思わず心が温かくなる事

レス12
(トピ主2
お気に入り76

生活・身近な話題

ほのぼの

小町大好きなほのぼのと申します。
今年も押し迫って来て、何かほのぼのとした話題を小町の皆様と共有したくなり、トピを立てさせていただきました。

古い話なのですが、今から10数年前、まだ上の子をベビーカーに乗せている頃の事です。
友人に誘われ、初めてベビーカーを利用して電車に乗り友人宅の最寄り駅に到着。
すると、改札口に出るための長い階段が!
「これを昇るの…?」当時はバリアフリーが今ほど浸透していなく、エスカレーターもエレベーターもなく、子供とベビーカーとオムツ、子供の着替え等が入ったバッグと友人へのお土産の入った紙袋等を持っていました。

混雑時は避けて乗ったため車内では問題なかったのに、こんな所で難関か…。
覚悟を決めて、階段を昇ろうとした時、下校中の女子高生が3人階段を降りてきました。
そして私を見ると「大丈夫ですか?手伝います」と言って、それぞれ荷物を持ってくれたり、ベビーカーを運んでくれたり…。
あっという間に改札口に到着しました。

何度もお礼を言いましたが、女子高生達は恥ずかしそうに、会釈をして立ち去りました。
あの時は本当にありがたかったです。

皆様のほのぼの話もありましたら、是非聞かせてください。

ユーザーID:9510209147

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 妊娠中

    いま妊娠8か月で、大きなおなかをかかえながら毎朝満員電車で通勤しているのですが、わたしの乗っている電車にはつり革がほとんどないんです。
    わたしが乗る駅からでは、もう入り口付近から奥へ入ることもできず、やむなくどこにもつかまらずに乗っているんです。

    先日、電車が急ブレーキを踏んだときに、人がどどっと前方へ押され、わたしも体が大きく左側(進行方向)へ傾いてしまいました。
    そのとき、わたしの隣にいたアジア系の女性との間隔がどんどん広がっていく中、つたない日本語で「あぶない!」と叫びながら、わたしの手をがっちりつかんでとめてくれたんです。

    おかげで転ぶこともなく、無事でしたし、そのあとその女性が「大丈夫??」と気にしてくれ、ものすごく暖かい気持ちになれました。

    ユーザーID:0960539341

  • 大学時代、バイトの面接に行く時に

    大雪が降り、通勤電車は激混みでした。
    まだほっそりとしていた私は、もみくちゃにされてしまいながらも、なんとか吊革に
    つかまっていましたが、とうとうとある男性の座っている膝の上に。

    「大変だから座っていていいよ」

    というお言葉に甘えて、結局そのまんま、降りる駅まで膝の上に。
    当時総理大臣されていた、中曽根さんに似た男性でした。なかなかダンディで。

    まあ、今となってみれば、男性側としても、オイシかったかもしれませんが・・・。

    ユーザーID:1579829850

  • 一粒の飴

    重度の認知症の義母を在宅介護している頃、沢山の人の好意に支えられてきました。

    徘徊で迷子になった義母をタクシーにのせて自宅まで送ってくださった方。
    タクシー代も固辞され、お名前もおしえていただけませんでした。
    困った時はお互い様です、私もいつ誰のお世話になるかわかりませんから、と。

    病院の待合室で駄々をこね始めた義母の相手を根気よく続けてくださった方。
    車椅子が通り易いように先導してくださった方。
    スーパーのレジで順番を譲ってくださった方。
    それから・・

    辛いことも多い介護生活でしたが、そんな時だからこそ人様の親切は本当に心に沁みました。

    私もできる限りのお返しがしたいと思っています。

    先日、足の悪いご婦人が階段をシルバーカーを持ち上げながら上っておられるので、お手伝いをしたらとても喜んでくださり、お礼です、と飴を一粒くださいました。
    バス停でご一緒にいただきました。甘くて美味しかったです。
    お礼の気持ちの表し方のお手本を学んだ気がしました。

    ユーザーID:3100843793

  • 冬至の日の出来事

    新婚時代、夫と二人でアパートに住んでいました。
    急な狭い階段を30段以上上りきった場所にそのアパートは建っていました。

    ある冬至の休日、夫と二人でくつろいでいる時に、ピンポ〜ン♪と玄関に訪問者が。
    「押し売りなら何もいらないよ。断ってね。」と夫に伝え、うん、とうなずく夫が腰を上げて玄関へ向かいました。

    程なく夫が戻ってきて「漬物なんだけど、要る?」と私にたずねてきました。
    ?と思いながら、今度は私が玄関へ出ました。

    すると、玄関口で立っていたのは、一人の農家のおばあさんでした。
    その姿を見るなり、私も「おいくらですか?」と尋ねました。
    商品を見ずに即買う気になっていました。

    近所の農家のおばあさんで、自家製漬物の行商をしているとのこと。

    「漬物は下においてありますから、持ってきます。」
    というおばあさんの言葉に、寒い冬至の日に、急で狭いこの階段を上がり、手製の漬物を売りに私たちの家に来てくれたことを思うと、胸がキュンとなって「いいですよ、行きますから。」と夫と二人で走り出していました。

    夫との価値観の一致を、走りながら実感しました。

    ユーザーID:7023169266

  • 我が家にお人形がやってきた

    ベビーカーでの移動は本当にたいへんですよね。
    やってみて初めて分かることなのに、高校生が!すごいですね。


    息子3歳の誕生日、お人形をプレゼントしてもらいました。
    寝かせると目を閉じるのを見て「あっ,寝ちゃった。お店でずっと起きてたからだね」
    となでなで。。
    絵本を持ってきたり、他のお人形に会わせて「ねえ、ねえ、ぽぽちゃん、これ知ってる?これは?」と質問攻めに。

    5歳の長男は「そんなの知ってるわけないじゃん!」

    心の中で「そうそう、お人形だもんね」とつぶやいた私。

    と同時に、長男は「だって、ぽぽちゃんは、今日来たばっかりなんだよ!」
    と叫んでいました。

    子どもたち、頼むからそのままの心でいてくれ。と願ったほのぼの体験でした。

    ユーザーID:9380061486

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 犬の話

    目が覚めると、ベッドに顔をのせて、こちらを見ている犬と目と目があった時。 犬の鼻息があたる距離で、近すぎてびっくりしました。

    起きた時に一緒に体を伸ばした時。

    ユーザーID:9178971283

  • ちょっと言葉遣いは悪いけど・・・

    先日電車を降りるとき、なにやら出口付近で人が詰まっています。覗いて見ると茶髪のツンツン頭で、お尻までズボン下げた高校生がドア脇の手摺にしがみついて踏ん張ってました。手がブルブル震えてまで立ちふさがっているけど車内からは降りる人がドンドン押してくる、と彼の一言・・・
    「今ババアが降りてんだよ!押すんじゃねぇよ!」

    おばあちゃんの「ありがとね」の言葉と、恥ずかしそうに真っ赤になって降りていった高校生に車内に笑顔が広がりました。

    ユーザーID:0032584983

  • 停留所でのお話

    夏の暑い昼間、バスを待っていた停留所で先に並んでいたお婆ちゃんが私にも日差しが来ないよう、日傘を傾けてくれました。
    そして「暑いですねー」とバスがやって来る2、3分の間軽い世間話をしたのですが、そのお婆ちゃんのことを思い出すと今でも心があったかくなります。
    今日も駐輪場で自転車を取り出そうと苦戦していたら、男性が手伝ってくれました。
    東京に住んでおり、どうしても他人に警戒してしまうのですが、こういうちょっとした優しさって自分も持っていたいなぁと思います。

    ユーザーID:1204509402

  • 心が温かくなります

    レスをくださった皆様
    ありがとうございます
    トピ主のほのぼのです
    ももんさん>お腹の大きい時は通勤大変ですよね つり革どうしてないのでしょうね? そばにいた外国の方は もしかしたら ももんさんに気付いて揺れたら助けようと思いながら乗っていらしたのかもしれない♪と考えたら 更に嬉しくなりました
    MIOLIさん>ぎゅうぎゅう詰めの電車!おじさんの膝から立ち上がる事も出来ない程の混雑だったんでしょうね 「座っていなさい」と言ってくださった その方の機転とユーモアでその場も和んだ事でしょうね

    続きます

    ユーザーID:9510209147

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 続きです

    つばささん>年を取って一人で外出出来なくなった家の母も「丈夫な人には解らないだろうけど」と良く言いますが そのおばあさまも嬉しかったんですね♪
    飴を一粒♪ 粋です 素敵な一時羨ましくなりました
    ダダさん>素敵なご夫婦ですね お二人の人柄が偲ばれるエピソードありがとうございます
    hitomiさん>何て可愛らしいお子様達なんでしょう!下の息子さんも、もちろん可愛らしいですけど、お兄ちゃんの心の綺麗な事!
    あまりにも美しい情景で涙が滲みました
    みどりさん>私も動物大好きです♪ 幸せなワンちゃんと優しい飼い主さん素敵です
    通りすがりの親父さん>
    確かに言葉は悪いけど心の優しい学生さんですね 大人も見習わなくちゃって思いました 家の息子もそんな青年に育って欲しいです
    まだまだ皆様のエピソードお待ちしています 皆でほのぼのいたしましょう♪

    ユーザーID:9510209147

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 横ですが

    通りすがりの親父さんのレスを読んで高校生の対応に思わず涙が出そうになりました。優しい心と見かけのギャップが何とも言えませんでした。
    ヨコですみません。読んでいて心があたたかくなりました。

    ユーザーID:0229174927

  • 過酷な環境でも笑顔で優しいひとたち

    在米でなんですが、メキシコとか南米のあまり裕福でない国から来てる人がかなりいて、過酷な環境でこき使われて働いています。
    彼らは英語もあまりできないからばかにされること日常茶飯事です。
    それでも笑顔で優しい人がいっぱいて心が癒されます。

    以前の会社の工場で働いてたおばちゃんたちは、いつもごはんを作ってくれ、英語ができないながらも一生懸命コミュニケーションを取ってくれようとしてくれました(私も限られたスペイン語でコミュニケーションしましたが) 
    おばちゃんたちのごはんは素朴だけれど本当においしいのです。
    日本に頻繁に帰れない私には、メキシコ料理の肉じゃがに似た味付けのものを食べながら”あ〜お袋の味だ〜”と思って涙して食べてました。
    倉庫で働いてるおじちゃんたちにいたっては、どれだけ自分が忙しくても必ず手伝ってくれていつもにこにこ。

    もちろんアメリカ人でも優しい人はたくさんいて、泣けるほどうれしい時が色々ありました。
    でも自分が辛い状況にあってもこんな風に人に優しくできる移民のおばちゃんおじちゃんに遭うと本当に心が和みます。

    ユーザーID:1496514259

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧