フェミニストが憎い

レス149
(トピ主0
お気に入り620

恋愛・結婚・離婚

juju

レス

レス数149

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 人に同意を求める以前の問題です。

    一般論は一見意味がありそうですが、個々の状況についてはあまり説明力がありません。
    たしかに「女性」は「男性」より体力がないし、育つ過程で身につく価値観や規範のためか、一般的な傾向として収入やポストが低いです。
    でも中には、男の人と同じくらい職業で活躍する人もいまして、企業活動以外の場面ならいっそうそういう人は多いです(「物書き」稼業なんていい例ですね)。

    さてトピ主さんは、自分の置かれた苦しい状況を、なぜいきなり乱暴に「一般論的な男女差」の問題に帰してしまうんでしょう。
    単に、「能力も労働意欲も高い夫or同僚」に対する「それほどでもない自分」という、あなた個人の人間関係上の問題と捉えることはできないんですか。

    トピ主さんは、問題を一般論に帰することで、自分個人の問題を直視することから逃げているようにみえます。
    逃げるだけなら個人の自由ですが、こういう公開の場で他人(他の女性)を「能力がない」と貶めたり、困難な道を歩んでわれわれに「選択の自由」を与えてくれた先人たちにいわれのない八つ当たりをするのは、成人としてあまりの態度ではないでしょうか。
    もう少し自省的に、よく考えてみて下さい。

    ユーザーID:5238303225

  • 旦那様と本音で話し合ったら?

    初めは自分が楽になりたいのになれない現状とフェミニズムとを混同している珍しい考えの方だなとしか思いませんでしたが、レスを読んで腹が立ちました。

    あなたは初め働く気満々でいたが、挫折したもしくは疲れた。でも旦那様は働くのが好きな妻だと思っているので旦那様にこの気持ちを打ち明けられない。そこで初めから女性進出が進んでいなかったらこんなことにならなかったのに、と時代のせいにしている。
    「仕事を辞めて家でのんびりしたい」と旦那様に言って納得してもらえばいいんですよ。そうでないといつまでも時代のせいにし続けるでしょうね。

    ≫ただ、働いてきて、やっぱり男性にはかなわないという、まずは実感があります。
    もちろん、男性より優れた仕事をする女性は居ますが、どう考えても少数派です。

    ハア〜全く賛同できません。男性にも女性にもデキル人はいるし男性にも女性にも仕えない人はいます。仕事、特に知的労働には性差は感じません。
    トピ主さんの考えは高い能力を持って働いてる女性や能力はまだまだでも意欲を持って働いている女性に大変失礼です。

    別に専業主婦になってもいいんじゃないですか?

    ユーザーID:8527995664

  • 女=トピ主ではない事に気が付いてください

    どうして旦那さんは「非の打ち所が無い」のに、「勝手に女性の社会進出を勧めた先人たちには、余計なことしてくれたなくらいしか思えません」なのでしょう??
    トピ主さんからすれば旦那さんは「非の打ち所だらけ」ではないでしょうか?
    先人達・他の女性・旦那さんも含めたフェミニストの考えを否定しながら、旦那さんは「非の打ち所が無い」と思われる根拠はどこなんでしょうか?
    「家事を率先して手伝うばかりか、私よりも家事が得意な困った旦那」と仰るなら理解できます。
    「非の打ち所がなく、反論の余地は一切ない」なら、そもそもトピを立てる必要は無いのでは?
    なぜなら「私は夫の主義に賛成している」訳ですから。

    >要するに、単なる愚痴です
    愚痴をこぼすなとは言いませんが、あなたの愚痴に他の女性を巻き込まないで下さいね。
    「女の浅知恵」ではなくて「トピ主さんの浅知恵」ですし、「女はやっぱり男より劣っている」ではなく「トピ主さんが男(夫)に劣っている」ですよー。

    ユーザーID:6610482193

  • 賛成します 2

    でもね、フェミニズムを否定するのは違うと思う。

    私は幸い安定した職を得て、定年まで働く予定です。
    運良く収入も良い方で、私の給料だけでも彼と食べていけます。
    家事は好きな方じゃないけれど(笑)彼も同じなので8割がたはやっています。
    でも、彼に感謝されると、ああ、やってよかったな、と思います。

    彼が仕事を辞めたいって言った場合。
    うつ病や怪我をしたり、過酷な労働環境だった場合。
    仕事やめちゃっていいんだよって、応援します。

    私は、そんな時に、彼を、家族を、支えられる経済力を女性にも持たせてくれる世の中に感謝します。
    今は当たり前の選挙権、そして、自己実現できるだけの機会をくれた先人たちに、本当に感謝します。
    もちろん、男女関係無く評価してくれる職場や上司、差別せずに助けてくれる同僚にも。

    そして、彼が専業主夫だからといって、自分が優位に立つとも、立ちたいとも思いません。
    お互いの充実した人生のためには、どの様な生活が最適か模索して、努力するだけです。

    もし実在するのであれば、トピ主さんの旦那様も、優位に立ちたいなんて思わないんじゃないかな。

    ユーザーID:0706122819

  • 賛成します 1

    まず、男女関わらず「自分のことは自分でする」という心構えが大切だと思います。女性は、自分の食い扶持は自分で稼ぐ。
    男性は、自分の面倒くらい自分で見る。
    パパやママと結婚するわけじゃないですしね。

    で、その上でお互いの都合や性差を加味して、2人で話し合って役割分担すれば良いんじゃないかな。
    お互いがお互いを助け、足りない部分は補い合う。
    仕事でも家事でも、自分がやらなければならない部分を担当してもらう場合には、「ありがとう」と相手に感謝する。
    お互いを尊重して、協力し合う。結婚式の誓いの言葉通りですね。
    家事専業だろうと、共働きだろうと、男だろうと、女だろうと、これは変わらないんじゃないかな。

    で、男女に関わらず、仕事または家事の一方または両方やりたくないって考ちゃうと。
    ここで、女性の仕事は義務でなく、最近は男性は家事も義務という風潮がありますから、不公平感が生まれるのかな。
    男性が嫌んなるのもわかります(笑)

    ユーザーID:0706122819

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 分かります!!

    家は共働き、夫の年収は同じ位です。
    夫が忙しく、私も暇なのでフルタイムで働きに出ています。

    男と女が同じ土俵に立とうと思う事自体無理があると思います。
    素敵な旦那様をお持ちなので、是非正直な気持ちを話して下さい!
    きっと理解してくれると思います。

    専業主婦になりたい理由を
    >要するに楽がしたいからです。
    と潔くいえるトピ主さん素敵だと思います。
    小町は主婦の方が多いので、批判的なレスが目立ちますが、それはみなさん専業主婦をしてる言い訳に本心をつかれて反発してるだけだと思います。

    >同じように思っている方はいませんか?
    とトピ主さんが言ってるのに、批判レスばかりで違和感を感じます。

    旦那様とじっくりお話する機会を作って、理解してもらってください!

    ユーザーID:3571832724

  • マジっすか?

    >「30代男おいどん」さんが、私の理想の生活を描き出してくれています。

    正気ですか?

    私は「30代男おいどん」さんのレスをみて爆笑したクチですが、今でもこのような人はリアルで存在しますよ(当方九州在住です。)。
    そのような人の奥さんで、「男らしくてステキな人だと思って結婚したけど、こんな横暴な人だとは思わなかった。もう堪えられない!離婚したい!」と言う人も複数みてきました(専業主婦の人も)。

    ユーザーID:1209395289

  • Kittyさんへ回答

    >では、何故こんなにリストラがあるのでしょうか、、、??
    >労働力不足なんて思えません。

    Kittyさんがそう感じるのもごもっともですよね。失業率も高くなってきていますよね。

    ちょっとヨコになるかなと思いましたが、トピ主さんの2度目のレスを見て書く意味があると考えて答えさせていただきます。

    さて、日本が少子高齢化社会になってきていることはご存知ですよね?男性だけでは今後増加する一方の高齢化社会を支えるのは無理なので、女性も働いてもっと税金納めてね!というのが今の日本政府の方針です。

    まだ、納得できなければ、ご自身で男女雇用均等法前文を読んでください。はっきりと明記しています。人が足りないんじゃ!働け!と・・・。読んだときは正直驚きましたね。

    繰り返しますが、私は専業主婦という生き方を否定してません。性別に関係なく、生き方を選べる社会になればいいなぁと思います。

    ユーザーID:2197599023

  • 提案! 仕事やめて研究したら?

    えーっと、わたしはフェミニストです。
    トピ主さんの主張、なんだかほほえましく思いながらも、
    なかなか面白い視点だなと思いました。

    さいわい優秀なだんなさんのようですから、
    ここは仕事をやめて研究し、ぜひ論文を書いてください。

    よろしくお願い致しまーす!

    ユーザーID:7449204727

  • 駄目なことの一切を

    駄目なことの一切を
    時代のせいにはするな
    わずかに光る尊厳の放棄 
      (茨木のり子「自分の感受性くらい」)

    専業主婦だろうと共働きだろうとどっちでもいいんです。
    その夫婦で決めればいいだけのこと。

    トピ主さんが批判されているのは
    ・仕事ができないこと
    ・ご主人に本心を言えないこと
    こんな個人的問題を「フェミニスト」という言葉を遣ってもっともらしく時代・社会・先人のせいにしているから。

    「自分の責任ですが」といいながらも結論は「私がいま辛いのはこんな権利を獲得した先人のせいだ」でしょ。
    その仕事があわないなら転職すれば?男女差を感じているなら公務員になれば?何が何でも働きたくないならご主人と話せば?
    それをしないのは他ならぬあなたでしょ。
    あなたをその状況にしているのは「あなただけの責任」です。

    なんでも「思うように行かないのは○○のせい」という発想のひとは、結局専業主婦になったらなったでまた時代だの社会のせいにするんじゃないの。

    ユーザーID:9985372099

  • 自分の能力のなさを「性別」に帰責しないこと

    あなたに能力がないのはあなた自身の責任です。
    あなたが「女性」だからではありません。

    あなたの言う「フェミニスト」たちがいたおかげで
    自分のバカさ加減をうまくごまかせない社会になってしまった。
    「女はみんな能力がない」がまかり通っていた頃なら
    こんなみじめな想いをしなくてすんだのに…ってところですか。
    お気の毒、とは思いますが、逆恨みもいいところです。

    あと私は、特殊な専門職を除いて、仕事のできない人は家事育児能力も低いと思います。家事なめすぎじゃないですか?

    ユーザーID:0321074297

  • レスします

    旦那さんは何故一緒にいてくれているのか?
    それはjujuさんの笑顔が、旦那さんにとって千金に値するんですよ。
    女性は家庭の太陽なのだ。堂々と甘えておしまいなさい。

    ここから先は、もしjujuさんが男性だったら、と仮定して書きます。

    >私は、例外ではなく、当然の結果として男性の同僚ほど利益を生むことができず、
    だからこそ企業に対して申し訳なく思っています。

    男性の上下関係や企業の成果主義に追い立てられていて、ちょっと辛いのかなー。
    もしそうなら、元気だして!がんばれ!!

    >都内の大手私立大学の文系の教員をしていて、学期中でも週に3、4日ほどしか出勤しません。
    >1千万以上の収入があます。

    これが理想の働き方で、そんな人を羨ましいと思っているのかもしれないけれど、
    私立大学の文系の教員って、もっと忙しいんじゃないのかな。
    「楽に」稼いでいる人なんて、そうそういないと思います。
    男性でも女性でも心が弱っているときは「楽したい」「楽になりたい」と思ったりするけど、
    いいことがずっと続かないように、悪いこともずっとは続かないよ。
    あきらめないで、がんばれ!!きっといいこともあるさ。

    ユーザーID:1188365924

  • 思いません

    その人がその人らしく生きればいいのであって、
    他人にとやかく言われる筋合いは全くありません。

    その上で、仕事に頑張りたい女性も当然いますので、
    機会均等の意味で、ジェンダーフリーが進むのは良い事だと思います。

    ただ、全員が全員、同じ生き方を選択しなきゃおかしい
    (共働き志向で無ければおかしい・専業主婦は不良債権だ)
    という考え方は、旧態依然の古臭い昭和の考え方(時代に則した生き方以外は認めない)なので、好きになれません。

    第一、子供を産んだ女性の5〜7割は離職してますし、
    まだまだ専業主婦って多いのですよね。
    専業主夫だっていますし、海外にだって専業主婦・主夫はいるのは事実です。

    トピ主さん自身がしっかりと結婚観についてご主人と話し合われなかったのが間違いの元なのでは?

    我が家は、子供が小さいうちは誰かが家にいた方がよいと言う価値観で一致していたので、
    私が専業しています。
    別にそれが子育てのあるべき姿でも無いですし、共働きの方について意見もありません。
    我が家の価値観がそうだからというだけです。

    ユーザーID:7155793832

  • お疲れですか?

    仕事に頑張りすぎて、疲れているようですが大丈夫?
    トピ主さんの仕事場は男性優位が目立つのでしょう。
    で、男性と競って何を得ようとしてるのですか?
    働く多くの女性は、男性と競っていないんじゃないでしょうか。
    働くことの意味合いが、男性と違っている部分もあるでしょうしね。
    元から、働くことの意味なんて人によって違って当然。男性同士だって違うものです。
    ご主人の前で、ダメな自分を出せないのですか?
    彼の求める妻になれないと嫌われてしまうと思っていませんか?
    30代男おいどんさんのレスは、かなりトピ主様への皮肉を被せたものだと読みましたが、本気で理想だと思われたようではよほど疲れているのかな。

    完璧なご主人を持つと苦労するのですね。
    でも、夫婦ですから弱みもちゃんと話せるようにならないと。
    自分の中で溜め込みすぎて壊れる前に、彼に話をしましょうよ。
    仕事が辛いって。ちょっと休みたいって。

    ユーザーID:9996101672

  • 問題の立て方が不自然

    こんな夫に不満な人がいるの?
    彼が実在するとしたらかなり貴重です。

    ありがたみが分からない女性と結婚することが
    まず説得力がありません。
    というか、そんな彼ならトピ主でなくもっと有能な人と結婚するのでは?

    逆に
    「夫に尽くして、言うことはなんでも聞く覚悟があります。
     女の浅知恵よりも、彼の考えにすべて従って生きたいです。
     家制度も大歓迎です。」
    という女性と結婚したい男を探すほうがずっと簡単そう。

    女性の進出に怯える男の作文では?

    ユーザーID:4635579230

  • ああいえばこう言う人だったのか...

    > だったら、私の知らないところで、勝手に女性の社会進出を勧めた先人たちには、余計なことしてくれたなくらいしか思えません。

    あなたの置かれている状況に、女性の社会進出は関係ありません。「仕事に行き詰まって疲れちゃたよ」って本音で旦那さんと会話できないあなたがおかしいんです。先人に失礼ですよ。

    ユーザーID:3189593425

  • 追加レス読みました(苦笑)

    平等についての有名な例え話しがあります。
    背の高い人と背の低い人がいます。
    1二人共短いベッドに寝るのが平等なのか?
    2二人共長いベッドに寝るのが平等なのか?
    3二人が自分の背丈に合った短いベッドと長いベッドに寝るのが平等なのか?

    この答えは3です。

    トピ主さんは2を平等だとして発言しているのです。
    他の方も皆さん仰っていますが、フェミニズムは2の様な元々不均衡なところから3の様にお互いが平等になるべく生まれたものです。
    一般的にはどうしても出産育児で仕事“だけ”を続けられない女性は社会での労働対価は高くない訳で、それなら女性が家事全般を担当した方が効率が良く家庭が運営できる。
    それが専業主婦の場合。
    “適材適所”=“平等”な訳です。
    トピ主さんは家事が出来ないのだから、どちらも満たしていませんよね?
    私、結婚して仕事の面接受けた時、“お子さんの予定は?”と必ず聞かれましたよ。
    男性は面接でそんな事聞かれません。
    体のつくり自体が違うのです。同じ事をするのが平等ではない事ぐらい本当は理解しているのでしょう?

    ユーザーID:5609633988

  • 女は男より劣るのではなく貴方が劣っているのでしょう。

    自分が劣っていることを一般論に摩り替えないでください。そういう女性がいることに同姓として非常に腹が立ちます。30年間専門職を貫いてみて、男性が女性より優れているなど思ったこと一度もありません。

    ユーザーID:0143012246

  • 権利とか義務とか…

    なんかわかったようなことをレスで書いてらっしゃいますが、あるべき社会の姿と夫婦の関係を同じように考える必要はないんじゃないですか?

    例えあなたがどんなに理不尽な要求をしても、ご主人が受け入れてくれるのなら、何の問題があるでしょう。

    そのあなたの単なる愚痴をどうしてご主人にぶつけないんですか? なぜ自分の気持ちを正直にご主人に話せないんですか?

    なぜ自分だけの判断で不満を全部飲み込んで、こんなところで愚痴っているんですか?

    これはどこからどう見ても夫婦の問題でしょ。

    ユーザーID:0671442290

  • 釣られてみる

    >「30代男おいどん」さんが、私の理想の生活を描き出してくれています。
    >そんな感じで、何も考えずに生きていけたらなぁ。

    本気なら「30代男おいどんさん」も引かれるのではと思いました。

    ネットで本気で探したら、意思を持たないお手伝いロボットとして、あなたをまるごと喜んで買ってくれる人が、たぶんたくさんいますよ。
    どうしてそうしないんですか?

    ちなみに、相手は養ってくれる男性だったら、誰でもいいんですか?
    それとも外見だけは何か条件があるんでしょうか?

    ユーザーID:2334021064

  • イタタタタ。。。

    ”かのん”さんに全く同意見です。

    フェミニズムを勘違いなさらないほうがいいですよ。
    それからジェンダーフリーっていう、世の中に大きな勘違いされている言葉もありますね。
    これも一部の日本の政治家のいいように使われてしまい、世間では誤解を招いたままです。

    上野千鶴子さんの講演が中止になり(東京都知事がからんでます)
    女性史の本が富山県の図書館から勝手になくされていたんですよー!!
    これは昔々の出来事ではありません。

    女性の歩んできた歴史を勉強もしないで、
    いまの自分の半径5メートルの事実を一般論にしないでいただきたい。

    ていうか、女性が書いたとはとても思えません。

    責任転嫁と視野の狭さが致命的です。。。

    ユーザーID:6329403205

  • やはり適正と性格があってないんじゃないかと・・・

    ヨコですみません。

    トピ主さんのレス見ました。

    >もちろん、男性より優れた仕事をする女性は居ますが、どう考えても少数派です。

    私は転職(異業種、職種も異なる)を数回経験していますが、いつも女性優位の職場でしたよ。
    業界的には半々で、職種的には女性が半数強の割合。
    女性が男性に指示をとばす光景が日常でした。
    販売員、看護師、アート系等、いかにも女性向けではなく一企業です。
    ただ、人の上に立つカリスマ性はおっしゃる通り男性のほうが持ち合わせていると思いますが、部署トップくらいの位置付けでは。
    そういう意味(頂点に昇進しにくい)ですか?

    男性優位業界や業種ってあると思います。

    タイトルの通り、トピ主さんは適正から考えてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:4814175528

  • 勝手に時代のせいにするな

    フェミニストを持ち出して時代のせいにするのはおかしいですね。あなたがサボりたいだけでしょ。
    世の中、男性と同じ能力を発揮して努力している女性はたくさんいます。あなた個人がなれないだけ。
    うちの会社は男女の賃金格差はありません。仕事も同じ。私は既婚ですが満足してます。
    もしあなたがお望みの昔のままの会社や社会だったら、私は今、こうして働いて稼いでいられなかったでしょ。そんなの私は真っ平ご免です。勝手な妄想に巻き込まないで下さい。
    原理主義的なフェミニストには共感できないし、男女の体力や体質の差は否定しないけど、選択の幅を広げてくれたことには感謝してます。

    今の社会、専業主婦も働く女性も、いろいろ問題はあれど存在を否定されはしないのです。だからあなたが専業主婦になりたければ、ご主人を説得してなればいいでしょう。それだけ。
    ご主人の考え方に従うんでしょ? 働くか専業主婦かはご主人の望み通りにして、文句も愚痴も言わないのが、正しい昭和の嫁です。フェミニストのせいだとか時代が悪いとか、理屈で自分をごまかすのは、良妻賢母とは言えません。矛盾してます。全部自分のせいですよ。

    ユーザーID:1940036271

  • 負けず嫌いなんですね

    トピ主さんのレス読みました。どなたかも疑ってますが男性発信の釣り、ではないという前提でレスします。
    ご主人の考え方に「反論」したり、専業主婦になることを「要求」したりすることはできません、とありますが、なぜ「お願い」や「相談」をしようと考えないのでしょうか。
    仕事も家事もやりこなすご主人や世間の人たちに負い目を感じるのが嫌だから、義務を絞りこんでくれれば楽なのに!と逆切れしているよう。

    思うような人生になってないから戦争でも起こればいいのに。憲法9条なんて余計な法律作った先人が憎い、と、くだをまく自分に負けてる若者みたいな印象です。とにかく、トピ主さん最初の投稿より、なんかイメージ変わりましたよ?

    ユーザーID:2744344895

  • なるほどねえ

    トピ主さんなりの熟慮の結果というわけですね。

    >同じだけの能力を持っているのならば、そもそもなぜ男性優位の社会が最初にできたのか説明できません。

    女性は子供を産む性であり、男性は戦って女子供を守る性でしたから。歴史的にそういう立場に置かれていたわけです。
    子供を産む性が子供を育てる性に、子供が成長し巣立つ場所である家庭を守る性になったのは必然ではないかな。
    昔は今ほど家事も楽ではありませんでしたしね。自分達の身の回りの事をするだけで1日終わりました。男性は外で働いて(この労働の内容も、今よりもっとシンプルで生活に直結していたと思います)女性は家を守るものだったわけです。

    今はそうではないので、トピ主さんにとっては「余計な事をした先人」も、より自由な社会、やりたい事の出来る社会を求めた結果でしょう。「余計な事」と切って捨てるのは近視眼的です。

    世の中いろんな人がいますから、働くのに向いてない人がいてもいいですが、自分がそうだからといって「女性は劣っている」と思うのは短絡的だと思います。

    今は女性の方が選べる立場なのは事実ですね。主夫ってまだまだ認められてないですから。

    ユーザーID:2104223842

  • 言いたいことは解りますよ


    凄く解ります。
    俺が女性だったらやっぱりそう思います(笑)
    でも、何かを得たらなんかを失う世の中ですから、諦めて下さい。
    結婚できているだけ幸せです。素晴らしいご主人ですよね。
    女性向け雑誌や告知、全て、男性には結婚がプラスになると思えないこの世の中です。
    昔は亭主元気で留守がいいから始まってたまに日曜日にゴロゴロしてたら叩かれる。
    男女平等なんだから仕方ないのでしょうけど、結婚はしたくなくなります。

    ご主人を大事にしてあげて下さいな。

    ユーザーID:4744615593

  • 不思議なんですけど

    トピ主さんの悩みって夫婦のライフスタイルにも影響してくることですよね。

    でも…
    トピ主さんの旦那様って、本当にそんなに恐ろしくスゴイ人なのでしょうか。
    妻が自分の気持ちを押し隠してしまうほど眩しく、完璧で、孤高の人なのでしょうか。

    一度旦那様と向き合ってみてはいかがでしょう。
    案外思っているような人じゃないかもしれませんよ。
    気持ちをキチンと聞いてくれる人かもしれませんよ。
    一度勇気をもってやってみないと。
    グチと賛同を求めるだけでは悩みは解決しませんよ。

    問題はジェンダー云々ではなく、そういう大事な事すら夫に伝えられない関係ではないでしょうか。

    ユーザーID:9852395620

  • 横ですが

    聞いた話なので間違ってるかもしれませんが
    フェニミストの代表格の上野千鶴子女史(東京大学大学院人文社会系研究科教授)は最近は独身女性の老後問題(孤独死)の研究をしてるそうですね。

    ユーザーID:5347024808

  • 「自分は必要とされているのか」という不安?

    優秀で,仕事も家事も完璧なご主人を前に,自分は本当に彼に
    とって必要な存在なのか,不安になっているように感じました。

    「昭和の嫁」願望も,実は「自分が必要とされたい」という
    気持ちの裏返しではありませんか?

    いずれにせよ,その不安感,ちゃんとご主人と話し合ったほうが
    よいと思います。ひとりで自問自答を続けても,答えはみつから
    ないと思うので。

    ユーザーID:4989105523

  • 同居夫さんへ、つづき

    結局、その偏りは、男性にも女性にも、どっちにも
    厳しかったんじゃないでしょうか。

    男性のみが激化する労働に従事し、家庭の収入源を
    一手に担うのに、家庭からは乖離していく。
    その「リスクと無理」は、ある程度、昔から存在していましたが
    病んだ形で肥大化していった気がします。

    女性は女性で、労働内容の変化から、メインの働き手を
    担える可能性が増えて来たにも関わらず、リスク打開の術を
    禁じられ、「守られた」ではなく「閉塞した」
    鶏と卵の関係ですが、共に生きる片方が極化、肥大化すれば
    片方は圧迫を受けます。そして一時期、女性は圧迫されて当然
    だった。逆に今は、圧迫返しの関係に陥る事も増えた。

    互いの逃げ場がないとは、互いの自重で崩壊する可能性が
    高いという事ではないでしょうか。

    どちらも優位であり得た家庭もあれば、双方または片方のみが
    厳しかった家庭もまた多かったように感じます。その打開の為に
    女性が外に出るという方法がとられ、それはそれでまた新たな
    問題を生む。

    結局、どっちがどうではなく、我々は各男女ごと事情ごとに
    それぞれの幸福を模索するしかないんじゃないでしょうかね。

    ユーザーID:4637144901

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧