夫の多忙

レス8
(トピ主0
お気に入り37

恋愛・結婚・離婚

ふくろう

結婚して1年少しが経過した働く妻です。

夫の仕事が多忙過ぎ、土日も一緒にいる時間が取れません。。
初めのうちは、仕事を頑張っているのだから、甘えてはいけないと思っていましたが、あまりもともに過ごす時間がなく、寂しい気持ちを抑えることができません。

どういうふうに乗り越えていけばよいでしょうか?

ご助言頂けるとうれしいです。

ユーザーID:3721102583

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは寂しいですね

    ふくろうさんの寂しいお気持ちよくわかります。
    結婚1年といったらまだまだ新婚さんですよね。一番大事なのは、遠慮せずご主人にちゃんとふくろうさんの気持ちを伝えることではないかなーと思います。

    「忙しいことはとてもよくわかるけど、寂しい」ことをです。ご主人が時間がとれないことはわかっていることも伝え、このままではますますコミュニケーションのとれない、すれ違いの夫婦になってしまう恐れがあるし、そうはなりたくないことを伝えてみては?

    お忙しいご主人のこと、その話し合いをとる時間もないようでしたら、手紙をかいてみて、空いてる時間(電車通勤時等)に読んでもらうとか。共通の時間がないとこを非難されるのではなく、寂しいからもっと一緒に居たいといわれるのは、自分だったら嬉しいと思います。後、1日に1回、毎日昼食時にでも「今コンビ二のお弁当を食べています」とかいうような、一言メールを送ってもらうとか。そうしたら、「お疲れ様」って返信できますよね。

    小さいことから始められるといいですね。10年後にも、一緒に冗談が言えるような楽しいご夫婦になれるといいですね。静かに耐える妻は時代錯誤だし、何も生み出しませんよー。

    ユーザーID:0422126996

  • 何かご自分の趣味を持たれては?

    まず、あなたは、すべての欲をお持ちですか?忙しいということは、給料が多く収入が安定しているということです。(一緒にいる時間は少ない。)逆に暇であれば、収入が不安定で生活が大変。(でも一緒の時間がたっぷりある)。こっちがない時は、あっちをほしがり、あっちがない時はこっちをほしがり。そんなもんですよ。自分で楽しめる趣味を持つことです。これが提案です。”いやいや、とにかく一緒にいたいだけです。”というなら毎朝と、夜の食事でいっしょに会話されては。

    そうして相手の大変さをいっしょに過ごしてみてください。見方考え方が少し変化しますよ。昔、タレントのS正明のO夫人が離婚に際して話した理由にこんなのがありました。<Sは、仕事一筋の人間で、私は、毎日いっしょにゴルフをしようね。って約束したのにちっともそれがかなえられなかった>あなたは、たっぷり時間があって、何かに追われるようにとにかく動き回るということがない人なら、なおさら、程度の違いはあれ前述の間隔なのでしょうね。自分は何ができるのか、もっと考えるべきですよ。

    ユーザーID:3744464848

  • 私の夫も激務です。

    我が家の夫は現場監督をしており、大変激務で 週に何日かは夜勤があり
    帰ってきません。
    はじめは 私も寂しかったのですが、慣れてしまえば(2年〜3年経てば)、一人の夜でも全然平気でむしろ気楽です。

    あと何十年ずっと一緒にいられるわけですし、健康で真面目に働いてくれているんだといい風に考えて 一人で楽しめる趣味をもつ(私はゲーム)ともっと結婚生活が楽しくなると思いますよ!

    ユーザーID:8571296097

  • 対策

    誰でも思いつくようなことですが、淋しさを紛らわす方法を幾つか。

    ★早く子どもを作る→旦那さんが多忙なら一人で子育てする覚悟で。

    ★趣味をもつ→何かとお金がかかりますが、お仕事されているなら捻出できるのでは?

    ★仕事を頑張る→旦那さんに負けないくらい多忙な日々にしてしまえば良い。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:7557617997

  • わかります

    アドバイスじゃなくてすみません。
    主人も多忙で泊まり込みで仕事があったりしますし休みもあまりありません。
    結婚してしばらくは遊んでるわけじゃなくて仕事なんだから甘えちゃいけないと寂しいと言うことは我慢してました。 あまり頻繁に言うのはどうかと思いますが小出しに寂しいというのは出した方が良いかもしれません。それが本当の気持ちなんですから。

    クリスマスも一緒にいられないし世の中のカップルが楽しそうにしてる時に一人ですが忙しい時間をさいて夜中、誰もいない神社に二人で初詣に行ったり夏休みに旅行に行った時は予約した飛行機に仕事で間に合わなくてキャンセル待ちして行ったり。
    小さな思い出が私にとって宝物になってます。
    それが私の笑顔のもとになっているかも。
    おいしいご飯を作れるように料理を習ったりして一人の時間を 使ってます。

    ユーザーID:6225944936

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 発想の転換

    トピ主さんご自身も働いていらっしゃるのですよね?
    それでもご主人、家にいたほうがいいですか?

    うちは全く逆ですよ〜(笑)
    ご主人、いたらいたでいいですけど、二人より一人でいるほうが断然楽じゃないですか?
    休日も朝から仕事だったら、お昼つくらなくていいじゃないですか!
    お掃除だって、ご主人がいると邪魔だし・・・。
    テレビも好きなテレビみられないし。ダラダラもできないし!

    あと、うちは犬を飼ってるので、ペットはいいと思います(もちろん、飼うのであれば一生の責任をもつつもりでね。)
    あとは、ゲーム。ゲーマーになればいいのです(笑) ゲームやってると一日があっというま。楽しいです。

    そんな、ご主人がいない=悲しい・・・とばっかり考えちゃだめですよ。一人で楽しめることみつけたらいいじゃないですか。休日は趣味の教室に通うのとかどうですか?ビーズとか、アロマ教室とか、ヨガとか、楽しそうなのいっぱいあるじゃないですか〜!

    ユーザーID:4828523918

  • それはね

    結婚するような世代は男も女(有職なら)一番いそがしくしてる頃かも。
    うちもそうでしたよ。
    土日や盆暮れもなく、とにかく一緒にいる時間はほとんどなく、それも食事や風呂、寝るなど「生きる」ことに時間をかけるだけ。

    私も忙しい職種ですれちがいばかり。
    そしてそういうまだ若い世代の夫は時間がとれるとゴルフや飲みなど付き合いや遊びも。

    それはそれは、なんともいえない時代がありました。
    でも、それを乗越えるのは自分次第。
    そしてそれにこたえてくれるかどうかは相手次第。
    もちろん、こちらの思いをはかってくれる相手だからこそ。

    私たち夫婦もそういう時代を二人の「愛情」で乗越えたかも。
    一緒にいられるわずかな時間を密度を濃くしたり、一緒に休める日があったらうんと密着する、など可能なんですよ。

    それを乗越えられないとまだこれから長い結婚生活は乗越えられません。
    これに子どもが生まれると母子だけの生活が続くんです。
    自由行動できるのは夫だけ。
    それにも耐えねばならないのです。

    助言を聞くのはいいですが、乗越える知恵と勇気は自分でどうぞ。
    結婚23年の主婦でした。

    ユーザーID:4851316824

  • 疑問です

    結婚前はどうやって時間を作り過ごしていたのでしょうか?
    そのころはどうやって寂しさを乗り越えていたのでしょうか?

    振り返れば乗り越え方が見えてくる……ような気がしますが。

    ユーザーID:1003297984

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧