• ホーム
  • 学ぶ
  • ワインに詳しい方お願いします!勉強会を開くのですが・・・

ワインに詳しい方お願いします!勉強会を開くのですが・・・

レス44
(トピ主2
お気に入り28

趣味・教育・教養

しなもん

こんにちは。
ワインにお詳しい方、とくにソムリエやワインエキスパートなどの方、お知恵を貸してくださいませ。
このたび、友人たちとワインの勉強会を開くことになりました。
都内に在住しているので、アカデミー・デュ・ヴァンなどのスクールに通うことも検討したのですが、なにしろ高額。
さらに幼児がいるので夜間のスクールはほぼ不可能・・・
という事情で、有志を募って自宅で開催することにしたのです。

そこで、勉強中の身としてはいかんせんワインの知識が圧倒的に少なく・・・
小町の皆様のお知恵を拝借したくトピを立てました。

勉強会は10回程度の日程を想定しています。
一回あたりの費用はひとり4千円位で、ワインに3千円、簡単な食事の材料費実費に千円の内訳です。
5人でやるつもりなので、ワインには一回当たり1万5千円かけられる計算です。
とりあえず、この予算でどうワインを選ぶべきか・・・
というのが今回の相談です。

品種別に体系的に学んでいきたいので、10回のカリキュラムもおのずと浮かんでは来るのですが・・・
主催者としてはやはりワイン選びをハズすわけにいかず、悩んでいます。
1回あたりのワイン本数は、予算的に2本から4本ほどを想定しています。
地域別に学ぶという方法もありましょうが、まずは品種の特徴をつかみたいと思っています。

皆様、品種の特徴が顕著にあらわれた、「勉強会にふさわしいワイン」をご存知でしたらお勧めください。
また、ずうずうしいお願いですが、それぞれの品種に合うお料理も教えていただけたらと思います。
検索して出るものはプロ並のレシピが多く、若輩者の私には敷居が高いので・・・
1時間程度で調理できたら嬉しいです。

どうぞ宜しくお願いいたします!!

ユーザーID:8341583139

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • こんな感じでやっています

     素敵なイベントですね。
     私も独身の頃似たような予算と内容で年に3〜4回程やってました。
     一つの案ですが、3種類のランクで購入されてみてはいかがでしょうか?
     私は千円以下のリーズナブルワイン、2、3千円くらいのワイン、5千円以上の高級ワインを出すのですが、ゲストにはどれがどれかは教えずに飲んでもらいます。
     これは「高いイコール美味しい」という金額に左右されない意識を持って頂く為なのです。
     好みも飲む人によってずいぶんと違いがありますので無理に高いのやみんなと同じのを好きになろうとせず自分自身の味覚を信じて楽しんでいってくださいね。
     個人的にはこれがお勧めというものはありませんが、初めての方がいらっしゃるのでしたら口当たりの軽いもの、甘い物から試されてみてはいかがでしょうか?
     なにぶん、トピ主様が利用されるワインマートにその銘柄があるかというのもありますので。
     購入店にソムリエやワインアドバイザーがいる所で購入するのがお勧めです。

     素敵なワイン会をお楽しみくださいね。

    ユーザーID:0191386127

  • えりこさま、ありがとうございます

    レスありがとうございます!

    そうですね、価格帯を変えて3本というのは名案ですね^^
    意外とみんな判らなかったりして・・・楽しめそうなアイデアです。
    ワインマートは、恵比寿が近いので「PARTY」を利用するか、または
    ネット購入を考えています。
    ここで銘柄を教えていただいてリストを作って、それをもとにネットで探して
    自分で何とかカリキュラムを立てるつもりでいました。
    でも、そうですよね、ワインマートの専門の方に聞くというのも大切ですね。

    いまはまだあまりにもアイデアが漠然としているのですが、
    自宅開催のホステスなのでなんとか皆に満足してほしいのです。
    引き続き、皆様おすすめを教えてください。

    ユーザーID:8341583139

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ミーハー過ぎだったらすみません

    自宅での個人開催で、予算も低めで10回程度とのことなので、ミーハー過ぎかもですが、「神の雫」をなぞる、ってのはどうでしょう?
    私だったら、ラクチンなのでそうしちゃいそうです。

    安めのワインが多く出ていますし、簡単な料理も出てきますし〜。

    ユーザーID:8906957604

  • 本末転倒


    本末転倒のお話ですね。

    だって「その場に合うワイン」も自分じゃ見つけ出せなくて
    品種に合うお料理も知らない。(書籍だってネットだって安めで素人
    でも出来るレシピ幾らでも出てますよ?)
    しかも知恵を貸してくれるようなソムリエや専門知識を持つ人も
    いない。
    なのに主催者として品種別に体系的に学んでいくために10回もの
    カリキュラムを組んでいる??
    基礎的な事も分からないでこういう掲示板から知恵を集めようって
    状態なのに??

    勉強中の身で圧倒的に知識が少ないのなら、もっと勉強されて
    主催者として恥ずかしくない知識を身につけてから、こういう事を
    された方が良いのでは?

    私が4000円位出して勉強会という名を持った会に行ったのに、
    主催者でカリキュラムを考えている人がこういう状況の人だったら
    騙されたと思うと思います。
    それか何か他に人を集める目的があるのかと疑います。

    自分が勉強中なのは他の人も承知というなら、カッコつけずに
    みんなでカリキュラムを考えて、そこからどんなワインを選んで
    いこうかと、みんなで考えていけば良いと思います。

    ユーザーID:2869437472

  • こんなのはいかが?

    ワインは毎日飲んでいますが特にお金をかけているとかそれを職業にはしていません。

    こんなのはどうでしょう?

    ・同じ産地でもブドウの品種が違うものを三種類程のみ比べ。
    ただその時生産年は同じにしたようがいいです。出来が年によって随分違う為です。

    ・産地が全くちがうけどブドウの品種が同じもの。

    ・いろんな品種を混合させている場合(赤ワインに多いです)、その混合率の違いを三種類程飲み比べてみる。生産年は同じにしましょう。フランスワインだとこの比較が特に楽しめます。
    どこの産地がどの品種をどの割合で主に使うかはネットで検索したり、ワイン用辞書(Johnson等)で調べられます。

    たのしんでくださいね。

    ユーザーID:1344732050

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 宣伝に聞こえるかも??

    ワインの勉強ってとっても楽しい〜〜。ぜひお仲間と長く続けてくださいね。やればやるほどはまっていくものですよぉ。

    さて本題に。私は某有名ワインスクールで講師をしていたのですが、(今は東京を離れているのでお休み中)やはりどなたか教えられるレベルの方を一人仲間に入れられたほうがいいのでは???と思います。というのは、香りの表現とか、食事の合わせ方等もろもろ詳しい方に一言だけでもアドバイスもらえると、違うと思うのです。そりゃぁ私も周りのことを考えずに自分の意見を述べ続けるのは大っきらいですけど。

    それと、お食事を自宅で用意されると香りが残ってしまうのでお勧めしません。お花も飾らないでくださいね。もちろん、お食事を楽しむのであれば構いませんが、お勉強ですよね。ほかの方も書いておられましたが、ぜひブラインド(ワインの銘柄は最初は教えない)で行われるといいと思います。

    ワインスクール、確かに料金は高いと感じられるかもしれませんが、仲間ができたり、系統だてて学べて、沢山テイスティングできて楽しい時間を過ごせますよ。ちなみに元生徒さんはよく今でもクラス会してますよ〜〜。

    ユーザーID:1292838656

  • 素敵ですね

    数年前にワインアドバイザー取得した者です。
    私は試験向けに自分でワインを購入したり、
    ワインバーに飲みにいったりしました。

    が、申し訳ありませんが好みによって違いますし、
    銘柄が多すぎる&指定しすぎると集めるのが大変なので
    これがオススメというのはありません。

    でも2000円前後出せばその品種の特徴をよくつかんだ
    お手ごろ製品はたくさんあるので、勉強を兼ねて
    ワインショップの店員さんに聞くのも一つの手だと思いますよ〜

    神の雫という漫画をご存知でしょうか?
    これもかなり勉強になると思いますよ。
    食事に関しては一般的に合うといわれているのは
    フレンチ・イタリアン・チーズなどですが
    どの料理だからよい、ダメというものではなく、
    たとえ和食でも合うワインはあります。

    なのでトピ主さんたちが是非ワインと一緒に食べてみたいメニューを
    考え、それに合うワインを探していくのも楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:3039212149

  • まずは単一品種から

    こんにちは、楽しそうですね。
    私もたまにワイン教室的なものを頼まれるのですが、まず最初は、「ワインカフェ」という日本のワインを使います。1本500円ぐらいで、ちゃんとブドウの特徴がでている、良心的なワインです。カベルネ、シャルドネ、メルローがあると思います。
    その後もこれを用意しておくと、基準ワインとして初心者の方には便利だと思います。
    食事は、最初は無難に味の濃くないものを適当に用意して、何回か回を重ねると、こういうのが合いそうだよねと意見が出てくるようになると思います。
    できれば、グラスもいいのを用意してください。おすすめは、リーデルのブルゴーニュ。ちょっとしたデパートならよく見かけます。これも、いいグラスとコップでどう違うか最初に試してみると面白いと思います。
    小難しいことを考えなくても、ワインはとても楽しいですよ。

    ユーザーID:2224673354

  • 辛口失礼します

    ワインとフランス料理に経験、知識がある者です。大変失礼ですが、どこからアドバイスしたらよいのかわかりません。主催されるなら、先ず書籍を数冊買って勉強された方がよいと思います。そしてご自分も色々と飲まれて下さい。知識や経験は無料ではありません。

    私が素人だとしてもお金と時間の4万円+2時間*10=20時間を素人の勉強会に費やしたくないですよ。例えば、株式投資のド素人が5人集まったところでそれは勉強会になるのでしょうか?単なる友達が集まる飲み会だったらいいですが。

    それから基本的にワインは食事と一緒に頂くものなので、高価なワインにはそれなりに手の込んだ、高価な材料の料理でないと合わないものです。テイスティングであれば、料理をは作らず数種類のチーズとフランスパンがよいと思います。どのワインにどの料理が合うというのはぜひご自分で勉強されて下さい。

    ユーザーID:9121659607

  • 辛口のレスもありがたくうけとめています

    ほんとうは個別にお返事したいんですが、なにせ幼児がいる身なので、
    まとめてのレスになってしまうことをお許しください!

    うーん・・・予想していましたがやっぱり叱られちゃいましたね。
    ご指摘はもっともです。一応、言い訳させてもらってもいいですか?

    ・同級の友人でワイン好きが集まってやるカジュアルな勉強会なので、
    お金を取って儲けようとは全く意図していない(実費のみ徴収)。

    ・私をはじめ子持ちの友人もいるので、適切な開催場所が無くて、自宅を提供する運びに。
    しかしホステスは務めたいので、皆をもてなしたい気持ちがあり、詳しい人のお知恵を借りたい。

    ・一応ソムリエ教本などで独学中。スクールには通っていないので知識に自信が無い。

    ・・・という状況なのです。
    やはり耳に痛いおことばも頂戴してしまいましたね。
    「私ならそんな勉強会には行きたくない」か・・・
    営利目的でなくても言いだしっぺの主催者なので、この言葉はイタイなぁ。

    続きます。

    ユーザーID:0979384310

  • 辛口のレスもありがたくうけとめています2

    続きです。

    そう思われないために、すこしでも友人の満足度を高めたくてたてたトピなんですけれど、
    やはり小町に相談して良かったかも!忌憚ない意見ってなかなか頂戴できませんものね。

    えーと、
    「素敵ですね」とか、「楽しいワイン会になるといいですね」といった暖かいレスを
    くださった方も居て、感激です!ありがとうございます。

    そうなんですよ、素人の集まりじゃ限界がありますよね。
    私も子供が小学生になったらぜひスクールに通いたい!です。
    それに、ケチってる場合でもないですよね。ソムリエになった皆様はやはり
    努力と投資をされているのでしょうから・・・
    自宅勉強会じゃキビシーかしらやっぱり、と思ってしまいました。

    話が横になってしまいました。
    「神の雫」参考にします。ありがとうございます。
    そして、
    皆様の「断片的なオススメ」でもいいのです。
    品種の特徴がよくあらわれた、おいしいワインを教えていただけませんか?

    ユーザーID:0979384310

  • 楽しそうですね

    ワインって地域によっても葡萄品種によっても異なります。いくつかありますが、トピ主さんがどのような地域のワインを飲みながらワインを学びたいかによって異なります。わたしは、むかし、日本のコマーシャルで女優さんと共演されたヒュー・ジョンソンさんの毎年でる著書を愛用しています。(ジョンソンの自伝があります)

    毎年、ヒューさんがだすワインの本にはどの地域の酒にどんなものと相性がよいのか書かれていますが、初心者には、ヒューさんの本が面白いでしょうね。

    わたしがひとを招くとき、食前酒にはシャンパン(スペインのカヴァなどは日本でも安いのでは)、サラダ系には軽いボージョレ、魚介の料理にホワイトソースならば、白ワイン、それに、肉ならば、ボルドーかチリのワイン、あるいは、カリフォルニアのオーパス・ワン、それにチーズならば、それなりのお酒、イタリアのバローロ地区のお酒、あるいは、メインにチーズの入ったオムレツならばシャトー・ムートンといったふうにメニューをつくります。ワイングラスも重要で、できればリーデル、あるいは、ウィーンのロブマイヤーのグラス、お皿もよいものをですと効果的ですよ。

    ユーザーID:1703659684

  • 今じゃなきゃだめですか?

    勉強会は、トピ主さんがもっと知識を身に付けてからではだめですか?
    主催者のトピ主さんも、集まるお友達も、まだお子さんが幼いのに、何故今なんですか?

    ご自宅を提供されるそうですが、皆さんお子さん連れで来られるのでしょうか?
    複数のお子さんも来る会合で保護者にアルコールを提供して収拾つくかしら?

    私はお子さんが小さい今は休日に誰か子供を面倒みてくれる人に預けてワインを飲みながらお食事する程度にされて、
    お子さんが大きくなって、ワインの知識をもっと得た時期に勉強会を開くのが良いと思います。

    ユーザーID:7165308034

  • 勉強会というか

    勉強会という風に考えなくちゃいけないのかな?
    私としたらだ単に「ワインを楽しむ会」にしちゃうけど。

    ワインって好みもあるし、高いから美味しい!でもないですよね。
    それに誰かメインになる講師的な方がいないと続くのかなって。

    甘いのがお薦めならドイツの白ワインは全体的にフルーティーだし
    アスティだったらスパークリング系だから
    、飲みやすいかと思います。
    私は個人的に赤が苦手なので、白しか飲まないかな。
    あとイタリアものの白はちょっとえぐみがあって苦手。

    おつまみなど食事は私の場合は、軽くクラッカーと
    ブルサンのハーブチーズやブルーチーズ。それにキャビア。
    加えて生ハム系でしょうか。
    フランスパンとチーズと蜂蜜があれば
    それらをカナッペにしてもいけます。

    例えば「ワインの会」として「今回はイタリア」などテーマを絞り
    誰が主催などなく、みんなもちよりで楽しく過ごす方が良いような気がします。
    もしくはワインに関したビデオを見ながらでも良いでしょう!!

    最近「余り知識がない方のお料理教室」などが多いですが、
    「勉強会」とう言葉が今回はちょっとオーバーだったのかもしれませんよ。

    ユーザーID:6030047814

  • 2度目です。前回と意見が少し違いますが・・

    しなもんさん、
    勉強会の準備はとても大変だと思います。講師をしている時、2時間の授業の前日はしっかり予習をしていました。それだけ人に教えるというのは大変なのです。ほかの方からも時期尚早という意見がありましたが、私もその意見に賛成です。たとえ実費であっても、お金を徴収するとあとから嫌な思いをするのはしなもんさんかも知れません。。。
    それにワインは生きているので造り手によって、年によって、場所によって、保存状況によって同じ品種、銘柄、作年でも味が違ってきます。まずは品種の違いがわかり、最低上記の違いがわかるようになってから勉強会を主宰されるほうがいいかもしれません。講師でも初心者からは突飛な質問が出るので難しいんですよ。

    でも、ご自身の勉強は続けてほしいのです。「今が一番若い!!明日は一日歳をとる。だから明日といわず今勉強してください」この言葉を書いたら元生徒さんは絶対に私だとわかる・・・
    そうなんです。脳は悲しいことにどんどん老化しています。私も15年前に覚え始めたからこそ、今でも覚えていられるのです。
    ワインは逃げません。じっくり腰を据えて。一生勉強できるから焦らないで!

    ユーザーID:1292838656

  • ありがとうございます。トピ主です。

    ちょっと落ち着いた時間がとれましたので、前回以後のコメントくださった方に個別にお礼申し上げます。

    >こうへいさん

    ヒューさんの本、探して読んでみたいです。アドバイスありがとうございます。
    そうですね。グラスとかも重要ですよね。うちにはリーデルの品種別のグラスが2脚ずつありますが、
    今回いい機会ですしオールマイティーにこなせるグラスを6脚ほどお揃いで買おうかな・・・

    >メルさん

    辛口ですがごもっともなご意見です・・・でも、子供が大きくなるのを待てないんです!
    来年くらいに2人目を計画しているので(そう計画通りにいくかわかりませんが)
    その谷間の今しかない、と勢い余ってしまいました。
    ちょっと冷静になれました。どうもありがとうございました。

    ユーザーID:8341583139

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ありがとうございます。トピ主です。

    ちょっと落ち着いた時間がとれましたので、前回以後のコメントくださった方に個別にお礼申し上げます。

    >みあさん

    そうですね。ほんと的確なのは「勉強会ということばがオーバーだった」点ですね・・・

    えーと、言い訳するわけではないのですが、自分が「講師」を務められるとはつゆほども思ってないのです。

    あくまでも身内のカジュアルなワイン会のつもりでした。

    ただ、言いだしっぺなので、自宅を会場として提供する手前もあり、

    皆それなりに勉強したい気持ちもあるツレなので、一緒に勉強しよう!という流れだったのです。

    でも、なんていうか・・・みあさんはじめ、レス下さった皆様のお陰で、ちょっと冷静になれました。

    独り相撲にならぬよう気をつけないといけませんね。

    ユーザーID:0979384310

  • ありがとうございます。トピ主です。

    ちょっと落ち着いた時間がとれましたので、前回以後のコメントくださった方に個別にお礼申し上げます。

    >ソムリエールさん

    2回目のレス頂き恐縮です!

    ほんとうに、ありがとうございます。お言葉身に沁みます。

    「実費だとしてもお金を徴収するといやな思いをするかもしれない」

    そうかも知れません。長年の友人たちですが、お金は貴重ですから軽んじてはいけませんよね。

    良かれと思ってフライングして自分の首を締めるのは昔からの癖で・・・(苦笑)

    それから、勉強はいつでもできる、との励ましもありがとうございます。

    そうですね、ワインは逃げないんですよね。

    前述したように、「今しかない」と思いつめてしまっていました。

    今のタイミングを逃したらきっと数年はチャンスが来ない、と・・・

    でも、じっくり腰をすえていこうと思います。

    ユーザーID:0979384310

  • 幼児持ちでエキスパート取りました

    はじめまして。今年エキスパートを取得した者です。
    ワインショップでパートをしています。
    そして3歳の双子がいます。なんか共感できるので出てきました。

    まずは幼児がいるのにワインなんて・・・というご意見もありましたが、ワイン好きにはいつだって飲みたいですよね(笑。私は出産直後から飲みたかったです。(もちろん授乳中は飲みませんでしたが)

    ワインの勉強は一言で言えば、お金もかかるし、孤独でした。
    トピ主さんのような同士が近くにいればどんなに心強いかと思ったか。
    なので、そういった会は私は大いに賛成です。
    ただ、教科書の知識だけではまだまだ私でもわからないことだらけです。
    そこでご提案なのですが、有資格者のワインショップの人と相談して決める。人柄的にも信頼のおける方だとなおさらいいと思います。
    教科書には決して載っていないお話も聞けると思いますよ。
    あー 私も参加したいなぁ・・・。
    あまり「こうじゃなきゃ!」と思いすぎず、楽しい会にされてはいかがでしょう。

    ユーザーID:9186489869

  • ワインと料理の本

    親しい人とのカジュアルなワイン会ですか、いいですね〜。
    勉強も出来るんだったら一石二鳥。
    トピ主さんにお勧めの本を紹介します。

    行正り香「ワインパーティーをしよう」
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062715996/

    前菜、パスタ、メイン、デザートの「夕食にお友達を呼ぶ」
    感じのちょっと気合いの入った(でも余り難しくない)料理と、
    料理それぞれに合わせた1本1500円前後のワインが紹介されています。
    葡萄の産地や品種とそれに合う料理の一覧もありますし、
    気軽なワイン会(兼、ワインのことも知ってみたい)でしたら
    ちょうど良いと思います。

    正直、予算が高め?と思いましたので、まずは1000円台の
    テーブルワインから始められることをおすすめします
    (お金を取るならなおさら)。

    ユーザーID:6012957227

  • 勉強会より

    他の方がおっしゃっていたように、勉強会というより楽しむ会にしたらどうでしょうか?私は某ワインの会の会員になっています。
    そんなに有名どころではないですが、主催はソムリエの先生で、幹事さんたちは毎年海外のワイナリーに旅行に行くようなかなり詳しい方数名です。

    勉強会は年に数回ありますが、資料やワイン等は先生が用意してくれて2時間くらい。1回の参加費は4000円前後です。テーマは色々ですが、多分参考資料がないと素人さんでは難しそう。ワインもソムリエの先生経由で入手してくれますので、お店で見かけない(お値段は手頃ですが)ものが色々飲めます。
    一緒にいただくのは、勉強会だと薄く切ったフランスパンとチーズが何種類かです。あくまでワインが主役ですので。おいしいワインを置いているレストランオーナーさんなんかも会員です。

    そういう方に相談するのもいいのでは?あとはもうすぐ、ボジョレー解禁ですので、ボジョレーの飲み比べ会なんかどうでしょうか?勉強会ならば、必ず紙に感想とか書いてお勉強。ラベルを隠してどれが一番おいしかったか、気に入った理由を書いて意見を交換する、とかから始めるのはどうですか?

    ユーザーID:3230413483

  • 勉強会なら

    ワインアドバイザーの資格を持っています。
    テイスティング用の葡萄品種別ハーフワインセットみたいなのが確かあったと思いますよ。
    どなたかワインカフェをお勧めしていましたが残念ながら終売になってしまいました。
    ただ、同じ品種でも、地域によって全然違うので、まずは国や地域の特徴や格付けの勉強をしてその日勉強した地域の代表的なワイン
    例えばボルドーならカベルネ・ソーウ゛ィニヨン、メルロ、カベルネ・フランのブレンド、ブルゴーニュは赤はピノ・ノワール、白はシャルドネ 等々をテイスティングするのはいかがでしょう。
    で後半に単一品種で飲み比べてみては?
    あと、テイスティングの時は味が分からなくなってしまうのでお料理は食べない方が良いです。せいぜいパンくらい。
    カジュアルな会との事ですが、せっかくだからきちんとお勉強、テイスティング(色、香り、味わい)して、その後、残ったワインで楽しくお食事しては?
    お料理は、チーズはワインに合うものを本やネットで調べて用意出来そうですけど、お料理を作るのは確かに難しそう。
               (続きます)

    ユーザーID:2873836263

  • 勉強会なら(続き)

    私は、合う料理は内容も分からずひたすら名前を頭に叩き込みましたが、実際作って食べながら勉強したら、素敵だしすんなり頭に入って忘れないでしょうね。
    私は丸暗記なので試験が終わったらほとんど忘れてしまいました。
    でも教科書通りのお料理を再現するのは難しそう。
    近いものや簡単なもので、私のイメージでは
    例えばボルドーブルゴーニュ赤なら牛肉のステーキや赤ワインに込み、シャブリは生牡蠣、コートデュローヌは子羊や野うさぎ(コレは食材の調達が困難ですよね)イタリアのキャンティとか軽めのワインにはパスタやピザ
    ロワールは川魚、ミュスカでは、クリームシチュー
    牛肉は赤のフルボディかミディアムボディ、豚や鳥はライトボディか白ワイン。
    あっさりしたお料理には軽めの赤か白ワインのイメージ。
    カルパッチョとかも白ワインに合いそう。
    結構、洋風なものなら何でも合うんじゃないでしょうか。
    大変そうですが、頑張ってください。
    私は、お店をやっているのですが、勉強したいからと、単一品種のワインの注文受けて取り寄せたりもするので、お店の人に相談するのも良いかもしれませんね。

    ユーザーID:0787163560

  • 素人が口出ししてごめんなさい

    トピ主さん自身が、
    やはり、もう少し具体的な方向性を決めた上でないと、
    ワインの数は膨大なので、
    具体的な銘柄やレシピはレスしにくいかな、と思います。

    お友達同士で、今回はどうしようかと、毎回方向を決めつつ、
    ワインショップで専門の方に尋ねたり、
    本を調べたりを各自でした上で、
    情報も持ち寄れば、
    それも勉強になるのでは?と思いました。

    また、私の親戚にソムリエがいるのですが、
    自分の休日に、
    自宅で、実費のみの、カジュアルな勉強会をやっています。

    どなたか専門の方のツテを作っておくと、
    そういう情報も入るのでは?

    ユーザーID:0573696088

  • 出来るところから1

    こんにちは。30歳独身女性です。
    ワインを飲み始めて5,6年、元々は料理関係の編集者なのですが、
    途中に思いが募って資格試験の受験と、飲食業でワインサービスも
    経験しています(アカデミー・デュ・ヴァン通学済み)。

    一読したとき、やはり辛口な気持ちになりました。
    これまでどれだけ時間とお金を費やし、失敗もし、
    育ててきた人間関係があり、そこで知識を培ってきているので、
    トピ主さんの感覚はずうずうしいかな…と。

    でも、女性として、出産や子育てが大きなネックになるので、
    あせる気持ちもよく分かります(笑)…
    そうそう飲んだくれていることもできませんよね。
    私も、25歳くらいのときにそのことを見据えて、30歳になるまでに
    一通り好きなことを経験しようと思って勉強のプランを
    計画してきましたし。
    (続きます)

    ユーザーID:4621667940

  • 出来るところから2

    私は飲み始めの頃は、予算や国をざっくり決め、参加者が持ち寄って何故選んだのかプレゼンし、みんなで味わって感想を交換し、ネットや本で調べ直していました。引き出しをざっくりと作っていた時期です。

    そのうち独学の限界が見えたので、信頼できる先達者や教育機関から知識を得て自分の主観を修正することで、引き出しが整理され、世界が一気に広がりました。根拠のある知識を得ることは大切だと痛感しました。
    ある方が「イタリアの白はえぐみがある」と書かれていましたが、その方が選んだ1本にえぐみがあっただけ、です。「イタリアの白」はとにかく幅広いので、入り口が閉ざされることがないように、と思います。

    私はいま、ワインについてこんな気持ちで向き合っています。
    「ワインは回り道を楽しんでこそ。一期一会で出会ったワインの個性を楽しむ余裕を持つこと」。その上で、「茶道や絵画などと同じで、型を知って膨大な知識を得て模倣し、経験を得て、オリジナルの感性を磨くことのバランスが大事にする」。

    そうそう「神の雫」は面白いけれど、脚色が過ぎるところがあります(笑それを念頭に読んでくださいね。

    ユーザーID:4621667940

  • 追記

    何度もすみません、ハム子です。もうひとつ書かせて下さいね。飲み比べをする時は、ミネラルウォーターの入ったコップも必ず置いて下さいね。口の中をリセットさせるために必要です。せっかくのワインの味がわからなくなってしまいますからね。

    ユーザーID:3230413483

  • ワイングラス

    再び失礼します。私もワインを心から愛しているので、気になってまた開けてしまいました。ご自分に合うスタイルを探して、楽しい会を開催されることを応援しています。

    >グラスとかも重要ですよね。うちにはリーデルの品種別のグラスが2脚ずつありますが、
    今回いい機会ですしオールマイティーにこなせるグラスを6脚ほどお揃いで買おうかな・・・

    ワイングラスのことで一つアドバイスをさせてください。テイスティングをされるならグラス一人一脚では絶対にだめですよ。5本のワインを開けられるなら、一人5脚必要です。そうでなければ違いを比べられません。オールマイティーで小さめのグラスでよいと思いますが、ワインの本数*人数のグラスは揃えられて下さい。

    ユーザーID:9121659607

  • ワイン大好きサークル

    勉強をしたいのならそれなりの講師を用意しましょう。
    でもそういう感じじゃないようなので・・・
    私が友人達と楽しんだ方法をご紹介します。

    メンバーは7人。
    場所提供は各自順番にしました。
    場所提供者以外のメンバーはまず2人組になって それぞれ決められたテーマに合うと思うワインを自分で探してきます。
    行きつけのお店でもいいですし、ネットや本で探してもいいので探して買って持ち寄ります。
    3組いるので3本ワインが揃います。
    食べ物は持ち寄りにしたりデリバリーにしたりその時で違います。
    そしてそのワインを飲み比べながら感想を言いながら楽しみます。
    ワインって知識があれば楽しいでしょうけれど、頭よりも舌でまず味わった方が楽しいですよ。
    あ〜このワインハズレ!とかこのワイン意外とアタリよねと良いながら楽しむのもいいですよ。
    10回カリキュラムというのならば、10回とも同じ一つの品種というルールを作り、「今回はこの料理に合いそうなワイン」「デートで飲みたいワイン」「夏の夜に飲みたいワイン」とテーマを決めて皆で持ち寄りましょう。
    なぜそれを選んだかもちゃんと発表します。

    ユーザーID:7879847297

  • ありがとうございます。トピ主です。

    >めるろう様

    すごいです、双子ちゃんと育てながら資格取得!

    どんなに大変だったでしょう。頭が下がります。

    そうなんですよ、一心不乱にお酒飲みたいわけじゃなくて、
    ワイン熱って幼児がいても消えてくれないんですよね…

    せめて子供の前で酔わないというのを心がけたいです。

    どうもありがとうございました。


    >サンガー法さま

    いい本ですね!

    書店に行って探してみます。きっと購入すると思います。

    11品種ということで、なんだかそのまんま参考になりそう…

    ありがとうございます!


    >ハム子さま

    楽しむ会。

    そうですね。

    楽しむ+勉強あそび、というイメージになってきました。

    から回らないように、友人たちとよく話し合ってみます。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:0979384310

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧