ピアノのミスタッチ克服法

レス21
(トピ主7
お気に入り47

趣味・教育・教養

いとこん

こんにちは。初めてトピを立てました。実は・・・

中3の長男のピアノはタッチが強く、短調の曲もフォルテッシモで弾きます。譜読みは早いのですが、ガサツで繊細さのない演奏です。
今発表会に向けて練習中ですが、ミスタッチなしで弾けたことが一度もありません。「もっと丁寧に」とアドバイスしても「丁寧に弾く弾き方がわかんない・・・」と言います。ミスタッチした小節を部分練習をしても、次は別の小節をミスします。
お恥ずかしい話、私は小学生のときブルグミュラー終了と同時にピアノのレッスンを辞めてしまったので初心者も同然で、なんのアドバイスもしてやれません。

受験生なのであまり練習時間も取れないのですが、練習時間より練習内容に問題があるのでしょうか。
本人も発表会でミスタッチすることを恐れ、先生に相談しているようですが、やはり「部分練習」「ゆっくり弾く」ということをおっしゃるそうです。ですがなかなか改善がみられず、小町賢者の皆様のお知恵を拝借したくトピを立てました。効果的な練習方法をご存知でしたら教えてください。お願いいたします。

ユーザーID:9337824850

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 実になる練習

    実になる練習をしましょう。ゆっくり弾くこと、部分練習をすることは大切なことですが、この練習法でただ練習するだけでは実になりません。
    =ミスタッチ=
    部分練習をする際に、ゆっくり目を瞑って練習しましょう。
    鍵盤の位置間を身体に覚えこませることが大切です。位置間が身体でわかっていないと、必ずミスタッチをするはずです。例えば、目で見る1オクターブと、目を瞑った1オクターブ、手で触った間隔が全然違います。

    部分練習は、しているつもりで、いつの間にか通し練習のようになっていることが良くあります。位置間を覚えた後、ゆっくりフォルテで練習します。打鍵力のある人は、フォルテの曲もピアノの曲も弾くことができますが、打鍵力のない人は、あやふやな音でしかひくことができません。
    初めは、1小節だけ、次に2小節、そして3小節と、徐々に増やしていきます。
    続きます

    ユーザーID:8584020782

  • 実になる練習 続き

    =丁寧に弾く=
    丁寧に弾くためには、まず曲を頭で描くことです。色・ストーリー、何でも良いので、その曲のイメージを思い浮かべます。絵本に当てはめて例えたり、中学なら映画に当てはめても良いでしょう。
    【例(色)】悲しいバラード調=映画「戦場のピアニ○ト」(焼け焦がれた灰色の世界、虚無な感じをイメージ)
    【例(ストーリー)】曲の起承転結=序章:赤頭巾ちゃんがおばあさんを訪ねる 中間:狼がやってきて・・・! 解決(終盤):めでたしめでたし(かなり簡潔に書きましたが、曲想に合わせて理解しやすいストーリーを選ぶ。サッカー前半・休憩・後半など、身近なものに例えても良い)
    同じ短調でも、作曲家や時期・速さ・拍子によって曲想が変わってきますが、イメージがなければ、曲の完成形が見えません。
    バラードを弾くタッチは、ジャイアン風ではなく、しずかちゃん風に、と、わかりやすい例えで示してあげて下さい。
    「ただ弾く練習」より、「実になる練習」5分の方が、確実に上達しますよ。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:8584020782

  • ゆっくりピアニッシモで練習

    一夜で上手になる魔法はありません。ゆっくり弾けない人は速く弾けない。弱く弾けない人は強く弾けない。練習、練習、練習、練習、それだけです。

    あと、ピアノは基本的に指で弾くものです。一つ一つの音に対して確実に指が動いていますか?手首全体で押して弾いていませんか?

    ユーザーID:3898881663

  • 軽く流してね

    私はプロではなく、ただピアノを長くやっていた者です。
    なので、軽く流して読んでくれればと思います。

    ミスタッチについては、無理のある指使いか、指が曲を覚えてないんじゃないかな?
    ガサツというのは曲を理解していないのか、感情移入していないとか...
    力いっぱい弾いてしまうのか...

    ゆっくり弾くならば目安にメトロノールを使って合わせてみれば良いのではないでしょうか?
    人によって弾き方は違うけれどイメージできるようにCDなど聞いてみては
    どうでしょうか?ヒントになりますよ

    ユーザーID:6846052708

  • ミスタッチの原因を突き止めましょう〜1

    ミスタッチする原因はさまざまです。

    1 次にどの音をどの指で弾くのがきちんと覚えていないため、指が鍵盤に触れるタイミングが遅くなり、音を外す。
    次のどの音をどの指弾くか分かっているが、
    2 指先の関節などが弱いため、特に黒鍵では指が転んで音を外す(黒鍵は白鍵より幅が狭い)。
    3 2とは逆に、全身に力が入りすぎるので、鍵盤を乱暴に叩こうとしてその勢いで音を外す(脱力できていない)。
    4 指の分離が悪いので、速いパッセージでは指が回らなくて音を外す。
    5 親指が手の下をくぐる時に音を外す
    6 4、5の指が弱く音を外す
    ……あげようと思えば、まだまだあります。原因によって解決方法も変わってきます。
    「ゆっくり練習する」「部分練習する」は、原因が分からないまま繰り返し弾いているだけなら、何の解決にもなりません。
    長くなるので続きます。

    ユーザーID:7642881136

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ミスタッチの原因を突き止めましょう〜2

    私がゆっくり練習するのは、音と指使いをしっかり頭と指に覚え込ませる時です。遅いテンポではなく、インテンポにやや近いテンポでパッセージを分割しながら弾きます。これで音を外す原因が分かることもあります(親指が遅れて音を外す、など)。そうしたら、自分でその原因を強く意識しながら練習します。

    部分練習では弾けても、全体を通すと弾けないこともあります。よくあるのは、「その部分を弾く前に手が疲れてしまう」「急にテンポが速くなるので、力んでしまう」というケース。これは、苦手な部分の少し前から練習すると良いでしょう。

    最後に「自分の弾いている音をよく聴く」ことが大事です。
    > フォルテッシモで弾きます。
    > ガサツで繊細さのない演奏です。
    これに関して先生は何もアドバイスなしですか?お母様が聴いても分かるくらいなら、ご本人も先生も弾き方に問題があるのは分かっていると思うのですが……。

    いずれにしても、なぜミスタッチするのか原因を特定した上で練習しないと、無駄な練習を積み重ねてしまいますよ。先生に息子さんの弾く様子をしっかりみていただいて、アドバイスを受けるのが一番だと思いますよ。

    ユーザーID:7642881136

  • 弾いてるだけ・・・

    今のお子さんは、本当に譜面を読んで『弾いてるだけ』だからじゃないんですか?

    一つの曲でも、ちょっとテンポがゆっくりになる所があったり、ピアノの部分 フォルテの部分があり、それを心の中で歌い 感じながら 鍵盤で奏でるのが“演奏”だと思います。
    私も かつて 自分の先生には、そのように教わってきました。

    曲を感じながら弾くと、丁寧に弾く分 ミスタッチも減ってくるのでは?

    また、『部分練習』も 意味を成してくるのだと思います。


    あとは、アルペジオなどで、狙って弾く練習をするとか、ハノンなどで 指の動きを鍛えるとか。。。

    どちらにしろ、“なんでもフォルテで弾く”事の方が 問題だと思いました。

    ユーザーID:3264812658

  • トピ主です

    早速のレス、ありがとうございます。
    息子は皆様のレスを何度も読み返し「ありがたいなあ〜」と言っていました。

    AA様  私には想像もつかぬ練習法。でも理にかなったとても効果的な練習法だと感じました。先生にもここまでアドバイスしていただいたことがなかったので、感激です。

    フランツリスト様  ご指摘の通り、手首全体で押して弾いています。「一つ一つの音に対して確実に」ということが「丁寧に弾くということ」だと息子はわかったそうです。

    ちっち様  ゆっくり練習させてもいつの間にかもとの速さに戻っているので、アドバイス通りメトロノームを使ってみます。CDも練習毎に必ず聴いてから弾くと息子も言っています。

    早速アドバイスを参考に練習してみます。
    また結果をご報告させていただきます。
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:9337824850

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピ主です 2・・・ピアノマン様まで読みました

    ぷぺ様  まずは息子の言い訳を聞いてください。
    「僕は指が太いから、隣の鍵盤まで弾いちゃうんだよ」って。
    ぷぺ様の書いてくださった原因の 2 が有力と思います。よく「腕が疲れた」と言っています。アドバイス通りパッセージを分割して弾き、原因を突き止めてみます。

    ピアノマン様  おっしゃる通り、「弾いているだけ」だと私もおもいます。そういえば小さい頃先生によく「歌うように弾いてごらん」といわれていました。
    「心の中で歌い 感じながら」このことを私も息子もずっと忘れていました。AA様のレスにもあったように、曲のイメージを思い浮かべながら歌うように弾くことを始めてみます。

    AA様 フランツリスト様 ちっち様 ぷぺ様  ピアノマン様  
    私たちには想像もつかぬ努力をされてきた皆様のご意見、本当にありがたいです。「こんなに応援してくれる人がいるから頑張るよ。」と言っておりました。
    皆様に親身に相談にのって頂いた嬉しさと、期待に応えたいという思いからかも知れませんが、音が少しきれいになりました。まだミスタッチはありますが、皆様のレスを毎日繰り返し読み、練習を重ねて参ります。

    ユーザーID:9337824850

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • ミスタッチを減らすことはできました・1

    こんにちは。私はチェルニー30番終了程度です。
    トピが、昔の自分と同じ悩みだとなつかしいです。
    息子さん、受験生で発表会に出られるとのこと、ぜひがんばってくださいね。

    譜読みが早いとのことですが、それはすばらしい長所です。
    タッチが強いとのことですが、それも、うらやましい個性です。
    ぜひ、そのタッチの強さを生かして、自信を持って、いい演奏をしてください。

    さて、ミスタッチです。私は、ミスタッチから逃れられない生徒でした。
    家での練習時も、先生の前でも、そして発表会でも、
    それぞれ、違った箇所を、必ずミスタッチしていました。
    もちろん、練習不足、の一言に尽きるのかもしれません。
    でも、練習を繰り返しても、ミスタッチからは逃れられませんでした。

    私なりの克服法?は、考え方を変えたこと、です。
    「ノーミスで弾くことは難しい。だから、可能な限りミスタッチを少なく弾こう」
    「いくつかミスタッチがあっても、満足のいく演奏をしよう」
    その結果、ミスタッチは、ずいぶん少なくなりました。

    (続きます)

    ユーザーID:8695005197

  • ミスタッチを減らすことはできました・2

    学生のころは、「しまった、ミスった…」とあせって、
    萎縮して、ミスを連発していました。
    今は、「あ、ミスった。OK、次のパートは慎重にいこう」と、
    あせらなくなって、ミスを誘発しなくなり、堂々と弾くようになりました。

    イメージするのは、私にとっては、フィギュアスケートの演技、です。
    限られた演技時間の中で、さまざまな要素(ジャンプ、スピン、ステップ)を、
    ひとつ失敗しても、流れをとめずに滑りきるフィギュアスケート。
    ピアノを弾くことも、どこか似ているように感じています。

    もちろん、ノーミスを、あきらめてはいません。今もめざしています。
    そのために心がけている練習法を、最後に書きます。
    自己流で、レッスンとしては正しくないかとも思いますので、
    あくまでも、私の場合、ということで、ご容赦ください。

    (続きます)

    ユーザーID:8695005197

  • ミスタッチを減らすことはできました・3

    1、練習の最初と最後に、必ず通しで一回弾く。(間違ってもそのまま弾く)

    2、その曲の音階(イ短調の曲なら、イ短調の音階)と、そのアルペジオを、
    一回ずつでよいので、毎日さらう。(曲中で調が変わるなら、その調も)

    3、ミスタッチの多い箇所を、重点的にさらう。
    そのときに、うまく弾けたら、
    「よし、OK!」「今の感じ!できたじゃん!」と、自画自賛する。
    ミスタッチしたら、「前に弾けたじゃん、絶対弾ける!」と、自分をヨイショする。
    ミスタッチばかりなら、「去年より難しい曲なんだから、ミスもするさ」と、
    ミスを認める。そして、ノーミスめざして練習する。

    4、弾くときは、意識して耳をすませて、両手の音を、ひたすら聴く。
    フレーズと休符を、特に強く意識して、正確に弾くことをこころがける。
    (休符を正しく意識するだけで、かなりていねいな演奏となります)

    ユーザーID:8695005197

  • トピ主です 3

    受験もがんばって!様  息子の良いところを褒めてくださり、有難うございます。苦労されて練習した中で見出した貴重な方法を、時間を割き丁寧に文章にして公開してくださいました。決して無駄にはいたしません。有難うございました。

    15歳で難しい年頃ですので、私がアドバイスしても素直に聞かず「じゃあお母さん弾いてみてよ!」と言い、私は言葉を失ってしまいます。更にピアノに当たり、きたない音を出すこともありました。
    しかし皆様が自分のために真剣にアドバイスしてくださることに触れ、穏やかな気持ちで鍵盤に向かうようになったのです。
    今、皆様直伝の克服法を全て取り入れて練習しています。皆様お一人お一人のアドバイスが相乗効果を呼び、必ず良い結果が出ると思います。練習時間はかなり増えましたが、克服できたときの自信に満ちた息子の顔が目に浮かぶのです。

    皆様から頂いたレスは私と息子の一生の宝物になりました。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:9337824850

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 死んでも音をはずさない

    私が音大生のころ、先生のアドバイスの言葉です。

    絶対に!死んでも!音をはずさないぞ!という強い気持ちを持って弾くこと。当然だろ。と言われました。

    私は常にこの気持ちで弾くようになって、格段にミスタッチが減りました。
    ウソのようなホントの話。

    ユーザーID:1904444202

  • トピ主です 4

    ホテリアー様  「絶対に!死んでも!はずさはいぞ!と強く思いながら弾く!」やっていそうで実はやっていないことだと思いました。そう思いながら弾けば、指先に神経をとがらせ集中して弾けるし、自分を追い詰め、いい意味でストイックになれますね。早速帰宅したら息子に伝えます。経験からのアドバイス、本当にありがたいです。

    去年の発表会では「緊張して手足がガタガタ震えた」とか「手に汗をかいて滑った」と言い訳しておりました。でも今年の息子は、緊張しないほど自分に自信をつけるため頑張っています。

    皆様からアドバイスを頂いてからの息子は、人が変わったようにピアノと向き合うようになりました。そして初めてノーミスで弾ききったときは、思わず娘(高2)とスタンディングオベーションしてしまいました。それからは弾くことが楽しくて仕方ないようで、受験勉強そっちのけで練習していますが、受験にもプラスになる経験だと思います。本番までの僅かな間(11月2日です)練習に全力を注いで欲しいですし、発表会が終わったからと言って子供たちのピアノの勉強が終わるわけではありません。むしろ今始まったと思っているくらいです。

    ユーザーID:9337824850

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 短調をフォルティッシモは

    感性の問題ですよね
    心が大人になったら、きっと変わると思いますよ

    私の場合、大学に入って、色々な人にあって、色々な物の見方を教わったら、ピアノのタッチが変わりました。
    高校生の時までいた世界はとても狭くて、ピアノにどんな心で向かうかなんて考えている人がいなかったのです。

    ミスタッチ、私もとても多いです。
    このトピをお気に入りにいれてしまいました。ピアノのない1人暮らし生活になってかなり経ちますが、いつかピアノを持てるようになった時、これを見て練習したいと思います。

    ユーザーID:0549231794

  • トピ主です 5

    klavier様  言われてみると確かにそうですね。上に高2の娘がいますが、やはり中学生の頃は「曲想ってどうやってつけるの?」と驚愕の質問をしていましたが、今は随分と大人になって、AA様とピアノマン様がレスで触れていらっしゃったように、起承転結を意識し歌うように弾いているそうです。娘は殆どミスタッチはないのですが、弟にアドバイスするほど余裕もないし、うまく言葉で説明してやることもできないようです。

    いい映画を見て感動したり、好きな子ができたり、悲しいことがあったり このような経験を重ねていくうちに感受性が豊かになり、きれいな音が出せるようになるのかも知れません。

    AA様 フランツリスト様 ちっち様 ぷぺ様 ピアノマン様 
    受験もがんばって様 ホテリアー様 klavier様
    息子と私は皆様から頂いたレスを毎日読んでいます。暗記するくらいに。
    その時、お一人お一人のお顔を想像しながら読ませていただいています。
    「○○先生(音楽の先生)かも!」とか「宮川彬良さんかも!」(NHK教育のゆうがたクインテットが好きです)と想像力を働かせて。とても楽しいひと時です。

    ユーザーID:9337824850

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 息子さん向けの練習方法がありますよ

    音を出さないように打鍵して練習するという方法があります。ユックリと慎重に、しかも、頭の中で音を聴く必要があるので、ガサツな方には向く練習方法だと思います。

    ユーザーID:8012958285

  • 在米ぴあにすと様へ

    トピ主です

    ピアノはゆっくり押すように弾くと音がしませんが、その方法で練習するのでしょうか。そんな練習法があるとは、全く知りませんでした。
    初めのうちはゆっくり弾いていても、だんだん早くなりがちですが、その方法ですと、いやでもゆっくりと慎重にならざるを得ないですね。(素人考えですみません)本当にありがとうございました。

    本来ならレッスン料というお金を払い、プロのかたのアドバイスを頂くところ、顔の見えないインターネットの世界で、皆様方から貴重なご意見をいただける事、本当に感謝と感激でいっぱいです。

    お蔭様で、殆どミスタッチはなくなり、音も随分きれいになりました。
    それでも発表会が終わるまでは受験勉強よりピアノの練習を優先させ、朝は5時に起きて学校へ行くまでのあいだ練習し、夜は11時までピアノに向かう息子の姿があります。
    皆様からのレスが、息子のやる気を引き出してくれたものと思っております。

    いま帰宅し、在米ぴあにすと様のレスを読み、早速ピアノに向かっております。ありがとうございました。

    ユーザーID:9337824850

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 大事故を防ぐことも重要

    ミスタッチは少ないほうがいいに決まっていますし、ミスタッチを減らす練習は重要です。しかし、不幸にして、発表会などの本番で、ミスタッチをしてしまったときの対処、小さいミスが大事故を呼ばないような準備や対処も、非常に重要です。

    自分のミスタッチに自分でショックを受けて、その後ガタガタになり、ミス連発、なかなか立ち直れないこともあります。また、暗譜で演奏している場合、ミスタッチに誘発されて次の音がわからなくなり、止まってしまったり、何度も弾きなおしたり、という事故も、よく起こります。初心者だけでなく、音大生レベルの演奏でも、まれにはプロのリサイタルでさえ、こういう大事故は皆無ではないのです。

    それで、曲を弾けるようになったら、どこからでも弾きはじめられるようにする、とか、左手だけ暗譜で弾けるようにする、などの練習は効果があります。そして、本番前は、普段と違う状況で友人に聴いがてもらうとか、本番の雰囲気を加味した練習が有効です。

    本番は、ミスをしても堂々と音楽に集中してください。そうすると、意外に聴衆は気にならないし、気づかないものです。

    ユーザーID:0715850563

  • ご報告とお礼

    素人ピアノ弾き様  私が一番恐れていることは、途中で演奏が止まってしまうことです。他のお子さんの演奏で音が止まってしまったのを見ると、可愛相でなりません。ミスをうまくごまかすのも技術のうちなのだと、それには人前で弾く経験値を増やすことが大切だと、素人ピアノ弾き様のレスを読み感じました。ありがとうございました。

    11月2日 発表会でした。ノーミスでした。本人は緊張で手が震えて、納得の演奏ができなかったと言っていますが、中3ともなると発表会は出ない子が多い中、皆様のお力を拝借しながら頑張ったことは褒めてやりたいです。

    息子は高校生になったらロックバンド(ドラムもやっています)をやるそうですが、ピアノがあったからこそ今の僕があるんだ、と言ってくれます。勿論ピアノも続けるそうです。

    次の舞台は合唱コンクールでのピアノ伴奏です。
    これからも息子は、皆様のレスを読み続けることでしょう。ピアノを練習する上で大切なことが沢山書いてありますし、何より皆様の「がんばれ!」と言う声が聞こえてくるようですので・・・

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:9337824850

  • トピ主のコメント(7件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧