違いすぎる夫婦の、結婚6年目

レス64
(トピ主19
お気に入り88

恋愛・結婚・離婚

冬の湖

レス

レス数64

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分は「内向的で繊細」と開き直ってる

    大丈夫、十分図々しいですよ。
    自分は内向的で繊細で、育った家庭環境が厳しかったから…って。
    対極にある性格の伴侶から学ぶという方法もあるのに、主さんはその繊細さでご主人を苦しめ、また6年間の結婚生活から自分勝手にフェイドアウトしようとしている。
    自分の事しか考えてない方だと思います。
    夫の浮気まで乗り越え、信頼関係も築いているのだから、それから抜けたいのは裏切りです。

    人間はこの世に生きている限り、本当に他者に理解して貰う事は不可能です。
    それぞれのキャラクターを自ら作り、仕事や趣味などのツールで繋がります。
    人間として生きている限り、全員そうなんです。
    だから主さんの望みは誰と一緒になろうが一生叶いません。
    育った家庭云々なんか関係ありません。
    全ての人が、少なからず育った過程に不満足で、だからこそ所帯を持つんです。
    夫に受け入れられ、夫を受け入れる。
    そして少し諦める事を学ぶ。
    主さんはご主人に飽きたんです。
    まだそう言う方が思いやりがある。
    甘えるのもいい加減にしてください。

    そこから逃げても主さんがそのままなら、どこへ行っても幸せにはなれません。
    「青い鳥」の童話と一緒ですね。

    ユーザーID:7664594068

  • 妥協しても意味ないですよ

    この人が好きだから〜結婚って人が余りにも多過ぎると思います。
    あんまり結婚を深く捉えていないのかもしれませんね。
    その他の人を好きになったご主人と一緒にいて幸せですか?
    分かり合えない事が多いご主人と老後も一緒にいて幸せですか?

    人生は長い様で短いので、あまり意味の薄い時間を過ごすのはどうかと思います。
    本当に心も体も全てを寄り添い合える相手と過ごす事の方が有意義であり、心から幸せになれますよ。

    それ以外は不幸せかもしれませんね。妥協=幸せではありませんから。

    ユーザーID:3602339134

  • 育て直しをしてもらいたいんですね。

    自分の父親との関係が悪かった女性は、そうでない女性と比べて欠けた部分があるようです。
    自尊心であったり、自立心であったり。
    以前に読んだ本に書いてありました。
    私も、幼児は愛されることによりオトナになるんだと心から思います。
    トピ主さんは、まだ少女のままの部分があるのではないでしょうか。

    その本には、夫に父親の代わりをしてもらって育て直ししてもらうとよいとありました。
    それができて初めて対等の関係を築く事ができると。

    でも、一般的に夫がする必要のないことですから、要求するのは違いますよね。
    要求されると反感を持ちますから。
    まず自分で自覚…どうして欲しいのかを考え、具体的にお願いするのがよいかと思います。

    こういう理由で心が不安定なようだ、治すためあなたに協力して頂きたい。
    具体的には、○○してほしい。
    悪いけど、よろしくね!
    という言い方がよいと思います。

    興味がおありでしたら本のタイトルを調べます。

    ユーザーID:4424749081

  • 人に尽くすことで、自分が救われる。

    私の夫も真逆とまではいかないにしても、私が育った家庭環境とは違う人だと感じることがよくあります。ですからトピ主さんのお気持ちもわかることはわかるんですが、ただ、やっぱり、どんなに家庭環境が似ていようが、思いやりがある人だろうが、現実的に十分にわかりあえている夫婦は少ないと思いますよ。トピ主さんが抱えておられる問題の根源は、ひょっとしたら、孤独感じゃないですか?もし、そうだったとしたら、それは、人間、生きている以上、みんなもってるんです。明るいご主人でさえも。それで、ちょっと飛躍してるように聞こえてしまうかもしれませんが、もっと、その孤独に耐える強さをもっていかれないといけないかもしれません。わかってもらえない、、、と自分の気持ちを伝えるだけでなく、もっと、ご主人が元気に生きていってもらうには、自分がどうしたらいいのか考えるとか。それが、結局は自分のことを大事にしてもらうことにつながっていくような気がします。お辛いでしょうに、こんなことを言ってすみません。でも、私も同じような環境なので。

    ユーザーID:6853350510

  • うちも性格的には正反対の夫婦ですが

    今年で結婚18年を迎えます。子供はいません。
    喧嘩も言い合いも数え切れないくらいしました。
    その上、イギリス人と日本人という国際結婚カップルなので、日本人同士だとしなくてもよさそうな諸々の事が、よく喧嘩の種になったりしました(苦笑)

    夫は楽観的、おおざっぱ、“なるようになるさ”精神の持ち主。
    私は物事に悲観的になりやすく、超が何個もつく心配性。

    それでも生活を共にし年を重ねていくごとに、お互い、それなりにいい感じで関係を築きあげていけていると思える今日この頃です。
    そんな私がトピ主様にアドバイスできることがあるとしたら.....
    「当たり前と思いがちないろんな事に感謝して、今日一日、今を楽しく生きること。そして人には思いやりをもって接する。特に大切なひとには、大切なひとだからこそ、労わり思いやる気持ちをうんと持つ」ということでしょうか。。。

    人は誰でも、心の奥底に孤独をかかえている生き物だと思います。
    でもだから、やさしくなれたり前向きに生きようという気持ちを持てるのだと思います。
    トピ主様のお心、もっとステキな事でいっぱいにしてあげて下さい!

    ユーザーID:0001139305

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 空しさ

    x1再婚の40代女性です。空しさなんとなくわかります。
    結婚8年目で同じ感覚を味わいました。前夫との暮らしに耐えていけず、時を重ねることの無意味さを感じて離婚に至りました。

    その後数年でうつ病を発症し、内服治療とカウンセリングを受けました。長い時間をかけて理解したのは、夫との関係の空しさの一因が自分と実親との関係であったことです。今でも精神的に不安定になったりしますが、相手に期待しすぎたり、境界線の引き方がわかっていなかったり。アダルトチルドレン、共依存、エレクトラコンプレックス等々、様々なキーワードがあります。ご主人との関係を改善していく手がかりになるかもしれません。

    他のレスにもありますが、「私のことを理解してくれる人」をご主人に求めないことは重要かと思います。実母と話をしていて、良くも悪くも伴侶を完全に理解することは一生ないだろうという結論に達しました。40歳過ぎて、実親でさえ私を理解してもらっていなかったのだと実感する今日この頃です。自分の一番の理解者は自分ですよ。ぜひ寄り添ってご自身で自分を支えてあげて下さい。

    ユーザーID:6055591788

  • 枠にハマりたい人?

    あなたは決められた枠の中に納まってると安心できるタイプの人ではないかと思いました。
    なのでご主人もはめたがる。

    で、あなたから見れば互いに違った枠にハマったまま生きてゆくので、その生き方の進行速度や感情の流れに温度差を感じる事があるとか。

    なにも型枠の中にピッチリ納まる必要はないんじゃないですか?
    臨機応変に枠を変形させ、それに応じた柔軟な姿勢を意識すれば良いだけのことだと思うんですが、少々難しく考えすぎてる嫌いがあるかと思いますね。

    繊細と言い切ってしまうのは綺麗な言い方ですが、要は神経質で柔軟性に欠けると言う事ではないですか?
    ご主人の柔軟な姿勢が理解できないとか、受け入れられないのは、あなたにそれだけのキャパシティーがないからでは?

    もう少し見聞を広めるなど仕事以外に活動の場を広げられる事をお勧めします。
    様々な人とその考え方や生きる姿勢を見聞きすれば、少しずつ変化していくと思いますよ。
    頑固に凝り固まるには年齢的にもまだ早すぎると思います。

    ユーザーID:8110754737

  • わかりますよー!

    私と彼との関係もトピ主さんたちの関係と似ているところがあるので共感してレスします。

    私は親に愛されていると感じつつもヒステリックで子供っぽい母親に翻弄されて、無条件の愛を親から感じられないというかどこかビクビク、人の顔色を見ながら生きていた子供で、虐待に近いこともあったため、自分でも周りと比べると非常に繊細で傷つきやすいなと思うことがあります。ただ、元々前向きで明るい性格だったのか、外交的なのでそんな繊細な私を知る人は少ないです。
    今まで、自分のようにどこか重たいもの(みな知っていくと家族関係に問題あり)を抱えたひとで、繊細で大きな愛を求めている人たちと付き合ってみて、健全な家庭に育ち素直に物事をとらえれるひとと付き合うと(友人も含め)、自分の痛みを理解されない、さみしいと思うことがよくありました。

    他の方もおっしゃっているように、自分の痛みを理解してくれる人を恋愛相手に求めるのも違うし、結局私の方が強かったりで、私の方が疲れてしまったり、、ということが多々ありました。
    そして今の彼と付き合って6年になりますが、トピ主さんと同じように考えることがよくあるのです。続きます

    ユーザーID:3651207402

  • つづき

    今の彼は、トピ主さんの旦那さんに似ているかと思います。親との問題も何もなく挫折もなく、前向きに努力家で成功してきている人で、年も10歳以上離れているのもあり包容力は同世代にはないものがあり、精神的にも非常に安定しているので、とても穏やかな関係が築けています。ただ、自分ばかりが痛みを感じ彼にわかってもらおうとしてわかってもらえず悲しい思いをするのに疲れます。もちろんカウンセラーじゃあるまいし、そんな大役を彼に押し付ける、期待するのが間違ってると頭ではわかっていても、似たような環境に育った親友にはわかってもらえる痛みが一番近くにいてほしいと思う彼にわかってもらえないのが悲しいのです。

    特にご夫婦で戦友として、一番のパートナーとして選んだ人につらいことをわかってもらえないのは一番痛いでしょうね。でも、やっぱり健全な人には理解できないのだとあきらめ、聞いてくれる人がいるだけでも有り難いと思うしかないのではと思います。今トピ主さんが安定していると思うのは、自分の痛みを彼に見せていなくて、本当の自分を隠して(守って)いるからだと思います。そして表面的な明るさに空しくなるのではないでしょうか。

    ユーザーID:3651207402

  • ウチも違いすぎる夫婦6年目

    私たちも性格が全く正反対の夫婦です。
    夫はとても神経質で細かく、私は大雑把でだらしない性格です。

    私は1人暮らしが長くモノは効率的に使いたいので、出しっぱなしですが、
    夫はその出しっぱなしが嫌い。
    たまにイライラしていると注意しますが、基本的には譲歩してくれてます。
    私も出しっぱなしが嫌いという夫がわかっているので、片付けられる範囲で
    頑張って片付けています。

    正反対の夫婦なので、いろいろ教えられること、気づかされることも多いですよ。
    私は片付けの仕方を教えてもらいました。
    まだまだヘタクソですが、独身時代よりはきれいに片付けられるようになったと思います。

    私はよく夫に「私たちは本当に性格も趣味も合わないね」と言うのですが、
    夫は「だから、足りない部分を補えるんだよ」と言ってくれます。

    一緒に好きなものを見て、一緒に好きなことを楽しむのも素敵ですが、
    心が一緒にならなくても、違うものを見て、違う世界を知って、
    相手を理解するのも楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:4720828367

  • 繊細とご自分ではおっしゃってますが

    本当はただ単に白黒ハッキリつけたい融通のきかないタイプってだけではないでしょうか?
    白か黒か決めなくていいじゃない。あいまいなグレーで。
    あなたのことを完全に理解できる人なんてこの世に一人もいないよ。
    それって、私も含めてみんなそうなんですよ^^
    私なんて自分自身のことすらよくわからない時あるもん!
    いくら主人だからって他人にわかるわけないわ〜〜。

    人間、生まれてくる時と死ぬ時はみんなひとりぼっちって言うでしょ?
    だからこそ、今ご主人と一緒にいられる幸せ、誰かと過ごせるこの時に感謝してほしいと思います。
    あなたの心の中には不満が多い、「足るを知る」べきだと思います。
    キツイ言い方でごめんね。
    あなたは実は満たされている、でも自分で気づいていないだけですよ、きっと。
    幸せはほかの誰でもない、自分自身の心がつれてくるものだと思います。

    かくいう私も結婚18年目ですが、結婚前は白黒ハッキリ!で融通のきかない神経質タイプでしたが、長い結婚生活でグレーの居心地のよさを知りました。それってつまり、今ある自分の幸せに目を向けて感謝する、ってことでした。

    ユーザーID:3261898556

  • 浮気のことがまだ尾を引いているのでは

    お互いに正反対の性格に魅かれて結婚なさったということですが…
    そんな二人が「心から理解できない」部分もある、とは思いませんか?

    私は夫に出会う前に「心から私を理解してくれる人にめぐり合いたい」といろんな男性とお付き合いしましたが、そんな人には出会えませんでした。

    そして夫。
    私とはまったく正反対。
    しかも自分の意見が正しいと押し付けてくるばかり。
    でも私も自分の意見が正しいと思っていましたから、同じです。

    子どもが生まれてから「心から理解してほしい」とは思わなくなりました。
    だからといって子どもにその矛先が移ったわけではありません。
    「諦めた」「無理だと悟った」ということです。

    たまに心から愛し合っている強い絆を持つ二人の話を聞いて
    「私だってそんな愛が欲しかった」
    などと感傷にひたるときもありますが…

    トピ主さんは自分を捨ててまで相手に尽くすことができますか?
    私には出来ません。
    大げさなことではなく上手くいっている夫婦は一瞬一瞬で「自分より相手を慈しむ」ことができていると思うのです。

    ユーザーID:2914517706

  • ありがとうございます(7)

    ネロ 様
    浮気騒動がおきたときが一番、私は自分のことしかみていなくて
    彼に”私とおなじ赤色になって”と強く要求していたのだと思います。
    以降、彼のこと、彼の好きなものやことを認め、きちんと話に耳を傾けるように努めてきたつもりでした。
    ”歩み寄り”がまだまだで、これからできるようになれたらと思います。
    ”自信をなくした彼は、自分を守るために発言”、おっしゃるとおりです。
    ”自分で自分を幸せに”ならなくては、という必要性をとっても強くかんじます。
    近々、カウンセリングに通い始めようと思います。ありがとうございます。

    ももと様
    よく分からない状況説明で、すみません。
    毎日考えているのですが、最近は考えれば考えるほどよく分からなくなっています。
    おっしゃるとおり、なんだか矛盾だらけで、そうしてひどく疲れます。
    夫との付き合いはもう10年目になります。
    夫の性格や考え方はよく把握できているつもりですが、やっぱり正反対だと思います。
    でも、一部分は正反対ではないかもしれないですね。
    ”自分自身の思考の癖で苦しめている”、そんな気がします。
    カウンセリングで矯正していけたらと思いました。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(9)

    白鳥麗 様
    そうですね、おっしゃるとおり遅いような気もします。
    結婚1年目でつまづいてマイナスになった分、二人の信頼関係をゼロにもってくるまでにそれから2年ほどかかってしまいました。
    3年すぎてからようやく二人で前向きに生活をしてきて、会話もたくさんあったはずなのにそれでもとれない虚しさというものが、夫婦であるならあって当然のもなのかどうなのか、その辺を知りたいと思いました。白鳥麗様のように、夫と張り合うことなく、上手に折り合いつけれるようになりたいです。

    老婆心 様
    分かり合えない存在だからこそ、解りあえたときの喜びがあるのですね。
    最近はひどく疲れていて、そのことを忘れかけていました。
    もういちど、そんな日々をすごせたらいいのにと思います。
    いまあるこの状況を受け入れて、そこに楽しみをみいだせることが、幸せになれる方法なのですね。
    しばらく体力回復につとめて、いまのこの環境を見つめ直したいと思います。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(10)

    タイトルのNo.がちゃんと通ってませんが、お許しくださいませ<(_ _)>

    トーリスgirl様
    反対のタイプのご主人と、とっても仲良くすごされていてうらやましいです。
    とっても大好きな気持ちが伝わってきて、幸せのお裾分けをいただいたような気持ちです。
    私も夫のことはとっても大好きなのに、最近はいっしょにいるだけでひどく疲れてしまい、
    一人で過ごす時間が増えてしまいました。
    ”まずは聞くこと”。
    皆さんおっしゃるこのことが、今の自分にはほんとうにできていないのだなと痛感します。

    まる様
    あたたかな叱咤激励、ありがとうございます。涙がでそうです…
    結婚1年目の浮気(軽い)は、支えきれないほどの負担を夫に感じさせてしまったからなんです。
    ただ、その後猛反省して夫婦改善に二人で取り組んみはじめたその半年後、同じ女性との浮気が発覚して、
    そこからちょっと何かがおかしくなってしまった気がします。
    「浮気といっても軽いのだったし」と理解できますし、夫との間でそのせいで険悪なムードになるということはありません。
    でも、何かのときに思い出すと、今でも涙がでます。
    自己憐憫かもしれないですが。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(11)

    にゃおん様
    にゃおん様も、自分のなかの孤独や淋しさを持て余してしまう事があるのですね。
    私は日記を書く事が子どものころからの癖で、そういったものをほとんど、日記のなかでなぐさめてきたようなタイプです。
    にゃおん様のご主人には「分かろう」という気持ちがある。
    だから物足りないと感じることがあっても、一緒にいられることが幸せなのだろうと思います。
    私が夫と会話をしていて寂しく思うことは、私の発言が彼にとって「ありえない」場合、「どうしてそういう風に思うの?」ときいてくれないことでした。
    そう思う私が夫にとっては「受け入れられな」くて、私は「そう言われて傷ついたよ」と夫に言われておしまいです。
    そのくり返しが、虚しさにつながっているような気がしました。

    マスカットみるく様
    元彼のお話をありがとうございます。私たちの関係とよく似ていると思いました。
    夫も”自分にかなり自信を持っており、過去に挫折とかを経験した事もない”タイプです。
    ”人の悩み”に対して、アドバイスは上手ですが、悩んでいる人の気持ちを理解したり聞いたりすることは、話を聞いてる自分も苦しくなるので限界があるようです…。

    ユーザーID:8646305985

  • ありがとうございます(12)

    Y 様
    コメントの最後までそのお気持ち、とてもよく分かりますし共感できます。
    まわりにはあまり似たご夫婦がおられないので、お話きかせていただいて癒されました。

    ”反発しあう”事ができている状況は、お互いに愛があることの証明かもしれません。
    反発しあえるということは、違いすぎる夫婦にとってはとても良いことかもしれません。
    それだけ、お互いに信頼関係や安心感があるから自分を出す事ができるのだろうと思ったりします。
    私が言うのはとってもおこがましく変ですが、お二人で旅に行ったり節目のイベントを大切にされてますか?
    特に旅は、違いすぎる夫婦で行き詰まったときにはとても良いと思います。

    でも、反発はエネルギーを使うし「なんで分かってくれないんだろう」って、イライラしますよね。
    相手を認めながら自分の主張もできる、そんな関係ができたらいいなぁと思ってしまいます。

    反発しあえていた時もあったのですが、最近ではいつの間にか自分らしさを失い
    何をしても虚しく感じるようになってしまいました。
    自分の大切なものを見せたり教えたりすると、それを取られるという、おかしな感覚があります。傷つくというか。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(13)

    み 様
    叱咤激励、ありがとうございます。
    たしかに、自分のことを開口一番に繊細だとかカウンセリングに通っていましたとか言っている時点で、不快に思われる方もおられると思います。
    家族の背景をもちだしたのは、そのせいにしているからではありません。ただ、思考回路がその影響を強く受けているという認識があるためです。
    それは、将来自分の子どもに連鎖させないために、と結婚前に通ったカウンセリングの経験をもって痛感していることなのです。
    (思考回路(私の場合はアダルトチルドレン)は、親から子へと連鎖するものだそうです。)
    不快にさせてしまうような表現をしてしまい、大変失礼いたしました。

    こちらで自分のことを相談させていただいて色んな方にご意見きかせていただいて、改めて、自分は本当に自分のことばかり言っているなと日々、自分に苦笑し反省しています。
    夫婦の関係を保っていくことには、私の想像以上に忍耐や努力が必要なのだろうと痛感しています。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 心を前進させる

    もう一度ご自分の文章とみなさんのレスとを読み直してみて下さい。
    自分自身のことを見つめ直して整理してみてはどうでしょうか。
    耳が痛い言葉や、「いや違う!」と否定したくなる言葉が実は当たってるということもありますよ。

    今のトピ主さんはあれこれ理由をつけて堂々巡りしてるように感じます。
    自分を正当化したいというか、結局ここでも自分を理解してくれる人を求めているだけではないですか?
    「欲しい、欲しい」では疲れるのは当たり前ですよ。


    本当に解決したい問題なら、答えを相手に求めるのを止めて、自分の中に求めましょう。

    今のままでは離婚しても後悔、しなくても後悔(というか、不満だらけ)になりそうな気がします。

    ユーザーID:6345842221

  • 自分と他者の境目

    なぜ、共感が必要なのでしょうか。
    寂しいから、空しいから?
    それを埋めることは他者に可能なことなのでしょうか?

    一体この世の中にあなたに全て都合のいい
    あなたにすっかり共感してくれる人は何人いるんでしょうか。
    そしてその人(ほとんど自分自身)と一緒にいることが幸せですか?

    自分と他者の境目が曖昧になってきている気がします。
    どれだけ近くても他者は他者です。
    だからこそ面白いのではないでしょうか。
    しかしあなたはもう昔の幸せが当たり前になってしまったんですね。
    旦那さんの努力も理解も当然のことなのですね。

    繊細で内向的な割には他者の内面については鈍感なんですね。

    ユーザーID:2674224762

  • ”(せ)ねばならない”に とらわれ過ぎないで

    タイトルの言葉、何かで聞いたことがありますが、トピ主さんのレスを読んでいくうち、その言葉を伝えたくなって出てきました。

    自分の経験に基づいて勝手に推測しているので、当たっているかどうか分かりませんが、「子供を持つかどうするか?」ここから始まって迷われているのかなと感じました。つまり、悩みの枝は幾重にも分かれていても、元はひとつの疑問から始まっているのかなと。


    きちんと自分が子を産み育てられることが出来るかか否かを考えてしまうのは、無責任に産んでしまうのが怖いから。そして、ACやDVを体験してきたからですよね。それでこの私でいいのか、夫でいいのか、どうしたらベターな方向へ持っていけるのか…を模索しているように感じられました。

    ネコムラ様のふれられていた本が核心をついていそうな気がするのですがどうでしょう。そして横になりますがネコムラ様、私も知りたいです。

    トピ主様、あまりご自分を追い詰めずに、むしろ自己評価を上げる方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:5391777721

  • どちらかというと逆です

    私もどちらかというとご主人の立場です。
    主人はとても繊細で、ストレスに対してとても弱いところがあります。
    大きなストレスを抱えると、すべて私にぶつけてくるようになりガラス細工のようです。主人が甘えられるのは私しかいませんから、私が支えると思ってます。
    つきあってから10年以上になりますが、最初6つも年上の主人にどう接していいのかわかりませんでしたが、いつからかそっと優しく抱きしめてあげるようになりました。そうすることで気持ちが和らぐようです。
    夫婦といえども、いくら付き合いが長いからといえども、100%分かり合うことは出来ないでしょう。主人は私ではないですから。
    なんとなくトピ主さんは愛情を確信したい、愛情を常に示してほしいのかなと思います。ご主人はどうしたらいいのかわからないのでしょう。
    落ち込んだり、落着きを失いそうな時、ご主人に抱きついて「しばらくこのままでいていい?」「落ち着くまでちょっとだけぎゅって抱きしめて」とお願いするといいと思います。
    「落ち着くおまじない」になるのでは?
    ご主人はいいパートナーだと思いますよ。

    ユーザーID:3452237364

  • わかります!!!

    私達はまだ1年半なのでまだまだですが、初めの半年は喧嘩をする度に寂しくなって、辛かったですよー。こんなに近いのに遠いということが。私のこの孤独感を分かってくれる人を探した方がいいんじゃないかって、そして彼にはもっと明るい、私のようじゃないタイプの人がいるはずだと思って、別れ話もよく持ち出しました。

    それでも救われたのは、彼が私と違って、全く何もかもが合う二人なんていない事、そして自分たちは違うから惹かれあったんだという事を完全に自覚している事でした。完全に合わないからと相手を替えていたら永遠に見つからないよと。私の両親は特に仲が良い訳ではなかったので、理想のカップル像が私の中で大きかったのだと思います。彼の両親はとても仲がよくてお互いに尊敬しあっていますがそれでも、勿論喧嘩はしていた、との事。
    だから良いカップルでもそういうことはあると彼は思っているので、私もそれで随分安心しましたよ。
    それからは、彼にわかってもらえないことは女友達と話して発散してます。悩んでばかりだと折角の楽しく過ごせるはずの時間も台無しにしてしまうので、彼に選んだもらえたことに自信を持ち直して頑張って!

    ユーザーID:8762472792

  • 涙が出ました。。

    このトピとみなさんのレスを読みながら涙が出てきました。トピ主様と同じ30代前半、結婚4年半(子供無し)の者です。
    トピ主さんの「虚しい」気持ち。私も状況こそ違いますが、わかります。

    このまま夫婦生活を続けていって、本当にいいのだろうか。自分には(夫には)違う人生があるのではないかと、虚しくなります。
    三浦綾子さんの「ひつじが丘」には、「人は何度も許され続けなければ生きてはいけない存在」「愛とは許し続けること」とあります。
    私はこの言葉を知って、自分が今までいろいろな人に許されるつづけて生きてきたことを知りました。

    ただ、私はまだまだ本当に未熟で日々の生活の中で、この大切な言葉を忘れ、他者への感謝を忘れ、悶々としてしまうことが多いのですが。

    トピ主さんは、ご主人の過去の過ちを許されてます。それはなかなかできることではないと私は思うのです。
    トピ主さんはきっといい方です。
    体に気をつけて無理せずやってくださいね。
    変な言い方かもしれませんが、私はこのトピを見てたいへん勉強になりました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:2847584179

  • ありがとうございます(14)

    予想以上にたくさんのコメントをいただき、本当にありがとうございます。
    一人では気づけなかったこと、沢山考えさせられています。

    えのきしめじ様
    自分の相談内容と、皆さんにいただいたコメント、自分のレス、何度もくりかえし読ませていただいております。
    こうして、ネット上でたくさんの方にいろんな考え方を示唆していただけること、本当にありがたいです。
    一旦、とことん考えたらなにかが分かってくるかもと思い日々真剣に悩み考えてきたのですが
    おっしゃる通り考えれば考えるほど、自分のことが分からなくなってきてしまいました。
    ただ、感覚的にどこか「このままだとダメだ」と感じていることだけは確かです。
    自分とむきあう時間を増やしたいと思います。ありがとうございます。

    気難しい人様
    おっしゃることに、かえす言葉もありません。。
    他者に共感を求めるのは意味のない、ということが真理としてあるという事
    こちらで相談させていただいて、わかってきました。
    でも、つい求めてしまいます。
    分かりあえないからこそ、分かりあえたときの喜びがあるのですよね。
    そういう瞬間に出会うために、結婚するのかもしれないと思いました。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(15)

    ゆーさん様
    私たちが結婚したときはお互い26歳で、”不完全な存在だからこそ、ともに成長しあいながら結婚生活をつくっていこう”という理想にお互い燃えていました。
    だから最初は、”結婚”という重みがすこし、一般的な結婚よりもすこし軽かったかもわかりません。
    当時も最近までも、二人とも必死で真剣にやってきて、それでも溝が埋まらなくて途方にくれてる、そんな状況です。
    20代まではあまり意識してなかったのですが、”人生は長い様で短い”を少しずつリアルに感じてきている今日この頃です。。
    心も体も全てを寄り添い合える結婚生活ができたら、どんなにいいだろうと思ってしまいます。

    ネコムラ様
    実は夫との関係のなかで「育て直されているなぁ、ありがたいなぁ」と感じることが幾度かありました。
    私が、無意識に求めてしまっていたということですね、きっと。
    ”なんで自分がここまで?”ということも言わず根気づよく対応してくれる夫には、感謝してもしきれません。
    自分でことばでお願いをするには、コツがあるのでしょうね。
    もしお分かりになるようでしたら、本をご紹介いただけるとうれしいです。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • トピ主です。

    予想以上にたくさんのコメントを寄せていただき、ありがとうございます。
    レスするスピードがおいつけてませんが、少しずつレスさせていただきたいと思っています。
    日々、いろいろなことを考えさせていただく機会を与えていただき、感謝しています。
    おなじような状況で恋人同士やご夫婦の方もたくさん見てくださって、とてもうれしいです。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 向き合い方の問題

    二回目です。

    トピ主さんのレスを読むと、ご主人のことをとてもよく見ているのがわかります。
    ご主人のことをよく理解しようと努力されて、実際、レスにあるように
    ご主人のことを説明する内容は、とても詳しいです。

    >「彼は決して、私のことを心から理解しきれないだろう。心に寄り添ってくれないだろう。」

    というのは、「心から理解しあう」こと自体よりも、「理解しようとしてくれない、
    心に寄り添おうとしてくれない」ことの方が問題のようですね。

    トピ主さんの「理解されない虚しさ」と、ご主人の「理解できない悲しさ」とが
    こんがらがってしまっているみたいに感じられます。

    その原因は、物事に対する「突き詰め度」の差、なんじゃないかと思えてきました。

    続けて書きたいのですが、いったん、ここで切りますね。
    トピ、レスの反映を読んでから、また書き込みさせてもらいます。

    ユーザーID:4676348482

  • トピさんの心の持ちよう

    夫の浮気が原因で、病院通いになった…その辺りからトピさんは本当はご主人に対して幻滅してしまったのでは?
    その当時はショックでも やはり未練心から離婚出来ず…私は病気になった!と言うことで鬱憤をはらしたわけです。
    更に お子さんもいらっしゃらない様だし 毎日思う存分 自分の世界に浸れるわけです。男と女って夫婦って綺麗ごとじゃいかないんです。お互いズルイとこもあるし あ〜もうウンザリだな〜とかを繰り返しつつ気が付くと 子供は成人し、お互い年を取っているそんなものですよ。
    こんなシラケた私ですけどトピさん同様に神経質・繊細・本好き・空想好き・夢見る夢子です。現在 心を病み療養中。自宅に閉じ籠りつつ投薬して家族とお喋りするのが一番の楽しみです。母親としての義務は果たさなければいけないので外出も無理やりしますが…。 トピさんは幸せなのです。アレコレうだうだ言えるって…。ご主人もきっと良い方なんですよ。明るい事を考えて下さいね。

    ユーザーID:8695119125

  • 男なんてそんなもん

    >心に寄り添ってくれないだろう。

    それができない男性、すごく多いと思います。ていうか、本質的に男は傷つきやすくて弱い生き物です、実は。

    社交的とかそういうこととは関係なく、自分のフィールドを守ることにとっても神経質だし、それをおびやかして、自分が傷ついてまで人のことを大切にするのが上手じゃない。(中にはそういう男性もいらっしゃいますが、多数派じゃない)

    あなたのご主人だけじゃないんですよ。そんなもんだと思ったら気が楽になりませんか?むなしいのなら、彼ができない分まで自分が彼を愛したらいいではありませんか。愛の量は対等じゃなくてもいいんです、二人のバランスが取れるのなら。

    今の状態は、ないものねだりだから苦しいんです。

    目の前にあるものをどうやって料理すれば楽になれるのか、考えて見ましょう。

    それと、人は誰もあなたを幸せにしてはくれません。あなたを幸せにできるのは、あなた自身だけ。

    ユーザーID:1590821053

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧