子供を産んだら怖いものが増えた!

レス33
(トピ主8
お気に入り44

妊娠・出産・育児

musume

タイトル通りです。。。
3歳の娘がいます。
頼れる人達に囲まれ、毎日平和に過ごすごく普通〜〜の主婦(母親)のつもりです。が、

子供が寝たあと、事故関連(特に子供)のネットサーフィン・・・。
「こんなこともあるのね。。。」と更に怖くなり。。。

「車が水没したらまず、窓を開けて、それから後ろの子供を抱て・・・」
「火事になったら、まずは・・・」
など、万が一の事故のさい、子供を救出するための手順を夜な夜な考え。

スーパーで買い物をしていて、少し身なりのおかしい男性などを見ると
「誘拐・・・」の二文字が出てくる時も。

飛行機なんかも乗るのが怖くなり。。。
子供を産む前は、国内外、飛行機でじゃんじゃん旅行していたのに。


娘をいとおしいを思う気持ちに比例して、失うことへの恐怖が増していきます。
こんなんだから、2人目なんて考えられません。
だってこんな大事ものがもう1人増えるなんて、幸せが2倍、だけど不安だって2倍になる、と思ってしまいます。

「考えてもきりがない」。
そんなの分かっちゃいるけどやめられない。

皆さん楽しく育児されていますか?

ユーザーID:1660712763

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 逆ですね

    私は子供が生まれてからは強くなりました(笑)
    事故等のニュースを見ていれば、子供にちゃんと説明して、なんで事故につながったのを話してます。まだ3歳ですが(笑)
    3歳といえど、こちらの話ししている事は分かっているようなのでニュースはいわば社会勉強でしょうか。
    火事のニュースなら、火事にならないようにする事、仏壇が手の届く範囲にあれば線香や蝋燭、マッチでイタズラすれば火事になることや火傷もする等。
    地震のニュースも実際に子供が体験する前までは、訳が分からないと思っていたようですが、子供が小さい揺れでしたが地震を体験する事で子供なりに分かったようです。
    怖い事には近づかないと教えるより、何でその物が怖いようになるのかを教えてます。
    子供が生まれてから、何事に対しても強くなりました。
    それまではマイナスな考えでした。

    ユーザーID:0455410979

  • わかります

    子供が大事すぎて失うのが怖い、起こってもいないことを考えしまう、私もありました。

    今は死は別れではない、愛情で結ばれた絆は永遠に切れない、て思うようになって悪い未来のことは考えなくなりました。

    子供かわいさで考えちゃいますよね。。時間あるとあれこれ考えすぎちゃうから仕事や趣味で忙しくしてみては。
    私は仕事したり趣味のお芝居いって充実するようになってよい方に変われたように思います。

    ユーザーID:6262708767

  • わかりますよ

    私にも2歳と0歳の子供がおります。

    スタンディングのライブとかよく行きます。
    産む前は、押されても前の方で見ても平気、とても楽しんでいました。

    産んでから、どうしても前の方にはいけません。
    もし、もしも押されて倒れたら… 緊急事態(火事とか)になったら… 地震がおきたら… 自分にもしものことがあったら子供はどうなるの?と思うと心からは楽しめないです。
    つい、出口に近いところに陣取ります(笑)

    あと、人口密集地の住宅街に住んでいますが、公園でもあまり寛げません。変な人(突然子供に危害を加えるような)が居やしないかとキョロキョロしたり。
    ちょっと子供が手を離して走っていくと急に不安になったり。

    夜中も考えます。
    火事になったら?三階だからベッドにロープくくりつけて子供だけ先に抱っこ紐に縛って降ろす?私は骨折覚悟で最後に跳べば良いし。
    ちぎれないロープ買っておかなきゃ…地震の時はどう逃げる?という具合でぐるぐる考えます。

    夫が仕事多忙であまり家に居ないから、不安なのかな…
    しょうがない性分ですよね。あまり考え込まないようにがんばりましょうね。

    ユーザーID:0920156944

  • わかります

    私も3歳の娘をもつ母です。
    トピ主さんのお気持ちよくわかりますよ。
    自分より大切な愛しい愛しい存在の娘ですもの。もしこの子に何かあったら・・・と考えると怖くてたまりません。
    勉強や運動なんてそこそこでいいから、どうかおばあちゃんになるまで平和に生きて・・・願いはそれだけです。
    今はすごく物騒な世の中になりましたもんね。
    でも怖がってても仕方ないので、今出来ること(買い物や公園では絶対に目を離さない等)をやるだけです。
    大事な宝を大切に楽しんで育てましょう。

    ユーザーID:6762442299

  • だからこそ、強くなる

    確かに愛しいからこそ、不安はつきまといますよね。
    でも、私が思うことは、それでもどうにかして私が守る!
    それにつきます。
    精神面でも強くなったと思います。
    戦争になったって守ってみせる。それぐらいの気持ちでいます。
    もちろんならないにこしたことないですが。

    子供は2人いますが、おっしゃる通り幸せは2倍です。
    きょうだい仲良く遊んでいる姿をみると、
    いっそう、私は強くなってやる!と思います。
    そういう思い込みが私に負担になることはないです。
    もともとタフなタイプなので・・・

    ユーザーID:2578937854

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 考えすぎてぐったり

    まず車のダッシュボードにガラスを割る器具を入れ、シートベルトを切る器具も用意!
    連れて歩く時は手を離さない。
    何が危ない事なのか教える。
    なんですけど一番怖いのは離れている時間です。保育園に通っているので変な人がこないか心配。

    元夫や義理母が誘拐しないか心配で心配で… ちょっと疲れてるかな?
    だけど何が何でも守ってみせます

    ユーザーID:7888177893

  • 同じです

    わかります、その気持ち。
    4ヶ月になる息子があまりに大事で大事でとにかく愛しくて・・・。
    この子がいなくなったらどうしよう、生きていけない・・・毎日ふと
    考えては涙が出そうになります。

    ベビーカーに乗せている時は「角を曲がったら車が飛び出してきて
    ベビーカーと息子だけはね飛ばされたらどうしよう」
    隣で寝ている息子を眺めては「隕石が降ってきてこの子にぶつかったら
    どうしよう」
    近くで誰かが咳をしていたら「この子が風邪をこじらせて死んでしまったら
    どうしよう」
    こんなことばかり考える自分はちょっとおかしいんじゃないか?と
    思ってます。
    地震、火事が起きた時の行動パターンなんかも考えては一人アタフタする始末です。

    育児は本当に楽しくて毎日息子と一緒に過ごして幸せいっぱいなんですけどね。
    ホント、考えてもきりがないです。

    ま、息子が危ない目にあうような事があれば、たとえ火の中でも水の中でも
    ナイフを持っている相手にでも飛び込んでいける気はしてます。

    ユーザーID:8340905293

  • トピ主です、皆さんありがとうございます!

    皆さんありがとうございます!ぱんくんさんまで読ませていただきました。

    ★何人さん
    そうですっ。私もそうありたいと思っています。
    >怖い事には近づかないと教えるより、何でその物が怖いようになるのかを教えてます。
    子供自身が強く生きていけるように育てられたらっと思います!!
    母は強。がんばります!

    ★まみさん
    そうですね。一生懸命仕事している間は考えないですもんね。
    最近わけあって趣味もできていない状態でした。
    もう少しを時間を有効使おうと思います!!
    >死は別れではない、愛情で結ばれた絆は永遠に切れない
    こう思えるのはステキですね。どうやったらそう思えるのですか?
    私はそう思えるまでには少し時間がかかりそうです。。

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 皆さんありがとうございます。トピ主です。

    ★うささん
    そうそうそう。自分の命のことも考えます。同じく、私がいなくなったらこの子はどうなる!っていうことで。
    それから、夫が多忙で家にいないってことも同じですね。
    出張が多く、夫が留守の夜によく考え事しますね・・・。
    たぶんこの子を守ることは私以外できない!って気が張っちゃっているのでしょう。お互いがんばりましょう!

    ★パンくんさん
    >勉強や運動なんてそこそこでいいから、どうかおばあちゃんになるまで平和に生きて・・・
    全くその通り、娘の寝顔を見ながらそう思っています。
    でもホント、今できることをしっかりやるしかできないですね。
    それ以上はもう神の域ってことで。がんばります!

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 笑ってしまった

    皆さんのレスのタイトルが「わかりますよ」ばっかり。私もそう書こうと思ったのに…

    子供が生まれて(10年前)からというもの「あり得ない!」状況を勝手に考えて涙する私。例えば、閻魔様が「これが出来れば子供の命は助けてやる」と。これ、というのは30階建てのビルの屋上の縁を目隠しして一周するとか。あるいはハリウッド映画さながらに隣のビルに飛び移るとか。「砂場だと出来る距離よね」などと考えて今日も眠れない!子供が出来てからというものいつもこんな感じなのです。

    はい。本当に「よくわかりますよ」。

    ユーザーID:7160540315

  • 楽しむ心を育ててね。

    ・お子さんが育っていくのは、楽しいこと。人生の機微を味わってください。
    ・お子さんが産まれると現実が迫ってきて、守りたくなります。私もそうでした。命に関することは教えるなくてはいけない。只危ない、恐い、いけない等マイナス面にとらわれ、楽しむこと、笑うこと、ゆったり歩むことを見失わないで。
    ・1人目の子育ては、全て手探り。つい慎重になりますが、楽観的生き方も教えてね。楽しむことを伝えるのも、親らしい?私は母親にその心を伝えてもらったと思ってます。長男の時は慎重過ぎ、子育てを楽しめなかった。勿論、騒ぐ、暴走する、我が儘する等その時々教えるべき事はありますが、我が子との時間を楽しめることが大切でしょう。せっかく産まれてきたんですから。
    ・同居別居はともかく、実親義理親から子育てで言われるでしょう。遠慮しなくていいよ。成人するまで、我が子の人生の責任者は親ですから。自分なりの子育てを貫き、楽しいつながりになれば、余計なことも言いにくいでしょう。
    ・気長に、そして肩の力を抜いてがんばれ。若パパ、若ママ諸君。

    ユーザーID:8614867828

  • もっと増やしてもいい?

    わかりますよ〜そのお気持ち。
    誰しも親になると多かれ少なかれそういう「危険対処へのシミュレーション」をしてみるものだと思います。
    お子様が危険な目にあうのは何も非日常的な事故や災害の場合だけではありません。

    うちの中にいるだけでも危険はいっぱいです。
    アイロン、やかん、コンロ、タバコ、ライター、ポット。
    コンセント、お風呂場、ベランダ、ガーデニングのための薬品、
    棚の角など、、、

    本当にキリが有りませんよね。
    うちの子は、扉やサッシで指つめないように、色んな金具を取り付けて予防していたのに、
    お風呂場の扉で私自らが指つめさせてしまいました!!!
    痛すぎて一瞬声が出なかったうちの子、、、本当にかわいそうだった、、、。
    子供用の椅子に立ち上がってバランスを崩しテレビ台の角に頭を打ちそうになったり、、。
    あれは本当に目の前で起こったことなので事なきを得ましたが、目をはなしていたときだったら
    と思うとぞっとします。

    万が一のときについて考えるのは親としてとても重要です!
    なにより何かそういう時には側にいてやりたい!と思ってはいてもなかなか難しいね。

    ユーザーID:2901259476

  • 私もそうです

    夜、考え過ぎて寝られないことがあります。
    火事になったらこうしようとかホームセキュリティーシステムを導入しているのですが侵入者警告アラームがなったらこうしよう、とか考え続けます。
    車が水没したら、もよく考えます。。。トピ主さんのを読んで笑ってしまいました、よかった、一人じゃなくてって。
    不思議と、悶々と考えるのは夜だけです。。。疲れているんでしょうかね。
    昼間は元気いっぱい、育児を楽しんでいます。
    幸せも2倍ですが、心配事も2倍ですよネ。

    ユーザーID:2006767421

  • 強くなり、怖くなり・・・

    精神面は子供を生んでからのほうが、強くなりました。
    その反面、怖さに対する考えが変わり、実際に考えることが増えました。ニュースはもちろん普段から、子供の手が離れて少し走り出すと、
    5メートル離れるとドキドキします。公園で遊んでいても、パパと散歩に送り出しても見えないと不安で仕方ありません。皆さんと同じように、
    火事になったとき、地震がきたら、新型インフルエンザはと考えることばかりで、こんな性格じゃなかったのに、心配性になりました。この状態は一人でいっぱいいっぱいなので、我が家も2人目は考えなくなりました。
    安全が確認できない場所では、義理の父母に預けることもしません。何かあることしか頭をよぎらないし、子供のスピードに対応できるかこれまた心配なので。

    ユーザーID:7794373988

  • 例えば

    怖いご時勢ですが、昔はみんな戦争時代を生き抜いたはずです。
    歴史を考えてみても、こんなに平和な時代はないのでは?
    祖母の時代は子供の何人か亡くすことは珍しくなかったと思います。私の祖母二人とも子供を戦争で亡くしてます。
    不安な時代だったからこそ、子供の数が多かったのでは?

    一人っ子だから「この子を失ってしまったら・・・」と不安も大きいのではないでしょうか。
    極端ですが、あなたに10人の子供がいたら今より10倍恐怖に震えてると思いますか?いいえ、きっと10倍逞しいはずです。
    不安すぎるなら、あと数人産んでみては?

    私も不安になることは多々ありますが、子供たちの笑顔に日々癒されてます。まだ来てない不幸や事故に怯えても仕方がないです。
    人は想像したとおりになるという言葉もあります。
    毎日を子供たちと最高に充実して過ごすことが大切ですよ。

    ユーザーID:3757337824

  • 同じです

    1歳の娘がいます。
    本当に大切すぎて失うのが怖いですよね、主人ともよく話しています。

    どうしたら不安に陥らなくてすむんですかね?
    子どもが小学生、中学生と大きくなるにつれて不安がへっていくのでしょうか?
    便乗してお聞きしたいです。

    ユーザーID:9249058145

  • 皆さんそうなんですね

    去年出産した母親です。
    ほんとにおっしゃるとおりで、子供がいることで怖いと思うものは増えました。もしも子供に何かあったら、失ったら一体自分は正常でいられるのだろうか…と思うこともしばしばです。
    よしもとばななさんの日記にも同じようなことが時々書かれていますが、彼女は知り合いの女性に「私の場合は2人目が生まれたときに、1人目の子のかけがえのなさは全く変わらないながらも、やっとその(子供を失うかもしれないという)恐怖が薄らいだ」と言われたそうです。
    私はまだ1人しか産んでいませんが、このことを読んで「なるほどなぁ、この怖さは心情的というよりはやっぱり子孫を絶やすまいという本能的なものなんだなあ」と納得しました。
    あんまり慰めにはなりませんが、少し冷静になれるでしょ?
    もちろん、安全対策は万全に!ですが。

    ユーザーID:4552802450

  • 動物学的にも

    最近、他のトピのレスとして引用した内容ですが。

    女性は、辛い恐い痛いといったことがしっかりと記憶に刻まれるそうです。
    =生活の中で子供を守るため

    男性は、忘れやすいそうです。
    =狩りや食べ物をとりに行く危険を恐がってはいられない。


    尚、余談ですが女性のこの類いのストレスの一番の発散法は、井戸端会議(愚痴ること)だそうです。
    musumeさんは頼れる人たちにも恵まれているようですし、つまらないことなどと思わずに自分の気持ちをご主人や周りの方に伝えて下さい。。
    ご自分の中だけで溜め込んではだめですよ。

    私もこの話を聞いた時、男女の理解不足ってこんなことからも始まってしまうものかとなとなんとなく納得してしまいました。
    気持ち(こころ)を共感するって家族にとってとても大切なことと思います。

    どうぞ楽しく子育てされて下さい。

    ユーザーID:9640239027

  • 二度目です。

    愛情で結ばれた絆は永遠に切れないというのはシルバーバーチの本に書いてあったことで、とても心に残ってるんです。

    縁のある人には天国でまた会える、人は死んでも魂は生き続けるて考え方の方が救いがありますよね。

    私がそう思ってるだけで人に証明したりはできないけど。。

    ユーザーID:6262708767

  • トピ主です。皆さんありがとうございます!

    ボサノバさんまで読ませて頂きました。
    共感して頂けるだけで不安が和らぎます!

    ★七味さん
    はははっっ!でも考えている時はマジですよね。
    私はとりあえず、ベッドの下に釜を持っている男がいるのを発見してしまった場合(何かのオカルト話)、子供とどう逃げるかを考えますね・・・。
    しょーもないです。お子さんは10歳ってことですよね。
    ってことは私もこの先末永くこんなこと考えていくのでしょ〜か!


    ★ユキちゃんさん
    人生の先輩ですね。ご助言ありがとうございました!
    おっしゃる通りです。私若造がこのように思えるまで
    まだまだ経験値を稼がなければいけませんが、
    >マイナス面にとらわれ、楽しむこと、笑うこと、ゆったり歩むことを見>失わないで!
    はいっ。

    ★ピポパポさん
    「危険対処へのシミュレーション」、まさしくそれです。
    でもこんなにシミュレーションしているのに、その危険は、ほんと
    ふっとしたときにやってきますよね!!!
    頭をぶつけそうな角にはクッション材を巻き付けていましたが、
    それの隣の淵に額をぶつけてたんこぶ作りました。。。ほんときりがないですっ。

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です。皆さんありがとうございます!

    ★虹のママさん
    私もなぜか夜だけ考えます。
    昼は考える暇がないからなのか、明るくて精神的に安心しているのか。
    ほんと、考えたらキリがないですが、もわわわわ〜んっと不安映像が
    頭に浮かんでくるんです。

    ★ぴよさん
    確かに私も忍耐力は鍛えられていますねっ。
    娘も春から幼稚園に入園するのですが、今から不安でいっぱいです。
    今も実母と娘だけが一緒にお買い物、なんですると、最初は「自由だ〜」っと思っていても1時間が過ぎると、「何してんだろ、遅いな・・・」
    なんてモンモンと考えます。

    ★二児のママさん
    なるほど〜、下にレスくださっているあきさんに通ずるものがありますね。心配が多いイコール子孫を絶やす恐怖 なのですね。
    人は想像したとおりになる・・・お〜こわっ!楽しく生きたいです!

    ★みんさん
    ほんと、いつになったらこの不安から抜け出せるのでしょうか。
    たぶん無いのですよね。マイナス思考を変えるしか道はないか。。。
    0歳時は突然死、添い寝でつぶさないかっなんて考えたし、今は怪我や事故を心配し、学校に上がったら勉強や人間関係を心配するんでしょうね〜。

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です。皆さんありがとうございます!



    ★あきさん
    これはすごいっ!
    >2人目が生まれたときに、1人目の子のかけがえのなさは全く変わらな>
    >いながらも、やっとその(子供を失うかもしれないという)恐怖が薄らいだ。
    なるほどなるほど。もうDNAの域なんですね。
    不安のもとが何なのか分かるとかなり冷静になります。
    レス見て「なるほど〜〜〜〜〜」っと一人うなずいています。ありがとうございます!!



    ★ボサノバさん
    なるほど〜っ!子供を守るためには必要な不安なのですね!なら、過剰でない限り、このマイナス思考はいいのかな?
    このトピを立てて、皆さんに共感頂いているので、不安が和らいでいます。やっぱり共感してもらうって
    すごく助かることなんですね!
    私の周りには信頼のおける人たちがたくさんいますが、いざこんな話をすると「神経質になるのはよくない」とか「そんなこと考えてないではやく寝ろ」
    とか言われます・・・。そのときは「そうだな〜神経質かもな〜」と思うだけで自分の中で何も解決しません。
    なので、皆さんに共感して頂いてホントよかっだです!!!

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 20年たっても・・・。

    一人っ子の一人親です。私も、出産して以来、頭の中だけで限りなく膨らんでいく不吉な妄想によく苦しみました。幸せであってほしいという思いだけを持てればいいのですが。

    赤ちゃんの頃は、目をはなしてる間に突然死してるんじゃないかとドキドキしながら何度も様子をうかがい、幼児の頃は、迷子・誘拐・神隠しを怖れるため外出先ではピタリと寄り添い、小・中・高はちょっと帰宅時刻が遅いと、「事故か事件に巻き込まれたのでは」との胸騒ぎにいてもたってもいられず・・・。

    それでも、何とか本人の前ではそういう部分は見せないようにしてきました。親が過剰に心配すると子どもが窮屈な思いをしてしまう事もわかります。成人して県外で一人暮らしの現在は、携帯がつながらないと反射的に最悪の事態を想像してしまいそうになります。安否がわからない状態が一番落ち着かない時間です。

    こんな感じで、いまだに子どもに対しての心配はなくなることはありませんが、心配する事が相手の無事を保証してくれるわけではない、何か起きたら対処していくだけだ、と自分に言い聞かせ、その心配にまわすエネルギーを、目の前の仕事や家事等を心をこめて行う方へ使うようにしています。

    ユーザーID:3603026944

  • 安心しました

    3週間前に初めての赤ちゃんを出産しました。

    毎日毎日、事件事故に遭うんじゃないか?
    突然この子を失うのではないか?
    幸せ絶頂期のはずなのにマイナス妄想いっぱいで、誰にも言えず悩んでました。

    産後のうつか何かで精神科受診したほうがいいのかと思ってました(笑)
    同じかたがいらして安心しました。

    トピ主さん、皆さんどうもありがとう!

    ユーザーID:6610669382

  • こころ

    本当に「母の愛情」を改めて感じさせられるトピですね(笑顔)。

    『手が離れても、目は話さない、目が離れても心は離さない・・』

    子育ての言葉ですが、心の繋がり絆は死ぬまで育まれるものと思います。

    次第に子供にも小さな心が芽生え育ち、心と心の繋がりのなかで、親も子も心が大きく育まれていきます。

    心の絆、それぞれの心が育った親子には、その後に向かえるであろう人生の難題もおのずと共感できるようになり、

    それぞれの人生のプロセスを大切に、生きる糧として、前向きに生きて行けるのだと思います。

    3歳までの可愛さで親孝行は終り、その後は小さいけどりっぱな人格を持ったひとりの人間なのだと思います。

    親は子供にも育てられます。

    子育て、心から楽しまれて下さい。

    ユーザーID:9640239027

  • トピ主です。皆さんありがとうございます!

    お返事レス、跳ばしていました・・・。すみません!

    あおさん
    そうですね。強くあるべきですよね。
    悪いことはたくさんたくさん考えますが、結局は「私が助ける!」に
    落ち着きますね。
    2人キョウダイいいですね。やっぱり幸せ2倍なんですね。
    私もできれば・・・。

    菜々子さん
    お疲れ様です!
    ウチの娘は今年から幼稚園です。
    預けている間、慣れるまでは相当ソワソワしそうです。。。
    「やっぱり入園やめればよかった」と思ってしまうかも。。。
    でもそれでは子供が成長しないですね。
    あ〜。

    新米ママさん
    赤ちゃん育児お疲れ様です!!
    ホント、子供のためならたとえ火の中水の中、ですね。
    私は家の庭に飛行機が不時着したらどう子供かかえて逃げよう、
    なんてショーもないことを考えドキドキしています(なぜか飛行機に拘る私)。
    授かる前は自分の命に代えてまでも守りたいものの存在なんて
    この世にあるのか?とハテナ?だらけでしたが、子供を授かって
    「このことだな〜」と実感しましたよね。

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です、皆さんありがとうございます!

    まみさん
    シルバーバーチの本ですね。ありがとうございます!
    死後の話は宗教めいていて、独身のころは疎遠にしていましたが、
    こんなに愛おしいものがそばにいると、そういう言葉に救われますね。
    不確かでも信じたいです。

    ふゆさん
    う〜〜。20年経ってもですか・・・。そうでしょうね。
    私には「子供っていつまでかわいいの?」という変な疑問があります。
    今幼児を育ているので見た目もかわいいですが、娘が「女性」になっても
    かわいいと思っているのかな?っていう疑問です。
    でもふゆさんのレスをみて分かりました。
    大きく成長した子供も、変わらず大切な大切な我が子なんですよね。

    みゆみゆさん
    ご出産されたばかりなんですね!おめでとうございます!
    私は出産後1ヶ月は乳児に泣いて起こされる、というよりも
    不安で逆に寝られませんでした。
    赤ん坊をつぶしてないか、突然死してないか。
    早く1歳(突然死する確率が減る年齢)になってくれと当時は願ったものです。
    そんな私を見かねた母は「赤ちゃんは生命力だから大丈夫だ」と言われました。
    この言葉に少し救われました。

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です、皆さんありがとうございます!

    ボサノバさん

    『手が離れても、目は話さない、目が離れても心は離さない・・』
    メモっておきます。
    今現在、反抗期真っ盛りの娘に手を焼いていて、
    今今しか考えられなかったのですが、この言葉で少し未来を想像してみることができました。
    「今」しか見えていなく、今この子を失う恐怖ばかりを想像していたので、
    未来を思うことがなかったように思います。
    そうですね。子供との未来があるのですよね。心が通い合える親子になれるといいです!

    ユーザーID:1660712763

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 陣痛を経験して…

    私も毎日のように良くないことを考えてしまいます。
    考えたからといってどうしようもないのはわかっていても
    気づいたら考えているのです。

    火を使えば、この子を守るためなら火の中にも飛びこめるだろうか?と自問自答。
    風呂に入れば、溺れるわが子を助けるためカナヅチの私が川に飛び込めるだろうか?と自問自答。
    ライオンが襲ってきたら(あり得なすぎて笑っちゃいますが、本人は真剣)自分の身を犠牲にしてこの子を助けられるだろうか?と自問自答。
    切りがありません。

    でも、痛みや苦しみには耐える自信があるんです。
    陣痛以上の苦しみはないと思っているので(ひどい難産でした)。
    陣痛中は、この苦しみより火に飛び込む方がマシと思いましたから。
    これだけのためにでも、陣痛を経験しておいてよかったと思います。

    ただ、自分の死・子どもの死に対する恐怖からだけは逃れられません…
    こればかりは未知のもので、運命と諦めるしかないのは承知ですが…
    子どもを産んでからというもの、毎日「絶対に死なないぞ」と決意して生きている感じです(苦笑)

    ユーザーID:8600719976

  • 共感します

    みなさんと同じです。
    昨年子どもを出産したのですが、「何かあったらどうしよう」
    と心配で心配で。

    楽しく過ごさなきゃ損と思っているのに、
    ふと恐ろしいことを考えてしまったりするんです。

    車で移動しているときや、外を歩いているときに特に思います。
    「事故にあうかもしれない」「誰かが突然襲ってくるかもしれない」
    ・・・ときりがありません。
    私が死ぬまではもちろん、私が死んでからも、
    この子(子ども)が平和に生きて行ってくれますように。
    と毎日のように思います。
    まだ生まれたばかりなのに・・・。

    夜寝るときになると「あぁ、今日も生きていられた。よかった」
    とほっとします。
    ひどく根暗になった気分になっていましたが、
    同じような方がたくさんいて安心しました。

    しかし、これって、何とかならないのでしょうか?
    もっと楽天的に暮したいです(無理かなぁ)。

    ユーザーID:7843525321

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧