• ホーム
  • 子供
  • 30代で出産された方、安産のための知恵をおかしください

30代で出産された方、安産のための知恵をおかしください

レス25
(トピ主6
お気に入り88

妊娠・出産・育児

123

私は高齢初産婦で、現在妊娠14週です。
なんとかいいお産をするための努力をしたいと考えています。

今実施しているのは、
体を温める方法(生姜を食べるなど)、
ホメオパシー、
カイロプラクティック、
トコちゃんベルトの着用、
などです。

今後、つわりがおさまれば、
マタニティヨガ、お灸を始め、
会陰マッサージをおこなっていく予定です。

皆様のこれはいいお産につながったということがありましたら、
どうぞアドバイスをください。
また、参考になったというおすすめトピのタイトルを教えていただけますでしょうか(いくつか出産関連のものはみたのですが)。
みなさまおいそがしいとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:0988385191

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうですね…

    おめでとうございます。すごい計画的ですね。

    私は雅子さまと同じ年齢で出産したものです。
    私が安産のためにしたことは…

    おなかの子どもに話しかけることです。
    「破水などせず、普通分娩で産まれてきてね。痛くしないでね」そして安産とは無関係ですが「パパのいるときに産まれてきてね」と話しかけてました。

    そして…水曜日が予定日でしたが、3日遅れて、土曜の夜にお印があり、軽く陣痛が始まり(パパが帰ってきてから車で病院へ)、日曜日昼頃に産まれました。陣痛も比較的楽(私は痛いのが平気な人かも)でした。

    あと、私が先輩ママさんから言われたのは“足首を冷やすな”でした。

    希望に沿ったお産が出来ますよう、お祈りします。

    ユーザーID:4402942630

  • 完全和食と歩くこと

    妊娠中と授乳中は三食の食事の9割が和食を食べました。
    それとつわりが治まったら1日2時間は歩いていました。
    どちらも助産師さんからの指導です。
    おかげで余分な脂肪がつきませでした。
    (最近、ニュースになってる痩せすぎな妊婦ではありません)

    和食のカロリーの低さを実感したのはごく最近です。
    授乳中は育ち盛りの男子高校生並に食べてました。
    授乳も終わって、半年くらい和食9割を続けていましたが、だんだん洋食が増えていき最近では和食3割になったのですが、食べる量は増えてないのに体重が3キロ増加してました・・・。
    やはり、低カロリーな和食は余分な脂肪をつけないのだなと思いました。

    ユーザーID:7804611678

  • 赤ちゃんを大事にする事が安産です

    妊娠おめでとうございます♪33歳で出産しました娘の母です。いいお産とはどんな形でも母子良好で産まれるのが一番です。年齢に関わらず何も起こらない保障もありません… ただ赤ちゃんが産まれたらって想像したりベビー服を選んだり好きな音楽を聴いたりするだけで楽しい事です。

    居心地の良いフワフワのお布団のお腹で優しい気持ちでゆっくりマタニティライフを楽しんで下さい。寒くなりますから毛パンは必至です!お腹と足元は冷やさないように重たいものも寝不足も駄目ですよ。ヨガは自分のペースでノンビリお家でもできますよ♪私は温泉に行ってました♪初期と後期は駄目ですがそれ以外は医師からはOKでしたので…おかげで風呂大好きの娘に…産まれる前は四つん這いで雑巾がけ…子宮口が軟らかくなるんですって!お腹の赤ちゃんに話しかけ、スルッとポンって産まれてきてね〜とか一緒に頑張って産まれて来て〜とか実際はスルッとポンでした。

    安産でありますように祈ってますね♪

    ユーザーID:6065340823

  • 30代でふたり

    ふたり産みましたが、できるだけ歩くことに気をつけました。
    もちろん冷やさないこともですね。見た目はもうこの際どうでも良いのでまず温かく。流行は関係なくレッグウォーマーを愛用してました。今買えるか解りませんが編むのもカンタンと思います。これは案外暑い季節でも冷房対策にもなりました。

    あと、歩こうと思うと散歩の時につい目について買い物をしてしまいます。しかし荷物を持ってというのはよくありません。
    これは二人目がお腹に居たときのチエですが、上の子はもう歩けたのですがベビーカーを押して出かけました。
    これだと荷物置きがあるので安心でした。
    どっちにしろベビーカーは買うものなので早めに買ってこういう使い方もいかがでしょう。

    ユーザーID:0047572637

  • マタニティースイミング

    スイミングお勧めですよ。スイミングの仲間は安産が多かったです。私も初産ですが陣痛が強くなってから2〜3時間で出産しました。

    スイミングでの呼吸法は陣痛の痛みを和らげ、酸素をきちんと送れるのでお産が進むし、水中座禅は分娩室に入ってからとても役に立ちました。

    会陰マッサージのおかげか私は切開しないですみました。 

    後は私もヨガとフラ(こちらは安産の為というより趣味ですが)と雨の日以外はウォーキング二時間程して雨の日は床拭きを日課にしていました。 

    それから、私が一番大事だと思うのは陣痛を必要以上に恐れない事だと思います。陣痛が有るからこそ赤ちゃんは出てこれるのです。陣痛に指揮をとって貰って赤ちゃんとの共同作業は素晴らしい経験でした。  
    陣痛が死ぬ程の痛みならば人はふたりも三人も産んだりしないでしょう
    武勇伝だと思って話半分に受け止めて恐怖が減れば減った分お産を楽しめると思いますよ♪

    ユーザーID:5439573904

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • やりすぎないように

    このたびはおめでとうございます。
    張り切ってますね。でも何をするにもご自身の体の声をよくきくようにしてくださいね。
    ヨガ等がんばるのももちろんいいのですが、疲れたりおなかがはったら中断するのも必要です。マタニティスポーツは普段から体を動かしている人はいいが、そうでない人が妊娠したからと急に始めると加減がわかりにくいので注意が必要だそうです。

    私は35歳初産で安産でした。分娩室に入ってからは15分もかからずに産みました。
    臨月までむくみもなく体重も血圧も安全圏を維持しました。病院と助産師、栄養士のアドバイスを実直に守ることが一番効果があったかなと思います。

    妊娠中って疲れすぎても運動しなさ過ぎてもよくなく、食べ過ぎても食べなさ過ぎてもだめで、ちょうどいいことが求められますよね。自分の体の調子や血圧などをまめにチェックして、疲れたら休む、元気なら運動、などそのつど必要なことをするのが一番いいと思います。誰に頼るのでもなく、自分の体とよくよく相談するのが一番です。

    それとストレスをためずリラックスして楽しむことかな。安産お祈りします。

    ユーザーID:1532283540

  • ヨガだけしました

    こんばんは。
    臨月に入ってからはスクワットを30回と30分程ウォーキングしましたが、実家に戻っていたので家事は殆どせず、運動もせず、マテにティーヨガだけしていました。
    母子手帳を見ると「分娩時間12時間」と書かれていますが、その内6時間位は余り痛くない陣痛でした。
    お腹の赤ちゃんには「上手に回って頑張って生まれてくるように」頼んでいました。
    赤ちゃんがうまく産道に入ってこずに回旋異常とかになると大変みたいです。

    ユーザーID:8625648738

  • 逆説的ですが

    最初っから高齢で二人産みました。
    もちろん、いろいろと気をつけることは大事です、が…。
    「いいお産」ってなんでしょう?
    すっごく運動しても難産になる人もいるし、順調なお産のようであって突然急変する事もある。
    こういうお産がいい、という理想を持っていても、何があるかわからず自分の希望通りになるかどうかはその時の運しだい。
    お産にはそういう面もあります。
    結局なるようにしかならない。
    最終的には赤ちゃんが産まれればそれでいい、ぐらいに肩の力を抜いておくことも精神衛生上いいです。
    今14週、これからお腹も大きくなり、思いもつかないような不調が次から次へと出てきます。積極的に何かをすることもできないかもしれない。
    置かれた状況に身をまかせて、ゆるーく過ごすことも大事です。
    あんまりポジティブに、理想を追求しても、仕事や勉強のように計画通りにはならないのが出産や子育てです。
    「こんなはずじゃなかったのに」って追いつめられたような気持ちが一番つらいです。
    ふわふわゆるーくいってください。無事の出産をお祈りしています。

    ユーザーID:5280330894

  • 信頼関係と、心のゆとり・・・だと思います

    おめでとうございます!
    トピ主さんの「いいお産」のイメージが、具体的にどのようなものか分かりかねますが
    お産は始まってみないと分からないので、イメージと違う!とパニックにならない事が、まずは第一条件ではないでしょうか?

    私は30、34、36歳 と30代で3人産みました。
    転勤族のため、産んだ場所もそれぞれ、大病院、個人病院、助産院と違っていましたが、それぞれ安産だと言われました。

    食事、運動、に気を配り、体(特に足首とおなか周り)を冷やさないのは当然で、皆様が書かれている通りだと思います。
    そして、私はお灸が効いたような気がします。(足首にあるツボにするんですよね)

    でもでも・・・何より大切だったと思うのは
    ゆっくり赤ちゃんと語り合うという事だったと思います。
    赤ちゃんに語りかけ、体の声を聞く・・・。
    二人目、三人目の時は上の子供の世話でそれどころではなかったのですが
    とにかく、「ゆったり」を心がけました。

    あとは、お産の時にお世話になる先生、助産師さんとの信頼関係が大切だと思います。

    良いお産となるように、妊娠時を楽しんで下さいね

    ユーザーID:0488464640

  • ヨガ!

    妊娠おめでとうございます。

    33歳で長女を産みました。
    仕事をしていたので8ヶ月まで何もせず、9ヶ月〜臨月の2ヶ月間
    だけ1日1時間の散歩と、マタニティヨガを2セットやりました。
    結果は、おしるしから6時間の大安産でした。

    妊娠初期〜中期はカロリー制限など出来る範囲でしていたのですが、
    最後の2ヶ月は好きなものを食べてました。
    おかげで5キロ太り、助産師さんには注意されましたが、カロリー制限でストレス溜めるよりはよかったと思っています。

    愉しいマタニティをお過ごし下さいね。

    ユーザーID:4214392515

  • トピ主です

    みなさま
    ほんとうにありがとうございます。

    トピをたてさせていただいてよかったです。
    顔も見えない私のために、温かいはげましををいただきまして。
    どの方のお言葉も心に響きます。


    体の内側に目を向けることを心がけてはいますが、
    それができているかどうかは別でして。
    体の声をきくことをあらためて大事と感じさせてくださる方に、
    このような場でお会いできてうれしいです。

    赤ちゃんへの語りかけ
    お腹と足首を冷やさない
    9割の和食
    歩く
    毛パンをはく
    水中座禅
    スクワット
    ふわふわゆるーく行く

    どれも私にできることばかりですね。
    自分の体の声をきいて、
    ゆっくり進めていきます。

    ユーザーID:0988385191

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 気負いすぎないのが一番

    一人目の出産で苦労し、ただいま、予想を上回る順調な経過を辿る妊婦生活に安堵している、8ヶ月の二人目妊婦です。
    私もティーイーエヌさんと同じような考え方です。

    もちろん、安産を目指して、様々なことをやることは良いことです。
    やらないよりは絶対にいいと思います。
    ただ、やりすぎると、「やったら安産になる!」と思い込みがちになり、その効果が出なかった時のショックが大きくなります。
    それよりも、目標を「母子ともに無事」に設定し、そこを目指すと、かなり気が楽になるように思います。
    だから、気負い過ぎずに、「妊婦生活を楽しもう」という程度で頑張るのが良いと思います。

    私の場合は、一人目を帝王切開で出産しているので、二人目も手術が決定していて(VBACをするつもりなし)、いわゆる「安産」に関しては無知ですが、健やかな妊婦生活を送るためにしていることは・・・
    「減塩」「食べ過ぎない(添加物を避ける)」「水分補給(ノンカフェイン、暖かい物)」と言った食事の部分と、適度な運動(ウォーキング)を心がけることです。

    ユーザーID:9476051616

  • 難しく考えない事です

    私は超安産でした。
    初産だけど、病院に着いて2時間半で産れました。
    痛みも軽かったですよ。

    安産には、ともかく歩く事・動く事です。
    難しい事なんていらないんですよ。
    安定期に入ったら、毎日、歩いて買い物に行って、家の中を掃除する。
    正期産に入ったら、私は毎日床拭き掃除をしてました。
    赤ちゃんも降りてくるし、足の筋力も付くしで分娩の準備として、
    すごく良いそうですよ。

    週1、車でヨガ教室まで行ってヨガしたって・・あんまり意味ないと思うよ。

    ユーザーID:4015557064

  • レスありがとうございます

    やりすぎないように、気負いすぎないようにとご心配くださる方。
    ありがとうございます。

    私はがちがちにならずに、努力を楽しんでいます。

    そして、赤ちゃんの安全が第一であり、自然分娩にこだわらないと医師とも話をしています。

    とにかく初めての妊娠で、妊娠しないとわからないことを経験でき、
    今自分にできることはなんなのかについて考えさせられています。

    ですので、みなさんのような経験者の方のご意見とてもありがたく感じています。

    また食品添加物をきにされたり、ノンカフェインを心がけておられる方が、私にご意見くださると、自分との考え方に共通点があることで、素直に忠告をききいれることもできます。

    感謝します。

    ユーザーID:0988385191

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 便秘・浮腫対策

    1/3のレスを拝見しました。
    お食事についても気にされていることでしたので、二度目ながらノコノコ出てきてしまいました。

    体を温める対策の中に、「生姜を食べる」というのがありましたが、
    生姜は、腎臓にいい食物ともされていて、妊婦にありがちな浮腫の防止にもなります。
    なので、私は、暖かい生姜のハーブティを愛飲しています(他には、利尿効果のあるルイボス茶等)。
    それから、便秘対策&ミネラル不足解消には、玄米食も良いとのこと。
    これに、利尿効果のある小豆を一緒に炊き込むと、便秘&浮腫対策になります。

    それから、全く関係の無い話になってしまいますが・・・
    出産後は、ご自分の時間やご主人とのデートの時間も取れなくなるので、映画を観に行ったり、体に悪影響の無い範囲で美味しい物を食べに行ったり、ご主人とのデートを楽しんだり、安定期中に旅行に行ったり、楽しい時間を過ごして、ご主人と一緒に子供のことを語り合うのも、ママの体調にいい効果があるし、お腹の赤ちゃんもおだやかに過ごしてくれるように思います。

    風邪などにも気をつけて、素敵な妊婦生活を送ってくださいね。

    ユーザーID:9476051616

  • おめでとう 昨夏出産しました。

    散歩などして適度に運動してるなら、妊娠中はむしろ好きなもの食べても良いかも。。。
    生まれたら外食は当分難しいし、家でもゆっくり食べられない。
    授乳中だと、和食中心になるから。
    旦那さんととっておきの食事、楽しんでみては?
    ただ妊娠後期は食べた物、そのまま赤ちゃんにいくから気を付けて。

    私はヨガも続かず、結局ウォーキング(散歩?)だけかな。
    階段の上り下りも良いそうで、やりました。
    市営温水プールに、週に1〜2回通ってて、ただ水中で歩くだけ。
    でも効果あるの。胎児がグルグル動いてた!
    マタニティ水着はネットで買いました(リュウナのもの)全然楽でした。

    そしてショウガ湯に乾燥クコの実を何粒か入れて飲んでます。
    良い水を飲むと良いって、聞きました。

    あと、胎児に語りかけ、やってあげてください。
    私は全然やらなくって、本当後悔><
    生まれてすぐ、赤ちゃんが私のほうを一生懸命向いててね、やっぱり声が分かるんだって。

    最後に、妊娠中の写真かな。お腹の写真とか。
    実は1枚だけ撮ってたのが記念になってます。

    ユーザーID:3612244875

  • 難産でしたが・・・

    昨年の10月に高齢出産をしました。初産で分娩所用時間40時間でした。
    そんな私も妊娠中は安産を目指していて
    @体重は7キロ増まで(元が太っていたので体重には気をつかった)
    @とにかく歩く(しかし後期はお腹が張って動けなくなった)
    @ヨガをやる(自宅でやったが、呼吸法・リラックスには効果があった)
    @くよくよしない(不思議に妊娠中は落ち込む事が無かった)
    @トコちゃんベルトで腰痛・切迫早産防止(腰痛には効果絶大)
    以上の事をやってましたが、結局は陣痛室で一夜を過ごし、分娩室でも2時間かかり
    体力を消耗しきった上での出産となりましたが、産後の回復は早かったです。
    会陰切開の後の傷跡が痛かったり、便秘になってトイレに泣きながらこもったり、
    授乳トラブルがあったりでしたが、子宮の回復は良く身体は軽かったです。
    陣痛の時は凄く腰が痛かったですが、痛みは残りませんでした。
    退院後は授乳疲れと睡眠不足で、大変でしたが、それも2ヶ月経った今では楽になり
    普通の生活が出来ています。
    お産だけに拘らずに、出産後や退院後の生活を考えてゆったり構えた方が良いですよ。

    ユーザーID:4761033224

  • トピ主です

    二人目妊婦さん2度目のレスをありがとうございました。
    ちょうどわが家にルイボスティーがありますので飲んでみます。

    実はつわりが始まって玄米が食べられなくなったんです。
    小豆入りもたべてましたが、そんな効果があったんですね。

    つわりが終われば、さっそく再チャレンジいたします。
    効果をしっているとよりおいしいですよね。

    ぽんたさまがおっしゃる「ショウガ湯に乾燥クコの実」
    これもやってみます。
    たしかクコの実キッチンにあったはず。

    赤ちゃんへの語りかけは、
    もどしてしまった時(失礼)とかが主だったので、これからいろいろ語りかけてみます。

    お腹の写真はこっそり撮ってみることにします。
    アドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:0988385191

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • トピ主です

    黒豆茶さん
    お忙しい中、
    現実的な声をおきかせいただき
    本当にありとうございます。

    医療に頼ることなく、なんとか自分にできることは、
    自分でやっておこうという気持ちの表れです。
    (もちろん頼るところは頼りますが)

    お産がその後の育児にもおおきな影響を与えると
    いわれているので、自分で自分のお産を大事にしたいと思っています。

    楽しんでやっていきますね。
    たいへんな時期にレスくださって、
    もうしわけありません。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:0988385191

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 私はひたすら「運動しろ」

    …でした。

    徒歩1時間毎日。

    あとは気負わないことですかね。
    出産してからもそうですが、計画的に…なんてムリなんで。

    ユーザーID:6129373996

  • 出産前日まで、スイミング♪

    39歳で出産だったので、努力はしました。
    一番気にかけたのは、バランスのよい食生活と適度な運動でしょうか。

    マタニティスイミングに行きたかったのですが、仕事のため参加できなかったので、時間があればとにかく歩きました。
    産休に入ってから、プールで軽い泳ぎとウォーキングを毎日1時間。
    出産前日まで、プールで歩いてました。
    (負荷がかからないので、臨月近くの方にもおすすめです)
    そのせいかどうか、初産にしては安産だったそうです。
    体力もすぐに戻りました。

    運動は、くれぐれもお医者様と相談の上で無理せず。
    楽しいマタニティ生活を送ってください♪

    ユーザーID:2180548412

  • トピ主です 

    みなさん
    ありがたいレスをありがとうございます。

    ぶらいとさん
    1時間歩けるかしら

    仕事が休みの温かい日にならできるかもしれません。

    小染さん
    39歳の初産で安産
    いろんな良いことが組み合わさったんですね。
    体の大切さについても考えさせられます。
    水中ワォーキングは心地よさそうですね。
    早く安定期に入りたいです。

    ユーザーID:0988385191

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • どんと構える

    35歳で去年初出産しましたが、妊娠中も仕事を続けることができ、出産も超順調でした。妊娠中は初めいろいろ情報を集めていましたが、神経質になればきりがないです。例えばカフェインは大量にとればよくないですが、一日2、3杯なら平気、とか結局、常識で言われているように、タバコ、アルコールは絶対ダメ、食べ物は(つわりが終わり食べられるようになったら)バランスよく食べる、など基本的なことを守るのが一番だと思います。出産が近づけば先生の指示で安静とかよく歩くとか従えばよいだけです。「できること」はきりがないし、それを全部行っても問題が起こることもあると思います。30代のメリットは精神的に大人だということだと思いますので、基本的なことを守ればあとはドンと来い!と落ち着いているのが一番です。たぶんトピ主さんも安定期に入れば、のんびり落ち着いた妊娠ライフをエンジョイできるかと思います。Take it easy!

    ユーザーID:8849289654

  • トピ主です

    自宅出産をした友人らの話をきき、
    影響を受けました。

    自然の力でできれば出産したいとの希望があります。
    何時間かかっても、それが必要な時間であれば納得がいくと思います。

    また産科の医師不足の問題もあり、
    医師にぶらさがるようなことだけはしたくないと思います。

    無責任な生活を繰り返し、あとから病院に泣きつくようなことはしたくありません。

    まだまだこの妊娠中に読みたい本もたくさんあります。
    さかのまことさんの
    「あなたにもでいる自然出産」にはヒントがいっぱいありました。
    今の間に繰り返し読んでおこうと思います。

    今、自分の体のためにしていることが、
    とても幸せに感じられるときでもあるんです。

    がんばりすぎが禁物だとご心配いただいたりもしましたが。
    私はずぼらな性格でして、決してがんばりすぎる人間ではありません。

    みなさん、お祝いの言葉や励ましのお言葉ほんとうにありがとうございました。子育ての忙しい合間のレスに感謝します。
    すごく心があたたまりました。

    分娩までに繰り返し読ませていただきます。
    お世話になりました。

    ユーザーID:0988385191

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 出産直前の知恵や噂をちょっとばかし

    高齢での出産とは関係ない話ですが。
    ・陣痛がない時や微弱な時にオロナミンCをのむと良い陣痛がくる、なんて噂
    (私の主治医は「リポDはカフェインが気になるので過剰に摂取するな」と指導。リポD説明には「妊婦にも大丈夫」とあるのでまずは先生に相談を)。
    確固たる裏づけが無いので義薬効果かと思いますが、29歳で初産難産だった私の、38歳での第二子出産を楽に終えさせてくれたのはオロCのおかげと思ってます(笑)
    ・ジャスミンやラベンダー、クラリセージの香りに分娩を促す作用。子宮口がなかなか広がらなかったり陣痛が弱い時には、ラベンダー風呂入浴やアロマを焚くと効果があるかも。
    成分のケトン類やエストロゲン様物質が通経作用を引き起こすのですが、=流産の可能性も、といわれています。成分は微量なので科学的には流産を起こすほどの強さはないとのデータだそうですが、妊娠初期には控えるほうが安心。
    ・スクワット。難産時、陣痛促進剤をうち11本ラミナリア突っ込まれた後、看護師さんに腰を持たれて強制的にやらされました。痛みで死ぬかと思った・・・。子宮の開きにも赤ちゃんが降りて定位置につくのにもスクワットが良いそうです。

    ユーザーID:9490724536

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧