バイオの研究職:派遣→正社員

レス32
(トピ主1
お気に入り34

キャリア・職場

toki24

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 研究とは・・・

    「ブレーン」ではなく、「テクニシャン」のイメージなのですね。

    でも、本当にブレーンでなくても良いのでしょうか?
    テクニシャンとなると、ほとんどが若い派遣(バイオは女性が多いです)でまかなわれ、仮に正社員となっても給料も地位も同年代の24歳新卒修士である「ブレーン」より低く、自分が主体となった研究に関しても全て上がもっていき、特許・論文に名前すら載らない・・・と言う立場だと思います。

    また、ブレーンとして研究所に勤務しても、ほとんどの人が途中で研究ルートからははずれ、地方工場への転勤(これが出世ルートの場合も多いです)、営業、知財、人事等へ回されていきます。
    2年以内に結果を出せなければローテーション、の職場もあります。企業で定年まで研究ができるのは、ほんの、ほんの一握りです。

    ですからもし今からでも研究がしたい、と言われるのでしたら、「飽くなき研究への渇望」(ブレーンとして)によって自分を支えられないと、お勧めはできません・・・。もちろん、漠然とした希望でも悪くはないのですが・・・私は得る代わりに失うものも大きい世界だと思っています。上手く説明できずごめんなさい。

    ユーザーID:1874779177

  • 詳しくは分かりませんが(前向き意見)

    大学の研究室で派遣社員として研究補佐をしています。医薬系ではありませんがバイオ化学です。

    同様な研究をしている他の研究室の方ですが、彼はもともと派遣社員として研究補佐をしていました。
    そこで、能力と人柄(←結構大事)を見初められ、研究室と関係のある会社に社員として雇用され(多分正社員)、大学に出向という形で働いています。
    この方の経歴は、そこそこ有名大学(SA-Fランク中C)の修士です。

    また、他にも大学の直接雇用になった元派遣社員もいます。こちらは契約職員です。学歴はFランク大学の学士卒です。

    大学の場合、(准)教授との関係が左右されますので、その人の学歴よりも、個人的な能力や人柄が優先されています。
    派遣でも、補佐している研究次第では長く使ってくれる可能性があります。ただ、担当(准)教授の退官以降は分かりません。

    現在、プログラミングに係わっているとの事、これは「強み」に思います。

    いずれにせよ、派遣社員→正社員の道は、「巡りあわせ」も大きく関与してくるので、出来る出来ないの判断は難しいですよね。
    でも、一例としましてレスさせて頂きました。

    ユーザーID:0588172830

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧