子宮摘出後、ノイローゼ状態

レス17
(トピ主4
お気に入り38

心や体の悩み

ゆみゆみ

子宮摘出手術後、ノイローゼのような状態に悩んできます。
一時は命の危険もあったのですが、幸い手術自体は成功、体は順調に回復しています。

しかし、子宮の喪失感が強く、自分の体に嫌悪感を抱くような状態です。
特に朝方には、自分の体の中の状態を想像し、涙が止まらなくなります。

また、町に出て妊婦さんを見るとひどく動揺してしまい、
外でも涙がこらえ切れない状態になってしまうため、
外出もままならない状態です。

同じような手術されて、ノイローゼのような状態になった方っていますか?
もしいらっしゃいましたら、どの位で克服できた、こうやって気を紛らわせたなど、アドバイスを頂けないでしょうか?

せっかく助かった命、毎日を大切に幸せに生きたいのです。
しかし今の状態では中々…、本当に悩んでいます。

ユーザーID:4335327039

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 経験者でなくてゴメンナサイ

    トピ主さん、経験者でもないのにレスしてすみません。

    でも同じ女性として、トピ主さんの喪失感は当然のことだと思います。

    いくら命と引き換えだからって、大事な子宮を摘出されて平気なんて女性はいないですよ!

    自分の気持ちに素直でいいんです。
    無理して「命が助かっただけでも感謝しなきゃ」なんて思わなくても良いんですよ。辛いものは辛いんですから。

    一日でも早く、トピ主さんの気持ちが前向きになれるように心から祈ってます。

    ユーザーID:7664076938

  • 命大切に

    私の母が(子宮ガン)で、摘出しました。
    ただトピ主さんと違って
    母は60代ですし、子供は成人しています。

    母が病気になってから病院に看病に
    行く度に思ったのですが
    20代・30代の方も多数おられ、 
    母が退院してから数ヶ月後、
    30代の方が亡くなられたと
    風の便りに聞いたのですが、母がすごく落ち込み
    ました。
    その方は、子供さんがおられ、仕事を優先したとか、
    ただ病院に行った時は末期だったそうです。   

    トピ主さんは入院した時、看病してくれた
    身内・友達のことは考えたことはありますか?
    生きて欲しいとみんなが望んだはず、折角助かった
    命なんですから、大切に生きてください。

    それと、後ろばっかり振り返っても
    良い道は見つかりませんよ。  
    資格とったり、前を向いて生きていく
    方法も考えた方がいいいです。

    私は違った意味で一人で生きて
    いく覚悟も決め、仕事にと頑張ってます

    子供だけが人生じゃないと思います。
    子供が授からない夫婦もいます。 

    こんな時代なんで、視野を広げて見てください

    ユーザーID:8158470673

  • 参考にはならないと思いますが…私の場合

    私は子宮体癌の術後1年になります。まだ立ち直ってはいません。でもゆみゆみさんの悲しみや苦しみが自分のことのように思えてレスをさせていただきます。

    麻酔が覚めた瞬間、「何も無くなった」と思いました。「男でも女でもない、自分はいったい何なのだ?」この宇宙空間の中に自分の居場所がない。そんな感じでした。

    ようやく外出ができる状態になっても、町で赤ちゃんを見ると狂ったように泣き叫びたくなる。でも避けるどころか、わざわざ赤ちゃんを探して歩く。そして「抱かせて!」と手が出そうになる。
    羨望や妬みではなくて、もっと原始的なレベルの強い衝動が満たされない、行き場を失った母性をどうしていいのかわからないのです。

    今すぐにと子供を望んでいたわけではありませんが、夫の人生も狂わせてしまって、命と引き換えに子宮を失った自分をとても責めました。
    しかし、実際には夫は私が生きることを望んでくれているのですから、闘病を支えてくれた彼に対し、「こんなことなら死んでしまったほうがよかった」などと話すことは全く失礼なことであり、子宮や卵巣を失った苦しみを誰かに打ち明けることもできませんでした。

    ユーザーID:6806003665

  • 私の場合…続きです

    術後半年を過ぎた頃、たまたまテレビである登山家夫婦のドキュメンタリーを観ました。
    登山中の事故で手足の指を失った夫妻が、5年の歳月を経てグリーンランドのウォールクライミングに挑戦するという内容です。
    子宮喪失とは全く関係の無い話ですが強く心を打たれました。
    立ちはだかる壁の前に「指が無いとか、関係ない」

    私はスポーツをしていて高い目標があったのですが、手術や治療の影響で「スポーツは無理」と宣告されました。
    しかし、このドキュメンタリーを観たことをきっかけにもう一度チャレンジしてみることにしました。
    今は一人厳しいトレーニングに励んでいます。リンパ隔清の影響で倦怠感と嘔吐の繰り返し。でも負けないです。
    「子宮が無いとか、リンパ節が無いとか、生存率とか、関係ない」

    今でも子宮喪失感はありますが、半年前よりほんの少し感情のコントロールができます。
    完全に立ち直るには時間がかかるでしょう。他人の理解も期待はできませんし、傷つくことばかりです。
    でも何かのきっかけで気持ちを切り替えるチャンスはこの先にもきっとあります。
    だから決して悲観はしないで頂きたいと思います。

    ユーザーID:6806003665

  • ノイローゼにはならなかったけど、わかります

    こんにちは。
    35歳、去年(になっちゃいましたね)3月に摘出しました。

    私の場合、子宮以外の問題で赤ちゃんを産めないことが8年前からわかっていたので、今回の手術では辛い思いはしませんでした。
    逆に、奇跡的にでも産める可能性がゼロになったことで、吹っ切れたというか救われた気がしています。

    けれども、トピ主さんの気持ちが手に取るようにわかります。
    自分の身体のなかに、虚無が広がっているような感じを覚えたこと、ありますから。

    手術の時にお医者さんから、
    「喪失感でうつ状態になることが多いので、変だと思ったらカウンセリングに来てください」
    と言われませんでしたか。私は言われました。

    るりるりさんのレスの通り、平気なはずがなく、悲しくて当然だとも思うのですが、辛かったらお医者さんの助けを借りたほうがよいと思います。

    続きます。

    ユーザーID:5975305476

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • ノイローゼにはならなかったけど、わかります (続き)

    あとですね、パワーストーンが好きな友人から、お見舞いにもらったローズクオーツの塊が、心の癒しになりました。

    この石は、女性性の象徴なんだそうです。
    自分を愛することを教えてくれるのだそうです。
    今もベッドの横に飾って、朝夜、眺めています。

    半透明のピンク色の石を見ていると、
    私の幸福には、子宮や母性と関係ないものもたくさんあるのだ、
    私の魅力(笑)は、内臓が一つ無くなっても減りはしないのだ、
    などと思えます。

    (おまじない的なことなので、これを読んで不愉快なきもちになったらごめんなさい。)

    時間がかかるかもしれないけれど、いつか乗り越えられると信じましょう。

    ユーザーID:5975305476

  • 私は不妊治療で鬱になりました

    あなたの方が大変なのに申し訳ありません。
    でも私もまったく同じ症状で苦しんでいるのでレスします。

    20歳で子供ができないと言われ、治療を始めました。
    治療が辛く、妊婦や幸せそうな子連れを見るだけで、自分がみじめで悲しくて泣いていました。
    私は子供が欲しかったけど、治療の辛さに耐えれず諦めることにしました。
    現在30歳ですが子供が産めないのが悔しいから、子供は嫌いだから作らないことにしています。

    だけど今でも母性が働いて、妊婦さんを見ると辛くなることがあります。
    心療内科に通い、カウンセリングをしてもらい、不安な時だけ精神安定剤を服用して悲しくなるのを予防しています。
    本当に辛いですよね。私は年賀状に子供の写真が載っているのを見るだけでも正直辛い…

    私は気分の浮き沈みが激しいので、辛い時はとことん泣いています。
    涙と一緒に辛い気持も外に出してしまします!

    あまりアドバイスにはなりませんが、私の対処法です。

    ユーザーID:5114045503

  • 痛いほどよく分かります

    私はガンで子宮全摘しました。結婚はしていますが子供はいません。
    術後の後遺症で少し不自由な体になり、せっかく助かったのにどうやって生きていけばいいのか分からない日々もあります。

    確かに夜になると、子宮がない事や再発の不安、友達から言われた傷ついた言葉に考えをめぐらし、私の体を元に戻してって発作的に主人を揺り起こしそうになる夜もあります。赤ちゃんを見るのは辛いし、お腹に傷のない綺麗なモデルさんを見るのも辛いです。

    でも、ただなぜか、最悪の出来事だったとも思えない自分もいるのです。それよりもガンを克服したという気持ちがあるのも事実です。
    毎日悲しんでいても例えお酒に溺れたとしても、結局は自分に返ってくる、悲しんでいても何も始まらない、そこからは何も生まれないと思って生活するように努力しています。

    私の場合はですが、ムリに友達と会ったりせず(自ら会いたい友達は一人いますが)、公園でも夜空でもいいから自然を眺めたり、DVDを観まくったり、アロマキャンドルを買い集めたり、初めて少しだけ自分にお金を使うという事をしてみました。
    涙が枯れるまで泣いたら、どうぞ頑張ってください。

    ユーザーID:1581301172

  • 不妊です

    私は既婚・子供なしです。
    トピ主さんとはちょっと状況が違うのですが…

    私は子宮、卵巣はありますがいろいろな経緯を経て、
    「この子宮、卵巣の状態では妊娠は無理。体外受精の成功率も期待できないし妊娠継続できる可能性はほとんどない」

    と言われました。
    自分の体は役立たず、不良品だと思いました。

    夫は「これも運命。受け入れるだけだよ」と言ってくれましたが、そう思えるまで時間がかかりました。

    私は、精神科に行きましたよ。
    しばらく安定剤の力を借りました。

    辛い時には薬の力を借りていいんじゃないでしょうかね。

    ユーザーID:9478317829

  • 皆様ありがとうございます

    >るりるり様

    喪失感は当然といってくださって、ありがとうございます。
    本当に命と引き換えだったので、
    周りには「ただの臓器なんだから悲しむことは無いよ」と言われ、
    苦しい思いをしていました。

    自分の気持ちに素直に、今の辛いという思いも受け入れて、
    その上で乗り越えて行ければと思います。

    ありがとうございました。

    >panda様

    ありがとうございます。
    せっかく助かった命なので大切にしたいと思います。
    「あなたがいなくなったら、私も生きている意味が分からなくなるよ」、
    とまで言ってくれた友人もいます。有難いと思いました。

    今はとても精神的に不安定なので、中々踏み出せませんが、
    先行きは資格を取ったり、前向きに生きて行きたいです。

    視野を広げていけるよう、努力していきたいです。

    ユーザーID:4335327039

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お礼の続きです

    >seri様

    ありがとうございます。

    本当に、私の感じている気持ちに似ていて、涙が出そうです。
    麻酔の覚めた瞬間、私も同じように感じました。

    赤ちゃんについても、私も避けるというより、ついつい探して目で追っている自分がいます。
    行き場を失った母性…そうなのかもしれませんね。
    本当に、子宮を失ったのなら、母性も失うことが出来れば楽なのにと何度思ったことか。

    私も主人にはすまない気持ちでいっぱいになります。
    夫の兄弟は既に子供がいたり、お嫁さんが妊娠中だったり、自分と比べてしまって本当に申し訳ないなと思います。
    でもそんな中、励まし支えてくれた主人に本当に感謝しています。

    seri様の、現状に立ち向かって乗り越えていこうとする姿、
    素晴らしいと思います。目標にしたいです。

    気持ちを切り替えるチャンス、そうですね!きっとあると信じて行きたいです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:4335327039

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お礼の続きです2

    >ミシェル様

    ありがとうございます。

    ミシェル様も手術されたのですね。
    自分の身体のなかに、虚無が広がっているような感じ、本当に感じています。

    術後の精神状態についての説明はありませんでした。
    私の場合は、原因不明の大量出血による緊急手術だった事もあってか、
    救命できて良かったの一点張りで、医師の説明もほとんどありませんでした。

    確かに、今はうつ状態なのかな…と感じています。
    病院自体がトラウマになっているのですが、相談してみようかなと思います。

    ローズクオーツも試してみますね。
    ありがとうございました。

    >ゆう様

    ありがとうございます。

    不妊治療はとても大変なものだと聞いています。
    お辛い思いをされたんですね。

    私も妊婦さん見ると、本当にどうしようもなくなってしまって…。
    精神安定剤で多少はカバーできるんですね、心療内科行ってみたいと思います。

    年賀状、去年までは考えもしなかったのに、今年はとても辛い思いで見ることになってしまいました。
    見ながら泣いてしまいました。でも確かに泣いたら少しスッキリしたように思いました。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:4335327039

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お礼の続きです3

    >RIKO様

    ありがとうございます。

    私もせっかく助かったのに、これからどうやって、何を希望に生きて行けばいいのか途方に暮れています。

    >>確かに夜になると〜

    本当に私と同じような思いをされていて、涙が出てしまいました。
    そんな中、前向きに生活していこうとされているRIKO様に、
    頭が下がる思いがします。

    そうですね、無理に友達に会っても余計落ち込む事もあり、
    ひきこもりがちだったのですが、無理してもしょうがないですよね。
    自然や、心の落ち着くDVDとか良いかもしれません。試してみますね。

    >メロン様

    ありがとうございます。

    子宮、卵巣があって、子供が望めないというのも、大変にお辛い事だと思います。
    受け入れるって難しいですよね…私はまだまだ時間が掛かりそうですが、受け入れていかなければとは思っています。

    自分自身、精神的に不安定な事を自覚していますので、
    安定剤の力を借りて回復していけたらと思います。

    ユーザーID:4335327039

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お返事ありがとうございます。

    お一人お一人へのご丁寧なお返事は、ゆみゆみ様のお人柄ですね。
    その優しさで、どうぞ頑張ってくださいね。

    私は子供がいたらかかるはずであっただろうお金を、夫婦で楽しもうと心を切り替えるようにもしています。
    ウチは貧乏ですが、子宮を失ってからの方が、旅行したり、ショーやミュージカルを観に行ったりしています。
    初めてブランド物を買ったりして、心を弾ませるようにもしました。
    体調も良くなってきたので、また仕事を探して、もっと夫婦で楽しめるお金を作ろうと考えています。

    自分の子供の笑顔に代わるものはないのは分かっています。

    でもたまに思いっきり泣いた後は、“子供がいないから若くてキレイでいられるのよね、時間もお金もあってさ”なんて周りから嫌味のひとつでも言われるくらいダイエットに頑張ろうなんて、開き直って思ったりもします(笑)

    私もこちらで心が少し救われました。ありがとうございました。

    ユーザーID:1581301172

  • ありがとうございました

    ゆみゆみさん、心の準備もできぬままに緊急手術でのことだったのですね。
    さぞお辛かったことでしょう。
    でも命が助かったよかった。本当によかったですね。

    ゆみゆみさんがここで辛い心情をお話しくださったことで、私も自分の胸のうちを吐露することができました。
    そして皆さんの優しい気持ちに触れることもできました。
    少し楽になった感じもしますし、また頑張ろうと勇気も湧いてきました。

    いつも無茶なトレーニングをすることで自分をごまかしているのですが、今日は小さな植物を買ってきて寄せ植えなんかしちゃいました。
    植物だって生きていると思ったら、愛しいものですね。

    つらい経験を乗り越えて、いつか思いやりのある人になれたらいいなと思います。
    お互いに頑張りましょうね。

    ユーザーID:6806003665

  • お辛いですね

    私はちょうど9ヶ月前に子宮摘出しました。激痛の原因が約10年目にして判明。6ヶ所の病院で原因不明と言われて、生理痛だとか内膜症だとか、子宮附属系の炎症だとか…。結果はまだ知られていない病気で、やっと病名と治療法が分かり、それには全摘するしか完治は出来ないと宣告されて、説明中ずっと動揺していました。会計を済ませて駐車場に行き、車内では涙が止まらず1人で泣き、その後しばらく呆然としていました。

    緊急チームを組んでもらい、数日後には全身麻酔6時間の大手術。出血も酷くて輸血したとの事。手術後は患部の激痛も見事になくなり、お腹の傷の痛みもほとんどなくて、病院や先生方や看護師に感謝。ただ全身麻酔を数ヶ所した後遺症で、足の神経に当たっていたらしくて、2ヶ月間まともに動けず、日々の生活の中で私なりのリハビリをしながら、まだ麻痺は残っていますが、やっと普通に歩けるまでに回復。お腹の激痛が足に…今は身内や友達に笑い話で対応してます。

    生かされている喜びでいっぱいです。トピ主様お辛いでしょうが、ゆっくりと少しずつそれをバネに、乗り越えられる事を祈っています。長くなった上に偉そうにすみません。

    ユーザーID:2364544505

  • 後遺症についてなやんでいます。

    はじめまして。2008年11月に子宮全摘出手術をしました。41歳です。子宮腺筋症と内膜症と子宮筋腫2つという、症状だということを、大学病院ではじめて知り、それまでどの医師も子宮筋腫だけと診断してました。開腹してみると、子宮が直腸と尿管と背中に癒着していて、6時間もかかりました。今、私が悩んでいるのは胸が生理の前後の時の様にパンパンに張って、辛い事と、やはり自分で納得して手術をしたけれど、精神的に不安定になっているな、と感じています。思い切って心療内科に行こうか、とかかりつけの内科の医師に相談しようと思います。あなたの気持ちが少しだけど理解できます。

    ユーザーID:1428789847

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧