美大受験を考えてます

レス45
(トピ主6
お気に入り51

趣味・教育・教養

チャイコ

自分は今一般的な四年制大学に通っています。高校の頃美大への進学を考えたのですが、家族に反対され現在の大学に通っています。しかし私は絵を描くことが大好きで(他人から見たらお遊び程度の技術しか持っていませんが)趣味の枠を飛び出た所で絵を学びたいという気持ちが大学に入っても捨てきれず、家族に再度相談したとことろ、大学3年になったら通う予定の美大予備校代、受験料、美大に合格した際にかかる授業料を自分で支払えるのならとの条件つきで、今の大学を卒業後美大受験することを許可してもらえました。

幸い大学3年になるころには時間にかなり余裕ができるので、予備校に通う時間やバイトをするための時間は確保できます(ちなみに予備校代は現在バイトで貯めています)。美大の授業料は莫大なものですが、奨学金制度を利用したり、美大入学後もバイトをしたりして払う予定です(課題とバイトととでかなり多忙な毎日になるでしょうが、好きなことが学べる以上死ぬ気で頑張ります)。で、本題なのですが予備校にには受験の何年前から通うべきでしょうか?できることなら大学卒業と同時に受験したいと考えています。

浪人も覚悟していますが、やはりストレートで合格したい。受験する大学のレベルについては予備校に通って現実を見て考えようと思っていますが、志望はムサ多摩です。せっかく好きな絵を学べるのなら妥協したくないです。それと、美大受験そのものとは直接関係ない質問なのですが、それなりに名が知られている(自分で言ってごめんなさい)四年制大学を卒業した上で美大を卒業した場合の就職率というのはどれほどのものなのでしょうか。絵を描くことを仕事にしたいのですが、それが実現できる人は一握りだと思うので。

この手の相談に対して「社会に出た後のことを考えるなら美大より一般の大学に行くべきだ」というような内容の回答をよく目にするので、参考までに教えて頂きたいです。

ユーザーID:0687105379

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の場合ですが、、、

    当方美大出身の40代半ば夫婦の夫です。(夫 多、嫁 ムサ)
    私達夫婦は共に1浪しています。おたがいにそれぞれが在学中に
    自分よりもセンス、才能のある人間の多さに直面し、作家としての人生をあきらめ
    企業内デザイナーの道を歩みました。

    その後バブルの崩壊と共にデザイン部門の縮小。営業職への配置転換と同時の転勤。
    転勤と共に妻も離職(その後妻の会社は、デザイン室自体無くなりました。)

    結果現在、デザインはおろか絵を描く事すら無い仕事をしています。

    ですが現在は家庭もあり、幸いにも子供も絵を描く事が大好きなので、
    家族で絵を描く楽しみを見つける事ができ、それなりの幸せを感じています。

    デザインの仕事をしている時には描く事に苦痛を感じる事もありましたが、
    今は純粋に描く事を楽しんでいる自分がいます。

    以上
    まだ半ばですが美大出身のとある家族の人生です。

    ユーザーID:1322413028

  • 最近の事情は知りませんが。

    ずぶの素人でも一般時間帯の美大予備校へ通うならばまあ1年で受かる
    場合もあります。
    何課受けるか知りませんが、どの課にしろデッサンは必須だし・・・
    デザイン・建築系ならば当然学科も必要に・・・学科大丈夫ですか?
    油・彫刻・日本画ならばより確実なデッサン力とそれぞれの実技ですよね。
    まず、何課を受けるのでしょうか。実技は早ければ早いほど始めるに
    こした事ないです。

    で、武蔵美・多摩美とおっしゃってますが・・・最近の事情は知りませんが、私の受験した頃は武蔵美・多摩美で受かる実技の傾向がまったく違っていました。
    ストレート合格を目指すならば、まず的を絞らないと・・・。
    一般大学を卒業後、美大(私は武蔵美でした)にこられる方もまずまずいらっしゃるので可能性はありますよ。
    あと余計なお世話ですが・・・大学卒業と同時というのは卒業年の受験?
    卒論と受験勉強は両立できないと思うのですよ(いや、いくら死ぬ気で頑張っても)・・・なので卒業してみっちり1年予備校で、を勧めます。
    とにかく、頑張って!そして方向性を早く決めてね!

    ユーザーID:2260012537

  • 目標は何ですか

    難関美大への二浪三浪はザラです。
    既に大学へ在籍ですから、編入制度はいかがでしょう。
    あらたに受験するより早く社会に出られますし、習得済み単位に一部互換性があるのでは?

    一般的に美大の就職率は低く、目標が教員・学芸員・研究職ならば、博士号でさえ就職浪人も珍しくありません。
    公表就職率は「就職希望の学生を分母とする内定数」とお考えください。
    (作家を目指し就職活動をしない人は統計外)

    トピ主さま、首尾よく美大を卒業されたとき、おいくつですか?
    企業は、若さ・大学の有名度・経験で簡単に振り落とします。
    美大卒ならずとも、30前後で新卒の門戸は狭いので
    腕一本で食べていく気概を忘れず、常に自分を売り込むことが大事ですよ。

    私も紆余曲折ありましたが、30間近で希望職に就き、現在6年目です。
    美大では、一企業で働く以上に業界の広範な情報を学ぶ機会が得られましたし、当時の人脈はかえがたい財産です。
    応援しています。

    ユーザーID:7021079012

  • 美大の現三年生ですよ

    ふあ〜っ・・眠い中でですが、パッと目に付いたので簡単にお答えします。
    美大で何を勉強したいのですか?
    現代美術ですか?油彩?日本画?版画?伝統工芸?広告?写真?映像?平面?立体?空間?染色?3D?アニメ?美大といっても科によって学ぶことがまったく違います。その人次第ですが、その後の就職状況についても学科によって幅が決定されるのも事実です。

    そういうことは受験生のときに決めうものなので、今考えることではありませんが、大切なことなので考え抜いてください。入学してその専攻をやってみて気づくことも多いですが、その結果、崩壊しちゃう方もいますから。
    特に社会人や一度、他の学校を出て美大を目指す方が多いのですが、そこで挫折してしまうと無職一直線です。

    その後の職の話をすればデザイナーとかへ華やかでもなんでもなく、下手したら優良な企業の工場と比較したりすれば劣悪とも言える職場もあります。

    現大学三年生なら、視野を広げて広告部があり社内研修などを終了すれば配属可能な企業も見るのはどうでしょうか?私もその口です。

    と、簡単に言いたいこと言わさせてもらいました。また、加筆するかもしれません。では!

    ユーザーID:6712142442

  • いまの大学が保険になるんじゃないですか?

    私はムサタマの受けた学部は全部(3つ)現役合格しましたが、結局多摩美に進みました。予備校には高校1年のときから通い、予備校での出来もかなりよかったので、現役合格を果たしました。

    しかし、大学では、わりと早い段階で自分の才能のなさに嫌気が差しました。本当に才能のある人は一握りしかいませんし、さらに大学を出てから画家や作家として食べていけている人となると、そのまた一部です。もちろん、「作家」になることは誰にだって出来ますが、収入もともない、それで「成功」している人は少ないです。

    でも、美術系での就職は、学部にもよるとは思いますが、悪くはありません。企業に就職しつつ、才能を生かしている人はたくさんいます。

    トピ主さんの場合、もし仮に絵でモノにならなくても、すでに一般大学の学士号をもっているわけですから、逃げ道はあるのでは?保険をかけた上での美大進学、けっこうおいしいのではないかと思いますよ。

    一回きりの人生です。やりたいことをやってみるのはいいことだと思います。

    実は私は美大卒業後、一般大学の通信教育で勉強をしなおしました。どちらもよい経験となりました。

    ユーザーID:6080111477

  • 私の場合は

    10年以上前の事ですので、参考になるかわかりませんが…。
    高校3年のときに地元の小さな美術研究所に通っていました。
    が、美大受験には受ける学校ごとに受かるテクニックがあったりするので、
    よほど才能がないと、小さな美術研究所レベルでは受かりにくいと思います・笑。
    案の定、浪人。浪人中は美大専門の予備校に通いました。
    学科もあるので、きちとした予備校のほうがいいと思います。
    時間が自由になるのなら、現役(高校生)の通う夜間ではなく、
    浪人生の通う日中のほうがお勧めです。(ダブルスクールになるので学費が…)
    いろんな人がいて面白かったですよ。それに予備校時代が一番、絵を描いていました。
    通う期間ですが、その人「腕」によると思います。
    才能のある人は通わなくても受かりますから。

    就職については…続きます。。。

    ユーザーID:9801514535

  • 美大出身者ですが。

    私(女)、35歳の美大(ムサ)のデザイン科出身ですが、その後普通大学で心理学も学んでます。

    某大手メーカーのデザイン部にもいましたが、有名企業のせいか、美大での派閥なんかもあったりしてやめて、今は、ウェブのデザインをフリーで受けたり、企業でウェブディレクターをしています。
    私は、高校生のときに彫刻科に行きたかったので予備校では彫刻科にいっていたり、芸大を目指して仮面受験などしてましたが、現在その当時の友達に会うとフリーター(デザイン系)だったり、東京芸大卒業してても大して仕事をしてない人が多い。
    私が、心理学を学んだ理由は、ユーザービリティ知識を得たかったからなのですが、デザインは装飾だけではなく、実用的な使いがってなども理解しないと、今の世の中、ウェブ・プロダクト系企業では使い物にならない感じです。

    >四年制大学を卒業した上で美大を卒業した場合の就職率
    昔と今では就職率はかなり違うと思うのですが、美大系は入ってもすぐ辞めてる人がすごく多かったです。(私の年代では)
    選ばなければ就職はできると思うけど、今はプロダクト系でも不景気なため採用を渋ってるところも多いかも。

    ユーザーID:4838805396

  • 一般論?

    こういう専門の技術について大学で学びたい!という希望に対して周囲が反対する理由は
    「つぶしがきかないから」この一点に尽きると思います

    現在美術系の学校に通う人間の数というと数千人を超えると思いますが
    その中で希望の職に就けるのはほんのコンマ数パーセントだと思います
    美術学校というと絵の勉強ばかりで学力はC〜B級といった印象も強いですし
    他職種への就職も難しいと思います

    なんというか月並みな意見で申し訳ないです。
    だけどその道に進むからにはある種覚悟のようなものが必要と私は考えます

    ユーザーID:1776227971

  • 春季講習へGO!

    ええと、就職って?デザイン系の科は別として、絵画系で就職は結構きついですよ。予備校や学校の先生、ゲームやアニメの会社あたりが多いかなあ。でも、トピ主さんの場合、今の大学で培ったものがあるので、レアケースも見込めるかもしれませんね。

    とりあえず、今年の春休みに予備校の春季講習会に行ってみてはいかがですか?確実な合格を狙うなら、ある程度大手の予備校(何科を受けるかによってどこがいいかは変わります)の方が他の受験生と比べられるので良いと思います。受験の絵の場合、他者との比較で伸びる部分が大きいです。大手は情報量が違いますし、かなりうまい浪人生が必ずいます。
    デッサンはとにかく枚数です。集中して描いた枚数が多くなればなるほど、確実に上手くなれます。早く始めるに越したことはありません。
    とはいっても、集中できずに何枚描いてもダメ。春や夏の大学が休みのときにみっちり行って、浪人生の激ウマな人の絵をしっかり見てきてください。イメージトレーニングに最適です。

    でも、、、せめて1浪は覚悟かなー。今の大学卒業後の1年、予備校の昼間部でしごかれてください。
    がんばれ!!!

    ユーザーID:7903483803

  • 私の場合は_2

    就職について。。

    受ける学科と何になりたいかによると思います。
    絵を描くことを仕事にしたいとは、どういうイメージお持ちですか?
    イラストレーターや画家として就職するのは、かなり限られてますよ。
    ちなみに私はグラフィックデザイン科卒→デザイン会社
    →企業の宣伝部で働くデザイナーになっています。

    すでに一般大学を出ていることは、特に有利に働くのかどうか…
    正直、「腕」にかかっていますから。
    エピソードとしては使えるかもしれませんが…

    新卒として就職する場合、
    会社によっては生まれ年にボーダーがあって、
    各学年を2回やるとアウト(8年通うとNG)だった気がするので、
    すでに四大を出ていると……4+4で……

    希望の学科・美大卒業後なりたい職業・今の専攻、もう少し情報が欲しいかな?

    ユーザーID:2679130158

  • 就職について

    ごめんなさい、就職について「他大学を出た上で美大を卒業したら」だったですね。もう少し直接的な事を申し上げることができます。

    これは今の大学から就職した方が簡単な可能性は高いです。
    私はG大絵画科出身で、友人に私立W大卒業後にG大にきた人がいますが、かなり苦労していました。なぜならG大には他大では活発だと聞く「就職課」「就職指導」なるものがないんです。つまり、「キミタチ作家になるためにココに来たんだよね?就職なんかするんなら勝手にすれば?」的な考えが先生方に多く、しかも学校も先生方もいわゆるルートを持ってないんです。正社員で就職した子は極端に少ないですし、している子は完全に自力です。ムサ多摩はそこまで放りっぱなしではないかもしれませんが、デザイン方面でない限りは大して実情は変わらないと思います。

    でも。
    美大で新しい力を身につけて、大きく飛躍できる可能性もあります。人生、何と言っても自分の力次第です。そういう意味では美大卒業生は芯が強いですよ。就職率なんて気にも留めてないし、自分でどんどん開拓していく人が多いです。バイトで入って社長、今は理事、なんて人だっていますよ。

    ユーザーID:7903483803

  • 才能のみ(?!)

    元美大生さんが書いておられるように、
    「才能があれば、(予備校)通わなくても受かる」
    その一言に尽きる気がします。

    私は、某美大の空間デザインにいましたが、

    元々、かなり絵は下手だったので、
    高校1年から3年間、
    予備校の夜間と、各講習会に通いました。

    毎日、明け方まで描いてたでしょうか。。

    ちなみに、
    就職は意外と簡単に見付かり、今に至っています。

    企業のデザイン室にいますが、

    「芸術家、芸術家していなかったので、使いやすそうだった。」
    と、面接官だった方に言われたことがあります。

    トピさんのように、
    両方の大学を出ていれば、このような印象を持ってもらえるのでは?

    勉強にしろ、仕事にしろ、どんな世界でも
    体力勝負&センスだけだと思います。

    ユーザーID:9860446755

  • 頑張ってください

    トピ主様、初めまして。トピ主様志望の某美大卒、美大予備校講師経験あり、40代男性です。
    結論から申し上げますと1年以内での勉強で合格する事は可能です。しかし、出来るだけ早い時期に行い多くの時間を費やした方が、より多く可能性が広がる事はどの世界でも同じです。

    次に就職ですが、これも余程のこだわりが無い限り就職する事は可能です。私の友人は4浪して某美大(油絵科)に入り皆から『絶対無理!』と言われた某巨大広告代理店に入りました。
    しかし、これは今でも『奇跡っ!』と言われているほどの事なので参考にならないかもしれませんが、芸大や美大に入ってくる人達は不可能を可能する、訳のわからない情熱を持っている事は確かです。

    私の教え子さんでも、一般大学から受け直して受かった人もいましたよ。ただし、恐ろしいほどの集中力と負けず嫌いと努力の塊のような人でした。
    浪人生の中には【ヌシ】、【神様】と呼ばれている美大受験界のスーパースター達がキラ星のごとくいます。
    そういう人達を押しのけて合格するためにも、1日でも早いスタートを切った方が良いでしょう。

    良い結果を願っております!

    ユーザーID:2422529791

  • トピ主です

    たくさんの方からの回答があって驚いています。
    どれも温かく、真剣なご意見ばかりなのでとても参考になりました。
    本当にありがとうございます。
    追記したいことや加えて相談したいことがあるので、時間が出来次第また書き込ませていただきます。

    ユーザーID:0687105379

  • 現実的な方法論(承前)

    当方、某美大出身、40代、現役Web系クリエーターです。
    トピ主様。厳しい道のりになるかとは存じますが、夢に向かって努力するのはすばらしいことですので、どうか実現に向けて頑張ってください。
    私立美大志望で就職希望とのことですから、芸術方面ではなく、デザイン方面を志望とお見受けします。
    私が受験生だった頃とは状況が異なるかもしれませんが、ストレート合格&就職に向けて具体的な方法論を。

    長くなりますので、受検編と就職編をそれぞれ分けて送信します。

    的外れなら読み飛ばしてください。

    ユーザーID:1711774377

  • 具体的な方法論(受検篇)

    ストレートで私立美大に合格するには…
    私立美大の受験科目は実技試験と学科試験の合計点です。
    この得点は、デッサンの100点も英語の試験の100点も同じ評価です。
    実技の成績を5点上げるためには、長大な時間と血の滲むような努力が必要ですが、学科試験の5点は、英単語1つで変わってしまいます。
    美術大学の学科の入学試験のレベルは、一般の大学に比べて著しく低い内容です。
    ですから、一般大学に進学なさった実績のあるトピ主様なら「楽勝」と思われます。
    「実技をおろそかにして良い」とは申しませんが、美大の受験対策を未経験なトピ主様が、超絶技巧を誇りながら、何度も浪人を繰り返す予備校の“主”たちと同じ土俵で闘うなら、このアドバンテージを活かさない手はありません。
    まずは予備校の模試を受検して、志望大学の合格ラインを知りましょう。
    そして、自分のレベル(実技&学科)を探りましょう。
    そうすれば、おのずと「あと何点必要」か目安が立ちます。
    そしたら、実技の向上のみならず、学科の勉強に注力しましょう。
    予備校ではどうしても実技方面に傾倒します。
    しかし、実際に得点を稼ぎやすいのは、学科試験なのです。

    ユーザーID:8307377944

  • 美大卒のインストラクター

    が、同僚にたくさんいました。
    理由は社長が「美大出身」だから。

    相談役は某美大の教授。

    絵画を選考した人間は同僚にはいませんが、高校の美術部の同級生で出展した作品が
    いつも表彰されていたような人間でしたが3浪しました。
    理由は大学の合格基準に当てはまらないから。

    合格したときにはその大学の助手の方に教えてもらっていたそうです。

    どこの大学を受験するのか?きちんと絞らないと何年経っても・・・。
    その道に長けた方の指導は不可欠ですよ。

    就職に関しては・・・
    絵画と就職は別物と捕らえられたほうが無難ですね。
    どこの企業でも(例外もたくさんありますが)、何が出来るか?によって採用が決まります。
    その裏付けはなんなのか?卒論であったり、体験談であったり。
    嘘はすぐに見破りますよ、「普通の採用担当者なら」。

    就職したいとお考えならば自分のしたい事と企業が求めている人物像とをマッチングさせながら
    スキルを磨かれることをお薦めします。

    美大出身だろうと名の通った大学だろうと最後は「人物」ですよ。
    学閥が存在する企業もありますが。

    ユーザーID:8391554792

  • 具体的な方法論(就職編)

    立て続けにスミマセン。就職編です。
    ここでは、トピ主様がデザイン方面の就職を志望の前提でお話しします。
    (ファイン・アート方面の場合、事情は全く異なりますのでご注意下さい)

    ご承知のように、世の中はものすごい不景気です。
    おそらくトピ主様がストレートで進学・卒業なさっても状況は改善しないものと考えられます。
    デザイナーの仕事は広告業(アドバタイジング)や製造業(プロダクト)ですが、不景気なときは、いずれも予算が削減・規模が縮小される厳しい職場となります。
    当然、雇用機会も少ないと思われます。

    就活は、実際にどの企業のどんな部門を目指すかによって、テクニックが異なりますので、ここでは在学中の心構えを。

    体よく受験戦争に勝ち残った学生さんは、それまでの抑圧された受検生生活から解放されて、一気に遊びたがる傾向があります。
    美大というところは、遊ぼうと思えば4年間遊べるところです。逆に学ぼうと思えば4年ではとても足りないリソースの宝庫です。
    ですから、入学当初から就職を前提に、周囲に流されず、スキルと人脈の構築に専念してください。
    ご学友からは煙たがられること請け合いですが。

    ユーザーID:8307377944

  • 遅くなりました

    心温まる文章や鋭いご指摘、また具体的な方法など、どのレスもみなさんが自分の悩みについて本気で考えてくれているのが伝わってきて感動しました。みなさんのレスを読んで初めて知った事柄も多く、また自分の考えに浅い部分があったことに気づくことができました。相談したこと以上に内容のある回答を頂くことができたし、中には応援の言葉をかけてくださる方もいて本当にありがたいです。この先壁にぶち当たったときの励みにさせてもらいます。
    さて、追記しなくてはならないことがいくつかあるので、これまでの情報をまとめつつそれについて書いていこうと思います。
    ・現在大学1年(現役です)
    ・デッサンなどの基礎知識に関して素人。
    美術部ではなかったし、絵画教室などにも行ったことがありません。デッサンについてはネットや本で調べた程度の知識しかありません。
    ・大学3年から予備校に通う予定
    新宿美術学院・武蔵野美術学院・すいどーばたあたりを考えています。一番の候補は新宿美術学院です。どの予備校も通学にかかる時間には特に問題ありません。現在受講料について資料待ちの状態です。

    ユーザーID:0687105379

  • つづき

    ・志望は私立デザイン科
    第一志望は多摩美のグラフィックデザイン、第二はムサビの視覚伝達デザインです。コミュニケーション系のデザインが自分のやりたいことに最も当てはまっていると思っていますが、プロダクトデザインにもほんの少し興味があります。

    まだ書き忘れていることがありそうな気がするのですが、その場合は改めて付け足すという形で・・・。

    予備校に通う期間についてたくさんの意見ありがとうございました。(素人でも)一年通えば強みになるという意見があれば3年間通った方もいるようで、やはり自分次第と言う事なのでしょうか。昼間部と夜間部どちらに通うかでも違ってきますよね。浪人生のいる昼間部を勧めてくれた方がいらっしゃいましたが、今のところ夜間部に通う可能性が高そうです。いずれにせよ早く通い始めるにこしたことはないとのことで、できれば今年から通い始めたかったのですが、経済・時間的な問題から、本格的に通えるのは早くても今年の後半からになってしまいそうです。
    ただ、デッサンのような基礎コース(週1程度のもの)のみなら今春から通えるかもしれないので受講しようか迷っています。

    ユーザーID:0687105379

  • またつづき

    目標はストレートで合格ですが、実技だけでなく学科の勉強もしなければならないので(学科については忘れかけていたのでご意見助かりました)、大学卒業後一年、間をおいてから受験するべきだ、とのレスも頭においておこうと思います。最初に述べたよう浪人も覚悟しています。学科は点数を稼ぎやすいということをわかりやすく説明して下さった方もいるので、学科対策もおろそかにしないようにしないとですね。

    編入については考えたことがあったのですが、家族に相談した際今の大学はちゃんと卒業してほしいと言われました。頑固なところがあるので、それに逆らうのは難しいかもしれません。それに、仮に編入できたとしてもその大学を卒業後、自分は再び美大を受験すると思います。
    「企業は若さ・大学の有名度・経験で簡単に振り落とします」、それを聞くと社会に出ることが周りの人より遅れてしまうことがいかに不利か実感できます。ただでさえ不景気な世の中なのに。無事に就職できるまで不安な気持ちは消えないと思いますが、現実的なお話がとても参考になりました、ありがとうございます。

    ユーザーID:0687105379

  • まだ続きます

    志望校をはっきりさせるべきとの意見がありましたがおっしゃるとおりです。デザインを学びたいと漠然と思ってはいたのですが、今回改めて複数の大学のパンフレットや資料を見て考えた結果、多摩美のグラフィックデザイン科に強く心を惹かれました。

    就職に関してのみなさんのレスを読んで、やはり希望の職業につける人は極々わずかなんだと思い知らされました。
    しかも就職以前に大学に入ってから挫折の可能性もあるとのこと・・・厳しい世界なのですね。よく肝に銘じておきます。
    けれど、やっぱり美大で絵を学びたいという気持ちは変わりません。まだ私が社会人としての苦労をしらないだけなのでしょうが、美大に入って何をやりたいかと問われれば、「絵を描く仕事に就くための技術を身につける」という気持ちより、「絵を学びたい、世界を広げたい」という気持ちの方が強いです。なので学んでいく課程で自分の腕に自信をつけることができたら「学友からは煙たがられること請け合い」だろうと、希望の職業に就くための方法を参考にさせてもらおうと思います。
    ・・・でももし、芸術関係の仕事に就けなかったとき、今通ってる大学が保険になるといいなあ。

    ユーザーID:0687105379

  • これで最後です

    ところで、追加の質問なのですが、専門と美大では何が違うのでしょうか。
    学費や通う期間以外に大きな違いはあるのですか?メリット・デメリットなど教えてほしいです。
    いくつも質問して申し訳ありません。

    今現在美大の方や卒業生の方、すでにご家庭をもってる方など、みなさんのレスひとつひとつが大変興味深く、個々にレスをして話を深く掘り下げていきたい衝動にかられました。が、時間の関係上一気にレスさせてもらいました。質問されたことに対して回答できていない箇所もあるかもしれません。
    みなさんのどのレスからも、美術を学ぶことはその人の人間性を豊かにするというような、教訓というか感想というかそんなものを感じ取りました。自分が美大で学んだ事を職として生かせなくても、得るものは絶対にある気がします。実は今の大学では美術関係の学問(創作はしない)を専攻しているのですが、学ぶたび、芸術は深いなあと思います。だからなおさら、ほんとのほんとに受かりたいです。大好きな絵を描きながら自分の世界を広げたい。

    まとまらなくてすみませんが、一旦終えて、みなさんから新たな意見などがあれば聞きたいと思います。

    ユーザーID:0687105379

  • 遅くなりましたへのレス

    チャイコさん
    まず、予備校に夜間でも昼間でも一度春期講習などで受けてみて判断されるほうがいいかと思います。
    まだチャイコさんは大学1年生だから予備校生等とも年齢もかわらないと思うので、予備校でお友達ができて、情報交換できるからです。
    予備校の合う合わないも周りの受験生の話を聞いて選びなおすことができるからです。
    春期講習に行ってみて「こういうデッサン(or平面構成)の試験苦手だな」とか感じる方もいるかと思うんです。だから初めから何もしないでムリはいけません。

    でも、私が個人的に思うには、スゴイ就職先を誇大妄想化して、今の時代、専門学校的に美大受験(入学)するのはハイリスクかな?と実は感じています。
    多分美大を卒業するまでにかかる費用は普通の大学以上でハンパないからです。確かに、私の少し年上くらいのバブリーな世代の方では、結構、一般大学を中退し美大に再入学されてた方もいましたけどね・・・。

    デッサンやデザイン系の材料、道具にあてる費用もハンパないから・・・


    その辺をよーく考えて、まず、春期講習から体験ってことで。

    ユーザーID:4838805396

  • 大学と専門学校

    春季講習へGO!とレスしたものです。
    私は大学に行く前に専門学校でデザインを学んでいます。大学では絵画科専攻でしたので安易に大学と専門を比べ、意見を述べるのには抵抗があるのですが、参考までに申し上げます。

    まず、印象としては専門では大学のように掘り下げて学ぶことが大変難しいです。また、一部を除き、専門学校の学生選考は大学のように狭き門ではないため、決定的に画力に差があります。そのためか、学生たち本人が抱く理想や求める完成度がやや低めだったり、基礎力不足で目標に到達できない、といったジレンマを抱える場面もあります。性格にもよりますが、画力、デッサン力は結構追い込まれないとなかなか身に付くものではありません。さらに、大学はで4年かけて学び、研究するのに、専門は2〜3年で修了、ということも掘り下げたカリキュラムが組まれない原因かもしれません。

    ただし、就職を考えた場合、専門学校は即戦力としての知識を付けさせてくれます。仕事上必要な技能を効率よく身につけるには専門学校が向いています。

    ユーザーID:7903483803

  • 今4年生です

    ムサビの4年生です。
    今までのレスを拝見していると、現実とちょっと
    離れている感じがしたので生の声をと思って返信しました。

    まず、受験について。
    私は高校1年生の春から予備校へ行っていました。
    3年から夜間部に行き、予備校が提携している学習塾で
    学科の勉強もありました。私の高校はもともと受験校だったので、
    私は学科を強みにしつつ現役合格しました。
    デッサンは、苦手です。
    デッサンなどのセンスはやってみないとわからないので、
    やれば伸びる学科を優先するのも良いことです。
    デザイン科なら英・国だけですし。
    予備校ですが、夜間部が良いように思います。
    高校3年から入る初心者の子もいるので。
    昼間部は全員浪人生かと思うので、ついていけなくて苦しいと思います。

    就職について。
    就職率が低いのは、就職活動する学生が少ないからともいえます。
    社会に出ずに気ままな人が結構いるんです。
    就職活動をきちんとすれば、たいてい大丈夫です。
    あとはわざわざ2回目の受験をして入ったのであれば、
    その旨を教授に理解してもらい、お世話になることです。

    つづく。

    ユーザーID:8383175171

  • つづきです

    しかし就職しても、2・3年で環境が合わずに辞める人も多いです。
    スキルややりたいことがはっきりしている人が多いので、
    それはそれで良いのだと思います。
    美大で学ぶことは、本当に貴重です。
    「ものをつくる」ことを教えてくれます。
    それはどこの世界に行っても役に立つことなので、
    実際様々なジャンルで活躍されている方がいますし、
    就職の心配などは、たっぷり勉強すれば問題ありません。

    編入について。
    美大に入りたい意志を強く持って編入してくる子は、
    みなさん活躍しています。必ずしも4年間いなくても
    十分いろんなことを勉強できますし、就職もできます。
    編入試験を受ける前は、自分が今まで作ったものなどの
    ポートフォリオを持って各学科の研究室に行けば
    試験まで何度でも相談にのってもらえます。
    その人の人柄や環境や、やる気が伝わりやすいので、
    受験のリスクを負うよりも良いのかもしれません。
    まずは、希望の研究室に連絡してみてはいかがですか?
    うちの学科では、主任教授が相談に来た人には全員相談にのっています。

    ちょっと長くなったので、とりあえず終わります。

    ユーザーID:8383175171

  • ちょっと横気味ですが

    wazowskiさん、そんなに状況はよいのですか?
     私の周りでは、美大で困っている人が多いので__
    ま、昨今では一番しわよせが来るところですが。
     あと、トピ主様へ。どんな職業でもそうですが、才能≦努力≦人間力なのだと思います。
     先日、自己推薦で編入受験なさった韓国からの方(学費が一番安いから、が理由でした)は、デッサン,技術力、普通/学力、アイディア力優秀/口頭試問での自己アピール抜群(教授連と1時間、楽しく話込んだ)で即決になりました。教授連は「化け物になってくれるかも」と期待しています。(ビジュアル分野です)
     よく皆様、デッサン何年、とおっしゃいますが、それはどうかと思います。
    1月で仕上がる人も、3年かけても?な方も実際いらっしゃいますし。
     絶対音感を持っている人は相対音感に切り替える事が容易いという感じに近いのかなと感じています。後はどのように曲を奏で売り込めるのるか___。という大変にあやふやな感想になってしまいましてごめんなさい。
    以上岡目八目的意見です。

    ユーザーID:1480635019

  • じっくり取り組んでみては?

    再レス致します。
    御両親との話し合いからも現在の大学を卒業されてから、美大受験する方法が一番現実的、かつ望ましいと思います。
    となると多摩美のグラフィックに卒業後に受かったとして、留年せずに卒業すれば26歳ということになるでしょう。
    デザイン関係ではチョット年配な感じですが、ファインアート系の彫刻、絵画では普通に4浪、5浪という人達がいるので全体としては違和感はないでしょう。

    26歳でも真剣に就職活動すれば、希望就職先には就職出来ると思います。これは私の友人、知人、そして私自身が多浪でしたので、それなりの説得力があるかな(う〜む、やや無理かなぁ)?
    私自身は美術の道は諦め、現在は会社を経営しています。家族4人を食わしていくだけの収入はあります。

    今のトピ主様に一番必要なのは【何が何でも多摩美に行く】という強い意志です。日本全国から多摩美のグラフィックに入りたいという人達と戦うのです。
    その意思さえあれば大抵の事はクリア出来ます。頑張ってください!私の恩師には6浪や8浪といった猛者もいましたヨ。

    貴女の人生にとって何が一番大切かを熟慮し御判断下さいね。

    ユーザーID:2422529791

  • 心を強く持ってください1

    当方美大デザイン系出身でいまは建築系です。
    トピ主さんの書き込みを見ていますと、絵は大好きとありますが、
    今なにか創作なさっていますか?上手い下手でなく、描いていますか?
    手元にいつもクロッキー帖と鉛筆はありますか?私の周りにいた人は
    内容はともかく、たいていいつもなにか手を動かしているヤツでした。
    そういう感じがあまり伝わってこず、何か情報だけ追いかけているように
    見えてちょっと心配です。(描いていたらゴメンナサイ)
    もうひとつ、たいへん謙虚で礼儀正しい文章ですが、目標に突き進む強さが弱いように思えてもうひとつ心配になりました。
    >でももし、芸術関係の仕事に就けなかったとき、今通ってる大学が保険になるといいなあ。
    今と私の時では社会が違うかもしれないけど、そういうことは考えませんでしたね。もう大学合格するイメージしかなくて、その先もこの道でやっていくイメージしかなくて。
    続きます。

    ユーザーID:1198807189

レス求!トピ一覧