NYの歯医者

レス8
(トピ主1
お気に入り17

生活・身近な話題

銀歯

現在NYに在住の者です。ついさっき歯の詰め物(銀歯です)が取れてしまいました。できれば日本人の歯医者(英語は大丈夫なのですが、日本で使う銀歯はアメリカでは一般的ではないらしく、対応に困られることがあると聞いたので)を探しているのですが、お勧めのところがありましたらぜひ教えてください。

保険が歯科をカバーしないもので、高額になるであろう費用に凹んでいます。取れた詰め物を付け直すだけでもずいぶんかかるんでしょうか。かといって次の帰国は多分4〜5ヵ月後になりそうだし、いっそ薬局で買える歯の接着剤みたいなので留めておこうかとも思うのですが、素人考えでそういうことをするのは危険かなとも思うし・・・。

どなたかご存知でしたらぜひ教えてください!よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2341482271

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ミツワの近く

    以前、NYに住んでいました。

    NJのミツワと同じ場所に、日本人の歯医者さんがいらっしゃいました。日本の健康保険にも加入していると、あとで健康保険からの保険金の請求に必要な用紙も作成してくれます。ただ、ここは私本人が行ったわけではないのですが、治療方法はいわゆる“アメリカ式”のようでした。

    私の場合、同じように詰め物が取れて、近所の歯医者さんに行きました。こんなもの、どうやって作るの??と興味深々でめずらしがられましたが、取れたものをとりあえず付け直してもらいました。保険がなくても、付け直すだけなら大した費用にはなりません。

    とりあえず、近所の歯医者さんに行ってみて、付け直してもらえないか?と相談してみたらどうでしょう?

    ユーザーID:5886311032

  • 全然大丈夫ですよ

    NYと言えど広いですよね。NYのどの辺にお住まいですか?
    マンハッタンで良ければ、在ニューヨーク日本国総領事館の、邦人医療機関のページに行くと、日本人歯科医師のリストがずらっと出てきます。
    また、U.S.便利帳で、日本語の通じる医師のリストもあります。

    ただアメリカの歯医者は優秀ですし、英語が大丈夫なら日本人である必要ないと思います。日本の詰め物は一般的ではないですが、ちゃんと直してくれますよ。

    それよりも、保険外ということで、高額なマテリアルを使われないように、いちいち見積もりとった方がいいですよ。 見積もりで了解していないサービスはしないでくれ、ぐらい言っておいてもよいと思います。 ちょっと悪徳っぽい歯医者が存在することも確かなので。 
    私はそれほど痛くない歯に、いきなりroot canalを勧められて、4千ドルを見積もられました。 勇気は要りましたが、別の歯科に行く!と宣言してレントゲンをもらって別の医師に行ったところ、root canalをしないで、直してくれましたよ。

    ユーザーID:7518795581

  • ありがとうございます!

    お返事ありがとうございます。歯がなくて物がうまくかめず、困っていたのでお返事が本当に嬉しいです。

    住んでいるのはNYCなので、NYCだったらどこでも大丈夫です。さっそく教えていただいたリストの歯医者さんに電話してみようかと思います。

    近所の歯医者ですか! そこは盲点でした。ただ実はアメリカではないのですが以前別の国にいたときにも銀歯が取れて、そのときには銀歯など見たことないというカナダ人の歯医者さんで、「よく分からないけど・・・」という感じで留めてもらったのが2ヶ月ほどでまた取れて、という経験があります。そのときに「銀歯にはそれ専用のセメントがあるので、日本で留めてもらった方がいい」と言われたので、日本人の歯医者さんの方がいいのかな、と思った次第です。

    本当にこの詰め物がぽろり、という経験は特に海外にいるとがっくりきます。しかも詰め物が取れるときには大抵下に虫歯が隠れているとも言いますし・・・あ〜あ

    引き続き、何か情報がありましたらぜひよろしくお願いします。ありがとうございます!

    ユーザーID:2341482271

  • フラッシングから徒歩10分

    もし英語に不自由しないのなら、ニューヨークで日本人の医者はお勧めしません。私はマンハッタン在住ですが、クイーンズの台湾人男性の歯医者王(ワン)先生に診ていただいています。定期クリーニングは50ドル、X線撮るのも1枚20ドルぐらいと良心的だし、腕はちゃんとしています。台湾人は日本でやっていることを知っていることも多いですよ。クリーニングといってアポを取って診てもらい、見積もりを聞いてはいかが。7番線の終点フラッシングから徒歩10分です。受付の方は最初二イハオといって出るけれど、アポ取りはしっかり英語でできます。電話番号は718-961-4465。ついでですが、フラッシングではこの先生に紹介された台湾人女性の歯科矯正医にかかり、日本では考えられないような費用で、非常に丁寧に重度の乱杭歯を直してもらいました。もし連絡先必要でしたら聞いてください。

    ユーザーID:0301394225

  • アメリカの歯医者で。

    日本は国民皆保険制度なので、銀歯が圧倒的ですが、金銀パラジウム合金が使われており、良いものではありません。経年的に歯を溶かしたり、2次カリエスになりやすかったりと世界的には一般的な治療ではありません。ですが、歯科に割り当てられる医療費が激安なので金パラしか使いようがないため、厚労省も金パラを指定しつづけています。(これでも赤字)

    諸外国ではほとんど自費なので、銀歯というとアマルガム合金がほとんどです。(安いですが、アマルガムももっと身体によくありません。)
    大抵は白いコンポジットレジン(プラスチック。虫歯の大きさで適応症は限られる。)かセラミックを使うことが多いです。

    セメント自体は、セラミックをつけるときに使う接着剤で(こっちのほうが高価)銀歯もくっつきます。すぐにとれてしまうのなら仮着用セメントにされたのかもしれません。

    結論からいうと、ご自分の歯を重視されるなら自費でセラミックを、安さ重視なら銀歯再装着〔アメリカ人でもOK)でしょう。(虫歯ができてたら無理ですが・・。)

    ユーザーID:6683195527

  • NYU

     始めにお断りしておきますが、もし私の情報が間違っていたらごめんなさい。他人から聞いた情報なので。
     もし費用が1番の問題ならば、NYUのDental Center で治療してもらう手もあるそうです。担当教授が指導しながら、生徒が治療するそうです。無料か低料金か詳細はわかりません。経験者の話ではちゃんとした治療をしてもらったそうです。決してお勧めしている訳ではありませんが、そういう選択もあるという事です。

    ユーザーID:2436024536

  • 何を根拠に

    パラジウム合金で歯が溶けるとか、アマルガムが体に良くないとかおっしゃってる方がいますが、セラミックだと健康な部分の歯もずいぶん削らなくてはいけないことに関しては言及がないようですね。
    日本の保険治療は世界でも例を見ない優秀なシステムですよ。銀歯をアメリカで見ないのは、セラミックを入れるお金を払えない人は歯を抜いてるからです。どっちが体に良いかしら?

    ユーザーID:9593510754

  • ピント豆様:フラッシングの歯科医

    横から 申し訳ありません。ピント豆様、フラッシングの矯正歯科医のインフォメーションをいただけないでしょうか? よろしくお願いします。

    ユーザーID:8602684290

レス求!トピ一覧