病気治療のためのまとまった費用の調達

レス67
お気に入り210
トピ主のみ5

あかり

健康

ご意見・ご助言を頂けますと助かります。
20代既婚子供なしです。よろしくお願い致します。

ある病気に悩まされ、今までに多くの病院にかかりましたが、日本では根本治療は出来ないと身をもって知りました。
いろいろ調べるうちにアメリカでの治療のことを知り、日常生活にも支障をきたし、子供も居ない今、アメリカ治療に踏み切ることにしました。

ですが、問題は治療費です。
治療内容はアメリカで約1ヶ月間滞在になるのですが、治療費・滞在費など、200万程が必要になるとのこと・・・。
そんなに多額の費用は持っていません。
実家の母にも、8月に父が、生命保険未加入で借金をのこしたまま、亡くなった事もあり、費用のことはとても言い出せません。
私が現在加入している保険は、社会保険と生命保険のみです。

私の考えでは、銀行に200万円借りて、治療後私もパート勤めをし、夫にも協力してもらって、少しずつ返済していく事を考えていますが、現在専業主婦の身で借り入れが出来るわけが・・・。
など頭がこんがらがってしまいます。
知識が少なすぎて調べるにしても何から調べたらいいのか、てんてこまいな状態です。
世間知らずでお恥ずかしい限りなのですが、こういう方法もあるよ、こうしてみたら?ここを調べてみて。などのご助言を頂きたく投稿させていただきました。

病気を治して普通に生活したいです。
どうぞよろしくお願い致します。

ユーザーID:5727920804

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数67

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 病名は?

    その病気は本当に日本では治療不可能なのでしょうか?病名を言う事は差し障りがありますか?
    日本で治療できないということは病気ということでしょうか?

    まずは、もう一度日本で治療は本当に不可能か調べた方が良いと思うのですが。

    トピ主さんの気づかない情報が得られるかもしれません。

    資金に関しては、今働ける状況にないのですか?治療に緊急性を要しますか?
    などなどもっと情報があったほうが良いと思います。

    ユーザーID:2441689663

  • あいさんと同じ考えです

    アメリカ在住時に
    移植手術を体験しましたが
    機会も多く進んでいること
    費用の点に関しても恵まれていたことは
    紛れもない事実です。

    アメリカに多額の税金を支払い
    アメリカの保険(任意+アメリカの医療救済)にも加入していましたので
    それなりのサービスを受けることが出来ました。


    治療費+滞在費のみしか記されていませんが
    英語で治療を受けるには、通訳が必要になるケースもあります。
    アメリカの医療は「サービス業」という面もありますので
    受ける側も、あちらのサービスに対応できる語学力が必要です。


    乳幼児の移植手術、時間との戦いになる大人の移植手術などを除き
    日本で出来ない治療は、無いと思うのですが・・・

    費用の面もさることながら
    日本の医療を信じ、治療できる医療施設を探されてはいかがですか?

    ユーザーID:0432744915

  • 相談の際は基本情報をお願いします。

    このような公共の場所で相談をされる場合は
    差し支えのない範囲で病名などの基本情報がないと
    トピ主さんが得たいと思う情報を得るのは難しいと思いますよ。

    病名、どんな症状なのかを書いて下さい。
    こういうところはいろんな方が見ていると思うので
    病名や症状をできる限りお書きになれば
    トピ主さんと同じ病気の方やご家族に同じ病気の方がおられる方、
    あるいは専門の方からの何かのヒントが得られると思いますよ。

    ただ日本では回復が望めないからアメリカで治療したいから
    費用はどうすればいいのかとだけ書かれても
    どういう理由でなぜだめなのかわからないので。

    ユーザーID:9299762530

  • ひとけた違うのでは

    他の方も書かれてますが病名や症状など基本的なことが不明なためレスのしようがありませんが、日本では治療不可でアメリカなら可能な治療って移植関係ですか。移植以外にアメリカでできて日本で出来ない治療ってあまり想像できませんから。移植なら治療費は一桁違うでしょうし、移植じゃなくてもアメリカでひと月治療で滞在して2百万円ですみますか?素人ながら疑問に思いますのでよく調べられた方がいいんではないでしょうか。主さん大変でしょうが前向きにがんばって下さい。陰ながら応援しています。

    ユーザーID:2692983433

  • 病名とかを言いたくない場合ですが

    ネットでの検索はされましたか?
    色んな病気があります
    聞いたことが無い病気も多いですよね?

    ですが何人かの方が罹っていれば大概のモノにはHPなど支援団体があります
    ○○の会などある筈です

    現在の日本の医療では完治できないので有れば尚更にHPなどがあると思うのですが…
    そちらの方に聞かれほうが早い気もしますね

    医療保険に入られているのならば保険の担当の方には聞かれましたか?適応されないようであれば、やはりコツコツと溜めるぐらいしか
    一般の方で資産も無い様ならばそれしかない気もします

    でも世の中は広いので条件次第では支援してもらえる援助団体もあるかもしれません
    病名が分からないとなんとも言えませんが日本に限らなければ色んな団体はありますから調べてみられる価値はあるかと…

    ユーザーID:4602393373

  • トピ主です

    情報が足りなかったこと申し訳ありません。
    病名は重度のアトピー性皮膚炎です。

    現在の状態ですが、
    処方されたステロイドを塗っても効かなくなりつつあり、
    それでも塗らないとさらに悪化するので塗ります。
    全身にただれ、汁が出たり寝ても醒めても痛い、痒いでまともに動くこともままなりません。
    プロトピックは塗った後の火照り感がダメで塗っても逆に掻き壊してしまいます。

    漢方・水・免疫療法、脱ステロイド、
    病院のほかに効くかわからない民間療法もすがる思いで試しました。
    アトピーの教育入院をしているところにも行きました。
    大抵の病院を訪ねても、ステロイドとプロトピック、漢方薬を処方されるだけです。

    日本での治療、死ぬ思い出頑張ってきました。でもまだ足りませんか?

    病名を伏せていたのは、アトピーは死なない病気、なにを甘えているんだ、この病院は?この方法は?などどれもこれも確実といえる答えはないのに、言ってくる人がたくさん来るのが怖かったからです。

    ユーザーID:5727920804

  • トピ主です2

    私が今知りたかったのは、病気に対する治療法、効くといわれる方法・体験談ではないんです。資金の調達方法の助言でした。

    いろんなアトピーに関する情報。アトピーの方なら分かると思いますが、数え切れないほどあって迷います。何を信じたらいいか分からなくなります。どれを試しても効果が出ない、終わらない痒み痛み、ボロボロの体、顔。
    今の私は何のために生きているのか分からないです。
    治らなくてもいい、それなら死なせて。そう思います。

    そんな中、アメリカ治療はたどり着いた最後の光なんです。
    批判したい人はしてください。
    もう限界なんです。生まれたときからアトピーで、
    いろんな人に気持ち悪いといわれ終わりの見えない痒みとの闘いの毎日。疲れました。
    日本で頑張れ?まだ頑張りが足りませんか?
    20数年間日本で頑張ってきた。それでも治らなかった。
    薬を処方されて終わるだけ。
    アメリカに行けば治ると思っているのか?
    そんなのは分からない、でも私は試したい。でもお金がいる。
    ダメだったらもう思い残すことはないです。
    借りたお金を返して、さよならするつもりです。

    ユーザーID:5727920804

  • 200万円?

    在米です。

    病名も治療方法も滞在先もどこなのか分らないので何も言えないのですが、ただ、アメリカに1ヶ月滞在+病気治療で200万円ってちょっと安すぎます。

    トピ主さん、アメリカで保険にだって入っていませんよね?持病があるなら入りたくても入れないでしょうし。

    参考までに、保険なしでオフィスを一回訪ねて医者に会う「だけ」で、アメリカでは1万円ちょっとかかります。日本では考えられませんが、これに検査や入院がつくと、あっという間に数百万円です。ちなみに、私が出産するとき、私たち家族が加入している保険会社に「仮に保険がなかったら、出産+産後入院3日間ではいくらかかるんですか?」と聞いたら、250万円くらいと言われました。保険があったので2万5千円くらいで済みましたが、保険料を年間何十万円も払っています。

    200万円という数字がどこから出てきたのか、気になります。もし何かの宗教団体などに入っていて、その関連施設を使える、などなら別でしょうけど・・・。

    ユーザーID:0779953233

  • 一度、病院に相談されては?

    在米です。こちらでは治療費は病院や地域、さらにトピ主さんの病状によって大きくことなります。総額200万円という見積もりはどうやって取ったのですか?こちらでは、医師の診断を受け、治療法を話し合った後でないと詳しい見積もりは取れないと思います(さらに、治療経過によっても治療費が変化します)。

    私がトピ主さんなら、一度、渡米して複数の医師と治療法について話し合います。また、それぞれの病院と返済プランについても話し合います。アメリカは治療費が高いので、分割払いなどのプランを組んでくれる病院が多いです。だから、治療後、日本へ帰ってから毎月、細々と返却していくことができると思います。

    短期の渡米なら20万円もあればいいので、とりあえず渡米し、医師に相談し、その後、本当にアメリカで治療を受けるか決めてはいかがですか?

    早く完治すればいいですね。私は小さい頃から病気がちで、日本にいた頃も渡米後も何度が手術をしました。アメリカの医療機関は本当にプロフェッショナルで質の高いサービスを提供してくれるので、根本治療できる病気なら、私だったらまよわずアメリカで治療します。

    ユーザーID:2845647249

  • トピ主さん、落ち着いて

    まず、病気お見舞い申し上げます。

    かゆみはつらいですよね。私もアトピー体質がありますし、環境アレルギーが強いので、そのお気持ち、苛立ち、よくわかります。それに、自分の容姿を犯すそのかゆみを憎む気持ちも良くわかります。女性ですもの、幾つになったってきれいな肌を求めるのは当然です。ましてやあかりさんは20代。

    アメリカで治療を受けてみたい、そこに希望を持っているというなら、是非受けてみるべきだと私も思います。やらないよりやったほうがぜんぜんまし!効果が出たらそれこそ本望!ですよね。

    では、その希望を現実のものとするべく、ここでも情報を集めてみましょうよ。資金調達の可能性・渡米生活などなど。

    今までかゆみ・中傷・善意の押し売りにうんざりしてきた様子がレスから伺えます。でも、そのレスであかりさんがどんな情報を求めているかは読み手に伝わったと思いますよ。

    さぁ、落ち着いて。アメリカ行き切符を手に入れるための情報を少しでも集めましょうよ。

    ユーザーID:0779953233

  • ご主人に契約者になってもらったら?

    専業主婦のトピ主さんが借りるのは難しいし、貸してくれる業者はヤバイ業者だと思います。
    ご主人に契約者になってもらったらどうですか?
    ご主人がサラリーマンなど収入が安定していて、他に多額のローンを組んでいなければ、銀行で借りれると思うのですが…。
    また、ご主人のご実家の経済状況にゆとりがおありでしたら、この際、相談するのもありかと思います。
    あと、生命保険をかけられているのであれば、今までの掛け金を担保にして、生命保険会社から一時的に融資をうけることも可能だと思います。

    最後に…レスされた方はトピ主さんを批判しているのではないです。
    何かトピ主さんにとって有益なヒントを提供できるのでは?という気持ちから「質問」だったと思います。
    海外での治療といえば「臓器移植」「○○ちゃんを助ける会」などというイメージだと思います。
    200万円で?という疑問がわいても不思議ではないです。
    事実、私はトピ主さんのレスで「日本で行われていないアトピーの治療法がアメリカにはあるのだ」と言う事をはじめて知りました。

    トピ主さんが無事に資金を調達できて治療に専念できるように祈ってます。

    ユーザーID:3173720076

  • 一人で考え込まないで

    まずはご主人に相談しないと。
    お金のことも大変ですが、妻が1ヶ月も留守にしたら、ご主人だって大変ですよ。

    ご主人の会社にあるかどうかわかりませんが、私の職場は福利厚生の一環で貸付制度があります。病気が理由の場合は一般の貸付より利息が安いです。
    そういった制度がないにしても貴方名義では借りられないのですから、ご主人に頼るしかありません。

    借金がダメなら、治療開始が遅くなってしまいますが、貯金してから行くしかないと思います。
    トピ主さんは英語で話せるのですか?
    そういったことも含めて、落ち着いて準備した方が良いと思います。

    少しでも症状が和らぎますように。

    ユーザーID:4651371370

  • 応援してます!

    トピ主さん、最初の投稿で十分状況はわかりましたよ。何故トピ主さんは「資金調達の方法」を相談しているのに、みんな他の所をつつくんだろうと悲しく思っていました。

    さて、実際にかかる金額や英語の問題はおいておいて、トピ主さんの調査結果では200万円かかるのでそれを自分で借金して調達したいということですよね。生命保険に入っていらっしゃるのなら、生命保険を担保にしてお金を借りることができます(すべての保険で借りられるわけではありませんから、詳細は保険会社に確認してみましょう)。

    自分のための治療なので、自分で借金をして自分で返済したいとお考えなんですよね。すごく立派だと思います。ただ、もう少しご主人に甘えては如何でしょうか。万が一、アメリカで200万円払っても治らなかったら・・・その病状で、かつ大きな落胆を抱えて、借金返済のために働けますか?

    最後にもう一度。頑張ってください。

    ユーザーID:2753772741

  • 横かもしれませんが、

    子供の頃、合成洗剤を使って、ものすごく手が荒れました。
    元の石けん洗剤にもどしたら、直りました。
    シャンプーなども全部、100%の石けんに変えておられますか?

    食品や化粧品にもアレルギーを起こす物があるそうです。もう調べておられると思いますが。

    少しでも良くなりますようお祈りします。

    お金は働くしかないと思います。公的機関に相談することもおすすめします。低利で貸してくれる制度があるかもしれません。

    ユーザーID:9139231205

  • トピずれかもですが・・・

    HN通り同病のものです。つらいですよね…
    私はあかりさんよりは軽いと思われますが、顔がただれたり大変でした。
    今も完全には治ってませんがなんとか日常生活はこなせます。
    アメリカ治療、どんな治療なのか私も興味あります。
    ただ、その前にもう聞き飽きてらっしゃるかもしれませんが私のアトピーに効いたものを試されているかご覧になってみてください。
    1歯の金属(アマルガム等)が入っていないか
    http://www.holistic-dental.com/emi/index.html
    2NAET治療(ある程度改善が見込まれるのではと思います)
    http://www.naetjapan.com/
    3温熱療法
    温泉療法も試しましたが、さがのという電機温熱器を使ったほうが手軽で料金もかなり安くて済みそうです。
    http://sagano.cc/(HPはこれしか見つかりませんでした…)

    上記の3つは未体験であればアメリカに行く前に試される価値はあると思います。3は機械が40万前後しますが、その他はさほどかからないと思います。それぞれのHPご覧になってみてください。

    ユーザーID:8299925090

  • アトピーに限らず 続き

    お母様にご相談なさって下さい。子どもが苦しんでいるのです。お母様は難しくてもどなたかに助けを求められるかもしれません。
    ご主人にももっと頼って下さい。
    あなたを助けてくれる人は必ずいます。
    世の中、たまには良いこともありますから。

    そして小町のみなさま、治療費の調達について本気で考えて調べましょうよ!
    三人よればもんじゅの知恵です。絶対なにか方法があるはずです。
    今日から私もいろいろ調べます。さがします。
    だからトピ主様、頑張ろう。

    ユーザーID:5710992177

  • どんな治療かわからないけど。

    アメリカでアトピーの治療って。。怪しいです。
    まず1ヶ月滞在して全額自己負担で200万というのはアメリカの医療では安過ぎる。

    私は1年前までサンディゴに13年間住んでました。
    で、子供は重症なアトピっ子でした。空気がいいのかアメリカではよくても
    一時帰国で日本に帰るとジクジクが悪化。

    日本の住環境、気候が合わなかったのかもしれません。
    でもアメリカの医療で治るとも思えない。

    最後の望みの綱なら行かれるのがいいけど・・・
    治らず、悪化してひどい状態のままでもローンの返済は容赦ないです。

    ジクジクして痛くてつらくても200万返していくんですょ?
    危険な賭けだと思います。

    アメリカでアトピーの権威でよくなったっていう怪しげな医者は
    日本よりはるかに多いのが実情。国もでかいからね。

    どんな治療でもいいけど・・200万貯めてから挑戦したらどうですか?
    その方が同じ最悪な状況でも夢みれる分、頑張れるはず。

    借金はやめたほうがいいよ。

    ユーザーID:1591205800

  • 資金調達

    夫がアトピーで、三十数年痒みと痛みと戦っています。
    いつも布団に洋服にタオル…身の回りの物は血と膿とかさぶたが付着しています。
    そんな夫を見ているので、トピ主さんの言いたい気持ちは分かります。

    さて本題。

    200万円の資金調達方法ですが、無職のトピ主さんには“返済能力ゼロ”と判断されるので、融資は簡単ではないです。

    一番手軽なのは、生保。
    生保の還付残高を確認してみてください。
    生保から借入ができます。
    生保の担当者に聞けばすぐに教えてもらえます。

    とは言っても、200万円分の借入は生保一本だけでは厳しいと思います。
    そうなると、ご主人に借入してもらうしかないです。
    銀行には“フリーローン”がありますので少々金利は高いですが、ご主人の年収と現在お勤めの会社によって、融資実行額の審査をしてもらえます。


    まとまった資金調達はどんな方にでも人生色々…突然におきるものです。

    きちんとした理由があるのですから、堂々と融資の相談に銀行へ足を運んでみてください。

    頑張ってください。

    ユーザーID:6148392287

  • 私も在米ですが、、、

    こんにちは。生まれたときからのアトピーとの事。さぞかしお辛いことと存じます。藁にもすがりたいお気持ちは、察して余りありますが、その他の在米の皆さんが仰っているように、こちらでかかるであろう治療費に疑問が残ります。私事ですが、今まで何度か病院にお世話になっておりますが、ちょっとした血液検査をしただけで数百ドルの請求をされております。
    (もちろんこちらの医療保険に入っておりますので、実際の負担額はもっと少額ですが。)

    もし、医療保険に入っていなかったら〜と思うとぞっとします。更にこちらにお知り合いなどがいらっしゃらなければ、宿泊代、移動の為の車代(レンタカーにしてもタクシーにしても結構な金額です)、食費、雑費など相当の金額が必要になると思います。更に、英語に堪能でいらっしゃいますか?

    こちらの病院の方達はとても親切ではありますが、習慣の違いや医療専門用語など、慣れないうちはとてもストレスになります。とぴ主さんが一日も早く今の状況から脱したい!と言うお気持ちは本当によく分かりますが、今一度下調べをされて、お金をある程度貯められてからの渡米ではダメでしょうか?
    よくご検討下さいますように。

    ユーザーID:0242545840

  • 実際に渡航しないといけませんか

    移植や、外科手術、《神の手》というようなドクターがいるわけではないんですよね?
    日本で認可されていない薬を使いたいなら、個人輸入する、という手もあります。
    最近日本でも認可、というニュースが流れましたが、あの『サリドマイド』、多発性骨髄腫の患者さんには有効なのですが、日本では認められていないため、患者さんが個人輸入して主治医と相談してコントロールしてもらっていました。
    もちろん、保険外の治療なので割高ですが、それでも実際に渡航するより安上がりです。

    解決策があるといいですね。

    ユーザーID:3522063255

  • 貯めてから

    一ヶ月でアトピーが寛解しその後悪化の波が一度も訪れない事、
    を前提に計画を立てるのはやっぱり危険ではないでしょうか。
    夢のような治療法にすがりたくなる気持ち、絶望感の繰り返し、私も分かります。
    以前重度のアトピーでしたから。

    治療後、症状の経過に関わらず借金のために働き続けねばならない事態を避けるために、
    やっぱりお金は貯めてから治療されるのが良いのではないでしょうか?
    ご主人に協力して貰えれば良いのですが、難しいですか?

    色々な治療法を試されたのでしょうね。
    日本の治療では無理、と判断される理由も理解できます。
    皮膚科の医師は腐るほどいるのに、酷いアトピーに関しては、ちゃんと治療できる医師は本当に「一握り」ですものね。
    あかりさんを、救ってくれる医師に出会える事をお祈りします。

    私も症状が酷い時には、シャンプーや石鹸、健康食品など、周囲に色々薦められました。
    軽い肌荒れなら、よくなるのかもしれませんけど。健康な肌の人には理解して貰えないのだな、と思ったものです。
    そんなもので直るなら、医者は要らないですね。
    人それぞれですが、私を救ってくれたのはお医者さんとステロイドでした。

    ユーザーID:4634239203

  • 生命保険の契約者貸付け

    生命保険をお持ちとのこと。
    おそらく、契約者を対象にした貸付制度がありますから
    一度担当者か窓口に相談されてはどうでしょうか。

    ユーザーID:5366968650

  • お聞きしてもいいですか?

    膠原病・アレルギー関連に携わっている医師です。残念ながら皮膚科医ではないのですが。
    トピ主さんの目的とするお金の調達については、具体的にアドバイスできなくて申し訳ないです。
    ただ、トピ主さんが考えていらっしゃる治療はもしかして免疫抑制剤の内服ですか?
    私はそれらの薬剤を専門に扱っている者ですが、
    だとすると、基本的には内服後効果が表れ始めるのが単に1か月程度であって
    その後の維持処方はどこで受けるつもりでいらっしゃるのでしょうか?
    免疫抑制は一度かけ始めたら、ずっと内服が必要。やめれば元に戻ります。
    また、強い免疫抑制をかければそれだけ感染症の頻度も増しますから、
    風邪が肺炎となり命の危険もあります。そのため免疫抑制剤を用いるには細心の注意と通院が必要です。免疫抑制剤自体の薬価もかなり高いですし。
    アメリカ人では副作用が出にくい薬が、日本人では副作用が強いものも。
    日本で認可されていない治療は、確かに遅れていて使えないものもありますが、
    プロトピック(タクロリムス)の内服などは日本では治験の段階で副作用で中止となり認可されなかった経過もあります。つづく

    ユーザーID:4362927502

  • お聞きしてもいいですか?つづき

    私が気になったのは、

    いろんなアトピーに関する情報。アトピーの方なら分かると思いますが、数え切れないほどあって迷います。何を信じたらいいか分からなくなります。

    アメリカに行けば治ると思っているのか?
    そんなのは分からない、でも私は試したい。でもお金がいる。

    という下りです。
    あまりに病気に疲れ、冷静な判断能力が落ちている気がしてなりません。
    トピ主さん、あなたが必要なのはお金より前に
    それぞれの治療のメリットデメリットの客観的な情報です。
    また、日本では認可されていない薬も、ある特定の病院に限っては新薬治験を行っていることもありますよ。アトピーの日本的権威と言われる医師のいる病院へ行かれましたか?治験はそういった先生のいらっしゃるところでやっていることが多いです。
    お金を集めながらでよいので、ぜひ客観的な治療の情報も分析しなおして。
    金策のアドバイスにならず申し訳ありませんが…。

    アトピーの有名な増悪因子としてストレスがあります。
    トピ主さんのストレスが少しでも軽くなるよう思ってやみません。

    ユーザーID:4362927502

  • つらいですね

    かゆみは痛みよりつらいといいます。
    大変です。

    なにはともあれ、海外に治療を求めたとのこと。
    それがいいか悪いか、国内でまだできることがあるのかないのか、などはわかりません。

    が。お金がネックとのこと。
    よく海外にいって治療をする人のニュースがでますが、数千万単位ですよね。

    トピ主さんの場合200万とか。
    小さい金額ではないですけど、絶望的な金額ではないでしょう。

    夫婦のありかたは個々ですが、妻が病気で死ぬ程考えているなら夫というものは
    「心配するな、おれが費用は工面する。おれが働いてかえすから。おまえが元気になるのが一番」と言わないのですか?

    夫という立場は協力する、というスタンスなのですか?
    どんとまかせろ、と言わないのですか?

    もしかして夫の気持ちを過小評価してしまって、ひとり悩んでいるのでは?
    夫に打ち明ければ?
    心細いことや苦しいこと。

    幸いお子さんがいないようす。
    子どもにかかる費用からすると200万など大丈夫なのでは?
    早く治療できてこれからの長い人生を楽しめるといいですね。

    ユーザーID:5347596327

  • ラップ療法はしましたか?

    ラップ療法 アトピー で検索したら出てきます。
    私は一度顔全体がアトピーで溶けてしまったことがありますが、原因はストレスとアレルゲンとあと膵臓の炎症でした。
    そういうこともあります。

    哀しいかな全てではないですが大学病院などはアトピー等『生命に関わらない病気』『専門性が少ない病気や障害』に対しては冷たいことが多いです。
    うちの息子もそれで診察すらして貰えず困り果ててやっと公的な訓練施設に併設されてる医療機関を教えて貰い、今は走り回れるようになりました。(歩けなかった)

    それと費用の捻出ですがご主人名義で借りるか、あと国内での治療でしたら公的機関(役所)で2,30万なら『治療費』で貸してくれます。

    ユーザーID:7281943500

  • もっと勉強して

    私もアトピーがあり、それ以上にややこしい病気を併発している状態です。

    1.いろいろ勉強なさっているようですが、病気の治療法についての勉強がもっと必要です。その治療が完治する方法なのか、症状を抑えるだけなのかということを、医学的な根拠のもとによく知ることです。
    そして、費用も具体的な根拠が必要です。まともな患者団体なら、その辺は教えてくれます。また、治療法によっては、費用が合法的に抑えられる方法なども教えてくれます。まともな治療の範囲なのですが。ただ費用の捻出方法は教えてくれません。

    2.それをもとに家族と具体的に相談することです。だいたい200万の予算だそうですが、普段からそれくらい使っているリッチな人ならともかく、大金なので、たとえ自己資金であっても家族(夫、親)には相談なさった方がいいです。

    本当に200万円で1ヶ月で決着がつくものでしたら、借金もよいかも知れませんが、それ以上資金や期間がかかる場合もあるので、慎重にもっと調べてみた方がよいと思います。

    ユーザーID:7973364252

  • ソーシャルレンディング

    ご主人に安定した収入があれば銀行のフリーローンが使えませんか?

    銀行に何行かあたってみてだめな場合、今秋からはじまる個人間融資のソーシャルレンディングサービスを検討してみてください。
    これは個人としての貸し手と借り手を仲介する新しい資金調達手段です。

    サイトを見ると税込年収300万円以上が対象と記述されています。この点がクリアできるのであれば支払い能力のみを審査対象とする金融機関より貸し手が個人の分、融資の必要性に共感してもらえる可能性がぐっと高いのではないかと思います。
    「ソーシャルレンディング」で検索をかけてみてください。

    ユーザーID:1128990159

  • 自治体の貸付制度を利用しては?

    治療のための金策、頭が痛いですよね。
    私も7年ほど前に治りにくい病を患い、治療法が進んでいるアメリカへ
    長期滞在したことがあるので、少し気持ちがわかります。

    トピ主さんのご主人はお仕事していらっしゃいますよね?
    これは友人が教えてくれたのですが、「勤労者生活資金貸付制度」という制度が
    お住まいの自治体にあると思います。

    ちなみに、↓これは川崎市の内容ですが、本人又は同居家族の医療費であれば
    10万円〜200万円まで貸し付けてくれるみたいです。
    http://www.city.kawasaki.jp/25/25kinrou/home/kashitsuke/kashitsuke.htm

    問い合わせてみてはいかがでしょうか?
    治療を受け、ツライ症状が良くなるといいですね。

    ユーザーID:9224378757

  • 私も検討しています

    はじめまして
    30代会社員です。

    私もアトピーがひどくて、去年の夏頃から1年間は全身真っ赤になり、リンパ液だらだらで包帯も手放せず、昼間は微熱と寝不足による睡魔でふらふらになりながら仕事していました。
    今は3ヶ月前に転院先の病院で即入院となってしまい、治療方法を変えて少しずつよくなってます。

    私もアメリカでの治療に興味があって、渡米した人のブログとか見てたりしてます。1ヶ月でよくなるんだったら渡米したいですよね。私は去年の今頃は毎日自殺することばかり考えてました。今でも鏡をみて泣きたくなることばっかりです。

    お金のことは銀行のフリーローンとかだんなさん名義とかで借りられないでしょうか?家族の方に少しずつ借りてはだめですか?

    ユーザーID:0913523263

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧