• ホーム
  • 話題
  • 親友みたいな母の死 これからが不安で・・・

親友みたいな母の死 これからが不安で・・・

レス25
(トピ主8
お気に入り40

生活・身近な話題

おろおろ

3歳と1歳の子供のいる32歳です。
9ヶ月前に母が亡くなりました。急性の病で入院してからわずか3ヶ月のことでした。現在は実家から新幹線等を利用して4時間のところにすんでいたためあまり会うこともできず亡くなってしまいました。

数ヶ月はありがちにもっと親孝行したかった…という後悔の涙の日々でした。そしてやや落ち着いてくると(決して立ち直ってはいませんが育児などで気をまぎらわせることができてきた)今度は不安で寝れなくなるように。うちは自他共に認める仲良しで遠距離になってからも色々相談しある関係でした。重大なことはもちろんささいな愚痴や不安などを聞いてもらったりしていたので現在ささいなことで悩んだりすると相談する相手がいず不安でたまらなくなりそして改めて母がいなくなったことを感じまた涙するという日々です。

主人は大変多忙でストレスの多い仕事なので話を聞いてはくれますがささいな悩みを言うのはつい躊躇してしまいます。友人もいつでも話を聞くよなど言ってはくれますが下の子が小さく夜泣きなどで育児に追われる日々なのでなかなかじっくり話はできずまたたまにかけて一方的な話などできるはずもなく結局はためこんでしまいます。

私は肉親と同時に長年の親友まで失ってしまったような気持ちで孤独を感じる日々です。これからどうやって生きていったらいいのか…と思いつめることもあるほどです。まわりは実家を頼りのんびり育児をしている人ばかりでよりさびしく感じてしまいます。

同じような境遇の方はいらっしゃいますか?またそういう人はどうやって日々を過ごしたか教えてください。

ユーザーID:1171490264

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は反対の立場です

    お辛いと思います。

    私の場合、母親が逆に子どものようなのです。
    依存的で愚痴は言うけど、私の愚痴なんて聞いてくれません。
    そういう実母は自分の母親(私の祖母)に何でも愚痴り相談していて
    祖母が唯一の友人でした。
    今は実家とも遠距離なので、もし子どもを産んでも手伝いも期待できません。なので、否応なく自立しています。

    勿論、実家の傍に住み、子育てや家事を手伝ってもらう友人はいます。
    でも、羨ましいとは思えません。結婚して別の家庭があるのに未だに
    子どものようで、身内だけで社会性がないように思えてしまいます。
    (そうじゃない方もいますが)
    日々のこまごました悩みを友人に話せないのも普通のこと。
    ブログでもやって交流したり、
    子どものことなら、ママ友を作ったり、サークルに入ればいいと思います。
    世の中、案外こういう人が沢山いますし、普通です。
    今までが恵まれていたのだと思い、
    これを機会に母親離れされてはどうでしょうか。

    アドバイスになっていないかもしれませんが、
    元気になって下さいね。

    ユーザーID:7728357859

  • 元気をだして・・

    私は多分お母様と同世代だと思います。
    私にも結婚してもうすぐ出産を控えている娘がいます。
    主さまのトピを読んで泣けてきました。
    本当にお気の毒で、お母様もどれほど心残りであったことか、残された方々のお悲しみを思うと、なんとお慰めしたらよいのか言葉がみつかりません。
    でも一つだけお伝えしたいのは、亡くなったお母様は主さまが今もうろたえていらっしゃる様子を天国からごらんになっていますよ、きっと。  しっかりと前を向いて生きて頂戴!と必死でエールを送られているに違いありません。
    愚痴でも細かい悩みでも何でもとりあえずご主人に聞いてもらってください、ご主人がお忙しくてダメならお父様、お姑さんはだめですか? 私ならもし嫁がそんなことになったら何とかして慰めて力になってやりたいと思うはずです。

    娘から親友とまで言ってもらえるお母様はきっととても素敵な方だったのでしょうね。
    あなたもお母様をお手本にお子様達の親友になれるようにがんばってみてください。
    寂しい時は小町にも友達は一杯いますよ。

    ユーザーID:1031094193

  • 悲しみが消えることはありません

    大切なお母さんを亡くされて、大変辛いでしょうね。

    私は30代半ばの女性です。私も母を病気で亡くしています。私が19才を迎える直前でした。母は私の成人式も結婚式も、2人の孫の誕生や成長も知らずに亡くなりました。トピ主さんのお母さんはお孫さんの誕生まで見届けられたのですから、私からみればまだ救われます。周囲の人から見れば、もう亡くなって10数年も経てば心の傷は癒えていると思われるようですが、そんなことはありません。

    私は今も悔しいし、寂しいし、思い出すと涙がでます。それほど私にとって母は、大切なかけがえのないひとだったのだと考えさせられます。実家を頼り、楽しく育児ができる人たちがほんとに羨ましいです。それができない自分はなんて不幸なんだろうと思います。でも耐えるしかないんですよね。自分の子供たちには悲しい思いをさせないように、自分や子供が健康であることに感謝して、頑張って行くしかないんだなと思います。

    悲しみが癒えることはないけれど、自分の命が終わる日まで、泣きながらでも生き続けるしかありません。私もあなたと同じです。子ども達の為にも健康で生きていきましょう!!

    ユーザーID:2005277597

  • そんな感じです…

    私も結婚後遠方に住み、4年前に母を亡くし、トピ主さんの心情そのものでした。

    仲が良かった母の妹(私の叔母ですね)が、「話を聞いてもらう人がいなくなってなんかつまんないの…。生きていく張りがなくなってしまったわ。もう残りの人生、どうでもいい感じ」とつぶやきました。
    叔母は夫も子どもたちも仕事も持ち、円満な人生を送っているように見えたので、驚きました。

    でも、その言葉で、日ごろの私の重く苦しい気持ちを説明するのに、“それだ!”とピッタリはまりました。

    子育ての中で小さな喜びを母に報告し共感してもらうことで、より深い満足感を得たり、小さな不安を共有してもらっていたことが私にはとても大きなことだったのです。
    それは同じ母親という立場として共有できた感覚でもあるので、なかなか夫では満たされない感情でした。


    4年経ち、消えることのない大きな喪失感を抱えることに慣れてきた今、私がすべきことは今度は私がわが子たちに母のような存在になれるよう努力することだと思っています。
    亡くなっても尚、母は私を導いてくれている存在です。

    ユーザーID:2346447363

  • 私も同じです

    今の悲しい気持ちは、良く分かります。
    私も23歳の時に、母を急な病気で亡くしました。
    一人っ子だったので、母に何でも相談し、困った時は助けてもらい、本当に母親だけでなく、友人のようでした。

    子供を出産する時も、準備に買い物に行くと、母親と娘で来ている人達が多く、友人が出産する時も、実家に帰るのでゆっくり出来るというような話を聞くと、私には産まれて来る子供の顔も見せられず、頼る母もいないと寂しい思いもしました。

    やはり、寂しい気持ちがなくなる事はないと思いますが、時間が過ぎると段々薄れていくものです。
    私も、母の遺品を整理出来たのは、5年位たってからでした。

    ただ、お子様の為にも、ストレスを溜めないように、体に気を付けて下さいね。子供達には、頼れるのはあなたしかいないのですよ。お友達にも、家に来てもらえば、少しは話も出来るのでは?
    まだ、小さくて大変だと思いますが、大きくなるのはあっという間です。
    きっと、お母様も天国から見守ってくれていると思うので、元気な姿を見せてあげて下さいね。

    ユーザーID:0044242150

  • 親離れ、子離れ

    厳しい事をいいますが、母親との別れはいつか来ると思っていましたか?
    私の知人でも対照的なケースがあり、同僚A子は(一人っ子)1人暮らし後、実家と遠距離の結婚生活をしましたが、母親が急逝。でもA子の中には既に「いつか母親の死も通る道」と肝を据えた上での自立に既に慣れていた為、葬儀後に会社で会った時は「これからは母の分も強く行きていく」と言ってました。今はお子さんも生まれ、退職し、ママライフをエンジョイしています。
    一方、母親離れできないまま、結婚し、しかも実家から車で20分に居を構えた幼なじみB子は、母親が倒れ、病気を告知されてからは毎日泣き通しです。病気の母親が逆に娘(B子)を心配する程です。なんだか見ていて、B子のお母さんもB子も気の毒です。共倒れ状態です。
    天国のお母様は、トピさんに「自立のチャンス」というギフトをくれたのです。お父様、御主人、お子様達、義理両親を大切に、お母様の分も強く行きて下さい。

    ユーザーID:0063405678

  • わかります。

    母は70代でしたが、私も仲がよかったので、母親の死は辛かったです。
    トピ主様はお若く、しかも突然とのことで悲しみの深さいかばかりかとお察しします。
    大変でしたね。お辛かったでしょう。

    慰めになるかどうかわかりませんが、私の母がなくなった後のことをお話ししますね。
    子供が病弱で子育てと介護が重なったので、母の介護は優先できず、何もしてやれないまま亡くしてしまいました。
    悔やんでも悔やみきれない後悔だけが残りました。何も手につかない日が続きましたが、日々の生活を送るうちに、それでもなんとか立ち上がれるようになりました。
    そのとき、人間は悲しみを忘れることはできないけど、悲しみを小さくできる力があると思うに至りました。
    その力を与えてくれたのは、他ならぬ母だったなと。それに気づいたとき、母は私の明るさが好きだったことを思い出したのです。
    だから、もう泣くのはやめようと思いました。

    そして次に、母に返せなかった大きすぎる恩をどうしたらいいだろう?と考えました。
    家族と社会にちょっとずつでもいいから、返していこうと。そう考えると、とても楽になりました。(続きます)

    ユーザーID:2469142028

  • 続きです

    そして近年、父を亡くしました。母の時のような後悔のない介護をと思っていたのですが、やはり十分とはいえませんでした。
    両親とも亡くしてしまって、また立ち上がることができるのか、悲しみの中不安でいっぱいでした。
    でも、大丈夫でした。悲しいのは、めちゃくちゃ悲しいです。今も時々思い出しては、泣いてしまうほどです。でも、なんとか生活できています。

    確かに、両親健在で実家に頼ってる方をみるにつけ、寂しく思うお気持ちわかります。私もずっとそうでした。
    でも父の死後、またわかったことがありました。もう、私は実家を頼ることをとっくに卒業していたんだなと。
    自分の足でとっくに立っていて、私自身が子供が頼り、巣立っていく実家を作っている最中だと気づいたんです。
    トピ主様は、実家に頼る期間が少なかったけど、いずれはみんな巣立たなければならないのです。それが早かっただけです。

    慰めにはならないかもしれませんが、大丈夫です。日にち薬ですよ。
    ご主人とお子様との時間を大切にしながら、今はゆっくりお過ごしくださいね。

    ユーザーID:2469142028

  • なんだか似ているのでレスします1

    はじめまして☆
    現在5歳と1歳の子供のいる30歳です。
    私もちょうど今から9ヶ月前に母をなくしまして、時期が同じくらいだな〜と思い思わず出てきました。

    私の母は進行性のたちの悪い癌で、最後の3ヶ月には家に帰ることもできず、遺言も聞けなければ折りいった話もできないまま、あっという間に天国へ行ってしまいました。
    うちは父がDV男なので、幼い頃から私の親も信じられるのも母一人と思って生きてきました(父はただの同居人という意識。死んだ今も母のことをどう思っていたのか。。。ただの依存体質としか思えません)。
    親友かどうかはわかりませんが、依存しすぎない、私の気持ちもすべて含めて何でも正直に話せる関係であったと思っています。
    この世で無条件で唯一信頼していた人だったので、だからこそ、失ったときの喪失感が大きいんですよね。。。
    私の場合は親として相談できるのは母だけでしたし特に。
    育児も助けてもらったし、甘やかすだけじゃなくて厳しいことも言ってくれた、愚痴も多かったけど結局自分のことより人のことを大事にする母が好きでした。
    今は「尊敬」する人になりました。

    ユーザーID:6577740176

  • 何だか似ているのでレスします2

    私の場合ですが、家が遠くともできるだけ通い、子供たち(特に上の子)にかなり我慢を強いても協力してもらい、狭いホスピスで最後の一週間意識がない中病気と戦い生きようとする強い意思の母を見守ることができました。

    トピ主さんはあまり会うこともできなかったということなのでなかなか割り切れないとも思うのですが、気持ちを込めて努力しても、その時の状況でできることを精一杯やったとしても、やはり後悔の念は溢れてくるのが現状です。
    しかも、息が絶えるまで側で看続けていたので(部屋に死臭がたち込め明日息が止まるという事も良くわかるくらい)、特に死に際をよく思い出します。
    やっと病気と離れることができるね!もう苦しくないよ!!最後は本気でそう思い笑顔で見送ったけど、脳裏に焼き付いた姿は後悔とは別で、何とも辛く悲しみをさらに大きくします。

    私も同じように、今も夜中一人でめそめそ泣いたり朝まで眠れない日を繰り返しますが、その時は思いっきり泣く。そして、その後はなるべく笑顔を意識。
    母の分も生きようという強い意識を自分自身で育てることが、家族に「生かされている」自分の生きる意味だと実感します。

    ユーザーID:6577740176

  • 魂は永遠だから

    私も、最愛の父を亡くし、同じく半年たってもないています。
    ましておろおろさんは、親友のように仲が良かったのなら
    さぞ、お辛いだろうと思います。
    父とは、もっと仲良く話したいといまさらながら思っても、
    10年日本を離れてた上の別離、悔しいです。

    魂は永遠と書きましたが、
    実は別の事情があり、前世体験をしに、この週末出かけます。
    ある持病を治すためですが、
    できることなら父にどこかで出会いたいと考えています。

    つながりの強い魂は、これまでに何度も生まれてはめぐり合っていたケースがほとんどだそうです。

    おろおろさんも、そういう体験をされると、また別の安心感が生まれるのではないでしょうか?

    前世療法という本も出版されています。
    私も苦しくなると読んでいます。
    ご参考までに。

    ユーザーID:4510542742

  • 何だか似ているのでレスします3

    あくまで私の場合ですが、早くに結婚を決めた事も今子供が2人居る事も、この時を乗り越える為だったと思うんです。
    まだ一人身だったら。。。仕事をやめて実家でもっと介護できて一緒にいられたかもしれない。だけどすぐにやめられない仕事だったら間に合わなかったかも。今のように主婦だったから思ったときになんとか動くことができた。一人だったら今より孤独感もひどく暫く閉じこもってしまっているかも。。。

    うちの場合は、孫2人が私より何百倍も、母の病気に勝とうとする気持ちの大きな原動力でした。
    そのことから、孫を産んで会わせた事も私の大きな役割だったのではと思い込むようにしています。
    思い込む事で、くよくよしているよりはまし!という感じでしょうか。

    最近の生活はというと、子育てはもちろん、仕事を入れたり一人で少しでも外に出かけたり(主人が休みの日に数時間だけ)なるべく忙しくするようにしている日々です。
    おっしゃているように、外に出ると母と娘、おばあちゃんと孫の光景を見かけて確かに寂しい気持ちになりますが、それは仕方の無い事ですよ。
    そのうち「微笑ましいな」って思えるようになるはずですし。

    ユーザーID:6577740176

  • 何だか似ているのでレスします4

    心配してくれるご友人が居るのもとっても幸せなことだと思います。
    いつでも話を聞いてくれるというのですから、一方的ではありませんし、
    溜め込むことが一番身体にもよくないと思います。
    相談することで、少しずつ気持ちの整理もできてきますし、こんなときだからこそ、思い切って友人の胸に飛び込んでみてください。
    そうでもしないと今のご様子や考え方ではいつまでも立ち直れなさそうです。

    私も唯一の理解者がいなくなって、正直、毎日孤独感でいっぱいです。
    主人は真逆の性格の人で相談相手にはならないし、友人もみんな育児に忙しい時。
    だけど無条件の愛情を注いでくれる子供たちが居て、いつでもと言ってくれる仲間がいて、同じ境遇です☆
    ここにちゃんと居場所があります。

    時間はかかるけど、ゆっくりでも一緒に乗り越えていきましょう!
    お母様が成長の機会を与えてくれて、いつも見守っているんですもん!!
    私たちもすでに母ですから、子供たちに同じ思いはさせないように、ね☆

    文章力ないため、乱文にて失礼いたしました。。。

    ユーザーID:6577740176

  • 私も同じ気持ちです。

    7月に母が65歳で亡くなりました。
    私はまだ子供がいないので、これから先子供が出来たら
    いったい誰に相談すればいいの?誰を頼ったらいいの?と不安と悲しみがこみあげてきます。
    母の看病の為の里帰りではなくて、お産の為に里帰りしたかったな、とか自分の子供の結婚式には出て欲しかったなとか、色々色々考えてしまっては泣いてしまいます。
    辛らつな言葉をかけてくれるのも母でしたし、母じゃなきゃダメな事がいっぱいあったんだなと思わされて、また泣いてしまいます。
    メソメソモードの時は、生前母と見ていた「篤姫」の曲を聴いただけで泣いてしまいます。

    心に大きな穴が空いてしまい、涙がたまっている感じ。時々あふれちゃうのです。
    時間が解決してくれる・・・と思って今は泣くだけ泣いてます。

    ユーザーID:0065861597

  • 寂しいでしょうね

    私も20年ほど前に、癌で母を亡くしました。
    余命3ヶ月と言われましたが、1ヶ月であの世に逝ってしまいました。
    亡くなった当時は、癌でじきに亡くなるとわかっていても、悲しくて悲しくて毎日涙が出ない日はなく、3回忌が過ぎるまでそれが続きました。
    街を歩いても、仲良く歩いてる母子連れを見かけると、羨ましくて寂しくなりました。
    私は母への依頼心が人より強かったのかもしれません。とても頼れる人だったのです。

    その後、私にも子供が2人いて、育児と仕事に励む毎日となりました。私を救ってくれたのは、まさに子供の存在でした。
    今、私は離婚をし一人で暮らしています。子供も大人になってしまいましたが、依存しすぎず毎日を過ごしています。
    健康や日常を気遣うメールや電話で、お互い励ましあっています。

    やはり悲しみを癒すのは、時間の流れだけかと思います。
    誰でもいつかは親の死を迎えます。悲しい気持ちもよくわかります。  
    この世にいなくなっても夢の中に出てきてくれたり、何かあるとふと側にいてくれてるんじゃないかと思う時もあります。気のせいかもしれませんが嬉しい気持ちになります。

    ユーザーID:2948340006

  • ありがとうございます。トピ主です

    たくさんの励ましありがとうございます!
    今朝見たらすでに返事をくれていて読ませてもらいましたが気がつけば涙があふれてきてとまりませんでした。心配そうにのぞきこむ3歳の娘の手前あわててパソコンをとじすきをみつつチェックしています。

    甘えすぎという辛口のレスも予想していたのであまりにも親身な皆様の優しい返信に胸が熱くなりまた涙です。そしてこれほど同じような状況の方がいることに驚きました(当たり前なのでしょうがまわりにはいないので…)

    皆様には励ましと同時に母へのやりきれなかったという後悔も含めてとても心にしみる、気持ちが楽になるお話をいただき感謝しています。

    少しづつでもぜひ皆様にレスしたいと思いますが夜泣きの子供がいるため一度には無理なことをお許しください。

    オレンジ様 ありがとうございました。遠方での育児ゆえ育児サークルには所属しており友達には励ましてもらい感謝しています。私はまさにオレンジさんのいう身内だけで社会性のない母でした。これを機会に新たな生き方を考えていかないといけないですね。でも悲しいことは私はそんな甘い世界にひたりすぎていたことです…。 

    ユーザーID:1171490264

  • トピ主です2

    ウルビーノ様 ありがとうございます 母の入院先に駆けつけ涙をこぼした私へ母の最初の一言が「お母さんが(子供の前で)泣いたらだめよ」でした。とても気丈な母でした。がんばります!アドバイス通り義理の母に頼れたらいいのですが厳しいです… 私の子供たちと母のような関係を築けるようがんばります

    ぶうきち様 ありがとうございます 実家を頼る人々へのうらやましさは身にしみます。でも本当に今の家族を大切にしたいと心から思います。元気だった母が急死しただけに自分も体には気をつけねばと思います。お互いがんばりましょう。母は本当にかけがいのない存在ですね…

    シャーリー様 ありがとうございます

    >子育ての中で小さな喜びを母に報告し共感してもらうことで、より深い満足感を得たり、小さな不安を共有してもらっていたことが私にはとても大きなことだったのです

    まさにこの言葉が私の心情そのものです。号泣です。子育てってほんとささやかな出来事の繰り返しですよね。母にとっても孫の成長は喜びだからこそ語り合えたのです…他の人にはできませんよね。
    母も私にとって永遠に導いてくれる存在であると思います。

    ユーザーID:1171490264

  • トピ主です3

    うさぎ様 ありがとうございます 出産前の不安な気持ちとてもよくわかります。今の状況でさえ子供服売り場に行くと母娘孫で買い物している姿を見ると必死に二人の子を連れてあわてて買い物する自分がせつなくなります。 子供たちにとっては私だけが頼りという言葉しっかり受け止めます、母の為にも…

    たばさ様 ありがとうございます 「自立のプレゼント」まさにそうです。思えばまだ元気なうちから母はよく「年寄りの言うことばかり聞いていてはだめ。夫婦で決めるのが一番」と言うようになっていました。強く生きていくよう頑張ります。

    エリゴ13様 ありがとうございます 胸熱くなりました。うちも大変な時期の二人の子供を抱えて苦労して病院へ行ってもほとんど話しもできなかったり、またこんなに早く亡くなるとは予想もできずで何もできず終ったことで後悔でいっぱいでした。(続く)

    ユーザーID:1171490264

  • トピ主です4

    (続き)そして父にはできるだけのことをと考えているところも同じですね。そんな中でエリゴ13様が見つけた答えは私にもあてはまると思い心が軽くなりました。確かに私も少しづつながら母から自立してきていました。そして今回も子供たちの存在によりなんとか生活できていました。子供たちの存在は私を育ててくれていたようです。でもそんなことに気づく余裕もなかったので本当に感謝です。

    STEP様 ありがとうございました 文章力がないなんてとんでもないです!どんどんひきつけられ涙ながらに何度も読みました。そして救われました。お母様の看病本当にお疲れ様でした。そこまでしてもまだ後悔が残るのですね。私は父やまわりの人から後悔は皆にあるのだと慰められましたが本当にそういうものなのですね…
    同じ時期に母を亡くしながらもはるかに心強く生きようとしている姿尊敬します。私はまだネガティブな面が多いかな。でも確かに母も私にはもう家族がいるから心配はしていないと言ってくれたし事実家族の存在が私を支えてくれました。(続く)

    ユーザーID:1171490264

  • トピ主です5

    (続き)

    私は身近な母が親友のようであったためまわりには相談などせずどちらかというとみんなを勇気づけたりするとてもタフなタイプだったので涙をみせたりしたくないという見栄っ張りな自分がいてなかなか相談できない状況です。そういうところも変えていかないとパンクしてしまいますね…できるかな。お互いがんばりましょう。

    ユーザーID:1171490264

  • トピ主です6

    お父さん大好きさま ありがとうございます 精神世界にはまったく感心のなかった私ですが最愛の母の死により前世や来世、運命といった結びつきを感じずにはいられないことがたくさんできました。その本はぜい読んでみようと思います。

    すみれさま ありがとうございます すみれさんの気持ちはまさに私の心の叫びそのものです。すべてうなづいてしまいそして号泣です。辛らつな言葉も本当に母ゆえでした。それを受け入れれるほどの絆がありましたから。お互いがんばりましょう。あなたの身近な人は私のような人かもしれません。お産などの不安なことがあるときは躊躇せずまわりの人に相談してみてください。私はこれからそういう人と出会ったらどんなことでも助けようとします。

    はに子様 ありがとうございます 時の流れが癒しなのでしょうね…そう信じてがんばりたいです。

    >この世にいなくなっても夢の中に出てきてくれたり、何かあるとふと側にいてくれてるんじゃないかと思う時もあります。気のせいかもしれませんが嬉しい気持ちになります(続く)

    ユーザーID:1171490264

  • トピ主です 最後(長くてごめんなさい)

    この気持ちもとてもよくわかります。私もよく夢をみています。夢って実は自分の気持ちだけでなく相手からのメッセージでもあるそうです。

    ここでの皆様との出会いは忘れません。本当にありがとうございました。
    きちんと立ち直れ世間をみて穏やかな心になれるかは正直まだ自信はありませんが(ごめんなさい)これからの人生でさびしい心を持つ人に出会ったときは精一杯力になろうと思います。

    そして今の家族の為身体には十分気をつけ生きていきます。皆様もお元気で!!

    ユーザーID:1171490264

  • 親友のような姉を亡くしました

    トピさんのお気持ちとてもよく分かります。
    私も似た境遇で、とてもお辛かったこと共感できます。
    私は一つ年上の姉を34歳の若さで事故で亡くしました。

    親の死というのはある程度覚悟は出来ていましたがまさか姉の死が
    親より先にくるとは思いもよらなかったです。

    いつも一緒に行動しとても仲が良かったので
    なんだか毎日ソワソワします。

    でも一年過ぎた頃くらいから少し落ち着いてきました。
    時間ってすごいですよ!

    今もたまに泣きますが、そうやって故人のことを
    思って思って泣く事が今は一番の供養だと思っています。

    きっと時間が解決してくれますよね。
    一緒にがんばっていきましょ。
    頑張っていたらお母様とまたいつかきっと会えますよ。

    ユーザーID:0242362550

  • 皆様のコメントに感謝★

    トピ主さん、初めまして。私の母は、昨夏亡くなりました。
    こういうトピを見てはいつも一人PCの前で号泣します。
    私の夫や周りでも、両親が健在という方が多く、母の死後は
    私自身、実家の話をしなくなりました。
    親友のお父様が亡くなられてるので、何かと話しを聞いて
    もらって心の安寧を保っています。

    たばささんの
    >天国のお母様は、トピさんに「自立のチャンス」というギフトをくれたのです

    エリゴ13さんの
    >人間は悲しみを忘れることはできないけど、悲しみを小さくできる力が
     あると思うに至りました

    はに子さんの
    >この世にいなくなっても夢の中に出てきてくれたり、何かあるとふと側に
     いてくれてるんじゃないかと思う時もあります。気のせいかもしれませんが
     嬉しい気持ちになります。

    トピ主さん同様に私まで励ましの良いお言葉をいただいた気持ちです。
    ありがとうございます、心より感謝申し上げます。
    はに子さんのおっしゃる通り、この世にいなくても、いつも母は
    空から見守っていてくれてると感じることあります。

    最後にトピ主さん。素敵なトピをありがとうございます。
    淋しくなったら、またここに来ます。

    ユーザーID:3448812234

  • とぴ主です

    追加のレスありがとうございます。
    夢子さま ありがとうございます。母は先き逝くもの…確かに自然な流れなのでそう思えますよね。苦しい思いよくわかります。なんと言えばいいのか。でも時間が癒してくれて良かったです。夢子さまの生き方が素晴しいからこそ立ち直れたのだと思います。そうなれるよう私もしっかり生きたいです。実体験のお話を聞くと心が軽くなります。

    ねゆこさま ありがとございます。本当にこのトピには救われました。同じような境遇の人が慰めれたのはうれしいことです。お互いがんばりましょう!

    掲示板は眺めてるだけで書き込みはおろか自分でトピをたてるなんて想像もしませんでしたがこれほどの力があるとは驚きです。小町さまありがとう!

    ユーザーID:1171490264

レス求!トピ一覧