初めて知った釈然としないこと

レス24
(トピ主0
お気に入り71

生活・身近な話題

じゅんさん

ここで最近の初めて知った釈然としないことを報告します。
先日、妻が派遣の仕事を始めて、お初の給料明細を持ってきたときでした。
妻が喜んで「給料明細もらったよ」と私に見せて、封を開けて一緒にみたところ、お互いに「なんじゃこりゃあ」と思わず声を出してしまいました。

まず、理由を言う前に前段を説明しますと、妻の給与体系は日給月給で、月末締めの15日払いです。先月24日から働き始めましての給料ですので、支払額は4万5千円、しかしなんと社会保険料合計が2万超で手取りが2万円とちょっとだったのです。
私自身、一度も職場を変えた経験がなく、知らなかったもので次の日に社会保険事務所の問い合わせしてみると、

「社会保険料は標準月額で決まってますので、30日働いていると見込んだ金額で算定します。」
「なるほどそれはわかります。しかし、日給月給で働く場合、今回月途中で働いている場合、極端な場合、ただ働きに、また給与以上の金額の請求もありえますが、おかしいのではないか」、と聞くと、「その場合事業所で翌月足らない分を徴収します。」とのこと。

そういう制度だということで納得できないものの(説明ではなく制度ですが)電話をきったところです。
初給料ということで喜んだところ初めて知った釈然としないことでした。
余談ですがあまりに釈然としなかったもので、社会保険事務所の職員にマッサージチェア買う暇あれば、誰もが納得できる制度設計をしてくださいと、悪態をついてしまいました。私もまだまだ人間が出来てないと感じました。

ユーザーID:9521585900

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • よくわかんない

    ご不満なら、社会保険に一切未加入という派遣会社もございますが?

    ユーザーID:5815095933

  • なんだかなぁ・・・

    入社時に保険料を徴収しないのは、
    翌月徴収時の健康保険料と年金保険料で、
    トピ主さんの奥様の会社は当月徴収のようですね。
    その場合、入社後初めて支払われる給与から徴収なので、
    社会保険事務所の方はそれを言ってるんだと思います。

    釈然としないのはあなたの勝手であって、
    電話に出た社保事務所の人には関係ありません。
    マッサージチェアを盾に悪態をつく暇があるなら、
    社会保険のことでも勉強すればいいのに。

    ユーザーID:9923179973

  • 年末調整

    標準月額であらかじめ徴収しておいて、
    過不足を調整するのが、年末調整です。

    トピ主さんもサラリーマンだし、
    奥様もこれまで働いていたのなら、
    会社で年末調整を経験しているハズですが・・・

    何のためにやっているのか、理解されてなかったのかしら?

    今回2万円引かれているからといって、損するわけではありません。
    社会保険に加入している派遣会社は、良心的だと思います。

    派遣で働くというのは、自分の技術を売るという個人事業主だと私は思っています。税制のことも勉強された方が、よいと思います。

    ユーザーID:3623391796

  • 知らなかったんですか・・・?

    あまりの驚きに書き込みします。
    末日に加入者であれば、保険料は丸1か月分。
    給料の〆日と支払日の関係で御宅のようなことも当然あるでしょう。

    社会保険制度がどういうものかも知らないまま、
    社保加入の会社にお勤めになったんですか?
    私は健保組合加入の者ですが・・・いやぁそれくらいは
    一般常識だと思っていました。

    (保険料を払うということは、負担があるだけでなく
    その分の権利も取得しているじゃないですか。)

    ユーザーID:1418845027

  • 逆に質問ですが

    >そういう制度だということで納得できない
    のであれば、先月の1日から23日までの社会保険料は別にしっかり払っていると
    いうことなのでしょうか?
    二重取りだとしたら、キチンと手続きを確認した方がよいです。
    先々月まで奥様はどのような加入状況でしたか?

    ・奥様は派遣契約を結ぶ際の福利厚生の確認がおろそか過ぎる。
     (おそらく奥様は第3号被保険者だったと思いますが、
      何月まで3号で、何月から2号に切り替わったのか)
    ・職員が決めた制度ではないのに、職員個人に対して悪態をつく。

    >あまりに釈然としなかったもので
    あなたが無知すぎです。
    もうご結婚なさっているのですから、しっかりご勉強なさってください。

    ユーザーID:6537332852

  • 日割り計算ではない

    私は【派遣】というライフスタイルを選んで働いているので、
    派遣会社や就業先が何度か変わっています。
    ちなみに 今の派遣先が トピ主さんの奥様と同じく 下旬から働いて、
    社会保険関係引かれたら、手取り少ないですよ。

    派遣会社のコーディネーターか、
    営業担当が、
    事前に説明してくれてたら良かったですね。
    事前に分かっていれば、お気持ちが違ったのではないでしょうか?

    私は、社会保険加入を希望していますし、日割り計算がない事も勿論納得済みです。
    「加入日ずらして欲しい」と申し出る方 多いので、
    就業開始は10月下旬からでも
    11月1日加入にする事もできますよ、と派遣会社の営業から言われました。
    トピ主さんの奥様の派遣会社の方が不親切だったかも。
    でも、【派遣】とか【月の途中からの就業】とか 抜きにして、役所関係の手続きやハローワークの手続き等、
    皆 自分から働きかけて調べますよね。
    確かに、不条理な事も多いですが。

    今回の事は勉強になったと前向きにとらえられては
    いかがでしょう?
    今 派遣先の派遣社員の人員整理も多いし、派遣は不安定ですので。

    ユーザーID:6062598044

  • なんで?

    最終勤務月は満額もらえる(社保料控除されない)わけですから、なんの問題もないですよね。

    ユーザーID:7832011241

  • 社会保険料って

    社会保険料って、当月の給与から天引きできるのは、被保険者の負担すべき前月の標準報酬月額にかかる保険(退職時は別)です。

    つまり、社会保険料は1ヵ月遅れで徴収です。
    なので、初任給からは、社会保険料の天引きはされないはずですけど…。

    ユーザーID:9778856234

  • なんでもお役所まかせにしてきた国民の責任

    問題なのは、国民の生活に直接関わるこのような制度が、いつのまにか私たちの知らない間に決まったり変更されたりしていることです。社会保険庁の悪事にしても、長年にわたって闇の中で、ここ数年になってようやく判明したばかり。政治が官僚たちをしっかり監督していなかったことが明らかになりました。私たち国民も長い間、政治や行政をおかみにまかっせっきりにしていたのだから、それなりに責任はあります。私も少し前までサラリーマンでしたが、サラリーマンは源泉徴収制度があるためか税金や各種保険に関して無関心になりがちです。官僚天国や現在の制度を変えるには、一人ひとりが政治のことをしっかり考えるしか方法はありません。

    ユーザーID:7409453577

  • お気持ち、わかります

    昔、海外で2年ほど暮らしてから帰国した時、
    一度抜いていた住民票を再登録する際、帰国日を5月30日としたら、
    5月分国民健康保険料として、しっかり一月分徴収されました。
    保険証として有効なのは、5月30日の一日だけなのに!
    そんなことと知っていたら、6月1日帰国で届けたのにと、すごくくやしかったです。

    コンピューターのプログラム変更で簡単にできるはずですから、
    日割り計算にしてくれてもいいはずですよね!
    かなり昔の話なので今は変わっているのかな、とも思いますが、
    トピ主さんのお話を読むと、きっと変わっていないんだろうなあ・・・。

    ただ、トピ主さんの場合は、保険料支払い月数にカウントされるのですから、年金額も上がるのではありませんか?
    将来的には損とも言えないかもしれませんよ。

    ユーザーID:3078406101

  • 釈然としないこと

    それはショックでしたね。
    制度だからしょうがないとはいえ、ちょっとは納める側のことも考えろと思いますね。
    向うはたくさん集める為に作った制度だから、よく考えてあるともいえるけど・・

    釈然としないこと、いっぱいありますよ。
    我が家は病人がいますので、医療費をいつも確定申告しています。
    せっせと集めるわけです、領収書。
    それで、書類を作って送付する。

    この間総理が言いましたね、
    「高額所得者は給付金を辞退してほしい」
    制度でもないのに国民側が自主的に辞退しろと。
    ほんの少しでも、給付したくないんですね。

    でも、税金他納付金は、こちらの事情も何も関係なく、一律天引きされるんです。
    税金だって、確定申告なんてややこしい手続きでいちいち返してくれといわれる前に、「本当にこれだけ頂いても宜しいでしょうか?」とお伺いを立ててほしいよ、ホント。

    便乗してしまいました。

    ユーザーID:5816137789

  • 1日から働き始めてれば良かったんじゃない?

    期待してたのより支給額が少なかったので、ムカついてるんですよね。でも加入するんだったら、いつかは払わなきゃいけないし。

    多くの会社でよくあるパターンで、
    「新卒正社員で入社した時には、最初の支給額から社保分は引かないけど、退職する際に2か月分まとめて天引きします」
    ってのがありますよね。私はこのやり方のほうがイタかったけどな〜。

    社保に限らず、何かの制度に関わる以上、どこかで線引きしなきゃ何もできないとは考えられませんか?
    トピ主さんには、誰もが納得できるルールの案でもおありですか? もしおありでしたら、せっかく社会保険事務所に電話した際に、それを提案したら良かったのに。

    この件に関しては、そこまで悪態つかなくても・・・と思いました。

    ユーザーID:2131787320

  • 八つ当たり

    派遣でのお仕事ということですから、当然配偶者控除内でのお給料ではないですよね。
    社会保険料を払うというのはわかってたことなのでしょ?
    この場合 ご自分の勉強不足、もしくは会社側からの説明が十分でなかったということですよね。
    結果として仕方ないのではないでしょうか。

    ユーザーID:6010946200

  • お気持ちは分かりますけど

    現在そういう決まりで徴収されているのだから仕方ないんじゃないでしょうか…
    「なんじゃこりゃ」と言いたくなる気持ちは分かりますけどね。

    ユーザーID:2269580515

  • なにかあったらきっとありがたく感じていたのでは?

    あたりまえじゃないですか!
    勤務開始と保険加入は同時に行われると決まっています。なぜなら被保険者を守るためです。
    トピ主さんの奥様は 被扶養者でいられたかもしれませんが、健康保険に加入していればこそ安心して病院にかかれるのです。
    それからトピ主さまの奥様の明細に表記されている以上の金額を派遣会社が負担していることはご存知でしょうか?
    健康保険の半額、厚生年金もしかり。基金にいたっては加入者負担の倍以上を会社が負担しています。
    将来の厚生年金受給、高額医療給付、傷病手当や出産手当金の支給など健康保険に加入できている恩恵も理解していらっしゃるのでしょうか?

    実は私もこういったことをよく言われる立場にあるのです。なのでつい反論したくてでてきてしまいました。不景気の昨今、膨大な金額を青息吐息で支払っている中小企業も多々あるのです。

    マイケル・ムーア監督の「シッコ」をゼヒごらんになってください。

    ユーザーID:9333239269

  • あの…

    制度の良し悪しはともかくとして、こんなことは働く前にちょっと自分達で調べたり、派遣会社に確認すれば分かることですよね。
    それをしないで自分が思っていた事と違ったからと言って、社会保険事務所に悪態をつくなんて、社会人としてどうなんでしょう。
    トピ主さんのお給料からも毎月引かれてますよね。

    天引きだから…は言い訳になりません。
    毎月、何がどんな制度や仕組みにより引かれているのか、もっと意識した方がいいですよ。
    自分の無知さを棚にあげ、何でもかんでも行政に文句を言うのはやめませんか。

    ユーザーID:7784426161

  • 変な人。

    まあそういう制度ですから仕方ないですね。


    しかし電話に出た職員にはその制度に対して何か出来るわけでもなく
    あなたの妻の社会保険料を職員が使っているわけでもなく。

    >社会保険事務所の職員にマッサージチェア買う暇あれば、誰もが納得できる制度設計をしてください
    こんな下品なことを言う自分をまず反省したら如何でしょう。
    納得がいかないといつもこんな勝手な悪態を付くんですか?

    ユーザーID:8217371604

  • 同じ経験しました

    初めて派遣で働いた2年前、前職の都合で4月1日からの勤務を希望していたのに、引継の為1日でも2日でもいいから早く来てほしいと言われ、前職は有給を取って3月30日から働きました。

    その際派遣会社のコーディネーターは、3月から社会保険加入になるとは言いましたが、2万円超のお給料から2万円超の保険料が引かれるとは言いませんでした。
    気付かない私も悪いけど、説明しないコーディネーターもひどいと思いかなりゴネましたが最終的には諦めました。

    それ以来契約の時には社会保険には注意しています。無知は損するなぁ、もっと利口にならねばと肝に銘じた出来事でした。

    ユーザーID:4277610661

  • 考え方を変えると

    例えば、週3日働く人がいて、社会保険に加入するだけの年収が見込まれた場合、トピ主さんの感覚ですと、社会保険料は6割払えば良いという事になるのでしょうか。
    そんな訳、ないですよね?

    私は正社員なんですけど、時給制なので、休めばその分給与が下がる給与体系です。夏季休暇や年末年始を休むと手取りがガッツリ減ります。でも、社会保険料はキッチリ引かれます。
    トピ主さんの感覚ですと、働いた日数だけ社会保険料を日割りで払うという事になりますが、そんなこたー有りません。

    まぁ、ちょっと考えてみれば、分かる事だったのでは無いでしょうか。

    横になりますが、私は退職時に社会保険料(2ヶ月分)やら税金やら、通勤費の戻しやらで給与がマイナスになりました。マイナス分は、退職金からちゃんと引かれてましたよ。まぁ、世の中そんなモンですよ。
    私の同僚は、入院して給与が0円だったので、税金と社会保険料分を経理に納めてました。

    ユーザーID:3275734944

  • うーーん

    びっくりです。
    制度を知らず、社会保険事務所の職員に文句を付けるとは・・・。
    見ていてこちらが恥ずかしくなってしまいました・・・。

    所得税や住民税についても、同様の知識なのでしょうか。
    一度勉強されてから問い合わせなさることをお勧めします。

    ユーザーID:9704352332

  • よしえさんへ

    ちょっとヨコですみません。
    たぶん月末締めの翌月15日払いだから初任給でも天引きされるのではないでしょうか。
    ウチの会社の場合は20日締めの25日払いですので初任給からは引かれていませんでした。

    ユーザーID:3445070856

  • もうすぐ年末調整ですし

    そんなに怒らなくても、還ってくるじゃありませんか。

    雇用のあり方は千差万別。
    毎月いちいち個別に計算なんかしてられませんよ。
    だからどんぶり勘定で払って年末調整するんですよ?
    それはもちろんお分かりですよね?

    ユーザーID:2127813482

  • いやーん「社会保険」って書いてんじゃんよ、ねぇ?

    さっき年末調整と書いた者ですが、社会保険ですよねぇ?
    すいません。早とちりで。
    年末調整は税金じゃ〜ん!
    すいませんでした!!
    まぁ、社会保険たくさん払ってるから、今年の控除は大きいかもしれませんよ?

    ユーザーID:2127813482

  • 頑張れえ

    学生時代には、社会構築のシステムを勉強する機会がなかったことでしょう。社会人に成り立てでいろいろ驚かれていると思います。私も、選挙の際には毎回必ず投票に行きます。それでもやっぱり、気に入らないシステムはたくさんありますよ。日本を住みやすい国にするため、お互いに頑張りましょう!

    ユーザーID:3202807551

レス求!トピ一覧