乳がん術後の転院

レス4
(トピ主0
お気に入り5

心や体の悩み

ヒゲねこ

母に乳がんが見つかり、片方の乳房の全摘出手術を受けました。
手術前の診察の時立ち会いましたが、主治医にはこちらの質問(本やネットで推奨されるような患者が聞く情報で、特に変なことは聞いていません)にあまり真摯に答えてくれる態度が見られず、手術のために入院した時も、手術日が医者と看護師で違っていたり、術前の説明時にも手術の開始時間が午前か午後かもなかなか教えてもらえず、かなり食い下がってやっと教えてもらえる、など、治療内容以前のことでずいぶん不安な思いをさせられました。
最初の診断の時からセカンドオピニオンを受けよう、と強く言ったのですが、本人である母が「主治医が気を悪くする」と頑なに拒んだため、実現できず手術に至りました。しかし、入院中、主治医の機嫌に振り回され、ここに至って母自身が転院を希望しはじめました。

現在は、
・手術の傷口の治癒を待っている
・手術で切り取ったものの病理検査を待っている
という状況です。
主治医の見立てでは、
「リンパも結構腫れていたし、検査結果を待って抗がん剤を」
とのことです。
「このまま、不安な気持ちでは抗がん剤治療をお任せできない」
「検査結果、抗がん剤の説明で不安感を感じたら転院したい」
というのが、本人と家族の気持ちです。
この状況で転院、というのは難しいのでしょうか?
また、転院するならどんな手続きが必要でしょうか?

ユーザーID:9215372649

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • がんばってください

    元看護師です。
    私の母も乳ガンで手術後、抗ガン剤治療中です。
    転院するなら手術の前の方がよかったかも?
    手術で切って実際に見た医師の方が抗ガン剤をするかしないか、どの抗ガン剤を選ぶか、量や期間をどうするかなど、これまでの経過も含めてよく知っているため決定しやすいような気がします。
    しかしご本人が主治医に対して不信感があるままでは、つらい抗ガン剤治療を乗り越えることは大変と思われますので、セカンドオピニオンに相談してみるのはいいと思います。
    主治医はいい顔をしないかもしれませんが、そこは強く言って希望を通してください。
    病理の結果がでたら検査結果とカルテを持って、転院したい先の病院で一度みてもらってください。事前に転院先の病院に連絡を入れて状況を説明しておくといいです。
    本人もご家族も、またこれから大変な時期になりますががんばってください。

    ユーザーID:6021013730

  • おすすめしません

    向こうの対応に不信感を持たれたようですが、乳癌に対する治療としては非常に典型的なもので、特に疑問を持つような部分はありません。だいたい外科系の手術なんて、いつ緊急手術が入るかも分からないし、1例目の手術が予定外に長くかかることもあるので、始まる時間なんてその日になっても変わることが多いのが実情です。

    患者さんに食い下がって聞かれたところで、アバウトな返答しかできません。病理結果が出るのには、うちでは1週間前後かかります。以前担当した乳癌の患者さんでも「抗ガン剤は知り合いのいる病院に移ってからしたい」という方がいましたが、医師から見ると、手術を受けたところのほうが経過が分かっていいと思います。結局その方も、うちの病院で化学療法を行いました。よその病院に行きたいのなら、手術を受ける前に移るべきだったでしょう。それに、術後の状態で抗ガン剤だけお願いしたいと言われても、次の病院も困惑します。

    どうしても移りたいのであれば、御自分でそういう病院を探してから、主治医に紹介状を書いてもらうしかありません。できなくはないですが、今後の長期の経過観察はどこでされるおつもりですか?病院は一箇所に決めましょう。

    ユーザーID:9628572763

  • ありがとうございます

    なつ様、エル様、ありがとうございます。
    セカンドオピニオンは治療開始前(手術前)でないと、と思っていましたが、途中でも受けられるのですね。
    エル様のおっしゃるとおり、治療自体は標準治療に乗っ取ったもの、と素人ながら私も思っています。母の乳がんがわかったとき、乳がん学会の標準治療や癌の専門誌、書籍、インターネットの情報を懸命に読み込み、母の抵抗でセカンドオピニオンを実現できない代わりに私なりに納得して手術日を迎えました。が、母や父は実情を受け容れるのに精一杯だったため今になって、とも思えますが、問題は気持ちなのです。
    手術の時間が確定できないのは想像できます。でも老いた父にとって、最愛の妻が全身麻酔で手術を受ける、というのはとてつもないことです。麻酔前にひと目会いたい、と言う父に「別に家族に用はない」と言い放つのはどうかと私には思えました。「予定だけど」くらい言えないものなのでしょうか?全くの素人に病院の都合を察しろ、というのは無茶では…?

    もし転院するなら、そこで今後もお世話になるつもりです。もともと主治医に手に負えなくなったら行ってもらう、と言われている病院なので…。

    ユーザーID:2071358898

  • 担当医が変わりました

    もうどなたもごらんになってはおられないと思いますが、報告をいたします。

    先日病理検査の結果を聞きに行ったおり、担当医が変わりました。書類上主治医は変わりませんが、手術で執刀してくださった乳腺専門医が今後も担当してくださることになりました。(主治医は専門医ではありません。)
    当日、セカンドオピニオン、または転院希望についてどのようにお話しようか、と悩みながら行ったのですが、どうも主治医のほうで降りてくださっていたようです。検査結果が芳しくなかったため、専門医の範疇ということになったのかもしれませんが、結果的に本人の気持ちも父の気持ちも落ち着いたようなので、このまま抗がん剤治療に進むことになりました。

    抗がん剤がうまく効いてれることを祈るばかりです。

    ユーザーID:3157722318

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧