違いすぎる夫婦の、結婚6年目

レス64
(トピ主19
お気に入り88

恋愛・結婚・離婚

冬の湖

結婚6年目、お互い30代前半の子供のいない夫婦です。
夫と私は真逆の性格で、だからこそそこに魅力を感じて惹かれあった仲です。

私は内向的で繊細で、心から大切に思うものをとことん大切にする性格(非合理的なほどに)です。
それが行き過ぎて神経症・不安症的になることが欠点で、それは育った家庭環境が厳しく愛情に薄かったためと思います。
一方夫は、外交的でおおらかで、楽天的で、楽しいことが大好きで、性格に裏表がなく、とても誠実なひとです。
また、仕事などとても出来る人で、私に比べてものの考え方が非常に合理的です。
私は彼の愛情深く誠実で、とても優しいところが大好きで、一緒になれたことがとても幸せでした。

しかし、違いすぎることからいつも、
私の神経症的・悲観的な考え方やそこから来る要求は、彼をよく苦しめましたし、
私は、自分の価値観を否定されることでよく悲しい思いをさせられました。

私の行き過ぎた性格や仕事にのめり込みすぎた態度で、結婚1年目に彼が浮気に走ってしまったことがありました。
彼は苦しみながらも誠実に頑張ってくれましたが、私は心療内科に1年半通院することになりました。

彼のことはとても大好きでしたので、
そういう苦労を乗り越えてともに成長しあうのが夫婦の醍醐味だからと
自らの態度を反省して改め、お互いディスカッションを重ねながら、大切に2人の生活を少しずつつくりあげてきました。

今は、生活も精神的にも一番安定している時期だと思います。

けれど、私の心は、とても空しいのです。
その空しさは、結婚前から常にありました。
「彼は決して、私のことを心から理解しきれないだろう。心に寄り添ってくれないだろう。」

(すみません、続きます)

ユーザーID:3592835150

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数64

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ツヅキデス

    価値観のあまりに異なる生活をへて、私は大切なものや人を、彼から隠して生きるようになっていました。
    否定されたり、理解してもらえなかったりして、傷つくことが多かったからです。
    また、自分の意見を述べると彼もまけじと自分の意見をぶつけてきて、よく競合(牽制)しあうような状況になってしまい、大変疲れるのです。

    年齢も30代半ばをむかえ、子供のことや親の介護のこと(私の実家は遠方です)、
    自分の仕事のこと(契約社員です)を真剣に決めたいのです。
    けれど、今の夫との暮らしで耐えていける自信がありません。
    とても疲れてしまいます。

    今のまま同じ生活を無意味に重ねていってしまうことは、お互いにとってよくないと思っています。
    似たような境地を切り抜けられた方など、経験談やご感想をおきかせいただけないでしょうか。
    宜しくお願いいたします。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 無理でしょう

     続きが反映されてませんが、書きますね。
     基本的に、人は別個の自我があります。「心から理解してくれる」なんてのも、単なる幻想です。家族すら理解してくれないのに、もともと赤の他人の、違う環境で育った人間同士が、完全に理解してくれるなんてもん、夢です。幻想です。
     小説や漫画、ドラマのように人生はいかないのです。だから、まず「彼は決して、心から私を理解してくれないだろう」と思うのは辞めましょう。じゃあ、逆にあなたは心から彼を理解して、寄り添ってますか?
     違いますよね? 幻想に振り回されるなら、ずっと寂しいままですよ。

     それに、別々の人間だから、完全に理解できないから、人生はそして人間は面白いと私は思いますよ。自分の考えを完全に理解しているなら、人間は別々の存在として意味ないです。

     そんな私は長年の夢だった仕事を退職します。やっと叶えた夢の仕事を退職する私を、周りはあまり理解できないようです。でも、続けたら死にますので、退職することにしました。「悲しい」ですよ、それは。でも、それで人生が終わるわけではない、とそう思ってがんばってます。

    ユーザーID:4975545732

  • どっちなのかよく分からない

    >今は、生活も精神的にも一番安定している時期だと思います。

    >今の夫との暮らしで耐えていける自信がありません。・・・今のまま同じ生活を無意味に重ねていってしまうことは、お互いにとってよくないと思っています。

    ん?今が安定してるなら、そのまま行けばいいんじゃないですか?
    ただ、「耐えていけない」、「生活を無意味に重ねる」と思う気持ちが強いなら離婚もアリじゃないですか。

    ユーザーID:0208736367

  • 心の共感と価値観の理解は別物

    トピ主さんは自尊心を傷つけられて、悲しさが積もり積もってしまっているのでしょうね。

    私の経験なのですが、大切な人から「あなたの価値観はわかる。でも、自分はあなたとは異なる価値観だから、理解はしてあげられるけど、共感・賛同はできない」と言われたことがあります。価値観の違いを理論的に言われ、はなから共感することを望んでいない姿勢に、突き放されたような寂しい気持ちになりました。その人に悪意はなく、関係の築き方が違っているにすぎなかったのですが。
    その時、私はたとえ頭で理解してもらったとしても、感情を共感してもらえないと心が癒されないタイプなんだと、気が付きました。

    >「彼は決して、私のことを心から理解しきれないだろう。心に寄り添ってくれないだろう。」
    とありますが、「心から理解」というのが、感情の共有を意味するのであれば、ご主人にそれを求めるのは、難しいと思います。私はトピ主さんの空虚な気持ちが、よくわかりますけどね。

    意見を述べる時、心(感情)と頭(価値観)の部分を区別しておくと、否定されたり、理解してもらえなかったりによって受けるダメージが減るかもしれないですね。

    ユーザーID:4676348482

  • 再婚8年目 40代の夫婦です

    トピ主さんご夫婦と同じく、まったく正反対の夫婦です。
    夫は心の奥はとても優しく大きな器の持ち主である反面、物事を批判的に見る癖があり、仕事や人の愚痴が多く、他人に対する許容範囲がとても狭く、自分にもとても厳しい人です。
    苦労をすることを美徳と考えているような人です。

    私は、人に対する許容範囲がとても広く、物事を前向きに考え、常に楽しいことを探していて、人生を楽しみたいと思っています。
    つい最近、お互いの違いに疲れてきて、関係が一時とても悪くなりました。
    夫があまりにも、他人にも自分にも厳しすぎるため、「もっと楽に生きた方がいいのでは?自分に厳しすぎるし、もっと物事を肯定的に見る目を持つようにしたら、自分が楽になると思う。」と自分の意見を伝えてみましたが、夫は自分の生き方を変える気はないと言いました。

    色々と話し合いましたが、お互いに、お互いを理解出来ないのだと悟りました。でも、理解は出来ない部分はあるけれど、受け容れられる部分も沢山あるのです。その部分を見て、これからも一緒にやっていこうと決めました。
    結婚とは修行です。
    この修行を乗り越えることも、私の人生の課題なのかも。

    ユーザーID:4429827519

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 憶測ですが・・・。

    他人を理解することは、出来ないので期待はしないことにしました。
    ただ、大切な人間が何を考えているのか知ろうとすることは努力でできるものだと思っていますし、思いやりに近いものではないかと考えているものです。

    私も夫とは価値観、思考回路が大きくことなり、交わることがなく、
    話し合いをしても結果は、空しく、結局は不安な気持ちになるだけなので、今ではそういう会話も避けるようになりました。
    常に不安定な何とも言えない気持ちがつきまとっています。

    夫といつになったら夫婦になれるのだろう。
    一番の理解者・パーチナーになれるのだろうか?

    ご主人は一度浮気をされたことがあるとのこと。
    トピ主さんは、ご主人に、愛されるべき人間だと自分を信じていますか?
    ご主人との価値観の違いではなく、本当にご主人に愛されているか?
    それが根本の原因なのではないでしょうか?

    すみません。
    私がそうなので、レスさせていただきました。

    ユーザーID:1990831389

  • 似てるけど、わからない

    私は「トピ主さん夫婦と境遇がとてもよく似ている」夫婦の妻側です。
    似てるんだけど、私にはよくわかりませんでした。

    >その空しさは、結婚前から常にありました。
    >「彼は決して、私のことを心から理解しきれないだろう。心に寄り添ってくれないだろう。」
    私は虚しくないし、夫に100%理解してもらおうとは思ってません。なぜそこまで理解してもらいたいのかわかりません。夫は母親じゃないよ。ひょっとして友達とかでも距離感が上手く掴めなくて、踏み込みすぎるタイプではありませんか?自分と他人の境界があいまいなのかなぁという感想です。

    また意見が対立した場合、うちは「あなたの意見はわかった。でも私の意見はこうよ」と否定もしないけど同意もしません。お互い譲歩して妥協点を探します。競合して疲れることもありません。だって仮に国際結婚なら、お互い譲歩しないと成立しませんよね。

    どういう夫なら、トピ主さんは満足ですか?(責めてる訳じゃないです)

    ユーザーID:8848117426

  • ありがとうございます(1)

    いろいろ考えすぎてしまって、うまく表現できなかったにもかかわらず、あたたかなアドバイスをくださり、ありがとうございます。

    >かや様
    途中の段階だったにもかかわらず、真摯におこたえくださりありがとうございます。
    ”「心から理解してくれる」なんてのも、単なる幻想”。
    ズバリ言ってくださって気が楽になりました。
    自分以外のひとにそれを求めることができる、と考えていたことが間違いだったと気がつきました。
    それ前提に改めて「結婚に何を求める?」と考えてみたいと思います。

    ”逆にあなたは心から彼を理解して、寄り添ってますか?”
    ‥はたと気づきました。
    最近では、彼を認めまいと、心のなかで拒絶してしまう自分がいます。
    彼の価値観を理解はできても、受け入れられない自分がいます。
    そんな自分に、途方に暮れてしまいます。

    かやさんは、長年の夢だった仕事を退職されることを決められたのですね。
    ご決断されるまでには多くの時間と労力が必要だったのではと思います。
    新しいスタートがきれましたこと、応援しております。
    勇気をいただきました。ありがとうございます。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(2)

    >初笑い様
    わかりづらい相談内容でしたのに、率直なコメントをありがとうございます。
    そうですよね、良くわからない表現ですみませんでした。

    結婚してから5年以上、2人の関係づくりや仕事にがんばってきて、
    ようやく訪れた平和な時(経済的にも精神的にも安定した今)なのに
    2人共通の夢を描けない自分、夫を愛せなくなっている自分に気がついて
    途方に暮れています。

    お互いの両親は私達のことをとても気に入ってくれていて
    暖かく接してくれています。
    友人や周りの人たちも、私たちのような夫婦は楽しそうで憧れると応援してくれています。

    でも、どういう訳か気持ちがついてこず、夫と付き合う前の学生時代に戻れたらいいのになどと
    現実逃避してしまう自分がいます。

    上手くいっている時や、楽しいこと(旅行など)をしているとき2人の関係は非常にうまく回りますが
    私が精神的に落ち込んでしまうとき、パニックになった時、悩んでいるときは最悪です。
    悲しいことに私の精神的な支えにはなってくれないのです。
    (こんな書き方一方的でひどいですね、すみません)

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 夫婦であっても理解し合えないのは当然です

    だって他人同士ですもの。

    家族であってもそれは言えること。

    別の方も述べていますが、個人の考え方は自由です。

    ただ、本当に苦しく困難な状態にあなたが立たされた時、誠実さや思いやりをもってさりげない優しさを見せてくれるのであれば、それでいいのではないでしょうか。

    細かい点では色々満たされないとしても、それをひっくるめて全てOKだと済ますことができるくらいのふてぶてしさが、あなたには必要なのかもしれませんね。

    自分の中の空虚を、相手にどうこうしてもらおうという考え方は捨て、まずは「ただ自分の話(考え)を聞いてもらいたいだけなのか」、「その上で意見が欲しいのか」、「共感して欲しいだけなのか」、整頓してみてください。

    ご主人の考え方と食い違うということは、ご主人から見ればあなたも同じ「ご主人を理解できない」ということですから、お互い様なんですよね。

    ご自分を受け入れて欲しいのであれば、自分からまず相手を受け入れる努力をすること。
    簡単ではないことですが、発想の転換ができればもっと楽になれるかもしれませんよ。

    ユーザーID:5641122950

  • ありがとうございます(3)

    >チロ様
    やさしいコメントと体験談を、ありとうございます。
    チロさんのように(実際言われたらとても寂しいですが)
    「あなたの価値観はわかる。でも、自分はあなたとは異なる価値観だから、理解はしてあげられるけど、共感・賛同はできない」
    と言ってもらえたほうが、ずっと気持ちは楽かもと思いました。

    私の夫は天真爛漫、おおらかで楽天的である一方で、非常に傷つきやすい人で、
    私からする話は、理性的にしてもまず、拒絶反応から返ってきてしまいます。
    「僕だって〜」「なんでそんなこと言うの」という反応や
    すねてひきこもってしまったり、意気消沈して落ち込んでしまったり。

    そんな彼をみるにつけ、私も悲しく落ち込み、自己表現をする自分を責めてしまいます。

    感情の共感について。
    最初は、結婚相手にはなくても共感してくれる親友がいてくれれば問題ない、
    と思っていたのです。
    でも、一番身近な大切な人に求められないことは、想像以上につらいことですね。

    ”意見を述べる時、心(感情)と頭(価値観)の部分を区別”
    実践してみますね。ありがとうございます。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 単純ですが

    トピ主さまが繊細な方ということで、レスが単純過ぎて不快だったらごめんなさい。
    旦那様とご自分が違いすぎるというところがうちと共通だったのでお返事したくなりました。
    うちは結婚してもうすぐ1年です。性格も趣味も考え方も全く違い、おまけにスピード結婚だったので結婚後半年ほどは私も違いにかなり悩みました。議論をすればする程、お互いが離れていって哀しくて仕方ありませんでした。
    けれど偶然かもしれませんが、何気にその頃部屋を片付けていて、リビングのテレビの上(いつもお互い目のいく所)に結婚した頃の写真を飾ったら驚くほど2人が上手くいくようになりました。今ではあの頃のもやもやは何だったんだろう?と思うほどです。
    理由は自分でもよくわかりません。なので上手なアドバイスも出来ないのですが、よかったら写真を飾ってみてくださいね。

    ユーザーID:5195834527

  • 無意味こそ意味がある・・・ん?どっかで聞いた言葉のような

    >今のまま同じ生活を無意味に重ねていってしまうことは
    トピ主さんと私とはココが似てるかな。
    私はずっとずっと「結果を出さないと価値がない」と言われてきたので、何か作り出したり、何かに結果を見出せないと、すごく不安になる性格です。
    ・・・でも、私が今思うことは、そういう「同じ生活で無意味に見える」ことでも、それはとても大切な出来事や思い出が詰まっているということ。後からふっと思い出すと、それは何てことのないしぐさとか、表情にたくさんの意味が見出せること。何か意味づけをしようとする行為こそが無意味・・・なのかも知れません。

    >否定されたり、理解してもらえなかったりして、傷つくことが多かったからです。
    >私のことを心から理解しきれないだろう。心に寄り添ってくれないだろう
    ↑これは、どちらかというと、「親(への憧れ)をご主人に投影している」ように思いますが、そういう傾向はありませんか?
    >お互いディスカッションを重ねながら
    十分、寄り添っているではありませんか。筒井康隆さんの「七瀬」シリーズみたいに、思うことがそのまま伝わったらそれはそれでまた大変ですよ。

    ユーザーID:1048221723

  • 主さん以上に繊細とおもわれます

    >否定されたり、理解してもらえなかったりして、傷つくことが多かったからです。
    また、自分の意見を述べると彼もまけじと自分の意見をぶつけてきて、よく競合(牽制)しあうような状況になってしまい、大変疲れるのです。

    地獄とはこのことか?なんて思っちゃいますよね、
    ただ、気になったのですが、
    例えば、このとき
    彼に、何と言ってもらいたかったのでしょう。

    その言葉を、彼も言って欲しくて、待っている気がしますが。
    たぶん、トピ主さんが思っている以上に
    自身がないとおもいます。

    トピ主さんよりも、繊細な人、かもしれないです
    だからこそ、

    >否定されたり、理解してもらえなかったりして、傷つくことが多かったからです。
    また、自分の意見を述べると彼もまけじと自分の意見をぶつけてきて、よく競合(牽制)しあうような状況になってしまい、大変疲れるのです。

    これが出来ている。何を言えば、トピ主さんが傷つくのかが判るのだから。

    そこで、日に2,3回は、テレビのタレントと比較して
    大げさでもよいので
    褒める感じの言葉を繰り出してあげる必要があるとおもいました

    ユーザーID:9585425874

  • トピさん、心の病気だと思います

    トピさん、自分のことしか考えられないタイプですね。
    ご主人はすごくいい方のように感じますが。

    もし相手がトピさんと同じタイプだと、互いに分かってほしいばかりで傷つけ合って
    もっと空しいですよ。今のご主人だからこそやっていけてるんです。

    ご主人はトピさんとのやりとりの中で、必要な事・必要でない事
    をうまく振り分けているんだと思います。
    そうしないと、トピさんのような極端なタイプの方とはやっていけないからです。
    大らかで、合理的な人だからこそできることです。

    トピさん、ご主人との生活に耐えて行ける自信がないとのことですが、
    はっきり言って、それはご主人が言いたいセリフだと思いますよ。

    以前小町で突然ご主人から離婚を言い渡された方のトピがありました。
    まさにトピさんのような方でしたが、ある日突然ご主人からもうやっていけないと言われたそうです。
    そこで初めていかに今まで自分のことばかりだったか。
    神経質・繊細を武器に、ご主人を困らせてきたか気が付いたそうです。

    でも、どんなに泣き叫んでも、時すでに遅しだったそうです。

    ユーザーID:5707665174

  • お子さんができるといいですね

    そうすると、同じ方向を見るきっかけになると思います。あまりに相手と向き合いすぎて、互いを理解しようと肩の力が入ってしまっているようなところもあるんじゃないですか。

    それだけでは、息が詰まってしまうところがあるんじゃないかと思うんです。趣味もきっと違うんでしょうね。もし同じ趣味があれば、もしくは見つけられればそれもきっかけになるでしょう。互いに向き合うこと、そして同じ方向を見ていくこと、そのバランスが互いの理解のために大切だと思います。

    ユーザーID:2280496877

  • 夫婦は育っていくもの

    完璧な人間がいないように、完璧な夫婦も存在しません。
    でも、完璧な幸福を目指しながら2人で歩み寄っていく事はできます。
    それが夫婦の醍醐味です。

    赤色のあなたと青色の彼。
    お互いが少しずつ譲り合って2人で紫になればいいんです。

    「どうして赤色の私を認めてくれないの?どうしてあなたも赤色になってくれないの?」というような叫びがあなたからは聞こえます。

    でもね、そこまで相手に求めちゃダメ。
    親の育て方のせいにできるのは30歳まで。
    そこからは自分との戦いです。
    カウンセリングに通うなり、自分を見つめるなり方法は沢山あります。

    あなたの要望に応えられない彼はきっと自信をなくしているでしょう。
    自信をなくした彼は、自分を守るために発言しているんですよ。
    だから戦争になってしまう。譲り合えば平和になります。

    足る事を知り、感謝すれば幸せになれます。
    相手に求めて相手を変えようとするのではなく、あなたがカウンセリングに通ったりして自分で自分を幸せにしてあげて下さい。

    悲観的なあなたに楽天的な彼はぴったりの組み合わせ。
    大切にしてあげてね。

    ユーザーID:6677487829

  • ありがとうございます(4)

    >風鈴 様
    私たち夫婦がいれかわったような雰囲気をかんじました。
    タイプが違うがゆえに来る一時苦しいときを、みなさん乗り越えられて今があるのですね。
    ”理解は出来ない部分はあるけれど、受け容れられる部分も沢山ある”
    というコメントにはっとさせられました。
    改めて”受け容れられる部分”、見つめ直してみたいと思います。
    ありがとうございます。

    >まる 様
    今の私の心境を代弁していただいているようです。
    夫を大切に想っているのに不安定さがあると、とっても不安ですよね。

    >ご主人に、愛されるべき人間だと自分を信じていますか?
     夫が本当に幸せになれるのは私とは違うタイプの女性ではないかと思ってしまいます…
     
    >ご主人との価値観の違いではなく、本当にご主人に愛されているか?
     夫の言葉を信じるのなら、愛されていると思うしかないです。
     本当の所は分かりませんが…

    浮気騒動の後、夫と1年以上毎日メールで文通をしてました。
    会話だと距離が近すぎて話あえなかったのです。
    メールを書くことによって、自分を知りお互いを理解しあうことができるようになったと、思います。
    今思えばちょっと、変ですね。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(5)

    >くも 様
    境遇がよく似ておられるけれど、よく分かっていただけなかったとのこと。
    私の考え方や感じ方が、かなり屈折しているのかもしれないですね。

    ただ、夫に母性を求めているのでもないですし、友人に踏み込みすぎるタイプでもないと思います。
    けれど結婚当初、無意識に夫の笑顔に理想の父親像を重ねてみてしまったことがあり
    びっくりしてしまったことがあります。(私の父親は非常に厳しい人でした)

    以前に比べて”妥協点”を見つけられるようにはなったのですが、
    信頼関係が私のなかで崩れているためか、どこか虚しくかんじてしまいます。
    私は夫に、存在や努力を認めてほしいのかもしれません(やっぱり父親を求めてしまっているのかもしれません)

    >大手の町子 様
    夫のことはほとんど何でもOK(大好き)なのですが、
    ”本当に苦しく困難な状態に立たされた時”が最も辛く、孤独です。
    夫婦とは、そういうものなのでしょうか。
    本当に苦しく困難な状態で差し出してくれた手に(夫なりの思いやりと優しさと誠実がこもっているのです)、
    自分にとって必要な救いがないことが多い場合、どうしたらよいのでしょうか。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます

    >ぷらすちっく 様

    ”議論をすればする程、お互いが離れていって哀しくて仕方ありませんでした。”とっても、共感できます。
    今は大分おちついてお互いの話を以前よりもきちんときけるようになりましたが
    私たちも、浮気騒動がおこった前後、毎日がそんな感じでした。
    (でも、一番深い部分の話はまだ上手にできません)
    ”リビングのテレビの上に結婚した頃の写真を飾ったら驚くほど2人が上手くいくようになりました。”
    すてきなエピソード、ありがとうございます(^^) すてきなご夫婦ですね。実践してみます。

    >DV親の娘 様(私もそうです)

    育ってきた環境が似ておられると感じました。
    ”何か意味づけをしようとする行為こそが無意味・・・”
    そう思って、肩の力を抜く必要があるのかなと思いました。ありがとうございます。
    子供のことを真剣に考えないとと焦ってしまって、
    そうすると、夫の子供が欲しいと思えなくて、それでますます不安になって。
    くも様のレスにも書かせてもらった通り、父親を夫に投影していたのかもしれません。
    夫と寄り添っていると言ってくださって、ありがとうございます。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 感傷的になっている?

    読んだ印象なんですが、トピ主さんは頭で考えすぎで、悲観的になりやすい感じがします。
    それに、話が矛盾しているような気がします。

    他の方もご指摘の通り、一番安定しているのに空しい。
    ご主人はおおらか・誠実と言いながら、トピ主さんの精神的支えができない。
    実は非常に傷つきやすく、ひきこもり、落ち込みやすい・・・

    ご主人は本当にトピ主さんと真逆なんでしょうか?
    むりやり真逆に位置づけていませんか?

    トピ主さんが精神的に弱くなっている時に正論化するためにそのように考えているのかなぁと。

    >”本当に苦しく困難な状態に立たされた時”が最も辛く、孤独です。
    どういう時、何が苦しく、孤独を感じるのでしょうか?
    自分自身の思考の癖で苦しめているということはないのでしょうか?

    心の病の面もあるかもしれませんからカウンセリングが必要でしょうが、思考が偏っていると、完璧なんてないのに、完璧を求め、マイナスばかり見えてしまうのでは?と思いました。

    その思考がやめられず一方的に孤独で寂しいというのであれば、夫婦としてやっていくのは難しそうに思いました。

    ユーザーID:5492481042

  • ありがとうございます

    puyoko 様
    ありがとうございます。

    >彼に、何と言ってもらいたかったのでしょう。
    認めたり、関心をもってほしかったのだと思います。
    「へぇ〜 それの、どんなところが好きなの?」と。
    "彼も言って欲しくて"、きっとそうだと思います。
    今だと体が自然と拒否反応を示してしまう最悪な状態で、私は彼に暖かな言葉を十分にかけれていないですね。
    反省しました。
    夫は私よりも繊細な人、そうかもしれません。
    よくほめるようにしているのですが、これからはもう少しかける言葉を増やしてみようと思います。

    猫が寝転んだ 様
    ありがとうございます。
    夫は子どもが大好きなので、彼は子どもがいる方が幸せになれると思います。
    子どもがいたら…と思う一方でそう思えない自分もいて、なんだかなにもかもが堂々巡りです。
    悲しいです。前向きに思える日が来るのでしょうか。
    おっしゃる通り趣味もバラバラで、一緒におなじ方向を見つめるということがほとんどありませんでした。
    共通の趣味は旅行なので、そこから少しずつ、おなじ方向を見つめる訓練?をしていったらいいのかなと思いました。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ちょっと気づくの遅すぎでは?

     結婚6年目、30歳半ばということですが、こういう心の不安定感は大概、新婚時代にいろいろ葛藤があって話し合って解消し、解決していくことで収まるはずだけど・・・。
     30歳半ばですと、夫も妻も世間でいういい年齢なので、思考が凝り固まっている、若しくは、今までの人生が長くそれなりに経験もあるから我が強くなる、という傾向があると思う。
     ですので、考えすぎというか相手に求めすぎているところは若干幼い感じがします。
     失礼なことを言いますが、もしあなたが自分のお子さんを授かったならば自分の所有物のようにあれやこれや気に病んで子供につきまとう感じがします。
     もう少し、自分の欲望を抑えてみては?いままでは自分の夢や仕事をやってきて、結婚もできたのだから。今度は周りの人や夫や親戚などに奉仕するというか、歩み寄る、与える人間になるのが大人だと思う。
     エラそうなこと書きましたが、私も29歳で結婚したので当初はかなり自分の意見を曲げられない、頑固一徹ぶりを発揮してましたが、子供ができてから恥ずかしくなりまして、折り合いをつけるのが上手になりました。夫と張り合ってはいけません。
     

    ユーザーID:5441427789

  • 湖に冬来たりなば春遠からじ

    分かり合えないからこそ
    気が向いたときでも解ろうとするから世の中は素晴らしい。
    遊びの無いハンドルは事故多発。
    遺伝子の自己増殖を「癌」「ウィルス」といいます。
    (外敵に適応して進化することがあるそうですが)

    人間が哺乳類から派生したので
    有性生殖から免れることはできませんでした。
    感性や能力に違いがあるから
    氷河期も熱帯期でも生き残る個体がありました。

    社会が悪いのでもありません
    異性が悪いのでもありません

    現状を楽しめる人は楽しむことができ、
    そうでない人はそうでないという事だけです。

    ユーザーID:5812544145

  • まずは聞くことから

    私も夫とは相当に違うタイプで、初対面は「この人とは絶対仲良くなれない」でしたが、結婚してからは周りが驚くほどうまくやっています。
    自分の場合なのですが、生活をともにし始めてから「許容できること」がとても広くなったと感じています。いい意味で拘りを捨てることができたので、自分と相手のちょうど中間(ときには全面的に譲歩)が苦にならなくなったんですね。神経質で気難しいと自覚していたので、自分でも驚きました。

    他人なんだから理解できないのは当然なので、せめて相手の言い分を理性で聞いて納得し、それを許容できる人間でありたいと思っています。そうすることで、お互いに思いやりと敬意をもって向かい合うことができるようになるのかな、と。
    私は夫がもう本当に大好きなので、この人と離れたくない、その一心で他人の言葉に耳を傾けるようになれたのかもしれません。

    言葉を尽くせば傷つくことも多いですが、まずは聞くことから始まるのではと思います。心揺らぐこともあるでしょうが、全部聞いてやるくらいの気持ちでご主人の言葉を受け止めてみるのも一つではないでしょうか。

    ユーザーID:2618098189

  • ありがとうございます

    スノウ 様
    的確なコメントをありがとうございます。

    元々の自分は、自分を押し殺す傾向があるので
    あえてストレートに自分のことだけを書いてしまいました。
    不快な気持ちにさせてしまって、申し訳ありませんでした。

    夫のことを理解し、受け入れ、認める努力も重ねて来たつもりでしたが、方法がまちがっていたかもしれません。
    振返ってよくよく考えてみます。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ええ〜?

    なんだかトピ主さんがおかしくって、ご主人さんがいい人ですよ的なレスがあるのが理解できません。

    >行き過ぎた性格や仕事にのめり込みすぎた態度で、結婚1年目に彼が浮気に走ってしまったことがありました

    結婚一年目でこんな理由で浮気するのって、人格的にどうでしょうか?

    奥さんが毎日包丁振りかざしていたならともかく、ちょっと落ち込んでいたり、仕事を頑張っていただけで、自分が構ってもらえなくなったからといって他の女性に走るのっていい人のすることでしょうか?

    こういう人だと、これから子供が生まれた時も”お前が子供にのめりこんでいるから”と言って他の女性に走りそうな気がするのですが。

    トピ主さんも、自分のせいで浮気されたなんて言い方しないでください。
    結婚一年目で何か問題が起きたのなら、浮気する前に旦那さんこそ夫婦関係改善のために努力すべきだったのでは?

    一生を約束した結婚なのに、たった1年で他の女性に甘えるのは早すぎですよ。

    トピ主さんは、こうして問題があった時にちゃんと夫婦関係を改善できるか悩んでいらっしゃるだけでもすばらしいと思います。

    ユーザーID:7311623140

  • 私の場合

    自分の中にある孤独や淋しさ…時に持て余してしまう事、私にもあります。今も昔も。

    恋愛って「自分のことを分かって欲しい」って部分がありますよね。だから人は恋をするっていうか。10代の頃は、そんな重たい自分を分かってくれそうな人を好きになりました(哲学的な、神経質そうな、じっと何かを見つめているような人を)。

    でもそういう人とも運良く両思いになれて付き合ったけれど、結婚を考える20代中ごろには、付き合う相手は、自分とは間逆のタイプ(陽気、生活能力高そう=外交的、言い方悪いけど”浅い”感じの人)になり、そのままその人と結婚しました。

    私のことを分かろうとはしてくれるけど、私がディープすぎるんでしょうね、物足りなく思うこともあります。心底腹立たしく思う時も、年に何度かやってきますが、一度どっぷり失望したら、期待することもなくなり、また自分の映し鏡のような陰気な人より、分かってくれなくても明るい今の夫が一番だと思うようになりました。

    信頼があれば一緒に歳をとっていくことも出来ると思いますが、浮気…はどうでしょうか。私が気になるのはその辺です。

    ユーザーID:5391777721

  • 難しいですね…

     元彼とのつきあいがそんな感じでした。
    彼は5才年上で良く言えば頼れる感じ美味しいお店や楽しい遊び場もたくさん知っていて休日は必ず出かけたいアウトドア派。
    私自身はどちらかというと、のんびりしていて休日も服等の買い物は時々行きますが、毎回は出かけなくてもいいタイプ。

    でも会えない日もメールや電話をしたりコミュニケーションをたくさんとりたい方なのですが、その彼はあまりそういう事は好まない人でした。
     本当に正反対のタイプ。私は結構感受性豊かな方で良くも悪くも繊細なんだと思います。彼はあまり人の悩みとかを聞きたがらない人で自分にかなり自信を持っており、過去に挫折とかを経験した事もないような感じでした。

     「良い人」ではありましたが、自分と合うかと言えば合いませんでしたね。元々は彼の方から告白されてつきあい、彼的には自分と逆のタイプの女性が良かったようです。逆のタイプに惹かれるというのは良くありますが、私としては全く一緒というのではありませんが、考え方や価値観が似ている方がいいと感じています。
     現在は、その元彼との事を教訓にし、その彼とは全く違うタイプの男性と結婚しております。

    ユーザーID:3745342036

  • うちも結婚四年目の違い過ぎる夫婦です。

    私もつらい時があります。
    精神的に不安定な時など、特に夫と距離を感じます。その距離の微動だにしない「遠さ」に怒ったり悲しくなったりします。

    距離は全く縮まりません。そもそも元が違うので、どっちが間違ってるわけでもないので、縮まるとかいう次元の話しじゃないのです。
    私が内向的。突き詰めて考えるタイプ。友人関係は狭く深く。
    夫は社交的。花火のようなパーッとした人間関係。その中にいる時は私といるときより全然楽しそう。場を仕切るタイプ。誰とでも仲良くなれる。
    私は夫にどうして欲しいんだろう?と悩みます。言い争いの後に。
    私は夫に友人を捨てさせ?人と余計な事を話すなと言い?家にいろと言ってる‥??

    夫はどんどんただつまらなそうになって行くだけです。私と夫の距離は変わりません。
    夫にはもっと似合う妻がいたと思います。逆に私にも。
    でもどうして夫を選んだんだろう?
    多分自分とあまりに違うからこそ選んだんです。それは夫も。。。二人が一緒にいれば無敵なんじゃないかと思えたから。
    でもその二人自身が反発しあってるのが現状です。私もこの負のサイクルから抜け出る方法を教えて欲しい。

    ユーザーID:9096362999

  • 自分は「内向的で繊細」と開き直ってる

    大丈夫、十分図々しいですよ。
    自分は内向的で繊細で、育った家庭環境が厳しかったから…って。
    対極にある性格の伴侶から学ぶという方法もあるのに、主さんはその繊細さでご主人を苦しめ、また6年間の結婚生活から自分勝手にフェイドアウトしようとしている。
    自分の事しか考えてない方だと思います。
    夫の浮気まで乗り越え、信頼関係も築いているのだから、それから抜けたいのは裏切りです。

    人間はこの世に生きている限り、本当に他者に理解して貰う事は不可能です。
    それぞれのキャラクターを自ら作り、仕事や趣味などのツールで繋がります。
    人間として生きている限り、全員そうなんです。
    だから主さんの望みは誰と一緒になろうが一生叶いません。
    育った家庭云々なんか関係ありません。
    全ての人が、少なからず育った過程に不満足で、だからこそ所帯を持つんです。
    夫に受け入れられ、夫を受け入れる。
    そして少し諦める事を学ぶ。
    主さんはご主人に飽きたんです。
    まだそう言う方が思いやりがある。
    甘えるのもいい加減にしてください。

    そこから逃げても主さんがそのままなら、どこへ行っても幸せにはなれません。
    「青い鳥」の童話と一緒ですね。

    ユーザーID:7664594068

  • 妥協しても意味ないですよ

    この人が好きだから〜結婚って人が余りにも多過ぎると思います。
    あんまり結婚を深く捉えていないのかもしれませんね。
    その他の人を好きになったご主人と一緒にいて幸せですか?
    分かり合えない事が多いご主人と老後も一緒にいて幸せですか?

    人生は長い様で短いので、あまり意味の薄い時間を過ごすのはどうかと思います。
    本当に心も体も全てを寄り添い合える相手と過ごす事の方が有意義であり、心から幸せになれますよ。

    それ以外は不幸せかもしれませんね。妥協=幸せではありませんから。

    ユーザーID:3602339134

  • 育て直しをしてもらいたいんですね。

    自分の父親との関係が悪かった女性は、そうでない女性と比べて欠けた部分があるようです。
    自尊心であったり、自立心であったり。
    以前に読んだ本に書いてありました。
    私も、幼児は愛されることによりオトナになるんだと心から思います。
    トピ主さんは、まだ少女のままの部分があるのではないでしょうか。

    その本には、夫に父親の代わりをしてもらって育て直ししてもらうとよいとありました。
    それができて初めて対等の関係を築く事ができると。

    でも、一般的に夫がする必要のないことですから、要求するのは違いますよね。
    要求されると反感を持ちますから。
    まず自分で自覚…どうして欲しいのかを考え、具体的にお願いするのがよいかと思います。

    こういう理由で心が不安定なようだ、治すためあなたに協力して頂きたい。
    具体的には、○○してほしい。
    悪いけど、よろしくね!
    という言い方がよいと思います。

    興味がおありでしたら本のタイトルを調べます。

    ユーザーID:4424749081

  • 人に尽くすことで、自分が救われる。

    私の夫も真逆とまではいかないにしても、私が育った家庭環境とは違う人だと感じることがよくあります。ですからトピ主さんのお気持ちもわかることはわかるんですが、ただ、やっぱり、どんなに家庭環境が似ていようが、思いやりがある人だろうが、現実的に十分にわかりあえている夫婦は少ないと思いますよ。トピ主さんが抱えておられる問題の根源は、ひょっとしたら、孤独感じゃないですか?もし、そうだったとしたら、それは、人間、生きている以上、みんなもってるんです。明るいご主人でさえも。それで、ちょっと飛躍してるように聞こえてしまうかもしれませんが、もっと、その孤独に耐える強さをもっていかれないといけないかもしれません。わかってもらえない、、、と自分の気持ちを伝えるだけでなく、もっと、ご主人が元気に生きていってもらうには、自分がどうしたらいいのか考えるとか。それが、結局は自分のことを大事にしてもらうことにつながっていくような気がします。お辛いでしょうに、こんなことを言ってすみません。でも、私も同じような環境なので。

    ユーザーID:6853350510

  • うちも性格的には正反対の夫婦ですが

    今年で結婚18年を迎えます。子供はいません。
    喧嘩も言い合いも数え切れないくらいしました。
    その上、イギリス人と日本人という国際結婚カップルなので、日本人同士だとしなくてもよさそうな諸々の事が、よく喧嘩の種になったりしました(苦笑)

    夫は楽観的、おおざっぱ、“なるようになるさ”精神の持ち主。
    私は物事に悲観的になりやすく、超が何個もつく心配性。

    それでも生活を共にし年を重ねていくごとに、お互い、それなりにいい感じで関係を築きあげていけていると思える今日この頃です。
    そんな私がトピ主様にアドバイスできることがあるとしたら.....
    「当たり前と思いがちないろんな事に感謝して、今日一日、今を楽しく生きること。そして人には思いやりをもって接する。特に大切なひとには、大切なひとだからこそ、労わり思いやる気持ちをうんと持つ」ということでしょうか。。。

    人は誰でも、心の奥底に孤独をかかえている生き物だと思います。
    でもだから、やさしくなれたり前向きに生きようという気持ちを持てるのだと思います。
    トピ主様のお心、もっとステキな事でいっぱいにしてあげて下さい!

    ユーザーID:0001139305

  • 空しさ

    x1再婚の40代女性です。空しさなんとなくわかります。
    結婚8年目で同じ感覚を味わいました。前夫との暮らしに耐えていけず、時を重ねることの無意味さを感じて離婚に至りました。

    その後数年でうつ病を発症し、内服治療とカウンセリングを受けました。長い時間をかけて理解したのは、夫との関係の空しさの一因が自分と実親との関係であったことです。今でも精神的に不安定になったりしますが、相手に期待しすぎたり、境界線の引き方がわかっていなかったり。アダルトチルドレン、共依存、エレクトラコンプレックス等々、様々なキーワードがあります。ご主人との関係を改善していく手がかりになるかもしれません。

    他のレスにもありますが、「私のことを理解してくれる人」をご主人に求めないことは重要かと思います。実母と話をしていて、良くも悪くも伴侶を完全に理解することは一生ないだろうという結論に達しました。40歳過ぎて、実親でさえ私を理解してもらっていなかったのだと実感する今日この頃です。自分の一番の理解者は自分ですよ。ぜひ寄り添ってご自身で自分を支えてあげて下さい。

    ユーザーID:6055591788

  • 枠にハマりたい人?

    あなたは決められた枠の中に納まってると安心できるタイプの人ではないかと思いました。
    なのでご主人もはめたがる。

    で、あなたから見れば互いに違った枠にハマったまま生きてゆくので、その生き方の進行速度や感情の流れに温度差を感じる事があるとか。

    なにも型枠の中にピッチリ納まる必要はないんじゃないですか?
    臨機応変に枠を変形させ、それに応じた柔軟な姿勢を意識すれば良いだけのことだと思うんですが、少々難しく考えすぎてる嫌いがあるかと思いますね。

    繊細と言い切ってしまうのは綺麗な言い方ですが、要は神経質で柔軟性に欠けると言う事ではないですか?
    ご主人の柔軟な姿勢が理解できないとか、受け入れられないのは、あなたにそれだけのキャパシティーがないからでは?

    もう少し見聞を広めるなど仕事以外に活動の場を広げられる事をお勧めします。
    様々な人とその考え方や生きる姿勢を見聞きすれば、少しずつ変化していくと思いますよ。
    頑固に凝り固まるには年齢的にもまだ早すぎると思います。

    ユーザーID:8110754737

  • わかりますよー!

    私と彼との関係もトピ主さんたちの関係と似ているところがあるので共感してレスします。

    私は親に愛されていると感じつつもヒステリックで子供っぽい母親に翻弄されて、無条件の愛を親から感じられないというかどこかビクビク、人の顔色を見ながら生きていた子供で、虐待に近いこともあったため、自分でも周りと比べると非常に繊細で傷つきやすいなと思うことがあります。ただ、元々前向きで明るい性格だったのか、外交的なのでそんな繊細な私を知る人は少ないです。
    今まで、自分のようにどこか重たいもの(みな知っていくと家族関係に問題あり)を抱えたひとで、繊細で大きな愛を求めている人たちと付き合ってみて、健全な家庭に育ち素直に物事をとらえれるひとと付き合うと(友人も含め)、自分の痛みを理解されない、さみしいと思うことがよくありました。

    他の方もおっしゃっているように、自分の痛みを理解してくれる人を恋愛相手に求めるのも違うし、結局私の方が強かったりで、私の方が疲れてしまったり、、ということが多々ありました。
    そして今の彼と付き合って6年になりますが、トピ主さんと同じように考えることがよくあるのです。続きます

    ユーザーID:3651207402

  • つづき

    今の彼は、トピ主さんの旦那さんに似ているかと思います。親との問題も何もなく挫折もなく、前向きに努力家で成功してきている人で、年も10歳以上離れているのもあり包容力は同世代にはないものがあり、精神的にも非常に安定しているので、とても穏やかな関係が築けています。ただ、自分ばかりが痛みを感じ彼にわかってもらおうとしてわかってもらえず悲しい思いをするのに疲れます。もちろんカウンセラーじゃあるまいし、そんな大役を彼に押し付ける、期待するのが間違ってると頭ではわかっていても、似たような環境に育った親友にはわかってもらえる痛みが一番近くにいてほしいと思う彼にわかってもらえないのが悲しいのです。

    特にご夫婦で戦友として、一番のパートナーとして選んだ人につらいことをわかってもらえないのは一番痛いでしょうね。でも、やっぱり健全な人には理解できないのだとあきらめ、聞いてくれる人がいるだけでも有り難いと思うしかないのではと思います。今トピ主さんが安定していると思うのは、自分の痛みを彼に見せていなくて、本当の自分を隠して(守って)いるからだと思います。そして表面的な明るさに空しくなるのではないでしょうか。

    ユーザーID:3651207402

  • ウチも違いすぎる夫婦6年目

    私たちも性格が全く正反対の夫婦です。
    夫はとても神経質で細かく、私は大雑把でだらしない性格です。

    私は1人暮らしが長くモノは効率的に使いたいので、出しっぱなしですが、
    夫はその出しっぱなしが嫌い。
    たまにイライラしていると注意しますが、基本的には譲歩してくれてます。
    私も出しっぱなしが嫌いという夫がわかっているので、片付けられる範囲で
    頑張って片付けています。

    正反対の夫婦なので、いろいろ教えられること、気づかされることも多いですよ。
    私は片付けの仕方を教えてもらいました。
    まだまだヘタクソですが、独身時代よりはきれいに片付けられるようになったと思います。

    私はよく夫に「私たちは本当に性格も趣味も合わないね」と言うのですが、
    夫は「だから、足りない部分を補えるんだよ」と言ってくれます。

    一緒に好きなものを見て、一緒に好きなことを楽しむのも素敵ですが、
    心が一緒にならなくても、違うものを見て、違う世界を知って、
    相手を理解するのも楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:4720828367

  • 繊細とご自分ではおっしゃってますが

    本当はただ単に白黒ハッキリつけたい融通のきかないタイプってだけではないでしょうか?
    白か黒か決めなくていいじゃない。あいまいなグレーで。
    あなたのことを完全に理解できる人なんてこの世に一人もいないよ。
    それって、私も含めてみんなそうなんですよ^^
    私なんて自分自身のことすらよくわからない時あるもん!
    いくら主人だからって他人にわかるわけないわ〜〜。

    人間、生まれてくる時と死ぬ時はみんなひとりぼっちって言うでしょ?
    だからこそ、今ご主人と一緒にいられる幸せ、誰かと過ごせるこの時に感謝してほしいと思います。
    あなたの心の中には不満が多い、「足るを知る」べきだと思います。
    キツイ言い方でごめんね。
    あなたは実は満たされている、でも自分で気づいていないだけですよ、きっと。
    幸せはほかの誰でもない、自分自身の心がつれてくるものだと思います。

    かくいう私も結婚18年目ですが、結婚前は白黒ハッキリ!で融通のきかない神経質タイプでしたが、長い結婚生活でグレーの居心地のよさを知りました。それってつまり、今ある自分の幸せに目を向けて感謝する、ってことでした。

    ユーザーID:3261898556

  • 浮気のことがまだ尾を引いているのでは

    お互いに正反対の性格に魅かれて結婚なさったということですが…
    そんな二人が「心から理解できない」部分もある、とは思いませんか?

    私は夫に出会う前に「心から私を理解してくれる人にめぐり合いたい」といろんな男性とお付き合いしましたが、そんな人には出会えませんでした。

    そして夫。
    私とはまったく正反対。
    しかも自分の意見が正しいと押し付けてくるばかり。
    でも私も自分の意見が正しいと思っていましたから、同じです。

    子どもが生まれてから「心から理解してほしい」とは思わなくなりました。
    だからといって子どもにその矛先が移ったわけではありません。
    「諦めた」「無理だと悟った」ということです。

    たまに心から愛し合っている強い絆を持つ二人の話を聞いて
    「私だってそんな愛が欲しかった」
    などと感傷にひたるときもありますが…

    トピ主さんは自分を捨ててまで相手に尽くすことができますか?
    私には出来ません。
    大げさなことではなく上手くいっている夫婦は一瞬一瞬で「自分より相手を慈しむ」ことができていると思うのです。

    ユーザーID:2914517706

  • ありがとうございます(7)

    ネロ 様
    浮気騒動がおきたときが一番、私は自分のことしかみていなくて
    彼に”私とおなじ赤色になって”と強く要求していたのだと思います。
    以降、彼のこと、彼の好きなものやことを認め、きちんと話に耳を傾けるように努めてきたつもりでした。
    ”歩み寄り”がまだまだで、これからできるようになれたらと思います。
    ”自信をなくした彼は、自分を守るために発言”、おっしゃるとおりです。
    ”自分で自分を幸せに”ならなくては、という必要性をとっても強くかんじます。
    近々、カウンセリングに通い始めようと思います。ありがとうございます。

    ももと様
    よく分からない状況説明で、すみません。
    毎日考えているのですが、最近は考えれば考えるほどよく分からなくなっています。
    おっしゃるとおり、なんだか矛盾だらけで、そうしてひどく疲れます。
    夫との付き合いはもう10年目になります。
    夫の性格や考え方はよく把握できているつもりですが、やっぱり正反対だと思います。
    でも、一部分は正反対ではないかもしれないですね。
    ”自分自身の思考の癖で苦しめている”、そんな気がします。
    カウンセリングで矯正していけたらと思いました。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(9)

    白鳥麗 様
    そうですね、おっしゃるとおり遅いような気もします。
    結婚1年目でつまづいてマイナスになった分、二人の信頼関係をゼロにもってくるまでにそれから2年ほどかかってしまいました。
    3年すぎてからようやく二人で前向きに生活をしてきて、会話もたくさんあったはずなのにそれでもとれない虚しさというものが、夫婦であるならあって当然のもなのかどうなのか、その辺を知りたいと思いました。白鳥麗様のように、夫と張り合うことなく、上手に折り合いつけれるようになりたいです。

    老婆心 様
    分かり合えない存在だからこそ、解りあえたときの喜びがあるのですね。
    最近はひどく疲れていて、そのことを忘れかけていました。
    もういちど、そんな日々をすごせたらいいのにと思います。
    いまあるこの状況を受け入れて、そこに楽しみをみいだせることが、幸せになれる方法なのですね。
    しばらく体力回復につとめて、いまのこの環境を見つめ直したいと思います。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(10)

    タイトルのNo.がちゃんと通ってませんが、お許しくださいませ<(_ _)>

    トーリスgirl様
    反対のタイプのご主人と、とっても仲良くすごされていてうらやましいです。
    とっても大好きな気持ちが伝わってきて、幸せのお裾分けをいただいたような気持ちです。
    私も夫のことはとっても大好きなのに、最近はいっしょにいるだけでひどく疲れてしまい、
    一人で過ごす時間が増えてしまいました。
    ”まずは聞くこと”。
    皆さんおっしゃるこのことが、今の自分にはほんとうにできていないのだなと痛感します。

    まる様
    あたたかな叱咤激励、ありがとうございます。涙がでそうです…
    結婚1年目の浮気(軽い)は、支えきれないほどの負担を夫に感じさせてしまったからなんです。
    ただ、その後猛反省して夫婦改善に二人で取り組んみはじめたその半年後、同じ女性との浮気が発覚して、
    そこからちょっと何かがおかしくなってしまった気がします。
    「浮気といっても軽いのだったし」と理解できますし、夫との間でそのせいで険悪なムードになるということはありません。
    でも、何かのときに思い出すと、今でも涙がでます。
    自己憐憫かもしれないですが。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(11)

    にゃおん様
    にゃおん様も、自分のなかの孤独や淋しさを持て余してしまう事があるのですね。
    私は日記を書く事が子どものころからの癖で、そういったものをほとんど、日記のなかでなぐさめてきたようなタイプです。
    にゃおん様のご主人には「分かろう」という気持ちがある。
    だから物足りないと感じることがあっても、一緒にいられることが幸せなのだろうと思います。
    私が夫と会話をしていて寂しく思うことは、私の発言が彼にとって「ありえない」場合、「どうしてそういう風に思うの?」ときいてくれないことでした。
    そう思う私が夫にとっては「受け入れられな」くて、私は「そう言われて傷ついたよ」と夫に言われておしまいです。
    そのくり返しが、虚しさにつながっているような気がしました。

    マスカットみるく様
    元彼のお話をありがとうございます。私たちの関係とよく似ていると思いました。
    夫も”自分にかなり自信を持っており、過去に挫折とかを経験した事もない”タイプです。
    ”人の悩み”に対して、アドバイスは上手ですが、悩んでいる人の気持ちを理解したり聞いたりすることは、話を聞いてる自分も苦しくなるので限界があるようです…。

    ユーザーID:8646305985

  • ありがとうございます(12)

    Y 様
    コメントの最後までそのお気持ち、とてもよく分かりますし共感できます。
    まわりにはあまり似たご夫婦がおられないので、お話きかせていただいて癒されました。

    ”反発しあう”事ができている状況は、お互いに愛があることの証明かもしれません。
    反発しあえるということは、違いすぎる夫婦にとってはとても良いことかもしれません。
    それだけ、お互いに信頼関係や安心感があるから自分を出す事ができるのだろうと思ったりします。
    私が言うのはとってもおこがましく変ですが、お二人で旅に行ったり節目のイベントを大切にされてますか?
    特に旅は、違いすぎる夫婦で行き詰まったときにはとても良いと思います。

    でも、反発はエネルギーを使うし「なんで分かってくれないんだろう」って、イライラしますよね。
    相手を認めながら自分の主張もできる、そんな関係ができたらいいなぁと思ってしまいます。

    反発しあえていた時もあったのですが、最近ではいつの間にか自分らしさを失い
    何をしても虚しく感じるようになってしまいました。
    自分の大切なものを見せたり教えたりすると、それを取られるという、おかしな感覚があります。傷つくというか。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(13)

    み 様
    叱咤激励、ありがとうございます。
    たしかに、自分のことを開口一番に繊細だとかカウンセリングに通っていましたとか言っている時点で、不快に思われる方もおられると思います。
    家族の背景をもちだしたのは、そのせいにしているからではありません。ただ、思考回路がその影響を強く受けているという認識があるためです。
    それは、将来自分の子どもに連鎖させないために、と結婚前に通ったカウンセリングの経験をもって痛感していることなのです。
    (思考回路(私の場合はアダルトチルドレン)は、親から子へと連鎖するものだそうです。)
    不快にさせてしまうような表現をしてしまい、大変失礼いたしました。

    こちらで自分のことを相談させていただいて色んな方にご意見きかせていただいて、改めて、自分は本当に自分のことばかり言っているなと日々、自分に苦笑し反省しています。
    夫婦の関係を保っていくことには、私の想像以上に忍耐や努力が必要なのだろうと痛感しています。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 心を前進させる

    もう一度ご自分の文章とみなさんのレスとを読み直してみて下さい。
    自分自身のことを見つめ直して整理してみてはどうでしょうか。
    耳が痛い言葉や、「いや違う!」と否定したくなる言葉が実は当たってるということもありますよ。

    今のトピ主さんはあれこれ理由をつけて堂々巡りしてるように感じます。
    自分を正当化したいというか、結局ここでも自分を理解してくれる人を求めているだけではないですか?
    「欲しい、欲しい」では疲れるのは当たり前ですよ。


    本当に解決したい問題なら、答えを相手に求めるのを止めて、自分の中に求めましょう。

    今のままでは離婚しても後悔、しなくても後悔(というか、不満だらけ)になりそうな気がします。

    ユーザーID:6345842221

  • 自分と他者の境目

    なぜ、共感が必要なのでしょうか。
    寂しいから、空しいから?
    それを埋めることは他者に可能なことなのでしょうか?

    一体この世の中にあなたに全て都合のいい
    あなたにすっかり共感してくれる人は何人いるんでしょうか。
    そしてその人(ほとんど自分自身)と一緒にいることが幸せですか?

    自分と他者の境目が曖昧になってきている気がします。
    どれだけ近くても他者は他者です。
    だからこそ面白いのではないでしょうか。
    しかしあなたはもう昔の幸せが当たり前になってしまったんですね。
    旦那さんの努力も理解も当然のことなのですね。

    繊細で内向的な割には他者の内面については鈍感なんですね。

    ユーザーID:2674224762

  • ”(せ)ねばならない”に とらわれ過ぎないで

    タイトルの言葉、何かで聞いたことがありますが、トピ主さんのレスを読んでいくうち、その言葉を伝えたくなって出てきました。

    自分の経験に基づいて勝手に推測しているので、当たっているかどうか分かりませんが、「子供を持つかどうするか?」ここから始まって迷われているのかなと感じました。つまり、悩みの枝は幾重にも分かれていても、元はひとつの疑問から始まっているのかなと。


    きちんと自分が子を産み育てられることが出来るかか否かを考えてしまうのは、無責任に産んでしまうのが怖いから。そして、ACやDVを体験してきたからですよね。それでこの私でいいのか、夫でいいのか、どうしたらベターな方向へ持っていけるのか…を模索しているように感じられました。

    ネコムラ様のふれられていた本が核心をついていそうな気がするのですがどうでしょう。そして横になりますがネコムラ様、私も知りたいです。

    トピ主様、あまりご自分を追い詰めずに、むしろ自己評価を上げる方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:5391777721

  • どちらかというと逆です

    私もどちらかというとご主人の立場です。
    主人はとても繊細で、ストレスに対してとても弱いところがあります。
    大きなストレスを抱えると、すべて私にぶつけてくるようになりガラス細工のようです。主人が甘えられるのは私しかいませんから、私が支えると思ってます。
    つきあってから10年以上になりますが、最初6つも年上の主人にどう接していいのかわかりませんでしたが、いつからかそっと優しく抱きしめてあげるようになりました。そうすることで気持ちが和らぐようです。
    夫婦といえども、いくら付き合いが長いからといえども、100%分かり合うことは出来ないでしょう。主人は私ではないですから。
    なんとなくトピ主さんは愛情を確信したい、愛情を常に示してほしいのかなと思います。ご主人はどうしたらいいのかわからないのでしょう。
    落ち込んだり、落着きを失いそうな時、ご主人に抱きついて「しばらくこのままでいていい?」「落ち着くまでちょっとだけぎゅって抱きしめて」とお願いするといいと思います。
    「落ち着くおまじない」になるのでは?
    ご主人はいいパートナーだと思いますよ。

    ユーザーID:3452237364

  • わかります!!!

    私達はまだ1年半なのでまだまだですが、初めの半年は喧嘩をする度に寂しくなって、辛かったですよー。こんなに近いのに遠いということが。私のこの孤独感を分かってくれる人を探した方がいいんじゃないかって、そして彼にはもっと明るい、私のようじゃないタイプの人がいるはずだと思って、別れ話もよく持ち出しました。

    それでも救われたのは、彼が私と違って、全く何もかもが合う二人なんていない事、そして自分たちは違うから惹かれあったんだという事を完全に自覚している事でした。完全に合わないからと相手を替えていたら永遠に見つからないよと。私の両親は特に仲が良い訳ではなかったので、理想のカップル像が私の中で大きかったのだと思います。彼の両親はとても仲がよくてお互いに尊敬しあっていますがそれでも、勿論喧嘩はしていた、との事。
    だから良いカップルでもそういうことはあると彼は思っているので、私もそれで随分安心しましたよ。
    それからは、彼にわかってもらえないことは女友達と話して発散してます。悩んでばかりだと折角の楽しく過ごせるはずの時間も台無しにしてしまうので、彼に選んだもらえたことに自信を持ち直して頑張って!

    ユーザーID:8762472792

  • 涙が出ました。。

    このトピとみなさんのレスを読みながら涙が出てきました。トピ主様と同じ30代前半、結婚4年半(子供無し)の者です。
    トピ主さんの「虚しい」気持ち。私も状況こそ違いますが、わかります。

    このまま夫婦生活を続けていって、本当にいいのだろうか。自分には(夫には)違う人生があるのではないかと、虚しくなります。
    三浦綾子さんの「ひつじが丘」には、「人は何度も許され続けなければ生きてはいけない存在」「愛とは許し続けること」とあります。
    私はこの言葉を知って、自分が今までいろいろな人に許されるつづけて生きてきたことを知りました。

    ただ、私はまだまだ本当に未熟で日々の生活の中で、この大切な言葉を忘れ、他者への感謝を忘れ、悶々としてしまうことが多いのですが。

    トピ主さんは、ご主人の過去の過ちを許されてます。それはなかなかできることではないと私は思うのです。
    トピ主さんはきっといい方です。
    体に気をつけて無理せずやってくださいね。
    変な言い方かもしれませんが、私はこのトピを見てたいへん勉強になりました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:2847584179

  • ありがとうございます(14)

    予想以上にたくさんのコメントをいただき、本当にありがとうございます。
    一人では気づけなかったこと、沢山考えさせられています。

    えのきしめじ様
    自分の相談内容と、皆さんにいただいたコメント、自分のレス、何度もくりかえし読ませていただいております。
    こうして、ネット上でたくさんの方にいろんな考え方を示唆していただけること、本当にありがたいです。
    一旦、とことん考えたらなにかが分かってくるかもと思い日々真剣に悩み考えてきたのですが
    おっしゃる通り考えれば考えるほど、自分のことが分からなくなってきてしまいました。
    ただ、感覚的にどこか「このままだとダメだ」と感じていることだけは確かです。
    自分とむきあう時間を増やしたいと思います。ありがとうございます。

    気難しい人様
    おっしゃることに、かえす言葉もありません。。
    他者に共感を求めるのは意味のない、ということが真理としてあるという事
    こちらで相談させていただいて、わかってきました。
    でも、つい求めてしまいます。
    分かりあえないからこそ、分かりあえたときの喜びがあるのですよね。
    そういう瞬間に出会うために、結婚するのかもしれないと思いました。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございます(15)

    ゆーさん様
    私たちが結婚したときはお互い26歳で、”不完全な存在だからこそ、ともに成長しあいながら結婚生活をつくっていこう”という理想にお互い燃えていました。
    だから最初は、”結婚”という重みがすこし、一般的な結婚よりもすこし軽かったかもわかりません。
    当時も最近までも、二人とも必死で真剣にやってきて、それでも溝が埋まらなくて途方にくれてる、そんな状況です。
    20代まではあまり意識してなかったのですが、”人生は長い様で短い”を少しずつリアルに感じてきている今日この頃です。。
    心も体も全てを寄り添い合える結婚生活ができたら、どんなにいいだろうと思ってしまいます。

    ネコムラ様
    実は夫との関係のなかで「育て直されているなぁ、ありがたいなぁ」と感じることが幾度かありました。
    私が、無意識に求めてしまっていたということですね、きっと。
    ”なんで自分がここまで?”ということも言わず根気づよく対応してくれる夫には、感謝してもしきれません。
    自分でことばでお願いをするには、コツがあるのでしょうね。
    もしお分かりになるようでしたら、本をご紹介いただけるとうれしいです。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • トピ主です。

    予想以上にたくさんのコメントを寄せていただき、ありがとうございます。
    レスするスピードがおいつけてませんが、少しずつレスさせていただきたいと思っています。
    日々、いろいろなことを考えさせていただく機会を与えていただき、感謝しています。
    おなじような状況で恋人同士やご夫婦の方もたくさん見てくださって、とてもうれしいです。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 向き合い方の問題

    二回目です。

    トピ主さんのレスを読むと、ご主人のことをとてもよく見ているのがわかります。
    ご主人のことをよく理解しようと努力されて、実際、レスにあるように
    ご主人のことを説明する内容は、とても詳しいです。

    >「彼は決して、私のことを心から理解しきれないだろう。心に寄り添ってくれないだろう。」

    というのは、「心から理解しあう」こと自体よりも、「理解しようとしてくれない、
    心に寄り添おうとしてくれない」ことの方が問題のようですね。

    トピ主さんの「理解されない虚しさ」と、ご主人の「理解できない悲しさ」とが
    こんがらがってしまっているみたいに感じられます。

    その原因は、物事に対する「突き詰め度」の差、なんじゃないかと思えてきました。

    続けて書きたいのですが、いったん、ここで切りますね。
    トピ、レスの反映を読んでから、また書き込みさせてもらいます。

    ユーザーID:4676348482

  • トピさんの心の持ちよう

    夫の浮気が原因で、病院通いになった…その辺りからトピさんは本当はご主人に対して幻滅してしまったのでは?
    その当時はショックでも やはり未練心から離婚出来ず…私は病気になった!と言うことで鬱憤をはらしたわけです。
    更に お子さんもいらっしゃらない様だし 毎日思う存分 自分の世界に浸れるわけです。男と女って夫婦って綺麗ごとじゃいかないんです。お互いズルイとこもあるし あ〜もうウンザリだな〜とかを繰り返しつつ気が付くと 子供は成人し、お互い年を取っているそんなものですよ。
    こんなシラケた私ですけどトピさん同様に神経質・繊細・本好き・空想好き・夢見る夢子です。現在 心を病み療養中。自宅に閉じ籠りつつ投薬して家族とお喋りするのが一番の楽しみです。母親としての義務は果たさなければいけないので外出も無理やりしますが…。 トピさんは幸せなのです。アレコレうだうだ言えるって…。ご主人もきっと良い方なんですよ。明るい事を考えて下さいね。

    ユーザーID:8695119125

  • 男なんてそんなもん

    >心に寄り添ってくれないだろう。

    それができない男性、すごく多いと思います。ていうか、本質的に男は傷つきやすくて弱い生き物です、実は。

    社交的とかそういうこととは関係なく、自分のフィールドを守ることにとっても神経質だし、それをおびやかして、自分が傷ついてまで人のことを大切にするのが上手じゃない。(中にはそういう男性もいらっしゃいますが、多数派じゃない)

    あなたのご主人だけじゃないんですよ。そんなもんだと思ったら気が楽になりませんか?むなしいのなら、彼ができない分まで自分が彼を愛したらいいではありませんか。愛の量は対等じゃなくてもいいんです、二人のバランスが取れるのなら。

    今の状態は、ないものねだりだから苦しいんです。

    目の前にあるものをどうやって料理すれば楽になれるのか、考えて見ましょう。

    それと、人は誰もあなたを幸せにしてはくれません。あなたを幸せにできるのは、あなた自身だけ。

    ユーザーID:1590821053

  • ありがとうございます。遅くなりすみません。

    思ってたよりもずいぶんたくさんのご意見や体験談、はげましのおことばなどお寄せいただき、本当にありがとうございます。

    コメントいただいた皆さんすべてによく考え、レスをさせていただこうとがんばっていたのですが、仕事や夫との話し合いの合間に考えたり文章を考えたりしているうちに体調をくずしてしまい、しばらくお休みさせていただいてしまいました。
    葛藤をかかえながらも現実をうけとめ、夫とのよりよい関係づくりに真摯にむかいあっている方がたくさんいらっしゃるということ、みなさんに教えていただきました。

    辛い体験談を寄せてくださった方々も、貴重なおはなしきかせてくださりありがとうございます。
    それぞれ個別に返信できないことをお許しください。

    何人かの方にご指摘いただいたとおり、考えれば考えるほどドツボにはまり、言い訳めいてきてしまう自分に嫌気がさして、途方にくれてしまい、やっとのことで先日カウンセリングに行ってきました。

    時間はかかりそうですが、いい形ですすめていけるようにがんばりたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • ありがとうございました

    チロ様 にゃおん様
    2回もコメントを寄せてくださり、よく分からない私の悩みにおつきあいくださり、ありがとうございました。
    自分のことがよく分からないまま、虚しいとか夫のことを批判するような相談をしてしまい、反省してます。
    けっきょくは、自分が自分を理解しきれていなくて、その穴埋めを夫にばかり求めてしまっていたことが問題だったかなと、カウンセリングに行ってみてそう思いました。

    自分と直面することが、とても怖かったのです。
    夫とあまりにも違いすぎる自分とむきあうことが。

    今は、カウンセリングに通いながら家族や友人の力も借りて
    夫にとっても自分にとってもより良い方向を模索しています。
    親身に相談にのってくださり、ありがとうございました。

    りんりん様
    虚しさの理由、りんりん様のご指摘のとおりです。
    自分ではよく分かってませんでしたが、気づかせていただきありがとうございます。

    ハニー様
    同世代、似た状況でいらっしゃるのですね。
    勉強になったとおっしゃってくださり、ありがとうございます。
    お互い、夫も自分も幸せになれるようがんばりましょうね。

    皆様、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3592835150

  • トピ主のコメント(19件)全て見る
  • 自分自身はこの世でたった一人

    自分が自分であるのは、この世でたった一人しか自分がいないからです。
    何十億いようが自分以外の人はすべて「自分自身」ではありません。
    わたしは、それがものすごく神秘的で素晴らしい事のように思えます。

    理解し合おうと努力すれば、軋轢や束縛が生まれる事も多いでしょう。
    必要なのは、想像力を持つ事だと思います。
    自分以外の人間がいる事に対して。
    その人にも自分とは違う心がある事に対して。
    そこから、他者を思いやるという事も生まれてくるのでは。

    なんか説教くさい文ですみません。
    たった一人の自分を信じて頑張って下さい。
    きっとよい方向へ行けます。

    ユーザーID:2303674931

  • なんか分かる気がします

    私と婚約者もトピ主さま夫婦と似ています。
    彼は私の心に寄り添ってくれないだろうという
    想いが私の中にもあります。
    結婚が近いからマリッジブルーなのかとも思ったり
    しますが、それとも少し違う気がします。

    永遠に共有出来ないものはどのカップルにも
    あると思います。
    例え血が繋がった家族であっても全く違う方向に
    向かって生きて行くでしょうし、人生観も違います。
    私も家族と縁が薄い環境で育ちました。
    だからこそ心とか、ぬくもりというものを欲して
    おられるであろうトピ主さまの気持ちがなんとなく
    わかります。
    表面的な幸福ではなくちゃんと中身がある幸福感というか、、
    私自身も悩んでいる最中なので、アドバイスにならなくて
    申し訳ないですが、トピ主様ひとりではないですよと
    言いたくて。

    良い方向に向かえますように、遠くから祈ってます。
     

    ユーザーID:5443763145

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧