• ホーム
  • 話題
  • 『ほら、危ないよ』って失礼じゃないですか?

『ほら、危ないよ』って失礼じゃないですか?

レス285
(トピ主2
お気に入り195

生活・身近な話題

バゲット

今日、スーパーで買い物中に通り道に小学校中学年位の女子が立ち止まっていたので、カートが通れない為「すみません」と声をかけました。
少女は気が付かなかったようなので、あきらめてUターンしようとしたところ、母親らしき女性が「ほら、危ないよ」と促してくれました。

ですが、私は別に無理やり通ろうとした訳でないのに『危ない』って何なんでしょう?
特にその女性も『うちの娘に何するの』といったようなニュアンスではなく、単にそういう言い回しをする人なだけだったのでその場は流しました。

私が子供の頃は、こういった場合には母から『ほら、邪魔でしょ』と言われていたし、それが正しいと思います。

たかが、こんな事で気にする私の方が面倒くさい人なんだとわかっています。

でも、やっぱり、邪魔な場所に立ち止まって他人に迷惑をかけている我が子に対して、邪魔だからどきなさいではなく、カートにぶつかったら危ないからどきなさいって、教育上も違うと思うし、私に失礼です。

子供相手に・・・とか、そういうことではなく日本語としてこの場合の『危ないよ』についてご意見下さい。

ユーザーID:1560531481

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数285

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 全く同感です

    以前に同じような内容でトピを立てようとしたことがあります。
    本当に最近そういう言い方をする親が増えてるような気がします。

    スーパーなどで小さな子供が一人ふらふら歩いていて通路の真ん中に突っ立っていたりしますよね。そのままではぶつかってしまうと思い、カートを持ったまま立ち止まっていると、子供の親が来て、「ほら、危ないよ」なんですよね。あれってなんなんでしょう。こちらはちゃんと気づいて止まってるのだし、普通「ご迷惑になってるよ」ですよね。

    以前住んでいた米国などの店でもよくあったけど、同じシチュエーションでは「迷惑になってるよ」でした。どうして最近の日本の親って、わが子中心に「危ないよ」ってなるんでしょう。

    「子連れで迷惑がられてる」って先回りして考えて、そういうアグレッシブな、失礼な言い方をしてしまうんでしょうか??理解に苦しみます。

    私もここで是非そういう言い方をなさる方の真意を伺いたいです。

    ユーザーID:3631415536

  • とっさに出た言葉

    2児の母です。トピを読み考えさせられました。下の息子は買い物に行ってもふらふらしていてよそ様の迷惑であるので、私もよく「危ないでしょ!」と注意します。トピ様のおっしゃる日本語が正しいのかもしれないと改めて思いました。言い訳になるとは思いますが、失礼な不快な思いをさせるつもりではなく。邪魔で危ない息子をどかせなければ!と母親が感じて、とっさに出てしまった言葉だと私は考えました。

    ユーザーID:9444553309

  • 口癖・・・?

    もしかして、単なる口癖だったのかなぁ、と思います。
    小さい頃から自動車が来るたび「ほら、危ないよ」と言っていたのが癖になって、
    そのまんま口にしたのではないか・・・と。

    確かに、何も危害を加えようとしたわけではなくむしろ迷惑を我慢していたトピ主さんにはムッと来た一言だったかもしれません。
    でも母親の態度から推して、
    >『うちの娘に何するの』といったようなニュアンスではなく、単にそういう言い回しをする人なだけだった
    この直感(?)が当たらずとも遠からじなのではないかなと思います。
    あまりお気になされぬよう。

    ユーザーID:8635414990

  • 私に失礼って・・・

    ただの揚げ足とりじゃないの?
    最終的に避けてるんだし。
    トピ主様の歩く道を邪魔したんだから、
    「邪魔でしょ。」って注意しないといけないんですね。

    子供に注意しない親もここでは叩かれるけど、
    注意すれば注意の仕方がなってないって叩かれるんだね。

    こんな世の中じゃ、子供なんか要らないね。

    ユーザーID:3369177368

  • 分かるー

    おかしいですよね、危ないのはオマエの方だ!っていつも思います。
    道端で幼子ほったらかしで井戸端会議に夢中のお母さん。その側を自転車で通り過ぎる際、幼児はいつどんな動きをするから分からないから本当にゆっくりゆっくーり近づいていたらやっと気がついたお母さんが「ホラ自転車ぁ!!(←文字では伝わらないがムカつく言い方)危ない!!」と大声をかけるのみ(動かない)。
    幼児の側を無事通過した後、お母さんの側で停車して「危ないのは自転車ではなくお子さん、正確に言えば子供放っておしゃべりに夢中なお母様なのでは?」って言ったらポカーンとしてました。私が去った後、お母さん仲間で「ナニアレ?カンジわるーい」みたいにひそひそやってましたけどね。カンジ悪いのはお互い様だっちゅーの。
    スーパーでお子様カートに激突された時も(すごい青タンになった)父親らしき男が飛んできて人を変質者を見るような目で一瞥して「危ないから!」と子供を抱えて去って行きました。せめてオマエは謝れ!と思いました。特に苦情を言ったわけではないのにほどなくお子様カートは廃止。同じような目に会う人多かったんだと思います。

    ユーザーID:0205850042

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 『危ないよ』っていいます(1)

    でもそう言われてみれば『邪魔だよ』が正しいかもしれませんね。
    余り厳密に考えたことはありませんでした。
    ではなぜ『邪魔だよ』じゃなく『危ないよ』と言うのか、と考えてみました。

    私には今2歳の男の子がいます。
    『私も子持ちだけど』さんのおっしゃるようにスーパーでフラフラ歩いていたりします。
    (本当は子供もカートに乗せたいのですが、イヤイヤが酷く乗せた状態ではなかなか買い物が出来ません)
    ご存知かもしれませんがこの年頃の子供は今ひとつ言葉が確かではありません(個人差がありますが男の子は言葉が遅い子が多いです)
    そういう子供に対して『邪魔だよ』といっても普段余り使わない言葉なので反応が今ひとつです。
    その点『危ないよ』は自宅でも外出先でもとにかく小さい頃から頻繁に使っているので子供の反応はいいです。
    私としては、邪魔だから早くどかせたい、という気持ちが逆に直接的な言葉『危ないよ』と言ってしまっているのだと思います。
    もう少し大きくなれば、言葉の理解も進むので『あなたがいると邪魔だからどきなさい』と教えたいと思います。

    続きます。

    ユーザーID:8567465779

  • 『危ないよ』っていいます(2)

    続きです

    もしかするとトピ主さんの会われた母親も、小さい頃からそういう言葉を使ってきて、途中で直すべきがそのまま使ってしまっているのかもしれませんね。

    ユーザーID:8567465779

  • 言ってました。

    私も、そういうシチュエーションでは、子供でも大人でも「危ないよ」と声をかけてしまいます。
    「ぶつけられちゃう、『危ないよ』」ではなく「そんな所に立ってたら、邪魔になって『危ないよ』」という意味で使ってました。
    そこまで細かく考えられる場合もあるんですね…。
    勉強になりました。
    確かに、言われてみればそう受け取られても仕方ないですよね。
    気を付けようと思いました。

    ユーザーID:1750729378

  • 危ないよは、トピ主さんの怒ったお顔かも

    すみませんと言ってるのに何故どいててくれないの、と怒っていたのではありませんか?
    子供が怒られているから、危険だから離れなさいという意味で「危ないよ」と言ったのでしょう。
    カートと人がいて、カートが優先と思い込んでいるトピ主さんが大人げないと思いました。
    だって商品を選んだりするときは立ち止まりますよ。行く手に人がいれば、私なら黙って進路を変えます。相手にどいてもらおうとは思いません。
    特に子供にはいつも優しくしたいと思っています。

    ユーザーID:7840631228

  • こまかーっ

    危ないよ=邪魔になってるよって意味だと私は取ってます。

    そんなこと気になるんですね。

    ユーザーID:9027526981

  • 「邪魔」と思うトピ主さんも失礼なのでは?

    カートは「危ないもの」ですよね?

    最近傍若無人にカートを運転して、買い物している人に邪魔だと言わんばかりの態度の人が多いですよね。実際「危ない」です!

    車に対しても同じですが「邪魔だからよけなさい」と教える親は少ないと思います。車中心、カート中心の社会でもないのに、人が「邪魔」になるということはありません。「邪魔」という発想が失礼だな、と思います。「自分の身を守るために注意して避けなさい」と私も子供に教えています。

    ちなみに「邪魔よ」と言うときは、相手もカートを使用していない安全な状態で、何度も声を掛けられているのに子供が気付かない場合、子供が傍若無人で明らかに配慮が足りない場合です。

    ユーザーID:1798738896

  • どうなんでしょ

    なにげに失礼、ですよね 確かに

    物事を考える基準が相手に対して気を使う、というところから
    自分中心になっているとも思います


    でも最近なにかと物騒ですし、
    自分さえよければとカートで突っ込んでくる人に嫌な思いをした人なのかもしれません

    そのままボーっと突っ立ってられるより多少は気を使ってもらったと考えておいたほうが
    素敵な気持ちでいられると思います

    ユーザーID:9543999138

  • 同じです

    私も以前同様の状況で、私の前のカートを押した方の前に幼い子がいて、その子のために前の人も後の私も止まっていたのですが、お母さんが同じく「当たったら痛いよ!」みたいなことを言ったので、カートを押してなかった私でも怒り心頭でした。

    前の方はちゃんとぶつからないように、カートを止めて待っていたのに、何たる言い草!
    「ほら、邪魔でしょう。のきなさい。」というところでしょうに。

    何を言っても通じない相手だろうから、何も言わずに通り過ぎましたが、この手の若い親に、しょっちゅう遭遇します。
    いったいこれから先どうなるのか、暗澹たる気分です。

    ユーザーID:8893445339

  • 「危ないよ」ならまだマシ・・・

    私なんてトピ主さんと同じ状況下で
    「ほら、轢かれるよ!」って・・・。
    母親が子供に向かって大きな声で言うんです。
    ムッカーーー!!!としましたね。
    すれ違いざまに、小さな声で、しかし聞こえるように
    「轢かねぇよ!」とつぶやきました。


    自分の子には「邪魔だからどきなさいorこっちへ来なさい」です。
    プラスその方に「ごめんなさい」と言います。

    ユーザーID:1676427506

  • その言い分も理解はできるんですが

    読んで一番初めに感じたことは、「えー、そんな大げさに考えなくても」です。

    ちなみに私は特に子供好きでもないし、公共の場などで子供を叱らないママさんらに腹を立てることも多い立場ですが、トピ主さんと同じことを言われたこともあるけれどそこまで気にしなかったです。

    言葉の意味を厳密に追求すれば、「それ逆でしょ!」ってなる感情も分かりますが、この状況の場合はとっさにそのお母さんは「邪魔になるからどきなさい」と同じ意味(気持ち)で言ったぐらいに思っていいと思うんですが。
    つまり「危ない」というのはそのお子さんだけが危ないのじゃなくて、その子がそこにいることでトピ主さんのカートとぶつかりトピ主さんのほうもよろけるとか何かを落とす可能性ありとかの意味も含めて「お互いが危ないことになるよ」という気持ちで言ったんじゃないかと。

    まあ子供がどくように促してくれたんだからまだいいとしませんか?それさえしない親もいますから。

    ユーザーID:9292294446

  • トピ主さんは邪魔だと思っていたのですね。。。

    なのに母親が「ほら危ないよ」といったので、「違うでしょ。危ないんじゃなくて邪魔でしょ。」って思われたのですね。

    なるほど。

    トピ主さんは声をかけたけど気づかない少女にあきらめて、Uターンしようとしたのですね。でも心の中では邪魔だなあと思っていたわけですね。

    トピ主さんの中に少女に対しての不愉快感はのこっていたわけですね。

    そして、その母親が自分に対して謝りもせずに、子供さんに対して「ほら、危ないよ」と言ったことがまた気に入らなかったのですね。

    なんだか、「ほら、危ないよ」も間違っていないように思えてきました。

    もし、その不愉快感が、切れる方向に動く人だったら、子供さんはカートをぶつけられていたかもしれません。

    「危ないよ」も正解なのかもしれません。

    ユーザーID:3112856723

  • 言われれば確かにそうかも・・・

    私に子供は居ませんが、姪を連れ歩いてるとき「邪魔になるよ」よりも「危ないでしょ」と言いますね。通行の邪魔をしたようなら「危ないよ」の後、相手様に「すみません」とも言いますが・・・。
    2児の母さんが書かれたように、相手に対してではなく、自分の姪に対して「邪魔で危なっかしい子」と言う意味合いで言います。
    けれど、トピ主さんの言うように、相手側からすれば良い気分では無いですよね。以後、気をつけます。

    ユーザーID:7886870913

  • 周囲の人にとって、自分の子どもは危険な存在

    私も、同じような言葉を言ったことがあります。でも、自分の子どものとって周囲の人が危ない存在という意味ではなく、自分の子どもの存在自体が周囲の人を危険にしているという意味で使っていました。トピ主さんの例では、自分の子どもがぼんやりして周囲の状況を把握していないために無造作に動いてトピ主さんやカートにぶつかり、トピ主さんが怪我をする危険があるので、「危ないよ」と言います。

    例えば、子どもが公園で棒を振り回していたら「危ないよ」と止めますが、この場合、周囲の人を傷つける恐れがあるから「危ないよ」という言葉を使うのだと思います。これと同じ感じです。


    自分の子が周囲の迷惑にならないようにと考えているために、「邪魔よ」とか「迷惑をかけている」よりも強い「危ないよ」という言葉になってしまいました。考えてみれば、誤解を招く言い方であり、今後は気をつけようと思います。

    ユーザーID:0025905355

  • ほんと面倒くさい

    それは「咄嗟に出た言葉」だからでしょ。

    「ほら、ぶつかったら危ないでしょ。邪魔だからどけなさい。」
    という意味で「邪魔だからどけなさい」ってことだと思えば良いじゃないですか。

    そんなことで「失礼!」とか言ってたらどんなことでも「失礼」になって毎日疲れそうです。

    ユーザーID:9465276159

  • 咄嗟の一言だから

    私は仕事で良く「大丈夫ですよ」というフレーズを使います。いいですよとか、それも(値引き対象に)なりますよと言う代わりに出てしまいます。よく考えると何が大丈夫なのかあいまいなですし、ちょっとズレています。

    良く使う言葉なので咄嗟に出るんですね。司会やリポーターという仕事があるように、突然の会話でもきちんと対応出来る人は少ないと思いますよ。

    ユーザーID:1832335757

  • 「すみません」

    よく使いがちな「すみません」という言葉には問題はありませんか?
    小学生に「通れないのでどいてほしい」と言えば良かっただけの話では?

    ユーザーID:4183416556

  • いいんじゃないですか?

    特別、目くじら立てなくても、
    ちょっと、その子の母親があわてて言ったかもしれませんからね。
    きついかもしれないけれど、些細な事ですよ。

    ユーザーID:1484534125

  • 逆の意味かも

    確かにトピ主さんが言われてることが正しいかも。

    私は他人に「ほら、危ないよ!」とかいう時は、
    「相手の人(邪魔そうにしてる人)にぶつかって、不愉快な思いやけがをさせるかもしれない」
    というニュアンスで「危ない」と言っていましたが、
    日本語の使い方として、おかしいかも…。

    相手の人は不愉快に思われてるかもしれないですね〜。

    でも、いろいろと考えすぎないといけないこのご時世、
    お互い、敏感になりすぎないようにしたいものですね。。。

    ユーザーID:1071712129

  • 危ないのはあなたの子でしょー

    私もその言葉がひっかかるタイプです。
    つい先日同じような話を夫にしてみたところ、賛同は得られませんでしたが(笑)
    店内だろうと道路だろうと、通路いっぱいに広がっていたり、ど真ん中に突っ立っていたりと自分中心な人が多いですよね。
    親も無意識に言ってしまうのでしょうが、とっさの一言だからこそ嫌な気持ちになります。
    「すみません」とこちらが声をかけるまでその親も気づいていないわけだから、
    多少なりとも恥ずかしいとかバツが悪くてそう言わせるのかも?
    「危ない」のはその子だけじゃなくてまわりの人も同様だと意識してほしいですよね。
    別件ですが、「○○に怒られるから△△しなさい!」というのも同じように本質がずれてて嫌いな言葉です。

    ユーザーID:5233737069

  • ぶつかったら

    カートにぶつかったら危ないんだから
    「危ないよ」でもいいじゃない。

    「じゃまだよ」より「あぶないよ」のほうが
    やわらかい表現だよね。

    相手は子供だしね。

    ユーザーID:7906849560

  • 「危ないよ」と言ってしまいます

    そういう状況では「邪魔になっているよ」より、「危ないよ」と言ってしまいそうです。

    「危ないよ」というのも、カートにぶつかったら危ないというのではなく、相手の方にぶつかって(相手の方を)怪我させたら危ないよというようなニュアンスのつもりでした。子供には「危ないよ」と言って、相手の方には「すみませんでした」と言います。子供が邪魔をして相手のカートにぶつかったら、相手の方にお詫びします。

    公園で子供が他の子にぶつかりそうになった時も「危ないよ」と言います。これも相手の子に怪我をさせたら危ないよとう意味です。子供には「他の子に怪我をさせたら危ないから回りを見ようね」と言ってます。

    でもトピ主さんのおっしゃるようにも取れますね。「危ないよ」だけでは確かに言葉足らずですね。私も気をつけるようにします。

    ユーザーID:0585458883

  • 同感

    分かってはいるんです。色んな意味での「危ないよ」であるということは。
    とっさに出る言葉であろうということも。

    だからその場面に遭っても微笑んで終わりますが、違和感はかなりあります。
    自分に子供が出来たら気をつけたいことの一つですね。

    些細なこととは思っても、自分が違和感を感じることは周囲に対してしたくありません。
    勿論、強制もしません。

    ユーザーID:9516219448

  • 私も言ってたかも・・

    就学前の子を持つ母です。
    すいません・・私も言ってます。
    意味合いですが、「君が(うちの子)邪魔してるので、相手の方にぶつかってしまってたら危ないよ」
    なんです。
    語弊ですね。これから気をつけます。

    ユーザーID:3420418039

  • 深く考えないでも

    子どもが、あなたにとって危ない存在(迷惑存在)
    という意味だったのではないですか?

    店内で走る子どもに
    「危ないでしょと」怒るのは
    子どもが危ないというのではなく
    相手の人にとって危ない
    人に怪我をさせるかもしれないから
    という意味で

    やんちゃな息子を持つ親は、人様には危険な子どもという認識があるので
    よく使うと思います

    ユーザーID:6844557641

  • ごめんなさい・・・

    時々その言い回しを使ってしまうことがある、3歳児の母です。
    ”自分の子供だけが危ない”というよりは”自分の子供にぶつかってしまう人も危ない”という気持ちでいます。
    しかしきっと、言われた方はトピ主さんのように感じて不快だろうと解っているので、
    きちんと「ほら邪魔よ、どきなさい。」と言うように心がけていますが、
    外を歩けばひっきりなしに
    「危ない!(車道に出ようとした時など)」
    とも連呼している時期なので、つい場面を間違えてしまうこともあるのです。
    もちろん、だからといって開き直っているわけではなく、申し訳ないなとは思っております。

    この場をお借りして、私もお詫びします。

    ユーザーID:8832174614

  • ん。でも

    たとえば赤ちゃんのまわりをバタバタ走り回っているようなときも「危ないよっ!(赤ちゃんが)」と叫ぶのでただのサイレンのような言葉ですね。
    相手を非難してる言葉ではないです。でも不快に思われる方もいるということで注意します。

    ユーザーID:4086549499

  • 相手に対しても謝罪の言葉が必要だと思う

    子供に注意するだけでなく トピ主さんに対して「うちの子供が危なっかしい行動をしてご迷惑おかけしました。すみません。」と言う意味の謝罪が必要だと思う。
    危ない!という言葉自体は悪くないと思う。
    ただ それだけでは単なる親子の会話でしかないので、相手にも謝罪が必要だと思う。

    ユーザーID:6377817595

  • わかります

    自分の子供が人に迷惑かけているのに、
    「お店の人に怒られるから」
    「危ないから」
    と言って注意する親って結構いますね。

    なぜこれをやってはいけないのかという説明が面倒なのか、それとも注意している親自身が理解していないのか。
    小さな子供でも「ここはみんなが通る場所だから邪魔にならないようにね」で理解できると思います。
    子供だからこそ、社会のルールやマナーを躾けてほしいです。

    ユーザーID:6196975105

  • 口グセかな

    日本語として…と仰ってますが、トピ主さんの立場に立てば、おかしな言い方ですよね。トピを立てて聞くまでもないことだと思います。

    その上で、なぜこのような発言がでるのかですが、とにかく子供は周りを見ません。私もしょっちゅう言ってます。「前を見なさい」「危ないよ」「他の人が通れないでしょう?」って。子供目線に立ったら本当に危ないので、そう言ってしまうのです。とっさにだと、お恥ずかしながら相手の立場で発言できないことがあります。

    「迷惑掛けてるのはあなたの子供じゃない!何よこっちが悪いみたいに!日本語の使い方間違ってるわよ!」と仰りたいトピ主さんお気持は分かります。私もなるべく自分の子供には「邪魔になるよ」と言い、相手の方には「すみません」と言うように心がけてはいますが、それでもつい「危ないよ」と口をつくことがあります。別に相手の方を非難しているわけでも、「うちの子の前に出ないでよ、危ないじゃない!」などという攻撃的な気持ちでもないのです。

    寛容なお気持でご容赦いただけるとありがたいです。仰る通り、間違っているのは私どもの日本語でございます。

    ユーザーID:1513751907

  • 邪魔なのはお互い様だよね

    私なら人がいてカーとが通れなかったら「すみません」などといわず
    黙って別のルートを通ります。

    女の子のお母さんはとっさに「危ないよ」といっただけで意味としては
    「どきなさい」で、トピ主さんに対しては何も意味はないでしょう。
    あるとすれば「そっちがどけば?」でしょうか。

    女の子にとってはカートのトピ主さんが邪魔だったわけですし。

    ユーザーID:1991926962

  • 子供の方からカートに当たっていくこともあるから危ない。

    「ほら、貴方達!そこ通路のジャマになるわよ!」が正しい注意かも
    しれませんが、危ないって言われても私は別にトピ主さんほど
    腹立たしくは思わないです。トピ主さんが無理やり通ろうとしなくても
    子供って思わぬ動きをします。

    至近距離なら後ろを向いていた子供がクルっと向きをかえたりした瞬間にカートに手や足をゴンッッ!とぶつける可能性もあります。今はもう時期的に靴下を履いているでしょうが、私は夏にカートにサンダル履きの素足を轢かれて親指から出血しそれは痛い思いをしたこともあります。

    道路で遊ぶ子供に「ほら、(車がくるから)危ないわよ!」と注意するのと変わらないのでは?と思うのですが・・。
    運転手さんに「注意して運転しているから轢くことはないのに失礼な!」と怒られるでしょうか?

    ユーザーID:9579025526

  • 仮定、もしもの話。

    もしもお互い(トピ主さんも少女も)気付かなくて、ぶつかってしまったら、「危ないよ」ということでしょう。
    だから、ほら、気付きなさいよ。ということでは?

    道路に人が飛び出した時に「危ない!」っていうけど、車から見れば本当は「邪魔」ですよね。
    それと同じようなことではないでしょうか。

    ユーザーID:9423151778

  • 危ないのは…

    >日本語としてこの場合の『危ないよ』について

    子どもがカートに轢かれて
    「危ないよ」
    ではなく
    子どもがカートにぶつかる事によって、
    トピ主さんに怪我をさせるかもしれない、の
    「危ないよ」
    ではないかと思います。

    とっさの事なので、言葉足らずになる事もあると思うし、
    言葉に発するまでにトピ主さんの行動と時差が出る事もあると思いますよ。

    ユーザーID:2789711209

  • うーーん

    その場合は、トピ主さんが危ない行為をしていると意味ではなく、
    子供に対して、子供のしている行為(通り道を塞ぐ)が、
    「皆さんの迷惑になっていて、危ないよ」と言う意味なのでは?

    ユーザーID:7050413028

  • 言葉と行動でセットで判断すればのでは?

     「危ないでしょ」と言って,周りの人の邪魔にならないようにと子どもをどかせたのであれば,何も問題ないと思いますが.トピ主をにらんだ,とか,「このお姉さんに怒られるよ」とか言ってたりしたら,考えものですが.
     「危ないでしょ」が「邪魔でしょ」と同義に使われているかという質問であれば,ありえそうかな,と思います.道で遊んでいるのと一緒ですし.

    ユーザーID:4799239751

  • 私も同感です

    とっさに出た言葉とはいえ、失礼だと思います。

    そう言いつつも自分も言ってしまっているかもと
    ちょっと反省もしつつレスをしています。

    2児の母さん同様、私も「そんなとこにいたら迷惑でしょう」という
    意味で使っていつつも言われた側からしたら失礼ですよね。
    気をつけなきゃ。

    以前、お店で働いていた時に子供連れのお母さんが
    子供を叱る時に「おねえさんに怒られるよ!」という方が
    本当に多くて失礼だな、とよく憤慨してました。

    実際、子供にちょっと注意しただけでクレームつけてくる親も
    この手の親なんですよね。

    休暇さん。
    カートが通れないから、すみませんと声をかけて通ることが
    大人げないんですか?びっくりです。
    トピ主さんは
    >少女は気が付かなかったようなので、
    >あきらめてUターンしようとしたところ
    って書かれてますよね。
    これでカート優先だと思い込んでいる扱いして批評するのは
    あなたの思い込みの方が大人げないのでは?

    子供にやさしくしたいのは私も同じだけど、
    「優しさ」をはきちがえている気がします。

    日本語、私も正しく使えるよう気を付けます!

    ユーザーID:6729408517

  • 日本語として?ご自分の悪感情なだけでは????

    親御さんが我が子の安全を最優先で考え行動するのは当たり前なので、この日本語はなんら問題ないと思います。
    子供が近づいてくるカートに気づかなかったんでしょう?
    明らかに「危ない」ではないですか。
    それに、すでにあなたはUターンしてたんでしょう?
    その親子にとっては、その言葉は親子二人だけの会話として成立してると思いますよ。
    それをあなたに失礼だなんて、その大げさな感情的な反応にはちょっと驚きました。
    だって、大人の押すカートと、小さな子供ですよ!!!!!

    トピ主さんは「すみません」と声をかけたのにもかかわらず気づかれず、結果通ることが出来なかった事、加えて「トピ主さんの立場に立った」言葉が聞けなかったことに気分を害しているのですよね?
    スーパー内に限りませんが、視野に子供がいたら、無意識に子供の安全を考えるのが大人の思考と行動だと思います。

    言うまでもなく誰でも、掛けられた声に気づかないことも、人様の邪魔になってしまうこともあると思うのですが、もう少し柔軟に、成熟した大人の反応をしても良いのではないでしょうか。

    私は、既婚ですが子供はいません。

    ユーザーID:8778652449

  • 私も、そう思います

    まぁ、相手が幼児だったりすると「そうだよ。危ないよ。ガオー!」とやってしまうかもしれません(引かれちゃうかしら…、汗)
    でも、ある程度分別があるだろうと思える年齢(学校に行っている)だったら、危ないじゃないだろ!と思います。

    この間スーパーで後方から私の足にぶつかって転んだ幼児(身体より大きいだろう空の買い物カゴを持っていた)が、ギロリと私を見上げました。親が駆け寄ってきたので「転んじゃったの〜?大丈夫〜?」とシレっとかわしました。
    こっちも、結構痛かったんですけどねぇ。

    ユーザーID:6524409990

  • 危険

    自動車が走って来る前に子供が飛び出したら、何と言うでしょう。
    普通は「危ない」ですね。

    この場合も、カートと同じように、明らかに自動車ではなく、
    子供の方が間違った行動をとっています。

    危険の程度は大きく違いますが、状況と言葉との本質的な関係は同じだと思います。

    子供の方が悪かったとしても、危険が迫ってくるのであれば、
    「危ない」と言うことはおかしくないと思います。

    ユーザーID:2827381587

  • あんまり「邪魔」って言わない方が良いのかも

    確かに邪魔ですけど、優しい表現では無いですよね。
    「邪魔」なのはわかっているけど、傷つく言葉って感じがします。
    それならカートに当たると痛い思いをする、って意味で「危ない」と言った方が注意された方には良いかもしれません。
    注意する相手が子供だからじゃないでしょうか?

    相手が大人ならさらに言葉に気を遣いますよね?
    「邪魔だから」なんて殆どの方は言う相手が怖くて言わないのじゃないでしょうか。「危ない」は大人相手になかなか使いませんしね。

    子供だって同じだと思うんです。
    だったら「危ない」の方がまだ理解しやすくて良いと思います。
    それが例えトピ主さん側からしてみればムッときても、注意の仕方としてはまだそちらの方が良いです。
    本当なら「危ない」とか「邪魔だから」以外の方法で言えた方が良いのですけどね。「他の人が通れなくなるからどいた方が良いよ」とか。

    私もよく「邪魔だよ」と言ってしまうけど、それを言う度に注意しているより逆に傷つけている感じがしてる気がします。
    でも口癖で言ってしまうんですよね。

    ユーザーID:3005203149

  • 違和感、ありますね。

    私もそれだと違和感あります。

    危ないからどくっていうのも正しいですが、どちらかというとこの場合、他の人に迷惑になるから「邪魔になるよ」の方が良いと思いました。

    以前、ある飲食店で柱のようなところにぶらさがって遊んでいる子供がいました。
    他の人も通る場所で迷惑な行為です。

    それを母親が「危ないでしょ」と言っていました。
    私は違和感がありました。
    そうじゃなくて、人に迷惑行為をしていることを正しく教えるべきなのでは?と思いました。

    子供を保護するのも良いですが、他人に迷惑をかける行為は子供の頃からしっかり理解させるべきだと思います。

    危ないからやめるというのと、人の迷惑行為になることでやめるのとでは、しつけとして意味合いが異なってくるのではないか?と思いました。

    ユーザーID:6744403959

  • 分かります。1

    途中までトピを読んだだけだと、そんな風にとらなくてもと思いましたが「私が子供の頃は〜」の一文を読んでなるほど、と私も思うところがありました。確かに私も子供の頃叱られる時はよそ様にご迷惑をかけるんじゃないというニュアンスでした。Aというお店の中で競合Bのお店に行きたいと言っただけで親から怒られたものでした。しかし最近はお店などで子供が商品を勝手に触ったり店内を走り回っても「お店の人に叱られるからやめなさい。」

    もしくは叱ることすらしない。レストランなどではほぼ100%母親同士が会話に夢中で子供のことなんて見てません。危ない思いをするのはこちら側なのに、そういうときは必ずといっていいほど子供が単独で行動しており、この子、保護者は?という状況が非常に多いです。子供が思う存分周りに迷惑をかけて母親の元に戻ってきた頃にやっと母親が気づくパターンが本当に本当に多いです。

    続きます。

    ユーザーID:2959975014

  • 予想ですが

    たまにスーパーで、黙ったまま前の人が自分に気付き通路を開けてくれるのを待ち、しばらく待って相手が気付かなかったら、『あ〜あ!この人が邪魔で通れない』と言わんばかりに、Uターンしてしまう人がいます。
    人の邪魔をするために通路にいる人など滅多にいないのだから、後ろから『ちょっとすいません』みたいな声がちゃんと聞こえれば、みんな素直に道を開けるのに。

    そのお母さんは、主さんがそういう人に見えて、娘が一方的にものすごい邪魔扱いをされたようで、気分が悪かったのでは? 仮にお母さんは主さんの『すいません』の声が聞こえてたとしても、たった1回しかかけてないのに、諦めるのが早すぎるのでやはり気分が良くないと思います。
    一方的に邪魔扱いされて気分が良くなかったので、普段なら謙虚な気持ちで『邪魔になってるよ〜』と言えるところが、言えなかったのでは?

    ユーザーID:5103140372

  • 少し、ずれてるかもしれませんが・・・

    以前、ある場面で、その母親の子供に対する叱り方に疑問があったので、つい出てきてしまいました。ある、ホテルの露天風呂で、小学生低学年くらいの子供が、バシャバシャと水をちらして、泳いでいて、私自身、「せっかく景色が良い露天だから、静かに入っていたいのになぁ〜」と内心思っておりましたところ(他の人も何人かいました。・・・多分その方達も同じ思いだったと思います)、その母親が来て「こら、お姉ちゃんが怒るから止めなさいよ」だって・・・。

    違うでしょー!!「迷惑になるからやめなさい」でしょうがー!!。全く、解っていない親でしたよ。その叱り方だと、「怒られなければ、迷惑掛けても良い」になりますよね?多分、そういう親自身、「見つからなければ、何やってもOk」って考え方なのではないでしょうか。

    ユーザーID:6988553905

  • 周囲への注意を促す

    「危ないよ」は周囲への意識や注意が欠けていることに対して、きちんと周りを気にしなさいよとの意味にもとれるので、私は失礼とは思いません。ただ「○○のときは△△」と状況での判断がまだ難しいであろう小さな子供に対し、条件反射的な注意力を植えつけようという注意のしかたとは思います。こんな大きな子なのにその注意?との違和感もあってかもしれませんが、小学生中学年くらいに見えても実際はもっと幼かったのかもしれません。

    ユーザーID:6507356445

  • 35歳主婦です

    私は子供に「邪魔!」って言ってしまう母ですが、危ないよも良く聞きますね。ただ、相手に怪我させたら危ないよ、の意味もあるかな?とも思います。

    それからトピ主さんはおいくつでお子さんがいらっしゃるかいらっしゃらないかはトピでわからないのですが、小学校中学年くらい(三年、四年)だと「すみません」が「すみません、通るので端に避けて下さい」の意味だと解らなかったのではないですか?
    私なら「通るからどいてね」って言ってしまいますが。

    ユーザーID:1019943674

  • そう取りますか・・・

    小さい子を持つ父親です。

    おっしゃる状況ですと、なんの抵抗も無く使っています。
    邪魔になっている自分の子供に対して「危ないよ」と。

    既に何人かの方がおっしゃってますが、
    「危ないよ」と言う私の真意は「(お前=子供)のやっていることは危ないよ」程度の意味です。
    もしくは「邪魔だよ」と同義で使っているかもしれません。
    日本語的に正しくないと言われればそれまでですが、

    逆に私はトピ主様の立場になったとき、よそのお母様が「ホラ邪魔!」と子供に言っていると、(ホラ!オジサンが、邪魔だって言ってるでしょ!)と聞こえ、心穏やかではありません。
    思わず「スミマセン・・・」とつぶやいてしまいます。

    どうです?この説明が受け入れられないのであれば今後も嫌な思いはし続けるでしょうね。

    わたしも「邪魔だよ」と言うにはまだ抵抗がありますが、トピ主様のような受け取り方をされる方が結構いらっしゃるようですので今後は気をつけたいと思います。

    ユーザーID:4038109643

  • 言葉足らずはお互い様

    「すみません」では、相手に意図が伝わりにくいと思います。
    私なら、「すみません、後ろ失礼します」(大人限定)、または「すみません、通していただけますか?」と声をかけますね。

    トピ主さんもそうしておけば、怒らずにすみましたね。

    また、「危ない」は「自分の子供が」という意味でない使い方もしますよ。
    「こんな所に自転車おいたら危ないでしょ!」と言うとき、ありますよね?このとき、危ない目にあうのは自転車ではなく不特定多数の通行人です。こういう「危ない」も、正しい日本語の使い方の一つです。スーパーでは経験ありませんが、歩道で邪魔になる歩き方をしていた子供に「そんな歩き方してたら危ないよ」と言った経験ならあります。自転車の例と同じ意味で、です。

    結論からいうと、トピ主さんはもっと豊かな日本語を身に付けられた方がお幸せになれると思います。

    ユーザーID:3218260533

  • カートの方が邪魔かな・・・

    はじめはトピ主さんのご意見に「なるほど」って思ったのですが、他の方の意見を読んでいるうちに、「カートが通るからどいて」とまるで自分優先みたいに思っている人の方が危ないなって思うようになりました。
    私もカート利用派ですが、立ち止まって商品を見ている時に逆にカートに邪魔扱いされると迷惑です。
    こっちは商品をゆっくり見ているのに、そっちこそあっちから周ればいいじゃないって思っちゃいます。
    カートにぶつかりそうになっている子供にむかって「危ないよ」と言うのは親だったら当然ではないでしょうか。
    それにトピ主さんがおっしゃった「すみません」についても言葉遣いが間違っていると思います。(他の方もおっしゃってましたが)
    普通に「ちょっと通してくれる?」と言えばよかったのでは?

    ユーザーID:0086865404

  • こまかいかな?

    小学生なら「邪魔」より「危ない」の方がわかりやすいんじゃないかな。「このままここにいたらダメなんだな」ってのがわかりやすい。中学生なら「そこにいたらアンタ、邪魔だよ」ってなるでしょうが。
    そのお母さんは、子供に「どきなさい」って知らせるために「危ない」という言葉を使ったはずです。なにも「カートを押している女性があなたにぶつかってくるから危ないよ」と言ってるわけじゃないと思いますよ。とっさのひとことにすぎないと思います。
     
    で、トピ主さんにできることは「すみません」のひとことですませずに、「ちょっとゴメンなさいね。ここを通らせてくれるかな」と言えばわかりやすくていいんじゃないかな。女の子は気付かなかったんですよね。トピ主さんの「すみません」という言葉がちゃんと伝わらなかったんです。お母さんの「危ないよ」は伝わったでしょ?人に何かを伝えるときは、はっきりわかりやすく言わなくちゃ。細かいニュアンスばかりを気にしても、相手にどいてほしいことが伝わらなければ意味がないでしょう。

    「相手に伝わるように話す」という視点からすれば、トピ主さんよりその子のお母さんの方が正解だと思いますが。

    ユーザーID:1298842370

  • トピ主さん、怖いよ

    「私に失礼です」って何様ですか?「このワタクシに対して無礼な真似をするなんて何を考えてるの!?」と威張り散らす女王様みたい。その母親に睨みつけられたとか、暴言を吐かれたとかなら文句を言いたくなるのも分かりますが、「危ないよ」っていう発言をそこまで悪く捉える必要があるのかしら?トピ主さんはその親子に限らず、小さい子供やその親が嫌いなだけなんじゃないですか?

    私も小さい子供を育てていますが、「危ないよ」は普通に使いますよ。別に深い意味なんてありません。逆にトピ主さんのようにそんな事でいちいち腹を立て、こんな所で意見を募るほど怒る人がいる事に驚きました。

    トピ主さん、きっと「こんな所でチョロチョロしてんじゃないわよ!この私のお通りよ、邪魔なのよ!どきなさいよ!」とでも怒鳴りそうな、こわ〜い顔をしてたんじゃないですか?だから「怖いおばさんがいるから何されるか分からないわよ。危ないからどきなさい」って意味の「危ないよ」だったのでは?私はトピ主さんみたいな揚げ足取りタイプの人には子供を近づけたくないですね。危ないですから。

    ユーザーID:8415866202

  • 小学校中学年にもなっているのなら

    私なら、「よその人の迷惑になっているわよ。」と言って、相手に「すみません。」と一言謝ると思います。

    それくらいきちんと言えると思うし、子どもの前で親がきちんと頭を下げることを見せるのも教育として必要だと思います。
    ただ、子どもに「邪魔」という言葉を使うのは感心しませんね。
    邪魔って邪険にするニュアンスがあって、少し乱暴な言い方。
    「ほら、そこにいたらご迷惑よ。端に寄りなさい。」って言います。

    もっと小さく幼児なら、瞬時に注意しなくちゃならなくて悠長に理屈を言っていられない場合もあるので、手っ取り早く「あぶないわよ。」というパターンもあると思います。
    あくまでも我が子の身が危ないという場合だけでなく、我が子の振る舞いで「余所の人にぶつかると迷惑が掛って危ない行為なんだよ」という注意の意味です。

    ユーザーID:7703421077

  • 全く同感です

    私も思ったことあります。

    小さい子に限らず、カップルで手をつないで狭い道を歩いている
    二人や、ご夫婦、家族などの後ろから自転車で通る時は「すみません
    通ります〜」と声をかけますが、気づいている方の人から気づいていない
    人のへ言葉は「ほら自転車!危ないよ」って。
    危ないって、別に轢こうとしているわけじゃないし(汗)

    私が小さい時は親から、「邪魔だからどきなさい」「人様の迷惑に
    なるから走り回らない」と耳にタコができるくらい聞かされて育って
    きたので、なんだか違和感とともに、イラッとしていました。

    私から見たら、危ないよは身内目線、邪魔だよは相手目線の
    言葉だと思います。
    やっぱりトピ主さんがおっしゃっている状況ならば子供に対しては
    邪魔だよ、が正しいと思います。

    ぜんっぜん細かくないと思いますよ。
    その微妙なニュアンス、わかります。

    ユーザーID:5865417778

  • 女の子にとってはトピ主さんが邪魔。

    カートを押している人は幅をとっているのだから気をつけるべきだと思います。もし、トピ主さんの押しているカートが何かの拍子で強く女の子にぶつかったら怪我をさせていたかも。そういう意味で『危ないよ』とわが子に注意を促す親はおかしくないですよね。

    ユーザーID:4993260284

  • おっしゃるとおりです

    おっしゃるとおりだと思います。
    私もいつも感じておりました。

    ”ほらほら、、危ないよ!”っていうお母さんたち。なんて教養のない、お母さんそのものが品位のない、そういう育てられ方をしてきたんだなぁと
    あわれに思います。
    とっさにでる言葉だからこそ、その人の考え方、育ち方が如実にあらわれますね。
    仕方がありません、日本全体がそういう国になってしまいつつあるのですから、、

    幼い子供でも、、、幼いからこそ、、小さいときから、ひとさまの迷惑になるべくならないように、邪魔になったらあやまるように、
    言葉は気をつけて使わなくてはならないのでは?!しつけのいいチャンスなのですから。

    小児科の受付を手伝っておりますが、きちんとしたお母さんもたくさんいらっしゃって感心します。しかし、なってないお母さん、多すぎます。
    子供は本当に親の鏡だなぁと何組もの親子をみていて、感じます。

    お母さんだけじゃなくて、おばあちゃんが”あ〜、、危ない!危ない!”と、どなったりしているのをみかけると、もう無理だな!と思います。

    ユーザーID:3136736999

  • 私も正確に言葉を使いたいほうなので、

    ご指摘、目から鱗と同時に
    もやもやを代弁してくださったトピ主さんに感謝します。

    自転車で通ろうとする道に、15人くらいの保育園児の集団と保育士さんが。
    「はい、自転車通るよ、右に寄って〜!」。
    これはなんとも思いません。

    自転車で通ろうとする道に、こんどはママふたりとこどもふたり。
    「ほら、自転車、危ないよ」
    なんでこれがかちんと来るんだろう、と思っていました。

    トピ主さん、ありがとう。

    スーパーで私もきっと、「おまえが危ない原因を作っているよ」の意味で
    「危ないよ」と言ったことがあると思います。
    これは今考えればNGですね。
    「ジャマになってるよ」「ご迷惑よ」もちょっと、
    相手の方がこどもをいかにもジャマにしている・迷惑そうみたいで、
    いまひとつな気がします。

    私は今後「ほら、右(左)に寄りなさい」&「すみません」の
    セットで行こうと思います。

    ユーザーID:8823931295

  • 邪魔だよって・・・

    子どもに注意するにしても「邪魔だよ」って良くありません。
    「邪魔」って言われたら「カチン」ときませんか?

    「ぶつかったら迷惑かけちゃうよ。」と言う意味を込めて言っているのです。

    ユーザーID:7405399719

  • 道路に飛び出すと危ないよ

    確かに、目の前で言われると「私が悪いの!?」と感じるかもしれません。

    よく確認しないで道路に飛び出した子供に「危ないでしょ」って言いません?
    飛び出した子供を叱っているのであって、
    通りかかったかどうかも分からない車を非難しているわけではない。
    その感覚ではないでしょうか。

    改めて考えてみたのですが
    「危ない」ってどちらに対しても言いませんかね。
    前をよく見ずに歩いていて電柱にぶつかりそうになって「危ない!」
    電柱は悪くないですよね。

    日本語って難しい・・
    この日本語を何とか操っている日本人は
    英語なんて離せなくてもエライ!(話が明後日向いています)

    ユーザーID:3868023815

  • 同感です。ただし…

    トピ主さんのケースのみ、トピ主さんに同感です。

    つまり、「子供が立ち止まっているために、他のお客様のカートが通れないケース」 です。
    子供が立ち止まっているのだから、カートが子供を引かない限り「危なくない」からです。
    でも、「子供が走りまわっていて、カートの進行を邪魔しているケース」は、「危ないよ」でも違和感がないと思います。
    子供がカートに当たって、他のお客様が怪我をするかもしれない可能性もあるからです。

    トピ主さんが「んっ?」と思われたのは、この点ではないでしょうか?
    トピ主さんの文章をよく読んで、状況を考えたら、私も、ちょっと、ムカッとくると思います。
    とはいえ、お母様はきっと深く考えずについ口からでた一言なんでしょう。
    「危ないよ」の日本語についてですが、「危ない」は、「危険だ」という意味もあります。また、「悪い結果になる可能性が高い場合に使われる」とありますので、それが誰にとって「危ない」のかを状況によって判断しなくては、意としなくても、誰かを加害者のように決めつけてしまうなーと思いました。
    それは、失礼ですよね。

    ユーザーID:7846147439

  • 2度目です

    皆さんのレスを読んで思い出した事をひとつ。

    私は「危ないよ」というお母様方より、
    「ほら、邪魔でしょ」とか言う人の方が苦手かも…。

    大体、こういう言い方の人は
    「お姉さんが困ってるよ」とか言うor子供に対してすごい乱暴に怒る

    っていうイメージです。

    これを言われると
    「ごめんね〜」とか「通らしてね〜」とか言わないといけないんですよね、、、。

    わんわん泣いてる子供に対して
    「ほら〜。他の人の迷惑でしょ」
    「お姉さんが笑ってるよ」
    とか言う母親も
    「他人のせいにしないでよ〜」と思っちゃいます。

    ほんとに人それぞれ感じ方が違いますよね。。

    ユーザーID:1071712129

  • 言葉ではなく

    「ほら、邪魔になるから」とか、チラリとも見ずに言われたら、やっぱり腹立つんじゃない?「邪魔するとおばちゃんに怒られちゃうよ〜」みたいなニュアンスですからね。結局は言葉ではなくおばちゃんの態度が気に入らないわけで。

    子供に「すみません」という言い方も "日本語としてこの場合" どうかと。「危ないよ」とか「邪魔だからどいてね」とトピ主が言うべきなのでは?

    ユーザーID:9197557333

  • どちらが反応しやすいか?

    「邪魔だよ」と聞いてさっと行動できるようになるには
    相手の存在に気がつけて、思いやりを持つことが出来て
    さらに他人に迷惑をかけてはいけないという
    大人にとっては当たり前のことを理解していないと無理でしょうね。
    そこで「危ないよ」といえば、被害を被るのは相手ではなく自分ですから
    ピピピっと脳に危険信号が届きやすいのかもしれないですよ。
    まぁ、どんな言葉をかけようと、その後にお母さんが「すいません」
    とひとこと言ってくださればすむ話だと思うのですが。

    ユーザーID:9625761930

  • う〜ん小町っておもしろい

    匿名掲示板っておもしろいですね。いろんな人の価値観が見えて。

    さてこの件については、私はトピ主さんとは全く逆の感覚です。
    何人かの方が言われるように、この「危ないよ」は、我が子の危険だけを指しているのではなく、「双方危険な事態になるよ」という意味で使われていて、最も端的にその状況を回避させる言葉だと思います。

    カートは、店で用意されているもので、当然使用すればいいのですが、私はベビーカーを使うときと同じスタンスで使います。つまり、人だけが歩いているより遙かに場所を塞ぎ、ぶつかる危険性は高くなりますし、人間同士ぶつかるのに比べ、カート対人では、人の方が当然ダメージは大きいですよね。
    気をつけて使用しないと、他の人の動きを遮ったりする場合もありますので、自分のカートが邪魔にならないように使用します。人がいて通りにくいような場合は自分が迂回するか、その場所へは後で戻ります。ですので「邪魔でしょ」と言われると、とても申し訳なく思うし、決して邪魔だとは思っていないので、(邪魔なんて思ってないのに…)とむしろモヤッとします。
    本当に、いろんな人がいますね。

    ユーザーID:0014228687

  • まったく同感。

    揚げ足取りでもなんでもないです。
    そういう親は、
    自分の子供さえ安全であれば、
    お年よりも含め他人のことなどどうでもいいと言う子供を育てていると思います。
    人間、言い方や言葉というのはものすごく大事なんですよ。

    結局、子供のしつけも出来ない親だろうと思います。
    まあ最終的には、親自身がそんな身勝手な自分の子に泣かされるのでしょうから、どうでもいい話です。
    どんな親なのだろうなあ、、と親の顔をじーっと見て通りすぎるまでですけど、、、。

    ユーザーID:3134360191

  • 全ては相手の立場に立って

    ・・・ということじゃないでしょうか。

    相手の立場をあまり考えていない時は失礼な言動が増えてしまいますよね。
    この場合、子供の母親は「自分の」子供フ立場になって「ほら、危ないよ」
    と言うセリフが咄嗟に出てきたのでしょう。子供を守ろうとする母親の本能
    でもあると思います。ですが、やはり他人への配慮は生きていく上で非常に
    重要ですので、自分の発言に気を遣うことが出来れば、もっと気持ちいい
    社会になりますね。

    それと、「邪魔と思うトピ主さんも失礼じゃないですか」って仰った
    「お互い様」さま。

    ピントがずれていませんか。こういう意見は、トピ主様がその時置かれた
    物理的な状況を分かった上でないと意味がないと思います。
    「縦横無尽にカートを運転」?トピ主様は諦めてUターンしようと
    思っていた、と書かれています。ふさわしくない譬えを使うのは
    止めませんか。「カートや車中心の社会じゃない」と仰いますが、
    その場その場の状況でどの立場の人が優先されるかは変わりますよね。
    それとトピの内容はあくまで、「ほら、危ないよ」という言い回しに
    ついて、どう思うかです。

    ユーザーID:4418080448

  • 人様に怪我をさせるよの意味

    私も危ないよ!と使いますが、
    自分の息子よりも、息子にぶつかった人が倒れて
    (でかい、重い2歳児)怪我しやしないかと、
    そっちのほうが心配です。

    ぱっとでた日本語なら、全文解説するわけにもいかないので、
    「あぶないよ」になってしまうと思います。
    決して、わが子を守るために言ってるわけではなく、
    人に迷惑かけるな!の意味です。

    ユーザーID:3946885027

  • 私も使っちゃいます

    言われてみれば、相手の方に不快な思いさせる可能性ありますね。
    反省反省。
    でもほんととっさで、相手の方を責めたりするつもりは全くないんです。
    私が使うときの意味は
    「ほら!あなたがぼーっとしてるから他のお客さんに迷惑かけてるでしょ!ぶつかったら危ないでしょ!あんたが悪いのに相手に迷惑でしょ!」
    というような感じです。

    でも、そういう場で長々と説教したくないので、適当に省略して済ませてしまってます。ダメですね〜
    あと、幼児はまだまだ「周りの状況と自分の状況を見て行動する」ということが不得手です。
    もちろん日頃から注意をして気をつけさせていくべきなのは確かなのですが、簡潔な言葉で
    「こういう場所で通路をふさぐのは危ないんだ(自分にも相手にも)」
    というのをわからせたい気持ちもあります。
    自分に余裕がないとき(イライラ)は特に使ってしまいます。
    もうちょっと余裕をもってきちんと説明したら子供もわかってくれますよね。
    以後気をつけたいと思います。

    ユーザーID:3191111273

  • 自己中ぽいですよね

    横ですが。
    犬の散歩をしていたら鼻息荒いブルドッグに唸られました。うちの犬は知らんふり。ところがその犬の飼い主のおじさん、「ほおっておけ!(うちの犬を、ってことですね)」って怒鳴るんです。「すみませんね」の一言もなし。多分、犬の飼い方本かなにかにあった号令なんだろうけど、うちの犬はなんにもしてないし、やたら唸ってるのはおたくのお子さんなんだから、ちょっと失礼な物言いじゃない?と思いつつ通り過ぎました。

    それと似ています。昔の日本人は大抵、「お邪魔よ」とセットで「すみません」と子供のために立ち止まってくれた相手に言ったものです。近頃、「危ない」としか言わない親が増えました。「危ない」と「すみません」をセットで言う親御さんは少ないです。

    なんだか傍若無人な人が増えたなあというのが実感です。海外旅行する日本人が内輪で盛り上がって他の人たちに無神経な振る舞いをして嫌がられたりするけれど、それと同じです。もう少し、他の人への配慮が昔はありました。

    自己主張と自己中を履き違えてる人が多いのかなあ。

    ユーザーID:3631415536

  • たしかに面倒くさい

    通路をさえぎって車やカートの進行を邪魔することと、人がぶつかることにより怪我をしたり命を落としたりすることのどちらを重視するかではないですかね。わたしは、人の命の方が大事だと思うので、そういう時には「邪魔だよ」より「危ないよ」の方があっていると思いますけどね。

    まあ、事故を起こして、被害者の状態よりも、自分の車の傷を心配する人もいますからね。人それぞれです。

    わたしは、子供はいませんが、スーパーで似たような場面にあった時には、断固として「ほら、危ないよ」といいます。他人の子ということになるので、前提条件が違ってきてしまいますが。絶対に「危ないよ」と言うことにします。もう意地でも言います。何も、そこまで意地にならなくてもいいって(笑)。

    ユーザーID:6571161753

  • 「危ないよ」で育った子供の行く末

    このトピを見ていたら思い出しました。

    細い道で以前自転車を漕いでたら、対面から猛スピードで10歳くらいと思われる子供とその母親が同じく自転車を漕いできました。すれ違い座間、子供の方から「あぶねーだろッ」と睨まれながら言われてビックリしました。
    私は、スピードは出してませんでした。どう考えても危ないのはその親子でした。
    母親は子供の発言をたしなめる様子も見受けられませんでした。あっという間でしたが。

    「危ないよ」という意味を履き違えて使用しているとこの親子のようになるんじゃないかと思い心配になりました。
    トピ主さん反対派の皆さん、お子様にも本当にちゃんと「危ないよ」の意味伝わってますか??

    また、私もトピ主さんと同様な思いもしたことがあります。
    「危ないよ」と言われ、「わたしゃ凶器かい」と心の中でツッコミいれました。

    ユーザーID:2197665161

  • 広い意味を持つことばのひとつ

    誰もがなにげなく使ってる言葉の中に「広い意味を持つ言葉」というのがあると思います。

    今の若者がなんでも「やばい」と使うけどそれもその一つでしょう。
    本当に危ない。
    これに夢中になるとお金がかかって危ない。
    などなど広義の意味を持つことばはたくさんあるでしょう。

    そして前後を省略した言葉。
    あるいは通例に使ってしまうことば。
    近所の人から電話があったりすると「はいはいお世話さまでございます」なんて意味も理由もないけどとりあえず使う言葉、などなど。

    今回のこともそれらの一つだと思います。
    つまり前後を省略した言葉。通例の言葉。

    でも、トピ主さんは「額面通り」で受け取ったということですね。
    もちろん場面で言うならそのとおり。

    ただ「邪魔」だと思ったのは「カートを押してるトピ主が優先である」という前提が心にあったという事実。
    カートがないなら通れるはず。
    カートはトピ主さんの事情。
    邪魔、というのはあくまでトピ主さん側の心情。
    あちらには立ち止まる事情があったのかも。

    それらを考慮し、総合的な判断がなされればトピ主さんはこういうトピをたてていなかったでしょう。

    ユーザーID:4207870461

  • では、「邪魔でしょ。」は適切ですか?

    スーパーで商品を選ぶのに立ち止まっている人はたくさんいますし、狭い通路をカートですれ違うのは簡単ではなく、はっきり言って他の人は全員邪魔です。でもお互い様ですから、譲り合ったり、声を掛け合ったり、歩き出すのを待ったりして、毎日無事に買い物しているのではないですか?
    カートを置きっぱなしにしたり、立ち話をしたりして、確かに非常識に邪魔な人はいますが、子供が立ち止まってたというだけで、その子は「邪魔でしょ。」と親に注意されなくてはいけないでしょうか?

    「危ないよ。」と言われて大人のトピさんが不快に思われる気持ちも理解できますが、立っていただけで邪魔者扱いされる子供の気持ちも考えてみませんか?

    狭い通路でカートが来る、子供が気付かない、親が子供に(まわりに注意していないと)「危ないよ」というのは、あまり良くないにしても許容範囲だと思います。トピさんが正しいとおっしゃる「邪魔でしょ」よりはいいのではないでしょうか。

    では私なら、、、(子供に)「あ、そこカートが通るからこっちにいらっしゃい。」
    (トピさんに)「すみません。」とにっこり。これならどうですか?

    ユーザーID:3361917540

  • ぶつかる瞬間を目の前にしたら「危ない!」と叫ぶのと同じ

    タイトルにあるように。
    ぶつかる瞬間を目の当たりにしたら、「危ない!」って言いませんか?
    或は「ぶつかる!」と咄嗟に口にする人もいます。
    ぶつかりそうになっている、そのどちらが危ないとか、そういうことではなく。
    その置かれた状況自体が「危ない」わけです。

    ぶつかる状況=危ない状況 ですよね。

    だから行動を示した訳ではなく、その状況を自分のお子さんに説明した。
    その上で「あなたがどきなさい」という態度を示している事で、「その危ない状況を招いているのはお前だよ」とお子さんに教えていると思います。

    ということで、行動を表した言葉ではなく、状況を表している咄嗟の言葉ではないでしょうか?

    ユーザーID:8954582770

  • あまり気になさらずに。。。

    トピ主様、こんにちは。
    スーパーでの出来事、いやな目に遭われたと思います。
    トピ主様の言い分も正しいと思います。ですが、その母親の一言は咄嗟に出たものだと母親目線から思います。我が家にも4歳2歳のやんちゃっ子がいますが、スーパーでは通路をふさいでいるのに気づかずご迷惑かけてしまうことがあります。

    そのときはやっぱり「危ないよ」と出てしまうかも。これは日ごろから私の口癖にもなっていますので。ただ、トピ主様も初めに「すみません」と小学生くらいの子に声をかけたとのことですが、私なら「ごめんね、通してね」と言います。特にお菓子売り場なんかは子供でわんさかしていますので、分かりやすく言わないと伝わらないですよね。大人なら「すみません」で通じますが。

    なかなか言葉って難しいですね。

    ユーザーID:1302810974

  • 「すみません」って?

    トピ主さんのおっしゃることは、もっともですが、
    他人に対して、そこまで求めるのなら、
    まず、ご自分の言動も振り返ってはいかがですか?

    「すみません」の一言で、他人をどかそうというのは、
    傲慢じゃありません?
    まぁ、大人同士なら気付けばどきますが、
    相手は子どもでしょう?

    「すみません」で伝わらないのが分かったのなら、
    「通してください」「退いてください」と一言付け加えればいいのに。
    私なら、相手が誰であっても、「すみません。通していただけますか」と声を掛けますよ。

    自分が何をどうしたいのか、きちんと伝えず「すみません」ですます人に、
    「日本語として、この場合・・・」と言われてもねぇ? と思います。

    ユーザーID:4719908129

  • 日本語としてって言いますが・・・

    今のこの日本で、全ての日本語をどんな状況でも正確に使いこなせてるっていう人はいるんでしょうか。

    それからやはり言葉だけじゃなくて、その人の態度でも判断しませんか?いくら口先だけは丁寧で
    あっても、態度がふてぶてしいと納得いかないでしょう?
    今回だって、相手が明らかにトピ主さんに悪意を向けたような態度なら、問題だと思いますが、そうじゃ
    ないんですよね?なのに、そこまで失礼だとか不愉快だとかって非難する気持ちがわかりません。

    例えば子供が車道に飛び出しそうになったときだって、トピ主さんの言葉どおりなら、「車道という
    車が通る道に出ようとした子供が邪魔で悪い」ということですから、「危ない」と言うのは、運転手
    に失礼ということですよね?そのときも「車道に飛び出たら邪魔でしょう」と言うのが正しい
    ということですよね?

    ユーザーID:8603493842

  • 『すみません』の方が・・・

    すぐに大人が使う『すみません』の方が問題だと思います。

    小学生に『すみません』なんて言ったって、理解できません。
    (理解できる子もいるかもしれませんが)

    『すみませんが、通らせてもらえますか?』と言えば良かっただけでは?

    私は、通路に人がいたら、Uターンして反対側からまわりますが・・・?

    ユーザーID:5630876179

  • すみません

    よく使っていると思います…。
    そんな風に受け取られるなんて考えていませんでした。
    咄嗟に出る言葉です。
    子供は幼稚園児で、スーパーなどでちょろちょろするので、人にぶつかりそうになったりする事があり、そういう時に、子供を引きずり戻して、「ほら危ないでしょう、邪魔になるでしょう!ちゃんと前を見て歩きなさい!」と叱ります。
    子供が人にぶつかりそう=子供にも人様にも危ない行為、という認識で、勿論悪いのは100%子供です。
    相手には「すみません」と謝ります。

    主様の体験場面も、相手の方には全く悪意はないと思います。
    精密に言えば、日本語として不適切なのでしょうが、そこまで曲げてとらなくても…という気もします。

    ユーザーID:6327355254

  • 失礼とまでは・・・

    私の場合そういうシチュエーションだと、自分の子には
    「邪魔やで」がデフォですが、この場合の危ないは
    「お前のせいで相手が危ない目にあってるよ」
    の略ではないでしょうか。

    正直言って、少々考えすぎだと思います。

    ユーザーID:6991317151

  • 「相手にとって」危ないの意味

    私も子どもがいますが、よく使います。
    でも他の多くの方が書いてられるように我が子が危ない目にあう、ではなくて相手や周りに迷惑=危ないってことで言うのです。子どもに対して咄嗟に注意を促す時の口癖でもありますし。

    例えば、細い歩道でうろちょろして後ろから来る人の迷惑になっていても「危ないでしょ!」と。子どもが落ち着かなかったら相手はよけようとする、車道に出ざるを得ないかも知れない、「相手にとっての危ない行為」を我が子がしてる事を怒っているのです。

    子どものいる親はたいていこの意味で使ってると思うのですが・・

    ユーザーID:9724750390

  • 言いますよ

    ただしうちは1歳半の子供にですが..、それでもダメなんでしょうか?
    「危ないよ」と子供の行動を抑制しているつもりです。
    ただそのあと、ぶつかりそうになった人には「すみません」と頭を下げます。
    トピ主さんが思っているような「うちの子に何するの」といった
    ニュアンスは入っていないように思います。
    危ないから注意しなさいという意味ではないですか?

    トピ主さんは神経質すぎませんか?
    教育上とおっしゃるなら、たかが小学生ぐらいの子供がぶつかりそうになった
    ぐらいでイライラするようなご自分を変えてみるほうがよろしいのでは
    ないでしょうか?
    子供は親をみて育っていますよ。
    子供相手にとかそういうことではないとおっしゃっていますが、
    相手を見て行動や気持ちを変えるのは当たり前ではないですか?
    あなたはご高齢者に対してもいたわる気持ちすらないのでしょうか?

    ユーザーID:8139278387

  • 「怒られるよ」よりマシですよ。

    私なんか「ほら、あの人(私!?)に怒られるよ」と言われたことがありますよ〜
    私ゃ怒ってないし、むしろアナタが怒れよっ と憤慨したのは言うまでもありません。
    さすがに面と向かっては抗議できませんでしたが…

    ユーザーID:4666744147

  • 「邪魔」だなんて失礼な!という方へ。

    大して広くもないスーパーの通路で、自分がカートを使っていて相手が使っていなくても、また、自分がカートを使っていなくて相手が使っていても、立ち止まって通路をふさがれれば普通に邪魔じゃないですか?いや、別にそれで激怒したり攻撃したりはするわけないですけど。(ちなみに相手の方が商品を選んで立ち止まっているのは邪魔だとは思いません。もちろん。)

    ところでトピ主さんのご質問の件ですが、『カートにぶつかったら、あなたが「危ないよ」』という意味ですよね、やっぱり。
    で、私だったらどう言うか考えてみました。
    子供が小学生ぐらいなら「邪魔になるからどきなさい。」でしょうか。
    もっと小さい子供なら「○○ちゃんがそこにいたらみんな通れないよ。こっちおいで。」とか。

    ユーザーID:2188133539

  • 志摩子さま、ナイスです!

    素晴らしい例えですね!
    ナイスです♪

    道路で子どもが遊んでいて、車が来たら「危ない!!」ですよね。
    「邪魔だよ!」とは、言いませんものね。

    自分の身(または子どもの身)が危ないというよりも、ぶつかったりする
    事が危ないという意味で「危ないよ!」と良く使っているんだな〜と改め
    て気づきました。

    ユーザーID:5671887325

  • わかります

    数人のお母様がたがレスされていたように、「危ないよ」という言葉はトピ主さんに対してではなく、子供の行動に対して発せられた言葉だったかも知れません。

    しかし、本当に子供に注意する意味で発せられたのであれば、子供に注意するのと同時に迷惑をかけている相手に対しても、何か言ってしかるべきだとは思いませんか?
    「危ないよ」と言いながら子供を抑え、「ごめんなさい、どうぞ(通ってください)」とトピ主さんに道を譲れば、トピ主さんだって不愉快には思わなかったはず・・それはなかったんですよね。

    私もトピ主さんと同じような経験を何度もしてます。ほとんどのお母さま方は子供に「危ないよ」と言いつつ、こちらにはイラついたような顔で一瞥するのみ。私の方が「ごめんなさい、通してください」と声をかけてもほとんどの方が無言です。悪いのは私なの?という気分になります。

    数人の方がトピ主さんを責めるようなレスをされてますが、「とっさの一言」、「些細なこと」、「そんなことで目くじら立てるな」という人は、常日頃他人に対してそんなぞんざいな態度をとる人なんだろうなと思います。でも自分がされたら怒るんでしょうね。

    ユーザーID:3468746759

  • 同じようなことありましたよ

     とぴぬしさんを過剰にせめている人こそ、過剰反応のような気がします。とぴ主さんは別に子供に邪険にしているわけではなく、言葉が変といっているのですよ?

     確かに親御さんからすれば、とっさに出た言葉で悪気はないのかもしれませんが、聞く側からすれば、「なんで?こっちが悪いの?」みたいなニュアンスにも取られがちですから注意しようってことですよね?
     もちろん、気にしない人もいるでしょうけどね。

     実際、私も、地区センターの細い道を、就学前の子供が二人かけまわっていて、通れないので、ちょっとよけて「ごめんね。通らせてね」とにっこり子供に微笑んだとたん、とおくでしゃべりまくっていた親がすごい形相であらわれて「あぶないよ」と怒鳴ったときには、言葉が違うんじゃ?私を変質者扱い?と思うくらいの言い方でした。

     やっぱり「邪魔だからどこうね。」「迷惑になるよ。」という言葉のほうが的確かなと思います。

     とぴ主さん、過剰に攻撃してくる人は、気にしないでね。言葉として、やっぱり違和感私も感じますよ。

    ユーザーID:7761286591

  • 数時間の間に3度言われたことがあります。

    全く同感です。私は自転車に乗っていて、言われました。
    道をお子様達とお母様達がふさいでいて、通れなかったので
    自転車から降りて、自転車を押しながら「すみません」と
    後ろから声をかけました。

    「ほら、危ないわよ」とお母様達は子供達を引き寄せます。
    正直「??」わざわざ自転車から降りて、後ろから声を
    かけた私のどこか危ないのでしょうか。

    「ほら、邪魔になるからよけなさい」と言ってほしかったです。
    1日の間に、3回同じ状況があって、3回同じこと言われてる
    なんだか落ち込みます。

    ユーザーID:0099113486

  • は・・・

    そんな事を気にする人がいるという事に、衝撃を受けました。世の中広いです。

    「日本語として」というご質問に対しては、はいその通りですと答えるしかないですね。でも、「危ないよ」が間違ってるとも思えませんけれど。
    既に出ている通り、いろんな意味が含まれている言葉であって、トピ主さんの解釈=トピ主さんが危ない人物であるという意味ばかりでもないと思いますし。

    自分が子供の頃どう言われていたかについては、覚えてません。それに、人って昔を懐かしがる傾向がありますから、その記憶が絶対正しいとも言い切れないのでは。

    更に言えば、「私に失礼」という考え方、私はあんまりしないですし、更にそれを「書く」のは相当だと思いました。特に、そのような場で「私に失礼」とは、私はまるで思わないです。その場の重要な登場人物は自分じゃないと思うので。その会話はその親子のもので、自分に向けられたものではないからです。
    私って自尊心低いんですかね?

    そんな事考えない方が楽に生きられないかな?とは思います。

    ユーザーID:7397105268

  • 反省さんへお返事

    反省さん、私は「カートが通れないから、すみませんと声をかけて通ることが大人げない」と書いていませんよ。
    「カートと人がいて、カートが優先と思い込んでいるトピ主さんが大人げないと思いました。」と書きました。

    なぜなら、トピ主さんは、子供に「すみません」と言って道を開けさせようとしたからです。子供が気がつかなかったので引き返したそうですが、最初は、カートを押している自分に道を譲らせようとしています。
    また、トピ主さんは、子供に対して母親から「邪魔でしょ」と言うのが正しいと思っておられます。
    私は邪魔なのはお互い様だと思います。
    母親が「危ないよ」と子供に言うのはおかしいと主張するトピ主さんはやっぱり大人げないと思います。

    ユーザーID:7840631228

  • 羨ましいです

    それくらいの事をいつまでも引きずれるトピ主さんが。よっぽどの暇人なんでしょうか?

    確かに国語のペーパーテストでこういう問題が出てきたら、トピ主さんが正解なんでしょう。でもとっさに子どもに声をかける時にそこまで考えますか?トピ主さんは失言を全くした事がないのでしょうか?

    道を歩いている時に子どもが横断歩道で立ち止まったら「危ないよ」と声をかけます。だってトピ主さんみたいな「車や自転車が優先。人は邪魔なんだからよけなさい」というドライバーが増えてますから。歩道で井戸端会議をしているのも邪魔だけど、ベルを鳴らして歩行者を無理やりどける自転車の方がもっと邪魔だし迷惑。自転車は基本車道通行、歩行者を邪魔しない時のみ歩道通行が認められています。

    ユーザーID:9488134978

  • 逆じゃない

    トピ主さんが危ないから退きなさいって事じゃない?
    この場合、子供が危ないって意味じゃないと思うけど。。

    ユーザーID:5459309720

  • 難しいですね

    私は別に思わないです。

    「危ないよ」というのは
    自分も危ないし、相手の人に対しても
    危ない思いをさせてしまう、
    という意味だと思うので。

    言葉って難しいですね。
    なんだか喋るのが怖くなってきます。

    ユーザーID:5264176487

  • トピ主さん、あっていると思います。

    私も感じます。自分が親であればそうは言わないなとい場面は多々有ります。腹は立たないし、寧ろお気の毒だと思う程度です。

    よくあるのが「怒られるよ」というニュアンスの口語。ご近所でボール遊びしているわが子へ「怒られるからダメよー」。隣の家の庭木をむしっているわが子へ「怒られるよー」。

    しては駄目な行為を誰かのせいにして、叱りたくないけどしかたなく、といった態度ととれる発言をする方がいます。残念です。

    ユーザーID:8460727539

  • どうもひっかかる・・・

    まず、カートは邪魔ってこと。
    それから、歩道は、自転車通行可のところでないと、自転車は通れません。通ってはいけない所を通っておきながら、邪魔だからどけどけって・・・
    自分がひどく自分本位な事に気がついていない人が多い。

    ぶつかったら危ない物とぶつかりそうになったら、「危ない」って言ってはいけないのでしょうか?自分が道路を歩いていて、ぼーっとしていたら、車がすぐ後ろを、困ったようにのろのろ運転している事に気がついた場合、「危なかった!」と思って、だからこそ「運転手さん、邪魔でしたね、すみません」となっても、なんの不思議もないです。だから、もしかしたら、あなたが去った後に、お嬢さんに「邪魔だから」と諭しているかもしれませんよ。

    母親の言葉遣いがなっていない、という意見が多くて、それに対する腰の低いお母さん達がまた多くて、だんだんトピ主さんが、ものすごく鬼のように思えて来たんですけど、トピ本文を読み直してみたら、トピ主さんは、それほど強い口調ではありませんでした。

    今はむかついても、5年後にはむかつかないってこともありますしね。心穏やかに・・・

    ユーザーID:2919492707

  • うへーっ

    私に失礼
    なんて、凄い発想ですね
    なんと言ってよいやら・・・

    貴方が邪魔って思ったから、危ないでなく邪魔って言うべき
    と思ったのではないですか

    私もカート利用ですが
    よその子供にぶつかりそうなとき「危ない」と思うし、その子に注意するときは「危ないよ」と言います

    それに低年齢であれば、邪魔というより危ないのほうが、すぐ反応しませんか???

    ユーザーID:6912706179

  • コマネチさんの解釈が妥当。

    トピ主さんの方が悪く解釈していると思います。
    過保護なセリフと思いすぎでしょう。

    程度の問題ですが、子供の頃から過度に親から他人サマサマに
    自分を邪魔って言われると、世渡り狭苦しくなって損をするかと思います。
    自分の経験からです。

    ユーザーID:4471741352

  • 細かいかなぁ…

    本題から逸れてしまうかもしれませんが、トピ主さんはその子供を見た時に「邪魔だな〜」と思ったわけですよね?
    その場合、注意する時はやはり「そこは邪魔だよ」と言うのでしょうか?

    トピ主さんが期せずして通行の妨げになっている時、「邪魔」と言われても何とも思いませんか?
    たぶん、「私に対して失礼!」と思うのではないでしょうか?

    「危ない」とか「邪魔」とかを考える前にトピ主さんが使った「すみません」に対して考察した方が良いのではないでしょうか?
    まさか「危ない」は間違っていると主張されているのにこの場合の「すみません」が正しいとは思っていませんよね?

    ユーザーID:4007822884

  • とっさに反応できる言葉

    『危ない』と言われたら、とりあえずその場から動こうとしますよね。
    子供をどかす事を第一に考えとっさにでた言葉ではないでしょうか。
    万が一ぶつかったらトピ主さんも子供も怪我するかもしれませんし。
    「怒られるからどきなさい」でしたら気になりますが「危ない」なら気になりません。

    「すみません」とだけ声をかけられたら、子供でしたら理解しきれないかもしれません。
    その女の子の立場で考えたらカートの方が邪魔で迷惑なのかもしれません。
    実は商品を見ていたとか、気分が悪くて動けず佇んでいたとか。
    「すみません、通りたいので端によけてもらえませんか」と言ってどいてもらい
    「(道をあけてくれて)ありがとう」とお礼を言えるのがベストだとは思います。

    明らかに迷惑な行為をしているのならばしっかり「迷惑だ」と叱ってほしいですが、
    ただ立っている人とカート、わざとでないなら一方を「迷惑」と決め付ける事は難しいです。
    お互い思いやりを持って譲り合えればいいと思います。

    ユーザーID:1544498610

  • 深い意味はないと思うけど…

    「危ないよ!!」と注意するのは「ほら、怒られるよ!!」と言うのと似ていると思います。

    もちろんそんな意味で使っているわけじゃないんでしょうけど、こちら側としては自分が悪いことしたのかな?という気持ちになる時もあるかも…

    と、このトピを見て思いました。

    例えば…確かに自転車は危ないけれど、こちらが普通に走っているのに、「危ない!!」と叫ばれたらショック。子供さんから目を離しておいてそりゃないなぁと思う。

    ユーザーID:2935361192

  • なるほどね。

    『ほら、(何やってんの!こんなところにに突っ立って道を塞いでいると、誰かにぶつかって)危ないよ』
    と自分の娘に向けた言葉だと思いました。
    多分、そのお母さんはその子が幼児の頃から、そうやって注意を促してきたんだろうな、と。
    でもトピ主さんは、自分に向けられた言葉だと思ったんですね。
    確かに、そう考えると大変失礼に感じます。
    言葉って難しいです。

    実は、私は『ほら、邪魔でしょ』というのは、きつく感じて苦手です。
    『ほら、退きなさい』『道を塞いでいるわよ』とかいいますね。
    思うんですが、国内でも、地域によって注意の仕方もだいぶ違うんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0290623175

  • 「他の人の邪魔になっているわよ。どきなさい」

    と言うのが、正しいとは思いますが・・・
    とっさの場合の「危ないよ。」は許容範囲内かと
    私は思います。少なくとも「私に対して失礼」などとは
    思えませんね。そんなにお偉くないので、私は・・・
    申し訳ないですが、トピ主様 
    細かい&鬱陶しい&面倒くさいです。
    水がきれい過ぎるとお魚さん住めないのよねー。
    と思ってしまいました。
    この経験は反面教師としてご自分の今後の為に
    生かしてはいかがでしょう?
    他人に求めるのではなくて・・・
    「正論ではありますが付き合いづらい」と感じました。
    周りの人にもそう思われていませんか?
    他人に求めるよりも自分の糧とするほうが、賢いな。
    と思います。
    それから「すみませんが、そこを通してください。」と
    言ったら子供達も自分で気づけたかもしれませんよ。
    自分で気づかせるというのも、教育の一環かと思われます。

    きっとこのレスも、厳しくチェックされているんでしょうね。
    ちょっとコワイです。

    ユーザーID:1127650530

  • わかります

    うちの息子もちょうど「何かにつけて通行を妨げがちな年頃」です。
    いつも「ほら、みんなが通る所なのにおじゃまでしょ!」と言ってます。

    「邪魔」という表現が子供を傷つけるから良くない、という意見もありましたが
    だからといって「危ない」などとニュアンスの変わる言い方をしてしまう方が
    問題だと思います。

    事実、大人が通路の真ん中でむやみに立ち止まらないのは、何よりも
    「通行人の邪魔になるから」で、仮に“危なく”はなかったとしても
    してはいけないことですから。

    「危ない」ということについては、あとから第三者のいない場所で
    「邪魔なだけじゃなくて、カートにぶつけられてケガをしちゃう場合も
    あるからね」と教えれば良いと思います。

    そうやってまず第三者のいる場では「じゃまだよ」と注意し、
    あとで「危険でもある」と教える、という“TPOで区別した親の振る舞い”自体も
    実は<子供への教育>に繋がって行くと思います。

    バゲットさんも特にそう教えられたわけではなく、当然の如くそのように振舞う
    お母様を見てきて、自然とそういう感覚を身に付けられたのでしょうね。

    ユーザーID:7600042974

  • 即座の注意喚起

    を目的としている場面なのですから「危ないよ」で正解でしょう。
    一人合点で悪意に解釈して憤るようなことではないような…。
    カートは人間、特に子供とぶつかった場合危険物ですから、
    保護者の方に子供さんをちゃんと見ていてほしい気持は山々ですが、
    それ以上に、カートを押す側が短気になってはいけないと思います。

    あと、小学校中学年ぐらいの子供さんには、「すみません」ではなく、
    まず女の子に呼びかけて自分に声がかけられていると気付かせてから、
    「そこ通るから、どいて貰えないかな?」などとハッキリ“指示”しましょう。
    ぶつからなくて良かったですね、トピ主さん。

    ユーザーID:9478877047

  • もしかしたらどかなかったその子を責める気持ちがあるとか?

    >邪魔な場所に立ち止まって他人に迷惑をかけている我が子に対して、邪魔だからどきなさいではなく、

    スーパーで買い物するために立ち止まっていることが「他人に迷惑をかけること」だと思っているトピ主さんの認識がおかしいんじゃないですか?スーパーは買い物するためのところですよ。立ち止まって物色してもOKでは?

    ちなみに、私は夫から「邪魔だよ」と注意されたことがあるのですがムっときました。カートが通るのは向こうの都合なのに勝手に邪魔扱いするのは失礼だと思いませんか?「邪魔」という言葉には相手のことをよく思わないニュアンスが含まれますから、滅多なことで人に対して使うべきではないと思います。

    スーパーで買い物することが非難されるようなことでもないし、トピ主さんの声が小さくて通じないのはその子の責任でもありませんよね。「邪魔」扱いするほどのことですか?トピ主さんが自己中的な意味で腹が立ってしまっただけですよね。

    そういう場合、私ならやっぱりシンプルに状況を表す言葉として「危ないわよ」を選びます。トピ主さんも、同じ状況で「邪魔よ」って言われたら失礼な、って思うと思いますよ。

    ユーザーID:0394816593

  • 小説でも読んでニュアンスを勉強されたら?

    私が女の子の親なら、ぼーっと立ってるからカートの人Uターンしていったよ。もう少し周りに気を配りなさい。
    今回は良かったけど、あのままカートが来ても避け切れなかったと思うよ。危ないよ。

    と言う意味で「危ないよ」と注意したと思います。

    決してカートを押していたトピ主さんを批判するものではなく、女の子に注意を促すものです。
    親の一番の仕事は子どもを守ることなので。

     ・トピ主さんに向かって「危ないよ」と言った訳では有りませんよね。
     ・また、トピ主さんがカートで来なかったら、「危ないよ」と言わなかったと思います。


    女の子の親が発した言葉は「私に失礼」なのに、自分は「すみません」で全てを理解しろというのも乱暴じゃありませんか。
    これを機会に、自分の発する日本語についても気を遣ったらどうでしょう。

    ユーザーID:6175182361

  • ははあ、そういう解釈でしたか。

    特に深く考えたことなかったけど、私も甥っ子や姪っ子によく言ってますね。
    だいたいは甥なり姪なりに対して「キミがそこにいると他のお客さんが危なくて
    通れないでしょ、どけなさいよ」という意味で使ってますね。
    ここで危ないというのは「狭い所を通ろうとして棚にカートをぶつけてしまう」
    とか、そんなくらいの意味ですが。言われてみれば、大げさかな?
    逆に「危ない目に逢う、どけなさい」の意味に解釈されている場合もあるとは、
    気づかなかったなあ。

    ところで、私も小学生には「すみません」だけでは通じないんじゃないかな?とは
    思います。私だったら「お姉ちゃんちょっと悪いけど通してくれる?」という風に
    言いそうですね。何しろ小学生の頃、「なんで悪いことしてないのに謝ってるの?」
    と大人に対して疑問を覚えるこまっしゃくれた子だったので。

    ユーザーID:3176806576

  • そうですね。

    危ないよって家の中でよく使っているから咄嗟に出ちゃう言葉ですが、人様の邪魔になっている時は使わないように気をつけたいと思います。
    正しくは「邪魔になってるよ」ですよね。

    ですが、このトピの場合は邪魔じゃあないと思います。
    カートに道譲らないといけないわけでもないし。
    スーパーかどこかだと思うのですが、走り回っていたならまだしも商品を見るための速度で店内にいる時に、先を急ぎたい人がいる場合はお互いに譲る気持ちが必要だからです。

    先を急ぎたい人は譲って「もらう」のです。
    立ち止まっている人は待って「もらう」のです。

    トピ文の場合は「危ないよ」が正しいと思います。
    そこにいたのが悪いわけではありませんので。
    先を急ぎたい時に道を譲ってもらうのは相手の善意であって義務じゃないのです。
    だからこそトピ主様は「すみません」と言ったのではないのですか?
    それなのに「危ない」じゃなくて「邪魔」だろうとトピまで立ててしまうのはどうかな、と思います。

    ユーザーID:6125397437

  • 言葉

    多くの方が

    「(公共の場で騒ぎ)となりの人が怒るから静かにしなさい」的な回答と
    今回の「危ないよ」を同義と思っているようですが、違うと思います。

    同じなら、通路をあけないとあの人に怒られるからあけなさい です。

    ユーザーID:6175182361

  • 使ってしまってるかも

    「危ないよ」
    使っているかもしれません。
    うちの子が危ないわ(でしょ!!)という意味ではなく、自分の子供のせいで人様にとって危ない(ことになっている)よっていう意味で子供に使っていました。
    「邪魔だよ。」は人様の邪魔になるよ。だし・・・・


    私の日本語の捉え方がおかしいのでしょうか。
    言葉だけだとなかなかその時どういう気持ちで言ったのかというニュアンス的なものはなかなか伝わりにくいので、子供に一言言ったあと、「ご迷惑かけてすみません」と一言謝るようにしていますが。


    日本語ってむずかしいですね。
    皆さんに知らないうちにいろいろと不快な思いさせてしまっているのかもしれません。ごめんなさい。

    ユーザーID:7516323492

  • 興味深いです

    今まで気にしたことはありませんが、改めて考えてみると私はトピ主さんに同意します。
    レスの中に、あくまでも相手に迷惑がかかる、相手の方の邪魔になるから「危ないよ」と言っているだけで、自分の子供が危ないよ。という意味ではないとおっしゃってる方がいますが、はたして子供がその注意の仕方で、本当に自分が相手に迷惑をかけている。という強い認識を持つか?という点だと思います。

    私は「危ないよ」では次に活かせるような注意の仕方ではないと思います。

    狭い通路では常に後ろに気を配らなくてはいけない、
    後ろの人の邪魔になってはいけないのであれば、

    やはり「邪魔だからどきなさい」が正しいと思います。

    お母さんがどういう解釈で注意をしているかなんて関係なく、
    子供にちゃんと伝わっているかだと思います。

    子供は単純です。お母さんの省いた言葉なんて悟りません。
    特に他人がからんでいることは、
    正しく、何が問題なのかを端的に注意すべきと思います。

    ユーザーID:4484282829

  • 5文字で済むし、子どもが即反応するので、つい。

    ああ、私のことですね。
    すみません。

    私もよく言ってしまいます。道の真ん中で我が子が突っ立って、
    他の方の邪魔になっていると気づいた瞬間「アブナイヨ!」と。
    生後6ヶ月くらいから何千・何万回と繰り返したセリフなので、
    つい咄嗟に出てしまうんです。すみません。
    そして、子どもも生後6ヶ月から聞かされているので
    「アブナイヨ」と言われると1秒で壁際によります。

    やっぱり(よその方に、失礼な言い方だな)と気づき
    後で慌てて「よその方の迷惑になるから、どきなさい」と
    言い直しますが、そんな長い文章を言っている間に
    すでにその方は通り過ぎていますね。

    「どきなさい」と言う言葉には、子どもの反応が鈍くて
    (水溜りでもあるのかと)足元を確認したり
    キョロキョロ確認して人が来るのを確認し、
    ようやく動くので5秒はかかります。

    それで、急ぐ時は全部ひっくるめて「アブナイヨ」で即反応を促すことが多いです。

    時間に余裕があるときは「そこにいたら迷惑よ」とか言うんですけどねー。

    はい、すみません。

    ユーザーID:4361420798

  • 「危ない」、よく使います。

    私もこの場合「カートが危険だからよけなさい」ではなく、
    「あなたがボーと立っていると、周囲に迷惑をかけますよ」という意味だと思います。
     大人だと無防備な振る舞いは減るかと思いますが、子どもは無防備です。
     
     道の真ん中に立つことは「危ない」
     廊下を走るのは「危ない」
     道路を歩くのは「危ない」
      
     という親やその他大人達から声を掛けられながら、何が危ない行為なのかということを覚えていくのだと思います。

     自分にとって危ない行為=他人にも危険な行為ですから。

     でもその後に「後に気配を感じたらよけなさい、道は譲り合いなさい」というようなフォローも必要ですが。

    ユーザーID:0533286972

  • 2回目ですが。

    一連のレスを読んでふと疑問が湧きました。
    今回のケースは、子供 対 カート+大人(トピ主さん)ですよね。

    普通に考えてぶつかったら危ないと思うのは体の小さい子供です。いくら他人に迷惑をかけるから危ないという意味で子供に「危ない」と言ったところで、状況としてはトピ主さんのほうが分が悪くなります。それに上記のような「危ない」の意味が含まれているかどうかは言った本人にしか分かりませんし、私個人的には自分に都合のいいように釈明してるな、と思います。トピ主さんはそういうことを言いたかったのでは?と思いました。

    ユーザーID:2959975014

  • まったくもって

    トピ主さんの意見は全面的に正しいと思います。
    ただし自覚しているように面倒くさい人だと思います。

    私の場合で考えたらこの場合「邪魔になるからよけなさい」と言うと思います。この状況でとっさの場合でも「危ない」という言葉は出ないでしょう。

    トピ主さんの状況の場合、この母親は間違いなく我が子の身を案じて「危ない」と言ってのだと思います。無意識でしょうけど。

    ユーザーID:9997665553

  • 意外と考える内容でした

    車に例えている人がいましたけど、走行している車は明らかに「危ない」ですよね。車は時速50キロで走ってきますから。その瞬間は「邪魔」じゃなくて「危ない」でしょう。

    トピ主さんのカートは決して危なくない。それもUターンしようとしている。
    邪魔という言葉が良くないなら「通りたい人の迷惑になっているでしょ」等、言い回しはある訳です。
    子供は「危ないよ」と言われたら、カートなのか、トピ主さんなのか、両方なのか、どう受け取ってしまうのでしょうね。
    一番、危ないのは、家事や子育てに疲れて(?)安易に「危ないよ」と言うママだよなぁと思いました。
    そのママも、後になって「あれ?おかしかったわね…」と思っているかもしれませんよ(分かりませんが…)。
    あと「ママ、カートは危ないから使っちゃダメなんだよね!」とか子供に言われて、アレ?って思い返すとか。

    子供にも教育上誤解のない、スマートな言い方、私(未婚)も覚えたいです。姪や甥と一緒に居る時に使いたいです。

    ユーザーID:6999921785

  • な〜んとなく使い分けているかも

    子供が動いていてカートに気付いてなければ「危ないよ」
    品物選びで通路をふさいでいるなら「カートが通るからよけて」
    買い物と関係無い事に夢中で通路をふさいでいるなら「邪魔になるよ。よけて」
    かな。

    トピの「危ないよ」は
    『カートに気付かずにいてぶつかったら危ないよ。周囲にも気を配りなさい。』
    って思いが詰っているんじゃないかなぁ。
    失礼とかんじる人がいるのは勉強になりました。

    ユーザーID:9478753227

  • 親(子連れ)側の場合は反省。

    私が親側の立場なら
    「人の迷惑になるからどきなさい」といいます。
    実際、人の進路をふさいでいるのですから。

    そして通行人側に立ったときは
    カートが当たると危ないから極力回避します。
    狭い通路なら「ごめんね。通らせてくれるかな?」と言います。

    そんな積み重ねでお互いに気持ちよくやり取りできるようになるのでは
    ないでしょうか?どちらか一方の言い分を通してもなにも生まれません。

    ユーザーID:1342808835

  • それは、

    「そんな所に立ってたら、邪魔になって『危ないよ』」

    という意味ですよ。

    バゲットさんは、その地域に小さい頃から住んでいるのではなく転居して、その地域に
    住んでいるのではありませんか?
    だから、その地域で使われている言葉と今まで自分が住んでいた地域との言葉の使い方
    に違いがあるにも関わらず、自分基準で判断されていませんか?
    だから「と言われていたし、それが正しいと思います。」と言い切って、今住んでいる
    地域での言葉使いを否定されてますよね。

    この場合も、バゲットさんに対して「危ないから退きなさいよ」と言っているのでは
    無く、子供に対して言っているのです。

    言葉使いは、地域によって多少のブレがあるのに気づけば、自分の言葉使いが絶対で
    あり正しいという認識に誤解が含まれているということに気づくはずです。

    ユーザーID:4859413821

  • たしかに

    もしそれを聞いたら、無神経な喋り方をする人だなと思いますね。
    自分の子供だけじゃなくトピ主さんにも聞こえるってことに気がまわらないのなら幼稚というものだし、トピ主さんにも聞こえるとわかっていてそう言うのなら失礼。
    トピ主さんが面倒な人とはぜんぜん思わないです。

    ユーザーID:0948886017

  • うーん…

    確かに、「危ない」という言葉だけを取り上げればトピ主の言ってることが正しいのかもしれません。
    でも、カートがあるくらい大きなスーパーなら、通路も広く見通しもいいですよね?
    子供が立ち止まっているのも分かっていたでしょうに
    何故わざわざその通路を通ろうとしたのでしょうか?
    自分の行動を思い返すと、買いたい物がそこにあるのでない限り
    人が多い時は手前で曲がって、隣の通路に移動するなどしてましたけど。
    カートを使うのは自分が楽したいからなのに、人が避けるのが当たり前みたいなのは違うと思いますし。
    (直接は書いてありませんが、トピ主の文章にはそういうニュアンスを感じました)
    ましてや、相手が小学生だったら、大人が気を遣うことはあっても
    大人に対して気を遣えというのは難しいんじゃないでしょうか。

    それに『母親らしき女性が…』と書かれているということは
    母親だという確信が持てなかったってことですよね?
    もしかしたら、近くを通りかかった人が「カートにぶつかりそうで危ないわ」と注意してあげただけかもしれないでしょう?

    私には、トピ主さんの方が???です。

    ユーザーID:2136238575

  • なるほど!

    トピやレスを読んでなるほどなって思いました。

    危ない!が一番子供に効果的なことも。

    ただ、トピを読み返して盛ると、小学校中学年なんですよね。
    このシチュエーションだと、邪魔でしょのほうが、やはりしっくりくると
    思います。

    そして、母親も、幼稚園までだったら、危ないよでよかったかと
    思いますが、その年齢においての子育ての上では、他人のことを考えるような子供を育てるには、邪魔だからどきなさいというのが、やはり重要な意味をしめると思うのですが。

    危ないからどくのではなく、この場合、邪魔だったからどくというのが
    正しいと思います。

    どなたかが、国語の作文なら、というたとえされていましたが、
    現実の世界でも、そういった的確な言葉を使うのって大事だと思います。

    あぶないからどくのではなく、人に迷惑掛けてはいけないということを
    理解させることは、子供の性格にも影響するのでは?

    ユーザーID:8394117339

  • 同意します

    トピ主さんの言いたいこと、わかる気がします。
    私も先日ん?と思ったことがありました。
    スーパーの買った物を袋に詰める台のところで女の子が遊んでいたんです。お母さんは隣の台で荷詰めをしていました。どいてほしかったのですがベビーカーを押していてあまり近くまでよれず、まぁ急がないしとどくのを待っていました。
    そしたら私に気がついたお母さん、その子に「ほらどいて。邪魔なんだってさ」と言ったのです。その言い方はまさに「この人(私)が邪魔って言っているからどいて」というものでした。

    細かいと思いつつ、えーそれはないでしょう〜と思いましたよ。
    言い方ひとつですけど、「邪魔になっているからどきなさい」とか言えばいいのに。
    こういう人って何か叱るときとかも「○○さんがダメっていってるでしょ!」とか「○○さんに怒られるよ!」とか言いそうだなと思いました。
    私も子持ちですけど、そいういう注意の仕方はしないつもりです。

    ほとんど自分の愚痴ですみません。日本語として正しいかどうかはわかりませんが、少なくとも人をいい気分にする言葉とは思わないです。

    ユーザーID:1073934591

  • 外国の方ですか?

    どう考えても、「そこにいると他の人に対して危ないよ」の省略ですが。

    最近は漫画の台詞さえ正しく理解できない人がいるって聞きましたけど、日本人の国語能力って本当に落ちてるんですね…。
    みどりこさんと同意見です。

    ユーザーID:1015475054

  • 言われてみれば・・・

    あー。
    そう言われれば、よく聞きます、その言葉。

    確かに、よくよく考えてみると「?」となりますね。
    このトピを見るまでは特に考えたことはありませんでしたが、
    ちょっとハッとさせる話題だと思いました。

    ムキになって、トピ主さんへ反論されている方が多いですが、
    何もそんなに怒らなくても(ムキにならなくても)良いんじゃないですかね・・・。
    そういう方に限ってお子さんをお持ちの方の様ですが(汗)

    ユーザーID:0192526158

  • もっと優しい気持ちで

    細かいニュアンスを気にする人が多い事にびっくりしました。
    ただ気にされる方の中には
    「邪魔だよ」とお母さんが注意しても邪魔だと思ってもないのに私が邪魔者扱いした悪者なの?
    とか思う人もいそうな気がしますね。

    もっと優しい気持ちでいて欲しいものです。

    ユーザーID:6337677359

  • 日本語の発想

    騒いでいる子どもに「うるさいっ!」怒鳴る親、いますよね。てか多いですよね。
    英語だ”"Be quiet!”(静かにしなさい!)です。

    うるさい子どもに向かって「うるさい」とその状況を的確に表現して、後は相手の判断にゆだねようと言うのが日本語の発想。
    昔は「あ、うん」の呼吸というか、人様の言わんとすることを察してすっと行動に移すという細やかな思いやりがあったように思います。

    一方、英語の発想だと、うるさいと指摘されても「確かにうるさいよ、だからアナタはどうしてほしいの?」と、直接要望を伝えられないのに気を回して静かにしたりしない(出来ない)のです。

    「危ない」(←誰に対して、というツッコミは残りますが)から「どきなさいよ」という日本語のアヤではないでしょうか。


    私は意識して「静かにしなさい」「端によけなさい」と子どもに言います。
    また、他人様に対しては「静かにしてください」「通してください」と誰がどういう聞き方をしてもわかるように言うことを心がけています。

    今どき、日本人のこまやかな心遣いなどまったく通用しませんから。

    ユーザーID:6341919941

  • 子供は言い訳?

    このところ‘子供を育てている’事で自分の非礼、無遠慮、短慮などの言い訳が出来るとでも思っているかのような親が大変多いです。
    学校の教員の質の低下については‘鬼の首とったり!’と騒ぐくせに、自分達の愚行は省みることすらない。

    ここでトピ主さんを厳しく非難しているお母様方、自分も母親である以前に、社会のマナーやルールを守らなければいけない‘社会人’なのだということを覚えておいてください。
    外の世界に出れば、自分の子供が少しでも他人の迷惑になっているのだから(トピ主さんに)まず何か一言添えるべきだった と言うのが常識的な考え方だと思います。

    ユーザーID:2561244842

  • 邪魔だからどいては正解ですか?

    買い物中にぼけ〜っとすることって大人でもありませんか?料理に必要な材料をを考えたり、買い忘れがないか?とか。そんな時に後ろからやって来た人に「通行の邪魔なのでどいて下さい。」って言われたら不快感を感じるのではないでしょうか。
    何分も道を塞いでいるわけじゃないし、一本道じゃないし、混んでいる店でカートを使うならカートを使う人が配慮するのは当然だし、邪魔って私に失礼ですって。

    子供(かなり大きいですが)がいるからかもしれませんが、「危ない」って言われても腹は全くたちません。「ごめんなさいね〜、通してね。」って言うと思います。私は買い物カゴ派ですが、前に子供がいて止まっていたらその子が動くまで待っています。急いでいる時はさっさと別のルートに変更しますので。私が甘すぎるのかもしれませんが、トピ主さんはちょっと自分優先すぎのように思いました。

    ユーザーID:6047359965

  • トピ主さん反対派の意見の人・・・

    日本語見直せだの、勉強しろだのキツ〜いレスが増えていっているのは気のせいでしょうか?
    私も「危ない」といわれた時は、自分が凶器にされたような気持ちになり、理不尽だなと思いましたよ。
    車に例えるレスがありましたが、要は「(私は)車でもあるまいし」ってことだと思いますが。

    ユーザーID:7733059322

  • 「ご迷惑よ」と諭す

    私には12歳の子どもがいます。小さい頃から、「他の人の迷惑になるから、横によけて」と言ってきたように思います。私自身、「危ないよ」という言い方では、子供のしつけになってないと思うほうです。別に怒って言うことでもない。ただ子供には小さい頃から、他の人への気遣いができるようになってほしいから、迷惑になることはよそうね、と諭します。

    海外で長く子育てしてましたが、西欧では小さい頃から子供にしっかりマナーを諭して教えます。欧米の人はパーソナルスペースに敏感だからか、ちょっとでも人の気配を感じると、すぐに「あ、失礼」と言って、横へよけます。スーパーで人の前に手を伸ばして商品を取るのもすごく悪いマナーです。

    日本では店の通路で子供を遊ばせて平気な母親がいたりするのに驚きます。通路を塞ぐことが「ここに立ってるのは私たちの権利!」とでも思っているのでしょうか。なんだか品がないなあと思ってしまうのだけど、これって他人と自分のパーソナルスペースの線引きがあいまいな国だからなのでしょうか。

    ユーザーID:3566785189

  • 日本語って難しい。

    トピ主さんも「すみません。」のあとの「通してください。」を省略して
    いるのに、相手の方の日本語が完璧じゃないことを気にするのは、変だと
    思います。
    「ほら、邪魔でしょ。」が、その方にとってきっと簡潔な言い方だったと
    考えられませんか?

    ユーザーID:5195645089

  • ちっちゃい

    トピ主さんがおいくつでお子さんが
    いらっしゃる方なのかわかりませんが
    トピを見て器の小さなお方だなと思いました。
    それか心に余裕のない方かな?

    私は20代一児の母ですが
    別のその親御さんの言い方に問題があるとは思いません。
    我が子がそこに居ること自体周りの方にご迷惑をおかけしている&
    突然危険な行動を起こすかもしれない。
    との意味でよく「危ないよ」を使いますね。
    散歩をしていてもいきなり走り出すこともあるのでよく使う言葉です。

    私にはトピ主さんの「すみません」の方が違和感ありです。
    大人相手でしたらその意味を察することが出来るでしょうが
    子供に対して察しろというのは・・・。
    きちんと
    「すみません 通してもらえますか?」
    と言ったほうがよかったですね。

    なんにしてもこんなことでイライラするのは体によくないですよ?
    もっと大らかに生きていきましょう。

    ユーザーID:0749357765

  • 邪魔という言葉の意味を理解させる意義

    なんかトピ主さんに対して批判的な意見の人もあって、びっくりです!!
    人の迷惑になってるんだから、そのことを伝えるのが教育では!?

    例えば公共の場で騒ぐ子供に対して「怒られちゃうから静かにしなさい」って言うのって超馬鹿親だと私は個人的に思いますが(本来なら「怒られる」を脅迫要素として使うのではなく、理由として「迷惑だから」という点を伝えて理解を促すべき)、それとほぼ同じ理論だと思います。

    私の子供なら絶対「ほら他の人が通れなくてお邪魔虫さんになってるよー気をつけてー」と本人にはびしっと言って、通る方には「ご迷惑おかけします」と一言伝えます。

    「毎日のことなので、つい」という積み重ねこそが教育ですよね・・・。


    兎に角、自分がされて気持ち良いなと思う対応をしたいものです。
    トピ主さんのような言葉に対する正しい感覚を大切にして頂きたいですね!

    ユーザーID:2554452535

  • 説明します。

    トピの主旨とずれてすみませんが、とてもとても気になるので。

    車道にいる子供を注意するのと同様だとおっしゃる方、自動車の場合は、そのままでは明らかに早い段階で危険な目に遭うので「危ない」でしょう。ですが、カートです。トピ主さんはその子に声を掛けてどいてくれるのを待っています。そのままでは何十分待っても(待たないでしょうけど)危険な目に遭うことはないので「危ない」ことはなく、他の人が通れなくて「迷惑になる」だけのことです。
    自動車の場合とカートの場合は明らかに違うということ、解っていただけたでしょうか。

    皆さんのレスを読み返してみて、一番うなずけるのが最初の方のつばくろさんのレス。

    >小さな子供でも「ここはみんなが通る場所だから邪魔にならないようにね」で理解できると思います。子供だからこそ、社会のルールやマナーを躾けてほしいです。

    全く同感です。

    ユーザーID:2188133539

  • 主さんの解釈にびっくり。

    「そんなところに居たら通行の邪魔になって危険だ」という意味じゃないですか?と私も思いますが。

    「子供が怪我をするから危ない」のではなく、「事故になる可能性があるから危ない」のです。
    この時、事故になって痛い思いをするのは実際に子供だと思いますが、「この状況で事故になったら、そんなとこにいたあんた(子供)だって悪いのよ」という意味も含まれていると思います。

    そういうニュアンスで「危ないでしょ!」と子供を叱ることって普通にあると思うんですが。主さんが疑問を呈したことで「言われてみれば・・・」って思う方がたくさん出てしまいましたね。

    ユーザーID:0288550782

  • 正しくないかな?

    自分の子供が危ないという意味ではなく、状況として危険性があるという事では?

    「カートがぶつかると危ないからどけなさい」ではなくて
    「周りに危ない状況を作っているからどけなさい」という意味合いかと。

    日本語としては正しくないかな?言葉が足りないのは確かだけど…う〜ん…

    トピ主さんがムッとしてしまう気持ちもなんとなく分かりますけどね。
    子育て中のお母さんは大変だぁ〜!!というのが率直な感想です。

    ユーザーID:9185536925

  • 考えさせられました

    私もとっさに「危ないよ」って言ってしまいます。
    (あなたがそこにいたら、通る人にとって)危ないよ。という意味で使っていました。邪魔でしょ、と同義語でした。

    誤解されかねない表現ですね。以後、気をつけたいと思いました。

    ガンがえさせられるトピ、ありがとうございます。

    ユーザーID:5794107221

  • 危ないよ

    この子、邪魔ねぇ〜と感じてる人に、変な言いがかりをつけられるから『危ないよ』なのではないでしょうか?
    たしかに、この場合『申し訳ありませ〜ん…今、道をお譲り致しますから…』が正しいのでしょうが。

    でも、道を譲って欲しい時に『すいません』ってなんですか?
    『すいません、通していただけないでしょうか?あの…道がせまくて。』と着け足して言うのが正しい日本語ではないのですか?
    なんでもかんでも、省略すれば意味が通じるとでも思っているのでしょうか?(笑)冗談です。真に受けてクレームつけないでね☆

    ユーザーID:8188153880

  • すみません

    私も「危ないよ」って言ってしまう時があるのですが、
    言った後、しっくり来ない感じは持っていました。
    「邪魔」ですよね。確かに。

    ただ、1才2才の子供だと「(他者から見てあなたが)邪魔だよ」という言い回しはちょっと複雑だと思います。
    (夫はよくぼーっとする人なので、よく人様の邪魔になってる時があるのですが)夫の場合は「邪魔だよ」って言ってますね、考えてみると。
    親の方が「まだ邪魔という言葉だと伝わらない」という考えがあるのかも知れません。

    咄嗟に子供をその場からどけようとする場合に、単純に「危ないよ!」が出てきてしまっている気がします。

    気をつけねば。

    ユーザーID:6972353962

  • ご迷惑よっていいます

    日本語って難しいですね、その時の気分もあるし。

    トピ主さんの遭遇した場面って、よくある場面です
    私がわが子を注意する時は「ご迷惑よ」っていって、
    相手の方に「すみません」っていってます。

    「邪魔」・「危ない」は、相手の方に失礼にあたるかも知れないので

    ユーザーID:5124154355

  • カートが優先なのか?

    私は運転中狭い道で下校中の子供がいたら徐行しますし、
    道に広がって歩いていても待っています。
    車優先とは思っていないからです。
    同様にカートを押していて、目の前に人が立ち止まっていたらカートを
    引き返して別のルートを通ります。その人のいる場所の物を買う場合は
    そこまで歩いて商品を取れば良いだけの話。

    子供が通路にいて邪魔というのはトピ主さん側の考えであって
    少女からしてみればカートで通ろうとするトピ主さんが邪魔。
    どうして立ち止まっている側が必ずカートに道を譲らなくちゃならない
    のでしょう?
    少女をどかしてそこを通らなくてはならない理由は何だったのでしょう。

    日本語の問題ではなく、どちらが自己中心的なのかという問題では
    ないでしょうか。
    これからますます高齢化社会になる中、若い世代はもっと周囲に思いやり
    を持って行動しないとうっかり加害者になってしまうかもしれません。

    ユーザーID:9798968050

  • 正しい日本語って何なのでしょう?

    私も子どもを持つ母ですが、「人様の迷惑になって、人がケガするよ」という意味で
    「危ないよっ!」とよく言ってしまいます。

    しかし、「危ないよ」という一言でこんなに、お怒りを感じる方がいらっしゃるとは
    もう怖くてスーパーなど行けませんね。。。
    「邪魔だからどきなさい」と注意することもありましたが、そうすると子供は幼稚園
    などで、お友達に「邪魔、どけて!」というようになりました。
    それって、正しい日本語の使い方じゃないし、思いやりのない言葉だなと感じて
    「危ない」というようになったのですが・・・

    トピ主さんの仰っているのは、対象が《子供とその母》なわけですが、同じ状況で
    対象が《手押し車を押すおばあちゃんと付き添い者》だったり、自分が邪魔になって
    いる場合は、それでもやっぱり「邪魔」という言葉を使うのが正しいのでしょうか?
    素朴な疑問です。

    ユーザーID:2340342784

  • 疲れませんか?

    トピ主さんは、相手の立場になって考えることが苦手な方とお見受けします。

    >カートが通れない為「すみません」と声をかけました。

    「すみません」は確かに依頼にも使いますが、同時に単なる呼びかけの言葉でもあります。後ろから「すみません」と声をかけただけで道を開けてくれる人がいたとしたら、その人がとっさに状況を見て「この人、通りたいのね」と察してくれているからですよ。常に同じ反応を期待するほうが無理というものです。しかも今回は相手は子供ですから、もっと分かりやすく頼まないと。

    >邪魔な場所に立ち止まって他人に迷惑をかけている我が子

    例えばそれがエスカレーターの降り口のような、一般的に立ち止まるべきでない場所なら分かりますが、スーパーの売り場ですよね?商品を選んだり、考えたりするときは、誰でも立ち止まると思いますが。「邪魔な場所」はトピ主さんの主観でしかありません。

    しかも、母と子の二人の間の会話を「私に失礼」と自分への当てつけと考えるとは…。

    ストレスが溜まっておいででしたら、カウンセリングでも受けた方がよろしいのでは?

    ユーザーID:3218260533

  • 色々な人が色々と危ない

    「危ないよ」は色々な「意味で危ない」という意味じゃないでしょうか?
    まず、通路の真ん中で立ち止っていて、カートや買い物客とぶつかったら双方危ないですし、ぶつかった拍子に棚の商品が崩れたりしたら周囲の人も危ない。

    その母親が誰に対して「危ない」と言ったのかは、ご本人にしか判らない事ですが、一般的に誰がという指定のない「危ないよ」という注意は周り中全てに対して「危ない事が起きる可能性があるから」という意味で使えるので、失礼ってことはないと思います。

    ところでトピ主さん、その母親が「危ないよ」と言った瞬間まで、ずっと目を逸らすことなく女の子を注視してたんですか?
    もしUターンしようとして女の子から目を離し、安全確認の為に左右や後ろを振り返った瞬間にそのお母さんがトピ主さんの存在に気付いたんだとしたら、母親から見たらトピ主さんは、前方の女の子に気付かずに左右の陳列棚の商品を見ながらカートを押して来たように見えたのかもしれませんよ。
    その状況なら我が子に対して「危ないよ」でも仕方ないような。

    最初からトピ主さんに気付いていたなら「他の方のご迷惑になるからどきなさい」と言うべきですね。

    ユーザーID:7301391338

  • カートって「迷惑なもの」ですよね?

    車道に油を撒いたら、「危ない」ですよね?
    そういう意味で、「社会に危害を加えている」という意味で「危ない」と言ったのかもしれません。
    あるいは、他の方が書かれているように、つい咄嗟に出た一言かも知れません。
    トピ主さんが書かれたような「知らない女性が、可愛い娘をカートで轢こうとしている。怪我をさせられたら危ない!」なんて被害妄想を持っている親は、ごくごく少数の変わり者だけでしょう。

    ただ…。カートはそもそも「他人には迷惑な便利道具」ですよね?足腰の弱いお年寄りや、幼子を連れて手が空いていない人のためと思っています。
    私は、カートを使うときは他人に迷惑をかけている自覚を持って行動しています。
    素手で買い物している人が優先。他人の迷惑にならないように、誰もいない通路を選んで歩きます。どんなに重い買い物でも、混んでいる時間帯はカートを使わずに素手でカゴを下げて買い物をします。

    トピ主さんが、カートを使うことには全く引け目を持たず、いかなる理由でも「カートを使う私に対して失礼だ」と感じたならば、ご自分を客観的に見たほうがいいとおもいます。

    ユーザーID:4361420798

  • 叩かれそうですが…

    視点を変えてみた考えということでお許し下さい。

    スーパーでカートを使っている人達にもその使い方が乱暴な方もいますよね。
    カートの幅を考えずに狭い場所をすり抜けようとして引っ掛けている人とか、カートに積んだ荷物の重さに負けている人とか…。

    トピの母親にしてみたら、そういう危ない人達とトピ主さんが同じ(カート使用者=乱暴者)に見えたのかもしれません。
    もちろん、トピ主さんはそんな人ではないと思いますが、それはその時初めて遭遇した親子にはわかりません。

    そう考えれば「危ない」というのもあながち間違いではないと思います。
    少なくともその母親にしてみればカート使用者=乱暴者なのですから…。

    まあ、カート使用者=乱暴者と決め付けている部分は間違っているとは思いますけどね。

    ユーザーID:6507760119

  • 日本にだって

    ちょっとズレてすみませんが・・・。

    日本にだってパーソナルスペースの概念くらいありますよ。ある一定の年代以上は、人のパーソナルスペースを侵すなあ、と思うときは、ほぼ無意識に手刀を切っていると思いますよ。

    人の前に手を出すときだって手刀、横切るときも手刀、これ全部、「ちょっとすみません」って意味ですよね。パーソナルスペースに入ります、すみません、って意味。線引きあいまいですか?

    今ここで、欧米マナーとやらを出されるの、ちょっと嫌な感じだったので・・・

    欧米と比べて、「あ、うん」でやっている部分が多い事は認めます。でも、それとマナーを諭して教えないことを日本対欧米で比較することに何か意味があるのでしょうか。諭していないとしたら、個人でしょう。それから、あちらの人たちは、マナーができるまでは公共の場所には出さないのでは?大人の場所と分けているのだと思います。だから、日本程目立たないのではないかと思います。

    日本は、このところ便利になるのと同時に、どこにでも道理のわからない子供達を連れて出かけるようになりましたから。しつけてから出せ!とは思います。それが難しいのですけど。

    ユーザーID:2919492707

  • 危ないよは言ってしまいますね店内交通事故

    私もうっかり危ないよと言ってしまった後であれって思う事あります

    他人の迷惑にならないように気をつけましょうと言うつもりでも遂出てしまう事もあります

    私は子供じゃなくて私がカートに轢かれて足に怪我をした事があります
    レジで清算中後をお爺さんがカートを押して通過して足をすりむいたんです
    レジとレジの間をすり抜けで狭い所を通過されたんです
    謝りもしないで行ってしまうし文句言いたくてもいないし
    なんでそんなに狭い所を強引にカートを押して行ったんです
    清算するためにレジに来たわけじゃなく
    ただ通過するために後に来たんです

    お年寄りなんかこっちなんか全然見ないであちこちカート押しているんで
    そっちの方が危ないです
    あと
    「お店の人に怒られるから走ってはダメ」なんて言う親いますよね
    そんな親よりはまだましだと思った方がいいと思います

    ユーザーID:0304870746

  • どんぐりの背比べ?

    「危ない」「邪魔」で盛り上がっていますが、トピ主さん擁護派?の方々はトピ主さんの「すみません」には言及されていませんよね?

    「すみません」とは本来自分が過ちを犯した場合に使うのが正しいと思います。
    トピ主さんは何も過ちを犯してないはずですから、この場合に「すみません」と使うのは正しくないのでは?

    母親の「危ない」、トピ主さんの「すみません」。
    前者が間違っていて後者が正しいという根拠が私にはわかりません。
    後者の誤用が容認されて前者の場合はここまで反対意見があるのは不思議に思います。

    まあ、「邪魔」というのが正しいんでしょうけど、そこまで「危ない」を批難しなくても良いんじゃないかなぁ…と思いました。

    ユーザーID:6392740282

  • 自動車と同じ

    トピ主さんの文章だけでは分からないことがあります。

    トピ主さんはUターンするつもりだったようですが、
    その意思は他人、特に子供の母親が見て分かる状態だったのでしょうか。

    母親は、カートがどこまで迫ったときに気づいたのでしょうか。

    Uターンする前に、どのくらい子供に近づいたのでしょうか。

    もし母親が気づいたときに、カートがまさに子供に迫って来るように見えたとすれば、
    たとえカートであったとしても、私が前に書いたように、
    危険の大きさは違っても、自動車と変わりはありません。

    子供に危険が迫っているように母親に見えたとしても、
    何の不思議もありません。

    自動車とは違うと言っているのは、あくまでもカートを押している人の目から見て、
    本当に危ないかどうかが分かっているからに過ぎません。

    私が、自動車と同じように「危ない」と言うことはおかしくないと書いたのは、
    最初に書いた状況が明確でないことを前提とした一般論であって、
    実際にトピ主さんが遭遇した状況に当てはまるかどうかは、
    書かれていないので分かりません。

    その上で「自動車と同じ」と書いていることは理解できますでしょうか

    ユーザーID:2827381587

  • 私も考えさせられました

    私も子供に対して何かに付け「危ない!」と言ってる気がします。とにかく小さい子供がいると一日何回注意する数えきれないので癖になってるし…言いやすいのもあります。

    でも、危険な時はそれでいいでしょうけど、そうじゃなく人の邪魔になってる時もつい言ってしまいますが、それは無意識な気遣いのつもりでもいました。
    「邪魔になってるよ」と言うのは、相手の方がいかにも「邪魔だからどいて!」と言ってるよ、と、逆切れしてるみたいな印象を与えてしまうような気がするし…「危ないよ!」は、みなさん書かれてるような「邪魔になるところにいると色々な人が危ないよ」と、安全 を促してくれてる印象に取れる気がしたからです。「邪魔だからそこに居ないで下さい」と「危ないからそこに居ないで下さい」とは、意味が全然違うので、相手の方が危ないよ!と言ってくれてるよ!という意味で、その言葉をいい事だと思い遣っていた気がします。

    でも気を付けないといけないですね。

    ユーザーID:0066037518

  • 子供だけじゃないよね

    カートの行き先を邪魔するのは子供だけではありません。
    食品を見ている時やカートを通路の真ん中に置きっ放しで物色している大人もよく見かけます。
    そんな時は違う通路に避けたり、すみませんと声を掛けたり、じっと待つ時もあります。

    そのくらいの余裕がないとと思ってますし。
    私も子供がいますが、子供が通路をふさいでいる時「どきなさい、すみません」と先方に言いますが、
    知らん顔で通り過ぎる方も結構いるんです。
    子供にぶつかりそうな勢いでカートが迫ってきたら「危ない」と言ってしまいますね。

    毎日のことなので、その時々で出る言葉って違っちゃうんです。ごめんなさい。
    自分が人に絶対に迷惑を掛けてないって事はないので悪いことしたら謝ります。
    無視されたりしますけど・・・。

    ユーザーID:1303439919

  • そんな風に・・・。

    思う人がいる事にびっくりです。

    皆さんおっしゃられている様にとっさに出てしまうだけというのもありますし、
    自分でも子供に注意する時にはその様な言い方をする事があります。

    その場合は、私の中では「ぶつかったらあなたのせいでカートを押している人が怪我をしてしまうから危ないよ。」と言うニュアンスです。

    ひねくれた考え方だなぁ、と思います。

    ユーザーID:7722259916

  • トピ主さん、何でも「すいません」って言うのも変ですよ・・・

    すいません・・・って小学生に言ったの?
    それともその母親に「子供をどかせろ」という意味で言ったのかしら?
    いずれにせよ、トピ主も勝手だと思うな。
    小さな子供は注意散漫なのは良くあること。
    気がついたならきちんと声かけするべきなのに「すいません」で通ると勝手に思ってるんだから。
    相手の母親が「危ないよ」ととっさに邪魔になっていた子供をよけさせるために言った一言に目くじら立てるなら、自分のなんでも「すいません」で通すあいまいさにも反省したらいかが?

    私自身もスーパーで同じような場面に何度も合っていますが、必ず子ども自身にちゃんと言います。
    「すいません」じゃなくて「ちょっと通してね」と声かけて、どいてくれた時は「ありがとう」と言います。
    そうすればちゃんと子供も気づいてくれますし、お母さんも「すいません」「ほら邪魔になるからこっちによりなさい」とフォローしやすいことが多いみたいです。

    相手の一言に腹を立てるより、相手にわかってもらう努力をまずするべきではないのかな・・とおもいますが。
    いかがでしょう。

    ユーザーID:6572216673

  • pp、青い水仙、にゃらんら、すまいるさん達に同意

    子供の親の‘すみません‘又は’失礼しました’の一言が、その場の雰囲気を緩和し残りの一日をお互い気持ちよく過ごせます。この様な事は、かなりの年になるまでなかなか実行に移せませんでしたが。。人生楽ですよ。

    ユーザーID:8272956365

  • 立ち止まっては駄目な理由

    通路に立ち止まっては駄目な理由が2点あると思います。
    ・(故意でなくとも)カートが当たった時に子供自身に危険
    ・他人の邪魔になる

    トピ主さんはUターンしようとしたとの事ですが、私はカートをぶつけてこられる事なんて何度も経験しています。
    例え事故でも ぶつけてくる人がいる以上は、やはりカートは危険な存在なのです。
    なので子供にとっては「危ない」

    通路の真ん中からなるべく早く立ち退かせる事が第一の目的の声掛けですよね。
    ならば、「危ない」が一番効果的ではないでしょうか。
    突然「”邪魔”だからどいて」と言われれば それがどれだけ正当な理由があろうとも不快になるだけではありませんか?

    まず、理由の一つである
    「危ない(子供にとって不利益)」をあげ、どかせた後に
    「邪魔(他人への迷惑)」を説明すれば良いのでは?


    トピ主さんに向かって「危ない」と言ったなら問題外ですが、
    >「ほら、危ないよ」と促してくれました
    この事から、子供に向かって言っているのですよね?
    でしたら何の問題もないように思います。

    問題は「危険人物扱いされた」とトピ主さんが勝手に解釈した事にあるのでは?

    ユーザーID:7950959289

  • 人に迷惑をかけたという意識は?

    普段から子供の安全に気を配ってるから
    そういう言葉がでたという意見がありますが
    子供が人に迷惑をかけた、邪魔をした
    申し訳ないという意識はないんでしょうか。
    とっさに出た言葉が「危ないよ」でも
    そのあとすぐにトピ主さんに対して
    「すみません。通れなくして」等ひとこと言うべきだし
    子供に「そんなとこで止まったら人の迷惑になるでしょ」等
    注意すべきです。
    ここであれこれ理屈をつけてトピ主さん批判する人が多いけど
    迷惑かけても謝らない人が増えた原因を見た気がします。

    ユーザーID:5746080205

  • 失礼じゃないと思う。

    どなたかが米国ではそんなことないと書かれてましたが
    それはどうでしょうか。こちらでも人それぞれです。
    通れない時に通りたいんですがとお願いしても
    無言で少し動いただけで通りにくい時もあるし
    子供が聞き分けなくて結局こちらがあきらめる事もあります。

    「すいません、ここを通りたいのですが。」と相手にお願いして
    相手が何と言おうと通路をあけてくれたらそれで良いです。
    すいませんって言うのはこちらの方で
    自分の行く道に誰かが居て“邪魔”っていうこと自体
    ちょっと自己中心的だと思います。

    ユーザーID:5369606853

  • おもしろい

    こんな風に考える人もいるんだなーと興味深く拝見してました。

    言葉のニュアンスなど、本人が意図したものでない伝わり方をする事はよくありますが、
    その際に、態度や表情によって補われていれば問題ないんでしょう。
    その母親が小さく頭を下げただけで、トピ主さんがカチンときた「危ないよ」という言葉も、
    皆さんが言う「(あなたが邪魔になって、相手の人が)危ないよ」という意味合いに
    取る事ができたかもしれません。もしとれなかったとしても、「しょうがないな」と
    許す気持ちになったかもしれませんね。

    ちょっとした労力を惜しむ人が多いです。
    子供を連れてると余裕がなくなるので、しょうがない部分はありますが、
    お互い気持ち良く譲り合える社会になったらよいのにと思いますね。

    ユーザーID:2479075361

  • 「危ないよ」は変ではありません

    なぜなら、車に乗ってる人は自転車や歩行者が、自転車に乗ってる人は歩行者が、カートを押してる人は立ち止まってる人が「邪魔」なんですよ。
    でもそれらの「邪魔」と思われている人々は、実はぶっつけられて被害を受ける側なのですから「危ない」訳です。 今回の言葉はその被害者側からの発言なので変ではありません。
    カートを持つだけで、立ち止まってる人よりも優先権がある、という考えはやめましょう。

    ユーザーID:5075607231

  • それでも『邪魔』が正しい

    この状況で母親が子供に言うべき言葉は『邪魔だからどきなさい』というのがどっからどう考えても正しい。

    何人かの方が言っていますが『邪魔だから危ない』という表現は方言でしょうか。私にはこれは理解しかねる。普通に考えて『邪魔だから』と『危ない』は結びつかない。

    トピ主さんの主張している
    >邪魔な場所に立ち止まって他人に迷惑をかけている我が子に対して、邪魔だからどきなさいではなく、
    >カートにぶつかったら危ないからどきなさいって、教育上も違うと思うし、私に失礼です。
    に対しては、スーパーなんだから邪魔なのはお互い様。スーパーにおいてはハタから見ればトピ主さんも邪魔な存在。別に失礼などということはない。そう思うのはトピ主さんの勝手な思い込み。

    今回の場合は、この母親もトピ主さんも間違っている。

    ユーザーID:4384998976

  • 「邪魔だよ」の方が失礼だと感じます

    その状況で「ほら、邪魔だよ」と子どもに言われると
    自分がその子を「邪魔」だと思っていたこと、内心イライラしていたこと→子どもに対して心が狭い
    ということを見透かされたようで嫌じゃないですか。

    いや、別に邪魔だなんて言ってないよ!と思ってしまいそう。私なら。

    無意識かもしれませんが、そのお母さんも「邪魔」なのは重々承知で、あなたのために「ほら、お姉さんが邪魔だと思って嫌がってるでしょ!」という意味合いの「邪魔」じゃなくて
    「お姉さんも危ないと思って困ってるでしょ」と受け取れる「危ない」という言葉を使うのだと思います。
    私もそういう場面では上記の理由で(無意識ですが)なんとなく「危ない」の方が丸い言葉な気がして使います。

    ユーザーID:4410932429

  • みんな、人付き合いがヘタなんですよね。

    「ちょっと通してね」って言えばよかったんじゃないかな。
    「危ないよ!」って言われてムカっときても「(どいてくれて)ありがとう」
    ってトピ主さんは言った?

    あの言葉がムカつく、この態度がムカつくって言うだけじゃあ、これから先も
    同じ事が起こると思う。ここで「私も使ってたけど気をつけます」という
    返事をもらうのが目的じゃないでしょう。

    社会は常に人とのつながりだと思います。
    こちらの態度で相手も代わる場合があると思います。

    すみせんってエクスキューズミー
    みたい。

    職場で同僚に「すみません」と一言で立っていますか?
    「ごめんね、後ろ通るよ」「悪いけど、ちょっとどいて」とか言いません?
    他人となると横柄な態度をとり、それによって相手からもムカつく態度って
    ホント、よくないスパイラルだと思います。

    「危ないよ!」
    「私、カートの運転ヘタなのよーごめんねー」
    「いえいえ!すみません。息子が邪魔して」
    「あらいいのよー。通してくれてありがとう」

    こんな数秒のやり取りだけで気分が全然違うと思います。

    ユーザーID:2220327985

  • 始めに戻ってみましょう。

    トピ主さんが突進してくる可能性があるから危険だと思ったのでは、という主旨のレスをされている方々、トピ主さんの投稿文から、相手の方の発言にかかる状況が判る文章のみを抜粋しましたので、今一度じっくり読んでみましょう。

    >少女は気が付かなかったようなので、(中略)母親らしき女性が「ほら、危ないよ」と促してくれました。

    >特にその女性も『うちの娘に何するの』といったようなニュアンスではなく、単にそういう言い回しをする人なだけだった

    つまり、「その子の母親であろう女性が、トピ主さんがそこを通ろうとして躊躇していることに気が付いて、子供に通路を空けさせようとして発した言葉」が『ほら、危ないよ』だったわけです。

    レスを投稿する際には、トピ主さんの投稿文をきちんと読みましょう。

    ユーザーID:2188133539

  • 日本語の問題ではないかもしれませんね

    初めまして。こういうちょっとした言葉って、結構、気になりますよね。
    ところで思ったのですが、案外、これは、言葉自体の問題ではないのかもしれませんね。

    普段、あまりにも、誰ともわからない人相手に僕らが生活しすぎているということなのかもしれません。まるで、毎日、旅行地に滞在しているようなものなのかも。
    旅行先では、人の言葉に敏感になったりしません? ちょっとした言葉が冷たく聞こえたり。

    知らない相手。言葉を交わしても、それ以後、たぶん二度と会わないだろう。そういう人たちとの関係が日常生活のこまごました場面でもありふれている。今までなら、近所のよく知っている、おばちゃん、おっちゃん、子供たちの中でしていた営みも、そういうよく知らない人たちの中でするようになってしまった。

    ちょっとした言葉にも不信感を覚えたり、相手を知らないから猜疑してしまったり、馬鹿にされたように傷ついたり…。

    危ないよと言った人も、その言葉に違和感を覚えたトピ主さんも、みんな悪くないと思うのですよね。

    ユーザーID:8127658625

  • 「すみません」について思うこと

    私は今回の「すみません」について、さほど問題だとは思いません。
    他の方のレスにも「うしろに人の気配がしたら道をあけるようにしている」と
    いうようなことが書かれていましたが、私もそれがマナーだと思います。

    そしてトピの場合の「すみません」は、まさにその気配を知らせるための、
    自転車でいえば「チリンチリン」みたいなもので、具体的に言え、と
    目クジラ立てるほどの話ではないと思います。

    むしろ「すみません」とだけ言ってくれればすぐ気配に気づいて退くのに、
    そこに追い討ちをかけて「通れないのでどいてもらえますか」などと
    人前でことさらに指図された方が不快、だとも言えます。

    相手が子供なのだからはっきり言わなければ、との意見もありましたが
    小学3〜4年生なら自分が道を通りたい時に「ちょっとすみません」などと
    言う子も普通にいますし、逆に言えばそういう「すみません」の使われ方も
    知っておいた方がいい年頃です。

    私は、相手が子供だからといって上から目線にならず、大人に接するのと同様に
    「すみません」と丁寧に声をかけたバゲットさんは品格ある人だと思いました。

    ユーザーID:7600042974

  • このさい「危ないよ」でいいかも

    短い一言で、幼児に周囲への注意を促すことができるのって、とても便利だし有効だと思います。そして子供への声かけと同時に、お母さんが通る方ににっこりと、

    「すいません」

    って付け加えれば、言葉の意図も通じるんじゃないでしょうか。
    そしたら「なんだかなー」って気分になる人はとても少なくなると思います。

    ユーザーID:0893345775

  • カートは危ない

     私も、相手がカートであると、確実に「危ない」を使ってしまうと思います。

     どなたかも言われていましたが、一種の車両ですから。
     
     これが人だけであれば、「道を塞がないのよ」だったかもしれません。

     カートと人はぶつかると確かに危ないです。
     
     今回はトピ主さんが避けたので問題がありませんでしたが、脇見をしながらカートを押したり、暴走しているカートを見ることも少なくはありません。

     カートを押している本人は、そういった意識はないかも知れませんが、
    結構傍にいてヒヤリとすることも多いです。

     この場合、やはり子供には咄嗟に「ほら、危ないよ」(ボーとしてぶつかって怪我をしたら、結局相手のご迷惑になるよ)

     そして気が利けば、トピ主さんに「(避けてくださって)すみません」の一言をつけると、問題がないように思えます。


    「邪魔な場所」というのが、あくまでトピ主さんの目線なので、相手の母親が同じ認識だったかどうかは疑問です。

    ユーザーID:5591985412

  • 言うだけなんだよね……

    「危ないよっ!」と言って、
    子供の襟首つかんで手元に引き寄せるならば「危ないよ」は許せますが、
    (子供はいませんが、連れと道を歩いている時に後ろから車が来て危ない時などよくやります)

    実際よく見かけるのは、
    「危ないよっ!」と言うだけのおかーさん。子供はほったらかし。
    この「危ないよ!」は許せません。子供の身に危険が!と思ってるなら態度にだせや(怒)。
    この手の親子は、大概常識ありませんね。

    で、本題。つまり「邪魔だよ!」と言う言葉も同じです。
    要はおかーさんの方に「子供を見てます守ってます」という態度が希薄だから、
    ムカつくんだと思います。
    私の小さいとき(30年前…)には、同じ場面だと母に手元に引きよせられて
    「(私に)ちゃんと注意してなきゃダメでしょ!」「(相手に)すみません」の
    二言が必ずありましたけどね…。

    ユーザーID:8161000513

  • 質問!

    それではトピ主さんはどのような場面の時に「危ない」と使うのが正しいと考えているのかお聞きしたいです。
    トピ主さんの理屈からすると「危ない」という言葉をかける場面ってないと思うのですが…。

    トピ本文からしかトピ主さんの考えがわからないので、もういくつか例を挙げてもらえばみなさんの意見も変わってくるかもしれませんよ?

    ユーザーID:5832450760

  • ちょっと気になった…

    > あきらめてUターンしようとしたところ

    カートがUターンできるくらい通路幅があるのに子供を避けて通れなかったんですか?
    カートがUターンできる通路幅ってカートの幅の2倍くらいありますよね?
    子供がどこに立っていても余裕で通れると思ったのですが…。

    ユーザーID:8739773672

  • >yukaさんに同感

    >その状況で「ほら、邪魔だよ」と子どもに言われると
    >自分がその子を「邪魔」だと思っていたこと、内心イライラしていたこと→子どもに対して心が狭い
    >ということを見透かされたようで嫌じゃないですか。

    大きな声で「邪魔よ」と言われた経験が実際にあるのですが、どうしてそんな言い方をするんだろう、と思いました。

    私はそんなに厚かましいオバチャンに見えるのか!とすごーく嫌な気持ちになりました。「邪魔よ」って相手の内心を勝手に決め付けて表現されるのは、こちらへの配慮とはとても受取れません。わざとらしくてあてつけがましいですよね。

    「通る方がいるから道をあけなさい」とそのまま指図するのがいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:0723487972

  • nさんへ

    トピ主さんの文章からは母親がトピ主さんの存在に気が付いていたかどうか書かれていないと思いますが…。
    商品を見ていた母親がふと気が付くと娘とトピ主さんがいた、そこで娘に「危ないよ」と言ったという事はないのでしょうか?

    すなわち、母親が気が付いた時には娘とトピ主さんは既に鉢合わせしていた、と…。

    母親が先にトピ主さんの接近に気が付いていたのであれば、トピ主さんは「気が付いていながら娘を避けさせなかった母親」の文句(?)を書くのではありませんか?

    とにかくトピ主さんが詳しい状況を"正しい文章で"書いてくれていないのでみなさん憶測でレスしているんだと思いますよ。

    ユーザーID:1540292676

  • その1

    そもそも
    「危ない」
    という言葉自体には
    >特にその女性も『うちの娘に何するの』といったようなニュアンスではなく
    のような意味は含まれません。
    なので、こういったニュアンスを感じないのは当然であって、
    実際の状況を判断するためには、何の材料にもなりまsん。

    トピ主さんは
    >単にそういう言い回しをする人なだけだった
    というように断定的に書いていますが、あくまでも主観であって、
    トピ主さんが超能力者でもない限り、本当にそうかどうかは分かりません。

    >「その子の母親であろう女性が、トピ主さんがそこを通ろうとして躊躇していることに気が付いて、子供に通路を空けさせようとして発した言葉」
    のようにトピ主さんが感じていたとしても、
    それが真実かどうかを判断するだけの情報は、投稿文には含まれていません。

    nさんが勘違いしているのは、カートを押す人(運転手)と子供(歩行者)の視点をごちゃ混ぜにしている点です。

    カートの件では、カートを押す側の視点からのみ見ていて、
    「危険はない」
    と判断しているのであて、子供とその母親の視点が欠けています。

    (続く)

    ユーザーID:2827381587

  • その2

    自動車については、歩行者の視点からのみ見ていて、
    運転手から見れば
    「十分に止まれるように運転していたから危険はない」
    と見える状態であっても、歩行者の立場で
    「危険だ」
    と判断しているのです。

    この2つの視点をちゃんと区別して考えていないために、
    nさんの見方は、片面からしか見ていないことになっていて、
    全体を把握できていないのです。

    トピ主さんが書いていることはトピ主さんの主観であって、
    親子側の内面を描写しているのではないことをちゃんと理解してください。

    ユーザーID:2827381587

  • でも”危ない”...

    トピ主さんが遭遇したと思われる子供より小さい子がおります。
    スーパーで手を離した私がもちろん悪いのですが、(一人で歩いてると他の人の邪魔になるし危ないから)「こっちにおいで」と言う前に、年配の女性がカートで子供をグイグイ押すんです。まさに、店内でカートに轢かれる寸前でした。ご迷惑をかけたのかもしれませんが、なんで小さい子にそこまで...(涙)

    そんなのは極端な例で、こちらに非ががあるとも思いますが...
    それでもやはりカートは危ないです。狭い通路だと、ちゃんとよけたつもりでも足にひっかかったりします。
    自転車や車も、普通に歩行をしている者にとっても「危ない」存在なのです。

    言葉の意味をとおっしゃるなら、咄嗟に出た失礼な言葉ではなくて、子供の動きをストップさせるための一言だと思います。
    もし小さい子供に注意を促したり、どいて欲しいなら「(ごめんね〜)そこを通りたいからちょっとどいてもらえるかな」って、明るく声をかけたらよいのでは。もっと簡単にしましょう。
    どうしても気になるようでしたら「(私がカートで通るから)危ないからどいてね〜」でいかがでしょうか?

    ユーザーID:5986062272

  • 簡単なことです

    トピ主さんがカートを押して突っ走ってきたところに子供がいたのなら「危ないよ」ですが、子供がどいてくれなくてトピ主さんが引き返そうとしたのなら「通り道を塞いでるからどきなさい」ですよね。
    小さい子なら「危ない」で済ませてしまうこともあるのかしれませんが、小学生ならわかりますよね。

    あと私が普通に商品を見ていたら、子供がカートを押してすごい勢いでぶつかってきて思わず「痛い!」と言ったら、母親が一言「危ない!」と言って行ってしまったことがありますが、「すみません」とか「大丈夫ですか」とか大人同士の挨拶をしない人が多いですね。私はそんなにマナーとか完璧ではありませんが、自分の子供に何か注意しっぱなしではなく、相手の人に何かフォローの言葉を言わなければ気がすみません。

    ユーザーID:7419176768

  • 細か〜ぃ

    その一言で「失礼」だわ!
    だなんて、よっぽど育ちの良い方なんですね〜
    へぇ〜
    その考え方、発想にある意味感心しました・・・

    ユーザーID:1199233594

  • ケースバイケース。

    私の場合、商品を見ながら、カートを進めてくる方が、子どもに迫ってきた場合は「危ないよ!」ととっさに言葉が出ますね。

    ですが、そうでなく、止まっているカートの前でちょろちょろしている場合は「人の邪魔しちゃダメでしょ、ちゃんとお母さんと手をつないで下さい。」って言っていますよ。

    「危ない!」が出るのは、危険が近い場合ですね〜。
    余裕があれば、子どもにはわかるように「邪魔になるから……。」「こうすると危ないし、迷惑がかかるから…。」と伝えています。

    私の動作で、子ども連れの方が「危ないわよ。」って言った場合、どこが危なかったのかな〜と考えますね。
    で、迷惑かけてなかったと判断したら「え〜、なんで?」となりますかね。
    でも、それで終わりかな。

    ユーザーID:4388126979

  • 私は。

    私は、基本的にはそういう場合は、子供に、
    「迷惑になっているからどきなさい。」
    「周りをよく見なさい。」
    と注意して、相手のかたに、「ごめんなさいー。」と謝りますが、

    たまに、相手のかたが、あまりにも堂々と、どけ!といわんばかりの
    態度だったり、何も言わずにムスっとした顔でたち続けたり
    された場合は、「危ないからどきなさい」って言います。
    そういう場合は、どいた後でも、強引に
    ぶつかってもいいや!くらいの感じで通り過ぎて行く人がほとんど
    だから・・・。実際、カートって当たると痛いしね。
    しかも、少量の買い物で若いのにカート押している人とかって
    邪魔だなーって思うし。かご持って歩いてもいいじゃないの??って。

    相手の人にも通じるんと思うんですよね。主さんの気持ちとかって。
    どちらかが横柄な感じだと相手も敏感に反応してしまうかも・・って。

    だって、私は、30ウン年生きてきて、
    「私に失礼じゃない!」なんて1度も思ったことないですもの。
    そんな上から目線の考え方をしていないので・・・。
    正直、主さんにびっくりです。

    ユーザーID:4260083658

  • どっちでもいいんじゃ?

    トピ主さんがご自分でご自分を面倒臭い人だと書いていますからある程度反対意見や辛口意見が出る事は予想されてたかと思いますが「そこにいたら危ないよ」も「そこにいたら邪魔だよ」も言う側は厳密に使い分けてない人が多いと思いますよ。両方注意を促す言葉なんじゃないかなぁ。

    もし「そこにいたらケガさせられるよ」と明らかに我が子の事しか考えてない言い方であればムッとしますけどね。

    ユーザーID:1361044516

  • 深読みしすぎじゃない?

    「危ないよ」も「邪魔だよ」も両方使います。

    で、その二つで意外と行動が分かれるなぁ・・・と思ったことが有ります。

    「危ないよ」だと大体の人が動く前に周りを確認してそれから動く。
    「邪魔だよ」だとあわてて動く。

    で、「邪魔だよ」の人は結構な確立でカートや自転車、人などのどいてもらいたい人にぶつかったり通ろうとする方にどいたりするんですよ。まぁ私が過去を思い出しての統計なので当てにはなりませんが(笑)

    なので最近は「あぶないよ」が多いかな。まぁ子供と一緒が多いからチョロチョロしてて子供に「危ない」を連発してるからもあるけど。

    まぁ言い方はどうとして結果的にどいてもらえて、ぶつかる事もユーターンする事も無く通れたんだからいいんじゃないですかね。その言葉を深読みして怒るほどの事でもないですよ。

    コレぐらいでいちいちグチグチ言っててもしょうがないでしょ?もしかしたらトピ主さんも知らず知らず人を不愉快にさせるような事を言ってるかもですよ。気づかず道を塞いでたりもね。

    「危ない」も「邪魔」もどちらを使っても不快に思う人が要るって事です。

    ユーザーID:0418228641

  • 普通に使いますけど

    6歳の女の子の母親です。
    同じ場面で同じように「危ないよ」を使います。でもそれはカートが危ないのでなく

    「(そこにいたら相手に)危ないよ」

    という意味注意喚起の意味で使っています。普段、道をふさがないようにいってますが、とっさの場合はそういう短い言葉で表現してます。ニュアンス的にはそこでぼんやりしてたら相手に危ないわよ、です。


    推測ですが、その母親もあなた(のカート)にぶつかると危ない、という意味でいったのではないと考えます。


    なので、「私に失礼・・・」って被害妄想?という印象です。
    トピ主さんはUターンしようとしたわけでスピードは出ていない、その時母親は「カートにぶつかったら危ないよ」なんて中学年の子にいわないでしょう。ヨチヨチの子じゃあるまいし。


    想像をはたらかせればわかるはずです。
    自分がカートを持ってほかの人がそういっても嫌な気分になんてこれっぽっちもなりません。
    自分に向けられていないちょっとした一言を自分に悪いようにとる人も結構いるんですね。
    正直驚きました。

    ユーザーID:1529663704

  • 気配りの言葉を忘れずに

    「危ないよ」が悪いのでなく、
    「危ないよ」だけなのがいけないのだと思います。

    ユーザーID:7721846814

  • すみませんも変です。

    トピ主さんの遭遇したシチュエーションで「危ない」は、「相手にあたってケガをさせるから危ない」という意味にも取れるし、「娘がケガをするから危ない」という意味にも取れます。でも、言われた娘さんは、その場から退かなければならないことは分かります。だから間違っているとは思いません。

    同様の意味で、トピ主さんがその娘さんに言った「すみません」も便利だからよく使われている言葉ですが、本当の意味で正しくはないと思います。しかし、相手にその場からどいてほしいと言っていることは分かりますので、間違っているとは思いません。

    この場合、トピ主さんは「どいてくれますか?(又は、通らせてください)」、娘さんのお母さんは「カートが通るからどきなさい。」が正しいのでは?
    心ある方なら、これらの言葉の前に「ごめんなさい」や「すみません」を付け加える感じでしょうかね。

    また、「邪魔」は「危険」と同様、「どきなさい」の代替の言葉に取れますから、間違ってないと思います。
    個人的には前に立っている人を抜かす時は、「邪魔」より「ごめんなさい」的な気持ちが強いので、「危険」と言われたほうがしっくりします。

    ユーザーID:8266221458

  • そりゃあぶないでしょ

    スーパーなんですよね。そりゃ突然、立ち止まる人もいれば、商品を見比べるために通路で立って見ている人もいるでしょう。
    スーパーってのはそういうところなんですよ。

    そこに、カートを持っているから、と、立ち止まったり、商品を選んだりすることが普通に行われるべき場所にいる子供を邪魔者扱いをする。
    そして、「すみません」といえば、済んでしまうと思っている、今、自分がどこにいて、どのような人を相手にしているのかという想像力の欠乏した人が我が子に近づいている。

    そりゃ「あぶない」って声をかけますよ。私だと。
    次にどのような行動に出られるのか不安ですから。

    ユーザーID:0906651563

  • 「危ない」と言うべきです。

    子供のいない主婦ですが、

    特にお子さん相手なら「邪魔」という
    言葉を使って欲しくないです。
    他人の子だろうが、自分の子だろうが
    それは同じです。

    子供って夢中になりやすいし、
    わざと道をふさいでるわけでは
    ないですよね?

    わざとしたわけでもないのに
    「邪魔」なんて言われると、
    子供は絶対傷つくと思います。

    それにあまり「邪魔邪魔」言われて
    育つと、他人を邪魔扱いする
    大人に絶対なりますよ。

    トピ主さんもそうではないですか?

    トピ主さんは、「危ない」ではなく、
    「邪魔」だと思ったから
    違和感を覚えたわけですよね?

    でも、

    歩くのが遅いお年寄りや、
    目が悪く、近くで見ようと
    掲示板を塞いでるお年寄りのうしろで、
    「邪魔くせーなー」とか言う若者
    いますよね?

    それはどう思いますか?

    子供に「邪魔」って言うのは
    それと同じじゃないですか?

    ユーザーID:6143954956

  • トピ主さんに質問です。

    で、あなたのためにスペースを作って、カートを通してくださったお嬢さんに、トピ主さんはどのような言葉をかけられましたか。「私に失礼」「教育上云々」とまで言われるほどのトピ主さんですから、まさか、黙って通り過ぎるような失礼なことはなさいませんよね。

    私が同じ状況に置かれたら、「通していただけますか?」と声をかけます。「すみません。」は使いません。そして、子供に対しては「ありがとう。」と必ず言うでしょう。自分か通るために、先方にわざわざ除けていただくことに、感謝の思いがあるからです。

    他人が口にした言葉について、日本語としてどうかと尋ねるのも結構ですが、トピ主さんご自身、言葉の使い方をもう一度考えられたらいかがでしょう。

    ユーザーID:3591644731

  • 疲れない?

    注意をしてくれたんでしょ?
    あなたは完璧に日本語を
    使えてる自信がありますか?
    「私に失礼・・」読んだだけで
    不愉快、社会人が使う言葉
    ではありません。何様ですか?
    他人に腹を立てる前に自分
    自身を見直しましょう。

    ユーザーID:5554748240

  • 要は思いやり

    「危ないよ」か「邪魔だよ」で白熱していますね。
    面白く読ませていただきました。

    私には子供がいませんが、個人的には自分の子供にだったら「邪魔だよ」っていうと思います。
    スーパーは公の場ですから、そこなりのマナーってありますよね。
    自分の買物に夢中になって他の人の通る道をふさいでいた場合、素直に「ごめんなさい」って言える子になって欲しいから、「そこに立ってると通る人の邪魔になるから、気をつけなさい。」と言うかな。その上で通りたかった人に「すみません」と言いますね。

    勿論、子供がそういうことを分別できる年頃っていうのが前提ですが。今回の場合お子さんは小学校中学年程度ですし、十分理解できる年頃と思いましたので。
    逆に小さいお子さんだったら、「危ないよ」でもいいかと思います。

    ユーザーID:4353957851

  • 危ないよは失礼

    言われた子どもが「危ないよ」で何を思うか。
    こういった意味で使いました、使っていますと書かれたほとんどを、子どもは
    わからないでしょう。
    カートが来ている、だから「危ない」。カートが「危ない」ものだと思うのでは
    ないでしょうか。

    子どもがどかないから、ターンしようとしていた人は危なくないはずなのに
    「危ない人」と言われたようなものです。
    だから失礼な言葉だと思います。

    簡単に発せられる言葉だから、注意を引きつけられる言葉だから「危ない」と
    出るのはわかりますが、小さいうちからいろいろな言葉かけをしないと
    賢い子どもには育たないと思います。

    ユーザーID:4526363352

  • それは…

    「危ないよ」と言った母親からすると、我が子中心で物事を考えて言ったのでしょうし、「邪魔だからのきなさい」と言った方がいいと思うあなたは、あなた中心で物事を考えているからそう思うのではないでしょうか?その母親が悪いとは思いませんが、あなたが気を悪くしたのなら、今回たまたまそうゆう人に遭遇しただけではないでしょうか?同じような場面にわたしも遭遇した事がありますが、お互い全く逆の台詞(わたしが「危ないよ」と言い、母親が「こらっ、邪魔だからのきなさい」と言った)でした。なので人それぞれ注意の仕方があるんじゃないでしょうか?あなたが将来子供を持ったときに、そうゆう風に言えばいいだけなんじゃないかな…と思います。

    ユーザーID:8736762713

  • 危ないよ も すいません もOK

    私はどちらも気になりません

    通れなければ「すいません」と声をかけ
    気付かなければもう少し大きな声で「ちょっと通していただけますか」などと言う。
    相手が子供でも、母親らしき人物がそばに立っていたならば
    その人への注意も含め「すみません」で良いんじゃないかしら。

    「危ないよ」については
    たしかにトピ主さんの言う通り
    適切ではないかもしれませんが
    気にするほどのことでもないと思います。

    ただ確かにこういう場合のとっさのひと言が
    場に応じた使い分けをせずに
    なんでもかんでも「危ないよ」になってしまっているということに
    気付かされました。

    私はこれから気をつけてみようと思います。

    ユーザーID:2476498536

  • 危ないでいいと思いますが・・・

    もちろん、他の人に迷惑にもなるから気をつけましょうね・・・と私なら言いますが・・・ 私の母もそう言っていましたし。
    邪魔・・・ってちょっと使いたくない言葉かと思います。
    確かに邪魔にはなっているのでしょうけれど、それは他の人に迷惑であることの上で邪魔になってしまうということだと思いますので・・・
    「他の人の迷惑になるし、危ないから気をつけましょうね。」でいいのでは?

    ユーザーID:6636161270

  • 確かに邪魔なんでしょうけど

    トピズレになりますが

    スーパーでは自分の進路をふさいでいる人なんてあちこちにいますよね。
    「すみません。(通してください)」と言ってよけてもらったり
    相手が気付いて通してくれたり、自分が進路を変えたり。

    たまたま子供がトピ主さんの進路に立ち止まっていただけなのに
    「邪魔だ」「迷惑だ」って・・・
    切り捨て御免の大名行列を思い浮かべてしまいます。
    それなら
    カートを押していない人にはカートも邪魔で迷惑でしょう。

    自動車が危ないのは怪我をして痛い思いをするのは人間だから。
    カートとぶつかっても痛い思いをするのはカートではなく人間だから。
    「トピ主さんが危ない」のではなくカートが危ない存在なのでしょう。
    自己防衛をさせているんだと思います。

    子供には通路に立ったら通行を妨げるので気をつける事
    自分が妨げているとわかったら速やかに譲る気配りを教えていけばいいと思います。
    邪魔だ迷惑だと教えていけば、子供も何かにつけ邪魔だ迷惑だと相手に求めそうで抵抗があります。

    ユーザーID:9478753227

  • 想像力 理解力

    トピを読んで、最初は何が「私に対して失礼」なのか全くわかりませんでした。

    私は、その母親のセリフを「邪魔になってるよ。他の人が危ないでしょう」と理解し、違和感を感じませんでした。
    とっさに一番強調したい言葉(邪魔<危ない)が出たのだと思います。

    また「すみません」という言葉は、子供だったら自分に話しかけられているとは気付かないのでは?と思います。
    子供に対しては、もう少し違った声のかけ方があったのではないかなあ。
    加えて「すみません」だけでは子供に対しては、少し説明不足かなと。たとえば「ごめんね〜 通りたいからどいてくれる?」とか。
    大人なら「すみません」の言葉に気付いたら、「え?私?あ、邪魔になってたわ。ごめんなさい、ぼっとして」と想像し理解できますが、相手は子供なんですよね?
    何度言ってもテコでも動かない悪ガ○ってわけでもなさそうだし、トピ主さんが、子供にわかりやすいように声をかけて、子供がどいていれば「私に対して失礼」なんて不快な気持ちになることもなかったのだろうなあ・・・

    というのがトピを読んだ感想で〜す。

    ユーザーID:2501313325

  • トピ主さんに

    共感します。

    同様な状況で、親御さんが「ほら、通る人の邪魔になるからよけなさい」と言ってらっしゃる方がいた時は、躾がしっかりした方だなと思います。
    他人にも気を配ることが出来るだけようになるのは小さな頃からの積み重ねではないでしょうか。
    【危ない】←自分のため
    【邪魔になる】←人を思いやる
    という風に受け止めています。

    ユーザーID:1557703820

  • 気にし過ぎなのではないでしょうか?

    たとえば、同じ『ありがとう』という言葉でも嫌々言う時と嬉しそうに言う時とでは相手方の受け取り方は当然違いますし、今回のご相談内容にある『ほら、危ないよ』という言葉は私が実際にその場に居た訳ではないので、どの様な意味合いで、また声の強弱をどの様に付けてその言葉を発したのかは分かりませんが、今回は『ぶつかったら危ないし、他のお客さんの通る邪魔になるからダメよ。』という意味合いで子供に注意を促したのではないでしょうか?

    選んだ言葉はどうであれ、結果的に子供が『この場所に立っていてはダメなんだな』と学習出来れば良い訳ですし、子供を心配する親の気持ちも察するべきです。

    いちいち相手の発した言葉の裏側を一つ一つ気にしていたのでは身が持ちませんので聞き流すおおらかさが必要になってくるのではないでしょうか?

    ユーザーID:0543370377

  • 嫌われたくない大事な甥と、あまり好きではない義理の甥、の場合

    私が甥の面倒をみているという状況で、トピ主さんにお会いして私が言う言葉。

    大事な甥の場合
    私『ほら○○クン(ほんわか)危ないわよ。(トピ主さんに一応)ごめんなさい』

    好きではない義姉の子供の場合
    私『△△君!お姉さんの邪魔してるでしょ!すみません、母親の代わりなもので目が行き届かなくて。本当にご迷惑をおかけしました』

    トピ主さんが接したのは、大事な甥と一緒にいる私です。
    厳しくしつけなければ、という気持ちが薄いのは、信頼関係が希薄で、子供に嫌われたくないことを優先させる母親と同じです。
    その母親は、子供に都合のいい言葉だけを発し、トピ主さんには謝らなかった。
    母親の浅ましさ、責任感のなさを感じ取り不快だったのです。

    ちなみに、義理の甥と一緒にいる私。
    義甥にどう思われようとかまわないが、私の謝る姿を見せることで、自分は悪いことをしたと義甥に感じ取らせたい(義甥のことが嫌い。意地悪な気持ち)。

    信頼関係が出来ている親子なら、一時的に子供に嫌われようがしつけを優先させますし、謝る姿を見せることも有効です。
    意地悪な叔母と意図は全くちがいますが、親のとるべき行動と結果的に同じです。

    ユーザーID:1251230636

  • 私も思っていた

    私も前から「他の言い方の方が、子供は理解しやすいのでは?」と思っていました。

    「他の人が危ないよ」という意味だと、おっしゃる方もいるようですが、子供はそこまで理解できるのでしょうか?
    日頃から別の場面で「ほら!危ないでしょ!!」と言われている子供が「他の人が」と理解できますかね。
    たぶん口癖になっているのだと思いますが、子供に「自分が周りに迷惑になる」と言う事を躾けるなら、「邪魔なるでしょ」と子供に言った後に、「ごめんなさい」とか「すいません」とか言うのが正しいのではないかと思います。

    あくまで私の体験ですが子供に「ほら!邪魔だよ」「端に寄りなさい」と言う方は男親が多いです。解りやすい躾だと思います。

    トピ主さんを「細かい」とか「暇だ」とは思いません。

    自分中心にしか、考えられない人間が多いのはこんな事からかなぁ・・・と思いました。

    ユーザーID:0047450793

  • 私なら…

    私なら
    わが子に「危ないでしょ」と言ったとしても
    カートを止めて待ってくださった方に
    「ごめんなさい」

    と言います。
    一言でお互い気持ちよく、子供も親が謝ったのをみて迷惑かけたんだと分かります。

    ユーザーID:3099301383

  • 私も「危ないよ」って言いそうです

    そのスーパーは多数の方がカートを利用されますか?

    小学生のお子さんも商品を選んでいたのでしょう? 座り込んで通路をふさいでいたのではないでしょう。

    バスの運転手さんから「危険です」と注意され「叱られるからやめなさい」と子供に言うママとは違うように思います。

    トピ主さんが夕方のお買い物で急いでいらしたのでそのように思われたのではないですか。

    ユーザーID:3231592366

  • 言葉の問題ではない

    『危ないよ』『邪魔だよ』…結局、日本語としてどちらが正しいか、の問題では無い気がします。
    もし私がトピ主さんの立場なら。この場合母親である女性から「(うちの子がご迷惑をかけて)すみません」という態度がうかがえれば、前述の言葉はどちらであれ、気にはなりません。

    ・自転車の進路をチョロチョロしている子供に向かって「ほら自転車来るよっ!!」
    ・子供の迷惑行為に対して「“怒られるから”やめなさい」

    こういう場面に遭遇して何だかモヤモヤとした気持ちにさせられるのも、本来子供の行動に責任を持つべき親から「周囲に迷惑を掛けている」という気持ちが感じられないから、ではないでしょうか。

    子育ては一筋縄ではいきませんし、大変ですよね。
    でも、『子供のすることなんだから大目にみてよ』とか『心が狭すぎじゃないの?』とか、“親の側が”開き直るのはどうかと。
    大変でも決して周囲への配慮も忘れずに、謙虚に子育てされてるお父さん・お母さんに対しては、周りも温かな目で見守り、応援したい気持ちになります。
    人間お互いに、相手への配慮、思いやりを大事にしたいですね。

    ユーザーID:8140168910

  • 子供に「邪魔」や「迷惑」はやめましょう

    わざと道を塞いでいるわけでもない子供に、「あなたは邪魔」「あなたは迷惑」と言うことはやめませんか?
    「困っている人には親切にしましょう」ということで、カートを押してきた人が、「すみません」と言ってくれば、母親としては
    「道をあけてあげなさい」または、「道を譲ってあげなさい」で良いと思います。
    トピ主さんは、今でも「邪魔でしょ」と言ってほしいですか?

    ユーザーID:7368505085

  • 整理しておきます

    (1)2つの視点がある
    (a)カートを押す人、運転者の視点
    (b)立っている人、歩行者の視点

    (2)自動車と違うという主張は、カートでは(a)、自動車では(b)の視点を比べているので、ずれている

    (3)カートの(a)と自動車の(a)、カートの(b)と自動車の(b)を比べれば、カートと自動車は、程度の違いはあっても、本質は同じであることが明確になる

    (4)もしも(b)において、危険を感じる要素がないことが分かるなら、「危ない」は適当ではないが、危険を感じる可能性があるのなら、「危ない」はおかしくない

    (5)トピ主さんの投稿は(a)の視点で書かれていて、(b)を推定するための客観的材料(例えば、母親はカートが近づくのをずっと見ていた、等)がないため、(4)を判断することが不可能

    (6)これらより考えられる可能性は
    危険ではないことを母親が…
    (ア)知っていたと判断できる客観的材料を、トピ主さんは持っていたが、書かなかった
    (イ)知っていたか知らないかは、トピ主には判断材料がなかったが、知っていたと思い込んでしまった
    どちらにしても第三者には判断不可能

    以上

    ユーザーID:2827381587

  • トピ主です

    たくさんのレスを頂きありがとうございます。

    一部飛躍しすぎではというレスもありましたが、いろんな感じ方があるとわかって参考になりました。

    人よりカートが優先なんて思ってもいないし、そこのけそこのけで歩いてなんかもいません。
    私の行くスーパーではほとんどの人がカートを利用していて、その母親らしき女性もカートを利用していました。また、私の行く時間帯は混雑していて、お互い譲りあってすれ違っています。
    誰かが見ている棚を『すみません』でどかして自分が立ち止まるのなら割り込みですが、通過する為に端に寄ってもらうことは混雑している場所ならお互い様ではないでしょうか?

    多くの方が指摘しました『すみません』ですが、私が小学校中学年くらいの頃は家や学校では子供でも、お店などでは大人として扱って欲しかった記憶があるので、あまり子供扱いした言い方は避けました。

    ですが、地域や時代が変わると言葉も変わるので気をつけなければいけないと思いました。

    4歳の姪と時々買い物に行きますが『邪魔』という言葉を不快に感じる方が多くいたので、逆の立場になったら使わないようにします。

    ユーザーID:1560531481

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主さん、あなたも失礼です

    ここまでたくさんのレスがついているのにお礼のレスひとつなし。「私に失礼です」?本当に失礼なのはトピ主さんなんじゃないですか?他人を邪魔者扱いして威張る前に、自分の行いを省みたらどうなんですか?

    ユーザーID:8415866202

  • 書いて欲しいことの例

    読み手が状況を理解するために何が書かれていたらいいかの例を、
    いくつか挙げてみます

    (1)客観的判断材料になる例
    (a)母親に危険ではないと分かった場合(「危ない」は不適当)
    カートの動きをずっと見ていた後で声をかけた
    カートがUターンして向きを変えてから声をかけた
    笑いながらのんびりした様子で声をかけた

    (b)母親に危険ではないことが分かっていない場合(「危ない」はおかしくない)
    カートに背を向けた状態から振り向くなどしてすぐに声をかけた
    直前まで子供が見えない位置にいた
    悲鳴のような声だった

    (2)客観的判断材料にはならない例
    危険な押し方はしなかった(母親の視点が不明)
    〜のタイプの人だった(なぜそう判断できるかまで書く必要がある)
    母親には分かっていた(同上)
    母親が〜と言った(口調や表情、周囲の様子も細かく必要)

    ユーザーID:2827381587

  • 何度も失礼します。

    >mさま

    再度トピ主さんの投稿文を引用しますが、

    >少女は気が付かなかったようなので、あきらめてUターンしようとしたところ、母親らしき女性が「ほら、危ないよ」と促してくれました。

    母親は、少なくともトピ主さんが「あきらめてUターンしようとした」ことを確認して言っているので、『ふと見たら鉢合わせていてぶつかりそう→危ない』という状況で発せられた言葉ではないように私は推測します。

    >Drつらつらさま

    (カートと自動車の危険度の比較(?)については本筋から逸れる話なので、以降この件でレスをいただいても、更なるレスは控えるようにします。トピ主さん、すみませんでした。)

    私はいずれの場合も子供(歩行者)の視点で見ています。
    人が歩くスピードで押しているカートで、なおかつ「すみません」と声を掛けて避けてもらおうとしている状態が、子供(歩行者)から見て自動車と同様に危険なものとは思えません。母親の視点についても同様です。
    なお、声も掛けずに無理やり通ろうとするような人については、また別の話ですので、念のため。

    ユーザーID:2188133539

  • どっちもだめ

    邪魔なのはお互い様です。

    商品を見ている人にとって、移動する人は邪魔だし、
    移動する人にとっては、商品を見ている人は邪魔なんです。

    なのに、子供だけ「邪魔」扱いされるのは不公平だよ。

    小学生なら「(その人が)通れなくて困っているでしょ。端に寄りなさい」で理解できますよね。

    ユーザーID:5706319473

  • ふ〜ん…

    レス数が多くて読むのが疲れました。(苦笑)

    「危ないよ」否定派の方は賛成派の方が「○○だから危ないよ、避けなさい」という意味を込めて「危ないよ」と言っているという事に対して噛み付いていますよね。
    「子供にそんな裏の意味まで理解、想像することは出来ない。だから不適切な表現だ、」って。

    それなら同様にトピ主さんの「すみません」の一言で、子供にすべてを理解しろって無理があるのではありませんか?
    それこそ「すみません、通りたいのですが。」くらい言わないと子供には理解できませんよね?

    母親の真意はわかりませんが、母親の言葉が悪くてトピ主さんの言葉が良い理由がサッパリわかりません。

    だんだん子供好きの人と子供嫌いの人に分かれてレスされるようになってきたような気がするのは気のせいでしょうか?

    ユーザーID:7012555045

  • 日本語としてですか?

    間違っていないと思います。トピ主さんがどうであれ、カートにぶつかった場合、怪我はなくても痛い
    思いはしますから。子供、大人関係ないですよね?

    ただそこにトピ主さんの「邪魔」という感情があるから、「迷惑をかけておいてその言い方はおかしい
    んじゃないの?」となるだけですよ。

    それからトピ主さん、その親が「危ないよ」と言った後に「すみません」とあなたに謝っても、
    「私に失礼。迷惑をかけておいた上、私は無理矢理通ろうとしたわけじゃないのに、その言い方は
    おかしいんじゃないの?」と思いますか?

    それでも、そう思うと言うのならトピの
    >日本語としてのこの場合の・・・
    という質問をする意味はわかりますが、そうじゃない、ちゃんと謝れば問題ないと言うのだったら、
    ここでそんな質問する意味がわかりません。

    言葉なんて、そのときの人の思いで変わります。確かに相手の親は子供のことを思って「危ないよ」
    と言ったのかもしれません。でも、それが間違ってるわけじゃない。トピ主さんの目の前では
    言わなかっただけで、後で「立ってたら邪魔よ」と子供には伝えてるかもしれないですしね。

    ユーザーID:8443464794

  • 謎がとけた

    短大で仕事をしている者です。休み時間の廊下や階段では、立ち話に夢中になっている学生たち(ほとんどの人が20才前後です)が道をふさぎ、通れないことがよくあります。急いでいるときは声をかけて通ってしまいますが、立ち止まって待つこともあります。そんなときに、それに気づいた学生が、友人に向かって
    「ほら、危ないよ」
    と言うことが多いのが、とても気になっていました。

    「気になる」程度で、特に腹が立つ訳ではありませんが、私が噛みつくとか突き飛ばすとか思うわけでもないだろうに、なぜ「危ない」なんだろう、と不思議でした。
    このトピックと、お母様方のご意見を読んで謎が解けました。小さいときから、道を空けなさい、という意味で「危ないよ」と言われて育ってきたから、そういう使い方をするわけですね。トピ主さま、ありがとうございました。

    ユーザーID:7231095078

  • これはカート側の視点

    >人が歩くスピードで押しているカートで、なおかつ「すみません」と声を掛けて避けてもらおうとしている状態

    これがすでにカート側の視点になっています。

    「すみません」と声をかけようとしていることなど、母親に分かったかどうか、
    さらに分かったとしても、母親に分かっていることをカート側が分かったかどうか、
    どこにも書かれていません。

    母親にカート側の意図が分かっていたはずだというのは
    nさんの(トピ主さんではない)思い込みにすぎません。

    さらに、人が歩くスピードのカートは十分に危険です。

    ちなみに自動車との関係について最初に異を唱えたのはnさんの方なので、
    レスしないということは最終的に了解されたと受け取ります。

    ユーザーID:2827381587

  • 私へのレスではないのですが

    明らかに間違っているのでレスさせていただきます。

    >>少女は気が付かなかったようなので、あきらめてUターンしようとしたところ、母親らしき女性が「ほら、危ないよ」と促してくれました。

    この文章から分かることは、トピ主さんがUターンしようとしたことと、
    ほぼ同時に母親が声をかけたことだけです。

    >母親は、少なくともトピ主さんが「あきらめてUターンしようとした」ことを確認して言っているので

    のように、母親が確認したことはまったく書かれていません。
    単に時間的関係が分かるだけです。

    なお繰り返しになりますが、母親が確認したかどうか
    トピ主さんには分からなかったという意味ではありません。
    あくまでも、書かれていないので読み手には分からないということです。

    ユーザーID:2827381587

  • スーパーの通路とは

    商品棚の近くは、商品を選ぶ人のエリア
    中央部分は、通行する人のエリアと、暗黙の了解が有るはずです。

    その中央部分に立ち止まっている、人に対して、すみませと言えば
    多くの人は理解してくれて、その場を開けてくれます。

    確かに、園児以下の子供に対しては、ここ通りたいけどどいてくれる?
    と言った方がよいでしょうが
    小学生には、すみませんで十分通じます。

    しかし、中年の女性、若いお母さんの中には、この人何を言っているの
    と、訝しい顔をして睨まれる場合があります。

    もしかしたら、件のお母さんも表情のどこか(言い方)から
    煩わしいわね、のオーラが出ていたのかもしれませんね?

    我が子には、小さい頃から、そこにたっていると邪魔だからこっちに来なさいと、注意していました。
    確かに、子供には『危ない』の方が、反応が早いですが、なぜ其所にいては
    いけないのか理解させるためには、急がないのであれば『其所にいるとみんなの邪魔になるよ』と言う方が、
    その後のお子さんのためになるのでは無いでしょうか。

    (続きます)

    ユーザーID:3525449082

  • 続きです

    また、多くの方がカートは危ないと仰っていますが、我が子はカートとはぶつかった事も無いですし、
    引かれたことも有りません。
    思いっきり急に振り向いた、年配の女性の買い物かごではじき飛ばされた事は有ります。
    なにが危険かは、結果でしかはかれないのです。
    人間が生きていく上で、だれにも迷惑をかけずに生きていく事はできないのですから、
    もっとおおらかに、細かいは気にせず精一杯、自分と家族を守って生きていきましょう。
    (おじさんの言い分)

    ユーザーID:3525449082

  • 違うと思うけど

    >小さいときから、道を空けなさい、という意味で

    邪魔だから、というと、そこに邪魔と思う人間が発生してしまうから。自分と友達、そこに第三者を発生させたくないからそういう言い方をするんじゃないでしょうかね。

    また、子供に「邪魔だから」というのは、子供は悪くないけど、この女性が邪魔だと思ってるからどかなきゃね!っていうニュアンスが発生しますよね・・・

    不愉快に思ってる人は、わずかでもすみませんという態度があれば文句は無いんでしょうね。結局は言葉そのものの問題ではない気がしますが。

    ユーザーID:9197557333

  • 子供の感じ方

    「邪魔」って相手のことを思いやる気持ちがないとその場からよけることと言う風には考えないですよね。
    子供は自分を中心に考えるので、邪魔って言われてもどうしたらいいかわからないですよね。

    危ないって言われれば、自分が危ない!って思って、とっさに避けると思うけど。

    周囲の状況が把握できていない子供が邪魔と言われて、なんで邪魔なの??って疑問がすごくわいて
    余計に動かなくなると思う。

    ユーザーID:4579171337

  • 使います

    歩道を駆け抜けていく自転車や、歩きタバコの人がいるときに…。
    声をかけて引き寄せます。


    要は子供より相手に注意を促したいときに使います。


    明らかに子供が邪魔になっているときには「邪魔よ」「すいません」を使います。

    ユーザーID:0261315472

  • なんかうそ臭いなあ

    短大生が、人が廊下を通るだけで
    危ないよというかな?
    その年齢なら
    危ないよと言うのは、人が走って来たとか自転車が来るときくらいでしょ
    いまどきは中学生でも、邪魔とはっきり言ってますよ
    言葉はそうやって年齢とともに使い分けていけるようになるんですよ
    赤ちゃんとばで、いつまでも話しかけている親はいないし
    使ってる子どももいないでしょう

    ユーザーID:5781524080

  • しつこくすみませんが、これで終わりです。

    Drつらつらさま

    >レスしないということは最終的に了解されたと受け取ります。

    ???
    ちょっと意味がわかりませんが、了解も納得もしておりませんので、それだけお伝えしておきます。

    ユーザーID:2188133539

  • やっとわかった

    トピ主さんのレスを読んでやっとわかりました。

    > お互い譲りあってすれ違っています。
    > お互い様ではないでしょうか?

    大人と子供(小学生)を一緒に考えている時点で間違っていると思います。

    > お店などでは大人として扱って欲しかった記憶があるので、あまり子供扱いした言い方は避けました。

    自分がそうだから、世の中全員がそうであるとは限りません。
    現に件の小学生には通じなかったんですよね?

    トピ主さんの考え方がわかったような気がします。
    要は『自分の思っている事がすべて』『自分がこうだからみんなもこう』という考え方なんですよね?

    ですから子供が「危ない」と言われたことに固執し、レスでも自分を正当化しようとしているのかなと…。

    人間みんながみんな同じ考えではありません。トピ主さんと私も考え方は違うと思います。
    だからこそ「自分はこうだけどみなさんはどうですか?」という訊き方をした方が良いのではないかと思います。
    「危ないは間違ってる!」と声を上げるよりも…。

    ユーザーID:3466462214

  • 大局でみよう

    トピ主さんの「正しい国語の使い方」を問う気持ちもわかる。
    「私がどんな危険な行為をおたくの子に及ぼしているのよ」と。
    あちらからすれば「危ないよ」の前後を省略してるかもしれない。
    反対に「立場は同じ客。知らぬおばさんが通るので邪魔になる。こっちが譲らねばならないのか」と思うかも。

    牛車あらそいのようですね。

    日本語ってひとつの単語でいろいろな意味をもったり、前後の省略をする言語だと思いませんか、トピ主さん。
    そう思えばこんなことぐらいで目くじらたてるのもばからしいと。
    1本道の思考しかできないわけではないですよね。

    物事を言うにもいろいろな方面から言えるなあと。

    うちの子の通った幼稚園で「すごい」と思ったことが。
    お遊び(通称)の時間から集合の時間へ。
    集合しても子どもたちはまだわいわい。

    私だったら「静かにしろー」的に叫ぶかも。
    先生はむしろ小さい声で「先生がお話をしてもいいですか」と。
    すると子どもたち(年少から)は一瞬で静かに。
    もちろん教育の現場だし家庭ではそうはいかないけど、日本語の言い回しと理解力っていろいろだな、と。

    トピ主さんも広く理解する方が楽では?

    ユーザーID:4207870461

  • 子供のころは「危ないよ」でした

    私は子供の頃は、同じような状況の時には、親から「危ない」と言われていた気がします
     
     大人になった今、当たり前のことですが、人と道で出くわした時に割と自然に道を譲れます。反対に道を譲られた時は会釈するかかお礼を言います。
     また、他人を邪魔と思う状況は、普段あまり考えられません。
     
     それは親から「あなたが邪魔なのよ」という言い方をされていなかったからではないかと、今になって思います。

     「邪魔だから」と言われてしまえば、自分のみならず相手にもいい感情を持てず、他者への思い遣りには結びつかないのではないでしょうか。逆の立場になると、相手を「邪魔」と捉えてしまう恐れもあります。
     
     「危ないから」という言い方も、厳密には適切とは思いません。
    でも「相手に危ないから、あなたが気をつけようね」という風に補足できるような振る舞いを、日頃から親が手本として見せておけばいいのではないかと思います。
     
     トピの場合、避けてくれたトピ主さんに「すみません」の一言があるだけで、子供は人間関係の大切な物を学ぶのではないかと思います。

     

    ユーザーID:0533286972

  • どうでもいいことですね

    その人はそういうときにそういう言葉を使うってだけです。

    会社で「お疲れ様です」という言葉を使ってる人は多いと思いますが、疲れてると思ってる奴なんて居ません。

    それに対して「疲れてねーよ」と答える人が稀に居ますが、それに似たモノを感じました。

    言葉の文面だけ取って解釈して気にする人はめんどくさいです。

    ユーザーID:4307558661

  • トピ主さん批判が多いようですが、大局的なトピの主旨は・・・

    どちらの立場であれ、<相手側に配慮した言動>を、ということじゃないでしょうか。

    つまり、理想は
     A)カートの人⇒通れなければ丁寧にひと声かける。
     B)道をふさいでしまった子供の親⇒子供だけでなくAにも配慮して言葉を選ぶ。
    であると。(実際、A側のトピ主さんはそう対応したとお見受けします)

    トピ主さんは自分中心の考えで「Aが優先」と言っているのではなく、
    仮に自分がB側でも、「危ない」等ではなく「通る人の邪魔になっている」
    という言い方で注意する(自身もそう育った)、との主旨のことを仰っています。

    また「私に失礼」との表現が図らずして批判の的になっていますが、
    単純に今回トピ主さんがA側だったから「私」と一人称で書いてしまった
    だけでしょう。

    要は、仮にトピ主さんが第三者だったとしても、客観的に見て
    Bの立場の人が「危ない」等とAにも聞こえる状況で言うのは
    “A側の人”に対して失礼、ということ(“「邪魔」の方が不快”派が
    存在するのはまた別の問題として)。
    BよりAが優先ということではなく「AもBも相手を思いやるべき」という主旨でしょう。

    ユーザーID:7600042974

  • 「すみません。」はどんな気持ちで?

    こんにちは。

    それほど深く考えるほどのことかなあ?とは思いますが、おもしろいですね。

    せっかくなので自分にあてはめて深く考えてみましたが、自分がどんな気持ちでこの場合の「すみません。」を言ったかによると思いました。

    「すみません、他に通る人もいるのにそんなとこで立ち止まったらちょっと邪魔になりますよ。どいていただけますか?」という意味だったら、「危ないでしょ。」は違う感じがしますね。

    「すみません、あなたも見てるところ悪いけど、ちょっと通らせてね。」という意味だったら、「邪魔でしょ。」だと、「いえいえ、そんなつもりで言ったわけじゃないんですよ、狭い通路なんですからお互い様です。」と思いそうです。

    でも、危ないでしょと言われたからといって、相手が自分の安全のことだけ考えている(他人に迷惑を掛けているとは思っていない)とまでは思わないかな。それはその場の言い方や雰囲気で伝わるのではないでしょうか。

    会話の一部を日本語としてだけ取り出すとその辺が含まれず、意味がない気がします。

    ユーザーID:0255954030

  • はとまめさんに同意です

    そういうお互いの気持ちが大事ですよね。
    先日、夫の親が上京してきて一緒に出かけたのですが、何しろ高齢なので動きも遅く、人様の邪魔になるようなこともあるわけです。
    そういうときは夫の親には「邪魔だから」とは言いません。
    「お義母さん、人がいますよ〜」と軽く声をかけて、相手には頭を下げて姑の体をそっと脇に移動するようにしました。

    また、昨日ドラッグストアで買い物をしていたときに、小さい子供が私の目の前に飛び込んできました。
    すぐに「おばちゃまの邪魔になるから、こちらに来なさい」という声がしました。そちらを見たら母親らしき人が私に頭を下げたので、私は子供に「お母さんが呼んでいるよ」と声をかけました。

    臨機応変にやっていきたいですよね。

    ユーザーID:0771023850

  • ショートさん

    >足腰の弱いお年寄りや、幼子を連れて手が空いていない人のためと思っています。

    その考えですと、私は外れてしまいますが カートを使用しなければお買い物ができません。
    貴方の言う 非常識ですかね。

    >素手で買い物している人が優先。どんなに重い買い物でも、混んでいる時間帯はカートを使わずに素手でカゴを下げて買い物をします。
    これも、自覚を持っているとは思えませんが・・・・
    素手できている人、見に来るだけの人もいっぱいいますよ(笑)
    カゴの持ち方にもよりますが かえって物凄い邪魔になりますよ。
    それに以前カゴを持っている婦人の所に急に飛び出してきた子供の額に当たり怪我をするという事故を見ました。
    都市伝説かもしれませんが 額をかなり切ったという話も聞きます。
    それに、カゴを持てば良いという話ではないと思います。
    この話の場合
    カートが通れない と書いてありますが、
    通路ど真ん中に子供がいたならば カートの問題でもないと思います。
    通れない けど、それは見た感じの事。
    >カートを使う私に対して失礼だ
    と、思うのならばUターンはしないでしょう。

    ユーザーID:4998995356

  • 結局は

    危ないと感じたらそう言えばいいし、
    感じていないのならそれ相応の台詞にすればいいということでしょう

    トピ主さんの場合は、そのどちらかが分かるように書いてないので
    両方の意見が出ているだけのこと

    ちなみに、私は後からカートにぶつかられたことがあります
    大人なので怪我をするほどではありませんでしたが
    アキレス腱が痛かったです

    ユーザーID:2827381587

  • ひとつ、どうしてもおかしいと思ったこと。

    横レスかもしれませんが、
    「子供に『邪魔になってるよ』と言わないのは、
    その子が他人の事を『邪魔だ』などと思う子になってほしくないから」
    とのレスがいくつかありましたが、その理屈はおかしいと思います。

    それが正論なら、

    ・「親切にされて当然」と思う子になってほしくないから、
     「他者に親切にしなさい」とは教育しない。

    ・「お互い様だからいいでしょ!」などと開き直る子になってほしくないから、
     「お互い様だからいいよ♪と他者を許す」ことを教えない。

    なども、同じく正論となってしまいます。

    このトピのような「気配り(人の邪魔にならないようにする)」とか「親切」というものは、

    (1)自分が他者に対して常に心がけるべきものではあるけれど、
    (2)かといって、決して他者に要求すべきものではない。

    というのは、今さら言うに及ばず、常識なのではないでしょうか?

    本来“大前提”であるべきこのことさえ子供にしっかりと教育すれば、
    「邪魔になってるよ」と注意したところで、上記に危惧されているような
    おかしな悪影響が出ることはないと思います。

    ユーザーID:1409610634

  • 「危ないよ」「邪魔」「すみません」…言葉ってむずかしいな

    これらの言葉の使い方や解釈でこうもいろいろと意見が続くなんて。笑
    悪く感じ取るとどの言葉も引っかかってしまう。人によって難しいものですね。

    まだ幼い子に「意地悪しちゃいけません。」と教え続けると、その子は最初は意地悪という言葉も意味も知らずそのつもりも無かったのが、意地悪という言葉を覚え、「お友達に意地悪されたー」とか、本当に意地悪されたかどうか?でも使うようになります。
    こういうことって結構あると思うんです。良い意味じゃない言葉の子どもへの使い方はよく考えないとと思います。

    邪魔も同じ。一言でバサッ!と言って捨てるようなイメージで、思いやりの無い場面に使われるように感じます。
    この場合、我が子に対してなら、「邪魔だからどきなさい。」ではなく、「通る人のご迷惑になっているからよけなさい。」とか他の言い方ができます。
    日頃から「邪魔」と使うか?使わないか?それぞれのこだわりですが、私は人にも物にもなるべく使いたくない言葉です。特に親として子どもには発したくない言葉です。

    ユーザーID:7703421077

  • 興味深い

    実に興味深く拝見しました。
    子供の頃私も公共の場所では、他人様に迷惑にならない行動をとる、と教えられ、期せずして、自分が他者に迷惑になりかけているような場合、親は、「お前は邪魔なところにいるよ、他人様がご迷惑しているのだよ。どきなさい。」等のコトバを言いました。
    これには自分たちの立場を下げて、相手を立てるという意味があり、そういうことで、相手を不快にさせない、不要なトラブルを回避するといったまあ、処世術というか、様式というか。
    謙譲語を使うニュアンスかなあ。謙譲語はビジネスや生活の場面で生きています。
    しかし日常の場面で、公共の場所で、自分の立場を謙って表現することで、逆に相手が不愉快に思われるのなら今はこのような様式が通じないのでしょうね。
    いろいろなご意見を読んでみると、「危ないよ。」はむしろニュートラルなコトバかもしれませんね。
    トピ主さんは謙って対応されますが、他人様はそうなさらなかっただけで。。また謙る文化も今では周知のものでもなさそうです。。
    結論、「危ない。」はあると思います。

    ユーザーID:5093421356

  • ぶっちゃけてしまうと

    小学生中学年くらいになれば
    「邪魔」や「どきなさい」なんて言葉を使わなくても
    「ほら、後ろ」「ほら、カート」でも、
    カートがいることに気付かせれば
    だいたい自分が邪魔だと判断してよけます。

    ストレートに言って気付かせるか、他の言葉で気付かせるかの違いだと思います。
    「通路をふさいでごめんなさい」「通してくれてありがとう」の気持ちがあれば
    細かい事はそれぞれ親の判断にお任せです。

    ユーザーID:9478753227

  • どちらにしても

    私が一番いやだなぁと思うのは
    他人がとっさに発した一言の細かいニュアンスに
    ずーっとこだわって、
    こんなところまで投書するほど怒ってしまう人がいるということです。

    それに比べれば、「危ないよ」といわれるぐらい何でもありません。

    ユーザーID:7600247363

  • とっさに出た言葉

    私もよく子供に「危ないよ」と言います。
    何かを妨げてるようだったら「邪魔だよ」とも言いますが
    「どきなさい」とも言います。
    そんなに深い意味はなく、、

    普段あまりカートを妨げたりしないので注意することも少ないんですが
    だいたい車が通るときなどには「危ないよ」と注意することが多いです。

    車もカートと同じく人が扱ってるものですが車に対して
    「邪魔だよ」って注意することはないです。

    って言うか、どんな言葉でもその後に一言「すいません」とかあればいいんじゃないかな?

    ユーザーID:7862838140

  • 日本語としての問題かなぁ

    トピ主さんは相手に何一つ確認なさらずに、
    勝手に「私に失礼」と怒っていらっしゃるだけのような…。
    そもそも言葉なんて、それ自体独立して在るわけではなく、
    文脈やニュアンスによって同一の語句からであっても、
    受ける印象も意図も、時には意味すら、異なってくるものでしょうに。

    その後にその母親が女の子にどのようなフォローをするかは別として、
    子供をすぐにどかさなくては、と思えば「危ないよ」は、
    少しもおかしい言葉だとは感じません。
    寧ろトピ主さんが「すみません」の一言で女の子が、
    “トピ主さんのカートの邪魔だからそこをどくべきである”
    と察してくれて当然と考えておられる様子なのが、
    私には不思議だなぁ。

    >私が一番いやだなぁと思うのは
    >他人がとっさに発した一言の細かいニュアンスにずーっとこだわって、
    >こんなところまで投書するほど怒ってしまう人がいるということです。

    私もぽよさんのこのご意見に同意いたします。
    通路も心も、広いほうが安全で快適ですよ〜。

    ユーザーID:8409612135

  • 自分中心の考え方の象徴

    興味深く拝見させていただいておりました。
    いろいろ意見が出ているようですが、私の感想から言うと
    「危ないよ」は正しくないですね。

    細かい状況は抜きに考えます。
    「少女が立ち止まっていた」
    「すみません、と声をかける程度の速度でトピ主さんがカートを押していた」
    この2点の状況だけで考えます。

    「危ないよ」=子ども(自分)中心の発言
    「邪魔だよ」=トピ主さん中心の発言

    つまり、トピ主さんは、これが言いたかったのでしょう?
    子供(つまり自分)を中心に考えているから「危ないよ」なのです。
    お母さんらしき人が、トピ主さんの立場で考えていたなら、
    自然と「邪魔だよ」あるいは「迷惑だよ」となるはずです。
    とっさに出た言葉が「危ない」というのは、いかに普段から
    周囲の人たちでなく、自分中心に物事を考えているか分かります。

    自分さえよければ、という風潮が強くなりつつある昨今。
    普段から「人様に迷惑をかけないように」ということを考えていたら、
    自然と「迷惑だよ」となるはずなのです。

    自分が危ないから譲るのですか?
    迷惑だから譲るのではないですか?

    ユーザーID:9005466607

  • トピ主です2

    『日本語が・・』と問いかけた割りに文章力がなく、主旨が伝わらなかった方が多く残念にも思い反省しています。

    はとまめさんのレスが、私の言いたかった事を代弁してくれたようです。

    『危ない』の言葉に?を感じましたが、件の女性は感じの悪い方ではなかったので、それ程怒っている訳ではありません。
    トピの出来事以外にも、(カートに関わらず)このような時に『危ない』と言われることが増えたので、意見を伺いたかったのです。
    ちょっと気になっただけでトピを立ててはいけないのでしょうか?


    母が私に言った『邪魔』は私が『邪魔な子』なのではなく『通る人の為によける事が出来る気の利く子になりなさい』と言いたいのだと、いつも母を見ているからわかります。
    (他人は母を知らないから『危ない』と言えば失礼な人と判断されます)


    横になってしまいますが、先日電車で隣にカップルが立っていたのですが、彼の方を向いて話していた女性が、咳をする時だけ私の方を向くのです。
    私は不快に感じましたが、それを失礼と思うか、当然と思うかの違いなのでしょうか?

    ユーザーID:1560531481

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 細か過ぎるのもどうかと思います

    >カートにぶつかったら危ないからどきなさいって、教育上も違うと思うし、私に失礼です。

    私も以前、仕事でトピ主さんみたいな方と顔を合わせていましたが、何かに付けて「私に失礼」と言ってる方がいました。結構クレーマー的な感じの方でした。
    その方は女性で、自分の言うことは常に正しいと絶対に意思を曲げない頑固なです。
    「私に失礼」とまで言える人はそんなに多くないと思います。
    あまり細かいことに拘り過ぎるのもどうかと思います。

    レスも沢山上がっていますので返事してみたらいかかでしょうか?
    レスを下さっている方に大変失礼です。

    ユーザーID:3760348728

  • 思った通りだ(苦笑)

    > ちょっと気になっただけでトピを立ててはいけないのでしょうか?

    この一言がトピ主さんの考え方を物語っていると思います。

    これだけたくさんのレスがあり、『「危ないよ」はこういう意味で使ったんでしょ?』と説明しているレスもあるにも関わらずいっさい無視。
    やっぱり『自分は正しい』と思っている証拠なのではないでしょうか?

    ご自分が言った「すみません」の対する指摘もすべてスルーですし…。

    ユーザーID:9548406542

  • どっちもどっち

    他人の立場に立って考えると言う点においては同意できますが
    それをしていない(できていない)人に対して失礼と言い始めた時点で
    自分本位になってしまう矛盾があります。

    危ないと言った母親もトピ主さんの立場を考えられない人でしょうし
    失礼と思っただけならまだしも
    だからと言って、寛容になれずにこんな所でトピを立てて
    他人を非難する行為もまた相手の事を考えれない人のする事ではないでしょうか?

    最新のレスを読みましたが、彼女に彼氏の方を向いて咳をしろとでもおっしゃるのでしょうか?
    自己犠牲とまでは言いませんが細かい事を気にしすぎているトピ主さんもまた相手の立場を少し考えてあげてもいいのではと思います。

    ユーザーID:6337677359

  • やはり私も

    何人かの方のご指摘があったかと思いますが、「私に失礼」という
    表現に違和感を感じました。「何様?」というか、はっきりいって
    怖いですよ。。
    それから、こんなに細かい感情を持っていたら、さぞ生きにくいだろう
    と察します。

    ユーザーID:9384593926

  • 失礼ながら

    トピ主様はお母様から『ほら、邪魔でしょ』と言われたのが心のキズになっているのではないですか?

    我が家では、こういう咄嗟の場合、夫は必ず子どもに「邪魔でしょう!」と言います。
    注意された子どもはとても傷ついた表情で、何が邪魔なのかわからずおろおろしています。
    私はこういう場合は、「危ないよ」と言います(自分の子どもに対して「邪魔!」などと言いたくない気持ちがあります)。
    「危ない」と言ったほうが子どもも速やかに体が動いているような気がします。
    「邪魔」と言う夫も、咄嗟に口から出てしまう言葉なので、特に考えがあって言葉選びをしているわけではないようです。

    ということで、人に寄るのかな(言うほうも言われたほうの受け取り方も)と思っています。
    (でも私は、それくらいのことで我が子の心を傷つけたくありません)

    ユーザーID:7709497758

  • 「相手」に失礼 としていれば (1)

    最初の投稿で「私に失礼」の部分が、「相手に失礼」だったら、ここまで感情的で激しい批判はなかったことでしょう。

    トピ主さんの投稿からは、子供に「危ないよ」と言うだけの母親の言葉と意識に対する、純粋な疑問しか読み取れず、
    相手のお母さん個人に対する攻撃的な批判など全く感じませんでした。
    読み手が違えば、言葉の受け取り方も随分違うものだと、数々の感情的な反応に驚きました。

    本トピで興味深かったのは、トピ主さんの意見に好意的な反応をされた方の多くが、相手方のお母さんに近い立場であったこと。
    私も、幼児を育児中の母親で、トピ主さんに同調された多くの方同様、深く考えずに「危ないよ」と言っていたことを反省した一人です。
    対して、嫌悪感に近い拒絶反応のような意見をされた方の多くは、文面からは、お子さんのいない若い女性のような印象を受けました。
    もちろん、そうでない方、育児中のお母さんもいらっしゃいましたが、そういった方の文章は比較的穏やかだったような気がします。

    ユーザーID:1781594886

  • 「相手」に失礼としていれば (2)

    トピ主さんの二度目の投稿に対しても、辛辣な意見が早速出ていますが、
    咳の件に対する「彼女に彼氏の方を向いて咳をしろとでも…」という反応、意図的に悪意をもって曲解しているようにしか読み取れません。

    人に咳を吹きかけるのは良くないこと、と認識しているから、その女性は連れの男性からは顔をそむけるのでしょう。
    トピ主さんの方に向って咳をするという行動は、見知らぬ他人になら嫌な思いをさせても構わない、気にならない、という意識の現れです。
    人のいない方向、あるいは下を向いて咳をすればいいのです。
    これも、ウチとソトに対する意識の変化の一例として、「危ないよ」と通じるものがある、と私は思いましたが。

    トピ主さん、最初の投稿での「私に失礼」という表現の失敗で、
    これからも客観的、本質的な意見よりも、感情的で冷静さを欠いた批判の方が圧倒的に多く続くことでしょう。
    もう投稿を閉められた方がよろしいのではないかと思います。

    ユーザーID:1781594886

  • トピ主さんを擁護するつもりはありませんが…

    電車の中で、『咳をするとき私の方を向く』について、
    これを不快に思わない人がいるのでしょうか?

    トピ主さんは『彼氏の方を向いて咳をしろ』とは言ってないですよね。
    誰にも迷惑を、つまり咳を向けたらいけないという気が利けば、
    手で口を押さえて下を向くことだってできるはず。
    というか、周囲を人に囲まれているなら、他に方法はないでしょう。
    これって正に、『自分たちだけよければいい』の典型じゃないですか?
    人のこと考えてない、の典型。

    自分の方を向いて咳をされて不快に思わない人がいることの方が、
    僕にはむしろ不思議でなりません。
    細かいことですか?
    細菌を人に向って平気で振りまくことは細かいことですか?
    子供のころ、やってはいけませんと教わりませんでしたか?

    自分がイヤ、という感情よりも、他人にイヤな思いを平気でさせる
    姿勢がイヤなんじゃないですか?
    これが自分じゃなくて、別の人に向けて咳をされていたとしても、
    僕はもちろんですが、トピ主さんのような性格の方なら、
    それを見ていても不快に感じるはずです。

    ユーザーID:9005466607

  • そのとおりでしょう

    公共の場ですから、礼儀は必要だと思います。

    「ほら、危ないでしょ」と子供に言ったあとが
    「すいません邪魔して」ではなくて、
    「うちの子を危ない目に合わさないで」というニュアンスを出したのでしょう。その親は。

    下品な人は、人に配慮しないふるまいをします。
    トピ主の気持ちは理解できます。

    ユーザーID:5254183666

  • 閉じている

    その場にたまたま居合わせた第三者の視点から見たとして、
    ほら危ないよ、と言う親って、カートを押している人に対してちょっと失礼な物言いだ、と感ずると思います。

    あくまで第三者の立場で、です。

    トピ主さん。世界が自分達だけで閉じている人が増えてきたのですよ。

    他トピで、怒鳴られたお母さんが立てたトピもありますが、家の中だけではなく外でも自分達だけの世界で閉じたままの親子が少なくない世の中になったんですよ。
    どうしてそうなったか、岸田秀さんの文庫「幻想に生きる親子たち」の「近頃のおかしな母親たち」の章も参考にしてください。

    ユーザーID:8149761824

  • あの…

    2008年12月6日 20:38のレスに書かれている咳の件と、トピ本文の「危ない」の件を同列に考えている時点でおかしいと思うのですが…。

    誰もが失礼(不快)に感じることを持ち出しても説得力もなければ理解もされませんよ?
    それともトピ主さんにとっては咳と同列に思えるくらい"相手の発した言葉"が不快に感じることを言いたかったのでしょうか?

    ここ数年の間社会では色々な問題が起きては謝罪する、という構図をよく見ます。
    謝罪会見で「申し訳ありませんでした。」と言っている方もいますが、この言葉を聞いても「私に失礼!」と憤慨されるのでしょうか?
    "申し訳ありません"なんて日本語、誤用以外のなにものでもありませんからね。

    ユーザーID:5560521619

  • ほー

    色々な意見がありますね。


    トピ本文読んだ印象としては
    「ぶつかったら危ないよ」と本人に対する注意喚起と
    「後ろちゃんと見なきゃお姉さんに当たって、けがさせちゃうでしょ?」みたいなトピ主さんへの配慮なのでは?
    と感じます。

    私もよく混雑時のスーパーに行きますが
    子どもがパッと棚の陰から飛びだしてきたりすると
    本当に危ないです。
    カートや人とぶつかって怪我する子も多いそうですよ。

    私の母はよく「ほら!ひかれるよ」というような言い方してました。
    実際にぶつかっても轢かれることはないでしょうが
    車がついているものについては全般的に
    (たとえシルバーカートでも)「ひかれる」と表現していました。

    その発言をされた方の考え方もトピ主さんの考え方も
    別に間違っていません。
    人によって小さい頃から聞きなれている言葉って違いますから。
    注意喚起の意味があるならいいんじゃないですか??

    ユーザーID:2176954065

  • 辞書を引くと

    「危ない」は、「安全が保障できない様子」とあります。
    「邪魔」は・・・。

    このトピを見なかったら、
    その語源など一生知らず(気にもせず)にいたでしょう。

    ユーザーID:1796080708

  • 『私に失礼』が独り歩きしてますね

    タイトルのとおりです。
    本題ではなく『私に失礼』という一文が独り歩きしてる印象です。

    つかつかさんの投稿が、如実にそれを物語ってますよね。

    本題はね、そこじゃなくて
    『世の中、自分中心に物事を考えている人が多くなってませんか?』
    ということであって、だからこそ、トピ主さんも子供のころの
    自分の育てられ方に言及してるわけです。

    『危ないよ』は、自分の子どもに危害が加わることを意識してのもの。
    どう考えたって危ない状況じゃないわけだから、『危ないよ』ではなく、
    『邪魔になってる』あるいは『迷惑だよ』の方が、将来、子供が
    周囲に気を配れるようになると思いますけどね。

    それと同列でしょう。電車内での咳の件も。
    周囲に気を配ることができる人なら、そういう咳のしかたはあり得ないわけで。
    本質は一緒だと思いますよ。僕は。

    私に失礼、ってのは、他人に対して失礼なんじゃないの?という意味でしょう。

    しかし…
    こういうことを『小さい』とか『細かい』とか言う人が多く、
    自分中心が当たり前、という世の中になったのかなぁ、と悲しくなりますね。

    ユーザーID:9005466607

  • 『人が通れないよ』

    タイトルのように私は子供に言っています。
    しかし、危ない、は心情的に理解出来ます。
    「危ない行動をとるな」の意味で、子供にはダイレクトに通じるからです。
    邪魔、は全く理解出来ません。すごく否定的なニュアンスの言葉を、子供には投げかけたくないです。
    それが、見ず知らずの子供でも、です。

    どなたかが書いていますが、冷静さを満たしたコメントは、冷静なトピ主につくものです。
    真面目に読んでいるのに、なんだかなー、というレスをする主さんには、それ相応のレスがつくもの。
    仕方ないですね。
    締められた方がいいです。

    ユーザーID:8880482264

  • はこふぐさんのレスを読んで

    なるほど、小さい子どもは、自分本位でしか考えられないから、「邪魔でしょ」と言ったのでは訳が分からず、「危ないよ」と言った方が分かりが良い、というのは理解できます。

    でも、トピ主さんが遭遇したのって、「小学校中学年位」の子どもですよね。
    それぐらいの年になれば、この場面では他人(=トピ主さん)の立場になって考えられるようになっていないといけない、というのは私だけでしょうか。

    ユーザーID:5305892525

  • やはり「私に失礼」なのでは??

    トピ主さんが「私に失礼」ではなく、「相手に失礼」と書きたかったのではとレスされている方がいらっしゃいますが、私にはそうは思えません。

    >「件の女性は感じの悪い方でなかったので、それ程怒っているわけではない。」
    まさにご自分が不快を感じたからの発言であり、第三者目線で書かれているとは思えません。
    感じが悪いわけでもない人に怒りを少しでも感じるという心情が私には理解出来ません。
    何故、スルー出来ないのでしょうか?

    ユーザーID:4127927967

  • とぴ主さんはおかしくない

    私も子持ちですが、そのような場合は
    「邪魔になってるよ」
    とわが子には言っています。
    通路を塞いでいるわが子が悪いと思うからです。
    「危ないよ」というのは、わが子が悪くないのに誰かが危ない目にあわせようとしている、というニュアンスで、適切でないと思います。

    スーパーは大勢の人が買い物をする場所です。通路を塞いでいたら邪魔になると思います。

    公共の場で、どのようなことに気をつければいいのか教えることができるのは、大人です。その大人が「危ないよ」では、子供に何を教えられるでしょうか?

    店内で走っている子どもがいますが、私はわが子には
    「年をとった人や、あなたよりも小さい子もいるから、その人たちにとって危険だから走ってはだめ」だと教えています。

    トピ主さんを細かいとか、おかしいという意見が多いことに驚いています。

    そんな親が育てた子供が、どんな大人になるのか・・・

    ユーザーID:4946325091

  • 自覚ないかもしれないけど

    >母が私に言った『邪魔』は私が『邪魔な子』なのではなく『通る人の為によける事が出来る気の利く子になりなさい』と言いたいのだと、いつも母を見ているからわかります。

    だからトピ主さんのようなコミュニケーションで解決できない大人に育ったのだと思います。「すみません」という気の利かない一言で相手に「通る人が何も言わないで通れるように気が利く」ことを求める執着心は異常だと思います。

    相手が気が付かなかったら、もう一度声を掛けてよけて貰えばそれで十分では?スーパーですれ違う赤の他人に普通はそんな細かいことまで求めませんよ。

    トピ主さん自身も、それを母親から注意されるたびに理不尽に感じていたんじゃないですか?「通りたい人は声を掛けるはず。それからよけてもいいじゃない」と。実はずっと悶々していたから「邪魔」ではなく「危ない」と母親から言ってもらった娘さんに嫉妬したんじゃないでしょうか?

    トピ主さんの深層心理にある母親への不満の裏返しだと思います。

    ユーザーID:2838247022

  • トピ主さん…

    日本語の使い方を言及しているトピ主さんの日本語が一番ヒドイような気がします。
    たまに出てきて「○○さんが私の言いたかった事を代弁してくれたようです」ですか?

    自分の気持ちも満足に表現できるだけの日本語を使えないのであれば、他人様の文句よりもまずはご自分の日本語を見直した方が良いかと思います。
    他人様に文句を言うのはそれから!

    トピ主さんこそ他人様に何の配慮もせず、自分勝手な考え方の持ち主だと思います。

    "私は日本語が下手だけど日本語の間違いにはうるさいの!上手く表現できないけど私の気持ちをわかって〜!"

    まずはみなさんに正確に言いたいことが伝わる文章が書けるようになって下さい。
    だから憶測でトピ主さんを擁護して熱くなっている方がいるんですよ…。

    ユーザーID:6896415527

  • 教育方針の違い

    >『危ないよ』は、自分の子どもに危害が加わることを意識してのもの。
    >どう考えたって危ない状況じゃないわけだから、『危ないよ』ではなく、
    >『邪魔になってる』あるいは『迷惑だよ』の方が、将来、子供が
    >周囲に気を配れるようになると思いますけどね。

    現役親のひとりである私の価値観は、
    「周囲に気を配れる人間」<<「危機管理意識に富み自分の身を守れる人間」
    なので、子供を育てるときも後者を強調して育てています。周囲を思いやっても、我が身を守れなかったら本末転倒ですからね。

    純日本的な「くれぐれも人様に迷惑をかけないように」という教育方針にはちっとも賛同しません。いつも周囲の目を気にして肩身狭くちっちゃく生きるような人間にはなって欲しくありませんから。多少迷惑かけてでも大きくのびのび生きて欲しいです、我が子には。

    トピ主さんも、他人の教育方針に不満を垂れるくらいなら自分の子を思い通りに育てたらいかがでしょうか?教育方針は人それぞれだし自由です。

    ユーザーID:5882380742

  • 被害者妄想?

    トピ主さんの文章だけを読んで考えてみると…。

    その母娘は別にトピ主さんに気を遣って「危ないよ」と言ったのではないかと思いました。
    ただ単に通路の真ん中に立っている娘に対して「(そこにいるとアナタも含めてみんなが)危ないよ」って意味で言ったんじゃないかな?

    だからトピ主さんが目くじらを立てて文句を言う程のことではないと思うけど。

    いわゆる文豪と呼ばれる人達が正しい日本語を使っているかどうかは別として、トピの様な状況で「危ない」って使っている人や文章は多いですよ?
    それが気に入らないのであれば、ご自分で国民の意識を変えるような運動をすれば良い。
    得てして世の中に文句を言う人って、自分では何もせずグチグチ言っているだけの人なんだよね。

    "他人への配慮"というのであれば、間違った(とトピ主さんが信じて止まない)日本語を使ったその母娘にこそ向けられて良いはず。
    自分はそういう事もしないのに、他人にだけ配慮することを押し付けるのはどうかと思う。

    ユーザーID:6893816068

  • 『小さい』とか『細かい』という方は

    自分中心が当たり前なんで誰も書いていませんよ。
    「失礼な人だな」と感じる事に対して小さいと言っているのではなくて
    その気持ちをネットに書いている事を言っているんでしょ

    人を非難する(それほど強い意味ではないのかもしれませんが)のですから
    本題である他人に対して失礼な行動はできないor気をつけるはずなのに

    「危ない」派の人も
    「こういう意味で使ってました。今度から気をつけます。」
    と書かれている方に対して

    返事はないまま自分の事ばかりかかれているのには疑問を感じます。


    バゲットさんの「私に失礼」は言葉通りの意味で取られても仕方ない印象ですね。

    ユーザーID:8973717026

  • まさにその通り

    > 「年をとった人や、あなたよりも小さい子もいるから、その人たちにとって危険だから走ってはだめ」

    前後を省いて"危険(危ない)"と言っているだけでしょ?
    再三"危ない派"の方々がそう言っているじゃないですか…。

    前後を省くのが問題ならば、トピ主さんが"すみません"の前後を省いているのも問題ですよね?

    「通りたいのですみませんが避けて下さい。」

    私はこうお願いするのが正しい日本語だと思います。

    ユーザーID:4375049819

  • 「危ないよ」=自己中?

    「危ないよ」と言う親は自分と我が子のことしか考えておらず、そんな考えで育てられたら、子供が
    どんな大人になるのか・・・なんて言ってる方。子供はそんな単純じゃないですよ?

    それに、その場の「危ないよ」だけで、その親が普段どんな躾をしてるかなんて、わかりますか?
    実際、ここでレスされている方も、別に「我が子だけが大事なの」なんて仰って「危ないよ」を使ってる
    方はいませんよ。その場では「危ないよ」と咄嗟に使っても、その後に「すみません」と謝ったり
    子供にだって「あの場所で立ってたら邪魔になるよ」と注意してることもあるでしょうから。

    それから、こういう話だと「我が子中心でしか見られない親」がいかにも悪いように言われますが、
    それは時と場合によるでしょう。少なくとも今回のトピ主さんの件で、その親が我が子が危ないと
    思っての言葉だったとしても、それが即「子供の躾がなっていなくて、我が道をいく勝手な親」
    とは思いません。だってスーパーで立っている人なんて、大人だっていますよ。たまたま自分が
    通れなかったからって、立っている人間=悪いなんて言えませんから。

    ユーザーID:2597169557

  • 3人の子を持つ親ですが

    私も3人の男の子を持つ親ですが…
    「くれぐれも人様に迷惑をかけないように」
    という教育方針が、
    「いつも周囲の目を気にして肩身狭くちっちゃく生きるような人間」
    になるとは限りません。
    気配りと肩身の狭さとは別問題です。

    仕事柄、いろいろな人と会いますが、いつも思うのは、
    立派(立派の定義についてはあえて触れません)な人ほど
    気配りができたり礼儀を重んじているように感じます。
    腰が低かったり。
    100%とは言いませんが。
    堂々と生きてる人ほど、周囲のことに気が配れるような気がします。
    「堂々と」の意味を履き違えている人も多いですしね。
    気配りができる人はのびのび生きてないんでしょうか?
    気配りなんて、ちょっとしたことですよ。
    周りの目を気にしすぎておどおどしてる状態とは違います。

    まぁ、私自身、完璧な人間ではありませんが、せめて考え方として、
    そのようにありたいと思っています。
    トピ主さんは気がついてもらえなかったから、Uターンしようと
    したじゃないですか。
    邪魔だからどけ、と言ったわけじゃないですよ。
    それも心配りだと思いますけどね。

    ユーザーID:9005466607

  • 口癖です。

    2才の子どもがおります。スーパーやデパート、駅などではベビーカーに乗せるようにしています。…が、あまり乗りたがらずチョロチョロ歩いたり、立ち止まったり…他の人達に流されてそのまま出口へ押されたり…あきらかにうちの子が邪魔をしていたり…

    そんな時、ついつい「ほら、危ないよ。」と言ってしまいます。
    私としては周りの方へではなく、子どもへ「危ないということを教えたい」気持ちで言っています。表現が下手ですみません。
    こちらのレスを拝見して私が「危ない」と言うのは、周りの方が不快に思うことがあるんだな。と実感しました。

    思えば、あらゆる場面で言っています。
    今後気をつけたいと思います。

    ユーザーID:4472700761

  • レスを読んで

    お互いが思いやるべきと言う主旨だったと言う事ですか?

    「自分だったらこうする」はあくまでも自分の思い(考え)どまりで
    「危ないよ」と言ったお母さんへの思いやりでは無いですよね?
    「私は危なくないのに」と受け取るのも自分の立場からの考え。

    通路と言っても立ち止まって商品を選ぶ人と移動する人
    お互い共有されている部分です。
    通路をふさがれるのは自分にとって邪魔。
    商品を見ている人には通る人が邪魔。これもお互い様です。
    相手にとっては自分も邪魔だという自覚があれば
    「邪魔だからどきなさいが正しい」と言う意見は出てこないのではないでしょうか?

    トピ文レス文の中から
    トピ主さんが相手の方へどんな配慮をしたのか伝わってこないので
    「お互い思いやりを」と言う主旨は理解しがたいと思いますよ。

    ユーザーID:9478753227

  • 気持は分かりますが

    そのくらいなら、よくあることです。
    咄嗟に出てしまうんでしょうね。
    でも私自身、生まれたばかりの子どもがいる身なので、
    心にとめておこうと思います。


    それに、もっと性質の悪い親もいるものです。
    出産前は飲食店に勤務していたのですが、
    子連れ客の中には、店内で走り回る子どもをほったらかしで
    ママたちはおしゃべりに夢中。
    見かねてママさんたちに声をかけると、
    あろうことか、「ほら、こわいお姉さんに怒られるよ」です。
    開いた口がふさがりませんでした。

    ユーザーID:3428145255

  • 普通に言うけど

    人様にぶつかって迷惑になるよ!の意味で言ってますが、

    そんな一言でさえも悪く捉えられてしまうなんて・・・

    メンドクサイ世の中ですね。はぁ。

    ユーザーID:1358512726

  • トピ主さん支持

    「お邪魔になるから、どきなさい」で育ちました。
    母は私の手を取ってどかせたあと、相手の方に謝罪をするので、邪魔したことを申し訳ないと思うよりも、自分が勝手な真似をすると、母が他人に謝らなければならないのだと悲しくなったことを思い出しました。「邪魔」という言葉に傷ついた記憶はありません。


    咄嗟に子供に「注意喚起」する場合、やはり親御さんの気持は素直に出るものだと思います。ですから、このお母さんも「ほら、危ないよ」と思われたのだと受け止めます。そう言葉にしたのだから、どちらの意味に捉えられても仕方がないのではないでしょうか。

    大人でも受け取り方がマチマチな「危ないよ」が子供にどれほど正確に伝わるかは分かりませんし、スーパーは道路ではありませんので、私なら此処では危険であることよりもマナーを優先して躾けたいと思いますが、相手の方は偶々そうではなかったようですね。ここはひとつ大人になって「私、そんなにアブナイかな?」と心の中で笑いましょう。

    最後に「すみません」と声に出している相手に「カートが優先かよ?」とか「他の通路回れば?」という意見は非常に悲しくなりますね。

    ユーザーID:2916874356

  • めんどくさい

    正直オレも思った。
    悪気があろうとなかろうとほっときゃいいやん。
    言いたいやつは、自分中心に考えてモノ喋るもん
    ですよ

    いちいちトピ立てなくともトピ主は腹立ったんでしょ?
    それを腹立つなんて...と書かれたとして怒るの辞めます?
    それをいっちゃあ元も子もないけど、なんでも悪く捉えん
    でもいいのでは?

    だって些細な事ですやん?

    事件に繋がるかどうかはあなたが口答えしたかどうかだし。
    してたら事件に発展してたかも知れないし。


    なんか世知辛いというか..オレ的にどうでもいいかな
    オレは「あ、そ!」a soと三文字なんで。

    ユーザーID:3816215271

  • トピ主さんに同意です

    スーパーでの母親と子供にいつも腹立たしさを覚えています。
    トピ主さんのいいたいことよくわかります。
    子供がかわいいのはいいのですが、最近のお母さんはきちんとした公共マナーをしらないのか、子供にまったくそれを教えようとしません。スーパーでは行儀が悪いのを野放し。こちらが注意するとにらみつけ、「怖かったね〜かわいそうに」とまでいう人もいました。

    子供本位にしかものが考えられないんです。生活も、すごく子供中心ですよね。食べ物も、娯楽も、とにかく過ごし方すべて子供最優先。わたしたちが子供のころは大人最優先で、子供は大人のあと、という育ち方でした。だから自然に大人に敬意や恐れを持ちました。でも今の子供は、みんな王子様お姫様みたいに育っているから、ぜんぜんだめですね。

    これはやってはいけないこと、迷惑なこと、邪魔になる、などなど、教えられずに大人になれば、そりゃあ善悪の区別のつかない大人になりますよね。
    怒られるからやめなさい、とかね。怒られなきゃいいのか、ってことですよね。とにかく、他人の迷惑になる、というしつけをほとんどしませんね。

    日本の未来は真っ暗だと、常々思っています。

    ユーザーID:9837281888

  • ぷ(笑)

    なんかこの混乱に乗じて子育てに関して話している方もいますね。
    たった一言ですべてを否定されてしまう世の中なのでしょうか?

    世の中に不満があってもそれを声を出して言えないからこういう掲示板で吠えているんでしょうけど、そういう方の方がみっともないと思います。

    文句があるなら本人に直接言えば良いじゃないですか。
    こんなところで私怨を晴らすなんていい大人がすることではないと思います。

    ちなみに私は親から「危ない」と言われて育ちましたが、皆様が言われているような自分勝手なワガママな人間にはなっていないと思います。
    少なくともそう言われた事はありません。

    子供だって考える能力はありますよ?
    言われたまま鵜呑みにするような人間に育てなければ良いだけなんじゃないですか?

    ユーザーID:1619084966

  • 勘違いの可能性は?

    トピ主さんの書き込みから見るにその女性は「女の子のお母さん」と決まったわけではないんですよね?
    ならば仕方がないかなとも思います。
    むしろわざわざ「危ないよ」という言いまわしに母親ではないかも…と思ってしまうのですが。

    ユーザーID:0816828685

  • 失礼かどうかは言い方次第

    「危ないよ」というたった一語であっても、その言葉を発したお母さんの、「表情」「口調」「視線」「シチュエーション」によって、受け取り方は変わりますよね?

    通路でふざけていて他の人にあきらかに迷惑をかけている子供に対して、
    1.近くにいたお母さんが「危ないでしょ」と言いながら子供を抱き寄せて、他の人に対してすまなそうな顔で会釈。

    2.遠くにいたお母さんがイライラした口調で「危ない!!」と怒鳴る。険しい顔でこちらをにらみ付けていたかたと思えば、プイ!!っと子供を置いてどこかへ行ってしまう。

    「危ないよ」派のお母さんは大雑把にわけると上記の2通り。

    1のお母さんだったら、トピ主さんだって不愉快には思わなかったと思いますよ。
    2のお母さんの場合、レスに多かった「子供に対して迷惑になるよという言う意味で言った」ようには思えませんがどうでしょう?

    おかしかったのは、トピ主さんの「私に失礼」という短い一文を誤解して逆上しちゃうような人が、自らは「危ないよ」なんてどっちとも取れるわかりづらい中途半場な言葉を使っていることをムキになって「正当化」していることかな?

    ユーザーID:3901523068

  • もしも逆なら・・

    もしもトピ主さんが反対に通路を塞いでいる立場だったらどんな反応をするかなぁ?
    自分が商品を選んだりしている最中に、カートを引いてる人に「すみません、どいてください」とか言われたら、怒るんじゃないかな〜なんて。笑 その言い方はなんだ!とか私が見てるんだからそこを避けて通ればいいのに・・とか。やっぱり「私に失礼」って思うのかな〜なんて思っちゃいました。ごごめんなさい・・。
    でも私はスーパーのサービスカウンターで働いているので、マナーの最悪な母親にはほぼ毎日遭遇します。だからトピ主さんのお気持ちはわからなくはないんです。恐らくトピ主さんも日頃から納得いかない思いをされているんじゃないかと感じました。ほんと多いですからね〜・・。
    他人が集まる公共の場では気持ちいい時間を過ごしたいものですよねぇ。
    でもあんまり他人に過剰な期待はしないことですよ。「あんなヤツもいるんだ可哀相に」位に思っとけば、自分が楽だし良い反面教師になります♪

    ユーザーID:5962883011

  • 日本語としてというより心遣いが足りない?

    マナーとして相手を思いやる気持ちを表す言葉が入っていないせいで不愉快に感じてしまうかもしれないですね。

    その親の「ほら、危ないよ」という言葉も、「ぶつかったらケガをするよ」という意味だけかもしれないし、「そんな場所に立っていたら危ないでしょ。自分の事だけでなくちゃんと周りにも注意を払いなさい」という意味で言ったのかもしれない。

    そこら辺はその親でないのでわかりませんが、相手への謝罪と子供へのしつけも兼ねて注意するなら「すいません」と謝って子供を移動させた後に「みんなが通る場所に立っていたら邪魔でしょ?ぶつかってケガを場合もあるんだから注意しなさい」と教えるのが相手の方にも子供にも一番良いように思います。

    話は少しずれてしまいますが、通れない時や通りにくい時に「すいません」とだけ声をかけられるより「すいません。後ろ通らせて下さい」とか「後ろ通ります」と言われた方が気持ち良いのも、相手に恐縮させすぎない心遣いの言葉かもしれませんね。

    ユーザーID:5640294887

  • 変だよ

    自分は上手く文章を書く事が出来ないのに他人の間違い(粗探し?)ばかりしているトピ主さんって自己中な方なんでしょうか?

    面倒臭い性格というよりも自分勝手な性格のように思えます。

    危ない派の方々があれだけ説明しているのにまるっきり無視して、さらには危ない派の方々に反論しているレス、まさに自分勝手ですよね。

    もうちょっと他人の意見を聞く耳を持ったらどうでしょうか?

    ユーザーID:1245397511

  • なんというか

    このトピのレスを観ていると頭が筒腕痛くなってきますね。

    ユーザーID:8136992353

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧