• ホーム
  • 働く
  • 思いきって、一年間仕事辞めて休んでみる

思いきって、一年間仕事辞めて休んでみる

レス34
(トピ主0
お気に入り97

キャリア・職場

いい年して出社拒否

タイトルのことを実行に移した方いらっしゃいますか?
実行された方、その後、どうされましたか?
不躾ではありますが、教えてください!

ユーザーID:8389409737

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ニートしてみました

    10年勤めた会社を退職し、退職金や蓄えがいくらかあったので、1年くらいニートを経験してみようと思い立ちました。
    夜中まで起きてDVDを見たり、平日の昼間からカラオケに行ったり遊園地や旅行に行ったり。

    曜日を気にしなくていいなんて幸せ!
    と小躍りしたのもつかの間、3ヶ月で飽きて再就職しました(笑)

    ユーザーID:1907854709

  • 産休・育休で1年休みました。

    結論。
    1年休んでしまうと、完全にペースを取り戻すのに半年かかります。
    迷惑かからない程度に脳味噌が回転するまでに3か月かかりました。

    育休のように、戻る先があり、周りが役立たずに対して温かければ
    元に戻れますけど、普通に会社を辞めて1年後に社会復帰をするのは
    かなりきついかと。

    1年間の間に何をするかによっても違うと思いますが・・・。

    ユーザーID:5855226457

  • 創作に没頭

    28歳でいちど会社を辞めました。
    長時間労働で身体に不調が出ていたこともありますが、しばらくは時間を自由に使うぞ!と決めて、計画的に退職しました。一人暮らしは継続するつもりだったのでそのためにあらかじめお金を貯めました。

    諸手続きに1カ月+待機期間3カ月+失業給付6カ月、で1年弱失業生活を満喫しました。

    その期間は創作活動に時間を費やしました。学生時代に出版社からお声がかかったものの、就職して時間がなくなって遠ざかってしまい・・・。
    あわよくばプロに!と勢いこんで賞に応募しましたが、結局最終選考にも引っかからず(笑)それで諦めがついたかな。
    貧乏旅行でしたが長期の国内旅行にも行き、エネルギーを充填できました。自分にとっては必要な時間だったと思っています。

    失業給付終了後は派遣の仕事からスタートしました。年齢的に派遣では売り手だったのと、超氷河期で大卒フリーターもめずらしくなかったのが幸いしました。

    今になるとなんて無謀な、と思いますが。こんなことができたのもあの時だったからだなぁ、と思います。

    ユーザーID:5931972050

  • 特にどうってことないです

    1年間休もうという目的で退社したわではありませんが、結果としてそれくらい休んでいました。その後はバイトしたり就職したりで、今は起業しています。
    私は自分の人生は「何とかなるさ」という基本のもとあまり(というか全然)深く考えない方なので、1年間休んだからって特にどうということはありませんでした。1年休んでも、働きはじめればすぐにもとの会社員生活のリズムに戻ります。
    トピの趣旨が分からないので、参考にならなければごめんなさい。

    ユーザーID:0993029073

  • 仕事は筋肉

    私の場合は、「1年間働かないっ」と夫に宣言しました。
    夫が私の収入に甘えて、無収入だったため、彼に働いてほしくてとった苦肉の策というか、最終手段でした。

    結果。鬱気味だったのが、完全な鬱になりました(苦笑)

    離婚後、社会復帰するのしんどかったでーす。鬱が長引いて。
    経済力は手放してはいけないと、肝に銘じました。

    あるマンガで、結婚退職を考えている主人公に男上司が言った台詞があります。
    「仕事は筋肉だ。1日休めば衰える」

    私にはすごく含蓄のある言葉です。

    ユーザーID:9898158069

  • しました

    会社を辞めその貯めたお金で2年間ニートしました。
    失業保険が3ヶ月ありました。
    一人暮らしなので誰にも文句を言われることなく快適な時間を過ごせました。
    最初の数ヶ月は一日中ゲームばかりしてました。
    その後は河川敷に散歩に行ったりスポーツジムに行ったりしました。
    そして資格を取りまた就職しました。

    再就職の場合「仕事をしていない期間何をしていたんですか?」と聞かれるので何か資格を取ったほうがいいですよ。

    ユーザーID:1853011695

  • 旅行とカルチャー。

    1年間休んで、旅行とカルチャースクールに通いました。
    ・・・でもそれだけです。
    その後は派遣で働いています。

    ただ、前に働いていた会社が酷かったので、働く気持ちが全くもてなかったのですが、1年間休んで好きなことをしていたら、必然に
    「働こう!」
    という気持ちになりました。

    私の場合は、心が半分ダメになりかけて辞めたので、目的が「とにかく休みたい!」という気持ちが先行してやめただけなので、参考になるかどうか分かりませんが。

    ユーザーID:9594391535

  • 実行しました

    32歳の頃、仕事のストレスで心身共に絶不調になり、思い切って会社を辞めました。
    時間ができたらやろうと思っていたこと(とにかく寝る、旅行、スポーツ、料理、映画鑑賞などなど…)を
    片っ端から全部やり、とにかく好きなペースで暮らしていたら、半年くらい経ったある日、
    突如勤労意欲がムクムクと湧いてきました。「あー、充電完了したんだな」って分かりました。
    辞めた当初は「この疲労感が消えるのには何年かかることか…」と思っていたので思ったより随分早かったです。
    再就職はそれなりに時間がかかりましたが、今はまた正社員で働いています。
    多少ストレスがあっても思う存分休んだおかげか、辞めたいとか休みたいとか思わなくなりました。
    辞めなくても休職って手段も使えるかもしれませんから、調べてみてはいかがですか?

    ユーザーID:4888363068

  • 認識が変わりました。

    私は看護師をしていましたが、とにかく疲れました。

    人間関係、業務、とにかく疲れたのです。
    23年間、独身時代から走り続けた自分がいました。
    これではいけないと、1年半、医療現場から、離れました。

    そして、家庭、子育て、妻、友達、関係と見つめ直してみました。
    貴重な時間となりました。

    気ついたのです。
    何が大事かを、家族でした。

    思いやり、にささえられた関係でした。
    自分の歩みをしようと決めました。

    人は無責任に言います。でも保障はしてくれません。言う人は何でも言います。気にしなくていいんです。気にしない強さもつけてきました。
    まだ、途中ですが、自分が変わってきたのを感じます。
    勇気を持って前に進んで下さい。応援しています。あなたに幸あれ。

    ユーザーID:9984706533

  • やってみました

    私の場合は、社会人13年目位、30代半ば過ぎに、無職しました。ちなみにずっと独身です。
    ずっと仕事を続けていて疲れたこともあるし、プライベートで、今となっては、些細過ぎて恥ずかしいけれど、くじけたこともあったので。
    半年くらいは、今まで出来なかった、やりたかったことを平日(今まで働いていた時間と思うと嬉しくて)にしたり、思い切り好きなことをして楽しんでいましたよ。でも、やっぱり貯金を取り崩しているとだんだんケチ臭くなってくるのがイヤで、半年後に、本格的再就職活動開始。
    最初に再就職(兼転居)した先は、いろいろと方針などが合わなかったので、辞表を叩きつけて(笑)、また9ヶ月位は、納得の行く条件の再就職を探しながらのバイト生活。その時は、週3日とかというペースで働いていましたが、仕事のない日は、朝食作って食べて片付けて、昼食作って食べて片付けて、夕食作って食べて片付けて1日が終わり、あれ?何やって居るんだ?自分、、という心境になりました。で、ぶらぶらしているよりは、メリハリつけて働いて遊ぶ方がやっぱり良いな、と実感し、条件の合うも見つけて、再就職し、今に至ります。

    ユーザーID:0292130788

  • 半年でしたが

    7年つとめた会社に行き詰まりを感じて次を決めずに辞めました
    2ヶ月はカナダ、アメリカを旅してその他はゆっくりのんびりと過ごしました
    するとまた働きたい気がしてきて最初は派遣から再開し、次に契約社員になり、いろいろあって今はアメリカで正社員で働いています
    今思うとあの休んだ半年間は貴重なリラックスタイムだったなあ

    ユーザーID:1222067946

  • しましたよ。

    職が見つからず仕方無く、ではなく、何にもしないと決めて。

    パインさん同様、一日中好き勝手に過ごしました。生活費は退職金と蓄えでまかないました。朝方まで起きてネットや深夜放送三昧。昼頃起きて、行きたかったレストランのランチに行き、美術館やウインドウショッピングでウロウロ。
    最高でした。周りには、飽きるでしょとか、不安になるでしょ、と言われたけれど全くそんなこと有りませんでした。独り暮らしだったので文句言う人も無く、快適でした。生活費も、働いていたときの1.5倍くらい使いました。

    で、9ヶ月経ったところで、もうそろそろやばいかなあと思い、職安の資格取得講座に3ヶ月間通って資格を取り、その後その資格を生かした仕事に就きました。それから約8年。無事にその時の資格を活かして生活しています。

    今では、何よりも贅沢な時間を過ごしたなあと、心から満足しています。仕事で嫌なことがあっても、その時のことを思い出すと、あんな贅沢できんたからまあいいやっていう気持ちになります。

    私にとっては、悔いのない1年間でした。
    ただひとつ、この私の自由奔放な日々についていけず、恋人には振られました。ははは。

    ユーザーID:7577399008

  • 1年続きませんでした

    20代前半にブラックな会社にいて働くのが嫌になりやめました
    仕事づけだったのと親元だったので蓄えもあって・・・
    いざ無職になると3ヶ月ぐらいは楽しかったのですが
    することも無くなり仕事を始めてしまいました

    何かそれなりにやりたいことが無いと1年遊び続けるのも難しいです

    トピ主さんはまた仕事に復帰する気になるのか?
    再就職ができるのか?ってことですかね?

    お名前どおりいい年なら普通に働いていたほうがいいかも?

    ユーザーID:7127873812

  • 11か月お休み。

    私の場合休んでいた訳でなく、就職活動をしていましたが、
    仕事が決まらず、結果的に11ヶ月無職でした。
    10年以上正社員としてバリバリ働いてきた割に、無職の間はそれなり
    に楽しく過ごしました(笑)。

    旅行もしたし、レディースデーに映画
    も行ったし…。あとは、妹に二人目が生まれたので、ほぼ毎日ベビー
    シッターに行ってました。

    それなりに貯金もあったし、実家暮らしだったから多少心のゆとりも
    あったんだと思います。

    11ヶ月目にして、ようやく派遣で仕事が決まったのですが、PCの
    仕事から長いこと遠ざかっていたので、正直ブランクが心配でした。

    でも、意外と何事もなかったように、普通に社会人に復帰できました。
    今から思えば、無職の間にもっと思い切って遊んでおけば良かったと、
    ほんの少し後悔しています。

    ユーザーID:9916532589

  • 余程やりたい事ある以外は、、、、

    病気ややる事が無い限りはお勧めできません。
    休職後にまた働く気であるならば絶対と言っていいほど、間を開けない事が大事です。
    私も父の介護の為、昨年3月で退職しましたが、何かと手続きに終われて気が付けば一年たってました。
    頑張って仕事探しを続けてやっと就けたのがバイトの事務です。
    それもこの不景気で3ヶ月です。
    主さんがお若いとかスキルがあっての事なら申し分無いでしょうが、このご時世ですから心して取り掛かって下さい。

    ユーザーID:2472465077

  • 蓄えは多めに

    一人暮らしでそれやりました。
    なまじ前年に収入があると、無職でも住民税やら健康保険やら年金やらで、結構持っていかれます。
    会社を辞めた後は一ヶ月海外に行ってみたりとか好きなこともやっていたのですが、予想以上のペースで貯金が減ってきたので、10ヶ月で社会復帰しました。
    でも、人生にそういう「何にも所属しないただの私」という時期があったのも面白いことだったなぁと思います。

    自宅住まいとかで家賃や光熱費がかからない状況ならまだ安心ですけれど、そうでないならしっかり蓄えてから実行することをお勧めします。

    ユーザーID:7560840715

  • 失敗しました

    周りから「辞めたらあかん!再就職は難しいで!」と止められたのですが、若気のいたりで、金融機関の正社員ポストを放り出したことがあります。。
    親元にいたので、毎日、「何故辞めたの。明日からどうするの」と母に心配され、居心地悪かったです。

    結局、短期バイトしたり、パソコン教室通ったりしながら、半年後、派遣に復帰しました。(当初一年くらいのんびりするつもりだったのに)
    今はやはり、正社員の椅子を空けたことに深く後悔してます。再就職が本当に難しい。。こんなに不況になるとは思わなかった。。

    ユーザーID:8371795751

  • 学歴社会を思い知りました

    海外に留学してましたが、語学留学ではなく、芸術系なので、再就職の役には立たないです。
    現地には私と同じような「OL辞めてきた組」が多数いましたが、帰国後、ほとんどの人が派遣社員となりました。
    しかし、1名、東大卒の友人がおり、彼女だけは違いました。
    いきなり某公的団体の正職員に採用になったかと思うと、思ったような仕事ではなかったという理由で辞めた後、また次もどこかで採用され。。というように、渡り歩きをして、今は大手出版社でライター生活をしてます。

    もし、1年休んだら、恐らくは、派遣社員になっているでしょう。
    実家に住んでいて、その収入でも何とかなるのなら、いいと思います。

    ユーザーID:1381601327

  • 趣味の留学をしました

    安定した仕事で10年勤めてましたが、
    「今のままでは、今のまんま(←昔のCMのコピーです)」だわ!と
    思い切って退職して、ダンス留学をしてきました。
    当時32歳でした。
    周り中に引き止められましたが、1年かけて説明、説得して決行しました。

    今思えば、やはり行ってよかったと思います。
    言葉もままならない外国で生活を根底から変えて、
    自分を見つめなおす期間だったと思います。
    また、お義理の人間関係は切り、本当に大切な友人や、新しい友人を得ることができました。
    「やればできる」「やらずに後悔より、やって後悔」を痛感しました。

    現在は派遣(職が選べるのはすごく快適です)で働きながら
    ダンスのライブを主催したりしています。
    傍目には不安定な日々でしょうが、自分としては今までで一番充実しています。
    極端な例ですが、ご参考になりましたら。

    ユーザーID:9828166673

  • 26歳から1年半

    26歳の時会社を辞めて語学留学しました。
    リフレッシュ目的の遊学です。ABCからのクラスでした(笑)
    しかし学生になるには年をとりすぎていたのか、当初は数年間留学する予定でしたが
    猛烈に働きたくなり1年で帰国。
    帰ってきて2ヶ月はその余韻にひたって、ほぼニート。
    その後3ヶ月はちょこちょこバイトして、
    その後ちょこっと話せるようになった英語と前職を生かした仕事で再就職。
    1年半ぶりの社会人で、張り切って毎日毎日深夜まで働いて、今は海外駐在員です。

    人生に目的をもてなくて、ただ仕事ばかりしていて、リセットしたかっただけだったけど、
    その一年がなかったら、今とはまったく違う人生になっていたでしょう。

    ただ、働いていない間経済的に人に頼らなくていい十分な貯蓄があったからこそ心から楽しめたと思います。
    仕事をやめてもすぐに生活が苦しくなったり、人に迷惑をかけるようだとリフレッシュどころではないと思うので。

    人生はいつでもやり直せると思うので、自分を追い詰めないで、時には休養することで前に進めることもあると思います。

    ユーザーID:7939632783

  • 私の場合を思い出してみました

    トピ主さんと状況が違うと思いますが、
    仕事をしない期間を何度か経て、今は一生続けていけそうな仕事をしている者です。


    新卒で入った会社で激務と組織になじめず、
    心身ともに壊れそうになって(心は壊れたかも)会社を辞めました。

    半年休んだ後、派遣で数回働きました。
    でもまだ心の傷は癒えておらず、なかなか仕事や人生に希望が持てずにいました。

    そこで思い切ってすべての流れを止めました。
    ひたすら家に引きこもっていました。
    家族と同居だったので心配されましたが
    とにかく外の世界には出たくなかったので自分の意思を通しました。
    2年位だったでしょうか。

    結果的に、この期間が自分にとってとてもプラスになりました。
    世の中の流れと一緒に行動していなくても大丈夫、という安心感が生まれました。

    その後、それまでの分野とは180度違う楽しい職場で契約社員として働きながら
    ある分野の技能を身につけるために学校に通い
    今はその流れでフリーで働いています。

    不安や葛藤もたくさんありましたが
    思い切って無職の世界に飛び込んだことは
    その後の人生にとって良い経験でした。

    支えてくれた母に感謝しています。

    ユーザーID:3017461401

  • 経験者です。しかも複数回

    まず、新卒で入った小さな会社を、人材不足ゆえの昇格に体調を崩し退社。処方薬飲みながら1年半治療。
    ちょっとは快復したと思えた頃、趣味の領域のアルバイトから始めて最終的にはそこの正社員になりました。
    給与もそこそこでしたが楽しく、10年弱働いて「よーしやりきった!」と今度は円満退社。1年ほど休んで、派遣から契約社員になりました。

    裕福でもないし、長期留学や放浪の旅は関心なかったので、日々の暮らしを良く言えば丁寧に、悪く言えば自堕落に送ってました。
    部屋に結構居ました。毎日布団干しちゃったり。たまには仕事中の友人に会ったり、無職の友人に会ったり。身辺整理と称して大掃除をしたり、本を読んだり。
    資格もなにも取りませんでしたが、貯金だって減りましたが、心には、自分には、有益でした。

    たとえば勤続ン年とか、キャリアを積むとか、将来安泰!みたいなカラーとは対極の行動になりますよね、
    じゃあその「対極」を幸せに実践するってどういうことだろう、このトピックとても興味があります。

    ちゅうぶらりんな状態って社会から敬遠されますが、結構居るもんだとおもうのです。

    ユーザーID:5349742927

  • 休んではみたけれど、その後は転がる石のように…

    私は健康面の理由から、休んではみたけれど…その後の再就職は芳しくありませんでした。

    正社員を退職→3ヵ月休み→契約社員→退職→1年半休み→パート…ってなりました。

    おまけに…(すべて事務職なのですが)機械の進歩が早くて、メカオンチの私は、ついていくのが大変でした。

    人によって、どういう働き方を選ぶか違うので、正社員より派遣やパートが「下の人」だとは思いませんが、やはり待遇には差がありますよね…。
    たぶん、自分にとっての良い条件の勤め先で、正社員はもう有り得なそうです。

    でも、資格取得など「自分磨き」のために充電するのなら、思い切って休むのはプラスになると思いますよ♪

    ユーザーID:5424266981

  • トピあげで恐縮です

    新しいトピを立てようかと思いましたが、横レスで失礼します。

    あらゆることに行き詰まり、無気力になり、30代半ばにして、昨年末から引きこもりです。一人ぐらしは続けたく(ひきこもっている姿をみせて親に心配をかけたくない。)なんとか貯金を崩して、生きてます。
    自分には必要な時間と思いつつ、自己嫌悪になることも。
    このトピに大変励まされました。

    ユーザーID:3379546964

  • 私ではありませんが...

    以前、アメリカでオペア留学(アメリカの家庭にホームステイし、ベビーシッターの仕事をする)をしていたのですが、その留学方法の期間が1年間で、仕事を辞めて来ている人が結構いましたよ!
    その後は前とは全く違う就職についた人や、派遣会社で働く人、
    英語を生かす仕事に就いた人とか色々でしたよ。
    私の仲が良かった人は、1年間休暇がてらにアメリカで過ごして、
    日本に戻ったら看護師として働くと言ってました。

    ユーザーID:6251887263

  • やってみるぞー

    仕事すべてやめる!あと2か月。早く解放されたい。くだらない仕事なんかくそ喰らえ!このトピに励まされてます。

    ユーザーID:5520449105

  • たのしいぞぉ〜〜〜!!!!

    【いい年して出社拒否】さま、こんにちは!!
    (大丈夫ですか。)

    数度の経験者です。うふふ。

    貯金がないと1年間自分を養っていけないので、ある程度預貯金が
    あることが前提ですけど、わたしはめちゃめちゃ楽しく1年(あるいは
    それ以上)プーさんしていました。

    しかし、働き出したら即【労働モード】にシフトチェンジできま
    したよ!!
    要は、真剣味ですもん!!


    やるだけやって、それでも煮詰まったら干乾びる前に脱出!!


    わたくしはあの期間を、『人生の楽園』と名付けております。


    全てのうだうだが雲散霧消。

    今、自分が前よりは楽しく労働しているのも、あの輝けるブリリアント時代の
    お陰であると確信しております!!

    決定するのはぬしさまですが、どんな選択肢を選ばれてもハッピーに
    なられますように!!

    実際、もしかしたら1年経たない間に、残念ながら…というか幸いと
    言おうか、またまた労働意欲が湧いちゃうかもしれないではありませぬか!!


    星の数ほど選択肢はあり、星の数ほど道はある。

    それもまた人生ではありませぬか。

    ユーザーID:0232609422

  • その後いかが?

    実際に仕事辞めて休んでみてるみなさま、
    これからやってやろうと画策中のみなさま、
    そしてここをお気に入りに登録しておられるみなさま、
    その後いかがお過ごしですか?

    数回目の、表題どおりの状態をもうすこしで終えてみます。

    「毎日働き、資格試験に挑戦し、
    この先どう生きるか、早期にはっきりビジョンをもつことが、
    今の日本ではなによりも重要で安全で優秀なこと」で、
    『五体満足で健康なくせにそうなれない自分は日本人として全くダメ』と考えていたんですが
    ここを覗きにきたり、本を読んでみたり、友人と話してみたりするなかで

    そうでもないんだな、

    と、ストンと腑に落ちるところがうっすら見えてきました。

    人並みに合わせていく力も大事だけれど、そうでないところに目をつぶって、努力努力で放置すると怖いことになるな、と今はおもいます。

    ちゅうぶらりん状態に身を置ける、その選択肢があることに感謝して、
    じっくり向き合うことは、やっぱり自分には大事。
    焦りながらも時期が来るのを待って正解。

    ここのトピに今も励まされてます。

    ユーザーID:5349742927

  • 私も今から

    まさに、今から私は休養に入ろうと思っています。
    理不尽な職場を辞め、次の職を探そうと思うのですが、自分が何をしたいか?どんな人間になりたいか?何が好きか?を感じたいのです。

    だから、急いで次職を見つけないで、数か月は好きなように生きてみようかと思います。

    このトピを見て、私が納得できればそういう生き方もありなんだ、と、勝手に勇気をもらいました。

    他人に後ろめたいな…こんな不況時に贅沢な悩みだ……と、悶々としていましたが、決めるのは私だから。
    このトピ、もっとレスがあるといいなあ。

    ユーザーID:7298128160

  • このトピに助けられました

    私も、今月末で退職します。1年間悩んだ末の決断ですが、いざ退職するとなると「無職は社会的信用がない」などネガティブな方に考えがちで、不安に陥りがちだったんです。でも、このトピに救われ、穏やかな気持ちで、退職の日を迎えられそうです。
    ずっと、心も身体も、悲鳴をあげていました。。。この職場では自分が壊れてしまう。そんな気がして、辞めることにしました。
    今は、引き継ぎなどで多忙な日々を送っていますが、4月からは“しばらくゆっくり”休もうと思っています。そして、今後同じ内容のトピが立ったとき、同じように悩んでいる人に、前向きな気持ちを持ってもらえるようなレスが送れるといいなあ。そう思っています。

    ユーザーID:3542241793

レス求!トピ一覧