• ホーム
  • 学ぶ
  • アメリカの大学を出て日本で就職→5月卒業は不利?

アメリカの大学を出て日本で就職→5月卒業は不利?

レス9
(トピ主0
お気に入り13

趣味・教育・教養

就活中の海外生

初めまして。
アメリカの大学に在籍している者です。現在3年生で、専攻を2つ持っています。

先日、就職について深く考える機会がありました。アメリカの大学生は殆ど12月か5月に卒業するわけですが、日本の就職時期とずれるため不利だという話を聞きます。
12月の方が4月に入社出来るという事で好まれ、海外生でわざと4年半大学に在籍して12月に卒業する方も珍しくないと聞きました。
私は4年半大学に残りたくは無いのですが、3年半で卒業することは可能です。ですがその場合、ダブルメジャーではなく1つがマイナーになります。
マイナーになっても十分な知識を得るクラスは取れると思いますが、12月卒業と5月卒業どちらを選んだらいいのかわかりません。今の所私が考えられるのは

12月卒業のメリット→1年早く就職、授業代が1学期分浮く
12月卒業のデメリット→内定が決まってなかったら4月まで時間が少ない
5月卒業のメリット→ダブルメジャー達成、卒業後約1年就活が出来る
5月卒業のデメリット→1年遅れる、新卒として見ない企業もある

経験者の方、もしくは詳しい方いらっしゃいましたら、アドヴァイスお願い致します。

ユーザーID:7362155931

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • LAの大学を卒業しました。


    こんにちは。

    私は、2003年8月にLAの大学を卒業しました。
    日本に帰国して、2004年4月から働き始めました。
    就職活動としては、ジュニアのときにボストンに行きましたが、そこでは内定はもらえませんでした。
    アメリカに残る気がなかったので、日本に帰って就職先を探そうと安易な考えでした。
    ですが、日本に2003年夏に帰国して就職活動を始めましたが、すぐ次の春(私の場合は2004年の春)からの入社を募集している会社はほとんどありませんでした。
    理由は明快で、その頃には、日本の大学3年生をターゲットにその次の春から働く募集をしていました。私にとって見れば、2003年夏に帰国したにも関わらず、2005年春までの1年半をぷー太郎で過ごさないといけない状態になるのは、厳しいという判断から、第一志望ではなかったですが、2004年春から雇ってくれる会社に就職しました。
    私の場合はbusiness majorで、degreeはひとつしか持っていません。

    ユーザーID:8829228125

  • 5月に卒業しました

    もう15年以上前の話ですから、一経験談です。

    5月にBBAで卒業。
    卒業前の学業や引越しに伴う諸々で疲労していたので、日本に帰国して就職活動を始めたのは、6月中旬だったと思います。

    季節外れなうえに、当時はバブルがはじけた後の就職氷河期。
    普通に日本に暮らす人は、しらない名前の大学卒。

    インターネットだってなかったですから、四季報とか英字新聞(Japan Times)や商工会議所で情報集め。

    9月には、米国系外資100%の会社に正社員として就職できました。中途採用です。

    私の時代も、12月に卒業した方が日本での就職に時期的に有利だという噂がありました。

    でも結局は、12月に卒業後すぐに帰国して就職活動をしたって、季節外れなことには変りありません。日本国内の大学生は、就職活動をもっと前からやっていて、夏〜秋には内定が出ているのですから。

    余談ですが、新卒が受ける社会人としての基礎をおそわるプログラムが全くなかったので、就職してからが大変でした。

    ダブルメイジャーで卒業したらどうですか。
    昔教授が「大切なのは卒業証書だ」と言ってました。

    ユーザーID:1047054756

  • 所詮、日本の大学生とは違うので・・・

    私はクォーター制の大学を6月に卒業し、10月に入社しました。
    ただし、就職活動は3年生の10月くらいから始めていました。

    1,2月ごろ、在米留学生のための就職フォーラムがあると思いますので、
    積極的に参加されたほうがいいと思います。
    また、6月ごろ日本で行われる就職フォーラムにも参加している人もたくさんいました。
    そういうところに来る企業は、アメリカの学生生活事情もわかっていますので、
    いつ卒業予定かをはっきりさせておけば、理解してくれるところも多いです。

    また、人によっては日本の英字新聞やネットで仕事を探して、
    あえて新卒枠でないところで就職活動をしている人もいました。

    日本では3年生の春くらいからOB/OGに会ったり、就職説明会に行ったりするのだと思いますが、
    留学生の就職活動は、所詮日本の大学生のようにはいきません。
    興味のあるところには早めにエントリーしておくとかする必要があります。
    また、ある程度割り切ることも大切です。
    ダブルメジャーにしたい専攻が本当に勉強したいことなら、
    それをきちんと修了しておくのも手ではないでしょうか。

    ユーザーID:7694115566

  • 日本での就職活動

    少しご質問の趣旨とは違うかもしれませんが、日本での新卒の就職活動の情報については、収集なさっているでしょうか?

    日本では、だいたい大学3年の秋〜冬頃から就職活動を開始し、4年の夏までに内定をもらうという流れが一般的です。
    トピ主さんの場合は、在学中には活動を開始なさるおつもりではないでしょうから、このスケジュールに合わせようとすると、翌年入社のスケジュールだと、5月卒業でないと間に合わないということになります。12月卒業で、それから翌年の4月入社の内定をもらうというのは、通年採用を行っている企業に限られてしまいますし、難しいのではないでしょうか。

    もっとも、翌々年の入社なら、12月卒業のほうがタイミング的にも結果として入社までの時間も、良いということになりますので、このあたりについて、「就活ナビ」や「みんなの就活」「リクナビ」などで、情報収集してみてはどうでしょう。

    以上、ご参考までに。

    ユーザーID:0186310753

  • オーストラリアからです

    オーストラリアの大学では、文科系だと卒業しても仕事につけないことがあるほど、就職難です。ましてや現地の人同様の語学力が無いと雇われる可能性も低いです。真面目な学生は大学時代から専門科目を反映した会社でアルバイトをしたり、ボランティアとして経験をつむ為ただ働きをし、将来仕事が見つかりやすいように心がけます。

    法学と医学系は狭き門で、入学困難なので、卒業後の就職は他の学科に比べ楽ですが、それでも面接の時には経験が重要視されます。例えば、ITだったらIT業界でバイトするとか、エンジニアだったら車の大会社でバイトするとか。オーストラリアの大学では大学の最後の年に企業経験をするのが普通ですが、就職難の今日、早めに専門科目に関連した業界で、バイトをする人が多いです。法学と文芸専攻の私の息子は今年から法律事務所で弁護士と一緒に働いています。まだ大学一年のエコノメトリックス専攻の娘も関連企業でバイトをしています。関連企業でバイトを見つけるのも競争率がとても高いです。トピさんは、専攻する分野で卒業する前にバイトをしていますか。就職の時とても有利ですよ。
     

    ユーザーID:1474991831

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 主人は5月入社でしたよ

     外資系ITコンサル会社管理職(34歳)の妻です。
     主人は日本人、日本の4大を卒業、新卒(22歳)で現在の会社↑に就職しましたが、5月入社だったそうですよ。
     今は管理職なので、時には新卒や中途採用の面接もしますが、
    ・主人と同じく新卒、5月入社
    ・大卒後、海外を数年放浪したのち初就職、9月入社
    みたいな方もいますよ。なぜか主人のまわりには、「放浪後に入社」組が多いです。

     私自身は9年前日本企業へ就職しましたが、3月から新人研修が始まり、4月から試用雇用、7月から正式採用だったと思います。
     主人の話を聞いていても、就職に限らず、外資は本当に融通が利くなあと思うことが多いです。米系の外資なら、話も通じやすいのでは?

    ユーザーID:0430143940

  • 大学関係者です

    アメリカの大学を卒業されるのなら、海外学卒予定者の採用枠組みのある企業をねらいましょう。アメリカにいる間に企業と連絡をとりあって、帰国後すぐに面接をすればよろしいのでは?日本の大学生と同じ土俵にたって就活をするのは不利ですし、時間のロスも多いと思います。また、主さんの留学経験が評価されないケースも出てくるかと思います。

    それでも、日本の大学生と同じ土俵にたって就活をされるのでしたら、私は5月卒業をお薦めします。12月に留学からもどってくる学生たちがいますが、その多くが希望する業界/職種に就職できる状況にありません。主立った企業では既に内定者を確保しているので、求人がないのです。6月までに帰国されたら、そのような心配はいらないでしょう。本人の努力次第で内定を勝ち取ることは可能です。ただし、一部の業界(マスコミや航空系など)の採用は終わっていますが...

    ユーザーID:1754540341

  • 欧州の大学を5月に卒業しました

    こんにちは。

    当方の場合は2000年前半5月に欧州の大学を卒業、秋に帰国、冬の海外大生対象キャリアフェアで就職を決めました。翌年4月入社の新卒扱いで研修等を受けました。

    専攻は一つで、就活では専攻に関連するエクスターンを欧州企業で行っていたこと、就職希望先もエクスターン先と同様の産業・職種であったこと、三ヶ国語を使って仕事ができること、通訳ボランティア経験などをアピールしました。

    欧州在住時からリクナビ登録、企業にコンタクトはしていましたが、大学の事情等により時期にはさほど拘っていませんでした。
    勿論、日本の学生と同時期に就活する方がアプリケーションを出せる企業の母数は広がりますが、ポイントは如何に効率的に自分が仕事をしたい産業+職種にマッチする企業に自分自身を売り込めるかだと思います。

    米国ご在住とのことですが、語学力以外でも日本の学生とは違う経験や能力があるでしょうし、それらをしっかりアピールして他の学生と差別化を図り熱意を伝えられれば大丈夫だと信じています。既出ですが専攻と関連する仕事等に携わっていれば非常に有利だと思います。

    GOOD LUCK!

    ユーザーID:7374682062

  • 自分の場合

    アメリカの高校→4年制大学を5月に卒業して帰国、7月に入社しました。

    3年の時(お試し)と4年の時(本気)でボストンキャリアフォーラムに参加、内々定をいただいて1月(正月)に帰国した時に本社での最終面接を受け、即内定をいただきました。そしてアメリカに戻り5月に卒業、7月から入社でした。

    友達は12月に卒業、4月から入社していました。

    ボストンなどのキャリアフォーラムに採用に来る企業(かなり大手が多いです)は、みな留学経験者を採用しに来るわけですから、5月卒業になることは承知の上です。夏から採用することを前提にしています。
    友人が何人もここで内定をゲットしました(日本企業だったり、外資だったり)。

    普通に5月卒業で大丈夫ですよ!

    ユーザーID:0349579313

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧