• ホーム
  • 学ぶ
  • 音楽のレッスンについて、どう思いますか?

音楽のレッスンについて、どう思いますか?

レス9
(トピ主1
お気に入り14

趣味・教育・教養

エリザ

趣味としての声楽のレッスンについて、5年たちます。
レパートリーもかなり増えてきて、発表会でトリも歌えるようになり、アマチュア対象の一般公募のコンサートにも出ています。
今後はアマチュア対象のコンクールやオペラのオーディションなども受けたいと考えています。
ただ、今のままでレパートリーが増える以外に更に上達することがあるだろうか?と最近疑問になってきました。

というのは、
1先生は音大声楽科出身だが、特に自分で研鑽を続けているようではない。
2教室では、子供のピアノの比率が多くなっており、他の生徒の演奏を聞いて触発されるとか参考になる、というものが少ない。
3元々、ロシア音楽が好きなので、ロシア物もやってみたいが、ロシア語を読める先生でないとそれはムリだと思う
41人の先生の意見だけでなく、色々な意見を聞いてみたい。

一方で、
1レッスン場は利便性のある立地で、レッスン料も予算内
2演奏家としての実績は少ないけど、先生の教え方は上手
35年間続けているので、自分の弱みなどをよく知っている
4特に、性格が合わないというようなことはない。
5平日は仕事をしているので、確実にレッスンにつけるのは週1回が限度

という点で、先生を切り替えれば良いのか、他の先生と平行して習えば良いのか、また、その場合、どのようにして今の先生に話せば良いのかなど、考えて迷っています。
声楽以外でも、音楽のお稽古事をやっている先生・生徒の両方の意見がありましたら、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7059265160

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 先生に相談できないでしょうか。

    私も趣味で習っています。もっともいつまでたってもヘタの横好きです。

    ロシア語の歌も習いたいのだが、と先生に相談するわけにはいかないのでしょうか。誰か紹介してくださるかもしれません。声楽は勉強のために先生を替えることは変じゃないと、私の先生がおっしゃっていたので、相談してもかまわないような気がしますが。

    ただ、レパートリー以外にもいろいろテクニック上の上達と言うものもあるそうなので、あなたがすでに先生を超えたわけではないと思います、たぶん。だからこのまま習っていても上達する余地はあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:4992923352

  • 友人の話です

    昔のことですが、声楽科の友人が普段の先生とは別に有名な声楽家に教えてもらうようになった時、最初は二人の教え方が微妙に違うため混乱していました。どちらが正しいとかではなく、ドラマチックソプラノとリリックソプラノの違いのような感じ。
    友人曰く、別の先生につくと発声法が変わることが多いし、内緒で別の先生につくと現在ついている先生が気分を害することは多いとか(自分が教えているのと違う歌い方になるのでバレやすい)。

    なので、趣味とはいえ、トピ主様も現在教えていただいている先生への配慮をされた上で次のステップを目指してみては?例えば、先生にロシアものを勉強したい意向をお伝えし、先生が教えられないとおっしゃったら、「どうやって勉強すればよいでしょうか」と尋ねてみましょう。知り合いにいれば紹介してくださるでしょうし、紹介できなければ「ごめんなさい、自分で探してみてね」とおっしゃってくださるように思うのですが……。

    私はピアノなのですが、ピアノは比較的セミナーや公開レッスンの機会が多いです。なので、そういう場を利用してレッスンを受けるようにしています。

    ユーザーID:7098625986

  • 単発レッスンをさがしてみては?

    私も楽器を習っていて、一人の先生に6年ほどついています。
    その先生のことはとても好きですし、音楽的にもとても尊敬しているんですが、とはいっても、私が教わりたいと思っているポイントすべてを満たしているわけではないですし、他の先生の意見も聞いてみたいと思うこともいろいろあります。

    私はその先生から完全に離れるつもりはなく、かといって完全に複数の先生に平行して習うのも大変かなと思っているので(定期的なレッスン×2になってしまうと、課題も多くなるし、精神的にもキャパオーバーになりそう・・・)、単発のレッスンを受けられるチャンスがあれば、それを利用するようにしています。
    ロシアものが得意な先生と限定すると難しいかもしれませんが、いろいろな意見を聞くという意味、あるいは刺激を受けるという意味で、ロシアものに限定せずにさがしてみてはどうでしょうか。

    そういう中で「この先生にもっと習いたい!」と思ったら、先生に直接相談して、たとえば月に1回くらい不定期でみてもらうというようなこともできるかもしれません。

    ユーザーID:8006901631

  • 天狗になりがちな時期?

    1先生は音大声楽科出身だが
     ⇒教師としての研鑽と声楽家としての研鑽は違います。

    2他の生徒の演奏を聞いて触発されるとか
     ⇒「他の生徒の演奏が参考になる程度」のレベルで良いのですか?上手い人は、大抵の教室で「一人だけダントツで上手い」のでは?

    3ロシア物もやってみたいが、
     ⇒いろいろな意味で、曲探しは自分でやるべきです。どこかでCD・レコードに収録されているくらい有名な曲なら、先生が困るとは思えないのですが…

    4色々な意見を聞いてみたい。
     ⇒「意見」程度でよければ、コンサートの講評とか、先生の恩師や同期の先生に聞いてもらってもいいと思います。

    ユーザーID:5184651064

  • 課題は自分で見つけ解決するもの

    >ただ、今のままでレパートリーが増える以外に更に上達することがあるだろうか?と最近疑問になってきました。

    エリザさんの現在の課題は何でしょう?
    上達するとは課題を自分で見つけて自分で解決する力を身につけることです。

    「思うように歌えない」とか「こんな風に歌いたいのにどうしたらよいのか分からない」といった課題をご自分で感じることはないのでしょうか?
    自分の課題が分からないようではどんな先生についても本当の上達は見込めません。

    先生がその課題を解決する道筋を示してくれないのであれば、他の先生を探すのもよいと思います。

    ユーザーID:4521164010

  • 素晴らしいですね

    エリザさんの文章は理路整然とまとめていらっしゃるので、しっかりした方なんだなと思いました。
    私が学生だった頃、エリザさんのようにしっかりと自分を見る目があったら、もっと上達したであろうに。

    エリザさんは今までの先生から十分吸収して、今はもう新たな段階へ向かっていく時期に来ているのではないでしょうか。
    ロシアの歌がやりたいなら、今の先生に「ロシアの歌をやってみたいので、専門の先生をご紹介してほしい」と相談してみるのはどうでしょうか。今の先生が紹介してくれれば、とりあえずは今のレッスンは続けながら、新しい先生に月一回か二回習い始めてみるのはいかがでしょう。
    新しい先生が自分に合っていて、レッスンも信頼できるならば、段々回数を多くしていただき、今の先生はやめるのもいいかもしれません。
    今の先生に未練があるなら、完全にやめないで月一回はレッスンをしてもらう方がいいと思います。
    もし紹介してくれなかったら、「ロシアの歌に挑戦してみたいので、自分で先生を探して少しづつレッスンを受けてみたいのですが、よろしいでしょうか」と言ってmiてはどうですか。

    続く。

    ユーザーID:7246953826

  • 素晴らしいです 2

    続きです。

    生徒さんからそのようにお願いされれば、駄目という先生はまずいないでしょうし、自分が教えられない専門分野だから、ほかの先生に習っても門が立たないと私は思います。
    発表会でトリを務めるくらいですから、もう今の先生のお教室ではトップということで、今の先生の生徒さんからは触発されることもあり得ないでしょう。
    ロシアの歌を習う以外にも、もはや一段階上の先生に習ってみるのも良いでしょうね。こちらの方が先生を替えるのは難しいですね。
    先生の方から、「自分よりもっと上の先生を紹介します」と言ってくれればいいのに。
    でも、良いという評判の先生に師事しても、性格が合わなかったり、意地悪かったり、ものすごい高額なレッスン料をふんだくったりすることも多いので、必ずしもハッピーな展開になるとも限りません。
    とりあえず、次の先生への移行を視野に入れて、何人かの候補の先生を自分で探してみて、試しに数回のレッスンを受けてみるのはどうですか?

    コンクールや舞台に出演も良いですが、池田理代子さんのように声楽科に入学するのもエリザさんならできそうですね。

    ユーザーID:9205099400

  • ありがとうございます

    助言をありがとうございます。
    やはり黙って他の先生と平行して習う、あるいは何らかの口実を作って他の先生に切り替える、ということは避けた方が良いみたいですね。
    確かに演奏家としての能力と教師としての能力は違うと思います。
    しかし、果たして、教えられる側が教える側を乗り越えることができるのか?また、それができないのであれば、教える側が演奏家としての研鑽を積まないと教えられる側も伸びないのではないかと、不安になります。
    また、声楽を習う生徒の割合が減ってきているので、他の生徒で教えたノウハウが活かされるということもないのでは?という気もしております。
    外国語の歌を歌うには、「言葉の意味をよく掴んで、ネイティヴの発音に近づけるようにして」とよく言われていると同時に、「ロシア物は言葉がねえ・・・」ということなので、今の先生からは習えないと思います。
    公開レッスンは、音大出身者でないと、受けられないものと思っていましたが、検討してみたいです。
    折をみて「ロシア歌曲をレパートリーにしている先生がいたら紹介して欲しい」と言ってみたいと思います。

    ユーザーID:7059265160

  • 趣味としてどこまでやるかですが...

    はじめまして、トピ主さんと同様に趣味で歌っている者です。
    特定の先生には付かずに、オペラやミュージカルなどの舞台出演を通じて学んでいます。

    文章を拝読する限り、現在の先生は声楽の基礎を学ぶ上でトピ主さんにとって非常に貴重な方だと察します。ただし、どんなに優れた指導者であっても、教えられる範囲に限界があります。5年間同じ先生に習い続けてきたわけですから、そろそろ自分が本当に歌いたい音楽にチャレンジする環境に身を置くのにいい時期だと思います。そのためには、現在の先生に相談した上で、単発のレッスンを入れたり、オペラの合唱メンバーに参加したりして、多くのプロの演奏家に接する機会を作ると良いでしょう。

    大切なのは、趣味としてどこまでやるかの線引きです。こだわれば限がない世界なので、あまり背伸びをしすぎないように、少しずつ磨いていくといいでしょう。

    ユーザーID:2544120383

レス求!トピ一覧