妊娠中の卵と牛乳とアレルギー

レス19
(トピ主0
お気に入り27

妊娠・出産・育児

新米妊婦

現在妊娠初期の35歳主婦です。
ようやく初めての赤ちゃんを授かることができて幸せいっぱいなのですが、
一つ心配でたまらないことがあります。
私自身がアトピーなので、赤ちゃんへの遺伝のことです。

かかりつけの大学病院の皮膚科の先生からは、私には食物アレルギーがないので、何を食べても赤ちゃんへの影響は全く関係ない。好きなだけ牛乳も卵も食べてよい、と言われていますが、周囲には根強く「妊娠中は卵と牛乳を絶対に食べない」という説が残っています。

一応、やはり気になって仕方ないので牛乳も卵も控えていますが、考えてみればパスタやパン、ハンバーグなど、目には見えなくても牛乳や卵が使われている食品は数限りなくあり、それを全部除去するとなると、外食もままならないこととなり、最近なんだか疲れてきました。
元々便秘体質で乳製品やコーヒーが予防のため欠かせなかったのですが、それらを現在摂らないため、便秘もひどくなる一方で(泣)。

小町には妊婦の方や出産経験者の方、アレルギーに詳しい方がたくさんおられるようです。
参考までに、みなさん、妊娠中、どの程度、食事、特にアレルギー除去食に気を使っていたか、お聞かせ願えたら、と思ってトピをたてました。

アレルギー体質が遺伝するのは仕方がないと思っていますが、とにかくあまりひどいアレルギー体質にならないよう、今から気をつけられることがあるなら気をつけたいと思う一方、あまり疲れてしまうほど神経質になりすぎるのもおかしい気がして・・。

先輩ママのみなさま、ご意見お聞かせください。

ユーザーID:6191226598

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一人目の時の経験

    2歳の娘は生後半年で卵と乳製品、ナッツ類にアレルギーが出て、母乳だったため私も除去しました。
    妊娠中は「栄養を取る」ことしか考えておらず、カルシウム補給のために毎朝1カップ程牛乳を飲み、それ以外にこまめにヨーグルトやチーズも食べました。(それまではそんなに好きではなかったのであまり摂取していませんでした)
    卵は元々卵料理も卵かけご飯も好きなので、一日1、2個個はコンスタントに食べていました。(完全栄養食品だって言われたし)
    今はその食生活をとても後悔しています。

    トピ主さんが仰るように、卵や乳製品そのものの摂取を控えても、ありとあらゆるものに含まれています。
    だから完全除去が難しいと考えずに、そのものの摂取を控えれば、原材料に多少含まれたところで摂取量は減らせる、と考えてみてはいかがですか?

    今二人目妊娠中ですが、卵や乳製品の入ったお菓子もお惣菜も外食も食べています。
    でも牛乳は週に家族(夫と共通)で1パックまで、卵も外食では食べますが、わざわざ自宅用に買いません。マヨネーズは娘も使うので卵抜きの「マヨドレ」を使っています。 前回と摂取量は大分違うと思います。
    続きます

    ユーザーID:6757500050

  • 一人目の時の経験 2

    遺伝についてですが、私は一人目妊娠中、娘にアレルギー体質が遺伝するかもしれないとは全く思っていませんでした。
    夫は幼少時アトピー性皮膚炎、小学生まで小児喘息、大人になってからアトピー性皮膚炎再発です。
    私は幼少時アトピー性皮膚炎で、中学の時、生の鯖はアレルギーで食べられないことがわかりました(と言っても、体調が悪いと蕁麻疹が出ることがある程度で、軽度です)

    ↑の状況について、今は「両親ともにアレルギー体質」だったかもしれないと思います。
    妊娠中の食生活と生まれた子のアレルギーについての因果関係ははっきりとはわかっていないようで、私も前回妊娠中ははっきり助産師に「無関係」と言われましたが、その経験があって、因果関係は不明だろうから今回もがっつり気にせず食べましょうとはとても思えません。
    もしこれでアレルギーにならない、とか上の子よりも軽度になるのであれば、自分も完全除去した授乳期間(外食もスーパーのお惣菜にも頼れない)よりもずっとストレスは少ないです。

    長くなってすみません。

    ユーザーID:6757500050

  • 一人目の時の経験 3

    長くなってしまいましたが、最後に便秘についてです。
    私も妊娠中は特に便秘がひどいです。
    毎朝ヨーグルトを食べていました。
    そのせいかどうかわかりませんが、娘は血液検査の結果ではもう一年前から食べられるはずなのに、未だにヨーグルトを食べると痒くて夜に寝付けないほどかきむしります。
    今回は外食でデザートにちょっとくっついてきた時以外は殆ど口にしていません。
    便秘対策はかかりつけの産科医に妊娠中も服用できる便秘薬をいただいてはいかがですか?
    私は酸化マグネシウムの錠剤を処方してもらってますが、調子いいですよ。

    ユーザーID:6757500050

  • 私の場合

    私自身にはアレルギーはありませんでしたが、夫が小児喘息でした。周囲には「妊娠中毎日卵を食べていたので子どもが卵アレルギーになった」という人がいました。後悔するような妊婦生活は絶対送りたくなかったし、もともとあまり外食も好きでなく、市販の惣菜や冷凍食品、化学調味料など使う習慣がないので、問題のありそうなものはみんな除去してしまいました。乳製品、卵、小麦粉・・・大豆製品は、豆腐と油揚げだけは食べましたが納豆やオカラなど分子の大きいものは避けました。

    なので、戦前の庶民みたいな粗食でした。産むまでつわりのようなのがあって、これらのもの(洋食)をあまり食べたいとは思わなかったから全然苦じゃなかったです。体質は3ヶ月サイクルで変わるため、どうせ妊娠8ヶ月からは授乳を見据えた食事(油脂と果物、甘いもの抜きの和食)にしなくちゃいけないし(・・・病院ではそんなこと言われないと思いますが、私は助産院だったので)。

    ただ、乳児湿疹→食物アレルギー→小児喘息→アトピーといったアレルギーマーチをたどるのは確か全体の20%とかその程度だったと思いますよ。
    私は毎日一時間は歩いてました。便秘にも効きますよ。

    ユーザーID:7874394532

  • 後悔している母 さま

    丁寧なレス、本当にありがとうございます。
    高齢初産婦で色々と不安になっているので、後悔している母さんからのお言葉、とても参考になりましたし励まされました。

    お子様のアレルギー、おつらいですね。
    私自身は食物アレルギーではなく、ダニやハウスダスト、ペットの毛などのアレルギーなので、除去食しか食べられない大変さを経験したことがないのですが、それでもその辛さは想像できます。
    でも、楽天的な意見かもしれませんが、私が今まで見てきた限り、食物アレルギーのお子さんは、成長するとともに改善されていくことが多く、大人になるまで持ち越す方は少ないのでは?という気がしています。後悔している母さんのお嬢様も、きっと良くなると信じて今を乗り切ってくださいね。

    実は私、現在食べづわり症状がすごくて毎日が空腹と食欲との戦い(笑)なんです。とにかくおなかが空いてあらゆるものが食べたいのに、牛乳と卵がダメってなると辛くって・・。(体重は今のところ増えていませんが)
    それで思わず愚痴のような気持ちでトピを立てたのかもしれません。

    あまり思いつめず、ゆったり楽しく過ごせたら、と思います。

    ユーザーID:3941923461

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • やはり・・・

    最近は 妊娠中の制限は必要ないといいますが・・・・ 我が家はアレルギー家族。妊娠初期は気をつけていましたが、なんと切迫早産で妊娠5ヶ月目から臨月まで24時間点滴生活で入院というありえない環境で、朝食がトーストとゆで卵と牛乳だけだったんです。おなかがすいてすいて、食べてはいけない卵を食べ牛乳を飲んでました。

    はたして・・・生後3ヶ月目に受けた息子の血液検査の結果。まだ一度も卵も牛乳も口にしてないのに、数値が5段階の最高数値を完全にふりきってました@@

    後悔してもおそし。アレルギー用ミルクを使い、離乳食はほかの子よりずっと遅めの2歳からはじめました。その後も卵と牛乳は除去しましたが、微量ずつとっているとアレルギーが緩和されると聞いていたので、少しまじってるパンや 火をとおしたホワイトソース、シチューなどは与え続けています。

    中学生の今、生たまご、生牛乳は禁止。火が通っていれば少しなら口にしてOK。この方法で かきむしったりする症状は経験ありません。ただ、一度保育園の若い先生が フレンチトーストの材料を知らずに食べさせたときは 顔が風船のようにはれ上がったそうです。

    ユーザーID:9310201722

  • 海外では色々言われます

    海外で妊婦をしている者です。
    ・卵は完全に火が通っているもの意外は駄目。卵かけご飯は当然駄目。料理してても半熟なら駄目です。
    ・牛乳は(熱)殺菌処理されているものはそのまま飲んでもOKだけど、なるべくならば温めて飲食するように言われます。
    ・チーズやヨーグルトも殺菌処理された牛乳から作られたもの以外は駄目
    ・両親に食物アレルギーがある場合は、妊娠中はもちろん、授乳中を含め出来れば一歳まではそれらのものは食べない&食べさせないように言われます。
    ・海外ではアトピーはアレルギーの一種として扱われるので、食物アレルギーがなくても、同様に注意を求められます。
    ・便秘は婦人科の先生に相談すると良い薬などがもらえるかも知れません。妊娠中は、水分をとにかく多く摂取するように言われます。

    ユーザーID:7984673108

  • パンはホームベーカリーで

    ママじゃないけど、ホームベーカリーで牛乳や卵ナシのパンが作れますよ。

    ユーザーID:2807831154

  • ばっかり…を止める1

    私自身がアレルギー体質で、幼い頃はぜんそくや鼻炎にかなり苦しみました。
    でも、アレルゲンはスギやブタクサなどの植物だったので、妊娠中はあまりアレルギーのことは
    意識せずに過ごしました。

    ところが上の子が生後4ヶ月になった時、耳たぶの付け根が切れてジクジクするように。
    ずっと治らないので病院に行ったところ、卵が原因のアトピーでした。
    4ヶ月検診で子供の様子を見た保健師さんが病院の受診を勧めてくれたのですが、
    最初に行った大学病院の皮膚科では「アトピーではない」、近所の小児科では「アトピー」と、
    医師の意見も割れました。その後アレルギー専門医に行って、アトピーと確定しました。

    小児のアレルギーについて、皮膚科の先生がよくご存知ないこともあるようです。

    その後母子ともに卵の完全除去をして2年過ごしました。
    第二子妊娠中にアレルギー専門医に食事の相談に行きましたが、
    5大アレルゲン(卵、乳製品、大豆、小麦、落花生)を完全除去すると
    確かに子のアレルギーの確率は減る可能性はあるけれど、母体が栄養不足になる
    恐れもあるので、「普通の」食事をということでした。

    ユーザーID:5886996047

  • ばっかり…を止める2

    「普通」というのは、「妊娠中だから●●を多く食べよう」と、意識的に特定の食品を
    取らないということ。

    現代の食事情のなかでは栄養は足りているので、妊娠中だからといって何かを
    多く取る必要はないのだそうです。
    (野菜を多めに、とか、インスタントものは控えめに、とか
    バランスを考えることは大切。でも、特定のものを毎日プラスする必要は
    ないということだそうです)。
    ところが多くの妊婦は妊娠中に(体によさそうだからと)乳製品や卵、大豆を多く取ってしまう
    傾向にあり、その結果子がアレルギーを発症しやすくなるのだとか。
    思い返すと私自身、上の子の妊娠中は卵を毎朝食べていました。


    第二子妊娠中はオムレツなど単体の卵料理は取らず、
    卵が入った食品はOK という気分ですごしました。
    ヨーグルトや牛乳も妊娠前と同じくらいの量、納豆や麺類が続いたりしないように
    気をつけました。(断つこともありませんでした)。
    カルシウムは小松菜や小魚などからも取るようにして。
    「ばっかり」を止めると、自然にいろいろな食材を取るようになり、
    バランスもよくなります。

    下の子(8ヶ月)はアレルギーも発症していません。

    ユーザーID:5886996047

  • 産まれる子の10-15%は食物アレルギー持ちだと言われました

    私自身も食物アレルギーはないのですが食べ物以外のアレルゲンはわんさと持っています。ですが、生卵や卵料理を控えめにするくらいで、完全に除去するといったことはしませんでした。

    産まれた子供は卵、牛乳、チーズなどにアレルギーを持って生まれてきました。友人には、1歳過ぎて重度の卵アレルギーだとわかったという子もいます。(普通に摂取してもまったく反応がでなかったが、卵が手に付いた状態で顔を触ったら顔が腫れて判明)

    通院しているところの先生によると現代人は許容量を超えた卵や乳製品を偏って摂取しすぎなんだそうです。
    バランスがとれていることが大事で、許容量を超えた摂取で体内の過剰な反応を招くという考えです。(これも先生によってだいぶ言うことが違いますが)
    出産後の方がダイレクトな反応が見える分、気をつける点が増えると思いますので現時点でストレスがたまるほど除去する必要はないと思います。外食や加工品に入っている物を摂るくらいは柔軟に考えてはどうでしょう。

    もし、アレルギー反応がでたとしても大きくなってくれば消えるor軽快すると考え上手につき合っていく方法を模索すればよい話です。

    ユーザーID:8025279239

  • 私の場合

    1人目は生後3ヶ月から湿疹が出始め、1歳になった頃
    血液検査をしたら卵アレルギーでした。

    旦那は甲殻アレルギーのみで、私もアレルギー体質ではありません。

    1歳半で喘息へ移行しましたが、3歳の今は卵も食べられるまで
    数値も下がり、喘息も少しずつ良くなってます。
    湿疹もでなくなりました。
    どうにか、湿疹⇒食物アレルギー⇒喘息で止まってくれたようです。

    そこで、2人目の妊娠発覚。

    病院の先生にお聞きしたら、胎児のアレルギーが確定し始める
    妊娠8ヶ月ごろから卵の摂取を控えたら?といわれました。

    ただ、妊婦が控えても子供がアレルギーにならないという
    医学的根拠はまだないそうです。

    できれば、アレルギーのない子が良いけれど
    上の子で薬などの対処方法も分かっているので覚悟はできてます。

    ユーザーID:8724245260

  • レスありがとうございます。

    菊椿さん
    菊椿さんのお子様には御主人のアレルギー体質、遺伝しなかったのですね?
    よかったです!
    私も元々化学調味料や加工食品はめったに使わないので、それは容易に除去できるのですが、卵と乳製品は大好きなので結構つらいです(汗)。
    しかも、どうやら食べづわりらしく、7週後半の現在、ひたすら空腹と食欲の渦に翻弄されている〜という感じなので、とにかくガッツリ食べたい衝動にかられるのです。そのときに卵と乳製品はダメ!となるとだんだん辛くなってきまして・・。
    菊椿さんは相当色々なものを除去して頑張っておられたのですね。
    でもその場合、蛋白質やカルシウムはどうやって補われたのでしょうか。
    お時間ありましたら、参考までに教えていただけますか?

    ココさん
    切迫早産、大変な思いをなさいましたね。
    朝食がたったそれだけなんて、妊婦の健康を考えているとは思えません。
    でもあまり後悔してご自分を責めないでくださいね。
    息子さん、これから身体も大きくなって体力もついたらきっと良くなると信じて、もうしばらく頑張ってください。応援しています。
    レスありがとうございました。

    ユーザーID:3941923461

  • カルシウム

    砂糖を食べませんでした。お砂糖って、ちょっと摂取しただけで代謝のためにカルシウムが使われてしまいます。清涼飲料水を1缶飲んだ場合に失われるカルシウムは牛乳7リットル分だそうです。料理にも砂糖は一切使わず、代わりに醤油と味噌、酒の質にはこだわりました。よい醤油や味噌があれば、ほかの調味料はいらないです。野菜も生協などで取り寄せて食べてました。いい野菜はシンプルな味付けでも十分甘みがあって美味しいです。

    あと、毎食煮干で味噌汁を作ってました。で、その煮干に酒と醤油を振って、フライパンであぶっておやつにしていました。
    たべづわりはつらいですね。私も食欲はあったんですけど、乳製品や脂っこい食品は胸焼けしてしまったので、米ばっかり食べてました。

    魚が大好きなので魚は食べていました。お肉も食べてましたよ。ただ、サバばっかりとかそういうのは避けてました。あとやはりアレルギーは消化と関係があるようなので、よく噛んで食べるように気をつけてました。パンが食べたかったら米粉で作れますよ。子どもにアレルギーのお友達ができたとき、この生活も役立つかも!便秘には「玄米酵素ご飯」が効きますよ。検索してみて!

    ユーザーID:7874394532

  • トピ主さまの食べられるものを食べる

    気を使ってもなる時はなると思います
    実際兄弟でアレルギー持ちは私だけです

    ユーザーID:4015241443

  • 離乳食を遅らせました。

    3歳の娘が居ます。
    私も重症に近いアトピーで喘息持ちです。
    妊娠中の食事は、卵を完全に除去はしていません。
    とにかくバランスよく、色々な種類の食材を取ってました(出来るだけ添加物は少なくするようにしました)。
    ただ元々卵自体、週に1〜2個しか自宅で食べていませんでした。

    そんな中で「西原式」を知りました。
    「西原式」や「西原克成 離乳食」で検索すると、色々出てくると思います。

    賛同できる部分もあったので、離乳食を遅らせることにしました。

    37週予定帝王切開、2.5キロで娘を出産(子宮が人の半分の大きさの為、これでも育った方です)。
    7ヶ月以降にミルクを数回あげた以外は、母乳のみで9ヶ月まで育て、
    離乳食は、他の子が5ヶ月で始めるのと同じようにスタート。
    たまたまかも知れませんが、娘の肌は綺麗です。ただこれは様々な要因が絡むので、「これをしたらアレルギーが出なかった」とは言い切れないと思います。

    ユーザーID:7603931838

  • 私もアトピーですが

    35歳の主婦です。私もアトピーですが、妊娠中は卵も牛乳も口にしていました。牛乳は単純に嫌いだったので本当は飲みたくなかったから料理に使って積極的過ぎるほどにとりました。
    結果子ども二人はアトピーではありません。小学三年生と二年生ですが、今のところアトピーの症状はありません。
    下の子がアレルギー性鼻炎と言われましたがほんの軽いもので一時薬を使用していましたが、現在は何も服用しておりません。

    遺伝するかしないかは産まれてみないとわからないですよね。ただ私も食べ物で反応するものではありませんでした。

    トピ主さんのお子様もアトピーではないといいですね。そう願います。

    ユーザーID:1705148354

  • 妊娠8ヶ月以降

    http://www.kyudai-derm.org/atopy_ebm/08/kranke.html#02
    九州大皮膚科の説明によると、根拠のない除去食はメリットよりデメリットの方が大きいそうです。

    家族に食物アレルギーをもつ人がいる場合は、その食品を妊娠8ヶ月以降避けて後はバランスのよい食生活を・・・というのが、無理なくできる範囲かと思います。
    何にせよ「ばっかりたべ」というのがあまりよくないと思います。でも初期のうちはまだ赤ちゃんは胎盤から栄養をダイレクトに吸収してるわけじゃないですし、つわりでジャンクフードしか食べられなくなる人や水も受け付けず点滴で生きながらえる人もいるくらいですから、胎盤が完成する時期までは葉酸とか鉄分に気をつけてれば大丈夫じゃないでしょうか。

    ユーザーID:3960907790

  • 卵・牛乳

    私も妊娠中に
    卵・牛乳はアレルギーの元になるから
    取らない方がいいと聞いた事がありますが
    某国立の小児病院で調査をしたところ
    妊娠中に適度に取っていた人の方が
    全く取っていなかった人より発症率は少なかったそうです
    やっぱり
    赤ちゃんがお腹の中で少しずつ摂取していた方が
    生まれてからいきなり食べるより
    体にも抵抗がないのかな〜なんて思いました

    ユーザーID:3258714382

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧