現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

少子化の本当の原因

偽妊婦
2009年1月2日 16:09

30代後半、子どものいない兼業主婦です。

少子化の原因についていろいろ語られていますが、本当の原因はなんでしょうか?

1.不妊
2.経済的問題
3.子育てをサポートが得られない
4.晩婚、晩産化
5.核家族化
6.出産によって、キャリアダウンするから
7.その他

うちは夫側の不妊と、二人とも多忙のため不妊治療に時間をかけられないからです。それほど必死には子どもを欲しいと思っていないのかもしれません。

ユーザーID:5434179873  


お気に入り登録数:537
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:422本
最初へ 前へ 1 2 3 4 5 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(3)

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
私が大きいと考えている原因、6つ挙げます
未婚男性です
2009年1月2日 18:15

1.右肩上がりの経済成長の終焉
2.雇用環境の悪化(不安定化、長時間労働、低収入、能力主義)
3.恋愛や結婚の自由化・市場化
4.離婚や家族不仲など、結婚や家族に関するネガティブな情報の洪水
5.高齢化の進展(高齢者医療・介護に対する個人的社会的負担の増大)
6.メディアや娯楽の深化・多様化

トピ主さんが挙げられている原因についても、その通りだと思いますし、私が挙げた原因と深い関連がありますよね。
特に、上記1.4.5.については、「慎重になる」「不安」などの心理的要因がとても大きいと思います。

現在、国や自治体によって様々な、「出生率を上げることを目的とした」少子化対策が採られていますが、
私は、「対策は効果があったと言えるほどに出生率を上げる」ことは極めて困難だと思っています。
少子化対策は、「少子化は基本的に不可避と考え、それに対応した社会を目指す施策」であるべきです。
少子化は欧州や韓国・台湾・シンガポールなどでも同様な、「成熟社会における共通現象」なのですから。

ユーザーID:7190742513
育児中のわたし
子育て中
2009年1月2日 19:53

我が家は一人っ子。
原因は・・・2経済的な問題 3子育てサポートが揃ってない
昔の子育て世代の親は、定年後は年金生活で安泰と信じて、子育てに全てを託して(でないしっかりした方もいるだろうが)出産子育てをしていたと思います。
でも、現在貯金もせず全財産を使い、子供を何人も作り子育てしたら・・・自分達の老後はどうなるの?子供に食べさせてもらう???今でも子育てしながら自分の親にサポートして欲しいと思うことあるのに、わが子に「育ててやったから私の面倒を看ろ」なんて言えません。
自分の老後まで考えて、働こうと思ったら・・・
保育園に申請すると、就労照明を出せと・・・働きたいから預けたいんですが???保育園が決まらないと仕事の面接が通らないんですよ???
このシステムはおかしくないですか?
小学校に入学しても、学童は一杯でなかなか簡単に入るのは大変、で、昼過ぎまでの短時間パートにすれば、この危険が一杯の現在の社会に一人で夏休み冬休み春休みの留守番をさせるようになってしまう。
小学4,5年生までは、なにかあった時にすぐに預けれる学童みたいな施設があればと、いつも思います。

ユーザーID:8906837860
男女平等が少子化の原因
しゅぜん
2009年1月2日 20:01

女性を中途半端に働かせていることが少子化の一番の原因だと思います。

それと、「家制度」でないことも要因の一つでしょうね。

ユーザーID:6711036884
統計を見れば一目瞭然
2009年1月2日 20:08

 婚姻数の減少です。
 一組の夫婦が生涯に産む子供の数は70年代ぐらいからほとんど変化がなく、平均して2人です。子供がいない夫婦の割合もほとんど変化していません。
 ですので、少子化トレンドが固定化した60年代以降は出産可能年齢の成人の数が減っていますので、欧州の様には婚外子は一般的ではありませんから、婚姻数が減れば当然産まれる子供の数も減ります。
 そして婚姻数の減少の最大の原因は、男が結婚しなくなったことです。女性の生涯未婚率は6%弱でほとんど変化がありませんが、男の生涯未婚率は1990年〜2000年のわずか10年で5.7%から13%近くまで倍増しています。
 ですから、少子化を改善するには、これまで取られてきたような保育園の整備だとか出産費用の補助なんかよりも、「男を結婚させる政策」を編み出すのが重要なことが分かります。
 しかし残念ながら、若者の雇用を非正規化して不安定化し、生涯雇用の既得権者である中高年を保護する今の政策では、男の婚姻数が減ることはあっても増えることはありえないでしょう。ですので、少子化も加速することはあっても改善することはありえないと思います。

ユーザーID:4452056925
非婚・晩婚化
アラフォー
2009年1月2日 21:01

 結婚しない男女が増えている事は実感します。

 老後不安の強い現在、それでも後の世代に迷惑のかからないようにしたいと思ったら、自分たちの老後対策だけで精一杯、子供を持ったら無理。

 その上、結婚のメリットなど皆無に等しい。
 女性にとって、経済力を夫に依存するには危険すぎる時代だから、経済力だけで結婚は決めない。男性にとっても家事負担もあり経済的にも依存され、親戚付き合いも楽にならないのなら結婚のメリットって何? って感じでしょう。 
 そうなると、メリットで結婚を決める人は減るでしょう。
 なので、純粋に愛情でしか結婚は望めない。しかし、恋愛力の脆弱な日本人、そうそう結婚に踏み出せる恋愛ってのも難しい。

 少子化……。
 仕方ないんじゃないでしょうか。

ユーザーID:7534966395
消費財か投資財か
kenken
2009年1月2日 21:10

かつて子供ができれば、彼・彼女は将来老後の面倒を見てくれましたので、親にとって子供を作るということは非常に有利な「投資」でした。
しかし今は老後の面倒は、政府の世話になるか自分で準備しなければなりません。子供は一方的に親の収入・財産を食いつぶす存在です。
生物的な意義を除くと個人的な「趣味・嗜好」に属する問題になってしまいました。少なくとも日本における少子化の大きな原因は、こういう点にあると思います。

ユーザーID:4863528409
私は、一人しか子供を産みませんでした。
千穂
2009年1月2日 21:14

はじめまして、44歳の主婦です、19歳になる一人娘がいます。
「一人っ子はだめよ、もう一人産みなさいよ。」親からも職場の上司や同僚にも、ずっと言われてました。
もう、さすがにもう一人とは、私の年齢が44歳なので言わないです。
どうしてか。
パートでも働きながら、2人育てるの自信ありませんでした。
一人の子でも、いろんなことあります、病気になったら病院通い、幼稚園、学校の行事やPTAの活動、地域活動、夫の両親の雑用とか。
パートで帰り、家事すると、もうくたくたになり、夜の8時半になると子供と一緒に眠りこけるという日々で。
経済的にも、いろんなお金かかります。
今の不安な世の中で、結婚という人生の重大なことに踏み切り、子供作って、、私の子育て時代よりも過酷な感じですね。

ユーザーID:9167663735
「非婚化」が一番の原因と思います
白山ポチ朗
2009年1月2日 21:39

”の”様がすでに指摘されてますが
「非婚化」が一番の原因と考えています。

その「非婚化」の原因を問えば「結婚インセンティブの低下」でしょう。

思い起こせば小生ら40代半ば男性がいわゆる適齢期の時期には
「女性の就業機会と所得の増大」による「女性にとっての結婚インセンティブの低下」がとりあげられ
「男性結婚難の時代」が喧伝されていましたが

現在は「生活が全般的に便利になったこと」と
「男女問わずの就業機会と所得の減少」(影響は男性により大きい)によって
「男性にとっての結婚インセンティブの低下」が発生しているように思います。

諸般の抵抗で実現しないことは目に見えていますが
男女の社会的分業について
A.「男性が主に家計を支える」という固定観念の撤廃
B.「世の中を単身者にとって不便にする」(昭和末期くらいまでの状態に戻す)

どちらかの方向に思い切って極端に舵を切らない限りは
結婚インセンティブの上昇は望めないと思います。

ユーザーID:0141041655
しゅぜんさん、混同してる
あららん
2009年1月2日 21:43

しゅぜんさんはこのトピ主のしゅぜんさんですよね?
「妻をアテにしたいと思わない」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1230/218617.htm?g=11
そのトピの中で
>結婚して驚いたこと、こういう相談をみて驚いたこと、
>なんとも夫に非協力的な妻が多いんだろうと思いました。
という結論に達したからといって、
「男女平等」や「家制度をなくしたことが原因」とするのでは、
このトピ「フェミニストが憎い」の人と同じ思考です。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1213/216681.htm?o=0&p=1
あなたの問題は、あなたの家族・奥様と話し合って解決するものであり、一般的女性や、ジェンダー問題と混同しないでほしいです。
別の掲示板の育児板・家庭板に相談したほうが有益だったでしょう。

閑話休題。
少子化って、皆さんのあげられている要因が複雑にからまっていると思います。これを!っていうより、「全部どげんかせんといかん」って感じでどこから手をつけたら良いのやら・・・って。

ユーザーID:0089890094
少子化は雇用問題
かおり
2009年1月2日 22:04

理由は人によるでしょうが、一番大きな原因は雇用問題です。

子供を産みやすい年齢の30代中盤までに占める非正規労働者の割合は20年前と比べて増えています。
男性は11%(20年前)→29%(現在)
女性は24%(20年前)→41%(現在)

そして結婚する割合も正規労働者が6割、非正規労働者が3割です。
当然子供を産む選択をする人はもっと少なくなります。

労働環境が変わらない限り少子化に歯止めはかからないと思います。

ユーザーID:9803813133
お金かかるから。
お金ない
2009年1月2日 22:15

この一言に尽きると思います。
食費や光熱費は人数が増えた分高くなるのはまあ仕方ないとしても、
まだ工夫の余地があります。
でも学費はもう節約のしようがありません。
奨学金をもらえたとしても未来の借金になるだけ。(利子つきでね!)
給付型の奨学金は・・・あるけど実際もらえる人は限られていますよね。。。。。
成績が問われるというのはわかるけど、でもそもそも成績がいい人って勉強に専念できる環境がある人(=ある程度生活基盤が整っていてバイトとかする必要性がないとか)じゃないのかな。
勉強できない人のひがみですかねー。
私ももらえなかったので。まーいうほど勉強してないけど。

ユーザーID:9283893609
1不妊と4晩婚かな
あやね
2009年1月2日 22:18

30代前半です。
女友人の半数は独身です。
夫の同期も半数は独身です。
晩婚化もひとつの原因じゃないでしょうか。

あと、子供なし夫婦結構いますね。
既婚2年以上を不妊と定義するなら・・・ね。
理由聞いたことないですが。

うちもいません。
理由なんだろう。
忙しすぎて作る気力ないし、
お金がかかるよりも、なんだろう・・・
不妊治療してまで欲しいという欲求がない
今のままでいいという感じで
後悔するよと何度もいわれてますが
別に・・・という感じで

逆に地域を見てると、
20代前半の女性は、何人も2〜4人子供生んでる姿みかけます。
恋愛って頭で考えるとダメなんでしょうね。

ユーザーID:6013332701
人間をだいじにせず
昔は美人
2009年1月2日 22:28

使い捨てにする企業。

その企業の肩ばかり持って小手先の「政治」とも
言えないようなことばかりしている日本の政治家。
税金だって、官僚なんか好き勝手に使い放題。怒。

そういう大人たちを見て育つと、夢が持てなくて
当然。子供を産み育てるのも躊躇しようというも
のです。真面目にこつこつ働いて、定年が来ても
年金をすぐ受け取れない……それって何?です。
暴動が起きないのが不思議です。

教育費は無料、医療費も無料。いち早く、人口の
ピラミッドが逆三角形になったフランスなんかは
そのような制度を取っていますよね。フランスに
住んでいる移民の方にも適用されている法律とか。
進んでいます。フランス人になりたいです。

制度を変えないと、日本に未来は無いと思います。

でも。

日本の人口は少なくなったほうがいいんじゃない
のかなって思いますよ。昔々の富国強兵政策で増
えた人口でしょう、そもそも。

エコライフが徹底していた江戸時代くらいの人口
で丁度いいんじゃないでしょうか。

これ、ちょっと過激な発言でしたでしょうか? 

ユーザーID:2814433335
そもそも「殖えなきゃ」と思う理由がないから
ろろっさ
2009年1月2日 22:49

家!狭すぎ!
通勤電車!!混み過ぎ!!
人!多すぎ!!

という生活上の事実より
「これ以上増えちゃいけない」という動物としての本能ではないでしょうか。

地球全体では「もうすぐ人口60億人突破」とかいうことなので、
全体から見ると悪いことでもないような気がします。

あと日本は国土の3/4が山林なので、もう少し人口が分散できれば
人口増の見込みもあるような気がします。

ユーザーID:8940957084
経験上でいうと
4人の子持ち
2009年1月2日 22:57

 子供を産んだ人のほうが産んでない人より貧乏になるから、そして、やりたいことがやりたい時にできなくなるからだと思う。

ユーザーID:7298272243
ぼんやりとしたイメージ
cookie
2009年1月2日 23:12

結婚、出産、育児、介護、、「負」の部分が女性にかかり過ぎているのかな??なんて思ったりして。。

私は「もしも」に備えて仕事を捨てることはできません。
「でも、そうなると仕事+家事+育児??きっついなぁ〜〜」と考えてしまいます。

後は男女共に「何でも初めからあった」世代なので、面倒な事への耐性がないのかも。。

社会情勢もありますよね。
日本にもクラス社会が形成されている気がします。

将来に希望が持てないような不安な気持ちですかねー。

ユーザーID:1737170868
いろいろな原因があるが
猫が寝転んだ
2009年1月2日 23:13

 国が少子化対策としてエンジェルプラン・新エンジェルプランを策定・実行しても、結局少子化の歯止めにはなりません。そのエンジェルプランの主旨は、子育てしながら共働きできる環境を作ることです。保育所を整備したり、育児休暇をとりやすくしようとするとか。でも、それではだめだったのはなぜでしょうか。それが少子化の最大の原因だと思うのです。
 子育てには大いなる価値がある、それは自己実現に直結する大切なことなんだという意識が希薄になっている。親である大人たち、そして政治家たちにです。子育ては片手間ではできない。でもお金は実際かかる。もし専業主婦でいられる環境が充分整っていれば、もしくはパートの労働条件を整えて、父親か母親ができるだけ子供に寄り添える環境があれば、それはやりがいという意味でも、経済的フォローがあるという点でも、もっと子供が育てられるのではと思うのです。働くことが悪いわけではないですが、子育てを親が時間をかけずに行うとどういうことになるか、その結果がこの社会に出始めているのではないでしょうか。

ユーザーID:4015927399
真の原因
s
2009年1月2日 23:16

この少子化は、真の原因はたった一つに帰結すると私は考えています。

人口が多すぎることです。
似たような現象は、動物実験でも確認されています。

なので、少子化の本質は社会問題でなく生物学的問題だと思っています。
本能的に、増えすぎたら数を減らすような仕組みがある。
人を減らすには、大きく二つです。

●消極的抑制(少産化、非婚、晩婚など)
●積極的抑制(殺人、戦争、疫病など)

ユーザーID:8370489147
一言で。
トントン
2009年1月2日 23:57

女性の社会進出だとおもいます。

ユーザーID:7674047366
自分の将来も見えない時代に結婚できないから
通りすがり
2009年1月3日 0:33

「の」さんに賛成。
子どもがいらないカップルもいますが、たいてい子どもを欲しくて治療とかしてます。
でも30代の男性で年収240万とかだとなかなか結婚できないです。ここでも年収は500万程度でかまいませんというのが女性側の条件にあがっているぐらいなので、見合いはむずかしそうです。

とりあえず、派遣が多い現実をなんとかしないと。

派遣で年収240万とかで国の政策のために子どもをつくれ。ただし年金は期待するな。老後は自分でお金をためておけと言われても無理です。

ユーザーID:0039174779
ネガティブですみません・・・
今回は匿名で
2009年1月3日 0:34

ちょっと前まで、死にたくて仕方がありませんでした。
今でも、気分が落ち込むと、そうなってしまいます。
自殺者が年間三万人を超える今
(自殺未遂をなさるかたはもっと多いと思われます)、
「死にたい」と潜在的に思っている人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方が「子供を産み、育てたい」と思う可能性は
かなり低いのではないでしょうか?

生と死は、感覚的にかなり密着しています。
こんな考え方も、あながち嘘ではないのでは?と
思います。

ユーザーID:4961677425
偏った意見だと思いますが…携帯からの書き込み
あい
2009年1月3日 0:35

先日「1秒(日?)でも早く結婚したい女達」という名前だったか番組を見ました。
その中で取り上げられていたのは、結婚したいと思う女性に対しての男性の数が圧倒的に少なかったんです。
ある日のお見合いパーティーに女性が20人来る予定だとすると3人とか…主催側の会社が困ってるという内容でした。
また、若い男性には結婚したいと思う人が少ない。
生身の女性より、アニメとかビデオの女性像で充分だと言っていました。
お金はかかるし、わがままだと自分になんの利益もないとも。

確かに私の職場にいる若い男性が上司に「28なんだし結婚とか考えないのか?」と聞かれて、「興味はあっても自分の趣味に生きたい、まぁ子供は欲しいですけど奥さんはいりませんね。面倒だから。」と言っていました。
女性を必要視しない男性が増えてるのも一因ではないでしょうか?

ユーザーID:4804406077
結婚が生活必需品ではなくなった
カリン
2009年1月3日 0:41

のが少子化の主な原因でしょうね。
昔は男性は家事担当として、女性は生活費の担い手としてお互いを必要としていましたが、現在独り暮らしの男性にとっても家事は片手間にこなせる仕事量となり、女性も経済的に自立することが可能になりました。そうなると結婚に求められるのはより高い満足感(外見的魅力や高い経済力)であり、高くなったハードルをクリアできる結婚相手が減るのも致し方ないところです。つまり生活必需品から嗜好品へと結婚の意義が変化したことが少子化の主な原因だと思います。
ですからトピ主さんの選択肢の中では4もしくは7が該当するのではないでしょうか。
不妊治療への対応や保育園の充実などは大切な問題ですが、少子化対策として考えるから欺瞞になるのであり、高齢者の医療費や生活保護と同じように純粋な福祉問題として国の予算を割り当てる方がいいと個人的には思います。これらを充実させても非婚化・晩婚化は解消されない可能性が高いでしょうから。

ユーザーID:9273839857
子供を持つことが負担になる社会だから
2児の父
2009年1月3日 1:00

2児の父です。

何かで読んだのですが、昔、日本人の大半が農業で暮らしていたころは子供を作るほど人手が増えて生活が楽になったそうです。
今は逆で、子供が増えるほど生活が苦しくなりますね。
そりゃあ子供を産む人は減りますよ。

うちも平均的なサラリーマン家庭ですが、3人目を作ると経済的に苦しくなるのは目に見えているので、おそらく作らないと思います。

ユーザーID:6473809069
女性の自立携帯からの書き込み
なお
2009年1月3日 1:37

女性の高学歴化と出生率は見事に反比例してますね。
1番大きな原因と思われます。

ユーザーID:3782073276
いろいろな原因があるでしょうね
まみや
2009年1月3日 1:38

女性が社会に出たのもひとつの原因でしょう。
今後回復はしないと思います。

ただ、世界的に見ても日本で見ても人口が多くなりすぎたと思います。
日本の人口密度を考えれば今までの出生率・人口が多すぎたのでしょう。
さすがに今の出生率はまずいですが・・・

ユーザーID:4561629079
無題
黒うさぎ
2009年1月3日 1:45

私は
4.晩婚、晩産化
の原因が大きいのではないかと思っています。
この事により、一人が出産する人数が減っているからではないか?と思います。
私自身は結婚七年にして子ども無しの女ですが、周りで私の後に結婚した人は、年齢に関わらず二年前後で殆ど出産を経験しています。
結婚しても子供がいない・出来ないのはマレです。
本当に少子化!?と疑ってしまうほど。

あとは経済的な理由で人数が限られてしまう事と時代として「産めや増やせや」の時代ではなくなった事(戦争のための人員を確保しなくてもよくなった事)ではないでしょうか?


私自身は欲しいとも欲しくないとも思っておらず、夫婦仲も円満ですが、今のところ少子化に拍車をかける要因になっています。
個人的な原因としては一つには絞れませんが「将来(未来)の社会に期待が持てず、今産んだら子供が大人になった時に子供が可哀想」という気持ちもあります。

ユーザーID:3719692441
追加します
子は宝
2009年1月3日 1:54

トピ文を含め、の様までのレス文全て頷くことばかりです。

それらに加え、
○末法思想
 地球環境が破壊されている今日、生まれて来る子供に未来はあるのか?
 昔に比べ、いじめ、犯罪だらけの社会に我が子を送り出してよいのか?
という明るい未来を描けない地球環境と思考回路。
○覚悟のなさ
 雇用不安など雇用環境の悪化は確かにあると思う。
 けれど、先行き何が起こるのかわからないのはいつの時代も同じ。
 何とかして生活していく、育ててやる、という意気込みに欠ける。

上記二点20代〜30代と話して感じたことです。

ユーザーID:5290130923
生活水準の上昇・生活費の上昇
ベルデ
2009年1月3日 2:28

生活水準が子沢山の頃に比べ上昇している

→その上昇した生活水準を維持しつつ、
わが子にも同じ又はそれ以上の
生活水準で生きていけるよう
学歴等身につけてあげたいと考える

→生活水準の維持・上昇
(例えば家の購入)するのと
わが子の育児・教育費用
(例えばある程度の大学に入れる等)のと
我が家の実質的な収入のバランスを鑑みると
2人が精一杯です…

というところが殆どなのではないかなと思うんですが。

2人を3人にする為に夫婦が出来ることとして
収入を増やすという選択肢がありますが、
夫の収入も今後どうなるか分からない。
両親とも働くためには保育所などが整っていないと×
しかしこれがまた…という状況。

私の周囲で3人以上育てて皆大学に行かせている家は
一般家庭とはいえ、ある程度裕福な家だけですね。
終身雇用の砦が無くなった今は、それも難しそうです。

しゅぜんさんのコメント読んで思ったのですが
男女平等というよりは、子どもの権利を優先する社会に
なっていると感じます
子沢山の時代=子どもを簡単に養子に出す時代
という感じ。

ユーザーID:9758114374
3人ぐらい欲しいね
中間子
2009年1月3日 3:02

>女性の生涯未婚率は6%弱でほとんど変化がありませんが、男の生涯未婚率は1990年〜2000年のわずか10年で5.7%から13%近くまで倍増しています。

産む姓である女性が結婚していれば問題は無いのでは?
男が余っているってことでしょ。男性のほうが生まれてくる人数が多いし。
残りの13%の男がどんなにがんばったって、残りの女は6%しかいないんだから。

やはり、結婚した女性(夫婦)がどんどん子どもを産み育てたくなるような環境が必要なのでは?

そう考えるとやはり、保育園、産休育休の充実などが必要では?
夫も産休育休がとれるぐらいにならないと。
年収の低い夫婦には、児童手当を増やすとかね。
夫婦の平均出産数が3人になれば、少子化は止まると思うのですが。

ユーザーID:9353705852
お金だけが原因ではないとおもいます
ぱおこ
2009年1月3日 3:43

うちは比較的経済的には安定しています。夫婦二人なら夫だけの収入でとりあえず定年までは暮せそうです。
でも老後はどうなるのでしょう。。。。。不安です。きっちりほそぼそやっていけばたぶん大丈夫ですけど、それまでに夫がしぬかもしれないし、年金もどうなることやら。

少子化の原因は将来への大きな不安ですね。

子供なんて作っても、将来大きなお荷物になるかもしれません。
私立に必死で入れても正社員で安定した会社に就職できるかもわからない、やめたらニートになるかも。働かないまま家に居すわられて挙句親を殺すこともあり得るし。

私の世代ですでに就職難で必死で働いてきましたが、働いても働いても上の世代がおいしい思いをして、若者にパイが回ってこない。私の世代の下はさらに悲惨。

私の親はのんきに子供を作れと無責任に言いますが、時代が違いすぎます。公立校に入れておけば普通に育った時代とは違うんです。

子供二人を育てる家庭を作るという普通のことができない社会にしたのは上の世代だと思いますが、若者が立ち上がる力もないほど疲弊しているので、もう世の中は少子化で固定されると思います。

ユーザーID:8397354047
『全体』の為に『個』を殺す仕組み
万華鏡
2009年1月3日 6:30

日本は『全体の安定』の為に『個々の精神的幸福』を犠牲にして栄えてきた文化。
よそ者を受け入れず、無言の掟を破ったものには仲間はずれにして安堵感を得てきた、
信頼の置けるご近所さん達で形成された『村』文化。

現代の若者達にひきこもり、鬱病、様々な問題を抱えた機能不可が目立つのも
そんな閉ざされた文化が深く根付いた環境で生きてきた先祖達の心の病を
無理やり背負わされてきた世代の叫び声の象徴であるよう。

加えてここで掲げられている数々の問題が氾濫している環境で
自分一人では変えられない世間の固定観念と戦いながら
多様面に予期できる困難を抱えて子供を育てていく事への尻込みが
深刻で取り返しがつきそうもない少子化の原因の一つだと思います。

ユーザーID:3833142617
豊かになったからです
パートのおばさん
2009年1月3日 8:27

労働力や介護のために子供を作る必要がなくなったからです。
それから豊かな世の中に子供にそれなりの教育をするという考え方が根付いたからです。
そして子供たちも働き始めたら世間一般並みの豊かな生活をする為に給料は自分のために使うからです。
義務教育で十分、働き始めたら妹弟のために給料のほとんどを実家に入れる、こういう考え方が無い限り子沢山は無理だからです。

経済が悪くなったからとか言ってる人は違うと思います。
だってどんどん少子化が進んだのはバブルの頃でしょう。

不妊は関係ありません。
昔から不妊の人は居たでしょ。
統計上問題になるほど増えたとは思えませんし、
昔は不妊治療なんてなかったですから。

大局的に見ても先進国ほど少子化じゃないですか。

ユーザーID:5763622457
セックスレス携帯からの書き込み
るる
2009年1月3日 9:44

セックスレス夫婦の増加も少子化の原因になっていそうな気がします。

一人目の出産後、ずっとセックスレスという話を周りでもよく聞きます。
経済的な理由ではなく、セックスがないから子供は一人っ子のままという夫婦って結構多いです。
新婚なのにセックスレスという夫婦も増えてるみたいだし。

ユーザーID:8846235026
子育て中働くママの意見
KYA
2009年1月3日 9:49

ウチももう一人欲しいなと思う中。

実家の産科医がなくなって実家では埋めなくなり、近所といってもかなり遠い中での出産になること、そして一人でも子供の発熱の際、会社に頭を下げまくって会社を休んでるのに、2人は・・・。

また、前にNHKの統計で、親の年収と子供の学歴が比例するというデータが放送されてました。

ウチの子供が5ヶ月のときに私は社会復帰しましたが、許可園だと6時にお迎えにいかなきゃいけませんが、このご時勢、公務員でもないかぎり6時のお迎えなんて不可能です。

ということでずーっと無許可園です。(月5万ほどかかります)

許可園でもズルをして入園している人はかなりいます。その辺のチェックを厳しくすることなどそういうことから始めることを行政に希望します。

ユーザーID:1993021738
我が家は…
nana
2009年1月3日 10:02

不妊治療を続けていたのですが、
結局、授かることができませんでした。
社会がどうあっても、
欲しかったのですが………

我が家の場合は、倫理委員会を通さなければっと
いうお話しもあり、色々考えやめたのですが
お金の問題もありました。もう少し、不妊治療にかかるお金が
安ければ良いのにっと思います。

ユーザーID:2885667662
高学歴化
てとら
2009年1月3日 10:03

高学歴化は、晩婚化に繋がり、高齢での出産数は限定されて来ます。

中途半端に頭で考えるという事が、持続的社会を崩壊させているという皮肉が存在します。

ユーザーID:5318372210
そうですねぇ
少子化賛成
2009年1月3日 10:14

複合要因でしょうが、最大の要因は1女性の高学歴化による晩婚化と、これに伴う女性1人当たりの生涯出産数の減少では?30代後半以降で結婚した場合、子供を全く生まない/1人しか生まないという女性は大きく増えると思います。

また、2女性の雇用機会の拡大(結婚しなくても1人で生活が可能)、3ライフ・スタイルの多様化(独身でも社会的に受け入れられることによる未婚率の上昇、結婚・出産の優先順位低下)も大きいと思います。

後は、トピ主さんや他の方々が挙げている4育児支援の欠如、5将来の経済的不安/より豊かな生活の優先、6婚姻の減少/離婚の増加等でしょうか。

かくいう私も高等教育を受け、やり甲斐のある仕事に就いて、子育てなんてしていると勤まらない激務のため、40代半ばで未婚・子供なしです。昭和の頃なら肩身も狭かったのかも知れませんが、今はそんなこともないので、この時代に生きていることにとても感謝しています。少子化は国を挙げて余程の優遇策でも取らない限り、歯止めはかからないでしょうね(続きます)。

ユーザーID:4512007608
うちは携帯からの書き込み
りん
2009年1月3日 10:23

結婚9年で授かった娘がいます。
私もですが、夫にも不妊の原因があります。

20代で結婚して、私は短時間パートに切り換えましたが、百貨店勤務の夫は、結婚後より激務になり、帰りはいつも11時半です。

しょっちゅう風邪を引いていて、我が家は、男女平等とは無関係のようです。

でも、近くにいてもあまり当てにならないモラハラの父がいる実家、他の孫達の世話で精一杯の義母のいる義理の実家。

小さいうちは保育園は、証明がないと入れない。
働きたくてもしょっちゅう病気などで呼び出されることを考えて、1人しかいないしと、私立の幼稚園への入園を決めましたが。

核家族、まぁ他の方は女性の社会進出も原因しているのでしょうか。

一つではなく、色々な要因が、少子化になるのでしょうね。

ユーザーID:9234713103
少子化は言葉遊び
ダンゴ虫
2009年1月3日 10:51

「少子化」という表現自体が、おかしいのです。
ましてや「少子化問題」に至っては、言葉遊びか
完全なる欺瞞です。

今まで嫌でも結婚しなければならず、嫌でも子供を
もうけなければいけなかった人の分が減れば、子供は
その分少なくなるに決まってます。

少子化は、正しくは「子持ち自由化」とでも表現する
べきで、そのほうが本質をとらえているでしょう。

ユーザーID:6261744460
低収入、長時間労働、職がない。
らう
2009年1月3日 10:54

低収入、長時間労働、将来の蓄えができない
しかも年功序列の会社では、いくら能力がなくても、そこに居れば賃金があがり、
能力があって一生懸命仕事をこなしても、まったく評価はされない。

仕事をやった分だけ、報酬を見合ったものにしていただきたい。

広い目では、
公務員、私学学校職員の給料体制がおかしすぎるのも、声を大にしていいたいところです。

ユーザーID:2374631724
そうですねぇ(続き)
少子化賛成
2009年1月3日 11:29

ですが、少子化って方向としては正しいと思います。日本の出生率は1.2強だったと思いますが、1世代交代で人口ほぼ半減、2世代交代でほぼ1/4。まあ、人口急減のスピードは大問題で、GDP減少(=国力低下)、年金制度破綻等弊害は言い尽くされていますが、100〜200年といった長い目でしかも地球規模で見たとき、このまま人口が増え続けたら、世界的な食糧、エネルギー危機がやってくるのは明白。環境問題、温暖化による大規模自然災害等も深刻化するでしょうし。

現実的に考えて、少子化加速はあっても、改善の可能性は低そうなのであれば、年金制度の負担軽減のための定年退職年齢大幅引き上げ、移民受け入れ促進、様々な箇所での機械化/無人化(海外に住んでいますが、仕入れてきたダンボール箱のまま商品が陳列されずに床に積み上げられ、顧客は無人レジでバーコードを自分で読み取らせて代金を機械に投入するスーパーが結構あります。少子化に伴う人手不足解消にぴったり)等、「未婚男性さん」の指摘するように、少子化に伴う弊害の緩和策を一生懸命講じた方が良い気がします。後半、トピからちょっとずれちゃいましたね。すみません。

ユーザーID:4512007608
私も、(表面的な)男女平等が原因だと思う
りさ
2009年1月3日 11:33

 女性が安心して男の人に身を任せる事が出来なくなったからじゃないかな。
 離婚率の上昇や、男の甲斐性も含めて。

 出産や育児で、女性には男性に頼らなくてはいけない時期ってありますよね。育児に一段落してからも、ポイされたら仕事探しても2ランクくらい落ちた仕事・生涯収入しか望めないわけで、結局、出産したら女性って物質的には男性に頼らなくてはいけないのが真理だと思う。

 そこが揺らいで来ると女性はキャリアを手放せず男性化するしかないし、必然的に子供なんか産んでる場合じゃなくなる。

 男性に甲斐性がなくなったのは、きっと女性が男性化しちゃったからでしょ。男女が同じ「男レール」で競い合うものじゃなかったのに、男女平等にしちゃったものだから。

 女が一昔前みたいに(表面的に)一歩下がった存在でいれば、男だってちゃんと守ってくれそうな気がする。女だって安心して子供産めたと思う。
 とは謂え基本能力は男女そんな差がないので、自分と同等・自分以下の男性に対して一歩下がる事は出産適齢期の女性にはまだ高等技術で。
 だから昔は女性に学をつけさせなかったのかな
 女って哀しいな

ユーザーID:8104658002
愛情の不足
2009年1月3日 12:51

人を育てるのは、人です。
親の愛情の不足が原因だと思います。
愛情とは、甘やかす事ではなくて、きびしく育てる事です。
でも、最近は、甘い親が多すぎる。
子供は、本能で、甘えたり、満ち溢れた愛を感じなかった。
そのせいで、親になって、本能の母性で、子供を生もうと思わない。
この母性があれば、お金がなくたって、なんだって、子供を生みたいと思うはずです。
人って、そういうものです。

ユーザーID:1730505442
4 晩婚
ぴよこ
2009年1月3日 12:59

日本では、結婚していない女性が子供を産むことをタブー視する文化があり、社会制度も結婚している男女が子供を持つということを前提としています。

現在の日本は晩婚化が進んでおり、1960年では女性の平均初婚年齢は24.4歳でしたが、2006年では28.2歳です。女性は35歳を過ぎると、妊娠率が下がりはじめるので、結婚して妊娠しやすい時期は1960年では10.6年間ありましたが、2006年には3.8年間減って6.8年間です。

これが根本的な原因で「産むかどうかの選択に入る前の問題」となっており、2,3,5,6は、「結婚後の産むかどうかの選択」の問題が絡み、さらに今後は出産年齢期の女性の人口が減少していくので、少子化は止まりそうにないですね。


という私は35歳で今年から不妊治療をはじめようかなぁと思っています。
「子供がいたら幸せだろうけど、いなくてもいい」と思っています。

7のその他に付け加えるならば、「子供がいないことへの社会的プレッシャーの減少」ですね。両親・義両親ともに「子供はまだ?」という発言はないです。実母から、遠まわしに遠まわしに気を使って言われますが…。

ユーザーID:6792408990
そうですねー
少子化は気にならない
2009年1月3日 13:05

子どもが産めるのは女だけ。当り前のことだけど
これに限らず、男女それぞれ本来の役割というものを
無視しているといっていい男女平等化だと思います。

女性の社会進出もいいけど、男性化しちゃうのはどうなんでしょうか。

なんといいますか、女はどんどん遠慮なく男のテリトリーに入っていく
けれど、男は女のテリトリーには入っていけない、いきたくない?
それか強制的に受け入れさせられてる。

最近こんなことを感じます、男と女のバランスが崩れてますね

ユーザーID:6258192205
少産少死社会になったから
2009年1月3日 13:10

昔、子供の死亡率は高く、たくさん産んでも成人に至るのは一部だった。だからたくさん産まねばならなかった。=多産多死社会。鮭が何万と産卵しても数匹しか成魚に至らないのと同じ事。日本も江戸時代ぐらいまでこうでした。

その後医療の発達に伴い死亡率が低下するも、出生率はまだ下がらない。=多産少死社会。ここで人口が爆発的に増加してしまう。日本では昭和の前半生まれまで、兄弟姉妹が5〜6人という家がザラ。

政府が「家族計画」を始める。教育にお金がかかることもあり、出生率はようやく低下。=少産少死社会。人口爆発が収まる。

今はこの結果としての、あるべき少子化です。

年金制度などは、たまたま「兄弟が5〜6人」の時代に設計してしまい、ネットワークビジネスと同じカラクリなので続く訳がないのに、根本的に設計し直さないことが問題なのです。

ユーザーID:1721081944
私の場合携帯からの書き込み
親不孝者
2009年1月3日 13:12

30代後半、結婚13年の女です。子供はいません。

その理由は以下のとおり。

・まだまだ自分のしたいことが多く、それを我慢してまで子供が欲しいと思わない。

・キチンとした子供を育てる自信がないし、非常識な子供を無責任に育てたくない。

・たいして可愛くもないのに、自分の子供というだけで猫っ可愛いがりするバカ親たちと話ができると思えない。

・自分が出来たことを自分の子供が出来なかった場合に、導いてあげることができないと思う。(何故できないの?などと言ってしまう)

・もし私たちに子供が生まれたら間違いなく「ウチの孫」と張り切るであろう義母のその感覚がイヤ。

・途中で亡くなってしまう気がしてならない。(私は幼稚園からこれまでの間に兄弟と友人を合わせて10人以上、病気や事故で亡くしています)

・子供が生まれたら生活レベルを下げざるを得ない気がする。

書き連ねると浮かんだのはこれくらいです。ちなみに主人は最初と最後の二つが理由だと考えていると思います。

個人的理由を長々と失礼いたしました。

ユーザーID:0759363443
Kenkenさんとcookieの意見に大賛成です。
働く嫁
2009年1月3日 13:41

私もトピ主さんと同じ30代後半、子どものいない兼業主婦です

「趣味・嗜好」として子供を欲しくないから作りたくないです。
やりたくない「趣味・嗜好」にお金・時間をかけるのは無駄だと思います。
期間的に、夏と冬だけ甥・姪を見るだけで十分です。

結婚、出産、育児、介護、、「負」の部分が女性にかかり過ぎている
子供出来たとしても「でも、そうなると仕事+家事+育児??きっついなぁ〜〜」と考えてしまいます。
全くもってそのとおりです。負担ばかりは、楽しい人生ではありません。

ユーザーID:5365661976
集団としての本能
紙コップ
2009年1月3日 13:57

興味深いトピですね。

何人かの方が指摘されていますが、私も人口過多が原因じゃないかと思います。狭い上にほとんど資源がない日本に、1億2千万人はやはり多すぎるのではないかと。

東京なんかだと、人が多すぎてとてもじゃないけど他人にやさしく接しながら日々を送るなんてできない。

中国などが成長してくると、日本に回ってくる資源はどんどん減るでしょうから、日本が国として養える人口も減ってくるのではないかと思います。それが今、経済の減退とかいろいろなひずみとなって現れ始めている。

誰が決めたことでもない、集団の心理としての少子化は、あながち間違った選択とは言えない気がします。

ユーザーID:9857565997
大人の子供化
すず
2009年1月3日 14:28

本当に子供が欲しい方は別として 最近は夫婦で海外旅行 美味しいものを食べ歩く など夫婦で楽しみたいから子供を持たない人が増えています。
そういうお気楽夫婦の 旅行・食べ歩き・ホームパーティを綴ったブログも多いですし。

今の世の中 不安定で凶悪犯罪が増え まともに育ったとしても 派遣・契約社員にならなければならない人が増えて 子供にとって生まれてきて良かったと思えないような社会です。親も 自分の収入が安定しないのに 子供が大きくなるにつれ 教育費など子供にかかる出費が増えて大変ですし。

けっきょく 気楽に自分たちの心配だけしていればいい 自分の稼ぎは自分達だけで使えて 老後も当てにする人のいない分 自分で用意する覚悟が出来ている 「産まない人の勝ち」・・・なんじゃないでしょうか。

ユーザーID:3840620590
興味深いご意見ありがとうございます
偽妊婦(トピ主)
2009年1月3日 14:48

人口が多すぎるというご意見が多くてちょっとびっくりしました。
6千万人ぐらいまでは減ってもよいということなのでしょうか?
今は「多産多死」→「多産少死」→「少産少死」と変化してきています。

ますます、年金はもらえなくなるし、高齢者が増え、労働者人口も減って、介護する人も減るといった社会的バランスが崩れると思いますがいかがでしょうか?

晩婚化による晩産化というのもよくよく考えると、
統計資料を見ると、たとえば昔が初産年齢が25歳で、今が30歳だとしても、35歳を過ぎたいわゆる「高齢出産」も増えていることですし、晩産化=少子化の原因とは思えません。

女性の高学歴化→社会進出といったライフスタイルの変化が大きいような気がしてきました。

まだまだ、ご意見よろしくおねがいします。

ユーザーID:5434179873
個人的意見携帯からの書き込み
みそじの女
2009年1月3日 15:24

出産や育児はすごく大変な割にはお金に換算できないから、仕事としての価値が低くされてるような気がします。『お金がもらえる仕事=価値のある立派な仕事』みたいなのが世の中にはあるのでは?

ユーザーID:4254227051
2と3、それから7
おもち
2009年1月3日 15:37

結局のところ、産むにも育てるにもお金がかかりますよね。
お金が足りなければ、働かないわけにはいかないし、
子育てをサポートしてくれる人がいなければ、
満足のいく仕事にもつけない・・・
そして、子供をあきらめざるを得ない。
少子化のスパイラルだと思います。

それから7です。
うちは、同性の子供がふたりいます。
同じように子育て中のママどうしでよく話題にのぼるのが
「女の子(男の子)が産まれる保障があるのなら、(二人目)三人目産むんだけどな」という人かなり多いです。
わたしも多少大変でも別の性の子を授かれるのであれば、ぜひ三人目がほしいと思います。
でも、そんな保障もないし、経済的にも労力的にも子育てはきついので、こどもは二人だけと思っています。
もしも、100%の確率で希望の性の子が産めるのであれば、少しは少子化に歯止めがかかるのではないでしょうか。

ユーザーID:0801122709
少子化かなぁ。
俗物リアリスト
2009年1月3日 16:05

爆発的に増え続けた人口は今度は失速して急激に減るものだと思います。
自然界はある種が増えすぎると上手い具合に伝染病が蔓延して数が激減したり、何かが絶滅してもその何かに変わる新しい種が生まれて増えます。

たかだか人間の世界のたった数十年の人間の増減に一喜一憂しているのは甚だ地球に無礼だなーと私は感じます。
増えるのも減るのも自然の流れだと思います。
地球的に見ればもっと人数減らしたいのかもしれないなぁ。
人間増えすぎですよね。

社会生活を送っている視点で考えてもしょうがないんじゃないかなーとこういう話題が出る度に思います。

ユーザーID:0808305076
少子化の一因
しげちー
2009年1月3日 16:27

>女性が安心して男の人に身を任せる事が出来なくなったからじゃないかな。
>離婚率の上昇や、男の甲斐性も含めて。
>基本能力は男女そんな差がないので、自分と同等・自分以下の男性に対し
>て一歩下がる事は出産適齢期の女性にはまだ高等技術で。

こんな風に自己反省もせず、男性が一方的に悪いと断ずる女性のおかげで男
性が結婚を躊躇→少子化に繋がっているのだと言えるのではないかと思います。

>女って哀しいな

上記のような無茶苦茶な言い分でも甘んじて受けなきゃならない男性こそ哀しい
と思います。

ユーザーID:1431165151
不妊は関係ないですね携帯からの書き込み
まこ
2009年1月3日 16:30

どなたかのレスにありましたが、確に不妊は関係ないですね。不妊症の人は昔からいますし今の方が治療法は進んでます。
強いて言えば晩婚化により、高齢出産が増え、妊娠もしにくくなったことかな

ユーザーID:5566252349
余りに知りすぎてしまった
ブルームフィールド
2009年1月3日 17:38

ネットで男性女性の実態、家族の実態、子育ての現実等を知りすぎてしまったところはもあるんじゃないかと。
特にこれだけ(原因があるとはいえ)男性を袋叩きにしている「発言小町」のようなところを見たら、結婚とそれに繋がる子育てを選択しない男性が増えて当たり前。

ユーザーID:1677179290
科学的根拠のない形而上論ですが。
Fox
2009年1月3日 18:25

ここにもいくつか根源論的レスがありますが、
「もし私がガイア[地球生命圏]だったら。」

人口が多すぎる。このままでは人類だけでなく地球自体が危ない。
そこで、人口を減らそう。まずはエネルギー負荷の多い先進国の人間。
ここから緩やかに削減しよう。文明が進めば死ぬ子孫も減って
高齢化するから自然に人口が均衡する分プラス男の生命力やエネルギーを少し弱めることで種の撒き散らしを減らして人口を減らそう。
女は生命の根源だからあまりいじれないな。
プログラムとしては環境ホルモンや社会的に女性が一人でも生きていける仕組みになることでいいかな・・・戦争や天災ではその瞬間は減るけど復興でかえってがっばっちゃうから長期的には減らせないな・・・・。
次は巨大人口国を少し文明化して繁殖意欲をそぐことだな・・・
それから先の遅れた地域は500年後ぐらいからでも間に合うな・・・
目標は1000年で半分、2000年で1/4なんだけどな。

ユーザーID:9789895665
すずさんに同意
つくよみ
2009年1月3日 18:31

自分も大人の子供化が原因かなと思います。

かく言う自分自身が
「まだまだやりたいことが沢山ある」
「生活レベルを下げたくない」
「子供をかわいいと思えない」
「子供の躾や教育に責任を持てない」
と子供を持つことを否定していた人間でした。

妻が子供を欲しがったため、特に避妊をせずにいたら、女児を授かりました。
妻の妊娠中は自分がマタニティブルーにもなりました。

しかし、妻の出産に立ち会ったときに劇的に自分の中で何かが変わりました。
父性本能(?)、庇護愛(?)が突如として湧き出てきたのです。

現在は男児も授かり、2児の父親となりましたが、子供が可愛くて仕方がありませんし、今まで可愛いと思ったことの無かった他人の子供に対しても
親しみを持てる様になり、親に対しても感謝できるようになりました。

自分が元々望んでいた生活とは180度逆になってしまいましたが、子供を持ったことを後悔はしていません。
だってこんなに毎日身近に幸せを感じてるんですから。

ユーザーID:0755683760
本音を語れない社会
桃太郎
2009年1月3日 19:17

「生身の人間と本音を語り合えない社会」に、起因しているとおもいます。

別の言い方をすれば、「人との接し方を知らない社会(家族を含む)」ともいえます。
詰め込み教育により、子供達が学校や、家庭でも教えてもらえなかった結果か、と。
家族を持つことへの意味を感じない時代の到来、ということでしょうか。

加えて、女性はよりクリエイティヴに逞しく、
男性は非力&軟弱化に拍車。
女性が男性に、男としての魅力を感じず、
男は女性を引っ張って行く覚悟(勇気と責任)が持てない時代へ突入。

少子化は、経済の基盤を揺るがす最大要因ですが、
皆が安心して子供を生むことの出来る環境を、国と企業
が一体となり提供出来たらよいですね。

ユーザーID:1488777632
りささん
makishi
2009年1月3日 19:35

>女性が安心して男の人に身を任せる事が出来なくなったからじゃないかな。
>離婚率の上昇や、男の甲斐性も含めて

そりゃ女性がここまで図々しく、自分に都合の良い権利ばかり求めるようになれば、男性は身を任されたくもないし、甲斐性も何も今の女性相手に何もする気にならないでしょ。

>男性に甲斐性がなくなったのは、きっと女性が男性化しちゃったからでしょ

男性化なんてしてませんよ。男性は義務を果たします。権利ばかり主張しません。女性が図々しくなった。或いは、間違った男女平等意識と権利意識を持っているだけです。

>女が一昔前みたいに(表面的に)一歩下がった存在でいれば、男だってちゃんと守ってくれそうな気がする

別に下がらなくても、常識と正しい男女平等意識、権利意識を持っていれば守ってくれると思いますよ。図々しいご都合主義を捨てれば良いだけです。

>女って哀しいな

これだけ多くを望んでまだ哀しいなら、一体どうなれば満足なの?これだけのことを求められる男性の方がはるかに哀しいと思いますよ。哀しいを通り越して、もう嫌気がさしているから少子化なんでしょう。

ユーザーID:5254713498
問題とするなら核家族化が要因として大きい気がします。
raika
2009年1月3日 20:32

1は元からあります。

2の経済問題
お給料が少ないとかよく言われますが、
親と一緒に住めば生活費はかなり楽になると思います。
出稼ぎが少なくなれば地域の発展にも繋がります。

3の子育てサポート
親と住めば家事や育児の負担も減ります。
たとえ保育園や幼稚園に入れたとしても彼らは所詮他人です。
お金の為です。
沢山いる子供一人ひとりに親身になってくれる事は少ないでしょう。
(集団生活に早く慣れるという面ではメリットはあると思います)

また子育てと言ってもまだ人生の半分も生きていないような親が
(しかも毎日忙しく働きながら)子供の心をちゃんと育てられるのかも疑問です。

姥(うば)捨て山の昔話を知っていますか?
義理親が憎いのか知りませんが高齢者をあまり馬鹿にすると痛い目見ますよ。

4の晩婚化については結局子供が生まれるなら問題ないと思われます。

6出産後のキャリアダウン
出産で現場を離れる以上キャリアダウンは当然の心理ですね。
難しい問題だと思います。改善の余地ありです。

只、私は少子化が問題だとは思っていません。
それに結局困るのは外国人の血を入れたくない保守的な男性ですし。

ユーザーID:2768412476
それでも、やっぱり非婚・晩婚化
3児の母
2009年1月3日 21:03

第2次ベビー・ブーマー世代です。

結婚・出産の是非は置いておいて、同世代でまず結婚していない人
そして、子供のいない人、子供が一人の人・・・の数が多い印象が
あります。

私の母世代では子供2〜3人は当たり前、母の母世代であれば、
5〜6人も当たり前という時代でした。

子沢山ということに価値を見出せないのが今の時代なのでしょうね。

子供にかかる費用の増加、ライフスタイルの変化、価値観の変化
いくつかの要因が重なった結果が少子化なのではないでし蛯、か。

私たち第2次ベビー・ブーマーが結婚・出産の年齢を迎えても、
人口増加の波は膨れませんでした。これから、子供の出生率はさらに
下がることでしょう。

ユーザーID:1815068435
わたしも子育て中ですが
リラックママ
2009年1月3日 22:50

フルタイム派遣で働く2児の母親です。
私も「生活レベルが下がる・子供嫌い」が理由で、結婚後6年間、子供が欲しいとは思いませんでした。(生理不順もあり、自然に妊娠はしなかったのですが)

6年も子供が出来ないとなると・・・実母に生理不順が改善される漢方を薦められ、飲んだところ、わずか半年で妊娠しました。
結局、子供を産んだのは、親を喜ばせるためだったような気もします。
その後、立て続けにもう一人生まれましたが、主人の収入だけでは生活できないので、仕事に復帰しました。

運良く、出産前と同じ職場に復帰できましたが、復帰するにも認可園の空きはどこにもなく、仕方なく金額の高い無認可園でした。
今は認可園に預けられていますが・・・

少子化の原因って、一言で言ってしまえば「安心して子供を生める環境にない」ってことではないでしょうか?
産婦人科も減少、保育園もない、赤ちゃんがいる母親を雇う企業もなかなかない・・・

余談ですが、自分の子供は可愛いけど、他人の子供は全く可愛いとは思いません。近寄ってくると気持ち悪いです。
こんな人も少なくないと思います。

ユーザーID:6485352351
ワーキングマザーです携帯からの書き込み
くり
2009年1月3日 23:20

産む場所が東京なのに無いです。
できたかな?ですぐに診察⇒分娩予約しないと受診でなくなります。

生まれたら保育園と考え区役所に行くと軽く待機と…一年近く待ってなんとか入園。

さて二人目は…先が不安定で稼げるか?産む場所は?また保育園が。
となって悩み続けてます。
私は団塊ジュニアですが、今年36になり、産むリミットが近づくように。
私達の世代が産まないと減るのは見えてきます。

あと国の支援ですね。フランスに行った時に違いを実感。
要因は沢山あります。

ユーザーID:1886738684
ただただ
ナオたま
2009年1月3日 23:45

私は、2説を提示します。

1日本人が「大人」になりきれなくなったから。
だから、子供のことまで気が回らず、自分の人生で精一杯思います。
かくゆう私もその一人。こんな不安な時代に子供なんか生めない。
自分の子供の時代と同じように教育すれば、きっといじめられっこになる。そんな確信がどこかにあります。

2また、全く違う視点から見れば、そういう感情・考え・方針(結婚しない、子供を生まない等)を日本人が持つのも、ある意味人口が増えすぎた結果の生物学的な自然淘汰の一現象ではないかと考えます。
人間も何だかんだ言って自然の一部ですから。

ユーザーID:5377625724
女性に社会進出に伴い
リオデ
2009年1月4日 0:31

女性の社会進出
→晩婚化
→子どもができにくい年齢になってしまう

一定年齢を過ぎると妊娠率はがくっと下がります。
なので晩婚化が一番の理由かな。

子どもいらないなぁと思っていた一人です。
でも、結婚してしばらくすると欲しくて欲しくて、
というより作らなきゃ!!と思い現在は育児中の身です。

これが女性の本能なのだなぁと思いました。
一人産んだ後はもうたくさん、一人でいいと思っていたのに
二人目が欲しくて欲しくて…
不思議なもんです。

女性が社会進出し、活躍するようになり、
女性の本能が働きにくくなり
男性化してきているのかもしれないなぁとも思います。

ユーザーID:5620412695
少子化ブームが産んだ少子化
さかもと
2009年1月4日 0:56

日本の、年齢別人口のグラフを見たことがありますか。
日本の人口ピラミッドは戦争の影響でいびつなため、人口の多い世代と少ない世代が交互にあらわれます。
したがって、人口の少ない世代の子世代(わたしもそうです)は少なく、そのまた子世代も少ないわけですが、それがなんだか特別な理由のあることのようにいわれ始めたのが「少子化」ブームの始まりでした。
「こんな理由で女が子供を産まなくなった!」と勝手に決め付けて大騒ぎ。まるで産み育てるのが損であるかのように…あるいは逆に、ものすごい偉業であるかのように、世間が声高になりました。

「少子化? そんなの、また団塊の子供世代が子供を生む時代になれば終わるよ」と冷ややかな意見も多く、わたしもそれに与していましたが、なんと終わりませんでした。
まあ、あの騒ぎでは無理もないです。

いや、それは人口減少が何かまずいことであるのなら、の話ですが。昭和40年代に語られた人口過多問題ってどこ行っちゃったんでしょう。

ユーザーID:6816831553
楽しいことが増えた
musume
2009年1月4日 2:04

現代女性は
勉強や仕事、お酒、趣味 男性と同様すべてを楽しめます。

昔ならありえません。

女性にいろいろなことが許されたから
女性は家にこもって家事育児をしなくなったのではないかと。。。

ユーザーID:6437108631
お金がない
とうもろこし
2009年1月4日 2:12

30代共働き夫婦です。子供はまだですが予定も1人がMAXです。
以下個人的な理由ですが、そういう方も多いのでは、と思いレスします。

地方在住。
夫税込み年収400万円。
妻派遣社員年収200万円。
35年ローンで買えたマンションはちっちゃい子供部屋1つ。
妻も仕事をしないと生活が成り立たないのに、実際は派遣だから子供ができたら育児休暇なんてもちろん無し。どうやって生活していくんだろう?
貯金をはたいて生活費にあてるとしたら1年無職が限度。

これでもうちの主人は地方でもいい方の会社です。皆さんどうやって生活されているのだろう?と不思議でなりません。

ユーザーID:2177062852
なるほど>パートのおばさん様
ベルデ
2009年1月4日 3:13

確かに日本を含めどの国でも、
子ども=労働力
が常識の国は確実に子沢山ですね。

逆に子どもを大切にする国では、
少数産んで大切に育てるのが一般的と。

そういえばこの問題を語る大抵の時に何故か
当たり前のこの構図が出てきませんね。
しかしこれが一番大きい原因…というか
摂理かと思います。

考えてみれば、将来の年金がなんだかんだ
という考えも
子ども=労働力
という考えに基づいたものですしね。

ユーザーID:9758114374
ぱおこさんと親不孝者さんのレスにほぼ同意
ももか
2009年1月4日 10:33

子供を持つとどうしても将来の不安の方が大きくなってしまいます。
今や公立校はレベルが低い家の子供が集まるから、私立に入れたいと思うし
我が家がきちんとしつけして育てても、周りの子がルーズでモラルが低かったら
人間低いほうへ楽な方へ行ってしまうと思いますし。
自分達の年金も不安だし、子供だってこのご時世ちゃんと正社員になれるのかどうか・・・。
ニートや親に手をかけるような子供に育つ位なら産まない方が良い、とさえ思ってしまいます。

周りの子持ちを見ても、将来のことはあまり考えず「出来たから」って産む人が多いです。結婚も
してないのに2人も3人も子供を産む人を見たら、何も考えない人の方が簡単に産めていいなあって思います。

あとはよく街中で見かける親子のマナーの悪さ、ですかね。いくらショッピングモールや
ファミレスであっても、自分の家と同じではないんだからちゃんと注意してよ!って場面をよく
見かけます。
親のレベルが低いから子供がそうなるのは仕方ないかもしれません。
でも子供を持つと自分のそんな馬鹿親になるかも。
それが一番嫌ですね。

ユーザーID:0287462416
少子化だけど、子供の質は落ちている
太陽さん
2009年1月4日 10:43

女性の高学歴・社会進出と出産数の低下は見事に関係あると思います。
あと、子供のマナーやモラルの低下も関係あると思う。
晩婚ったって、40過ぎても産む人もいるんだし。

結婚して子供が産まれても退職しない→新卒の採用がない→新卒女子は正社員に就けない

って悪い循環だと思いません?
夫の給料だけでは食べていけない、っていうなら、そんな経済状態でよく子供を産めるよね
って思ってしまいます。

理由は色々あって、それらが複合して今少子化って騒がれてるんだろうけど、周りを見ると
きちんとしてて経済的にも問題なさそうなご夫婦は結構子供がいないってパターンが多いです。
逆に夫婦揃ってやや問題あり(母親が実家べったりとか、まともに躾もしてないとか、深夜型の
親の生活に子供を合わせてるとか)の方が子沢山です。

将来や子供のことを考えていない人の方が何も考えずに子供を作れるんでしょうね。

ユーザーID:1220413538
社会的バランスは団塊の世代の出現ですでに崩れていたのでは
チュン夫
2009年1月4日 12:22

>社会的バランスが崩れると思いますがいかがでしょうか?

社会(人口)が常に安定しているわけではありませんから、
人口変動時に社会的バランスが崩れるのは致し方ないものだと思います。

戦争終了によるベビーブームで生まれた「団塊の世代」が
すでに人口バランスを崩しているわけで、そのため、
過去何十年に渡って、さまざまな(良い・悪い)影響がでてきたわけです。

そういった人口変動を予測して社会設計するのが政府・自治体であり、
各個人でも生活設計していくことも必要でしょう。
ただ、その予測が大きく外れたから「少子化」と叫んでいるわけです。

理由として
子供を産む人が減った
・婚姻の自由が当たり前になって、結婚しない・できない人が増えた
・婚姻にとらわれず、非婚出産する人はまだ少ない
・結婚しても他のサポートが得られない核家族で子供を育てるのは大変
・今の生活水準を下げたくない
 ・教育費が上がり、子供を持つと生活水準を下げないといけない
 ・子育て費用がかかるとそもそも生活が立ち行かない
 ・収入が増えない・減った
等だろうと考えています。

ユーザーID:8662688861
興味深いトピですね
今回は匿名で
2009年1月4日 12:59

多くのレスに「なるほど〜」と読んでいます。

ヨコですが、トピ主さん。
>ますます、年金はもらえなくなるし、高齢者が増え、労働者人口も減って、介護する人も減るといった社会的バランスが崩れると思いますがいかがでしょうか?

今の高齢者は長生きしていますけど、
私たちが全員同じように長生きできるかは、かなり微妙ではないでしょうか。
ご存知の通り、自然環境はどんどん変化しています。
作物が今まで通りには収穫できなかったり、
家畜が上手く育たなくなるかもしれない、
漁獲高だって不安なものです。
安全な水が、全員には手に入らなくなるかも。
今まで日本では見られなかった疫病だって流行するかもしれない。
今の高齢者のようには、私たちは長生き出来ないだろうと個人的には思います。
トピ主さんが挙げた少子化問題の「年金はもらえなくなるし、高齢者が増え」「介護する人も減る」という、4つのうち3つが
「環境変化による人間の短命化」によって解決できてしまうかもしれません、皮肉なことに。
そうすると少子化が本当に問題か、
そのときになってみないと分からないですね。
50年後の日本・・・どうなっているのでしょうね。

ユーザーID:4961677425
少子化よりも高齢化が問題
Dinks
2009年1月4日 13:40

何度もこの種の話題は論じられてると思うけれど、私は、少子化ばっかり問題になるのにうんざりしています。
要は、増えすぎた高齢者を養うだけの年金の財源がもう底をついてきた、、労働力も足りそうにない。だから子供を増やせ。なんかおかしいです。
やっぱり将来の年金を含め、社会に安心感がないから、出産に踏み切れない人も多いと思う。まずは高齢化に適応した社会システムがないと。
女性の社会進出が原因って人がいたけれど、女性も高齢者も働かないと、労働力はすでに足りないんじゃないかと思います。
それに高学歴の女性=子供を産まないとは限らないです。
知り合いに何人か博士がいますがみんな産んでいるし。
男性が頼りないせいにするのはちょっとね・・。
それましたが、少子化の原因は「社会不安」だと思います。

ユーザーID:6583982976
一人で快適に過ごせる様になったから?かも
nene
2009年1月4日 13:40

40代女性シングルです。
家族で支え合わなくても、いろんな負担を負わなくても、
一人でもそこそこ楽しく快適に生きていける社会になったからかな?
と、個人的には、考えています。
女性の場合は、自分で食い扶持稼げば、家族関係や家事を背負わなくてもやっていける。
男性の場合は、家族を養わなければ、自分の稼ぎを全部自分の好きなことに使える。
恋愛をしても、それが幸せの最上でなく、一つのオプションみたいな感じで、もっと責任を問われない楽しみも世の中にはいっぱいあるし、ドライになっちゃっているのかも。
私自身も、ご縁があれば今でも結婚したいな、と思うし、かけがえのない家族関係を育むのも良いだろうな、と思いますが、同時に今の生活も快適で、この誰にも束縛されない自由を手放したくないとは思います。自分で言っても、なんだか殺伐とした意見だな、とは思いますが。
なお、人口問題については、今でも多すぎると思っています。ネズミ講じゃないんだから、人口が増えることを前提とした議論はおかしいと思っています。人口が増えなくてもライフステージごと各自が責任を持つべきです。

ユーザーID:6310547299
結婚にむけての活動時代だから
30歳独女
2009年1月4日 13:45

 晩婚の意見が多いですが、今は昔みたいにボーとしていても結婚できません。自分から積極的に活動しないと結婚相手が見つけられない時代なのです。今は恋愛結婚が主流でお見合い結婚は少ない。でも、日本人はもともと恋愛下手な民族なんです。それなのに、結婚する前に恋愛しないと結婚できない。これじゃ、恋愛下手な人は一生結婚できません。なので、結婚できる人は何回でもできるけど、ダメな人は一生結婚できない。いわゆる恋愛格差です。私は、恋愛格差が少子化に拍車をかけているような気がします。
 

ユーザーID:0021434573
生活の変化
ぴよこちゃん
2009年1月4日 15:06

男女平等教育と、誤った男女平等の解釈(性差を認めない考え)
まだまだ男性優位な職場(理由:会社のお偉いさんは男女平等教育を受けていない世代)
「人並みの暮らし」のハードルが高い
自分を犠牲にしてまで子どもや家族を持ちたい人が少ない=結婚は犠牲だと感じている人が多い
結婚や出産の選択の自由が認められつつある

そんな事を感じますねー。
私自身は割りと早く結婚出産したので子どもがいることの幸せは感じますが、学生時代勉強して就いた仕事は失いましたね確実に。
昭和41年生まれですが、未婚・非婚・子どもなし宣言の40年代生まれ結構います。
晩婚も多い。その殆どが出産なし。
祖母は都会で8人も産んだのに、なぜ私は1人しか出来ないんだろうと不思議に思いました。
でも父の話を聞いたりしていて、一般庶民の貧乏な生活のレベルが違うというか戦後のような生活が私には出来ないし子どもにもさせられないと思った。
テレビでやってる大家族が羨ましいと思えないし・・。
農家だったら子沢山が助かるからという意見に納得。

ユーザーID:4379935739
人間が多すぎるから
ICE
2009年1月4日 15:15

俗物リアリストさんに同意
自然の力が働いてるだけだと思いますよ。
1〜6までの原因なんて微々たるものですよ。

というか少子化"問題"といいますが、問題かなー?
国力を考えなければ、逆に良い傾向だと思うくらいです。
貴重な資源を分け合える程度の人数に調整しないと争いになるだろうし。

ユーザーID:1315945461
中高年が多すぎる
アイランド
2009年1月4日 15:31

暴言をお許しいただけるのなら、
日本の平均寿命が短くなれば、出生率は増えると思います。
今日本は中高年があふれかえっています。
限られた空間に個体数が増えすぎると、
生物は種の全滅を防ぐために出生率を抑えると言われています。

ただ誰だって長生きしたいですよね。
だから出生率が低くてもなんとかやっていけるシステムをつくるしかないと思います。
つまり、介護はロボットがやり、中高年は定年後も働く。
年をとっても元気に働ける体作りの技術を発達させる(アンチエイジングや脳の活性化など)。

こんなに中高年が多いのに、定年したら悠々自適、年金や税金は若者に任せて〜
というのがそもそも無理な話なのです。
(若者に負担がかかれば、共働き、晩婚、ふたり目断念は、ますます増えます)

そうやって今の団塊世代が無事天寿を全うすれば、日本はだいぶ広々としますから、
そしたらまた出生率が上がるでしょう。

ユーザーID:2789941367
自分の理由と、世間の理由
おー
2009年1月4日 16:37

私がなかなか結婚を決意しなかった理由は、
独身のほうが自由で楽しめると思っていたからです。

結婚後、私が、なかなか妊娠を決意しなかった理由は、
子供がいないほうが、楽しく過ごせると考えていたからでした。

仕事にも趣味にも打ち込めなくなる、
体型はくずれる、自由な時間はなくなる、お金もかかる、などなど。

今の楽しい充実し切った生活を捨ててまで、
子供を産み育てる意義はあるのか?疑問でした。

子供がいたほうが楽しいだろうなという気持ち
  < 妊娠/出産/育児がない生活のほうがより充実して楽しいだろうと思う気持ち

だったからです。


世間的には、

・結婚しない人や出来ない人が増えた
・子供を持たない夫婦が増えた
・1人っ子が増えて、兄弟の数が減った

から、少子化しているのですが、
それは、簡単に、

結婚するより、独身のほうがいい、と感じる人が増えた。
子供がいるより、いないほうがいい、と感じる人が増えた。
子供がたくさんより、1〜2人がいい、と感じる人が増えた。

更にその理由は、と、なっていきますが。

ユーザーID:9861145893
6と過労、消極的思考、人口過多
ユニケ
2009年1月4日 16:51

アメリカ在住、一児の母です。子ども3人、4人と連れている人頻繁に見ます。子どもを持たない人もたくさんいます。

私が少子化の原因として思いつくのは以下の理由です。

一、日本人は働かされ過ぎ。深夜まで連日働いていては、夫婦の時間も持てないし、子育てもできません。

二、トピ主さんの「6」の意見に近いです。長時間労働がキャリア形成に不可欠なのに、子供を育てる時に長時間労働は難しく、キャリアダウン(評価されない)になってしまう。だから出産をためらう人が増える。

三、消極的な情報が強調され過ぎ。日本の医療保険制度や年金水準は、世界全体から見たら全然悪くないです。医療水準も。優れている面を無視して、足りない所ばかり強調し過ぎです。気分が暗くなってしまいますね。

四、都市部では人口が密集しすぎて、子どもを育てにくいのは事実だと思います。周囲の大人にも余裕がなくて、子どもや親に対して要求することが多く、助けることは少なくなっていると感じます。

自分にできる対策は、今いる子供を大切に育んで、その子達が子供をまた生みたいと思えるようにしてあげることくらいでしょうか。

ユーザーID:9539427239
りささんに同意
小町2度目の改革
2009年1月4日 18:54

社会の道徳が自由化しすぎていると思います。
結婚しても安息を感じられる男気の男性も少なく、
妙齢の独身女性はいいように既婚男性に弄ばれたりして、
女性が男性に安心して、
生活を依存できない世の中です。
女の子二人(6才8才)の母ですが、
何があっても自分の力で子どもを育てきる能力(収入力)をつけたいと考えています。
これが弱い男性を生む原動力かもしれませんが、
男の子のお母さんにも、
何があっても自分の力で子どもを育てる能力(収入、家事育児全般)をつけていただきたいと、
切に願います。

そして、男女とも安定した仕事のある人の働き盛りの、仕事のの拘束は人間らしい暮らしの枠を超えていると思います。

老後、お金さえあれば、高級介護マンションで暮らせる皮肉でさびしい
時代になってきてますが・・・
ほとんどの人は労働者で人間のつながりが全てであることに、
早く気がついてほしいです。

ユーザーID:4728019596
う〜ん どうなんやろうなぁ携帯からの書き込み
独りはもう飽きたよ!
2009年1月4日 20:16

私も40代にして未だに独身パラサイトですから…非常に切実な課題ですね  
私の視点からだと…晩婚化に伴う年齢による出産困難が低下に拍車を掛けてると思うし、出産を安心して出来る医療機関&ドクター不足も一因じゃないかな
でもなぁそれだけじゃない様な気もするんだよねぇ 
何故なら…昔とは違い男女の結婚に関した価値観の相違が大きいと感じます  
年収や外見に執着したり子供を望まない方々も居ます 
またスキンシップの重要性を説く人も居ない 
これじゃあ子供を授かっても色々な弊害に後々になってから悩みそうだよ 
長いスパンでもって総て視野に入れて考えないと駄目なんじゃないかなぁ 
以外と難しくて困難な課題だよ

ユーザーID:6864757558
ストレスフルな環境が生殖能力を下げる?
かもめ
2009年1月4日 20:37

私の周囲、既婚率は高いと思うのですが
高学歴、高能力、高収入の夫婦において
男性不妊の率が高いです。

特に、金融業界、外資等に勤務している友人夫婦は
中央で激務をこなしている間は子供に恵まれず、
地方異動などを機に子供ができたりします。

女性同士で集まると
「姑に私の責任だと検査を迫られたけど、
検査をした結果、夫側の問題(ストレスでの)不妊だった」
と語る友人が多いのです。

ストレスフルな環境が男性の生殖能力を下げているのも
一つの原因では、と思うのですが、
私の周りだけでしょうか??

ユーザーID:9335885006
とっても、興味深いトピですね
海外こまち
2009年1月4日 22:25

皆さんのレスが興味深いのですが、究極的にはSさんの《生物学的問題》に脱帽です。

私は人口、人口密度が高すぎる日本に嫌気がさし、海外脱出計画を立て、実行した者です。
日本に住んでいた頃、結婚どころか、子供が欲しいなんて思ったこともありませんでした。

日本の首都圏に住んでましたが、通学、通勤に毎日3時間以上、サービス残業を終えて帰宅するのは親の所有する狭い家。
結婚して高いローンを組んで新築マンションを購入したところで、ローンが終わる30年後には廃墟?

海外脱出の結果、海外で家庭を持ち、二人の子供を生みました。
人並みに高学歴、晩婚、晩産でしたし、仕事を持ち続けるため、二人でやめにしましたが。

ちなみに、私の居住国ではありとあらゆる税金は高いですが、医療費無料(もちろん妊娠中の検診や出産も)、3人以上だと育児手当が多額になります。
失業保険は自己都合では給付なし、リストラされても55%支給されるだけですが、産休なら90%も出るようになったのでただ今ミニ.ベビーブームです。

私も日本の人口減少問題に加担したことになるのかな?

ユーザーID:9772185702
36歳一児の母ですが
min
2009年1月4日 22:25

原因は皆さんが言い尽くされてると思いますので…

おそらく政府、本心では少子化対策に本腰入れる気はちっともなかったと思います。…少なくとも、ここまでは。

なぜかって? 私たち団塊ジュニアが出産適齢期過ぎるのを待ってたんでしょうよ。私たちがたくさん産んだら、また人口バランス崩れますからね。頭数が多い分、お金も余計にかかりますし。

私たちが産みたくても産めなくなった頃、おそらく今までとは比べ物にならないほど育児補助が手厚くなるのでは。下の世代はさすがにもう少し子どもが育てやすくなると思います。

私たちは結局、多すぎたんですね。
就職は氷河期、結婚も就職もすべて自己責任、税金と年金は絞れるだけ搾り取られて、老後には社会保障は危機のピークを迎え(いやとっくに破綻しているか?)私たちさえ死ねばようやく楽になる、と後の世代に退場を待ち望まれるようになるのでしょう。

私の場合、結局最後に信頼できるのは身内。だから何が何でも結婚しました。親も妹もすぐ近くに住んでいて、何かあったら助け合える体制だけは万全です。

国には何も望めません。お互いがんばりましょうね。

ユーザーID:3805493267
ニンゲンが多すぎる
いしな
2009年1月4日 22:26

死が遠のいた分だけ、子孫を残そうとする本能が薄くなっているんじゃないですかね。

そもそも、生活実感としてこれ以上人口を増やしたいとは思いませんよ。

金曜の夕方にでも、新宿や渋谷の駅前に行ってみると良い。
あのアホみたいな人だかりを見たら、「別にいーや。産まなくても。っていう人か、減った方が良くね?」と思いますわ。

東京都がダントツの出生率の低さであることを考えると、そういう部分はあると思う。

ユーザーID:3549079134
テクノロジーと取り巻く環境変化のスピード
しんそうごう
2009年1月4日 23:29

私も30代後半結婚8年目で子供がいません。

わたしも30代前半は「子供はいらない」と思ってたのですが
30代後半に身体的なリミットが迫ってきたことと、子供のいなかった友人達が40代目前に次々と妊娠出産しているのに焦りを覚えています。

しかし、実際に自分が子供をもつときに不安なのがタイトルのとおりです

わたしの理想は純朴で笑顔のかわいい素朴なアジアの子供たちです。
家事を手伝い、川や森で虫取りしたり、たとえばデジカメみたいなのが
わが家に来たりしたら好奇心から大騒ぎしたり…
ちょっと夢想が過ぎますでしょうか。

そういうわが家はPCが数台あって、常にネットワークがつながっていて
ケーブルテレビもあって、デジタル機器がゴロゴロしている家です(笑)
ケーブルテレビには24時間アニメを流しているチャンネルが3つもあります!

子供たちがなんでも情報をpullすることばかりに慣れてしまい
自分で生み出す力がなくなるのではと思います。
24時間休みなく与えられる情報や娯楽番組、インターネットをはじめとする
テクノロジーに対してコントロールできるのかどうか…

ほんと、そこが一番不安です。

ユーザーID:8812104545
敢えて言うと全部
通行人A
2009年1月4日 23:44

結婚している夫婦の子供の数が減ったのは「子供が多いと生活が苦しくなる」からです。昔年金がなかった時代は、老後は子供に養ってもらうしかなかったので、親の生活保障手段として子供をたくさん産みました。人数も子供の死亡率が高かったので1人いれば安心というわけにはいきません。勿論教育水準も高くなかったし社会全体が貧しかったので、養育費や教育費もそれほどかからなかった。子供を産めば産むほど後で親は楽ができたのです。

一方で、結婚しない人も増えました。昔の女性は一人で食べていけるような職がほとんどなかったので、事実上結婚するしか生きる道がなかったのです。今は結婚しろという圧力も弱くなったし、女性側も自分自身を養えるだけの収入があれば(依存状態も含む)結婚しないという「選択肢」ができたために、結婚を選ばない人が増えたのです。男性側もコンビニがあれば敢えて結婚しなくても生活できます。結婚するもしないも自由、となれば相手に望む条件も高くなってますます結婚しにくくなるのは必定。生活水準を落としてまで結婚するような強い動機は「できちゃった」位しかないということでしょう。

ユーザーID:1844800259
3人欲しいけど…
うぇいぶ
2009年1月5日 0:56

私は2が原因ではないかなと思います。

1児の母です。
子供は3人欲しいけれど、実際は経済的な問題から2人が限界と思います。

私は晩婚で不妊治療をして、1児の母になりました。
晩婚で時間がないので、ずっと続けたかった仕事は諦め、不妊治療に専念しました。
いつ終わるかわからない不妊治療にはお金も精神力も必要になります。
2人目は欲しいけれど、子供を預け、またお金をかけ、今回も妊娠しなかったと毎月落ち込むのは辛いので、今は不妊治療を受けていません。

子供が幼稚園に行くようになったら、働きたいですが、すぐにでも2人目が欲しいので、正社員にはなれないし、キャリアを捨てた今、年齢的にも仕事を見つけるのは大変だと思います。

私の若いお友達も子供が要らないといっているご夫婦も多いですが、だいたい経済的な問題か不妊の問題が理由のことが多いです。
私としてはやっぱりもう少し学費や子供のオムツとかの必要経費が安くなってくれると助かるんだけどな。

ユーザーID:7851265519
自然の流れ
ユッキー
2009年1月5日 1:13

>加えて、女性はよりクリエイティヴに逞しく、男性は非力&軟弱化に拍車。
>女性が男性に、男としての魅力を感じず、男は女性を引っ張って行く覚悟(勇気と責任)が持てない時代へ突入。

男女の性差がなくなってきたのは一つの原因だと思いますが、あまりに偏った見方ですね。
男性に頼るのではなく、女性が引っ張って行っても良いのですよ。女性が稼いで、男性が主夫をしたり。
それが男女平等というものでしょう。
男女ともに結婚のメリットが少なくなったのも原因ですね。

いずれにしても、男性側だけに原因を求めるのは間違いです。

ユーザーID:1638172283
6と2
海外在住
2009年1月5日 8:49

先進国で少子化が進んでいるところを見ると6(4)が大きな原因で、第二子以降は一人目を産んでみてから分かる2、3、5かなと思います。
仕事が面白いと思っているうちに婚期が遅れ、出産期も遅れてしまうのでは。若い方が妊娠しやすいとも言いますし。私も晩婚高齢出産で子供は最低2人欲しいですが年齢的に難しいかなと思ってます。

今住んでいるところは、ちょっとしたベビーブームです。2、3、5は自治体が良くサポートしてくれているので、みんなポンポン産んでいます。義務教育が終わるまでは子育てにほとんどお金がかかりません。3人産んだ日本人の友人は「日本じゃ経済的に無理だけどね」と言っていました。
それに、田舎だから仕事もそんなに忙しくなく夫も協力的で、娯楽もあまりないので趣味が子育てという人も多いです。

不妊の人は、不妊治療をするよりも外国から養子を取ることの方が多いようで、肌の色が違う親子をよく見かけます。小町を見ていると日本はまだ養子に否定的なようですが、こちらではめずらしくもなんともないですし、子供も「かわいそう」ではないようです。

ユーザーID:2135437052
子孫を作ることは、最大の贅沢
少子化万歳
2009年1月5日 12:35

天から一物ももらってない人間が人並みの教育しか受けずに、
生存競争の厳しい世の中に放り出されて、果たして
生まれてきてよかったと思える人生を送ることができるでしょうか?

子供のことを本当に思うなら、
充実した人生を送るために必要な
優れたDNAか最高の教育の片方さえ
用意できないものは、
子供を作るべきではない、と思います。

子孫を残すことは、私にとって最大の贅沢です。

ユーザーID:5571832430
自然の摂理かも
丑年
2009年1月5日 12:52

少子化の原因として大人の幼児化をあげていらっしゃる方がいますが、それは違うと思います。
言うまでもなく子供が子供を産んだみたいな親もたくさんいるし、その逆として自分の血を分けた子供がいなくても、全ての子供に等しく愛情を注げる成熟した大人もいるのは事実。
子供のいない人達みんなが、享楽的に好きなことだけして生きているわけではありません。

それと私が思うに世の中が便利になり安全になればなるほど、少子化が進むような気がします。
昔は自然災害や衛生面でも常に危険がいっぱいで、生存していくために子供も貴重な労働力であったので、本能的に子供をたくさん産んでいたんではないでしょうか。今は世の中がどんどん便利になり、それほどたくさん子供を産まなくても生存していけるので、自然と人口が減少しているのだと思います。

ユーザーID:5691251510
生物としての本能が薄れてきている?
ピロリ菌
2009年1月5日 13:04

 トピ主さんこんにちは、少子化の原因について私はこのようなことが原因ではないかと考えます。

1 世の中が豊かで多様化しすぎて子育て以外に様々な生き方があること。
 少子化は日本や先進国に見られる現象で日本も戦時中や江戸時代など今よりはるかに貧しく将来の展望もままならない時代のほうが子沢山でした。今でも貧しい国のほうが子沢山になる傾向があります。つまり経済的な事情やサポート体制、不妊などは直接の原因ではないと思います。生物の一員として子孫を残さなければならないという危険が薄くなっているので少子化につながっているのでは?と思います。

2 過剰な情報により出産や育児に不安があるため。
 そうは言っても実際に子供を欲しいと思っても今の日本では2,3人までが限度というような雰囲気があります。子育ては惜しみなく愛情や金をかけなければいけないと思われています。昔は子供は金をかけるものではなく労働力の一員として見られていました。案外そのほうが子供が一人前の人間として認められ家庭内に居場所があったのではないかとも思います。
 街を歩いても子供の姿が少ないってなんだかさびしいですね。

ユーザーID:0313818340
夫婦間での子どもの人数は変わっていない。
ゆりな
2009年1月5日 13:19

夫婦一組あたりの子どもの数はあまり変わってないと思います。
みなさん2人子どもいる方が多いですし
たまに3人4人いる家庭もいるほどです。

少子化の原因は
結婚する若者の減少と子どもを産む世代の人口が減ってる事が原因です。

戦時中の人は5人とか6人とかそれ以上産みましたが
戦後になってからはだいたいの家庭で2人子どもいるのが平均なり
その各家庭の2人の子どもが結婚しなかったりするので
子どもの数が減っているのです。

ただそれだけです。

ユーザーID:7105971442
生物としての本能?
カレンダー
2009年1月5日 13:39

興味深いトピですね。

ある一定容器に入れられたネズミは,たとえ十分な食料があっても子孫を増やさない(増やせない)とか。
現状で人間の数が多すぎるからでは,と思っています。

何十年たって人間の数が減るか,あるいは,宇宙や海底など生活可能空間が広がれば,増えていくだろうと思っています。

ユーザーID:9932659375
その前に
くらげ
2009年1月5日 15:19

婚姻数が低下しているのだから、当然の結果です。

統計を見れば分かりますが、結婚を望む女性と、結婚を望まない男性。明らかに男性で「結婚しない生き方」を選ぶ人が増えているんですよ。男性は結婚しなくても生活に困ることはないし、むしろこの不安定な時代、養う妻や子供がいなくて負担のない、安定した生活が出来ます。専業主婦になりたがる女性となんて結婚しようものなら、一生言いなりのようなものです。

一方、女性はいくら社会進出を果たしたといっても、自力で一生生活できる人などごく僅か。結婚によって男性に依存したくても出来ずに、生活が苦しくなる女性が激増してます。

少子化なんていうのは副産物で、本来問題にすべきは婚姻数の低下だと思います。生活に直結するのもこちらの方です。

まずは少子化の前に、女子供を養うことを止めた男性の意識を元に戻すことです。と言っても、今の女性の間違った意識では無理でしょう。女性に正しい男女平等のあり方などの再教育が必要だと思います。

今でこそ強がっていられますが、今後男女の経済格差はますます広がることでしょう。

ユーザーID:9741848946
私の場合
私も親不孝
2009年1月5日 15:21

30代前半結婚7年目、子どもはいません。

・経済的に厳しい
確実に生活レベルが下がります

・十分な教育を受けさせられる自信が無い
せめて自分レベルには…と思いますが、経済的に無理です

・まともな人間に育てられる自信が無い
どう躾けるべきなのか、どう教育するのが最善なのか、世の中の何が正しいのかなど、よくわかりません

・そっちの世界に行きたくない
親バカ、井戸端会議、大騒ぎ、マナー違反、非常識、散らかっている・不潔な状態、あさましくなるのがイヤです

・職場に迷惑をかけたくない
子どもを理由に急遽休まれるのはやはり迷惑です

・子どもがいるからといって老後が楽しいわけではない
私は看護師なのでこういう例を山ほど見ています
かえって子どもがいないほうが寂しくないと思う

・夫も私も子どもが好きではない

・家事・育児・仕事を全てこなす自信が無い
家事・育児だけならともかく、生活するには仕事も必須なので

・日本はもちろん、地球規模での将来が不安
経済や環境、治安や医療…。この世の中に我が子を残すのは不安です。

以上です。

ユーザーID:0540478380
ひとそれぞれ
jyumoku
2009年1月5日 15:33

それぞれの家族の事情があるでしょう。原因が一つとは限りません。
うちが3人目を産まなかったのは、2、4、6、7が当てはまります。社会のせいではありません。
解決策としては、若いうちに定職につきながら結婚すること、苦労は買ってでもすること、ですかね。

ユーザーID:4931812768
そういう社会構造
るるふぁ
2009年1月5日 15:35

原因はいくつもの複合と思いますが、簡単に言えば「戦後の日本の社会構造」がそうしているということでしょう。

戦後アメリカ的な物の考え方によって、

女性の平等による社会進出→女性の高学歴化→晩婚化→1人か2人しか産まない。
日本経済の高度成長→趣味の多様化→非婚化、晩婚化→子供は要らない。
大家族の崩壊(個人主義)→核家族化→子供は1人しか面倒を見れない。
(自由な)意識の変化→結婚しなくてもいい→子供も要らない。
(上流への)意識の変化→1人の子供を大事に育てたい。(お金・住宅の問題)

などのことで結婚しない人、結婚しても子供を産まない人・1人しか産まない人が増えてきているんだと思います。

不妊は昔からあったでしょうから、少子化には関係ないでしょう。
ただ突飛な考えですが、生物学的には動物は数が増えると自然と数を減らすサイクルになるようです。レミングなどは集団で大量に自殺します。そうして数を減らして種を残します。人間にもそういうメカニズムがあるのかも知れませんね。
日本人は縄文時代は26万人だったとか。適正な数は6000万人ぐらいなのかも知れませんね。

ユーザーID:5327740049
1〜6ほぼ全部です
まめしば
2009年1月5日 17:04

うちの場合は‥
1.不妊:夫婦で不妊の可能性大
2.経済的問題:経済的に1人まで
3.子育てをサポートが得られない:両実家が遠方でサポート不可
4.晩婚、晩産化:晩産の場合、先天性の障害が不安
5.核家族化:両実家とも核家族
6.出産によってキャリアダウンするから:ブランク後の再就職が難しい
7.その他:物騒な世の中なので、心配の種が多い

両親の影響もあり、子供を本気で欲しいと思った事がありません。
マナーの悪い親子、実家依存症の人などを見ていると、
子供がまともに育つとは思えません‥。

ユーザーID:4164010019
非婚化説に一票
2009年1月5日 19:04

日本では子供をもつのは結婚した夫婦であるのが大多数ですからね。
結婚しない(できない)人が増えれば子供の数は反比例するのが当然です。
ではなぜ結婚に及ばないのか。
「専業主婦になりたい女性」と「共働きを望む男性」のミスマッチが原因だと方々で語り尽くされています。
そこにもう少し付け加え、「働きたくないから結婚して専業主婦になり楽をしたい女性」と「共働きなら結婚してもいいが専業主婦なぞ真っ平御免という男性」の溝が深刻であるのが原因だと思います。
男性よりも女性の方が結婚願望が強いが、男性の非婚願望が右肩上がりに増え続けているという白書に記されたデータもこの説を裏付ける一助になるかと思います。

ユーザーID:7897895312
カレンダーさんに同意です。
作次郎
2009年1月5日 20:14

私もこの問題に関していろいろと考察してみましたが、結局日本って、人口密度高すぎます。これ以上増えたら大変な事になりそうです。
八千万人くらいがちょうどいいと思います。
動物的本能で子作りを控えているとしか考えられません。
問題なのは高齢化と若い人が働かなくなった事だと思います。もっと農林水産業、製造業に若者が従事して国力をつければいいのですが。

ユーザーID:8897845800
本当に興味深いトピですね
みち
2009年1月5日 21:11

30代子供1人です。
Kenken様・cookie様のご意見が、私的には本当にひざを打つ思いです。

この時代、子供を持つかどうかは「趣味・嗜好」の範疇ですね確かに。

結婚し子供を持って思ったことですが、結婚出産てなんのメリット(得)もないんだなぁと。

当然、主人を愛してますし子供はもうかわいくてかわいくてしょうがありません。
家事育児でバタバタですが毎日心底幸せです。

ただメリット・デメリットで言ったら、やっぱりデメリットしかないですよね。
キャリアは止まる、自由時間はない、煩わしい人間(親族)関係、体型くずれる(私だけですかね…)

家族をもって感じる幸せは持ってみないとわからないと思います。
客観的に結婚出産を見たときになんのメリットもなければ、結婚出産しようと思う人は減るでしょう。
やっぱり現代において「結婚・出産」は「趣味・嗜好」なんではないでしょうか。

ユーザーID:0380513256
少子化は止められない
ミスター不器用
2009年1月5日 22:15

くらげさんの意見に深く考えさせられます。
小町には自称高収入の女性が頻繁に出没するので錯覚しがちですが、現実世界では一生自活できる女性は極一部の限られた人だけ。
大多数の女性は非正規雇用で自立など到底無理な低収入か、そもそも働いてすらいない。
家事手伝いをニートに含めると男性のそれをを遥かに上回る莫大な数にのぼるという試算もあります。
つまり、今のところは親のすねをかじっているから何とかなっているだけの、非常に危うい立場であるのが現状です。
こういう人達が歳をとったらどうなるのでしょうか。
確実なのは、親は先にいなくなります。
そして結婚したくない男性も右肩上がりに増え続けています。
このままでは近い将来、衣食住もままならない高齢独身女性が溢れかえり、治安は悪化、国家財政は切迫、社会情勢が極めて不安定になり、結果としてますます少子化は加速する、という負のスパイラルが目に見えるようです。

ユーザーID:6816197876
基本的に婚姻数は出生率と関係ない
あやべ
2009年1月5日 22:52

ゆりな様がお書きのように、
人口そのものが減っていることが一番の理由です。

完結出生児数(一組の夫婦が作る子どもの数)は、
実はこの30年間ほぼ2.2を維持しています。(最近2.09になりましたが)

婚姻可能な年齢の男女が結婚しない、子どもを作らないことが理由です。

昔から未婚の人というのはいました。
特殊な能力のある人とか立場が独特の人とか。

でも今の世の中の問題は、結婚が任意になってしまい、
ごくごく普通の人が結婚しないことですよね。

別トピでも沢山あるように「結婚=条件」になってしまっている。
えり好み可能な立場の人なんて本当はごくわずかのはずですが。

腹を括って一生独身で子どもも欲しくないならわかりますが、
「いずれ結婚したい」「子どもも欲しい(政府統計だと2人前後!)」のに、
「いい人がいなければ結婚しない」(男も女も)。

未婚児が許されにくい日本社会の問題でもあります。
(出生数が減少しないフランスなんかは出生=婚姻ではない)

ユーザーID:1246995918
人口が多いから??
ベッテル
2009年1月5日 23:18

複数の方が日本の人口が多いから人口を減らそうと働いてるのだと書かれてますが、正直眉唾ものです。
昔のネガティブ評論家のコメントを受け売りにしてイメージだけで語られてるような気がします。
首都圏はともかく地方は今や過疎化や急激な高齢化が進んでます、じゃあ地方の出生率が2も3もあるかと言えばないですよね、しかも地方は人が足りなくて困ってるというのにですよ。
東京は確かに低いですが家庭を持てば郊外に住まいを持つので単純には語れませんし。

それと夫婦一組当たりの出生率が変わらないというデータも裏を返せば以前のように独身でも生活しやすくなった為で、婚姻数を増やしても子供なしの世帯が増え、世帯当たりの出生数は減るような気がします。
つまり非婚化は結果であって原因ではないと思います。

やはり子供が贅沢になったからでしょうかね

ユーザーID:6473037067
男性の価値観の変化
ぶんぶん
2009年1月6日 0:17

男性の価値観が急速にそして水面下で変化しているのが原因でしょう。
当方の社内を見渡しても専業主婦を許可する独身男性はほぼ皆無です、そんなお荷物背負うなら独身の方がマシと。
ただ賢い男性はこのような本心は出しません、周囲から反発を招く事が容易に想像できますから。
独身男性25人弱、平均年齢約35歳ですが既婚者は僅か3名です。実に既婚率12%、この状況が何より現実を物語っているでしょう。因みに当方年収は約1300万円ですが周囲の同僚も大差ない状況です。
男性も結婚を義務や使命感でなく損得で考えるようになりました、その結果独身思考の男性が増えたわけです。
女性は結婚に対し男性に様々な要求を突きつけてきましたが、男性もようやく女性に同じように要求を突きつけはじめたわけです。
妻子を養う気がない男は確実に急増してます、ただその要因は女性だけの責任ではないでしょう。
慰謝料や財産分与等男性に著しく不利な結婚制度や信じられない程の女性優遇社会。権利は主張するが義務と責任は無視する女性たち。
これで結婚に向かう方が不思議です。全ては起こるべくして起きたのです、もう止められません。

ユーザーID:0941296389
横レス
東京都35歳
2009年1月6日 0:41

>男性の非婚願望が右肩上がりに増え続けているという白書に記されたデータもこの説を裏付ける一助になるかと思います。

でも、女性の未婚率はそんなに増えていません。
ってことは、単に男性が余っているってことです。

男性のほうが人口が多いですから、余るのは当たり前ですけど。

ユーザーID:9353705852
非婚だと思います
もり
2009年1月6日 1:11

30代後半の私の周りは、結婚した人は大体子どもがいます。
都内在住ですが、子どもたちの保育園や学校のクラスの子を見ても、私を含め3人4人も普通にいますよ。1人っ子も少数派です。
大企業の社宅、公務員住宅などがある比較的収入が安定している地域だからかもしれませんが。
結婚していれば30代後半になると、大体子どもを産んでいます。産まない選択なのかと思っていたら長年治療を頑張ってやっと子どもが産まれたという夫婦も少なくありません。
不妊は昔からいたし、今は高度治療が可能になって、出生率アップに貢献していますよ。

でも結婚している人はともかく、非婚の人が職場にも知人にも多すぎです。

昔は、お見合いという半強制的な結婚システムがありました。恋愛下手で会話のできない男性も結婚できたんですよ。
おそらく親世代にとっては、結婚が自分の夢を重ねたり生活の満たされない部分の補填と考える人が皆無で、結婚は生活、現実だったにすぎません。
私たちの親世代(6〜70代)は恋愛結婚のほうが少なく結婚に縛られている感じがします。
そういう親に育てられて、結婚を理想化したことも大きいのでは?

ユーザーID:1652967288
デキ婚、シングルマザーもいるのに…
ぶらいと
2009年1月6日 2:04

何故少子化が阻まれないのか。
とりあえずひとつ例をあげるなら。

消費税。

ミルクや哺乳瓶、オムツなどなど
生活必需品に対して
何故消費税がかかるんだー!!!!

ユーザーID:8389560410
私の考えは・・・
3児の母
2009年1月6日 2:21

>ますます、年金はもらえなくなるし、高齢者が増え、労働者人口も減って、介護する人も減るといった社会的バランスが崩れると思いますがいかがでしょうか?

私は、新入社員の入ってこない職場よろしく、ある種の閉塞感が強くなってくるだろうと想像します。何年たっても同じ顔ぶれ・・ということです。まあ、これが活力の低下ということなのでしょう。

現在の日本の社会システムは、人口が増加することを踏まえて動いていますから、日本国に健康で動いていてもらうためには、システム自体を変えるか、海外からの労働力を積極的に受け入れるしかないのでしょう。

海外の労働力を積極的に受け入れているアメリカの事例を見ると、労働を海外からの労働者用・・と完全に切り離して成り立っているようなので、今のままの日本的なやり方では難しいでしょう。それとも、新しい海外からの雇用の受け入れのスタイルができあがるのでしょうか?

いずれにしても、変革には混乱がつきものなので、過渡期にある今の30・40・50代の人たちは、かなり割りを食うことになりそうですよ。

ユーザーID:8463327172
お金をかけずに高い出生率を誇る唯一の先進国
ジェベル
2009年1月6日 4:22

それはずばりアメリカです。 大胆な少子化対策を打つことなく常に高い出生率を維持しています
これは貧困層といわれる移民の人たちが沢山子供を生んでいるからだと思っていましたが
以外にも比較的裕福といわれる白人の人たちと大きな出生率の差がないのです
ではなぜ、先進国でアメリカだけがお金をかけずに高い出生率を維持できるのか
残念ながら色々議論はされていますが、はっきりと原因が特定されていません
ここからは私の個人的な推測ですが、その原因とは
1 定期的に戦争をしている
2 銃社会である
これら2つの共通点は死の恐怖をリアルに意識するという点です
(人は死の恐怖を感じると子孫を残したくなると言われています)
逆に日本は戦争は60年近くしてないし、銃は厳しく規制されていますし
おまけに世界でトップクラスの殺人や暴行事件の低さ(しかも年々減少してる)
日本の出生率がほかの国に比べて特に低いのはこの事と無関係とは思えません
経済的な問題や社会の環境の変化も影響を与えてると思いますが
出生率の大きな方向性は死を感じる社会かどうかで決まるのではないかと思います

ユーザーID:0675806060
豊かで平和だからとか
りと
2009年1月6日 4:23

興味深いトピですね。
「中途半端な女性の社会進出」「婚姻数の低下」「晩婚化」など、なるほどと思いました。

私は二人子供がいまして、二人で十分だと思っていますが増えてないですよね(笑)
結婚しない人が増えて、子供が二人以下が多いとなると減って当然ですし。

昔は「働き手が欲しかった」「病気で死ぬ子がいるかもしれないから多く作る」
「育児に生き甲斐を感じる」などで、いっぱい子供を作ったんじゃないかと思います。
母親は専業主婦で、育児に集中できるってすごい事です。
昔は電器製品も今より便利じゃないし、お湯を手に入れるのも手間だったり、母親の娯楽も限られていました。

今って家事や育児が昔より随分楽になっているはず…、いやそのせいで他に目を向けてしまうんじゃないかと。
例えば、旅行や外食がしたいし、子供に習い事をたくさんさせたいとか、自身の服や趣味にお金かけたいとか。
今の「豊かで平和な日本」だからこそ、お金が足りないし子供が病気で死ぬような事もそうそうないし、
子供は一人、もしくは二人で十分って思うんじゃないかなって思うときがあります。

ユーザーID:6451946514
子育てには保証がない
紫陽花
2009年1月6日 8:48

からだと思います。長期間にわたって、一生懸命、手間ひま・お金をかけて、他の楽しみを犠牲にして、時には他人に頭を下げたりもして、身を粉にして育てても、良い子・立派な大人に育つという保証は全くありません。逆に、一生懸命さが裏目に出て、子どもを心の病に追い込んだり、犯罪に駆り立ててしまうことも少なくないようです。加えて、老後を子どもに頼る時代ではなくなりました。
 それならば、子どもにかける色々なことを自分の楽しみや自分の老後にかけた方が確実です。
 少子化の最大の理由は、そこにあると思います。
 

ユーザーID:7921164570
正常化の過程です
rogetz
2009年1月6日 11:12

日本の人口はイギリス、ドイツ、イタリア、スペインなどと比べて多すぎます。
国土の70%が山林である事を考えれば、今の半分でも多いぐらいでしょう。

どなたかが「生物的な要因」を挙げておられましたが、
私も生物的(あるいは生態的)な条件が要求しているように思います。

向こう数10年間は正常化の過程にあるのだと考えています。
短期的には多少心配ですが、長期的には少しも心配は要りません。

ユーザーID:9176962234
そんなの
子ども産んだよー
2009年1月6日 11:13

『権利』しかない人間が増えたから。
これしかないです。

ユーザーID:6258192205
強いて言えば経済的問題
くも
2009年1月6日 11:17

どちらかというと2.だと思うのですが、お金がないとかではなくて、そもそも生活の単位が家族じゃなくなってるという、社会経済的な問題じゃないかと思います。

今でも光熱費の計算などでは「夫婦二人子供二人の標準家庭では」なんて言いますが、日本も高度成長期くらいまでは、何をするにも家族が消費の一単位でした。白菜の切り売りなんてないとかいう細かいことから、ローンを組むのは基本的に既婚者とか、あらゆることが少なくとも結婚していないと、どうしようもないという環境でした。ですから、一人では何もできない、大人と見られないという、厳然たる区別が存在していたのです。
それが今では、一人でも普通に生活していけるので、結婚しなくても平気ですし、子どももいなくても平気で、だんだん下がっていくわけです。

日本にはアメリカのような、宗教的な「子どもを作りましょう」という倫理感もありません。
一人でも大丈夫な環境で、積極的に子どもを作りたくなるようにもせず、サポートが十分でなければ、少子化は自然な流れだと思います。

ユーザーID:0514865529
横ですが、りさ様
お雑煮
2009年1月6日 11:24

男の甲斐性や女性が安心して身を任せたいというなら、男性の意見に従順に従う、逆らったりせずに何でもお任せするという姿勢も大事なのではないですか。女性側の要望、意見は通したい、でも責任や生活の糧は男性にお任せ、宜しくねというのでは、男性に負担をかけるだけ。

だから女性は一歩下がって守ってもらうのがいい?男性の気持ちひとつで守ってもらう女になるために、教育も仕事も自分の意見をいう権利も手放さなきゃいけない?

私は女ですが、男性にぶらさがって経済的に守ってもらいたいくれくれ女の甘えを満足させるために、自分の娘を無学にして仕事を持たず黙って男性に従わせるのがよしとするような社会を実現させようとは思いません。あなたは男性におんぶに抱っこで守ってもらえれば職も教育も自我も手放してもいいかも知れない。でも男性に守ってもらわなくて結構。教育が欲しい、仕事が欲しい、自分の意見も男性の意見と同じく尊重してもらうことを望む女性もたくさんいるんです。男性が守ってくれない、女は哀しいと思うなら、自分ひとりでくれくれ女になってりゃいいでしょ。そのために日本女性全体の権利を犠牲にしないで下さい。

ユーザーID:1046967389
核家族化と格差
いちご
2009年1月6日 11:28

わたしはすべてこれに尽きると思います。

親、子が生活を別にし、どちらかに経済的な問題がある場合、結婚、出産に確実に影響しています。絶対です。統計上はわかりませんが、これが一番深刻だと思います。

親に経済的な問題がある、これは老後生活の破綻です。団塊世代以降は、リストラ世代も出てくるし、勝ち組負け組みの明暗がはっきりし、これからもっと深刻になると思います。年金では生活を維持できない、もしくは年金がない親世代が増える。
そして、その親をもつ子は経済的な負担をしなければなく結婚、出産まで希望がもてなくなっていると思います。わたしの身近な非婚、少子化は全部このケースです。

またこどもの方の経済的な問題は、派遣やフリーターなど現状でおきている雇用問題だと思います。結婚出産適齢期、もしくは少し過ぎた世代の雇用不安がおきて、自分の力では、結婚、出産までの見通しが立たないのだと思います。すべての親が年金リッチで援助できるわけではないのです。

親子、共に問題を抱えていた場合、完全に共倒れでしょう。

キャリアップ、不妊といったことは話題性だけでマイナーだと思います。

ユーザーID:4731834363
もりサンと同じ意見ですね
モヤシ♀
2009年1月6日 12:04

私の周りの家族も、子供は2人か3人
一人っ子は少数です。

以前、何かの統計を見た時に、
うる覚えですが、既婚女性の出産率は
2.1人を超えていたと記憶しています。

つまり、結婚した女性は、
2人以上子供を産んでいるんです。

では何故、子供が減るか?

結婚しない、又はできない人が
増えているからです。

ユーザーID:5387562897
お国はアテにならないから…
かりん
2009年1月6日 12:10

結婚5年目。子供はいません。
自然妊娠を望んでいますがまだです。でも治療してまでとは思っていません。
最大の理由は将来への不安です。

2の経済的問題。
6の出産によるキャリアダウン。
出産して何とかやっていけないことはないですが、子育てによってカツカツの生活であることは目に見えています。
産んだからには無責任に育てたくないです。
子供には経済的不自由をさせたくない。不安なく就学もさせてあげたいです。
でもうちは近い将来親の介護も待っています。
そして自分たちも将来必ず老いていきます。
国はアテにはできません。
自己責任がはびこる世の中、そのためには最低ラインの「貯蓄」(お金も仕事も)が必要になってきますよね?


ちなみに私の周りで1人でも子供がいる人を見ると、経済的や働く環境に恵まれている人(公務員・大企業勤務・産休があるなど)、あるいは何も考えていない人のどちらかです。

この時代、子供をもつことはとても贅沢な事なのでは?と思います。

ユーザーID:9044715307
我慢が美徳でなくなった
なっこ
2009年1月6日 12:17

男女共、結婚出産育児って現実は我慢の連続でしょう。

昔は男性も我慢して働いて妻子を養って初めて一人前と認められたし、
女性も我慢して滅私奉公しなくちゃ生きていけない。
だからお互い我慢に我慢を重ねて生きてきたわけです。

でも今は我慢しなくても生きていける。
自分一人の食い扶持さえ稼いで自立してれば一人前扱いされるし、
そうなれば男性優位の社会ですから、特に男性はわざわざ結婚なんてする必要ないですもの。

自分の食い扶持を稼げない人を除き、多くの人にとって結婚出産育児はもはや娯楽の一部です。
かろうじて適齢期の男女は結婚し子どもを持ったほうが良いというすり込みや見栄や世間体なんてものが残っていますが、実際はしなくても事足ります。
大きな我慢が必要な娯楽をあえてする人が減っても不思議ではないと思います。
我慢した分、得るものも大きいですが、こればかりはどうなるか分かりませんものね。

あと、他に簡単にできる娯楽が増えた事は大きな要因だと思います。

ユーザーID:3919750707
データで見る
エウメネス
2009年1月6日 12:21

>でも、女性の未婚率はそんなに増えていません。ってことは、単に男性が余っているってことです。

男女の未婚率の推移です
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1540.html

34歳までの若者は男女ともに急上昇しています。


>男性のほうが人口が多いですから、余るのは当たり前ですけど。
男女比率は男がわずかに多いとはいえ、母体数から見ると誤差範囲です。女性が上回る地域も存在します。

昔は恋愛・結婚に興味の薄かった男性女性が世間体・見合いなどの理由で結婚するのが普通だったのですが、
現在はそのような圧力がなくなってきたからというのも要因ですね。

少子化は良い悪いではなく、人口減にふさわしい国のあり方を作っていくことが重要です。

ユーザーID:9826807868
自然現象…?携帯からの書き込み
まつ
2009年1月6日 12:57

地球のバランスをとるため?

ユーザーID:8740840132
もう一つの仮説
うらら〜
2009年1月6日 12:59

面白いトピですね
社会不安、育児の負担など、皆さんのご意見は1つ1つがごもっともだというものばかりです。

子供を欲しいと思わない人の中には 子供の頃家庭が幸せでなかった人が多いようです。貧困とか戦争もなく他の国に比べると物質的には恵まれているのでしょうが。

例えば私の家の場合、仕事だか飲み会だかで家には夜遅くにしか帰らない父と、家のことを引き受けて子供に対しヒステリックになっている母と。そういう両親の元で育つと 子供が居て幸せな家庭って想像がつきません。

子供の頃に虐待まで行かないにしても 人間として尊重されてこなかったという人はかなり居て、いずれも未婚だったり子供がいなかったりします。子供が邪魔にされている雰囲気の中で育つと子供なんかいらないよって思ってしまうのですね。

小町以外でも有名な大手掲示板でも家族が好きになれないという告白とかを見ます。表面には出ませんが、幸せの無い家庭で育った人が意外に多く、それが子供嫌いな方向に向かわせているようにも思います。

ユーザーID:4553507480
子供は労働力だから
クッキー
2009年1月6日 13:14

日本は昔、農業が生活主体だったから、人手はいくらでも必要なので子供はたくさん産みました。子供をよそへ売ったり、奉公に行かせることで現金収入を得ることもできましたからね。現在は法律で子供は守られていますので、子供を産むことのメリットが減ったことが少子化の原因です。
現在も途上国は子供が働いてますし、一部子供が売買されています。先進国で人口が増えているのは、ほとんど移民の子供です。

ユーザーID:5442776479
子どもを産めば自分の人生が終わりだから
年長のママ
2009年1月6日 13:44

これに尽きると思います。
産んだ先は、母親としての人生しかありません。
特にキャリアを積み重ねてきた女性にとっては、
受験や下積みに費やした分をやっと取り戻せはじめた頃に
出産時期が重なるので、
最悪今までの十何年かが無駄になる恐れがあります。
失うものをたくさん持てば持つほど簡単には踏み切れないと思います。
国の無策をあげる人がいますが、
結局は自分達の覚悟の問題だと思います。
昔と違い今は子どもの夭折は少ないので、少なく産んでお金をかける方法でも可なのでは?
年金制度を廃止して、税金制に変えれば少子化でも困ることは何もないと思います。

ユーザーID:7251430942
いろいろ
匿名♪
2009年1月6日 14:24

私の子供がいない原因は不妊です。
でも、治療は金銭的に難しい。
国の補助金は年収に上限があり、うちはぎりぎりもらえません。
できるかできないか分からない、できても健常児かどうか分からないものに数百万は使えません。
不妊治療は保険が効くようにすべきだと思います。

妹は子供がおりますが、二人目は持たないと言っています。
ピアニスト兼ピアノ教師なのですが、社会的には「専業主婦」。
保育園に預けられず、練習時間がものすごく限られています。
親に頼めない状況下で、これ以上子供は増やせない、と。

姉は北欧に住んでいますが、三人の子持ちです。
その国は現在大ベビーブーム。産科医の診察は生まれるまでたった二回(その他は助産師が担当)。
でも産めば18まで学費も医療費も無料、仕事ができるよう万全の保育園態勢。
ベビーシッターも当たり前の社会です。父親の帰宅時間も平均5時。
父親の育児休暇も強制的に与えられます。
子供を持てば持つほど社会的に補償が手厚いそうです。

ユーザーID:4345525668
多用な生き方が出来る環境になったから
Taro
2009年1月6日 14:37

昔は、男は30迄に結婚、女は20代前半で結婚して子供を産むのが「当たり前」でした。
ですから、この「当たり前」の範疇を過ぎた独身男女は既婚男女から、まったく不当な
侮蔑や扱いを受けるのが、これまた「当たり前」の事でした。

しかし、現在は、晩婚化、独身男女の増大、結婚価値観のグローバル化等により、以前の
「不当な扱いや侮蔑を受けて当たり前」が「当たり前」ではなくなり、結婚しなければ
いけないという社会通念及び独身男女に対する結婚をしない事を選んだ事に対しての社会的
制裁がなくなりつつあり、また、結婚をした事によるリスク(不倫、離婚訴訟等)の増大により
結婚への魅力が無くなっている事も一因でしょう。

しかし、現状でも出生率をいう数値だけを上げる事は可能ですが、倫理的な問題により可能だか
出来ないという状況です。
ヒントを申し上げますと、残念ながら世の中には、産婦人科の分娩室へ行くのではなく、手術室へ
行く妊婦も少なくないのが現実で、年々増えている傾向です。
また若年層の性教育および性情報の反乱については、出生率の低下とも関連が指摘されていたりと中々
面白い議論を見ることが出来ます。

ユーザーID:3781645045
金銭的に無理
2009年1月6日 14:52

ものすごく興味深く一気に読みました。
うちも子供がいません。
不妊ですが治療してまで欲しくなく行ってません。
医療系の職業で、いろんなお子さんを診ているのもあり・・・

知り合いに経済学者の方がいるのですが、その方曰く
65歳の時点であと20年、85歳まで今の生活水準を保つには
年金を当てにしないならば7000万が必要、なんだそうです。
土地付き一戸建てを持っているという前提で。
年間350万。月だいたい30万弱。そんなものでしょうね。

我が家は持ち家なし(親亡き後はそこに住む予定)。
年収は30代前半でありがたいことに世帯収入で手取り900万。
貯金を年300万しています。
65歳になった時に7000万と考えると、単純計算23年ちょっと。
退職金のない職業ですし、団塊ジュニアど真ん中なので年金もあてにできない。
そう考えて、わりと贅沢に遊び暮らしていますが貯金は死守しています。

老後の面倒を期待できない(あてにされたくない系のトピを見て勉強)子供を持つより、
しっかり貯金した方がいい・・・
今の私たち夫婦の考えです。
甥姪には死亡届を役所に出してもらうだけでいいようにしたいです。

ユーザーID:7084397831
昭和?
桜子
2009年1月6日 15:02

>結婚して子供が産まれても退職しない→新卒の採用がない→新卒女子は正>社員に就けない

>って悪い循環だと思いません?
>夫の給料だけでは食べていけない、っていうなら、そんな経済状態でよく>子供を産めるよね

これ、本気で思っているのですか?
太陽さんは地方の方?50歳以上の方?それならしょうがないと思います。
でもね。このレスご覧になりました?専業主婦を望む男性自体が減っているらしいですよ。

しかし、私の知り合いも45歳で、女は専業主婦が当たり前(実際はパラサイトパート)と言う人もいるし、地方の販売職なんかだと「子供産んでも続けるってびっくり」と言う人もいます。太陽さんみたいな考えの人はまだまだいます。
だから、説明しますね。

若い方がいいという職種は大手企業の内勤では残されていません。簡単な事務なら新卒よりキャリアのある派遣を雇えばいいだけです。
企業が子供がいる人をおいているのは、戦力だからです。
「新卒女子」と仰いますが、今は男女関係なく採用していますよ。結婚退職した女性の後に男性が異動してくることだってありますよ?

ユーザーID:2323054727
もしかして、子どもが流出している?
たゆう
2009年1月6日 15:31

男女ともに非婚率は確かに上がっているけれど、男性は女性に比べてかなり、独身率が高い。
生涯既婚率になると、女性の2倍。
男女の人数なんて2倍も変わらないのに??
これって、外国人と結婚しているってこと?
で、日本の男が余ってしまうのか?
日本の女性は結婚し出産しているけど、子どもは外国人父の籍とかね。

ま、それはいいとして、私が考えるのは、
子どもがいないほうがリスクが少ないから。
子どもがいないほうが、稼げるし(出産、子育てで時間、体力をとられない)、子どもよりも金を蓄えたほうが安心できるから。
農村では人数がものをいうけど、今の世の中は貨幣経済だから、金のあるほうが人数がいるよりも有利。

生物として、安全に、安全に生きて生きたいって、今の流れはある意味自然だと思う。

ユーザーID:7384238490
一極集中
mike
2009年1月6日 15:31

皆さんの意見はどれもうなずけるものばかりで、複合的な原因が
あってのことだろうと思います。

あえてまだ挙げられていない要因を出すなら、やはり現在の異常な
東京一極集中があるのではないでしょうか?

以前、東京地方に住んでいる友人を訪ねて行きましたが、やはり住居は
狭く物価も高く、治安は悪いわギスギスしてるわで、独身で暮らすには
心地良さそうですが子育てには厳しい環境だと思いました。

ではそれ以外の地方ではと言えば、東京地方に大企業などの産業が
集中してしまっているため職が少なく、経済的に厳しいためやはり
多くの子供を産み育てるのは難しいのが現状です。

明治以降、国家的に東京集中が政策として進められてきましたが、
それを転換して分散させる事も重要な少子化対策になるのでは
ないでしょうか。

ユーザーID:6882680455
なっこさんに同感です。
晩婚T
2009年1月6日 15:39

私が結婚したのは35歳。
たまたま気の合う今の夫に出会ったから結婚できました。それまでは結婚に夢は全く無く、一生独身で行くつもりでした。

昭和18年生まれの父親と19年生まれの母親。親同士が決めた結婚相手だそうで、物心つく頃から母は何かにつけて父の文句ばかり。
カッコつけたがり、だけど口下手で内弁慶な父が取った行動は、ギャンブルと借金の繰り返し。
母親の愚痴に拍車が掛かり、子供にまで蔑まれ居場所の無くなった父。

そんな親を見て、どうして結婚に希望が持てるのやら・・。
なのにその“お見合い”で結婚させようとする体裁一番の母親。仕方なく会うも、紹介される男性は、嫌悪する父と雰囲気がとてもよく似た口下手で大人しい人ばかり。

親のように“我慢”なんて絶対にしたくは無かったですね。なんで我慢してまで、好きでもない人と一緒にならなくちゃいけないの?と。
子供の時は母親の言う事に逆らえなかったけれど、大人になり親の言いなりにならずに正解だったと、本当に良かったと思います。

昔は夫の暴力にも耐えてたけど、今は女性が自分の意思をもち精神面で強くなったからでしょうね。

ユーザーID:6656083895
やっぱり増えすぎたのかな。
maama
2009年1月6日 16:18

少子化は今に始まったことじゃないと思います。
少なくとも、私たち団塊ジュニア世代以後、子供の数はずっと減っているし、私たちの世代が多かったのだって親世代が「団塊世代」として大人数だっただけだし。
団塊世代が20代の時点で少子化してたってことじゃないでしょうか?

本当に「増えすぎたから減っていくサイクルに入る」のかもしれないですね。それは意識を超えた部分で、全体に波及しているのかも。

日本だけの問題ではないし。
フランスだって、一時の落ち込みからは回復しただろうけど、別に多子化しているって話ではない。

少子化を問題視する視点のほうが問題だと思う、今日この頃です。

ユーザーID:1647684347
「産まない」ことにとやかく言われなくなったため
匿名
2009年1月6日 16:54

様々な原因があると思いますが、子どもを産まないという選択に対して、周囲がとやかく言わなくなったことも原因かと思います(もちろん、言う人もいますが)。

周りに、子どもを産まない選択をしている人が結構いますが、昔なら不妊などでもないのに子どもを産まないなんて人間としてどこか欠陥があるかのように思われていたと思います。でも今は、産まない選択も安易にできるし、周囲や親でさえ何も言わなかったりします。昔なら、たとえそれほど子どもが欲しいと思っていなくても、産むことが当たり前だったと思うので、それに抵抗するにはかなりリスクがあったのではないかと思います。

ちなみの私の話をしますと、現在二人目を妊娠中ですが、もちろんたくさんの不安もあるんですが、一番の不安は、周りにサポートがないことです。夫も激務なため、例え40度の熱であろうとだれも頼ることができません。ファミリーサポートも登録しましたが、1年半たっても協力者は現れません。

一度、動けなくなりベビーシッターを頼みましたが、一日1万5千円もかかってしまいました。そういうときに誰かちょっと頼ることができたなら、私は2人でも3人でもほしいんですけどね。

ユーザーID:9240344360
いくら国が援助しても
yasuha
2009年1月6日 16:59

そもそも男性で結婚を望まない人が激増して婚姻数が低下しているのだから、国が出産や育児やサポートを強めたところで根本的な解決にはなりません。

問題の根本である「男性の結婚離れ」を解決しないことには、今後数年のうちにくらげさんやミスター不器用さんが仰る状況になるのは間違いありません。

が、解決方法があるかと言えば、ないと思います。もう手遅れだと思います。
女性に根付いた間違った男女平等意識と、義務の放棄。女性が声高に求めた女性優遇社会。今の女性と社会を見て、男性が結婚なんてしないのは当然の結果。この状況ですら危機感を持たず、いまだ男性に多くを求め続ける女性の認識の甘さを見ていると、愛想を尽かされるのも当然です。

結局、女性自ら自分の首を絞めたのでしょう。自業自得だと思います。
男性の非婚化と、非正規雇用で生活に困窮する高齢独身女性の増加は比例します。どちらももう歯止めをかけるには遅すぎます。


横ですが、東京都35歳さん
「未婚率」と「生涯未婚率」を勘違いしていませんか?

ユーザーID:1915418815
原因の一つ携帯からの書き込み
南千住
2009年1月6日 17:06

独身生活も楽しいよね?(駄)のトピにいる様な人が増えたから。

ユーザーID:2725538350
田舎では三人当たり前
masa
2009年1月6日 17:41

私が住んでる地域では子供は三人は産まないと・・・て感じですよ。四人五人子持ちもざらにいるし。
両親と同居も多いし、同居してなくても近くに親が近くに住んでる人が多いので育てやすいんでしょうね。
土地も都会に比べると安いので、言ってはなんですがご主人が大した年収でなくても一戸建てに住んでますよ。親が近くにいるので共働きも多いしね。

だから少子化は核家族化と教育費のばか高いせいが大きいかなあ。

ユーザーID:1824200843
個人的だけど・・・
こたつ
2009年1月6日 18:05

2.経済的問題

・私達が高齢者になった時に年金が今のお年寄り並みにもらえるのか?
・大学全入時代がやってきたので塾代・学費と教育費がかかりそう。

これにつきます。

ユーザーID:9153809286
情報発達
ダンゴ虫
2009年1月6日 18:30

>女性に根付いた間違った男女平等意識と、義務の放棄。女性が声高に
>求めた女性優遇社会。今の女性と社会を見て、男性が結婚なんて
>しないのは当然の結果。この状況ですら危機感を持たず、いまだ
>男性に多くを求め続ける女性の認識の甘さを見ていると、愛想を
>尽かされるのも当然です。

さらに、そのような生の女性の声が聞ける小町のような情報源が
出現したことも要素に挙げていいでしょう。
私も知人の独身男性にどんどん小町を紹介し、いつかは結婚したい
派の男性を結婚する気はない派に誘導しています。

ただでさえ日本社会は圧倒的な女性優遇制度がひかれているので、
独身でいてなけなしの稼ぎを守るぐらいしか私のような並かそれ
以下の男性の生存手段はありません。

ユーザーID:6261744460
私が思うには
むくむく
2009年1月6日 19:23

興味深く読ませて頂いてます。
しゅぜん さんの意見にとっても近いです。
中途半端な男女平等のせいではないでしょうか?
私は女性ですが、結婚してからもPM10時過ぎ帰宅ってよくあり、それでも主人よりは帰りが早い為家事は頼めないし、女性に負担ばかりかかる社会ですよ。家庭では男女平等ではないのに、外でだけは男女平等??帰宅後は疲れて子供どころではありません。
どうしてこんなに女性が働かないといけない世の中になってしまったのでしょうね。

現在1歳児を一人育てていますが、主人の収入がこれ以上減れば家賃も払えなくなるでしょうから預けて働かないといけないかと思ってます。もう1〜2人産みたかったけど一度社会復帰したらもう産まないと思います。つわりで会社のトイレで吐きながら仕事するのもう嫌だし・・・。ってどうしてこんなにまでして女性が働かないといけない世の中なのでしょう?っていつも思ってます。経済的理由も捨てきれませんね。

ユーザーID:0120625889
少子化は当然
pogo
2009年1月6日 19:38

>少子化の原因についていろいろ語られていますが、本当の原因はなんでしょうか?

結婚・出産が「単なる娯楽」だからです。
この娯楽にかかるコストに見合った魅力を見出せないからです。

ユーザーID:2862975426
昭和?って・・・。
鼻がいたい
2009年1月6日 20:30

桜子様、
横ですが、日本の人口の恐らく三分の二は地方人口です。
また、東京でも23区外、ましては首都圏とはいえ、東京以外
は地方に毛が生えたくらい?のような地域もあります。
どんなに優秀で、先進的な地域にお住いか分かりませんが、
それをしょうがない、とメジャー側を一くくりにするのは
どうかと。

こういう建前的な意見をおっしゃる優秀な方々が多いので
現状が反映されず、今日までずるずる来たのも一因ではない
でしょうか?
なぜ彼らは優秀なのに、こんな簡単な事も分からないか?結局は
自分の半径何メートルさえよければあとは目をつぶるんでしょうね。

>結婚して子供が産まれても退職しない→新卒の採用がない
→新卒女子は正>社員に就けない

ただ、昔のような寿退社が良いかというとどうかと思います。
もっと雇用も流動的になって、女性男性問わず職につくことができる
ならば別です。そうすれば女性も人生設計しやすいですし、もう少し
子供を産むことができるのではないでしょうか?

ユーザーID:0070403967
自由な時代
ゆりしあ
2009年1月6日 20:40

20代で結婚した女性は2人から3人は子供を産んでいるようですね。
でも30代ともなると1人でいいか、ということになる。20歳以下で子供を産む女性もいますが、できちゃったで1人産んですぐに離婚ということも多いようです。普通でも子供が1人できるとそれにからんだ問題で離婚する場合もありますね。最初からシングルマザーで1人だけ産むという女性もいるでしょう。

それより大きいのは非婚の男女が増えたことでしょう。
日本には合わない男女平等を振りかざし、そのくせ実際には男女平等にはなっていない社会制度。女性は意識だけ平等になって、というより男性より上位の気分になってしまった。男性にとってはそんな女性とは結婚したくなくなったということです。女性もまたそんな男性には魅力を感じなくなった。結婚してまで自分の自由を奪われたくない。一人でいる方が自由。世間も結婚しないことには何も言わない時代。

一人でいる方が楽。結婚しても子供は少ない方が楽。と、日本がそんなことを考える男女が多くなった国になったということでしょう。大きく言えば国の責任ですね。日本がそういう時代ということですね。

ユーザーID:9075665223
子供は贅沢品になった
ウィア
2009年1月6日 20:44

という説に1票です。
贅沢だから、相応の家庭にしか生まれなく(産まなく)なるし、多く産むことを望まなくなる。
堅実な人は「もう1人ほしいんだけどね〜」と言いながら、諦める。
我が身を省みず贅沢品に手を出す人は厳しい生活になり、子供を満足に育てられず、他人に迷惑をかけたりニュースになるような事件になったり。
匿名♪さんのように、贅沢を望むあまり「こんなことに数百万は使えません」とハイリスクローリターンだと自覚していることを税金やお国に頼ろうとする他力本願な人もいる。
そういう人々を見た周囲は“私には無理”“ああはなりたくない”“仕事や趣味に生きた方が幸せ”と子供のいない生活にメリットを見出してしまう。
そんな時代なのだと思います。

ユーザーID:3659585798
順送り?歴史はめぐる
歴史の一片
2009年1月6日 20:59

増えすぎれば減らそうとする
減れば増やそうとする

あらゆる生命体はそういうものじゃないですか?

そればかりじゃないだろうけど
もともとの男と女の役割りがどっかいっちゃったかな
権利ばかりじゃそりゃバランスくずれるしね

まあ、そのうち収まるところにおさまり
しばらくするとまた変革期になるのかしら。
その繰り返し。
そうやって気が遠くなるほどの年月を経てきたんでしょうね

ユーザーID:6258192205
医療問題とか。
まつまる
2009年1月6日 21:15

みなさん言われている理由に加え、

・妊娠しても出産できる産婦人科が減っている
・妊娠中に救急車で運ばれるようなことになっても、
 ひどいときは延々とたらいまわしにされ、そして。。。
・無事生まれても、今度は小児科も少ない。
 どこも患者でいっぱい。逆に病気もらいに行ってる感じ。

が考えられます。
また、ある夫婦が子供を預けてフルタイムで
働き、2人とも残業になったとします。
このとき、陰口をたたかれたり責められるのは妻だけです。
「子供がかわいそう」「子供放って何してる」
子供を預けて残業しているのは夫も同じはずですよね。
世間の意識はまだまだこの程度なのかと思うと、
少子化は無理からぬことかと。

ユーザーID:7834872266
晩婚化による難産で1人とまり
kei
2009年1月6日 21:45

本当はもう1人欲しいけど、1回目を帝王切開で産み
早い週数で切った為、もう1人が限界。

1人目は早産の為、お別れする羽目に。。。。
体が対応出来るのであれば2人は欲しかった…。

残念ながら、上手く出来て1人かも。流産も2回もしたし。
これが若かったらすぐに出来たのかな?と思う。お金は大丈夫。

ユーザーID:4945627791
我が家の場合
ムスタング
2009年1月6日 21:58

うちは子供は娘が1人の共働き家庭で、娘には祖父がひとりきり。
勤務先の育児支援や福利厚生はかなり充実しているし、あと子供が2人くらいいても家計に支障はありません。しかし私はもうひとり出産するのは無理だと思ってます。

なぜなら、一人目の妊娠中から現在に至るまでの夫の態度に問題があったからです。自宅療養はずる休みという理解で、普段以上に家事負担を求めてきたし、夫が拾ってきた2匹の猫の世話が疎かだと怒鳴ったり。挙げ句の果てに管理入院になっても「オレは悪くない」で私に謝らせてましたね。

この調子で出産後も、夫の世話が後回しになると切れるし、些細なことでかんしゃく爆発。「殴るぞ」と私を脅すし、夫の気質を受けついだのかアスペルガー疑いの2才の娘の癇癪に打擲2回。夫は家名を引き継ぐ男の子の第二子を希望してますが、冗談ではありません。次に妊娠して、私がまた悪阻で苦しんで娘の世話に手がかけられなくなったら、娘は夫に虐待されかねません。

ユーザーID:8147854164
キャリア女性(多分)からの意見です
banta
2009年1月6日 22:03

30代後半の独身女性会社員です
いわゆる高学歴、高収入の部類に入ると思います
4,6あたり(非婚、晩婚化とキャリアの中断)が大きな要因に
あると感じています

自分自身を振り返ると、20代から30代前半にかけては
「仕事をがんばりたい(頑張らねば)」という思いが強く、
もともと恋愛下手だという要因も大きいのですが「結婚」「出産」
といった方面に目が向きませんでした。また特に30歳前後の時期は
社内でのキャリア形成といった面で重要な時期だったので、すぐ目の前に
お相手がいるわけでもない状況では、とりあえずそっち方面については
棚上げにしたまま、日々送ってきたといった面も大きかったと思います
30代半ばになって、昇進競争みたいな部分では一定の成果があったものの今度は仕事に対する責任も増し、プライベート?そんなのどこ?
みたいな生活で・・・
私の周りの、勤勉な、優秀な女性達でこのスパイラルにはまった人間多数です
こういう気質の女は、そもそも結婚相手としてあまり人気ありませんしね
どうしたらよかったのかな、とたまに考えますが、回答は簡単にみつかりそうにありません

ユーザーID:4440344859
弱肉強食の時代
安泰な女
2009年1月6日 22:04

>結局、女性自ら自分の首を絞めたのでしょう。自業自得だと思います。
>男性の非婚化と、非正規雇用で生活に困窮する高齢独身女性の増加は比例します。

女性、男性、それぞれ一把一絡にすると間違った答えしか出てこないと思います。少子化・晩婚化はいわゆる自然淘汰の一環で、昔は弱者も幸せに生きていけたけど、強者でないと家族を作り幸せには生きていけない厳しい時代を迎えたということではないでしょうか?もしかしたら地球レベルではヒトの数は多すぎるのかもしれません。

男性だから困るとか女性だから困るのではなく、女性も男性から選ばれるような容姿や中身を備えている女性はこのご時勢にも専業主婦として子育てして生きていけるし、男性も妻子を養って余りある甲斐性があれば女性から選ばれ子孫を残していけるのではないでしょうか?

セックスアピール力の低い男女だけが混迷する時代なのだと思います。

ユーザーID:1700927277
7.その他 長時間労働
なな
2009年1月6日 23:01

40歳3歳児の母です

ウチに2人目がいない理由は、作る余裕が無いから、
夫に
毎日毎日残業で、11時で普通、ちょっと遅いと1時過ぎ、特別早くて9時
当然、土曜は当たり前に出勤残業有り、日曜も出勤多し
現場周りで、体力。書類作りに精神力、眼力、脳力。使い果たしてます
これで子作りは、体力的に無理でしょう
身体考えたら、子作りより、休息して欲しいですもん

ユーザーID:3583856097
少子化を望む誰か
むにゅ
2009年1月6日 23:29

7.その他で、少子化は進んでいない、と思ってます。
現在の人口からすると子供の比率や若年層が少なく見えるのは、人が死なない高齢化社会になったからです。
天邪鬼的な見方かもしれませんが、少子化だ!問題だ!と叫んだり、それに同調する人が少子化の本当の原因ではないでしょうか?
つまり、少子化を望む人がいるということ。
新聞やテレビなどのマスコミは、興味をそそる見出しを出したくて読む人の不安を煽る記事を出す。
それは、少子化というブームで売り上げを上げたい人がいるということ。
団塊世代が現役を引退していく中で、孫を見たいという欲求が高まることから、自分の子供に孫を生ませたくて婚姻や出産を煽る。
それは、少子化というプレッシャーで自分の欲望をかなえたい人がいるということ。
誰かの欲望のために自分の価値観を否定してはいけません。
誰かのプレッシャーのために自分の人生を捨ててはいけません。
みなさん、本当に少子化は自分にとって、自分の人生にとって、自分の幸福にとって、問題ですか?

ユーザーID:0733056645
原因はともかく
kuma
2009年1月7日 0:26

少子化になるほうがいいんじゃないでしょうか。
狭い日本に人多すぎ。

子どもが多いのは男女不平等で貧しい国に多いんじゃない?
そのような社会がよいという人は、移住されるか
そのような国からお嫁さんをもらうといいと思います。
(↑実際多いですよね。これからも増えるかな?)

ユーザーID:7988366926
子連れでの外出はストレスたまるから。
サクラ
2009年1月7日 1:09

3歳と1歳の子がいます。
夫の転勤で、海外在住で、2人の子もこちらで出産しました。

子連れで外出すると、小学生くらいの子から大人まで、
みんなとても親切にしてくれます。
困っている時は、みんなが声をかけてくれ、助けてくれます。
赴任期間があと5〜6年あるのなら、3人目を出産して行きたいです。

ですが、赴任期間は、今年の3月まで。
4月からは日本に本帰国です。
毎年、子連れで1ヶ月ほど帰国していましたが、
どこへ出かけるにも、子連れだと、あからさまに迷惑そうな顔をされたり、
ベビーカーをわざと蹴られたりする事もありました。
助けてもらえて当たり前、とは思いませんが、困っていても誰も助けてくれません。
日本帰国中は、プチ引きこもり状態になっていました。
今から本帰国が憂鬱です。
日本に帰国したら、3人目は無理だな〜と思います。

ユーザーID:5008008774
フランスから
雪だるま
2009年1月7日 4:13

既に何人かの方が指摘されている少子化対策成功国、フランスにて子育てしていますがなるほど、この国は子育てに対するサポートが充実しています。

出産費用が無料な上、出産祝い金やら育児補助といった経済援助が盛り沢山。失業率が日本よりはるかに高いのにこの援助を受けて3人も4人も産んでいる人たくさんいます。

教育費の安さ。教育は国民の平等の権利と考えるこの国では高校まではほぼ無料、大学も数万円と驚きの安さ、しかも国立で内容も高度なのに塾に通う必要もないので教育に掛けるお金は殆どかかりません。我が家も裕福ではないので日本だったら子供を持つことは無理だなとしみじみ感じます。

そして何と言っても周囲の人が子供に対して温かく見守ってくれます。ベビーカーで階段があったら誰か手伝ってくれますし、子連れを迷惑がる風潮は全くなし。むしろ子は将来の宝と扱ってくれるので母としては大変助かります。

この辺が日本との違いですかね。ただ今の人口飽和状態の日本でこれ以上人口が増えるのもいかがなものかと思いますが。あと余談ですけど日本って二重国籍認めていないんですよね。自ら人口減らしてると思うけど。

ユーザーID:1724514614
複合的な問題と思いますが
れみ
2009年1月7日 6:45

私も30代後半です。
私個人に関して言えば体質かな。
不妊治療で授かった息子が一人。
息子を授かる前とその後で3人流産しています。

全員無事に生まれていれば、今頃4人の子供のおっかさんですよ。

ユーザーID:4668309270
北欧在住だけど子供は要らない。
匿名ホクオウ
2009年1月7日 7:34

うちの国、妊婦さんかなりいます。巨大な乳母車をひいてる女性も男性も沢山居ますが子供を産んで手厚い保護でラクが出来るのは、現地で育った人か何も考えてない人だけでしょう。産科医の診察は生まれるまでたった二回なので、私は心配だし、医療費はタダでも、ここではナニごとも雑で病院に行って病気にさせられることは多いし、緊急時はアテにならないし(すぐ見てもらえない)、日本に帰って国保払ってでも産みたいです。学費は大学も一応無料だし、万全の保育園態勢とかベビーシッターも当たり前ですが、日本のように責任感の強い人は居ませんので預けられるといっても、怖いです。父親の育児休暇も選択(父母で分け合う)的に与えられますが、夫は出張・休日出勤も多く、勤務時間も長い学究職で、まず頼れません。子供を持てば持つほど社会的に補償が手厚いかどうかは事実上は謎です。
私は当地への転居で仕事もなくしたし、日本の資格はここで使えず、現地語も学習中なので、身体的限界が近いのですが、産めません。中途半端な環境で子供は育てられません。親が不安定な上、複雑な文化背景で育つ子供は不幸です(自己の経験から)。 よって理由は「7 その他」

ユーザーID:4303020104
大人の子供化に一票
くろしば
2009年1月7日 11:04

学生が議論をしなくなったという話を聞いて、昔の大学生と現在の大学生の大人度が違うんだろうな〜と思ったところでした。
20歳が成人式では早すぎ、30歳成人と言われてますしね。
晩婚⇒晩産となるのかな。
20代で自分探ししてる間に、結婚出産して子どもと共に成長するという考え方のは、どうでしょう。
親が子どもだとその子は早く大人になるってことはないかしら。
とりあえず、我が子にはちゃんと大人度の高い大学生になってもらうように育てます。
子育て中の方、がんばりましょう。

ユーザーID:9095327988
原因は1つだけではない
きこん♂
2009年1月7日 11:16

トピ主さん提案の1〜7は確かに原因だと思いますが、既に指摘されているように男性に結婚のメリットを感じられなくなったこと「も」また原因でしょう。

少なくとも、男性から見て
・結婚後は自由に使えるお金が激減
・異性との交際が不自由に
・プライバシーの大幅な制限
・共同生活にともなう我慢、妥協、不自由を余儀なくされる
・自由になる時間・空間が減る
等、トピ主さんご指摘以外にも、思い浮かぶだけでこれだけの躊躇を感じさせる要素があります。結婚を秤にかけたとき、これらをすべて投げ打つ相手である保証はどこにもありません。

また家電製品やコンビニ、ネットの普及で、家事労働の負担が減り、男性1人の自活が、大して難しくない世の中になってしまいました。

それらに加えて、私の掲出した原因もあります。私自身は結婚してよかったと思う側ですが、今や「結婚・子」は、とてつもない努力によってのみ得られる贅沢といえます。

とどのつまり

『結婚以外の価値観>結婚の価値観』

に尽きるのではないでしょうか。

ユーザーID:0304135301
非婚でしょう
2009年1月7日 11:48

だいたい周りを見回しても結婚してる人は子ども作ってるので
産み育てる環境とかいうよりも、「いかに結婚するか」だと思います。
結婚しても子どもはいらないって少数派だと思うし。

そんな私は30代前半未婚女です。めっちゃ少子化に貢献してますね!
恋人もいず、当然結婚の予定もなく将来「おひとり様」まっしぐらですわ。
20代後半は婚活してましたが今は結構あきらめモードです。

だって、今満喫している趣味や旅行なんかの楽しみはほとんど出来なくなるんでしょ?
1人でも生きていけるだかの収入はあるもん。
1人分の家事なんて軽い軽い。
結婚したら働いて家事して子ども育てなきゃなんでしょ?
夫は大して手伝ってもくれないんでしょ?
でも、家事の手抜きや子どもの非行は母親のせいなんでしょ?
まだまだ親世代は「嫁」扱いするんでしょ?

なんでそんな苦労をしょわなきゃならないのかがわかりません。


と思わせてるのが一番問題な気がします。女性だけでなく男性にもね。

ユーザーID:2353278249
ちょっと気になったので
Taro
2009年1月7日 12:11

レスの中に、ちょっときになったものがありましたので書きます。

>私は女性ですが、結婚してからもPM10時過ぎ帰宅ってよくあり、それでも主人よりは帰りが早い為家事は頼めないし、女性に負担ばかりかかる社会ですよ。
>家庭では男女平等ではないのに、外でだけは男女平等??帰宅後は疲れて子供どころではありません。
>どうしてこんなに女性が働かないといけない世の中になってしまったのでしょうね。

これを読んで、「えーと、なんで結婚したの?」という気分になってしまいました。
独身でも
22時帰宅はありますよね、家事は自分でやらないと誰もやってくれません。これって男女不平等って問題でしょうか?
そんなに問題があるのなら結婚する意味はなんですか?なんで結婚したのでしょうか、不思議です。
独身でもよかったのでは?
そうすれば、男女不平等だと愚痴を小町に書き込むこともなかったのではありませんか?

ユーザーID:3781645045
ジェベルさんのレス、かなり興味深いですね。
ぷく
2009年1月7日 12:53

お金をかけずに高い出生率を誇る唯一の先進国・・・
個人的な推測とされていますが、奥深い。
なるほどね〜。

ユーザーID:5349596853
自然がそのようになっている
momo
2009年1月7日 13:01

ちょっと考えすぎかもしれませんが この地球上に人間が増えすぎたからじゃないでしょうか。
自然というのは実によく出来ていて その生き物の総数をどこかで合わせようとします。
他の国で人間が増えすぎているから 自然と調節できそうな地域で少子化が起こっているのかもしれません。
少子化で困るのは種としての人類ではなく 単なる行政上だけのことですから。
増える必要が無いから増えないのでしょう。

ユーザーID:4888377464
未婚率の男女差について
あきお
2009年1月7日 13:29

>生涯既婚率になると、女性の2倍。
男女の人数なんて2倍も変わらないのに??
これって、外国人と結婚しているってこと?
で、日本の男が余ってしまうのか?

バツイチ男と初婚女の組み合わせが多いんでしょう。
ちょっと考えればわかりそうなものですが。
一部の結婚したい男が何度もしてるわけです。
こういう組み合わせだと、男性は前妻に子供を取られてるので子供には消極的でしょうね。

後、国際結婚は男日本人の組み合わせが4倍以上多いです。
しかも女性の国際結婚は減っています。男が余ってると思いたいのはわかりますが、結婚希望者だけですと、逆かもしれませんよ。

ユーザーID:6306455719
子育てしやすい世の中じゃないからだと思います。
りるか
2009年1月7日 14:06

3歳の子供を持つ会社員です。私は、もう1人子供欲しいけど経済的に無理
だし、夫も協力的ではないので諦めています。

私は育児休暇を取りたいと上司に話した時に、子供がいる人は病気でよく
休むため困るので辞めてくれと言われました。夫もリストラされてしまって生活がかかっているため監督署に相談し戻ることは出来ました。その
時に上司が出した条件が今まで(子供産む前)と同じ条件で働くならという事でした。なので、時短も取れず0歳児を抱えながら独身の人と同じ条件
で働いて来ました。私の場合、実家のサポートがあったので乗り越えられて来たけど、子育てしながら働く人達のサポートが職場ではまったくなかったです。経済的に苦しくて働くのに夫は家事に協力しないし、女性の
負担ばかり増えるように思ってしまいます。

男性で実家暮らしの人は、全てお母さんが何でもしてくれる場合が多いの
で結婚しても奥さんが全て抱えるのが当たり前って人も多いのかなと思いました。男性も勤務時間が長いと協力したくても出来ないし本当に悪循環
だなって思います。

ユーザーID:2534728159
既婚者の場合の子供を作らない一例として ですが。。。
あまてらす
2009年1月7日 14:12

地方在住、30代後半共働き夫婦で子供は10歳の息子1人です。
現在の世帯年収(手取)は夫:300万、妻:200万で合計約500万です。この収入で一戸建て住宅ローン30年、子供の教育費、その他の貯金をしていくことを考えるとどう考えても子供は1人しか考えられませんでした。(息子には兄弟をつくってあげたかったのですが)

住宅購入をやめればよかったと言われるかもしれませんが、老後の住居を確保しておきたい為と、市営住宅でも家賃は7万前後かかるので住宅購入を決めました。

主人の会社も賞与がなくなりつつあり、こういう状況では、子供1人でも教育費をきちんと貯めてあげられるかとても不安です。
また、これから自分達の親のことでも、金銭的負担が増えそうです。

この経済状況では子供を2人、3人と産もうとはとても思えません。
既婚者で子供が1人、または子供はつくらないという方達は私達夫婦と同じような状況の方がたくさんいらっしゃるような気がしますが。。。

ユーザーID:8858766967
日本だと大変
温泉恋しや
2009年1月7日 14:39

在米です、単に自分の考えではありますが、、
3人子供がいます、ずっと共働きです。
夫婦共に実家は遠いので、子供は3か月からシッターさん宅に預けていました。
主人は専門職ですが、夕方6時には帰宅出来るので子育のお迎えは主に彼の担当でした。
この部分の分担作業が何と言っても大きいです。
まあまあの収入で健康保険があれば、何度でも出産したくなる設備、
産婦人科医に女性が多くて、安心だったりと、その気にさせます。
大都会に住んでいても、自然があり子育てには余裕があります。
日本で同じ収入ならきっと一人で精一杯だったと思うのです。
女性が出産、育児、社会進出出来るような、施設、環境が整っていないし、
何より父親が育児参加出来る時間が少な過ぎると思います。
日本は遊びに行くには最高なのですが、子育てにはキツい場所になりつつあるような、、

ユーザーID:7757562369
ひとり暮らしの家事と家族持ちの家事は違う
常識だよ
2009年1月7日 14:46

>独身でも
>22時帰宅はありますよね、家事は自分でやらないと誰もやってくれません。こ>れって男女不平等って問題でしょうか?

「亭主元気で留守が良い」って言葉知りませんか?それはひとり暮らしの家事と家族単位の家事とは大幅に負担が違うからですよ。夫ひとりがいなくなっただけで、女性の家事の負担は激減するからこのような言葉が生まれたのです。これは専業主婦の言葉ですから、兼業主婦の女性だと、さらに負担は大きいもの・・というのはおわかりですよね。

負担ある家族の家事を女性が一身に担い男性は何もしないっていうのは、明らかに男女不平等でしょ。男性は結婚することでひとり暮らし時代していた家事さえ免れるんだから。

結婚するまで男女平等に育てられてきた女性は、まさか共働きで夫が何もしないとは想像していません。だから結婚するのです。息子を育てた世代の姑に罪はあるんでしょうね。今後、そういう甘やかされた男性は結婚できないかもしれません。

ユーザーID:4601517124
冷静なだけ
ひろたけ
2009年1月7日 14:52


 多くの人が冷静になっているからだと思います。

 結婚しない理由や子供をつくらない理由なんて、飽食の世の中で「たくさん食べ物を食べない理由」を探るようなものです。そりゃ食べれば心地よいし、食べられることは幸せなことです。事情があって満足に食べられない・食べたくない人を除けば、食べることを忌避することは稀です。結婚や子作りもそれと一緒。

 ばくばく食べて、必要以上に太って、食費がかさむからといって他の生活水準を下げて、そのくせ他人が食べてないと自分が太って苦労していることが腹立たしいから、食べろ食べろと騒ぎ出す。

 「今は、それほど」食べたくない、というだけの人に対しても、あたかも「人間として食べること全般」を否定している人であるかのように見当ハズレの非難をぶつける。

 そして「なんで食べないのか」「食べたくないのか」「食べられないのか」などと探りたがる。食べさせたい政府が気にするのは仕方ないとして、普通の人がなぜ?って感じ。

 それを指摘すると、「私たちと子供たちの将来の食費を負担する人が減るのは由々しき問題」などと、言い出す。

 皆が冷静な対応しているだけなのに。

ユーザーID:9590732778
子供は欲しかったけど
お年玉子
2009年1月7日 15:14

30代後半独身です。面白いトピですね。

私の場合でいうと、結婚したい時期に相手がいませんでした。
また、安定した仕事についており仕事に不満がなく、
経済的にも自分の収入でなんら問題がないため、
気づいたらこの歳になっていた!という感じです。
また、もともと恋愛に消極的な性格で・・・
顔も見ないで結婚させられた時代ならば、結婚できていたのかもしれませんが
自由恋愛のこの時代、地味+何としても結婚!という気持ちがない人は
独身を貫いてしまうかもしれませんね。

年齢的に出産はもうないと思っています。
何人かの方が書いている通り、狭い日本に人が多すぎだと思うので
自然にこういう流れになっているんだろうな、とも感じていました。

また、なるほどと思ったのは、mikeさんの意見です。
私は地方都市在住。男性たちはかなりの数が関東圏に就職します。
女性は暮らしやすい街なので、そのまま残るのです。
新聞でも「適齢期の男性が少なく、女性が余っている都市」
と報道されがことがありました。

主さんが挙げた中で私は4(晩婚ではなく非婚)になるのかな〜。

ユーザーID:7700422172
夢がもてないからですよね
appo
2009年1月7日 15:24

現在の経済状況は悪いけれど,40年くらい前に比べればいろんな環境は整ったと思います。何がいけないのかというと,これから先に夢がもてないから,自分を含めて日本社会全体に没落が待っている,そう思うから子どもが作れないのです。
そんなときに,出産費用を出してあげるとか言っても,ローンの最初だけ利息を抑えるような,いかさまにしか感じられません。こんな小手先の施策では少子化は止まらないでしょう。社会保障ではなくて,こんな時代でも経済を活性化するような刺激策がほしいと思います。

ユーザーID:7253169461
逆に教えてほしい
かんだ
2009年1月7日 16:05

むくむくさん

>どうしてこんなにまでして女性が働かないといけない世の中なのでしょう?

逆に、結婚すれば女性は働かなくていいと思う理由は何ですか?なぜ女性だけ働かないで好きなことして暮らしていけると思ってるのか教えて欲しいです。
女性にだけそんな権利があるんですか?結婚は女性の生涯保障制度でも、夫に経済的に依存するための制度でもありませんよ?

因みに、女性も男性と同等に働くことを望んだのは女性自身です。よって「出産」を理由にするのは止めてくださいね。産後すぐに働け、という話でもありませんので。
また、日本は中途半端な男女平等どころか、有り得ないほどに女性優遇社会といことは理解していますか?
そもそも、結婚すれば女性は専業主婦になるか働くか好き方を選べて、男性は働いて家族を養うしか道がないこと自体、おかしいとは思わないんですか?これこそが男性の非婚化、少子化の原因だと思いますが。

権利には義務が伴います。いい加減理解しましょうよ。「中途半端じゃない男女平等」になったら、女性はどうなるんでしょうね。義務を負うのが嫌で「女性差別だ!」と感情的に騒ぐのは目に見えていますが。

ユーザーID:2040729207
そう言えば……
昔は美人
2009年1月7日 16:12

思い出しました。何年も前のことですが。知人のまた
知人のお話。

「結婚を考えていた彼と同棲を試みた結果。彼が家事
を全くしない。同棲中からこんな調子なら結婚しても
先が見えてる。どっちも働いているのに何で女ばっか
り?」

…と、疑問に思ったそうです。その女性は独身生活を
続けているそうです。

若い男性にも話を聞いてみました。ダンゴ虫さんとほ
ぼ同じ内容のことを聞かされ、本当に驚きました。

「自分と年齢的に釣り合う女性たちの大半は被害者意
識過剰だ。彼女たちの母親世代までの歴史、(女性差
別や結婚してからの忍耐など)をまるで自分が体験中
のごとく何かにつけてまくしたてる。うんざりだ。冷
静に今という時代を見つめれば、どれだけの自由が手
の中にあるのか分かる筈。素敵な女性がいたら今すぐ
にでも結婚したいけど、まあ無理でしょうね」

もし本当に、若い結婚適齢期の男女にこのような思い
が行き渡っているのだとしたら。母親世代である私たち、
いえ、私にもなんらかの問題があったのでは?と自問せ
ざるを得ません。

ユーザーID:2814433335
ばあちゃんの言葉
二人の子持ち
2009年1月7日 16:50

「昔は夜になると、人は歩いていなかった。
 店もやってない。テレビも砂嵐。
 することないから、やることは一つ。
 子供ができて当然だ。」

そうね、今はいろいろありすぎるよね。

娯楽も情報も。

私も今20歳くらいだったら、子供産みたいなんて思わないかも。

ユーザーID:3738744583
自由が認められる時代だから
かおり
2009年1月7日 17:03

一昔前だと30代で未婚の人は売れ残り、40代以上になると変わり者や人間的に欠陥がある人のように言われていました。
そして結婚すれば子供を持つのは当たり前。子供がいない・できない人はこれまた欠陥品扱い。

現代では結婚も子供を持つことも自由に選べるようになりました。
結婚も子供もメリットもあればデメリットもあるので、非婚・子ども無しを選ぶ人も出てきます。
私は既婚者で共働き、世帯収入1,500万円ほどで経済的に困窮はしていませんが子供を持つつもりはありません。
公的なサポートが充実しても生むつもりはないです。
子供を持つことを贅沢な趣味嗜好と言う人がいますが私にとってはもう1つの仕事みたいなもので、今の生活でもストレスフルなのにこれ以上苦しむつもりはありません。
今まで勉強に仕事にとがんばってきました。これから先も育児にとがんばる余力はありません。もう少し仕事をがんばった後は少しペースダウンして趣味を楽しんだりしたいのです。

非婚主義者(特に男性)も増えていますね。はっきり宣言している人も周囲に多いです。これも好きに生きることが認められる時代だからこそです。

ユーザーID:0834748343
先進国で出産率が高いの国は移民の子供が多い
クッキー
2009年1月7日 17:26

二度目のレスです。
先進国で出産率の高い国はアメリカとフランスですが、
アメリカはたとえ不法移民でもアメリカで生まれると永住権が発生します。
合法的に仕事に就くこともできますし、移民にとって子供は大きなメリットです。

フランスはの失業率が高い反面、高福祉国家ですので、貧困層ほど子供を産むことにメリットがあるのです。

ユーザーID:5442776479
いっしょにしないで
ダンゴ虫
2009年1月7日 17:47

>若い男性にも話を聞いてみました。ダンゴ虫さんとほ
>ぼ同じ内容のことを聞かされ、本当に驚きました。

私は一生結婚しないと決めたわけでなく、どうしても結婚
したい相手と出会ったら結婚できるよう努力はすると思い
ますが、出来ればそんな相手には出会わず、一生結婚せずに
済ませたいと思ってます。

「素敵な女性がいたら今すぐにでも結婚したい」などとは
思ってませんし、私が小町に誘導した独身男性もおおむね
似たような結論に至ってます。

ユーザーID:6261744460
そもそも
dame
2009年1月7日 18:00

なぜ今の日本の少子化がいけないのでしょうか?
こちらが納得できる根拠をもって説明できる人・メディアは存在しますか?

ヨコですが、ジェベル様の考察は非常に鋭いと思います。アメリカの10年おきに戦争する政策は色々と話題になりますが、出生数に絡めてくるとは恐れ入りました。

ユーザーID:7485202560
欲しくないから
yoyoyo
2009年1月7日 18:27

私の場合、欲しくないから、です。
子供が欲しいと思えない。何故なんでしょう?
夫がどうしても欲しい派だったら作る努力をしたかもしれません。

私の周りでそういう人はいませんから、少数派でしょう。

今は子供がいたらやらなかったような事をやってますし、
経済状態も不景気と共に悪化したので子供がいなくてセーフです。

ユーザーID:6936444306
大人になるのに時間がかかるようになった
クオヴァディス
2009年1月7日 18:31

昔は二十歳までに教育が終わり、自立することを求められた。
今は教育の期間が延びたうえ、社会に出ても三十歳位までは修行期間みたいなもの。
それから結婚、出産を考えはじめると、残された時間はわずか。

寿命が延びたのだから、一人前の大人になるのが遅くなってもかまわないわけですが、出産適齢期を遅くすることはできない。

というわけで、生物学的出産適齢期と、社会的な適齢期がずれてしまった。
これが一つの原因ではないでしょうか。

ユーザーID:8133468510
素朴な疑問
鏡開き
2009年1月7日 19:01

少子化っていけないことなんですか?
誰か都合の悪い人がいるのかな?

自分たちが食べる物も自分たちで自給できない国なのに
人だけ増やしてどうなるのか、減ったほうがいいんじゃないかと
思う私は呑気すぎですかね。

「夫婦でフルで働いてやっと子ども一人養育できる」

すみません、居住地にもよるのでしょうが(最近失業率全国1位らしいけど)
これに驚いてしまった私は恵まれているのかやはり呑気なのか
なんだかわけわからなくなってきました。

ユーザーID:6258192205
少子化がいけない理由
さささ
2009年1月7日 19:17

ここでは「少子化はいけないこと」なんてほとんど誰も言っていませんね。私も別に関心はないです。

日本の場合は世界一の高齢化が伴っているから、政府がそう言っているんだと思います。あとはその高齢者ですかね。その人たちは5人や8人ぐらいは普通に産んでいましたから、少子化は不思議でしょう。

要するに現行の年金制度・医療制度では政府にとって少子化は困るんです。かつては若い人8人で1人の高齢者を支えていたのに、そのうち2人で1人の高齢者を支えなくてはいけない。本当に困るのは若い世代なんですけどね。

現行の制度のままでは、少子化になればいずれ年金・医療は崩壊します。だから今後は高齢者からもしっかりと税金を取ることになるでしょうね。まず消費税アップ。いずれ20%ぐらいにはなりそうです。これだと高齢者も税金を払うことになります。
景気がいい時なら20%でもいいかも知れませんが、不景気の時は辛いですね。一気にデフレになりそうです。今でさえデフレの入り口ですが。

こんなことは多くの人が言っていることなので、答えになりませんかね?

ユーザーID:9663574588
そうですよね。結婚するのも自由。しないのも自由。
昔は美人
2009年1月7日 19:18

かおりさんのおっしゃるように、一昔前までは結婚
しない女性は「売れ残り」と露骨に指さされました。

それを思うと今は良い時代ですよね。男性が非婚宣
言するのも、自由に生きることが認められる時代だ
から……とても納得しました。

ところで。ひとつだけ、ダンゴ虫さんにお尋ねして
よろしいでしょうか? 何故

>私も知人の独身男性にどんどん小町を紹介し、いつ
かは結婚したい派の男性を結婚する気はない派に誘導
しています。

というようなことをなさるのですか?

ひとはひと、自分は自分とは思えないのですか?
ちょっと、引っ掛かりましたので。

もし、まだこのレスをお読みでしたら、お知らせ下さ
れば嬉しいです。

ユーザーID:2814433335
呆れた
tiffany
2009年1月7日 19:57

>結婚してからもPM10時過ぎ帰宅ってよくあり、それでも主人よりは帰りが早い為家事は頼めないし、
>女性に負担ばかりかかる社会ですよ。家庭では男女平等ではないのに、外でだけは男女平等??
>帰宅後は疲れて子供どころではありません。

って・・・。
女性に負担ばかりかかってるのは「社会」じゃなくて「あなたの家庭」のせいでしょう。男女平等うんぬんではありません。
現にうちは完全分担です。むしろ夫のほうが家事やってくれてるかも。
そんな夫と結婚したせいなだけなのに、なんで社会のせいにするかなー。

>どうしてこんなに女性が働かないといけない世の中になってしまったのでしょうね。

って笑えます。健康なら働いて当たり前でしょ。
世の中、こんなぶら下がり気質の女ばっかりなの?

で、本題ですが。
私は2(今の生活レベルを落としてまで子供を欲しいとは思わない)と7(そもそも子供が嫌い。よく見る子持ちと関わりたくない)です。
夫婦二人きりで十分幸せなので、現状を色々な意味で壊すであろうものはいりません。
あと面倒くさいことが嫌いですね。子供関係って色々面倒くさそうなので・・・。

ユーザーID:7423444323
定員に達しつつあるから
たぬき
2009年1月7日 21:23

地球にいるニンゲンの数はどんどん増えていて、
私たち一人一人は意識していないんだけれど、ニンゲン全体レベルとしては
「もう定員だよ」
というのがあって、

・・まぁだからといって、一人一人がどうやって抑制しているのか?と問われると答えられないんですけど。
ニンゲンだって生き物だから、そういう「種」としての調整機能があってもおかしくないかなと思うわけです。

ユーザーID:6967500253
納得するために
あや
2009年1月7日 22:52

ジェベルさんの考察面白いですね〜。「パンツをはいたサル 栗本慎一郎著」を思い出しました。もしかして読まれました〜?  
そんな私は子供を持ちたかったけど、35才から不妊治療5年、車一台分以上(高級車?)治療費費やして最近諦めた女です。でも「どうしてもこの人の子供を!」って程のパートナーを得たわけではないので、私という個体はいまひとつ生物として弱かったのだなぁと自分に言い聞かせて納得を試みている最中です。

ユーザーID:5968787182
子供が可愛いと思えないから
ねんねこ
2009年1月7日 23:20

色々理由はあるでしょうけど、一番は「子供が可愛いと思えないから」じゃないですかね。
晩婚化とか、男性が結婚しなくなったのも、少子化の一因でしょうけれど
そもそも今の時代は、子供が欲しくなければ結婚する必要もないでしょう。
女性も食べていけるだけは稼げるし、男性も女性の手が必要ないし。
そして、家制度が崩壊している今、子供が欲しくなる理由はただ一つ
「子供は可愛いから欲しい」ってだけなんでは。

わたしはたまたま、甥っ子がすごく可愛い子だったので勢いで子供欲しくなって
運良く結婚と妊娠と出産ができたのですが
甥っ子がこの世にいなかったら40近くなった今でも独身だったと思います。
普通に生活していたら、小さい子なんて身近に滅多にいないし
たまに目に付くのはスーパーやデパートで泣き叫ぶ子供とか
電車やファミレスで走り回る子供とか、眉をひそめたくなるような事ばかり。
経験者達の話を聞けば、育児にまつわる話は恐ろしくも辛い話ばかり。

辛いけど、大変だけど、可愛いよ子供って。
と、男女とも思えるようならまた子供も増えていくかな。
難しいでしょうけど。

ユーザーID:1562929555
人口が減っても良いと思います。
メルロー
2009年1月7日 23:22

興味深いトピですね。大学の社会学ゼミにも匹敵する活発な意見交換があり考えさせられます。

我が家も、夫は子ども欲しがってるんですが、私は、本音は子どもいなくてもいいと思ってます。
出産・育児によるキャリアの中断と低下、さらに経済的事情を考えると、子どもいなくて良かった!とさえ思います。

「世界的な人口爆発に対する自然な動物的反応としての少子化」という視点に深くうなずきました。
日本は別に今後人口が増えなくても良いのではと思います。

労働力の問題ですが、先進国の例に従い、日本も結局は外国人労働者の政策的受け入れは避けられないと思います。
外国人労働者は子どもの多い家庭が多い。将来、産業だけでなく「日本の人口」も担うのは日本語片言の人々ではないでしょうか。
政府もいずれは彼らを日本国民として認めざるを得ないでしょう。

ところで、私はいわゆる高学歴・高所得30代で子ども無し、友人も似たようなのが多いのですが、周囲を見ると、20代の見たところ低学歴・低所得の女性は結構産んでるように思うのですが、いかがでしょう?それは偏見、でしたら申し訳ないですが・・

ユーザーID:7402772076
月に一度の大停電タイム
(駄)
2009年1月7日 23:49

【二人の子持ち】さんのおばあ様の言葉は、単純ですけど真理を突いていますよね。
大停電の10ヶ月後には出生率が上がるなんて話を聞いたことがありますし。

ということは、国策として大々的に【月に一度の大停電タイム】みたいなのを作ったら、意外にあっさり出生率が増えちゃうかもしれませんね(笑)。
夏場の使用電力削減にも役立ちますし。


そのうち何割が教えを忠実に守っているかは分かりませんが、無関係ではないと思います。

ユーザーID:9667988703
人が多過ぎるから、というご意見
ゼシカ
2009年1月8日 0:04

人口過多なのは医療の進歩などで老後が伸びたから・・でもあるのではないでしょうか?
(単純過ぎですか?)
若々しく生きる力が強い若者より、
お年寄りの人口が多い世の中が「自然淘汰」って、違和感があります。

他の方のレスにもありましたが、
婚姻女性の出生率ってここ数十年変わっていないんですよね?
(過去に新聞で読んだのでソースは出せませんが)
ほぼ2人くらい、結婚した女性は子供を生んでいる。
だとすると、やはり非婚化・晩婚化が一番の原因ではないかと個人的に思っています。
(もちろん原因は他に複雑に絡み合っていたりするのでしょうが・・)

ユーザーID:2393885714
30代女性・子供1人です。
コーラ
2009年1月8日 0:10

少子化の理由。

良い言い方で言えば、生き方の多様性が認められる社会になったから。結婚しないのも、子供作らないのも、個人の自由。

悪い言い方で言えば、損得感情でしか動かない人間が増えたから。
ハッキリ言って「○○したら損だからしない」なんてのは子供の言い草でしょ。そういう意味では大人の幼児化、ってのが一理あるような。

個人的には「結婚したら損だ」とか「子供産んだら損だ」とか言ってる人の育ったご家庭が知りたいわ。やっぱり、両親の不仲とか金銭的に恵まれなかったとか、なんか家庭・家族に対してマイナスイメージを植え付けられる素養があったのでは?

ユーザーID:7952735631
平和で豊かになったから
ws
2009年1月8日 0:52

人口減少は国力の低下を招く大問題。
年金はもちろん税収入が減るということは
現在の国の赤字がますます増えることに。
下手をすれば国の破産も考えられるし、
戦争になったら兵力が足りません。
日本が日本でなくなる可能性も有り得るのです。

・・・なんて、タテマエを述べてみましたが、
個人的には人口減った方が清々して良いと思ってます。
危機感の無い生活をしていると、子孫増やして家や国の繁栄を・・・
なんて思わなくなりますしね。

国力が落ちると貨幣価値が下がり
食物や資源などの輸入競争に勝てなくなり、
平和で豊かな時代がいつ終わるとも限らず・・・
でもそんなこと考えて子供作りたいとも思いませんし。

不況の嵐ですが、それでもまだ日本は豊かで平和なのだと思います。

ユーザーID:0421271304
すこし整理
ssy
2009年1月8日 3:41


・少子化の原因と「子どもを産めない理由」はイコールではないということ。
・少子化の原因と「効果が確認されている少子化対策」も必ずしも一致しないということ。
「子どもを産めない理由」であっても以前から同様にあったものは、少子化の原因にはなりません。
また、子育てをサポートを充実させて効果のあったフランスの例がよく挙げられますが、それが子育てサポート面の理由で子どもを持てないかった層の
出生率を上げる面で効果があったとしても、少子化の原因自体として、子育てサポート面の理由で出生率が特に下がったということまでは帰結しません。

そうすると、1.不妊、2.経済的問題、3.子育てをサポートが得られないは本質的な原因ではないと考えられます。
2.について、完全出生児数は1970年頃から同様の水準を維持していて、結婚している夫婦が子どもを
持ちにくくなったという統計上のデータはありません。
(完結出生児数:ほぼ子どもを生み終えた結婚持続期間15 〜19 年の夫婦の平均出生子ども数)

ユーザーID:3353921795
続き
ssy
2009年1月8日 3:52

・人口自体の減少が原因という考えは、減少が指摘されている合計特殊出生率は人口の多寡にかかわらない指標なので、疑問です。

・「人口が増えすぎたから減らす本能が働いている」という理由も、素朴すぎて賛成できません。
少子化は統計的に主に先進国、豊かな地域で見られる現象で、人口密度などと直接関連性はありません。

非婚化、晩婚化、離婚率の増加、女性の社会進出あたりが複合的な原因ではないでしょうか。
非婚化などは、社会が便利になり、女性の社会進出も進み、男女いずれにとっても結婚のインセンティブが低下したことが主な原因でしょう。

・最後に少子化は問題ではないという意見について。
人口が増える前提で社会のシステムを設計するのは確かにおかしいが、
現実問題、現在の合計特殊出生率では人口が急激に減少に向かうので、
これによる弊害はやはり無視できない問題だと思います。

また、本来子孫を残す本能をもたされている人間が、それほど子どもを持ちたいと思えなくなったり、
持ちたくても持てないという今の社会は、人間にとって本当に幸せなよい社会のあり方なんだろうかという気もします。

ユーザーID:3353921795
そうですね。。
3児のはは
2009年1月8日 5:27

>なぜ今の日本の少子化がいけないのでしょうか?

いけないとは言い切れませんが、20年後30年後の
日本の経済や社会の担い手が少なくなる・・のは明白でしょうね。
もしくは、担い手の高齢化?

そして、その20年後・30年後には、少ない子供を産める世代
が産んだ少ない子供たちが社会の担い手に。。

この間にベビー・ブームを期待しても、日本はとても沢山の
高齢者を抱える国になっていますから、国を支えるのに必死で
若い世代が沢山の子供を産み育てるのはやっぱり難しいと思います。

どう思われますか?

ユーザーID:8463327172
dameさんへ
暑い時こそ熱いものを
2009年1月8日 5:32

ご説明しましょう。

急激な少子化が社会に与える影響について、それが否定的に捉えられる理由の一つに、いびつな人口構成を形成させることが挙げられます。

民主主義国家において、いびつな人口構成は特定の世代の政治的意見のみが反映されやすくなり、諸制度が全体最適化されなくなることで、かえってその効率を阻害するのです。
具体例を申し上げますと、年金制度がそうです。
受給年齢層が既得権者である年金制度において、多数派である高齢層が一定以上を占めると、その層の受給を少なくする改革は通りません(たとえそれが正しい方法であっても)。
こうして、制度は若年層の信頼を失い、納付率等で制度そのものが立ち行かなくなる危険を孕み、誰もが得をしないことになるのです。

もう一つはインフラです。
人口の多い時期に作られたインフラを維持するには、人口の少ない時期では多大な負担になります。
かといって、人口が減る率と同じようにインフラを破棄することも出来ません(人口が半分になったからといって、新幹線の線路や空港の滑走路の距離を半分には出来ません)。

ユーザーID:8697077116
続きです
暑い時こそ熱いものを
2009年1月8日 5:33

これらの説明は、そこらへんの経済誌や論文でも読めますし、高校教育でも教科書と資料の知識を応用すれば到達できる結論です。
メディアに大きく取り上げられないのは、そうした論を市民が欲しないからに過ぎません。

また、ジェベルさんの解説は少々乱暴でしょう。
銃規制の緩い他の諸国の例を出していませんし、そもそも出生率に影響を与える要因は様々で、その効果も相互作用をもたらす場合もありますから、一つ二つの要因だけ切り離して論ずることに、あまり意味はありません。

現在の少子化を50年前に見越した上で政策が立案され、制度が設計されていれば、それほど大きな不利益はありませんが、日本はそうではないでしょう。
過疎地に立つムダに大きい総合病院や偏在する集落とそこへのインフラ整備、賦課方式の年金制度等、人口が増加、もしくは維持されていくことが視野に入っていますからね。

人口減少自体は悪いことではありませんが、こと日本にとっては、その度合いとそれまでの政策を勘案すると、非常に相性の悪いものだといえます。

ユーザーID:8697077116
お金が全てでは無い?
男性です
2009年1月8日 8:16

経済的な問題は確かにあると思いますが、それよりも「男性も女性も独身で居た方が、楽しい(当面ですが)し、楽だし、何で配偶者の面倒を見る必要があるのか?」と言う男女共通の価値観がでているのではないでしょうか?まだまだ女性の給与(平均値の話ですが)は男性に比べて低いですが徐々に上がっています。これは学歴が向上している事が要因と思います。生活を自分で何とかやっていけるし都会なら10年も働けばマンションも買えるようになるし(ローン込みですが、無論それなりの給与を取る必要がありますが)、女性のパワーは昔に比べて上がってると思います。
私はそれ自体は悪いこととは思いません。結果的に少子化がOut put されたのだと思います。

ユーザーID:6266395522
ほんとの原因
薩摩武士
2009年1月8日 9:08

ずばり女の社会進出。
女に門戸を開き収入の道を拡大させたことでしょう。
それにより過剰な権利意識が生まれ、我慢や忍耐は軽んじられ子供を切望する方が少なくなった。
男が外で働き女が家庭を見る・・・人間の生理として合理的だった生活習慣が“時代遅れ”とされました。
家庭の経済的問題は昔の方が苦しかったものです。それでも兄弟は多く、母親は辛抱強く家を切り回したものです。
国がいくら子育てに支援をやろうが、子を産む女の意識が楽を求めるならば長い子育てなどできるはずもないと考えます。

ユーザーID:2872241393
いろいろあると思いますが、個人的には
松竹
2009年1月8日 9:22

私の場合は「欲しいと思わない」ですね。出来てもいいですが、いなくてもいいかなという感じです。その辺で自分が大人ではないのかもしれません。夫になる人も欲しいとは言いますが、私が30代半ばなのにのんびりしていて未だに作ろうとはしていません。不妊治療はおそらくしないでしょう。
私の友人関係や兄弟を見ていると、いる所は3人4人といますね、一人っ子って一組しか知りません。あとは未婚が半数くらい。都市部と田舎両方での話です。私も人口が少なくなる事はそんなに気に病むことではないと感じています。
余談ですが、かつてどこかの都市で大地震があり電気の供給が長期間なかったそうです。それから9ヵ月後にその都市部だけ出生率が急激に伸びたそうです。今は興味の対象が多くあり意識がそちらへ向きにくいのかなとも思います。

ユーザーID:5949740377
単なる一例です。子供を持ちたいと思った事がありません。
レストラン
2009年1月8日 10:09

生まれてこのかた、子供を持ちたいと思った事が無いです。(私は30代半ばの女性です。)一人っ子だからか、性格上か、子供を可愛がるというコンセプト自体、イメージが湧きません。今は海外で永住予定で自活生活していますが、幸せですよ。細々とでも生きていけて、帰宅後、口論になったりストレスのたまるような同居人が存在せず、自分の面倒だけ見ていれば良いのですから。精神、肉体とも健康的です。こういう、少し変わった夢を実現した女性も、世の中には存在します。たぶん、一昔前なら不可能でしたね。母も私の成長を、同性として喜んでくれていますよ。私の人生に悔いはありません。時々、”もう少し年を取ると、自分の子供が存在しないという事実は後悔の元になる”というおせっかいな人がいるのですが、元々そんなのは私の夢や人生設計には入っていないんですよね。ですからそれは有り得ません。例えて言うと、外国人で一生、お寿司お刺身を食べないで死んでいく方も多いですが、そういう方はそれでも構わないのでは?無理に、生魚にチャレンジしなくてもよろしいのでは?

ユーザーID:2093549170
お金のない老人が増えすぎているから
ももこ
2009年1月8日 10:27

都市部では、若い世代しかいないでしょうし、この小町でもお年寄りが書き込みをするわけでもないので、わからないかもしれません。

でも、老後立ち行かない人たちが増えて、支えなくてはいけない現役世代の悩みが増えているから、将来のことまで希望がなくなっているのだと思います。

みなさんのご両親は老後安泰ですか?

ユーザーID:1558292767
理由は複合的だと思います
匿名きぼう
2009年1月8日 10:38

まず、結婚のハードルが上がりすぎている。特に男性にとって。
昔風の結婚(男が稼ぎ女は家事育児)がなかなか成り立たない時代なのに、それを求める声が多すぎる。
制度も昔の価値観に縛られっぱなし。
多くの人の意識として、子供は愛情で産まれよりも結婚制度に則って産まれなければいけないという方が強いので、結婚が遠のけば当然子供を生むチャンスは失われます。

もう一つ、結婚して子供を持つ人の多くが一人しか産んでいない。
結婚が遅くて時間的に無理というのもあるでしょうが、これは社会の子育てサポート不足と経済的圧迫が厳しいからではないでしょうか。
経済的に豊かに育ってきた若い親が、子供にも同じようにさせてあげたいと思うのは普通で、そのためには今の時代は共稼ぎの必要があるのに、社会的なサポートが不足しているので二人目は無理だと判断する。
子育て専門家と称する人が、保育園は母子分離の原因だから増やす必要はないみたいなことを言ったり、驚くべき時代錯誤の意見もまだ根強かったり。

現状で子供産んだら大変なことになると感じられれば、欲しくても産むのを控えるでしょう。
そう感じる場面が多い社会ですよね。

ユーザーID:9648971897
結婚が難しくなった
ぬう
2009年1月8日 10:56

私の周囲の40代男女でみると既婚より独身のほうが多いです。
では独身主義かというとそうでもないようです。皆自然にいい出会いがあれば結婚したいと言います。でもおなじ職場に長く勤めてる人が多いから新しい出会いもあまりないそうです。(低収入の男性はお見合いでもスルーされるし)

なかには結婚すると自由(特に金銭)が奪われるという男性も居ます。(多数派かというとそうでもないが)

一人っ子で親の老後を見ないといけないからなかなか結婚できないと言う人も居ます。(何度もお見合いしてますが介護の話が出ると…)

結婚とはなんだろう。好きな人と一緒に居られ幸せなだけじゃなくって先のことを考えると大変ですよね。
子供があまりに少ないと年金も出ません、労働人口が減れば介護する人さえ居ない状況になります。

普通に結婚し子供をもうける事が難しい時代になりました。いい条件の男性はほんの一握り、でも女性の要求は相変わらず高いですから。。。

結婚さえしてしまえばそこそこの収入があればたいてい子供は産まれています(嫌いな方や出来ない方はもう仕方ないと思います)まずは結婚ですね。

ユーザーID:0937533513
子供欲しいです(未婚女のつぶやき)
あちち
2009年1月8日 12:07

わたしは30代独身女です。
めっちゃ少子化に貢献してますね。すみません。
でも、本音は産みたいです。今すぐにでも。
もし将来結婚して、授かることができれば、2人くらい欲しいと思ってます。
周囲の未婚女性も同じような考えの人が多いです。

そう、「結婚」さえクリアすれば…。

ユーザーID:8238068222
「私も親不孝」さんの意見に賛成
nanaco
2009年1月8日 12:22

よっぽどの田舎は別として、私の周りで子供がいる夫婦って言ったら、

1.妻の親が近くに住んでいる、または妻親と同居
2.夫が公務員または有名企業に勤めている
3.夫は派遣または中小企業勤めだが、将来のことを何も考えていない

上記3パターンのどれかに当てはまります。
子供が2人以上いるのは1.か3.かのどちらか。
3.は子供3人以上ってのが多いですね。

将来とか不安とか、何も考えない方がきっと子供を産むことに
抵抗なく簡単に産めるのでしょうね。

ちなみに私は「私も親不孝」さんの意見に賛成。私は看護士ではありませんが。

そして私にとって子供を産むことは「女の本能」ではなく「贅沢な娯楽」です。
「人間の本能」としては「子供なんか産んだら、将来苦労するよ。大学まで出せるの!
今の世の中ちゃんとした人間に育てられるの!」って警告されてます。頭の中で。

ユーザーID:4250679036
人口集中が諸悪の根源だと思います。
ssh
2009年1月8日 12:59

(1)大都市への人口集中、地方の過疎化
 ↓
(2)都市へ企業集中、地方の雇用現象
 ↓
(3)地価の高騰
 ↓
(4)物価の上昇・生活の困窮が人件費の高騰

この繰り返しにより、国際競争力の低下→将来へ不信 が醸造されるのでしょうね。

この結果として、
「金がない」「住む場所が無い」「人が多すぎて」「出産どころか、結婚さえ鬱陶しい」
「この国の将来が不安」「将来がないなら楽しく生きたい」「」
という考えが蔓延る。

それでなくても狭い国なのに、局所へ集まってしまった結果が少子化となって現れているのではなでしょうか。

国がやるべき事は、少子化対策ではなく人口の分散です。これは国家100年の計だと思います。
諸悪の根源は、人口集中にあると思います。

ユーザーID:4155592145
危機管理意識の違いと世紀末などの影響
松下村
2009年1月8日 13:31

 便利になって、暮らしやすいはずなのに、何だか不安で、ひとりで道も歩けやしない。なのに、女が悪いって言っている男性なんて、人のせいにして、自分もこの世の中で生きているのに、選挙も行かずに不満を言う。
 男性でも、女性の収入に寄りかかる人もいるし、女性でも、同性を悪く言う人もいるし。生む性、として考えれば、生き難さがまだ先行き不安で消えないのに責任を持てないと思います。女性の開放なんてまだまだ、子供も高齢者も弱者も守れもせずに。
 お見合いで決める縁というのは減っています。そういう事を切り開く人は、特に男性で少なくて、まんま年を取ってる。子供もいつでも作れると思ってたりします。
 介護も医療も人任せな人ほど、他人のせいにしています。自分の責任と考えて取り仕切っていれば、人のことは人のこと、仕方がない、できる事はして変わらない所は自分で備えるって団塊の世代の人でもちゃんとできているのかな。
 世紀末を本気で信じている人はそんなにいなかったでしょうが、漠然とした不安は、将来に対して臆病にさせます。
 できることをして行き当たれば、獄になりと首の座なりと行く所に行く。覚悟も困難です。

ユーザーID:6790375475
二人の子持ちさん(のばあちゃん)に一票
nanisore
2009年1月8日 13:52

そうですよね〜
夜もやること多すぎ

何にもなければ自然にできると思うんですが。

ユーザーID:1652828560
意識の変化
るるふぁ
2009年1月8日 14:23

戦前は「産めよ増やせよ」で国策として多産を奨励していましたね。国民もまた「お国のために」でそれに従ったようです。

戦後になっても「結婚は当然するもの、子供は3人ぐらいは産むもの」という(国民の)意識が続きました。
それがいつの間にか「結婚しなくてもいい、子供は作らなくてもいい」という時代になってしまっていたんですね。そこにはもう「お国のために」という意識はなくて、「自分のために、自分が楽であるために」という個人主義的な意識に変わったということです。

分岐点は高度成長による物質面での豊かさ、上流意識、拝金主義によって、国民の意識が大きく変わったせいだという気がします。
お金のある方が勝ち、法律違反をしなければ何をしても自由という意識ですね。個人主義によって「結婚しない自由・産まない自由」が確立されてしまったのです。それは時代がそうさせたんですけどね。

「自由と権利」だけを主張し「責任と義務」の果たせない人が増えて気がします。ここでよく言われている大人の子供化ですね。

ユーザーID:5327740049
それでいいのです
ソー
2009年1月8日 14:23

昔は、結婚したなら子供を産む女性がほとんどだった。

現代は、結婚しても子供を持つ持たないは当人の選択でよい。

時代もその取り巻く環境も移り変わってゆく・・。
多くの人は、お国のために子供を産むのでしょうか?
いいえ、自分のためです。

いろんな事情から子供を持たない方もあるとは思いますが、
子供のいる人生、いない人生、それぞれに快活に生きればそれでいいのです。

ユーザーID:5598288498
さささ様、3児のはは様、暑い時こそ熱いものを様
dame
2009年1月8日 14:38

ありがとうございます。

そうですね、人数の多い世代に都合よく回り、人数の少ない世代が割を食うからよろしくない。
その構図を作ったのは誰でしょう?
よろしくないのに根幹的な対策をせず、足りない分は海外から移民させると言う。
何故でしょう?
そこに本当の原因があると思います。

>メディアに大きく取り上げられないのは、そうした論を市民が欲しないからに過ぎません。
これは
>特定の世代の政治的意見のみが反映されやすく
こちらの結果ですね。
新聞テレビを仕切る世代は団塊ですし、それを見るのも団塊中心。
若い世代は欲しているかもしれませんが、自分達に都合が悪いのでなかなか出さない。
そもそも(少なくとも日本では)メディアは政治経済のツールの一部ですしね。

メディアというものを客観的に見る時重要なのは、
「何をどう伝えたか」ではなく「何を伝えなかったか」です。
独身を誉めそやす映像、記事…その裏に隠れたデメリットは隠されたままです。

ユーザーID:7485202560
千穂さんと同じような意見ですが・・・
匿名30代女
2009年1月8日 15:11

私は30代に入り結婚して子供を一人持っています。
やはり周りから言われる2人目となると二の足を踏んでしまいます。
理由は千穂さんの発言にあるとおりです。

私の事として追加するならば…
この先、主人がちゃんと仕事を続けられるか(年更新での契約なので)育児中の私がこれ以上育児の為に社会復帰(働く事)が長引くともう就職できないのではないか、1人と2人では何かの時の負担や縛りが違ってくると思うからです。
(昔主人を含め3人を立派に育てた義母には笑われてしまいそうですが…)

でも1番の原因は私を含め、今の人の大半が周りの(地域や親などの)協力を得ようとしない・得られないのがお互いに子供を持つのに首を絞めてしまっているのかなと思います。

私自身はやはり同居は嫌だと思っていますし、かと言って育児サービスを受けられる環境はごくわずかです。
中国や欧米にあるようなシッターを雇うというような習慣や環境は日本にはあまりないようですし。
このような矛盾を言っているのに要求だけあるのも原因でしょうね。

ユーザーID:8587508241
男性も同じでは?
にゃんこ
2009年1月8日 16:02

>子を産む女の意識が楽を求めるならば長い子育てなどできるはずもないと考えます。

稼ぐ責任を女性に一部シフトして楽を得た男性が、良いとこどりで苦をとらないのも原因ですよね。

昔のように妻子を養うことができないなら(妻にパートさせたりするなら)その分家事など分担できる男性でないと、女性は安心して子供が産めないですよ。

いまどき「養えないから働いてくれ」「育児も家事も全部任せる」という男性の子を産みたいと思う女性がいると思いますか?

出産するのは女性だからと言って、原因を女性だけに求めるのは間違っているのではないでしょうか?

ユーザーID:1220637795
やっぱり収入
jilitifti
2009年1月8日 16:14

私も友人たちも小学校から私立で育ちましたので、当然子供達も私立で育てています。

皆家庭の収入は平均以上と思いますが、それでも半数は兄弟がいないです。

子供一人の人たちに共通しているのがローンを抱えていることです。
ローンのない人は子供二人以上で、中には四人という人もいます。
私立で育てるにはお金がかかるので、教育の質を落とさずに育てるには兄弟がいない方がよいのです。

もし塾代も含めて教育費負担が7割程度に下がったら皆子供を二人産むと思います。
教育費負担が下がらずとも、地方の国公立大学の就職状況が首都圏私立上位校と同じレベルであればいいんですけどね。 国立を出ても公務員か教師では、優秀な人は集まりません。

ユーザーID:0170398132
ごまかしはもうたくさん
min
2009年1月8日 17:32

皆さんずいぶん楽観的なんですね。このまま行ったら、どうしたって国が行き詰ることは明らかではないですか? 独身で楽しい、とおっしゃる方、豊かな社会だからそう言えるのではないですか?

皆さんおっしゃるように、個人の欲望にまかせたら、子どもが増えるはずもありません。事実をはっきりさせて、国民の覚悟を選挙で問うしかないのでは。

1.子どもを産んだ方が『明らかに』得になるように、税制や社会保障制度を抜本的に変える。子どもの数に応じて受けられる医療・介護サービスが大きく異なる、くらいの露骨な措置も必要。

2.1は嫌だが、経済レベルを維持したい場合。外国人労働者を大量に入れ、移民国家になる。治安の大幅な悪化も甘受する。日本人以外が上に立っても文句は言わない。

3.移民も入れず、少子化も放置して、日本の文化や民族性を固守する。結果、日本が年寄りだらけの超貧乏国になってもよしとする。

所詮、人間なんて、自分の得になるようにしか動かないんだから、子どもを持ったら損という事態を変えない限り、少子化が止まるはずはありません。奇麗事言ってる場合じゃないと思います。

ユーザーID:3805493267
広める理由
ダンゴ虫
2009年1月8日 18:46

>ところで。ひとつだけ、ダンゴ虫さんにお尋ねして
>よろしいでしょうか? 何故
>>私も知人の独身男性にどんどん小町を紹介し、いつ
>かは結婚したい派の男性を結婚する気はない派に誘導
>しています。
>というようなことをなさるのですか?

独身仲間が多く残ったほうが将来楽しいからです。

>ひとはひと、自分は自分とは思えないのですか?

私は決して「結婚するな」とは言いません。
「結婚したらこうなるかもしれないけど、それでもする?」です。
そこから先はひとはひと、自分は自分です。

ユーザーID:6261744460
娯楽がふえた
うりりん
2009年1月8日 19:02


今は独りでも様々なお楽しみがありそれで満足し、
それが結局わかりあえない異性とずっといる事より優先順位が高いのだと思います。

ユーザーID:8364075270
いろいろなご意見が出ていますね
偽妊婦(トピ主)
2009年1月8日 19:23

私も、お金がないから産めないというのは、
どうかと思います。

裕福でなくても子沢山の家庭はありますものね。
そういうお宅のお母さんは専業主婦が多いのでしょうか?

上の子がある程度成長したら、下の子の面倒をみてくれそうだし。

だとしたら、やはりフルタイムで働きながら子どもを2人以上持つというのが難しいのかもしれないと感じました。

子どもが熱を出したら預かってくれないとか、小児科病院がないとか。

女性がわがままになったとか、男性がたよりないというご意見も多いですが、もっと次元が違うような気がします。

何か解決策はあるのでしょうか?

ユーザーID:5434179873
子供嫌いが増えた?携帯からの書き込み
ラッキー
2009年1月8日 20:13

なんだか、子供が嫌い、という人が多い気がします。
私も独身の頃は、子供嫌いで欲しいとは思いませんでした。
…が、結婚して予定外の妊娠、出産。

価値観、変わりました。我が子がいとおしくてたまりません。
主人と大切に育てています。二人目も欲しいです。


でも、どうして独身時代はあんなに子供が苦手だったんだろう?
自分でも未だに解りません…。

ユーザーID:2767290764
我が家の場合は経済的問題
totoro
2009年1月8日 21:59

1人子持ち35歳です。兼業主婦です。

首都圏在住なのですが、これから家を買って、子供も塾に通わせ大学まで行かせて、、、と考えると、お金足りないのではと心配しています。
(自分が大卒なため、同じくらいの教育は受けさせたい)

親の金銭援助も受けられそうにありません。

お金があれば、5人くらい産みたいのですが、2人目躊躇して数年たってしまいました。

他の理由はありません。子育てサポートがなくても、キャリアダウンしてもいいから、何人でも産みたいです。。。

ユーザーID:1756746156
言われたい放題。
mo
2009年1月8日 22:01

>子を産む女の意識が楽を求めるならば長い子育てなどできるはずもないと考えます。
そう思うなら、もうそれでかまわない。
子供を生まない女はわがままだとか、女が働くから社会がおかしくなったとか、それが社会の本音ですよね。

結局は女が悪いと政治家はみんな考えているんだと思う。
だから、まじめに何をするわけでもない。(少子化対策に限りませんが)
定額給付金だって、半分の1兆円を小児医療にでも使ったら!と思いませんか。

正直、結婚しなくても子供が生めるような国だったらもっと増えるんじゃないかと思う。
けど結婚するしないですら、ここまで意見が延々と出るような状況じゃ、無理ですね。経済システム的にも。

ユーザーID:1553598927
余りに親として自己肯定感が持ちにくい携帯からの書き込み
あり
2009年1月8日 22:16

親となるのに色々な縛りがある割に、子どももは子どもであり、子育ては仕事のようにいつも何らかの利益を得たり休んだり止めたりできるものでは無い。
結婚や子育てで失敗を恐れる、あるいは無関心になるのでしょう。
国際的に見て、少子化より今これからの子どもたちの自己肯定感の低さ=親の自己肯定感の低さが問題だと思います。
子育てを父親に頼れない、女ばっかりが職場に迷惑をかけるという体制。父親は何故育児休業しない?
このまま結婚してしがらみを増やすより、自分の好きに暮らすのは楽!
もっと男女とも学べるように大学などの教育費を補助してくれ〜!
女性の社会的トーク番組を増やして〜!

ユーザーID:8499527514
ダンゴ虫さんではありませんが
痛感
2009年1月8日 22:30

昔は美人さん、タイトルのとおり別人ですが、同じようなことをしている一人としてお答えします。

理由は単純、男性の多くはまだジェンダーから開放されていないからです。男だったら痛くても我慢して耐えるのが当たりまえ、男だったら嫁さん貰って子供を養って当たり前、男だったら…

女性は早くからジェンダーから解放されたので今の自由を享受できるのでしょうが、男性は未だそうしたジェンダーに洗脳され、自ら不平等に甘んじるのが当たり前と思い込んでいる人が多いので、最も反面教師になりそうなここを紹介して、自身の能力と可能性を改めて思い起こしてもらうためです。

それでも結婚したい女性がいるならそれでいい、でも世間体とか擦り切れた価値観で結婚せねば…と思っているなら、そんな必要はない、自身の可能性にもっと自信を持ちなさい、と言いたいからです。

私のように結婚して後悔ばかりの人生にならないように、という意図からですがご理解いただけましたか?

ユーザーID:1354274491
私が子供を産むのをためらう理由
タマ
2009年1月8日 22:59

仕事がしたいんです。
でも仕事と育児は今の日本では両立が難しい。
産休は周囲に迷惑をかける。
仕事に影響が出る。
幼児を預けるとお金がかかる。
パートにすれば?と言われても、やりがい、評価、給与待遇面で長期に及べば不満が出ます。

現代女性はワガママになったと言う人もいますが、昔の女性が、社会に出るな、家につくせ、とワガママを許さない、それが美徳とされた社会だったからだと思います。

夫に子供が欲しいと言われ数年。
夫は仕事が継続できますが、私の仕事には救いの手がない状況なので(中断すると復帰しにくい職種、両親は遠方、夫は連日深夜残業)断り続けています。
決して子供嫌いではありません。
今ないもの(子)と今あるもの(仕事)を比べれば、今あるものを守る気持ちが強くでます。

ヨーロッパで働く友人から、子育てに関する社会状況を聞くたびに、悲しい日本の現実を実感します。

ユーザーID:5227922288
にゃんこさんへ
セイウチ
2009年1月8日 23:45

にゃんこさんの考え方の根底は

「配偶者と子供を1人で養えるだけの稼ぎを得ること」と「専業主婦」が同じくらいの負荷ということですよね。

ちょっと考えてみればわかると思いますが、子供が乳児の時期か、よほど子だくさんか、子育ての他に介護を抱えているなどでない限り、あり得ない前提ではないでしょうか?

もし、両者の負荷が同じくらいなら、働くか、家にいるかの選択は負荷の大小ではなく向き不向きや適性で決まるということになります。つまり「働く夫+専業主婦」と「働く妻+専業主夫」の組み合わせが同じくらいの割合でいても良いはずですよ。

ユーザーID:5720789607
少子化は地球環境保全です
yann
2009年1月9日 0:25

少子化少子化と騒がしいようですが、少子化は地球環境のために
必要な対策で、喫緊にはじめなければならない重要な問題です。
もう今でも、食物不足、飲み水不足、自然破壊による生物の減少等
叫ばれて久しい状況下にあるわけですので、至急手を打つべきです。
中国では一人っ子政策による人口増加が鈍化していますがインドはじめ
他の発展途上国では爆発的に人口増加が進んでいます。放置すれば
飲料水、食物不足による餓死、伝染病等蔓延し人類は破滅の道を
まっしぐらに突き進むことになります。
少子化はわれわれが住む地球の環境を守るためにも必然です。

ユーザーID:4577297951
長寿になったから、とか。
pia
2009年1月9日 0:34

増えすぎた生命体の本能、というところは私も思うところなのですがすでに出ているので。

いい方は悪いけど「死ななくなったから・身近に死がなくなったから」ではないでしょうか。
(誤解の無いように、昔に比べて、という意味です。)
命が循環しなくなっているように思います。

自分が30歳、両親が60歳、祖父母が80歳。だいたいこれくらいがいまよくあるパターンでしょうか。
病気にかかっても病院に行けば治って、祖父母世代も健在で、身近に死を感じる機会が減っている。
かわりに小さな命が育っていくのをみて、循環していくのを、自然と見て感じていたのではないかな〜。
新しい命の必要性を本能的に感じる機会が減っているように思います。

少し宗教的になってしまいましたが、命が生まれるということに関する人類の感性が弱っているように思います。
人類が進化して、生殖年齢があと10歳程度伸びたら、また変わるのかなぁなんて思ってみたりもします。
それから、たとえば人類が不死の存在だったら、子供を産むのかなぁ、命を産み育てる喜びって必要かな。とか。

ユーザーID:4754513117
2回目ですけど…ちょっと腑に落ちない事有るんですが…携帯からの書き込み
ガーと言う独身男
2009年1月9日 1:20

キャリアや仕事を中断したくない 自分の時間が無くなる 経済的理由…等々から子供は要らないってレス多いですが…しかしそれじゃあいずれ日本は老人ばっかりになり労働力は衰退し国力そのものは弱体化して国として成り立たなくなるんですけど…それでも良いんですか?? 自分達さえ良ければそれでいいんですか?? そんな途方も無いツケを次世代に残すんですか?? 確かに少子化はセックスレスや非婚化&晩婚化…等の複合的要因が在るんですけど…それ以前に昔とは違った価値感や意識的な違いが根底に有るんではなかろうかと思います  後…人が多過ぎるとのレスが有りましたがそれは各地方都市には当て嵌まりません 最新医療技術により平均寿命が更新したとは言え各地方別にして当て嵌まるものなんですか??   とにかく少子化&高齢化の課題は次世代にツケを残す事になるんです!!   『その頃には自分達は居ないから構わんだろ』って言うのは無責任な言い逃れです!! 辛口になりましたが…失礼しました

ユーザーID:6864757558
少子化万歳
paraguas
2009年1月9日 2:33

少子化は問題などではなくむしろ国策の成果です。
もともと日本の適正人口は6〜8千万という試算もあります。戦前からして日本は過剰な労働力を満蒙開拓団などとして解消していました。戦後彼らが引揚者となった上に元軍人や失業者が溢れ、更に終戦によるベビーブーム。政府は南米移民や産児制限などのなりふり構わぬ施策によって何とか人口激増を防ぎました。第二次ベビーブームのときも産児制限によって出生数の低減を図っています。
たまたま高度経済成長がうまくいったので今でもその残り火で1億3千万も暮らしていられますが、今後もそれが可能とは限りません。実際、ちょっとバブルがはじけただけで多くの余剰人員が発生しました。前述の通り出生率が低下していたおかげで新卒者数と就職氷河期のピークが重ならずにすみましたが、それでも派遣やフリーターなどの社会不安の要素が出現しています。やはりまだ人口は過剰なのです。国の政策に加え、独身生活モデルの提案や独身者用の商品開発など、数十年の官民上げての努力によって日本はようやく適正人口に向かおうとしています。人口増加を望む人こそ資源と需要が無限にあると考えている楽観主義者に思えます。

ユーザーID:5060179214
身の丈に合った生活
たぬきのぬーたん
2009年1月9日 2:39

夫婦とも40代、5人の子持ちです。住宅ローンはなく収入は平均よりやや上だと思いますが、子供たちには大学は国立に行けと言っています。自分たちが子供の時も大学は国立でと言われて育ちましたので、当然だと思います。国立なら地方大学でも入学試験の難易度・就職実績とも都会の上位私立に負けない大学は多数ありますし、不景気になっても入学者のレベルが下がることが無いのも国立の特長です。子供たち全員が国立大学に行ってくれれば良いのですが、高卒での就職や専門学校・短大などを選ぶ子がいても良いと思います。誰でも持って生まれた能力があり、教育費をかけたからと言って結果が出るわけではありません。国立大出身の弁護士や医師の知り合いも多数いますので、自分の才能と努力でのし上がって行ける子には、授業料の高い学校は必須では無いと思います。
友人の中にも同様に身の丈に合った生活をして子供を5人,6人と育てている人がいます。ローンなしで買えるような収入に見合った家に住み、収入の範囲で通わせられる学校を選べば良いのではないかと思います。そのように国民の大多数が考えられるようになったら、少子化問題は解決するのではないでしょうか。

ユーザーID:5813233132
人口密度
シェルビー
2009年1月9日 6:57

少子化の原因は一概には言えないと思いますが、都会、もしくは地方でも新興住宅地に住むスタイルが増えたのも要因だと思います。そういう場所では小さな戸建てかマンション・アパートなど、人口密度の高いところに住むのが一般的です。動物などでも、密度が高くなってくると、生息数を減らす方向になるのが自然の摂理らしいので、人間も知らず知らずのうちに子供を作らなくなっているのではないでしょうか。
私自身、都会にいたときは子供は無し、もしくは一人と思っていましたが、ど田舎の広いところに引っ越してきてから二人作りました。都会に残っていたらそういう気持ちにはならなかったと思います。

ユーザーID:2325747953
生きる目的携帯からの書き込み
こなつ
2009年1月9日 7:39

人間以外の動物はみな子孫を残すために生きています。
人間も昔は、人生の目的の大半が子供を産み育てることだったように思います。
それが変わってきたということでしょうか。
それが仕事だったり、趣味だったり享楽だったり、はいろいろですが。
ただ、それでも本能としては持っていると思いますね。

ずっと福祉の仕事をしていますが、正直、社会の底辺にいるような生活困窮者ほど子供が多かったりします。
だからといって育児に一生懸命でもないのでその無計画ぶりに呆れることも多いのですが、
ふと、これが彼らの生きた証になるのかなぁと考えたりしています。

ユーザーID:2899543701
「沈黙の春」でしたっけ?
昔は美人
2009年1月9日 8:37

だいぶ前に読んだ本ですが。記憶が違っていたらごめん
なさい。環境ホルモンの影響で、ワニのオスが大量にメ
ス化しているという現実があるそうです。

それを読んだとき人間も例外ではないのでは?と思いま
した。考えただけでも怖いのですが……。

話は変わりますが、男性の皆さんに。

出産はそれ自体、死と隣りあわせの行為だということを
ご理解いただけたらと思います。

出産した後は精神状態がとても鋭敏になります。

猫が仔を生んだ直後、人間が可愛い可愛いと頻繁に見に
行くと、我が子を食べてしまうでしょう?あれほど極端
ではないですが、似たような感じです。

体はと言いますと。樽に例えると、出産直後はまさにタ
ガが外れたようにがたがたです。元に戻るのに時間もか
かります。傍で見ているほどラクではないんですよ。

女性がそのような生き物だということを認識して下され
ば嬉しいです。

末尾でごめんなさい。
ダンゴ虫さん、お返事をありがとうございました。
小町はいろいろな方のご意見やらお話を伺えて、とても
勉強になります。

ユーザーID:2814433335
解決策はつまり自分だけーー?
男性です
2009年1月9日 8:49

2回目の投稿です。レスをその後読みました。公的解決策は効果があるのかどうか疑問です。
例えば、1経済的支援、2女性が働き易い環境作り、3託児、等多くの手段が考えられますが、結婚したい、子供後欲しい人には効果があるでしょうが、本人(女性、男性とも)そこに興味が無ければどうしようも無いですね。そこで30代中ごろの方の統計的なデータご意見を伺いたいですが(個人的な意見でなく統計的なデータ)この年代で1・何%くらいの人が結婚を望んでいるか?2・さらにその内の何%が子供が欲しいと思っているか?3・逆に何%の人が1,2共に望まない!かです。これには前提条件としてあくまで経済的障害或いは親族の扶養ーーなど自分を取り巻く環境条件を排除して、自分個人の意思(結婚、そして子供が欲しい願望)としてどうなのか?−−つまりこれが少子化議論の出発原点かと思いますがーーー。どなたかデーターをご存知の方ご紹介下さい

ユーザーID:6266395522
交際教育が必要かも
まり
2009年1月9日 9:49

私は、結婚しない人が増えているのが原因かと思います。

恋愛結婚(たとえきっかけはお見合いや結婚相談所でも、恋愛感情を持って結婚する)でなくてはならないという社会的・文化的プレッシャーがあるのに対し、少なくとも今の日本人は、恋愛するスキルや意欲が低いので、なかなか結婚できないのではないでしょうか。

私は未婚女性ですが、自分を含め結婚していない周りの男女を見ても、結婚はしたいけど、恋愛をするきっかけもないし、積極的に動く気力も時間もないという人が多いです。職場や趣味の場に未婚異性がいてもです。

恋愛は、ある程度のスキルと、意欲、及び時間が必要と思いますが、今の教育システムには、それれ教えるものが一切ありません。アメリカの「プロム」のような場もありません。
男女交際は善であり、お互い敬意をもって、スマートに、エレガントにふるまって異性と付き合うべきだということを、日本では、まじめな子供ほど学ぶ機会がないのです。それを、社会人になっていきなり身に着けろといっても無理な話です。

性教育も必要ですが、それ以前に、交際教育というものも、国は真剣に検討すべきと思います。

ユーザーID:7666347134
欲しいけど授からない
薫子
2009年1月9日 10:24

…という夫婦が、私の周辺には結構いますよ。
私もそのうちの一組です。(30代既婚)

結婚当初は、共働きだったから避妊してたけど、
数年後落ち着いたから、さて、作ろう!
…と思ったけど、出来ないじゃん!
というパターンが多いです。

でも、不妊治療をしてまでは欲しくないんですよ。
この考えも共通です。

だって、不妊治療は高いっていう話だし、
そもそも、どっちが原因かなんて調べたくない。
原因が分かったら、夫婦がぎくしゃくしそうだし。
(やはり性的な問題がからみますからねぇ〜)

それに自分の親たちも、旅行や習い事など、
趣味も忙しくて、孫はどちらでもいいみたい。
跡取りが必要な家でもないし。


夫婦としては、本当は欲しいんですよ。
でも、治療してまで欲しくない。
あくまで自然に妊娠したいんです。

そういう夫婦が妊娠しなくなったのも、
原因の一つな気がします。

ユーザーID:8136517021
子だくさんは幸せに見えるのか?
匿名きぼう
2009年1月9日 10:25

テレビで時々、子だくさん家庭の様子が放送されますね。
賑やかで暖かく、ケンカをしても仲良しで。まさに家族の良さですね。
でも、私の周囲ではあれを見て「私も子だくさん家庭を作りたい!」と思う人はいません。
どちらかというと「幸せそうだけれど、ああいう生活は自分には耐えられない」という感想を持つのが、男女ともに多いです。既婚者も独身も。
「ああいうふうには、なりたくない」と思って見ている人が多いのです。
その家庭を否定するのではなく、その人の幸せと自分の幸せは違う、私の幸せは子だくさんでは実現できないと言うことを、明確に意識できる番組みたいな感じでしょうか。
そして、「私は子供は一人、もしくは数人で良い(またはいらない)」という意識を強くしているような気がします。
今更、昔の日本のような生活に戻れ、そのほうが良いと言われても現実的ではありませんし。
あれは何のために作っている番組なんでしょうかね。

ユーザーID:9648971897
出会いの場?携帯からの書き込み
2009年1月9日 10:25

なにより未婚率 離婚率の高さが原因ではないでしょうか?30過ぎると、みんな結婚したいみたいですよ。でも今の職場って、女ばかり。男ばかりで。
女性がつるんで海外旅行やブランド買い漁ってるのをみると、男性はもっと堅実な人が現われるまでと待っちゃうんじゃないでしょうか?
日本女性が贅沢や自由に溺れてしまったのも原因か?
会社や自治体が出会いの場を用意して初婚再婚率を上げると自然と…。

ユーザーID:0531643052
本能的に
いわし
2009年1月9日 10:27

これ以上人口を増やしたく無いから。

少子化、少子化言うけど、実のところそうじゃなくて、私らの世代が異様に多いだけ。
日本がどれだけ面積に対して人口が多いのか、天然資源はあとどれだけあるのか、皆分かってるのかな?人口増加でどれだけ自然環境を破壊してきたか、自覚あるのかな?
世界的に人口増加が問題になってるのに、この国は目先の経済問題だけ考えて、なに的外れなことを言ってるんだろうと思います。

ユーザーID:1181228079
男性の生殖能力の低下?
つくつん
2009年1月9日 11:28

2児の父親です。

環境ホルモンの影響を挙げられてる方がおられましたが、
私も「奪われし未来」という本でそれを読んだことがあります。

ベトナムの殺虫剤工場で働いている男性従業員の多くが無精子症に
なったとか、環境ホルモンでオスがメス化するとか、外的要因に
男性の生殖能力は影響を受けやすいようです。

「携帯電話の長期利用は生殖能力に重大な影響を及ぼす」との
科学者の発表もあるようです。

元々、人間男性の精子は動物に比べると非常に「少ない」らしいの
ですが、その中でも日本人男性の精子は妊娠できるギリギリの濃さ
しか無いらしいです。

そこに環境ホルモン、ストレス、携帯電話(電磁波?)などの外的要因が
加わると、妊娠できる可能性はがた落ちになるのかもしれないですね。

ユーザーID:0755683760
騙されてる人が多い
ダンゴ虫
2009年1月9日 11:47

「このままでは国が行き詰まる」
「国力が衰退する」
「労働力不足になる」
と言っている人がいますが、人から聞いた話をそのまま
垂れ流しているようにしか思えません。
責任逃れをしたい年金政策官僚にまんまと騙されているのです。

まず、高度成長時代はあれだけ若者がいたのに労働者は
「金の卵」と呼ばれて奪い合いでした。
それより若者が減っているはずの今は職にあぶれている
人がいて問題になっています。
これから先日本は成熟した国家になり労働力の需要は
減っていくでしょう。

そして、ルクセンブルクなど日本よりずっと小国であるにも
かかわらず国民所得が高い国もあります。

日本が傾くとすれば、それは高齢化したからではなく、
高齢化から目をそむけて今まで同じ社会制度を強行しようと
するからだと思います。

ユーザーID:6261744460
二度目のレスです。
海外こまち
2009年1月9日 11:53

ssh さんに同感です。

人口を分散するためには、私は首都を移転すべきだと思っています。
10年計画で、段階的に首都(行政都市)を仙台あたりに移したら良いと思います。
東京は東京で、文化、商業の中心地として、残ればいいじゃないですか。

それに、人口もですが、何もかも東京に集中している現状って恐ろしいと感じます。
何しろ日本は地震大国ですからね。

生活の質改善のためにも、一度の大地震で国が崩壊しないためにも、人口は分散するべきです。

トピずれして、失礼しました。

ユーザーID:9772185702
レトリック
ダンゴ虫
2009年1月9日 12:21

>人間以外の動物はみな子孫を残すために生きています。

ハチやアリなど、最初から生殖能力を持たない個体が
多数を占める種もあります。

また、セイウチのオスは生殖能力を持っていても、
99%が生涯メスと繁殖の機会を持つことがありません。

「みな」というのは欺瞞だと思います。

ユーザーID:6261744460
自分の生き様にイマイチ自信がありません
なぜ欲しくないのか
2009年1月9日 12:52

既婚で三十才、子供はいません。色々な意見を読んで、一つ一つ頷ける気がしました。

私も子供苦手だから、とか経済的に苦しくなりそうだから、と思っていました。
もしかしたら夫を愛してないのでは?とも悩みました。

でも一番の原因は、『さあ育てるぞ』という気力が湧いてこないのです。
産んでどうなるの?とかメリットが無いのでは、と思う。
悲観主義じゃなく、別にどうでもいい、という無関心の気分でした。

それが…
今はたまにパートに出るくらいなのですが、、本当は密かにやりたかった職業があります。
大それたものではなく、よく求人のあるものです。
思い切ってそれに挑戦しようかな、と思っていたら、なぜか

これで子供が産めるかなあ。なんて思いました。経済的な意味だけじゃなくて、
こうやって頑張っている親の姿を見せられるなあ と思ったんです。

不思議なんですけど、それで(子供が生まれて)貧乏するんだったらいいやと思いました。
他の職業ではこんなこと思いませんでした。いったいどういう訳なんでしょう。
(もちろん、自信がついたころには年齢のハンディが…という事もわかっていますが…)

ユーザーID:0913908415
あるときふと思ったこと
ねずみはすごいな
2009年1月9日 13:53

少子化の理由は人それぞれいろいろな理由をかかえていると思うので、これが本当の理由というのをひとつに絞ることはきっとできないと思います。ただ日本は古くから前の世代を今の世代が支え面倒みる慣習できてしまったから、少子化がより深刻なんだと思いますが。
ある時ふと外国のドラマを見ていて思ったのですが、例えば国はお金が足りなくなれば税金を重くし国民から強制徴収することができるけれど、さすがに子作リに関しては強制執行できない面があるからより問題が深刻なんだろうなと思いました。まあそのドラマの中では組織が強制執行するかわりに組織自体が子供を責任を持って育てるという見返りつきでしたが・・絶対ありえない究極の解決策ですけどね。

ユーザーID:3708484050
少子化いいことだと思います
由布
2009年1月9日 14:36

私もやはり、出生率を上げることではなく、少子高齢化に対応した社会への対応策が急がれていると思います。

「CO2削減、ゴミを減らせ」と言っておきながら一方で「子供を産めよ増やせよ」ではこちらは混乱するばかりです。地球環境および資源の観点からすれば、人は少ないほうがいいのですから。

個人的には、人間のエゴで乱開発し、さんざん奪ってきた自然を少し戻してほしいです。かつては、ヨーロッパの人々があこがれてやまない自然豊かな国だったのですから。

ユーザーID:5042702886
欲しくてもできない人、不安な人
田舎嫁
2009年1月9日 14:48

結婚していても、欲しくてもできない人が結構います。

一人目で障害等があり二人目を躊躇したり、自分達親が世話出来なくなってからの事を考えて障害がある子一人の育児に専念して財産を残そうという人もいます。

自分の世代くらいまででは、喫煙者が多く、親世代、そのまた親の世代と何代かに渡って喫煙している人も多くいて、
昔は妊娠中の女性に対する煙草の害しか知られていなくて無頓着な面があったんですよね。
でも今は喫煙によって男性でも遺伝子(精子)の破損がある事が知られるようになり、それも一因かなと思います。
男性喫煙者の精子は健康そうに動いていても、遺伝子を調べると破損があるそうで、
受精しても胎児が育たなかったり、障害を持つ原因の一つとして可能性が高いと言われているそうです。

ユーザーID:8838245215
人口集中の原因
ダンゴ虫
2009年1月9日 15:18

人口集中は、政治が原因なのではありません。
地方の住民の質とそこにある因習の問題なのです。

なぜ無医地区が発生するのかについて解説したページが
あります。
http://www.izai2.net/muison.html

「有力者」が旧態然とした権力構造を維持し、目立つ
者には圧力が加えられてしまいます。
だから生まれ育った人でも嫌になって東京に流出するのです。

人口流出を止めたければ、まず地方が反省して変わるべきです。
しかしそういうことは起きないであろうことは上記の解説に
ある通りです。

ユーザーID:6261744460
レトリック?
GIOS
2009年1月9日 15:29

>>人間以外の動物はみな子孫を残すために生きています。

>ハチやアリなど、最初から生殖能力を持たない個体が
多数を占める種もあります。

なぜ人間と同じ個体レベルで考えるかな。
ハチやアリは集団単位で繁殖するものでしょ。生殖能力を持たない個体が、
生殖能力を持つ個体や卵を守るのも、立派な子孫を残すための行動です。

生殖能力がないからといって、子孫を残そうとする本能がないわけじゃありません。

>また、セイウチのオスは生殖能力を持っていても、
99%が生涯メスと繁殖の機会を持つことがありません。

これも、より生存能力の高いオスがメスを独り占めにするだけです。それによって次代に強い個体を生み出そうとしてるんだから、種全体の子孫を繁栄させるための本能でしょ。

繁殖の機会がないからといって、子孫繁栄を残そうとする本能がないわけじゃありません。

ユーザーID:3341183829
高齢化
naru
2009年1月9日 17:40

>ガーと言う独身男さま

高齢者ばっかりにはなりません。
人間いつかは死にます。
それが寿命なのか年金の破綻なのかはわかりませんが・・・

そして今少子化といわれているなら、人間は一様に歳をとりますので
少老化になるでしょう、そのとき超少子化になるかどうかは
今の子供たちが親になるときに決める問題です。

正常なピラミッド型にするのには上を減らすか下を増やすかしかありません。
一度ひょうたんのようにすぼめるのも手だとは思います。

ユーザーID:2789190540
悲観的な意見ではなく、メリットの意見ある人居ませんか?
saaya
2009年1月9日 18:13

このトピ興味深く読んでいます。
トピからずれてしまいますが、私は子供を作ろうか否か悩んでいる39歳結婚8年目、事務職についている妻です。病院通いも3軒しており、不妊治療もまだ1回ですが、去年から始めました。
子供は欲しいと思っていたのですが、主人が40歳だし、子供が一番お金がかかるときに稼げているか不安だからいらないと言い出しました。

私も妊娠したら仕事辞めなくちゃいけないし、頑張って子育てしたところで、自分の思い描くような人間に育ってくれるとは限りません。これまでの皆さんのレスでもたくさんそのような意見があり、どれもこれも、同感と思うものばかりでした。
だから、逆に、子供がいると、こんなメリット(?)があるとか、人生すばらしいものになるとか、子育てに対するメリットみたいな考えがある方がいらっしゃれば是非お聞きしたいなと思います。

ユーザーID:0049616048
産める人がたくさん産むというのは?
masa
2009年1月9日 19:09

こんにちは。産みたくても産めない人、結婚したり子供を産むのがいやな人が増えたのは少子化の一因なのは確かですよね。

私は思うんですが、何も産みたくない人に無理やり産ませる必要はないと思うんです。そうしたら少子化対策はどうするかというと、ずばり
「産める人にできるだけたくさん産んでもらう」
以前えらい人が
「機械じゃないけど、一人頭で産む数を増やしてもらわなくちゃ」
みたいな発言をして大ひんしゅくをかってましたが、私はある意味真実じゃないの?と思いました。

私自身三人の子持ちですが、子供いない状態から一人生れたときが一番きつかったです。仕事もやめないといけなかったし、生活様式が変わって、精神的にも参りました。でも私もまわりもよく言いますが、
「一人産んじゃえば、あとは二人も三人もあまり変わらないです。」
周りにも経済的に許せば、四人でも五人でも産みたい人結構います。
今は教育にお金かかるしね、あきらめるんですが。

だから三人以上産めばかなり優遇されるようにする、例えば三人子供いる所は大学無料にするとか。そうしたらたくさん産む人いるんじゃないでしょうか・?

ユーザーID:1824200843
ふむふむと読んでいます。
みみかき
2009年1月9日 19:14

同居人に教えてもらい、興味深く読んでいます。
saayaさんには申し訳ありませんが、

>子供がいると、こんなメリット(?)があるとか、人生すばらしいものになるとか、子育てに対するメリットみたいな考えがある方がいらっしゃれば是非お聞きしたいなと思います。

と意見を募ってしまうと、せっかく進んできた「本当の原因」に関する意見交換がなし崩しになってしまいます。
別トピを立てていただけませんか?

ユーザーID:2746797340
それなら
ダンゴ虫
2009年1月9日 20:43

>ハチやアリは集団単位で繁殖するものでしょ。生殖能力を持たない個体が、
>生殖能力を持つ個体や卵を守るのも、立派な子孫を残すための行動です。

それであれば、結婚して子供は作らなくても、私が働いた成果が
めぐりめぐって子供を産み育てる人が利用すれば、私も子孫を
残すことに貢献してることになりますよね。

>これも、より生存能力の高いオスがメスを独り占めにするだけです。
>それによって次代に強い個体を生み出そうとしてるんだから、種全体の
>子孫を繁栄させるための本能でしょ。

これも子供が欲しくないという自分の遺伝子を淘汰して、厳しい
環境化でも子供を残そうという遺伝子を濃縮すれば、人類もしくは
日本人の繁栄に貢献してることになりますよね。

子供を作ろうとしないのは悪という結論を固定してそのために
動物という道具を持ってきて理屈をこねくり回してるだけにしか
見えません。

ユーザーID:6261744460
>ダンゴ虫様
min
2009年1月9日 21:59

本当に騙されているのなら、実際嬉しいです。そうあってほしいものですが…

ダンゴ虫様おっしゃるような社会制度というのは、できるだけ小さな政府で、国に頼らない方向だったりしませんか?
確かに、高齢世代や弱者を支えないですむ形なら、企業は身軽になり優秀な業績を上げられるかもしれませんし、一部の有能な高額所得者も豊かに暮らせるでしょう。が、それが自己責任の名のもと、経済力のない高齢者や社会的弱者、能力の平凡な多くの人たちへの富の再分配を最小限以下にすることで実現するのだとしたら…それはやはりとても厳しい社会なのではないでしょうか。

それが悪いとは言いません。が、それならそれで、そういう事態を名言しないで、少子化心配なし、と言うのは、やっぱり『騙している』ことになりませんか?

現在の出生率が当面続いたとして、国民全体が希望を失わない程度に豊かさを保てる制度がもしありえるのなら、ぜひ教えていただけたら嬉しいです。

外国人労働者や移民の受け入れは、日本にとって後戻りのできない一歩になることから、私は避けられるものなら避けたいですが、ダンゴ虫様はいかがですか? 

ユーザーID:3805493267
少子化は、「問題」ではなく、あたりまえの自然現象
神さま
2009年1月9日 22:35

 みなさんは、人間は特別な生物だと思いますか。
 人間は地球に生きる生物の一種にすぎませんね。
 死亡率の高い生物は、たくさん子供(卵)を産み、死亡率の低い生物は、少ししか子供(卵)を産まないことはご存じだと思います。理由は、「絶滅しないため」です。
 死亡率の高い生物が、少ししか子供(卵)を産まないとおとなになるまでに全部死んでしまいます。逆に、死亡率の低い生物が、たくさん子供(卵)を産むと、増えすぎて、食糧がなくなり、絶滅してしまいます。
 ですから、成熟した死亡率の低い国の出生率が低くなるのは当然であり、「問題」ではなく、「そうなったほうがいい」ことなのです。
 「問題」は、約40年ほど続く年金・介護問題であり、50年ほどすれば、少子化世代がお年寄りになり、少ないお年寄りを少ない現役世代が支えるという、エコ社会になるのです。

 少子化は、「問題」ではなく、地球の生物を救う、「究極のエコ」なのです。

 生物は個体数が増え、豊かな社会になると、自然に子供を産みたくなくなる(産みにくくなる)ようにできているのです。「絶滅しないため」に。

 神様より

ユーザーID:0620949331
わたし自身は
びすこ
2009年1月9日 23:49

わたし自身は、少子化は大きな問題だと思っています。
詳細な説明は割愛しますが、少子化の何が問題なのかという意見に対しては、
極論として、究極の少子化、誰一人出産しないケースを考えてみたらと申し上げます。
(少子化にブレーキがかからない限り、残念ながらそれに近い姿になります)

で、読んでいて疑問符のついたのは以下の二つです。
・少子化対策で人口を増やすのは問題
←円高はダメで円安なら良いというのと同じですね。
急激な増加・減少、どちらも問題です。そもそも、少子化対策は、人口を増やそうではなく、
人口・年齢構成を維持(あるいは減少を緩やかにしよう)です。
・地球上に人口が多過ぎるから本能で抑制
←なぜインドで人口爆発が起こると、当のインドではなくて日本の少子化が進むのでしょう?

ユーザーID:8133736397
まず、結婚が難しい
ジャガー
2009年1月10日 0:26

38歳、独身、会社員の女性です。

結婚のハードルがあがっているから、だと思います。
男女とも、そこそこ魅力的でないと結婚が難しい。

その一因として、「女性の体格の向上」があるのではないかと思っています。すなわち、「でかくてごつくい」女性が増えてると思うのです。私もその一人です。

もちろん、すらりとしたモデルのような美女に生まれる人もいるでしょうが、それはごく少数。
でかくてごつくても、結婚にいたる女性もいるでしょうが、周囲を見渡す限り、でかくてごつい女の多くは売れ残ってます。

余談ですが、以前、ドイツ物産展か何かに行った時、大柄のドイツ人に囲まれて、自分がかわいくなった気がしました。欧米に行けば私にも恋人ができるのでしょうか。。。

ユーザーID:3021807100
何とも・・
3児のはは
2009年1月10日 0:27

少子化をひどく肯定的に捕らえる考え方には、
理想的な形に行き着くまでにどんなことが起こるのか・・
という想像力が欠けているように思います。

その主張は「自分以外の人間が多すぎる」
という風にしか聞こえません。

ユーザーID:8463327172
トピ主さんに質問
忘れた
2009年1月10日 2:07

>何か解決策はあるのでしょうか?

「解決策」とやらを探る前に基本的質問です。

子供の数が一体何人なら解決されたと思いますか。何人が一番いいんですか。 5人? 3人? 2人? 1人?

日本の人口は何人がいいと思いますか? 6千万? 1億3千万? 2億? 3億? 地球の食糧やエネルギー、環境危機のなかで、日本でどれだけの人間が豊かに生きていけるかということです。

この点の合意が取れて初めて、その人数に近づけるための策、つまり「解決策」を問う意味があるのでは?

ユーザーID:1721081944
少子化を恐れるもの、それは
保冷所・毛員
2009年1月10日 8:33

ずばり、政府でしょう。
ただえさえ日頃から不平不満の矢面にたっているのに、人口減によって必然的に予想される景気の悪化、増税、年金負担の増加等々でますます文句言われるのは目に見えていますからね。

医師不足の次は国家公務員不足だったりして、、、(必ずしも悪いことではないかもしれないが)

ユーザーID:3220001825
私の周りの人達
ふざけるなよ
2009年1月10日 9:01

私の周りの人達の話で申し訳ありません。ほんの一例としてここにあげておきます。私は30代半ば女性です。私の周りでは、子供の頃、女子でも、男子に負けずに勉学に励み、良い大学に行き、本人がなりたければ、医者でも弁護士でも何にでもなりなさい、という雰囲気でいっぱいでした。女子だから家事手伝いとか、花嫁修業に励みたい、という女の子は皆無でした。今現在、彼らの多くは世界中に散らばり、立派な仕事をしています。多忙のため、同窓会が成り立たないくらいです。又、これは別件ですが、私が世の中に対していつも腹が立つ事は、女子に対して、子供の頃は"男子に負けないくらい勉強しろ”と言う大人が、女子が成人すると、ころっと持論を180度変えて、”結婚、子育てについてどうにかしろ”と言ってくる事です。そんな、スーパーウーマンみたいな女子には簡単にはなれませんよ。こういう人間、正直、ムカつきます。心底、腹が立ちます。殺意さえも覚えます。”そういう自分はどうなの?大病院の院長先生で、プラス10人の子持ちのスーパーウーマン?”と言い返す事にしています。

ユーザーID:2093549170
高齢化後の社会
ダンゴ虫
2009年1月10日 13:11

>ダンゴ虫様おっしゃるような社会制度というのは、できるだけ小さな
>政府で、国に頼らない方向だったりしませんか?

少し違います。
財政規模としては小さな規模ではありますが、国はたくさん集金して
たくさんばら撒くのではなく、舵取りをすべきだという考えです。

私の高齢化後の社会論は全部話しきるのは難しいですが、現在の
日本社会には大きな無駄が2つあります。

1つが大学。
日本の大学は多すぎ、本来大学へ進むべきでない層まで進学して
います。
しかもその目的は就職のパスポートを得ることだったりします。
このデノミをすれば4年分の若い労働力が大量に出現します。

もう1つが老人福祉施設。
あくまで「お客様」として入ることが想定されています。
将来的には社会リソースを食い潰さずに大量の収容能力が
求められます。
「老人寮」として改編し、体の動くうちに入って体の動かない
老人を世話し、順送りに自分が体が動かなくなったら新入りに
世話になるといった自己完結型の施設になることを求められる
でしょう。

私はもう少子化の次の対策をしてますよ。

ユーザーID:6261744460
DNAの選択
ダンゴ虫
2009年1月10日 13:19

>卵子の数にくらべて精子の数は多い。
>女性は多く欲しいけど、男は優秀な人間だけが少し残っていれば良い。

いずれそうなると思います。
技術の進歩で、「経口男児避妊薬」「経口女児避妊薬」などというのが
遠くない未来に実現すると予想しています。
実現すれば最も高い予想で9割が女児を希望し、合計特殊出生率が
1.3前後でも人口増加を維持できるようになるでしょう。

ユーザーID:6261744460
増えすぎた人口
サイサリス
2009年1月10日 14:02

長生きしたい、消費したい、楽をしたい、他者より上に立ちたい、愛したい、愛されたい、いつまでも若く・・・
個々が貪欲になったぶん、個数を減らす事で帳尻を合わせようとしてるんじゃないでしょうか。

少子化を何とかしようと思ったら、何らかの我慢や負担が必要になるのでしょう。
それが立場や性別に関係なく皆が同じように我慢と負担を強いられるのなら、仕方ないかって思えますが
子ども無しだけ負担とか、子持ちだけに負担、だと嫌ですね。反対も多いでしょう。

個人的に一夫多妻だけはダメだなぁ。
夫の家だけで見せる間の抜けた笑顔は独り占めしたい。

ユーザーID:5449111538
中央集権国家が限界
ぴくみん
2009年1月10日 15:27

に来てるんだと思います。
今までは東京都が稼ぎ、それを公共事業という形で地方に分配、従えて来ましたがそれももう破綻寸前。
日本の借金が増えてくだけの構図になりました。

近い将来その借金を返すために消費税その他が上がることが予想されるため、お金のかかる子育てはギャンブルに近いんだと思います。

ライオンのボスさん
本気で言ってるんですか?
今の日本の底辺を支えてるのは男性です。
例えば下町の工場の金型を作ってるのもほとんどが男性。
世界中で石油掘ったり、ライフライン敷いたり管理してるのも男性ですよ。
そんなことすれば男性に代わって女性がこれらの仕事をしなければならなくなると思いますが。
そんなこと私には出来ないです。
貴女はできますか?

ユーザーID:9803400681
少子化「歓迎」ではなく「やむを得ない」
未婚男性です
2009年1月10日 16:19

一番最初にレスした者です。
これまで全てのレスに目を通しましたが、興味深く頷ける意見が多いです。

タイトルのとおり、私は少子化が問題ないとは思っていませんし、最初のレスでもそう書いていません。
ただ、大幅に施策を強化し本気で出生率を上げようとすれば、財政負担等マイナス面との比較で効果が薄いのではないかと。
これまでのレスで数多くの原因が挙げられているように、少子化は多くの要因が複雑に絡みあった構造的なものですから、対策による改善は困難でしょう。

1月9日のレスで神さま様が指摘されているように、少子高齢化という点では団塊の世代が70〜80代になる頃はかなり厳しいかもしれませんね。その点は私も心配ですが。

あと、既出レスでも、
「希望の性別の子供を産めたら」
「一夫多妻」
といった意見が出ていますが、
私も、「結婚や生殖などにおいて、これまで法で禁じられていたりタブーとされていることを次々と認めたら・・・」と思うことがあります。
具体的にどういう事かは、ここでは書きませんが。
でも、保守的な方々も含めた社会的合意がないと、現実にはほとんど不可能でしょう。

ユーザーID:7190742513
女は子供を産む機械ではない
むにゅ
2009年1月10日 22:16

前回は、少子化を問題視すること自体に意見しましたが、トピの趣旨を外れたようにも思ったので・・・
現代日本の社会システムにおいて、女性が子供を産む役割を失ったことが要因だと思います。

もちろん女性にしか子供は産めません。
ですが、現代日本の女性は子供を産む役割を多くが担っていないのです。
それは、結婚しない、結婚する相手がいない、自分の人生において不要など、要因は違えども何らかの理由を
もって社会において出産を否定、または拒否できるようになったのが少子化の大きな要因だと思います。
現代の男性が魅力的でない人間が多いのも事実でしょうが、いつの時代もイイ男ってのは限られるはずです。

現代は望まない結婚を強制されるような封建的な過去の酷い時代とは違います。個人の意思が尊重される時代です。
少子化は選択肢を増やし、豊かに自由に生きられる時代を選択した結果です。
幸福な時代になったからこそ、子供を産むことも選択できるのです。
ただ、子供を産まない選択肢ができたのだから、望む人には望むだけ子供を授ければいいのにね。
神様は本当に残酷だ。

ユーザーID:0733056645
親世代を見てきた結果携帯からの書き込み
まるこめ
2009年1月10日 23:03

高度成長期で、収入も上がっていく、未来にはもっと便利な世の中があると思えている時代と、ある程度物があり、不自由なく育った今の20〜30代が育った時期では、親の子どもに対する姿勢も違うし、子どもからの目線も違うのでは。

私は30代ですが、「一生働け」「早く出産して後悔した」と刷り込まれ、出産育児には特に言及されず、実際に二児の母になってから、出産育児の重要性を理解しました。

まず、日本の少子化を止めるには、今育児をしている方が、「出産育児はとても素晴らしい大切なことだ」と、子どもに教え続けることではないでしょうか。

ユーザーID:6569710226
子供はかわいいけど
匿名で
2009年1月10日 23:32

とにかく睡眠をとれないのが耐えられません。
一晩ぐーーっと眠れないのは我慢できません。
母親だから耐えれるはずといわれても、我慢できません。子供一人をなんとか育て上げましたが、二度と満足に睡眠できない育児をしたいとは思いません。

ユーザーID:4718249728
私は社会的要因や気候変動に1票
MIOLI
2009年1月11日 4:33

こう言いきって記すと、何で?と思われるかも知れませんが。
私の勤務先では、いろいろなお子さんを預かっています。
まんべんなくお預かりしているはずの彼らの誕生日は固まっています。
多いのは4〜5月生まれ。それと12〜1月生まれ。
逆に少ないのは10月から11月生まれです。
指を出して8か月分マイナスしてください。
夏場や冬場の長期休みがある時には出生率が上がり、3月の仕事が忙しい時期には、出生率が下がるのです。

つまり、人間は社会情勢で出生が左右されています。
これは、3か所同じように小中学生を預かっている職場を回って、どこでも似たような状態でした。
同僚も同じことを指摘していました。(特に冬場発?は増えるらしい)

なので、少子化の本当の原因は、仕事が恒常的に忙しいこと、そしてそれが男のみならず女も巻き込んでいるため、加速しているのだと思います。

ユーザーID:3419743696
言いにくいこ、でも真実を言ってしまいます
ふ〜
2009年1月11日 6:34

理由は大きくみて、2つです。
1)中国や東南アジアの追い上げに敗れつつある。
以前のように勤勉でまじめに働くだけでは勝てなくなってしまったのです。一定の能力や知識なしでは、まともな生活を維持することができません。ほとんど全員が貧しかった時代は、それでも皆、結婚できました。今では一定のレベルに到達しなかった人は結婚の対象から外されてしまいます。めでたく結婚できた人も子供が勝ち組に入れるよう十分な教育を与えるため1〜2人がやっとということになるわけです。

2)日本人は不幸にしてみかけが不細工
あまりに見かけが悪いと好きになれないんですよね。かわいいな、かっこいいな、というのは恋愛において重要な部分をしめます。こういうことを言うのは一般にタブーとされていますが事実なのは皆が知っていることです。日本人は例外を除きサル顔で短太足で外見だけでは魅力に欠けるのです。

かなり悲観的に聞こえるかも知れませんが、そうでもないです。不細工な人が淘汰され賢い人が残った段階で、少子化は止まります。恐らく2〜3千万人くらいまで下がるのでは。残念ながら、これが現実なのです。

ユーザーID:0766590837
結婚難だから、だからかなぁ携帯からの書き込み
イキオクレ
2009年1月11日 11:35

4.晩婚、晩産化
7.その他(未婚率の上昇)
7.その他(若年層男性の雇用状況の悪化)
だと思います。

結婚難の時代らしいですね。
既婚者の産む子供の数は2人ちょっとで変わっておらず、非嫡出子が極端に少ない日本では、未婚率の上昇は少子化に直結する、と聞いたことがあります。
また、未婚率の上昇は、若年層男性の雇用状況とリンクしているようですね。
ソースは覚えていませんが、30〜34歳男性については、年収500万円までは年収と結婚率は比例し、500万以上では大体7〜8割なんだそうです。
男性が未婚ならば、女性ももちろん未婚になります。

女性の結婚率と収入には相関関係はないそうです。
ということは、500万以上の年収が得られる人数のパイが決まっているなら、それを男性が占めたほうが、結婚率の上昇、ひいては出生率の上昇を望めるでしょう。
よってもうひとつ。
7.その他(女性の社会進出)

ユーザーID:9366185485
子供に生きるエネルギーをもらいました
yann
2009年1月11日 22:53

 私には三人の男の子供が居ます。今では皆社会人になっています。
子の幼少時には家の中、道路、公園等でそれは良く遊びまわりました。
当然貧しい生活を工夫してくれた妻にも感謝です。旅行と言っても
近場の公園や海等お金の掛からないところばかりへ
自家製弁当持参で行きました。
 
 一番困るのは朝のトイレで、我慢できなくなると庭先で
用を足すこともありました。
 貧しくても苦しくても子供の笑顔は常に私たち夫婦に生きる力を
与えてくれました。

 今では子供達が早く彼女を見つけて結婚して孫の顔を
見せてくれることを待ち望んでいます。

「結婚や生殖などにおいて、これまで法で禁じられていたりタブーと
されていることを次々と認めたら・・・」と思うことがあります。
との意見がありましたが、倫理、親子関係等複雑な諸問題が
噴出必定。やはり一定の枠は必要だと思います。
若い夫婦に子供は男か女どちらが欲しいですかと聞くと
多くの夫婦は女の子と答えます。
男女産み分けを認めれば問題ありです。

ユーザーID:4577297951
女性の社会進出が原因です
えむえむ
2009年1月12日 2:15

女性の社会進出により、男性の給与が減ってしまっています。
会社が支払える給与には原因があり、男女の社員を均等に雇うには給与に限界があります。
また、キャリアを選択した女性は晩婚や不妊、結婚しないなどの問題を生じさせます。
昼間に勤務しているため井戸端会議のようなコミュニティが減っていまい、子育てアドバイザ的なおばちゃんとの接点が消えてしまいました。
軽くですがこれで1〜4の説明ができると思います。
5の"核家族化"は家で面倒を子供の面倒を見る人がいないということでしょうか?
ならば、5も説明できます。
6は女性の社会進出がなければ、問題すら発生しません。

しかし、女性の社会進出はビジネス的に美味しいんですよね。
専門にしている活動団体がいるくらいですし…。

国の財政も限界でしょうから、格差が広がるのは仕方ありませんね。
このまま男女平等を続けるのであれば、何かを切るしかありません。
法律を決める政治家や官僚は、富裕層が多いので子育てに危機感を感じていないんじゃないですかね。
子育て重視より、老人介護重視の方が票も取れますし。

このままでは日本人が消えてしまうのでは、と思います。

ユーザーID:4245415895
集約すると2.経済的不安かな…。
ももか
2009年1月12日 12:53

少子化は、将来の経済的不安を強く感じて決断できない人が多いせいかなと思います。
「社会格差」をクローズアップする報道・情報のせいもあると思います。

子供を育てるのにかかる費用や苦労と子供を持つ喜びを比較して、
「そりゃもちろん子供だよね!」と言えない人も多いですね。

結婚しても仕事を手放してまで出産するなんて「怖くてできない」
子供がいつ巣立つかわからない(進学・留学し続けたり、職につかない)「不安」
自分の仕事すら順調にいくかわからない「将来が読めない不安」。

ここに個人の不安要素(例えば親の介護、仕事とか病気など)が加われば
より出産に対してネガティブが出やすいと思います。

でも周囲の子育て中の友人は、男性も女性もとても幸せそうですよ〜。
子育てにGOの決断を下した人は、幸せだなって私は思います。

ユーザーID:1237913624
メリット
tata
2009年1月12日 13:26

>悲観的な意見ではなく、メリットの意見ある人居ませんか?

メリットありますか?
まあしいて言えばこれくらいはあるかもしれませんね?
1、精神的なもの・・・人によりますよね。
それで充足する人はいるとは思いますが
そうじゃない人も多々います。
現に痛ましい子供虐待とかは頻発してますし。
最初から作らなきゃいいのにとそういう事件を聞くたびに思う。
そういうのに自分があってそうかそうじゃないかは馬鹿じゃなきゃ作る前にわかるでしょ。
2、すずめの涙ほどの援助が国か地方からもらえる
まあ、子供にかかるといわれる3千万とそれ以上の精神的負担の前にはすずめの涙ですね
3、周りが評価してくれる?
田舎じゃまだあるかもしれません。
でも東京じゃまったくありませんし、誰も協力してくれません。
そういう育児サークルくらいあるかもしれないんでがんばって探しましょう。

まあ、年収わずか500万、独身男の私がその自由を捨て、
必死に確率の高くない結婚にむけての活動してつくるほどの
メリットはまったくなさそうですね。
まったく性格的にあってないし。

ユーザーID:9329782490
「少子化」を非難しているのではなく、無策を非難
3児のはは
2009年1月13日 0:01

「少子化」自体は、非常にさまざまな要因が絡んでの結果ですし、
人口が増加し続けることを礼賛している訳ではありません。

ただ、現実に少子高齢社会になって、日本のいびつな社会構造が問題を
起こす可能性が非常に高いのに、あたかも、それは何でもないことと
して、考えることを拒否する姿勢に腹が立つのです。

あれこれ心配して、何も問題が起こらなければそれは一番いいことで
何も考えずにいて、何か問題が起これば、最も最悪です。

非常に面倒で嫌なことですが、私たちは大人なんですから、
「これは夢だ、悪い夢だ」と目をつぶっている訳にはいきません。

余談ですが。ダンゴ虫さんのおっしゃる

>体の動くうちに入って体の動かない
お年寄りを世話し、順送りに自分が体が動かなくなったら新入りに
世話になるといった自己完結型の施設になることを求められる
でしょう。

この構図は、地方の農村社会ですでに行われています。

ユーザーID:2639129207
男女平等は実現していません
ダンゴ虫
2009年1月13日 16:56

>女性の社会進出により、男性の給与が減ってしまっています。
>このまま男女平等を続けるのであれば、何かを切るしかありません。

実現したのは「女性の社会進出」であり、「男女平等」では
ありません。
「女性が社会進出」した分だけ、「男性を家庭回帰」させてこそ
男女平等です。

女性は労働マーケットは開放しろと要求したのに対して、男性が
やってきたのと同じだけ専業主夫を養って家事マーケットを開放
しませんでした。

キャリア女性が専業または兼業主夫を養えば、「収入では女性に
かなわないけど家事では女性顔負けの腕を身につけて結婚を目指そう」
という男性が出てくるでしょう。

それに対して、「男の家事は女性の家事より一般的に劣るから
専業主夫を養うのは無理」という反論は、「女性の仕事は一般的に
途中でやめたり男性より劣るから昇進させるのは無理」といって
いるのと同じことなんですよ。

ユーザーID:6261744460
男女平等って、一体、何なんでしょう? 
昔は美人
2009年1月14日 10:38

そもそも男性と女性では体の構造が違うのですし。

女性が産む性であることを置き忘れて議論しても始
りません。

公務員など、ごく一部の職場では出産前後のお休み
も十分に取れますし、職場復帰を約束されています
が、民間はそうは行きません。出産を躊躇する女性
がいても責められませんよね。

女性医師が、働くことを諦めなければ出産・育児が
できない現実をつい最近のテレビでも報じられてい
ました。

キャリア女性でさえそうなのです。

家事マーケット云々で片がつく問題とも思えません。

社会的支援が必要です。

そしてそれは少子化問題を論ずる以前の問題です。

ユーザーID:2814433335
ダンゴ虫様、私は専業主夫です。
専業主夫ですが
2009年1月14日 13:09

>「女性が社会進出」した分だけ、「男性を家庭回帰」させてこそ男女平等です
 妻にそれなりにキャリアがありますし安定した職種ですので妻が無事であれば問題がありませんが妻に何らかの問題があった場合、寡婦と違い寡夫は遺族年金その他で大変不利です。ただ、寡婦の保護に寡夫も加えるのでなく特別扱いをやめる方向で進んでいるようですので、そもそも共稼ぎを前提とした社会を作ろうとしているのだと思います。
 二人の子どもがいますが男性を家庭にといわれても私に子どもを産めない以上妊娠中拘束されるのは妻で、妻は同期男性に比べて昇進の遅れは否めません。それは覚悟の上ですから私たちは仕方ないことと対処していますが、キャリア女性に専業男性を養えというのはキャリア男性が専業の主婦を養う以上に相当なリスクを負わせる行為だと思います。
 ついでに、専業主夫だといっていやな目に会うのは女性相手よりも男性相手のほうが多いようです。

 そうそう、本来のテーマの少子化の原因は人口が増えすぎてるに一票ですかね。

ユーザーID:6187573257
こっちが聞きたいです
ダンゴ虫
2009年1月14日 13:35

>男女平等って、一体、何なんでしょう?

働くときには女性に男性と均等の機会をといい、一方では
女性は産む性だから男性より配慮しろという。

こっちが女性に「そっちの主張は何なんだ」と聞きたいぐらい
です。

仕事で女性に男性と均等の機会をという人は女性にもっと
専業主夫を養えとは言わない。
「昔は美人」さんみたいな人は男性に収入を集中させる
ために女性の社会進出を制限しろとは言わない。

男女平等を主張する女性と役割分担を主張する女性同士で
決着をつけてください。

こっちはどっちに決まってもいいけど、いいとこ取りの
主張しかしないのは卑怯じゃありませんか?

ユーザーID:6261744460
女性の社会進出かな
百花繚乱
2009年1月14日 15:58

女性の社会進出が大きいと思います。昔のように主に一般事務職を数年で退職するしかなければ、その後自然に結婚出産の流れは今でも変わっていないと思います。社会に出て働く楽しみ、そして自分のお金で遊ぶ喜びを知ってしまえば、もう元には戻れません。男性に対する目も肥えすぎてしまいました。昔なら結婚できたであろう男性も、今の女性からははじかれてしまい、晩婚化も進んでいます。子供を持つ喜びと、自分を楽しませる喜びを天秤にかけ、子供を持たない選択をする人も増えています。

出生率をどうやって上げるかですが、育児をおしゃれなものとアピールするのはどうでしょう。子どものいる女性政治家にファッションアドバイザーをこっそりつけて、女性誌などで子供のいるおしゃれなライフスタイルを紹介。大企業の要職に就いている才色兼備な女性を、子供とともにアピール。皆があこがれるようなアイコンをどんどん作り上げてしまうのです。元来女性は欲張りなので、素敵なものは全て欲しがります。仕事おしゃれ子供夜遊び、全て手に入れ輝く女性がいたら、フォロワーが出てくると思うのですが。ちょっとふざけ過ぎでしょか。

ユーザーID:3462004666
タイトルを間違えました
由布
2009年1月14日 18:25

9日の投稿で、とても考えなしなタイトルをつけてしまいました。申し訳ありませんでした。未婚男性ですさんのお言葉をそのままお借りすると、「歓迎」ではなく「やむをえない」です。内容自体もトピのテーマからずれてしまいました。今後は、もうすこし考えてから投稿したいと思います。

ユーザーID:5042702886
たぶん…
うま
2009年1月14日 18:29

女の人から様々な権利を取り上げると、子供が増えたり、結婚が増えたり、男性の収入が増えたりします。
現在は女の人に以前よりも権利を与えすぎてしまったのではないでしょうか?

女は自分自身のコントロールが難しいです。
ホルモンの関係上明らかです。
なのに権利を与えるとこんな結果になってしまい、本能まるだし→経済成り立たず になってしまったりもします。

実は人は国家の策略によってうまい具合に生かされているだけですから、女性に縛りがなくなり、権利を与えれば収拾がつかなくなり国家が破滅するのは当然なんですよね。

赤字なしで経済発展するには女性の権利を取り上げるとすぐに結果が現れます。
このままだと破綻が実に見えている為、日本は先住民と同じ時代の生活スタイルに逆戻りが早まっていきます。
でも、その後また復興します。これが繰り返されるだけです。

何かが犠牲にならないと何かが起きないのです。

ユーザーID:7887708883
正直な気持ち
匿名希望
2009年1月14日 21:07

子育てほぼ卒業したものです。
たった一人しか育ててませんが。一人しか産まなかったのは・・
私の場合はキャリアとか経済問題とかではなく、
とにかく夜起こされるのが耐えられない。
本を読むことが大好きなのに子供にふりまわされて読めない。
自分が病気をしたときでも体をやすめる事もできない(核家族で夫は出張が多く頼りにならない)

そう、わがままかもしれませんが子供に振り回されることに耐えられないんです。もちろんわが子はかわいいですが。

育児真っ最中のとき病気をし、乳飲み子をかかえて休養もできず結果病気が悪化し、死にかけました。
夫も手伝ってはくれましたが、仕事をいつもかもほおりだすわけには行きません。病中うすれゆく意識の中で子供は一人で限界だな、と思い今にいたります。

ユーザーID:4718249728
自分の半径数メートル
ユッキー
2009年1月14日 23:15

男女の性差が少なくなってきたことも原因のひとつですね。
男性と同様に、またはそれ以上に仕事ができる女性が増えてきました。
同様に、女性と同様、またはそれ以上に家事育児ができる男性が増えるようにすべきですね。さすがに出産は無理ですけど。
男女“家事育児”機会均等法はどうでしょうか?

出産育児を代わってくれるなら働くという女性はとても多いです。など
このように、自分の周りだけの少数意見を述べたところで、
ああそうですか、そのような人もいるのですね、それで?という反応しかできません。

私も同じように言わせてもらいますと
私の周りでは、女性が男性並みに稼ぐなら専業主夫になりたい、と言う男性ばかりですよ。

男女別の平均年収、専業主夫率などのデータを基に話し合わないと建設的な意見は生まれません。
(駄)ならそれでよろしいのでしょうが。


>家事がうまく出来る男性も現実的には少ないです。
男性は家事をうまくできないと決め付けるのは、女性は仕事をうまくできないと決め付けるのと同じですよ。

ユーザーID:1638172283
本当は子どもたくさん欲しかった
子沢山の家のこども
2009年1月15日 2:42

夫も、私も今時どちらかというと珍しいたくさんの兄弟に育っています。
でも、自分たちは子ども2人です。
本当は私ももっと子どもが欲しかった。
でも、まずすでに生まれ、生きなくてはいけない家族の安定した生活を壊してはいけない。
私は特に、封建的で(娘はともかく)妻をボロ雑巾のように扱う父親と、そのせいかどうか苦労ばかりで早死にした母の姿を見ていたので、誰かの犠牲の上に成り立つ幸せの欺瞞を忌み嫌っていました。人に多大な迷惑を掛けず、誰かを犠牲にしないとすると、一般的には一世帯子どもの数は1〜2人くらいまでなのかと思います。

ユーザーID:7943128806
ご無沙汰しております。
偽妊婦(トピ主)
2009年1月15日 13:54

活発なご意見をたくさんいただきありがとうございます。

でも、感情的に何度もご投稿されていらっしゃる方をお見受けします。

お気持ちはわかりますが、感情論ではなく
もう少し冷静になっていただければと思っています。

子どもは何人いればいいのかというご質問がありましたが、

統計上では2.7人が必要とのことですね。
人口を増やすということだと思います。

個人的には1人でも、2人でも安心して子育てできる環境を作らないと、
ますます、「産まない、産めない」人ばかりになるのではないでしょうか?

ユーザーID:5434179873
私の周り・・・
もずく酢
2009年1月16日 12:50

女性の社会進出が少子化を促進という意見が出ていたのですが・・・

私は共働きの3児の母です。
東京郊外の住宅地の待機児がほとんどいない地域に住んでいます(そういう地域もあるんですよ)。駅に近い保育園や誰にとっても便利な場所にある保育園には入れませんが、駅から遠くて生活に多少不便な場所の保育園だと結構入れます。
夫は都心通勤ですが1時間ちょっとで行けます。

保育園には3児4児の母が多かったですよ。1人っ子は稀でした。
職業は公務員(一般的な事務職ではなく、特殊な能力や資格が必要な専門職の方が多かった)がダントツに多く、あとは福利厚生の整った大企業勤務の方でした。
だんなさんも得てして休みが取りやすく、育児に協力的で、収入はかなり高め、というおうちは子どもが多かった。
小学校に入ると、専業主婦の家庭は1人とかせいぜい2人という家庭ばかり。特にお父さんが忙しいおうちは少なかったです。
専業主婦の方の閉塞感も伝わってきました。

共働き家庭で双方が仕事と家庭のバランスが取りやすい職業についていて、生活に安定性がなければ、子供は産めないと思います。

ユーザーID:2058905893
社内恋愛の実質禁止が大きいでしょう。
あきお
2009年1月16日 22:35

昔の人は社内結婚が多かったです。特にまじめで平均的ないい夫になるような人はそうでした。

しかし最近は、声をかけるとセクハラ、新人を誘うとパワハラ、飲み会に誘うとアルコールハラスメントとなります。実際、濡れ衣的に左遷という話も聞いたことがあります。よほど女性なれしたイケメンでなければ、怖くて声を掛けることも難しいでしょう。

しかし女性は、相変わらず男から声をかけるべきだと主張し、最近の男性はひ弱だと攻撃しています。
社内社外合コンとかを上場企業は義務化すべきではないでしょうか。

ユーザーID:6306455719
非婚化が問題なのか?
miu
2009年1月17日 2:21

少子化という現象の善し悪しはおいておくとして、なぜ出産の前提として結婚が必要なのか?ということを疑問に思いました。私は欧州の某国に住んでいますが、結婚と出産は必ずしもセットの現象ではありません。それどころかシングルで出産/育児をする方が優遇されるので(保育園の優先入園やら、税金やら健康保険やら。)わざわざ結婚しないカップルまででてくる始末。それでも国としては子供を増やす、という方向で動いています。

私の周りにも子供は欲しいから作ったけれど、子供の本当の父親と暮らしている女性ばかりではありません。自分の子供以外のパートナーの子供とくらす男性は多いし、夫婦で連れ子をしていて誰が誰の子だか分からないような子だくさんカップルもよく見かけます。

それは子供にとってベストな環境かどうかは分かりませんが、とにかく子供は皆で育てるものという社会的な背景ができつつあると思います。

子供を増やすということに社会の主眼を向けるなら、非婚の問題とは切り離して、まずは女性が子供を産みやすい社会へと意識の変革をはかりつつ、行政の制度を整えて行くというのも1つの方向だと思います。

ユーザーID:3244463205
大きくみれば経済事情かな
パット
2009年1月17日 16:08

少子化の原因は、国民の生活レベルが上がったからでしょう。
その生活レベルを維持するのにはお金がかかる。
子供ができるとさらにお金がかかって、今の生活レベルを維持するのが難しくなる。
生活レベルを落とすのはなかなか大変ですからね。
例えば、夫婦で3LDKのマンションに住んでた人が、子供ができたら6畳一間のアパートに親子4人住んでも平気という人はなかなかいないのでは?
それができるのなら子供を多く産んでも大丈夫でしょう。
でも、それができないから制限するんじゃないですかね。

ユーザーID:8652057226
長男信仰への声無き抗議
うてな
2009年1月17日 16:43

個人的意見、失礼します。
父方がタイトルの通りの家風でした。次女である私は期待外れとして粗末に扱われました。

大人になったら父は男の孫を産んでくれと「注文」し、お見合いを幾つも持ってきて閉口させられました。
女に生まれた私を受け入れず、男のような名前をつけて刈上げヘアを強要したくせに、生殖だけ期待するのかという怒りがこみ上げます。
子供を作る気には一生なりません。

小町にも、家業を問わず男の子を産まないと嫁が責められるという嘆きがあふれていますし、友人も老舗に嫁ぎ跡取り息子を期待されています。その緊張からか友人は妊娠できず悩んでいます。

子供が減るのには、このような原因も少なからずあるのではないでしょうか。

こうした長男、男児の偏重が女性に圧力をかけて妊娠しにくくし、あるいは拒否させているのではないでしょうか。

生まれた子供に文句つけるのなら、一切産みません、と。

ユーザーID:8911626014
実のところは・・・
寒がりペンギン
2009年1月19日 6:36

少子化というのは、自然にそうなったわけではないです。
制度上、妻が家にいるインセンティブが働くように設計されています。
これは、短期的に競争力を確保する上では優位性がありましたが、人口動態を左右するほどの長期で見ると、様々な面で歪みをもたらすことが分かってきました。

だからこそ、少子化に歯止めをかけようとしているのですね。

それから、「統計上2.7人必要」とありましたが、正確には「長期的に人口を維持するためには、合計特殊出生率で2.07人必要」です。
この数字を長期で維持することが出来れば、政府・企業・家計の3部門の最も効率的な投資が出来るようになり、ひいては社会全体の無駄と負担を無くし、結果的に全ての人間の経済的効用が増すわけです。

また、女性の社会進出が少子化を促進という意見がありましたが、これは客観的な根拠に欠けると言わざるを得ませんね。

また、うまさんの論理はちょっと違います。
最近では、男性だけで組織を構成するとリスクを取りすぎ、そこに女性を入れて組織の運営をさせることで、男性だけで構成するよりも成績が良いという研究が報告されています。

ユーザーID:4261968396
だからさぁ・・・
そね
2009年1月19日 13:43

miuさんさぁ・・・

ここは日本です。「なぜ出産の前提として結婚が必要なのか?」も分からないようでは、お話になりません。

小町には「おーべー在住」者がやたらといますが、決まって海外の価値観が優れていると言う勘違いと、日本の文化を無視した「おーべー価値観至上主義」にかぶれていますよね。女性は海外に済むと、日本のことをすっかり忘れてしまうのでしょうか。

こういう自国の文化も分からない人が海外で「日本人」を振りまいていると思うと、ゾッとします。

ユーザーID:3072993245
1月4日のとうもろこしさんに共感です
ゆみちゃん
2009年1月19日 15:06

とうもろこしさんと同じ状況で私も子供がいません。
同じ職場で正社員の女性が産休⇒育休を十分に取得した後、復帰、
1年して2人目を身ごもり、また産休⇒育休・・・
そのような状況をずっと見届けながら、働いてきました。
とても辛かったし、情けなかったです。
自分を責めたり社会を責めたり・・・
そして自分の中では「私は子供が嫌いだから」
という結論に無理やり持っていき、
なんとか正気を保ってきました。
もちろん、このような状況を改善するために
ありとあらゆる努力をしてきました。
夫も死ぬほど頑張ってくれました。
でも、2人の生活を支えていくのが、
やっとでした。
以前、ニュースで
少子化大臣に選ばれたのは子供を産んだからだ・・・
などと言った政治家がいましたが、
私としては、子供が欲しかったけれど、
経済的事情で持てなかった人を
大臣にしてほしいです。

ユーザーID:2688678982
将来像がいまいち描きづらい
2009年1月19日 16:11

我が家は子どもなし夫婦共働き、夫は国立大の職員、私は民間の正社員です。
結婚時、双方実家からの援助もあり、経済的にも恵まれている方だとは思います。

でも、大学の職員(研究職)といっても、有期雇用ですし、
タイミングによってはいつ無職になるか、無職にならずとも、
いきなり遠方の大学(研究機関)へ行く事もあり得ます。

私も、社則で産休・育休が保証されているとはいえ、
権利を行使するのに並大抵でないストレスがかかりそうです。
もし夫が遠方で就職して、その職でテニュアを取れていなかったら、
私も退職したくないけど、一人で出産育児を乗り切る自信もありません。

出産で母親が職業を辞めなくてあたりまえ、な社会の仕組みと、
家庭の事情が伴わないと、子どもを作ろうという覚悟になかなかなれません。
親になる人の将来(どこで・どのような立場で働けているかなど)が
予測できないと、なかなか…。

自分たちの努力も尽くした上で、楽観的になるしかないか。
日本の堅苦しさも苦手。経済的に、全体的には少し落ちても、
リラックスした社会がいいです。

税金の使い道がわからなくて、返してくる程のお国だものね。

ユーザーID:1995857041
少子化が進んでも大丈夫
yuyu
2009年1月19日 17:00

少子化が進むことによっての社会的なデメリットって何ですか?
労働力が減少して、社会保障を支える人材がいなくなる
ということでしょうか。
高齢者は労働力になりませんか?
年齢ではなく、能力や状況でできる範囲で働き続ければ
いいのではないでしょうか。
生涯現役!少子化が進んでも社会は対応できますよきっと。

ユーザーID:0068791464
日本と欧米の価値観
そうですかね?
2009年1月19日 19:49

そねさん、
欧米の価値観が必ずしも優れているとは思いませんが、小町に関して言うと、欧米の価値観を認め、称える傾向にあると感じます。

例えば、「なぜ日本の男性はレディファーストができないのか?」というトピが立った時、大勢の小町の皆さんは、「日本の男性も欧米を見習うべきだ!」と回答していましたし、結婚で年齢問題が出た時は「欧米では恋愛に年齢は関係ないのだから、日本もそうなるべきだ」となります。

しかし、女性の皆さんに都合の悪い話題、例えば結婚や家計の話になった途端、「欧米の価値観なんて!」という方向になるのはなぜでしょうか?
都合の良い時は欧米を持ち出し、都合が悪くなると引っ込める。
これを不思議に思っている男性読者は結構いると思います。

miuさんは、少子化問題を解決させる一つのアイデアとして「必ずしも結婚が条件でなくてもいいでは?実際成功しつつある国もある」という提案をしているのみだと思います。
実際に日本男性にとって「結婚」とは家族を養わなければならない重い責任システムであり、これをもう少し軽減できる方向に働けば、少子化を食い止める一つの解になり得るのではないでしょうか。

ユーザーID:6010672805
トピずれですがそねさんへ
雪だるま
2009年1月20日 1:22

名指しで指摘してごめんなさい、ですが、どうしても「おーべー在住者」として一言申し上げたかったので。

miuさんは何も欧米のやり方が日本より優れているとは言っていません。ただ、ご自身が滞在している国で少子化対策に成功しているのを目の当たりにし、日本もそれに見習う所があるのではないかと言っているだけですよ。

欧米至上主義と仰いますが、どの国の政策にも失敗はあります。ただ、小町の場で失策を持ち出しても意味がないので自然と良い点ばかりが目立つのだと思います。

欧米流(あえてこう言います)をそのまま日本に持ち込め、と言っているのではないと。日本には日本の文化がありますので。ただ、参考にできる所は少しづつでも変えていくのが賢いかなと。進化ですよ。それなのに全ての欧米流を「ここは日本だ!」の一言で拒否してしまったら鎖国に逆戻りですよ。

世界中にいる小町からの情報発信です。有意義に受け取って下さるとありがたいです。

ちなみに、私のいる国(以前にもレスしましたが少子化対策成功国です)は、女性は出産後3ヶ月で仕事復帰します。私も女ですがこの国の女性のパワーには圧倒されます。

ユーザーID:1724514614
戸籍制度?
north
2009年1月20日 5:14

miuさんのレスについてですが、別に欧米をよしとしているのではなく、
現実に起こっている事実を書いているだけではないですか?
その中に参考になる要素も、或いは日本では絶対無理な要素も有るわけです。
フランスでは最近法務大臣が婚外子を帝王切開で出産し、
僅か5日で職場復帰でしたよね、色々な意味で驚きです。
私も仕事で米国によく行くので、単にその印象ですが。

1.不妊 -- 養子縁組が多い
2.経済的問題 -- 大都市でも日本よりは余裕が持ちやすい。
食品は無税とか、人口密度が圧倒的に違う。
3.子育てをサポートが得られない -- 民間、公共共に選択の幅がある
4.晩婚、晩産化 -- 結婚=出産でない 
5.核家族化 -- 既に一般的
6.出産によって、キャリアダウンするから -- 有りえない、訴訟問題になる。

モラル云々の前に戸籍制度が関係しているのかな、とも思います。
似た国で韓国も同様なのか?知りたい所です。

ユーザーID:1732599968
恵まれすぎているから…?
未婚男23
2009年1月20日 13:06

二人兄弟の長男ですが,
経済的問題は関係無くて,恵まれすぎてるからだと思います.
自分は裕福な家庭ではなかったけど,(むしろ貧…)
恵まれすぎであるかもと感じています.

「お金がなくて好きなものが買えなかったり,
 自由な時間が減ってしまう」
のではなく,
「いまお金を使うことで
 自分は苦しいかもしれないけど,
 将来の子供が使えるお金が増えたり,
 時間が×人数分増える」
と考えたいです.

ユーザーID:8110516941
韓国の戸籍制度はばっちり家制度「でした」
むささび
2009年1月20日 16:07

>似た国で韓国も同様なのか?知りたい所です。

韓国の戸籍を取ったことがあります。
儒教の国なので、「家制度」の戸籍でしたよ。

で、

「でした」というのは、今は韓国は、戸籍制度は廃止されたからです。
2008年1月1日から、民法が改正されたので。
もっと詳しく知りたいと思われましたら、
http://www.k-sup.net/familyregist
の、「様式見本を日本語翻訳版で見る」をクリックすれば、PDFで見ることができます。

ユーザーID:7767073454
輪廻転生???
大人買い
2009年1月20日 19:10

ある漫画を思い出して思ったのですが。

7人?だったかな?の仲間がある病気にかかり、ワクチンが一人分。
一人だけ打って後の6人?は同時期に感染して亡くなります。
その後、輪廻転生したけど、ワクチンを打った一人だけ、年齢が違う。

単なる漫画ですが、もし、輪廻転生があるのなら、これだけ年寄りが生き延びると、輪廻転生してくる新しい命って、少なくなって当たり前?

ってことは、少子化の今の子供たちが大人になったころに、またベビーブームが起こったりして???

単なるオタクの戯言です。

ユーザーID:3738744583
肝心の部分が空論
ヤブツバキ
2009年1月28日 1:53

私はminさんの意見のほうが、ダンゴ虫さんよりも正論に見えるなあ。
年金が崩壊してもお年寄りを飢え死にさせないためにする政策が、
>体の動くうちに入って体の動かないお年寄りを世話し、順送りに自分が体が動かなくなったら新入りに世話になるといった自己完結型の施設になることを求められる

これではね・・。
ほとんどのお年寄りを施設に入れて、そのお年寄りに強制的に若い世代に奉仕させるなどというシステムが、社会的に受け入れられるほど世論が成熟するとは思えませんがねえ。憲法とかにも抵触しそうですし。政治ではなく宗教の世界だと思います。(その方面で行動を始めておられるなら、それはそれですばらしいことです)


消費税か所得税を上げて、子供のいる世帯のみ生涯にわたり大幅控除するほうが、既存社会ではよっぽど現実的なのでは。

ユーザーID:3268284947
利害一致
ho
2009年1月29日 15:28

男女ともに他人の面倒見るのが嫌だからですよ
男は女に対して養うという経済的な面倒を見るのが嫌
女は男に対して家事や身の回りの面倒を見るのが嫌

そんな嫌なことでも昔は
養う代わりに身の回りの世話をさせて服従させる(男側)
身の回りの世話をして服従する代わりに養ってもらう(女側)
という利害一致があったんでしょうけど

今は男だって身の回りの世話なんて家電の発達で
人にやらせなくても仕事の合間にできるくらい楽なもんだし
女は相手に服従して養ってもらわなくても自分で稼げる時代になったから
結婚しないことで利害一致しちゃってるんで

ユーザーID:7357194850
「正論」
ダンゴ虫
2009年1月30日 2:21

>私はminさんの意見のほうが、ダンゴ虫さんよりも正論に見えるなあ。

まあ、耳ざわりのいい、自分にとって望んでいる説が「正論」に見えるのは
しょうがないですよね。

2つの点を指摘しておきます。

まず、現行の年金制度は、日本の人口が増加しつづけることを前提に
設計されました。

もしこれが本当に想定通り回ったら、日本の人口は最終的に何人になるので
しょうか?
2億?5億?10億?
いずれにせよ破綻することは明らかです。

また、少子化が問題だと主張する人は、将来的に労働力不足になると
主張しています。

それでは、若者が大量にいた高度成長時代と、それより若者が大幅に
減ったはずの現在とでは、どっちが就職が簡単でしょうか?

これだけでも「少子化問題」を掲げる人が大嘘つきだとわかりそうなものです。

そうでないという人はいったい何を狙っているのでしょうか?

ユーザーID:6261744460
正論とは・・・
寒がりペンギン
2009年1月30日 20:13

正しい認識の下に、因果関係がハッキリした根拠を元になされるものです。

その点において、ダンゴ虫さんのレスには事実誤認がありますね。

現行の年金制度(賦課方式)は、人口が増え続けることを前提に設計されたものではありません。
賦課方式そのものは、以後の世代がその支払いをするというだけのことで、持続可能性という点において、人口減少が向かい風になるというだけの話です。
ですから、「増加」ではなく「負担の増加を許容」もしくは「長期的な人口の維持」がその持続の要件になります。

また、「就職が簡単かどうか?」と「社会保障制度やインフラの維持負担」は同列で考えるべきではないでしょう。
人口動態がどちらに傾くかによって、それぞれメリットやデメリットがあり、それをどのように評価・選択していくかという話ですからね。

「肝心の部分が空論」と指摘されてしまうのは、そういった制度の誤認や評価の仕方から出てくるものではないでしょうか?

ユーザーID:4261968396
超横ですが・・大人買いさんへ
りんりんのママ
2009年2月3日 17:52

そのまんがは「ぼくの地球を守って」ですね。日渡早紀さんの。
いまと過去自分の子供や夫や両親 どこかで繋がりがあっていまも繋がりがある。
こんな風にどこかで繋がってたら素敵だなぁと思います。

超横でした。トピ汚しすみません。

ユーザーID:9120128163
未来が明るくない
momo
2009年2月3日 19:07

子供を持たないという人は、ネガティブ思考ですね。

もちろん、私もその1人ですね。現在、子供が3人いますが、もう1人産みたいけど、お金がかかる自分の自由が無くなると言う理由で躊躇しています。

あと、どなたかが仰っていた「愛情不足」もかなり関係があるかもしれませんね。自分だけが幸せであればいいという自己中心の人が増えたのかな?
弱者である子供は邪魔な存在になってしまったような気がします。

ユーザーID:6418665822
優先順位が違うのでしょう。
エイリアン
2009年2月3日 20:20

「日本の将来推計人口」では、現在20歳前後の女性の6人に1人が生涯結婚せず(現在は20人に1人)、3割以上が子どもを持たないこと(現在は1割)が想定されています(2002年中位推計)。これは歴史的にも例のない社会だと思われます。

少子化を調べると、具体的に上のような数字が得られます。国がこの少子化を問題にするのはもちろん目先の問題もあると思いますが、私たちの孫の孫の孫の代にはどうなっているのだろうと、彼らが背負う日本の国はどんな姿をしているのだろうと、歴史に例がないので、では具体的にどうしますか。

海外の例などを持ち上げるとご機嫌が悪くなられる方がいらっしゃるようですが、はるか昔から日本という国はよその国から文化や学問を吸収して自国の文化や学問に役立てて来たので、つい今回も「おーべー」なるところも覗いて見たくなりがちなんでしょう。中国の一人っ子政策と日本の少子化があまりにも対照的で注目を浴びがちなんですが、問題ではないという人もいらっしゃるし、要は私たちの世代って「自分」を最優先させることにエネルギーを使って、ほかの事は後回し。将来自分のオムツは自分で代えましょう。

ユーザーID:3846923732
我がままに育っちゃったもんね〜
むいむい
2009年2月3日 20:38

20代前半で結婚するのは勿体ない・・・
旅をして世の中を知ってから・・・
沢山の異性を知って、見る目を養わないと・・・

こんな事を言う人がいますが、これ、全部錯覚です。
こんなことして見聞を広げても、精神性はちっとも成長しません。
逃げられない環境で、摩擦(まさつ)しながら人と付き合わないと心なんて成長しません。

だから、その場にいる人としっかり付き合えない人は、どこに行っても快楽を求めるだけで、うわべだけでしか物事を見られないし、まさか自分がそんな人物に育って行っているとすら気付く事ができません。

だから無駄な事は止めて、そばにいる人のいいところを見つけて、自分の悪いところも見つけて、一緒に育って行くほうが、幸せで心豊かな人生を送ることができると思います。

これは都市部への転勤を繰り返し、独身貴族や孤高を気取って生活してきた自分の、実体験に基づく反省文のようなものです。
感覚がすれてしまって、今では恋愛で結婚などという事の意味が良く分かりません。
皆さんは、そうなる前に身の回りの人から大事にしてくださいね。

ユーザーID:1851721811
私の少ない経験からお話させてください
ちよまるこ
2009年2月3日 22:05

3歳の子供と電車に乗って出かけると、よく外国の方に会いますが皆さんニコニコと笑顔であやしたり話しかけてくれます。
でも、日本人はそういった方が少ないです。
圧倒的に日本人が多いんですが。
子供が泣いているのを見て、ほとんどの日本人は
「あぁうるさい、あんなのの世話なんて絶対したくない」
と思い、外国の方の中には
「子供はよく泣くな〜、かわいいな」
と思う人もいる、ということじゃないでしょうか。

ユーザーID:2309282231
他のトピを見て思いついたのですが・・・・
ちび
2009年2月3日 22:09

ベビールームの完備や、支援センターの運営など、
子育てするお母さんたちを応援する動きとは反対に、
結構子育てに厳しい目が周りには多いのだな
と、いくつかの他のトピを見て思いました

その他トピの、トピ主様の意見自体は頷けることが多いのですが、
そこについてくるレスを読んでいると、
子育てしにくい世の中になったものだと感じるものが結構多いです

本能的に、子育てのしにくさを感じて、子供を産む気力がなくなっているのかも?と思いました

あとは極端ですが、人口調整のための少子化かもとも思います

医療が進み、寿命も延びたので、昔のような数を毎年生まなくても、人口は保たれているから、
本能的に個体数が増えすぎないように調整しているのかも?

考え方も、生活の仕方も、優先順位も多様化してきて、
結婚や出産に重きを置いている方ばかりではないというのもあるのかな?

ユーザーID:8431637207
私なりに・・・携帯からの書き込み
独女
2009年2月3日 23:23

努力しましたが、パートナーには出会えませんでした。
パートナーと一緒に子供を育て、幸せに過ごしたいと心から思っていました。
それも叶いそうにはなくなり、海外の子供達を援助する団体に属しています。
私は両親から愛情をたくさん受け育ちました。
私のように結婚さえしてない者も、結婚していて子供をもたない人達も、表面的な理由が全てではないと思います。
「愛情不足だから」なんて、よく考えて書いてますか?
とても悲しいです。

ユーザーID:0345106719
同感
くんた
2009年2月4日 0:17

久しぶりにここを覗きましたが、2月3日にレスされたお二人(momoさん、エイリアンさん)に同意です。

社会が悪い、出産・育児のサポート体制が整っていないって言うけれど、実際のところ、人間の生活なんて大変で手間が掛かってめんどくさいことをしなければ成り立たないのではないですか?子育てだって誰かがしなくては成り立たない。

今だって大変な生活の中で子育てしているご家庭がたくさんあるでしょう。でもそれをしなくても何の不利益もないから、あえてそれをしようとする人が少なくなっているのが少子化の原因ですね。

今自分に子どもがいなければ、自分中心で、将来のことは関係ないですものね。将来の社会を考えて産まなければならない理由はどこにもありません。

ほんと、自分のオムツは自分で換えられるのならそれでいいけれど・・・。

ユーザーID:5606011598
急激な人口変化があれば、やっぱり個人にもはねかえってくる
みつ
2009年2月4日 0:43

少子化自体がそれほど問題だということはないですが、
(それがゆっくりゆっくり進んでいくのであれば、
それはそれでなんとかなる)

急激な人口変化があれば、(それが減る方向の場合に特に)
そのデメリットは国とかお役所のえらい人とかだけじゃなくて
個人個人にも、もれなくはねかえってきます。

たとえば医療費。
今はまだ保険の制度が不安ではあっても、日本は一応は皆保険の
ある国だからいいけど、
そのうち手術するのに負担する費用が上がってしまって、
手術費用が払えないから手術が受けられないとかなったら、
私は困るなあ。

(年をとっていくと、ほとんどの人は医療費がたくさんかかるように
なるから、今は健康体でもけっこう深刻な問題かと思います)

年金ももちろん同じように問題があるけど、
こっちはもう国とかに期待してない人も多いのかもしれないですね。
(少子化問題なしという方達は特に)

でも将来どうなっても、それは自分たち世代の責任だし、それを
受け止めていくしかないですね。

エイリアンさんの「将来自分のオムツは自分で代えましょう。」には
笑いました。そうするしかないね。

ユーザーID:2629383885
産んだら原因がわかりました!携帯からの書き込み
あま
2009年2月4日 0:47

子供を持つこと自体が、簡単に見えてしまう事が問題なんです。「誰もがやっている」から、わざわざ「大変」と言えないし、言わないから世間にも国にも大変だとわかってもらえない。

出産だけでも、ビックリです。あんなに恐ろしい体験なのに、世の中の母親はなぜ、皆黙ってるの!?産んだら今度は睡眠は連続2時間以上取れないなんて聞いてなかった!テレビも本も何にも見れない生活って!先に言ってよ!

おそらく人生最大の疲れに襲われる出産→新生児育児。しかも、誰からも「大したもんだ」なんて言ってもらえない。

職場なら、そんな山場を乗り越えたら賞賛の嵐ですよ。昇任するよ。ホント、仕事の方が1000倍楽でやりがいある。

世間がもっと妊婦や母に感謝と敬意を持たなきゃ、バカバカしくて生んでられっか。
というのが本音かな。

ユーザーID:3907413415
21年1月1日現在の人口推計
min
2009年2月4日 0:57

0〜4歳:541万人
5〜9歳:577万人
10〜14歳:599万人
15〜19歳:612万人
20〜24歳:708万人
25〜29歳:759万人
30〜34歳:890万人
35〜39歳:964万人(私はここ)
  ・
(この間777万人ほどまで凹む)
  ・
55〜59歳:968万人

ダンゴ虫様が、「日本の人口が増加しつづけることを前提に…」とおっしゃってますが、誰も人口増加するまで出生率を回復させようとは思っていないと思います。人口減少のスピードがあまりに速すぎるということでしょう? 上はどんどん重くなるのに、相当な勢いで減っていってますよね。このまま減り続けたらまずいと思う私は「大嘘つき」なんでしょうか?

年金制度そのものを変えなければならないというのは当然です。問題の先送りをやめて、さっさと全部の世代に相応の負担をしてもらう。なおかつ子育て支援を手厚くする、それが少子化対策ということではないですか?

「人口減少を前提とした社会設計」は当然だと思います。その上で、産みやすく育てやすくするための対策は必須だと思うのですが…

ユーザーID:3805493267
子供は邪魔じゃないですよ
いまるはいい名前
2009年2月4日 9:53

“子供を持たないという人は、ネガティブ思考ですね。”
“愛情不足もあるかもしれない”
他人の考え方をこのように決めつけられるほど、子供をもったということは立派なのでしょうか?
だとしたらやはり子供はいなくてもいいな、と思わずにはいられません。
人間いかに鈍感になれるものかというのが
子供を持つ方々の意見からよく見えてきます。
子供は邪魔ではありません。
「希望」「未来」その他キラキラする様な言葉が一番似合うのは子供だと思っています。
邪魔に思うのは上記の決めつけたような、配慮の欠けらもない大人の、それも子供を持つ人の言葉です。
子供を持つことでそういった配慮とか気遣い、認め合う気持ちが人間から消えちゃうのでしょうか?

少子化は決して子供そのものが邪魔、不要といった考えからではないと思います。
そして産む、産まないも政府や社会が口出しすることでもないです。
幸せは自分が、それぞれの家庭が判断する気持ちです。
もちろん各々死ぬまで自分や自分たちで請け負う、責任ある幸せです。
子供を持つ方々に、認めろとは言いません。
口は出さないでいただきたい、と願います。

ユーザーID:9779742554
家族を思う素直な気持ち
くりりん
2009年2月4日 10:49

生後まもなく人手に渡ると子育ての仕方が分からない野生動物がいる、と聞きました。
母性本能といわれるものは、実は本能ではないそうです。
最近のいやな事件を見ると頷けます。

和やかな家庭に育って、より良い生活を目指すための教育を受けた人は、自然とそういう家庭を築き子を育てるのだと思います。
すべてではないでしょうが・・・。
子を持ち育てたいけれども叶わない人は私の身近にもいらっしゃいます。
しかし自分たちが受けてきた教育や生活と同質のもので育てようとすると「一人しか無理」という友人は少なくないです。
みな首都圏大手に勤務するサラリーマンで、収入だって平均以上と思います。
その彼らでさえ家を建て、子供を私学で育てるには一人しか無理なんです。
二人以上の子供を持ったのは親から土地を譲られた人ばかりです。

地方の方はご存じないでしょうが、首都圏公立で子育てするのは冒険、ギャンブルなんです。
地方と首都圏は公立と私立の関係が逆転しているのです。
私は公立学校の質を高めて、二人でほぼ家一軒分の教育費を、せめて半減させれば、少子化に歯止めが掛かると思います。

ユーザーID:6911473368
国の政策です。
Taro
2009年2月4日 11:08

国の政策です。

別の例を挙げると食料自給率がありますよね。
もう30年以上前から「日本の食糧自給率は低く、先進国の中でも最低だ」と小中学校の
社会科の時間でも教えている事ですが、相変わらす農水省は
「減反奨励金」という補助金や各種の補助金、各種制度を使い、食料減産になるような
政策を実施しています。
その政策をしたうえで「日本の食糧自給率は過去最低を更新!」と騒いでいるのはどこでしょう。

結局は、国の政策として、食料自給率を下げる政策を長年続けているのですから、食料自給率が
低いのは「当たり前」の事です。
これと同じく、少子化問題も、国の政策として、少子化になるような各種の政策、制度、補助金
等を駆使して少子化を何十年もかけて達成してきているのですから、これも「当たり前」の事

何十年もかけて長期視点で行ってきた政策の「成果」が「少子化」「食料自給率の低下」という
だけの事ですし、そのような政策を行う政府を選んだのは、やっぱり国民ということになるでしょう。

ユーザーID:3781645045
余裕がない!
りり
2009年2月4日 11:24

原因は、お金がない→雇用問題が一番大きいと思います。
結果として→子どもを産む話の前に、結婚ができない。
経済的に余裕があれば、結婚するし子どもも作ると思います。

少子化対策は、働くママへの支援が強調されますが、
その前に独身者は結婚できないんです!
そして、会社の育休が3年くらいとれて、
早退とかも自由にできて、託児所に預けなくても、
家で子どもをゆっくり見られる昔ながらの育児がしたいです!

あと産めよ増やせよという割には、産婦人科が少なくて
本気で政策を考えてるのか??と思います。

ユーザーID:9001530909
原因はひとつではないと思います
milk
2009年2月4日 11:41

様々な意見が出てる中、考えてみました。

4.晩婚、晩産化
「結婚」が個人の自由として定着した。
適齢期の意識が薄く、結婚時の年齢が多様化した。
「出産は結婚後」が不文律だから、
晩婚可能→晩産化も同時に進行。

2.経済的問題 3.子育てサポート 5.核家族化
これらが絡み合っている。
特に一人目よりも二人目の出産に、大きく影響が出る。
二人目出産時「妻不在時の一人目の面倒は?」となる。
また出産後に家事・育児が妻一人の負担となれば、
以降の妊娠を望まない妻もいるだろう。
家族の生活費、出産費用、学費の積立など、
出費が倍増する現実の前に、多産が選択不可能もある。

7.その他
前時代の女性には、適齢期内の結婚・2世帯同居・
出産・育児&介護が常識だった。
が、その生活は強制や妥協、苦しみだったのでは?
子供には耐える姿ばかりが映ったのでは?

戦後、個人の意志尊重が社会の風潮となり、
女性の経済的自立にも追い風だった。
故に生活と人生観の変化が起こり、
少子化も進行し続けているのではないか、と思いました。

長文すみません。

ユーザーID:9169381299
パパを家に帰して
はち
2009年2月4日 13:25

父親の帰宅時間が遅すぎます。
早くて22時、平均で23時です。週に1回は24時を過ぎることも。
必然的に子育ては母親一人で見てます。
偏頭痛で吐こうが、39度の熱があろうが私一人で子供を見ています。
祖父母の手伝いが得られる人が本当に羨ましいです。
土曜日も休日出勤が基本なので、子供が父親と遊べるのは日曜だけです。

専業主婦でも、裕福じゃない家庭でも気軽に子供を預けられる施設が欲しいです。(母親が体調不良でも預けられる)
ファミサポは事前予約制なので、頭痛等ふいの体調不良の時には全く役に立たないので利用したことがありません。
働きたくても、保育園は満員で就職が決まっている人しか入れません。
企業は保育園が決定している人や、祖父母がいて子供を預かってくれるあてがある人しか採用しません。
祖父母も無く、子育てをしている私には、この世の中はないないずくしです。

せめてパパが早く家に帰ってくれたら、せめて緊急の一時保育がそばにあったら。
ヘルパーやシッターを雇う程の収入があったら、祖父母がいたら、

もう一人産むことができたかもしれません。

ユーザーID:8108384229
うちの場合携帯からの書き込み
なかなか
2009年2月4日 16:42

39歳 フリーライターです。主人も同い年。子供は9歳です。我が家は収入的にはあと1人可能かと思いますが、この9年間、主人が転職したり私の健康状態が悪かったりで、作らず、それがすべて解決した時にはもうこの年で、出産も不可能ではないでしょうが、高齢出産のリスクが恐くて1人っ子ということになりました。収入は夫婦2人で手取りで700万円ほど、地方都市在住です。ちなみに妹は世帯収入手取り300万円でこども2人、しかも東京在住で、お金がなくて七五三も祝ってあげられなかったとこぼしていましたが、だからって不幸そうではないです。要するに原因も十人十色ってことで。

ユーザーID:7574116208
まぁ、あれだね
kk
2009年2月4日 17:16

色々諸根源があるんだろうけど
このトピを見る限りはその原因により

男性vs女性

が顕在化したのが一番の原因にも見えるよね。

ユーザーID:4757966613
大家族への回帰の予想
えと
2009年2月4日 18:31

少子化は近い将来若干ですが緩和されると個人的には予想しています。

少子化の原因は複合的ですが、直接的な原因は意外とシンプルです。
赤ん坊・幼児の世話には、少なくとも大人一人の「サポート」が必要なのですが
現在では「母親」だけにその負担がかかっています。
だから産めないのです。

過去は「大家族」が母親の負担を分散していましたが、現在は日本人全体が
とても裕福になってしまったため、核家族が主流です。

気づいてすらいない人が多くなってしまいましたが、「父親、母親、子供」で
生活するスタイルは「とても贅沢」なのです。

一部の層ではすでに回帰が見られますが、近いうちにもっと「核家族」の維持
が困難は時代がやってきます。

核家族から同居当たり前の大家族への回帰現象です。

基本的に貧困になればなるほど、「大家族化」が進み、大家族による
子育て支援の充実により少子化の進行速度が緩和されるでしょう。

あくまでも緩和ですが。

「家賃が払えないので実家に同居する」系のトピが増えていますよね。
大家族化への回帰は必ず起こります。

ユーザーID:5879463948
反省も含めて。
エイリアン
2009年2月4日 19:15

今日のレス読んで、ちょっと嬉しかったです。

正直言って、どう書いたら意思が伝わるかと心配しましたが、分かってくれる人や同じように考える人が他にもいるんだというだけで、意見を言う勇気が出ます。

過去のレスを読んでこんなに衝撃を受けたのも初めてだし、意見が割れたのもあまり例がないのではないかと思います。

少し感情的になって言葉遣いがおかしかったり、荒くなったりしたのを後になって反省しました。くんたさんが同意してくださったり、みつさんが笑ったと言ってくださって嬉しいです。

トピ主さんが不妊の問題を抱えていらっしゃっての上で、優先順位とか言ったのは少し思慮がたりなかったなとも思っています。すみませんでした。

晩婚、晩産化が不妊の一要因と考えられてはいますが、少子化の直接原因とはいいにくいかと思います。

親になるとその後、一生親でなければなりません。後戻りは出来ないのです。一大決心ですよね。経験から言っても、自分の時間はなくなります。少子化は止めたいけれど、決心の出来ていない人に親になってほしくもないので、もう一筆書かせていただきました。辛口ですみません。

ユーザーID:3846923732
大不況の今
mumu
2009年2月4日 19:38

本音を言えば、子供がいなくて良かったと正直思ってます。それほど今は大変ですからね。でも夫婦2人ならなんとかなります。

ユーザーID:1369179900
同じく私の少ない経験からお話させてください
ジャスト本音
2009年2月4日 21:48

>3歳の子供と電車に乗って出かけると、よく外国の方に会いますが皆さんニコニコと笑顔であやしたり話しかけてくれます。
>でも、日本人はそういった方が少ないです。

迂闊に声をかけたり、近寄ったりすると、変質者・誘拐犯と思われる危険性もありますし。
下手に子供や女性に近づくと、人生台無しになる危険性がありますので、優しくするのは不可能です。

何でもかんでも、『周りが優しくない』で結論付けるのは止めて欲しいです。犯罪者になる危険性を冒してまで、他人に優しくしろ!と言われるのは、傲慢以外の何物とも思えません。

ユーザーID:4926285327
社会情勢から見た少子化の原因
ジャスト本音
2009年2月4日 22:00

何故少子化になったか→晩婚化・非婚化

何故晩婚化・非婚化が起こったか→男が女性に迂闊に声をかける・関心を示すと『セクハラ』になるから。


その上、実際に結婚したら『鬼嫁日記』『スワンのバカ』『熟年離婚』(以上、テレビ放送されたドラマ)のような将来が待っている、となれば、男が二の足を踏むのは当然ではないでしょうか。更には↓のようなトピックス見れば、子供作る以前に『女性と関わる』ことをリスクと考える男がいても不思議は無いかと思います。

小遣いが月1万円(泣)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0228/121162.htm?o=0&p=0

ユーザーID:4926285327
私の周りでは・・・
バジル
2009年2月5日 10:43

3人、4人産む人、多いです。
(人口8万人程度の地方都市・・・田舎です)
たくさん産む人は専業で、両親との同居もしくは近居、
お米や野菜の援助があり、旦那さんが高給取りでなくても
生活できます。
また私立ではなく公立に通うのが一般的で、(そもそも近くに私立はない)
教育にお金がそんなにかかりません。
海や山が近くにあり、レジャー費は安く、お下がりの服などを
着ていてもおかしいとは思われません。

一番多いのは2人産んだ人ですが、「宝くじが当たったら3人目!」
という人も多く、「贅沢な生活がしたいから子供は1人でいい」
なんて人はいません。

うちは子供は2人ですが、夫の転勤でこの土地に来ており、
頼る人もなく、また私自身妊娠出産でトラブルがあり、
3人目を無事出産するのは難しいといわれているので
3人目はありません。

ここに住んでいると少子化なんて本当に?
と思います。

ちなみにこの地域で子供を産む人が多いのは
「娯楽がなく、みな早婚で、子供を作るのが当然という意識が強い」
と、情報誌に書かれていました。

昭和ですね。

ユーザーID:3804596832
実家の助けがある夫婦
ダリ
2009年2月5日 12:12

えとさんの「大家族回帰」はなるほどと思いました。
ただ、なかなか住宅事情もゆるさないし、同居は実の親子でも厳しい面がおおいので、
現実的には「妻実家のそばに住む若夫婦」がますます増えるのかなと思います。

実際に私の周囲では、妻実家そばに住んでいる(実家との関係も良好な)子持ち世帯はお子さんは2人以上ですね。
実家との距離は「敷地内別居」から車で30分までいろいろですけど、何かのとき(母親の通院等含め)には祖父母に手伝ってもらえる環境ということは共通です。

ユーザーID:2692043476
コントロール
あめ
2009年2月7日 21:39

産むコントロールが正確になったからじゃないでしょうか?
「もう一人欲しかった」は今も昔も変わらないと思いますが、
2人でいいと思ったら産まないでしょう?

少子化を減らそうと思ったら、
子供が4人以上だと国公立の高校大学が授業料無料とかですかね。

ユーザーID:1441672485
そういえば
にしこり
2009年2月8日 21:28

私は1957年生まれで、長い間、丙午を除けば戦後最低の少子世代でした。
あのときは何が原因で少子化だったんだろう。

ユーザーID:1242351390
メリットない
tata
2009年2月12日 23:39

ぶっちゃけ、男としてはメリットないでしょ。
結婚して収入二倍に増えるなんてまずないし、
大体回り見てれば1.5倍増えれば御の字。
下手に専業主婦抱えたら食い扶持だけ増える羽目に。
(年収1000万くらいある人ならそれもいいんじゃ?)
仮に給料二倍に増えても子供作ったら即赤字だし。

なにより、プライバシーがなくなる。
自分の1.5倍もらってるくせに
小遣い3万円とかで愚痴る周りの既婚。
離婚すればほぼ一本道で取られる高い慰謝料。
子供作ること自体への憧れなんてのも全くない。

多くの人間が金がないからしない
または出来ないというのは事実だけど、
昔はそれでも結婚させられてた社会だったことを考えると、
結局無理してまでやる必要がなくなっただけ。
その上にやる気ゼロな自分は一生しないでしょうな。
皆さんがんばってくださいな。他人事ですが。

ユーザーID:9329782490
ズバリこれだ
ずばっと
2009年2月13日 16:13

各種世論調査の未婚男性のほぼ一致した見解が「専業主婦はノーサンキュー」である。
一方で「働きたくない」「専業主婦になって楽をしたい」という未婚女性は鰻上りに増加。
このミスマッチが深刻だから非婚化が止まらない。
子供云々以前の問題ですね。

ユーザーID:6335098732
世の女性達、出産・育児の壮絶さを語れ!(あまさんに激同意!)
2歳児のはは☆
2009年2月13日 22:38

タイトル通りです。
学生時代も保育所でバイトしたりするほど昔から子供が好きで、将来自分も子供を3人以上生むなんて当たり前だと思っていました。
が、実際は結婚後もなかなか授からず、不妊治療の末、30歳で一人生むことができました。
出産の痛みは覚悟していましたが、もう、ホントに死ぬかと思いました。よくTVに出ている『ひっひふ〜』の出産シーン
なんて、お手本にもなりません。放送用の編集だと思いました。陣痛は腰骨を巨大な万力でキリキリ締め上げられる
感覚。あまりの痛みで、気を失っても、次の陣痛の波で起こされるの繰り返しでした。

そして、やっとのことで分娩。言葉では言い表せません。
生贄の豚のような悲痛な雄叫びを分娩室に響きわたるほど、あげてしまいました。

これだけの痛みに耐えて、世の女性たちは子供を生んでるんです。
生んだ後も、ボロボロの体で待った無しの子育て。
ホルモンバランス崩れて、鬱になるリスクも。

こんな出産・育児を、『女なら母親なら当たり前』なんて
軽んじられる世の中だったら、喜んでもうひとり産もうなんて思えません。

ユーザーID:5441950629
複合的でしょうが
ロジーナ
2009年2月14日 10:58

1.不妊
医学の進歩からして、どうかと思います。
ただ、色々な環境から、精子の力が弱まっているとの話を聞いたことがあります。

2.経済的問題〜5.核家族化
この辺は、他の方も挙げているとおりで同感です。

6.出産によって、キャリアダウンするから
色々、官・民で取り組んでいるのは知っていますが、
育児休暇を取るのは、給料が安い母親だけ。
子供を生んでもキャリアを築いている女性も沢山いるけど、
家計は父親に依存しているところは変わらない。
ワークライフバランスなんて言葉も、女性の安価な労働力確保のための方便なんだな、と最近思います。

7.その他
考えられるのは、
1)娯楽・商業主義の情報蔓延:セックス以外の楽しみはいくらでもあるのです。
2)人口密度の増加:1.不妊にも該当するかもしれませんが、生理的に「欲しい」というモチベーションがなくなっているかもしれません。

少子化の弊害としては、従来の年金制度の破綻、純粋な日本人の労働力の
減少、需要減少により産業が活性しないなどの問題がありますが、
環境・食糧の問題の方が、心配度は高いです。

ユーザーID:5875203061
4が多い。
アナライズ
2009年2月14日 23:16

私の身近で結婚をしてない人の共通点。ちなみに都内です。
●仕事一筋。収入も良い。でも、とにかく忙しく結婚出産家庭を持つことに対してベクトルが向かない。みんな30後半〜40前半の男女です。同じ年代の職場結婚は一切無し。結婚してる男性は同業者ではなく事務をしている若い女の子とくっついている。結婚してる女性は辞めてる。
●仕事一筋でもないので収入が低く結婚しない人達。30代前半〜後半。男性は家庭を持つ所ではない。女性は低収入でも結婚のハードルは高くないが年齢気にせずまったくマイペース。「結婚はしたいけど」と言うが、結婚へ向けての活動はして無いそう。

こういう人達ホントに多いです。私はかつて後者で婚約してますが、高齢出産確実です。1人の収入では苦しいので、ずっと共働き予定ですが、子沢山は無理でしょう。頑張っても2人が限度です。
地方の友人は前者の人、早く家庭に入って2〜4人の子供がいる人、に分かれてますね。主婦が多いです。
結婚はしなくてもいい。そんな風潮だからですね。結婚して子供を持たない人(もてない人かもしれませんが)は少数です。結婚まですれば大抵子供がいます。

ユーザーID:5949740377
私もあまさんに一票!!!携帯からの書き込み
姑世代に敬意を。
2009年2月15日 1:35

あまさん、上手く言ってくれました!!
3人の子持ち、30代ですが、これだけ膨大な知識詰め込み教育を受け、また情報に溢れる中、「赤ちゃんの生活」というのを育てはじめるまで全く知らなかったのが、なんとも驚きです。
いかに、メディアの情報や教育内容が、外にいる男性によって作られていることかと気付きました。
子持ちになった友人達は、優秀であろうが口を揃えて、「育児がこんなに大変だったとは。。」ですよ。

育児の中身や苦労って、解りやすく数値化なりできないのでしょうか。
今姑世代の方々は、なんて偉かったのだろうとつくづく思います。三人くらい育てるのが当然で、もし夫に不満でも言おうものなら、「誰のおかげで飯食ってる。それならお前が同じだけ稼いでこい。できないくせに」系で威張り倒されて。そんなテレビドラマを見て育った私達です。お母さん達、どんなに悔しかったことでしょう。

女性も仕事ができるようになりやっと比較できるようになった今、言えるのです。「やってみたけど、育児より仕事の方が楽よ」って。

ユーザーID:4165382060
あまさんに一票!!!の補足携帯からの書き込み
姑世代に陳謝を。
2009年2月15日 12:06

私が3人こどもを産んだのは、

”生来まじめで努力家だから”
産める状態なら、自分が幸せに育った3人兄弟に、我が子もしてやりたいという目標を達成したということです。100点満点なら、100点を目指すのごとく。元々決してこども好きではありません。

あと、専業主婦になり、勉強や仕事で得ていた評価を失って辛い分、「3人も育てていて偉いね〜」と見知らぬ方に声をかけて頂くと、社会的認識で評価されたようでとても嬉しいです。
以上二点、口には出しませんが、私のかなりの本音です。そのものの価値や自己満足ではなく、偏差値偏重で育った弊害かもしれません。

結果として、五人家族、とっても幸せですが!

ユーザーID:4165382060
評価されないことはしたくない
ウンザリーノ
2009年2月15日 14:04

・・・という人が増えたから、もあると思います。
でも自覚があるなら産まないのも、ひとつの選択かも。
産んじゃってから「世間が私を誉めそやさない!」って怒る人って、そこですでにモンスター親になっちゃってるし。

ユーザーID:6957316370
将来に対する不安
すみれ
2009年2月15日 16:53

わたしは、6ヶ月の娘がひとりいます。

小子化の原因はいろいろあるんでしょうけど
わたしの子どもの理想人数は3人です。
最低でも2人欲しいです。
でも現実は・・・2人でもうーんどうだろう・・・って思う。
今はそんなにお金かかりません。
だけど将来教育費がバカほどかかります。
習い事も人並みにさせてあげたい。
綺麗な服も着せてあげたい。
希望する進路を選択させてあげたい。
子供同士の付き合いもあるのでゲームを買わなきゃいけないかもしれない。
などなど・・・。

やっぱり娘には不自由な思いさせたくありません。
そうなると・・・
希望する人数産めません。
わたしも娘が少し手が離れたら働きたいと思っています。
だけど現実はどうでしょうか?
働くなら保育園なり、学童なり入れなくてはなりません。
だけど待機児童が多く入れない状態だそうです。
地域によりますが
知り合いの職を持った女性でも保育園に入れることが出来なかったそうです。
こんな状況で働きたくても働けない
面接へ行っても子どもがいるならムリと断られる。
先に保育園をと言われ
続く

ユーザーID:7105971442
将来への不安・・・続き
すみれ
2009年2月15日 16:57

役所では仕事を持っていないと保育園へは入れないと言われ・・・
こんな状況ではこれ以上産めません。

将来への不安が大きいのでみんな子どもを産めないのでは??・

あとは、晩婚化や結婚しない人が増えたなどかな・・・?

うーん・・・そもそも今の若者の人口が少ないので
生まれてくる子供の数も少ないのでは?と思うのですが。


小子化というのならもっと保育園を増やすなり
もっと女性が働きやすい社会にするなり。。。
なんなり対策を練った方がいいと思います。

それにねぇ・・・
旦那さんの給料だけじゃ食っていけない家庭が多い中
女性への負担が大きすぎると思います。

ユーザーID:7105971442
厳しい
ゆれは
2009年2月15日 18:52

子供を持つ人、持ちたい人に厳しい世の中なのでは?

生む前から仕事の調整をしてから産めとか、産婦人科からは予約しないと産めないとか、産んだら産んだで保育所は無い、サポートも得られない。その上しっかりと子供を育てろとか、そんな人が親をやってるからダメだとか。
厳しいと思いますよ。

だから、産まない・産まなくて良かったって思ってしまうんでしょうね。

ユーザーID:0623419578
2経済的問題
二児母
2009年2月16日 3:52

子持ちですので、なぜもう一人産まないかという視点で。

本当は三人欲しいです。
共働きでそこそこの世帯収入だと思います。
でも、経済的なことを考えると二人が限度だと思います。
教育費を一番金のかかる「私立大・都内一人暮らし」で考えているからです。
子どもが進学を望まないかもしれませんがそれは結果論であって、親としては備えはしておいてあげたいですからね。

ユーザーID:3881421857
自分嫌い…
ぽぽぽ
2009年2月16日 10:13

少子化の理由はいろいろとあるとは思いますが、私を含め私の友人知人たちという
限られた範囲で考えると、どうにも低い自己評価があると思います。
自己否定の念が、いつまでたっても拭えないのです。

自己評価が低いからキャリアが捨てられないし、子供も産めない…。
たいしたキャリアでもないのにそこに自己の存在の根拠を見いだそうとしていたり
あるいは自己評価が低いために恋愛、結婚に積極的になれない。
ましてや子どもに悪影響を及ぼしそうで、恐くて子育てなんて出来ない…、
というふうにマイナス思考のスパイラル…。

100点満点で無ければならないという呪縛から抜けられないのかも
しれません…。

ユーザーID:2286106129
家庭により違う
すとろん
2009年2月16日 12:07

偽妊婦さんのお宅のような事情の方もいらっしゃれば、ここに投稿された他の事情の方もいらっしゃるでしょう。子供がいる家庭は、お金があってもなくても2人3人といます。


それぞれ職業、年齢、家族構成、健康状態、その他の状況が違うのですから、あとは偽妊婦さんとご主人でお話し合いをして、決断を下すべきなのではないでしょうか。たとえば、どうして○○できないか、という意見を人からいくら聞いても、その状況に納得したり変えようとするのは結局自分です。政府などによる統計なら、この先いくら意見を聞いても参考になるのでしょうが、みなさん事情が違いますからどうやって不妊治療をしたとか、似たケースの方のお話をうかがったほうが参考になるのではないでしょうか。。

ユーザーID:2119426713
純粋な気持ちが許されないのはなぜ?
明暗
2009年2月16日 12:31

 子供を持ちたい、或いは、持ちたくない、どちらも女性として何らかの心の形です。
 でも、どちらも必ず誰かに非難される。
 その中間も余りそのまま許されるものでもない。結婚すれば、上から督促、下から好奇心。
 結婚しないと、税金をたくさん払って仕事をしてても、介護をどうするかと非難。家族に見捨てられている人もいるというのに。
 そんなのを気にしていない人の方が少ないと思います。強い気持ちで生きていく気概は、常に嵐にさらされ、中途半端な楽観主義のほうが生き易いかもしれません。責任感の強すぎる人は、どうしようかと苦しみます。
 女性だから何も考えていないと思ってるの?と思いたくなるレスを見る度に暗い反駁が頭をもたげます。
 人間の心の進歩は、余りないのでしょう。広く情報が集まってしまう世界だからこそ、昔の村社会のように、掟に従えば良い、なんて言えない。自分で考え、誰からも許されないであろうという思いに打ち勝つ努力をしながら生きないとならないのは、どんな立場の女性も同じです。
 どこが、自由で楽だから生まないと言えるのでしょう?そんなレスを見ると悲しくなります。

ユーザーID:9324245746
人口減少は究極のエコ。携帯からの書き込み
既婚子持ち
2009年2月17日 2:50

お金は関係ありだと思います。実際児童手当等の制度ができた年に出生率は改善していますので少なくとも関係ないとは言えません。大家族なんて、相当レアケースでテレビに出ちゃうくらいですから、引き合いに出すのはおかしいと思います。

私は親子共に自立できない状態に陥っているからというのも結婚しない=少子化の理由の一つだと思います。
いつまでも子供をそばに置いておきたい子離れしない親と、会社からあまりお金を貰えないから自立せず生活水準の下がらない実家暮らしを続けたい子供がいれば、子供に結婚するメリットが感じられないのは当たり前です。
そして親が正社員でがっちり守られていれば最強コンビです(笑)

後はあまり考えたくないけど自然淘汰。
人類の作り出した化学物質でダイオキシンが発生し、結果不妊の人が今後も増えると思います。社会的、個人的にはあまりいいことではないと思うけど究極のエコは人口の減少ですから…自然が勝手にやってくれているという考え方もあります。

複合的だと思いますが、こんな理由もアルト思います。

ユーザーID:6821645965
少子化の一因
トロントストーン
2009年2月17日 23:49

>世間がもっと妊婦や母に感謝と敬意を持たなきゃ、バカバカしくて生んでられっか。
>というのが本音かな。

>「やってみたけど、育児より仕事の方が楽よ」

>これだけの痛みに耐えて、世の女性たちは子供を生んでるんです。
>生んだ後も、ボロボロの体で待った無しの子育て。
>ホルモンバランス崩れて、鬱になるリスクも。

そこまで大変で他人や社会に恨み事を仰るくらいならば子どもを生まなくても良いです
と私は思います。

女性が出産や子育てについての不平不満を爆発させる
→恨み事を言われるくらいなら子どもを作らなくてもいいやと男性が思う
→子どもが作れないなら結婚しても仕方ないと男性が思う
→非婚化・少子化が益々進む

とこうなる訳ですね。
ただ、その割に2人・3人と子どもを欲しがる女性がいらっしゃるのも事実。
一体何故なんでしょうね?

ユーザーID:1628216411
男性の不安定雇用化も原因では?
ぴこ
2009年2月27日 22:32

未婚の男女が増えていることが、少子化の原因のひとつですが、
女性の高学歴化や社会進出に言及する割に、未婚の男性の側を問題にしないのはなぜなんでしょうか?

日本では欧米と違って、男性と女性の稼ぎには歴然とした差が現実にあります。
ですので、ある程度、お金のある男性じゃないと、結婚相手としては対象になりにくいんだと思います。
一部の医療関係や教師、公務員などの経済的自立が約束された女性をのぞけば、
本人の性格や容姿が良くったって、経済的不安を考えると不安定な非正規雇用などのの男性との結婚は躊躇するのでは…?

実際、わたしの回りにも、つきあってたかっこいいフリーターの男性から、
地味な正社員に鞍替えして結婚した人を、何人も見てきましたよ。

非正規雇用については、昨年あたりからメディアでもよく取りあげられていますが、
こうした不安定な男性労働を減らすことも、ひとつの少子化対策だと思います。
持ちたくないから家庭を持たないのは自由だけど、持ちたいのに持てないのだとしたら、
本人ではなく、社会の側に、なんらかの対策が求められるんじゃないでしょうか。

ユーザーID:9019788465
社会の変化……かな?
カズミユキン
2009年2月28日 23:50

子沢山だった時代は、子育てに家族だけでなく、ご近所、地域レベルで多くの人が関わり、負担を受け持ちあっていたように思います。
都市化とともに、そのような地域コミュニティも崩壊し、特に若い世代の多い都市部では、子育ての負担が夫婦のみにのしかかるようになって来ていると思います。
そんな中で子育ての負担を軽減するには、それだけの経済力も必要になるため、多くの子供を産めないのではないでしょうか?

ユーザーID:0975470884
えっと・・・自動車運転できないんで
lulu
2009年3月1日 16:29

一人の子持ちです。普段は自転車で移動してますが、二人乗りまでですよね?合法なのは。もう一人産んで、三人一緒に乗るのは怖いです。(運動音痴なので)バスや電車に乗ったら、周りの人にも迷惑かけます。(細心の注意を払っていても、子ども嫌いの人には嫌なものです)娘はとても美しいので、かわいい妹か弟を、と周囲は期待します。少子化に悩む社会にも貢献を、とも思います。しかし自家用車による移動以外に、人に迷惑をかけず、かつ道路交通法にも抵触しない安全な移動方法を思いつきません。よって、二人目はちょっと難しいと考えます。

ユーザーID:6747082693
子育てが大変だから
ひかる
2009年3月1日 23:10

子育てが大変だからじゃないでしょうか。
うちはおばあちゃんさえも頼れません。近所だからといって助け合おうという人も少数派です。
その代わりを探すには経済力しかありません。

ちなみに、おばあちゃんは赤ちゃんの面倒を見るのが嫌きだそうです。いまは子育てに解放されたから遊びたいそうです。

身内でも協力してくれないのだから、行政だってむずかしいしょう。
一人でやっていくにも、それぞれ限界があると思います。
それが、いまの出生率の数字なのでは。

ユーザーID:7938896787
バジルさんと全く同じ意見です!携帯からの書き込み
もも
2009年3月2日 0:51

人口三万の田舎に住んでいます。
私は都会育ちで結婚で今の町に住んでいます

なので都会の子育て事情もある程度わかりますが、やはり複数の子供を子育てするなら今住んでいるの田舎町じゃないと無理ですね。まず交通手段が車ですから幼子が三人いてもどこへでも行けます。これは自転車じゃ無理ですもんね。
私の町では幼稚園、保育所へは簡単に入れます。
抽選、順番待ちはありえません。
別に子供にオシャレさせる必要もない環境。
遊ぶとこも身近にないからお金も使わないです。
都会の有名大学に進むよりも地元に残って就職、早く結婚した方がこちらでは高く評価されます。
なので学費も皆あまり心配しないですね。
親と同居してなくても、近所ですから助けてもらえます。野菜、米はもらい放題
ホント、夜遊ぶとこもないから、旦那さんの帰りも早いし子供のできる率も高いでしょうね。

田舎に来た頃は都会に帰りたいと思ってましたけど、今ののんびり子育てがとても楽です。
ちなみにもうすぐ三人目出産ですが、もし都会で子育てしていたら子供は一人で精一杯だと思います。

なので少子化の原因は都会での子育てのしにくさだと私は思いますが…

ユーザーID:9911821272
我が家の理由
にゃーず
2009年3月2日 3:22

うちは二人います。できれば三人目産んでみたいですが
それが無理だと思っている一番の理由は、教育費。

自分自身、普通の公立小〜高出身なのですが
子供を安心して通わせられる公立小・中が周囲に少ないのが一番の悩み。(現在二人小学生)
中学からは私立にすると思うので、二人分の教育費が痛すぎます。

保育園不足も言わずもがな、ですが・・・
うちは幸い二人とも認可保育園にお世話になりましたが
今の不況で働く人が増えだすと、3人目を新たに入園させるのはまた厳しそう。

時々、政策PRのために子供一人頭で補助金が出たり
「少子化対策!」ってそれでどこかの政治家がいばったりするけど
ばらまきより、こういった環境を整えることの方が
遥かに手間もお金もかかるんですよね。

子供がずっと公立で学べるなら、3人目GO!って思えるのになぁ。

あくまで我が家の場合。

ユーザーID:2057024356
結婚しては見たものの
既婚おばさん
2009年3月2日 7:19

結婚生活・子育てしてみて思っているんですけど
経済力とバイタリティがある人は男女関係なく結婚も子育ても
「墓場」だと思います。(私がそうだからかも〜〜)

少子化対策なんて砂糖菓子でくるんだどこか芸人のように
あま〜〜〜いこといってますが、要するに昔の人から見れば
自分の老後の保険だったりなんだったたりの部分(メリット)
が多いのです。
戦争時代の「産めよ増やせよ」と同じです。でないと税金払ってくれる人が
減っちゃって国が困る…無駄遣いも高級官僚や政治家が無駄遣い
できなくなっちゃう…困る
只でこき使える召使がいなくなっちゃう…困る。

だから騒いでいるんでは。

子育てと介護しててそう思いまする

ユーザーID:2073276118
生命力が弱っているのかも…
瑠璃子
2009年3月2日 11:47

何人かの方が書いていらっしゃいますが「生物としての自然淘汰がはじまっている」のかもしれない。
と私は感じます。

私自身42歳にして子供を産まずして閉経してしまいました。
同年代の友人は筋腫が酷く子宮を取ることになりました。
そこまでいかないにしても婦人科系の疾患が周りでとても多いです。
不妊治療を専門にしている病院は連日大変な混雑で待ち合い室から人があふれるほどです。

子孫を残す力が根本的に弱っているように思えます。

ユーザーID:3834261073
経済的理由携帯からの書き込み
GJMVVV
2009年3月2日 12:52

経済的理由はやはり大きいですよね。私は現在第一子妊娠中ですが、2人目を考えるときに真っ先に思うのはお金のことです。果たしてやっていけるのかと…。

それともう一つ思うことは、妊娠・出産を無事にやり遂げられるかということです。妊娠して初めてわかりました、妊娠がいかに母体に影響を与えるか…。幸い私はつわりはそれほど酷くなかったことと、職場が休みをとりやすいので助かりましたが、そうでない方は大変だと思います。妊娠だけでもこう思うのですから出産はもっと大変でしょうね。しかも、こういった事情は人により違いますから、つわりの酷さ等わからない人はわからないですし。私は仕事をしていたいので、仕事継続に支障がでるかもしれないと思うと2人目は考えます。

ユーザーID:8432145136
結婚していない人が増えたからですよ・・・
あ〜あ
2009年3月5日 10:20

未だに勘違いしている人が多いのですね・・・・
個人的な原因はいくらでもあるでしょうけど、
大きな要因は、社会全体でみると結婚する人が減っているからです。

興味深いデータがあります。
1950年以降、結婚している女性の出産率というデータがありますが、
これは2.0〜2.5の間で推移しており、
ほぼ一定と言っていいです。
つまり既婚女性はいつの時代でも2人以上は生んでいる計算になります。
細かな数字を忘れてしまいましたが、この前のニュースでは既婚者の出産率は今年(去年)はさらに上昇したらしいですよ。
(未婚の出産は出産者全体の2%以下らしいので、一応影響なしと考えます。)

以前、政府が官製合コン?を企画したことがありましたが、
ことごとく反対で潰されていました。
しかし結婚できない理由の第一位は、
「出会いが無い」という理由だったと記憶していますので、
官製合コンというのも一応の合理性はありそうなんですけどね。

ユーザーID:4555443835
新しい要因として「世代リスク」の顕在化
ジャスト本音
2009年3月5日 21:58

バブル期と氷河期で、新卒採用状況が一変したのは、所謂結婚適齢層が目の当たりにしてきた現実。
仮に今日子供を持ったとして、就職時期に氷河期に当たろうものなら、一流大卒でも非正規雇用しか無い危険性がある。
しかも新卒以外でまともな就職先を見つけるのは厳しいのは、新卒重視の雇用環境では当然の実態。

この先20年後の経済状況による危険性を考慮すれば、おいそれとは子供は持てないかと思いますが。
(更には、高齢者福祉の費用増に伴う若年層への課税強化という「世代間格差」も、広い意味での「世代リスク」と言える。子育て費用が必要となる時期に大幅増税されれば、経済的に破綻する家計は少なからず存在する。)

ユーザーID:4926285327
ストレス
ストレス
2009年3月7日 0:24


私は働いていますが、子どもができない。
周囲の働いている女性もそういう人が多い。

環境にストレスがあるときに、動物は子どもを生まないけど、人間も同じだと思う。

ユーザーID:4239121652
こんにちは
コキン
2009年3月7日 0:41

一番の原因は女性が「産みたい」と強く思えないことかと。
私は結婚してフランスに住んでいます。正直あまりこの国は好きじゃあないです。
でも少子化対策は素晴らしい。フランスも不景気で失業率も物凄いです。問題も山積みです。それでも出生率はEU一です。
まずこちらではパクス(連帯民事契約法)というものがあって、要するに事実婚でもほぼ結婚と変わりない扱いをうけ、
両者の間に子供が産まれても既婚カップルとなんら変わりなく保障が受けられるようになったこと。
そしてこちらでは妊娠中の定期健診から出産、その後の赤ん坊の検診も全て国が負担してくれます。
出産後の月々の給付金、女性の社会復帰の困難はほぼなく、大げさではなく毎日のように妊婦さんを見かけます。
給付金も3人目からはグンと額が上がります。1人産んだらあともう1人欲しくなるのは人情です。
そして2人目の後には給付金もかなり増えるんだし後1人・・と。
治安の悪化、社会制度の悪化・・フランスだって同じです。日本よりひどい所たくさん!
でも出生率は下がっていません。少子化対策とか色々言ってますが何が必要なのか分かってない。

ユーザーID:0729802650
すべてに余裕のない、ストレスだらけの生活・社会
くろとらねこ
2009年3月9日 10:31

毎日4時間のサービス残業があったとしても仕事があるだけ幸せなんだと思いますけど、それで何とかやっている会社って何なんだろう‥‥‥と思ってしまいます。
経済がグローバル化して、人件費の安い国との競争にさらされていることもありますが、発注者さんの強大なコストダウン圧力にはあらがえないみたいです。

‥‥‥で、本題ですが、朝早くから夜遅くまでの仕事をず〜っと続けていると、恋愛なんてウンザリです。
同期入社で30過ぎてから結婚した友人に「どこで見つけたの?」と聞くと、「高校時代からの腐れ縁。焼けぼっくいに火がついたってヤツかな。」との返事。
やっぱり、学生時代から‥‥‥とか多いですね。

通勤ラッシュでもストレスが溜まって、常にイライラ。
子ども連れに冷たい社会というご意見もありますが、そんな余裕がないんだと思います。

不妊だって、原因のひとつはストレスでしょ。

金銭的な子育て支援は、もちろんありがたいですけど、残業ナシの方が効果的では?
欧米では、よほどのエリートじゃなきゃ残業はないと聞きます。
日本では、なぜ、それが出来ないんでしょう。

ユーザーID:6306825490
女性が変わらなきゃ
かなかな
2009年3月10日 18:18

女性が変わらなきゃ何も変わらないと思います。

いくら国から支援や援助が整備され、景気が回復したとしても、女性の質が今のままなら男性の結婚願望は伸びないでしょうね。婚姻数も増えなければ、少子化も止まりません。

女性に理不尽な要求を突きつけられ、それを必死にこなしてきた男性にも限界が訪れ、女性に依存されることや、かつての結婚制度のように妻を一生養うことを拒否し始めた男性は、国や社会がどうなろうと変わらないですよ。

>欧米では、よほどのエリートじゃなきゃ残業はないと聞きます。
>日本では、なぜ、それが出来ないんでしょう。

女性が働かないからです。
結婚後も女性が働くのが当たり前の欧米と、精神的にも経済的にも男性への依存心どっぷりの日本とは、社会も経済も根本的に違います。

ユーザーID:3455787421
実は少子化ではない
じんべえ
2009年4月8日 17:03

本当は少子化ではなく、「人口減少」であり「適正規模の人口への移行期」なのです。政府は、「日本の人口は西暦2030年代には1億4千万から1億5千万ぐらいまで増える」と予測し、それを前提にしてさまざまな政策を作り実行してきました。女性一人が子供を平均3人産むという計算です。ようするに予測がはずれたんです。このまま人口が急激に減ってしまうと、大きく作りすぎたさまざまな社会システムが維持できなくなってしまい、自分たちの政策の失敗が露呈しかねないので「子供を産め」と言っているのです。人口学の専門家によると、国土面積や食料の自給率などから考えて、およそ6千万から8千万人台が日本の人口の適正規模らしいです。驚きですよね。明治以降、国策で「産めよ増やせよ」とひたすら子作りに励み、戦前は兄弟が10人以上もいる家も珍しくなかったんです。昔は戦争があったし病気による死亡率も高く、国民の平均寿命が今よりずっと短かった。だから多めに産むのも理由があったんですが、戦後、日本人の寿命はどんどん延びて、戦争で死ななかった兄弟10人が全員80以上なんて人もでてきちゃった。人口が増えるはずです。続きます。

ユーザーID:0278013948
続きです
じんべえ
2009年4月8日 17:33

実際問題として、西暦2030年代が終わるころまでには、戦前生まれや団塊の世代がほとんど亡くなり、日本の人口は8千万人〜1億人ぐらいまで減少するはずです。不安を煽り立てたい人は「日本人がいなくなる」とか「日本が滅亡する」などと言いますが、それはウソ。日本では現在でも毎年100万人前後の赤ちゃんが生まれてます。この子達が平均80才まで生きるとすると、それだけで8千万の人口は維持できるわけです。現在の1億2千700万という人口がいかに多いかわかるでしょう。
それまでの間に行政がやるべきことは、8千万人に合わせた国づくりに転換すること。子供がいない人でも老後の心配がない社会システムを作ること、そして子供を産みやすいだけでなく、育てやすい社会環境を作ることなどです。現在の政府は目先の応急措置的政策ばかりで根本的な治療をやろうとしてない。たとえば首都圏では託児所や保育園が足りないけれど、地方では施設が余っている現状があります。仕事さえあれば、過密な首都圏の人口を地方に移すこともできるはずなんです。霞ヶ関の官僚たち(ほとんど男)にそんなことを期待するのは無理かもしれませんが・・・。

ユーザーID:0278013948
教育費が解決すれば、5人でも産みたい
みる
2009年4月8日 18:57

子供は大学まで出したいと思っています。それには、やはり2人か3人が限界。奨学金だってもらえるなんて確約はないですし。

たとえば、3人以降の教育費が安くなるなどあれば、個人的には5人でも産みたいです。

正直、出産の費用なんてどうでもいいんです。その後の教育費をどうにかして欲しいです。宜しくお願いいたします。小渕大臣!!

ユーザーID:9597608325
つまるところ
3人の子持ち
2009年4月8日 20:08

個人の欲が深くなった人が増えたせいだと考えます。
特に子供は多くの場合、経済的なことを考えれば与える一方です。
でも、親としては、より子供に良い環境をと思いそうします。
それは愛情が前提にあるからです。
現代人は、この子供に与える時間・金がもったいなく、自分の欲のために使いたいという人が増えた。(至極、単純で欲深な考えです)
いってみれば、自分の人生を自分のみで消費することが最も得だという打算的な人が、この経済至上的社会で大量生産されたとも言える。(自分自身は親に愛情をかけて育ててもらったにもかかわらず)
確かに現代において、結婚し子供を持ち一定レベルの生活をできる人は精神・体力・経済の3要素を一定レベルで満たすことが出来ないと難しい。だから、ある意味、選ばれた人達しか無理でしょうね。
従って、本来は、このレベルを高めるか、サポートする機能が国・地域・各家庭にあるべきだが。自助努力も。
まあ、ほんとはもっとみんな気楽に子供が産めて、のんびり生活できる社会がいいのですがね。子供は希望の象徴ですから、社会から減るということは、社会が寂しくなると思いますよ。やはり最優先課題です。

ユーザーID:3568543590
将来への不安感かなあ
こぐま
2009年4月8日 21:33

発言小町でも 「子供がいないので将来不安」という内容のトピがありますが
私は、その反対で 子供を多く育てると 自分達の老後の資金がなくなるから不安になるのだと思います。

子供をいくら立派に育てても むしろ立派に育てれば育てるほど
老親は捨てられるんですよ。

そのときになって老後の蓄えが少ないと言ってみても
それこそ自己責任なんですよね。

我家は、子供を育てていますが、3人大学卒業させると
およそ5000万円くらいかかります。

子供がいなければ、それだけ貯金できるんです。

そりゃぁ 経済的なことだけ考えれば 子供を持つと損ですよ。

ユーザーID:9968981313
価値観の多様化と豊かになったこと
博士
2009年4月9日 2:42

将来に対する不安、子育ての公的支援がなっていない、という意見を書く人が多いですが、私は本質をやや突いていないように思います。

世界を見れば、日本よりはるかに政治や社会が不安定な国の方が圧倒的に多いわけで、でもそういう国でも日本より出世率はかるかに高いです。世に貧乏人の子沢山と言う言葉がありますし、経済的そして社会的に安定し時間に余裕がないと子供を作れないなどというのは、統計的に見ればまったく事実ではありません。

私は、若い人が豊かになり、価値観が多様になって、バーチャルな楽しみも増え、子供を作るということに幸せを見出さなくなったことが大きいように思います。たとえば自分達夫婦が週末においしいものを食べ歩くことの方が純粋に楽しい。

そして晩婚化が進んだことも大きいと思います。同じ一人の子供を産むのでも、20歳のときに産むのと35歳で産むのでは、人口ピラミッドの構造に与える影響は全く違います。

ユーザーID:8304510424
数字をみればわかるでしょ。
ぽにょ
2009年4月9日 3:15

少子化の最終的な原因は非婚化です。結婚した女性の出産率は落ちていません。また、世界的に見ても良好な数字を出しています。

ただ単に結婚しない・できないだけ。
じゃあ、なんで非婚化が進むのかという話に行かないと話しが繋がらない。

ユーザーID:4710662860
ひこへ
ぽにょ
2009年4月9日 3:21

■若年男性の結婚率と年収などの関係
(02年時点、年収の単位は万円、結婚率は%)

            25〜29歳   30〜34歳
有業者全体       32.4    57.2

(うち年収別)
  100〜149   15.3    29.6
  150〜199   17.4    34.0
  200〜249   22.8    40.8
  250〜299   26.3    42.3
  300〜399   35.6    52.9
  400〜499   43.9    62.5
  500〜599   52.7    71.0
  600〜699   57.6    78.9
  700〜799   52.2    76.6
  800〜899   50.8    74.3
  900〜999   42.3    65.1
1000〜1499   72.5    71.1
1500 以上     73.9    90.0
このように低収入層は結婚していないのですよ。生きるか死ぬかの収入層を苛めて何がしたいのかと。結婚できない=低収入と考えてもいいくらい。

ユーザーID:4710662860
そう、人口が多すぎる
cal
2009年4月9日 8:33

NHKで人口学の先生も言っていましたが、2005年から日本では人口減少が始まり、これは決して悪いことではない、と。
無理して産まなくていいし、結婚も無理にしなくていいんです。
国民は何も変えなくて良いです。
適応しなくちゃならないのは政府。

ユーザーID:6082735819
特効薬はない。
二児の親
2009年4月9日 10:30

いろいろな原因が絡み合って起きているので、即効性のある策は無いと思います。何かの策によって少子化は軽減するかもしれませんが、トレンドへの影響は微々たるものではないでしょうか?

私は過去において、マスコミもいい加減だったと思っています。90年代に”Dinks(Double income no kids)”を若い人の新しいスタイルとして取り上げたり、人口の増加は将来、食糧難を起こすので増えないようにすることが必要だなどと堂々と伝えていたからです。子供にお金をかけるより、2人の収入で贅沢することをこれからのスタイルだなんて、今考えるとお粗末です。

少子化対策ですが、現在も将来も年金などの公的補助は、子供を産み、育てたかどうかによって内容を変えてはどうかと思います。それによる財源を個々に配るもののみに使わずに施設を充実させることに使ってほしい。子供ができない方のサポートが難しい面がありますが、将来を担うべき子供を一生懸命育てている人が苦しんでいるのはどうも釈然としません。

ユーザーID:5383633718
人口多すぎ
風子
2009年4月9日 12:39

この狭い国土に人口1億人もいらないです。
このまま人口が減ったらいいと思います。

それは個人的な意見として。

要因は複合的でしょう。
女性がキャリア志向で、家庭に留まりたくない→育児の時間がない
女性がキャリア志向で、男性の収入が安定されなくなった→でも低収入の男性はお断りの女性が多数
核家族化のため、そんなに子供が多くても面倒見切れない(同居のメリットは子供の面倒を見てくれる人が多かった点でしょうか)
不妊の人が増えている?統計があるのかどうかわかりませんし、小町を見ているからなのか、最近は不妊が多いんだなぁという印象です。
などなど。
経済的な理由よりも、特に女性の物事の考え方や社会的あり方が変わったのが大きいかと思っています。

女性の思考・志向が変わったら、少子化だけでなく、世の中もっとよくなると思うんですけどね。
私自身女性ながら、恥ずかしくもあり歯がゆいです。

ユーザーID:2814527768
損なことばっかり
れい
2009年4月9日 12:58

高年齢独身の癖に幼稚なのを承知で書きます。

子ども産んでも女としては損ばっかり、って思うからです。
母や祖母を見ていて、子どもを持ってシアワセそうに思えないので。
まあこんな子(ワタクシ)だからかもしれませんけどね。

面倒臭い、ってのもありますね。

ユーザーID:2780547662
結婚しない人が多いから
コメッコ
2009年4月9日 13:48

結婚してる人はだいたい子供が2人以上います。
結婚してて子供が1人、またはゼロって少数派だと思います。

それなのに出生率が伸びないのは
やっぱり結婚もしないし子供も持たない人が多いからでしょう。

ユーザーID:3340437179
子どもは余裕のある人しか産めませんね
まみまみ
2009年4月9日 15:15

結婚しても、夫婦共働きでも夫婦揃って非正規職員なら産めません。老後の蓄えすら危うい。
若年層の低収入、身分の不安定さが原因だと思いますが。

私の周りでは、収入がそこそこあって、奥さんも職場に恵まれ、尚且ついざとなったらだんなさんの収入だけで生活できる人は、大体子どもが(しかも2、3人)います。
子どもがいる人はほとんどが「教育費の心配がなければ、もっと産みたい」と言っています。
教育費の高騰も原因でしょうね。
今の若い人はあまり車や旅行にお金をかけない傾向が強く堅実だそうなんで、教育費の負担軽減でかなり効果があるんじゃないでしょうか?

じんめいさんがおっしゃる
>8千万人に合わせた国づくりに転換
>子供がいない人でも老後の心配がない社会システムを作ること
>子供を産みやすいだけでなく、育てやすい社会環境を作ること
は同意ですけど、子どもがいない人も含め、今の現役世代の老後を支えるのは、今の子どもたちですよね。
子どもがいない人も、子どもを社会の財産として育てる意識がなければ、無理じゃないですか?
結局次世代育成にどれだけ社会で取り組めるか、でしょう。

ユーザーID:4524111001
トキだってパンダだって恐竜だって
自由な香り
2009年4月9日 16:11

絶滅するときはする、生き延びるときは生き延びる。
少子化の何がそんなに不安でいけないのかなあ?
子持ちの人達の方がずいぶんけんけんごうごうなさってますが。

「自分自身は親に愛情をかけて育ててもらったにもかかわらず」
本当にその通りです。
なのになぜ給食費未納・滞納などの問題が出てくるの?
モンスターなんとやらばかりなのはなぜ?

個人的にはこういう方々が親をなさっている子供さんと一緒に育っていくのか、と思うと、子供を持つなんてほとんど恐怖です。

「選ばれた人達しか無理」
本当にそうなんじゃないですか?有名無名を問わず「選ばれた」人達を見ているとそう思ってもいいですよ。

ユーザーID:6723605608
高齢者の急増
通りすがり
2009年4月10日 14:24

タイトル通りです。
現在の日本ではかつてないほど高齢者が増加し、
若者が必死で納めた年金をもらって悠々と暮らしています。
(豪華客船での世界一周旅行などのパンフは年金世代向けに作られています)
あるいは寝たきり老人が世帯収入の大きな部分を吸い取っています。

いわば若い世代が年取った世代の犠牲になっているのです。
これでは子孫を残すどころか、自分の生存さえままならず、
自殺してしまう人も数多くいます。


弱肉強食の自然界なら、働けなくなった者より自分で獲物を捕れる者、
人間で言えば自分で稼げる者が社会でも家庭でも実権を握っていますが、
人間界だけは逆です。

ところで、少子化のどこが問題なのでしょうか。
むしろ地球の人口は減らすべきです。

ユーザーID:2757120135
ぽにょさんに意見に追加
横道
2009年4月12日 8:07

個人金融資産残高の移変わり

2004年度 個人金融資産残高
20代 1.3%
30代 8.0%
40代 12.6%
50代 23.6%
60代 28.7%
70代以降 25.7%

2007年度 個人金融資産残高
20代 0.4%
30代 5.7%
40代 12.1%
50代 21.0%
60代 32.1%
70代以降 27.9%

単純労働への派遣が認められた、大規模な好景気だった3年間で 20代の金融資産が1.3% > 0.4%に、30代に到っては8.0% > 5.7%と大幅ダウン
40〜50代は影響なし
変わりに60代以降の金融資産が大幅アップ

この状況下では、20代〜30代で安心して子育てなんて出来るわけないですよね。

ユーザーID:1316524674
私の周りだけかもしれませんが
レーズン&マーガリン
2009年4月13日 1:15

子供を持たない方が揃って口にする言葉が
「責任をもって人様に迷惑かけないような大人に育てられるか不安」
「自分が親にしてもらったことを、子供にしてあげれるかわからない」
です。
小町のトピでもよくそう言った方いらっしゃいます。
最近ニュースでも子供の犯罪なんかも増えているため、子供を持つということに対して、慎重になりすぎている方が増えているように思います。
個人的には、何も考えずにポンポン産む方より、むしろそういう方のほうが
立派な子供を育てられるんじゃないのかなと思うのですが。
ネットなどで情報も溢れ返っている為、先に色々なことを知りすぎて
子供を産むことに臆病になっている責任感の強すぎる方が増えているのも
原因の1つではないでしょうか。

ユーザーID:6850816089
産むことを強要されなくなったから
甘栗
2009年4月13日 16:18

私の祖母の時代は結婚3年以内に男児を産めなければ里に返されたと聞いています。

現在は産むことを強要されなくなったのです。
だったら楽なほうに流れるのが自然の摂理。
ある意味非常に良い時代です。
産み育てることは非常に困難なことです。精神的にも物理的にも。

また、私も、
「少子化は長期的に考えて解決するべき問題ではない」と考えています。
現在の少子化もこれまた自然の摂理が働いているのだと思います。

ユーザーID:3344224864
棲み分けか?
恐るべき子供
2009年4月13日 18:21

>子どもがいない人も、子どもを社会の財産として育てる意識

冗談じゃないですと言いたいですね。
こういうこと言うからますます進むんです、少子化。
だって子供は財産って、そういう意味なんですか?
将来子供いない人だって利用するんでしょう、うちの子供たちを、ってこと?
しかしそれでお金もらうことになるんですよね、そのお子さんたち。
子供が社会の財産なんじゃないでしょう。
一人一人がそうならないといけないわけでしょう?
本当に子持ちの方々の意見って言うのは、どこまでも親のエゴむき出しですね。
「人」から「親」という別の生き物になっちゃうみたいですね。

ユーザーID:1776643771
モンスターの中に飛び込むのが怖いから。
ちゃぼ
2009年4月13日 18:49

子供、可愛いと思っていつも見てしまいます。
ですが、自分が生んで育てるのは、別問題だと感じます。

子供を生むと、身を置く世界が180度変わるでしょう。
それが怖いです。不安です。

人と接するのが苦手なので、PTAや子供会、ママ友グループ、
などに属さないといけなくなるのが怖いです。
話題に飢えた人たちが噂に目を光らせてるのも怖いです。

また、子供が着てる服や学校などの成績、夫の勤め先、年収、住まいなどの値踏みのし合いが必ず水面下で行なわれると思うので、
それもご免被りたいです。

嫉妬、見栄、値踏み、という感情から、なるべく離れて暮らしたいんです。

ユーザーID:7691663232
人口問題
sima
2009年4月13日 19:00

国の統計データによると、20代後半・30代前半の非正規社員は、正社員に比べ結婚率が低いそうです。また、所得の高い層ほど、結婚率は高いそうです。また、結婚はしても、将来の教育費の問題等を考えると、収入に不安があれば子供を持つことを控える夫婦もあるかと思います。
このようなことを鑑みると、経済的な問題が、少子化の最大の原因ではないかと思います。

人口がこのまま減少すればよい、という考えは間違いです。簡単に言えば、それは人口減少ではなく、超高齢化・少子化なのです。過疎の地域を見ればわかることです。それは、望ましい社会ですか?労働人口及び消費人口が減少すれば、経済も格段に縮小し、今の日本の繁栄は続かなくなるのは、明らかでしょう。

現在政府が行なっている少子化対策では、まだまだでしょうね。
一時的な、こども給付金などではなく、長期にわたる経済的支援や教育費の軽減などが必要かと思います。

ユーザーID:2119108047
確かに恐怖です(個人的な意見です)
小心者
2009年4月13日 19:38

自由な香りさんの

>個人的にはこういう方々が親をなさっている子供さんと一緒に育っていくのか、と思うと、子供を持つなんてほとんど恐怖です。

に頷きました。私も同じ事思っています。
あと、そんな親御さんと関わる事は想像しただけで苦痛なのです。

勿論全員じゃないのはわかってますが、モンスター(予備軍)な親御さんが少ないとは思えないんですよ。
ご近所、職場等の疑問に感じる言動のママさん、他でも幼稚園バス送迎時の路上での様子、レストラン、公園等のママ友集団の言動に驚かされることもしばしばですから。
恐ろしくて入っていく自信がないです。
でも孤独に子育てする自信もありません。

夫も私が(一緒に近所の公園で見かけた)あの集団に入らなきゃならない位なら子供はいないほうがいいと言います。
基本的に人に合わせる性格の私に耐えられると思えないそうです。
もし私が染まったら、と想像して余計嫌なのでしょうけど。

世の中には素敵な親御さんも沢山いらっしゃるのはわかっています。
でも私には無理です。

ユーザーID:3139509473
子供は宝だよ
ダイナ
2009年4月13日 22:58

少子化の原因ですか。。。ひとえに、結婚する人が少なくなったことではないかしら?
それと、経済的な不安があって、子供を持つことに躊躇する人も多いかもしれないですね。

扶養控除を倍にする、国立大の学費を無料にする等、お金をかけずに子供を育てられるような世の中になれば、少しは増えるのではないかしら。
日本はもう少し、教育にお金をかけなくては、って思いますね。


モンスターな親が増えているっていっても、それは「親」という人種だけの問題でなく、日本人全体のモラルが低下してると見る方が自然です。世の中で親だけが、おかしくなるってあり得ないですものね。
例えば、凶悪な犯罪も増えてきてますよね。でも、だからって生まれてこないほうが良かったとは、私は思いませんね。それと同じで、モラルの低い親が問題になってるからって、生まれてきた子が不幸になるとも思わない。だから、これからもし私が結婚したら、子供は産みたいですよ。今の制度なら2人くらいが限度だろうけど。

私も、子供は国の宝だって思います。税金が、日本の未来のために使われることに、何の不満もないですよ。

ユーザーID:4275984557
ちょっと調べてみるといいですよ
おや
2009年4月13日 23:21

企業の支出の項目の中の、企業年金の占める割合を。

そして、現在の現役世代が年金生活に入ったときに
企業を支えるのはその子供の世代です。

何らかの対策を打たなくては・・と思うのが自然でしょう。

ユーザーID:8463327172
団塊世代が怖い。携帯からの書き込み
水玉
2009年4月13日 23:28

団塊世代ジュニアの女性です。

これから前期高齢者に差し掛かろうとする団塊世代を、まだまだ支えなければならない辛さ、やるせなさ。
医療の進歩によって介護を必要とする介護認定人口は必然的に、爆発的に増加するでしょう。
介護保険という公的援助があるにもかかわらず、ジュニア世代の実子に更なる負担を強いられる、旧体制である「子供が親を看るのは当たり前」「何故、子供がいるのにお金を払って他人に面倒を看てもらわなければならないか」という凝り固まった概念。
体制が間に合わない介護保険制度。団塊世代の時代には銀行の利子で貯金が出来たはずなのに、そんな美味しい出来事が無かった私たちは、どこまでそんな世代からこれからも絞られるのでしょう。

ますます福祉が貧粗になる日本で、こんな思いをするのであれば子供を作ろうと思いにくくなるのは当たり前です。未来の子供が不憫です。

上記は私の勝手な憶測です。

ユーザーID:6293467371
他にやることが沢山ある携帯からの書き込み
沙知絵
2009年4月14日 0:33

仕事、趣味、遊び、勉強…
これらは途中でやめても人生を台無しにすることはないですが(貧しい家庭にとっての仕事を除く)

子育てはそうはいきません。さらに、一生懸命やっても失敗に終わることだって珍しくない。
もっといえば、生まれながらにしてハンディある子供を持つ可能性が皆無でないこと。
すべてリスクがあります。

でもやはりDNAは自らの遺伝子を残せという命令をしていると思います。
それに逆らって生きるのも自然を無視しているなあ、と思いますがね。

ユーザーID:2899543701
怖い
min
2009年4月14日 7:56

なんかレスの一部がだんだん病的になってきたなあ、という気が率直にします…

まあ、もうすぐこのトピも〆られるとのことですし。

「子ども」や「子育て」そのものをこれほど忌避する空気があることが怖いと思いました。人間にとって最も身近で当たり前の営みであり光景だと思うのですけどね。それが受け入れられないなら、子どもの全くいない、ひたすら老いていくだけの社会で住んでみたら、と思います。

住み分け、できるものならしたいのでしょうね、そういう方たちも。

ユーザーID:3805493267
学校に関わりたくない
2009年4月14日 9:43

小中学校生活で嫌な思い出があって、今更学校に関わりたくありません。
しかも、小町を読むと、子供がスポーツをやっている場合過剰なまでに親が関わらねばならないようで、「お茶当番」なんてナンセンスなものまでせねばならないと思うとそれだけで強い拒否感があります。
子供がスポーツの才能があるならそれを支援してあげたい。
でも私はスポーツ嫌いなんです。炎天下で無意味に眺めているのはもっと嫌いです。
でも小町を読む限り世の中は体育会系の勢力が強いらしくて、嫌だというと自体悪なんですよね。
家族の生活と子供の生活がこれほどまでに癒着しているようではとても学校には関わりたくありません。
スポーツ以外も自分がされた経験から学校不振が強いんですよ。
それに働いて、しかもPTAの活動って無理です。
今それをやっている働く母親達はえらいと思います。
モンスターはいるわ、収入があるのに給食費を滞納する人はいるわ。
ねっちりとした人間関係を考えるだけで胃が痛くなりますよ。

ユーザーID:4283088060
某コマーシャルで
おばさんです
2009年4月14日 16:07

「選択肢が多過ぎると人は選べなくなる」というコマーシャルがありますね。
昭和の時代は人の生き方なんて平成の世の中と比べるとそんなに選択肢がなかったと思います。
現在は生き方が多種多様過ぎて逆に選べなくなっているからかもしれませんね。

ユーザーID:0471320070
みんな誰かの親、誰かの子供
おやこどん
2009年4月14日 18:10

私も子供を持つ前、必ず考えていました。

もし子供ができたら、自由な時間がなくなる、自分の好きなことができなくなる、仕事のハンデになる、公園デビューがこわい、ママ友がこわい、こういう未熟な自分が子供を育てるなんて考えられない、だから子供は要らない・・・

私に限らず、そう考えたことのあるお母さんは多いと思います。むしろ、どれも考えたことがないというお母さんこそ、珍しいのでは。
だからこういう「かつての自分の生まない理由」を見ると、つい言いたくなってしまうんです。「生んでみればわかるよ。頭でっかちだったことが」って。

「母親」としてこの世に生まれてくる人はいません。自分に子供ができた姿が、目の前にいる近所のお母さんです。学校時代の友人でも、気のあう人あわない人はいたはず、せいぜいその程度の違いです。

確かに今はあらゆることが高度に発達して、「対処」より「予防」が、「リターン」より「リスク」の方が重視される、ある意味完成された世界から減点していく時代です。子供なんていう、未完の最たるものは育てにくいかもしれません。でも!と、あえてチャレンジしてみてほしいです。

ユーザーID:1144866005
損得勘定からの解放
さえ
2009年4月14日 19:00

子育ては損得勘定からの解放です。
ごくごく普通の大人なら、自分の子どもじゃない子たちに、自分の税金使うなんて嫌だとか、次元の違う話だと感じるようになります。

>もっといえば、生まれながらにしてハンディある子供を持つ可能性が皆無でないこと。
>すべてリスクがあります。

ハンデのある子を育てることが、リスクと言い切るのも、損得勘定ですね。
でも世の中に存在するものには何かしらの意味がある、自分が生を受けたもの、生を産み出したのも意味があると思えると思えると思いますよ。
子育てをコストとして考えるようになったから、少子化が進んだのですね。

>DNAは自らの遺伝子を残せという命令をしている
>それに逆らって生きるのも自然を無視している

産まない選択ができるようになり、受胎や出産のメカニズムが解明されて神の領域を人間が操作できるようになってから、破滅への道を進んでいるのかも、と思うことがあります。

依存的システムのなかで自分のポリシーを貫いて生きるのは日本人には難しい。
だから少子化なのだと個人的には思っています。

ユーザーID:5329208699
非婚化でしょうね
既にはっきりしてるヨ
2009年4月15日 6:53

そりゃもう非婚化につきます。

一時期私も結婚しようかと婚活をしましたが、女性側から提示される条件があまりにも要求が高く、私自身相手にもされませんでしたよ。この為もう婚活自体が馬鹿馬鹿しくなってしまったので婚活撤退して、独身で居ることを決めました。

私自身、年収は400万台半ばしかないですが、東京から1時間程のこの地方都市で独りで生活するには何ら困らないんですよね。
物価は安いので、車もあるし戸建ても持っていますし、株や預貯金もあるし・・・

ただ人生の負け組感を骨身に染みる程感じていますけどね・・・(苦笑

私の周りには、そういう男性がごろごろ居ます。

ユーザーID:0573892280
リスクが許されない時代
電気洗濯機
2009年4月15日 13:39

 昔は、芋の子を洗うように一緒に大きくなりました。今は、違います。各自で乗り越えるものの形が違います。
 昔は、障害を負ったお子さんも、若くして亡くなる場合も、皆頑張って生きて、子沢山でも、心に悲しみも秘めて、お母さんも時には戦争も乗り越えて生きてこられました、立派だと思います。
 今でも、不況で派遣の契約解除、大変です。でも幻想も持っていて、教育にお金もかけて大学も良い所を出て、便利になって海外旅行に行く人もいて、と均一に近い生活もしたくなる。できないと否定的なイメージを持ったりということになります。そういう男女は多いと思います。
 舅姑も、長男信仰、子供が良い大学を出ないと嫁が悪いとか色々。障害を持てば、乗り越える為に受け止めることも変わってきます。乗り越える強さの形も大きさも変わっています。そのことが良いことも生むでしょうが、いじめもたくさんあります。上の世代から、今の子供をどう見るか。元気で頭が良くて、祖父母を大事にして当たり前のように思う人もいます。少なくとも、昔のように疫病で亡くなることは減っていますから。
 こういうことを敏感に察知する若い人もいて当然だと思いますが。

ユーザーID:5153704346
その他、個人的には、家族に対する価値観が違うと思う
jo−jo
2009年4月15日 17:33

海外に住んで思ったのは、
日本人の家族に対する価値観ってちょっと違うんじゃないかという気がします。

明確にいうのが難しいのですが、
私の知る国では、少なくとも家族という観念が人生の中心にあるので、結婚して家庭を持つ、という流れがごく自然に存在し、社会のなかでも家族をテーマに取しているものが多く、社会システムもちゃんと成り立っています。

でも、日本では社会のなかでの男女のあり方がいろいろあって、それぞれどれがいいという決定的なものがなく、家族という概念もそのなかのひとつ、という感じがします。なので、いろいろな選択肢のなかで自分の好きな概念を選べる、つまり、家族がみんなの大きなテーマになることはない。

ユーザーID:5643205327
楽しみが沢山ある世の中になったから
soramame
2009年4月15日 18:59

私は,人間って,そんなに賢いものではないと思うのです。

データはないのですが,おそらく,
昔も今も,子供を産む女性の割合は同じくらいだと思います。
決定的に違うのは,1人の女性が生涯に産む子どもの数が激減したこと。

今の世の中は安全で,楽しい刺激に満ちあふれていますから,夫婦生活しなくても刺激的な人生だと思うのです。
避妊の知識も広がりましたから,望まない妊娠は少なくなった。

成熟した社会の1つの証拠だと思いますし,人間の性質によるものだと思っています。

なによりも,日本の人口がこれ以上増えたら困りませんか?
わずか200年くらいで数倍になっちゃったんですよ?
そろそろ落ち着いてもいいと感じてます。

ユーザーID:6519502469
男性社会だから
匿名希望
2009年4月15日 19:43

いまだに差別的な部分があるからじゃないかな?

家事育児は女がして当然と言われ
仕事をしながら主婦しても
男には男の付き合いがあるんだ
とか言われて、家事は折半できない
文句を言おうものなら俺のほうが稼ぎが多い
オレくらい稼いでから文句言えとか言われるし

専業主婦になったらなったで
女性が働かないから
ってレスがつくでしょう?
あげく子育てが終わったら
専業主婦は夫の親の介護は強制
なんて考えもある

欧米並みに男性が家事も育児も介護も文句を言わないで
きちんとやれば仕事をしてたって子供は育てられます

男性上司の考えも改めて欲しいなぁ
女性が子供の病気で仕事を休もうとすると
まったく、女はつかえない
って言うくせに
男性社員が子供の病気を理由に仕事を休もうとすると
そんなこと女房にやらせろって休暇を却下するし

世の中の男性が家庭に目を向けないとダメかもね

現代女性は遊ぶことも楽しいこともいっぱい知ってるもん
それを全部我慢して子供をうめって言われてもムリ

ユーザーID:4931857414
少子化の原因はさまざま
福寿草
2009年4月16日 7:19

たくさんの方がおっしゃっているように、原因はいろいろあるでしょう。

私がいいたいのは、日本の政府、霞が関は、少子化を改善する努力も必要でしょうが、少子化になるのはわかっていたはずです。もっと先取りして、少子高齢化社会に見合った政策を立てておくべきだったと思います。

そこで、提案です。国の育児支援は子供が小さい時ばかりのように思います。

最近、高校の授業料の滞納や、退学が増えてきているみたいですが、日本も他の先進国にならって、公立高校は無料にしたらどうですか?日本は資源のない国で、人間だけが資本なのに、その人間の教育もままならなくなったら、この日本はどうなるのかと不安でなりません。

私は海外在住ですが、日本を愛しておりますので、日本がこれからどうなるのか、心配です。

ユーザーID:0048669213
女性は辛い……
さくら
2009年4月18日 10:31

3.子育てをサポートが得られない
6.出産によって、キャリアダウンするから
4.晩婚、晩産化

かな。

出産後も戻れるような会社が少ないからかもね。
働きたいと思っても切られたりするし、保育園は競争が激しく空きをまたなければいけない。
そう考えるとうんざりするのかもしれません。

私はもう一人産もうなんて思えないわ。

ユーザーID:6501051842
トピ主です
偽妊婦
2009年5月6日 15:55

おひさしぶりです

しばらく覗いていなかったのですが、
すごく盛り上がっていますね。

実は思いがけず妊娠が判明しました。

3か月です。
少子化問題について提起していたのに
こんなこともあるんですね。

病院を探すのに奔走しているところです。
今の日本、生んでからが大変かと思いますが、
温かく見守っていてくださいね。
では

ユーザーID:3436067272
トピ主さま、おめでとうございます!
あらら
2009年5月7日 16:58

お忙しいとのこと、どうぞ大事になさってくださいね。

このトピ、ずっと興味深く拝見していました。私は直近ですと、既にはっきりしてるヨさんに全く賛成です。

男性が一家を養うという男の甲斐性論から抜け出せないことが非婚化の要因の一つで、それが少子化につながっていると思います。
400万円もの年収がありながら、結婚できないってどういうことでしょうか。
男女ともに一生働いて収入を得て、二人で家庭を切り盛りして子育てをしていく家族へ、家族イメージと制度の転換が必要なのではないでしょうか。

低成長時代で給与の大幅増額が見込めないのですから、一生二人で一緒に働いて生活していったらいいと思うのです。
妻も400万円稼いだら十分ですが、かりに250万でも妻の雇用が安定していたら、出産後復帰し生活できますよね。300万円未満の二人でも共働き続ければ何とかなりますよね。

男性が一家を養うという間違った考え方をやめる。男女ともに家計に責任を持つ。そうなると、雇用の安定が本当に必要なのは妊娠出産をする女性に対してなんですよね(私は少子化を問題だと思っていないので、雇用の安定も男女平等でいいと思いますが)。

ユーザーID:5105822863
おめでとうございます
腰痛持ち
2009年5月7日 18:00

ご懐妊おめでとうございます。

産むまでまでも大変ですが、産んでからは本当に大変です。
健康に気をつけて、妊婦期間を楽しんでください。
ゆっくりできるのは今だけですよ〜。

ユーザーID:8628090931
女性の社会進出が遅れすぎているから
ダメ子
2009年5月7日 18:33

女性が社会に出るのが当たり前の社会であれば、出産・育児を理由に女性が退職を迫られたり、育児を夫婦でなく妻一人に担わせるという、非常に偏った役割分担を強要されることもなくなるでしょう。
共働きが普通になれば経済的にも余裕ができますし、働く人間が増えますから無駄に長い残業などせずともすみます。
当然保育園や学童保育の設備も充実しますから、「預けるところがないから働けない」ということもなくなります。

日本でも、保育園が充実している地域は働く女性も多く、生まれる子供の数も多いんですよ。
女性の社会進出のせいで少子化がすすむのなら、日本のように女性の社会進出が非常に遅れた国で少子化なんて問題になるはずがないのではないですか?

ユーザーID:8032056123
妊娠出産はタダ扱いですか?
まみー
2009年5月7日 18:37

>男性が一家を養うという男の甲斐性論から抜け出せないことが非婚化の要因の一つで、それが少子化につながっていると思います。
>男女ともに一生働いて収入を得て、二人で家庭を切り盛りして子育てをしていく家族へ、家族イメージと制度の転換が必要なのではないでしょうか。

逆ではないでしょうか?
こうのとりが子供を持ってきてくれるなら↑でいいですが、
女性は体と命を懸けて子供を生むことを忘れていませんか?

安産体型でつわりもなくするりと無傷で子供を生める女性は良いでしょうが、
私は出産のたびに寝たきり(妊娠中ずっと)になり、出産後も体調が戻るのに
1年以上かかります。今も完全には戻っていません。

夫と対等に経済的責任を持つのは無理です。幸い妻子を養ってくれる気概のある
男性に恵まれたから出産しましたが、性差や妊娠出産による女性の犠牲を無視して
都合の良いところだけ男女同等を求めてくるようなだらしない男性が夫なら
ひとりも生んでいないでしょう。

ユーザーID:6900133622
非婚化かなぁ
ぷち
2009年5月7日 19:08

結論は、既にはっきりしているヨさんに賛成。
でも、理由は違います。
当方、30代半ばの女性。
早く結婚して、子供産みたいです。
結婚前提で付き合い初めて1年以上。
相手は30代後半、年収600万円。
私はその倍以上年収があり、
仕事辞めるつもりもなし。
でも、相手はまだまだ結婚するつもりなし。
理由は、『まだ遊び足りない』

30代後半になって、まだ遊び足りない。。。
彼がようやくその気になったとき、
私はとうに出産適齢期を過ぎてる気がします。

非婚化って、女性のせいだけじゃないですよ。
交際相手に対しても、ご先祖に対しても、社会に対しても
無責任で身勝手な男性のせいでもあるんです。

ユーザーID:5111412604
 
最初へ 前へ 1 2 3 4 5 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(3)

現在位置は
です