どこまで本当?謎の言伝え(駄)

レス23
(トピ主1
お気に入り17

生活・身近な話題

まにまに

どこから出て来たのか、本当かよ!と思える言伝え的なものってありますよね?

例えば、『夜中に爪を切ると泥棒が出る』とか『人前に出る時に手の平に人と書くと緊張しない』とか、今では本当かよぉと思うけど子供の頃は信じて守ったりしたものです。
ちなみに、夜中の爪きりはヘビが出るという人もいたなぁ(どっちも出ないけど)

私は関東出身ですが、他の土地にもこんなウソか本当か謎な言伝え的なものありますか?
面白いのあったら、是非教えて下さい!

ユーザーID:7488939158

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 民俗学らしいです

    「夜に爪を切ると云々」と言うのは、
    闇に魔が潜む時間帯に自分の体に刃物を向けるのは、
    魔に付け入られる隙を与えてしまう、という理由があるそうです。

    「雷様におへそを取られる(お腹を出して寝ると風邪を引く・お腹を壊す)」
    と同じで、そういうことをしないようにわざと
    「泥棒が来る」などと言って子どもを脅かすようです。
    こんこんと説明するより効果がありそうですしね。

    ユーザーID:8744553090

  • 夜中に爪を切ると…

    うちの方では、親の死に目にあえないと言われています。
    暗い所で、切った爪がどこに飛ぶか分からない。もし爪が目に飛び込んできたら、失明しちゃうかも!
    という警告だったと聞いています。
    あと、夜中に口笛を吹くと泥棒が合図だと思って侵入してくるとか聞きました。

    ユーザーID:3752972880

  • 私の家では

    夜 爪を切ると親の死に目に会えないと言われ続けています。ちなみに両親は九州出身です。でも生まれも育ちも関東地方の夫も同じ事言ってました。あと夜 口笛を吹くと泥棒が来ると小さい頃 言われてました。

    ユーザーID:6127694925

  • 妄想がかきたてられる!

    むかーし、むかし、夜も今より深い闇で、夜中に爪なんか切れなかった(ハズ)。

    そんななか、夜でも爪が切れるほど行灯(?)で明るい家。

    たぶんお金持ち(のハズ)

    泥棒に狙われる(かもしれない)

    激しく妄想でした♪
    謎だけど、たぶんなにか理由があるんだろうね。

    わたしはこけしの産地の人間なのですが、「『こけし』って、漢字で『子消し』って書くんだよ〜!」と友達に聞いたときは、ウチにあったこけしの栓抜きまでも恐ろしかったですよ〜(笑)

    ユーザーID:4974544141

  • 言い伝えではなく躾

    関東出身ですが、次のような話を聞きました。
    ・夜爪を切ると親の死に目に会えない
     ->昔の夜は暗かった
     ->よく見えない状況で爪を切ると深爪になりやすい
     ->これを戒めるための言葉
    ・夜口笛を吹くと蛇が出る
     ->単純に口笛を吹くとうるさくて近所迷惑
     ->これを戒めるための言葉
    ・臍を出しいると雷様に臍をとられる
     ->夕立が来ると気温が下がり薄着だと腹を壊しやすい
     ->腹巻をさせるための方便
    ・嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる
     ->嘘をつくのは悪いことで、罰が当たると言う言葉
    ・墓場で転ぶと枕(or 石)になる
     ->墓場で走り回ると他の人に迷惑だし、地面の下で寝ている人も迷惑
     ->走り回ると転びやすい
     ->墓場で走ることを諌めるための言葉

    あと、「こけし」=「子消し」というのは、まったくのデマなので、信じないほうが良いでしょう。
    wikipediaあたりを参考にすると、どうしてこのデマが生まれたかまでを解説してありますよ。

    ユーザーID:2272029302

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 夜詰め

    夜詰めは親の死に目に会えない

    夜通し賭け将棋をするばくち打ちは親の死に目に会えない。
    それが転じて夜爪を切ることが縁起が悪いんだと教えられてました。
    実際のトコどうなんでしょうね?

    ユーザーID:3749150192

  • 世を詰める

    私が 親から教わったのは
    『夜に爪を切る』→『世を詰める』
    つまり 早死にするです(こわっ)

    まぁ 本当かどうかは わかりませんが・・・

    ユーザーID:9987922028

  • 乳歯が抜けたら。

    覚えているのは、
    【上の乳歯が抜けたら、屋根の上へ放り投げる。下の乳歯が抜けたら地面に埋める】です。

    なぜか知りませんが、本当にそうして投げたり、埋めた記憶があります。
    おそらく、より大きく立派な永久歯が生えてくるように、との願いからでしょう。

    【食べてすぐにヨコになると“牛”になる】というのもありました。
    すぐにヨコになると、消化がすすまず、牛の反芻のように食べたモノが戻ってしまうからですかねえ。

    私は関西ですが、トピにある 『夜につめを切る』 ではなくて、【夜に口笛を吹くと、ヘビが出る】でしたね。

    また思い出したらレスします。

    ユーザーID:4376789519

  • 鬼の歯と取り替えろ?

    子供の頃、歯が抜けたときに
    上の歯は縁の下に
    下の歯は屋根の上に投げました。
    鬼の歯の様な丈夫な歯になる様にのおまじないだったと思います。

    『夜 爪を切ると親の死に目に会えない』と言ってました。
    昔は、行灯などの明かりしか無く、衛生状態も悪かったため
    深爪をしてバイ菌(破傷風菌)が入り、
    早死にしてしまう事が有ったと聞いていました。

    ユーザーID:9570318453

  • 私のまわりでは

    ・夜に笛や口笛をふくと蛇が来る
    ・夜に爪を切ると親の死に目に会えない
    ・やかんの口の方から水を入れると親が早死にする
    ・親をまたぐと親以上出世できない

    です。

    爪については、照明が発達していなかった昔は手元が暗い上に爪きりのような道具もなく刃物かはさみ(近年?)だったので危険を防止するためにもこのようなことを言ったと聞いております。

    ユーザーID:1408163693

  • 爪じゃなくていい?


    朝の蜘蛛は殺すな。

    って聞いた気がします。理由はさっぱりわかりませんが、蜘蛛は種類によってハエやゴキを食べてくれるらしいので、基本的に優しく対応してます。

    ユーザーID:0717478692

  • 世詰め

    夜爪を切ると親の死に目に合えない…というのは、夜爪→世詰め→短命→親より自分が先に死んでしまうので結果親の死に目に合えないと聞いたことがあります。
    いろんな説があるんですね、面白い!

    ユーザーID:1082112256

  • 思い付くのは…

    ・夜に口笛をふくと大蛇が出る
    ・ご飯つぶを残すと目玉をつぶされる

    親や祖父母から聞きました。
    ご飯の話はいまだに恐怖です。結婚してから夫がご飯つぶを残すのでこの話をしたところ、綺麗に食べるようになりました。子供騙し…と侮れませんね!

    ユーザーID:1547392001

  • あ!間違った(汗)

    すいません…。
    トピ立てた私が間違えてました。『夜中に爪きり』は親の死に目に会えないでしたよ。
    皆さんおっしゃる通り、爪きりで出るのが泥棒とかヘビでした。

    ここねさん

    なるほど!躾ですね。確かに説明を読ませて頂くと納得かも。

    爪ネタ以外でも色々教えて下さい。
    意味とか知ると勉強になります。

    ちょっとズレますが、天候の関連で『ネコが顔を洗うと翌日雨』とか『ツバメが低く飛ぶと雨になる』なんてのも、ちゃんとした根拠とかあるのかしら?

    ユーザーID:7488939158

  • 言伝えというより、教訓ですね

    爪を切るのは、他の方も仰っているとおり、危ないからやめなさいという教訓だと聞いたことが有ります。

    歯が抜けたときに上の歯なら地面に、下の歯なら屋根に投げるのは、まっすぐに育つようにという意味があるそうです。

    人という字を手のひらに書いて飲むというのには、人という字を手のひらに書く際に通る道に、精神を落ち着かせるツボを押すのだそうです。そして、飲むことで深呼吸と同じ効果が得られるそうです。


    ちなみに、家では「夜中に口笛を吹くと泥棒が来る」と教えられました。

    ユーザーID:6961620912

  • ツバメ

    私が聞いたのは、雨が近くなると、小さな虫の羽が湿気で重くなるので、まず虫が低く飛び、それを食べるツバメも低く飛ぶ事になる。という説です。

    あと、鳥と天気関係で「雨の時、鳥が外で活動していたら、その日は一日中雨」というのがあります。
    すぐにやむ雨なら、鳥はねぐらから出ないそうです。

    ユーザーID:0717478692

  • おへそが見えていると、カミナリサマにおへそを取られる?

    何か面白いのを思い出そうとしてふと、これが頭に浮かびました。

    3〜4才くらいのときに、お風呂で親に頭を洗われながら、
    カミナリサマを恐れて、おへそを両手で隠していた自分を思い出して、
    笑ってしまいました。

    髪を洗うのを邪魔されないように、両手を自由にさせたくなかったのだろうなあ。

    お風呂以外の日常で、
    おなかを冷やさないように、おなかを出さないで寝なさいとか、
    服をちゃんと着ておけ、とかそういう意味があったんだろうけど。

    これってウチだけ?

    ユーザーID:8516073903

  • 夜中に爪

    昔はろうそくを使わないと暗くてできないけど、もったいないので「親の死に目にあえない」と脅して明るいうちに切りなさいと聞いた気がします。

    ユーザーID:7414647774

  • 最初は

    まっさんのおっしゃるように、「食べてすぐ横になると、牛になる」というのがありますが。
    本当は最初は「親が死んでも食休み」というように、ご飯を食べたら横になるという科学的にもあってる言葉があったのですが。
    奉公に来ている使用人が、ご飯を食べてごろごろ横になってると。
    主人としてはおもしろくないので「食べてすぐ横になると、牛になる」に変えたそうです。

    ちなみに、山形出身の母の言い伝えは「初ものを食べたら、東を向いて笑う」です。

    ユーザーID:9007370068

  • 蜘蛛

    蜘蛛は人が来る予兆だと聞いたことがあります。

    なので

    朝の蜘蛛 → 知人が訪ねて来る → 縁起がいい → 殺さない
    夜の蜘蛛 → 泥棒が来る → 縁起が悪い → 殺す

    だそうです。

    ユーザーID:7605932287

  • 夜の口笛は霊を呼ぶ

     以前テレビでスピリチュアルの有名な方がおっしゃっていました。

     口笛は霊を呼ぶときの音(口をすぼめてヒューみたいな音を出す。音が出ない口笛みたいな感じ)に似ているので、夜にすると霊を呼んでしまうことがあるそうなのです。(たしかに、その方が霊を呼ぶときには同じような音を出していました)

     素人にはいい霊か悪い霊(=蛇と表現したのだと思います)か区別も出来ないし追い払うことも出来ないので、呼ばないようにしたほうがいい。ということのようです。

    ユーザーID:7101484236

  • 猫が顔を洗うのを

    見ていた祖母が
    「耳の後ろまで前脚を持っていったら雨」
    結構当たってたような!?
    今我が家に子猫がいるので改めてジックリ見てみよう…

    ユーザーID:7989805029

  • 言い伝えって言うか・・・・

    東京の下町ですが子供のころ「霊柩車を見たらげんこつに親指を握りこんで後ろに隠す」って言うのがあり、みんなやってましたけど。 あとどういうわけか知りませんがヘビ屋のショウウインドウの前でも親指を握りこんでいた記憶があります。何だったんだろう。

    ユーザーID:3194227694

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧