親と絶縁したものの気づけば36歳(駄)

レス75
(トピ主32
お気に入り148

家族・友人・人間関係

ねずみのおばちゃん

タイトル通り36歳のおばちゃんです。私のまわりは夫・友人みな親子関係が良好な人が多く、毒親とはどういうものか理解できません。なので、私が愚痴を言ったところで彼らは理解できず、最後は「実の親のことをそんな風に言っちゃいけないよ」で終わります。…たまに愚痴を言いたいだけなのに。愚痴った相手に気の利いたことを言ってもらいたい訳じゃなく、「うん、うん、そっか〜」と聞いてもらえるだけでいい、同調してもらえるだけでいいのに。

愚痴を言いたいのに相手がいなくて胸にこもった思いが今どんどんあふれてきているので、小町に愚痴を吐き出させてください。といっても、暗いトピにしたい訳じゃないんです。明日から気持ちをリセットして明るく過ごせたらいいなと思っているだけです。タイトルに“駄”と付けてるくらいなので(笑)。長くなりますが、もしよろしければおつきあいくださいませ。

さて本題です。

私と同じように毒親の元で育った方、『もしも毒親の下に産まれなかったら…』って思ったことはありませんか?私は今まで“もしも”なんて考えてもしょうがないと極力考えないようにしてきましたが、今、36歳にしてその思いが人生でMAXになっています。

先日、私は誕生日を迎えました。いつもならなんて事無く通り過ぎる誕生日ですが,今年は自分の干支。ふと、あと何回干支を迎えることができるんだろう…?と思ってしまったことが運の尽き。あと3回(72歳)迎えられるかなぁ→って事はいま人生の半分か→人生の前半を振り返ってみよう…。そう思ったときに、10代の頃に叶えたかった夢が心の中で大きく大きくなってきてしまったのです。その夢はもう今更叶えることは不可能な夢です。もちろん、あの時に戻ったとしても実際叶う確率は低いと思います。でも、努力をして叶わなかったとしても、できれば一度はその道に向かってみたかったな、と。

続きます。

ユーザーID:3821771824

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数75

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です、続き1

    10代の頃、私には2つの夢がありました。1つは本当は叶えたかった、叶えるために努力したかった将来の職業に関する夢。2つ目は毒親との縁を切り安住の地を持つこと。その時の私は迷わず2つ目の夢を選択し実行しました。縁を切るためにはまず別居、別居を始めるには安定した収入と考え、周到に準備し実行し今に至ります。その時の選択は間違っていなかったと思うし、結婚し子供も産まれ毒親に翻弄されることなく生活している“今”はあのころより何倍も幸せだとも思います。でも、その頃は1つ目の夢がかすむほど切羽詰まっていたということでもあるのです。

    今更だと言うことは自分でもよ〜くわかってはいるんです。

    続きます、もう少しだけおつきあいください。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • トピ主です、つづき2

    結局夢を追わなかったのは自分ですし。実際、毒親と絶縁できた20代半ばの時は一度考えたのです。しかしその時貯金はゼロ。少しはお金を貯めないと…と、現実を直視してお金を貯め始めました。そして3年経った時、思うようにお金が貯まらないことや年齢的に無理だと感じたこともあり、それ以来夢に対するこの気持ちは封印してきたのです。でも、もし私の親が毒親じゃなかったら私の夢は1つだった…。そしてその夢に向かって進むことができたかも…。この思いだけが日に日に大きくなっていきます。きっと愚痴を言ってって誰かに同調してもらえればこの負の感情をトイレに流すなり空に飛ばすなりできるのに。この負の感情、どうにかしたいのです。

    毒親の下で育った方、もしよろしければこんなおばちゃんに同調のレスをいただけないでしょうか。そうすればきっと明日から明るい気持ちで外に出れると思うから!よろしくお願い致します。

    長文駄文、失礼致しました。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • あなたの人生で、今が一番若いんです

    タイトルの通り。あなたの人生、まだまだこれからですよ。

    ユーザーID:9640992236

  • お気持ち、よくわかります。応援しています。

    あなたの気持ち、よーくわかります!私も毒母を持っていますから。あなた、36歳になったばかりでしょ、若い、若い!私なんか、母が毒だと気付いたのは38のときでしからね。それでも今(46歳)は私の心の闇を理解してくれる心優しい主人と、かわいい猫と一緒に暮らしていて、人生で初めて「平穏」を味わっています。決して遅くはないですよ、安心してくださいね。

    そして、昔の夢を叶えたくなったのなら、できるところまでやったらどうですか。夢に向かって一心不乱に進むというのは、とてもいいことです。絶対にプラスの結果をもたらしますから、どうか諦めずにやりたいようにやってみてください。遠くメキシコからあなたのご無事と幸せを祈っています。

    ユーザーID:1474203952

  • 人生80年と考えたらまだ半分ありますよ!

    こんにちは、わたしも毒親持ちの30代後半です。最近、毒親をテキトーにあしらってもいいんだと気付いたばかりです。

    わたしも夢がありそのための才能を認められ頑張ってましたが、毒親の育て方のせいで犯罪者になってしまったきょうだいのせいで、その夢を生活の糧にすることができなくなりました。

    きょうだいは反省するどころか自分が当たり散らしたい時だけ夜遅くに電話してきては勝手な理屈で喚き散らしたり、一方的に絶縁メッセージを留守電に吹き込んだりといまだにめちゃめちゃなので、わたしの職業としての夢のリベンジはノーベル賞ものの業績を叩き出さないかぎり難しい状況です。

    しかし(ちょっと考えたらわかる)このことを知らない毒親はいつかまたわたしが夢を職業にするため努力すると勝手に期待しています。

    トピ主さん、こういう状況にないならぜひ夢のために努力してほしいです。

    ユーザーID:7397964080

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ほんっとーに、よくわかります!

    やだー、わたしとすっごい似てるー。
    わたしも毒親に踏みつけにされて来ましたから、大人になって周囲の普通の人々が、「親に何事も妨害されないどころか応援を得られて当たり前」な様子を目の当たりにして驚くのなんのって。
    いやー、親って、自分の子供にすんげー興味あるし、好きなんですねえ。これだけの事がカルチャーショックでしたよ。
    今は結婚して平穏無事に暮らせていますが、ちゃんと学歴を持って働いている女性達を見るにつけ、本当は悔しくて仕方ありません。これがまた、勉強、出来たんですよねわたし。親には、「お前はいつもビリばかり(事実無根)」と決め付けられてきましたが。
    しかも、人の人生を奪って破壊し続け無視してたくせに、わたしがちょっと裕福な人と結婚した途端、手の平返して家族面、夫の両親に取り入り始めました。
    どこまで破壊すんだよ!
    自分の夢かあ……あー、留学とかしてみたかったなあ。
    今は幸せですけど、正直、大学行きたーい!自分の好きな勉強、してみたーい!

    ユーザーID:3489918041

  • 私もおばちゃん

    私も毒親を持つ者です。
    父親だけかと思ってたら(絶縁済み)結婚し出産したのち母親も毒親と気づき、優しい理解のある主人のおかげで離婚されずに母親とは距離を置き夫婦円満に生活しています。
    トピ主さんの気持ち分かりますよ〜。
    私もちゃんとした両親の元に生まれてたら、進学し資格を取って今頃兼業主婦の中でもバリバリと働く高給取りのキャリアウーマンになっていただろうなって。家庭の事情で進学したくても出来なかったので。
    今では、その親に生まれたのも「家庭がいかに大切で結婚相手は外見でなく中身が大切って事を学ぶ為に毒親を選んで生まれてきたのかな」と。
    「どんな事にも学びがある」と思って生活しています。
    あの辛さを経験したからこそ、今の幸せを感謝できる自分がいる、家庭がいかに大切かが分かる
    黒(苦)を知っているからこそ白(幸)の素晴らしさが分かる

    私もトピ主さんと同じように、あの頃より何倍も幸せです。
    あの時の必死に頑張った自分を褒めてあげてくださいね。

    ユーザーID:4480474957

  • 私も同じですよ。

    私もトピさんと同じですよ。
    崩壊した家庭で育っており、子供の頃は
    辛い思いばかりしてきました。
    トピさんは、20代半ばで親と絶縁したとのこと。
    とてもいいことだと思います。
    私が親と絶縁したのは40歳の時です。
    親孝行しなければいけないという間違った考えに
    縛られて、給料やボーナスをずっと差し出してきました。
    (同居しているわけでもないのに。)
    最近、アダルトチルドレンに関する本をたくさん読んで
    親が悪かったことに気づくことができました。
    私ももっと早く、トピさんみたいに20代で親と絶縁して
    いればよかったと後悔しています。
    日本では、我慢すること、親孝行することを美徳とする
    根強い信仰がありますよね?
    でもアダルトチルドレンの人は、親と絶縁することで
    心の平和を得られる人も多いと思います。
    これは同じ境遇の人にしかわからないと思いますよ。
    トピさんは、親を反面教師にして、幸せな家庭を築いて
    ほしいです。
    私も親の愚痴を言える相手がいないです。
    トピさんの気持ちわかります。。。

    ユーザーID:2398171755

  • 皆様ありがとうございます。

    レスが弾かれてしまったようなので再送信します。

    埋もれちゃうかな?なんて思ってましたがトピを立てたその日のうちにレスして頂けるなんて思ってもみませんでした。レスしてくださった皆様、ありがとうございます。

    40男Z 様

    毒親と絶縁した時、“人生は今からリセット、もう過去のことは思い出さないで前だけ見ていこう!”と思っていたのに、結局封印できなかった自分がいました。そうですね、今が一番若いともう一度胸に刻もうと思います。

    neko 様

    メキシコからありがとうございます。ご主人が心の闇を理解してくれるのはとてもありがたいことですね。とてもうらやましく思います。私の夫はどう頑張っても親が子を虐げるということを理解できないようです。やはり実体験しないと理解できないんでしょうね。

    まだまだ時間はある 様

    夢を実現できる才能と能力があったのならなおさら、夢を職業にできないこと無念ですね。手を伸ばせば夢をつかめるのに。しかも毒親は元を正せばそれが自分たちのせいだとは気づかない…。私にもきょうだいがいるので、きょうだいからも毒を浴びせられること、よくわかります。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます。

    nano 様

    私もかなり大きくなってからよその家の親は自分の子どもを愛している事に気づきました。子どもの頃は世界が狭いから、どの家も親は子に向かって「おまえさえいなければ」と言ってるんだと本気で思ってたくらいです。

    かめ 様

    “黒(苦)を知っているからこそ白(幸)の素晴らしさが分かる”という言葉、そのとおりですね。私も自分が毒親にならないための修行だったと言い聞かせ子育てをしています。まだまだ未熟者ですが…。
    そして、“あの時の必死に頑張った自分を褒めてあげてくださいね。”という言葉には不覚にも涙が出てしまいました。暖かい言葉をどうもありがとうございます。

    私の親は、外では“いい人”という評判でしたがいい人を演じるストレスをすべて弱者である子どもにぶつけていました。だからこそ私は子どもに自分のイライラを見せたくないと常に思っています。たいていのストレスは甘いものを食べたりして自分なりに消化し、子どもの前では陽気な母ちゃんでいるようにしているのですが、先日からの“もしも…”という思い、なかなか頭から離れず表情もどんよりとしちゃっていました。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます。

    でも子どもは敏感ですね、まだ小さいですが、私の変化に気づいてしまっています。
    いつまでも暗い母ちゃんじゃ子どもがかわいそうですもんね。皆様の励ましを心のよりどころに、また明日から陽気な母ちゃん復活させたいと思います。

    でもよろしければもう少し皆様、おつきあい頂けないでしょうか。

    私は今まで毒親を理解してくれる人と巡り会ったことがありません。なので毒親の本を読んでも毒親を持つ人がそれほど世の中にいるとは思わず、小町を知って、小町の毒親系のトピに同調コメントが多いのを見て初めて世の中毒親を持つ人がそれなりにいるんだと気づきました。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます。

    私は理解してくれる人にずっと出会わなかったから、夫にも毒親を理解してもらうことはいつしか諦めていました。皆さんはパートナーにいつ毒親というものを理解してもらったのでしょうか?
    夫には毒親の本を読んでもらいましたが、どうしても“愛情”と“憎悪”が共存するということを理解できないようです。言葉も含めた暴力は他人に見えないので仕方ないのですが、私の親はDVでいうところのハネムーン期があったり、大学までお金を出している(親が大学以外の道を認めなかっただけなんですが)ため、躾が厳しかっただけという印象のようです。
    もし今からでも夫に理解してもらうことができるのなら…。皆様の経験を参考にさせて頂きたいので、よろしければ教えてください。

    よろしくお願い致します。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます。

    こねこ 様

    私は20代半ばで絶縁しましたが、私も“親孝行することを美徳とする根強い信仰”に長年悩まされてきました。親からは常に「子どものくせに親に逆らうとは何事だ、子は親に従うものだ」と言い聞かされ、私自身この言霊に洗脳されている部分があったのでしょう。世の中からこの信仰が無くならない限り毒親を持つ子は理解者を得られないのでしょうね。


    皆様の励ましを胸にこの土日は陽気なお母ちゃんに戻ったつもりでしたが、母親のテンションのアップダウンを見て子どもも思うところあったのでしょう、今朝保育園に送るために車に乗せチャイルドシートを締めていると、急に子どもが「ママ、ちゅーしてあげる」と首に抱きつきほっぺにキスをしてくれました。過去は取り戻せないけど私には手に入れた平穏な暮らしがある。改めて今の生活を大事にしなくちゃという思いです。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 気づけば自分も・・・

    中学2年の娘が、タイトルのような事を言っていました。

    「酷い親、酷い親って言っても、孫にはいいおばあちゃんとおじいちゃん。
     勝手に私の記憶を塗り替えないで!自の方がが酷い親でしょ!」
    というのが、娘の言い分です。

    聞いていて一瞬腹が立ちましたが、その後冷静になり、成る程なあと考えさせられました。
    娘にしたら、良いおじいちゃんおばあちゃんの悪口を、母親の口から聞きたくないんですよね。

    酷い親は連鎖すると言いますが、本当に止めたいなら、親をそう呼ばない事なんでしょうね。
    最もそれが出来れば簡単なのでしょうが、出来ないから苦しんでいると言うのもあります。

    でも、娘が嫌がる言葉を吐くのは、やっぱり、酷いですね。
    ああ、反省。

    ユーザーID:9122444898

  • いつパートナーに理解してもらえたか、について

    再び。
    うちは、パートナーからもその両親からも、完全に毒親について理解してもらえているとは言えません。口で説明してもなかなかわかってもらえるものではないのは仕方ないと諦めていますが、本当に悩ましい問題です。
    義母はいい人だし好きですが、自身がお嬢様育ちでお人よし。人生の問題みたいなものは、テレビの中の出来事だと思っています。義父は静観。
    夫も、比較的順調な人生を送ってきたせいか、辛い話に対する耐性がありません。
    わたしが嫌がって実家から逃げ回っていて、実際これ以上積極的にうちの実家と関わらない方が夫の家にとっても有利な話ばかりなのに、盆正月の実家への挨拶を、義理実家が強制していた事もありました。
    わたしが嫌じゃっちゅーてんねん!お前らあの毒母と付き合いたいんかいっ!と折にふれ談判の結果、今年のお盆はようやく回避できましたが、この調子で正月も乗り切りたいものです。
    毒母の真実の姿を知っているのは、子供の頃近所に住んでいた幼馴染と、母の姉にあたる伯母。理解してくれる人が少しはいるというだけでもありがたいです。
    でないとわたしが嘘つき呼ばわりですもん。

    ユーザーID:3489918041

  • いくつになっても痛みは伴う

    わかります。
    縁を切ることができたら、心の痛みからも解き放たれるのかなと思う反面、
    それでも私は親が大事で愛しています。
    子供の頃からずっと母親に(時々父親にも)暴力を振るわれ、反抗すればもっと殴られる。
    また殴られるかとビクビクし、母親が動けば思わず目で追ってしまう。
    それを「憎たらしい目で見るな」と木刀や新聞紙を丸めたもので殴られる。
    死ね、と首を絞められて意識が朦朧としたこともありました。
    そんな憎い親でも私に不自由させること無く大学まで行かせてくれました。
    この家にいたら人生を棒に振ると思い、社会人になってから家を出て正解でした。
    今年結婚し、理解ある夫にも恵まれ幸せです。
    ただ時々ふとあの頃のことを思い出すと涙が出ます。
    人に話したくても心が締め付けられて苦しくて、言葉より先に涙が出てしまうのです。
    私は20代後半ですが、心の傷は癒えていないみたいです。
    この先、自分に子供が出来たとき、同じことは繰り返したくありません。
    あの親にいちいち惑わされないくらいの強い心を持ちたいと願っています。

    ユーザーID:1111275387

  • 親は選べない

    子供が生まれてくるとき、親は選べません。では、親は子を選べるでしょうか。選べるというと語弊がありますが、育てることによって、育てたように子は育つのです。
    しかし、わがままな親は、どうしてこんな子が生まれてきたんだと言います。そんな子どもは不幸です。
    たまに、トピ主さんのように、親を捨てて、自分で育っていく子どももいます。本当に幸いで幸せな選択をしたと心から思います。

    トピ主さんは、20代でその判断をしなければ、今のご自分はなかったでしょう。これは何にも代え難い判断だったと私は思います。その時点で、この判断に変えられる物はなかったのです。
    あの判断があったからあなたがここにいるのであり、その理想を追いかけていたら、今のあなたはいないでしょう。それだけ重要な、優先順位だったのです。

    私の妻は、ついにストレスから治りにくい病になってしまいました。看病しながらののしられ・・・。こうなってしまっては、手遅れです。あなたは本当に良かったと思います。
    そして、そのお返しとして、あなたの元に生まれてきた、お子さんを慈しみ育ててください。そしてまだまだ若い。何にでも挑戦しましょう

    ユーザーID:4284496873

  • これからよ

    ターシャテューダー風に言いますと「まだまだこれからよ」です。
    でもわかるなぁ…。
    時々邪魔になって預けられる家が実親でした。

    最近家を飾ることをおぼえまして。それと服には夏物冬物があると知りました。
    私は夏にコール天をはいていた子どもでした。興味がなかったんだろうなぁ。
    しつけは無かったけど衣食住は放任でそれ以外は過干渉でした。
    夫婦喧嘩してるとこっちにやって来てイチャモンつけて殴る。
    実親(当時は知らなかった)に逃げ込むとあとでもっとひどい目に遭う実親も…。
    そもそも夫を引き止めるために引き取った子だし、夫は実家に恩を売りたかったそうだから。

    みんな子どもをちゃんと愛してるのにびっくりしました。
    それとちゃんとした家で育った子どものあの「家族はすばらしいもの」という
    思い込み…。あれには辟易。それは君んちだけだよ。ウチは違うよ。と言っても聞きやしない。
    きっと想像を超えてるのでしょうね虐待と言うものが。家族というものに愛しか知らないから。

    まだまだこれから色々チャレンジしましょうよみんなで。

    ユーザーID:4691843090

  • まだまだこれからに賛成!

    そこまで引きずってらして、お子さんにもばれてしまうようなら、夢にちょっとでも挑戦してみることに集中されたらどうかしら、、と思いました。
    私の場合、親の学歴コンプレックスを押し付けられ、未だに資格を取れなどと干渉してきます。私は6歳くらいのときに殺されそうになったのをきっかけに、20歳をすぎても、実家に帰るたび、私のちょっとした行動を反抗的ととらえ、殴られたり、30歳を超えてからも、ヒステリーを抱えた親との対峙に苦労しています。

    トピ主さんのように割り切って、親からの重圧から逃げられたらと思いつつ、幸か不幸か、幼い頃からこんな親を見て、人間として小さいな、と反面教師的に見てきたのと、親の期待する行動ができたときの溺愛ともともと楽観的な性格からかそれでも親は私を愛しているという実感があったこと、そしれ私がやはり親を愛する娘でいたいという気持ちが強くあるためか、実家との行き来をしています。
    一つとてもうらやましいなと思うのが、素敵なご家族に今は恵まれているということです。私は自分の生い立ちをさらけだしたところで、自分より精神が弱い人を惹き付けてしまい、こっちがカウンセラー的な役割を 続

    ユーザーID:8799729849

  • 続き

    を果たす羽目になり、こっちはなんとか似たような境遇の友人に気持ちをわかってもらってり、心理学の勉強をして、人間はこんなもんだと割り切るようにしたりで乗り切った自負があるので、無駄に引きずられてしまい疲れることが多かったのですが、今5年以上一緒にいる彼は健全な家庭で育った人で、あまりに私の葛藤を理解してもらえないのが悲しかったりします。

    トピ主さんを愛してくれる、大切に思ってくれるご家族が周りにいて、過去のことを振り返る余裕があるのがうらやましいです。私は、早く誰かにこんな過去をもった私だからこそ人の痛みが理解できるから、有り難いよと受け止めてもらいたいという欲があります。私の場合、教育にはお金をかけてもらえたので、そこの後悔はなくむしろ重圧が強すぎたとしか思えないのですが、後悔があるなら親をぎゃふんと言わせる動機で夢のために、一度きりの人生を後悔なく過ごすためにも何か行動を起こすと思います。

    陰ながら応援しています。今までの苦労を吹き飛ばすべくもう一踏ん張り、頑張ってみてください!やってだめなら、自分の環境を嘆くより自分の意思の弱さとして割り切れるようになる気がします。

    ユーザーID:8799729849

  • 愛されない事を惨めに思う気持ちも大切です

    親から愛されない事を惨めに思ったり、恥ずかしく思う気持ちは、自然の感情。
    心に沸き起こる自然の感情を、大切にしてください。
    だって、自然の感情を抑える事を禁止されていたからです。

    自然の感情を捨て、外見は堂々としている姿も、確かに、それは、それで、すばらしいと思います。
    なかなか出来ない事だとも思います。
    でもね、自然の感情を禁止した人達の「禁止令」を、何故、今も守り続けるのでしょうか?

    禁止令に縛られる事で、何故、あの人達に、今も縛られるのでしょうか?
    「愛して欲しい」「抱きしめて欲しかった」と、声を出していえる事、それが、本当の意味で、あの人達の禁止令から解かれたと、言えるのではないでしょうか?
    あの人たちは、常に、「強いあなた」「弱音をはかないあなた」を演じるように強要してきました。
    その命令に、何故、今も囚われるのでしょうか。

    私は、強い自分を演じている人を見る度に、哀しくなるのです。

    ユーザーID:4672708515

  • 自分の心をよく分析して

    同じように育てられた40代女性です。私は「もしも..だったら」と考えた事があったのは小学生の頃だけでそれ以降全くありません。だってそんな事いくら考えたってこれからの自分の人生に微塵も変化ないのですから。トピ主さんの夢って何ですか?私も叶わなかった夢がありました。

    それは国際線の乗務員になる事でした。私の場合、全力を尽くさないうちに早々と結婚してしまったのが理由だと思っています。でもそれは自分で選んでしまった道です。トピ主さんもその道に向かう事をしなかったのは自分が選んだ事です。過去を振り向くより未来の自分の為に自分の分析をする事です。私の場合、なぜ自分はあれほどその職業になりたかったのか自分自身よく考えてみました。

    そしてわかった事は自分は海外に行く事、飛行機に乗る事、英語を話す事好き。つまりCアテンダントではなくても今、自分のしたい事ができる仕事ってあるじゃないのという答えに辿り着きました。ハッと思ったら現在輸入関係の仕事を始めた自分がいる事に気がつきました。まだ始めたばかりですが軌道に乗れば充実した時間が送れる事に違いないと確信しています。

    続きます。

    ユーザーID:3153339698

  • 続きです

    それから私の親ですが母が亡くなってからなんとか父親とも付き合いをなくすように努力してきましたが、最近毎日、多い日に5回程私のケータイに父からの着歴が残る事がありました。もちろんずっと無視。そうしたら私の息子の職場の方に電話をかけてきましたよ。父親の愛人が亡くなったらしいです。それで私名義で香典を代わりに出しておいたとかなんとか。

    はぁ?ばっかばかしい!しかもそんな事私の息子に??何考えているのかさっぱり理解できません。

    ユーザーID:3153339698

  • 皆様ありがとうございます。

    ゆかり 様

    子どもには毒親でも孫には善人になれるものでしょうか…?孫のことも私と同じ扱いをするのではないかと不安で、私はまだ私の子どもを私の親に会わせていません。そして私はまだ自分の子どもに祖父母の存在を教えていませんが、祖父母のことをどう伝えるか、今から大きな課題だと思っています。祖父母に会いたいと言われたら…、私が悪者になってしまうのかな。なんだか悲しいですね。

    nano 様

    “テレビの中の出来事だと思っている”に同感です!やはり体験したことのない人には完全に理解してもらうことは難しいですね。その上夫は“私が毒親の愚痴を言う相手がいなくて暗く沈んでしまうこと”も理解できないようです。身内に毒親のことを理解してくれる人がいるnanoさまがうらやましいです。

    くっつき 様

    毒親にもいろいろありますが、教育費を惜しまない親は周囲から見ると特に良い親に映るようですね。私も「大学まで出してもらっているのに」とよくまわりから言われました。私からすれば、娘を教師にするため大学以外の進学を認めなかった親に強制的に行かされたという認識なのですが(笑)。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます

    くっつき 様 続き

    くっつき様は優しい方ですね。だからきっと優しいくっつき様のところに理解のある伴侶となる方が現れたんでしょう。私も親を愛せたら…。でも、もう今となっては無理なのかな。

    てっち 様

    私への暖かい言葉に私も涙してしまいましたが、奥様に対する対する暖かいお気持ちも伝わる文面ですね。私も絶縁できなかったら今頃はもっとストレスで苦しんでいたと思います。今私があるのはあの時絶縁への道を選んでその道を進んだから。そうですね、二兎を追ってもどちらも駄目になっていたでしょうし、あの時の選択は正しかったと改めて胸に刻みたいと思います。

    ぱとりしあ 様

    “逃げ込むとあとでもっとひどい目に遭う”に激しく同意です!私も幼少のこと逃げ込む家(全くの他人の家ですが)がありまして…。躾だ!やましいことはない!といいながら、家庭のことが外に漏れてることを極端に嫌いますよね。親にやましい気持ちがあるからだと気づいたのはかなり大きくなってからでした。そして夏にコール天、私もです(笑)。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • “夢”について

    今まで夢は何だったか書いてませんでしたが、ついでなのでこの際ここに吐かせてください。非現実的なので誰にも言ったことない夢なんです、バカにされるのがオチなので夫にも言ったことありません(笑)。

    実は、ラジオのDJになりたかったのです。私はラジオが好きで、私もその道にすすめたらな〜と淡い思いを抱いてました。
    あ〜、スッキリです。さて、また明日からテンション上げて頑張るぞ!

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます。

    りん 様

    毒親にもいろいろありますが、どうやら私の親と似ているようです。私も親の学歴コンプレックスを押しつけられ、食事はカップ麺、洋服はお下がりオンリーでも教育費だけは惜しみなく注がれました(笑)。“親を愛する娘でいたいという気持ち”素敵なことですね。親を捨ててしまって今更ですが、ハッとしました。あと、夢についてはうまく書けませんが、今でも夢に進みたい気持ちがあるというよりは、10代の時に夢に向かってすすめなかった環境に心残りがあるというという感じなのです。だからどこかに吐き出すまでモヤモヤが消えなかったんだと思います。

    自然派 様

    自分では強い自分を演じている自覚は無かったのですが、自覚無く演じてることはあるのかもしれませんね。10代の頃は親に私を愛して欲しいと感情をぶつけていましたが、いつしか諦めていましたから。また、感情を外に出せない理由の一つは、やはり誰かに親への感情を吐露した時に同調してくれる人がいなかったことだと思います。なので今回小町で同調レスをいただき、小町のおかげで大分スッキリさせてもらいました。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 皆様ありがとうございます。

    自然派 様 続き

    くよくよ過ごすも人生笑って過ごすも人生なら、笑って過ごしたい。小町のおかげでまた前を見て歩いていけそうです。

    40代女性 様

    一番の夢はラジオでしたが、夢を追いたいと思った時はどうやってなればいいのかよく分からなかったこともあり、声の仕事なら何でもやってみたいと思っていました。その思いを私も手近なところで昇華できないかと、最近は子どもに絵本を読んであげる時に芝居がかって読んであげることを楽しんでいます。そうですね、一番の夢は無理でも読み聞かせのサークルに入るなど身近に夢を実現する術はあるかもしれません。ありがとうございます。

    ユーザーID:3821771824

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 怒りや悲しみの感情を封印するのはよくないと思います。

    二度目のレスです。
    怒りや悲しみの感情を封印するのはよくないと思います。
    私も小さい頃から我慢我慢の生活で、我慢することが
    いつしかあたりまえになっていました。
    私の家は、父が無職でギャンブル狂いで生活費を入れず
    母も定職がなくパートを転々するような生活だったので
    とにかくすごい貧乏でした。
    貧乏であることを同級生にバカにされ、また家庭内も
    いつも暗く、安心して暮らせた日はなかったです。
    このような崩壊した家庭で、ストレスを抱えて生活
    しているうちに高校時代少し吃音が出たことがあります。
    無職の親をもっている自分が恥ずかしく、人ともうまく
    関われなくなっていました。
    私は、いつも虚無感を抱えて生きているので、誰といても
    心から楽しめないんですよね。
    でも、最近親が悪かったことに気づいて、少し気持ちが
    楽になりました。
    子供の頃の家庭環境って、すごく大事ですよね?
    両親の仲がよく、和気あいあいとした家庭で育った人と
    崩壊した家庭で不安とストレスばかり与えられて育った
    自分が同じように育つわけがないのです。
    (つづく)

    ユーザーID:2398171755

  • つづきです。

    トピさんは、20代半ばで親と絶縁したとのこと
    なので、よっぽど酷い親だったのだろうなと思います。
    子供に絶縁されるような親なら、やはりそれなりの問題が
    ある親なんだろうなと、私なら想像します。

    「実の親のことをそんな風に言っちゃいけないよ」
       ↓
    親のことを一生懸命説明しても、このような答えしか
    返ってこないのであれば、あきらめるしかないのでは
    ないでしょうか?
    想像力の欠如している人に、いくら説明しても無駄な
    こともあります。
    トピさんの悲しみを癒すことができるのは、トピさん
    自身しかいないと思いますよ。
    自分の怒りや悲しみの感情にふたをせず、じっくり
    向き合ったあとに、その感情を手放すというやり方が
    いいと思います。
    小町で毒を吐き出したり、子供や夫と楽しい時間を
    共有していく中で、自分の中にあるマイナスの感情をどんどん
    減らしていけるといいですね。
    子供は親を選べないのです。
    子供時代辛かった分、これからは幸せになってくださいね。

    ユーザーID:2398171755

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧