• ホーム
  • 学ぶ
  • 映画「WALL・E(ウォーリー)」に感動しすぎた(ネタばれ注意!)

映画「WALL・E(ウォーリー)」に感動しすぎた(ネタばれ注意!)

レス25
(トピ主2
お気に入り25

趣味・教育・教養

oasis

30代男ですが、表題の通りです。といっても、厳密には全体のストーリーそのものではなく、前半の20分ほどに一番心奪われ、涙が止まりませんでした。

人間のエゴにより大変な状況となった地球に一人残り、日々役割を全うするひたむきさ、「ハロー・ドーリー!」のビデオを何度も見て、「手をつなぐってどんなだろう・・」と思いにふける仕草、イヴに出会い、何とか喜ばせようと自分の宝物を次々に見せ、イヴが電球を光らせたりすると本気で驚く・・・

思っていたよりかなり擬人化されていたので戸惑いも少々ありました。しかし彼の愛らしさや純粋さ、献身、慈愛・・・どこか自分がそういう気持ちに戻りたくて、でも今はあまりにも離れすぎてしまった。。。。まさに琴線に触れた、という事でしょうか。

大げさなんですが、この映画を見た後では、装飾品の高価さを自慢する芸能人や、政治の世界の駆け引き、現状に我慢出来ず文句ばかり言う自分など、全てが何の意味もないように思えるようにさえなっています。
もちろん一時的なものかも知れませんが。

最新鋭の機材と技術で作り上げられた映像は、意外にも、人間をより無機質に、機械をより「純粋な」人間らしく見せていました。

妻の方はわりと前半はケロッとしていて、終盤の記憶を無くすシーンが最も良かったそうです(しかし僕ほどはこの映画に関して評価が高くないですが)。

どうしてここまで心に残ったのか、ここまで書いてもまだ正確に表現し切れていないような気がします。
ちなみにPIXERの映画を劇場で見るのはかなり久しぶり、いや初めてと言っても良いかも知れません。

是非みなさんのご感想もお聞きしたいのでよろしくお願いいたします。

ユーザーID:3055448840

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 観ました!

    私も公開してすぐに見てきました!
    「人間より人間らしい」と言うと語弊があるかもしれませんが、たった一人で健気と言うかいじらしいというか・・・
    いとおしくも切ない気持ちで観ていました。

    それと同時に「私がこんなに誰かのために見返りを求めず一生懸命になったのはいつのことだろう?」と振り返ってみましたが
    自分なりに満足が出来た”一生懸命”がなかなか思い出せず・・・

    純粋なことほど難しいと思いましたね。


    奥様が良かったと仰っていた、「終盤の記憶をなくすシーン」では一緒に見ていた友人共々泣いてしまいました・・・

    ユーザーID:4382692959

  • 私も!私も!!

    つい先日観たばかりです!!
    高い高いゴミの塔を幾つも幾つも造る日々…そんな暮らしの中で、ひとつひとつ、お気に入りの物を見つけては大事そうに持ち帰る姿が…
    いじらしくていじらしくて、涙が止まりませんでした。

    私も、始まりのシーンが1番心に残っています。

    また観たいなあ〜

    ユーザーID:0121702466

  • 見てきました

    久々に映画館で見たいと思う映画でした。

    私もトピ主さんと同じく、前半の
    ウォーリーがひとりで一生懸命お片づけしている姿、
    ゴミの中から、お気に入りを見つけて宝箱にしまうところ、

    そして、お友達になったイヴちゃんを追っかけて
    宇宙船につかまりながら、星の中を旅するシーン
    では、涙があふれて…

    HPの予告ムービーは前半の部分をみたときに、
    感動して涙でそう…
    劇場で大泣きしたらどうしよ〜って、心配だったのですが…

    あらま、後半は、ガラリと変わって、
    ウォーリーやロボット仲間、人間も活躍して
    最後はみんなで地球に帰れるというハッピーエンドで
    楽しく見られました。

    『WALL・E』と『動物もの』には勝てません(笑)

    ユーザーID:9111622269

  • 最高傑作

    「WALL・E」映画史上最高傑作だと思います。
    後にも先にもこれほどすばらしい映画はないのでは…とさえ思います。

    私もトピ主さんと同じく、宇宙へ旅立つ前の前半20分に心打たれました。
    ウォーリーの行動、しぐさ一つ一つが愛らしく、共感でき、…言葉では表現しきれない感動がありました。
    心で感じた、とでもいうのでしょうか。

    ずっと一人ぼっちだったウォーリーの前にイブが現れた時、どんなに嬉しかっただろう。
    イブと友達になりたくて仕方ない気持ち。手をつなぎたいけれど言い出せないもどかしさ。
    会話らしい会話はないのに、ウォーリーの気持ちが心に流れ込んでくるような。

    私の居住国ではすでにDVDが販売されているので、もう10回は見ました。
    何度見ても飽きません。

    ユーザーID:1056219363

  • あくまで私個人の意見として

    以下、あくまでも「個人的な感想」で反対意見を卑下にもしない...という前提でお読みください。

    私も2回見ました。私個人の評価としては「普通の普通」。
    2回見た理由は、1回目見終った段階で「ラストの手を繋ぐシーン」で感動しなかった理由を確認したかったからです。

    一つはイブの動きが人間的過ぎる。よく見ると動きに大阪特有の「のりつっこみ」みたいな動きが各所にある。

    二つ目は宇宙でのダンスのシーン。あの場面での双方のうれしそうな顔を見せられたら....「よかったね」と言う思いが消化されちゃいます。

    で、これが一番いただけないのですが.....
    「エンドロール」です。結構評価は高いのですが、あれは「ジブリ」のパクリです。「ナウシカ」「ラピュタ」のオープニングやエンドロールとそっくり。見慣れた「ジブリ風」の作りゆえに評価も高い。

    確かに前半は文句の付けようの無い作りでしたね。寂しさの表現やイブと出会ってからの嬉しさの表現等は、細かい演出もあって流石です。

    が.....後半がねぇ〜...個人的に「残念」。

    ま、こう言う「ひねくれた」意見もあるって事でご容赦願います(笑)

    ユーザーID:8866447655

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ウォーリー純真

    感動して涙がところどころ出ました。私生活で落ち込んでいたので
    映画に癒してもらいましたね。ウォーリーは本来の人間らしい生き方
    (恋も含めて)してましたよね。日があるうちは働いて、夕方には仕事を終えて
    というのも今の時代誰でもしていることではないし、恋愛に対しても複雑ですよね。ウォーリの好きな人と手を繋ぎたいと思う気持ちこそ、恋愛感情の原点だなと思いました。それに対する人間が一部ものに操作されているのも納得でした。
    人間が演じてなかったから逆に感動できたのかも

    ユーザーID:5229714058

  • 同感です

    私は在米ですので春に見て気にいったので最近DVDを買いました。
    DVDを見てまた感激!今までのピクサーの中で一番心打たれる作品ではないでしょうか?
    映画館で子供連れの後ろだったのですが子供が怖いって出たいって言っていたのですがこの映画は
    大人に見てもらいたいですよね。このままいくと本当にこの映画のようになってしまうという警告のような気がします。

    ユーザーID:4810582902

  • いい映画でした!

    私の中では、間違いなく今年の「DVDが出たら買って何度も見たい映画」No1です。

    この映画を見てチャップリンの喜劇と共通する暖かさ、笑いのセンス
    のようなものを感じました。
    例えば・・まだ見てない方にネタばれしそうなので、詳しくは書きま
    せんがキーワードだけあげれば
    「先割れスプーン」「指輪」「足跡のヨゴレ」・・
    もっとあったと思いますが、ああ、早くもう一回見たい!!
    DVDなるのが待ち遠しいです。

    ちなみに(関係ありませんが)
    一番見てよかったとおもったのは「252生存者あり」
    一番共感したのは「容疑者Xの献身」
    一番衝撃を受けたのは「ミスト」

    でした。

    ユーザーID:6616044834

  • 教えてください

    私は海外から帰国する時に字幕で鑑賞。しかし席から程遠くあまり画面が見えていない状況で鑑賞、半分寝ていましたが。
    ほとんど内容は理解できず…セリフがほとんどないので耳だけで聞こうとしても無理がありました。
    でも正直つまらないという印象が強いのです。
    そこで、小学2年生の娘がCMを見て観に行きたいと言い出しました。
    でもセリフないし…と悩みどころ。
    そしてクラスの友達が観に行ったらしく、でもつまらなかったそうです。
    理由は「ウォーリー」と言ってるだけでセリフが無い
    下にセリフみたいに書いてあるけど(おそらく心の声みたいな?)漢字だったから読めない=理解できないと言っていたそうです。

    今はあきらめさせているのですが、実際はどうなんでしょうか?
    吹き替えにしていてもウォーリーのセリフには漢字で表示されるのでしょうか?
    実際小さなお子様と行かれた方、お子さんは飽きませんでしたか?

    娘は映画自体は大好きで、幼児向けでなくても色々見ています。(邦画)
    最近では容疑者Xとハッピーフライト

    色々と情報をお願いします。

    ユーザーID:2271584077

  • もう少し配慮を。

    ネタばれ注意とありますが、「感動しすぎで」というタイトルで、もうかなり内容が推測出来てしまいます。

    なんの情報も入れずに映画を見たい私にとっては、今回かなり残念です。

    特に、ピクサーの映画は大好きで今回楽しみにしていただけに・・・・。

    ユーザーID:7252047758

  • まだ観ていませんが・・・

    TVでみた映画のCMでしか分かりませんが、手をつなぐって・・・の場面をみて既にウルウルしています。
    手をもじもじさせている仕草に愛しさを感じ、ギュッと抱きしめたくなります。
    指輪の箱をあけて、指輪をポイッとほうって箱の方を残すところは、大切なものは高価なものとは限らない・・・という感じを受けました。

    純粋、けなげ、無償の愛・・・これはお金じゃ買えません。
    物質社会に生きている私たちに大きなメッセージがある映画なんでしょうね。
    断片的なことしか知らないのにレスしてすみません。
    oasisさんのトピを読んで、観に行くのが益々楽しみになりました。(大泣きしそうですが・・・)
    夫と観に行こうと思います。
    いーばぁさんと同じく、「動物もの」にも夫婦ですぐ涙涙...で、私はタイトルだけでもうウルウルしちゃいます。
    純真無垢な姿に触れると、自分のダークなものを洗い流してくれる気がします。

    実はさっき、別のトピ(ドロドロ系)にレスしようと思っていたのですが、やめました。
    このトピで心が洗われました。oasisさん、ありがとうございます!

    ユーザーID:8195759977

  • 後からきました

    見終わった感想は「評価高すぎ」でした。
    テレビのコマーシャルは上手く作ってあるよね〜悪くは無いけどグッとくるモノもなくて…、「【私は貝になりたい】を見た方がよかったかもね」なんて一緒に行った夫と話していました。
    が、翌日・その翌々日と日が経つにつれ「なんか【ウォーリー】良かったよね」なんて話すようになり、今は「もう一度見たい」と思うようになっています。

    コマーシャルやレビューを見て【壮大な展開&感動】を期待していて「あれ?ちょっと違ってた」と思っていた私達ですが、日が経つに連れウォーリーの仕事ぶりや一人での暮らし・イヴを純粋にとても大切に思う気持ちが胸にグッと思い出され、映画を度々思い出し、思い出す度に愛おしさが増してくようになりました。

    見た目やストーリーに派手さやインパクトはないですが、後から後から心にジーンと響いてくる映画だと思います。
    失いつつある人間の純粋な心と環境に【警告】を発する映画でもあると思いました。

    私の好きなシーンは、動かなくなったイヴを常に自分の目の届くところに置いて懸命に見守るウォーリー、思い出すと本当に愛おしく思います。

    ユーザーID:7211559266

  • 今年一番の映画

    この映画は子供らと一緒に観た後、一人で又観直した映画で、子供用としては今年一番だと思います。環境問題を取り上げ、それを小さい子供にも分かるように描いている点でも評価です。映像技術もトップ!「ラタテューユ」美味しいネズミのレストラン?共々感動した作品の一つです。

    ユーザーID:8182062617

  • taracoさんへ

    前半はほぼ、サイレント映画状態でお話が進んでいきますので、
    画面に集中していないと、ストーリーの理解はかなり難しいと思います。
    私は、英語苦手の日本から一歩も出たことのない人間です。
    ヒアリングも、洋画の中の簡単で短い文章しかわかりません。
    (しかも字幕という補助つきで。)
    でも字幕がなくても前半はほぼストーリーを理解することができます。
    実際、映画館では字幕があまりにも出てこないので、びっくりしていました。
    画面を集中してみることが大前提の映画だと思います。

    また、お子様にはウォーリーの孤独感など情緒的な表現を理解することが難しいかも。
    ここにレスされてるような感想は、小さなお子様には難しいと思います。
    また宇宙センター(船?)の中での人間の体型なども、ある程度予備知識がないと
    理解できないのではないでしょうか。
    地球の汚染の話もかんでいますので、後からご両親の補足があればなんとか・・・
    という感じかもしれません。個人的には中学生くらいからのお子様になら
    お勧めできます。

    字幕は心の声などは全くでてこず、漢字も採用されてます。

    ユーザーID:7488542238

  • 初日に観ましたよ〜

    「700年間ひとりぼっち」
    このフレーズに惹かれ次男(小6)巻き込んで初日に行っちゃいましたよ〜 
    泣いて笑ってほっこりしました(笑) 

    ストラップ(主人とペア)に長靴入りハーブの鉢植え、思わず買ってしまいました
    その内DVDも買うぞー(笑)

    ユーザーID:9992403140

  • 後半はダメだった

    後半はいつものドタバタでしたが、2体の関係性が希薄になってしまいそれが残念でした。

    例えば記憶が戻らないのを何百年か待つというような演出とか、イブがその時間待てるぐらいの結びつきが後半に欲しかった。

    人間との対比みたいなのがもっと少なくてよかったんです。

    でも大好きなのでDVD買いたい。

    ユーザーID:9568029039

  • エンディングもいいです

     本編の方ももちろんですが、エンディングの絵がすごくよかったです。
     とてもすてきな「絵」の(CG?)アニメーションです。
     スタッフロールはちょっと変わって、でも昔のアーケードゲームを思い起こさせる趣で私は結構好きです。

     最後まで、ひとつひとつ、丁寧に作っている感じがしました。
     
     これから見に行く方は、終わっても、席をすぐ立たないで是非見てみてくださいね〜。

    ユーザーID:4292211507

  • 観ました!

    テレビの予告ではま〜ったくそそられず、こういうのは観に行かないわ!!と
    思っていたのですが、トピ様の感想を読んで、そんなにいいなら
    ちょっと観てみようかと、5歳の息子を連れて行ってきました!

    いや〜、よかったです。

    無機質なロボットモノで感動する訳ないと思っていたのですが、
    ロボットの形をした純粋な子供って感じで、
    奥様の印象に残ったシーンと同じところで涙が・・・

    でも、ハッピーエンド!!!

    メッセージ性があっても悲しいだけの映画は今は観たくないので、
    今回の映画はと〜ってもあったかいモノが心に残り癒されました。

    DVDが発売されたら買って何度も楽しみたいと思います。

    ユーザーID:1547399476

  • 子供が感動していました

    先日、初めて映画館に行く息子(4歳)と観てきました。

    初めての映画館…暗さや音響に子供が騒ぎはしないか?に気がとられ、
    私はイマイチ映画にのめり込めなかったのですが、
    当の息子は最初から最後まで喰いつき、
    最後の方では、ちょっとウルウルするほどでした。

    日本語吹き替えを観たので、周りには幼児も結構いたのですが、
    どの子も騒ぐことなく、笑う所では笑い、エンドロールまで
    シッカリ観ていたので、小さな子供にも受け入れられたんでしょうね。
    さすがに、拾い集めていたもののオモシロさには
    気付いてないと思いますが…。

    初めて観にいく映画に選んで良かったと思います。

    ユーザーID:3885057587

  • なっちゃん様

    便乗してしまったにも関わらず、お返事をありがとうございます。
    (トピ主さますみません)
    やはり小学2年生には多少難しそうですね。見ている最中になんて書いてある?と聞かれても疲れるのでやはり今回は止めようと思います。
    DVDになっていつか見れたら良いですね。ありがとうございました。

    ユーザーID:2271584077

  • お礼 No.1

    トピ主です。皆さん貴重なご意見・ご感想ありがとうございます。
    また、未鑑賞の方々に配慮したタイトルの付け方についてのご指摘もあり、反省しております。申し訳ございませんでした。

    子供さんが飽きてしまうのでは?とご心配されている方もいらっしゃいましたが、お気持ちは分かります。

    月並みな言い方ですが、この作品はどちらかといえば「いろんな物を吸収し続ける子供」より、「何かを失いかけている大人」に響く部分が大きいのではないかと「個人的に」思っております(「良かった」と書いて下さった皆さんごめんなさい、あくまで「個人的な」意見です)

    特徴的なのは、当の主人公はもともと「地球をどうにかしないと」と意欲に燃えていたわけではなく、ただ純粋に「役割を全う(本当にささやかな楽しみと共に)」し、「大切な相手と離れたくなかった」だけ。
    それがなぜか、結果的に人間を動かし、荒廃した星を救ってしまった。

    これが意味する物は?と深読みすると、困った状況であるほど、自分の役割を実直に果たす。また、必要以上の贅沢や、物や、便利さを欲しがらない。そうしていれば、いろんな事が良くなるってこと?と思ったりします。

    ユーザーID:3055448840

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • お礼 No.2

    また、途中まで"ハッピーエンド"になることを全く予想していない自分にも驚きました。
    自分の中で「最終的に、きっと地球が人間に完全に破壊されて・・・」みたいなことを勝手に想像しているんです。

    でも途中から、「ああ、これはハッピーエンドで良いんだ」と、なんか変なのですが、自分をリラックスさせるように言い聞かせている・・・

    何というか、青臭いかもしれませんが、ほんとにハッピーエンドでよかったと、素直に思わせてくれる映画だったように思います。

    パンフレット買った方いらっしゃいますか?
    あの背表紙の絵が、僕には本当にジンときました。


    「よかったよ、ありがとう」

    僕にとって、そう言いたくなる数少ない映画の一つです。

    ユーザーID:3055448840

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 楽しめました

     昨日、見てきました。いつもは洋画は字幕版を見るのですが、
    時間の関係で吹き替え版を見ました。せりふが吹き替えられている
    だけでなく、画面に出てくる新聞や、テレビニュース画面の
    文字なども日本語になっていました。
     厳密に考えると突っ込みどころはたくさんありますが、ストーリーとしては楽しめました。

     植物の存在が、緑の復活の象徴ということのようですが、
    植物性のバクテリアと人間でも、DNAは30%ほど共通で、
    ゴキブリを含めた昆虫と人間も半分くらいはDNAが共通ですから、
    植物の復活より、ゴキブリの存在のほうが、自然回復の
    確証になるのにと思ったりしました。

     ウォーリーもイブも感情を持つようになるのですが、
    ロボットが感情を持つのは、鉄腕アトムもそうですが、それが
    映画なのですね。
     あの大型宇宙船の中に多数(億単位)の人間が暮らして、
    労働せず700年間、代を重ねて生存できるのが不思議です。
    そういう環境があるなら、わざわざ地球に戻って労働する
    必要はないはずなのですが。
     いや、そのあたりは言いますまい。

    ユーザーID:9933600813

  • WALL-E いいですよね

     DVD発売後、即購入。毎日のように見ています。
     皆さんおっしゃるように前半はすばらしい出来ですし、個人的に後半の展開も大好きです。結局AXIOMを地球へ導いたのが出来損ない(故障中)や、コースから外れた(WALL-E, EVE, M-O)ロボット達であったこと。装置(?)から解放されて、真のコミュニケーションに気づくJohnとMary。WALL-Eの行動に触発されて、己の足で立ち上がったキャプテン。
     随所に見られる2001年宇宙の旅へのオマージュも、自分のような少々古い世代にはにやりとするものがあります。
     エンドロールも、洞窟時代の壁画、古代エジプトの壁画、モザイク画、水彩画等々、美術の歴史をもって地球と人類の再生をなぞっている。
     7才と5才の子供達は、物語の背景など分かっていないようですが、それでもエンターテイメント作品として大喜びで見ています。ただ、子供達には少々長いようで、一番のお気に入りは、おまけでついているミニムービー、BURN-Eだったりします。
     自分の評価ではベストテンには間違いなく入りますね。ピクサー作品としてはニモと双璧をなします。

    ユーザーID:5766463066

  • 21世紀のジャポニスム

    ピクサー作品の中でも群を抜いて日本文化に影響された作品だと思う。

    これほど日本アニメ、漫画の文法で作られたアメリカ映画は初めてじゃないかな。特に前半。
    後半はいつもどおりの「アメリカ的な価値観の押しつけ」的展開になってしまうので、やや平凡な感じ。

    日本人的には全体の舞台設定やコンセプトが手塚治虫や宮崎駿に影響されたのがモロバレな感じもするが、この作品が欧米の子供たちにすんなりと受け入れられたのならば、これは19世紀末以来の日本文化と西欧文明の対話の一つの到達点かもしれない。

    この映画に琴線を触れられまくってしまった人には、手塚の「火の鳥〜未来編、宇宙編、復活編、望郷編」あたりと、香港のアニメ映画「マクダル・パイナップルパン王子」をお勧めします。

    ユーザーID:8982031110

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧