お母さんは誉めてくれないと言われます

レス47
(トピ主3
お気に入り54

家族・友人・人間関係

ふゆこ

こどもたちに言わせると私は勉強しろだのなんだのとうるさいくせに勉強してもテストでいい点を取っても「ヨカッタネ」の一言だけで誉めてくれないそうです。
家事を手伝ってくれた時も「ありがとう、助かる」くらいは言うのですが子供にしてみたらがっかり、なんだそうです。

しかし私が毎日家族のためにしていること(大層なことではありませんが)に対しては誰も誉めてくれないし感謝の言葉もありません。
たまに、夫がご飯を作った時などは私は気を使って「ありがとう、オイシイ」などと言います。めったにないせいか、こどもたちも「すごーい」みたいな反応をしますが、普段私が「ご飯ができたから食べるように」と声を掛けるとめんどくさそうにします。おかずが気に入らないと文句も言います。

いや、私自身は誉めて欲しいとかいちいちありがとうと言って貰いたいなどとも思ってないんですけどね。
口うるさく言いたくて言ってる訳でもないのに、なぜ私は責められる一方なのか!?と思うとこどもっぽいけど悲しくて。悲しいけど納得できなくて。

世のお母さんたちは、もっと上手に子どもを誉めていらっしゃるのでしょうか?

ユーザーID:3848012334

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 具体的にほめる

    を心がけています。
    ××がすばらしいとか××がかっこいいいetc。
    100点とってきたら「おかあさんうれしい」もつけてあげてギューします。
    子供の照れくさそうな顔かわいいじゃないですか。

    しか〜し大人相手の「お上手」はだめ、苦手、勘弁、どうしてもいえません。
    目下の悩みです。

    ユーザーID:8214531233

  • 褒めてあげたら良いじゃない

    子供の精神面の成長にとって、誰かから認められる、褒められるって大切みたいですよ。自己評価の低い人になってしまうそうです。

    子供だって、褒められたら「もっと頑張ろう」と思う筈ですから、褒めてあげたら良いじゃないですか。

    私も家族から家事への感謝なんてされた事ないですけど、まぁ、それとは別問題かなと思っています。相手は、子供ですから。

    ユーザーID:4944238033

  • 誉めないから誉められない

    「誉めて伸ばす」をモットーに育児をしています。
    些細なことでもどんどん誉めます。
    誉められると子供は笑顔になって、「次も頑張るぞ」と思えるようです。

    子供をどんどん誉めていたら、子供たちも私を誉めてくれたり、労りの声を掛けてくれるようになりました。

    「誉める」「労り」「感謝」。
    これらはどれも、一方通行には行かないものだと思います。

    ユーザーID:3281975206

  • 子供は誉めてのびる

    たまにおもちゃとかで釣って勉強させたりする人もいるみたいですけど、
    一番大切なのは誉めてあげることです。
    お子様にしたら「ヨカッタネ」<「頑張った自分」なんだと思います。

    口うるさく言いたくないなら言わないことです。
    言われるのが嫌で勉強した結果ですから、トピ主様はよかったと思ってもお子様はそうじゃないんだと思います。

    トピ主様に対して誰も誉めてくれないとおっしゃいますが、
    親のトピ主様が誉めてくれないんだからお子様から言葉が出ないのも仕方ないと思います。

    ユーザーID:2884099529

  • どんどん誉めあう

    本題と外れますが、「誉めてほしい」ってお子さんが言ってくれるのは、それだけ親に心をひらいているってことで、トピ主さんは素敵なお母さんなんだろうな、と想像しちゃいました。

    さて「誉め」ですが・・・うちは夫婦2人ですけど些細なことでも誉めあいますよ!というより、新婚の時期から「誉めは大事!」って言い続けたから(笑)。
    お皿下げてくれてありがとう、この料理美味しい、こんな素敵な土地に旅行に連れてきてくれてありがとうなどなど・・・。
    別に必要ないといえば必要ないけど、「おはよう」や「おつかれさま」と一緒で日常の円滑油というか。

    トピ主さんだって、別に誉めてほしくないとおっしゃいつつも、家族に不満ばかり言われるのは悲しいんですよね。本当は誉めてほしいのでは?
    「○○ちゃん、テスト頑張ったね〜」って食卓でお子さんを誉めてから、冗談っぽく「お母さんもこのおかず、美味しく作れたよね!お母さんも誉めて〜♪」って言ってみては?
    旦那さんも、真面目な雰囲気だとあえて妻を誉めるのは恥ずかしいだろうけど、冗談ぽくならそのうち誉め言葉を口にしてくれるのでは!

    ユーザーID:4385341801

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 上手な褒め方かわからないけど

    +αの褒めがあれば、と思いました。
    次に繋がるような、自分に自信が出るような、頑張った実感が湧く褒め方です。

    例えばテストなら、
    やったね!よく頑張ってたもんね、お母さんちゃんとわかってたよー。
    普段お母さんもうるさく言ってたけどさ、あなたもほんとによく頑張った!
    なんてね。

    お手伝いも、
    ありがとう、助かるわー。
    あなた達が手伝ってくれたおかげで今日も楽しく早めに家事が完了☆
    空いた時間にちょっとゆっくりお茶でも飲んじゃお♪一緒にどう?
    なんてね。

    それに、自分で自分のことも褒めちゃいます。

    今日の夕飯はいい感じに出来たわぁ!
    どうよこの、煮物の味のしみ方は。
    絶品よね。
    こんな美味しいお料理食べれるなんて幸せ♪

    わたしは毎日、こんな感じで褒めまくっています。
    そのせいか子供はいつも「次ももっとがんばる!」「お母さんの料理最高」「もっとお手伝いする!一緒に家事するの楽しい」と前向きにやってくれています。

    気に入らないおかずにはダメ出ししてきますが、次回どうすればいいか一緒に考えてくれるので、ただの文句で終わりません。

    ユーザーID:6975349167

  • 答えは出ているよね。

    お子さん達が「せっかく頑張ってるのに誉めてくれない」って思う気持ちは、
    トピ主さんが「私が何をしたって、家族は感謝してくれない」
    と思っている気持ちと同じなんだよね。トピ主さんはもう答えを出しているよ。

    沢山誉められて、誉め言葉や感謝の言葉を沢山浴びている子は、
    他人に対しても、同じ様に誉めたり感謝したりしている気持ちを
    言葉で表すことが出来るようになるんじゃないかな。

    「誉める」って考えると難しいのであれば「認める」でも良いと思うよ。
    トピ主さんも、普段の自分の頑張りを
    「お母さんがいつも綺麗にしてくれるから気持ち良く暮らせるんだね。」
    って認めて貰ったら嬉しいでしょう?
    「テストの点が上がったね。頑張ってるんだね。エライね。」
    「お手伝いしてくれたんだね。お母さんとっても助かるよ。ありがとう〜」
    「頑張ってる時の○○ちゃんが、大好きだよ。」
    って、ちょっと大袈裟なくらいにリップサービスしたって損は無いよ。
    家族の間だって(家族だからこそ?)
    お互いに気持ちよく暮らせる様な心使いは必要だと思う。

    ユーザーID:0451497238

  • ありがとうございます

    私自身は普通に誉めているつもりだったのですがこども達が納得する「誉め方」ってどんなの!?と思ったので具体的なアドバイスを下さった方、ありがとうございます。

    「お母さんもうれしい、ギュー」は一番上は年齢的に向こうが拒否りそうですが、末っ子にはまだまだ有効でしょうか。今度やってまます。一番上にもやってみようかなー。突き飛ばされそうでコワイですが。

    勉強に関して言えばテストの点数が良かったことではなくそれに至るまでの過程を誉めたらいいのかなぁ・・・と思い直しました。
    でも頑張ってるように私は思えないので・・・。
    だから点数が良いといっても私の物差しでは今ひとつ、なことが多いです。
    だから口先で「ヨカッタネ」なんて言っても実は本心じゃなくてそれを看破されてるのでしょうね。うーーん、鋭い。
    自分の物差しではなくもっとこどもの心に寄り添って頑張りを認めてあげれるように奮闘します。

    子育てってどこまでも修行だなぁ。
    でもこれも自分の器を大きくするための勉強、私も「頑張り」ます。

    ユーザーID:3848012334

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 誉めます

    来月3歳になる娘がいます。
    まだ言葉が出ないうちから何かと誉めていました。
    今は娘もたくさん誉めてくれます。(ごはん美味しいよ。ありがとう。抱っこしてくれてありがとう。大好きetc.)
    とても幸せです。

    ユーザーID:2543453280

  • 言ってほしければ言うこと

    まさに題名通りです。
    誉めてほしいなら、子どもや夫を誉めることです。
    そうすれば「お母さんもいつもありがとう」と言ってくれます。

    ユーザーID:5220521604

  • どうして責められてると受け取るの??

    いわゆる波長の法則でしょう。
    答えは簡単。互いに誉め合う、感謝し合う。
    ただ、それだけです。

    本当に良くやってると思いませんか?子供たちって。
    私なんて毎日勉強させられてるのはコッチ(親)の方だと、
    日々痛感します。
    「出会った人に挨拶しいや〜」って言ったらちゃんとしてるし、
    実際、本当にしてるからコチラも、私も行きかう人に、ごまかしてケイタイメール見る振りなんてせずにキチンと会釈して挨拶しなきゃ、とかね。
    そんな毎日ですよ。

    トピ主さんが責められる、なんて稚拙なこと言ってないで
    子供の方が、真っ直ぐに指摘してるだけです。
    私の母親がトピ主さんのようなタイプで困りました(苦笑)
    それはおいてといて、子供は大人(たち)の背中を見て育っているのです。
    そういうツッコミ(失礼!)をするなんて成長に感謝して
    器の大きなお母さんになってくださいね〜(応援!!)

    ユーザーID:5461527167

  • 良いとこ探し

    トピ主さんのお子さんの気持ちもわかるし、トピ主さんの気持ちもわかります。
    こうなったらいっその事、家族みんなで「良いとこ探し」をゲーム感覚でしてみたらどうでしょうか?

    褒めあいっこじゃないけど、お互いの良いところを見つけたら褒めあうんです。
    そしたらトピ主さんも褒めてもらえるし、お子さんも褒めてもらえます。
    ゲーム感覚だから深刻さもありません。(笑)
    続けば褒めあうのがそのうち習慣になるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4011669960

  • 一番簡単で、なおかつ有効な褒め言葉

    『ありがとう』

    トピ主さんもご主人に言ってるんですよね?
    一番ウソっぽくならなくて、言いやすくて、言われてうれしいと思いますよ♪
    わたしは困ったときに乱用してます(笑)

    ユーザーID:6846293971

  • 私も誉めて欲しい・・・なぁ。

    ふゆこさん 可愛い人ですね。「ありがとう」「おいしい」「助かるよ」など・・・たとえ家族でも気持ちの潤滑油になりますよね。
    我が家は主人+思春期息子2人で紅1点ですが、みんなの一言で(次も頑張るぞ〜)と励みになります。子ども達も同じですよね。

    勉強の場合はその個々に応じて、能力と言うものがあり、我が家の場合 上は1を聞いて10を知るタイプ。下は10の努力で3しか実を結ばない・・。でも 下はすごく真面目で、一生懸命にやっている健気さは親でも頭が下がる思いで見守っています。ですから とても頑張っていた教科は、「ちょっと点は伸びなかったけど、○○は難しい単元なのによくわかったね。凄いよ。次は××が出来たら完璧だね。」なんて言っています。
    ですから・・・凄く頑張ってそれでも平均そこそこだったテストでも ちゃんと出してきて、「みてみて ほら ここ最初出来なかったけど、テストでバッチリだったよ」と嬉そうに話してくれていますよ。地道ですが、ちょっとしたことが励みになるんですよね。
    今の時代 自信の積み重ねがとても重要ですから、素直にそして大げさなほどに誉めても良いのではないかしら?

    ユーザーID:0576207585

  • うちの母がそうでした

    子どもの頃、勉強も運動もできるほうでしたが
    あまり褒めてもらった覚えがなく、高校生になって爆発し
    母に泣いて抗議しました。「私はお母さんにもっと褒めてもらいたかった」と。
    母は褒めていたつもり、奈津子ならもっと伸びると思って激励してきたつもりだと言いました。

    最近、精神科医の「子どもに愛はいらない」という著作を読みました。
    タイトルに衝撃を受けて手にとったのですが、子どもが欲しいのは「より良くなってほしい」という親の愛ではなく、
    とにかく認めてもらいたいのだと。肯定されたいのだと。
    その欲求が満たされてきたかどうかで社会で大きな差が出るようです。

    口うるさく言われなくても、子どもはたいていのことは了解している。
    いつか気づいて自ら頑張る時期が来る。
    自分の子ども時代思い出すと、そうではなかったでしょうか?

    ユーザーID:4925369380

  • 私も誉めベタ

    私自信、親から誉められた記憶がないし、我慢と遠慮が幼稚園前から染み込んでしまった子供だったので、感情を表に出すのがなかなかできません。
    子育てしてても、赤ちゃん言葉は使えないし(笑)、言葉を覚えてない赤ちゃんに語りかけるなんて(それをする自分が)気味悪くてできませんでした。

    表現がどうしても控え目になってしまうため、頑張って誉めようと思っても「へ〜すごいじゃん!」が最大級。

    それでも、どうやら子供は真っ直ぐ育ってくれました。

    トピ主さまはお子さんから、もっと誉めて欲しいと要求されているようですが、それって意外とすごい事ですよ?
    私は親にそんな事言えないほど遠慮してましたし、私の子供たちもそんなストレートな事は言ってくれませんでした。

    まだまだ大丈夫ですよ。ちょっとづつ、誉め慣れしていけば。

    それと、小さな事を日常的に誉めるのももちろん有りですが、本人が思ってもみなかった部分を、ここぞと言う時に誉めてあげると喜ぶんじゃないかな。
    私は、ここぞと言う時のために、こっそり誉め言葉をストックしてます。笑。

    ユーザーID:6127089866

  • 誉められないと

    私が決して誉めることのない母を持った者です。
    学校で100点取っても誉められことは無く「当たり前」と言われ、90点なんて取ろうものなら頭ごなしに怒られる。
    成績や運動はいつでもトップでしたが、嬉しさ楽しさなど感じたことの無い子供でした。

    結局、達成感という言葉は理解不能、何事も人から(大人や目上の人から)許可や納得や同意の言葉がないと不安で不安でいてもたってもいられず、非常に自己評価の低い人間になりました。何をやっても自分のやったことに自信が無く不安で、ついさっき聞いたことも他所の子から茶々入れられると間違っていたのではないか?と自分の耳が信じられず不安になってしまい、中断するような状態。
    そういう自信の無さ・いじりやすさからいつもいじめられっ子でした。

    自分とは正反対の夫と一緒になってら目からウロコなことばかり。観察したり指摘されたりしているうちに、やっと自分はなぜこんな辛い目にあってばかりで楽しいなんて感じたことのない人生だったのか、なぜこんな考え方なのかが初めて分かりました。

    子供の元々の持つ素質によっては、私のように押し潰された人間になってしまいますよ。

    ユーザーID:0473307342

  • 参観日に思いだそう

    こんにちは〜。

    うちも反抗期でかわいくない子がいます。自意識もできてきて、自分のことを
    卑下しています。で、そんな子どもにしているのは、参観日の夕食の時に
    「いやあ〜、やっぱり○○がクラスで一番かわいかったわ〜」と褒めること
    です。たいがい「え〜、××ちゃんの方がかわいいよ〜」とか言うのですが、
    「ママは○○が一番だと思うよ」と真顔で答えます。

    参観日に…と決めているのは、年に数回必ずあるので、忘れないから(笑)。
    また、「私は……と思う」という主観なので、間違うということがないのが
    いいです。例えば、テストの点数なんかだと客観的な要素なので、褒める
    ことが難しい場合があります。でも、「かわいい」という主観なら、私の
    思うことですから、決して誤りではありえません。

    私はスキンシップがちょっと苦手なので、こんな風にリップサービス的に
    褒めるようにしています。ご参考までに。

    ユーザーID:9104233392

  • 先ず、子供が頑張っている状態そのものに目を向けてみては?

    こんにちは。大人である親の基準・物差しで誉めようとすると、確かに、どうしても結果に目が行ってしまいますよね・・・。テストの点数、部屋を奇麗に片付けているかどうか、徒競争の順位、ピアノやスイミングの級が上がった等々。

    でもその結果を得るためにした行為そのものが、正に子供が頑張っている事です。そこに光を当てるのも一つのやり方です。そうすると、誉めどころがいろんな角度から見えてきます。また、光を当てるというのは、ちょっと立ち止まって考えてみなければいけませんから、決して「口先だけ」ということにはなりません。「口先だけ」で褒めても、子供は見破りますものね。

    >こども達が納得する「誉め方」ってどんなの!?と思ったので具体的なアドバイスを下さった方、ありがとうございます。
    ここが少々ひっかかりました。確かに『具体的な』アドバイスは行動に移しやすいし、結果も求めやすいです。しかし、子供の心に寄り添う事と結果追求は、いつも一致するとは限りません。ただ、今回の誉める誉めないの事だけでなく、すぐに結果を得ることに重きをおかれているように思えたもので。勝手な推測ですから違っていたらすみません。

    ユーザーID:0056347316

  • 気持ちの整理(続・ありがとうございます)

    少し辛口の意見も含めて、私が私の殻を破る糧になってくれました。レスをくださった皆様、ありがとうございます。
    しかし「誉めないから誉められない」との意見には苦笑いです。
    私のしていることなど主婦・母として当たり前、のことなのでいちいち誉めて欲しいとか感謝を表して欲しいなどとは思っていない、と書いたのですが。
    なので私としては子供たちが勉強するのも小学生・中学生として当たり前のこと、と思っていました。

    なので「責められる」というのは被害妄想チックな表現でしたが「なぜ私ばかりが要求されねばならぬのか!?」ってかんじでしょうか?
    でもそれは大人の私の感覚で子供たちはもっと誉めて欲しいと願っているのですね。
    誉めてくれない、と子供は表現しましたがもっと奥底では「私をきちんと見て欲しい」と思ってるのかな?とも思います。
    小生意気にツッコミを入れてくるけどまだまだ私に甘えたい気持ちもあるのかな?

    少し続きを書かせてください

    ユーザーID:3848012334

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 気持ちの整理(続・ありがとうございます2)

    今回子供の「誉めてくれない」発言に自分でもいぶかしいほど揺すぶられてしまったのですが、一回親子関係を見直す、というか母親として今一度ふんどしを締めなおすいいキッカケになったかも、と思います。
    まさにナイスツッコミ(?)

    口うるさく言うのはやめよう、と思ったのですが、辞めたら今日は遅刻しそうになり、やっぱり口うるさく言うのはどんなに批難されても母親として逃れられない宿命なのかも・・・。
    とも思っています。
    やめたほうがいいんですかねー?トホホ。

    ユーザーID:3848012334

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • そうですね。

    幼稚園教諭です。
    子供って何かしたときに「お母さん喜んでくれるかな」って
    考えるものなんですよ。
    ですから反応がないとガッカリしちゃうんです。
    トピ主さんは親御さんにあまりほめられなかったのかしら?
    あなた自身もほめるのが苦手なのかな?
    慣れないことを無理してやろうとせずに
    テストで良い点をとったら「すごいね〜!」、
    何かしてもらったら「ありがとう!助かったよ」って
    言うだけでもいいんですよ。
    そこから始めましょう。
    きっとお子さんはパーッと嬉しそうな顔をするはず。
    ほめてるうちにほめることが大好きになりますよ。
    損得は考えないほうが良いです。
    親元にいる時って感謝とかありがたいとか
    何も思わなかったです。
    家を出て家庭や子供を持ちはじめて分るものです。

    ユーザーID:8575802739

  • 私の両親もあんまり誉めてくれませんでした

    私の両親は素直に誉めることが出来ない?みたいです。仕事も忙しい人達だったので兄弟の面倒見たり、勉強頑張って、親にも迷惑かけないように自立してきましたが、全く持って誉めてもらえた記憶がありません。
    口を開けば文句ばかり言われてます。今でも。
    昔はそれがものすごくいやでしたし、自分に自信が持てなくて歯がゆい思いをしたこともありました。
    ところが、私の知らないところでほめちぎっていると叔母から聞いたときには、恥ずかしいやら、嬉しい思いがしました。
    なんだ認められてるじゃんって、気持ちが軽くなりました。
    だから「ヨカッタネ」よりは「ありがとう」や「助かるわ」とか「いてくれてよかった」といってもらえると嬉しいです。
    会社の先輩が言っていたのですが、言葉は自分に返ってくるそうです。自分は言ってもらってないのにと落ち込むより、自分から親切だったり優しい言葉を投げかけ続ける事によって、その言葉が返ってくるそうです。
    気の長い話かもしれないですけど、ほめ続ければいつかお子さん達からも誉められるかもです。

    長くなってしまってすいません。

    ユーザーID:2718698488

  • 褒めてあげて

    子どもは褒めてのびる子と叱ってのびる子がいると聞いたことがありますが、叱ってのびる子なんてお目にかかったことありません。なので褒めてあげてください。
    がんばっても褒めてあげないと、お母さんはわたしに無関心なんだ、わたしはどうでもいい存在なんだ…と思って自分に自信のない他人のあらさがしばかりする子になっちゃいますよ。恥ずかしながらわたしがそうでした。テストで良い成績をとると「調子にのるな。」と逆に叱られていました。大人になってもずっとその調子で親に認められないまま。
    褒められたことがないので他人の長所より短所を探す人間が出来上がりました。直そうと思ってもなかなか難しいです…。

    しかし私が毎日家族のためにしていること(大層なことではありませんが)に対しては誰も誉めてくれないし感謝の言葉もありません。

    って…何十歳も年下の人間と同じ土俵に立たないでくださいよ。子どもは親の背中を見て育つと思います。あなた自身がお手本をみせてあげては?

    ユーザーID:3915134799

  • いいお子さんじゃないですか〜

    そうやって不満をちゃんとぶつけるなんてエライですよ。

    私なんか褒めてくれない母にふて腐れて対抗しましたよ。そして、母の前だけイイ子を演じて陰で悪いことしてました。(タバコとか・・・)
    そんな私に母は余計に苛立って悪循環でした。

    せっかくお子さんが言ってくれたんですもの、これはチャンス。
    大袈裟でなくても、「頑張ったね」「いいね」「似合ってるね」ちょっとだけでも褒めてあげてくださいね。
    そして、トピ主さんも「私も褒めてくれたらもっと家事頑張れるんだけどな〜」とか言ってみてはどうですか?

    ユーザーID:8494855477

  • 褒めてあげて!!

    私達兄弟も、母から全く褒められずに育ってきました。
    先日、親との関係を改めて考えさせられる出来事があり、私達家族の関係が希薄なのは、あまり母から褒められたり認められたりしたことがないせいかな、と姉や妹と話していたところです。
    私がいまだに自分に自信が持てないのもそのせいだと思っています。
    その事を母に先日話したところ(ちなみに私はもう40代)、トピ主さんのような反応でした。
    再び傷つけられたような気分です。

    お子さん、沢山褒めてあげてください。お子さんのしたことに、一緒に共感して、何かしてもらったら小さいことでも本当に感謝してください。
    つまらないことと思えるかもしれないけど、子供の成長にとっては人間性や人生を決める大切なことです。

    ユーザーID:2070944697

  • ないしょ話

    ここだけの話ですが、人を誉めるのって、自分の望む方向に他人を誘導したい時に使うテクニックなんです。だから、職場では、いい上司ほど部下をうまく誉めて使うでしょう? いい大学へ進学して欲しいから、テストでいい点をとったら誉める。家事を手伝ってもらいから、お手伝いを誉める。不純にきこえるかもしれませんし、自覚のない方も大勢いらっしゃいますが、これが本音です。

    あまり難しく考えないで、子育てする方法のひとつとしてお使いになってはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7469695537

  • 「褒めること」「褒められる事」が苦手ですか?

    『私のしていることなど主婦・母として当たり前、のことなのでいちいち誉めて欲しいとか感謝を表して欲しいなどとは思っていない、』とのことですが、
    「今日の晩ご飯おいしい!お母さんこれ作るの大変だった?ありがとう!」
    なんて言われたらどうですか?
    「そんな大げさなー」と照れつつも、「作ってよかったなー。また近いうち作ろう!」と思いませんか?
    子供を褒める時も同じじゃないですか?

    子供の気持ちになってみて、「言われてうれしいな、頑張ろうってやる気がでるな!」って言葉、出てきません?
    「子供は勉強するのが当たり前でしょ?」とは、私も子供の時言われてましたが、
    言われた方は、やる気がなくなって暗く悲しい気持ちになりますよ。
    トピ主さんが子供さんに実際に言ってなくても、親の考えや気持ちって子供に伝わりますから、
    子供さんは心の深いところで傷ついてるかもしれません。

    ひょっとしてトピ主さん自身がそういう風に(あまり)褒められずに育ってきたのではありませんか?
    もしかしたらトピ主さんが「アダルトチルドレン」だという可能性もあります。
    一度ネットなどで調べてみてはいかかでしょう?

    ユーザーID:4433274672

  • 誉めるって。

    誉めるって 相手が頑張っている所を 良く見ていないと出来ないでしょ。

    「もっと私の事を 見て、」って事でしょう。

    ある意味「愛して。」サインじゃぁないの。

    人間って複雑だから。

    ユーザーID:5954047053

  • 大げさに!

    私自身は親から特に褒められた記憶がなく、そのせいか自分に自信が持てずに育ちました。
    ですから子どもには、小さなことでもいいから、とにかく褒めることを心がけています。

    褒めることはなんでもいいんです。
    たとえば「昨日はママに言われてから歯磨きに行ったのに、今日は自分から行けたね」とか。
    そしてちょっと演技もいれて大げさに褒めるんです。
    すると子どももいい気分になって、ノッてきますから。

    褒めることは探せばいくらでもありますよ。
    探すってことは子どものことをよく見るってことだと思います。
    小さなことでもいいんです。
    一日一回は褒めるつもりでやってみてはどうでしょう?

    ユーザーID:1872432747

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧