• ホーム
  • 学ぶ
  • あと75日で。ピアノ、別れの曲を完成度を高めるためには? 

あと75日で。ピアノ、別れの曲を完成度を高めるためには? 

レス13
(トピ主1
お気に入り17

趣味・教育・教養

みかん

1月に、知り合いの家でちょっとした食事会があり、みんなでピアノの演奏をしあおう!という話になっています。
それで、少々無謀ではあるが、この機会に、別れの曲に挑戦しよう!と思い、2ヶ月たつのですが、ここにきて、少々あせっています。もしも、間に合わなければ、違う曲を弾きますが、まだ少し時間が残ってますし、ずっとやりたかった曲なので、もう少しあきらめずに、頑張ってみようと思っています。
私のレベルは、ツェルニー30番を、指定の早さ・・・に近いテンポで弾ける・・というかんじです。

別れの曲、とりあえず譜読みが終わり、ものすごくゆっくりのテンポであれば、最後まで弾けるようになりました。
最初と最後のメロディーの部分は、弾きこなせるところまで行きましたが、途中部分がまだスムーズに弾けない・・・という段階です。
あと75日しかありません。どういうスケジュールで練習するのが良いか、アドバイスいただきたいです。

ピアノの先生に習っていることはしていないのですが、この曲を練習しはじめる最初に、一度、ピアノの上手な親戚に(腕はプロ並ですが、ピアノの先生ではないからか、練習方法なんかは聞いても、あまり参考にならなりません。。)おおまかな弾き方をレクチャーしてもらい、1月の本番までにあと、2、3回レッスンしてもらう予定になっています。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7772631995

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気持ちはどうなの?

    私はピアノはしませんが、ピアノって気持ちで弾くものでしょう?
    指定の早さとかその前に大事な事ってあると思いますよ。
    その曲に隠された物語を知ることだったり。

    大林監督が「さみしんぼう」という映画で
    別れの曲をメインに使っています。
    本意にならないかもしれませんが、見てみてはいかがですか?

    あと「ベートーベン不滅の恋」もいいですよ。
    ベートーベンが好きな彼女の元に、嵐の中山を抜け谷を越え向かうのですが
    それがよく曲に出ています。

    ピアノを弾く事って、弾ける事って泣けるほど素敵だと思えますよきっと。

    ユーザーID:5871117152

  • 筋肉メモリー

    何回も、体全体、筋肉で覚えてしまうように、1日20〜30回ぐらい連続して弾いてみると良いです。ピアノの前に座ると自動的に弾ける様になると本番で重要な余裕が出ます。一人で、この様に練習中イメージトレーニングも重要です。人前で演奏している感じを出来るだけ連想してみて下さい。この位練習すると暗譜も自動的に出来ます。やっぱり暗譜した方が楽です。楽譜を見なくなると自然と自分の音楽性が出てくるようになるはず。聴いてる側もその方が楽しめるはず。

    ユーザーID:0315537931

  • うーん。。。

    なぜかピアノで『アレ弾きたい』『コレ弾きたい』というトピが、あっちこっちに乱立していますね。
    ピアノは押せば鳴る楽器ですから、簡単に考えがちなんでしょうか。
    でも厳しいこと言いますが、技術が伴わないのに難易度の高い曲を弾くのは無理です。

    スポーツにしろ、楽器にしろ長年の練習を積んでいない人が、突然上級レベルのことはできないです。
    なぜって、筋肉がその技術についていけるほど発達していないから。
    気持ちやヤル気でなんとかなるものではないのですよ。
    時間をかけてコツコツと筋肉を作り上げてこそ、難易度の高いことが出来るのです。

    ツェルニー30番を指定の早さに『近い』テンポにしか弾けない筋肉・技術では無理です。
    たぶん1年かけても無理ですよ。
    どれくらい弾きこなして『弾けた』とするかに、トピ主さんとギャップがありそうですが。

    難易度の低い曲でも素敵な曲はいっぱいあります。
    自分に合ったレベルの曲(ほんの少し背伸びするくらい)を地道に練習するのが、音楽を聴かせる意味でも、技術上達のためにも一番いいですよ。

    ユーザーID:7749806559

  • 気持ちだけではピアノは弾けない

    みあさん、「気持ちで」って・・・(呆)。トピさんの場合それ以前の問題で困ってらっしゃるんだと思いますよ。シロウトが感情的なアドバイスをするべきではありません。なんかテレビ叩いてなおすみたいな思考だなと呆れました。

    ユーザーID:4270452267

  • 辛口だけではなんなので。。。

    辛口レスだけでは意味がないので、せっかくここまで練習しているトピ主さんにアドバイスを。

    手がついていかない箇所はとにかく、小さく小さく区切って確実に練習していくのが良いです。
    まずは1小節ずつ練習して確実に、次に2小節続けて、次は1フレーズというように焦らず順を追っていきましょう。
    それでも何度やっても出来ない場合は、リズムを変えて練習すると意外と効果があったりします。
    例えば『タタタ、タタタ、タタ..』というリズムの箇所を、『タータタ、タータタ、タータ...』や『タタータ、タタータ、タタ...』、『タタタタ、タタタタ、...』というような感じ。(文字で説明は難しいですが。)
    練習は何十回か繰り返したら、一度1〜3分ほどのインターバルを置くといいですよ。

    出来るようになってくると、最初から最後まで通して弾きたくなりますが、それは練習始めの最初と最後の2回で十分。
    今日はこのページの練習、というように集中的にやりましょう。
    この練習の分割を計画的にすれば目標の日に間に合わせることができるはず。

    後は時間があれば、左手だけで練習してみてください。頑張って。

    ユーザーID:7749806559

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • う〜ん

    同レベルくらいなのでレスさせていただきますね。

    ゆっくりなら一通りできるって残り日数では難しいのでは?
    「別れの曲」は私も憧れがあったので必死に練習しました。
    未だに披露出来るほどまでには至らず、あくまでも家で
    自己満足で弾くくらいですよ。

    練習をしていって譜面通りに弾けたとします。
    でも、弾けるだけじゃダメなのも分かりますよね?
    特にショパンの曲は表現が難しいし、75日では・・・と思います。

    同じようなレベルでも、練習の仕方や弾き方の個性があるので
    「絶対」とは言い切れませんが、もう少し難易度を下げて
    完璧にできる曲を探した方がいいと思います。

    どうしてもというならば
    私は一小節ずつ指が覚えるまでとことん練習をしましたよ。
    曲を整える日数+練習する小節を残り日数で割ってノルマ制にし
    とことんやってみてはどうでしょう?

    ユーザーID:0181163011

  • 自分の演奏を聴く

    ピアノではありませんが、私も楽器を演奏します。中学生の指導もしています。
    私の場合、人前で演奏するときは、だいたい仕上がったらMDやレコーダー、携帯電話のボイスレコーダーに録音して、自分の演奏を聴いて訂正箇所を抽出します。
    苦手な箇所以外に、自分では得意としているフレーズも、客観的に聴いてみると訂正するところはたくさん出てきます。

    何人かのプロの演奏(CDなどで)と聴き比べることもします。どのように訂正すべきか、たくさんのヒントが隠れています。

    自分の演奏の録音を聴いてみて、満足がいくようになるまで練習します。

    生徒にも生徒自身の演奏を聴かせています。彼女たちが思った以上に出来ていなくて、恥ずかしいと言っています。

    この方法はなかなか効果的ですよ。

    ユーザーID:2948406960

  • ちょっときつそうですね

    今はすっかり退化しましたが、昔は別れの曲や英雄ポロネーズを弾いていた大人です。
    別れの曲は、アレンジではなくフル・スコアですか?だとすれば初めのメロディが終わった後の節が心配です。
    いわゆる「別れの曲」のメジャーなメロディのみであれば、ツェルニーレベルでも何とかなるかと。
    書き込みを読みますとフル・スコアと伺えるのですが、真ん中の部分は自分で弾いてみて結構苦慮したように記憶しております。
    テンポもやや早くなります(ピアニストが弾いているCDをお聴ききになり全体像に耳を慣らすことをお勧めします)し、和音をきちんと押えられないとと聞き苦しい曲です。ペダルでのごまかしもききにくいと思います。
    私は手が大きく、運指が大変なものでも比較的楽に弾ける方でしたが、途中のメロディはとにかく反復練習だった気がします。強いていえば符点で練習するのをお勧めします。
    選曲は私なら観客の耳レベルによって決めます。
    精通した方の耳では、やっと弾けるレベル、の演奏は聞き苦しいのでゆとりをもって弾ける曲にします。主さんの符読みのスピードをみると選曲はやや不安かな。
    よい演奏会になりますように。

    ユーザーID:4227074983

  • 素人でもアドバイスしたいという気持ち

    皆さん本格的なアドバイスですね〜!
    私は感覚的な人間なので、気持ちのことを書きましたが
    トピ主さんも分かっていただけると思います。
    別れの曲は私も好きですからこそ、お手伝いしたかったのです。

    素人でも相手のことを考えてアドバイスできるのが、
    小町の良いところ。色んな見方の方いますよ。
    ですよね?ひよ子さん

    ユーザーID:5871117152

  • 先生につく

    やっぱり先生に教わらなければ無理です。
    あと曲を弾くために、その曲だけ練習するより、その曲を弾けるようになるための練習曲を練習した方が良いです。

    ユーザーID:1241581271

  • ピアノ教師の孫

    中学時代に別れの曲を制覇しました。今は趣味でピアノを楽しむ程度です。
    75日、毎日必死で練習すれば、きっと披露できるようになりますよ。但し、一日でもサボってはいけません。一日サボれば技術は確実に後退し、取り戻すのに数日かかります。お勧めすることは、決して止まらない自信のあるスピードで何度も弾きましょう。止まってはいけません。たとえミスタッチがあっても、音楽を止めないで弾き続けてください。本番で間違えても、弾きなおしたりはしないでしょう?
    そしてすこしずつスピードを上げていってください。
    私も懐かしくなりました。また弾こうと思います。ガンバッテくださいね。

    ユーザーID:6609477773

  • ありがとうございます!!

    まさに私の知りたかった内容で、とっても嬉しいです。まずは、小さく区切っていって、確実に弾けるようにという練習を始めました。文字数の関係で、少し説明が雑だったのですが、演奏会というより単に、ピアノ好きの友人同士で、食事がてら、モチベーションアップのために、聞かせあいっこしようか!という程度です。

    下手でもいいから弾ければ嬉しいなと練習しはじめたのですが、一通り弾けるようになってくると、だんだん欲が出てきて、人前で弾くのならもっと上手になってからがいいなあと思うようになりました。レッスンを再開してみようかなという気持ちにもなりつつあります。心の中では、本番は、慣れた曲を弾くことになりそうだなー。。と思いつつ。でもせっかくモチベーションあがってるので、食事会まで、練習し続けようと思います。

    みあさん、映画の「さみしんぼう」、「ベートーベン不滅の恋」貴重な情報をありがとうございます!!!是非是非見てみたいと思っています!!弾いてるとき想像できる情景があるっていいです。例えば、、私はワルツ14を弾くと、何故だか、頭の中に「けものみち」の米倉涼子と佐藤浩市が無声映画のように登場してきます・・。

    ユーザーID:7772631995

  • 誤魔化し方教えます

    一番良いのは、1日に4小節づつ、正しい速さで確実に弾けるように練習することです。しかし、そうは言ってもどうしても技術が及ばない場合は、レベルに応じて適度に誤魔化すのはいかがでしょう。

    1.右手については、複数の指で同時に弾くのが難しい場合、一番上の音(と、できれば一番下の音)は残して、それ以外はカットするか、オクターブにしてしまう。

    2.どうしても速さが追いつかない箇所は、むしろリタルダンドでゆっくり弾いて雰囲気を造る。

    3.左手については、もっとも下の音は残し、右手と重なっている音があれば省略する。

    4.自信のないところほど、力強く弾く(弱々しく弾くと、自信のないのがすぐバレます)。

    5.「別れの曲」に限って言えば、多少ゆっくり弾いて、速さに緩急をつけることで「上手そうに」聞こえる場合があります。メロディを強調するように弾き、左手はやや弱くし、ペダル操作を確実にして和音がうまく耳に残るようにしてやれば、そこそこ聞けます。

    6.左手のリズムを、8部音符の連続(タタタタ)でなく、真ん中を4部音符にしてしまっても(タタータ)、そうおかしくはなりません。

    ユーザーID:7283182740

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧