• ホーム
  • 子供
  • この不安な世の中で子どもを欲しいのはなぜ

この不安な世の中で子どもを欲しいのはなぜ

レス179
(トピ主9
お気に入り204

妊娠・出産・育児

たま

私は、この世の中に生まれてこなければ良かったと思っています。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1202/215245.htm?g=02
以前、こういうトピを立てたものです。
治安悪化、不況、世の中全体だけでなく
人間関係などなど、悩むことがたくさんあります。
自殺する人も多い世の中です。
日本より、治安の悪化している国、不況、生活していくのもままならないという国はたくさんあります。

日本に生まれて、それだけで幸せなはずなのに、私はそうは思えません。
私は結婚しています。
でも、子どもを欲しくない理由から避妊しています。
結婚して、子どもを作ろうと考える人は、作らない決断をする人より多いです。
連日ニュースで暗い話題が流れていても、それでも、
子どもを作ろうと思うのはなぜですか?
子どもをこの不安な世の中に産む決断をされた理由が知りたいです。

産まれた子どもが、見ず知らずの人間に殺されるかもしれない、
成人しても就職できないかもしれない、
いじめに会うかもしれない、
それから、なにかの大きな障がいを背負って産まれたら、親(自分が)死んだ後
誰が面倒を見るのかという不安
そういういろんな可能性、不安を押して、子どもを作る決断をするのは
なぜですか?

ユーザーID:2860113875

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数179

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 理屈じゃないのかな

    私も「いやな世の中、いやな日本」と思っていますが、子供は欲しかったです。
    なぜでしょうね。若い頃から「いつか結婚して子供を産む」と思っていたし、夫もこどもを望んでいると知ればなおさら、妻として産んであげたい!とますます望む気持ちが強くなりました。
    今までの人生で、つらいことはたくさんあったけれども(精神的に苦しい時期もありました)、楽しいことも、家族のいい思い出もあるし、いい友人もできたし、「人生そう捨てたものじゃない」という思いが根底にあるかもしれません。
    もちろん、人がひとり増えるということは、それだけ面倒や心配を抱えるということになります。子供の問題も心配だったけど、それはそれでやるっきゃないと奔走しているうちに、先の見通しが立っていくものなのではないかと思います。これは育児をしているうちに思ったことです。育児をしていると目先のことで精いっぱい、でも目先のことに必死でとりくんでいると、ふと先が開けてくるというか…考えすぎてもしょうがない、ということを実感しています。
    きっと考えすぎると子供は産めないのだと思います。マイナスの可能性ばかりに意識が向いてしまいますから。

    ユーザーID:9452950836

  • 夫の二世が欲しかった

    夫が尊敬していて大好きで、この人のDNAをもった子を残したい。それだけです。
    私も以前は子供はいらないと思っていました。主さんのような考えからではなく、私自身の親子関係が非常に悪く、どこかで子を育てることに恐怖に近いものを感じていました。

    私は再婚で今の夫との間に子供がいますが、元夫とのもとでは、色々悲観して子を持ちたいと思いませんでした。宣言していた程です。

    私の場合、愛する人の子が欲しい・優秀な子を残したい等の動物的な本能に限りなく近い感覚で、子供を持ちました。

    ユーザーID:4496506148

  • 遺伝子を残すのが生物としての本能

    生物の生物たる理由は自分の遺伝子を残すことであり、全ての行動はそのためにある、とは「利己的遺伝子」を提唱したドーソンの説です。

    利己的遺伝子の説でなくても、親の立場になれば、次のような理由で孫を見たいはずです。
    1.子が子を成すことで自分たちが全うな親であることになる
    2.子育ての苦労と楽しみを経験して欲しい
    特に2は「子を持って知る親の恩」と昔から言われていることになりますが、それ以上に子育ての過程で社会との関わりを持ってくるし、子供たちにどういう未来を残してやるか、と考えるようになります。

     たまさんのお考えはもっともですが、考えを何でも負の方向へ持って行くのに賛成できません。いつの時代でもどこの世界でも、子供にとって快適なことはありません。しかし自分の子だけは、と楽観的に考えるからこそ、子育てができるのです。人は希望を持つから生きて行ける、と誰かが言いました。子は希望でもあります。
     子を育てる喜びは大きいですよ。いずれお考えが変わると思いますが、案ずるよりは産むが易し、とは良く言ったものです。

    ユーザーID:3808757128

  • 安心ばかりの世の中なんて味気無くて嫌ですよ

    不安といっても、生きていけないわけではありません。
    治安悪化といっても、数十年というスパンで見れば統計的には改善していますし、日本の成長余力が小さいのですからちょっとした波で不況になるのも当たり前です。

    不安なんて、言い始めたらきりがありません。
    ダルフールに住んでいるわけではないのです。

    我々は恵まれています。
    狭い国土で自分達の分すらも食糧を作れないくせに飢えません。
    それどころか、痩せろと指導されるほどブクブク太ることだって出来ます。
    低所得と言われる300万の年収でも、全世界というレベルで言うと相当にリッチな部類です。
    1500グラムで子供が生まれても、相当な確率で死を回避させられます。
    戦争だって回避してます。
    匪賊が出てきて村を襲うこともありません。

    不安があるから知恵を働かせるんです。
    その余地だってある。

    私は侍ではないですから、腹を切ることもないでしょう。
    でもどうせいつか死ぬんです。
    だったら、あっちにいくまでは散々、無い知恵を絞らせてもらいます。

    ユーザーID:1040578276

  • お答えになるかどうか

    現代の私たちが抱える不安など比較にもならない、人類が絶滅するかというような氷河期や戦乱期、伝染病で何万人もの人がなくなった時代…そういった時代を経て、それでも私たち人間はここにいるのです。それがひとつの答えかもしれません。

    ユーザーID:6262231080

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 可能性

    マイナスなことばっかり考えればそうでしょうけど、逆に自分の育てた人がすばらしい人間になる可能性もあるのですよ
    確かに苦しい事、辛い事もあるかもしれませんが一緒に考え苦しみ乗り越えてあげることも出来るはずです
    トピさんが考える子供の産めるすばらしい世の中ってどんな世の中ですか?
    どんな世の中かはわかりませんが、きっとそれは理想で存在しない世界だと思いますよ。

    それに欲しいと思っても意外とすぐには出来ないものですよ
    自然妊娠でしたが、子供が出来るまで7年かかりました

    ユーザーID:7267259972

  • そういう世の中に生きているご自身は生れてこなければ良かったって思ってるの?そうじゃないなら、矛盾してない?

    生物としても、子孫を残さないのならなんの為に生きてるの?生まれてきちゃったから仕方なくなのかな?

    そういう話になっちゃうんじゃないの?

    不安も、恐怖もあれば、希望もあるのが世の中なんじゃないの?

    ユーザーID:2915246329

  • 単に、あなたと逆なだけ。

     そりゃ不安ですよ。こんな世の中。

     でも、あなたとは逆なだけです。
     あなたは悲観的な考えに囚われて子供を持たない。私は楽観的な考えを優先した。そして、そうなるように最善の努力する。

     障がいに関しては、実際障がいをもった方と接したことがありますか?
     親御さんはみんな、子供が大人になってもしっかり生きていけるように頑張っていますよ。
     就職やいじめは、本人次第、そしてバックアップ体制をとればいいだけのことです。見ず知らずの人に殺される・・・というのはそうならないように最善を尽くすだけです。でも、私(親)が先に死ぬほうが確実な事実です。
     そして、こんな世の中といいますが、いつの世もある程度不安定で、いつの世も危険と隣り合わせですよ。

     子供は希望です。
     生まれて、生きている、全てが希望です。不安があったとしても、この子のために何とかしたいと思えます。なんとかしてみせます。
     大人にとって子どもが必要なのはそういう所ではないでしょうか。不安な世の中だからこそ、諦めるのではなく、絶対に守るべきものがいるというのは大切で、必要なことのように思えます。

    ユーザーID:1700970733

  • 欲しいというより

     夫婦だけだと物足りない、というのもある。
    好きな人の子が欲しいと考えるのが女性の心理らしい。
    男性は、家庭を持ち子供がいると信用みたいなのがつくらしい。と言われてるが、なにも無理して家族の虚像をつくる必要もなければ、無理してローン組んでまでも子供との生活のためマイホームをもつ必要もない。
     たぶん大方の人が、みんなに乗り遅れないように世間並みに子供を育て家庭をもつのが当たり前のように思っているのでしょうね。
     いくら内情は貧乏でヒィーヒィーいっていてもそれを悟られないように、誰もがごまかしごまかし幸せ家庭を取り繕っているのでは?
     私なんて自分がベビィーブーマー世代の受験も就職も競争激しくて、会社に滑り込んで入社しても自分より下が入社しないから激務で体を壊して、たいへんでした。なので子供を産む時期は本当に慎重になりましたね。まぁ、実力があればいつ産まれてもかまやしないですが、自分みたいに苦労してほしくないし、よき時代に育って欲しいとは思う。
     でも今の世界情勢や、日本の政治ではよくなるとは思えない。
    親に保護されて過ごす20年間は大切に温かく楽しい思い出作ってあげたい。

    ユーザーID:3585970661

  • 全くもって親(私)の勝手です。

    私は30代後半、2歳の子がいます。
    私も生まれてきてよかったと思っていません。
    それを克服できるまでは子どもを持ってはいけないという気持ちがありました。
    自分がいいと思っていない「この世」を、いいものだと伝えることが難しいと思っていたので。
    ただ、子ども自体は好きなので時折強烈に子どもを望む気持ちにも襲われました。でも自分で作るのは罪悪感を感じるので養子などを考えたこともありました。
    結果としては、相手があまりに楽観的だし、子どもを持つことを当たり前のようにとらえている人だったのもあり、勢いでしょうか。
    生まれてみると、子どもはあまりにも可愛くて、自分より大切なので、そう思えば思うほど、この世に作りだしてしまった罪悪感を感じることがあります。でも、いまさら仕方がないので、子どもには世界一の幸せを感じてもらえるよう最大限の努力をするのみです。親より先に死ぬのは親不幸ってよく言われますが、私は子どもを見届けてから死にたいくらいです。自分の死後、わが子がつらい目にあっている姿を想像するだけで泣けます。自分が一人で野垂れ死にするのは構わないんですが。

    ユーザーID:3697991289

  • 私も理屈ではないかな。

    不妊治療中で、子供が居ません。
    トピ主さんから言わせれば『敢えて子供を作るの?』な人なのでしょうね(苦笑)

    理屈で言えば、人は1人では生けていけない。だから助け合いながら次世代に繋いでゆく。遺伝子的にも精神的にも文的にも。それが生き物として生まれてきたものの指名なのかな、と。

    でも私は理屈抜きで、子供が可愛いから欲しいです。それが自分と夫の子ならならば尚一層愛おしいでしょう。
    でも欲しくても私には出来ない。もしかしたらこの世に産まれてくるのを拒んでるのかな?とトピ主さんのように悩んだ時期もあります。実際不妊の方も増えてますし。だったら私も諦めますが。。
    でも、私のこの体のせいで生まれることが出来ないだけならば、出来る限り頑張りたいです。

    確かに苦しい世の中かもしれない。私自身、イジメや病気で大変なこともあったし。
    でもまだまだこの世は捨てたものじゃないと思う。少なくとも私ですら感動したり喜んだりしたことは沢山あった。そして苦しみも悲しみも人生の糧となり成長してきました。

    そんな経験を自分の子にもさせたいし、己に負けない強い子に育てたいです。

    ユーザーID:2223201873

  • どんな事情があるかはわかりませんが

    何をかたくなに拒んでいるのですが?
    トピ主さんは「生まれてこないほうがよかった」とおっしゃってるけど、結婚されているんですよね?最初既婚者の投稿ではないと思っていました。
    では、結婚しなかったらよかったですか?ご主人に会うために「生きててよかった」「生まれてきてよかった」とも思えませんか?否定されるのでしたら、ご主人がかわいそうですよね。

    それにトピ主さんのお母さん、お父さんはトピ主さんを望んで産んだかもしれないですね。それをどうぞ否定しないでさしあげてください。

    この世の中、トピ主さんが書かれているネガティブな部分は実際あるとは思います。ただ、それだけで世界は覆われていますか?
    それ以上にすばらしい世界でもあると思うのです。人を愛したり、愛されたり、生まれてきたことを感謝することもきっとあると思うのです。
    トピ主さんが結婚しているのなら、尚お分かりいただけるかと思います。

    ユーザーID:2571300690

  • 私の場合

    子どもは授かるものだと思います。授かった、だから産みました。
    私を必要としてくれている命、私に預けられた命、だから一生懸命育てています。愛しいです。幸せです。

    不安な世の中に子どもを送りだすことは親のエゴだってトピ主さんはおっしゃりたいのでしょうか。
    でも生物なんて人間なんて、不安や危険があればあるほど、みんなみんなただ命を繋ぐことを願う、それが生きるってことじゃないのかな。いえ、別に押し付けるつもりはありません。私も高校生くらいのときは、主さんと同じような厭世観にとらわれていたこともありましたから。

    私の息子は発達障害があります。
    でも一瞬と後悔したことはありません。ただ感謝するばかりです。この子が私のもとに来てくれたことに。

    ユーザーID:8843557802

  • 「子供は欲しくない」という気持ちが先ではありませんか?

    こんな世の中に生まれたら不幸だから、という前に。少なくとも私自身はそうでした。

    私の夫も子供を欲していました。早めに離婚し、子供を望む女性と再婚して欲しいとまで考えていたのですが、いろいろと話し合い、「そんなに嫌ならやめておこう」と夫が折れてくれました。私の場合は、夫はたいへん協力的でありかつ尊敬できる人であること、そしておそらく「産まないこと」を認めてくれたことから、逆説的ですが産む決断をしました。

    私がおかれた環境は、恵まれたものだと思っていましたし、仕事も楽しかったのですが、積極的に死にたいとまでは思わなかったにしても、自分のことは好きではなく、また「女性」であることが嫌でした。私が子供を望んでいなかったのは、自分自身を肯定的に捉えていなかったこと、子供を産む性である女性であることに関しても否定的であったことではないかと考えています。

    産む(&育てる)気になってから5年後に妊娠し、今年出産、只今0歳児の育児中です。

    不安はいろいろあります。例えば、被害者にも加害者にもなって欲しくない。少なくとも加害者にならないように教育しなくては、と考えています。

    続きます。

    ユーザーID:5691849685

  • 逆に質問

    あなたは産む気は無いのにそれを聞いてどうするんですか?「この人の子供を産みたい!」だけではだめなのですか?何故そこまでネガティブなのか逆に聞きたいです。

    ユーザーID:7415611150

  • それだけではないから

    嫌な事件が多いですが、それが全てではないし。
    悪い事だからニュースになるわけで、ニュースにならない良い事のほうが圧倒的に世の中多いでしょう。
    いつなにが起こるのかわからないのは、悪いことも幸せも一緒。
    30を過ぎて病気で初めて入院・手術を経験し、体が健康で普通に平凡な暮らしをするのが一番の幸せだと気づきました。
    一人産んでみて大変だなあと思ったけれど、でもそれ以上の幸せや周囲の人々の温かさを知って、早く次の子が欲しいと思っています。

    たとえばコップに入ったお水をこぼした時に、こんなにこぼれてしまったと嘆くのか、こんなにまだ残ってるわ!と喜ぶのか、ただそれだけの違いだと思います。
    不安なことは数え上げればきりがないけれど、平均寿命がこれだけ長い国ですから、めったなことがない限り、ほとんどの人が長生きできる良い世の中だとも言えるのではないでしょうか。

    ユーザーID:7884469574

  • 明るい明日のために

    私は去年子供を産みました。
    発言を読むと全て他人のせいですね…いいことがあるから悪い事があります。
    今は平和故の悪事ばかりです。
    私は貧乏な家庭で育ち、家族は死別・蒸発とありましたし、いじめにもあいましたが生まれて良かったと思いました。それは娘が生まれて感じました。
    まず何か行動を起こしてください。幸せになれるようボランティアをする等。

    何もしないで言葉だけで…もったいない。

    ユーザーID:7411898426

  • だったら

    いつの時代が不安ではないと言い切れるのかな?そんないい時代が今まであったか?教えてください。

    私は思います。世代が交代するたびに、その時代の大人が、前よりも住みやすい暮らしやすい世の中にしていこうと努力していくものではないのか。
    今、あなたも私も踏ん張って生きてる大人でしょ。他力本願すぎるのもどうかと思う。

    世の中良くするためには、それぞれが出来る事をしなくてはいけない。
    子供達は次に努力してもらわなきゃいけない未来の大人、なのです。次、もっといい世の中にしたいのなら、子供を持てる私たちが、がんばって生み育てなくちゃ…でしょう?

    トピ主さんの意見を読んでいると「まったく最近の世の中ときたら…」と毒づいている何もしてこなかった高齢者と同じ感覚なのかな、と思ってしまいます。

    ユーザーID:8395814684

  • 私はまだ子供いませんが

    別に夫の子が欲しいと思いません。
    夫じゃないとダメってわけじゃないんですよね。
    夫に愛情はありますが別に・・・って感じです。
    何故だか分かりません。

    私は日本で産み育てたくないとずっと考えてきました。
    私自身が日本社会が好きではないので、夫を連れて
    海外に転職しました。
    そして今海外で仕事もプライベートも充実して
    人生って楽しいもんだと実感しているこの頃です。
    この国の子供や子育て、教育などを見ていると、
    私はこの国で子供を産んで育てたいと考えるように
    なりました。
    なのでいづれは産みたいと思います。
    私の場合は、子供を育てる環境、
    自分や夫にとって住み心地の良い環境を求めていたのだと
    思います。

    ユーザーID:5950309271

  • 確率?

    それって、ただの屁理屈だと思うよ。
    トピ主さんは、結婚したって幸せになれるか分からないのに
    なぜ結婚したんですか?
    ご主人が誰かに殺されるかも知れないし、リストラされるかも知れないし
    借金などで苦しむかも知れないし、介護が必要な親が4人に増えるし
    うるさい親戚も倍に増えるのになぜ???
    ・・・・それでも、結婚することを「結婚しない人生より幸せだ」と思えたから
    なのでは無いですか?

    「明日死ぬかも知れない」・・・それは誰にも分からない。
    でも、明日死ぬかも知れないんだから食事なんて必要無い。仕事する必要無し!
    ・・・とは思わないでしょう?だって、死なないかも知れないですよ。

    悪いほうに考え出したらキリが無いです。
    トピ主さんが言うような悪いことが起きる確立と
    子供がいることで幸せになる確率、どっちが高いか分からないけど・・
    少なくても私にとっては、「子供を産み育てる喜び」のほうが
    上回ると感じたから、産みました。(・・と言うか産めて幸せです。)

    ユーザーID:9269643999

  • 不妊だったけれどどうしても子供が欲しかった

    殺されない子供のほうが多いと思います。就職できるように努力してもらいます。
    いじめに負けないように、もしされても生きていけるように育ててます。
    (今のところないのですが)障害があったとしても、生きていく道はあるはずです。

    世の中には、希望があります。
    悪いことがあっても、全てではありません。
    悲しいことがあっても、それだけではないです。
    悲惨なことがあっても、生きる意味はあるはずです。

    楽しいこと、おもしろいこと、優しい気持ち、暖かいふれあい、すてきな音楽、感動する映画、
    何度も読みたくなる本、心がなごむ動物や懸命に生きる小さな生き物、春が来ると咲きほこる花、目にしみるほどの青葉、
    海の色と足の裏の砂の感触、はらはら落ちる鮮やかな紅葉、白い白い白い雪、一口食べて「美味しい!」と思わず出てしまう食べ物、身体がゆるむ温かいお湯の中、
    光のまぶしさに目が覚める朝、いい香りを運ぶ風、みとれるほどの夕日、親子でくっついて眠る夜、友達と笑い転げる日、失恋で泣く日、悔し涙を流す日、緊張する日、幸せで震える日、
    そんな人生を過ごしてもらいたいから、産むのです。

    ユーザーID:5458480708

  • 考えすぎではないですか?

    未来の事など誰も知る事は出来ません。
    もしも、もしも・・・なんて考えていたら自分自身すら生きている事が許せなくなるのではないですか?

    人は「今」を生きているんです。
    「今」起こった問題にぶち当たった時に死ぬ程考えれば良いし、悩んで解決方法を見出せば良いのではないですか?

    私は昔に虐めにあった事があります。
    死のうと思ってはみたけど、結局は死ねませんでした。
    今、生きていて良かったと思ってます。

    いろんな人と出会い、結婚し、子供にも恵まれました。
    子が欲しかったのは私の夢だったからです。
    子供と一緒に遊んだり、話したり、悩んだり、ケンカしたり。
    決して良い事ばかりではないでしょう。
    それでも私は子供と共に、素敵な「思い出」を作りたかったのです。
    もしも「今」が辛くても、「明日」には楽しいかも知れないじゃないですか。
    もしも…と悪い事ばかりを考えるのではなく、もしも…ともっと楽しい事を考えてみませんか?

    生きている限り、可能性は0(ゼロ)ではありません。
    もっともっと回りに目を向ければ、決して「今も悪くない」と思える事があるはずです。

    ユーザーID:9692092095

  • うーん

    >産まれた子どもが、見ず知らずの人間に殺されるかもしれない、
    >成人しても就職できないかもしれない、
    >いじめに会うかもしれない、
    >それから、なにかの大きな障がいを背負って産まれたら、親(自分が)死んだ後
    >誰が面倒を見るのかという不安

    普段常時こういう不安なことばかりを考えていないから、かな?
    そりゃそういうことを不安に思う時間だってゼロではないですが・・・。

    とても幸せになるかもしれない
    幸せな生活を夫と、それから自分たちの子供と築いていければ、自分も幸せ

    そんなことを考える時間の方が多かったからかもしれません。
    将来、歳をとったらこんなおばあちゃんになりたいな、という漠然としたビジョンがあり、それが不幸でないからかもしれません。
    確かに不安な世の中ですが、悪いことばかりを考えてはいられないです。自分が生活していく上でも。

    ユーザーID:6919551218

  • 本能

    子孫繁栄の本能じゃないでしょうか。

    子供がいるからこそ、良い世の中になってほしいと心から願ってます。
    万人がそう思っていれば、本当に良い世の中になるはず。

    ユーザーID:8274363186

  • よく現実を見たほうがいい

    テレビの見過ぎじゃないでしょうか。テレビの悪いニュースにあおられ過ぎです。

    治安はそんなに悪くないです。昔よりは良くなった。昔はもっと悲惨な殺人事件などがありました。

    子どもの危険も確率の問題ですね。無防備で安心とは言えませんが、注意していれば、無事です。子供が努力すれば、就職はできます。病気になればできるだけ治療します。いじめにあえば、親も教師と協力して解決します。

    金融危機だって、日本は一番ましなほうです。

    不安に敏感になりすぎているのではないでしょうか。

    不安のない時代など、今まで一度もないのですから、不安がなくなったら、子供をもうけようなどと思わないことですね。不安は常にあるものです。不安解消のために、自分ができることはしています。しかしそれでも不安が現実化したら、現実の変化に自分が対応すればいいだけです。開き直りですかね。

    ユーザーID:5392292583

  • 続きです。リンク先のトピを読んで

    死を考えていたのは仕事のせいだけですか?辞められる決意をし、辞表も提出されたそうですが、その後に書かれたこのトピを見る限り、精神的に楽になっていないような印象を受けます。一度カウンセリング等も考えられた方がよいのではないでしょうか?私自身はカウンセリング等を受けたことはないのですが、中学生くらいの頃から心理学や精神医学、哲学系の本を読みあさっており、自分なりに某かを模索していたでしょう。

    子供については、ご主人ときちんと話し合った方がよいと考えます。

    確かに、子供を持つかどうか意見が異なる場合の話し合いは難しいですよね。しかし、お子さんを望んでいるご主人に内緒で避妊、というのは、ご主人にあまりにも失礼では。仮に子供を望んでいるご主人が、子供を望んでいないと知っていながら妊娠し易くなるような薬(そんなのはないでしょうけど)をたまさんにこっそり飲ませていたら、そんな人と一緒に暮らすのは困難じゃないですか?

    ただ、子供のことよりも、まずはたまさんの精神状態が少しでも安定することの方が先だと思います。

    確かに先行き不安な世の中ですが、いつの世も某かの不安材料はあると思いますよ。

    ユーザーID:5691849685

  • 考えすぎない

    トピ主さんのお気持ち分かります。全く同じことを考えます。
    ただ、私はそれでも子供が欲しいです。
    もし5人に1人が犯罪で命を落とすようだったら、本当に怖くて私は子供を産めませんし、自分も生きた心地がしません。
    他人事と思っているのではないけれど、いつ起こるか分からない事を案じても、結局起きない率の方が高いんです。
    実際、そんなに人生ずっーと辛いことばかりでしたか?
    私は辛いこと、悲しいこと、たくさんありました。
    でもやはり、家族や夫や友人に出会えたので、生まれてきて良かったです。
    同じように、子供にも人の愛情や優しさを知る機会を与えたいです。
    あまり考えすぎると、何もかも怖くなってしまいますよね。
    考えても仕方のない事は、適当なところで思考を中断することです。

    ユーザーID:1237688580

  • 横ですみません

    >「利己的遺伝子」を提唱したドーソンの説です。

    『利己的遺伝子(原題、『The Selfish Gene』)』の著者はリチャード・ドーキンス、です。

    面白い本ですよ。

    ユーザーID:5691849685

  • だって

    誰かが良い時代を作る日が来るかも知れない。
    それに我が子が少しでも関わるかもしれないから。

    それに子供が産まれた日に病院にきてくれた人たち。
    たくさんの人が子供を見て心のそこから笑っていました。
    たった一つの小さな命がこんなにも皆を幸せにする力がある
    んだと驚きました。

    今よりもっと辛い時代に生きた人たちもいます。
    もっと大変な時代に生きた人もいます。
    そういう先祖がそれでも命をつないでくれていたから自分がある
    んだと思います。

    ユーザーID:1126051709

  • 夫婦だけでは

    まるで、老夫婦と同じのような気が私はします。当方2人子供がいますが、やっぱり子供はいたほうが楽しいし、子供を通じてしか学べない事も沢山あります。子供がいたほうが生活に張り合いも出てくると思います。

    これから子供がどうなっていくのか。。想像しただけで楽しみですよ。決して楽ではないと思いますが、それも人生です。

    今は子供が大きくなって、子供に運転してもらってドライブとか旅行とかするのが夢です。子供がいてもそんなに悪い事ばかりではないはず。。と信じたいです。

    ユーザーID:1752001496

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧