇う

    もうそういうことにしときましょうよ。
    こんな話をいくらしたところで、一方的で極端な事例ばかり挙げて客観性を欠く論者が居る限り、まともな論議にはなりませんから。

    引き合いに出して申し訳ありませんが・・・・

    >夫は○二クロのパーカーを愛用
    >あれしか服がなくて可哀想
    >泣きながら夫に訴える羽目に

    ご主人に義母の前では他の服を着てもらえば良いだけなんじゃないかな。
    何でそんなくだらない事も夫婦が自力で解決できないんだろう。

    ユーザーID:4229415929

  • たれっこさんへ

    近所に姑の悪口を言いふらしたり、無視したりいびったりする嫁もいます。
    たれっこさんは思いこみが激しい上に現実をご存じないようですが、決して少数派の嫁ではありませんよ。
    鬼嫁の話など検索すればいくらでもヒットします。

    つまり嫁姑問題において、一方的に嫁が悪い場合もあるのです。
    必死で戦う姑を応援すべき場合もある。それは個々の案件によって異なるのです。
    冷静に見極めていくしかないでしょう。

    なお、「自分が選んだ妻なんだから全力で守れ」という意見もあるようですが、
    随分乱暴な話だと思います。
    自分の選んだ夫のやることには無条件で従うべきだ、というのと同レベルですね。

    ユーザーID:5899304165

  • よめこちゃんへ

    少しずれるかもしれませんが。うち以上の家庭ありますか?とあったので。

    我が家はすごかったですよ。私が実家に帰って娘に風邪を引かせたと私の実家に電話をして「うちの子供が(うちの孫と言わないのです。うちの子といつも言います)そちらに行って風邪を引きました。風邪が流行っているときはうちの子を抱くときはきれいに手を洗ってから抱いてください」と言ったり。

    結婚するときには「お兄ちゃん(私の夫)にお金の苦労はさせたくないから働き続けて」と言われ、そして今から3年前、娘が高校に合格したときには、なぜ公立に行かすのかと怒られました。そのときの会話をここで披露しますね。「なんで私立に行かせへんの」「お金がありません」「子供だけにしんどい思いをさすのか。ならお前もしんどい思いをせよ。それに共働きでなんでお金がないんや」「言わないできましたけど、私は主人から月に4万円しかもらってません」「あんた正社員で働いてるのに、なんでお兄ちゃんのお金を当てにすんの。あんたのお金でちゃんとでけへんのか」この会話で15年間、がまんし続けてきた心がパーンとはじけてしまいました。
    ま、今は仲良くやってますが。

    ユーザーID:0401588084

  • 毅然とした態度を示しましょう

    ちゃいさん、お辛いですね。

    でも、ここで「ベストの夫の対応」を聞いても
    ちゃいさんの場合、解決にはならないでしょう。

    小町でこういう意見が出たから直して欲しいと
    言っても夫は聞かないでしょうから。

    失礼ですが、あなたはもう既に
    何が正常で、何が異常かの判断が出来ないのではないですか?
    DV被害者の共依存状態を思わせます。

    明らかに義父のセクハラ行為があるにも拘わらず、
    義母はこともあろうかあなたを責め、夫は我関せず。

    今度泊まりに行った時、もし義父があなたの布団に入ってきても
    「あ、間違えた」で済まされそうですね。
    私の親友はこれで離婚しました。世間では、こういう事があるんです。

    きっぱりと、イヤな事はイヤ、もう付き合えないと言えませんか?
    夫がそれに対し文句を言おうと、
    「私を守ってくれないあなたには何も言う権利はない」と突っぱねましょうよ。
    とりあえず、ちゃいさんだけでも絶縁し、実父母さんなりご兄弟に相談してみて下さい。
    もうあなたの手に負えない状態かと思います。

    ユーザーID:3768969959

  • 一般論とトピ主さんのような家庭の場合と

    私は夫の両親と私との間で、意見の相違などがあったら、
    夫には、夫の独自の意見を言って欲しいです。
    実際、夫はそうです。まあ、そういう人だから結婚したんですが。

    私もそうです。夫と私の両親の意見が違っていても、
    どっちの味方ということもなく、私は私で自分の意見を言います。

    それで、特に問題になったことはないです。

    納得していないのに、一方的にどちらかの肩を持つだのされたら、
    それこそ納得出来ないです。それが私の肩であったとしても。

    ここまでは一般的な話かと。


    で、トピ主さんや、他の嫁姑問題で揉めている方は、
    もう感情論として、自分の味方をして欲しいんでしょうね。
    それも判ります。

    そういうおうちでは、旦那さんが奥さんの味方をするのも、一策でしょうね。
    奥さんのご機嫌はとっておいたほうが、私が夫だったらラクだと考えます。

    ただ、おっそろしい親だったら、親の味方をするほうが賢いかも。

    どちらの機嫌をとっておくほうが全体として得か、で動くのがベストかも。

    ユーザーID:3274594928

  • 逆に聞きたいのですが…。

    あまりに酷い状況で全てほったらかしの夫というのは論外として、
    多くの方の意見からお見受けできるように感情的に夫に問題解決をせまっても結局は当事者である嫁と姑の行動が変わらなければなにも解決しませんよね。

    たとえ夫が妻を姑に「いい妻」だとプレゼンしたところで嫁姑問題には火に油になることも多々あると思うのですが。妻の応援といったレベルではなく、むしろ相手を滅ぼすまでやれと言いかねない剣幕でレスられている方もいますね…。ご自身で行動する、ご自身の非を省みるという方が皆無なのがとても残念です。

    「姑に私は言えないから夫が言うのが当然。」

    という意見が多いようですが夫にどう言って貰えれば問題解決に向けての努力をご自身からもなさるのでしょうか?

    ユーザーID:5868483685

  • tsubasaさんへ、客観的って難しいですね

    お言葉ありがとうございます。
    確かにそうですよね。
    でも私が反対に夫の立場を考えると、夫は生まれてから約二十年、義親と価値観を共に生活してきている訳です。
    私とは付き合いを含め数年。
    これで「どちらにも肩入れせず、客観的に判断出来る」と言い切る方が危うく無理な話かな〜と。
    少なくとも当時の夫には「否定が彼に出来る精一杯の正しい判断」だったと思いますよ(笑)
    これまで生きてきて、一度も自分が言われた事のない言葉であった事は確かでしょうから。
    義母も基本的には良い人で、ただ自分が一度こうだ!と思い込んでしまった事に関しては、周囲の意見に耳を貸さなくなってしまい、思い込んだままに暴走を始めてしまうのです。

    幸い同居に関しては、夫が私との生活に満足しており(のろけてすみません)同居はないと確信が持てた為、冷静でいられました。
    また最近の夫は義母と私のやり取りで義母が暴走している時には、間に入ってくれる様に。
    中にいる時にはわからなくても、傍からはよく見える様で「ったく頑固だな〜」と愚痴る事も(笑)

    でもそれが望めない時には「自分の言葉を裏づける証拠を得る」、これが一番効果的だと思います。

    ユーザーID:0251438002

  • 一般論に意味はあるか

    嫁姑の争いは姑→嫁の行為が原因だとか、力関係は姑>嫁だとかいうレスが散見されます。
    これ自体、きわめて一方的なものの見方ですが、それをさておいても。

    仮に一般的に姑→嫁の行為が原因だったとして、だからといって無条件に夫が嫁の味方になるべきとはいえません。
    現に生じた「その」トラブルでは、(たまたま)嫁→姑の行為が原因ということもありますし、姑の言い分が正当ということもあります。
    そういう場合に夫が無条件で、姑の言い分も聴かずに嫁の味方をすれば、「不当なことをいう嫁と一緒になって、無理を通し、姑に我慢を強いた」という結果だけが残り、今後の家族関係に悪影響を及ぼすでしょう。
    争いには一つとして同じものはないのですから、「普通は姑が原因」なんていう先入観で争いを見ては、解決するものも解決しません。

    ユーザーID:1589432530

  • だから

    嫁の立場がよく理解できてない夫さん達。

    あなた達がお嫁さんの姓を名乗り「婿」となり、舅姑が自分にとって信じられないような干渉や要求をして来たらどうしますか。
    自分1人の力で解決できると思います?親のことが良くわかる妻に相談しません?

    そこで妻が「私は中立」「親の意見も聞いて正しいことを見極めて判断する」(妻は親の価値観に限りなく近い、小さい頃から摺り込まれている)「仕事で疲れてんのに、あなたまでそんな面倒なこと言ってくるの!?」と言っても「おっしゃる通りでございます」って言えますか。

    妻の現在の困窮を自分のことだと置き換えてください。
    嫁の立場も辛さも解るんじゃないですかね。
    嫁って辛いですよ。

    ユーザーID:2936428892

  • 調停者が何をするかというと

    1.お互いの言い分を個別に聞く
    2.落としどころを自分なりに判断する
    3.それぞれに対して、その言い分への理解を示す
    4.それと同時に、相手の言い分にも理があることを示す
    4'.当事者双方が同席する場ではあまり話さず、当事者がヒートアップした場合にだけブレーキをかける
    4''.または自分の意見を滔々と述べる
    5.自分の判断した落としどころに向かって、それぞれを説得する

    3と4は、2の判断次第で天秤がどちらかに傾いているのが通常です。

    これで争いが解決しない場合、感情的な当事者は、4だけやたらと覚えています。要するに、「あの人は私の言い分を理解せず、相手の言い分にばかり理解を示す」と。
    実際には、相手にも同じようにしているんですけどね。

    嫁の側の立場から、夫には裁判官ではなく調停者の役割を求めるレスがありましたが、調停者はだいたいこんな感じで、決してどちらか一方に肩入れしません。「夫は無条件に妻の味方はしない(自分の判断に従う)」のはこういうことを指します。
    感情的になった当事者の一方に肩入れしても、喚く声が大きくなるだけで何ら解決に前進しないからです。

    ユーザーID:2057717682

  • おかしいかな

    >あなたのご主人はおかしいです。
    >そしてここで女性の言い分を否定している男性は、そんなおかしい男性を想定していません。
    >一般論とするには、あまりにもレアケース。

    確かにおかしいですね。
    でも一般的に見てそれはちょっとひどいのでは?と思うようなことでも、自分の親となると「悪気はない」とかばう夫ってけっこういますよね。

    他人事ならおかしいとわかることでも、自分の親となると判断基準がにぶっちゃうんでしょうねぇ。
    そう考えるとレアケースとまでは言えないような・・・。

    ユーザーID:8164259655

  • こういう態度はダメですよという例

    >夫は「母がそんな事言う訳がない!」と激怒、味方どころか全く信じてくれず夫婦仲は最悪でした。
    >夫の客観的なジャッジとは所詮、「自分の主観を元に両者に正当な判断を下した気になっている」だけです。

    これは、ぴよさんのご主人が姑に近い立ち位置で、物事を判断しているだけで、ご主人にはそもそも
    「正しい方の肩を持つ」とか、「客観的に判断する」といった考え・感覚が欠如しているだけの話。
    要するに、こういうどちらかに偏った態度はダメですよという好例でしょう。

    ユーザーID:4817795034

  • 一息つこう!オットくん。

    30歳既婚男無子のピタ吉と申します。
    スーパープレイを期待されているオットくんの立場な者です(汗

    このトピは断続的にROMしてきましたが、トピ主さんを始め、
    嫁姑問題で悩む方々のご苦労を思うと、とても辛いですね。

    勿論、直接の被害者である妻の立場にある皆様もそうですが、
    槍玉に上げられているオットくんの心中も穏やかではないのですよ。

    自分の家族が自分の相棒からどんどん嫌われていく辛さ。
    でも実際に自分の家族が相応のことをしているのだから仕方もない。
    ・・・コレ、かなり辛いものです。

    解決ではなく、嫁姑問題を起こさない立ち回り方がベストな対応。

    自分の実家について妻に話し、心の準備をするゆとりを与え、妻の
    我が実家に対する愚痴には同調し、妻寄りになり過ぎない位置で
    妻実家と同じ県内に家を建てました。

    これでも妻の不満がゼロになる訳では勿論ありません。
    今日びの平成オットくん、何とも弱く面倒で損な役回りなことか。

    結婚に至らない女性を負け犬と言うようですが、今のご時世では
    既婚男性こそ最も弱者だと声を大にして言いたいね。

    ユーザーID:5589018233

  • 「正しい方」とか「中立」とか言う以前に

    独立した大人の男女が一緒になって新しい生活を始めるのが
    結婚ですよね。それなのに
    ・自分の妻と親が諍いを起こしている
    ・力関係は親>>>妻
    ・行為は親→妻
     (トピ主さんの挙げた浴室の一件も行為の態様は姑・舅→嫁となっています。
      他の方もおっしゃっていますが、嫁→姑・舅なんて立場上殆どないだろうし、
      それができる嫁だったら夫の手など煩わせずとも姑・舅を黙らせているでしょう)
    という状況になっているのに「今の自分の生活の基礎は妻との夫婦生活だ。まず自分で考え、
    そのあと妻と話し合って夫婦としての結論を親に話そう」ではなく「母(父)と妻の意見を聞いて…」
    と思う時点で自立できていないマザコン(ファザコン)だと思うのですが。

    ユーザーID:4665754956

  • 暑い時こそ熱いものをさんへ、お答え有り難うございます

    とことん話し合うことができる嫁姑間であれば、問題は起きても解消できるでしょうね。そんなかわいらしい話をしてるのではありません。
    近所に嫁の悪口を言いふらしたり、無視されたりいびりに発展するから困るんです。夫としてどうします?ここからですよ、問題の本質は。
    新しいものに柔軟に対応できる高齢者などほんの一握りです。頑固・我が儘になりどんどん扱いづらくなる高齢者。その矛先にいるのが他人である嫁なんです。一挙手一投足が面白くないと感じるものでしょう。

    そして、私が思いこみが激しいのか、それとも暑い時こそ熱いものをさんが現実を知らないだけかは分かりませんが、決して少数派の姑ではありませんよ。私が言うような姑の話など検索すればいくらでもヒットします。

    問題の連鎖を断ち切るカギは息子である夫だと言っているんです。
    敏腕営業マンさんのレスをご覧下さい。必死で戦う嫁の応援団をしてほしいのです。
    ちなみに、妻の親と夫の問題が嫁姑問題より取りざたされないのかお分かりですかね?
    (もちろんある事はあるんですよ。)
    男は視野が広く、問題解決能力があるから、とお思いですか?

    ユーザーID:2634445396

  • 事実を裏付ける証拠を見せると信じてくれる様になりました

    結婚当初、我が夫は○ニクロのパーカーを愛用、よく着ていました。
    それを見た義母は「あれしか服がなくて可哀想」と繰り返し私にだけ訴えて来る様に。
    その度に夫が好んで着ている事を説明しましたが理解してもらえず、遂に私は泣きながら夫に訴える羽目に。
    夫は「母がそんな事言う訳がない!」と激怒、味方どころか全く信じてくれず夫婦仲は最悪でした。

    義親が私にだけ同居の話しをして来た時は「義親が同居したいって。○条工務店で二世帯にする事まで決まってたよ〜。」と冷静に夫に報告。
    そんな大事な事を何故妻にだけ?とやはり半信半疑な夫でしたが、義親宅で大量の○条工務店のパンフレットを発見。
    それはそれはそれは衝撃だった様です(笑)

    夫の客観的なジャッジとは所詮、「自分の主観を元に両者に正当な判断を下した気になっている」だけです。
    それよりも有無を言わさぬ確実な証拠を挙げられる機会を得る事。
    うちは偶然でしたが私の言葉を裏付ける物が義親宅から出てきたのが大きかった。

    ちなみに主さんの義母は「無条件以上の過度の味方」であり、どちらにとってもかえって迷惑な存在です。
    こんな夫は誰も求めていないのでは?

    ユーザーID:0251438002

  • むしろ「これはやったらいかんだろう」な対応

    ・裁判官を気取り、「両方の意見を聞く」といいつつ、両方の口頭意見のみを聞いて感情で片方の意見を嘘と決め付けたり軽んじる。
    (「あいつがそんな事言うわけないじゃん」「そんなの大した事じゃないから気にするな」等)

    ・それ以前に、そもそも片方の言い分しか聞く気がない。
    (妻を軽んじ、親に逆らえない男性に多い)

    ・夫の育った家の価値観絶対主義。
    (妻の育った家の価値観になんら間違いがなくとも全否定)

    ・伝書鳩・傍観者となり、常に受身で家族参加への主体性が見られない。
    (トピ主さんのご主人はこれですかねえ・・・)

    ・家の事は関係ないと、主不在の争いの場に親と妻を放置し、自分は仕事や趣味や女に逃げる。
    (仕事はまあともかく、あとの二つは最低ですね)

    ユーザーID:1061105098

  • やはり、トピ主さんのご主人は能力が無い

    妻の風呂に入る父を叱れない夫って。。。
    庇って欲しいというより、妻の意向は関係無しに怒ると思うんですけど。。。
    ご主人は、もう期待しちゃダメですよ。
    義父母の家でお風呂に入らない、なんなら家に行かない
    義父母は運動会に呼ばない
    ご主人に「貴方は何も出来ないのだから、決定権は無いのよ」と言いましょう。

    一般的な期待をしてはいけないと思います。
    そういう男性と結婚したんですよ。
    それなのに、一般論の質問を立てましたよね?無理があります。
    自分の身、子供の身は、トピ主さんが守ってください。
    その御主人とじゃ、強くなるしかない

    ユーザーID:0570769098

  • 我が家の場合

    私は妻に家に入ってもらった男です。

    結婚と同時に同居開始(6年前)。

    ルールを私が勝手に作成しました。
    その1 
    夫婦はイベントごとなどで親とのやり取りは基本的に実の子供がする。
    勿論それぞれ相談があればのる。
    私が忘れっぽいので私が悪者になることもあるがそれもまた良し。
        
    その2 
    嫁姑は文句があるときは私を通す。
    育児や家事など母は色々文句があるようだが、時代にそぐわないものもあるので、必要なことは言うが、私から見たら必要ないことは言わない。

    とりあえずそれなりにやってます。

    ユーザーID:7245867234

  • セクハラでしたか・・・


    私も夫の実家で「娘を授乳します」と奥の部屋に引っ込んでしばらくしてから、義父がアルバム片手に写真を見せに来たことがあります・・・

    そのときは忘れてたのかな?聞こえなかったのかな?と思い込もうとしましたが、どっちにしても授乳姿と上半身、ほぼ丸出しの姿は見られたんですよね。

    夫には言えませんでした。

    あと、大きくなった娘をやたらお風呂に誘うとか。
    義父は息子しかいなかったので、「娘(女の子)」に興味深々だったようです、、、これは夫が断固反対しましたが。

    私の実父は、娘が3歳までしか一緒にお風呂に入りませんでした。
    そういう気遣い、義父母にはなくても当たり前なんですか?
    嫁の自意識過剰でしょうか?

    うちはもう義父母と疎遠になっているので、この先話す機会はないでしょうが、そんな機会があれば今までの仕打ちはどういうつもりだったのか、冷静に聞いてみたいです・・・。

    ユーザーID:0853852961

  • この場合、義母は正しいのでは?

    >義父が一部否定する以上(義母にとっては全否定)

    ここの女性の理論で言うと、女性が求める通り「無条件で味方」しているのだから、この場合義母の行動が正しいのですよね?そういうことでしょう?

    >夫は痴漢行為があったことを知りながら黙っている人

    残念ですが、トピ主のご主人が世間一般レベルから見て異常です。トピの議論内容からも逸脱しているように思います。
    どうしてそんな人と結婚したのですか?

    図らずも「無条件に味方をすることの弊害」と「正論を求める男性の必要性」が顕著になったのでは。

    ユーザーID:9520100324

  • たれっこさんへお答えしましょう

    「お前のやり方が悪い」「その方法はウチでは通用しない」と来たら、「これはチャンス」と思い、僕なら「どうして悪いと言えるのか?」「なぜその方法では通用しないのか?根拠は?」と、とことん話し合います。

    きちんとした理由があるなら立派な答えが返せるでしょうし、曖昧なら返せない。

    それに、ちょっと思い込みが激しい部分もあるようです。

    >第一、姑にとって嫁は大事な息子を奪った憎い人間なんですから
    とか
    >上司にきつく叱責をうけ、いびりたおされるのが仕方のない事であるなら
    とかね。

    ところで、今現在嫁の方の多くは姑になります。
    仮に姑に問題が多くあるなら、いつ、どのあたりでそういう人格になってしまうんでしょう?
    その連鎖を断ち切る方法は無いんでしょうかね?

    まるで先輩が後輩をいじめる悪しき伝統がある部活動のようです。
    後輩を庇ったところでその悪しき伝統が消えるわけでもなく、断ち切る努力をしたところだけが、それを実現できる。

    視野を広げれば、どういったベクトルで行動すべきか分かりそうなものなんですけどね。

    ユーザーID:0086062391

  • 男性のみなさんへ 2

    例えばここで姑に「どんなやり方なら満足していただけますか?」「どんな点を改善すればよろしいでしょうか」と返しても、話をそらされ無視されるか、口答えした嫁だと近所にばら撒かれるか、がまぁ妥当なところでしょう。そうでない姑さんなら、嫁姑問題がおきてもこじれませんね、きっと。
    第一、姑にとって嫁は大事な息子を奪った憎い人間なんですから。もともと憎い人物に私の方が上の立場であるという驕りがあるんですから、何を言ってもおさまりつく所がないんですよ。

    仮に嫁へ具体案の提示があったとしましょう。
    判定員さん、その案の判定をなさいますか?「母さんの言うとおり」なんて丸飲みしてませんか?その基準すら不明瞭なものなのにねぇ。

    ご機嫌伺いし続けなくちゃいけない上司にお付き合いする苦痛は誰よりもわかってらっしゃるんじゃないですか?
    部長もホントやな奴だよな〜、という同僚が夫であってはいけないんですか?

    もちろん、嫁に非があることもあるでしょう。
    だからといって上司にきつく叱責をうけ、いびりたおされるのが仕方のない事であるなら、お嫁さんに愛はないのでしょうね。

    ユーザーID:6037154812

  • 男性のみなさまへ 1

    家族の中にポツンといる孤独感って、世の中の男性にはそれほど問題じゃないんですかね?
    例えば転職してまもなく、頑張っていこうという気力のみがある状態で、上司からいびり倒されてみなさい。隣の机の先輩は「お前のやり方が悪い」「その方法はウチでは通用しない」など、日々言われ続けると、どんな屈強な男性でも鬱になります。
    それが、嫁姑問題です。

    俺の母さんは上司ではない、と思う男性方、あなたのお母さんであって、嫁にとっては初めは何の感情も無いただの年上女性です。
    おじゃまします、と家に入ったとたん値踏みされ、やることなすこと口を出され、失敗の原因はすべて嫁。
    ここで、「俺がその原因を判定してやる。そうか、野菜の切り方がまずかったのか、それは嫁のせいだ。」…ですか?

    この時の嫁の悲痛な孤独感、分かりませんか?嫁はこの気持ちにただ、愛する夫が寄り添って欲しいと思っているだけなんですよ。

    ユーザーID:6037154812

  • ヨコですが平和な嫁さま

    平和な嫁さまが列挙しておられる件、
    私全部言われました〜!さらに

    主人に家事育児をさせるな
    主人の靴を磨け
    主人がいるときには家を空けるな
    主人が安らげる家をつくれ
    主人の健康を考えた献立をたてろ
    外食はするな
    嫁は倹約して金を使うな(主人は当然使ってもよい)

    ほかにももっともっとたくさん、私ってかなり貧乏くじ引いた?
    というような義父母です〜。
    ここを見ておられる小町の皆様、
    うち以上のツワモノ義父母、いますか〜?

    ユーザーID:8262597199

  • 無理さんにお答えしましょう

    「ジャッジ」とか「正解を見つける」というのが難しい場合もあるでしょう。

    じゃあ、かといってどっちかにつけばオッケーかというと、そうでもない。
    解決にもならない。

    でも、例に出すような帰省の回数やらお受験やらってのは、落としどころなんて見えているようなものだと思いますがね。
    いくら姑がギャーギャー言っても、やるのは本人なんですから。
    まさか、首に紐をつけて強制連行するわけにもいきませんし、親権がどうたらといった話にもならんでしょう。
    要求が理不尽であれば、「理不尽ですね」で蹴るしかないですし、「まあ、それもありか」って意見であっても、参考になる程度で、やるのは本人(息子、嫁、もしくは子供)ですからね。

    まあ、これは一例だと思いますがね。
    正解は無くとも、「行動するのはこの人だから、結局この人次第だよな」てのがあります。
    それを覆すようなことであれば、それを指摘して改めさせればいいのだし、そうしない程度に意見するのであれば、聞く方が受け流せば済む話です。
    ストレスが溜まるというのであれば、シャットダウンするという手もありますしね。

    ユーザーID:0086062391

  • ベストな夫の対応は

    姑と嫁をなるべく会わせないようにすることでしょう。

    ユーザーID:1522272348

  • 義母に会いました-3

    義父が一部否定する以上(義母にとっては全否定)夫が黙っているということは私は被害者でありながら加害者にされることでした。

    私がここは謝るしかない等のご意見に関しましては私が嘘をついたと思われ続けている状況ではちょっと・・・
    一応義父には敬老の日のプレゼントを渡したときにとんでもない騒ぎになってと謝罪して義父も自分の言い方が悪くて義母が全否定ととってしまったからそのうち話してみるけど今はちょっと義母も興奮状態だからとのことでした


    ついでに男性の方に聞きたいのですが、妻の着替えや裸を自分の父親が故意でなかったとしても見たとき、家族なんだからそれくらいと思えるものなのですか?これも私の過剰反応ですか?

    ユーザーID:1873510760

  • 義母に会いました-2

    で、この夏に子供が寝ていたので真っ暗の中着替えているときに義父が入ってきたことがあって女性として見られたくないし私にとっては視線を向けられていないとか「見てない、見てない」で済ませられるようなことじゃなくて、お風呂の件もですがケアレスは今までにもあったことがあって悪意も故意でもないけど会うのはいいけど当分泊まりには行きたくなかったので数日後にまた行ったときに用事があることにしていたけど子供達が泊まりたがったので私が嫌なだけだからと泊まることにしたら用事があるなら子供達だけおいて帰ればいいという親切心からの義母の言葉に子供をおいて帰るなんでできませんから実は用事じゃなくてこういうことがあって泊まりたくなかったんだということを義母にいいました
    それが数日の間に話が膨らんで義父のお風呂での一件の一部否定もあって家族会議の場となった次第です。
    家族会議での立場はたとえるなら義父が痴漢で私が被害者、義母は痴漢冤罪者の妻で義母にとって私は痴漢冤罪をでっち上げたひどい犯人(以前そういう人いましたよね)、夫は痴漢行為があったことを知りながら黙っている人ってところでしょうか。

    続く

    ユーザーID:1873510760

  • 義母に会いました-1

    運動会で義父母に会いました。
    葉書では義父が来るとだけでしたし、前日の電話でも聞いていなかったのですが運動会のお弁当はいろいろ作っていましたし、箸や皿なども多めに用意していたのでまあ問題なく。
    それにしても私も子供達にもめている姿など見せる気ないから子供達も祖父母の姿を見るなり抱きついていくけど本当に何事もなかったかのようなあの普段どおりの姿は見習わなければいけませんね。

    いただいたレスの中の私が過剰反応している等に関しましてはこれまでの様々な義母との言動もあってのことですとしかいいようが無いのですが・・・

    あまり書きたいことではなかったのですが、そもそもの義父とのトラブルは以前義父が孫に泣かれずに一緒にお風呂に入るコツが知りたいと私(当時妊婦)と娘が入っているときに浴室をあけたという一件があって、一応お風呂から上がった時に謝罪はあったのですが、謝罪の場にいた夫はノーコメント、怒ってくれたのは義弟で車の中で夫からは孫可愛さだからと言われた事で夫ではなく息子としての発言だと感じた最初でしょうか。

    続く

    ユーザーID:1873510760

  • そもそもこのトピで男女の言い分がかみ合わない理由

    男性(息子)にとっては、どちらも同じ大人の女性。
    ほぼ同等に近い価値と立場の存在です。
    対して女性(妻)にとっては、気に入られなければ、と気負う存在。
    同じく女性(姑)にとっては、目下の存在。
    決して最初から同等にはなりえません。
    男女とも、婚姻の際、双方の親に対して「親に認めてもらう」と表現する時点で、既に上下関係が発生している事をお忘れではないですか?

    尚、この上下関係を「最初から」崩してしまう妻を、世間一般では「悪妻」と言います。
    それでも同等であれと願うなら、長い時間かかって、少しずつ家族みんなで調整し、立場を認識しあって上下関係を崩していくべきものである事をお忘れなく。

    ユーザーID:5613073050

  • わなびさんへ

    >例えば、いつもあなたの言うことにしたがっていた息子が
    配偶者を持った瞬間にあなたの言うことを聞かなくなる可能性を意味しますあなたはそんな息子に育てたことに誇りをもてますか?

    はい、持てます。
    というより結婚して独立しても、わたしの顔色を伺わなければならないような息子はいりません。

    息子をいいなりにした覚えもないし、いいなりになってもいません。
    自分の判断と責任で女性を選び、新たな家庭を一から築いていくのは、
    べつに嫁のいいなりになったわけではありません。
    わたしたちとは違う文化を創造していくだけのこと。
    わたしの家庭は、わたしと夫が築いてきたものです。

    わたしは子どもたちをさっさと独立させて、
    また夫婦ふたり、ゆっくりとすごしたいと思っています。

    ユーザーID:1522272348

  • 男性は家庭に積極参加し、女性は向上心が必要

    儒教的な教えの全てがよいとはいえませんが、良きにつけ、悪しきにつけ、自分と比較して年長の者に対しては、ひとまず一目置くことを、昔の人はしていました。

    しかも現代女性にとっては、仕事に対しての切磋琢磨が唯一の価値観となってしまい、結婚後『良妻賢母であること』を意識する機会がありません。結果『良妻賢母』を目指したであろう姑の世代と価値観が合うはずもなく、考え方がすれ違う…、そんな気がします。

    嫁姑の問題は古今を問わず存在していたようですが、近年の平等教育によっても、一層激化したような気がします。

    そんなパワーバランスの中、夫が取るべき態度は、“しめそば”さんが仰るような、積極的な家庭参加でしょう。

    家庭を顧みる(=家庭参加する)夫なら、妻に対しての相対的発言力も高まります。姑に育てられてきた環境を踏まえつつ、妻に対しての距離も近くなるはずですから、家庭内でも立場が夫婦ともに平等になり、建設的に家庭を築き上げることが出来るのではないでしょうか。

    妻たる女性も、そんな夫を見れば、必然的に向上心を持たざるを得なくなるはず。“パートナー”に負けてはいられませんよね?

    ユーザーID:0771412067

  • 平和な嫁さんに同意

    嫁姑の問題って、姑の嫁に対する要求が激しいから嫁が爆発するんじゃないですか?
    息子の足りない部分は嫁がやって当然という姑が原因なんだと思います。

    私たちの誕生日プレゼントよこせ。誕生会ひらけ(嫁の誕生日は知らない)
    早く子供生め
    女の子はキツいから産むな
    毎週顔だせ。
    息子は嫁の実家に行かせるな
    嫁親にはできるだけ会うな(私の親は遠方で一人暮らしなのに、、。)


    以上、夫のいないところで私が姑に言われた要求の一部です。
    こんなこと言われたら嫌いになりますよ。

    正直言って、私は姑と交流がなくなっても困ることはありません。
    姑も、息子と孫にさえ会えればいいと思うんですけど、
    なんで嫁を傅かせなければ気がすまないんでしょう。

    ユーザーID:7858959684

  • 過干渉が元々の原因では?

    元々、夫の母親と夫は家族ですから、生活スタイルに何かと言われたりする事にかけて、夫は違和感を覚えないのだと思います。
    妻も自分の物だと考えている人は特に、過干渉に妻にされても、良い事を言っているのならばそれでいいと思いがちでしょう
    突然家にやってきたり、突然電話を掛けてきたらずっとお説教されたり、そういう事に対して夫は家族ですから別段ストレスではないのです。
    けれども、妻にしてみれば全く他人といって良い存在です。その人がいきなり家にやってきたりする苦痛。その人から怒られる苦痛。それらは、正しいという事であっても、人との距離を保っている「他人」から過干渉を受ける苦痛でしかありません
    夫側は男性ですから、妻側の親からあれこれ怒られたり、文句を言われたりする機会も少ないでしょう
    レスにありましたが出産後の妻に、「動いたほうがいいから掃除しなさい」という事を言われるのは、妻にとっては苦痛でしょう
    何故ならば、自分自身の事なのに指示され、反論も出来ない立場にあるからです。自分の事でもないのに口を出す時は他人ならばよく考えもするでしょうが息子の付属物には配慮もないお姑さんも多いでしょう

    ユーザーID:2042063165

  • 我家の場合は

    結婚と同時に同居生活でした。
    二世帯住居なので、完全同居よりも楽だと思ってますが
    結婚の挨拶の時に実母(同居経験者)が夫に
    「同居している妻の味方は夫しかいない」と
    経験者としの発言(苦言?)をきちんと
    嫁に出す親の一言として伝えているので
    今のところ夫の対応に不満はないですね。

    この、母の言葉がなかったらどうなっていたのか
    わかりませんが、母には感謝してます。

    ユーザーID:6158993477

  • トピ主さん側です。

    被害妄想するなという方もいましたが、
    トピ主さんはご主人の家族と同居してるんですよね、
    気持ち的に家族全員見方で仲間!でありたいと思っていても、
    攻撃的やフレンドリーでない舅姑とはそうそう・・・
    仲良くできないんじゃないでしょうか。
    やっぱりご主人さんが今のところ一番の味方。
    そう思っても仕方ないかな・・って思います。

    今度姑さんに何かひどいことを言われたら
    「我慢できなくなったら主人とこの家から遠い所に引越します」
    と言ってみてください。
    ご主人さんがこの家に残りそうだと思ってても
    そこはハッタリをかましてください。

    ため息さんのような男性は
    本当に・・たよりなーいですね。
    自分の親元に呼んでおいてそんな態度なんだ。
    一生独身で居て欲しいです。そんな男性は。

    姑に負けるが勝ちという方も変です。
    姑が攻撃的で危ない人なら
    負けてたらどんどん図に乗りますよ。
    学校のいじめと同じです。
    最初が肝心!
    負けてばかりいたら体と心がもちません。

    ユーザーID:3840282328

  • 姑の言いなりはマザコンです

    でも、常にあなたの言いなりになっている状態も同じぐらい「主体性がない」という点では「マザコン」だと思います。
    単純に崇拝対象が「母」から「嫁」に変化しただけで
    本質はなんら変化していません。
    もし、崇拝対象が変化すれば「嫁」であるあなたも
    「姑」であった人と同様に無下にされるでしょう。

    あなたが自己責任で選択した配偶者がそんな人間であって欲しいですか?
    「常にあなたの味方」というのは前提条件が変化すれば
    「常にあなたの敵」という状況にも変化し得えます。

    例えば、いつもあなたの言うことにしたがっていた息子が
    配偶者を持った瞬間にあなたの言うことを聞かなくなる可能性を意味します
    あなたはそんな息子に育てたことに誇りをもてますか?

    ユーザーID:2564407617

  • 家庭の状況によるけど

     正解の無い部分に、どちらかが正しいという話になるか、どちらかのやり方で行こうという話しになるのを、判定とかご主人にできるのかどうか。
     今どれだけ自由になっても、お嫁に入ってその家に従う、という考えの一族に入ったお嫁さんの立場の人は、どうするのか。

     という点は、この数レスでは出ていないようなのですが。
     生き方、の衝突が姑と嫁の衝突では一番辛くなります。
     子育てとか、家事とか、冠婚葬祭とか、帰省とか、正解はこれとだけ決まるものではない。

     今の時代、姑の言う事にだけ従っていて成立できる事は少ないとも思います。
     理性的な一族での意見のすり合わせなら、ジャッジなんてのも良いですが、しがしば出てくる帰省の回数とか、お受験とか、生まれてすぐの子育てとか、極端(に見える)な姑さんに、すり合わせなんて効きません。

     会社経営でも、ワンマン社長でもうまくいく所もありますが、その社長の立場が姑になってもうまくいくとは限りません。経験値は、しばしば古すぎて、新しい知見が無い場合が多いので役立たない。
     そういうのは、どうすれば良いか、男性はわかっていないように思いますが。

    ユーザーID:9036239875

  • お気持ち、とてもよくわかります。

    私も、ずっと悩んできました。
    どうして、義父母は次から次へとこうも自分に難題をつきつけるのだろうかと。
    結局は、大事な息子をとられたと思ってるわけで、とっていった嫁は憎いんです。
    だから、嫁がどんなに、心から思いやりもち接しても、相手ははじめから憎いのですから、逆手にとります。
    若い人への嫉妬もあります。
    どちらかが、この世からいなくなるまで確執が続くんです。
    でも、いつか開放されるときがきます、それまで待つしかないと思います。
    どこまでいっても交わることなく平行線です。

    ユーザーID:6424512328

  • 深い愛情が大事

    夫婦間の愛情の深さが何より大事です。
    嫁姑の問題に関わらず、これは全ての事に言えることです。
    夫は妻に対して深い愛情が必要です。
    同じように妻は夫に対して深い愛情が必要です。
    夫は、たとえ世界中を敵に回しても、
    無条件に妻の味方でなければいけません。
    世界中の人が1+1=2だよと言っても
    妻が、1+1=3と言えば、3と言わなければいけません。
    これが、妻への愛情の深さではないでしょうか?

    ユーザーID:4549259887

  • 私が思うに

    私は女性ですからどなたかが

    >女性はどこまでいっても感情論を基準にしか考えられないんですね。

    とおっしゃっていたのにはカチンときましたが、別の方の

    >一番の理由は姑が嫁に干渉するから悪いんでしょう。

    というのもどうかと。

    私は嫁姑問題にはどちらかがどう悪いというのはないと思います。
    双方の習慣や考え方の相違から来る誤解が発端になるのでは?

    お姑さんが始めから意地悪をしたくて過干渉するわけじゃなくて、息子を心配する気持ちがそうさせるわけですし、そのお姑さんの言い分を聞けばお嫁さんの気に入らないところは色々あるでしょう。

    お姑さんもお嫁さんもトラブルが発生する以前に既に努力しているのですから、一人前の男たる夫だけ「みんな仲良くやってくれたらいいのになー」と黙って眺めているなんておかしいですね。

    自分の親も妻も同じ秤にかけてどちらが大事というものではありませんけど、結婚したのは一生をともにしていく女性です。
    うまくやって欲しいなら、ここぞという時にはパートナー側に立ち、誤解を解く、必要なら距離を置くなど努力して欲しいものです。

    これはもちろん妻にも同じ事が言えますね。

    ユーザーID:4024398318

  • 横ですが

    >明日はわが身さん
    それなら、夫が
    「うちの家のやり方なんだから、とりあえず従ってくれ。
    でも、いい意見があれば聞いておいてもいいよ。」
    でも、丸く収まりますよ。

    それにしても、旦那さんが奥さんの意見を全部はいはい聞いていたとしたら、もしも間違っていた場合はどうやって気がつくんでしょうか?家の中だけなら独自のルールもありかもしれませんが、対外的に間違えていたら恥をかくのは奥さんだと思うんですが。

    ユーザーID:5650851516

  • 妻が欲しいのは判事じゃない。

    私は嫁姑問題でどちらかが悪いとか正しいとかという事はないのではないかと思っています。
    また、双方ともに始めから相手とケンカする気満々という事もないのではないでしょうか。

    両方相手とうまくやっていきたい気持ちがあるのに、そこには当然考え方や習慣の違いがありますよね。
    問題が起こるのはその好意や努力のすれ違いがきっかけ。

    それがこじれてしまうのはどっちつかずの態度が原因。

    誰が自分の実家や親の習慣を理解しているのですか?
    また、妻の考え方を分かっているのは?

    結婚したんだから、もう大人なんだからトラブルは自分で解決するのが当たり前で夫にそんなことで頼るのはおかしい、というのでは、例えは悪いですけど新しいおもちゃを買ってもらった子供と一緒です。
    おもちゃ(妻)を手に入れたら自分のおもちゃ箱(実家)に入れて遊んでほったらかし。

    大人同士が結婚して一つの世帯を築いたのですから、自分が選んだパートナーに自分の実家とうまく付き合って欲しければ努力するのが当然です。
    双方とも自分の実家とパートナーとの間のトラブルではパートナー側に立った上で、誤解を解くなど努力して欲しいものです。

    ユーザーID:4024398318

  • 妻の味方をする、ということ

    「妻の味方をする」とはどういうことなのでしょうか。

    嫁姑間で何か問題が発生したとき、夫たる私が「これは妻が間違っているなぁ」と思ったなら、自分の意見を率直に妻に伝えます。そして

    夫婦間で「正しい考え方はどれか?」「正しい方法(行動)はどれか?」を話し合い互いの考え方の溝を埋めていく。
    そして善後策を模索していく。

    逆の場合は? 
    「これは母が間違っているなぁ」と思ったとき。
    これは私の場合ですが、そのまま母には伝えたり、母と話し合って善後策を模索したりなんかしませんよ。
    やはり夫婦間で善後策を模索します。いかに母に「あなたが間違っている」ということを伝えるか、あるいは伝えないのか、を。


    「対手はあくまで妻である」ということ。
    これこそ私にとって「妻の味方をする」ことだと思いますが、「妻」のみなさん、いかがでしょうか。

    ユーザーID:3950636103

  • ざっと拝見した上で感じたこと

    ・「夫は妻の肩を持つべき」という意見、確かにパワーバランス的には妻の立場が弱いケースはあると思うし、父・母家庭と息子・妻家庭という面からみれば、自分の家庭の立場を認識してほしいという話もわかります。
    しかし、だからといってどんなケースでも妻意見の賛同者になれというのは行き過ぎで、それをやったら姑側からの信頼は失われ、全面対立になるだけです。
    だから、天秤ばかりで言えば分銅を1〜2個、妻の側に置いた上で、是々非々で判断するのが良いのではないかと思います。

    ・「夫は裁判官ではなく仲介者」という意見。裁判官であってもその判決に強制力はありませんし、排除することもできないのですから、おのずと仲介者にならざるを得ないかと。ただ、既に何人もの方が書かれていますが、仲介というのは、両者の話を聞いた上で両者が納得(妥協)できる落とし所を探すことです。
    だから、その落とし所を見つけるためには双方の意見の正しさ(妥当性)度合いを判断する必要がありますし、それぞれから中立的であること(若干妻寄りぐらいで)を信じてもらわねばなりません。片方の立場を絶対的に擁護するのでは仲介者足り得ません。

    ユーザーID:8317125763

  • 藍さんの考え方が基本だと思います。

    そうならば尚のこと、無条件に一方的にどちらかの味方をするなんて出来ませんよね。
    嫁贔屓すれば姑に遺恨が残り姑贔屓すれば嫁に遺恨が残る。和解の真逆です。
    例えばもえさんの例にしてもうまく行ってると思ってる筈の嫁の目でも姑が気の毒な結果になっています。
    オクトさんの案にしてもあくまで嫁のみに好都合な対症療法で、姑にとってはかなり不都合です。
    結局、一方を贔屓すると他方にざまあみろする結果になるのですよね。

    この様にどっち贔屓も和解に繋がらないなら夫は我が道を行くしかありません。
    どっち贔屓もせず無思慮に中間位置に立つのでもなく自ら正しいと思う意見を通す。
    嫁姑とも、たまたま夫と意見が一致すれば味方される可能性はありますが、夫はあくまで自分の価値観を選択する。

    この方法がうまく行くことは古来からの生活の知恵が教えています。
    家にあっては父に、嫁しては夫に、老いては子に従え、という三従の教えです。
    おそらく、古来より女性達が自力で人間関係調整できないその資質を露呈しまくってそういう解決方法を定着させていったのでしょうね。

    ユーザーID:4792657098

  • 姑嫁問題が起こる理由

    明日はわが身さん、姑嫁問題が起こる理由はね、
    自分は正しい、悪いのは姑(嫁)と夫、と無根拠に自分を正当化する女性が多いからなんですよ。

    >要は息子が頼りないから嫁を攻撃するということをお忘れなく。
    あなたもそんな女性の一人のようですね。
    ご主人のご苦労が忍ばれます。

    ユーザーID:4244142952

  • ご主人は、やらないんじゃなく、出来ないのかも

    トピ主さんのご主人は、意思でやら無いのではなく、能力が無いかもしれませんよ。
    その場で、庇ったり言い返すことが出来ない人っているし
    男性は見栄っ張りなので、その場で言えなかった事を後で言うのは格好悪くて出来ないだろうし。
    ご主人に能力が無いのなら、母の日のプレゼントは贈らない、運動会は次回から教えない
    義父母へのサービスや思いやりや気遣いは、自分で減らして行くほうが恨まないで済みますよ。
    トピ主さんの思いやりに返せる人達じゃないのです。
    だから対応を変えた方が良いと思います。
    親孝行が少なめでも、御主人が能力無いんだから、御主人のせいでしょ。

    友人に「姑にハッキリ言ってくれるなんて、橘ちゃん、運が良いわよ。結婚してからじゃないと分からないもんね」
    と、言われましたが、普通だと思ってました。
    間に立ってジャッジするとか、喧嘩慮成敗とか、他人事の男性が居るんですね。
    たしかに、その奥さんは可哀想だなぁとは思うけど、変りそうもないですよね。
    家長制度の名残か?男側を優先して当たり前とか、妻側と要求の違う人が多くて揉めがちですが、そうじゃなきゃ円満にやれるでしょ。

    ユーザーID:0570769098

  • うちは夫が私の味方ですが・・・

    なぜかというと「親は選んで産まれて来れないけど妻は自分自身が選んだ人だから、味方するのは当たり前。妻をけなす=夫(息子)をけなすことだ」と夫が考えているからです。

    まぁうちの場合、誰がどう見ても考えても義母の言動がおかしいので夫が味方をしてくれるのですが・・・。

    世の中には賢いお姑さんもいて、夫(息子)のいない間に嫁イビリする人もいます。(私の実家の祖母です・・・)

    それを聞いた夫(息子)の、とっさの言動に嫁姑関係の鍵があると思っています・・・。

    うちの夫ならすかさず義母に注意してくれますね。私のことを信用してくれていますから。

    逆に義母が私の悪口を言うと即一喝してくれます。(現在疎遠ですが)

    嫁姑問題をややこしくする夫(息子)って曖昧な態度を取るんですよ。

    姑の味方ならそれでいいんです。それならその場で嫁に一喝していますか?
    「いやだな〜面倒だな〜こっちに振らないでくれよ〜」っていう態度がさらに悪化させるのでは・・・。

    ユーザーID:0853852961

  • そもそも姑嫁戦争とは

    なぜ起こるんでしょう?? 一番の理由は姑が嫁に干渉するから悪いんでしょう。
    我が家の夫は、干渉してくる両親を上手くシャットアウトしていますよ。
    当然でしょう、新しく一つの家庭を築いているのですもの。

    夫がね、「我が家のことには口出し無用。でもアドバイスはありがたく俺が(←ここ大事)聞くよ」というスタンスでいれば問題は起こらないですよ。

    俺には関係ないよ〜と逃げ腰の男性諸君。
    是非、矢面に立って、喧嘩すら発生させないような関係づくりを。

    要は息子が頼りないから嫁を攻撃するということをお忘れなく。

    ユーザーID:8605741457

  • 裁判官云々言う人は

    「自分は絶対悪くない、悪いのは全て姑」という発想があるんでしょうね。

    そうでなければ、どちらか一方が悪者で終わることなどあり得ないと思うのですが。それとも、ジャッジする男性を非難するということは、自分が悪いことが分かっているから、断罪されると困ることになるのでしょうか。
    だから、全面的に自分の味方につけようとしているんですか?

    いずれにしても、自分の悪いところを認めることも出来ず、無条件で味方につけなんてよく言えますよね。自分が間違ってても味方する夫が正しい夫?大人の言うことではありませんね。

    男性は徹底して「喧嘩両成敗」のスタンスでいいんじゃないですか?どちらかの味方につくのではなく、どちらの味方にもつかない。嫁も姑も、所詮は女同士。お互いに「無理を通して道理を引っ込めさせよう」としているだけなんだから。原因を作った方も、それに乗って言い返すほうもどっちもどっち。バカバカしいでしょ?

    ユーザーID:8119662503

  • 正しい側の味方というと

    何故か「100対0で判定を下し、0の側には完全に敵対する」ようなことを想像する方が多いようですが、実際にはそのような対応はしません。
    どなたかも書いておられるように、どちらかだけが正しいということはあまりないため、双方の言い分を聞きつつ落ち着きどころを探ります。その際、自分が(より)正しいと思った側の言い分に近づけるようにはするでしょう。
    そもそも、争いがあり、自分(夫)が一方(妻)にのみ味方すれば、単に争いの当事者が増えるだけで、全く問題が解決しません。「味方か敵か」なんていう二元論は全く意味を成さないのです。
    そして、仲裁人になるためには、自分の目と頭で、争いの本質の在処を見極めることが必要で、そのためには一歩身を引いたところに置くこと(つまり当事者化しないこと)が不可欠です。

    ……以上が一般論ですが……
    トピ主様の「庇ってほしかったときの状況説明」を拝見するに、トピ主様の曲解、無茶の言いっぷりは尋常ではありません。こんな状況で妻の味方に立ったら、紛争は激化することはあっても納まることなど到底ありえません。
    これを仲裁の場で解決するとしたら、仲裁人は妻の説得にかかるでしょう。

    ユーザーID:3263466573

  • 誤解されているのかなと

    「中立的な視点で云々」というのは、何も「裁判官になって判決を下す」「断罪する」といった類のものばかりとは限りません。

    感情的に対立している両者に対して、冷静な見方と中立的な視点からの改善案を示し、対立そのものから和解への移行を模索する行動が中心でしょう。

    嫁姑それぞれに、良い点や悪い点、妥協できる点や改善できる点があるはずです。
    それらについて率直に話し合い、理不尽なことが無いようにしていくってことなんですよ。

    仮に「貴方は間違っている」と言われたとしましょう。
    でも、貴方はそれを真摯に受け止め、改善することで成長も出来るわけです。
    「貴方が悪い」と言われたとしても、それはその人にとって必ずしも損失とは限らない。
    そういう発展的な視点こそが大切なのではないでしょうか?

    「判定」や「断罪」で終わりではなく、むしろ、そこから始まりなのです。
    改めるべきところは改め、相互理解を深めていく努力をする。

    それがなければ、世界のどこぞの終わりなき紛争と同じになってしまいますよ。
    あれだって、「誰々が味方したから解決」なんてものがないようにね。

    ユーザーID:0086062391

  • 嫁姑問題の構造

    孤立無援? 社長と平社員? 敵地?

    いったい何を言っているのでしょう?
    同居の嫁という立場ならばそのような表現もわかりますが、
    現在の日本は親との同居は少数派となっていますからこれらは当てはまりませんよ。
    こういう屁理屈を持ち出すのはやめてもらいたいものです。

    夫が正しいほうの味方をすることを否定する方々は、
    自分が間違っていてもそれを絶対に認めないと宣言しているのだとわかっていますか。
    おそらくわかっていないのでしょうね。だからこういう屁理屈を恥ずかしげもなく言えるのです。

    そしてそういう嫁は自分が姑になってもそのままで、息子の嫁と衝突することになります。
    嫁姑問題が永遠にループしているのはこういう構造なのでしょうね。

    ユーザーID:5231726793

  • なるほど

    つまり、女性の言い分はこういうことですね。

    ・自分と姑は感情論で問題を起こすけど、当事者だけでは解決できない。夫が嫁だけの味方をして、都合の良い様に姑を黙らせろ。

    ・○か×か、そんな事より家庭がうまくいくことを考えろ。つまり「正しい・間違っている」を無視して無条件で嫁の感情論を支持しなければ、家庭はうまくいかない。

    ・悪いのは問題を起こした当事者ではなく、自分の味方をしない夫。


    ・・・呆れて物も言えません。これを大人が声を大にして主張していると考えると、恐ろしくもあります。言ってて恥ずかしくないんですかね。

    ところで、あららっこさん。

    >柔軟に対応できないと、
    >難問は解決できませんよ。
    >損して得取れ。
    >かしこくいきましょう。

    これ、女性がやってください。そうしたら嫁姑問題なんて起きませんから。
    勝手に夫を巻き込んで責任転嫁するの、やめてもらえませんか?

    ユーザーID:9577726422

  • 続きです。

    論理的ではない争いは、正解があるわけではないので疲れるのはよく判ります。

    でもまあ、そもそも親子の情とか夫婦間の愛なんてもの自体
    論理から生まれているものではありませんし、
    その情や愛に守られ救われてきた部分も大いにあるのですから
    家族の愛憎のネガティブな面も受け止めて、当事者意識を持って解決に向かってはいかがでしょうか。
    <愛情>だけ享受して、<執着>の存在を否定するのはズルいですよ。

    嫁姑問題は、実は息子である夫を中心に起きています。
    夫がいなければ他人同士。争う理由も関係もありません。
    そこで隠れた中心人物である夫が舞台を降りていては、
    問題解決のスピードが段違いに遅れ、ギスギスした時間が長くなるだけです。

    正義を振りかざして、誰かを断罪することが目的ではないですよね?
    家庭から諍いがなくなることが究極の目的であるならば、
    正義の天秤は物置にしまって、同じ舞台の上で調停に立ってはどうでしょう。
    100%解決することはできなくても、被害を20%に抑えることはできます。

    それが最も効果的に実践できるのは、客観的な視点を持つ人なのですから。

    ユーザーID:5047558013

  • 今そこにある危機をどうするか

    女は客観性がなくて、という反論がいくつか見受けられますが、
    そういった方の自分は客観的である、感情論は不毛だという考えもまた主観です。

    そこまで冷静に状況がつかめているなら、
    さらにもう一歩踏み込んではどうでしょうか?

    おっしゃる通り、嫁姑問題は感情論なんだと思います。
    自分の世界や居場所の獲得と維持、更に言えば夫の取り合いでもあります。
    自分の存在を認めさせる(認めてもらう)ことが目的なら、正義はどちらにもあります。
    逆にどう客観的なジャッジができるのかが知りたいです。

    表層的な問題のジャッジだけで「俺は白黒つけたぜ!」と満足しても
    本質的な問題は何ひとつ解決していません。
    むしろ、それも価値観の押し付けです。自己満足以外の何物でもありません。

    ここに多く提案されているのは、妻側から見た解決方法です。
    中間の理屈は吹っ飛ばして、「とりあえずこうすれば収まる」という方法で、
    効くメカニズムが解明されていないけど、症状を抑えられる薬のようなものです。
    唯一無二の正解ではなくても、ある種の状況改善にはなります。
    正しいかどうかではありません。

    ユーザーID:5047558013

  • そもそも・・・

    立場や血のつながり以前の問題として。

    大の大人が第3者である夫を巻き込まなきゃ話し合いも解決も出来ないこと自体が恥ずべきことだと思いますが。お互いの妥協点も見つけられず、主観でしかない感情論の押し付けは、子供が駄々を捏ねるのと何が違うのでしょう。

    嫁姑問題で「どちらか一方だけが悪い」ということはまず有り得ません。だから「自分だけが我慢している」なんていうのは被害妄想。お互いに我慢しているのです。そこで夫を自分だけの味方につけるということは、「姑だけが我慢すればよい」に他なりません。

    これが大人の対応ですか?なぜ正論を求め、お互いの妥協の基準にすることが間違っているのでしょう。

    常々思いますが、女性は人間関係において簡単に「切る」「疎遠になる」と言いますが、「妥協する」「修復する」という能力がないのでしょうか。
    「臭いものに蓋」で自分に都合が悪いものは切り捨てる。だから切れないものは何も解決できないのでしょう。

    客観性を持って善悪の判断基準を明確にし、互いの意見をすり合わせる能力が「コミュニケーション下手」なら、下手でも全く構いません。
    そんなもの上手になっても何の意味もない。

    ユーザーID:4819753045

  • 嫁。絶対、嫁。

    義母は事なかれ主義で何かあれば書斎に引っ込む義父と結婚し、
    それはそれは気の強い姑にさんざん苦労してきました(現在進行形)。
    なので自分の息子には「何があってもお嫁さんを守りなさい」と言い聞かせて育ちました。

    結果、私の夫は恋人時代から、何があっても10000%私の味方です。

    ただ、義母の早とちり暴走&暴言に私が心を痛め、夫が義母をがつんと叱りとばした後は
    義母が可哀想です。
    義母としてはよかれと思ってとった言動だったのにマイナスに転じ、
    あげく彼女には守ってくれる人がいないのですから(ここでも義父は事なかれ主義)。
    自分がそういう風に育てた息子だから分かってはいるのでしょうが、でも悲しいでしょうね。
    なのでほとぼりが冷めた頃連絡するのは私からです。

    何とも面倒ですが(笑)、これで我が家はうまくいっています。

    対立と言っても結婚後3年くらいのことだけで、あとは腹の探り合いをしながら
    波風たてずやっています。
    私から意見やお願いは決して言わない(夫から言ってもらう)とか、
    否定的なことを口にしない(これも夫を通す)、など
    気をつけることは山のようにありますが。
    いい社会勉強です。

    ユーザーID:7583723042

  • 釣った魚にエサ必要さんに同感です!

    釣った魚にエサ必要さんのおっしゃる「『辛い時も病める時も味方』なのが夫婦」に同感です。
    だからこそ、夫を意思の無い妻にうなずきロボット扱いするような意見は疑問です。
    夫にも自分の価値観や意見はあるものなんですよ。妻もそこに歩み寄る努力をしないと。

    「うちの親が夫にイチャモンつけたら全力で守ります。」これも同感です。姑が嫁にイチャモンを付けたら夫が姑に文句を言うのは当然です。
    でも、嫁姑問題=姑が嫁にイチャモンとは限らないのが問題です。

    たとえば、トピ主チャイさんの話にしたって
    ・姑が「もっといい嫁ぎ先もあったのにこんな家に嫁にこさせて申し訳ない」と言ったのは自分が嫁としてふさわしくないという意味
    ・姑が「生神を大事に」と言うのは義父母を大事にしろという意味だ
    ・姑が「言葉は取り消せない」と言ったのは自分を嘘付き呼ばわりする意味
    とイチャモン難癖つけているのは嫁の方です。
    これで理屈も道理もかなぐり捨てて夫まで姑を悪者にしたらただの集団でのお年寄りイビリです。

    誰の言い分に正当性があるか、無茶を言っているのは誰かを見極めることは当然必要なことです。

    ユーザーID:4792657098

  • 正しい方の味方って言ってる男性方は

    それ以上、嫁姑を対立させてどうするつもりですか?(笑)

    嫁姑問題の最終目標は「和解」です。だから「判決」は不要。
    必要なのは裁判官ではなく、有能な仲裁人です。
    不正義の味方さんに全面同意ですね。
    夫の役割は、妻をプレゼンすること。本当に、その通りだと思います。

    裁判官になりたがる男性方、
    そもそも、どちらかが一方的に正しく、一方的に間違っているなんて事は稀ですよ。
    双方なりの見方、言い分があり、過去の積み重ねだってあります。
    精神的な諍いを裁く法律もないですから、
    正確なジャッジなど出来るわけがありません。

    また、仮にジャッジ出来たとして、お互いが判決を受け入れ、謝罪が行われたとします。
    それで、問題が解決すると本気でお思いでしょうか・・・
    一方は喜びざまあみろと思う。一方は不快になり恨みが残る。
    頭ではわかっていても、そういう収まらない複雑な感情から発生するのが嫁姑問題です。
    それを「客観的に」とは、問題の核心を全く理解出来ていない証拠でしょう。

    お互いを裁くのではなく、うまくなだめる、笑顔にする。それが「ベストな夫の対応」だと思います。

    ユーザーID:5715779569

  • 勝手な憶測に基づいてあれこれ被害妄想しないこと

    トピ主さんの短いレスの中で、よくもまあ、これだけ自分勝手な思いを
    巡らせることが出来るのか?妄想癖?というのが素直な感想です。

    結局話していないでしょう、嫁としてふさわしくない、集中砲火を浴びている感じ、
    夫は家を選ぶと思う、私が嘘を・・・もうきりがありません。

    トピ主様を庇い続けるのは、簡単なことではないと思いますが、ご主人様が
    うまく橋渡しをする役目を負っているのは当然です。が、トピ主様も、憶測
    を前提に被害妄想の物語を自分勝手に進めるのは慎みましょう。

    ユーザーID:6459288881

  • 仲裁者にはなれないと自覚すること

    結婚というのは価値観の擦り合わせです。
    二つの家庭を合わせて、新しい家庭を築くのです。

    嫁姑問題っていうのは、本来夫婦二人でするべきその作業を、家庭に関心がない(関わる時間がない)夫の代わりに姑が行っている、いわば代理戦争だと思います。
    愛し合う二人ならお互い妥協してでも一緒にいようと思えますが、今まで何の関係もなかったような、むしろ憎み合うこともある二人が簡単に自分の価値観を変えて相手に合わせるなんてできるはずがありません。
    結果、戦争はどんどん酷くなり、関係のないことでも争うようになっていくのです。

    夫がすべき事は、その歪んだ状況を元に戻すこと、つまり、新しい家庭を作る作業を親(姑)に任せるのではなく、夫婦の問題として捕らえ、妻と話し合うということだと思います。
    自分の親に対して「妻には自分から話すからこれ以上口を出さないでくれ」とはっきり断り、自分の意見を妻に言うこと。そして、二人で話し合った結果は親に何と言われようと変えないこと。

    本来価値観の擦り合わせが必要なのは、嫁と姑ではなく夫と妻であるはずです。
    自分の問題だと認識せず、無関心、放置でいるのは最悪だと思います。

    ユーザーID:4323013241

  • 我が家は1年半没交渉しました

    自分の親の肩を持つご主人が半数以上いるのでしょう。我が家もそうでした。何度喧嘩したことか。
    ある日、子供の進学のことで義父母と私がもめました。その後、いっさい隣の義父母宅に足を運ばず、没交渉。私はあなたたちと付き合わなくても、何ら支障はありませんと言うことを態度で表しました。
    で、ほとぼりが冷めた後、私の気持ちが治まった後、何食わぬ顔で再付き合い。
    以後、あちらが気を使っているのがよくわかります。
    主人も、何も言いませんでした。
    親に気を使う男性は親のほうが権力があるからです。
    子供ができて、その子供が成長してしっかり家族になったとき、子供を味方につけた母親に権力が移ったとき、弱い男性は妻につきます。愛情がなくても形だけでも。子供をつれて出て行かれたら困るからでしょう。
    がんばってください。子供を味方につけてください。子供が味方になってくれます。10年我慢です。

    ユーザーID:0401588084

  • 自分の親に意見されてタジタジになる男性は問題ありかも

    でもジャッジする気満々のご主人もいますね。(苦笑)

    私の夫の意見を。
    「妻は弱い立場になりがちだから味方してあげなきゃね。俺は母が祖母に苛められてるのを見て育ったから父にして欲しかった対応をするよ」
    絶対私の味方、親に対して常に強いです。
    でも本当は親を大切に思っているんですよ。
    それを皆わかっているから私は義父母を大切にしようと思うし、義父母も私を大切にしてくれます。

    兄の意見。
    「男が親より弱いと問題は起こりやすい」
    常にお嫁さんの味方です。問題ないです。

    余程奥様が理不尽な物言いするわけじゃなければ味方してあげないと疎外感感じられてしまいますよ〜。
    言いたい事は奥様と二人きりになってから言えばいいのでは?
    ○か×か、そんな事より家庭がうまくいくようにしたほうが・・・。

    まぁ女も夫任せにせず自分で解決しなきゃならない事もありますね。
    でもジャッジはするけどフォローする気ない夫じゃ親と疎遠になられても仕方ないような。

    男性と女性の違いは日々感じていると思うのですがね。
    妻は自分を守ってくれる夫の為なら苦労も厭わないものですよ〜多分。

    ユーザーID:2724602647

  • 夫も家庭に主体的に参加すべきです

    夫は家庭の傍観者ではなく主体、家庭を築く張本人として行動すべき。
    だからこそ妻か親の意見に迎合せず自分の考えで判断する主体であることが重要です。

    中間で審判する気の夫は問題を自分の事として考えておらず独立して家庭を築いたという自覚が足りない人だとおっしゃる方もいますがまるで逆。
    自分の事として考えればこそ自分の考えで判断できるのです。
    中間でも誰かに迎合するのでもなく先ず主体者として自分で判断できる、それが大人でしょう。
    どちらかの言い也になるのでは、それこそ問題を自分の事として考えておらず独立して家庭を築いたという自覚が足りない人だと思います。

    また、妻の味方になり妻の意見に同意しないのなら結婚した意味がないとおっしゃる方もいますが、自分で判断するという夫の意見に同意しない妻にも同じことが言えるのでお互い様ではないでしょうか。
    人はだれしも先ず自分自身の味方ですが、「自分に同意する者以外は全部敵!私を愛するなら全て私に従え!」では結婚生活に限らず対人関係全般が巧く行かないと思います。
    だからこそ、社会で通用しない人達同士の嫁姑問題が繰り返されるんでしょうけど。

    ユーザーID:4792657098

  • あららっこさん

    それのどこが柔軟な対応なんですか?要は「自分に都合よくなければ当たり前の対応すらしない」ということじゃないですか。幼稚にも程があります。
    あなたの言っていることは「味方をされないから付け上がって増長する」ということなのが、分かってますか?

    女は客観性もなく、自分の感情論だけを正論とするから嫁姑問題なんて起きるんですよ。

    あなたみたいな発想の人なら、どんな簡単な問題ですら解決できなくて当たり前。なぜ「解決できないのか」考えたことありますか?
    自分だけを正しいとするために、「解決しよう」とすらしていないからですよ。お互いに感情論の押し付け合いしかしないのだから、解決なんてするはずがありません。

    どんな環境で育とうが、どこに属していようが、正しいか間違っているかくらい、客観的に見れば分かります。

    ユーザーID:9710431285

  • 逆もまた然り>あららっこさん

    夫が親を全面的に支持する。
        ↓
    子はこんなに私を大切にしてくれるんだ。
       親、感動。
    この子が選んだ妻なんだから、文句いわれてもがんばろう。
    大切にしよう。真心を尽くそう。
        ↓
    諍いの回数がへる。
        ↓
    夫、気苦労がへる。


    全く不思議はない展開ですよね。

    ご理解いただけますか?
    あなたの言は、たまたま嫁の立場から見ただけであり、
    義親の立場から見ても全く同様の展開があっても丸く
    収まるような内容なんですよ。

    結局、結論としては「正しいほうに付く」という正論がすべて
    になってしまうと思われます。

    反論、お待ちしています。

    ユーザーID:5148225645

  • そこまで幼稚なの?

    >その上で真っ向対立にならないようにするのが夫の役目ではと思います。

    あのですね、それ以前に妻も姑も立派な大人なわけですよね。
    立派な大人が、夫に仲裁されなければ話し合いや妥協点を見つけることすらできないんですか?
    夫の役割以前に、大人としての役割を考えるべきではありませんか?

    ユーザーID:7965742008

  • 子供から見て

     私、嫁姑問題の渦巻く家庭で生まれ育った者です。私が「ああ、
    これでこの家の母と祖母との確執もようやく完全決着したな」と
    確信した日のことをよく憶えています。祖母が亡くなった日です。

     私は夫が嫁の肩を持っていいと思いますね。もちろん、姑が
    100パーセント悪いなどとは言いませんよ。でも、それがどうだって
    言うのでしょう。
     家の中はおろか世の中だって常に100パーセント正しいなんて人は
    そうはいないでしょう。私はキリストさんと御釈迦さんくらいしか
    知りませんよ。
     みんな似たり寄ったり。だったら夫は嫁の肩を持つくらいでちょうど
    いいだろうと言うのです。

     お嫁さんは嫁ぎ先という敵地に孤立無援のまま乗り込んでいくの
    ですから。義父母共に健在なら夫も含めて1対3ですよ。夫が味方して
    くれて、かつ、義父母がひとりだけという状況では2対1ですが、
    ホームアドバンテージを考慮してこれでようやく実質五分五分と
    言ったところでしょう。
     嫁ぎ先を敵地とは随分な言い方かもしれませんが、嫁姑問題という
    闘争が実際に勃発しているのですからどうかご容赦を……。

    ユーザーID:5539448010

  • はたして問題解決できるのでしょうか

    皆さんの発言を読んでいると
    「とにかく夫は妻の言うことを聴くべき」
    との一点に収束しているような気がします。正論がベストではないとする方、どうすればよいのかを教えていただけたら、と思います。

    中には話し合いを進言されている方もおいでのようですが、文脈からは、話し合いというよりは、自身の考えに盲従・忍従を強いるようなニュアンスにもとれます。

    真に問題解決を考えるのなら、ここにはキャリアウーマンさんも多いことでしょうから、企業でも行われている真の意味でのディスカッションでも重ねてみればよいのではないかと思うのですが。K-J法とか、二次元展開法とか、見える方法で客観性のあるトコトン議論するのです。

    主観の押しつけはコトを複雑にし、余計にこじれる原因を作ると考えます。

    ユーザーID:1330267675

  • もともと

    姑と嫁は対等な立場から始まってないですよね。社長と平社員くらいの格差がありますよ。
    言いたい事言われて我慢してるのが嫁だと思うけど。
    それが我慢しきれなくなった時、揉め事として表面化してくるんだと思います。

    「辛い時も病める時も味方」なのが夫婦じゃないですか。
    うちの親が夫にイチャモンつけたら全力で守ります。
    理屈はいいから、それでいいんじゃないかな。

    血の繋がりがある親子とは違うからこそ、もっと気遣いや愛情を示す必要があるんじゃないでしょうか。
    結婚してからが互いの努力と忍耐の始まりですよね。もちろんそれだけじゃないですが、いい家族を運営していく大きな要素です。
    昔「嫁姑問題」で離婚が多かったのもそういう事が分からなかったせいじゃないかなと思います。

    ユーザーID:2936428892

  • 中間で審判する気満々の夫だと辛い

    それって、問題を自分の事として考えてないって事だし
    親から独立して妻と家庭を築いたという自覚が足りない人だと思う。
    だからいつまでも姑は息子に“言えば私のいうことを聞いてくれるかも♪ダメなら嫁が反対なんだわ♪”という
    姑根性に火をつけるんですよね。。。自覚はないと思いますけど。

    私は弟がいますが、弟は完全に妻の味方ですよ。
    もちろん弟として親を思う気持ちはあるし、それを夫婦で話し合って結論を出してますから
    親が不満に思っても弟の意見として対応するし、妻の責任になったり、嫁姑問題に発展したりしません。
    親も、家庭を築いたのだから基本は夫婦で決める事、妻を大切にすることに異論が無いし
    実際、母も父から守られて暮らしていたので、何の疑問も沸かない姑になってます。

    私も夫が私の味方なので、姑が結婚当初は姑根性丸出して
    コッチを優先しろ、コッチを大事にしろという状況でしたが
    夫の姿を見て、姑も子離れして行ってくれています。数年はかかりました。
    御主人が親離れしないと、姑も子離れしないし、ずーっと続くでしょうね。

    ユーザーID:8387969538

  • 正しい方の味方をするという意見について

    私は少々疑問を感じます。
    妻の肩を持つべき!とは言いませんが、育った環境が違えば、考え方も違ってくるはず。夫と妻はそれぞれ別々の家族で生まれ育ち、同じ家庭で生きてきた人たちとは考え方も違うはず。親が反面教師になる場合もあれば、社会に出てから多少なり考え方が変わるという事もあるとは思います。

    が、夫(妻)は相手方から見る義父母に育てられ、環境を共にしてきたと想定すると、お互いの「正しい」とする考え方は多少違ってくるんじゃないかなと思います。とっても理不尽だと思う事が、相手側にとってはそれほど大したことがなかったりすることもあります。

    どちらかの言い分(意見)があきらかにおかしい場合を除き、自分がどこに属しているか、そしてその属している所が上手く行くには何が一番良いか、自分が相手の立場に立ったとして、自分なら相手にどうして欲しいかを考えてみる事が大切ではないでしょうか。

    ユーザーID:5953266072

  • 難しい問題ですが非常に興味があります3

    息子が母親に文句を言う、妻を連れてその場を一方的に離れる、というのは母親の感情を逆なでするでしょうが、それは息子夫婦の問題ではなく、母親本人のみの問題です。息子が心配してもどうしようもありません。もし、喧嘩の際に妻が悪かったとしたら、母親から離れて夫婦二人きりの時に、妻の行為で悪かった部分だけを指摘するのが良いんじゃないですかね?間違っても母親の前でそれをやらないのがベストですよね。これこそ火に油を注ぐ行為でしょう。

    なんだか、トピ主さんの疑問対する答えになっていないようで申し訳ありません。あくまでも一息子&夫として嫁姑問題、夫婦・家族関係でいろいろと思うところを書き連ねてみました。お勧めとしては、家族関係心理学の本を読んでみては如何でしょうか。結構参考になりますよ。大変だと思いますが是非素敵なご家庭を築いて下さいね。

    ユーザーID:8179255986

  • 難しい問題ですが非常に興味があります2

    その行為は息子から母に対する精神的、家庭的境界線の提示であり、
    妻に対して「我々二人が一番近しい関係にある」のを明確に示すことになり、夫の両親、息子夫婦、各々の家庭関係にとても良い影響を与えると思います。息子は妻と母の間の中立の立場ではなく、息子も当事者だ、というのが私の考えです。ただ、普段から親離れと、夫婦の良好な信頼関係を築けていないと、このような態度をとるのは難しいでしょう。

    嫁姑問題が起きた、起きそう、という状況では極力妻と母が直接連絡、接触をする機会を作らないのが一番良いのではないでしょうか?その状況になれば母は是が非でも直接息子の妻に接触し攻撃しようとするでしょうから、それを遮るのは息子が最適ですよね。妻と母が喧嘩を始めたら、母に文句を言って妻と一緒にその場を離れましょう。勿論、人道的に許されない行為は論外ですが、いわゆる嫁姑の喧嘩であれば、どちらが正しい、なんてその時点ではさほど重要ではないと思います。妻を守る行為が子離れしていない母親に一番効果があると思います。子離れできていなければ、こっちからまず物理的に離れてしまうのが判りやすいと思います。

    続きます

    ユーザーID:8179255986

  • 難しい問題ですが非常に興味があります1

    40代、既婚男性です。長くなるので連投になります。ご了承下さい。

    非常に難しく、且つ家庭にとって重要なことですね。
    理想としては妻の肩を持つことだと思います。心理学素人の私の想像でしかありませんが、
    嫁姑問題は息子夫婦間の信頼関係と、夫とその母の関係に起因するのだと思います。
    妻と姑の直接的な関係は嫁姑問題が起きる引き金でしかないように感じます。
    「男は皆マザコン」とよく言われますが、広義では当たっていると思います。
    同じく広義では「母は皆ムスコン」とも言えるように思います。息子、母が各々親離れ、
    子離れしていれば息子はパートナーと良い関係が結びやすく、母は息子の結婚前よりも
    息子を精神的に少し離れた関係を作りやすいのではないでしょうか。それができていれば、
    嫁姑問題は起こりにくいでしょうし、もし起きたとしても夫が母に対して
    「私は妻と家庭を築いている」という態度を示すべく、妻の肩を持てるように感じます。

    続きます

    ユーザーID:8179255986

  • 考えすぎじゃありませんか?

    >もっといい嫁ぎ先もあったのにこんな家に嫁にこさせて申し訳ない

     これがどうして「嫁としてふさわしくないという意味でしょうか」という解釈になるのですか?

    >「生神を大事に」義父母を、ということでしょう

     こう言われて何故「義父母を大事にしろと言う意味ね」という考えになるのですか?私がそう言われたら意味が分からず「生神って何ですか?」と義父母に訊いてしまいますね。言葉自体初めて聞いたので意味が分かりませんから。

    >「言葉は取り消せない」義母が言った言葉の数々ではなく私が嘘をついたということでしょう

     だから、どうしてそう邪推ばかりするのでしょうか。トピ主さんは何でも悪い方へ考える癖があるようですね。必要以上に深く考え込んでおかしな方向へ解釈して、ひとりで勝手に傷ついていませんか?少し被害妄想のような気がします。

     庇って欲しい、庇って欲しいと仰る割には「いつも庇って欲しい訳ではない」。では結局どうしてほしいのでしょうか。とにかく姑さんのやる事なす事全てが気に入らないんですよね。でしたら避け続けていればいいのでは?あちらも同様に会いたくないでしょうから。

    ユーザーID:9918560616

  • なるほどという思いです

    「なるほど、嫁姑問題が無くならないわけだ」というのが、様々なレスを読んだ実感です。
    そもそも、問題を解決しようという意識に欠ける場合が多いようですね。
    自分の気持ちが優先であり、相手の気持ちを考えたり、妥協点を見出していこうという発想があまり無い。

    だから嫁姑問題が無くならないのです。

    こういうトピでは、「間に立った夫が不甲斐ないのが悪い!」と責任転嫁しているレスもたまに見受けられます。
    そんなバカな!!
    まずは当事者同士の問題でしょう?
    もう、こういった辺りから「自分は悪くない」という根拠の無い発想が出て来るのです。

    まずは、己を見つめることです。
    そして、感情的な満足を追求するのでは、解決はありません。
    解決が無ければ、問題は続きます。

    全ての女性がそうだと言うわけではないですが、少なくともこういった点に反省が無い人は、嫁姑問題というのを解決できないのでしょうね。
    当事者にそういう意識が無いのであれば、間に立った者に出来ることは限られています。

    まずは「自分のベストな対応は?」と考えるべきかもしれませんね。
    興味深いトピですね。

    ユーザーID:1473308225

  • 味方とは

    正しいか正しくないかで割り切れることばかりではないんですよ。

    一言で言えば、考え方の違いなのです。自分が絶対正しい!だから自分の肩を持て!と言ってる訳ではないんです。
    なんでもそうです。姑にインフルエンザの予防接種を受けて欲しいと言うトピがありますよね。それを見ればわかります。

    どちらが正しいか、裁判官になって欲しいわけではないのです。
    こちらにも非があることもあるでしょう。間違っていることもあるでしょう。でも対立したときに、真っ向から妻が「悪い」と言う構図にならないように、対処して欲しいということです。

    私の姑もよく「嫁の味方ばかりして!」とお怒りです。でも嫁はもともと他人。夫が親と一緒に妻を非難するなら、一緒に居る意味がないと思います。味方するとは、妻にもそれぞれの「立場、言い分、理由がある」「感情も気持ちもある人間である」と言うことを理解して欲しいということです。

    その上で真っ向対立にならないようにするのが夫の役目ではと思います。妻を陰で慰めてもいいし、親に一言言ってもいいし。親を慰めてもいいし。
    後はそれぞれのやり方でいいのです。

    ユーザーID:2083068677

  • 男性からさんに同意です。

    嫁姑問題の結論なんか離婚するか義母との絶縁でしか出ないんですから。
    そうしたい、夫にそうさせたいなら何も言いませんが、丸くおさめたいなら感情を抑えて話し合うなど妥協点を探すしかないと思うんです。

    感情的な争いに周囲を巻き込むことは問題を大きくするだけです。家庭内に限らずですが。
    こういうトピが立つと「夫はなにをしているんですか!」「嫁だけ他人なんだから夫が味方するべき。」などのレスが無条件につきますが、どちらかが悪いと確定的な場合以外、そういうレスは当てにならないと考えます。

    かつて私自身も帰宅後、妻に
    「もう限界、離婚するかお母さんと一生連絡取らないかどちらかにして!」
    とヒステリックに言われ戸惑った経験があります。
    双方の意見を聞くと「赤ちゃんには少しお母さんが運動するくらいがいいのよ。」
    妊娠安定期に入った妻に母が掃除を薦めたことが原因でした。
    母は本当に運動はした方がいいと思っていましたし、妻はなるべく動かない方がいいと思っていました。

    大事なことってなんなのでしょう。赤ちゃんにおばあちゃんを無くさせること?離婚すること?
    話し合いましょうよ。

    ユーザーID:5868483685

  • 頭のかたい男性へ、正論がベストというわけではない。

    夫が妻を全面的に支持する。
        ↓
    夫はこんなに私を大切にしてくれるんだ。
       妻、感動。
    この人の親なんだから、文句いわれてもがんばろう。
    大切にしよう。真心を尽くそう。
        ↓
    諍いの回数がへる。
        ↓
    夫、気苦労がへる。

    我家はこんな感じです。

    味方がいたら、がんばれるんですよ。
    奥様を本当に大切にすれば、
    そんなあなたの親ごさんを、
    奥様も大切にしてくれるでしょう。
    それとも、味方をしたら付け上がって、
    増長するような奥様なんですか?
    だとしたら、それはあなた方の女性選びが、
    間違っていた。という証でしょう?
    柔軟に対応できないと、
    難問は解決できませんよ。
    損して得取れ。
    かしこくいきましょう。

    ユーザーID:4305612013

  • 立場によりけり

    まあ、妻から見れば妻の味方をする以外にベストなどあり得ないでしょう。聞くまでも無いことです。もちろん、姑の立場になれば「私(姑)の味方をするべき」が唯一絶対の解です。

    では、もう一人の、ある意味当事者である夫、あるいは息子の考える「ベストな対応」は何でしょうか。ずばり、「事勿れ主義」です。どちらかの肩を持つなどという、火中のクリを拾うような真似を敢てすれば、どんなとばっちりを食らうかわかったものではありませんからね。

    え?夫は姑の肩ばかり持ってるじゃないかって?ご心配なく。お姑さんは「息子は嫁の言いなりだ」と文句を言ってますから。

    ユーザーID:9565814568

  • そうですね

    男ですけど,「正しい方に付く」に賛成です。
    当たり前ですよね。
    ただ,ここを見たり友人などの話を聞いている限り,嫁姑紛争で「姑が正しい」場合というのは5%を切るのではないかと。

    ユーザーID:1240372583

  • 男性からさんに同意

    立場だけで「どっちの味方につくか」なんて決められるはずがありません。
    「妻の肩を持つべき」と言う人たちは、「自分が絶対に正しい」と言える自信があるのですか?そんな聖人、いるならお会いしたいくらいです。

    男性から見れば、嫁姑問題を含めた女性同士のトラブルで、どちらか一方だけが悪いなんてことはそうないと思います。なのに両者とも「自分が正しい」と譲らず、「相手が悪い」と感情的に非難する。だから解決しないんだと、常々思います。

    「話し合い」で解決しようとしても、結局は自己主張の押し付けに終始。女性にとっての話し合いは、お互いの妥協点を探るとか、お互いに折れるところは折れるとか、譲歩し合うとか、そういうものではないんですよね。

    言うだけ無駄かもしれませんが、嫁・姑に限らず女性は誰をどっちの味方につけるとか言う前に、妥協し合うことや、相手の言い分と自分の言い分をすり合わせるなど、「話し合いで解決する能力」を身につけて欲しいです。それが出来てたらこんなことにはならないのでしょうが・・・

    今は嫁の立場でも、将来は姑です。女性を見ていると、その時に今の経験を生かせるのか甚だ疑問です。

    ユーザーID:6998133526

  • 全てに当てはまる解答はありません

    私見(40代男)です。

    姑、つまり私の母側が正しいこともありますし、そうでないこともあります。私の場合、私自身が自分で考え、妻の側が正しいと思ったことに対しては、当然妻の味方をします。

    しかし私の考えで妻側が誤りだと思ったことに対しては、必ずしも味方するとは限りません。しかし真っ向からの対立では関係を悪くするだけですから、直接的ではないにせよ柔らかく対応したと記憶しています(小生の場合、イザコザ自体ほとんど皆無ですが)。

    これは妻側の両親に対しても同じです。

    こちらが悪いと思うことに対しては全面的に非を認め、書面で謝ったこともありますが(遠方のため)、そうでないことに対しては、何があっても譲りません。ただ、そこは社会性と妻の立場を考えています。事を荒立てることに意味はあまりないので、時と場合によって妥協、黙認、忍従、忘却…いずれもありました。

    話し合いの解決を目指す方がおいでかもしれませんが、私たちの家の間では話し合いしたとしても、互いの慣習を押しつけることに終始したことが多く、結局どちらかが飲み込む形で終わったケースが多かったといえます。

    ユーザーID:9735497361

  • 正しい方の肩を持ちます

    無条件に「妻の肩を持つべき」と言う女性の言い分が理解できません。

    妻だろうと親だろうと、立場に関係なく正しいことは正しいし、間違っていることは間違っています。肩を持つのであれば、「正しい方」です。

    そもそも、事情も内容も特定せずただ立場だけを明らかにして「どちらの肩を持つか」と言う質問自体に何の意味があるのでしょう。
    「嫁姑の場合、たいがいは姑に問題がある」なんて思ってるのは嫁の立場だけで、端から見ればどっちもどっちなんですよ。嫁の方が悪いことも多々あります。皆さんはそんなに完璧な嫁なんですか?

    そういう「無条件で自分の見方をしろ」なんて自分に都合の良いことだけを平気で考えているから、嫁姑問題なんて起きるんじゃないですか?
    数年後に姑の立場になっても、その時も自分だけに都合の良いことを言うんでしょうね。そしてそのときの嫁の立場の人が、今の皆さんと同じ事を考え・・・いつまで経っても堂々巡りなのでしょう。

    善悪の基準は感情論ではありません。そのくらい小学生でも分かるでしょう。

    ユーザーID:2608923006

  • 夫の場合は

    結婚した当時の夫は、自分の親姉妹の味方をして「家風に馴染め」と言いましたし私を義理家族と責めた時もありましが、今は全く逆で私の味方です。

    嫁(っていう言い方はイヤですね・・・)は、夫しか味方がいません。
    一方義理家族は束になってかかってくるでしょ??特にうちは夫の姉が2人。
    言っていることが納得できるような事でしたら、もちろんちゃんと聞きました。でも到底そうとは思えないことばかりでしたからね。

    喧嘩両成敗というのなら1対多数ではないはず。1対多数は虐めに限りなく近いです。
    夫がひとりっこだったとしても姑さんには少なくとも舅がついているのですから、夫は奥さんの味方をするべきですよ。
    私の息子にもそうして欲しい。それが子供達が親への信頼感を高めることでもあると思います。

    もちろん1対1のバトルだったら、関わるべきではないと思いますがね。
    また単に揉め事嫌いで逃げ出す夫は論外です。

    ユーザーID:2936428892

  • 時間とともにかわりました2

    それまでもかなり話していたんですよ。夫も薄々はわかっていましたけど、それほど私が思いつめているとは想像できなかったのでしょう。
    親だから我慢してくれ、というのが結局夫のスタンスでした。

    でも、車で30分ほど離れたところにすむことになり、
    夫もできるだけ私を尊重してくれるようになると、
    嘘のように私自身が落ち着き、今では義父母とも仲良しです。
    一緒に買い物行ったりするのも、お茶したりするのも、
    あまり苦にならなくなるほど、
    私の気持ちが変化しました。
    旦那様にはぜひ、奥さんを守ってやってほしいと思います。
    両親には、親も大事に思っているけれど、やはり自分の家庭を守りたいから
    奥さんの味方だとはっきり言ってあげてほしいなと思います。

    自分が満たされれば、義父母に対する気持ちも大分変わります。。
    私がそうでしたから・・・。長々と失礼しました。

    ユーザーID:4366416167

  • 時間とともに変わりました

    結婚当初、夫は「正しい方に味方する」と中立を宣言しました。
    しかし、日中(夜も)仕事でほとんど家にいない夫にとって、
    私がどういう思いですごしているかなんて、図りようがなかったんですよね。
    どうしたって、両親の言い分が、年のこともあってまかり通ってきました。
    しかし不妊治療、流産の末、やっとやっとで生まれた子どもをめぐって、さらに状況は悪化したんです。

    もともと、考えられないようなことが色々あったんです。
    例えば結婚してから引っ越すまで8年間ずっと、
    別居しているにもかかわらず毎朝5時からうちの庭にいるとか・・。
    アポなし訪問なんて義父母の家に呼ばれるけど、
    必ず私が指定された食材で(しかも賞味期限大分切れ)
    作らないといけない・・などなど。他にもいっぱい・・。

    で・・私の精神が破綻に近づいたのが自分自身でわかり、
    夫に「慰謝料もなにもいりません。もう耐えられません。
    今すぐ別れてください。」とはっきり宣言したとき、
    初めて事の次第が飲み込めたようです。

    ユーザーID:4366416167

  • 無理しない

    姑は息子である夫に「大事な息子を嫁にとられた」と結婚式前夜に説明した人です。

    そんなことを聞いた夫は基本的に姑の味方ですよ。
    ある言動がきっかけで私の味方もしますが、義父母の前では中立ですね。
    私の味方をすれば余計こじれますから。

    ある言動があまりに理不尽で許せないものだったので夫には
    「(義父母の要求に対して)出来ることはするけど、無理しない。だから期待しないで欲しい。」
    と言い実践してます。
    良い嫁を演じることが出来る余裕があれば頑張りますが、キャパシティオーバーなら義父母を立てられないので距離を置きます。行かないし、電話にも出ません。

    夫にとっては大切な親。
    やはり親が悪く言われるのは我慢できないですよね。
    期待してもこちらの期待に応えられるとは思えないので良い嫁になろうと無理しないという結論になりました。

    ユーザーID:5777180476

  • 何かで見たんですが

    「家の中で他人は妻だけだから、最初から妻に分が悪い。だから、夫が妻の肩をもってバランスが丁度良くなる」とありました。

    本当にそうだと思います。私の夫は全面的に私の味方です。姑も夫(息子)には弱いので、息子に何かを言われるとたじたじになってます。姑が夫に隠れて私に何かを言ってきても、1人では決めないで全部「夫と相談しますねー」と夫に報告します。
    同居してましたが、これで嫁姑問題はなく平和に暮らせました。

    今では姑も「息子がそこまで信頼している嫁なら安心」だと私にも全面的な信頼をおいてくれています。義弟(夫の弟)は中立派なので姑は弟の嫁のことを言いたい放題です。やっぱりお嫁さんからは何でも言いづらいので、夫が間に入ってくれると助かります。

    ユーザーID:9837883714

  • 負けるが勝ちです 2

    続きです

    もう、これ以上はいいですよね? 
    ストレス解消になりましたよね?

    義父母さんとは別居なのですから、ご主人がトピ主さんの意見や辛い立場に耳を傾けて下さるならそれ以上望まれるのは贅沢かも。
    ご主人の愛を信じましょうね。

    今後の対応としては、トピ主さんが悪くなくても「先日は申し訳ありませんでした。」と頭を下げたほうがいいように思います。 

    負けるが勝ちで行きましょう。 
    賢く立ち回るのです。
    よき母・よき妻・よき嫁を目指してくださいね。

    ユーザーID:0502553863

  • 負けるが勝ちです 1

    嫁姑の問題は、喧嘩をするしないの次元ではないと思っています。
    そもそも、土俵が違うのです。

    嫁と姑とでは、物事の判断基準が違うのです。
    よって 正解は無いのです。

    そこで、夫であるご主人は 厳しい立場に立たされることになるのです。

    表立って庇ってもらえなくても、お二人だけのときに「お前が一番大事だ」「お前しかいない」「お前の言うとおりだ」「なさけない親を許してやってくれ」etc.・・・とか言ってもらえたらそれでよしとしませんか?

    トピ主さん追記の状況説明は 憎悪でいっぱいです。
    これでもか、これでもかと 義母さんを悪者にしています。

    みなさんがくださったレスでは お気に召しませんでしたか?
    ご自分は こんなに酷い目にあっているのだと声を大にしておっしゃりたいのでしょうね・・・。
    トピ主さんの書かれたことが本当であっても、ご主人がこれを目にされたら悲しいでしょうね・・・。

    ・・・続きます。

    ユーザーID:0502553863

  • ずいぶん煮詰まっているようですね

    53歳、既婚男性。
    トピ主さんの「状況の説明」延々と読みました。
    かなり煮詰まってしまっているようですね。初めの傷口は小さかったのに、それを、広げ合ってしまったかのようです。
     そんなに義母と合わないなら、没交渉にしてしまったらどうですか?誕生日なども全て金一封ですますとか。
     まあそれも、まだご主人を愛しているのであればですが。でなければ、不毛な努力はしないで、別れてください。そういう親もいますから。事実、私の義母は、結婚して、遠くに住んでいる義弟に、「嫁なんか捨てて、私の面倒を見るために、実家へ帰ってこい」と言い放った人でした。私は、子の幸せこそ親の幸せだと思うのですが。これじゃあ、嫁とうまくいくはずないですよね。義母は先日、妻の介護の末看取りましたが、義弟の妻は、5年間一度も来ませんでした。妻は怒っていますが、私は、あの義母ではしょうがないかなあと、思っています。
     何にしても、あなたの気持ちと、ご主人の理解があっても、関係の修復は不可能でしょう。それよりも、あなた方ご夫婦の問題だと思います。
     ご主人とじっくり話し合ってください。

    ユーザーID:1953784085

  • ぶっちぎりで!

    嫁さんを庇います!

    確かに 親は自分を産んでくれ育ててくれ 一人前の社会人にしてくれました。感謝しています。

    しかし それは親になった瞬間に当然の義務になるのでは?

    子供は親を踏み台にして乗り越えてこそ その親の子供に産まれた意味があるのではないでしょうか?
    親が子供の足枷になってはいけないと思います。

    男は結婚して家庭を持ったら その家庭を守るのが一番なはずでは?

    私は 娘4人を持つ父親ですが うちの家庭の事には一切 親に口だしさせません!
    当然です!

    ユーザーID:0135846282

  • 私は自分で処理

    私の居ない場所で姑が夫に私のことについてなにか理不尽なこと、悪口に近いことを言われたら夫に言い返してほしいですね。
    私がいないのでどうしようもないからですね。

    私の目の前で何か言ったら私が姑に言い返します。
    夫がいても黙っていてもいいです。

    つまり、いつまでもかばってもらおうという気持ちがあるから「夫がかばってくれない」と嘆くのです。

    私の姑は近所では「◯さんちにお嫁さんが来たら大変なことになる」という名うての激しい人。
    親戚としょっちゅうなにか起こしたり、喧嘩したり。
    夫の父も「妻があああるから…」と。

    それは結婚してから聞きました。
    でも、私は私の正しいと思うことをばしばし言ってやってきたので、何も姑は私に口出しなど一切ありませんでした。
    ようは自分次第。

    ただ、夫は結婚する時「姓をかえるが(私のこと)もらったと思うな」と言ってたそう。
    妻にたいするスタンスの宣言も大事。
    息子の考えがわかったのでしょうね。

    近所の人がびっくりするほどおとなしい姑になったんです。
    ようは自分で切り開く!これしかない。
    経験談でした。

    夫など頼りにしない。するから腹立つの。

    ユーザーID:8107316699

  • うちの夫も中立派

    なにかあったとき、両方の言い分を聞き、誤解を解いてくれる人です。
    そして、全面的に私の味方ですね。夫は姑の話も聞くし、私の話も聞いてくれます。
    新婚当初から、姑は息子に嫌われたくないがタメに私にも優しくしてくれます。私が至らない部分も多いと思いますが、大目に見てくれていると思います。こういう夫ですから姑が居るところでは姑に夫を渡している気分ですが、嫌ではありません。

    トピ主さんの場合、姑とつきあわないがベストなのでは?
    鬼嫁でいいと思いますよ(勝手に言わせておきましょう)。人間でない人(姑)とつきあえませんけど?
    何かトピ主に言う人が居たら泣いて同情をひき、こういうことをされたけどそれでも我慢したほうが良いか?と逆に相談すれば良いと思います(夫の場合は会社の人に言ってみてとでも言ってみては)と。どなたも我慢しなくても良い、姑の自業自得だと言うと思いますよ。それほどのことをしていたらね。

    ストレスを与える人とつきあわないほうがいいですよ。
    例え姑でも鬼ならつきあいきれません。

    ユーザーID:4080034312

  • 結婚時の約束の一つに

    自分の親、親戚兄弟の対応は各々自分が窓口となって対応する、でした。
    親からの不満を窓口である息子(娘)を通さずに相手に伝えた場合、
    その後の対応は担当者に交代します。
    話を聞いた担当者は、内容を取捨選択し配偶者に伝えるべきものは伝え
    言わなくても良いと判断したものは伝えません。
    知らない、聞いてなければ気分を害する事もないですよね。
    親が話した内容をすべて包み隠さず配偶者に伝える事が良い事とは限りませんから。
    親の不満や指摘が正しいと思えば、その後相手にどう伝えるかは夫婦間の話です。
    夫は人の悪口を言うのも聞くのも嫌いな人なので、その手の話は親、妻双方から聞いたとしても無視します。

    ユーザーID:7698860095

  • 庇ってほしかったときの状況説明-4

    まだ義母との一件は解決していません。
    後日義母から敬老の日のお礼状が来ましたが(問題が起こる前に用意したものを義父に渡していました)お礼とともになんともありがたく涙が出る言葉、「言葉は取り消せない」義母が言った言葉の数々ではなく私が嘘をついたということでしょう。「生神を大事に」義父母を、ということでしょう「お金では買えない物を大事に」母の日のプレゼントは使わないから返す、換わりに眼鏡ケースをと言われ、翌日やっぱりもらうという経緯で旅行好きの義父母に旅行券と眼鏡ケースを贈っていました。

    あの一件以来義母とは直接会っていません。
    子供の運動会も義父だけが今年は来るそうです。
    義母と会ったとき、また再発する可能性は大、そのとき夫は?そして答えは出ないだろうけど同じような問題を抱えている人は多いだろうし、一番いい方法は?という思いもあってトピをたてました。

    ユーザーID:1873510760

  • 庇ってほしかったときの状況説明-3

    後日(子供の前では話せませんし、出張がありました)、夫からゴメン、と。マイナス思考になっているときなど人を傷つける言い方をする義母ですがあそこまでいうとは思っていなかったこと、出張が多くて三人の子供を抱えて感謝していること、ただ見合いしたから結婚したわけではないこと、家をでるなんていわないで欲しいと、そして私が子供が泣いて中座したときに義母に話が膨らんでいるようなことを言ったら義母から嘘をついているというのかといわれたそうです。庇ってほしかった、という私には庇えば逆上するから庇いにくいと、それでもあそこまで言われていたら庇って欲しかったと伝えました。


    私もどちらかといえば古風ですから別にいつもいつも庇ってほしいとまでは思っていません

    ただ「家」にいられないとまで思いつめるほどの罵詈雑言に かつてクーラー否定派の義父母に子供が室内で熱中症になったことで「子供を守る」と強引につけたときみたいな覚悟を私を庇うことでみせてほしかったかな。

    ちゃんと大事に思われていると感じていたら「家」をでる、夫は「家」を選ぶだろうとは思わなくてすんだかな。

    続く

    ユーザーID:1873510760

  • 庇ってほしかったときの状況説明-2

    もっといい嫁ぎ先もあったのにこんな家に嫁にこさせて申し訳ない(嫁としてふさわしくないという意味でしょうか)、自分は友人から姑としてよくやっているといわれる等段々ずれていきましたが元々の原因である義父が庇う状況でも夫が何も言ってくれなかったので元々これまでの言動から私の夫である前に長男だと感じていたこともあり孤立無援でした。気持ち的にはその場にいる全員から集中砲火を浴びている感じでした。

    義父とは当初の予定通りお互い気をつけるで話はつきましたが、その晩は泣きすぎて目が痛くて開けられなくなるまで泣き、夫にはあそこまで言われたらこの「家」にはいられない(同居しているわけはありません)、「家」をでると告げましたがそのときは私が泣き続け、興奮状態だからかとにかく寝ようというだけで、目の腫れは二日後でも分かるほどでした。
    なお私は「家」をでる=別居、離婚で夫は「家」を選ぶだろうと思っていました。

    続く

    ユーザーID:1873510760

  • 庇ってほしかったときの状況説明-1

    補足説明させていただきます。
    元々私は子供に親を悪く言うべきではない、それは何歳であっても同じという考えで夫からは言っていいと言われたことがありますが、我慢できなくて言った事でも庇うだけなので言ってもよけい辛くなるといったことがあります。まあそれでも時々は話していましたが夫が庇わなかったのは子供に対してg義母が「○○家の宝、□□家じゃないのよ、□□はただの親戚」と言った事を伝えた時に(□□は私の実家)「その考え方は違う、義父もそんな考えじゃないし、今度話す」といった時ぐらいですが、すぐに起こった次の状況で結局話していないでしょう。

    元々義父との問題で義父母と私達夫婦での家族会議のような場で当初は身内と言えどもマナーというものはあるから互いに気をつけようですむと思っていたのですが義母から一方的に責めたてられました。
    義父が時間がたった分にかんしてそこまでやったかなと、で義母が義父はそんなことする人じゃない=私が嘘をついている、そもそも口にだすべきでないに始まってエスカレート、あまりの言葉の数々だったので書くのもつらいし省略しますが。

    続く

    ユーザーID:1873510760

  • 夫に惚れ直しました

    我が家も新婚から嫁姑問題が出て2年ほど大変でした。息子を取られたという思いと嫁(私)に対する強い期待からだったのだと思います。

    主人は、常に客観的に判断し、肉親でも言うべきではない発言や、矛盾した発言、義母自身がやらないのに嫁に要求する事などはビシッと義父母に言ってくれました。同じように私に問題がある場合は、同じように怒られました。義父母と夫は最初は喧嘩ばかりで、聞いている私も辛かったし、夫に「そこまで言わなくても…」と思うことも。でも夫が中立の立場だからこそ、夫を信頼して私自ら義父母の気持ちを考える余裕もでて、義親と直接私も話して何度も誤解を解き、問題解決してこれたのではないかと思います。

    今は結婚6年目ですが、義親も私達夫婦に一目置き、完全に同じ目線で話しすることができるようになりました。程よい距離感があり、互いに礼儀は尊重し、かつ嫌なことは嫌だと言える環境にあります。
    夫の考えは「俺が悪者になれば上手く行く」。つまり夫が義親を責めたら、私が夫が責めたことを親に謝って和解。夫が私に怒った時は義父母が私を庇ってくれます。私達夫婦の義親と上手くやっていく為の作戦です。

    ユーザーID:2738655293

  • 叔父の方針

    子供や親戚の前では一切、相手の悪口を言うな、無視するな、目をそらすな、仲の良いふりをしてくれ。
    二人(嫁姑)とも、子供達の前では一日1時間でいいから仲良く一緒に過ごして欲しい。
    それ以外は離れていたほうがいい。守れなかったら、その時点で別居する。

    叔父はこの方針を20年以上貫きました。
    従兄弟達が嫁姑問題のことを知ったのは、祖母の何回目かの法要の席だったそうです(私が知ったのはさらに後)。

    ユーザーID:4644629311

  • 妻の側に立って欲しい

    うちの夫は口先だけ「お前の味方」といっておきながら、全面的に姑の味方です。
    私は結婚当時から姑に意地悪、いじめを繰り返されてきましたが、
    姑が私のバッグを蹴っ飛ばしてたよ、と夫に訴えても、「うちはモノを蹴飛ばす家なんだ」とか、姑から、早く子供生めってまた言われたよ、といっても、「うちの親はそんなことは絶対に言わない」とか。
    他にもいろいろあります。

    親のこと言われておもしろくない気持ちはわかりますが、妻の話は最後まで聞いて欲しいし、自分の親を客観的に見て欲しいと思います。
    だいたい姑が嫁に週3回も電話して、でないと怒鳴るって普通では考えられない。それすらおかしいと思わず、姑をかばう夫にげんなり。

    子供が大学に入ったら離婚するつもりでいます。
    マザコンって一生なおらないかもって思います。

    ユーザーID:7858959684

  • 基本的に妻の味方。

    そうでなければ、家庭生活うまくいかないので・・・
    只、義母は細かいし、お節介ではありますが、自分が嫁姑関係で苦しんだこともあり、私を大切にしてくれるので、参考にはならないかもしれません。

    夫が妻を最優先してくれれば、妻も姑の非常識に多少は我慢できるわけで・・・
    夫婦は所詮他人。
    夫婦双方が努力しなければうまくはいかない。
    という考えのもと、我家では親よりも伴侶を最優先。
    自分達が仲良く幸せに生活していくのが、最高の親孝行と思っています。
    双方の親からも、そういわれておりますので、ありがたく思い、そうさせて貰っています。

    ご主人とよく話し合われては?
    「あなたの言い分もわかるけれど、私はすごく辛い。
    あなたが少しでも私を庇ったり、私の味方をしてくれたら、それだけで救われるのに、今の私は、ひとりぼっちで敵地にいるようだ。」などと言ってみてはいかがでしょう?

    親とはいえども、なにをしても良い訳では勿論ありません。
    誤りを正すのも子のつとめかと思います。
    只、お義母さんが病気だというのならば、それなりの対応が必要だとは思います。

    ユーザーID:4305612013

  • 同じ同じ!

    私も、まるで私の投稿?と間違うくらいです。うちの義母もかなり気が強く、年寄り特有の「思い込み」で、私を悪者にします。同居当初は、主人も義母の性格はわかっているので、何かとフォローしてくれていましたが、今はまったく・・・。

    同居が決まったとき、主人は会社の社長からアドバイスをもらい(社長も自分の親と同居)、どうやったらうまくいくか・・など伝授されたそうなのですが、それも最初だけ。やはり、間に立つ主人が双方の話を聞き、どちらの言い分も聞くべきだと思うのですが、うちの主人は義母から聞いた話を鵜呑みにして、いきなり私に対してそっけない態度をとります。身に覚えが無い私は落ち込み、夫婦の会話もなくなります。最終的には「離婚」という話になります。高齢の義母を一人にして、自分たちが出て行くわけにはいかない、とのこと。妻よりも義母を選ぶのだそうです。母親だから当然でしょうが、私の人生はどうなるの?って感じです。

    私は、ただ、間に立つ主人が、たとえ義母の前では義母の味方になってくれてもいいですが、そのあとで、私には「ごめんね」と一言言ってくれる、それだけでいいと思っています。それが主人の務めだと思います。

    ユーザーID:9297608849

  • 発想の転換

    経験者ではないので客観的な意見にはなりますが・・・

    >夫は義母が思い込みが激しく、昔から人を傷つけるような物言いをするから

    きっとご主人は子どもの頃多かれ少なかれ母親に傷つけられてると思います。また母親の顔色・機嫌にビクビクしてこられたのではないでしょうか。
    そういう環境で育ってこられたのですし今も母親に逆らうのが怖いのだと思います。
    トピ主さんが「もっと庇ってほしい」と思われるのはごく当然のことです。
    でもご主人にそれを期待したり責めたりするのはご主人もちょっと可哀想かも、です。

    そこでどうするか。
    難しいかもしれませんが、トピ主さんが発想を変えてしまうんです。「ああこのこのひとは程度の低い、気の毒な人間なんだなー」と見下してしまうのです。
    またひとりのときに、「バッキャロ〜〜!!あのクソババア(汚い言葉ですみません)・・・!!」と叫んでストレス発散を。友達に愚痴って発散するのもいいと思います。
    ただし、義母の前では「気の利かない嫁でほんとに申し訳ありません〜〜ごめんなさいおかあさま〜〜」の態度で通す。そして後ろで舌を出しとけばいいんです。

    ユーザーID:5569432082

  • 姑問題は夫婦で解決!

    基本的に夫が妻の側に立てば問題はだいぶ解決されると思います。

    夫は長い人生妻と一緒に生きていこうと誓ったのだから、何があっても妻の側に立ち問題解決に当たるべき。
    そしてそのことを双方の両親にも理解してもらう事。
    義父母と対決したりケンカをしたりするのではないのです。
    あくまで自分達夫婦と義父母という構図であるべき。
    間違っても姑対嫁の構図にしてはいけない。

    夫は優しく姑に話せばいいのです。自分は妻を守り二人で人生を歩む決意をした、これからは自分とお母さんでも姑と嫁という関係ではなく自分達若夫婦と両親という関係でいたい、と。

    誰も始めは自分達は嫁姑仲良くやって行けると思っているはずです。優しく誠意を持って話せば義父母だって理解するはずです。(と思いたい)
    多分このよう様に話す事で姑は息子が自分の側に立って味方してくれるという幻想を持たなくなります。妻も夫がいつも自分の味方であると思えば姑にも優しく接する事ができるのです。お互い節度のある関係になるのです。

    これは森瑤子さんの短編小説から頂いた考え方です。
    互いに思いやりを持って接することは基本ですが。

    ユーザーID:9326770603

  • 基本は妻

    53歳既婚男性です。実母のみ健在です。母は、我が家から車で10分かからないくらいの所で、一人暮らしをしています。
    私の所は、最後まで同居はしないと、私と母で同意しています。2世帯同居で失敗している家庭をたくさん見ていますから。
     本題ですが、私は基本的に、夫は妻の側に立つべきと思います。ますおさん状態の家庭は別だと思いますが。妻は、生まれ育った実家を離れ、単身見知らぬ土地へ嫁いできた身です。頼れるのは、夫しかいません。
     どんなに良い義母でも、息子を嫁に取られた感覚があり、また、嫁は自分が育てたわけではないので、嫁の実家の躾や習慣が見え隠れするのです。それがまた気に入らない。
     したがって夫は、自分の家庭を、自分の実家のしきたりにするのであれば、妻に協力してもらい、こういう場合は、実家ではこのようにするから、お願いねとか。妻とのコミニケーションを密にし、愚痴や疑問を聞く努力をしなければならないと思います。
     私の場合、我が家は、実家の家風になりましたが、妻の実家は如何ともしがたく、「え〜〜何で?」が、多かったです。私が、嫁に行ったとしたら、とっくに破綻していたでしょう(笑)

    ユーザーID:1953784085

  • これだけでも

    うちも、表立って私を庇ってくれるようなことはありません。

    でも、「夫に義理の家族の愚痴を言うことを許してくれる」
    「義理の実家と距離を置くことを許してくれる」
    それだけでも充分なのかな、と思います。

    やっぱり親のことは悪く思いたくないのでしょうね。
    うちも最初は、夫に言っても「悪気があって言ってる(やってる)わけじゃないんだ」などと言われ、悪気がなければ何を言っても(やっても)いいの?と思ったりしたものですが、今は、うんうん、と話を聞いてくれるだけでも・・・

    ユーザーID:0766462140

  • 私のことかと!

    トピ主さんとまったく一緒です。うちは義父母がそろってそんなかんじです。
    夫は押さえつけられて育ち、聞き流すすべを身につけています。
    夫は、うちの親は激しいからなあ〜、でも70過ぎた人に考え方変えろって言っても
    無理、と、私にも聞き流すように言います。
    最初は夫の両親の悪口なんか聞きたくないだろう、と何も言わなかったけど、
    結婚して10年たった今では、今日こんなことがあったよ〜、チッ!
    と不快感をあらわにしています。義父母とも表面的には仲良くしていますが、
    私は実の娘じゃないから、離婚したらアカの他人だ〜と思っています。
    夫への気もちも冷めてるし、ほんとに離婚もアリです。
    いまは別居だからなんとかもってます。

    ユーザーID:8262597199

  • シミュレーション

    ご主人が両親にそれを言ったらどうなるかをシミュレーションしてみましょうよ。

    年齢的にね、ご主人のご両親の性格は今更変わらないでしょう。
    まして20も30も年下の人間に言われてまともに取り合う気にはならないと思います。
    あなたよりずっと付き合いの長いご主人はそのぐらいのことわかってます。
    さて、まともに取り合わないということはどういうことですか?
    非を認めないってことです。つまりあなたが悪いってことになる、ってことです。
    ご両親とあなたには確実に確執が残ります。
    暴言とやらも、加速こそすれ緩まることはないでしょう。
    あなたはまるでなってない嫁だということになり、ますます溝は深まります。
    嫁姑スパイラルですね。

    事なかれ主義、いい顔ばっかしてる、親離れできてない。
    自分の怒りばっかり大事にしてご主人を恨むのも結構ですがね、
    怒って誰かが得するのか、ってことも考えて見ましょうよ。
    怒った結果誰が苦労するのかってことも考えてみましょうよ。
    自分が、それも今この瞬間の自分がすっきりしたいだけだ、ってことに気づいたら
    自重するのが大人ってもんだと思いますよ。

    ユーザーID:0448657402

  • 我が家の場合は・・

    夫が悪者に徹してくれます。
    それなので、姑とはそれなりにうまくいっています。
    (私も至らない所が多いので、
    もちろん些細な嫌味攻撃は受けます。)

    夫は、決して親が嫌いではなく好きです。
    それでも、憎まれ役に徹してくれるので、
    うまくいくのだと思います。

    どちらかの肩を持つのではなく、両者に悪者になるので、
    必然的に、姑と同盟を組む形が増えます。
    姑も夫(息子)の存在がある為、私達家族の生活に入り込まず、
    程よい距離が保てます。

    家では、まったく悪者ではありません。

    どちらかの肩を持てば、どちらかが不満を持ち、
    関係がギクシャクしてしまう。
    それならば、どちらの肩も持たず、それでいて丸く治めるのは、
    両者に何も言わせない!と言う嫁姑を上回る悪者の存在が一番と
    考えているそうです。

    ただ、前提は、私は姑と仲良くしたい。姑も私と仲良くしたい。
    と言う感情が強いから成り立つ関係だと思います。

    夫の両親には、私が配慮して、
    私の両親には、夫が配慮するスタンスをとっています。

    ユーザーID:4735852376

  • 妻の味方がベスト

    嫁姑の場合、たいがいは姑に問題があります。
    きちんと悪い側を制さないと一生続きます。

    火に油を注ぐと言いますが、
    要は面倒臭いだけだと思いますよ。

    私の主人も絶対に私の味方をしませんでした。
    ので、自分で姑に言い返していました。
    喧嘩ばっかしていたせいか
    最終的には本物の親子の様に仲良くなれました。
    不思議なものです。
    その姑も亡くなってもう5年。
    亡くなった時は、泣けて仕方なかった。

    寂しいです。

    ユーザーID:6431536524

  • 絶対に!

    絶対に妻の味方であるべきだと思います。
    だって、妻だけが血のつながりのない他人じゃありませんか。

    私の夫も結婚当初(義父母と同居)は自分の親側でした。
    それが本当に本当に嫌だった。
    何度も何度も話し合って、ぶつかり合っていくうちに「自分の家族」として私(妻)を見てくれるようになりました。

    今では私たち夫婦だけで暮らしており、子供にも恵まれました。
    絶対に妻の味方であるべきです。

    ユーザーID:8092065658

  • 既婚者でしょ。妻を取るの当然でしょ

    結婚しているということは 親からもう独立してるのだから
    妻の気持ちを汲まなきゃ男じゃないでしょ
    妻との良い関係を築き上げるためにも 
    親とは一定の距離をとってもらいましょう
    妻(女性)は結構こういうことを根に持つものです
    夫の目の前で妻が何か言われても黙っているなんて最低だと思います

    ユーザーID:1320647634

  • 我が家は

    結婚当初は完全に親の味方をしていた夫も結婚2年目あたりから徐々に変わり、3年目からは完全に私の味方です。
    その間にいろいろあった出来事で夫自身思うことがあったようです。
    随分と変わりました。

    私のことを悪く言われたら「そういうこと言わないでよ」ときちんと親に言ってくれます。
    「どうせあの子が決めたんでしょっ!」と何か気に入らないことがあると全部私のせいにしてくるのでそういう時には「俺が決めたんだよっ!」と言ってくれます。
    私のいない所ではどのように自分の親にフォローしているのかは知りませんが私が同席している場では全面的に私の味方です。
    ですので私も見えない部分で何をしていても許せます。

    ユーザーID:5218797939

  • 子どものけんかと同じで

    嫁姑の喧嘩も口を出せばかならずもめます。

    なので静観が一番正しいんじゃないでしょうか。

    大人同士なんですから
    誰かの味方なんていらないんじゃない?

    大の大人なんだから、一対一でやるのが筋でしょ?

    トピ主さんも、ご自身の親と、ご主人が喧嘩をしていたら
    どっちかの肩を持ちますか?

    また、これが夫婦喧嘩だったら
    例え身内でも、口を挟まれるのは嫌じゃないですか?

    巻き込まれるのはごめんです。

    ユーザーID:4431675897

  • 男女の心理の違い

    何か相談事をした場合

    男性は解決する事が目的だが
    女性は話を聴いてもらえることで、ほとんど満足する

    本に書いていました。
    思い込みの強い義母に何を言っても解決しないから
    ノータッチなのではないでしょうか。
    「かばう」=解決にならない 無駄な労力

    こんな数式が頭にあるのですよ。
    おそらく。

    「おーいお母さまが○○って言ってるけど
    あなたはどう思うの?」とご自分から振ってみましょう。

    ユーザーID:3528757370

  • 当事者の価値観と立場にもよるのでは?

    「人それぞれ」としか言いようがないと思います。

    そりゃ、人間は誰でも自分の味方をして欲しいものです。
    それが「本人にとっては」ベストの対応ですが、「全体としては」どうでしょう?
    誰かの味方をすることが全体にとってベストの対応であれば、世の中の全ての摩擦は「味方を増やして相手をやり込めればいい」というだけの話になってしまいます。

    ですから、理性的に考えるならば、一般論としては「是々非々で判断する」ということでしょうね。
    相手が誰であれ、理不尽であればそれを指摘し、改善に向かわせる。
    摩擦の少ない方法を考える。
    などという「全体の最大最適」を考えるべきかと思います。

    全体最適を考えるということは、各自にとっては不満も多少残りますが、理不尽なことが少なく、自分よがりではないという点では、非常に理性的だと思います。

    また、対応としては、僕は単に庇ったり相手の悪口を言うといった行動は、物事を解決するという意味では、ベストではないと思います。
    まずは率直に話し合う場を設けるべきだと思いますし、そういう姿勢に無かったとしても、悪口は解決になりませんからね。

    ユーザーID:5401315261

  • 夫は私の味方です

    結婚準備の時から、私のしたい結婚式をするために、彼の両親の希望は跳ね除けたようで、どんな希望だったのかすら未だに知りません。
    そんな夫なので、結婚当初からアポ無しで来る両親に、次の日に電話して怒ったり(私に電話するとも言わずにします)
    おそらく初めは、息子は嫁のせいで変ったと思っていたでしょうけど、私が怒る前に勝手に怒るので
    私のせいになっていても分からないくらいです。

    初めは、そんなことしたら私のせいになるじゃない!と困ってましたが
    彼が跳ね除けるお陰で、何でも関わりたがる、何か言いたがる、姑が遠慮するようになってくれたので
    今では、夫のお陰なんだな〜と思うようになりました。
    夫は姑が、どんどん自分のペースで行動し、合わせないと怒る人だと分かっていたので
    どんどん拒否したようです。トピ主さんのご主人とは反対の対応をしたのだと思います。
    私は大切にしてもらえてるなぁと実感できるので嬉しく思ってます。
    だから私も姑に優しくしてあげようかな?嫌な事言われても我慢してあげようと思えます。
    だから良い循環じゃないかな、と思ってます。

    ユーザーID:0570769098

  • 家庭崩壊に直結するからね〜

    ウチは義父母と同居ですが
    表面上私(嫁)と義父母間では何もありません。
    何かあるとすれば
    夫対義父母でケンカとかはよくあります。
    私が1人孤立するなんてありえません。
    その辺は夫も義父母もじゅうじゅう理解してますね。

    なんだかんだ言っても私には夫しかおらず
    夫が義父母側に立ってしまったら
    同居は破綻するってこと。
    勿論夫とケンカすることもありますが
    必ずどちらかが誤ったりして後にしこりを
    残さないように心がけてます。

    夫婦間の関係で意思疎通が出来、コミュニュケーションが
    きちんととれていれば義父母とのモメゴトも
    嫁だけが孤立することはないと思います。

    ユーザーID:1948432221

  • 私も、知りたいです。

    ご主人の対応や義母の行動が、あまりにも似すぎていて。思わず、私が投稿したのかなと思ってしまいました。

    私の主人も、トピ主さんのご主人と全く同じ行動に出ます。
    もちろん、義母が私を非難しても、全く弁護してくれません。
    先日も、トピ主さんが悩んでおられる様な状況になった時、全く庇ってくれませんでした。

    出産後、間もない事もあり・・・。
    当然、私はマタニティーブルーに。

    そして、とうとう、今まで我慢していた物が爆発してしまいました。
    「相手の親の悪口は、本人には絶対に言うな」と実の親に言われてきましたが、我慢できずに、言ってしまいました。

    義母は、裏表のある人間で。主人がいない時を見計らって、私を口汚く罵るのですが。
    結婚してから現在まで、数多く罵られました。その全てを、主人に言いました。

    主人は「我ながら、自分の親は感じが悪いと思う」と言ってくれました。
    それでもスッキリしたわけではありませんが。主人に打ち明けて良かったと思っています。

    ユーザーID:1559384358

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧