愛犬がお空の星になりました・・。

レス29
(トピ主0
お気に入り32

生活・身近な話題

レトまま

あと4日で15歳の誕生日でした。

病院なんて行ったことがないコだったのに、去年の11月に腫瘍が見つかりました。
年齢のこともあり手術はしないことに決めました。手術中に死んでしまうかもしれなかったからです。
病院で1日長生きするより、残りが短くなっても家で家族と過ごすほうを選びました。

そして先月半ばに腫瘍が破裂し、「今日もつかどうか」と言われたのに
その夜に、なんと立ち上がってくれたのです。
家族で拍手をしながら泣きました。

しかも、それから2週間も生きてくれました。
すごいすごい生命力です。

まだ夜も明けない時間に両親からの泣き叫ぶ声の電話があり
駆けつけるともう息をしていませんでした。

ただただ涙を流すだけの両親の前に、立ち上がると人間の大人くらいある大きな体。
「がんばったね」そう言ってなでてあげるしかありませんでした。

あの日がとても良い天気で良かったです。
最後のお別れの時、笑顔で「今までありがとね。またいつか会おうね」って言えました。

あの頃は悲しくて悲しくて、何をしていても涙は溢れて、胸が苦しくて仕方なくて。
けれどもう泣きません。あのコは天命をまっとうし、苦しみから解放されたのだから。
またいつか会えるのだから。
今きっと、天国で元気に走り回って
「ボクはここで楽しんでるよ。お姉ちゃんもがんばって生きてね」って言っているはず。

たまにふと涙がこぼれそうになるけれど、これからは笑顔で思い出話ができそうです。
あのコに負けないようにがんばって生きていきます。

聞いて下さった方、本当に本当にありがとうございました。

ユーザーID:9727372039

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 電車の中で読んでしまい

    電車の中であなたのトピを読んでしまい、泣いてしまいました。
    あなたはもう泣かない、って言っているのにね。
    ワンちゃんはとても幸せでした。あなたがたのような家族と最後まで一緒にいられて。
    また会えます。絶対会えます。
    いかん、また泣けてきました…

    ユーザーID:6177265834

  • また会いたいですね!

    最後まで頑張ったワンちゃん、きっと神様にもうんと褒められたと思います。
    レトままさんの言う通り、天国の、あったかい陽のあたるところを、元気いっぱい走り回っていると思います。

    本当に可愛かったんだろうなぁ…。

    ユーザーID:3835350314

  • 天国で元気いっぱいのはず

    ご家族に愛されて、大切にされて、とっても幸せだったと思います。天国で楽しくやってるはずです。時々トピ主さんやご両親の周りにも来ていると思いますよ。

    我が家も13歳のシーズーがいまして、ボケ始めています。耳も聞こえなくなり、目もよく見えないんだなと思うと、本当に哀しくなります。
    あの小さかった子が・・・お行儀のよかった子が、仏壇のお供えを狙うようになり切ないです。

    人間に比べると犬の寿命は短いから、かわいい時から老いていくまで目の当たりにできるので、なんだか辛いです。まだ中学生の年頃なのに・・・って思います。

    犬を飼うのが初めてで、しかもボケて行く過程を見ているので余計辛いです。人間として考えると高校卒業するくらいまでは生きるかなと覚悟を決めて、責任を持って飼い始めましたが、中学生の年齢ででボケてショックを受けています。でもボケてても最後まで面倒みます。大切な家族であり、我が子です。

    トピ主さんご家族のように最後まで愛情を注いで、いつか天国へ送り出す覚悟もしています。命を預かる全ての方々が、そういう気持ちで愛情を注いで欲しいです。もちろん、人間の子供にもです。

    ユーザーID:4871491240

  • 絵本

    私は一昨年、愛犬をなくしました。
    悲しい涙を超える為に犬の絵本をたくさん買いました。
    そしてその年は犬が主役の映画も多くて見に行きましたが、
    映画館ではやっぱりわんわん泣いてしました。

    葉祥明さんの「虹の橋」は絵がとても綺麗ですよ。

    ユーザーID:6604396255

  • つらかったですね・・・

    いつか来るお別れの日。
    とってもつらかったと思います。
    でも、トピ主さんの家族同様に大切に大切に
    育てられた犬はきっと幸せな一生だったと思います。
    我が家の犬もいつか来る日を想像するだけで涙がでます。
    これからも大切に育てて生きたいと思います。
    トピさんの前向きな文章を読んで何だか温かい気持ちになりました!

    ユーザーID:6334100610

  • 涙が出てきました

    トピ主様、大切なご家族を亡くされてお辛いですね。
    でも、きっと一生どこかからトピ主様を見守ってくれているはずです。

    我が家にもトイプードルがいます。
    私が精神的な病にかかって会社を退職し家に引きこもっている時に、彼は我が家にやってきました。
    ずっと寄り添っていてくれる彼にどれだけ元気づけられたか。
    もし彼がいなくなったら・・と想像するだけで涙がこぼれそうです。
    1日1日を彼と大切に生きていきたいです。

    トピ主様、これからは素敵な思い出を胸に生きていって下さい。

    ユーザーID:8033464020

  • 幸せだったと思います

     うちにもわんこがいるので、たまに
    「この子ともいつかお別れしなくちゃいけないのかな・・・」と
    ふと思うときがあります。そう思うだけで悲しくて涙が出てきます。

     レトままさんの悲しみは計り知れませんが、
    みんなに愛されて、みんなに見守られてお空の星になった
    わんちゃんは幸せだったと思います。

     ご家族の気持ちも落ち着いたら、
    楽しかった話をたくさんしてあげて下さいね。

    ユーザーID:9806348031

  • 幸せだったと思いますよ

    自分の状況に余りに似ていて、驚きました。

    私の愛犬は昨年4月に旅立っていきました。15歳になる1ヶ月前でした。
    私が実家から引っ越した直後で、看取ってあげることが出来ませんでした。
    年齢の影響もあり、少し体調を崩していましたが、誰もが命に関わる状況ではないと思っていました。

    いつもそばにいるのが当たり前だったので、いなくなってから未だに後悔していることもあります。

    ただ一つ幸いだったのは、知らせを聞いた夜に駆けつけた際、寝ているようなとても穏やかな表情だったことです。

    トピ主さんの文章を読んでいますと、とても優しい人柄だと推察されます。
    トピ主さんやご家族と過ごされた時間は、わんちゃんにとってかけがえのないものだったのはないかと思います。

    きっと「ボクはみんなに愛されてとても幸せだったよ。」て言ってくれていると思いますよ。

    思い出して悲しくなる時は、素直に言っていいと思います。
    思い出話をしていたら、天国でニコニコと笑って見ていてくれるのではないかなと思います。

    ユーザーID:8058517347

  • 悲しいですね

    私も犬を飼っているので、読んでいて本当に悲しくなりました。 
    でも最後のお別れの時まで、レトままさんのようなやさしい方が一緒にいてくれて幸せだったのではないでしょうか。 
    私の愛犬は9年目になります。まだ9年しか生きていないと思うけれど、本などに書いてある寿命を見ると悲しくなり、人間のようにもっともっと長生きしてほしいです。 
    辛いと思いますが、心の中にいつもいてくれていると思います。 元気をだしてくださいね。

    ユーザーID:5057386251

  • 同じです

    はじめまして、トピ主さん。
    全く同じ経験をしたので出てきました。

    私の場合は猫です。後一ヶ月程で16歳でした。
    去年の11月頃からエサを食べず、入院しても回復せず、ゆっくりと弱っていきました。自力で水を飲む事も出来ず、スポイトで飲ましてました。
    弱ってても、世話してくれる母親を見ては声にならない声で鳴きました。 段々痩せて骨が出てきても変わらずに可愛いかったです。
    全くエサを食べずに年が明けて、最期は母親に抱かれて息を引き取ったのが救いです。
    この文章を打ってる今でも涙が出ます。
    ウチの子で幸せだったかな〜とか、もっと可愛がればよかったなぁとか思います。

    とても悲しいけど、天国でたくさんご飯を食べて元気にしてると想像して持ち直します。

    ユーザーID:6159207524

  • 愛犬は幸せでしたね。

    この文章を読んで、涙があふれ出てきました。
    私も、去年の9月に愛犬を亡くしたのでレトままさんの
    気持ちよくわかります。
    愛する家族に最期を看取られた愛犬は、とても幸せでし
    たね。
    私は、お正月にペット霊園へお参りに行き、小さな骨壷
    に入った愛犬に会って、仲間と楽しく遊んでいてねと
    願ってきました。
    これからは、レトままさんの心の中に愛犬がいてくれますよ。
    過去の楽しかった日々を大切に、前進していきましょうね!!

    ユーザーID:4332847830

  • ネコですが、わたしもです。

    お悔やみ申し上げます。
    昨年8月に愛猫(7歳)がお空の星になりました。
    我が家にやってきたのは2年前。5歳でした。
    元は主人の友人の猫で、急に海外出張が増えたため預かることになったのがきっかけでした。
    案の定そのままうちの子どもになりました。

    生家ではあまり甘えられなかったのか、うちでは相当な甘えん坊ちゃんでした。
    わたしも蝶よ花よとそれはそれは大切にかわいがっていました。
    それが昨年のあの暑い日の朝、口に血がついていたので心配になりすぐに病院に連れて行き検査のため
    入院させました。しかし夜に病院から呼び出され駆けつけるとあの子は自発呼吸がすでにできなくなり
    手に点滴の管をつけて酸素呼吸ができるケージにいました。
    力なく横たわるあの子に話しかけなでることしかできなかった。
    日付が変わる頃、そのまま病院で息を引き取りました。あまりに突然のことで夫婦で泣き崩れました。
    昨日までは一緒に寝て、のどをゴロゴロさせ甘えてたのに...

    あれから100日過ぎましたが、日々写真を見ては涙があふれます。
    わたしにはまだ時間が必要なようです。

    ユーザーID:5379442015

  • ありがとう。

    心に響くトピをありがとうございます。

    きっとワンちゃんもとってもとっても幸せだったと思う。
    あなた方に出会えて、心から愛されて大切にされて、
    楽しい思い出で一杯だったと思う。
    ワンちゃんも心から「ありがとう」って思ってますよ
    本当にありがとう、って。

    私も一昨年の秋に愛犬を亡くしました。
    縁あって途中から我が家の家族になったワンコでした。
    うちのワンコも、私達にたくさんの楽しい思い出を残してくれて、
    たくさんの大切なことを教えてくれました。
    そして、最期まで強く生きようと本当によく頑張りました。

    私も最期の時には一緒に居れなかったけど、
    「本当にありがとう。がんばったね。」って何度も撫でました。
    今でも思い出して涙が出てくることがあります。
    本当に出会えたことに感謝しているし、今でも大好きです。

    形はなくなったけれど、ずっとずっと一緒に居るし、
    触れなくなったけど、きっといつでももっと近くに居る。
    きっと、またいつか会えますよね、最高の笑顔で。

    もう一度、本当にありがとう。。。

    ユーザーID:7796829190

  • うちの愛犬は1月二日に亡くなりました

    昨年11月に咳きをし始め、一ヶ月後に吐血をし、急いで獣医師に連れていき、抗生物質を2週間投与しましたが、また咳きが出始め、肺が腫れ、最後は座れず、立ったままで、足腰がふらつき、トイレも漏らし状態になったので、獣医師に連れていき、眠らせる注射をしてもらいました。8歳7ヶ月の犬です。暖冬地から極寒地に来たので、体が合わなかったのかもしれません。なんせ、マイナス20度にもなりましたから。微熱で冬毛が全部抜け、助かってもこの寒さでは越冬できなかったな、と思っております。この悲しみは犬を飼ってみた人しか理解出来ない。。トピありがとう!

    ユーザーID:4889276491

  • お悔やみ申し上げます

    お辛いですね。
    お気持ちお察しします。

    でもお犬様もトピ主さんご一家のようなご家族に
    愛された一生で、
    ほんとうに幸せだったと思いますよ。

    私もまた会える日を楽しみにしている一人です。
    お犬様に習って、
    まっすぐ頑張りましょうね!

    ユーザーID:7690117810

  • ペットは、人生の伴走者?

    ・トピ主さんの悲しさ、よく伝わりました。
    ・私も小学校4年から高校3年まで犬を飼いました。近所のおじさんを介し、いただきました。日に日に大きくなり、最高の相棒でした。名前は太郎。散歩が大好き。いつもたんぼ道、山際、国道色々連れて行きました。飼えば飼うほど懐き、「犬って、こんなに可愛いんだ」と思った。ご飯の前の「お座り」。早くちょうだいよと、体一杯にまだなの?と待ちこがれた様子。おいしそうな食べっぷり。今でも昨日のように思い出される。「散歩行くか?」と言うと「ン〜。」と甘え、ひどくせがんだあの頃。本当に自分の成長と共にあった日々。いつか散歩途中で蛇に会い、噛みまくり殺してしまった。(すげえ野生味)と驚いたことも。骨が大好き。前足でしっかり押さえ、がりがり囓りまくり。食べ途中だと土に埋めてたっけ。
    ・そんな太郎が高校3年の頃、病気に。立てなくなった。吹雪の寒い日。帰宅すると必死に立ち上がろうとした。涙が止まらなくなった。
    書きながら、とても切ない。元気だった母も父も、今はいない。楽しかったなあ。
    ・元気出してね。

    ユーザーID:1819344840

  • ありがとうの気持ち

    愛犬をなくされた悲しみ、お察しいたします。
    2年前に私も経験しました。
    最初から自分達より寿命が短いことはわかっていても、
    その悲しみ苦しみは、言葉に言い尽くせませんね。

    天国に旅立ったワンちゃんは、病気で亡くなったとはいえ、
    ご家族に愛され、精一杯生きて、
    約15才という天命を全うして、こんなにも悲しまれ、
    この世に生まれて幸せだったと思います。

    ワンちゃんとの思いでは永遠ですから、
    心が楽になったら、ふっと思い出してあげてください。
    トピ主さん家族が明るく暮らしていくことが、
    ワンちゃんにとってもうれしいことです。
    空から「ありがとう」と言っていますよ。

    ユーザーID:1596087912

  • きっと…

    幸せだったと思いますよ〜4年前に14年暮らした犬が亡くなりました。悲しかったけど、ありがとうってキモチでした。

    きっと仲間たちと、走り周りトピ主さん達を見守っていますよ!

    ユーザーID:3605556510

  • 我が家も同じでした

    文章を読んでいて状況がとても似ていたので思わずレスしてしまいました。
    読んでて涙が止まりません…。

    我が家の愛犬は先月亡くなりました。14歳でした。そして今日が月命日です。

    11月中旬に、調子が悪いなぁ…と思い、病院へ連れて行ったところ
    お腹に腫瘍が見つかり末期の状態でした。

    いつも元気があったので気付いてあげられず…。
    手術をしてもその時点で亡くなるかもしれない、そうでなくとも術後数日で亡くなるかもしれないと言われ、痛い思いをしてまで死を早くすることはないと思い、手術をせずに自宅で過ごしました。

    日によって貧血がひどくちゃんと歩けない日もあったのですが、元気は最期までありました。
    おやつも催促してたほどでした。

    ペットと言えど、こんなに長く一緒に生活をしていれば人間と同じですよね。
    別れはとても悲しいです。でも、きっとトピ主様のワンちゃんは幸せで楽しい生涯だったと思いますよ。
    私もそう信じています。
    きっとワンちゃんも”ありがとう”って思ってると思いますよ。

    ユーザーID:7173677374

  • うちもでした。

    トピを拝見しました。
    我が家の愛犬も、8日の夜に息をひきとりました。
    約12才で、トピ主さんと同じように昨年の11月末くらいから
    体調がおかしくなっていました。

    長いようで短かった。
    いなくなってしまうなんて、信じられませんね。

    もしかしたら、(トピ主さんの愛犬と)一緒に天国に向かってるのかな
    と思いました。

    ユーザーID:2130011616

  • トピ主様、ありがとう。

    私のワンコも昨年旅立ちました。

    あまりのショックで、今までに撮った写真を見るたびに涙がこぼれます。
    私の家族もまだショックから立ち直れていません。

    15歳でした。

    病気もほとんどありませんでしたから、定期健診で見てもらうと何か問題があったらしく、
    薬を服用するように勧められ、母は飲ませたくないと入っておりましたが、
    私たち家族は獣医師ではありませんし、体の内側の事まで理解できません。
    嫌々飲ませていました。

    その時から何か調子が良くないような雰囲気でした。

    病気が原因だったのか薬が原因だったのかわかりません。

    亡くなってしまった今、どうすることもできません。
    ただ泣くしかできませんでした。

    現在は少し冷静になりましたが、まだワンコの事を思い出すたびに、
    胸がつまり、涙がでます。

    わたくしもトピ主様のように、笑顔で思い出が話せるように心がけたいと思います。

    ユーザーID:2112856603

  • 去年の9月に亡くなりました

    まだ4歳でした。それなのに脳に腫瘍ができて1年しか生きられないと宣告されました。ちなみに私の犬ではなく主人の義理の実家の犬ですが、、、。
    私も一緒に動物病院に付き添い、脳腫瘍の事を聞いた時義母は何も言えず呆然としてました。私も言いたくなかったけど主人があまりに家族の様子がおかしいので「何?何の病気だったの!?」と聞くので「脳腫瘍だよ」としか答えられませんでした。

    何度も入退院を繰り返し最後は病院から戻ってきたとき、自分のお家で逝きたかったのでしょう。眠るようにスーーと亡くなりました。

    今は虹の橋の向こうで病気の痛みもなく健康で遊んでいるのかな?
    人見知りする子だったから他の子と仲良くできるといいけど。
    でもきっとトピ主様のわんこもウチのわんこも1つだけ気になってる事があります。それは飼い主をおいて先に逝ってしまった事。
    いつか会えるその日まで見守ってくれるハズです。

    ユーザーID:0375929575

  • お悔やみ申し上げます。

    愛犬を亡くされ、お辛かったですね。

    ワンちゃん、頑張って最期まで生き切りましたね。レトままさんとご家族の皆さんの愛を感じ取っていたからではないでしょうか。
    家族に慈しまれた犬生は幸せだったと思います。

    私の犬もこの春で15歳になります。
    昨年からめっきり老け込んできたように感じており、あと何年一緒に居られるのかと考えると切なくなります。

    ワンちゃんとの思い出はレトままさんの一部になって、これからのレトままさんを元気付けてくれることと思います。

    ユーザーID:8837568854

  • 涙がとめられないです

    愛する家族に看取られて逝ったわんちゃん、幸せだったと思います。
    トピ主さん達ご家族の愛情が感じられて、ボロボロ泣いてしまいます。

    私も高校生の時に飼っていた大きな犬を6歳で亡くしました。もっとずっと一緒に居たかったのに、ずいぶんと早い別れでした。

    そして結婚後迎えた犬は、今年で4歳になります。ついこの間までやんちゃな子犬だったのに、もう人間でいう私の歳を追い越し…ドッグイヤーというそうですが、それを分かっていて飼い始めていても、それを思うと悲しいです。 毎日(いっしょの布団で寝るから)「さぁ、寝るよ」と声をかけた時の、あの嬉しそうな顔。いつかこの顔が見られなくなるのが怖い、今から耐えられない、悲観的な飼い主ですが、一緒にいられる時間をもっと感謝して前向きにとらえないといけないですね。

    ここは暖かいトピだ・・・。

    私もほんわかとした心で犬との生活を後悔なく過ごせますように、と寝ている犬に語りかけました。

    トピ主さんのわんちゃんも、他の皆さんのわんちゃんも、(そして私の飼っていた犬も)みんな幸せに天国で走り回っているといいですね。ありがとうございました。

    ユーザーID:8271037336

  • トピ主です。

    たくさんの温かいレスを本当にありがとうございました!
    ひとつひとつ読み、胸がいっぱいで涙がポロポロこぼれました。
    文字だけの繋がりなのに、顔も知らない私に・・温かい気持ちがうれしくてうれしくて。


    暖かいところで、楽しくて楽しくて、元気いっぱいにシッポをブンブン振って
    たくさんのお友達と走り回っているんだろうなぁ・・って思えます。

    「今日もつかどうか」と言われても2週間も生きてくれたのは
    家族があまりに嘆き悲しんだから、私たちを心配して、覚悟をする時間をくれたのかな。

    あのコが逝く前、私は仕事がとても忙しくて体も心もいっぱいになっていました。
    ようやくやり遂げ休みに入った日の朝、逝ってしまいました。
    きっと「お姉ちゃん今お仕事忙しいよね」ってがんばって生きてくれた。
    私に最期の世話をして欲しくて、私が休みに入るまでがんばったんだよ。
    ・・と主人に言われました。

    最後まで甘えん坊で、最後までがんばり屋さんでした。

    「ありがとう」・・・今はその気持ちだけです。


    みなさんにも・・心からありがとう・・。

    ユーザーID:0562536450

  • 天国で走ってるかな

    きっとトピ主さんのワンコ、幸せだったでしょうね。
    家族と一緒に居られて、良かったと思いますよ。

    うちの犬も15歳でした。
    最後の夜、もう自力で立つことも出来なかったのに、家族が団らんしていると、立ち上がって「お座り」をし、もう殆ど何も見えない目でじっと家族を見ていました。そしてその数時間後に息を引き取りました。

    半年くらいは、また生まれ変わって戻ってくるのだと信じていましたが、もう8年ほど経ち、居間には写真を飾り、未だに「ただいま」と声をかけ、家族とよく思い出話をしています。それでいいんだと思うようになりました。

    天国では身体も昔みたいに元気になって、前のように笑いながら駆け回っているんだろうなと思います。

    ユーザーID:9517210921

  • がんばります!

    昨年8月、12年を共にした愛犬を失くしました。
    一時は寝たきりになったものの、病院で雄犬と目が合った瞬間、
    根性で身体を起こし、さらには水も自力で飲めるようになった矢先でした。
    涙が止まらず一睡もできなかったのですが、
    仕事が修羅場に突入していたので何事もなかったように日々を過ごし、
    気がつけば数ヶ月が過ぎていました。
    それがある日、彼の友達に紹介してもらった飲み会の帰りに
    緊張が解けて一気に酔いがまわったのか、急に号泣しだしたそうです(記憶ナシ・汗)。

    翌朝私が目覚めると、彼は小さなグラスに水を入れ、
    彼の家のお仏壇に供えて一言
     「これは●●(犬の名前)のお水な」
    と言って頭をなでてくれました。
    嗚咽というのはああいうのを言うのですね、感情も涙も止まりませんでした。
    今でも時折無性に泣けてしまうのですが、トピ主様の書き込みを拝見して、
    私も前を向いて歩かなきゃ!と思いました。
    ありがとうございます!!

    ユーザーID:5189069451

  • 今でも

     私が名前をつけた犬が泣くなった時、悲しくて涙が止まりませんでした。
     一緒に仕事をしていた夫が、帰っていいよって言ってくれたのがありがたかったです。
    その子が赤ちゃんの時から可愛がっていたので。

    生き物はもう飼いません。
    別れが辛いから。


    主さん、元気出そうね。
    トピを今見たので、遅いレスですが。

    ユーザーID:4943407899

  • 幸せな子だった

    幸せな子ですよ。
    貴女の家族の所に来てどんなにか幸せだったことでしょう。
    私も実家の犬(マルチーズ)が18才でお空へ帰りました。
    私と妹が道にそれないで生きてこられたのも、この子が
    いてくれたからです。
    旅立った日は「ありがとう」という気持ちでずっと
    夜空を見つめていました。

    そして今、ヨークシャーテリアを4匹飼っています。
    4匹ともまだ子供ですが年齢が近いので、いずれは
    1匹、1匹と続けてお空へ帰っていくと思います。
    犬や猫に限らず、ペットは「後から来て先に逝ってしまう」
    のですから、今ある命を精一杯輝かせてあげて沢山の愛情を
    かけてあげたいと思って育てています。
    子供がいない私どもの宝物です。
    レトままさんの暖かい気持ちにふれ、さらに強く思う私です。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:0192342242

レス求!トピ一覧