映画のエンドロール最後まで見る?

レス92
(トピ主2
お気に入り55

趣味・教育・教養

夢で逢えたら

レス

レス数92

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 見ます、必ず最後まで。

    その映画に携わった人たちの名前、きちんと最後まで見届けたいのです。
    キャスト然り、スタッフ然り。(もちろん知らない人たちですけど)
    うまく言えないんですけど、関係者にとって
    その映画を作ったときの苦労が報われる瞬間のひとつだと思うのです。
    エンドロールに名前が載るまでの苦労は、大抵のことではないと思います。
    だから、敬意を表して最後の最後まで見ます。
    たとえ、英語等読めない文字でも見ます。

    場内が明るくなってから席を立ちますので、
    たいてい後ろ中央よりの席を取りますから
    途中で立つ人は邪魔にはなりませんが
    無遠慮な人には、嫌な気持ちになります。
    それと、暗い中の移動は危ないよとつい思ってしまったりもします(笑)

    ユーザーID:5733418107

  • 最後までみないです。

    単館系、話題の映画のどちらとも立ってます。
    席は通路側、一番後ろを選んでます。
    シネコンは、前の方にしか出口がないので、そそくさと行くようにしてます。
    席が中央になってしまった時は、人の邪魔してまでと思わないので諦めて最後まで見ます。ただ、脇の通路を歩いているのが邪魔といわれると、それは勘弁してほしいと思います。

    映画館の中央の席、真ん中辺りになるべく座るようにするのは如何でしょう。後ろから見る限り、その席周辺に座られている方は、一番最後まで着席していることが多いような気がします。

    ユーザーID:1752417514

  • 見ます!!

    私もエンドロール最後まで見ます!
    ですが、以前こんな事が。。

    その映画はあまり人気が無く、でも私は好きな俳優さんが出ているし、原作が好きな作家さんで、更には主題歌が好きな人でしたので、喜んで見に行きました(ひとりで)。気合い入れて、会社は有給を使いました!
    映画館でワクワクしながら上映開始時間まで待ちました。
    私以外のお客さんがなかなか入ってきません。
    遂に映画は私の為だけに上映が開始されました。
    いつもは来るアイス売りの方も、私だけの為には来てくれませんでした。
    ま、映画を独り占め出来たみたいで気分よかったのですが。。
    エンドロールが流れ始めると、
    スタッフの方が、扉を開けて、私が出るのをひたすら待っているのです。
    何も言わず、じっと、手を前に組み、ひたすら私が出るのを待っているのです。
    彼の後ろには掃除担当のスタッフの方までいます。
    エンドロールは最後まで見たい。
    あの人たちは仕事だから立ってるだけ。
    エンドロールは最後まで。。
    でも。。でも。。!!
    私はプレッシャーに負け、その場をあとにしました。

    嬉し悲しい思い出です。

    ユーザーID:0677663392

  • どちらもあります

    私の場合はまちまちです。
    音楽がいいなと思ったり、
    かなり内容が気に入れば最後までいます。
    だからといって別にエンドロール中に立つ人がいても気になりません。
    音楽を楽しんだり余韻に浸るなら目を瞑っていればいいので…。
    つまらないと思ったものはこそこそさっさと退場します。
    ど真ん中の席のときはそうもいきませんけど。

    余談ですが、ジャッキー映画は必ずエンドロール終るまで座ってます。

    ユーザーID:1378097820

  • 見ます!

    最後まで見るのが、視聴者の勤めで、その分のお金を払って見ているのですから。

    最近で言えば「スカイ・クロラ」形式の作品なんかは、途中で立って行ってしまった人に
    「あーあ、もったいないことしたね」という気持ちでした。

    レンタルビデオだったら、数百円で済むのに、わざわざ映画館まで足を運んで、レンタル
    ビデオに比べて高い料金払って見てるんですから、根性入ります。

    ユーザーID:8541779295

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 最後まで見るけど、他人が立っても気にならない

    一応、最後まで見ますよ。
    だけど、他人が立って横切っても気にならないです。

    最後まで、義理堅くエンドロールを見てるなんて日本だけの風習ですし。
    ハリウッドのチャイニーズシアターで映画を見て最後まで着席していたのは、
    日本人の私だけでした。

    最近は、特に無駄に長いエンドロールばかり。
    曲が流れていて、やっと曲がおわったのでエンドロールも終わりかと思ったら
    「2曲目」が流れ始めるような風潮も出てきましたし。
    余談ですが製作者が最後まで見せようと、あの手この手を使い始めたのが、
    ジャッキー・チェンのNG集だと言われてますよね。

    スポンサー絡みでダラダラ流れるエンドロールは嫌いです。
    資金集めに苦労した映画ほどエンドロールが長いという法則があると思ってます。

    エンドロールに批判的な私が最後まで見る理由は、貧乏性なため「最後に何か
    オマケが出てくるかも」という気持ちが働いてしまうからです(爆!)

    ユーザーID:4642601701

  • 観ます。

    基本最後まで観ます。多くの方々が書かれているように、最後の最後にまだ何か有る場合もあるし、次回作の予告があったり、(ふるい007の映画だと、最後の最後に次回作のタイトルが出ていました)、あと、コメディ映画の場合、クレジット自体でお遊びしてたり。(裸の銃を持つ男シリーズはそのお遊び、すごかったです)
    後横ですが、どなたかが書かれていた、洋画のエンドクレジットはすごく長くなったというのは、製作にかかわったすべての人たちの名前を載せないとだめなのだそうです。たとえ下請けの下請けとしてかかわった人でも、製作関係者としてその映画にかかわりがあるという法的根拠を残すためとかなんとか聞きました。

    ユーザーID:9559285501

  • 意外な発見が

    最後まで観る派です。
    エンドロール後のお楽しみ映像が楽しみなのはもちろんですが、
    エンドロール自体、よく見るといろんな発見があるものです。

    たとえば邦画では、劇中に自分の知っている場所(お店の中とか)に
    似た風景がちらっと出てきた気がするけど自信ないな〜という時に、
    撮影協力や美術協力にそこの名前がでてきて、うれしくなったり。

    洋画では、エンドロールの最後の最後に出てくるスペシャルサンクスに
    監督の元妻・元彼女の名前が出てきて、お!と思ったり。
    (CDなどと違って作ってから公開までが長いからね)
    「誰々の思い出に捧ぐ」(in memory of 〜)というような献辞も、
    エンドロールに入っている場合は字幕が出ないことが多いですよね。

    まあ、ハリウッド超大作なんかだと関わっているスタッフの数が膨大なので
    人名の羅列が10分近く続いてイライラすることもありますけど!

    ユーザーID:1595209291

  • 最後までみますが

    最後まで見ますが、なんとなくです。
    最後のオマケ映像を楽しみにしている方が多いのですが、あれって、本編に自信がないことを白状しているみたいです。
    あと、本編とぜんぜんマッチングしないタイアップ曲もなんだかなあと思います。

    ゴッドファーザーのエンディングがなんと潔かったことでしょう。

    ユーザーID:2766192845

  • 最後まで見て欲しい

    以前作る側にいた者です。映画はどんな小さな作品であろうと非常に多くの人の手によって完成します。ヒットして賞賛されるのは監督や原作者、プロデューサーだけですけれど。エンドロールにはとても書ききれないほど多くの人が関わってます。初めて自分の名前がエンドロールに入れてもらえることになった日の感激は忘れられません。親戚中に電話かけまくりたかった(実際にはしなかったけど自分の両親は見てくれました)。だから自分もエンドロールは最後までキチッと見ます。見ず知らずの人たちでも「お、こういう人が感動を与えてくれたんだ」と確認したいです。目の前をどんなに人が通り過ぎようとも。みんなにも最後まで見て欲しいなあ。

    ユーザーID:7125879786

  • 最後まで観ます

    よっぽどの期待はずれ作でない限り。
    自分の中での達成感もあるかな〜

    英語には疎いですけれど、スタッフの名前をどんどん拾って、
    「キャサリン」「マーク」等と読める(判読できる)ものを
    見つけるのが秘かな楽しみ。
    たまに「イチロー」みたいな日本人か日系の方の名を見つけ
    ると、ウォーリーを発見したような喜びがあったり。

    眼は画面を追いつつも、本編を反芻したりもしているので、
    私にとっては大切な時間ですね。
    おうちに帰るまで、ではなく「スクリーンが閉じる(とは
    言わないか)までが映画鑑賞ですよって感じです。

    なので、席が選べる時は最後列の端が定位置。
    近所のシネコンはこじんまりしてるので、最後列くらい
    でもスクリーンが近いので。
    途中で席を立つ人は…しかたないとあきらめてるから、
    の選択でもあります。

    ただ、昔は始まってから入ってくる人を含め、横切る人
    って腰をかがめて申し訳なさそうにしてた気がします。
    今の方は堂々と出入りしますね。
    まあこれも腰を折っていてはサッサと動けないから、と
    良い方に解釈するように努力してます。

    ユーザーID:5587748355

  • 追加

    先ほど「最後まで観る」とレスしましたが、トピ主
    さん便乗させてください。

    席は立たないけれど、「さあ終わった!」とばかり
    にお友達とおしゃべりを始める人が迷惑。
    歌も聞こえないっちゅーねん
    内心「さっさと出て行け〜」と念じてしまいます。

    やっぱり本編の終わり=映画の終わり=自由時間
    という人が多いのかな?

    ユーザーID:5587748355

  • 理由がない限りは・・・

    エンドロールは見ますね。
    というより8割方「聴きます」ですが。
    メインのキャストやスタッフの紹介なんかは、演出が凝っているものもあるので、楽しみにしています。
    確かにおまけの映像も得した気分になります。
    そう、「得した気分」になるからこそ、最初にアナウンスする最近の傾向には賛成しかねます。

    でも、立ってしまうこともたまにあります。
    理由としては、トイレに行きたい、気分が良くない、帰りの電車がなくなる、といったところ。
    あと、シネコンで2本立てをして、次の映画までの時間がないとき。
    トピ主さんとは逆に、よっぽど気に入らなかった作品では、意思表示のために立ちます。

    先に席を立つ人よりも、エンドロール開始とともに携帯を見る人の方が、腹立たしいです。
    眩しいからやめて〜!この5分も待てないのか〜!
    出て行ってもらった方が、私は許せます。

    ユーザーID:4492606087

  • 郷に入れば

    わたしも、若い頃は最後まで見ていました。
    涙があふれてはずかしくって外にでられない時もあったりするし、
    何よりも感動の余韻を楽しんでいたかったからです。

    そんな私が、
    今住んでいる国の映画館事情は結構強烈です。

    ここの人々にとっては、エンドロールは見るものではないらしいです。
    いかにストーリーの終わりのタイミングで外に飛び出すかを競うかのような動きで席を立ちます。

    ストーリーの終わりまで誰も席を立たなければ、それはまだましな方。
    ひどい時は、終わる前にづかづかと画面の前を横切って行く人までいるんです。

    余韻なんて楽しむことはもはや不可能となり、
    映画館で見た映画でも、あとからもう一度DVDでじっくり見て余韻を楽しむようになりました。

    ユーザーID:4502061423

  • 見ない派

    昔は見ていました。田舎者で映画館もないような街に住んでいたのと、今でこそ海外ドラマが気軽に手に入りますが海外物に飢えていたのでもったいない気がしてしっかり最後まで見ていました。


    今は在米なのですが、最初はこっちに来てみんなさっさと出て行くのを見てびっくりしました。でも1年もしないうちに自分もそうするようになってしまい、今ではトロトロしてるうちにエンドロールが出てきてしまった・・という状況以外最後まで残っていることないです。

    最大の理由は日本ほど映画が高くないので(それでも10年前よりはかなり上がりましたが)、もったいないという感情が無くなってしまったからだと思います。


    私自身のことに限定してですが、今思えばもったいないの他に、あの時代の自分は英語もあんまり読めないのに読めるような気分に浸ってエンドロールを見てたって感じです。それがかっこいいことだと。

    ユーザーID:6784508612

  • 日本人スタッフ

    の名前を探します。海外の映画でも大抵日本人が1人や2人携わって
    いるようでうれしくなります。グラフィックや美術関係が多いかな?
    その筋では有名な方々なんでしょうけど海外で活躍される日本人の名を
    見つけては勝手にエールを送ってます。

    ユーザーID:5279336868

  • おまけが楽しみ

    わかりますわかります!
    私はエンドロール後のおまけが楽しみでワクワク座って待ってます。

    パイレーツオブカリビアンのシリーズなんかおまけ見なきゃオチがつかないのに!なんて思ってました。
    でも一時期よりは席を立つ人も減った気がします。

    ユーザーID:8396804411

  • 最後のおまけ

    エンドロールのあとに、映画の中のはてなの部分が出ることがありますよね。
    ところであの人はどうなったんだろう?と思ってたら、
    エンドロールが終わってオチがあったり。
    ハリーポッターにもそういうのありましたね。

    ユーザーID:3999285714

  • 1番最後に出ます

    エンドロールが終わってもちょっと待ちます。
    人ごみは嫌ですし、一緒に見に行った子と話しながらゆっくり出たいので。
    もちろんオマケがあるのも期待してるのも理由です。

    ユーザーID:1653752942

  • 昔ビックリしました。

    日本では、普通映画を見るときは、最後まで見る人が多いんですよね〜
    (私もそれが当たり前だと思っていました。)
    以前、シンガポール(かバンコク)で映画を見たときは、エンドロールが始まったとたん、
    みんないっせいに立上って、どんどんぞろぞろ帰ってゆきました。
    終わる頃には、ほとんどの人はいませんでした。
    日本とのあまりの違いに本当にビックリしました。
    (しかもその映画はギャグ映画でエンドロールの終わりに最後のギャグがあったのに
    ほとんどの人は見ずじまいです。)

    ユーザーID:2501192817

  • 最後まで見るんだよと教育しました。

    うちの子(12歳8歳)は筋金入りの映画好き。
    予算が許す限り、映画館へと足を運びます。
    そして絶対、エンドロール最後まで見ます。
    上の子は少し英語も読めますので、挿入歌などタイトルを覚えて、後日
    「〜〜って曲、あの映画で使われていたね」と大人顔負けのことを言います。
    下の子は多分まだよく分からず座っているのですが、「オマケが今日はなかったね」と
    やはり大人顔負けの(略)

    照明が明るくなって「トイレ〜!」と走って行く子供たちに、良作あれ!

    ユーザーID:7723455792

  • 作品による

    だいたいの場合最後まで見ます。
    でも面白くなかった映画はすぐ出ます。おまけもいらない。

    でも最近の洋画のエンドロール長すぎ!!

    席が先着順だったときはエンドロールになったとたんスゴイ取り合いでしたよね。
    バックトゥザフューチャーとかの頃。

    ユーザーID:4895868175

  • トピ主です。

    皆さん、レスありがとうございます。
    正直こんなに反響があるとは思いませんでした。
    なんか嬉しいです♪
    それと、お一人お一人にお返事できなくて申し訳ありません。

    最後まで観るという方のレスが圧倒的に多いですが、観方もいろいろなんですね。
    香港映画に多いNGシーンをまとめてるものとか、最後に何か匂わすシーンが出るとか、そういうエンドロールもありますね。
    私ももちろんそれも楽しみにしています。

    席を立つ人がいても気にならないという方も多いですね。
    私も見習わなきゃって思いました。
    席の場所にも気を使う事で、そういう状況も避けられるんですもんね。

    >柚さん
    客が一人だからって、そんな対応されたら嫌ですよね。
    プレッシャーかけるな!って怒りたくなります。
    それと、映画館でアイス売りって初めて聞きました。
    野球場の売り子を想像したのですが、あんな感じでしょうか?
    凄く気になりました。
    見てみたいかも・・・。

    しかし、稀な人間でなくて良かった〜(笑
    これからも皆さん、お互い気持ちよく映画を楽しみましょう。

    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:9157939825

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 最後まで観ます。

    エンドロール、最後まで観て場内が明るくなったら席を立ちます。
    昔映画好きの父に連れられて観にいき、本編が終わった直後に席を立とうとしたら
    「作った人たちに敬意を表する意味もあるから、観たほうがいいよ。」と言われ、それに納得して以来ずっとです。

    大抵シネコンで列の中央付近の席を予約で取ってしまうので、立つ方にさえぎれれて…というケースは稀です。
    それでも、本編まででいい、というのも一つの考え方なので立つ方がいてもあまり気になりません。

    エンドロール観るか?観ないか?よりも、「まだ座っている(観ている)人の前を通るときに気遣いがほしい」気がします…
    ちょっと会釈してくださったり、小声で「すみません」とおっしゃってくださったりすればいいなと。

    ユーザーID:9132535157

  • ぽにょ

    監督まで五十音順でしたね。
    なぜか焦って探してしまいました。
    ど、どこ!?(汗)

    ところで外国人の方はにぎやかな人が多いですね。
    映画館なのにお茶の間でテレビ見てるみたいな勢いで、飲み食い喋るのをよく見かけます。
    日本人てお行儀良いんだなと思いました。

    ユーザーID:3780991585

  • ラストまで観ます

    エンドロールで余韻に浸ります。

    最近ですと、レッドクリフは最後に次作の予告がありました。

    それも楽しみですね。

    ユーザーID:9719981404

  • エンドロールも作品の一部。

    エンドロールは最後まで観ます。

    曲を聴きながら、余韻に浸り、キャストやスタッフなど
    出来る限り目を通そうと思ってます。
    (良い作品に出会えたときは、スタンディング・・・とはいきませんが
     心の中で拍手をすることもあります。敬意を表して)

    照明がついて、なんならみんな見送ってから部屋を出る感じです。

    家に帰るまでが遠足!じゃないですけどエンドロールが終わるまでが
    作品だと思っています。

    それにしてもエンドロールを観るって人が多くて驚きです。
    そして映画好きとしては少し嬉しいです。

    と言うのも、今まで劇場で数百作、鑑賞してますが
    最後まで残る人って結構少ないんですよね。

    確かに、たまにおまけがある時がありますが確率はかなり低いですね。

    ちなみに昔、謎解きの作品でエンドロールで謎を明らかにした
    作品があって、それを観ずして帰った人達って・・・そんなときもありました。

    ユーザーID:9448508442

  • みますよ〜!

     ひとつの作品の制作に関わった方々があってこその、ムービーです。私は、最後までみますよ。
    そうすると、おまけのシーンにも出逢えます。

    ユーザーID:2618695882

  • 目を凝らして読みます。

    映画好きの皆様に怒られてしまいそうなのですが…。
    エンドロール、見ます、ってか読みます。隅々まで。

    とあるメーカーの広報部勤務なのですが、
    映画やドラマなどで自社製品の提供を依頼されることが多々あります。
    その時に、その商品がどのように使われているか
    (主役の愛用品か、脇役が蹴っ飛ばすのか、風景の一部分で触らないか)
    と共に、協力メーカー名がちゃんとエンドロールに記載されているか、も
    確かめます。

    別に、鑑賞券を頂いているわけでも、エンドロールチェックが仕事なワケでもないんですけどね。
    なんとなく、見てしまうのです。
    協力メーカー名の羅列の中で、気になるのはcompetitorの掲載有無と掲載順。
    露出が多ければ多いほど喜ばしいですからね。

    そんな感じで、オマケ云々ではなく、自社名を探して血眼になっているヤツも居ます。
    なので、なるべく後列の視界を遮らずに退出いただけるとありがたいです。

    ユーザーID:1170154771

  • 必ず

    最後まで観る派です。

    だって、エンドロールの後でおまけがある映画もありますし、トピ主さんのように余韻に浸ったり名前なんかを確認したいですしね。

    でも全員がエンドロール後一斉に帰り出しても出口が混雑するので、私は最後までいようがいまいが特に気にしません。

    でも帰る時はせめてスクリーンが隠れないようにかがんで早く歩いてほしいですよね。

    ユーザーID:6296664710

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧