「羞恥心」について

レス7
(トピ主1
お気に入り8

生活・身近な話題

ミーハー☆

紅白の羞恥心すごかったですね
私は羞恥心が大好きです
だから歌を歌わなくなるのが寂しいです
ほかの人は羞恥心についてどう思いますか?

ユーザーID:7942725448

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 紅白、すごいエネルギーを感じました

    我が家はテレビをあまり見ません。
    特に中3の息子がいるので、夜もNHKのニュース番組と
    (下の子と私だけが)一部のアニメを観る位です。
    特に観たいドラマや特集物は全部録画して、後でゆっくり
    観ています。
    でも、お笑い系はありません。
    羞恥心が誕生したあの番組も、一度も観たことはありません。
    正直、歌もフルで聴いた事がなかったです。
    世間で色々と騒がれているけど、どんな感じなのかな〜と思っていました。
    所詮、色物かな・・と。

    ですから、大晦日に家族全員で紅白を観て、明るさに打ちのめされました。
    とにかく勢いがある!!!
    だから売れたのか、売れたから勢いがあるのか・・・
    紅白は「久々に明るいパワーを貰っちゃった!」の一言です。

    受験生の上の子は、噂に聞く「羞恥心」を初めて観て・聞いて、久々に
    笑ってました。
    活動休止については、つるのさんは特に残念だろうと思います。
    彼があんなに歌が上手いなんて、知りませんでした。

    ユーザーID:0926217744

  • 好き好きだけど。。。

    長女が羞恥心ラブ。
    たしかにつるのさんって歌うまい!

    ・・・でも、私はそんなに好きになれません。
    解散もどーでもいいし。。。

    ユーザーID:4859263146

  • 私も好きです

    周りからはいい年してと言われますが大好きです。
    紅白は羞恥心みたさに何年かぶりに観ました。
    売れてるときに解散した方が華々しくて印象に残るのはわかりますがやはり寂しいですよね。

    でもこの年になって(40代)夢中になれる対象がまだあったんだと思うと嬉しくもあり

    歌は歌わなくなってもまた再開って可能性はあるわけだし
    これからもバラエティ、ドラマで変わらず応援していきたいです!

    ユーザーID:7560710454

  • みんなで歌えるから〜〜

    老若男女選ばず、覚えやすく
    歌いやすくて親しみやすいメロディ、
    元気が出るはじけっぷり、そこがヨイ!と思います。

    癒し系「オレってウマイっしょ」や
    女王様系「アタクシの歌をお聞き」歌は、
    アイドル黄金期ベストテン世代の私には、
    疲れてしまうんです。
    アーティスト?だから踊りも歌も気張りすぎ・盛り込みすぎというか。
    「聞いてるみんなも一緒に歌おう!」って、
    一体感が、足りないんですねぇ。
    なので、家事の合間や、気分のいいときふっと口ずさめる、
    そんな曲が昨今少ないなと思ってました。

    そこへ羞恥心です。
    一度聞いたら覚えるし、繰り返しの所は忘れません。
    洗濯干したり、お風呂で鼻歌交じりに歌うのがぴったり。
    カラオケだって、みんなで大合唱できるでしょうね。

    それに「笑いたきゃ笑うがいい」って、
    人の顔色伺いすぎのKY恐怖の現代にも、
    風穴開けてくれた気がします。褒めすぎかな?
    上地くんが本当にカワイイので、今後は彼を応援したいです。

    ユーザーID:7463717888

  • 『冬のソナタ』と『羞恥心』

    >癒し系「オレってウマイっしょ」や
    >女王様系「アタクシの歌をお聞き」

    (笑)すっごいわかります、いんこさん。

    今の歌は「酔わせて何ぼ」みたいなところが多いですよね。
    なんていうか昔の演歌みたいな。でも演歌ほど上手でもなく。
    良い歌なのかもしれないけど一緒に歌いづらいっていうか。

    だからああいうキャッチーな歌詞と踊りで1度聞いたら
    皆歌えるみたいな歌を実は皆待っていたんだと思います。

    以前何かの番組で島田紳助さんが『冬のソナタ』のドラマについて
    「最近のドラマは若い人に媚びた作りになっていておばちゃん達が
    楽しめない。おばちゃん達はもっとわかりやすいもの(純愛物など)を
    求めていたんだ。供給があるのに需要がなかった。そこに冬ソナが
    彼らの欲求にどーんと応えた。だから売れた」みたいな事を言っていたのを
    思い出しました。

    『羞恥心』もまさにそれなんだと思います。ああいう親しみやすく
    老若男女誰もが唄える歌を皆求めていたのに供給がなかったんです。

    そこに彼らがドーンと来たわけですね。
    上手いとこついたなーと思いました。さすがです。

    ユーザーID:3655320621

  • 皆さんレスありがとうございます

    レスありがとうございます
    確かに羞恥心の曲って
    ついつい歌いだしてしまうような曲ですね

    ユーザーID:7942725448

  • あ、間違えちゃった・・・

    自分の文章を読み返してみたら

    「冬ソナ」の説明のところ
    “需要”があるのに“供給”がなかった、ですね。
    逆でした。トンチンカンな文章でごめんなさーい。

    ユーザーID:3655320621

レス求!トピ一覧