近づく母との別れが受け容れられない

レス9
(トピ主0
お気に入り39

家族・友人・人間関係

親不孝娘

30代、独身で家族と同居しています。
両親ともに存命ですが母がだいぶ前から私を産んだ際の帝王切開で癒着が起き、
その癒着の痛みはどうにもならないと医師に言われたそうです。

しかし今年の夏前頃から母の腹部が膨らみだし、病院に行ってみたら脱腸があり、
腸が腫れてガスが溜まっているせいだと診断され、便秘薬を処方されてきました。
しかし母が苦しそうなので再受診するよう言いましたが父や私を置いて入院できないと病院を嫌がり
説得するつもりが心配なあまり何度も泣きながら怒鳴ったりしてしまっていました。

先日やっとのことで病院に連れていき検査を重ねた結果、
母の腹部の膨らみはガスではなく腹水で、癌の末期で余命半年と宣告され即日入院しました。
本人には癌だということは説明がありましたが、余命は知らされていません。

お腹の痛みは癒着ではなく癌の痛みだったようで、毎日一緒に生活していたのになぜ気づけなかったのか
私が通常分娩で産まれてくればもっと早く癌に気づけたのに、
私がもっとしっかりしていれば安心して入院できたのに
喧嘩してでも病院に連れて行っていればこんなことにはならなかったのにと
後悔することがないよう半年を過ごさなくてはならないのに毎日後悔してばかりです。
親が死なない人はいない、順番なんだから、自然の摂理なんだと自分に言い聞かせていますが
誰もが乗り越えなくてはならないことだとわかっていてもただ悲しく、気を抜くと涙が止まりません。
頭では理解できても心がついていきません。

突然吹き消される蝋燭の炎ではなく、蝋燭がなくなって炎が消えていくのを見守るしかないとき、
どうすればその状態を受け容れることができるのでしょうか。

ユーザーID:0950136655

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主さん、しっかり

    35歳の主婦です。27歳の時母を亡くしました。大腸癌でした。便秘だと思って病院にいかなかったら、実は・・・でした。
    3ヶ月と余命宣告されましたが、7ヶ月になりました。
    私が妊娠したり妹が結婚予定があったりと母が喜ぶ事が続いた為かと思います。
    私もよくハラハラ泣きました。けど泣いていても仕方ない。
    癌に良いと聞けばサプリを買い、母が心配しない様に実家の掃除やらを引き受けとにかく母の心配を減らそうと思いました。
    最後にもらった手紙には「幸せな人生だった。お母さんの子供でありがとう」と書いてありました。
    私の気持ちより母の気持ちを優先出来る様にしたつもりです。
    トピ主さんの辛さわかります。泣きたい時は泣いてお母様には涙は見せないで、辛いでしょうけど頑張ってください。

    ユーザーID:1270104381

  • 上手くは書けないですが

    親不孝娘さん、こんにちは。

    でも、今は決して親不孝ではないと思います。

    後悔されて居られるご様子、よく分かります。

    >蝋燭がなくなって炎が消えていくのを見守るしかないとき・・
    心情がとても出ていると思います。

    お母さんの存在・・多分、この世で家族として当たり前の存在として生活して来られた事と思います。
    でもその存在が時間と共に消え行く・・
    私達にとって空気は当たり前の存在だと思います。
    その空気が時と共に薄らいで行ったら・・言葉では言えない苦しみを負う事になります。

    その空気の様な存在に代わる何かが有れば・・息を続ける事が出来るかも知れません。

    個人的にですが・・お母さんがくれた使命に気付かれる事かも知れません。
    辛い思いをしてトピ主さんを生んで下さった・・ならば与えてくれた使命の為に「命を使う」事・・それでお母さんは安心出来るのではと思いました。

    答えになっていないですが・・他の方からのレスに恵まれます様に。
    そしてお母さん共々救われます様に。

    ユーザーID:9993022452

  • うらやましいです

    不謹慎な題でごめんなさい。
    そして、トピ主さんの悩みを解決できるレスでもありません。

    つい先日、母を交通事故でなくしました。
    本当に突然で、お葬式が終わって少したった今も呆然としています。

    ああしたらよかった、こうしたらよかった・・・・色々なことを
    思いますが、もう何もできません。

    トピ主さんがお辛いのはわかりますが、あと半年一緒にいられるでは
    ないですか!
    私はICUに運ばれて危篤状態でも、少しでも生きてる母を
    みれて幸せでした。

    今までの事を後悔するのは、亡くなってからでも遅くはないです。
    あと半年、一緒に思い出を作ってください。

    ユーザーID:0263606798

  • 今このときを大切にして下さい

    私も母を20代後半で亡くしました。
    少し離れて暮らしてはいたのですが、もっとまめに実家に帰っていれば、母の体調不良に気づけたのでは、とか、なぜ健康診断を定期的に受けさせなかったのかとか、いっぱい後悔をしました。
    その私から申し上げます。
    後悔はいつでもできますから、そんなものは後回しにしませんか?
    お母さんとお話して、時を共有できるのは今しかありません。
    慣れない入院生活はストレスも溜まるし、不安だし、心細く、寂しいものです。
    できる限り、毎日でも病院に通いましょう。
    顔を見るのはきっと辛いと思います。
    いつかくる別れのことを考えてしまうのもよく分かります。
    でも、それはその時に悲しめばいいから、今は、今を大切にしましょう。
    私は最後に少し逃げてしまいました。
    日々弱っていく母を見るのが辛くて、残業後、無理をすればタクシーで病院に駆けつけられるのに、仕事をいい訳にして休みの日にしか病院に行きませんでした。
    そのことを今も悔いています。
    トピ主さんがお母さんのために今から何ができるかがきっと大事です。

    ユーザーID:5565897355

  • 親が教えてくれること。

    癌の末期で母が入院していたとき
    「後悔のないように。」といってくれた知人がいました。

    それまでのことを考えれば わたしも トピ主さん同様
    「ああすればよかった・・・こうすればよかった・・・」ばかりでした。

    ただ 残された時間は短くても これから先のことは
    「後悔のないように。」することはできます(100%でないにせよ)。

    わたしは 残された時間が とても もったいなくて
    毎日 仕事帰りに病院に行きました。
    毎日 花を買って飾りました。
    少しでも そばにいたくて 毎日毎日 行きました。

    その時に 気がついたことは
    まわりの人たちは皆 こんなつらいさみしいことを乗り越えて
    普通の顔をしていたのか・・・ということです。
    また 友人の親御さんがなくなったとき
    どうして もっと親身になってやらなかったかと 思いました。

    親は 病気となっても 死に面しても
    なお わたしたちこどもに いろいろなことを教えてくれるんです。

    母親の死を受け入れることは できないと思います。
    時間がたくさん かかります。
    それは ずっと先でいいと思います。

    ユーザーID:7090450808

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 感謝の気持ちで

    私は当事者ではないので、本当の辛さをわかってあげられないかもしれませんが、家族が逝ってしまうのを見守っているのはとても悲しく辛いことだと思います。

    でも、トピ主さん、自分を責めないであげて下さい。
    私が○○していればと後悔してしまうのは、人間であれば当然かもしれません。
    辛くて泣きたくてどうしようもない気持ちを抱えていらっしゃるのですね。
    そんな中でも、ちょっとだけでも笑顔になれるのなら、その笑顔をお母様に向けてあげてください。
    お母さんありがとう、と、感謝の想いを向けてあげてください。

    お母様はあなたの幸せを祈っていらっしゃるはずです。娘の泣き顔を見たら悲しくなり、笑顔をみれば幸せになると思うのです。

    辛い時にこそ笑顔で。それがとても大変なことだと私もわかっているつもりです。
    キレイごと言って、と不快に思われたらごめんなさい。
    でも頑張ってみてほしいのです。
    その想いはきっとお母様にも通じると思っています。

    ユーザーID:2102580923

  • risakoさんの・・・

    risakoさんの 親が教えてくれること。に、涙がこぼれました・・。
    まだ親は 健在ですが 祖父祖母が亡くなるのを経験するたびに、母は、父は、どう感じているのか・・・を 考えます。
    後悔なんてしない人は ほんの一握りの方しか・・いるのかも疑問です。
    人の死は、必ず来る。
    でもどうしょうもない気持ちがあるのが人間です。

    たくさん後悔して、悲しみに暮れて・・・今までを振り返り前に進む!!
    が、亡くなった親が 残したテーマじゃないかと思います。

    親の生き様は 語らずとも頭に、身にしみていると思います。

    ほわんっと 思い出される日までは 時間がかかりますよね・・・

    たくさん愛してください。

    ユーザーID:3352252868

  • つらいですね…

    残された時間があるのですね。お母様の傍に居てあげてください。何も出来なくてもただ傍に…。私は去年母を突然亡くし、さよならもありがとうも何も言えずにお別れしました。(元気だった母と久しぶりに会った場所はICUでした。)今でも夢を見ているようで現実を受け入れられずに居ます。うまく言えないのですが…トピ主さんお母様との時間を大切にしてください…。

    ユーザーID:4244667403

  • そばにいてあげてください。

    20代のときに母を癌で亡くしました。
    癌が見つかった段階で、すでに末期でした。
    私も、パラシュートなしで空から落ちてくるような母をどうやって支えたらいいのか
    まさに心が壊れそうな毎日でした。
    でもそれは、母も同じどころかそれ以上に心の葛藤・痛みに苦しんでいたのです。
    50代半ばだった母は、こんなにも早く自分が死ぬということを受け入れられずにいました。
    「何か悪いことをしたからこんなことになったのだろうか」と苦悩する母が
    かわいそうで仕方なかったです。
    死を受け入れられなくて辛いのは家族以上に本人なんだと思います。
    そういう患者さんの苦しみ・心の痛みをスピリチュアル・ペインと言うそうで、運命に対する不合理や不公平感、
    人生の意味・目的の喪失、死についての不安などと定義されるようです。
    おそらくトピ主さんは今は混乱の最中にいてとてもお辛い状況なのでしょう。
    最初はみんなそうだと思います。
    でもお母様も心の中では同じように動揺し混乱していると気づいたら、きっとトピ主さんの
    心の状態は変わってくると思います。どんな時でもただただそばにいてあげてください。

    ユーザーID:7623807870

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧