現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「死んだ動物なんて食べられない」と肉を食べない6歳の娘

ぱんだ
2008年12月11日 9:20

6歳の次女が、物心ついた頃から、
肉や魚を食べません。

理由は「死んだ生き物を食べたくない」からだそうで、
「かわいそう、気持ち悪い」という感情があるようです。

ご飯やパスタや卵、好きな野菜はよく食べますし、
ソーセージは彼女いわく「肉じゃない」そうなので、食べます。
(フルーツのように木になっていると思っていたそうです)

ハンバーグも最近はちょっと食べるようになりました。
(でも、ハンバーグも肉だよ、というと、
気持ち悪そうな顔をして、食べるのをやめてしまいます)

子どもとはいえ、「死んだ動物を食べたくない」とはっきりした
意思を持っているので、無理強いはしていませんが、
栄養素的には大丈夫なんでしょうか?

毎日、ソーセージか卵、チーズを食べさせるようにしていますし、
牛乳やヨーグルトも取らせるようにしています。

非常に元気な子で、健康診断でも問題があったことはないですし、
背も高いです。

ちなみに海外在住で、給食などはないので、
学校で苦労するなどの問題はありません。

ユーザーID:2677482480  


お気に入り登録数:85
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:33本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
私もでした
草食動物
2008年12月11日 11:45

現在30代後半です。昔から肉が食べられません。
ハンバーグなどひき肉やソーセージは大丈夫ですが、
作りが荒い肉っぽいソーセージは食べれません。
(わかづらくてすみません・・・)

ちなみに。
昔、日曜の夜「野生の王国」という番組があって、
それがライオンがシマウマを獲ったりする番組でした。
それを見て気持ちが悪くて食べれなくなったんんだろう、
と父親は言ってました。
単に嫌いなだけだったと思うんですが、
「かわいそうに思うんだろうね。お前はやさしい子だな」
と言って、肉に関してはあまり無理強いはされませんでしたよ。
たまに「これ1つだけ食べてごらん」とかはありましたし、
その他の好き嫌いは絶対に許されませんでしたが。

大人になって克服する食べ物もあると思いますが、
肉の場合は違いました。今でも食べられません。
健康上はまったく問題ないです。

ユーザーID:5978541732
厳密に言えば
nu
2008年12月11日 11:47

野菜だって生きてたんですよ。
「命をいただく」
ということに肉も魚も野菜も変わりないと思うのですが・・・

それから、私達のために命を捧げてくれた動物たちに対しては
「気持ち悪い」ではなく、感謝する心を育ててあげられるといいですね。

ユーザーID:4389751105
まあ大丈夫なのでは?
ジェイン
2008年12月11日 11:50

世の中にはもっと厳格なヴェジタリアンもいますし、お嬢さんは他のものはちゃんと食べられるのだから今の時点でそれほど心配することはないと思います。

少し横にそれますが、その「死んだ動物は食べられない」というフレーズで思い出すのは、個性的な独自の世界観を持つポップスター(私は大好き)の、ケイト・ブッシュが小さい頃に言った全く同じセリフです。
それから彼女はずっとヴェジタリアンとのことでした(今現在はどうか知りませんが)。

またこれから先、お嬢さん自身、大きくなっていく過程で「そんなことも言っちゃいられない」と肉も食べるようになるかもしれませんし、きっと大丈夫です。
それ以上に偏食が目立ち、ドクターから注意されるようになったらまた考えればいいのでは?

ユーザーID:7300885377
ビーガン
クリス
2008年12月11日 12:06

私にはビーガンの友人知人が沢山います。
内の一人は既に男の子(17才)と女の子(7才位)を完全菜食で育てています。
ビーガンというのは肉魚はもちろん乳製品、卵も食べない事を指します。
元気(すぎる位)に育っています。
他のビーガンの友人たちも皆顔色も良くすこぶる健康です。

注意すべきは海藻類と大豆と玄米を良く摂る事です。
その人たちは所謂専門家ですので、ニュートリショナルイースト(すみません、日本語名を知りません)をよく使いますし、ニンニク、生姜、ナッツ、玄米、フルーツを良く食べますし、もちろん野菜も沢山食べます。
彼らの所属している団体はナショナルジオグラフィックで沖縄を抜いて世界一の長寿団体と特集された事もあります。

かく言う私も普段はビーガンです。
肉魚、乳製品、卵は自分では買いません。ただ、外食などをする際は気にせず何でも食べます。

世界中に沢山のベジタリアンが居ます。
彼らはそれなりに肉魚を摂らないが故の欠けやすい栄養を摂る事を心がけてはいますが、そんなに神経質になる必要もありません。

海草類と大豆と玄米を良く摂る事。
勿論体質には個人差もあるので注意は必要です。

ユーザーID:1756869610
大丈夫
はな
2008年12月11日 12:28

現在高校生の娘も幼稚園の時から肉も玉子も食べなくなりました。理由はトピ主さんのお子さんと同じです。
「嫌い」という理由ではなく、「かわいそう」という理由で肉を食べられない子に無理強いすることほど酷なことはないと思っていますので無理強いせずにいたらいつの間にか高校生になっても食べられないままです。

小学校の時は給食だったので毎年度初めに担任の先生に理由を話し「給食でも無理強いしないよう」お願いしてきましたが、受け入れてくださる先生、受け入れてもらえない先生色々でしたので娘なりには苦労したと思いますが、学校以外の場で困ったことはないようです。

健康面からいっても困っていません。身長167センチ体重43キロとちょっと痩せ気味ではありますが運動をしているので骨格はしっかりしていますし顔色もいいし、貧血もありませんし、めったに風邪もひきません。
最近は栄養に関してもいろんな考え方の著書が出ていますが、本来日本人は肉食の民族ではないので野菜中心の食事でも大丈夫だという考えに落ち着きました。

ただ一つ気をつけていることといったら、豆をよく食べさせるようにしていることくらいです。

ユーザーID:8608999424
荒れそうだなあ
匿名
2008年12月11日 12:30

物心ついた頃からというのがすごいですね。
何かのアニメやお友達の影響でしょうか?
そして偏食というより菜食主義者との論議に摩り替わりそうな話題ですね。
なんだか荒れそうな予感がひしひしとします。

もし自分の子供だったら
・死んだ動物が可哀相なら生きてる動物は可哀相じゃないから食べられる?
・何故動物だけが可哀相なの?植物は可哀相じゃないの?
・全ての地球上の生き物は自分達の力だけでは生きていけない。
他の生物(動植物)から栄養をもらわないと生きれない。
だから食事の前に「いただきます」「ごちそうさまでした」を言うのは料理を作ってくれた人だけじゃなく
食材にも「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えるために言う。
慈悲の気持ちをもって食べる事が生きるという事。
とか言うかも。

基本的にお嬢さんのような理由で菜食主義になる方をどうかしようとは思いません。
ただ肉も魚も野菜も食べる我々雑食主義(笑)の人達の前で
自分の主義主張を声高には言わせないようにして下さい。
日本では煙たがられるかも?

ユーザーID:1607412444
わっかるー!
ロボット
2008年12月11日 12:34

小さい頃から肉類が苦手です。
餃子は中身を抜いて皮だけ食べ、
カレーは肉をつがないようにしてよそい、
親になった今も、自分の皿にだけ肉を置かないですね。

魚は比較的食べますが、やっぱりそれ程食べないかな。
もう完全に乳製品で生きてる感じです。

でもまあ、普通です。
肉体的に言うと、学生の頃国体へも行った体ですので、丈夫ですね。

別にアレルギーという訳ではないので、
自分の歓迎会で焼肉、なんて時は精一杯我慢して食べます。
でも、あくる日胃と腸の具合が悪くなって困りますね・・。
(あ、やっぱり何かあるのかなぁ)

ユーザーID:7848317181
何の問題もありません
メリア
2008年12月11日 12:55

日本では「一日30品目」とかいろいろ言われますが、そんなに食べないといけなくなったのはつい最近の話です。

そもそも肉・魚にのみ存在し、それ以外からは決して摂取できない栄養素とは何か?またそれを摂らないといけない理由は?について正確に答えられる人はいません。
国によって、また地域によってはある決まった食物しか食べないという人間も存在しますが、彼らは栄養失調で死んだりしません。
そのメカニズムについては解明されていないからです。

私の親友は両親がヴィーガンだったため、生まれた時から肉・魚・あらゆる動物由来のものは摂っていませんが、体が小さいということもなく(身長は170センチの女性、大変均整のとれた体で心も体もいたって健康です。
私もベジタリアンではないのですが、ある種類の動物は食べません。

日本ではお嬢さんのようなしっかりとした信念を持つ子でも、「偏食」の一言で片付けてしまいますが、幸い外国にお住まいとのこと。
栄養学的には何の問題もないので、安心してお嬢さんのスタイルを誇りに思ってください。

ユーザーID:6035253623
解決法じゃなくて申し訳ないのですが携帯からの書き込み
2008年12月11日 13:55

『ふしぎの海のナディア』というアニメのヒロイン、ナディアにそっくりですね。
動物の死体だから肉は食べない。卵は卵だから食べる。サーカスで動物たちと一緒に育ったので動物が食べられないと言う設定でした。
トピを読んで真っ先に思い出しましたね。
ちなみに、そのヒロインは結婚して子どもが産まれて、魚などの料理はする様になったけど自分は一切食べなかったという後日談もあります。
ただ、これはアニメでの話ですから実際は栄養的にはどうなのでしょう?無理やり食べさせるのも酷な気もしますし。

アドバイスじゃなくてすみません。

ユーザーID:9867798944
栄養面はやり方次第
あおい
2008年12月11日 14:18

 栄養面は、トピ主さんがきちんと栄養の知識を得て食事の用意をすれば
可能だと思われます。豆腐ハンバーグとかもあるし。
乳製品・卵を受け付けるなら、完全ベジタリアンより選択肢がありますし。

 でも、ヨコですが一言、余計なことと思うのですが、言います。
植物からだって命をもらっているのです。口をきかないだけです。
人間の都合で品種改良され、土に還るところをかっさらってきているのです。そうやって人間は生かされているのです。
もちろんトピ主さんだってわかっていることと思います。
動物を「かわいそう」と思うのなら、食べないのは自由です。
でも同時に植物にも「ありがとう」くらいは思って欲しいです。

ユーザーID:2514442188
まあ
KATA
2008年12月11日 15:22

栄養的にはトピ主さんが気をつけてらっしゃれば平気かと。(後述)

でも個人的にはそういった半端ベジタリアンは嫌いです。

植物にだって命あるでしょうにねえ。って思います。卵も。
娘さんはお子さんなので余り深くは言わないでいいとは思いますが。
海外在住ということですしね。

でも卵OK、ソーセージOKはえらくハンパじゃないかな、とは思いますので
そろそろいろいろ教えても良いのかもしれません。

なお、ベジタリアンには段階・種類があるので、一度トピ主さんも
まず調べてみるといいですよ。とっかかりはwikiで良いと思います。
ベジタリアン、でgoogleで一番上、Yahooで2番目に出てきます。

その他、栄養の話とかも出てきますので是非。

ベジタリアン 栄養 で検索してもいいかも。

ユーザーID:6607518969
肉を食べなくても大丈夫です!
ベジバーガー
2008年12月11日 15:42

私も娘さんと同じ様な理由で、三年ほど前から肉を食べなくなりました。
昔から何だかモヤモヤしていたものが吹っ切れて、とても気分良く過ごしています。
まだ6才でそれだけ強い意志を持って、自分の食べる物を決めるなんて、とてもしっかりしたお子さんですね。感心しました。

さて栄養の心配ですが、これからも成長期が続きますから気になりますよね。
肉=タンパク質の補給には、大豆(豆腐、豆乳、枝豆など)をお薦めします。
私も海外ですが、肉の代わりになるグルテン製品など、御近所のナチュラル系マーケットにありますので、これを使って普通の肉料理(勿論ハンバーグも)が作れますよ。そして結構いけます!

気になるのはソーセージ、あまり身体に良くない添加物が入ってる物が多いので、気を付けて下さいね。

日本だとどうもベジタリアンに理解が少ないですが、海外だとわりと普通に生活できるはずです。

あと年に一度の健康診断を忘れずに、その際ベジタリアンだという事も伝えると良いと思います。

Good Luck!

ユーザーID:4157678363
妻がベジタリアン
やっぱり野菜が好き
2008年12月11日 15:45

妻がちょうどそのくらいの年代に,当時の家族の中で一人だけ肉・魚を食べなくなったそうです。それからずっとベジタリアンです。

理由も似ていて,妻にとっては食肉や魚というのは単に死体の切れ端くらいにしか思えなかったようです。ただし「かわいそう」という気持ちはないようで,私を含め家族のおかずは肉・魚でとても上手に作ってくれます(味見もせず…)。

栄養としては乳製品,豆製品を多く摂り,それで蛋白質が足りているのではないかと思います。健康状態は同年代の平均よりずっとよく,血液検査も全部優良値です。ただ,妊娠中に鉄分が不足して困ったことがありました。

というのも,ここは欧州なのですが日本のように新鮮で豊富な野菜,特に葉ものがなかなかないのです。大豆製品もわずかですが,それでも食生活の工夫で乗り切っています。インドなどでは菜食主義者が多いようですし,人間は元々肉類を食べなくても健康に生きられるのではないでしょうか。

ユーザーID:3074843017
私もです。
こかい
2008年12月11日 16:02

私も5,6歳ごろ、祖母が近くの養豚場でもらった頭つきの子ブタをさばいて、カレーに入れるのを見て以来、肉を食べられなくなりました。
ソーセージが木になるという発想と似てると思うのですが、私の場合、口に入れるお肉はあのかわいい動物たちでなくって、工場で加工品の
ように、最初から作られるものと思い込んでたのです。
幸いシーフードは大好きです。

今でも肉類は一切だめなので、仕事上、いろんな国に行く時にちょっと支障はあります。また友達との付き合いでも。。。
でも最近はベジタリアンの人もずいぶん増えましたから、以前ほどは生きづらいことはないかと思います。アメリカなんて20年前に初めて
行ったときにすでに、肉を食べないといっても驚かれませんでしたから。
ただ、スイス、ドイツはお肉ばかりでちょっと困ります。体力的には全く問題ないですよ。住んでいるところが海鮮物が豊富でないので、
あまり口にすることもないので、状況的にはお嬢さんと一緒ではないでしょうか。タンパク質は納豆、卵で補ってます。

ユーザーID:1531731757
残酷だなあ〜
PAIN
2008年12月11日 19:40

肉はだめだけど、植物は生き物じゃないからおっけー。


植物を愛でる人間としては、なんて残酷な考えなのかと思います。
植物だって生きています。植物の生は気にしないけれど、動物の殺生はあり、というのは間違ってはいませんか。

そもそも生物というのは、他者の生を奪っていきていかなければいけないつみ深いものなのです。
だからこそ、全ての食べ物に感謝し尊敬をしめし、残さず食べるべきなのではないでしょうか。

ユーザーID:3852038961
パスタは小麦さんを殺して粉々にして練って茹でたものだよ
ピーマン嫌い
2008年12月11日 20:21

死んだ小麦さんやニンジンさんは平気なのに、牛さんやお魚さんはどうして違うの?
こどもだけに、どう答えるのか気になります。

・・・どちらにせよ成長し社会に出たら、誰かに突っ込まれる内容だと思いますし。

ユーザーID:0018393478
ゆったりとした気持ちで子供の成長を見守りたいですね!
wanko
2008年12月11日 21:02

お肉を食べなくても問題ないと思いますが、やはり植物だって同じように生きているということ、お肉を食べる大多数の人のことを悪くとらないように、まだ子供さんですから気を気をつけてあげたいですね。
そして、中途半端に添加物いっぱいのソーセージなどを食べないようにするなど、注意されていればいいのではないでしょうか。

もう少し大きくなってから、自分でベジタリアンのことなどを調べたり考えたりできるようになれば、いいですね。
やはり、人間関係などで苦労してもらいたくないですし、栄養面も子供自身で考えられませんし、私も息子がいますが、どんな場合もゆったりとした気持ちで子供の成長を見守りたいですね!

ユーザーID:2480309509
我が家の娘も同じです。
mayamaya
2008年12月11日 21:23

我が家の娘も肉・魚・魚介類などの生きた生物のものを6歳から食べていません。(卵、チーズ、牛乳などは食べます。)

かなり頑固で、食べないと言てから全く肉類を食べなくなり、心配で病院に連れて行き、医者に相談しました。
豆腐、チーズを中心に野菜もしっかり取るように言われました。
しかし娘はチーズと卵が大好きで、野菜は好きではなく、毎日食事の時間はしかってばかりです。病院からいただいた、サプリメントも毎日取って、年に一度位、健康診断で栄養状態をみてもらっています。

現在11歳ですが、身長は150cm以上体重は標準より軽いですが、運動神経が非常によく、健康に過ごしています。

でも時々、私の作ったハンバーグなどを食べてもらいたいなぁと思います。

ユーザーID:3003537074
私の母も携帯からの書き込み
クーママ
2008年12月11日 21:42

58歳の母も昔からお肉を食べません。
魚介類は好きで普通に食べますが、卵やチーズ、バターは時々食べるといった感じです。

私達にお肉料理は作ってくれたし、変だと思ったことなかったです。
中肉中背の健康体で、むしろお肌が私よりキレイで病気も少ないですね。
なぜお肉を食べないのか‥ちゃんと聞いた事ないけれど、母の姉妹は食べてるし、宗教とか思想的な物ではないです。
体が自然と受け付けないみたいです。

あ、豆類は好物なのでそこでタンパク質を取ってるのでしょうね。
こんな元気な母を見てるので、食の志向は色々だなぁと思っております。

ユーザーID:0768497487
ありがとうございました!1
ぱんだ(トピ主)
2008年12月11日 22:07

みなさん、たくさんの暖かいアドヴァイス、
ご意見をありがとうございました。

海外在住のだからこそだと思いますが、
周りの人からは、特別食習慣について、
意見されたことや、
困ったことはあまりなかったのです。

かえって、「こんな小さい子どもがしっかりとした
意思を持って、肉を食べたくないというのなら、
意見を尊重してやるべきだ」といわれていました。

日本的感覚からいうと、こんな偏った食生活で
栄養的には大丈夫なのだろうか、という不安がありましたが
皆さんのご意見を聞いて、安心しました。

娘はまだ小さいので、この先、肉を食べるようになるかもしれませんし、
このままかもしれませんが、
とりあえずは、しっかり栄養を取れるように、
親として、努力していきたいと思います。
 

ユーザーID:2677482480
 
現在位置は
です