賢い親の子は賢い?

レス87
(トピ主1
お気に入り157

妊娠・出産・育児

まみ

反感を買うトピかもしれないなあ、と思いながら立ててます。

まわりを見ると、賢いな、勉強ができるなと思う子供の親って大体高学歴で頭も良いようです。反して、あまり賢くない親の子は勉強が好きではなく、勉強ができないように思えるのですが・・・。
みなさんの周りではどうですか?

もし、そのとおりだとしたら、それって環境のせいなのか、遺伝のせいなのかどっちなんでしょうね。

おおっぴらに話せることでないので、ここだけの話ってことで本音を聞いてみたいです。

ユーザーID:0967205485

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数87

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 両方です

    頭の良さはもちろん遺伝しますので、まず遺伝で素質がきまるでしょう。

    しかし、親が子供に与える教育環境も大きな要素でしょう。
    賢い親は一般に平均以上の収入があるでしょうし、
    子供の教育に関する知識にも恵まれているでしょうから。

    あたりまえなレスでごめんなさい。

    ユーザーID:4930812674

  • 大体そんなモンでしょう

    自分の周りの子を見ると
    母親から受ける影響が
    強いように思います。

    兄弟で比較した場合は、
    勉強は上の子、運動は下の子のほうが出来る
    というケースが多いようです。

    科学的なことは分からないけど
    遺伝と環境、両方大切でしょうね。
    私は、遺伝:環境=7:3
    くらいだと感じてますよ。

    ユーザーID:6569634230

  • 残念ながら、遺伝もあると思う

    環境も大きいです。高学歴の親の家庭は小さい頃から本を読んであげたりとか、子どもがつまずき始めたら、何らかの形で勉強を教えてあげたりといったことをきちんとしているようです。
    (失礼ですが、時々、何でこんなにわからなくなるまで放っておいたの? という子どもがいます。)
    また、遺伝も大きいと思います。同じ事を教えても、一回で理解できる子もいれば、何回言っても応用できない子もいます。理解力の差でしょう。特にこのことは、同じ兄弟でもちがいがある子もいるので、遺伝なんでしょうね。
    本当に残念ですが、努力だけでは越えられない壁があるような気がします。

    ユーザーID:6835877303

  • 遺伝ではないです。

    うちは長子である私だけ手塩にかけて育てられたせいか
    私だけ賢いです。まぁ平凡に毛が生えた程度ですが。
    下の兄弟達は至って平凡です。
    3歳までどう育てられたかでその後所謂賢いか賢くないかが決まります。
    遺伝的要素が皆無であるとは言いませんが大多数は環境の問題ですね。
    物心ついた頃には親の読書習慣を見ている子供と
    パチンコ屋に連れまわされている子供が同じに育つはずが無いです。

    今後子供を持つ予定のある人は遺伝だからで片付けて欲しくは無いと思いここに書き込ませていただきました。

    ユーザーID:8594822029

  • 才能を伸ばす機会が少ないかと。

    >あまり賢くない親の子は勉強が好きではなく、勉強ができないように

     子供に才能があっても、それを伸ばす機会や教材や時間を作ってやることができない、という環境因子はあると思います。逆に、カシコイ親の子は、そういう機会が与えられやすいので、下手な鉄砲なんとやらということがあるでしょう。

    ユーザーID:1702918057

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 子供は親を見て育ちます。

    子育ての基本はきちんとした生活習慣を身につけさせることです。

    子供は親を見て育ちますから、トピ主さんの言われることは当然といえば当然です。

    パチンコやギャンブルに行くような親に育てられた子供をご想像下さい。

    ユーザーID:6744831236

  • あくまで戯言。

    賢さを学校の成績や、学歴だけで測るのが正しいのかどうかは解りませんが。

     学校の成績だけだと、遺伝が結構影響しているような気がします。

     でも親が経済的な理由等で大学を出ていなくても、持っている能力が高い場合。子供が成績優秀でも、傍からはそれが遺伝だとは思われない事もありますよね。だから誤解されやすいのかとも思います。

     私は、自分も医者で子供を医者にしたいという人を多く知っています。
    同じように幼少の頃から頑張ってお金や時間もかけても、駄目だった人もいれば、一流高校、大学とトントン拍子にいき夢をかなえた人もいます。

     まずは本人の生まれ持った能力(性格も含む)
     あとは親がその子の持っている能力を最大限に生かせる環境を、意識的にか無意識的にかでも作り出せていたかどうかが決め手かな、と勝手に思っています。
     兄弟でも能力差があるのは、育てられ方の問題もあると思いますが、やはりそれぞれ違う個体ですからね。隔世遺伝というのもありますよね。

    ユーザーID:0267520210

  • 遺伝もあると思います

    例えば凡人がスポーツ系の習い事をしても多くはプロのスポーツ選手にはなれないのと同じで、勉強時間で上回っていようと、持ってうまれた賢さ(記憶力・頭の回転の速さ等)にはかなわない例は多数あると思います。
    それを遺伝と言えば遺伝だと思いますが、私はやはり環境が大きいと思います。

    あまり賢くない親の子は「勉強が好きではない」というよりは「勉強なんて」とか「(他の子が塾に行ったりして一生懸命勉強しているのを)あんなに小さい頃から勉強をさせて…」とか言ったりする親の言葉を聞いて育つため、勉強を軽んじる傾向にあると思います。
    だから、高学歴の親からうまれた子は高学歴、そうでない親からうまれた子は勉強に重きをおかない人生、という図式が成り立つと思います。

    どちらが幸せと言う事ではなく、お互い全く価値観が違いますので、どちらも互いにあわれんでいるような気がします。(高学歴の方は「あんなに勉強ができなくて大丈夫(平気)なのか?」と思うでしょうし、勉強に重きを置かない方は「あんなにガリガリ勉強して、人生もっと楽しまなくちゃ損だよな」って思うでしょう)

    ユーザーID:4247628027

  • 絶対はない

    ちょっと横になるかもしれません。
    兄・姉が気になることを周囲の人や辞典とかでもなんでも使って調べて追求したがるので
    好奇心や探究心をもつ「くせ」がついてます。
    ネット検索大好きです。
    学問の成績でいくと、私は中くらいでしたが、兄・姉は上位の方ですし、
    仕事では、他人が普段やってる行動を見て、「くせ」から
    何故そう行動するのかとか研究して無意識に仕事を吸収しちゃうので
    あまり苦労しないというか、いちいち言われて仕事をしないタイプです。

    もちろん遺伝も関係すると思いますが、
    両親が教育者の子で、教えても仕事を憶えなくて、かつどうして憶えられないのかも
    分かっていない人もいるので、
    やっぱし周囲の環境かなあ、と思います。

    ユーザーID:0726923532

  • 大っぴらには言えない

    ある大学教授が、「大っぴらには言えないが、頭の良さは確かに遺伝します。脳の血流の善し悪し、神経細胞の繋がり具合など、子供の顔や体格が親に似るように、脳の構造も基本的に似ています。例えば、音楽など芸術に才能のある一家、言語野が発達してよくお喋りする家系など。ただし、外見などと決定的に違うのは、脳の働き具合は訓練や環境である程度、後天的に鍛えられます。」と言っていました。
    納得しませんか?

    ユーザーID:2927933823

  • 同じ親から産まれたのに

    兄弟で、一人は賢いが、もう一人は正反対だったりする場合もありますね。

    ユーザーID:1736417114

  • 知合いで

    知合い夫婦で高卒、ご主人の方は勉強が嫌いだから
    大学には行かないと・・。

    でもお子さん達は凄い勉強できますよ
    ただその家庭は母親が凄い教育熱心
    それに対して子供も素直に応じただけ。

    長男は大学院卒、次男は進学高校トップ
    今は有名大学通ってますね。

    父親がパチンコ・競馬大好きで”反面教師”に
    なってるみたいです。

    なので賢い親の子が賢いとは思いません。

    ユーザーID:2763486315

  • Intelligenceと、Wisdom

    知識と知恵の問題。
    ぶっちゃけ知識(記憶Intelligence)は金でどうにでもなる。
    しかし、知恵(ひらめきWisdom)は本人の資質。

    以外かもしれないが高学歴な馬鹿は多い。
    実際、高卒の私と大卒の人間で話しても大卒の理解力の低さには泣かされますし……

    ユーザーID:8576958746

  • 母賢なればその子もまた賢なり

    というのはよく聞きますよね。
    子供を残して亡くなった女性の葬儀の時の弔辞(立派な子を育てたという意味)
    とか、女子校の卒業式(私は男なので出たことはないんですが)なんかでも
    よく言われるらしいんですが。
    父賢なればその子賢なり、とは言いませんよね。

    生物学的に言うと、人間は(他の動物も?)あくまでも女が基本仕様で
    男は女のカスタマイズのようです。
    それが証拠に、胎児は初めはすべて女であり、その子が男の子である場合に
    6週目になって、SPYという遺伝子が登場して男になれ!と命令し、
    ようやく男としての特徴を備え始めるのだ、ということをつい最近知りました。(汗)
    子供を産んだ経験のある女性は(あるいはそうでない女性も)ご存じかと思います。
    すべての男性の身体には、もともと女であって、女から男になったという痕跡が
    残されているようです。(ここでは詳しくは書けませんが)

    父母ともに優秀であれば文句なしでしょうが、そして環境要因も確かに関係あるでしょうが
    やはり鍵は母親の方が握っているようです。
    「父厳なればその子忠なり」ってのもありますがね・・

    ユーザーID:9638447363

  • いいえ、決してそうとは限りません

    私の両親は二人ともとても賢い人でした。

    ユーザーID:6759841983

  • 定義は

    まず、賢い、頭の良い定義は何ですか

    学校の勉強が出来テストの点が良いと言う事ですか?

    もしそう言う事なら、両親ともに大学院出の子供は頭の良いと言う事は有ると思いますが、
    私の知っている家族は、勉強は出来ますが、社会常識に外れています。
    その子供は天才と××は紙一重という××の方に行ってしまいました。

    また、父親は高卒、母親は中卒の家族もいますが、
    その子供は、一生懸命勉強し東○大学に現役合格しました。
    とても素直な良い子です。

    両親の学歴よりも、収入格差や本人の勉学に対する姿勢で
    その後が決まってくると感じています。

    ユーザーID:8813395812

  • 教育の重要性を知ってるかどうか

    親が教育を自分の人生に活かせている、あるいは自分が勉強できなくても社会に出てから必要性を感じた。こういう親の子なら当然、勉強の重要性を教えられたり、勉強そのものを親がきちんとさせると思います。
    この違いじゃないでしょうか。

    ユーザーID:2185989597

  • ずばり言います

    よそさんは解りかねますし、興味ありません。
    自分は父親で学生時代は運動がメインで成績は、
    真ん中あたりの、水平飛行。
    親が、もっと勉強しろとうるさく圧力を掛けてきたので、
    高校2年の3学期だけ学年で2番の成績をとって見せてやりました。

    当然、3年生の時は真ん中のまた水平飛行。
    大して受験勉強もしませんでしたが
    某、東京六大学でもかなり難関の大学に現役で入学できました。

    息子が高校2年です。
    彼は中学時代から学年で5位以下の成績になったことがありません。
    日本の大学を卒業してから、
    USのハーバードの大学院に進学したいと中3の時から希望してます。

    我々は自分達を馬鹿だとは思っていませんが。
    あたまがそんなに良いとも思ってません。

    集中力と勉強の段取りだけはかなり自信があるだけです。

    ユーザーID:9272453671

  • 遺伝と環境、両方かな、、

    顔の作りや体つきなどが遺伝するように、身体の一部である
    脳みそだってやっぱりある程度は遺伝しているんじゃない
    かなあなんて思います。
    でも、生まれ持ったものに加えて、育つ環境も大きく影響して
    いるとも思います。子供にどんな言葉をかけ、何を与え、どのような
    体験をさせるか、などなど、、ってとても大切だと思います。

    ユーザーID:7525521674

  • どうなんでしょう

    父は賢かったらしいけど家が自営業のため大学に進学せず。母はごく普通。
    私たち姉弟(女・女・男)のうち、私はすごく賢かったです。「女は短大で十分」と放置されましたが日本でも上から何番目、という大学に現役合格。その後奨学金をとって海外で修士号も。
    妹はごく平均的。短大を出て当時女性の憧れだった職業につき、今は専業主婦。
    問題は弟で、両親の期待を一身に背負って子どもの頃から家庭教師をつけていたのに学業はまるで駄目。一浪後、誰でも入れる三流大学にしか合格せず、それでもまあ卒業後は真面目に社会人やっています。
    結論から言うと現在もっとも経済的に恵まれているのは妹でしょうか。旦那さんが一流企業+資産家の息子。それぞれ子どもがいますが、多分一番賢いのは私の子ども。ものすごいお金をかけて私立に行かせている妹の子どもはあまり賢くないです。親が賢くなかった弟の子どもが意外に賢いです。
    こういう家族構成なので、遺伝とか環境ってそれほど重要?結局は本人次第なんでは、と思うんですが。

    ユーザーID:0407904743

  • 学歴と子供の能力はさほど関係ない。

    我家は私が院卒、夫は博士号を取得していてアカデミックの仕事をしています。

    子供はというと、読み書きも他の子よりずっと遅いですし、実際の年齢より少し幼い感じです。私の夫も早期教育はさせていないし、学校や幼稚園以外に教室にも入れていません。

    一例だけ挙げてこれが正しいとは言い切れないのですが、私達の周りの院卒の親たちも一緒で、敢えて詰め込みの勉強はさせない意見の親が多いです。

    早いうちに勉強だけさせても、それが実際どう役に立つのかわからなければ、持続力に繋がらないと私は思うんです。

    子供を観察していると、読み書きが早くても本に興味の無い子もいるし、読み書きは遅くても本の大好きな子もいます。

    そもそも高学歴である事と、頭のいい事も関係ないのかも知れません。私も夫も特別賢くないんです。ただ、学ぶ事が楽しかった。

    頭のいい子の親は、職業や学歴に寄らず頭の回転の速い人が多いなとは感じます。逆に高学歴の人たちの子が全て賢いかというと、そうでもない。

    可哀想なのは、過剰に期待されている子達だと思います。子供が楽しめる事を余裕を持って見守ってあげるのが理想なのですが。

    ユーザーID:7577321677

  • どうなんでしょ?

    兄弟2人、違うんですよね〜。同じ環境で育ててきたハズなのに。
    兄はこのままでは高校すら危うい?!と思える程の成績。弟は最難関中学を
    目指せる位、優秀。親の方は…、高卒の父親と、2流大卒の母親。
    下の子のように、鳶が鷹…のようなケースもあるという事で。

    ユーザーID:5495546203

  • 遺伝もあるかもしれないけど環境かな

    うちは男の子二人
    わたし…IQはわりと高め なれど最近判明した経度発達障害のおかげか
    学校の勉強は特定科目以外は ど下手  
    趣味 おもに理科系の多岐にわたる読書 図書館通いでの調べもの

    主人…IQかなり高め 発達障害なし 努力の人 趣味読書 

    長男・・・経度発達障害を受け継いだ所為で学習に多少支障をきたすも 趣味は読書など 脳に知的な刺激を与えることが好き

    二男…経度発達障害は受け継がず 進学塾では常にトップクラス 趣味はやはり脳に刺激を与えるいわゆる「知的作業」関係

    趣味や興味の方向性はたぶんわたしたち夫婦の普段の会話
    などから来ていると思います。

    ので環境のほうが大きいかな。

    ユーザーID:7055908709

  • こういう話題になると頭の良さだけ遺伝を否定する人が居る

    どんな才能でも、
    たとえば勉強、
    スポーツ、
    芸能、
    持って生まれた才能と、
    それを育てる環境と教育両方が問題でしょう。

    おんちの人は小さい頃から素晴らしい音楽を聞かせても、
    歌の練習をしてもオペラ歌手にはなれないと思います。
    ただし、生まれつき音感リズム感素晴らしく声がきれいで声量があっても、何の特訓もなされなければオペラ歌手にはなれません。
    そういうことではないですか?

    ちなみに私は小さい頃の英才教育や塾通いがり勉などしなくても父親と同じ国立大学に通る程度はありましたが、自分が小さい頃英才教育されて努力したら東大に行けたかなと考えたら無理かなと思います。
    ちなみに父は子供に無関心、
    母親は勉強しなさいと叫ぶだけで教えるという事は一切しない人でした。

    ユーザーID:3155174624

  • 医学的には「遺伝」の要因が大きいです

    遺伝を否定しているヒトもいますが、医学的には遺伝の要素が大きいです。
    もちろん、それだけではありませんが。

    学力以外の能力、例えば、音楽や運動についてもそうです。
    両親が運動神経が平凡で、子供の運動神経が抜群となる確率は非常に低いのです。

    でも、全てが遺伝で決まるわけでありません。
    本人の努力や環境も大切です。
    (でも、過大な期待は抱かないことです)

    現実を直視するのも、大切なことです。

    ユーザーID:2208980571

  • あながち間違いではない

    トピずれかもしれませんが御参考までに。

    高校教育関係の仕事についています。

    一般的に進学校は、入学の時点で進学意識が高く、親もそれなりの資金準備をしてきているといえます。奨学金や生活場所に関するこまごましたことにも知識情報が豊富で、よく勉強している(学校も親も隙無く子供を囲い込んでいる)といった感じですね。

    一方で実業校や中堅以下の高校になると、卒業したら就職を考えている家庭が一気に増えます。その理由として経済的な事情が多いことが目を見張ります。
    裕福な家庭はより上の学校へ、そうでないところは早く働いて欲しい。
    実に準備力の差、なるべくしてなっているといった印象を受けます。
    今は破天荒な子供がかなり減り、真面目でおとなしい子が多いですので、遺伝よりも環境次第で、かなり子供を勉強へと「誘導」できていると思います。

    ユーザーID:3276834002

  • 学業のことなら、遺伝も環境も。

    学業成績の良いことを賢いって言ってしまうのは違和感ありますね。
    あれはルールの中で記憶力と頭の回転を競っているんであって
    いわばスポーツやゲームの類で競うのと変わりありません。
    生き方の賢さとはまた別物です。

    遺伝はあるでしょう。スポーツでもあるように。
    ただ、親は2人いますし祖父母は4人います。それぞれの形質がどう発現するかは兄弟でも違いが出ますよ。メンデルの法則。

    環境もあるでしょう。親が学業系ですと小さいころから日常会話にクイズが混じっていたりパズルや言葉遊びを一緒にやっていたりしてで鍛えられるということもあるでしょうね。
    これは教育熱心でお受験させるよりも3歳児相手に真剣にしりとりをするほうが効果あるんじゃないかな?
    ここらへんは親がスポーツ系や芸術系の場合でもそれぞれあるでしょう?

    その上で親に資金力があれば高等教育を受けさせたりしやすくなりますので、才能を活かしやすいあるいは伸ばしやすいということもあるでしょう。これも学業系に限らない話。

    しかし、才能があったとしてそれに拘るのが賢い生き方なのか幸せな生き方なのかはまた別の話ですね。

    ユーザーID:4770894936

  • そうそう、そういう研究あるらしいですよ

    一卵性双子で事情があって別々に育てられた人の知能は驚くほど近似値らしいです。
    性格のほうは4割ぐらいしか似てないそうです。

    ユーザーID:3155174624

  • 高学歴、高収入、好環境

    ひとまず、何をおいて「賢い」というよぶかは別として、仮に高学歴としましょう。

    両親が高学歴なら子供も高学歴になる可能性は極めて高いです。それは遺伝というよりも環境が大きいと思います。えてして、高学歴=高収入なので、教育への正しい理解もご家庭にもあるからです。

    もちろん、低学歴で貧しい家の子ががんばって、一流大学に合格したという成功譚もありますが、高学歴家庭の子供と比べるとものの数ではないでしょう。

    東京大学に進学した学生の家庭の平均収入が2千万というのは耳に新しいです。

    ユーザーID:1497341194

  • ほぼ遺伝だと思いますが

    それは、ある程度のレベル以上での話だと思います。
    例えばトップレベルの進学校での話。

    標準レベルからさがるにつれて環境要因が大きくなるのだと思います。
    親になり人生経験を積むにつれ、尚更そう思うようになりましたね。
    親の教育態度が、標準レベルを維持できるかできないかに大きく関わっているような気がします。

    ただし、同じ親といっても父親と母親のレベルが違いすぎる場合は
    兄弟姉妹の間で差が大きくなるような気がします。

    ユーザーID:8444566727

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧