• ホーム
  • 子供
  • 無神経な事を平気で言う幼児に困ってしまう

無神経な事を平気で言う幼児に困ってしまう

レス80
(トピ主32
お気に入り108

妊娠・出産・育児

はな

アメリカで暮らしています。

ある日、遠くの方からニコニコ顔で近づいてくる私の友人を見て4歳の息子が言いました。
「She is faaaaat!」と。
つまり「あの女の人超デブ!」私は子供を抱えて走ってその場から逃れました。
そして「そんなこと言ってはいけない」と理由を付けて諭しましたが「何で?だってそうじゃない」ときます。
「なんで?」のところを幼児が理解できるレベルで説明できていない私のいたらなさに情けなくなります。
「おばあちゃんはデブだからこの椅子に座れないんだ」と義母を目の前にして言ってくれました。

主人はダイエットの成果があって20キロ減量しました。
肥満に対して嫌悪感がある人です。
私達の日常会話に自然とそんなトーンが出ていたのかも知れません。
これは何とかしなくては私達の周りから友人がいなくなってしまいそうです。

アメリカでは肥満が国民的な問題でしかもとてもセンシティブな課題です。
プリスクールの先生に相談したいのですが、実はその先生もかなりの肥満の方です。
子供は4歳になったばかりです。

先日はスーパーで片方の腕を切断された人がいて「ねー、その腕どーしたの?ねー」と・・・・
冷や汗ものです。
息子は決して意地の悪い子ではなくチームワークとお手伝いが大好きな子供です。
「子供は親の鏡」と言うのを常に念じながら育児をしているつもりです。

子供の躾や教育より先ず自分がお手本を!と頑張っているつもりですが、あーどーしよー・・・なんです。
穴があったら入りたい・・ではなく、穴を掘って入りたいです。

ユーザーID:1291338689

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数80

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主さん本当に困っていますか?

    困ってしまうって書いていらっしゃるけれど
    なんだか深刻さが伝わってこないんですよね。
    私の息子が他人にそんな失礼な事を言ったら本気で怒りますよ。
    もう4歳でしょ? 言っていい事と悪い事のくらい理解できますよ。

    ユーザーID:4631968124

  • 理屈がわかる子みたいなので

    子供に理屈を言うのは良くないと思うのですが

    なにか その子の身体的な特徴について
    「○○は出べそだね」
    みたいなイヤなことを言って

    「世の中には本当のことでも本人の前では言ってはいけないことがあるんだよ」とか理屈で説明してあげてはどうでしょうか
    頭でわかっているつもりでも自分がされないと理解できないこともありますので

    ユーザーID:9051086874

  • 同じことをしてあげる

    息子さんが言われて嫌そうなことをあえて言う。
    「何であなたは○○君より小さい(or大きい)の〜?」
    「何でこんなおいしいものをパクパク食べられないの?」
    「何で朝一人で起きてこられないの?」
    ・・・例ですけどね。上記が当てはまらなくとも何かはあるでしょう?
    息子さんが憤慨したり悲しんだら
    “みんなだってそれぞれ事情というものがある。言われて困ることは人それぞれ違う。みんな違ってみんないいのだ!”
    というようなことをかみ砕いてお話しして分からせる。
    分かってもらうのではなく分からせるのですよ。
    ひとさまの、特に身体的なことを平気で口にし続けるというのは何より愚かなことです。
    4歳なんですから何度でもじっくりお話しすれば伝わると思います。
    人の気持ちを考えさせるいいチャンスですよ。

    ユーザーID:7193928167

  • 逃げないで

    >私は子供を抱えて走ってその場から逃れました。

    まずびっくりしたのがこの対応。ご友人ですよね?「ニコニコ顔で近づいて」来たってことはトピ主さんたちに気づいてですよね?
    「その場さえ逃がれられれば4歳の子供の言うことだし根に持ったりしないよね」とか考えていますか?
    手本を見せようと考えているのならご自分がご友人に謝り、子供にも謝らせればいいのでは?
    ご友人にこの対応なら見ず知らずの人への暴言の対処は推して知るべしですね。だってトピ主さんの目下の関心事は

    >何とかしなくては私達の周りから友人がいなくなってしまいそうです。

    とご自身が仰っている通り、子供のしつけではなく、自分の友人にどう思われるかですものね。
    他の部分からもしつけのためではなく、トピ主さんが困るから変なことを言うのをやめさせたいという気持ちが
    にじみ出ています。お子さんを説得できないのはその気持ちを見透かされているからではないですか?

    穴を掘って逃げ隠れしている場合ではないです。お子様の前で堂々とお手本を示してください。
    何せ「子供は親の鏡」なのですから。

    ユーザーID:1393558746

  • それも教育ですよ

    4歳児なら、自分が嫌な事を言われたら、怒ったり傷ついたりするはずですから、まずは本人にその経験をさせましょう。
    「OOってチビ」とか、なんでも良いのでトピ主さんが本人相手に言ってみれば良いのです。怒ったり、悲しんだりしたら、その理由をしつこく本人に聞きます。本人が「トピ主さんの言った内容が原因だ」と説明できたら、トピ主さんは一旦謝って仲直りします。でも、直ぐにその後、息子さん自身が今まで言ってきた数々の暴言を引き合いに出して、相手がどんな気持ちになったであろうかを想像させます。
    これで大抵の子供は学びます。「自分がされたら嫌な事は他人にも絶対しない」事を教えるのです。がんばって下さい。

    ユーザーID:5737212195

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 悪いことは言わないのがマナー

    他人が嫌がることは言ってはいけません。
    デブと言われてうれしい人は殆どいません。
    逆に良いことはどんどん言ってあげましょう。

    マナーは人間社会で楽しく過ごすための常識だと教えてあげてください。
    マナーを守らなくて困るのはお子さんです。恨まれたり、怒られたりすることもあるでしょう。ひどいときは命にかかわるかもしれません。
    お気をつけください。

    ただし世の中には批判しなければいけない人もいることも、教えてあげてくださいね。悪いことをしている人は、きちんと批判しなければ世の中良くなりませんから。

    ユーザーID:3945001058

  • ご主人は北米の方ですか?

    北米人の夫と結婚し2人子供がおり、北米・日本ともで幼稚園も学校もいかせた経験がありますが、、、

    まず、人の容姿についてのコメントは子供の前でまず、しませんし
    子供が5歳位の時、叱られた腹いせに祖母に”You are just old fat lady”と言った時はお尻をぶった上、TIME OUT、夕食抜きにしました。

    それ以前にもそれ以降にも容姿についてのコメントはしませんね。

    それと、日本では他人におじさん、おばさんと言う言葉は失礼だと思っていたので、言葉を話すようになってから、世の中には、お兄さんとお姉さんしかいないと話していたので、外でお年を召した方の着物が素敵と思った際も”ママあのお姉さんのお着物すてきね”と言って70代銀髪の女性に喜ばれていました。

    北米では、親しい方はUncle○○ Aunt○○、それ以外の方はお名前を伺ったらMRかMRSを付けて呼ばせる、知らない方はExcuse meと断ってから話す等を徹底し、大人の会話には入らない、意見がある場合は、Excuse meと言って待つを2歳位からさせています。

    それでも、躾に終わりは無く、日々工夫です。

    ユーザーID:9509514421

  • 走って逃げるんじゃなくて

    その場で叱ればいいんじゃないですか。
    後になって、理屈で納得させようとするから上手く行かないのです。
    人の体のことや、外見のことを口にしてはだめ、ダメなものはダメ、とその場できつくいい、お相手に謝らせましょうよ。

    それと家の中でやはり外見や体型のことを批判したりしていると、どうしても子供は外でそれを口に出します。
    気をつけているつもりでも、肥満に対する批判的な雰囲気を感じ取ってるのでしょう。

    私も先日、幼児に車を傷つけられました。その場に親と祖母がいたのに、「これっ!」と子供を怒鳴って終わり。
    私はどうするのかじっと見ていましたが、私のことは無視して去って行きました。これでは教育になりません。
    その場でしかる、理屈は短く、ダメなものはダメ、でいいんじゃないですか。

    4歳児に納得してもらおうというのは無理な話です。

    ユーザーID:4035617772

  • 親も

    そんな最低な事を子供が言ってるのに、「穴があったら…」なんて、暢気だし無神経だなって思いました。
    もう少し真剣に考えてほしいです。

    ユーザーID:2069706738

  • 親の真剣さが伝わっていないから

    お子さんとしては、無神経かどうか、を学んでいる途中でしょうから、そこで親の出番となるわけですよね。他の方のレスにもあるように、私も、トピ主さんの文章を読んでみて、余り困っているようには感じませんでした。「うちの子やんちゃで困るわー」という程度に感じます。(私も海外在住で、しかもアメリカと同じように「肥満」が社会的な問題となっているので、どのくらいセンシティブかは想像できます)

    何となく、お子さんに親としてなめられている、ような印象ですね。親が本気で叱ったら、子どもならば本能的にそれを悟るでしょうし、「しまった」と思うものではないですか?

    「意地が悪いのではない、チームワークとお手伝いが大好き」とおっしゃっていらっしゃいますが、明らかに他者への思いやりが欠けていますよ。それを、これから身につけさせるのが親の役目ではないのですか?

    別にプリスクールの先生に相談なさるレベルのことではないと思います。

    ユーザーID:1196172544

  • Mean !

    「なんで?」と聞かれたら、相手を傷つけることだからだで納得しませんか?
    ひとの身体的なことを言うこと、また、場合によってはひとの物真似(特にハンディキャップ)することは、Teasing、Bullyingだと教えてください。

    ユーザーID:5707367171

  • 本気で理解させること

    トピ主さん、もう4歳でそれは直したほうが良いですよ。
    普通の4歳はもう少しは思いやる心を持っています。

    私の娘も2歳のときに初めて車椅子に乗っている方を見て指差しながら『なあに、あれ?』をやったものですから、青くなりましたが、その方が近ずいてきて娘にどういう経過で車椅子に乗ることになったのかをお話くださり、(交通事故で)それ以来娘はそんなこと一切いたしません。

    2歳児にも判るのですからトピ主さんも本気で理解させてあげてください。
    ご存知のように米国は非常に肥満と障害者が多い国です。
    外出するたびにそんな事言っていたらこの国では暮らしづらいですよ。

    ユーザーID:0895815862

  • もしかしたら

    4歳児が口にする言葉は そのまま家族が使ってる言葉であることが多いかと思います。もしかしたら、無意識に 母親である貴女、あるいは家族が だれかのことを影で 悪くいったりしてませんか?もしそうであれば 次からはひとをほめる話を家庭ですれば 子どもも ひとの悪い点をいうのでなく よい点をいうと みんながハッピーになるとわかるはず。

    我が家は ひとの悪口をいう習慣がないので 子どもも 誰かに対して失礼なことをいったりしませんでした。もちろん学校ではお友達を見てるので 言葉自体は知ってますが、使うべきではないというマナーを 家庭で習得したと思います。それは ひとの前でも 影でも同じかと。

    よい面を見つけて ほめる習慣は みんなが優しい気持ちになるので おすすめですよ。まずはお母さんからはじめてみてください。

    ユーザーID:7198855100

  • 子供と本気でつきあう

    どうしていけないことなのかちゃんと説明しないからでは?
    とりあえずその場から逃げるだとか言葉を濁すだとか
    やってるからいつまでも改善しないんですよね。

    もっと絵本等、読み聞かせ、されたらいいと思います。
    相手の気持ちがわかる子に育ててください。

    それと、ご自分のお子さんなんですよね?
    いけないことはいけないとちゃんとしかることも
    大事ですよ。
    うまく言葉で説明できないのなら、
    相手がびびるくらい怒ってもいいでしょうに。
    (手は出さず)

    先生にいちいち相談するレベルの話ではないように思います。
    4歳児。家庭でしっかりしつけてください。
    その方法がわからない?
    いろいろためしもしないで、回答なんかみつかりませんよ。
    自分の子育てです。本気で子供と向き合ってください。

    ユーザーID:1718826488

  • 人が傷つくことは口にしない

    トピにあった内容は全て「人が傷つくようなことは言ってはいけない」と
    諭せば良い内容だと思いますよ。
    子供さんの発言が決して事実に反する内容ではない為に子供さんを
    咎めることを躊躇されているのだと思いますが、4歳でしたら、そろそろ
    他人の気持ちを思いやるということも出来るはずの年齢です。
    今、一番子供さんに欠けているのは「思いやり」なのではと感じます。
    素直で、のびのび育っていても、集団の中で上手く立ち回ることが得意で
    あっても、人の気持ちを思いやることの出来ない子供は存在します。
    そのような気持ちが自然と育っていかない子供には大人が教えていくしか
    ありません。

    そのような発言が子供さんからあった時には、もっと親として毅然と
    子供さんに接するべきですよ。
    「貴方が自分の気にしていることを言われたら、傷つくでしょう?」と
    話し、子供さんが納得するまで、指導をするべきだと思いますよ。

    ユーザーID:9461231836

  • 追記ですが・・・・

    少し気になったのが、子供さんの失言を自分の恥のように
    受け止めて過ぎているトピ主さんの様子です。
    確かに子供は親の鏡かも知れませんが、子供さんを一人の
    人格として、見つめていく努力をされていく必要があるような
    気がします。
    幼児といえども、「人として許せない!」と感じたことはNGを
    出すことは大切ですよ。

    ユーザーID:9461231836

  • 心が大事

    >あーどーしよー・・・なんです。穴があったら入りたい・・ではなく、穴を掘って入りたいです。

     というはなさんの文章からは、相手に対して本当に申し訳ない等の
    お気持ちが私には伝わりませんでした。
     そんな事は無いと仰るかもしれませんが。

     その場から逃げたり冷や汗をかいたりするのではなく、真剣に叱っていますか?
     相手に聞こえたのなら親子で謝る必要も有ると思います。

     その様な発言は相手を深く傷つける、私自身も我が子がそんなことを
    言うなんてショックで悲しい・・・。
     お母さんの本当に悲しい顔を見れば、子どもは敏感に反応し、
    仮に理解できなかったとしても二度としなくなると思いますよ。 
     

    ユーザーID:7218523513

  • その場で謝らせるといいですよ

    相手に面と向かって言ってしまった時に
    「それは失礼ですよ。お詫びしなさい」
    と伝えて、その場で
    「ごめんなさい」
    と言わすのです。
    きっと、「だって、本当にデブだもん」など、言い訳をするかもしれませんが、毅然と、「余計な言い訳はいらないから、謝りなさい」と。
    優しく諭す事も大切ですが、話が長くなると、話の焦点が曖昧になって、子供に理解するのが、難しくなってしまいます。
    誰かの気持ちを傷付けるような言動は、それを止めさせるのが第一ではないでしょうか。

    今は、お子さんにとって、そういう発言は、遊びの一種なんだと思います。子供って、親の反応に敏感です。
    トピ主さんが、冷や汗をかいている姿を、単純に面白がっているのかもしれません。
    後で叱ったのでは、その「ごめんなさい」は、失礼をしてしまった相手ではなくて、ママに向けてのものと認識してしまいます。

    偉そうに言ってごめんなさい。

    ただ、もう少し大きくなると、子供も周囲の気持ちを理解できるようになるので、徐々に言わなくなるとも、思います。

    ユーザーID:9259803009

  • 好奇心の塊

    こんにちは。私は23になった独身男です。

    私も子どものころは息子さんのように好奇心旺盛で分からないことがあると自分流に理解できるまで聞いていてよく大人を困らせていました。今では自分で調べます。きっと子どもさんはありえんばかりの好奇心をお持ちではないでしょうか?自分の好きなことにはとことんのめり込むタイプだと思うのですが主さんの文章だけでは全てを把握できません。

    そういう子どもには理屈が通じます。そして「なんでなんで?」と聞いてきたら納得するまで答えてあげることです。必ず分かってくれます。肥満だけではなく全てにおいて人を思いやる優しさというものをわかってくれるはずです。

    頭ごなしにダメといわれても分からないのが子どもです。やさしいお子さんと思われるならきちんと説明すれば必ず子どもは分かってくれます。私の母がそうでした。基本は子どもの目線になって話をし子どもから見たらそういう風に見えるのかと思い、話をしてみてください。意外と大人の目はあらゆる情景に目が肥えているので子どもの目は新鮮だと思うことがあるかもしれません。
    ガンバレーーー

    ユーザーID:9771113128

  • 私の娘もそうでした。

    太った人に対してではなく、日本人以外の東洋人や、肌の色の黒い人に対して、何故か抵抗があったらしのです。

    私は日本人以外の東洋人ともたくさん仲良くしていたのですが、その友人たちが来ると、嫌な顔をしたり、泣いたり、意地悪っぽい事をいったりしていました。
    また、ショッピングセンターで、全然見たことのない肌の黒い人を見かけてその人を睨みつけ、目の前で指を刺して「ママ、この人好き?」
    といきなり聞いてきり。。。私は、あたふたして、「もちろん好きよ」といってそそくさとその場を逃げました。。

    家でも、肌の黒い人、東洋人達と一緒に食事をしたりする機会はたくさんあったんです。
    私は、本当にびっくりして、わが子ながら情けなくて。。。
    一生懸命言って聞かせました。やはり3、4歳の頃です。
    しばらくすると自然にしなくなりました。
    4歳だと大人の話が理解できますから、よーくはなして聞かせてください。
    「自分では、変える事の出来ない身体的特徴や、人と違っている事について、言ってはいけないことがある。」

    と言う事を子供がわかるように何度も説明してあげてください。
    きっと理解できます。

    ユーザーID:7437336172

  • ノノさんありがとうございます

    「人の気持ちを考えさせるいいチャンスですよ」の言葉にはっとさせられました。

    育児の難関は考え方と取り組み方次第で親と子供が成長する「すばらしいチャンス」にすることができる、それをしばらく忘れていました。そこが育児の面白いところであり挑戦のしどころであり、親の気持ちと価値観を子供にうまく伝えられることによる達成感に充実感が味わえる元ですね。無我夢中で育児に取り組んでいると基本的なことが見えなくなる時があります。

    子供の発想は私達の予想や期待からとんでもなくかけ離れたところに飛ぶのが、いい時と悪い時にと起こり「常識」で判断する私達にはウッソー!?と慌てふためく場面が多いです。私も親から「人の身体的なことを口にするのは愚かで恥ずかしいこと」と教えられ、それは「当たり前の常識」でしたから我が子の言動に面食らってしまい「ダメなものはダメダメダメ!」としか考えられなかったところに至らなさがあったと気づきました。

    私の親が教えてくれたのですから私も自分の子供に教えます。穏やかに諭してくださったノノさん、きっと素晴らしい子育てをされているのだろうなぁ〜、私も頑張ろう!と元気が出ました!ありがとうございました

    ユーザーID:1291338689

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • げんさんありがとうございます

    「世の中には本当のことでも本人の前では言ってはいけないことがあるんだよ」←これって、とても優しく美しい言い方だなぁ〜と思いました。そして絶対に来る「どおして?」という息子にさて何て言えばいいか、と考えた時「こりゃぁ私少し勉強しなくては・・・」と自分に反省しました。「優しい心」とか「大きな心」とか、一言で言うのは簡単ですが、では一体それは何?そしてどーしたらそーなるの?と言うのは私にはそんなに簡単に思えません。ましてやそれを3歳4歳児に説明するのは「はぁ?」と考え込んでしまいます。言葉で説明してもその言葉に「説得力」がなければ相手には伝わらないし、子供が相手となると「難しい」。先ずはげんさんの言葉を子供と一緒にじっくり考える時間を作ってみます。図書館に行って「絵本」を探してみようかな、と思っています。「本当のことでも言ったらダメなの!」と思いっきり怒ったこともありましたが、やはり「説得力」に欠けていたのですね。アプローチの仕方を考えます。げんさんの言葉で「先ず私が落ち着かなくてはならない!」と考えさせられました。ありがとうございました。

    ユーザーID:1291338689

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • さっさんありがとうございます

    自分の子供が非常に恥ずかしい行いをし、それを即刻止めさせられない親としての恥ずかしさともどかしさは字数の限られた文章では表現するのが難しい、と言うのが本音です。それでも他人に意見をお願いする時、その気持ちが正確に伝わらないのは先ずそこからなおして行かなくてはならない、と反省しました。アメリカに暮らし、日本人のお母さんやお父さん方と接する機会が一切無い中、無我夢中で子育てをし、回りに物事を気兼ねなく相談できる人が本当に少ない環境にいると疲れてしまうことが多く、七転び八起き、次は起きられるだろうか?と言うところまで落ち込むこともありますが、今回のように「こんな私」に「そうじゃないでしょ!」と再び勇気を与えてくださる温かい人たちがいる!と知るのは本当に嬉しいことです。ウチの4歳児は双子で性格の違う男女で毎日が「やっと終わった!はぁ〜」と思えるほど充実(?)しています。(肉体的にシンドイです!)まだまだ「おっと!そーきたか!」と焦ってしまう場面に出くわすと覚悟はしていますが頑張ります!本当にありがとうございました!

    ユーザーID:3171326071

  • 親が穴に隠れちゃぁ

    ダメですよ!(笑)
    四歳児、見るもの聞くもの、疑問だらけなのは
    アタリマエです。そして、見えない人の心まで
    想像なんて、できっこないのです。そういうものです。
    なぜうちの子は・・・と困って愚痴るだけでは
    何も解決しません。

    で、親のトピ主さんは、気まずいその場から逃げたりせず、
    相手に謝罪する勇気を持ちましょうよ。
    「息子が失礼な口をきき、不快な思いをさせ、
    申し訳ありませんでした」と。

    相手は息子さんの言葉に、傷ついている。
    それは親が、その場で相手の気持ちをいたわって、
    初めてわかるものです。
    息子さんも、自分のした罪が、きちんと実感できると思います。

    ユーザーID:0822630196

  • 4歳なら分るはず

    躾け方だと思うのですが。幼児と言えども4歳なら分るはずです。人を傷つける発言をしてはいけないという事を。
    自分が言われたらどう思うか聞いてみたらどうですか?躾けが甘すぎると私には思えるのですが。
    意地の悪い子では無いといっていらっしゃいますが、人を思い遣る子心は育っていないようですね。“人の嫌がる事は言わない。”“本当の事なら何を言っても良いという事では無い”これを厳しく躾けて下さい。

    穴があったら入りたいなどと言っている場合では無いでしょう。

    ユーザーID:9941315165

  • ダメを教える基本的な方法

    したらダメを教える方法で一番効果的なのは、痛みです。
    お尻を叩きましょう。泣くくらい。

    熱いもの触ると火傷しますね。とても痛い期間が続きます。
    それで熱いものを触らなくなるのです。みんな通る道です。

    理屈をこねるのはもっと大きくなってから、4才の場合、ダメの時は痛みでそれを教えるのです。

    ああこうしたら痛い。→しなくなる。です。

    これが幼少のころの「しつけ」です。

    真剣みが足りないという意見有りましたが全く同感です。
    面白がっているのでは?

    ユーザーID:1991096427

  • なぜ?

    どうして簡単なことを、教えてあげられないのでしょうか?

    ’人を傷つけることを、言ってはいけない’

    育児の基本だと思うのですが。
    4歳のお子さんですから、確かに、よくあることでしょう。無邪気に悪気なく、言ってしまうんですよね。でも、体に関する発言が、どれだけ人を傷つけるか。トピ主さん、’私たちの周りに友人がいなくなってしまう’ことだけをご心配なのですか?悪気なく人を傷つける発言が、世の中にたくさんあるとご存じない?


    他の方に相談するまでもありません。
    ’身体に関することは言わない。人をとても傷つけるから。’
    簡単なことです。きつく、しっかり言い聞かせてあげましょう。
    理解出来なければ、お子さんが何か気にされている身体的特徴を、敢えて言ってみましょう。’●○なヤツだな〜〜、なんて、言われたい??’と。
    そういうトピ主さんの御心が、痛むはずです。

    悪気はなくてもそれだけのことが、言葉で出来るということを、親子で真剣に学習するべきです。我が家も在米ですが、そんなの関係ありません。むしろ在米であればこそ、人権について諭すべきです。

    ユーザーID:3707605727

  • さっさんさんに強く同意!

    私もトピ主さんが真剣に悩んでいるように思えません。

    >あーどーしよー・・・なんです。穴があったら入りたい・・ではなく、穴を掘って入りたいです。

    こんな表現をしている限り、子供は真剣に受け止めないと思います。

    人を傷つける言葉を言ったら、本気で叱って下さいよ。
    貴方に隙があるから、子供になめられるんですよ。

    ユーザーID:9372281137

  • はあっ?

    四歳ってもう色々良し悪しの区別がつきますよ。

    次回、息子さんが同じ様なことを言ったら、「Please do not say that. Because that is extremely rude, and you're going to hurt his/her feeling.」とはっきり説明しましょう。

    他の人の気持ちを害するということは、四歳児でも十分理解できます。

    ユーザーID:7289652197

  • 言われた人が悲しい思いをする

    この意味は4歳児でも判るはずです。
    ご自分の息子さんの立場にあう状況で、例をあげてみれば良い事だと思います。
    一種のトレーニングだと思って。
    「あなたにひとつお目めがなかったらどうする?
    『あ〜!あの子、目がいっこしかない、変なの!』、って言われるね?
    世の中にはいろいろな病気があるの、あなたもいつか病気になって、歩けなくなるかもしれないし、
    目がみえなくなるかもしれないし、病気のせいでデブになるかもしれないのよ、
    そうしたら、どうしてほしい?」
    こんな具合にです。我が家の5歳児はこのように躾けました。

    ユーザーID:4380570407

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧