現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

少子化の本当の原因

偽妊婦
2009年1月2日 16:09
古いレス順
レス数:422本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
低収入、長時間労働、職がない。
らう
2009年1月3日 10:54

低収入、長時間労働、将来の蓄えができない
しかも年功序列の会社では、いくら能力がなくても、そこに居れば賃金があがり、
能力があって一生懸命仕事をこなしても、まったく評価はされない。

仕事をやった分だけ、報酬を見合ったものにしていただきたい。

広い目では、
公務員、私学学校職員の給料体制がおかしすぎるのも、声を大にしていいたいところです。

ユーザーID:2374631724
そうですねぇ(続き)
少子化賛成
2009年1月3日 11:29

ですが、少子化って方向としては正しいと思います。日本の出生率は1.2強だったと思いますが、1世代交代で人口ほぼ半減、2世代交代でほぼ1/4。まあ、人口急減のスピードは大問題で、GDP減少(=国力低下)、年金制度破綻等弊害は言い尽くされていますが、100〜200年といった長い目でしかも地球規模で見たとき、このまま人口が増え続けたら、世界的な食糧、エネルギー危機がやってくるのは明白。環境問題、温暖化による大規模自然災害等も深刻化するでしょうし。

現実的に考えて、少子化加速はあっても、改善の可能性は低そうなのであれば、年金制度の負担軽減のための定年退職年齢大幅引き上げ、移民受け入れ促進、様々な箇所での機械化/無人化(海外に住んでいますが、仕入れてきたダンボール箱のまま商品が陳列されずに床に積み上げられ、顧客は無人レジでバーコードを自分で読み取らせて代金を機械に投入するスーパーが結構あります。少子化に伴う人手不足解消にぴったり)等、「未婚男性さん」の指摘するように、少子化に伴う弊害の緩和策を一生懸命講じた方が良い気がします。後半、トピからちょっとずれちゃいましたね。すみません。

ユーザーID:4512007608
私も、(表面的な)男女平等が原因だと思う
りさ
2009年1月3日 11:33

 女性が安心して男の人に身を任せる事が出来なくなったからじゃないかな。
 離婚率の上昇や、男の甲斐性も含めて。

 出産や育児で、女性には男性に頼らなくてはいけない時期ってありますよね。育児に一段落してからも、ポイされたら仕事探しても2ランクくらい落ちた仕事・生涯収入しか望めないわけで、結局、出産したら女性って物質的には男性に頼らなくてはいけないのが真理だと思う。

 そこが揺らいで来ると女性はキャリアを手放せず男性化するしかないし、必然的に子供なんか産んでる場合じゃなくなる。

 男性に甲斐性がなくなったのは、きっと女性が男性化しちゃったからでしょ。男女が同じ「男レール」で競い合うものじゃなかったのに、男女平等にしちゃったものだから。

 女が一昔前みたいに(表面的に)一歩下がった存在でいれば、男だってちゃんと守ってくれそうな気がする。女だって安心して子供産めたと思う。
 とは謂え基本能力は男女そんな差がないので、自分と同等・自分以下の男性に対して一歩下がる事は出産適齢期の女性にはまだ高等技術で。
 だから昔は女性に学をつけさせなかったのかな
 女って哀しいな

ユーザーID:8104658002
愛情の不足
2009年1月3日 12:51

人を育てるのは、人です。
親の愛情の不足が原因だと思います。
愛情とは、甘やかす事ではなくて、きびしく育てる事です。
でも、最近は、甘い親が多すぎる。
子供は、本能で、甘えたり、満ち溢れた愛を感じなかった。
そのせいで、親になって、本能の母性で、子供を生もうと思わない。
この母性があれば、お金がなくたって、なんだって、子供を生みたいと思うはずです。
人って、そういうものです。

ユーザーID:1730505442
4 晩婚
ぴよこ
2009年1月3日 12:59

日本では、結婚していない女性が子供を産むことをタブー視する文化があり、社会制度も結婚している男女が子供を持つということを前提としています。

現在の日本は晩婚化が進んでおり、1960年では女性の平均初婚年齢は24.4歳でしたが、2006年では28.2歳です。女性は35歳を過ぎると、妊娠率が下がりはじめるので、結婚して妊娠しやすい時期は1960年では10.6年間ありましたが、2006年には3.8年間減って6.8年間です。

これが根本的な原因で「産むかどうかの選択に入る前の問題」となっており、2,3,5,6は、「結婚後の産むかどうかの選択」の問題が絡み、さらに今後は出産年齢期の女性の人口が減少していくので、少子化は止まりそうにないですね。


という私は35歳で今年から不妊治療をはじめようかなぁと思っています。
「子供がいたら幸せだろうけど、いなくてもいい」と思っています。

7のその他に付け加えるならば、「子供がいないことへの社会的プレッシャーの減少」ですね。両親・義両親ともに「子供はまだ?」という発言はないです。実母から、遠まわしに遠まわしに気を使って言われますが…。

ユーザーID:6792408990
そうですねー
少子化は気にならない
2009年1月3日 13:05

子どもが産めるのは女だけ。当り前のことだけど
これに限らず、男女それぞれ本来の役割というものを
無視しているといっていい男女平等化だと思います。

女性の社会進出もいいけど、男性化しちゃうのはどうなんでしょうか。

なんといいますか、女はどんどん遠慮なく男のテリトリーに入っていく
けれど、男は女のテリトリーには入っていけない、いきたくない?
それか強制的に受け入れさせられてる。

最近こんなことを感じます、男と女のバランスが崩れてますね

ユーザーID:6258192205
少産少死社会になったから
2009年1月3日 13:10

昔、子供の死亡率は高く、たくさん産んでも成人に至るのは一部だった。だからたくさん産まねばならなかった。=多産多死社会。鮭が何万と産卵しても数匹しか成魚に至らないのと同じ事。日本も江戸時代ぐらいまでこうでした。

その後医療の発達に伴い死亡率が低下するも、出生率はまだ下がらない。=多産少死社会。ここで人口が爆発的に増加してしまう。日本では昭和の前半生まれまで、兄弟姉妹が5〜6人という家がザラ。

政府が「家族計画」を始める。教育にお金がかかることもあり、出生率はようやく低下。=少産少死社会。人口爆発が収まる。

今はこの結果としての、あるべき少子化です。

年金制度などは、たまたま「兄弟が5〜6人」の時代に設計してしまい、ネットワークビジネスと同じカラクリなので続く訳がないのに、根本的に設計し直さないことが問題なのです。

ユーザーID:1721081944
私の場合携帯からの書き込み
親不孝者
2009年1月3日 13:12

30代後半、結婚13年の女です。子供はいません。

その理由は以下のとおり。

・まだまだ自分のしたいことが多く、それを我慢してまで子供が欲しいと思わない。

・キチンとした子供を育てる自信がないし、非常識な子供を無責任に育てたくない。

・たいして可愛くもないのに、自分の子供というだけで猫っ可愛いがりするバカ親たちと話ができると思えない。

・自分が出来たことを自分の子供が出来なかった場合に、導いてあげることができないと思う。(何故できないの?などと言ってしまう)

・もし私たちに子供が生まれたら間違いなく「ウチの孫」と張り切るであろう義母のその感覚がイヤ。

・途中で亡くなってしまう気がしてならない。(私は幼稚園からこれまでの間に兄弟と友人を合わせて10人以上、病気や事故で亡くしています)

・子供が生まれたら生活レベルを下げざるを得ない気がする。

書き連ねると浮かんだのはこれくらいです。ちなみに主人は最初と最後の二つが理由だと考えていると思います。

個人的理由を長々と失礼いたしました。

ユーザーID:0759363443
Kenkenさんとcookieの意見に大賛成です。
働く嫁
2009年1月3日 13:41

私もトピ主さんと同じ30代後半、子どものいない兼業主婦です

「趣味・嗜好」として子供を欲しくないから作りたくないです。
やりたくない「趣味・嗜好」にお金・時間をかけるのは無駄だと思います。
期間的に、夏と冬だけ甥・姪を見るだけで十分です。

結婚、出産、育児、介護、、「負」の部分が女性にかかり過ぎている
子供出来たとしても「でも、そうなると仕事+家事+育児??きっついなぁ〜〜」と考えてしまいます。
全くもってそのとおりです。負担ばかりは、楽しい人生ではありません。

ユーザーID:5365661976
集団としての本能
紙コップ
2009年1月3日 13:57

興味深いトピですね。

何人かの方が指摘されていますが、私も人口過多が原因じゃないかと思います。狭い上にほとんど資源がない日本に、1億2千万人はやはり多すぎるのではないかと。

東京なんかだと、人が多すぎてとてもじゃないけど他人にやさしく接しながら日々を送るなんてできない。

中国などが成長してくると、日本に回ってくる資源はどんどん減るでしょうから、日本が国として養える人口も減ってくるのではないかと思います。それが今、経済の減退とかいろいろなひずみとなって現れ始めている。

誰が決めたことでもない、集団の心理としての少子化は、あながち間違った選択とは言えない気がします。

ユーザーID:9857565997
大人の子供化
すず
2009年1月3日 14:28

本当に子供が欲しい方は別として 最近は夫婦で海外旅行 美味しいものを食べ歩く など夫婦で楽しみたいから子供を持たない人が増えています。
そういうお気楽夫婦の 旅行・食べ歩き・ホームパーティを綴ったブログも多いですし。

今の世の中 不安定で凶悪犯罪が増え まともに育ったとしても 派遣・契約社員にならなければならない人が増えて 子供にとって生まれてきて良かったと思えないような社会です。親も 自分の収入が安定しないのに 子供が大きくなるにつれ 教育費など子供にかかる出費が増えて大変ですし。

けっきょく 気楽に自分たちの心配だけしていればいい 自分の稼ぎは自分達だけで使えて 老後も当てにする人のいない分 自分で用意する覚悟が出来ている 「産まない人の勝ち」・・・なんじゃないでしょうか。

ユーザーID:3840620590
興味深いご意見ありがとうございます
偽妊婦(トピ主)
2009年1月3日 14:48

人口が多すぎるというご意見が多くてちょっとびっくりしました。
6千万人ぐらいまでは減ってもよいということなのでしょうか?
今は「多産多死」→「多産少死」→「少産少死」と変化してきています。

ますます、年金はもらえなくなるし、高齢者が増え、労働者人口も減って、介護する人も減るといった社会的バランスが崩れると思いますがいかがでしょうか?

晩婚化による晩産化というのもよくよく考えると、
統計資料を見ると、たとえば昔が初産年齢が25歳で、今が30歳だとしても、35歳を過ぎたいわゆる「高齢出産」も増えていることですし、晩産化=少子化の原因とは思えません。

女性の高学歴化→社会進出といったライフスタイルの変化が大きいような気がしてきました。

まだまだ、ご意見よろしくおねがいします。

ユーザーID:5434179873
個人的意見携帯からの書き込み
みそじの女
2009年1月3日 15:24

出産や育児はすごく大変な割にはお金に換算できないから、仕事としての価値が低くされてるような気がします。『お金がもらえる仕事=価値のある立派な仕事』みたいなのが世の中にはあるのでは?

ユーザーID:4254227051
2と3、それから7
おもち
2009年1月3日 15:37

結局のところ、産むにも育てるにもお金がかかりますよね。
お金が足りなければ、働かないわけにはいかないし、
子育てをサポートしてくれる人がいなければ、
満足のいく仕事にもつけない・・・
そして、子供をあきらめざるを得ない。
少子化のスパイラルだと思います。

それから7です。
うちは、同性の子供がふたりいます。
同じように子育て中のママどうしでよく話題にのぼるのが
「女の子(男の子)が産まれる保障があるのなら、(二人目)三人目産むんだけどな」という人かなり多いです。
わたしも多少大変でも別の性の子を授かれるのであれば、ぜひ三人目がほしいと思います。
でも、そんな保障もないし、経済的にも労力的にも子育てはきついので、こどもは二人だけと思っています。
もしも、100%の確率で希望の性の子が産めるのであれば、少しは少子化に歯止めがかかるのではないでしょうか。

ユーザーID:0801122709
少子化かなぁ。
俗物リアリスト
2009年1月3日 16:05

爆発的に増え続けた人口は今度は失速して急激に減るものだと思います。
自然界はある種が増えすぎると上手い具合に伝染病が蔓延して数が激減したり、何かが絶滅してもその何かに変わる新しい種が生まれて増えます。

たかだか人間の世界のたった数十年の人間の増減に一喜一憂しているのは甚だ地球に無礼だなーと私は感じます。
増えるのも減るのも自然の流れだと思います。
地球的に見ればもっと人数減らしたいのかもしれないなぁ。
人間増えすぎですよね。

社会生活を送っている視点で考えてもしょうがないんじゃないかなーとこういう話題が出る度に思います。

ユーザーID:0808305076
少子化の一因
しげちー
2009年1月3日 16:27

>女性が安心して男の人に身を任せる事が出来なくなったからじゃないかな。
>離婚率の上昇や、男の甲斐性も含めて。
>基本能力は男女そんな差がないので、自分と同等・自分以下の男性に対し
>て一歩下がる事は出産適齢期の女性にはまだ高等技術で。

こんな風に自己反省もせず、男性が一方的に悪いと断ずる女性のおかげで男
性が結婚を躊躇→少子化に繋がっているのだと言えるのではないかと思います。

>女って哀しいな

上記のような無茶苦茶な言い分でも甘んじて受けなきゃならない男性こそ哀しい
と思います。

ユーザーID:1431165151
不妊は関係ないですね携帯からの書き込み
まこ
2009年1月3日 16:30

どなたかのレスにありましたが、確に不妊は関係ないですね。不妊症の人は昔からいますし今の方が治療法は進んでます。
強いて言えば晩婚化により、高齢出産が増え、妊娠もしにくくなったことかな

ユーザーID:5566252349
余りに知りすぎてしまった
ブルームフィールド
2009年1月3日 17:38

ネットで男性女性の実態、家族の実態、子育ての現実等を知りすぎてしまったところはもあるんじゃないかと。
特にこれだけ(原因があるとはいえ)男性を袋叩きにしている「発言小町」のようなところを見たら、結婚とそれに繋がる子育てを選択しない男性が増えて当たり前。

ユーザーID:1677179290
科学的根拠のない形而上論ですが。
Fox
2009年1月3日 18:25

ここにもいくつか根源論的レスがありますが、
「もし私がガイア[地球生命圏]だったら。」

人口が多すぎる。このままでは人類だけでなく地球自体が危ない。
そこで、人口を減らそう。まずはエネルギー負荷の多い先進国の人間。
ここから緩やかに削減しよう。文明が進めば死ぬ子孫も減って
高齢化するから自然に人口が均衡する分プラス男の生命力やエネルギーを少し弱めることで種の撒き散らしを減らして人口を減らそう。
女は生命の根源だからあまりいじれないな。
プログラムとしては環境ホルモンや社会的に女性が一人でも生きていける仕組みになることでいいかな・・・戦争や天災ではその瞬間は減るけど復興でかえってがっばっちゃうから長期的には減らせないな・・・・。
次は巨大人口国を少し文明化して繁殖意欲をそぐことだな・・・
それから先の遅れた地域は500年後ぐらいからでも間に合うな・・・
目標は1000年で半分、2000年で1/4なんだけどな。

ユーザーID:9789895665
すずさんに同意
つくよみ
2009年1月3日 18:31

自分も大人の子供化が原因かなと思います。

かく言う自分自身が
「まだまだやりたいことが沢山ある」
「生活レベルを下げたくない」
「子供をかわいいと思えない」
「子供の躾や教育に責任を持てない」
と子供を持つことを否定していた人間でした。

妻が子供を欲しがったため、特に避妊をせずにいたら、女児を授かりました。
妻の妊娠中は自分がマタニティブルーにもなりました。

しかし、妻の出産に立ち会ったときに劇的に自分の中で何かが変わりました。
父性本能(?)、庇護愛(?)が突如として湧き出てきたのです。

現在は男児も授かり、2児の父親となりましたが、子供が可愛くて仕方がありませんし、今まで可愛いと思ったことの無かった他人の子供に対しても
親しみを持てる様になり、親に対しても感謝できるようになりました。

自分が元々望んでいた生活とは180度逆になってしまいましたが、子供を持ったことを後悔はしていません。
だってこんなに毎日身近に幸せを感じてるんですから。

ユーザーID:0755683760
 
現在位置は
です