現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

少子化の本当の原因

偽妊婦
2009年1月2日 16:09

30代後半、子どものいない兼業主婦です。

少子化の原因についていろいろ語られていますが、本当の原因はなんでしょうか?

1.不妊
2.経済的問題
3.子育てをサポートが得られない
4.晩婚、晩産化
5.核家族化
6.出産によって、キャリアダウンするから
7.その他

うちは夫側の不妊と、二人とも多忙のため不妊治療に時間をかけられないからです。それほど必死には子どもを欲しいと思っていないのかもしれません。

ユーザーID:5434179873  


お気に入り登録数:537
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:422本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
非婚化かなぁ
ぷち
2009年5月7日 19:08

結論は、既にはっきりしているヨさんに賛成。
でも、理由は違います。
当方、30代半ばの女性。
早く結婚して、子供産みたいです。
結婚前提で付き合い初めて1年以上。
相手は30代後半、年収600万円。
私はその倍以上年収があり、
仕事辞めるつもりもなし。
でも、相手はまだまだ結婚するつもりなし。
理由は、『まだ遊び足りない』

30代後半になって、まだ遊び足りない。。。
彼がようやくその気になったとき、
私はとうに出産適齢期を過ぎてる気がします。

非婚化って、女性のせいだけじゃないですよ。
交際相手に対しても、ご先祖に対しても、社会に対しても
無責任で身勝手な男性のせいでもあるんです。

ユーザーID:5111412604
妊娠出産はタダ扱いですか?
まみー
2009年5月7日 18:37

>男性が一家を養うという男の甲斐性論から抜け出せないことが非婚化の要因の一つで、それが少子化につながっていると思います。
>男女ともに一生働いて収入を得て、二人で家庭を切り盛りして子育てをしていく家族へ、家族イメージと制度の転換が必要なのではないでしょうか。

逆ではないでしょうか?
こうのとりが子供を持ってきてくれるなら↑でいいですが、
女性は体と命を懸けて子供を生むことを忘れていませんか?

安産体型でつわりもなくするりと無傷で子供を生める女性は良いでしょうが、
私は出産のたびに寝たきり(妊娠中ずっと)になり、出産後も体調が戻るのに
1年以上かかります。今も完全には戻っていません。

夫と対等に経済的責任を持つのは無理です。幸い妻子を養ってくれる気概のある
男性に恵まれたから出産しましたが、性差や妊娠出産による女性の犠牲を無視して
都合の良いところだけ男女同等を求めてくるようなだらしない男性が夫なら
ひとりも生んでいないでしょう。

ユーザーID:6900133622
女性の社会進出が遅れすぎているから
ダメ子
2009年5月7日 18:33

女性が社会に出るのが当たり前の社会であれば、出産・育児を理由に女性が退職を迫られたり、育児を夫婦でなく妻一人に担わせるという、非常に偏った役割分担を強要されることもなくなるでしょう。
共働きが普通になれば経済的にも余裕ができますし、働く人間が増えますから無駄に長い残業などせずともすみます。
当然保育園や学童保育の設備も充実しますから、「預けるところがないから働けない」ということもなくなります。

日本でも、保育園が充実している地域は働く女性も多く、生まれる子供の数も多いんですよ。
女性の社会進出のせいで少子化がすすむのなら、日本のように女性の社会進出が非常に遅れた国で少子化なんて問題になるはずがないのではないですか?

ユーザーID:8032056123
おめでとうございます
腰痛持ち
2009年5月7日 18:00

ご懐妊おめでとうございます。

産むまでまでも大変ですが、産んでからは本当に大変です。
健康に気をつけて、妊婦期間を楽しんでください。
ゆっくりできるのは今だけですよ〜。

ユーザーID:8628090931
トピ主さま、おめでとうございます!
あらら
2009年5月7日 16:58

お忙しいとのこと、どうぞ大事になさってくださいね。

このトピ、ずっと興味深く拝見していました。私は直近ですと、既にはっきりしてるヨさんに全く賛成です。

男性が一家を養うという男の甲斐性論から抜け出せないことが非婚化の要因の一つで、それが少子化につながっていると思います。
400万円もの年収がありながら、結婚できないってどういうことでしょうか。
男女ともに一生働いて収入を得て、二人で家庭を切り盛りして子育てをしていく家族へ、家族イメージと制度の転換が必要なのではないでしょうか。

低成長時代で給与の大幅増額が見込めないのですから、一生二人で一緒に働いて生活していったらいいと思うのです。
妻も400万円稼いだら十分ですが、かりに250万でも妻の雇用が安定していたら、出産後復帰し生活できますよね。300万円未満の二人でも共働き続ければ何とかなりますよね。

男性が一家を養うという間違った考え方をやめる。男女ともに家計に責任を持つ。そうなると、雇用の安定が本当に必要なのは妊娠出産をする女性に対してなんですよね(私は少子化を問題だと思っていないので、雇用の安定も男女平等でいいと思いますが)。

ユーザーID:5105822863
トピ主です
偽妊婦
2009年5月6日 15:55

おひさしぶりです

しばらく覗いていなかったのですが、
すごく盛り上がっていますね。

実は思いがけず妊娠が判明しました。

3か月です。
少子化問題について提起していたのに
こんなこともあるんですね。

病院を探すのに奔走しているところです。
今の日本、生んでからが大変かと思いますが、
温かく見守っていてくださいね。
では

ユーザーID:3436067272
女性は辛い……
さくら
2009年4月18日 10:31

3.子育てをサポートが得られない
6.出産によって、キャリアダウンするから
4.晩婚、晩産化

かな。

出産後も戻れるような会社が少ないからかもね。
働きたいと思っても切られたりするし、保育園は競争が激しく空きをまたなければいけない。
そう考えるとうんざりするのかもしれません。

私はもう一人産もうなんて思えないわ。

ユーザーID:6501051842
少子化の原因はさまざま
福寿草
2009年4月16日 7:19

たくさんの方がおっしゃっているように、原因はいろいろあるでしょう。

私がいいたいのは、日本の政府、霞が関は、少子化を改善する努力も必要でしょうが、少子化になるのはわかっていたはずです。もっと先取りして、少子高齢化社会に見合った政策を立てておくべきだったと思います。

そこで、提案です。国の育児支援は子供が小さい時ばかりのように思います。

最近、高校の授業料の滞納や、退学が増えてきているみたいですが、日本も他の先進国にならって、公立高校は無料にしたらどうですか?日本は資源のない国で、人間だけが資本なのに、その人間の教育もままならなくなったら、この日本はどうなるのかと不安でなりません。

私は海外在住ですが、日本を愛しておりますので、日本がこれからどうなるのか、心配です。

ユーザーID:0048669213
男性社会だから
匿名希望
2009年4月15日 19:43

いまだに差別的な部分があるからじゃないかな?

家事育児は女がして当然と言われ
仕事をしながら主婦しても
男には男の付き合いがあるんだ
とか言われて、家事は折半できない
文句を言おうものなら俺のほうが稼ぎが多い
オレくらい稼いでから文句言えとか言われるし

専業主婦になったらなったで
女性が働かないから
ってレスがつくでしょう?
あげく子育てが終わったら
専業主婦は夫の親の介護は強制
なんて考えもある

欧米並みに男性が家事も育児も介護も文句を言わないで
きちんとやれば仕事をしてたって子供は育てられます

男性上司の考えも改めて欲しいなぁ
女性が子供の病気で仕事を休もうとすると
まったく、女はつかえない
って言うくせに
男性社員が子供の病気を理由に仕事を休もうとすると
そんなこと女房にやらせろって休暇を却下するし

世の中の男性が家庭に目を向けないとダメかもね

現代女性は遊ぶことも楽しいこともいっぱい知ってるもん
それを全部我慢して子供をうめって言われてもムリ

ユーザーID:4931857414
楽しみが沢山ある世の中になったから
soramame
2009年4月15日 18:59

私は,人間って,そんなに賢いものではないと思うのです。

データはないのですが,おそらく,
昔も今も,子供を産む女性の割合は同じくらいだと思います。
決定的に違うのは,1人の女性が生涯に産む子どもの数が激減したこと。

今の世の中は安全で,楽しい刺激に満ちあふれていますから,夫婦生活しなくても刺激的な人生だと思うのです。
避妊の知識も広がりましたから,望まない妊娠は少なくなった。

成熟した社会の1つの証拠だと思いますし,人間の性質によるものだと思っています。

なによりも,日本の人口がこれ以上増えたら困りませんか?
わずか200年くらいで数倍になっちゃったんですよ?
そろそろ落ち着いてもいいと感じてます。

ユーザーID:6519502469
その他、個人的には、家族に対する価値観が違うと思う
jo−jo
2009年4月15日 17:33

海外に住んで思ったのは、
日本人の家族に対する価値観ってちょっと違うんじゃないかという気がします。

明確にいうのが難しいのですが、
私の知る国では、少なくとも家族という観念が人生の中心にあるので、結婚して家庭を持つ、という流れがごく自然に存在し、社会のなかでも家族をテーマに取しているものが多く、社会システムもちゃんと成り立っています。

でも、日本では社会のなかでの男女のあり方がいろいろあって、それぞれどれがいいという決定的なものがなく、家族という概念もそのなかのひとつ、という感じがします。なので、いろいろな選択肢のなかで自分の好きな概念を選べる、つまり、家族がみんなの大きなテーマになることはない。

ユーザーID:5643205327
リスクが許されない時代
電気洗濯機
2009年4月15日 13:39

 昔は、芋の子を洗うように一緒に大きくなりました。今は、違います。各自で乗り越えるものの形が違います。
 昔は、障害を負ったお子さんも、若くして亡くなる場合も、皆頑張って生きて、子沢山でも、心に悲しみも秘めて、お母さんも時には戦争も乗り越えて生きてこられました、立派だと思います。
 今でも、不況で派遣の契約解除、大変です。でも幻想も持っていて、教育にお金もかけて大学も良い所を出て、便利になって海外旅行に行く人もいて、と均一に近い生活もしたくなる。できないと否定的なイメージを持ったりということになります。そういう男女は多いと思います。
 舅姑も、長男信仰、子供が良い大学を出ないと嫁が悪いとか色々。障害を持てば、乗り越える為に受け止めることも変わってきます。乗り越える強さの形も大きさも変わっています。そのことが良いことも生むでしょうが、いじめもたくさんあります。上の世代から、今の子供をどう見るか。元気で頭が良くて、祖父母を大事にして当たり前のように思う人もいます。少なくとも、昔のように疫病で亡くなることは減っていますから。
 こういうことを敏感に察知する若い人もいて当然だと思いますが。

ユーザーID:5153704346
非婚化でしょうね
既にはっきりしてるヨ
2009年4月15日 6:53

そりゃもう非婚化につきます。

一時期私も結婚しようかと婚活をしましたが、女性側から提示される条件があまりにも要求が高く、私自身相手にもされませんでしたよ。この為もう婚活自体が馬鹿馬鹿しくなってしまったので婚活撤退して、独身で居ることを決めました。

私自身、年収は400万台半ばしかないですが、東京から1時間程のこの地方都市で独りで生活するには何ら困らないんですよね。
物価は安いので、車もあるし戸建ても持っていますし、株や預貯金もあるし・・・

ただ人生の負け組感を骨身に染みる程感じていますけどね・・・(苦笑

私の周りには、そういう男性がごろごろ居ます。

ユーザーID:0573892280
損得勘定からの解放
さえ
2009年4月14日 19:00

子育ては損得勘定からの解放です。
ごくごく普通の大人なら、自分の子どもじゃない子たちに、自分の税金使うなんて嫌だとか、次元の違う話だと感じるようになります。

>もっといえば、生まれながらにしてハンディある子供を持つ可能性が皆無でないこと。
>すべてリスクがあります。

ハンデのある子を育てることが、リスクと言い切るのも、損得勘定ですね。
でも世の中に存在するものには何かしらの意味がある、自分が生を受けたもの、生を産み出したのも意味があると思えると思えると思いますよ。
子育てをコストとして考えるようになったから、少子化が進んだのですね。

>DNAは自らの遺伝子を残せという命令をしている
>それに逆らって生きるのも自然を無視している

産まない選択ができるようになり、受胎や出産のメカニズムが解明されて神の領域を人間が操作できるようになってから、破滅への道を進んでいるのかも、と思うことがあります。

依存的システムのなかで自分のポリシーを貫いて生きるのは日本人には難しい。
だから少子化なのだと個人的には思っています。

ユーザーID:5329208699
みんな誰かの親、誰かの子供
おやこどん
2009年4月14日 18:10

私も子供を持つ前、必ず考えていました。

もし子供ができたら、自由な時間がなくなる、自分の好きなことができなくなる、仕事のハンデになる、公園デビューがこわい、ママ友がこわい、こういう未熟な自分が子供を育てるなんて考えられない、だから子供は要らない・・・

私に限らず、そう考えたことのあるお母さんは多いと思います。むしろ、どれも考えたことがないというお母さんこそ、珍しいのでは。
だからこういう「かつての自分の生まない理由」を見ると、つい言いたくなってしまうんです。「生んでみればわかるよ。頭でっかちだったことが」って。

「母親」としてこの世に生まれてくる人はいません。自分に子供ができた姿が、目の前にいる近所のお母さんです。学校時代の友人でも、気のあう人あわない人はいたはず、せいぜいその程度の違いです。

確かに今はあらゆることが高度に発達して、「対処」より「予防」が、「リターン」より「リスク」の方が重視される、ある意味完成された世界から減点していく時代です。子供なんていう、未完の最たるものは育てにくいかもしれません。でも!と、あえてチャレンジしてみてほしいです。

ユーザーID:1144866005
某コマーシャルで
おばさんです
2009年4月14日 16:07

「選択肢が多過ぎると人は選べなくなる」というコマーシャルがありますね。
昭和の時代は人の生き方なんて平成の世の中と比べるとそんなに選択肢がなかったと思います。
現在は生き方が多種多様過ぎて逆に選べなくなっているからかもしれませんね。

ユーザーID:0471320070
学校に関わりたくない
2009年4月14日 9:43

小中学校生活で嫌な思い出があって、今更学校に関わりたくありません。
しかも、小町を読むと、子供がスポーツをやっている場合過剰なまでに親が関わらねばならないようで、「お茶当番」なんてナンセンスなものまでせねばならないと思うとそれだけで強い拒否感があります。
子供がスポーツの才能があるならそれを支援してあげたい。
でも私はスポーツ嫌いなんです。炎天下で無意味に眺めているのはもっと嫌いです。
でも小町を読む限り世の中は体育会系の勢力が強いらしくて、嫌だというと自体悪なんですよね。
家族の生活と子供の生活がこれほどまでに癒着しているようではとても学校には関わりたくありません。
スポーツ以外も自分がされた経験から学校不振が強いんですよ。
それに働いて、しかもPTAの活動って無理です。
今それをやっている働く母親達はえらいと思います。
モンスターはいるわ、収入があるのに給食費を滞納する人はいるわ。
ねっちりとした人間関係を考えるだけで胃が痛くなりますよ。

ユーザーID:4283088060
怖い
min
2009年4月14日 7:56

なんかレスの一部がだんだん病的になってきたなあ、という気が率直にします…

まあ、もうすぐこのトピも〆られるとのことですし。

「子ども」や「子育て」そのものをこれほど忌避する空気があることが怖いと思いました。人間にとって最も身近で当たり前の営みであり光景だと思うのですけどね。それが受け入れられないなら、子どもの全くいない、ひたすら老いていくだけの社会で住んでみたら、と思います。

住み分け、できるものならしたいのでしょうね、そういう方たちも。

ユーザーID:3805493267
他にやることが沢山ある携帯からの書き込み
沙知絵
2009年4月14日 0:33

仕事、趣味、遊び、勉強…
これらは途中でやめても人生を台無しにすることはないですが(貧しい家庭にとっての仕事を除く)

子育てはそうはいきません。さらに、一生懸命やっても失敗に終わることだって珍しくない。
もっといえば、生まれながらにしてハンディある子供を持つ可能性が皆無でないこと。
すべてリスクがあります。

でもやはりDNAは自らの遺伝子を残せという命令をしていると思います。
それに逆らって生きるのも自然を無視しているなあ、と思いますがね。

ユーザーID:2899543701
団塊世代が怖い。携帯からの書き込み
水玉
2009年4月13日 23:28

団塊世代ジュニアの女性です。

これから前期高齢者に差し掛かろうとする団塊世代を、まだまだ支えなければならない辛さ、やるせなさ。
医療の進歩によって介護を必要とする介護認定人口は必然的に、爆発的に増加するでしょう。
介護保険という公的援助があるにもかかわらず、ジュニア世代の実子に更なる負担を強いられる、旧体制である「子供が親を看るのは当たり前」「何故、子供がいるのにお金を払って他人に面倒を看てもらわなければならないか」という凝り固まった概念。
体制が間に合わない介護保険制度。団塊世代の時代には銀行の利子で貯金が出来たはずなのに、そんな美味しい出来事が無かった私たちは、どこまでそんな世代からこれからも絞られるのでしょう。

ますます福祉が貧粗になる日本で、こんな思いをするのであれば子供を作ろうと思いにくくなるのは当たり前です。未来の子供が不憫です。

上記は私の勝手な憶測です。

ユーザーID:6293467371
 
現在位置は
です